1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:24:18.48 ID:sO+nFXsS0
モバP「急にどうしたんだ?」

千佳「あのね、やっぱりクラスのみんな魔女っ娘よりもプリキュアが好きみたいなんだ」

千佳「みんなのために活躍するなら、みんなが大好きな方がいいよね! って」

P「ううむ、なるほどなあ。そういうことか……」

千佳「ねえねえ! Pくんはラブリーチカとキュアチカどっちの方がいい?」

P「キュアチカ…少し言いにくくないか?」

千佳「もー! そうじゃなくてー!」

P「はは、分かってるよ」


P(プリキュア、ねえ……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434554648

引用元: 横山千佳「あたしプリキュアになるべきかな-?」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:29:46.14 ID:sO+nFXsS0
P(参った…プリキュアなんて昔ちょろっと観たくらいしか知らんぞ……)

P「まあまあ、千佳。プリキュアについてもう少し知ってから考えてみるべきじゃないか?」

千佳「あたし知ってるよ! プリキュアはねー、魔法も使うけどパンチやキックで戦うんだよ!」

P「最近の女の子はタフガイなんだな……」

千佳「タフガイ……? ……??」

P「……あー、ちょっと待ってな。電話してみるから」

千佳「電話?」

P「うん。……ああっと、こういう場合は……」ピポパ

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:35:06.43 ID:sO+nFXsS0

プルル・・・

P「……」

ピッ

奈緒『もしもし?』

P「おお、奈緒? 今大丈夫か?」

奈緒『うん、仕事終わったとこ。一度事務所戻ってから帰ろうと思ってるけど』

P「そうか。じゃあ後でもいいか…?」

奈緒『いやいや、何だよ? 気になるなあ』

P「あー…その、プリキュアのDVDとか持ってないか?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:40:20.35 ID:sO+nFXsS0
奈緒『は? プリキュア…?』

P「ああ、奈緒なら持ってないかなって」

奈緒『ぷ、プリキュアって! なんでそこであたしなんだよ!?』

P「いや、持ってないならいいんだが……」

奈緒『は、え!? いや、BD持ってるけどさ……』ゴニョゴニョ

P「おおそうか。なら、明日にでも持って来られるか?」

奈緒『へ、持ってくるって…? あのさ、何の話なのか掴めないんだけど……』

P「ん、そうか。そりゃそうだ。いやあ、今な…?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:46:35.87 ID:sO+nFXsS0
奈緒『はあ、千佳から相談を……』

P「おう、俺プリキュアまるで知らなくてなあ。相談には乗ってやりたいんだがどうしたもんかと……」

奈緒『そういうことならさ、帰りがけに取ってきてから事務所に行くよ』

P「助かる」

奈緒『どのシリーズがいいとかある? やっぱり初代?』

P「うーん…どれでもいいよ。話の繋がりなんかは無いんだろ」

奈緒『そっか。じゃあ今夜観ようと思ってたドキプリにする』

P「ドキプリ?」

奈緒『ドキドキ!プリキュアってシリーズ』

P「ん、了解。ありがとうな」

奈緒『いいよいいよ。……その、ちょっとしたお礼だと思えば』ゴニョゴニョ

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:50:09.54 ID:sO+nFXsS0
P「じゃあまた後でな」ピッ

千佳「電話終わったー?」

P「ああ」

千佳「誰に電話してたの?」

P「奈緒。俺はプリキュアのことあまり知らないから、DVD持ってきてもらおうな」

千佳「プリキュア観るの!? やったー!」

P「うん、じゃあもう少し待とうか」

千佳「はーい♪」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 00:57:00.04 ID:sO+nFXsS0

ガチャ

奈緒「Pさーん? 持ってきたぞー」

加蓮「来たよー」

P「おおそうか、ありがとな。…ん、加蓮も?」

加蓮「奈緒が紙袋抱えてるの見かけてね。面白そうだったからついてきた」

奈緒「なんであたしのことになるとすぐ嗅ぎつけるかな……」

千佳「なおちゃん! DVDありがとね!」

奈緒「あ、ああうん。みんなで一緒に観ような」

千佳「うん! どれを持ってきたの?」

奈緒「色々知ってるみたいだな? 持ってきたのはドキドキプリキュアだよ」

千佳「知ってる! キュアハート!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:02:13.62 ID:sO+nFXsS0

しばらくして

千佳「やっぱり面白いねー!」

P「へえ…馬鹿にできないもんだな」

奈緒「だろ? 高校生になってもつい観ちゃうんだよなあ」

P「千佳はこういうのを目指したいのか?」

千佳「うーん…やっぱり魔女っ娘とは違うかな?」

P「どうだろう…俺はそれでもいいと思うぞ。こう、熱いよな」

千佳「そうかな! やっぱりピンクのキュアハートがいいかな?」

奈緒「うーん…アイドルだからキュアソード?」

加蓮「……」ホー

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:05:32.07 ID:sO+nFXsS0
奈緒「加蓮? かーれーんー?」

加蓮「…っああ、うん。なに?」

奈緒「へへっ、すっかり見入ってたな?」

加蓮「そう? でも、すごく面白いねこれ」

千佳「かれんちゃんはどのプリキュアが好き?」

加蓮「キュアロゼッタ」

P「即答か」

加蓮「なんか他人とは思えないんだよね」

奈緒「はあ、どこが…? 共通点なんてあったかな」

加蓮「私にもわかんないけど、なんとなく」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:13:36.41 ID:sO+nFXsS0
P「しかしプリキュアアイドルか……」

千佳「どうかな?」

P「アクションはともかく、こういう衣装はいいな」

P「ヘアスタイルはともかく、どの角度からも立体的なシルエット、分かりやすく配置されたポイント…参考にするべきか」

P「ユニットとしてのバランスもいいしポージングも参考に出来そうだ…なるほど……」

奈緒「……あのさ、千佳にももっと分かりやすくだな」

加蓮「仕事スイッチ入っちゃってるよこれ。放っといて続き観る?」

奈緒「欲しがるな?」

加蓮「いいでしょ、もう。千佳、一緒に観よ?」

千佳「うん!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:18:21.70 ID:sO+nFXsS0

ガチャ

卯月「何観てるんですか?」

みりあ「あ-! 千佳ちゃーん!」

千佳「みりあちゃん! 今からプリキュアの続き観るの! 一緒に観る?」

みりあ「プリキュア? うん、観る!」

卯月「へー、私も一緒に観ようかな!」

P「しかしこの制服のデザインも結構……」ブツブツ

卯月「プロデューサーさん?」

P「……ん? ああ、なんか増えてるな」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:21:41.80 ID:sO+nFXsS0
卯月「プロデューサーさんも一緒に観てたんですか?」

P「ああ、話せばちょっと長くなるが観たいって言ったのは俺でな」

卯月「……? ならみんなで観ましょう!」

P「ああ。…っと、予定もあるから時間の許す限りになるんだが」

卯月「予定ですか?」

P「ああ。二時間後に765プロの方とな」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:27:14.32 ID:sO+nFXsS0

~~~~~~~~~~~~

千佳「次、次観よう!」

奈緒「ああ。ちょっと待ってな、ディスク入れ替えるから…」

加蓮「ホント面白いねこれ。卯月はどのプリキュアが好き?」

卯月「キュアロゼッタです! 妖精さんがかわいいよね」

加蓮「あたしもロゼッタかな」

みりあ「私ね、オープニングテーマ覚えたよ!」

奈緒「そっか。プロデューサーそろそろ戻ってくるし聞かせてやろうな」

みりあ「うん♪」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:34:01.95 ID:sO+nFXsS0
P「この度は社長自らご足労いただきましてありがとうございました……」ペコペコ

高木「いやいや! 我が社は少数でやっておりましてね。これくらいは」

伊織「今後ともよろしくお願いします」


<ナオチャンハジマルヨー ナオーポテトー アタシハオカアサンカ!


高木「おやおや、あちらは賑やかだね?」

P「はい、我が社のアイドルでして……」

伊織「…あら、プリキュア観てるの?」

P「水瀬さんもご存知で?」

伊織「ええ、少しだけね」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:38:49.95 ID:sO+nFXsS0
伊織「ふーん、ドキプリ?」

奈緒「ああ、そうそう。……って、え!?」

千佳「あー! 水瀬伊織ちゃん!」

奈緒「こ、こら! ええと、すいません……」

伊織「構わないわ。ふーん、亜美達より年下じゃない」

伊織「ね、アンタはどのプリキュアが好き?」

千佳「うーんと、キュアハートかな!」

伊織「ふうん……キュアエースは?」

千佳「キュアエースも好きだよ! 同い年なんだって!」

伊織「そう、それはよかったわ」フフッ

17: ニヒヒッの方がよかっただろうか 2015/06/18(木) 01:45:10.95 ID:sO+nFXsS0
伊織「ねえ社長、もうしばらく観てからでもいいかしら?」

高木「ああ、いいよ。……いやあ、しかし孫娘を見ているような気分だねえ」

P「ええ、皆娘のように思っております」

高木「それはいいことだ。その気持ちは決して忘れないようにね」

P「はい」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:50:55.25 ID:sO+nFXsS0

カァー カァー

P「さて、もう水瀬さんも帰っていったし、いい時間だ。ここまでにしようか」

千佳「うん。それでね、プロデューサーは魔女っ娘とプリキュア、どっちがいいと思う?」

P「うーん、やっぱり千佳のやりたいことをするのが一番としか言えないかな。衣装やダンスは良い参考になったよ」

千佳「そっか! じゃあ…あたしは魔女っ娘!」

P「お、そうか」

千佳「でもでも、アクションもやってみるよ! ゆかちゃんに習うんだ!」

P「頑張ってな」

千佳「うん!」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 01:57:11.71 ID:sO+nFXsS0
おまけ

瑞樹「妖精ねぇ…メルヘンってステキよねえ」

瑞樹「ちょっとやってみようかしら……んんっ」

瑞樹「『パフもアイドルしたいパフ~!』…イケるわ」

美嘉「えっ今の声どこから」



劇終