1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:45:06.71 ID:CcbuIXua0
麗奈「同姓なら浮気じゃないと」

久美子「ふ~ん……」

麗奈「だからね、久美子。塚本と付き合っても、アタシは怒らないよ?」

久美子「ちょっと待って。どこからツッコんだら良いの? それ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434793496

引用元: 【響け!】麗奈「昔の偉い人は言いました」【ユーフォニアム】 

 

響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-06-17)
売り上げランキング: 31
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:47:19.92 ID:CcbuIXua0
麗奈「でも、他の女の子と付き合うのはダメだと思う。だからこれから浮気調査を行います」

久美子「じゃあまずはそれからかな~。まず、私と麗奈は付き合ってないよね?」

麗奈「え?」

久美子「えっ!?」

麗奈「…………」

久美子「…………」

麗奈「……………………」

久美子「……………………え?」

麗奈「そのために、ちょっと久美子の周りの女の子紹介してくれない?」

久美子「んっ!? 何か私の言葉無かったことになってないっ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:49:33.39 ID:CcbuIXua0
久美子「まあ、ちょっとおかしな部分が多いしツッコみきれてないけど……紹介するのはやぶさかじゃないよ」

麗奈「じゃあまずは……川島さんと加藤さんね」

久美子「じゃあ、中庭行こっか。二人共そこでお昼食べてると思うし」

麗奈「そうね。早くしないとお昼休みが終わっちゃうし」

久美子「はいはい」

麗奈「ちょっと久美子、遅い。何かやましいことでもあるの?」

久美子「あまりにも理不尽」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:50:55.89 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

久美子「え~……皆さん知ってるかと思いますが、改めて」

麗奈「高坂麗奈。担当楽器はトランペット」

緑輝「川島みどりです! えっと、コンバスやってます!」

葉月「加藤葉月。チューバ担当だよっ」

緑輝「こうしてゆっくりお話しするのは初めてですね」

麗奈「そうね。えっと……川島さんって確か、サファイアだったよね?」

緑輝「うっ。いえ、緑は緑です」

麗奈「あぁ、セカンドネーム?」

久美子「いやそれは違うでしょ」

麗奈「分かった。ミドルネームだ」

緑輝「ははっ。高坂さんって面白いですね」

麗奈「ありがとう。サファイアさん」

緑輝「みどりですっ!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:52:43.81 ID:CcbuIXua0
麗奈「そうそう。加藤さんには一度、お礼を言っておきたかったの」

葉月「えっ? あたし、何かしたっけ」

麗奈「ソロパートのオーディションの時、久美子と一緒に拍手してくれたでしょ? あれ、とても心強かった」

葉月「え、そう?」

麗奈「だから、ありがとう」

葉月「えへへ……そんな、大したことしてないよ。ただあたしは、高坂さんの方が上手だと思ったから拍手しただけだし」

麗奈「良かったら、これから葉月って呼ばせてもらって良い?」

葉月「あ、うん。それはもちろん! あたしも麗奈って呼ぶから」

緑輝「じゃあ、私も麗奈ちゃんって呼びますねっ」

麗奈「じゃあサファイアって呼べば良いのね」

緑輝「いえ、みどりでお願いします」

久美子・葉月((みどり(ちゃん)が真顔だっ……!))

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:53:53.78 ID:CcbuIXua0
麗奈「……うん。二人は大丈夫かな」

葉月「? 何が?」

麗奈「今ちょっと、浮気調査をしているの」

久美子「えっ」

緑輝「浮気調査? 誰のですか?」

久美子「ちょっと麗奈」

麗奈「久美子の」

葉月・緑輝「「えっ!?」」

葉月「久美子付き合ってたの!? 相手誰っ!? やっぱ塚本っ!?」

緑輝「それよりも浮気ですっ! どういうことですかっ!?」

久美子「ああもうややこしいことにぃ~!」

麗奈「昔の偉い人は言いました」

久美子「えっ、しかもそこから説明するのっ!?」

麗奈「同姓なら浮気にならない、と」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:54:57.14 ID:CcbuIXua0
麗奈「だから、久美子の女恋人枠はアタシ」

葉月・緑輝「「えぇ~っ!?」」

緑輝「そうなんですかっ!? 久美子ちゃんっ」

久美子「いや違う違う。麗奈が勝手に言ってるだけだから」

葉月「じゃあ男恋人枠はやっぱり塚本っ!?」

麗奈「でも良いよと、許可は出した」

久美子「なんでそう管理者みたいな物言いが出来るのかなぁ……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:57:56.32 ID:CcbuIXua0
久美子「っていうか二人共さ、普通に考えて女同士が付き合ってるって聞いてどうも思わないの?」

緑輝「そういう恋愛も……ありかなって」ポッ

久美子「頬を染めるな頬を」

葉月「だって久美子って麗奈に好き好きラブラブ光線出してたじゃん」

麗奈「葉月、その話詳しく」

久美子「は~い! この子面白がってウソ吐いてま~す!」

緑輝「言い方はアレですけど、葉月ちゃんがそう感じてしまうのは仕方ないですよ」

久美子「私のどこにそんな要素があったって言うの!?」

緑輝「だってみどりも薄々思ってましたし。特にほら、ソロパートのオーディションの時とかっ」

久美子「いやアレは、純粋に麗奈のことを応援しただけで……」

葉月「県祭りの前とか、しょっちゅう麗奈のこと目で追いかけてたじゃん」

久美子「アレは、ただ純粋に気になってたって言うか……」

麗奈「サンフェスの時、衣装に見惚れてたじゃない」

久美子「アレだってあまりにも麗奈が似合いすぎてて綺麗だったから……って何言わせるのっ!」

麗奈「なるほど、いい話が聞けた。じゃあ久美子、次行きましょう」

久美子「次っ!?」

9: ちょっと色々と書き足したくなったので続きはまた夜に投下します 2015/06/20(土) 19:06:01.72 ID:CcbuIXua0
葉月「次ってどういうこと?」

麗奈「浮気調査だから。やっぱり他の怪しい人もチェックしないと」

緑輝「久美子ちゃんと関わりのある女の人……もしかして、低音パート全員ですか?」

麗奈「そう。次は中川先輩と長瀬先輩のところに行かないと」

久美子「えっ? これからっ!?」

麗奈「お昼休みは短いんだよ。ほら久美子、早く」

久美子「理不尽過ぎる」

葉月「尻に敷かれてるねぇ……」

久美子「そんなつもりは無かったんだけど、なんか今日だけね」

緑輝「そう思っていても付き添うって……これってやっぱり愛ですかっ!?」


麗奈「ええ」
久美子「違う」


葉月「面白いぐらいバラバラだよ」

10: 再開 2015/06/20(土) 22:44:29.89 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

久美子「ねえ麗奈、本当に上級生の所行くの?」

麗奈「もちろん」

久美子「えぇ~? 緊張するなぁ~……っていうかどこにいるか知ってるの?」

麗奈「この前、吉川先輩が香織先輩と食べられない時に一緒に食べてるって話してた場所がある」

久美子「本当にそこに居てくれるかな~?」

麗奈「いると思う」

久美子「なんで?」

麗奈「確証はないけど」

久美子「行き当たりバッタリだなぁ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:46:29.38 ID:CcbuIXua0
久美子「っていうかさっきみたいな引っ掻き回すだけ掻き回して放置って止めて欲しいんだけど」

麗奈「なんで?」

久美子「いや後で誤解解くの大変だし」

麗奈「? さっき葉月とみどりと話した時の話しだよね?」

久美子「もちろん」

麗奈「……何も誤解を与えるようなこと言ってない気がするんだけど」

久美子「おいこら」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:49:06.25 ID:CcbuIXua0
麗奈「えっと……確かこの空き教室のはず……」

梨子「~~~~」
夏紀「っ~~~~!」
優子「っ~~~~~!」

麗奈「ほらいた」

久美子「どうしてこう麗奈にとって上手く世界が回っているのか。梨子先輩も今日に限って後藤先輩と食べて無いし」

麗奈「よしっ、行こう。久美子」

久美子「あの空気の中~? ちょっと気まずいよ~」

麗奈「あれ? 乗り気じゃない? じゃあやっぱり先輩が怪しいと思ったのは正しかったのか……」

久美子「いやいやいや。っていうか麗奈、私の事信じてくれないの?」

麗奈「? 信じてるに決まってるじゃない」

久美子「じゃあなんでこんな聞いて回ってるの?」

麗奈「分からない?」

久美子「何が?」

麗奈「そのセリフを引き出した上で外堀から埋めて既成事実的なアレにしようとしてるのよ」

久美子「…………えっ?」

麗奈「じゃあ中に入ろう」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:51:48.43 ID:CcbuIXua0
優子「ん?」

夏紀「誰か来た?」

梨子「あれって……久美子ちゃんと、高坂さん?」

麗奈「先輩方、こんにちは」

久美子「その……こんにちは」

優子「どうしたの、二人共。何か用事?」

麗奈「いえ、ちょっとした浮気調査を」

夏紀「浮気調査?」

梨子「誰の?」

麗奈「久美子の」

三人「「「…………は?」」」

久美子「いえもう、色々とツッコむのに疲れちゃったんで……どういうことか麗奈に聞いて下さい」

優子「ちょっと夏紀、アンタの後輩目が死んでるわよ?」

夏紀「それを私に言ってどうしろっていうのよ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:53:19.49 ID:CcbuIXua0
麗奈「昔の偉い人は言いました。同姓ならば浮気にならない、と」

梨子「えっ、そうなの?」

夏紀「それって偉い人なんかじゃなくて、テレビに出てるタレントか誰かじゃなかった?」

優子「じゃあ昔の人でもなんでも無いじゃない」

麗奈「つまり裏を返せば、男性と付き合っていても女性と付き合えば大丈夫ということ」

梨子「はあ」

夏紀「高坂さんと付き合ってたの? 黄前ちゃん」

久美子「いや~、私も今日が初耳で。っていうか女性同士で付き合ってるを皆あっさり受け入れすぎじゃないですか?」

夏紀「優子を見てるとそういう人もあり得るだろうなぁ、って勝手に培われていくのよ」

優子「ちょっとそれどういうことよっ!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:55:00.45 ID:CcbuIXua0
優子「っていうか高坂さん! 黄前さんの――」

麗奈「あ、吉川先輩は大丈夫です」

優子「ってなんなのその蚊帳の外に追いやろうとしてる感は!」

麗奈「いえ、そんなつもりは。ただ吉川先輩が女性と付き合うのなら、やっぱり香織先輩がお似合いだと思いますので」

優子「えっ、そ、そう? なんだ高坂さん、やっぱり分かってるじゃない」

梨子「優子ちゃん、誤魔化されてるよ?」

優子「はっ! そ、そんなの分かってるって!」

夏紀(分かってなかった癖に……)

優子「何よ、その目は」

夏紀「別に~」

麗奈「……あの、吉川先輩」

優子「ん? 何よ」

麗奈「同姓相手の二股は……良くないかと」

優子「どこにその要素があった!?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:56:32.92 ID:CcbuIXua0
麗奈「だって中川先輩と、その……イチャついてましたし」


優子「イチャついてない!」
夏紀「イチャついてない!」


麗奈「ほらまた」

優子「ちょっと夏紀! 真似しないでよねっ!」

夏紀「アンタの方こそ!」

梨子「見事に遊ばれてるねぇ、二人共」

久美子「ホント、麗奈が失礼なことを……」

梨子「良いの良いの。うちクラスでも風物詩みたいになってるから」

麗奈「そういうの、ほら、香織先輩が見たら嫉妬しますよ……?」

優子「えっ、そ、それってつまり……香織先輩があたしのことを……!」

夏紀「ああ~、(ヾノ・∀・`)ナイナイ」

優子「その顔ムカつく!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:58:01.60 ID:CcbuIXua0
夏紀「アンタもさ、後輩にからかわれてるだけって気付きなよ」

優子「それを言うなら! アンタだって同じでしょっ!」

夏紀「あ~はいはい。っていうか、最初はそんなこと言いたかったんじゃないんじゃない?」

優子「そ、そうよ! ちょっと高坂さん! 黄前さん、そんな話をされにここまで連れて来られて、イヤがってるようにしか見えないけど?」

久美子「吉川先輩……! なんかいつも香織先輩の後を追いかけてる賑やかなだけの先輩としか思ってませんでしたけど、私のことちゃんと見ててくれたんですね……!」

優子「夏紀、アンタの後輩って助け舟を出した先輩を煽っていくスタイルなの?」

夏紀「ちょっと思ったことが口に出やすいだけだから」

麗奈「その隠し事が出来ない良い意味での性格の悪さがたまらないと思うようになったら、吉川先輩も久美子の虜ですよ」

優子「それはちょっと難しいわね……」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:59:47.23 ID:CcbuIXua0
夏紀「で、高坂さん。優子はこう言ってるけど、実際どうなの? 黄前ちゃん、イヤがってない?」

麗奈「そんなことありませんよ。ほら、吉川先輩の相手をしている香織先輩と同じ顔してますよ」

優子「香織先輩はこんな死んだような顔しないもんっ!」

夏紀「いやでもたま~に、ちょっとこんな顔してるよ?」

優子「うそっ!? うそよねっ!?」

梨子「や~……」

優子「そ、そんな……!」

梨子「ほ、本当にたまにだよっ? そんな、久美子ちゃんみたいにずっとじゃないから!」

優子「し、知りたくなかった……!」

麗奈「……なんか、思わぬ所で吉川先輩を傷つけてしまったみたい」

久美子「本当だよ……本当余計なことだよ……無駄に私傷つけられた気になったし」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:01:07.21 ID:CcbuIXua0
麗奈「まあでも、中川先輩は違うかな。長瀬先輩も違うっぽいし」

夏紀「もしかして、疑われてたのって私達?」

梨子「同じパートだからかな……」

麗奈「吉川先輩は女性と付き合うとしても香織先輩ですし、中川先輩と長瀬先輩はいい先輩って感じですし」

夏紀「あら? もしかしたら、巧く嘘ついてるのかもよ?」

麗奈「アタシの久美子への愛は、その程度の嘘を見抜きます」

梨子「うわ~……断言だ。これは大変な恋人だね、久美子ちゃん」

久美子「それは浮気しづらいって意味ですか? それとも重い恋人って意味でですか?」

夏紀「どちらにしても違うってツッコまないの?」

久美子「もう良いかなぁ、って……」

夏紀「…………」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:03:59.71 ID:CcbuIXua0
夏紀「……ツッコんでくれないと悲しいなぁ」

久美子「え?」

夏紀「だって私、久美子ちゃんのこと結構良いなぁって思ってたのに」

麗奈「なっ……!」

梨子「えぇっ!?」

優子「…………」

夏紀「だから、高坂さんとはライバルってことかな」

麗奈「そ、そんな……! やっぱり同じパートには危険人物がいたのねっ……!」クッ

久美子「いや急に何言ってんですか、夏紀先輩」

夏紀「何って、本音」

久美子「えぇ~……?」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:06:20.08 ID:CcbuIXua0
麗奈「……いや! アタシはとっくに久美子と付き合ってるので、諦めて下さい!」

夏紀「漢らしいけど、略奪愛ってあるよね?」

麗奈「ぐぬぬ……!」

久美子「いや「ぐぬぬ」て」

夏紀「まあでも結局のところ、久美子ちゃんがわたしのことを認めてくれないといけないんだけど」

麗奈「それなら大丈夫です! 久美子はアタシのことしか好きじゃありませんので!」

夏紀「なんだ、出来てるじゃん」

麗奈「えっ?」

夏紀「そうやって、好きな人のことを信じるってこと」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:08:14.16 ID:CcbuIXua0
夏紀「疑ってばかりじゃ、相手に愛想尽かされちゃうよ」

麗奈「…………」

夏紀「たまには、そうやって信じてあげるのも大切なんじゃない?」

麗奈「……もしかして中川先輩……そのためにあんなことを……」

夏紀「さあ? 案外、本気だったかもね」

麗奈「……アタシと久美子のこと認めてくれて、ありがとうございます」

夏紀「私は何もしてないよ」

麗奈「夏紀先輩……!」

久美子「…………なんかいい話風になってるけど、私そもそも麗奈と付き合ってないんだけど」

梨子「ドンマイ、久美子ちゃん」

久美子「軽いよ~! 梨子先輩すっごい軽い!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:11:44.50 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

優子「夏紀、アンタ結構良いこと言うじゃない」ニヤニヤ

夏紀「は?」

優子「わざわざあんなウソまでついてお膳立てして……良い先輩してるじゃない」ニヤニヤ

夏紀「……あのね、さっきのはアンタの受け売りだから」

優子「…………え?」

夏紀「梨子がさ、後藤と付き合い始めたばっかの時、ちょっと他のパートの女子と話してるだけでアワアワしてたでしょ」

優子「あっ……あ~……あの時」

夏紀「そ。つまりアンタは今、自分の言葉を自分で褒めたって訳」

優子「ぎゃー! 恥ずかしいーっ!」

梨子「ふふっ、優子ちゃんらしいね」

夏紀「全く、バカなんだから」

優子「誰がバカよ誰がっ!」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:15:38.17 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

麗奈「さて……後は三年の田中先輩だけど」

久美子「え~? まだ行くの~?」

麗奈「ううん。もう行かない」

久美子「あれ? そうなの?」

麗奈「そろそろお昼休みも終わりだしね。ここまで付き合ってくれてありがと、久美子」

久美子「いや、それは全然良いんだけど……どしたの、急に」

麗奈「アタシ、一人で勝手に不安がって、暴走してた」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:17:09.77 ID:CcbuIXua0
麗奈「久美子が文句を言わないことを良いことに……勝手なことしてた」

久美子「……そんなことないよ」

麗奈「でも……!」

久美子「それを言い出したら、麗奈を不安にさせちゃった私が悪いし」

麗奈「久美子……」

久美子「私ね、友達とか親友とか恋人とか、そんな言葉で括るような関係になりたくなかった」

麗奈「えっ?」

久美子「麗奈とは、そんな言葉では足りない、特別な関係になりたかった」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:18:46.79 ID:CcbuIXua0
久美子「だからつい、そういうことを言わないでいたのかも。それで大切だってこと、伝わんなくて、不安にさせちゃった」

麗奈「……そんなことないよ、久美子。だって久美子もアタシも、愛の告白をしあった中だもの」

久美子「はははっ……まあ、そうだけど。でも、それでも麗奈は、不安になったんでしょ?」

麗奈「だからそれは、アタシが勝手に――」

久美子「勝手でもなんでも、させちゃったのは事実だから」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:20:41.11 ID:CcbuIXua0
久美子「だから、麗奈が満足したなら、これで仲直り」

麗奈「…………」

久美子「また、いつもの“目指す”麗奈に戻ってくれたら良いから」

麗奈「……なにそれ。アタシ達、喧嘩なんてしてないじゃん」

久美子「ま、そうだけどね」

麗奈「でも……うん。ありがとう、久美子」

久美子「ううん。私も、ありがとう。麗奈」

麗奈「じゃ、これからもちゃんとついて来てね?」

久美子「もちろんだよ。じゃないと、殺されちゃうからね」

麗奈「なにそれ。なんかアタシが脅してるみたいで、イヤ」

久美子「ふふっ。やっぱり麗奈は可愛い」

28: ここから追加分 2015/06/20(土) 23:22:07.87 ID:CcbuIXua0
麗奈「じゃあ、一年の教室に戻ろ」

久美子「うんっ」


香織「あっ」///


麗奈「あっ」
久美子「あっ」


「「「……………………」」」


久美子「……香織先輩? どうしたんですか? 階段の踊場の影に隠れて……」

香織「ち、違うのっ!」///

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:24:09.68 ID:CcbuIXua0
香織「ちょっと、飲み物買いに行った帰りにね、偶然二人を見かけて、挨拶だけしようと思ってたら、なんか深刻そうな話が始まって……」

久美子「あ~……全部聞いちゃいましたか」

香織「いや、その……うん、ごめん。盗み聞きするつもりはなかったんだけど……」

久美子「まあ、別に聞かれて困るようなものじゃなかったし。ねえ、麗奈?」

麗奈「……香織先輩」

香織「えっと、なに?」

麗奈「……吉川先輩も、香織先輩に対して同じような気持ちですよ」

香織「え、えぇっ!?」///

久美子「ちょっと麗奈っ!?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:26:18.95 ID:CcbuIXua0
久美子「なんでそんなこと本人に言うのっ?」

麗奈「いや……なんか、女同士で好きって話してることにこんな照れる人を始めてみたから……」

久美子「そうだけど! 今ようやっと正常な反応する人を見た気がするけどっ! それとさっきのは関係無くないっ!?」

麗奈「そうね……つい驚いて、としか」

久美子「“つい”で吉川先輩にまで迷惑かけるのっ!?」

香織「そ、そうだったんだ……え~……? どうしよう~……確かになんか、それっぽいかなぁ、とは今なら思うけど……」///

久美子「……本当どうするの?」

麗奈「そうね……個人練の時は、極力二人から離れるようにする」

久美子「いや麗奈個人のこれからの方針じゃなくてね」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:27:37.19 ID:CcbuIXua0
麗奈「大丈夫だって、久美子」

久美子「……なにが?」

麗奈「二人なら、上手くやるから」

久美子「それまた根拠無く言ってるよねっ!?」

麗奈「大丈夫。アタシを信じて」

久美子「あ~……信じることが大切みたいな話しした後にそれは卑怯だよ麗奈~!」

麗奈「あ、お昼休み終わりの時間だ。戻ろう、久美子」

久美子「うわ~……罪悪感で胸がいっぱい」

麗奈「それなら少ししかないから大丈夫だね」

久美子「おいこら麗奈」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:30:59.16 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

優子「あの、香織先輩っ」

香織「んっ!?」ドキッ

優子「ちょっと、教えて欲しい所があるんですけど」

香織「え、えと……どこ?」///

優子「……あの、何やらお顔が赤いみたいですけど……大丈夫ですか?」

香織「う、うんっ……! 大丈夫、大丈夫……」///

優子「…………?」

久美子「……ねえ麗奈。何も大丈夫に見えないんだけど」

麗奈「そう? いつもあんな感じじゃなかった?」

久美子「どう見ても違うよね?」

優子「ん?」ピクッ

久美子「っ!」

麗奈「あ、アタシちょっとトイレ」

久美子「あ! 卑怯っ!」

優子「黄前ちゃ~ん」ガシッ

久美子「あああ~~~……」

優子「ちょ~っとアッチで二人きりでお話しようか~?」

久美子「あああああ~~~~~…………」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:33:00.74 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

優子「……で、香織先輩が気まずそうなのはどうしてなの?」

久美子「いや、それは、その……黙秘、ということで」

優子「なるほど。夏紀が言っていたウソが吐けないってそういうこと。確かに今どき珍しくて好感が持てるかもね」

麗奈「ちょっとアタシの久美子をナンパしないでもらえますっ!?」ザッ

優子「やっぱり近くにいた」

久美子「ああ~……麗奈のバカ~……どう考えても釣りじゃないの~……」

麗奈「例えそうだと分かっていても、久美子を放ってはおけないわ」

久美子「麗奈……」

優子「いや高坂さん一回あなたのこと見捨てて逃げてたからね?」

久美子「あっ、そでした」

麗奈「……本当、吉川先輩って余計なことを言うのに定評がありますね」

優子「どんな定評よっ! っていうか人のトラウマを抉りにくるなっ!」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:34:17.90 ID:CcbuIXua0
優子「まあ良いわ。それで、香織先輩に何吹き込んだの?」

久美子「えっと、それは……」

麗奈「何も吹き込んでませんよ」

優子「ウソね」

麗奈「本当です。ただちょっと吉川先輩が香織先輩のこと好きとかそういうのを超越した感情で見てるって言っただけです」

優子「だいぶ大きなこと言ってるわね! っていうかそれ本人に一番言っちゃダメなヤツっ!」

久美子「ああもう~……麗奈ったらまた話をややこしくして~……」

優子「黄前さんもそういう高坂さんの暴走止めてよっ!」

麗奈「久美子は悪くないっ!」

優子「分かってるわよ一番の悪者がっ!」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:37:53.24 ID:CcbuIXua0
優子「で、なんでそんなことを言うことになったの?」

久美子「香織先輩が、女性同士で付き合うことに驚いていて、それについ驚いてしまって……」

優子「……そこで驚く理由が分からないし……っていうか、アンタ等付き合ってないのよね?」

麗奈「はい。そういう低俗な言葉でしか表現できない関係には収まりたくない、と久美子が」

久美子「麗奈って本当なんでも喋るよね……」

麗奈「ごめんなさい。あまりにも嬉しくて、つい」

久美子「“つい”か~……」

優子「……なんか、さっきアンタが死んだような顔で来た理由がようやく分かった気がする」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:39:11.84 ID:CcbuIXua0
優子「……ま、でもそれならいっか」

久美子「え?」

優子「だって本当のことだし。私、香織先輩と付き合いたいとか、そういうの無いから」

麗奈「うそっ……!」

優子「いやそこまで驚かなくても……」

麗奈「あの百合筆頭の吉川先輩からそんな言葉が……!」

優子「……アンタの恋人、なんかアンタの影響受けてきてない?」

久美子「恋人じゃないんで。あとテンション上がってるだけで、いつもみたいに素っ気なく出来ないだけなんです。これが素ですよ」

優子「……黄前さんと高坂さん、お似合いだわ」

久美子「えっ?」

優子「なぁんでも」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:39:51.73 ID:CcbuIXua0
優子「じゃ、普通に今まで通り、尊敬してるって言ってれば良いわけね」

久美子「まあ……たぶん」

優子「それが分かっただけで十分。それじゃ、戻るわ」

久美子「あ、はい」

優子「話、聞かせてくれてありがと」

久美子「いえ、そんな……」

優子「それじゃ」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:40:43.06 ID:CcbuIXua0
麗奈「……吉川先輩、無理してる」

久美子「だよねぇ……今まで見てて分かることだけど、あんなの尊敬じゃなくて、好き一辺倒だもん」

麗奈「私と久美子みたいに、言葉に括られる関係なんて気にしなければ良いのに」

久美子「普通の人は、そうはいかないんだよ。やっぱり、友達とか恋人とか、そういうのハッキリさせたいんだよ」

麗奈「そういうのと無理矢理合わせるのって、アタシは無理」

久美子「さっきまで必死に合わせようとしてた癖に」

麗奈「だから、変なことになってたでしょ?」

久美子「あははっ。確かに、その通りだ」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:41:46.77 ID:CcbuIXua0
~~~~~~

優子「お待たせしましたっ。香織先輩っ」

香織「……ねえ、優子ちゃん」

優子「はい?」

香織「優子ちゃんはさ、私のこと、好きなんだよね?」

優子「えっ……と、それは、高坂さん達が勝手に言ってたっていうか……」

香織「そうなの?」

優子「はいっ。あ、でもだからって、嫌いって訳じゃないですよ? 尊敬の強い版というか、友情の上位互換とかいうか……って、先輩相手にそんなの、失礼ですよね?」

香織「私ね……さっきから黄前さんと高坂さんと話してる優子ちゃんを見て、思ったの」

優子「はい?」

香織「なんだかモヤモヤするなぁ……って」

優子「…………えっ?」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:42:25.96 ID:CcbuIXua0
香織「私、優子ちゃんのこと、好きみたい」





優子「えっ……あ……ウソッ……」

香織「ウソじゃないよ。でもね、これが恋なのかは、分からない。たぶん、晴香が誰かと付き合うってなっても、同じ気持になると思うから」

優子「あっ……」

香織「でも……愛してるのは、確かだと思うの。これって……変かな?」

優子「…………」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:43:15.86 ID:CcbuIXua0
優子「……先輩」

香織「……ん?」

優子「こんなこと、合奏練習の合間にする話じゃないのかもしれせんけど……」

香織「あっ、そ、そうだよねっ。私ったら、ごめ――」

優子「でも、最後まで聞いてくださいっ」

香織「あっ…………うん」

優子「……昔の偉い人が、言っていたそうなんです」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:44:40.35 ID:CcbuIXua0
優子「同姓の愛人は、いくら作っても浮気にはならないって」





香織「……なにそれ」クスッ

優子「あははっ……最悪ですよね、この言葉」

香織「うん。節操なしの言葉だよ、それ」

優子「でも……私、晴香先輩と香織先輩が仲良くしていたら、たぶん嫉妬しちゃいますけど、すぐに許しちゃうと思うんです」

香織「…………」

優子「それぐらい、香織先輩のこと、大好きです」

香織「……ありがとう、優子ちゃん」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:45:36.57 ID:CcbuIXua0
優子「付き合うとか、そういうのはいりません。でも……卒業するまでずっと、一緒にいてください」



優子「それだけで私は、満足ですから」



香織「……そんなの、悲しいだけだよ?」

優子「そんなことありません。今までと変わらない、でも今までよりも少しだけ近い。それだけで私は……嬉しいんです」

香織「私、優子ちゃんのこと、苦しめたりしない?」

優子「しません」

香織「さっきみたいに誰かと話してたら、嫉妬しちゃうかもしれないよ?」

優子「どんどんして下さい。香織先輩に嫉妬されるだけで、私は嬉しいです」

香織「……我儘だなぁ、私」

優子「それが許されるぐらい、香織先輩は頑張ってきました。胸を張って下さい」

香織「…………ありがとう、優子ちゃん」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:47:49.07 ID:CcbuIXua0
香織「これからも、ずっと一緒にいようね?」

優子「っ……! はいっ!」



終わり

48: ◆smf.0Bn91U 2015/06/21(日) 16:45:18.68 ID:QgSQmwEi0
 短いの投下始めます

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:46:49.42 ID:QgSQmwEi0
晴香「優しいなんて、他に褒めるところが無い人に言う言葉でしょ!」

久美子「ひっ……!」

晴香「私、知ってるんだから!」

久美子「ご、ごめ……!」

晴香「あ……その、ごめん……」

久美子「ごめんなさいぃ……!」グスグス

晴香「……え……?」

久美子「ごめんなさいおがさわら部長~~~~!」エーン!!

晴香「え、えぇっ!?」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:48:46.13 ID:QgSQmwEi0
晴香「ちょっ、黄前さんっ!?」

久美子「わたし、わたし……! 照れくさいからって、本当のこと言ってませんでした~!」エーン!

晴香「わ、分かった、分かったから。私が悪かったから」オドオド

久美子「ごめんなさい部長~~~!!!」

晴香「えっとえっと、どうしたら良いんだろ……泣き止んで、はちょっと違うし……んと~、えと~……」オドオド

あすか「……追いかけてきたら後輩が泣かされていた件」

晴香「あすかっ!? いや、これはちがっ……!」

久美子「そうなんです~! わたしが泣き虫なのが悪いんです~! 部長は優しいから気を遣ってくれてて何も悪くないんです~!」エーン!!

あすか「……じゃ、晴香。後はよろしくっ」ビッ

晴香「ちょっと待ってよ!」

あすか「泣かせた晴香の責任。部の方は副部長の私にお任せあれ。じゃっ」

晴香「ちょっ……!」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:50:13.52 ID:QgSQmwEi0
晴香(逃げたな……)

久美子「えーんえーん!」

晴香「……う~ん……とりあえず黄前さん、その、廊下のど真ん中で泣き崩れるのは、ね……?」

久美子「ご、ごめんなさいぃ……! 私また、部長に迷惑かけてますよね……?」

晴香「う、ううん! そんなことないよっ! うんっ」

久美子「小笠原部長は、優しいからっ……そうやって私に気を遣ってくれてるんですよねっ?」グスグス

晴香「だ、だから気を遣ってなんてないって。純粋な私の気持ちだから」オロオロ

久美子「……本当、ですか?」

晴香「本当、本当」

久美子「えへへ……」

晴香「っ……」ドキッ

久美子「ありがとうございます、部長」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:52:24.21 ID:QgSQmwEi0
~~~~~~

久美子「部長はですね、優しい以外にも、可愛いとか、お母さんっぽいとか、抱きしめたら柔らかいとか、色々と良いところがあるんです」

晴香「いや、最後のは分からないでしょ。私、黄前さんのこと抱きしめたことないし。それに微妙に褒められてる気がしないというか……」

久美子「どうしてですか?」

晴香「その……なんだか、太ってるって言われてるみたいで……」

久美子「そんなことないですっ。まああくまでも見た目はって話になりますけど」

晴香「え、えぇ~?」

久美子「あはは。冗談です」

晴香「全く……ちょっと落ち着いたら急に元気になって……」

久美子「……私も、実は動揺してるんです。葵ちゃんが辞めたこと」

晴香「あ……」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:53:27.50 ID:QgSQmwEi0
久美子「幼馴染で、これから一年間、ずっとやっていけるって勝手に思ってたから……」

晴香「……そっか」

久美子「……やっぱり、部長は優しいですね」

晴香「だからそれ、良いところが無いから言うんでしょ?」

久美子「じゃあ、部長は強いです」

晴香「えっ?」

久美子「強いです、部長は」

晴香「……そんなことないよ」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:55:30.16 ID:QgSQmwEi0
晴香「だって私、さっきみたいに、黄前さんに八つ当たりみたいなことしちゃうじゃない。あすかみたいなのを言うんだよ。強い人っていうのは」

久美子「いいえ。部長も十分、強いです。強いから、人に優しくなれるんです」

晴香「強い、から……」

久美子「さっきから部長が言ってる“何も言うところがないから優しい”なんてのとは、違います。強さに裏付けされた優しさなんです。部長のは」

晴香「……本当にそう思う?」

久美子「ごめんなさい。私、嘘つけないんです」

晴香「……分かり辛いなぁ、それ」

久美子「えへへ。実はまた、ちょっと照れくさくなりまして……」

晴香「なぁに。それ」クス

久美子「……やっと、笑ってくれました」

晴香「あ……」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:56:56.00 ID:QgSQmwEi0
晴香「……本当は、私がそういうことしないといけないのに」

久美子「いっぱい泣かせてくれたお礼です。ありがとうございました。おかげで、ちょっとすっきりしました」

晴香「そう?」

久美子「部長は、どうでした?」

晴香「私も……ちょっとスッキリした、かな」

久美子「それは良かったです」

晴香「うん。ありがとう、黄前さん」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:57:57.58 ID:QgSQmwEi0
~~~後日~~~

~~~低音パート教室~~~

晴香「あの~……」

あすか「ん? どしたの晴香。何か伝言?」

晴香「いや、そうじゃなくて……ほら、私って、バリサクじゃない?」

あすか「うん。何を今更」

晴香「いや……低音と合わせてみるのも悪くないかなぁ、って思って」

あすか「ふ~ん……」チラ

久美子「…………」

あすか「……うちの黄前ちゃん狙いかっ」

晴香「いや、そんなっ、そういうのじゃ、なくて、その……ね?」///

あすか「はぁ~……ま、確かにたまになら、他の楽器の低音と合わせるのも良いかもね」

晴香「で、でしょっ!?」

あすか「でも、たまにだからねっ?」

晴香「うんうん。分かってる分かってる」ルンルン♪

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:58:56.48 ID:QgSQmwEi0
晴香「じゃあ私久美子ちゃんのと~なり♪」

久美子「え、えぇっ?」

晴香「……ダメ?」

久美子「いえ、別に……ダメじゃないですけど……」

あすか「ダメに決まってるでしょ。音の調和が乱れる」

晴香「ちぇ~」

葉月「……ねえねえ久美子。部長、ちょっと変じゃない?」

久美子「ん~……変、っていうか、元々ああなんじゃない?」

葉月「ん? どゆこと?」

夏紀「懐かれちゃったんじゃない、黄前ちゃん」

緑輝「あの幼馴染の先輩が辞めてからですよね」

葉月「あ~……あの久美子の泣き声が響いた日……」

あすか「ほらほら後輩共~。せっかく来てくれたんだから、本当に合わせてみるよ~!」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 16:59:57.40 ID:QgSQmwEi0
晴香「じゃあよろしくね、久美子ちゃん」

久美子「あ、はい」

あすか「だから晴香! そこにいたら音が乱れるからっ!」

後藤「……こんな部長、見たく無かったな」

梨子「ダメだよ、そんなこと言っちゃ」

晴香「ねえねえ。帰りにさ、寄り道しない?」

久美子「えっと……」

あすか「晴香お前ぱっぱとサックス持てやあぁっ!」


終わり