1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:17:21.95 ID:RK8uYSJ00
ハッピー「質問でぇす!あなたがわたしのマスターですか?」

ウェイバー「....お前、サーヴァントか?」

ハッピー「そうでーす!」

ウェイバー「クラスは?」

ハッピー「ライダーです!」

ウェイバー「いつの時代、どこの英霊だ?」

ハッピー「2013年の、伝説の戦士プリキュアです!」

ウェイバー「.........」

ハッピー「?」

ウェイバー「どうしてこうなるんだ.....よっ!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368796641

引用元: キュアハッピー「聖杯戦争でウルトラハッピー!」ウェイバー「」 

 

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box Ⅱ【完全生産限定版】
アニプレックス (2015-10-07)
売り上げランキング: 73
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:34:03.19 ID:RK8uYSJ00
ウェイバー「つまり話をまとめると、お前は未来からきた英霊ってことなんだな?」

ハッピー「はいっ、そうです!」

ウェイバー「それでその...プリ?キュアって一体何なんだ」

ハッピー「私たちプリキュアは、人々の笑顔を奪おうとするバッドエンド王国から世界を守るために戦った、言わば『スーパーヒーロー』です!」

ウェイバー「まぁ、分かった。それで、その『キュアハッピー』ってのがお前の真名か?」

ハッピー「あー、真名、というか本名ではないです。ちょっと待ってくださいね」ピカー

ウェイバー「え、なに。今度は何だよ」

みゆき「ふぅっ!改めまして、星空みゆきです!趣味は絵本を読み描きすることです!」

ウェイバー「」

みゆき「あ、いっけない!!わたしまだあなたのお名前聞いてません!」

ウェイバー「あ、あぁ。自己紹介がまだだったな。」

ウェイバー「僕はウェイバー・ベルベット。言わずもがな、お前のマスターだ」

みゆき「うんっ!よろしくね、ウェイバーさん!!」

ウェイバー(....ケイネスの奴、こんな子供を召喚しようとしていたのかよ)

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 22:50:00.09 ID:RK8uYSJ00
ウェイバー「はぁ!?霊体化できないだって!?」

みゆき「ご、ごめんなさい!」アセアセ

ウェイバー「くそっ、冗談じゃない!それじゃあ僕は、必要以上にお前に魔力供給をしなきゃいけないんじゃないか!」

みゆき「うぅ....」シュン

ウェイバー「あっ...。おい、そんな暗い顔するなtt」

みゆき「なーんちゃって!!」ニコッ

ウェイバー「」

みゆき「暗い顔してたら、ハッピーが逃げちゃうもんね!スマイルスマイル!!」

ウェイバー「お、おう」

みゆき「ウェイバーさん、心配しないで!たくさん魔力を貰う分、わたしいっぱい頑張っちゃうから!!」

ウェイバー「根性論かよ!心配しまくりだよ!」

みゆき「根性?ちがう!気合いだ気合いだーーー!!!」

ウェイバー「どっちでもいいわ!!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:18:58.15 ID:RK8uYSJ00
--翌日、マッケンジー邸

グレン「あっはっはっはっは!!」

みゆき「あはははは!」

ウェイバー「」

グレン「いやーウェイバー!お前さん、良いガールフレンドを持ったなぁ!」

みゆき「が!がががガールフレンドぉ!?おじいさん、話が飛びすぎだよぉ!!はっぷっぷー!!」

マーサ「さぁさ、遠慮なさらないでたーんとお食べ!」

みゆき「わぁあ美味しそう!!なおちゃんだったら一人でたいらげちゃうんだろうなー」

ウェイバー(....逆に考えるんだ。『暗示を掛け直す手間が省けちゃった』と)

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:28:38.94 ID:RK8uYSJ00
--その晩

ウェイバー「......!アサシンが、負けた...?」

ウェイバー「おいライダー、朗報だぞ!早速一人、脱落だ!!」

みゆき「お絵かきお絵かきらんららーん♪」カキカキ

ウェイバー「おいコラ」

みゆき「ん?どうしたの、ウェイバーさん」

ウェイバー「人の話を聞かんかいこのお花畑が!!いい加減にしないとそのコロネを切り落としてケイネスの頭部に植え付けるぞ!!」

みゆき「ひ、ひどい!ケイネスって誰かわからないけどひどい!!」

ウェイバー「ったく、何を呑気に絵描きなんかやってるんだ」

みゆき「えへへ、おじいさんとおばあさんに、わたしの描いた絵本を見せてあげるって約束しちゃったんだー♪」

ウェイバー「すこぶるどうでもいい」

みゆき「ががーん!何故か冷たい目~!何だかデジャブだよぉ、はっぷっぷー」

ウェイバー「まぁとにかく、真っ先に脱落したのがアサシンで良かったな。お前みたいなぱっぱらぱーには天敵そのものだった訳だし」

みゆき「うぅー、何だかわたし全然期待されてない気がするよぉ」

ウェイバー「全然期待してないからな」

みゆき「よぉおおーし、こうなったら!!明日は街に出て、『他のサーヴァントやっつけ大作戦』を開始しちゃいましょう!!」

ウェイバー「何なんだよ、本当にもう....」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/17(金) 23:58:00.21 ID:RK8uYSJ00
--そして翌日

みゆき「君とイェイ!イェイ!イェイ!イェイ!笑って♪泣いちゃう気持ちを吹き飛ばし~♪」ルンルン

ウェイバー「.......」

みゆき「どうしたの?ウェイバーさん!せっかくの良いお天気なんだし、テンション上げ上げでいかなくっちゃ!!」

ウェイバー「だぁーー!!踊るな歌うなはしゃぐなーー!!お前の辞書に『大人しくする』という文字は無いのか!」

みゆき「ふえ?わたし、今辞書なんて持ってませんよ」

ウェイバー「駄目だ、言葉が通じない」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 00:09:00.46 ID:2R2FOaKu0
みゆき「う~ん!おばあさんが作ってくれたサンドウィッチ!とっても美味しくてウルトラハッピー!」

ウェイバー「......」

みゆき「ウェイバーさん、食べないの?」

ウェイバー「おいお前。分かってないみたいだから言わせてもらうぞ」

みゆき「言うって、何を....」

ウェイバー「僕はな!この戦争に己の誇りを、命を、全てを懸けているんだ!!」

ウェイバー「それなのにお前みたいなハズレを引かされて、こっちはいい迷惑なんだよ!」

みゆき「.......!」

ウェイバー「....これだけは聞かせろ。お前は何でここに居る?お前が聖杯に託す望みは何だ!!答えろ!」

みゆき「.....わたしには、聖杯に託す望みはありません」

ウェイバー「な.....!?」

みゆき「だけど、自分で叶えたい夢はちゃんとあります」

みゆき「それは、たくさんの人を幸せにして、心の底から笑顔になってもらうこと!」

ウェイバー「笑顔....?」

みゆき「そう!だからわたしが呼び出されたのはきっと、ウェイバーさんにウルトラハッピーになってもらうためだと思うの!!」

みゆき「わたしっておっちょこちょいだから頼りないかもしれないけど、だけど!」

みゆき「ウェイバーさんに聖杯を取らせてあげたい気持ちは誰にも負けない!だから、ほんの少しでもいいからわたしのこと信じてください!」

ウェイバー「..........」

ウェイバー「分かったよ、お前を信じる。ムキになって悪かったな」

みゆき「良かったー!ありがとうウェイバーさん!!よーっし、それじゃあ作戦続行だーっ!!」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 00:28:57.01 ID:2R2FOaKu0
みゆき「そういえば、ウェイバーさんは聖杯に何をお願いしたいの?」

ウェイバー「僕か?僕が聖杯に託す望み、それは....」

ウェイバー「僕の実力を認めなかった連中に、己の沽券を示すことだ!」

みゆき「..........」

ウェイバー「.....な、何だよだんまり決め込んで」

みゆき「『こけん』って、何ですか?」

ウェイバー「絵本より教科書を読めよお前」

みゆき「耳が痛い!!」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 00:38:37.29 ID:2R2FOaKu0
--数時間後


ウェイバー「港に二体のサーヴァント....間違いないんだな」

みゆき「はい!もうすごい戦いをしちゃってます」

ウェイバー「よし、使い魔を飛ばして偵察だ。どちらかが倒される前に戦力を把握しておかないと」

みゆき「どちらかが、倒される前に....」

ウェイバー「?おいライダー?どうした」

みゆき「そうだ!良いこと思いついた!!」スッ

ウェイバー「何だ?その手に持っているの...まさか宝具!」

みゆき「そう!宝具『スマイルパクト』です!」

ウェイバー「い、一体何を」

みゆき「えへへ、見ててねウェイバーさん!」

みゆき「プリキュア!スマイルチャージ!!」ゴーゴー!徹子ォハッピー!!

ハッピー「きらきら輝く未来の光!キュアハッピー!!」バーン

ウェイバー「召喚した時と同じ姿に....!」

ウェイバー(そうだ!あの時は気が動転して確認し忘れていたけど、コイツのステータスは....)


筋力:B 耐久:A 敏捷:C 魔力:A 幸運:E 宝具:A++


ウェイバー「よ、予想以上に高い...!」

ウェイバー(というか、ハッピーハッピー言っておいて幸運がとんでもなく低いぞコイツ)

ハッピー「さぁっ!行きましょうマスター!」

ウェイバー「行くって、どこへ」

ウェイバー「.....おい、待て、おい....!おいぃぃぃぃぃぃ!!!」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 09:00:01.54 ID:2R2FOaKu0
ランサー「フッ、やはりそう簡単に殺らせては貰えんか」

セイバー(この漢...やはり出来る!!)


「どぅわぁあああああああああああああああああああ!!!」


セイバー「!?アイリスフィール、気を付けて!何か来ます!!」

アイリ「え、来るって、一体.....」

ドゴォォォォォォォォォォン!!!

アイリ「~~~!凄い衝撃....!」

ランサー「新手か.....!?」

ハッピー「いたたた....!勢いつけすぎちゃった....。ウェイバーさん、大丈夫?」

ウェイバー「大丈夫なわけあるかこの大馬鹿!!死ぬかと思ったじゃないかぁ!!」グスッ

セイバー「何者だ、貴様....!」

ハッピー「よくぞ聞いてくれました!わたしの名前は星空みゆき!絵本と笑顔が大好きな中学2年生です!!」

ランサー「」

セイバー「」

アイリ「」

ハッピー「二人とも、ちょっとだけ戦いをやめてもらってもいいですか?わたし、あなたたちとお話したくてここへ来たんです!」

ランサー「話だと...?」

ハッピー「そう!お話の内容はずばり!!『聖杯を仲良く分け合って、みんなウルトラハッピーになろう大作戦』です!!」

ウェイバー「な....何を言ってやがりますかこのバカはぁぁぁぁ!!!」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 09:08:32.13 ID:2R2FOaKu0
ランサー「聖杯を分け合うだと...?くだらないことを考える輩がいたものだ」

ランサー「元より我々サーヴァントは、己が願いを叶える為にこの現世に呼び出された存在!」

ランサー「敵同士で手を取り合い『聖杯を分け合う』など言語道断!貴様には戦士としての誇りは無いのか!」

ハッピー「あ、あれ....?」

セイバー「同感だ。何より、そのような愚かな問いの為だけに私とランサーの決闘に横槍を入れた、その愚かな振る舞いが許せない!」

アイリ(いやいやセイバー。あなた結構ピンチだったじゃないの)

ハッピー「愚かだなんてヒドイ!!わたし、本気で考えてるのに....!」

セイバー・ランサー「「く ど い !!!!」」

ハッピー「うぅ~、全然相手にされないよぉ!もっと気持ちをぶつけないと....!!」

ウェイバー「あのなライダー!!お前自分が何を言ってるのか分かってないだろ!」

ハッピー「心配しないで!まず初めにウェイバーさんのお願いを叶えて貰えるように、わたし頑張るから!!」

ウェイバー「頼むから会話をしてくれ!!」

「おやぁ~~?どこかで見たことのある顔かと思ったが.....やはり君だったかウェイバー・ベルベットくん」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 09:25:06.58 ID:2R2FOaKu0
ウェイバー「っ!!!」ビクッ

ハッピー「ウェイバーさん?」

ウェイバー「ケイ、ネス.....!」

ケイネス「私の元から聖遺物を持ち出して、よもや君如きがこの聖杯戦争に参加する魂胆だったとは思いもよらなかったよ」

ケイネス「ここでこうして出会った以上、私と君はもはや敵同士....。」

ケイネス「教師であるこの私が、『元』生徒の君に身をもって教えてあげようではないか。『身の程』というものをね....」

ウェイバー「あっ...うぅ....!!」ガクガク

ハッピー「......」

ギュッ

ウェイバー「!?お、おいライダー!!何のマネだいきなり抱きついてきて...」

ハッピー「大丈夫、怖がらないで。マスターのことは、わたしが守ってみせるから」

ウェイバー「お前.....」

ハッピー「おーーーーーーーーい!!おじさーーーーーーん!!」

ケイネス「」


切嗣「」ビクッ

舞弥「反応しないでください」

ハッピー「隠れていないで、お顔を見せてーーーーーー!!みんなで一緒にお話しましょーーーう!!」

ケイネス(小娘風情がこの私に....!ランサーの方が幾分マシだな)

「フッ....。随分と間抜けなサーヴァントがいたものだな」

セイバー「声!?また新手か!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 09:53:04.83 ID:2R2FOaKu0
アーチャー「戯れに雑種どもの小競り合いを見物していたが、所詮は茶番に過ぎぬな」

ウェイバー「あの金ピカ....!アサシンを仕留めた、遠坂のサーヴァントだ!!」

アーチャー「そこの小娘」

ハッピー「えーっと....わたし?それとも、あっちのきれいなお姉さん?」

セイバー「.....」チラッ

アイリ「セイバー、多分あなたのことよ」

セイバー「!?きれいなお姉さんなどと、無礼な!」

アーチャー「貴様だ桃色の小娘。雑種如きがこの俺に余計な手間を掛けさせるな」

アーチャー「貴様、『聖杯を分け合う』などとほざいていたな」

ハッピー「え、はい」

アーチャー「痴れ者が!!この世の財は余すところ無く全てこの我の所有物!それを貴様如き俗物がさも自分のもののように語るなど万死に値する!!」

ウェイバー「何て理不尽な奴だ!!」

アーチャー「話は終わりだ。『王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)』!!」カッ

ハッピー「わわっ、あの人の後ろにたくさんの武器が...!」

ウェイバー「あれだ!アサシンを蹂躙した宝具は!」

アーチャー「消えろ、雑種」ドシュゥゥゥゥ

ハッピー「えぇえ!?ちょっ、待って....!」

ズドォォォォン

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 10:06:05.40 ID:2R2FOaKu0
セイバー「っ.....!何という疾さ...!!」

アーチャー「フン、他愛ない」

「けほっ、けほっ。不意打ちなんてずるいー!!」

アーチャー「.....何だと?」

ハッピー「いや~びっくりしたー!!ウェイバーさん、ケガはない?」

ウェイバー「な、何とか」

ランサー「躱したのか!あの至近距離で....」

アーチャー「地に伏す虫風情が...。二度目は無い!消え失せよ!!」ドシュゥゥゥゥ ドシュゥゥゥゥ

ハッピー「わわーっ!!だから不意打ち良くないっ!!」

ハッピー「ハッピーバリア!!」バシィィン

ウェイバー「ふ、防いだ....!」

ハッピー「もぉー、乱暴な人だなぁ!!こうなったら、少し大人しくしてもらうよぉ!!!」

セイバー「反撃に出る気か....!」

ハッピー「ふんぬぅぅぅぅぅ!!気合いだ気合いだ気合いだ気合いだ気合いだぁあーーーーー!!!!」カッッッッ!!

ウェイバー「何だ、この光....!!」

アーチャー「この魔力は.....!」

ハッピー「プリキュア!ハッピィーーーーーーー....シャワーーーーーーー!!!!」

アーチャー「っ!!」

ドォォォォォン

ウェイバー「やったか!?」

ハッピー「やってません!避けられちゃった」

ウェイバー「即答かよ!?」

アーチャー「....天に仰ぎ見るべきこの我に、同じ大地を踏ませるか!!」ゴゴゴゴゴ

アイリ「アーチャーの宝具...!一体いくらあるっていうの!?」

アーチャー「!?.....チッ、時臣め。令呪を使ったか....!」

アーチャー「雑種ども!今日はここまでにしておいてやる。」

アーチャー「真の英雄たるこの我と相まみえるに値する者を、せいぜい貴様らの中から選んでおけ」シュウウウン

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 10:19:31.42 ID:2R2FOaKu0
ランサー「....全く、はた迷惑なサーヴァントだったな」

ハッピー「じゃあマスター!わたしたちも帰ろっか!」

ウェイバー「....はい?」

ハッピー「だってもうこんな時間!早く帰らないと、おじいさんとおばあさんが心配しちゃうよ!」

ハッピー「それに、早寝しないと大きくなれないよウェイバーさん!!」

ウェイバー「お前僕に喧嘩売ってるだろう」

ハッピー「じゃあね、セイバーさんにランサーさん!邪魔してごめんね!!また今度、ゆっくりお話しようねーーー!」ドヒューーーン

ウェイバー「いやぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

セイバー「........」

アイリ「....行っちゃったわね」

ランサー「セイバー、今宵は.....」

セイバー「ああ、互いに剣を引こう。興が削がれてしまった....」


ケイネス「あの無能めがぁあああ!!」

切嗣「騎士王(笑)....いや、一つも笑えないが」


雁夜「.....バーサーカー出し損ねた」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 20:06:54.54 ID:2R2FOaKu0
--翌日の晩

ウェイバー「よし、これで届け物は終わりだな」

みゆき「ちゃんとお家の手伝いもするなんて、さすがウェイバーさんえらい!!」

ウェイバー「お前僕を何だと思っていやがる。拠点にさせて貰っているわけだし、このくらいは当然だろ」

みゆき「....あれ?こんな夜中に子供が歩いてる」

ウェイバー「....何だ?あの男...」

ウェイバー(まさか、最近頻発している誘拐事件の....?それに、微かに魔力を感じる...)

ウェイバー「ライダー、お前は先に家に戻っていろ。僕はあの男を尾行してみる」

みゆき「えぇっ!?そんな、一人じゃ危ないですよぉ!」

ウェイバー「おじいさん達に心配かけると色々面倒だろう、僕は寄り道して帰ると伝えてくれ」

ウェイバー(霊体化できないこいつが一緒だと、敵に気付かれやすくなりそうというのもあるが)

みゆき「うーーん、分かりました!危なくなったら、令呪で呼んでくださいねーっ!」タタタ....

ウェイバー「...よし、行くか」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 20:19:32.93 ID:2R2FOaKu0
--数分後

ウェイバー「...まずいな、どんどん人気のない方へ...。このあたりが潮時か」

ウェイバー「あ、れ...?あいつどこに...」

龍之介「よう兄ちゃん!探し物かい?」

ウェイバー「っ!?」ビクッ

龍之介「俺たちこれからパーティやるんだよねー?どう、良かったら一緒に」ニヤッ

ウェイバー「いや、僕は、あの.....」


「どうやら招かれざるご客人のようですね?龍之介ぇ....」

龍之介「おぅ旦那ぁ!」

ウェイバー(こいつっ、サーヴァントか.....!!)

キャスター「おや?どこかで見た顔...。そう!!貴殿はライダーのマスターですな?」ニタァ

龍之介「ワーオ!こいつはたまげたねぇ!!」

ウェイバー(この二人、危険だ!!!)

ウェイバー「令呪を以て命じる!!ライダー、来い!!!」カッ

ハッピー「呼ばれて飛び出てウルトラハッピーっ!!来たよウェイバーさん!!」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 20:24:23.22 ID:2R2FOaKu0
龍之介「ちぇっ、これからお楽しみって時に...!!」

ハッピー「あなたたち、その子供たちをどうするつもり!?」

キャスター「なぁに簡単なことです。我が聖処女復活に華を添えるための贄とするのです!!」

龍之介「ひゅーっ、イカすぜ青髭の旦那ぁ!!COOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOL!!!」

ウェイバー「な、何なんだよこいつら!本気で狂っている...!!」

ハッピー「関係のない人たちを戦いに巻き込むなんて、そんなの許さないっ!!はぁあああ!!」ドシュゥウ

キャスター「この魔力....!!龍之介!!」バッ

龍之介「えぇっ!?ちょ、逃げんのかよ旦那ぁ!!離してくれよぉーーー!!俺の芸術の素材がぁーーーーっ!!!」

ハッピー「ふぅっ。マスター!何ともありませんか?」

ウェイバー「大丈夫だ。しかしあの二人、かなり厄介な敵みたいだ....」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 20:34:00.69 ID:2R2FOaKu0
--数日後

みゆき「たっだいまー!」

ウェイバー「ご苦労。ちゃんと言いつけどおりやったろうな?」

みゆき「心配無用!川のお水をばっちり採取してきちゃいました!!」

ウェイバー「よし、そいつを使ってキャスターの拠点を突きとめるぞ。奴らを討伐して、何としても追加令呪を手に入れないとな」

みゆき「令呪なんか使わなくっても、わたしはウェイバーさんの言うことちゃんと聞くのにー!はっぷっぷー」

ウェイバー「他の奴らに令呪を与える訳にもいかないだろ。つまりはそういうことだ」


ハッピー「という訳で!キャスターの工房までやってきました」

ウェイバー「誰に向かって言っているんだ」

ハッピー「よっし!ウェイバーさんがマスターとしての力を発揮してくれたことだし、わたしも全力で行くよーっ!」

ウェイバー「あのなー、だからあれは魔術では下の下の方法で....何だ、その棒。それも宝具なのか?」

ハッピー「はい!『プリンセスキャンドル』です!」

ハッピー「ペガサスよ!わたしに力を!!」カッ

プリンセスハッピー「プリンセスハッピー!!」キラーン

ウェイバー「こいつ、まだこんな奥の手を残していたのか...!」

プリンセスハッピー「さ、乗ってウェイバーさん!」

ペガサス「ヒヒーン」

ウェイバー「お前がライダーたる所以はこいつか」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 20:46:59.08 ID:2R2FOaKu0
プリンセスハッピー「スマイルスマイルスマイルスマイルスマイル♪プリキュ~ア♪れっつごー!!」ズドドドドドド

怪魔「グゲェエエエエ」

ウェイバー「凄い...!キャスターの使い魔をどんどん蹴散らしていってる....!」

プリンセスハッピー「着いた!ここが一番奥みたい。キャスター達も留守みたいだし、ウルトララッキー!」

ウェイバー「けど、こう暗いと何も見えないな。待ってろ、今明かりを....」パーン

プリンセスハッピー「!?」

ウェイバー「な、何だよ、これ.....!?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 22:03:30.05 ID:2R2FOaKu0
「お、お姉ちゃんたち、だれ....!?何でここに....」

プリンセスハッピー「ひどい...。こんなにたくさん女の子をさらって....!」

「ふぇえ...ち、違うよぉ...!」

ウェイバー「違うって、何が?」

少年「ぼく、男の子だよぉ!!」

プリンセスハッピー「」

ウェイバー「」

男の子「無理やりここに連れてこられたと思ったら、女の子の格好をさせられて....!」

男の子B「僕たちもう、お婿さんにいけないよぉ.....!」

ウェイバー「.....ライダー、この子たちを連れてさっさと引き揚げよう」

プリンセスハッピー「イェッサー」

ウェイバー「それからもう一つ」

ウェイバー「この胸糞悪い工房を叩き潰してやれ」

プリンセスハッピー「イェッサー!!!」

プリンセスハッピー「プリキュア!シンデレラハッピーシャワーーーー!!!!」バゴォォオオオオオン

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 22:38:17.16 ID:2R2FOaKu0
--更に数日後、未遠川

キャスター「とくとご覧に入れましょう、最高のCOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOLを!!」

ウェイバー「海魔だって....!?キャスターの奴、完全にイカれていやがる!」

ランサー「このままでは、無関係の人間まで巻き込まれかねんな」

アイリ「何か、対策を練らないと...!」

ハッピー「はいはーい!わたしにとっておきの秘策がありまーす!!」

セイバー「!?本当ですか、ライダー」

ハッピー「もっちろん!それがこの宝具、『ロボニナール』です!!」バーン

ハッピー「さぁマスター!わたしに向かって、この銃を打ってください!」

ウェイバー「あ、あぁ。それっ」ピカーッ

ハッピー「うわー!やーらーれーたーーー!!」

ウェイバー「何遊んでるんだ」

ハッピー「えへへ、冗談ですって!!おぉっ、きたきた!!」ググググ....

アイリ「え、え?な、何?何なの?」

ゴゴゴゴゴ

ランサー「こ、これは.....!」

ゴゴゴゴゴ

セイバー「ら、ライダーが...!!」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 23:16:22.40 ID:2R2FOaKu0
ハッピーロボ「出撃!!ハッピーロボ!!」ドバーン

ランサー「ライダーが巨人、いやロボットに!」

ウェイバー「な....なんじゃそりゃぁああ!?」

アイリ「まぁ素敵!!」

セイバー「アイリスフィール!?」

ウェイバー「な、何だかよくわからないけど、なったもんはしょうがない!!いけライダー!」

ハッピーロボ「おっけーマスター!.......あ゛ぁぁああああああ!!!」

ウェイバー「な、何だようるさいな!」

ハッピーロボ「大事なことを忘れてた!わたし、誰かに操縦してもらわないと動けないんだったー!!」

ウェイバー「このバカタレがー!!」

アイリ「あ、あなた彼女のマスターなんでしょう?操縦の一つや二つくらい...」

ウェイバー「無理に決まってるだろ僕は魔術師だぞ間違ってもロボットになんか乗ってやるもんか!どうせ死ぬに決まってると僕の直感が告げている」

ランサー「何ならその役、俺が引き受けても構わないが」

ウェイバー「い、いいのかランサー」

ランサー「しかしその前に一つ確認しておきたい」

ウェイバー「何だよ」

ランサー「自爆装置は付いているのか」

ウェイバー「頼むセイバー何とかしてくれ!!」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/18(土) 23:30:31.04 ID:2R2FOaKu0
セイバー「良いでしょう。私の騎乗スキルならば、彼女を乗りこなすなど造作もありません」キリッ

アイリ「や、セイバーったら!乗りこなすだなんて//////」

ウェイバー(もうやだコイツら)

ハッピーロボ「さぁ乗って!セイバーさん」ガシャコン

セイバー「望むところです。はぁっ!」シュバッ

セイバー「決着を付けるぞ、キャスター!!」

キャスター「おぉジャ~ンヌ!!よもやこのような形で貴女と相まみえられようとは!!!」

龍之介「やっちまえ青髭の旦那ぁー!!トゥ!トゥ!ヘァー!!」


切嗣「.........」

切嗣「ふざけるな!ふざけるな!ばかやろー!!!」


アーチャー「ふははははは!!実に愉快!気に入ったぞライダー」

時臣(あってはならない....あってはならないことDA)


雁夜「....バーサーカー出し損ねた」


璃正「このような失態は前代未聞だ.....」

綺礼「痛み入ります父上」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 08:03:46.43 ID:C6FsFFFk0
ハッピーロボ「よーし次で決めるよセイバーさん!!」

セイバー「必殺技ですね!取扱い説明書の583ページにありました」

セイバー「キャスター覚悟!!必殺、ウルトラハッピーパァーンチ!!」ドシュゥ

ハッピーロボ「あ゛!!わたしの手がーーー!!」

キャスター「おぉ、おぉおお...!この、光....!!!!」

ドゴォオオオオン

龍之介「だ、旦那ぁ!!」

龍之介「....っくぅ~~~~!!最っっっ高にCOOLだったぜ!何だか、心がスッキリした!!」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 08:11:21.58 ID:C6FsFFFk0
ウェイバー「すごい...!本当にあの海魔を倒した....」

アイリ(セイバーいいなぁ....。私も操縦してみたかった)

ハッピー「いやー、セイバーさんの操縦すごかったよぉ!れいかちゃんもびっくりだね!!」

セイバー「何にせよ、あなたの協力あっての勝利です。感謝しています、ライダー」


アイリ「セイバー、ひとまず撤収しましょう」

セイバー「はい、アイリスフィール。では、ライダー、ランサー。次会うときには全力で戦いましょう」

ハッピー「うんっ!じゃあねセイバーさん!!」

ウェイバー「お前、戦う気満々じゃないか。お話したいんじゃなかったのかよ」

ハッピー「うーんと、ほら!拳と拳で語り合うみたいな!!『ぼでーらんげーじ』だよっ!!」

ランサー「フッ、面白い奴だな君は」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 08:22:08.17 ID:C6FsFFFk0
「令呪を以て命じる」

ハッピー「っ!?マスター危ないっ!!」

ビュン!!

ウェイバー「なっ、ランサー!?」

ランサー「違う、俺の意志では...!くっ、主よ何故.....!!」

ケイネス「まったく、敵同士で馴れ合うなど茶番も甚だしいものだよ」

ケイネス「これは戦争だ。よもやそれを忘れてはいまいなランサー?」

ウェイバー「ケイネス....!!」

ハッピー「はぁ、うっ....!!」ドサッ

ウェイバー「おい、大丈夫かライダー!」

ハッピー「あはは、さっきの戦いで、だいぶ、疲れちゃったみたい....」

ウェイバー(くそっ、何とかしなきゃ...!僕はコイツのマスターなんだぞ!!)

ケイネス「さて、ウェイバー君?特別講義も本日今をもって終了だ」

ケイネス「殺れランサー。令呪に従いあのマスターを始末しろ」

ランサー「ライダー、済まない....!!」

ウェイバー「く、くそぉ.....!!」


ゴーゴー!徹子ォサニー!!

ボォオオオオオオ!!!

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 08:42:52.46 ID:C6FsFFFk0
ランサー「!これは....」

ケイネス「何だ、一体何が!?」

「ウチのみゆきを傷つける奴には、容赦せぇへんでぇ!!」

ウェイバー「お、お前は.....!?」

サニー「太陽サンサン、熱血パワァー!!キュアサニー!!」バーン

ケイネス「どういう事だ!!もう一体のサーヴァントだと!?」

サニー「残念、ハズレや毛根が危ういおっちゃん。ウチもれっきとした、ライダーのサーヴァントや」

ケイネス「」

サニー「まー分かりやすく説明すると、ウチら5人のプリキュアが一騎のサーヴァントとして、この聖杯戦争に呼び出されたっちゅーわけや」

ウェイバー「5人って、他にあと3人もいるってことか!?」

サニー「せや。どいつもこいつも頼りになる子やで!ウチ程ではないけどな。なんちて」

ウェイバー(あのお花畑は聖属性の使い手だったが、こいつは炎!それに、ステータスも変化している)

筋力:A 耐久:B 敏捷:C 魔力:B 幸運:C 宝具:A++

サニー「てなわけで色男の兄ちゃん!マスターには指一本触れさせへんで!ウチが相手したる」

ランサー「俺の『チャーム』は効いていないようだな、安心した。いざ、尋常に勝負!」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 08:53:51.20 ID:C6FsFFFk0
ランサー「フッ!!」ブンッ

サニー「おぉわっ!危なっ!!」ヒョイッ

サニー(なんちゅう槍裁きや!当たらんようにするんで精一杯や)

ウェイバー「ライダー!」

サニー「心配無用や!こんなもん、ピンチのピの字もあらへんわ!!どりゃぁあああ!!!」ボォオオ

サニー「プリキュア!サニーファイヤーっ!!」

ランサー「っ!やるな...」

ケイネス「えぇえい何をモタモタやっているランサー!小娘一人さっさと討ち取ってみせんかこのウスノロめが!!」

サニー「おっちゃんやかましいわ!こちとら真剣にやっとるさかい、余計な口挟まんといてくれんかー!?」

ケイネス「」ブチブチッ

サニー「やー、あんたも大変やなぁ。あんな気難しい人がマスターやなんて」

ランサー「炎の戦士よ。我が主を侮辱する言葉、撤回してもらおう」

サニー「?何や、あの人のことえらい尊敬しとるんか」

ランサー「当然だ。ケイネス殿は俺が忠義を捧げると誓った相手。現在この俺にとって、唯一無二の主なのだ」

サニー「ふーん、その割に向こうからは一つも信じられてへんみたいやけどなぁ」

ランサー「例えそうだとしても構わないさ。生前果たすことのできなかった主君への忠義、それを貫くことのみが俺の望みだ」

サニー「........なーるほど、よう分かった。そら信用もされへん訳や」

ランサー「何?」

サニー「よーするにあんたは、その『忠義を尽くすことができる』相手は誰でも良かったっちゅうことやろ?」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 09:01:39.64 ID:C6FsFFFk0
ランサー「........」

サニー「図星みたいやな」

サニー「手合せしてハッキリ分かったけど、あんたは心の底から潔いごっつええ人や。さっき言うてたことが嘘とは思わへん」

サニー「けど、心のどっかで、『誰かに信じてもらいたい』って思ってるんと違うか?」

サニー「騎士道やら誇りやらに縛られとらんで、もっと自分に正直になってもええと思うけどな、ウチは」

ランサー「!!貴様、我が主のみならず、フィオナ騎士団の矜持までも愚弄するというのか!」

サニー「だー!!もうまたそれや!堅苦しいったらないわ」

ランサー「問答無用、御託はそこまでにしてもらう!」ダッ

ウェイバー「ライダー、来るぞ!!」

ランサー「抉れ!!『破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)』!!」

サニー「....じゃあ、最後に一つだけ言わしてもらおか」

ビュンッ

ランサー(躱された!?)

サニー「自分の気持ちもろくに伝えようとせんクセに他人に信じて貰おうなんて、そんな甘い話があるかボケェェェェェェ!!!!」ドゴォ

ランサー「ぐぁっ!?」ドサァ

ウェイバー「躊躇なく顔面を殴りやがった!」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 09:11:01.41 ID:C6FsFFFk0
サニー「ふーっ、どや?ちっとは目ぇ覚めよったか?」

ランサー「....ふ、はははは!あぁ、はっきりと。恩に着るぞライダー」

ランサー「主!いや、ケイネス殿!!」

ケイネス「な、何だランサー」

ランサー「従者として、私のこれまでの不行き届きをお詫びします。私が、間違っていた」

ランサー「私は....俺はもっとあなたに歩み寄るべきだった。そして貴方を深く知り、また俺を深く知ってもらうべきだった」

ケイネス「...ふ、深く知る、だと?」

ランサー「そう」

ランサー「深く♂知る♂」

ケイネス「ま、まさかランサー」

ランサー「ケイネス殿....」



ランサー「や ら な い か」

ケイネス「アッーーーーーーー!!!」

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 09:18:38.25 ID:C6FsFFFk0
サニー「........」

ウェイバー「........か、帰ろうか」

サニー「ウチは何も見とらんし、聞いとらん。やよいやったら、血眼でスケッチ始めるかもなぁこの状況」

ウェイバー「まったく、ランサーのゲイ・ボウとはよく言ったもんだよ」

サニー「.........」

ウェイバー「悪かったよ忘れてくれ頼むからその眼で見ないでくれ」



互いを深く知ることで真の主従関係を築いたケイネスとランサー。

しかし、二人の●●●●を目撃したソラウは怒りのあまりランサーへの魔力供給を放棄。

程なくして、ランサーは聖杯戦争から退場した。

一点の曇りもない、どこかヤりきった表情で。

ウェイバー「後始末が雑すぎる!!」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 10:55:15.38 ID:C6FsFFFk0
みゆき「いやー、さっすがあかねちゃん!ランサーさんとおじさんを仲直りさせちゃうなんて!」

ウェイバー「まったく、お前らには振り回されっぱなしだよ」

ウェイバー「さて、早速監督役の所へいくぞ。キャスターを倒したのはお前なんだからな」

みゆき「うんっ!」

ウェイバー「あー、それと。さっき言いそびれたんだけど」

みゆき「?」

ウェイバー「よ、よくやってくれたなライダー。褒めてやる」

みゆき「~~~!!!やったぁー!マスターに褒められてウルトラハッピー!」

ウェイバー「はしゃぎすぎだよ」

みゆき「えへへ!だって嬉しいんだもん!ねぇ、ウェイバーさんはハッピーな気持ちになれたかな?」

ウェイバー「......!!ふ、ふんっ!僕がこの程度で満足するか!聖杯戦争に勝利することこそが僕の目標だからな!」

みゆき「うんうんっ!分かった!そうと分かれば、聖杯戦争を勝ち残るために今まで以上にウルトラ張り切っちゃうよー!」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 11:09:20.67 ID:C6FsFFFk0
みゆき「......?」キョロキョロ

ウェイバー「どうした?さっきから落ち着きないな」

みゆき「うーん、何だか誰かに見られているような....」

シュバッ

みゆき「あっ!?」

アサシン「......」

ウェイバー「こ、こいつアサシン!?どういうことだ!?あの時確かにアーチャーが.....」

アサシンB「ククク.....」

みゆき「アサシンが二人!?」

ウェイバー「くそっ、僕たちはまんまと出し抜かれたってことか!」

アサシンC「ククク...残念だったな。あの時死んだザイードは、我らアサシンの中でも最弱....」

みゆき「プリキュア!スマイルチャージ!!」ゴーゴー!徹子ォハッピー!

アサシン「悪いがここで消えて貰う」ヒュンッ

ハッピー「とりあえず逃げるよウェイバーさん!」ガシッ

ウェイバー「油断するなよライダー!アサシンが無策で姿を晒すわけがない、何か企んでいるはずだ!」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 11:16:48.13 ID:C6FsFFFk0
ダダダダ...

ウェイバー「まずいな、奴らに誘導されている....!」

ハッピー「ここは...潰れた工場?」

アサシン「ここでなら思う存分戦えよう」

アサシンB「さぁ来い!ここがお前の死に場所だぁ!!」

アサシンD「死ぬぜぇ?俺の姿を見た奴は、みんな死んじまうぞぉ!!」

アサシンH「お前を殺す」

アサシンE「いっぺん死んでみる?」

ウェイバー「こいつら、多重人格のサーヴァントだったのか!」

ハッピー「よーし、こっちもとっておきを見せちゃうよー!!」

ゴーゴー!徹子ォマーチ!


ビュォオオオオオオ!

ウェイバー「っ!何だ、凄い風....!!」

「真っ向勝負、受けて立つよ」

マーチ「勇気リンリン!直球勝負!!キュアマーチっ!!」バーン

ウェイバー「こいつが三人目か...!」


筋力:B 耐久:A 敏捷:A 魔力:D 幸運:D 宝具:A++

ウェイバー「これまた極端な」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 11:25:21.55 ID:C6FsFFFk0
アサシン「その命、貰い受けるっ!!」

マーチ「直球勝負!良いね、受けて立つよ!!」

マーチ「プリキュア!マーーー―チ....シュートォォォォォ!!!」ドシュウウ

アサシンG「ギエピー!!」シュゥウウ

ウェイバー「こんなんじゃ埒が明かないぞライダー!何とかしてこいつらを一網打尽にできないか!?」

マーチ「任せて!とっておきの秘策があるから」

ウェイバー「本当か!」

マーチ「全部倒しちゃえばいいんだよね?だったら簡単!!」

マーチ「うぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」ボボボボボボボボボ

アサシンI「何....だと....」

ウェイバー「さっきの光球が、無数になって....!」

マーチ「たぁああああああああああああああ!!!」ドシュドシュドシュドシュ

アサシン「」ズドドドドドド

ウェイバー「.....有言実行とは」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 11:30:00.93 ID:C6FsFFFk0
綺礼「アサシンが、全滅だと...」

綺礼「令呪二つを以てしても、あのライダーには及ばないというのか...」

マーチ「見つけたよ、あんただね?アサシンのマスターは」

綺礼「いかにも」

マーチ「脱落したと見せかけて陰から狙うなんて、そんなの筋が通ってないよ!」

綺礼「これは戦争だからな。如何な手段を使おうと勝利すればそれで良かろうなのだ」

綺礼「もっとも、それは私の理解の範疇に無いがね」

マーチ(....この人、何て暗い目を、心をしているんだろう)

綺礼「だが今は妙な気分だ。勝ち目など皆無に等しいだろうに、私はお前との闘いを欲している」

綺礼「私は己の本質を知り得るためにこの戦争に参加した。その願いの為ならば、命など惜しくないということなのかな」

マーチ「いいよ、相手してあげる!!あなたのその捻じ曲がった心、あたしが真っ直ぐにしてみせる!」スッ

綺礼「では....行くぞ!」

マーチ「ふぅうっ!!」


綺礼「........っ!!!!」ドゴォ

マーチ「......!」メキッ

綺礼「がはっ!!はぁ、はぁ」

綺礼(何だ、この感覚は...。この痛み....)

綺礼(まさか私は....高揚しているのか?)

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 11:43:55.71 ID:C6FsFFFk0
綺礼「ふっ、ふはっ。ふはははははは!!!」

綺礼「苦痛こそが我が愉悦だと!?言峰璃正の息子ともあろうものが!!!」

マーチ「あ、あの....?よくわからないけど、別にそれでいいんじゃないかな?」

マーチ「あたしだって自分の嫌なところはたくさんあるけど、それもひっくるめて自分っていう存在だって思ってるし!」

綺礼「気遣いは無用だ。ようやく自らの起源にたどり着くことが出来たのだからな。感謝するぞライダー」

マーチ「行っちゃった...。まぁ、一件落着かな?」

ウェイバー「オイこらライダー!!お前、僕を置いてけぼりにしやがって....」ゼイゼイ



時臣「....結局、追加令呪はライダーのマスターが受領したのですね?」

璃正「うむ、不本意な結果ではあるが...」

時臣「ところで、本題は別にあるようですね璃正神父?そのような慌てたご様子で」

璃正「それが、息子がこのような置手紙を....」


『親愛なる父上 我が主へ

 殴られ屋になるので聖杯戦争抜けます

 綺礼』


時臣「....あってはならない、あってはならないことDA!!!」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 12:32:00.47 ID:C6FsFFFk0
「みんな一緒じゃなきゃダメなの...!それがわたしたちの!!ウルトラハッピーなんだからぁああああ!!!」

「その強い気持ちがある限り...!わたしは、絶対にあきらめない!!」

「家族は、絶対に!あたしが守る!!」

「絶対に失くしたくないウチの宝物...!絶対に壊させへん!!!」

「私が歩く私の道は、私が決める私だけの道!」

「答えを出すのは大変だし、面倒だし、苦しいし!!でも、わたしたちはそうやって少しづつでも前に進んで行きたい!」

「不器用かもしれないけど!!みんなと一緒に未来に向かって歩いて行きたい!みんなで進む未来はきっと....!キラキラ!!!輝いてるから!!!!」


ウェイバー「ん....夢、か?」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 13:18:42.79 ID:C6FsFFFk0
ウェイバー「じゃあ、夜には戻ると思うから」

グレン「おーう、気をつけてな」

マーサ「二人とも、いってらっしゃい!!」

みゆき「行ってきまーす!」


ウェイバー「改めて確認だけど、今日一日は魔力の回復に集中しようと思う。お前を召喚した場所なら効率も良いだろうし、今からそこへ向かうぞ」

みゆき「あいあいさー!」

ウェイバー(元気に振る舞ってるけど、本当はこいつもかなりしんどい筈だ)

ウェイバー(僕に、もっと力があれば....)

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 13:29:57.82 ID:C6FsFFFk0
ウェイバー「さて、準備もできたことだし。ライダー、お前は周囲の警戒を頼む」

みゆき「はいっ!ところでウェイバーさん?」

ウェイバー「何だよ」

みゆき「ミノムシみたいで可愛い」

ウェイバー「ほっとけ!!」



舞弥『切嗣。どうしますか?』

切嗣「この機を逃す手は無い。ライダーのマスターはここで仕留める」

切嗣「棺桶がシュラフとは、お笑いだがな」スチャッ

切嗣「.....終わりだ」ドシュッ

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 13:50:47.04 ID:C6FsFFFk0
みゆき「!!ウェイバーさん!」バッ

ウェイバー「なっ、何だ!?」

切嗣「チッ、やはり一筋縄ではいかないか」

みゆき「弾丸....!近くに敵がいます!!」

ウェイバー「ライフルを使うなんて、どういう魔術師だよ一体!?」

みゆき「おーーいっ!隠れてないで出てきてーーーっ!!」

ウェイバー「そんなんで出てくる奴があるか!!」

みゆき「ダメ?」

ウェイバー「そんな可愛い顔したってダメなものはダメだ!!こんな手を打ってくる以上、敵は相当なやり手だぞ」

みゆき「つまり、とっても頭が良いってことだね!よーーっし、それなら!」

ウェイバー「また、他の奴を呼ぶのか?」

みゆき「そう!とっても強くて優しくて頭が良くて綺麗で素敵な友達!!」ゴーゴー!徹子ォビューティ!!

ビュウウウウウウ!!!

ウェイバー「さ、寒いっ!これは、冷気....!?」

「任せてくださいみゆきさん!必ずや、マスターをお守りしてみせます!」

切嗣「何だ、あれは.....!?」

ビューティ「しんしんと降り積もる、清き心!キュアビューティ!!」


筋力:B 耐久:C 敏捷:B 魔力:A 幸運:B 宝具:A++

ウェイバー(ほ、本当にきれいだ....)

綺礼「呼んだか?」

ウェイバー「誰だよ」

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 14:01:26.84 ID:C6FsFFFk0
ビューティ「さぁ、私がお相手しましょう!どこからでもかかって来なさい!」

切嗣「舞弥、そちらからマスターを射撃しろ」

舞弥『了解』ドシュッ

ビューティ「!!」ガキィン

ウェイバー「!?氷の、盾....」

ビューティ「あくまでウェイバーさんのみを狙うおつもりですか.....」

ビューティ「ならばこちらも、やりたいようにさせて頂きます!!」ビュオオオオ!!!


切嗣「!?これは、まさか.....!」

ウェイバー「辺り一面が氷漬けの空間....。固有結界か!」

ビューティ「あなた方ですね?私たちを陰から狙っていたのは」

切嗣「.........」

切嗣「令呪を以て我が傀儡に命じる。セイバー、来い!!」カッ

セイバー「.....っ!!キリツグ、これは一体...!?」

ウェイバー「セイバーのマスターはアインツベルンじゃなかったのか!?こいつが、本当の.....」

切嗣「見ての通りだ。そして見られたからには、ここで消えて貰う」

セイバー(闘え、という事か。しかしその前に....)

セイバー「そこの、青髪の少女。貴女は何者ですか?」

ビューティ「私の名前は、青木れいか。またの名を....キュアビューティ!!!」ドヤァ

セイバー「」

ウェイバー「答えになってないぞ」

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 14:25:15.88 ID:C6FsFFFk0
ビューティ「ダメ、ですか?」

ウェイバー「同じことを言わす気か」

ビューティ「簡単に説明すると、私たちは5人で一騎のサーヴァントなんです!」

セイバー「把握した。これで迷いなく貴女と剣を交えることができる」

切嗣(はいはい騎士道騎士道(笑))

ビューティ「受けて立ちましょう!」ビュンッ

ウェイバー「氷の剣!芸達者な奴だな」

セイバー「いざ!!」

ビューティ「勝負!!」ダッ

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 14:39:27.47 ID:C6FsFFFk0
セイバー「はぁあっ!!」ガキィイン

ビューティ「何という斬撃っ....!しかしこちらも負ける訳にはいきません!」ジャキィィィン

ウェイバー「例え破壊されても、氷の剣は無限に生まれ出てくる...。まさに剣戟の極地だな」

セイバー「風王鉄槌(ストライク・エア)!」ボッ!

ビューティ「プリキュア!ビューティ...ブリザーーーーードっ!!」ドシュゥ

切嗣(ライダーはセイバーとの交戦に意識がいっている...マスターを仕留めるなら今が好機だ)

ビューティ「させません!」バッ

切嗣「氷の壁!?厄介な....」

ビューティ「なるほど、外道もまた一つの『道』という訳ですね。ですが....」

ビューティ「この空間で、私の許可なく好き勝手できると思わないことです!」

セイバー「切嗣....そうまでして貴方は....!」

綺礼「そうはさせんぞ衛宮切嗣。貴様の相手はこの私だ」

切嗣「言峰綺礼....!?何故お前が此処に居る...!」

綺礼「そんなことはどうでもいい。さぁ、私と闘え!私を殴れ!!思う存分私を痛めつけるがいい!!!」

切嗣「」

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 14:57:00.53 ID:C6FsFFFk0
セイバー「貴女の穢れなき闘志、全力で迎え撃つに値すると見た!はぁっ!!!」ゴウッ

ウェイバー「黄金の剣!ライダー気を付けろ!そいつの正体はアーサー王だ!!」

ビューティ「アーサー王物語の....!?」

ウェイバー「そうだ!そしてそいつの宝具は聖剣エクスカリバー!!開放されたらひとたまりも無いぞ!」

ビューティ「分かりました。ならばここで決着を付けるまでです!!」カッ

舞弥「上空に大量の雪の結晶を作り出した....!?」

ビューティ「見よう見まねですが...!バッドエンドブリザード!」ドドドドドド

セイバー「エクス.......カリバーーーーーーーーーーーー!!!!」ズバァアアアアン

ビューティ「っ.....!!」

ウェイバー「ライダーの攻撃が、いとも簡単に消し飛ばされた....!それどころか、ライダー自身も....」

セイバー(違う、攻撃に紛れて姿を消したのか!一体どこに.....)

ドスッ

セイバー「.....な、に...」

舞弥「遠距離からの攻撃....!?」

ビューティ「プリキュア・ビューティブリザードアロー。これで勝負ありです」

ウェイバー「氷の弓矢って....!あの金ピカよりよっぽどアーチャーしているじゃないか」

ビューティ「奥の手を使って不意を突くしか、あなたに対抗する術はありませんでした。私が勝つことができたのは、時の運でしょうね」

セイバー「.......!!」パキパキパキ

舞弥「セイバーの体が、氷漬けに....」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 15:23:19.44 ID:C6FsFFFk0
セイバー「まだ、私は負けていない...!故国を救うためにも、私は聖杯を.....」

ビューティ「故国の、ため....?」ヒュンッ

舞弥「セイバーに近づいた....!止めを刺すつもりか」

ビューティ「少し、聞かせては頂けませんか?あなたが聖杯を求めた理由を」

ウェイバー「お、おいライダー!!」

セイバー「聞いて、どうする.....?」

ビューティ「どうもしません。ただ、知りたいと思ったのです。あなたのことを」

セイバー「.......」

セイバー「生前救うことのできなかったブリテンを再興し、国と民を救済することが私の、願いだ....」

ビューティ「....それはきっと、あなた自身の本当の願いでは無いですよね?」

セイバー「何.....?」

ビューティ「周囲の期待や信頼から来る重圧が、あなたを縛り付けているのだと思うんです」

セイバー「馬鹿な!私は....」

ビューティ「分かるんです。私がかつて、そうだったから....」

セイバー「貴女は....」

ビューティ「王としての責任や義務というものもあるでしょう。けれど、あなたは王である以前に人なんです。私やウェイバーさん、みんなと同じように」

ビューティ「時には自分に正直に、わがままを通して他人を困らせる時があっても良いと私は思います」

ビューティ「だって、そうでしょう?支え合って、助け合って生きていくのが人間なのですから」

セイバー「.........!」



『アーサー王は、人の気持ちが分からない』

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 15:57:56.82 ID:C6FsFFFk0
ビューティ「あなたの王としての生涯は、誇り高いものとして今この現代でも語り継がれています」

ビューティ「例え悔いが残ったとしても、あなたが信じ貫いてきた『道』はきっと...!きっと正しかったはずです!」

セイバー「私、私....は...!!」

ビューティ「だから、もう誰かのために自分を押し殺さなくてもいいんです。これからは、あなたの本当にやりたいことをしてください」ギュッ

セイバー「あっ...う.....うぅっ........!!!」

ビューティ「今は、たくさん泣いてください...。そして泣き終わったら、心の底から笑ってください。ね?」

セイバー「.....私の、本当の.....」シュゥウウ

切嗣「セイバーが、負けただと....」

綺礼「ぐはっ。もっとだ、もっと私を愉しませろ....」ハァハァ

ウェイバー「何でボコボコにされてるのに嬉しそうなんだよあのおっさん」

ビューティ「あれもまた、一つの道なのでしょうか....」

ウェイバー「知るか」

ビューティ「それはそうとウェイバーさん、先ほどの闘いではアドバイスをくださってありがとうございました!」

ウェイバー「あ、当たり前だろ!僕はお前のマスターなんだから」

ウェイバー(そんなに役に立っていない気もするが)

ビューティ「あなたのようなお方に仕えることができて本当に、ウルトラハッピーです!」

ウェイバー「それってお前らの合言葉か何かなのか?」

ビューティ「ではマスター、私はこれにて。みゆきさんを信じて、頑張ってくださいね!!」ピカーッ


みゆき「れいかちゃんありがっとーー!!どう、ウェイバーさん!れいかちゃんとっても素敵だったでしょ!」

ウェイバー「少なくともお前よりはな」

みゆき「ウルトラはっぷっぷー!!!」

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 16:10:49.05 ID:C6FsFFFk0
切嗣「......ざけるな」

切嗣「ふざけるな!ふざけるな!ばかやろーーー!!!!」ドカッ

綺礼「愉悦っ!!」ドサッ

切嗣「お前たちのような子供に....僕の願いを果たす邪魔をさせるものか!!」

ウェイバー「あいつ、まだ....!」

切嗣「特にそのサーヴァント....!僕はお前が気に入らない...!!」

切嗣「笑顔だと?冗談じゃない....!何かを犠牲にしたことが無いから、そんな能天気なことが言えるのだろうな!!」

みゆき「........」

みゆき「犠牲を払うとか、難しいことはわたしにはよくわからないよ」

みゆき「だからわたしは、『どちらか』じゃなく『両方』を助ける方法を考えるの!!」

切嗣「.....またそうやってふざけたことを」

みゆき「ふざけてなんかない!!わたし本気だよ!!」

みゆき「今だってそう!!ウェイバーさんだけじゃなくて、あなたのことも幸せにしてあげたいって思ってるもん!!!!」

切嗣「な.....」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 16:44:52.98 ID:C6FsFFFk0
みゆき「この戦争に参加した人みんなが、仲良く笑って手を取り合える未来を信じて、わたしは闘っているの!!」

切嗣「.....そんな理想論が通るほど、この世界は優しくはない」

みゆき「通してみせる!絶対に!!そのための力だって、わたしはちゃんと持っているから!」

切嗣「........」

切嗣「退くぞ。舞弥」

舞弥「は、はい切嗣」

みゆき「.....いいの?ウェイバーさん」

ウェイバー「別に良いさ。サーヴァントを失った以上、奴らに勝ち目は無いだろうし」

ウェイバー「弱い者いじめなんて僕の性分に反するからな。そもそも、追えと言ってもお前は聞かないだろう」

みゆき「まーねっ!!!」


切嗣「.....みゆきちゃん萌え」ボソッ

舞弥「えっ」

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 17:12:43.49 ID:C6FsFFFk0
--マッケンジー宅

みゆき「すっかり遅くなっちゃったねー、おじいさんたち心配してないかなぁ」

ウェイバー「大丈夫だろう。結局は仮初めの関係だしな」

グレン「おーい、ウェイバー!みゆきちゃん!」

みゆき「おじいさん!ただいまー!!」

ウェイバー「何やってるんですか、屋根に上って」

グレン「いやー、ここから眺める冬木の朝日は別格でな。どうだい、お前さんらも」

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 17:20:58.69 ID:C6FsFFFk0
グレン「ほーらコーヒーだ。体を暖めなさい」

みゆき「わーいありがとう!!お砂糖入れて飲まなきゃ」サー

ウェイバー「おじいさん、あの.....」

グレン「ウェイバー。お前さん、わしらの孫ではないね?」

みゆき「」ブフォ

ウェイバー「......え」

グレン「どういう訳か知らんが、わしもマーサもお前さんを孫と思いこんどった。けどお前さん、わしらの孫にしてはちーとばかし優しすぎたようじゃな」

ウェイバー「....怒って、いますよね?」

グレン「がははは!むしろ逆じゃよ。お前さんらが来てからというもの、マーサがよく笑うようになってな」

みゆき「おじいさんも、たくさん笑ってたよね!!」

グレン「そうとも。事情はよく分からんが、これだけは言っておく。ここは、お前さんらの帰る家じゃよ」

ウェイバー「.....帰る、家」

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 18:31:23.14 ID:C6FsFFFk0
ウェイバー「残る敵はアーチャー、そしてバーサーカーだ。後者は一度も姿を見ていないから何とも言えないが」

みゆき「いよいよクライマックスだね!頑張ろうウェイバーさん!」

ウェイバー「....夢を、見たんだ」

みゆき「?」

ウェイバー「お前たちの記憶を。底の見えない絶望に立ち向かっていくお前らを」

ウェイバー「お前たちはどうして、あんなもんに勝つことができたんだ?」

みゆき「....うーん、無我夢中でやっていたからよくわかんないなぁ」

みゆき「それに勝ったって言っても、それまで何度もボロボロにされたし何度も諦めそうになっちゃったから、全然かっこつかないんだけどね!」

ウェイバー「お前なぁ」

みゆき「だけどね、別にかっこ悪くてもいいってわたしは思うんだ。大切なことはきっと、もっと別なことだから」

ウェイバー「大切なことって、何だよ」

みゆき「自分を信じること、かな?」

ウェイバー「何だよそりゃあ」

みゆき「うーんと、つまりね!周りの人がどう思おうと、自分のことを信じて、まっすぐ思いを貫きとおすー!!!みたいな?」

ウェイバー「...やれやれ、やっぱりお前はお前だな」

みゆき「うん?どういうこと?」

ウェイバー「わからないならそれでいいよ」

ウェイバー(....何だかどんどん自分がちっぽけに思えてきた)


マーサ「ウェイバーちゃん!あなたにお客さんですよー!」

ウェイバー「客....?」

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 18:34:55.13 ID:C6FsFFFk0
綺礼「こんにちは」

ウェイバー「」

綺礼「貴様に一つ良いことを教えてやろうと思ってな」

ウェイバー「良いのかよ、僕はあんたの敵なんだぞ」

綺礼「もはやマスターの権限が無い以上、私はお前らに危害を加えるつもりはない。それに今の私はしがない殴られ屋だ」

ウェイバー「没落ってレベルじゃないよな」

綺礼「聖杯の出現する場所、知りたくはないかね?」

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 21:36:41.08 ID:C6FsFFFk0
--その夜

みゆき「冬木市民会館、かぁ」

ウェイバー「あぁ。何でも、バーサーカーのマスターがアインツベルンの女を拉致したらしい」

みゆき「あの、わたしのお母さんと同じくらい美人な女の人を?」

ウェイバー「いや、知らんけれど。どうやらあの人が、今回の聖杯戦争の鍵を握っているらしいんだ」

ウェイバー「ともかく急ごう。恐らく今夜で聖杯戦争は決着するはずだ」

みゆき「あれ?橋の向こうに誰かいる....」


雁夜「.....」

ウェイバー「誰だ、あいつ」

雁夜「出ろ、バーサーカー」

バーサーカー「■■■■ーーーーっ!!」

ウェイバー「あいつが、バーサーカーか!?」

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:00:54.31 ID:C6FsFFFk0
雁夜「お前たちのおかげで、楽にここまで勝ち残ることができた。感謝しているぜ」

雁夜「だがあのアーチャーまで倒されちゃあ困るんでな。お前たちはここで殺す!!!」

雁夜「行け!バーサーカーっ!!!」

バーサーカー「■■■■■ーーーっ!!」

みゆき「望むところよーっ!...と言いたいところだけど、あなたの相手はこの子!!」ゴーゴー!徹子ォピース!!

ウェイバー「最後の一人を呼ぶつもりか....!」

ズババババババ!!

雁夜「これは、雷....!?」

「満を持して、100%ヒーロー登場!!!」

ウェイバー「え?」

ピース「ぴかぴかぴかりん♪じゃんけんぽん!!キュアピース!」バーン

ウェイバー「」

雁夜「」

バーサーカー「」

ピース「」ドヤァ

筋力:C 耐久:C 敏捷:B 魔力:B 幸運:A 宝具:A++

ウェイバー「え、ぴか、何て?」

ピース「今日のぴかりんじゃんけんはグー!わたしに勝てたら、今日一日ウルトラハッピーだよ!!」

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:20:19.68 ID:C6FsFFFk0
雁夜「ふざけやがって....!!こいつを喰らえっっ!!」キシャァアアア

ウェイバー「何だあれっ...!虫か!?」

ピース「好きにはさせないんだから!!」バリバリバリバリ

刻印虫「」

ピース(なおちゃんいなくて良かったー)

雁夜「おのれぇっ....!!」

バーサーカー「■■■■■■!!!」ブォン

ピース「うっ....!!速い!!」

ウェイバー「何なんだよあのサーヴァント...!ステータスも何も全然読めない!!」

雁夜「いいぞ....バーサーカー!!殺せ!!殺して殺して殺しまくれ!!」

雁夜「俺は聖杯を必ず手に入れる!!そして.....」

雁夜「桜ちゃんを救って、あの人と.....!!!!」ガハッ

ピース(この人たちから感じる....これは、怒り、憎しみ.....!?)

バーサーカー「Ar....thur....!!」

ピース「えっ?きゃぁああああ!!!」ドゴォ

ウェイバー「ライダー!!!」

79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:31:43.25 ID:C6FsFFFk0
雁夜(凄まじい怒りだ、バーサーカーの奴...。自分が執着していたセイバーを倒したあいつが、よっぽど憎いらしい)

ピース「はぁ、はぁ...。あなたたちがどうしてそんなに怒っているのか、わたしには分からない」

ピース「だけどせめて、その思いを真正面から受け止めてあげたい!!!」

ウェイバー「あの子も相当なお人好しだな全く....!!」

雁夜「ほざけ!!バーサーカー、そいつを消せ!!!」

バーサーカー「■■■■■■■■!!!!!」ドドドドド

ピース「闘うだけじゃない...。手を差し伸べてあげることだって、ヒーローには必要なの!!!」カッ

ウェイバー「この光....!!!」

ピース「プリキュア!!!ピースサンダー......ハリケーーーーーーン!!!!!」ズババババババ

バーサーカー「ーーーーーーーーーーー!!!!!」

雁夜「何っ!?」

ウェイバー「....ダメだ、バーサーカーはまだ生きている!」

ピース「ううん、大丈夫」

バーサーカー「......私、は....」

ウェイバー「あれが、バーサーカーの素顔....!それに、言葉を話して...」

雁夜「そんな...!狂化しているのに、何故!?」

ピース「元々わたしたちプリキュアの力は、浄化の効果を持ってるの!だから、この人の心も浄化してあげっちゃた!」

ウェイバー(....言われてみれば、コイツらに倒された連中はみんな清々しい顔つきになっていたような)

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:43:33.15 ID:C6FsFFFk0
バーサーカー「....私は、アーサー王に縁のある騎士でした....。彼女に裁いてもらいたいがために、この戦争に参加した...」

バーサーカー「しかし、それは最早叶わぬ願いとなってしまった。やり場のない怒りを、あなたにぶつけるしかなかったのです」

ピース「気にしないで!困っている人を助けるのが、ヒーローの仕事だもん!!」

ウェイバー「困っている人の定義が広すぎやしないか」

バーサーカー「一つ、聞かせてください。アーサー、いえアルトリアは。救われたのでしょうか?」

ピース「大丈夫!!わたしの友達が、セイバーさんをちゃんと助けてあげたから!!」

バーサーカー「そうか、ならば良かった.....」シュウウン

雁夜「そんな、嘘だろ.....」ドサッ

ウェイバー「まったく、毎度毎度お前らには驚かされてばかりだな」

ピース「えへへ、それほどでも!!じゃあ頑張ってねウェイバーさん!」ピカーッ


みゆき「さ、マスター!早く聖杯の所に行こっ!!」

ウェイバー「あぁ。おい、バーサーカーのマスター!あんたなら場所を知っているだろ、案内してもらおうか」

雁夜「....勝手にしろ」

雁夜(聖杯は手に入らないが、せめてあいつだけは...)

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:51:14.63 ID:C6FsFFFk0
--冬木市民会館

雁夜「このホールのステージ上に、アインツベルンの女を置いている」

みゆき「案内してくれてありがとう、おじさん!!」

雁夜「」ドキッ

ウェイバー「開けるぞ」ギギギギ....

みゆき「いた!えーっと、確かアイリさん」

ウェイバー「何だ?眠っているのか...」


時臣「よくぞここまで生き残ったものだ。ライダーとそのマスター」

ウェイバー「あいつは....!!」

雁夜「遠坂....時臣!!!」

時臣「間桐雁夜...!生きていたのか。まぁいい」

時臣「君たちの命運もここまでだ。私と我が主、英雄王ギルガメッシュの前にひれ伏すが良い」

アーチャー「上機嫌だな時臣。少しは良い面構えになったではないか」

みゆき「あの人.....!」

アーチャー「さぁライダー。全力で我に歯向かうが良い。そして我はその遥か上から貴様を叩き潰す」

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 22:58:27.18 ID:C6FsFFFk0
雁夜「死ねぇ、時臣ぃ!!!」ブゥウン

時臣「愚かな...」ボウッ

雁夜「ぐぁああっ!!」

時臣「我々の高貴なる決闘を汚すつもりか。つくづく救いようのない男だ」

雁夜「黙れ!!桜ちゃんを見捨てた男が...」

時臣「何度言えば分かる。あれは...」

雁夜「俺の姿を見て何とも思わなかったのかよ!?このままだと桜ちゃんは、俺と同じことになるかもしれないんだぞ!!!」

時臣「.......何?」

ウェイバー「な、何だか僕ら蚊帳の外じゃないか」

みゆき「蚊帳の外だね」

85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 23:10:46.87 ID:C6FsFFFk0
雁夜「間桐の汚れた魔術に●●●て、桜ちゃんは.....!!」

雁夜「自分の娘が、どんな目に遭っても良いらしいなこの外道!!!」

時臣「......」ボッ

雁夜「がああああっ!!」

時臣「...話は後だ。少し黙っていて貰おう」

アーチャー「何だ、終わりか?見ている分には悪くない寸劇であったが」

時臣「英雄王。マスターの相手は私にお任せを」

アーチャー「許す。しかし殺すなよ?我がライダーを始末するまでは」

時臣「仰せの通りに」

ウェイバー「準備は良いか?頼んだぞライダー!」

みゆき「任せて!!プリキュア!スマイルチャージ!!」ゴーゴー!徹子ォハッピー!!

ハッピー「きらきら輝く未来の光!キュアハッピー!!」バーン

アーチャー「さあ来い!」

ハッピー「おっけー!絶対負けないんだから!!」

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 23:27:06.41 ID:xAV1mKjl0
アーチャー「この攻撃、凌ぎきれるかライダー!!」ズドドドドドド

ハッピー「うわぁあ危ないっ!!」ヒョイッ

ウェイバー「あれがアーチャーの本気か...!?いや、まだ何か隠し持っている」

時臣「よそ見をしている場合かね?」ボォオオオオオ

ウェイバー「うわぁっ!!」

ハッピー「マスター!!」

時臣「失望したよ。君とは魔術師として誇りある決闘をしたいと願っていたのに、この有り様とは」

ウェイバー「く、くそっ.....!」

時臣「見たまえ。あちらも直に決着が付く」

ハッピー「プリキュア!ハッピー.....シャワーーーーーーーっ!!」ドシュウウウウウウ

アーチャー「効かん!」バチィン

アーチャー「天の鎖(エルキドゥ)よ!!」ジャラララララ

ハッピー「うっ、あっ!!何、これ....!!」

アーチャー「フッ」ドシュドシュ

ハッピー「あっ....」ズドォン

ウェイバー「ライダーっ!!!」

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 23:36:40.32 ID:xAV1mKjl0
ハッピー「うぅっ....!!」

アーチャー「光を纏って防いだか。しかしここまでだな、興醒めだ」

時臣「分かるかね?ウェイバー・ベルベット。敗因は全て、君の未熟さにある」

ウェイバー「ぼ、僕の....」

時臣「そうだ。君のような魔術師見習いが勝ち残ってこられたのは、単なる偶然とライダーの規格外の能力があったからこそだ」

時臣「君は自分が天才だと思い込みたいだけの、そう」


時臣「凡人だよ」

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/20(月) 23:44:33.75 ID:xAV1mKjl0
ウェイバー「....僕は、僕は.....!!」

ハッピー「やめ、て.....!!!」

アーチャー「何?」

ハッピー「マスターを....。ウェイバーさんを....!!」

ハッピー「わたしたちの大切な友達を、バカにしないで!!!」

ウェイバー「ライ、ダー....!」

ハッピー「凡人の、何がいけないの!?」

ハッピー「自分が優れた人間だって思いたい気持ちは誰にだってあるよ!!ウェイバーさんは、全然、悪くない!!」

アーチャー「........」

時臣「.......」

時臣「いいや、彼は誅を受けるに値する行いをしている」

時臣「話は聞いているよ。君は、時計塔で自身を軽視していた者たちに己の沽券を示すために聖杯戦争に参加したそうだね?」

ウェイバー「.......」

時臣「一番手っ取り早い手段に出た訳だ。本来為すべき努力をせず、君は逃げた。違うかい?」

ハッピー「逃げて、なんかないよ!!!!」

ハッピー「ウェイバーさんが、この戦いにどれだけの覚悟を懸けていたかわたしは知ってる!!」

ハッピー「怖くて逃げ出したい気持ちを必死に抑えて、一歩も退かずにわたしたちの傍で戦ってくれていたのを知ってる!!!」

ハッピー「ウェイバーさんが、『頑張れ』『負けるな』って、一生懸命魔力を与えて後押ししてくれたおかげで、わたしたちはここまで頑張ってこれたの!!」

ウェイバー「....!!!!」

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 00:04:54.44 ID:TXhJAZd50
アーチャー「....友、か」

アーチャー「...天の鎖よ」ジャラララララ

ハッピー「っ!!また....!!!」

時臣「見上げた友情だな。しかし残念ながら、魔術の世界でそんなものは通用しない」

時臣「常に余裕を持って優雅たれ。これにて終局だ」

アーチャー「少しは暇つぶしになったな。褒めて遣わすぞライダー」

ハッピー「うっ、このっ.....!!!」ギシギシ

アーチャー「終わりだ」

ハッピー「ウェイバー....さん....っ!!!!」



ウェイバー「令呪を以て命じる!!!」

時臣「!?」

ウェイバー「ライダー!!アーチャーに打ち克て!!」

ウェイバー「ライダー!!聖杯を勝ち取れ!!」

ウェイバー「ライダー!!戦いに勝利して、この僕を.....」


ウェイバー「とびきりの笑顔にして見せろ!!!」

カッ!!!!

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 00:17:42.39 ID:TXhJAZd50
アーチャー「ほう、思い切ったな雑種め」

時臣「自らの令呪を全て使い切っただと....?正気か!?自らマスターの権限を放棄するなど!!」

ウェイバー「それがどうした!僕の目的は、この戦いに勝つことだ!!その為の覚悟を見せたまでのこと!!」

ハッピー「...届いたよ、ウェイバーさん。あなたの想い、届いたよ!!!」

アーチャー「ふははははは!!そう来なくては張り合いがない!今度こそ仕留めてくれよう!!」

ハッピー「そうはさせない!!気合いだ気合いだ気合いだ気合いだ!!気合いっっっっっ.........だぁーーーーーーーーーっ!!!!!」

ハッピー「プリキュア!ハッピーシャワー........!!シャァァァァイニング!!!!」ドシュウウウウウウン

アーチャー「面白い。ならばこちらも文字通り、奥の手を使わせて貰う!!」

アーチャー「我のこの手が光って唸る!聖杯掴めと輝き叫ぶ!!」

アーチャー「必ぃぃぃぃっ殺!!黄金の指(シャイニング・フィンガー)!!!!」ドバァアアアアン

ウェイバー「勝て!!ライダー!!」

ハッピー「っ.....!!おおおおおおおおお!!!」

アーチャー「無駄だ!!」ドォォン

ウェイバー「........!」

アーチャー「惜しかったなライダー。だが何人もこの俺を超えることは...」

時臣「アーチャー!後ろだ!!!」

アーチャー「何っ!?」バッ

プリンセスハッピー「これでっ.....!!!」

アーチャー(こいつ、自爆覚悟で....!!!)

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 00:38:41.45 ID:TXhJAZd50
ハッピー「輝け!!ハッピースマイル!!!」ズドォオオオン

アーチャー「ククク....!中々に、愉しい戦いであった。まだまだこの世界も捨てたものでは無いという訳か...」シュウウン

時臣「馬鹿な....!!ギルガメッシュが敗れるなど....」

みゆき「うっ....!あっ」

ウェイバー「みゆき!!」ガシッ

みゆき「え、へへ...ウェイバーさんてば、初めてわたしのこと名前で呼んでくれたね!」

ウェイバー「ど、どうでもいいだろそんなこと!」

ウェイバー「よく、よく頑張ったな。ありがとう」ニコッ

みゆき「あっ......」

ウェイバー「どうした」

みゆき「やっと、やっと見れたよ。ウェイバーさんの、笑顔.....!!」

ウェイバー「えっ、あー....」

みゆき「照れなくていいよ、もう!!」

ウェイバー「照れてない!!!

97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 10:53:06.91 ID:TXhJAZd50
みゆき「もう、プリキュアに変身する力も残ってないや.....」

ウェイバー「なに、心配ないさ。後は聖杯を.....何だあれ?」

みゆき「アイリさんの体から、杯が....。あれが聖杯?」

ドロォ

みゆき「」ゾクッ

時臣「!!」

ウェイバー「な、何だ!?聖杯から、何かが溢れ出て....」

みゆき「ウェイバーさん逃げて!!あれに、あれに触っちゃ....」ドブン

ウェイバー「みゆき!?おい!!!」

時臣(あれが、あんなおぞましいものが、我々が求め続けた聖杯だとでもいうのか...!?)

ウェイバー「待ってろみゆき!!いま僕が助けてやる!」

時臣「何をしている!?あれは最早我々の手に負える代物ではない!」

ウェイバー「逃げたきゃ好きにすればいいさ!マスターであるこの僕が、サーヴァントを置いたまま尻尾を巻いて逃げるなんてできるもんか!!」ドブン

時臣「....仕方が無い」ガシッ

雁夜「時臣...!?何のつもりだ....!」

時臣「無様に死にたくなければ大人しく掴まっていろ!一刻も早くこの場を離れるぞ」

時臣(幸運を祈らせてもらおう、ウェイバー・ベルベット)

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 11:04:27.07 ID:TXhJAZd50


ウェイバー「.....ここは?」

みゆき「ウェイバーさん!」

ウェイバー「みゆき!無事だったんだな、良かった」

みゆき「もー!逃げてって言ったのにどうして来ちゃったんですかー!?」

ウェイバー「うるさいな!僕はお前のマスター.....そういえばもう令呪無いんだった」

みゆき「そんなもの無くったって、わたしたちとウェイバーさんは友達だよ!!助けに来てくれてありがとう!!」

ウェイバー「怒ってたんじゃなかったのかよ」

「ようこそ」

ウェイバー「お前、アインツベルン....なのか?」

アンリマユ「いいえ、私はこの世全ての悪(アンリマユ)。いわゆる聖杯の中身ね」

みゆき「中身....?」

アンリマユ「細かい話はともかく、あなた達は聖杯戦争の勝利者。願いを叶える権利があるわ」

アンリマユ「ウェイバー・ベルベット。あなたの願いは、『自身を見下した者に己の沽券を示すこと』だったわね」

ウェイバー「ま、まぁ一応」

アンリマユ「ならばその願い、私が叶えてあげられるわ」ブワッ

99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 11:20:58.75 ID:TXhJAZd50
みゆき「周りの景色が、変わった!」

ウェイバー「ここは、時計塔.....?」

アンリマユ「こんな風にね」ボウッ

ウェイバー「なっ.....!」


「イヤぁああああああ!!!」

「やめてくれぇぇぇぇぇ!!」

「毛根が、私の毛根がぁ.....!!!」


ウェイバー「時計塔が、炎に包まれて....」

アンリマユ「人の心を支配するには、恐怖と絶望を与えるのが最も効果的。こうすれば、もう誰もあなたのことを見下したりはしないわ」

アンリマユ「むしろその逆。生涯、地べたに這いつくばってあなたを見上げ続けることでしょうね」

アンリマユ「あなたが望んだ世界、なかなか良いじゃない」

ウェイバー「....そうだな。特に最後の毛根が何とかって断末魔なんか」

みゆき「ウェイバーさん....?」

ウェイバー「けど、生憎だったな。僕はもう、そんなことどうでも良くなった!お前の力なんか必要ないね!!」

アンリマユ「.....私を、拒むというの?」

ウェイバー「聞こえなかったのか?僕は『必要ない』と言ったんだ」

みゆき「ウェイバーさんの言う通り!そんなやり方じゃあ、本当のウルトラハッピーはやってこないよ!!」

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 11:34:26.98 ID:TXhJAZd50
アンリマユ「ハッピー...?なに、それ」

みゆき「何って、それはもちろん!!とっても幸せなことだよ!!」

アンリマユ「幸せって、なに?」

ウェイバー「お前....?」

アンリマユ「わたしには、よくわからない。わたしが知っているのは、この世の全てを呪うことだけ」

みゆき「.......」

みゆき「そっか。あなたずっとここにいて、ずっと寂しい思いをしてたんだね」

アンリマユ「さび、しい....?わたしが...」

みゆき「うん。だからね?わたしと友達になろっ!!」

ウェイバー「」

アンリマユ「」

みゆき「....うん?あれ?わたし、何か変なこと言ったかなぁ」

ウェイバー「お前って変なことしか言わないよな」

みゆき「ひどい!!」

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 11:52:46.58 ID:TXhJAZd50
アンリマユ「ははっ。空っぽの私なんかと友達になりたいなんて、変な子ね」

アンリマユ「でもいいの?そんなことされたら私、あなたに呪いを掛けちゃうけど」

みゆき「うん、いいよ!それであなたがウルトラハッピーになれるなら」

ウェイバー「おい!?お前一体何を言って...」

みゆき「だいじょーぶっ!わたし、呪いなんかに負けたりしないから!!」

ウェイバー「本当、お前って奴は....」

アンリマユ「分かった。じゃあ、呪ってあげる.....」ギュッ

ウェイバー「みゆき!!」

みゆき「....大丈夫」

みゆき「あなたの心にある、怒った気持ちも、悲しい気持ちも、寂しい気持ちも全部。わたしが受け止めてあげるから.....」

アンリマユ「あ、れ.....?」ゴゴゴゴゴ

ウェイバー「何だ!?空間が崩れて....」

ウェイバー「みゆきが、アンリマユの呪いに打ち克ったっていうのか?」

ウェイバー「変身なんか必要ない、あいつが元々持っていた力ってことか.....」

102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 12:25:29.09 ID:TXhJAZd50
切嗣「ふざけるな!ふざけるな!ばかやろー!!!」ドゴッドゴッ

雁夜「ぐべらぁ!!!」

時臣「衛宮切嗣....。魔術師殺しの男がよもや正面から殴りかかってくるとは」

切嗣「貴様が、貴様がアイリをーーーっ!!」

アイリ「もうやめてあげて切嗣!まぁ、私個人としてはそのまま続けてもらっても....なんて」

切嗣「なっ......!?」

舞弥「マダム!!ご無事で....」

アイリ「えぇ、何だか良く分からないの。失われたはずの体の機能も、元に戻っているし....」

アイリ「まぁ、気にしたら負けってことかしら?」

切嗣「アイリ、済まない。僕は....」

アイリ「いいの、切嗣。あなたはもう戦わなくて....」ギュッ

時臣「....さて、雁夜。のびている所悪いが、幾つか君に問いたいことがある」

雁夜「.....」ガハッ

103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 12:51:01.14 ID:TXhJAZd50
ウェイバー「....終わったんだな、聖杯戦争」

みゆき「うん」

ウェイバー「....僕たち、勝ったんだよな?」

みゆき「もちろん!」

ウェイバー「良く頑張ってくれたな、ライダー。本当に感謝してるよ」

みゆき「どういたしまして!」

ウェイバー「.......」

みゆき「.....あの、ウェイバーさん?」

ウェイバー「何だよ」

みゆき「こっちを向いて話して貰えると嬉しいんですケド」

ウェイバー「嫌だ」

みゆき「.........」ヒョコッ

ウェイバー「わっ、バカ、おま.......」

みゆき「.......」

ウェイバー「い、言っておくがな!これは感極まって漢泣きしているだけだ!断じて、断じて!!お前との別れが悲しいとかではない断じて!!!」グスッ

みゆき「......そっか!」ニコッ

ウェイバー「~~~~~~!!!」

みゆき「じゃあ、元気でねウェイバーさん!大丈夫、ウェイバーさんなら絶対、立派な魔術師さんになれるよっ!!」

ウェイバー「ふんっ!言われなくたってなってやるさ!お前こそ、あいつらと仲良く頑張れよ」ニカッ

みゆき「うんっ!!」シュウウン

ウェイバー「........」ゴシゴシ

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 13:17:25.00 ID:TXhJAZd50
--マッケンジー宅

ウェイバー「みゆきが、これを....?」

マーサ「そう。朝起きたらテーブルの上に置いてあってねぇ。置手紙と、それから....」

グレン「あの子が一生懸命描いてくれたこの絵本じゃよ」

グレン「わしらは一足先に読ませてもらったからな、今度はお前さんが読むといい」スッ

ウェイバー「うん、ありがとう」


『笑顔の魔法使い』

ウェイバー「....ぷはっ、何だよこれ」

ウェイバー「絵は下手くそだし、字の大きさはバラバラだし、全然ダメダメじゃないか」

ウェイバー「まったく、本当に、しょうが、ない......」

グレン「心のこもった、とてもいい絵本じゃろう」

ウェイバー「.......」コクッ

グレン「きっと、お前さんと過ごした楽しい時間を想いながら描いたんじゃろうなぁ」

ウェイバー「.....みゆき...!」

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 13:38:55.53 ID:TXhJAZd50
--聖杯戦争に参加したマスターのその後


・衛宮切嗣

聖杯戦争終了後、アインツベルン城から娘と妻を連れて逃走。

短いながらも幸せな時間を過ごしたという。

彼の『部品』・久宇舞弥は、生き別れた家族に出会うため旅に出る。


・間桐雁夜

炎を操る魔術師と結託し、間桐臓硯を襲撃。遠坂からの養子を彼の手から解放する。

その後、彼の姿を見た者はいない。


・言峰綺礼

歴史上初の「壁殴られ代行者」として世界各地に名を馳せ、ありとあらゆる鬱憤から人々を解放して回ったという。

あと、娘さんとよろしく暮らしたとかなんとか。


・ケイネス・エルメロイ・アーチボルト

アーチボルトの家督を若い魔術師に継がせ、時計塔の講師に専念する。

妻のソラウには終始尻に敷かれていたが、まぁまぁ円満な家庭を築いたという。

心底どうでもいい話だが、以来生え際の後退がピタリと止まったらしい。


・雨生龍之介

キャスターが撃破されて間もなく警察に自首する。

獄中でただ一人、輝く目をしていたとのこと。


・遠坂時臣

聖杯戦争終了後、何者かから受けた傷により数年後に死亡。

長女が家を継ぎ、安泰だったという。

理由は不明だが、間桐家に養子として出されていた次女は妻方の親戚に引き取られたらしい。


・ウェイバー・ベルベット

マッケンジー宅にしばらく滞在した後、時計塔に戻る。

周囲から手のひらを返したような態度を取られるが歯牙にも掛けず、ひたすら魔術の鍛錬に没頭した。

ついでに言うと、没落寸前だった恩師の家系の再興に貢献している。



そして、月日は流れ.....

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 15:41:34.23 ID:TXhJAZd50
みゆき「......うん」

キャンディ「みゆき、おはようクル!」

みゆき「おはよう、キャンディ......」

みゆき「.....?」


--七色ヶ丘中学校--

あかね「えぇ、みゆきも見たんか!?」

やよい「わたしもだよぉ!いやーすごい夢だったよね!!」

なお「うんうん、そりゃもうすごい夢だった!」

れいか「私もです!何か大きなことを成し遂げたような、そんな夢でした!」

みゆき「うんっ!すっごくウルトラハッピーだったよぉ!....で、どんな夢だったっけ」

あかね「」

やよい「」

なお「」

れいか「」

佐々木先生「はーい、それじゃあホームルーム始めまーす」

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 15:52:44.42 ID:TXhJAZd50
みゆき「『沽券』とは、人の体面、品位のこと....」

れいか「ありました!『アーサー王物語』!」

キャンディ「クルぅ、いきなり図書室なんて二人ともどうしたクル?みゆきなんか、辞書を読んでるクル」

あかね「何や、頭ん中に引っかかっとることがあるゆーてな」

やよい「あかねちゃん、ほら!これなんかどう?」

『くそみそテクニック』

あかね「いてこますぞコラ」

なお「この学校どうなってるのさ」

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 15:59:52.85 ID:TXhJAZd50
みゆき「じゃあねーあかねちゃん!また明日ー!!」

あかね「ほななーみゆき!」

みゆき「さてっと!家に帰って絵本の続きを描かなくっちゃ!!」

男性「そこの君。少し、いいかな?」

みゆき「あっはい!!何ですかー?」

みゆき(凄くかっこいい人....!誰だろう?)

男性「この辺りに、魔女のような格好をしたおかしな老婆がいると聞いたのだが....」

みゆき「あー、そのひとなら。向こうの交番で納豆餃子飴を食べてると思いますよ」

男性「納豆....?いや、聞くまい。む....」

男性「その、手提げ袋の中身は.....」

109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/21(火) 16:06:55.50 ID:TXhJAZd50
みゆき「あぁ、これはわたしが描いた絵本ですっ!」

男性「....そうか。あの時のままだな...」

みゆき「えっ?」

男性「いいか。何かを極めようとするときには、挫折や敗北感はつきものだ。しかし....」

男性「例えどんな苦難にぶつかろうと、お前はお前のままでいろ。明るくて、真っ直ぐで、誰よりも優しい、今の自分を大切にするんだ。分かったか?」

みゆき「.....!うんっ、分かった!!みんなに笑顔をあげたいって気持ちを忘れずに、わたし頑張る!!」

男性「....それで良い」

男性「では、さようならだ。元気で暮らせよ、みゆき」

みゆき「はーいっ、さようならー!!」

みゆき「不思議な人だったなぁ...。って、あれ?何でわたしの名前を知ってたんだろう....?」


ウェイバー「....聖杯戦争でウルトラハッピー!....やはりガラではないな」

お わ り