4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:10:59.81 ID:soNWSc80P
霧切「ちゃんと名前くらい言いなさいよ」

苗木「ごめん、霧切さん」

霧切「……もう」

苗木(……)

霧切「なえきくん」

苗木「なに、霧切さん」

霧切「なんで反応が無いの?」

苗木「えっ」

霧切「もういい、なんでもないわ」

引用元: 苗木「きりきりさん」霧切「き・り・ぎ・り」 

 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:13:40.97 ID:soNWSc80P
霧切「……」

苗木(霧切さん、どうしたんだろう、怒ってるのかな?)

苗木「あ、もうこんな時間か」

霧切「どうしたの?」

苗木「ちょっと食堂に行ってくるよ」

霧切「どうして?」

苗木「ちょっと、朝日奈さんに呼ばれてて」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:16:37.63 ID:soNWSc80P
霧切「なにをするの?」

苗木「な、なんでもいいじゃない、そんなこと」

霧切「……怪しいわ」

苗木「ちょ、ちょっと霧切さん!」

霧切「なによ」

苗木「顔、近いって」

霧切「……そうね」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:19:04.02 ID:soNWSc80P
霧切「苗木くん、あなたは朝日奈さんとなにをするのかはっきり言いなさい」

苗木「いや、それは言えないよ」

霧切「どうして?」

苗木「いや、ちょっと……」

霧切「なるほどね、二人の秘密……ということ?」

苗木「そ、そうじゃなくて……!」

霧切「じゃあなに?」

苗木「えっと……その……」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:22:06.94 ID:soNWSc80P
霧切「いいわよ、苗木くん」

苗木「え?」

霧切「あなたが言わないのなら……ついていくまでよ」

苗木「ど、どうして来るのさ!?」

霧切「あなたが言わないからでしょう」

苗木「言わなくてもいいだろ!?」

霧切「だから、どうして言えない理由があるの?」

苗木「逆に、どうして霧切さんに教えないと行けないの?」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:26:35.25 ID:soNWSc80P
霧切「……わかったわよ」

苗木「そ、そっか、ならいいんだけど」

霧切「……」

苗木「じゃ、じゃあね」

霧切「……」

舞園「あ、ここにいましたか、苗木くん!」

苗木「!」

舞園「早く行きましょう? みんなも待ってますから」

霧切「!」

苗木「う、うん……」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:29:07.34 ID:soNWSc80P
舞園「あ……」

霧切「……」

苗木「は、早く行こう、舞園さん」

舞園「……は、はい」

霧切「……」

ガチャ バタン

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:35:10.79 ID:soNWSc80P
霧切「……なによ」

霧切「……なんで舞園さんは『まいその』じゃないのよ……」

霧切「私は『きりきり』なのに、なんで言い間違えないのよ」

霧切「それより、みんなって?」

霧切「……捜査が必要だわ」

霧切「捜査、調査、監査よ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:41:43.36 ID:soNWSc80P
ピンポーン

霧切「……」

ガチャ

腐川「……誰よ?」

霧切「腐川さん」

腐川「!」

霧切「ちょっといいかしら?」

腐川「わ、悪いけど私は暇じゃないのよ!」

霧切「どうしたの?」

腐川「あんたと話してる暇なんて……さらに無いわ!」

バタン

霧切「……次、次行きましょう」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:57:08.07 ID:soNWSc80P
ピンポーン

ガチャ

霧切「……十神くん」

十神「……なんだ?」

霧切「ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いいかしら?」

十神「無理だ」

バタン

霧切「……まあ、想定の範囲内ね」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:57:58.73 ID:soNWSc80P
霧切「あら、石丸くん」

石丸「!!」

霧切「あの……」

石丸「無視、無視!」

霧切「……」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 00:59:49.85 ID:soNWSc80P
霧切(おかしい、明らかにおかしいわ)

霧切(腐川さんと十神くんの反応はまだわかる、けど……)

霧切「さっきの石丸くんの反応は?」

霧切「石丸くんに悪いことなんて、したかしら?」

霧切「超高校級の風紀委員が、『無視』するなんて……」

霧切「いじめじゃない……」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:03:29.18 ID:soNWSc80P
霧切「……超高校級のいじめよ」

霧切「他の人……葉隠くんとかは?」

・ ・ ・

葉隠「~♪」

霧切「葉隠くん」

葉隠「うおああああ!?」

霧切「どうしたの、驚いて?」

葉隠「うわあ、こっち見るなって!」

霧切「……ごめんなさい、気分を害したみたいね……」

葉隠(さすがに更衣室に入ってきたらそうなるべ……)

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:07:30.29 ID:soNWSc80P
大和田「お、おう……」

霧切「大和田くん」

大和田「あん?」

霧切「最近、みんなの様子がおかしいのよ」

大和田「そ、そうなのか?」

桑田「おーい、大和田! げっ、霧切……」

大和田「く、桑田……」

桑田「早く行くぞ、バカ!」

大和田「……じゃあな」

霧切「……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:13:39.32 ID:soNWSc80P
霧切「なによ……」

霧切「超高校級のいじめ被害者になってしまったわ」

霧切「……きっと他の人もこんな感じなんだわ」

霧切「苗木くんまで、私を除け者にするなんて……」

霧切「……やっぱり、すこしきつく接しすぎたかしら」

霧切「いいえ、きっと何か理由があるはず……」

霧切「でも」

霧切(わからない……)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:20:39.23 ID:soNWSc80P
霧切(殺人事件なんかはとても得意なのに)

霧切(推理ゲームやなぞなぞになるとまったくわからなくなってしまう……)

霧切(ダンガンロンパなんて、苗木くんのおかげでクリアできたようなものだし)

霧切(本当の事件以外はできないなんて……どうかしてるわ)

霧切「……食堂」

霧切「そうよ、食堂に行けばいいじゃない」

霧切「こっそり入ればバレないはず……」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:24:10.38 ID:soNWSc80P
大神「……」

霧切「……」

大神「……」

霧切(どうして大神さんが食堂の前に?)

霧切「あの……」

大神「ならぬ」

霧切「え……」

大神「入ってはならぬ」

霧切「ど、どうして?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:46:18.57 ID:soNWSc80P
大神「霧切よ」

霧切「……?」

大神「お前がどうしても入りたいと言うのならば」

大神「我が力づくでも止める」

霧切「っ……」

大神「刺し違えても、な」

霧切(……無理、だわ)

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:48:17.52 ID:soNWSc80P
霧切(しかたないわ)

霧切(苗木くん以外とは、あんまりちゃんと話をしたことなかったし)

霧切(いじめとかじゃなくて、これは……)

霧切(ぼっちだったと言うべきなのね)

霧切(苗木くんだって、ぼっちと遊ぶよりも、アイドルとかと遊びたいわよね)

霧切「……帰ろう」

霧切(もう、どうでもいい)

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:50:50.08 ID:soNWSc80P
戦刃「……」

霧切「戦刃さん……」

戦刃「……」

霧切「どこに行くの?」

戦刃「……食堂」

霧切「! ……そう」

戦刃「……」

霧切(ちょっと、同類だと思ってた私がバカだった)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:54:49.86 ID:soNWSc80P
霧切「……」

ドサリッ

霧切(……おかしいわ)

霧切(人とあまり関わらないようにしていたのに)

霧切(どうしてこんな気持ちになっているのかしら)

霧切「寂しい」

霧切「……」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 01:58:49.95 ID:soNWSc80P
霧切「……苗木くん」

霧切(……なんで苗木くんのことを呼んでるのかしら)

霧切(……そういえば、苗木くんこの前……)

霧切「……ふふっ」

霧切(思い出し笑いなんて、らしくない)

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:04:09.42 ID:soNWSc80P
霧切(……今考えてみたら)

霧切(苗木くんって、私と一緒にいたときに笑ったことあったかしら)

霧切(苦笑い……してたかも)

霧切(人の感情すら読めないなんて、皮肉なものね)

霧切(やっぱり、ダメだわ)

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:08:30.08 ID:soNWSc80P
江ノ島「ぼっちー」

霧切「!」

江ノ島「こっち向いたってことはぼっちってことでいいのー?」

霧切「……なにをしにきたの?」

江ノ島「なんにもしないですけど、なにか?」

霧切「いきなり人のことをぼっちというのは感心しないわ」

江ノ島「だってぇ、ぼっちにぼっちって言って何が悪いのぉみたいなぁ」

霧切「……」

江ノ島「うぷぷ……怒ってる?」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:14:58.00 ID:soNWSc80P
霧切「……出て行って」

江ノ島「そのつもりだぜ、ぼっち野郎」

霧切「どうせ、あなたも食堂に行くんでしょう?」

江ノ島「うぷぷ、だいせーいかーい!」

霧切「……」

江ノ島「じゃあねぇ~♪」

霧切「……」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:23:20.97 ID:soNWSc80P
霧切「ドアくらい、閉めなさいよ……」

不二咲「楽しみだねぇ」

山田「そうですなぁ~」

霧切「……」

不二咲「あっ」

山田「むむむぅ? 霧切響子殿、なにを見てるでございまするか?」

霧切「別に……」

山田「おっとっと……決してボク達はそういう関係ではないですぞぉ?」

不二咲「や、山田くん!」

山田「おっと、そうでしたな、行きましょ行きましょー」

霧切(……食堂、ね)

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:28:05.81 ID:soNWSc80P
霧切(……もう、どうでもいいんだから)

霧切(3年間を過ごして、卒業すればもう……)

霧切(シャワーでも、浴びようかしら)

霧切(スッキリすれば、気分も晴れるかもしれないし)

霧切(それにしても……)

霧切(山田くんも、同じだと思ってたのに)

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:33:17.51 ID:soNWSc80P
シャアー……

霧切(……)

霧切(なんだか、アニメみたいだわ)

霧切(シャワー浴びながら、こんな気持ちになるなんて)

霧切(……もしかして、この手のことを?)

霧切(誰にも見せてないもの。そんなはずないわ)

霧切(……手袋なんて、変だものね……)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:41:13.25 ID:soNWSc80P
霧切「……はぁ、スッキリした」

霧切「……」

霧切(声に出しても、ダメよね)

霧切(……声に出しても)

霧切「……苗木……くん」

霧切(声に――出しても――)

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:42:57.05 ID:soNWSc80P
苗木「なに、霧切さん?」

霧切「……」

苗木「……」

霧切「苗木……くん?」

苗木「ど、どうしたの?」

霧切「!!」

苗木「うわ、ビックリした」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:46:35.98 ID:soNWSc80P
霧切「全部、聞いてた?」

苗木「いや、ボクの名前を呼んでたのは聞いたけど」

霧切「……」

苗木「な、なに?」

霧切「の、ノックくらいして」

苗木「ごめん、霧切さんだから、いいかと思って」

霧切「……どういうこと?」

苗木「霧切さんとの仲なら……ってことだったんだけど、ダメだったかな?」

霧切「……別に、いいわ」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 02:53:40.89 ID:soNWSc80P
苗木「あのさ、霧切さん」

霧切「なによ?」

苗木「今日は、ちょっとさ、真面目な話してもいいかな?」

霧切「……」コクリ

苗木「今までずっと思ってたんだけどさ……」

霧切「……なに?」

苗木「ボクもしかしたら、霧切さんのことが……」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 03:04:41.63 ID:soNWSc80P
霧切「待って」

苗木「な、なにかな?」

霧切「今から、何をいうつもりなの?」

苗木「そ、それを霧切さんに言わないとダメかな」

霧切「待って、準備ができてない」

苗木「あのさ……ボクは」

霧切「待って、ダメ。頭が回らなくなってきた」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 03:09:15.85 ID:soNWSc80P
苗木「きりきりさん!」

霧切「き・り・ぎ・り」

苗木「……頭回ってるよ、平気だって」

霧切「……」

苗木「霧切さん、ボクは君のことが好きなんだ」

霧切「……舞園さんは?」

苗木「な、なんで舞園さんが出てくるの?」

霧切「……仲良くしてるから」

苗木「ボクは霧切さんと仲良くしてたつもりだったんだけどな……」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 03:21:30.33 ID:soNWSc80P
霧切「仲良くしてるって言うくせに、きりきりなんて呼ぶのね」

苗木「怒ってる霧切さんが、結構可愛くて」

霧切「……怒ってなかったら、可愛くないの?」

苗木「そ、そうじゃなくてさ……いつも可愛いんだけど」

霧切「目の前でよく言えるわね……恥ずかしいわ」

苗木「ぼ、ボクも不思議だよ……」

霧切「……でも、本当に私なの?」

苗木「え?」

霧切「いつも、私といるあなたは苦笑していたわ。あれは一体……?」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 03:24:27.55 ID:soNWSc80P
苗木「霧切さんに嫌われたくないから、色々考えてたのかも」

霧切「……」

苗木「霧切さんだって、いっつも無表情じゃないか」

霧切「……そんなこと、ない」

苗木「それは違うよ。霧切さんはいつもボクの話は大概スルーだったはずだよ」

霧切「いきなり論破しないで」

苗木「ご、ごめん……」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 03:28:12.94 ID:soNWSc80P
霧切「スルーなんて、してないわよ」

苗木「え?」

霧切「するはず、ないじゃない」

苗木「……だから、きりきりって言っても、ちゃんと怒ってくれたんだね」

霧切「……」

苗木「そうだったんだね」

霧切「……」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 03:32:03.75 ID:soNWSc80P
苗木「……霧切さん」

霧切「……」

苗木「霧切さん……」

霧切「な、なに……?」

苗木「返事、欲しいんだけど……」

霧切「……今さら?」

苗木「ご、ごめん……でも、はっきりさせとかないと」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 09:43:27.01 ID:soNWSc80P
霧切「いつも一つの真実を追求してきたけれど」

霧切「ここまで解きたくない真実も初めてだわ」

苗木「ってことは……ダメ、かな」

霧切「……」

苗木「ご、ごめん、ボク大分思いあがってたよ」

霧切「待って」

苗木「え?」

霧切「目をつぶりなさい」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 09:47:58.91 ID:soNWSc80P
苗木「う、うん」

霧切「そして、体を後ろに向けなさい」

苗木「……」

霧切「……えっと、苗木くん」

苗木「うん」

霧切「あなたは、どんくさくて、ちょっとおまぬけで、お人好しだけど」

霧切「私にいつも優しくしてくれたわよね」

苗木「そ、そんなこと、ないよ」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 09:51:53.60 ID:soNWSc80P
霧切「私はみんなに避けられて、ようやく気付いたわ」

苗木「えっ」

霧切「私には苗木くんしかいないのかもね」

苗木「な、何言ってるんだよ!」クルッ

霧切「あっ……」

苗木「き、霧切さん……?」

苗木(な、泣いてる?)

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:00:44.42 ID:soNWSc80P
霧切「……恥ずかしいから、後ろ向いてって言ったのに」

苗木「ご、ごめん」

霧切「……いいわよ」

苗木「霧切さん」

霧切「……なに」

苗木「みんな、霧切さんのこと、嫌いなんかじゃないよ」

霧切「え?」

苗木「ボク含めて、みんな霧切さんのことが大好きなんだよ」

霧切「……」

苗木「まあ、ボクの感情は、他の人とちょっと違うけどさ」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:05:58.42 ID:soNWSc80P
霧切「……」

苗木「霧切さん」

霧切 クルッ

苗木「霧切さん?」

霧切「ちょっと待って」

苗木「……」

ギュッ

霧切「ちょ、ちょっと苗木くん!?」

苗木「霧切さん、可愛い」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:21:54.63 ID:soNWSc80P
霧切「わ、私なんて全然」

苗木「可愛いよ」

霧切「耳元で、言わないで……」

苗木(ボクより身長が低いはずの霧切さんが、とっても小さく見える)

霧切「苗木くん、もっと……」

苗木「な、なに?」

霧切「もっと強く、抱いてくれるかしら」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:24:32.45 ID:soNWSc80P
苗木「うん」

霧切(……苗木くん)

霧切(やっぱり苗木くんは男の子なんだ)

霧切(力だって強いし、なんでかしら)

霧切(私がすっごくドキドキしてる)

苗木「霧切さん……」

霧切「な、なに苗木くん」

134: >>132 霧切さんは167 2011/03/29(火) 10:27:02.03 ID:soNWSc80P
苗木「霧切さん、すっごく良い匂いするんだね」

霧切「……エッチ」

苗木「ご、ごめん、でも、凄く良い匂いだから……」

霧切(どうしよう)

霧切(こんなに心臓って、強く鼓動するものなのかしら)

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:29:49.56 ID:soNWSc80P
苗木(霧切さんの体……とっても華奢だ)

苗木(ボクが言うのもなんだけど)

苗木(とっても、女の子な感じだ)

苗木「霧切さん……」

ガチャ

朝日奈「苗木ー、あとすこしだから……あひゃ!?」

苗木「!」

霧切「!」

朝日奈「ご、ごめん……す、凄いところに出くわしちゃった……えっとね」

朝日奈「ご、ごゆっくり?」

バタン

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:31:58.60 ID:soNWSc80P
霧切「……どうしてくれるの?」

苗木「え?」

霧切「このままじゃみんなにバレちゃうじゃない」

苗木「あ、ご、ごめん」

霧切「責任取りなさいよ」

苗木「え?」

霧切「だから……」

ギシッ

苗木(押し倒……!?)

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:37:02.39 ID:soNWSc80P
霧切「……」

苗木「え、え!?」

霧切「ねえ、苗木くん」

苗木「な、なに、きききききさん」

霧切「どうして焦ってるの?」

苗木「そそそ、そんなことないよ……」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:39:15.33 ID:soNWSc80P
苗木「それより、霧切さんなんで、いきなり……」

霧切「……どうしてかしら」

苗木(く、首に鼻が当たって……鼻息まで!)

霧切「吹っ切れたのかもね」

苗木「で、でも……いくらなんでも……!」

霧切「ダメ?」

苗木「だ、ダメって言うか……なんていうか……」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:47:03.95 ID:soNWSc80P
霧切「だったらいいじゃない」

苗木「で、でも……」

霧切「……」

苗木(霧切さん、無理してる……)

苗木(顔真っ赤だし)

苗木「霧切さん」

霧切「なに、苗木くん」

苗木「ボクは霧切さんのこと、大好きだよ」

霧切「い、いきなりどうしたの」

苗木「霧切さんは、どう思ってるの?」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 10:54:25.78 ID:soNWSc80P
霧切「ここまでさせといて……言わせるつもり?」

苗木「ただの挑発かもしれないし、ボクにはわからないよ」

霧切「……き」

苗木「え?」

霧切「……す……」

苗木「え?」

霧切「す…………き……」(ちゃんと、言わなきゃ)

苗木「え……えっと」

霧切「キス! しなさい!」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 14:23:45.17 ID:soNWSc80P
苗木「えっ…霧切さ」

霧切「わ、忘れて」

苗木「……」

霧切「……」

苗木「ボクは、いいけど」
霧切「……え?」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 14:28:50.56 ID:soNWSc80P
苗木「キス……するの」

霧切「そ、そんなこと」

苗木「だって、霧切さんが言ったんだよ?」

霧切「そうだけど……」

苗木「だから、しよう」

霧切「……」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 14:38:35.77 ID:soNWSc80P
霧切「でもね、苗木くん」

苗木「なに?」

霧切「私、したことないの」

苗木「……」

霧切「だから、ファーストキスだし、どうすればわからないの」

苗木「霧切さん……」

霧切「あなたを傷つけてしまいかもしれないわ」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 15:11:05.58 ID:soNWSc80P
苗木「ボクだって、霧切さんと同じだよ」

苗木「キスなんて、したことないよ」

霧切「本当?」

苗木「うん。彼女ができたこともないし、抱きしめたのも、さっきの霧切さんが初めてだったし……」

霧切「……そうなんだ」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 15:43:40.22 ID:soNWSc80P
苗木「霧切さん……」

霧切「……待って」

苗木「……」

霧切「恥ずかしいから、明日、きっと伝えるから」

霧切「キスも、明日にしてくれない?」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 15:52:09.74 ID:soNWSc80P
苗木「……」

霧切「……」

苗木「とりあえず、霧切さん」

霧切「な、なに?」

苗木「……どいてくれるかな?」

霧切「あっ」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 15:58:31.35 ID:soNWSc80P
苗木「はは……」

霧切(私、押し倒したんだわ……)

苗木「霧切さん!?」

霧切(恥ずかしい、恥ずかしい)

苗木「霧切さん、どうしたの!」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 16:07:14.11 ID:soNWSc80P
舞園「苗木くん」

苗木「ま、舞園さん」

舞園「なに……してるんですか?」

苗木「えっと……」

霧切「……」

舞園「様子を見に行くだけじゃなかったんですか?」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 16:22:24.60 ID:soNWSc80P
苗木「え、えっと」

舞園「苗木くんが帰ってくるのずっと待ってたのに……ひどいです」

苗木「ご、ごめん舞園さん!」

霧切「……」(気にしないでいいわ。苗木くんはお人よしだもの)

舞園「……苗木くん、私、もういいですか?」

苗木「だ、ダメだよ、舞園さん!」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 16:26:01.82 ID:soNWSc80P
舞園「だって苗木くん……」

苗木「舞園さんがいないと……こ、困るよ」

舞園「本当ですか?」

苗木「うん」

霧切「ちょっと、舞園さん」

舞園「なんですか?」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 16:40:22.01 ID:soNWSc80P
霧切「弱みにつけこむようなこと、しないほうがいいわよ」

舞園「え、してないですよ?」

霧切「してるわよ、ね、苗木くん」

苗木「……霧切さん」

舞園「してないですよね、苗木くん?」

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 16:57:29.21 ID:soNWSc80P
苗木「……」

霧切「苗木くん?」

苗木「舞園さん!」

舞園「はい?」

ギュッ

霧切(え……?)

霧切(舞園さんの手をつかんで、出ていった……?)

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 17:02:34.87 ID:soNWSc80P
霧切(……)

霧切「苗木くん……」

霧切(舞園さんは超高校級のアイドルだもの……)

霧切(優しいし、私よりももっと可愛いもの)

霧切(私と比べることすら、おこがましいくらいに、可愛いもの)

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 17:18:16.12 ID:soNWSc80P
霧切「食堂に包丁があったわね……」

霧切「……ダメよ」

霧切(苗木くんを信じないと)

霧切(私が、信じないと)
霧切(苗木くんだって、信じてくれたんだから)

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 17:35:09.29 ID:soNWSc80P
少々お待ちを……

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 22:07:38.16 ID:soNWSc80P
もうすこししたら書きます、ごめんなさい

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 22:49:44.36 ID:soNWSc80P
霧切「……」

霧切「明日……」

霧切(明日、ちゃんと苗木くんに気持ちを伝える)

霧切(でも、舞園さんの方がいいかもしれないじゃない)

霧切(私にはなにがあるというの?)

霧切(舞園さんに勝っているところ……あるの?)

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 22:56:54.08 ID:soNWSc80P
霧切「……ない」

霧切(私にはなにもない)

霧切(料理も、胸も、容姿も……)

霧切「勝ってるところなんて、ないじゃない」

霧切(あるとしても、ただの事件を解決することしかできない)

霧切(日常で使うスキルじゃないもの……)

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 22:59:49.36 ID:soNWSc80P
霧切「……でも」

霧切(私は――)

霧切(苗木くんが好き)

霧切(……誰よりも苗木くんが好き)

霧切(これだけは、負けない、負けたくない)

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 23:04:39.54 ID:soNWSc80P
霧切「食堂に行きましょう」

霧切「苗木くんに、今からでも、伝えに行く……」

霧切(好きということを)

霧切「絶対に……」

・ ・ ・

大神「ならぬ」

霧切「……」

セレス「いけませんわ、霧切さん……」

霧切「そこをどいて」

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 23:11:38.72 ID:soNWSc80P
大神「我は入れるつもりはない」

セレス「わたくしも、止めろと言われていますわ」

霧切「……中で、なにをしているの?」

セレス「さあ、なんでしょう?」

大神「……」

霧切「……くっ」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 23:16:40.25 ID:soNWSc80P
霧切(大神さんがいたら、中に入れない……!)

霧切「……わかったわ」ハァ

大神「悪く思わないでくれ、霧切」

霧切「気にしてないわ」

セレス「……霧切さん」

霧切「な、なによ」

セレス「明日が楽しみですわね?」

霧切「!」

大神「セレス!」

セレス「うふふ……」

霧切(告白が……もうバレてる?)

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 23:21:11.59 ID:soNWSc80P
霧切(……苗木くん、言っちゃったのかしら)

霧切(恥ずかしい)

霧切 ダッ

・ ・ ・

霧切「今日はもう、寝よう」

霧切(色々、疲れちゃった……)

霧切(明日よ、明日……)

霧切(明日、ちゃんと伝えれば……)

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 23:28:26.28 ID:soNWSc80P
・ ・ ・

苗木『霧切さん』

霧切『苗木くん……』

苗木『聞いてくれ、霧切さん……ボク……』

霧切『!!』

舞園『えへへ……』

苗木『舞園さんと付き合うことになったんだ』

霧切『!!!』

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/29(火) 23:31:46.45 ID:soNWSc80P
舞園『早く行きましょう、誠くん!』

苗木『うん、そうだね、さやか……』

霧切『待って……いや……』

・ ・ ・

ガバッ

霧切「いや!」

霧切(ゆ、夢……?)

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 06:57:29.60 ID:ReWgubeVP
霧切(あんな夢を見てしまうなんて……)

霧切(……苗木くん)

霧切(もう朝だけれど、食堂は空いてないのかしら……)

霧切「……行くしかないわね」

ピンポーン

霧切「?」

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:01:45.24 ID:ReWgubeVP
霧切(誰……かしら)

ガチャ

霧切「はい……」

苗木「えっと……霧切さん」

霧切「苗木くん……」

苗木「おはよう」

霧切「おはよう」

苗木「あのさ、霧切さん」

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:06:39.77 ID:ReWgubeVP
霧切「なに?」

苗木「昨日はごめん、いきなり出て行って……」

霧切「いいのよ、なにか舞園さんとしないといけないことがあったのでしょう?」

霧切「全然気にしてないから」

苗木「でも……」

霧切「どうして?」

苗木「昨日、みんなに避けられてるって言ってたから、心配したんだ」

霧切「……」

苗木「……霧切さん?」

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:12:12.63 ID:ReWgubeVP
霧切「……」グスッ

苗木「霧切さん!?」

霧切「ご、ごめんなさい……」

苗木「こ、こっちこそごめん! な、泣かせちゃった……?」

霧切「違うわ……嬉しくて涙が出たの……」

苗木「霧切さん……」

霧切「心配してくれて、ありがとう。それはつまり、あなたが私のことを信じて、ずっと考えていてくれたってことよね」

苗木「霧切さんのことを考えてない時なんて、ないくらいだよ」

霧切「な、苗木くんっ...」

320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:15:50.82 ID:ReWgubeVP
苗木「霧切さん、食堂に行こう」

霧切「え?」

苗木「食堂だよ、食堂」

霧切「いいの? 私が行って……」

苗木「うん、当り前じゃないか」

霧切(当たり前……なの?)

322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:18:19.52 ID:ReWgubeVP
トコトコ

苗木「霧切さん」

霧切「なに?」

苗木「なにか、心当たりはない?」

霧切「……え?」

苗木「い、いや……なんでもないよ」

霧切「?」

苗木「……」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:23:07.80 ID:ReWgubeVP
苗木「ついたよ、霧切さん」

霧切「わ、わかってるわよ……」

苗木「そうだね、はは……」

霧切(大神さんとセレスさんがいなくなってる……)

苗木「……」

霧切「開けないの?」

苗木「霧切さん、開けてくれない?」

霧切「? わかったわ」

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 07:27:27.33 ID:ReWgubeVP
ガチャ……

パンッ パンッ

霧切「!」

「「「誕生日、おめでとーーーーーーーーーー!!!!」」」

霧切「え? え……?」

苗木「おめでとう、霧切さん」

霧切(……あ)

霧切(今日って、私の……)

342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 11:37:32.61 ID:ReWgubeVP
苗木「ほら、みんな霧切さんのこと、避けてないよ」

霧切「……そうなのね」

大神「すまぬ、霧切……」

霧切「大神さん……」

大神「我には馳走を作ることすらできぬから、自ら食堂を守る門番をやっていたのだ……」

霧切「い、いいのよ、とってもうれしいから」

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 11:56:42.01 ID:ReWgubeVP
セレス「うふふ、よかったですわね、霧切さん」

霧切「セレスさん……」

セレス「今日は思う存分、お楽しみ下さいませ」

霧切「ありがとう」(明日っていうのは、このことだったのね……)

朝日奈「え、えっと、霧切さん……」

霧切「朝日奈さん」

朝日奈「これ、ドーナツ!」

霧切「ありがとう」

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 12:09:37.10 ID:ReWgubeVP
朝日奈「あのさぁ……」

霧切「なに?」

朝日奈「昨日のことなんだけど……」

霧切「……ああ、気にしないで」

朝日奈「でも、はっきりさせた方が良いよ!」

霧切「わかってるわ」

朝日奈「じゃあ、今日言うの?」

霧切「……」コクリ

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 12:15:24.15 ID:ReWgubeVP
霧切「待って、朝日奈さん」

朝日奈「なに?」

霧切「なんで、あなたが知ってるの?」

朝日奈「えへへ……ちょっと、苗木に相談されちゃってさ」

霧切「……」

朝日奈「あんまり私も経験無いのに、戸惑ったんだけど、想いをぶつけた方が良いって言ったんだ」

霧切「そう……ありがとう」

朝日奈「え? あ、うん」

350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/30(水) 12:44:14.87 ID:ReWgubeVP
朝日奈「じゃあ、頑張ってね!」

霧切「ええ……」

腐川「……ちょっと、あんた……」

霧切「腐川さん」

腐川「あ、あんたのために……こ、ここここここ……」

霧切「……?」

苗木「えっと、腐川さんには小説を書いてもらったんだ」

腐川「つまんなかったらすぐに破くでもトイレットペーパーにでも使えばいいわ!」

苗木「腐川さんが書いた小説だから、きっと面白いよ」

腐川「……苗木のくせに、良いこと言うじゃない、気持ち悪い!」

416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:42:36.72 ID:b7fCOINaP
霧切(だから、暇じゃないって……)

霧切「ありがたくいただくわ」

葉隠「霧切っち! 誕生日おめでとだべ!」

霧切「葉隠くん」

葉隠「わりぃな、俺からは残念ながら何もねえんだ」

霧切「いいわよ、祝ってくれるだけで」

葉隠「いんや、それはダメだ。だから、俺が占ってやるべ!」

霧切「い、いいわよ」

葉隠「俺の占いは三割当たる! 大丈夫だべ!」

421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:50:57.03 ID:b7fCOINaP
霧切(葉隠くんが本当に超高校級の占い師なのかをまず、私は疑ってるのに……)

葉隠「ふむふむ……霧切っち! わかったべ!」

霧切「はいはい……なに?」

葉隠「霧切っちが今、しようと思ってることは、成功する!」

霧切「えっ」

葉隠「へへ、当たるといいな!」

霧切(今、しようと思ってること……まさか……)

苗木「? どうしたの、霧切さん?」

霧切「こ、来ないで」

苗木「えっ、わ、わかったよ」

霧切(聞かれてなかった……わよね?)

422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 00:56:44.13 ID:b7fCOINaP
十神「霧切」

霧切「十神くん」

十神「……」

霧切「わかってるわ、ありがとう」

十神「ふんっ」

苗木「はは、十神くんらしいね」

霧切「まったくね」

426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:04:58.21 ID:b7fCOINaP
不二咲「あの、霧切さん……」

霧切「不二咲さん」

不二咲「お誕生日おめでとう! えっと、これ……」

霧切「これは……?」

不二咲「超小型パソコンだよ。色んなことが片手でできちゃうすぐれものなんだ」

霧切「ありがとう、でもこれ高かったんじゃ……」

山田「ふっふっふっ……拙者と不二咲千尋殿の二人で考え尽されたスンバラフィー手作りですぞ!」

不二咲「山田くんに案をもらって、完成させたんだ」

霧切「ありがとう、二人とも」

不二咲「えへへ」

山田「むっふん」

430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:23:30.45 ID:b7fCOINaP
大和田「おう」

霧切「大和田くん」

石丸「僕たちからはこれだ!」

霧切「懐中時計?」

石丸「クールな霧切くんにとても似合うと思ってね、二人で買ったんだ!」

大和田「感謝は兄弟に言ってくれ。こいつが選んだからな」

石丸「なにを言う兄弟! 二人のお金で買ったんだからな!」

アハハハハ……

霧切「と、とにかくありがとう」

432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:41:33.98 ID:b7fCOINaP
セレス「どうぞ」

霧切「これは……?」

セレス「餃子です」

霧切「ぎょ、餃子……?」

セレス「食べたこと、ありませんの?」

霧切「あ、あるけれど……」

セレス「ならば、一口どうぞ」

霧切「……お、美味しい」

セレス「うふふ、その言葉をいただけて嬉しいですわ」

434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 01:53:40.09 ID:b7fCOINaP
桑田「霧切! ほれ!」

霧切「え? これは……?」

桑田「ベース! なんか、お前にはベースが似合いそうだからな」

霧切「これ、高かったんじゃ?」

桑田「俺の家のだからよぉ、別に構わねえよ!」

霧切「そう……ありがとう」

山田「ふふふ、桑田怜恩殿、よくわかってらっしゃる……」

霧切「……?」

437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:00:10.92 ID:b7fCOINaP
舞園「霧切さん」

霧切「舞園さん……」

舞園「誕生日、おめでとうございます!」

霧切「ありがとう」

舞園「今回は、戦刃さんとご飯を作ったので、食べてください!」

戦刃 テレテレ

霧切「重ねてありがとう、舞園さん、戦刃さん」

441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:04:40.52 ID:b7fCOINaP
江ノ島「……」

江ノ島(なにこの慣れ合い、超やな感じ)

江ノ島「ぬぇぬぇ、お姉ちゃぁん」

戦刃「盾子……」

江ノ島「この誕生日パーティーを……絶望に落としてもいいかなぁ?」

戦刃「!」

江ノ島「だってつまんないじゃん、この展開!」

442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:08:25.25 ID:b7fCOINaP
江ノ島「あんなゲロみたいな笑顔みたくなっていうの? 気持ち悪いって!」

江ノ島「わたしはぁ……もっと醜く歪んだ悲壮な顔がみたいのぉ」

江ノ島「ここまで言えばわかりますね? 私は今、とても退屈なのです」

江ノ島「だから、この私がぶっつぶす!」

戦刃「ダメ……」

江ノ島「え?」

戦刃「そんなこと、ダメ」

443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:13:58.38 ID:b7fCOINaP
江ノ島「あのさぁ、お姉ちゃん?」

江ノ島「あんたはこの温い生活が楽しいわけ?」

江ノ島「正直つまんないでしょ? 男やらとむさ苦しく戦場にいたほうがよっぽど面白いでしょ?」

江ノ島「なのにこんなところに適応しちゃって、恥ずかしくない?」

戦刃「……みんな、良い人だから」

戦刃「私は構わない」

446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 02:18:58.77 ID:b7fCOINaP
江ノ島「……姉ちゃん」

戦刃「……」

江ノ島「きっしょ」

戦刃「……」

江ノ島「はいはい、わかりましたよ……」

戦刃「盾子……」

江ノ島「……」

戦刃「ありがとう」

江ノ島「っは、なんの感謝だか……」

478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 09:13:20.72 ID:b7fCOINaP
苗木「最後はボクだね」

霧切「苗木くん」

苗木「……こんなのしかあげられないけど、いいかな」

霧切「それは?」

苗木「イン・ビトロ・ローズって言うんだ」

霧切「……綺麗」

苗木「喜んでくれたかな?」

霧切「ありがとう……こういう時、どんな顔すればいいか……」

苗木「笑えばいいと思うよ」

山田(ふむふむ、霧切響子殿、素晴らしい!)

482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 09:23:58.20 ID:b7fCOINaP
霧切「あの……苗木、くん」

苗木「なに、霧切さん?」

霧切「誕生日を祝ってくれて、改めてお礼を言うわ」

苗木「うん」

霧切「それと……」

霧切「……」モジモジ

苗木「……霧切さん?」

霧切「パーティーが終わった後……」

苗木「う、うん」

霧切「私の部屋に来て」

485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 09:34:36.60 ID:b7fCOINaP
苗木「うん、わかった」

舞園「苗木くん、ちょっと……」

苗木「あ、うん」

霧切「……」

苗木「それじゃあ、霧切さん、後で」

霧切「ええ……」

戦刃「……」ズズッ

江ノ島「なにお茶啜ってんのよ、ババァ?」

戦刃「……酷い」

488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 09:56:01.05 ID:b7fCOINaP
ガヤガヤ

霧切「……」

霧切(おかしい)

霧切(苗木くんと舞園さんが一向に戻ってこない……)

霧切(料理を運ぶ手伝いだと思っていたけれど、何をしているのかしら?)

489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:02:11.44 ID:b7fCOINaP
霧切(ちょっと、覗いて見れば……)

舞園「――好きです」

霧切「……」

霧切(え?)

苗木「ま、舞園さん?」

舞園「あなたのことが、好きです」

霧切(……)

490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:05:59.00 ID:b7fCOINaP
霧切(……私は)

霧切(苗木くんを、信じてる)

霧切「私にはそれしかできない……ふふっ」

大和田「おい! 早く食わねえと無くなるぞ!」

桑田「つーかさ、お前の誕生日なのに、一番遠慮してねぇか!?」

492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:09:35.08 ID:b7fCOINaP
霧切「ごめんなさい」ニコッ

大和田「お、おう……」

桑田「わ、わかりゃあいいんだよ」

石丸「うむ、霧切くん、良い笑顔だ!」

霧切「え?」

朝日奈「霧切ちゃんはとっても素敵な笑顔だよね!」

霧切(……苗木くんと一緒にいたからかもしれない)

霧切(自分の感情を、表に出してるみたい)

493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:17:10.14 ID:b7fCOINaP
霧切「……」

山田「君の笑顔は月より美しい……」

霧切「言い過ぎよ、山田くん」

山田「そうだ、霧切さんに僕の秘密をこっそり教えてあげましょう!」

霧切「なに?」

山田「なんと僕は、水をかぶると女になるのです!」

苗木「ははは、そんなことあるわけないよ」

霧切「! 苗木くん」

495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:23:35.97 ID:b7fCOINaP
苗木「どうしたの、霧切さん?」

霧切「な、なんでもないわ……」

苗木「?」

舞園「……」

苗木「あ、舞園さん」

霧切「……」

舞園「……苗木くん」

苗木「?」

チュッ

霧切「……!」

全員「!?」

497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:32:57.30 ID:b7fCOINaP
舞園「みなさん、私と苗木くんは付き合うことにしました♪」

苗木「ま、舞園さんっ!?」

霧切「……!」ダッ

苗木「き、霧切さん!?」

大和田「くぅぅ……苗木、お前ってやつは……」

桑田「羨ましい、超絶羨ましいぞバカ!」

山田「舞園さんマジ天使! まあ、三次元だからどうでもいいんですけどね」

苗木「ちょ、ちょっと、みんなどいて……!」

大和田「ゆるさねぇ! ヘッドロックさせろ!」

桑田「俺の祝いの歌きけえ!」

498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:36:31.41 ID:b7fCOINaP
霧切「……まったく」

霧切(人を信じた瞬間に、裏切られるだなんて)

霧切(やっぱり私は……)

霧切「……一人が合っているのかもしれない」

霧切(そうなんだろう)

霧切(きっと、そうなんだわ)

499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:45:28.91 ID:b7fCOINaP
苗木「霧切さん!」

霧切「……苗木くん」

苗木「はぁはぁ……」

霧切「苗木……くん?」

苗木「霧切さん、ごめん! ボクも、正直なにがなんだか……」

霧切「いいのよ……全然」

苗木「それは違うよ! 霧切さんに告白したのに、舞園さんと付き合うわけ、ないじゃないか!」

501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:48:19.08 ID:b7fCOINaP
ピンポーンピンポーンピンポーン

苗木「!」

ドンドンドンドンドンッ

霧切「な、なに……?」

苗木「舞園さん……!」

霧切「え?」

ドンドンドンドンドンッ

苗木「ボクが霧切さんのところに行くって言ったら、包丁を取り出して……!」

502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 10:51:25.35 ID:b7fCOINaP
霧切「舞園さんが……?」

ドンドンドッ……

苗木「? 止まった……」

霧切「誰かが止めたのかもしれないわ」

苗木「そ、そうかも……」

霧切(完全防音が、ある意味災いしてるわ……)

506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:06:22.96 ID:b7fCOINaP
石丸「やめたまえ、舞園くん!」

舞園「放して!」

大和田「今放したら取り返しのつかないことになるだろうが!」

江ノ島「最高最高最高! なにこの展開、素晴らしい!」

ジェノ「嫉妬に狂った女……あはぁ、マジ素敵なんですけど!」

戦刃「……」

十神「なんとかしろ、このままじゃ俺達にまで危害が加わるぞ……」

ジェノ「了解しやっしたー♪ 今すぐ気絶させにいきまーす!」

507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:09:12.45 ID:b7fCOINaP
霧切「……苗木くん」

苗木「なに、霧切さん……?」

霧切「……近いわ」

苗木「ご、ごめん!」

霧切「……私のこと、心配してくれた?」

苗木「当たり前だよ……。包丁を取り出した時、ここに来ない方がいいと思ったし」

霧切「どうして?」

苗木「霧切さんまで狙われるかもしれなかったから」

霧切「……苗木くん」

508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:15:36.22 ID:b7fCOINaP
苗木「霧切さん……」

霧切「……?」

苗木「今からドアを開けるけど、ボクは絶対に君を守るから」

霧切「……」

苗木「だから、安心して」

霧切「苗木くん……」

苗木「……」

霧切「好きよ、苗木くん」

苗木「ありがとう、霧切さん」

510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:18:49.93 ID:b7fCOINaP
ガチャ

苗木「……あれ?」

大和田「おう、苗木」

苗木「……ど、どうなって?」

山田「ジェノサイダー翔……恐るべし!」

セレス「綺麗な手刀……見事でしたわ」

山田「確かに、首藤さんの脚本は素晴らしかったですなぁ」

葉隠「誰だよそりゃ……」

苗木「え、えっと……?」

ジェノ「この私が、手刀、シュトン! やっちゃったわけ! ゲラゲラゲラ!」

511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:24:31.36 ID:b7fCOINaP
霧切「……なんと、今は無事……みたいね」

石丸「とりあえずこの包丁を処置しておかないと!」

桑田「普通に戻しとけばいいんじゃねえの?」

石丸「そ、そうだな……!」

セレス「なにはともあれ……一件落着ですか」

大神「ぬぅ……止めることすらできなかった」

朝日奈「さくらちゃんは女の子だからいいんだよ」

大神「されど、超高校級の格闘家という肩書を持ちながら……」

朝日奈「気にしない気にしない!」

512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:26:02.06 ID:b7fCOINaP
苗木「えっと……」

霧切「つまり……」

苗木「は、はは……た、助かったね」

霧切「そうね」

苗木「このままずっと二人きりかと思ったよ」

霧切「私はそれでもいいけれど?」

苗木「えっ」

霧切「ふふっ……」

514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:27:54.85 ID:b7fCOINaP
苗木(霧切さんと二人きりなんて……)

苗木(想像しただけで……!)

霧切(舞園さんが起きた後、どうすればいいのかしら……)


次の日


舞園「おはようございます、みなさん」

朝日奈「あ、舞園ちゃん……」

舞園「どうしたんです? 朝日奈さん」

朝日奈「昨日のこと……覚えてないの?」

舞園「? なんのことです?」

516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:30:41.68 ID:b7fCOINaP
朝日奈「え、だって……」

舞園「私、なにかしましたか?」

苗木「舞園さん、本当に覚えてないの?」

舞園「? まったく」

霧切(……?)

舞園「ど、どうしたんですか? みなさん、暗い雰囲気……」

十神「……こいつ、嘘はついてないんだろうな?」

舞園「え? え?」

戦刃「……嘘、ついてない」

517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:35:16.88 ID:b7fCOINaP
舞園「ひ、酷いです……私、置いてけぼりじゃないですか……」

戦刃「……」

十神「……まあいい、目的以外に危害を加えるなよ」

舞園「えっと……目的?」

霧切「私と苗木くんを見ても、思い出せない?」

舞園「……?」

苗木「霧切さん、これは……」

霧切「……わからないわ。でも、覚えてないふりをしているようには思えないわ」

苗木「そう……だよね」

518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 11:38:28.89 ID:b7fCOINaP
江ノ島「あのさぁ、お姉……」

戦刃「……」

江ノ島「記憶消したら全然面白くないじゃん!?」

江ノ島「こんな糞展開なわけ!?」

戦刃「……これでいいの」

戦刃「……みんなが、笑顔なら」

江ノ島「……あーあ。超高校級の軍人がおままごとに精出しちゃってるわ」

戦刃「……」

江ノ島「つっまんね」

520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 12:00:07.77 ID:b7fCOINaP
江ノ島(……超高校級のギャルって肩書すら、私は飽きてるって言うのに)

江ノ島「……やっちゃおうかな」

大神「少しの間、我が舞園の傍にいよう」

朝日奈「そ、そんなの危険だよ!」

ジェノ「私も女なのにー注意なし!?」

朝日奈「あんたは殺人鬼なんだから全然いいじゃん!」

ジェノ「えこひいき! エロひいき! ゲラゲラゲラ」

521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 12:02:09.91 ID:b7fCOINaP
そして……

苗木「霧切さん」

霧切「なに?」

苗木「寄りかかられるとその……」

霧切「重い?」

苗木「そ、そうじゃなくて……」

霧切「じゃあ、なに?」

苗木「ドキドキするっていうか……」

522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 12:06:39.72 ID:b7fCOINaP
霧切「私だってしてるわ」

苗木「……そ、そうだよね」

霧切「……胸の高鳴り、聞いてみる?」

苗木「えっ」

霧切「……冗談よ、苗木くん」

苗木「そ、そっか……」

霧切「苗木くん、好きよ」

苗木「僕もだよ、霧切さん」

524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/31(木) 12:12:21.64 ID:b7fCOINaP
苗木「……」

霧切「……」

苗木「きりきりさん」

霧切「き・り・ぎ・り」

苗木「……ぷっ」

霧切「ふふふ……」

霧切「ねぇ、苗木くん」

苗木「なに?」

霧切「キス、しましょうか?」

END