1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:08:05.49 ID:mTb1UU120
結衣「唐突だなお前は」

ちなつ「普通に可愛いと思いますけど…」

京子「確かにあかりは世界で二番目に可愛いけど」

あかり「て、てれるよぉ……一番は誰なの?」

京子「私に決まってるだろぉ!」

結衣「はっ」

京子「鼻で笑われた…!?」

ちなつ「で、なんでそんな事言い始めたんですか?」

京子「考えてみなよ、このままあかりが自分の事を『あかり』と呼び続けたら」

あかり「たら?」

京子「高校までは大丈夫かもしれんが、大学や社会に出た時、周りがどう思うか」

ちなつ「あぁ、居ますよね。年齢に合わない格好や自称、喋る方している人」

京子「そうだ!このままではあかりは今以上に空気になってしまう!それどころか不快な存在になってしまう!」

あかり「んん!?それって今も空気って事!?」

京子「私はあかりを心配しているんだ…わたし達は離れないが、あかりに泣いて欲しくないから……」

あかり「きょ、京子ちゃん……!あかりの事、そんなに思って……!!」

京子「だから、めだちたgarlで呼び方を決めようぜ!」

結衣(結局は遊びたいだけなのか…?)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369325285

引用元: 京子「あかり、そろそろその自称やめた方がよくないか?」 

 

ゆるゆり Blu-ray BOX (完全生産限定)
ポニーキャニオン (2014-07-16)
売り上げランキング: 4,044
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:09:11.20 ID:mTb1UU120
京子「紙入れたな?さぁ、あかり引くんだ」

あかり「うん!ドキドキ…これだぁ!」

結衣「……『拙者』」

ちなつ「それ、今以上に痛くならないですか?」

あかり「わぁい、あかりお侍さんだぁ…あ!せ、拙者お侍さんでござる!」

結衣「ノリノリだなあかり」

あかり「拙者殺戮は嫌いでござる!ニンニン!」

京子「あかりの口から殺戮なんて単語が出てくるとは…ってか、あかり、それ忍者」

あかり「あ!……ま、間違えちゃったよぉ……」

京子(あかりは)

結衣(何しても)

ちなつ(かわいいなぁ…)

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:11:06.48 ID:mTb1UU120

京子「どうせなら結衣も引く?」

結衣「ハァ?わたしはわたしでいいじゃないか。目的変わってないか?」

京子「え?なんのこと?」

結衣(…あぁ、遊ぶのが目的なんだな)

結衣「しょーがねぇなぁ………ほい」

ちなつ「結衣先輩ならどんな自称でもカッコイイに決まってます!」

結衣「……オレ様」

ちなつ「ktkr!」

あかり「ちなつちゃん何時の間にボイスレコーダー持ってたの!?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:12:15.33 ID:mTb1UU120

結衣「………やんなきゃダメか、これ」

京子「ゆーい様!ハイゆーい様!ハイゆーい様!」

あかり「あかりも……あっ!拙者も聞いてみたいでござる!」

ちなつ「二人ともシャァラーップ!うまく録れなかったら転がしますよ!」

結衣「よしッ!こうしよう!京子もちなつちゃんも引いて、その後にしよう!」

京子「一時しのぎと来たか。見苦しいぞ結衣!」

結衣「引け」

京子「はい」

結衣「あとあかり、別に自称が拙者なだけでござるは付けなくていいんだよ?」

あかり「え?でも、なんかつけたくなっちゃって……ござるでニンニン!」

結衣(癒されるなぁ……)

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:14:10.04 ID:mTb1UU120
ちなつ「あの、わたし自称自分の名前って書いてあるんですけど……これあかりちゃん引いたらどうするつもりだったんですか?」

京子「それは何も変わらないでいいでねーでしょうか?」

あかり「あれ!?拙者の為じゃなかったでござるかぁ!?」

ちなつ「でも、自分の名前で呼ぶのやってみたかったんだよね。あかりちゃんみたく可愛くなるかな?」

あかり「ちなつちゃんはどんな自称でも可愛いよぉ、あ、でござるよ」

ちなつ「んもぅあかりちゃんたらッ!当たり前の事言わないでよ!」

あかり「ぐふぅ!い、痛いよちなつちゃん!」

京子(ぐぬぬ……ちなつちゃん羨ましい…!)

ちなつ「じゃ、早速………今日、チーナお寝坊しちゃってぇ~」

結衣(これは……可愛いと言うより……)

京子(あざとい……そして、チャラい……)

あかり(でも、なんの違和感もないよぉ……)

結衣「あっ、あかり」

あかり「ん~?なんでござるかぁ結衣ちゃん?」

結衣「お団子にゴミがついてるから……動かないでね」

あかり「ありがとう…じゃなくて、あれ?なんて言ったっけ?」

結衣「かたじけのうござる、か?とれたよ」

あかり「そう!それだよぉ!かたじけのうござる結衣ちゃん!」

結衣「はいはい。よしよし」

ちなつ「………チッ!」

あかり「ん?」

ちなつ「赤座あかりィ……図に乗るんじゃあないぞッ!結衣先輩はこのチーナのもの!いつまでイチャついとるかぁーッ!」

あかり「え、えぇ!?そんなつもりじゃないおぉ!!!」

ちなつ「えぇい黙れぇッ!このチーナに逆らうでないわぁ!UWRYYYYYY!!!(ユリィィィィィィィィィィ)!!」

あかり「うわぁーーーーーん!!!助けてぇーーー!!!」

ちなつ「何処へ行こうと、無駄無駄無駄ァ!!」

京子「あの自称はちなつちゃん専用だな」

結衣「そうだな。もう完全に使いこなしてるしな」

京子「もはや別人だしな」

あかり「やれやれだよぉ」

ちなつ「なにぃッ!あ、あかりちゃんッ!!貴様ぁーーーー!!」

京子「おい結衣まずいツッコまないとやばい事になってる」

結衣「ところでさ、わたし達ループ空間にいるんだから将来の事心配しなくもよくない?」

京子「ボケに回ってんじゃあねぇぞ!!!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:16:25.98 ID:mTb1UU120


京子「さぁ、結衣様。逃げ場はなくなりましたぞ」

結衣「せめてその様付を止めてくれないか……」

あかり「ワクワク♪」

ちなつ(●REC)

結衣「……あぁ、もう!ちくしょう!オレ様の負けだよこの野郎!これで満足か!?」

ちなつ「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!永久保存よ!これを目覚ましにするのぉー!!」

京子「イェーイ!結衣様のご誕生じゃあー!」

あかり「結衣様ー!…あ、殿様?」

結衣「もう好きにしろ……」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:18:17.16 ID:mTb1UU120

あかり「わぁい拙者、拙者うすしお大好きでござるぅ」

結衣「あぁ、ちなつちゃん。お茶のお代わりを、オレ様にくないか?」

ちなつ「イヤーーーン!結衣様ー!!!このチーナの全身全霊を込めてお入れいたしますぅーーーー!!!」

京子「あ、ちなつ氏ワイにも」

ちなつ「このチーナに命令するなッ!結衣様の爪を煎じて飲むが良い!」

京子「【悲報】ワイ氏後輩に嫌われる…」

結衣「ってか、お前喋り方変えたか?」

京子「こっちの方がワイにはあってる気がしてwwwwwwwwあ、あかり氏と被ってるでござるなwwwwwwwwコポォwwwwwwwwww」

結衣「うぜっ」

ちなつ「ちょっと京子先輩!結衣様が気持ち悪がってるからやめてください!できれば人生も!」

京子「ちょ、流石に酷過ぎないか」

あかり「きょ、京子ちゃんうすしお食べるでござるか?」

京子「うぅ……あかりだけがワイに優しくしてくれる……ありがてぇありがてぇ」

あかり「え、えへへ」

結衣「ちなつちゃん、いいからお茶を…」

ちなつ「あ!いっけなぁ~い!チーナの愛を、ぎゅって詰めてきますね☆」

結衣「オレ様の為に……な」

京子「ノリノリでやんすね」

結衣「こうでもやってられん」

綾乃「としのーきょーこー!」

京子「おぉ綾乃はん。どないしたっとですか?」

綾乃「え?」

あかり「あ~!杉浦先輩ご機嫌麗しゅうでござるか~?」

綾乃「ええ?」

結衣「あかり、まだ久方ぶりでござるの方が良くないか?」

あかり「あ、そっか!感謝感激でござる結衣様!」

結衣「ふっ……オレ様の博識に酔いな」

綾乃「え、ええ?」

ちなつ「あかりぃーーー!!またこのチーナの結衣様とぉ!!!あ、杉浦先輩こんにちわ~☆」

綾乃「え、ええ……」

ちなつ「はぁい、結衣様❤チーナの愛の詰まったラブ茶ですぅ~」

結衣「ありがとう、ちなつちゃん」

京子「ちなつちゃん、ワイのは?」

あかり「あ、杉浦先輩ここどーぞ。拙者お菓子もってくるでござる~」

綾乃「ち、千歳助けて!ついにごらく部のみんなの頭が!!」

千歳「綾乃ちゃん、いったん落ち着いて。今ならまだ間に合うかもしれん。希望を捨てたらあかんで?」

ごらく部(…………ですよね~)

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:20:15.09 ID:mTb1UU120

京子「……と、いうことなんだ」

綾乃「あなたはホント良く思いつくわね……」

京子「遊びの天才と呼んでくれ!!」

結衣「どうせなら綾乃もやってかないか?」

綾乃「え?私は歳納京子に会いに……じゃなくて、まだ生徒会が……」

結衣「はっはっは。やってこ、な?」

千歳(巻き込む気満々やなぁ)

千歳「まぁ綾乃ちゃん、っそう冷たくしないで。少しだけでも付き合ったら?……付き合う!?」

綾乃「はい千歳ストップ!」

京子「ほいめだちたガール」

結衣「ところで、お前喋り方は?」

京子「めんどくなった」

結衣「……だろうな」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:22:13.87 ID:mTb1UU120

綾乃「……我(われ)」

あかり「杉浦先輩男らしいでござる!」

結衣「あの綾乃が我って…なんかかわいいな」

綾乃「ふ、船見さん茶化さないでよ……」

京子「さ、綾乃どうぞ」

綾乃「わ、我生徒会副会長杉浦綾乃也。我求メシ歳納京子不提出重要用紙。期限厳守故」

ごらく部「!?」

千歳「Oh~アヤノチャンハ、ホントニキャワイイネ~!!」

ごらく部「!!??」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:24:19.61 ID:mTb1UU120

綾乃「嗚呼、我羞恥心!」

結衣「だ、大丈夫だよ綾乃。か、かわいいかったようん……」

あかり「な、なんていうか、すごっかったでござるよ?」

ちなつ「うんうん!」

京子「……で、千歳はどうだったんだ?」

千歳「ミーやったから似非外国人風にいってみたんやけど、どやった?」

京子「そ、そうか。よかったよ」

千歳「イッッエ~イ!」

綾乃「千歳、愉快我解釈。良」

あかり(……やっぱり存在感で勝てない!)

ちなつ「あかりちゃん、対抗しようとしなくていいんだよ?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:26:13.35 ID:mTb1UU120


櫻子「面白そうな空気を感じた!!」

向日葵「ちょっと櫻子!留守番を任されてるんだから待ちなさい!!」

京子「お、オールスターだな」

ちなつ「このメンバーで部室居るの久しぶりですね」

結衣「机片付けてないから狭いけどな…」

京子「まぁ○○○○ちゃんも●●●●ちゃんも、何も言わずにこれをひくがいい」

櫻子「了解です!」

向日葵「ごめんなさい先輩…仕事は済ませたのですが」

綾乃「無問題。我最上ノ幸福也♪」

向日葵「!?」

千歳「ヒィマワリチャンモ、エンジョイシテコウヤ~♪」

向日葵「!!??」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:28:09.70 ID:mTb1UU120


櫻子「向日葵はなんだったんだよ~」

向日葵「あたいって書いてありますわ」

櫻子「ププー!バカっぽい喋り方!バーカバーカバカ●●●●!!」

向日葵「ふんッ!」

櫻子「ぐふぅ!」

向日葵「そう言えば、皆さまこれをどうぞ」

あかり「あ、向日葵ちゃんのクッキーだぁ」

結衣「オレ様たちもいいのかい?」

向日葵「ええ、わた…あたいからの日頃のお礼みたいなものですわ」

京子「おぉ~!これは嬉しいねぇ。ありがたやありがたや」

ちなつ「結衣様!チーナがあ~んしてあげますぅ!」

結衣「ははは、そんなに一気には口に入らないかなぁ」

櫻子「ちょ、わたしには!?」

向日葵「あなたは汚すから家でね。それより、なんて書いてあったのよ?」

櫻子「え?ボク―」

あち京結綾千向「それ以上はいけない」

櫻子「??」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:30:25.66 ID:mTb1UU120

あかり「それじゃ京子ちゃん結衣ちゃんまた明日~!」

京子「んじゃな~!」

結衣「結局、訳のわからない空間になってたな」

京子「まぁ、楽しかったからいいんじゃね?」

結衣「そうだな」

結衣「で、なんであんなこと言い始めたんだ?」

京子「は?何がだよ~」

結衣「あかりの自称を変えろなんて」

京子「おいおい結衣大丈夫か?あんなの遊びたかったに決まって」

結衣「……………」

京子「……………」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:32:37.70 ID:mTb1UU120


京子「……今の内に、手をうっとかないと、危ないかなってな」

結衣「………なにがだよ」

京子「結衣だったらわかるだろ~?あかりの何が心配か」

結衣「…そうだな」

京子「小学校の頃も居た。誰にだって優しいあかりの、優しさにつけこんで、利用しようとする奴らがさ」

結衣「…………」

京子「小学校のときは、相手も上級生ってだけで大人しくしてくれてたけどね。中学じゃ違う」

結衣「………ちなつちゃんだって、大室さんに古谷さんだっているじゃないか」

京子「心配なんだよ。ちなつちゃんはともかく、あの二人は二人でいるから」

結衣「アホらしい。心配するだけ損だよ?あかりは強い。それはお前が一番解ってることだろ?」

京子「…んだな」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:34:26.64 ID:mTb1UU120

京子「なぁ、結衣」

結衣「ん?」

京子「なんであかりは、わたし達と遅れて生まれてきたんだろな?」

結衣「さぁな」

京子「一緒だったら、こんな心配しなくていいのにな」

結衣「……それこそ、ちなつちゃんの為じゃないか?」

京子「え?」

結衣「きっとあかりは生まれてくる前に、神様に見せられたんだよ。未来の映像を。
   それは七森中で、ごらく部の部室で、今日みたいにみんなをふざけてる映像だったんだ」

京子「……………」

結衣「そこであかりは選択したんだ。わたし達と生まれれば、ごらく部にはちなつちゃんだけしか残らない。
   新入部員も入らず、ちなつちゃんは取り残されちゃう。だから、あかりは遅れて生まれる事を望んだんだ。
   ちなつちゃんを悲しませない為に。そして、生まれた時には忘れてる…」

京子「……なんだそれ。結衣、ゲーム控えた方がよくないか?」

結衣「そうだな。でも、あかりらしいだろ?」

京子「うん。誰にでも優しい、あかりらしい」

京子(そこは、わたしを選んで欲しかったな…)

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:36:03.75 ID:mTb1UU120

結衣「わたしが思うに、大人になるって事は他人の事を考えられるようになる事だと思う」

京子「ほう。今日の結衣様は語りますな」

結衣「わたし達子供は他の人のこと考えてる余裕がないんだ。だから我がままなんだろな」

京子「成長して、色んなものに余裕ができて、人の事考えられたら大人か……あかりはまるで正反対だな」

結衣「そう。あかりは正反対なんだ。あかりは成長してから、自分に我がままになれるんだろうな」

結衣「京子、わたし達の役目はそんなあかりを心配する事じゃない。
   そんなあかりが成長して、我がままになった時、精一杯甘やかしてやるんだ。わたしはそう思ってるよ」

京子「へっへっへ、流石結衣様ですわぁ。人ができてらっしゃる」

結衣「京子」

京子「……へいへい。ありがとよ。少し、考え直す」

結衣「ま、気持ちは解らなくもないけど…正直鬱陶しいだけだぞ」

京子「…んだな。嫌われるのだけは勘弁だなぁ」

結衣「だったら、いじるのも大概にしとけよ」

京子「………ん」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:38:21.42 ID:mTb1UU120

京子「んじゃ、また明日な」

結衣「なんだ、、泊まってくかと思ってたよ」

京子「お?寂しいのかい結衣にゃん?」

結衣「言ってろ。じゃあな」

京子「おう!」

結衣「………まったく。めでたい奴」

結衣「………京子」

結衣「あかりが大好きなのは、お前だけじゃないからな?」

結衣「………もたもたしてんなよ?バーカ」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:40:13.35 ID:mTb1UU120


ひろい ひろい 星の中

わたし達が出会ったのは きっと奇跡なんてものじゃない

神様が決めた 運命でもない

わたし達で決めた 必然ってやつだろう

だから いこう

京子「あかり起きろー!」

結衣「また遅刻しちゃうぞ~」

ちなつ「……あ、起きたっぽいですね。もう、あかりちゃんたら」

あかり「ま、まって~!みんな~!」

そう みんなで

悩みも置いて ゆるく ゆるく

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/24(金) 01:43:11.38 ID:mTb1UU120

あかり「おはようでござ……あ!昨日のがまだ残っちゃってるよぉ~」

ちなつ(やっぱり……)

結衣(あかりは……)

京子(かわいいな)

ゆるく ゆるく


おしまいにして