1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:13:31.46 ID:Ikiod6g20
マミ「さすがに中学生にもなって女の子が好きっていうのはね」

ほむら(え? え?)

まどか「うんうん」

ほむら(そんなっ!?)

杏子「別にそんなんどうでもよくね」

ほむら「!!」

引用元: さやか「レズが許されるのは小学生までだよねー」 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:16:18.68 ID:Ikiod6g20
さやか「えーっ!? あんたそれマジで言ってんの!?」

杏子「ああ。気持ちがあれば性別とか」

ほむら(うんうん!)

まどか「もしかして杏子ちゃんってそっちの気あり?」

さやか「……」

マミ「……」

杏子「うおい! なんで距離とるんだよ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:20:14.99 ID:Ikiod6g20
杏子「あたしの好みがどうこうじゃなくってさ……。
     なんというか、当人同士が両想いならそれでいいじゃん?」

ほむら(その通りよ)

マミ「うーん。でもね、佐倉さん。社会の目って厳しいものよ」

さやか「あんたは中学通ってないからそういうことを実感しにくいのかもね」

杏子「うっせぇ!」

まどか「ほむらちゃんは女の子同士ってどう思う?」

ほむら「!?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:24:07.14 ID:Ikiod6g20
さやか「あ。そういえば転校生はさっきからやけに静かだったな」

ほむら「わ、私は、その」

まどか「やっぱり変……、だよね?」

ほむら「……そうね。普通ではないかもしれないわね」

杏子「なんだよほむらまで否定派かよー!」

ほむら「……」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:29:11.70 ID:Ikiod6g20
さやか「あたしとまどかも小学生の頃まではそこらへんよく分かってなくってさ。
      ドラマの真似をしてふざけてキスとかしてたのよ」

ほむら(ええっ!?)

まどか「あはは、そんなこともあったね」

ほむら(泣きそう……)

さやか「でも中学上がって色々意識も変化してさ。ま、さすがにないわなって」

まどか「あたしの嫁になるのだー、っていうのは?」

さやか「あんなん冗談冗談!」

まどか「だよねー」

ほむら「……」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:33:11.00 ID:Ikiod6g20
マミ「あら? なんだか顔色が悪いわよ、暁美さん」

さやか「本当だ。貧血か何か?」

ほむら「……心配には及ばないわ」

杏子「本当に大丈夫か?」

ほむら「ええ」

まどか「無理しないでね!」

ほむら(まどかのこの可愛い唇は、既に美樹さやかに……)

ほむら(死にたい……)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:38:38.71 ID:Ikiod6g20
ほむら「はあっ……」

さやか「溜め息? ははーん、さては恋の悩みだなぁー!?」

ほむら「えっ? あ、私は、その」

ほむら(確かに恋の悩みといえば恋の悩みだけど……)

マミ「もしかして暁美さん、誰か好きな人がいるの?」

まどか「……誰だろ?」

さやか「詳しく聞かせてよー! 杏子の後学の為にも!」

杏子「いらねーよそんなの」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:43:42.08 ID:Ikiod6g20
さやか「同じクラスの人?」

ほむら「……」

さやか「おお、そうなんだ!」

マミ「ということは美樹さんも鹿目さんも知っている子なのね」

杏子「退屈だー、もうゲーセンにでも行こうよー」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:49:33.19 ID:Ikiod6g20
さやか「ね。ね。誰が好きなの? くっつける手伝いしてあげるから教えてよ!」

ほむら「秘密よ」

さやか「じゃあどんな性格の人かだけでも!」

ほむら「……とても優しいわ」

さやか「優しい、ねえ。うーん……」

ほむら「もういいでしょう。どうせ叶わないしいいのよ」

まどか「ほむらちゃんならどんな男の子とでもやっていけると思うけどなぁ」

ほむら「……」

マミ「そうね。学年の違うウチのクラスですら、暁美さんのことは噂になってるぐらいなのよ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 15:56:01.34 ID:Ikiod6g20
さやか「優しくて、うちのクラスメイトで、アンタが躊躇するぐらいの相手といったら……。
      ズバリ、アンタの好きな人って、名字に“か”の字が入ってるでしょ!」

ほむら「!?」

まどか「!」

さやか「しかも“な”の字も入ってる!」

ほむら「!!?」

まどか「!!」

さやか「ふっふっふ、図星のようね!」

ほむら(ど、どうして!? どうしてばれたの!?)

さやか「これで分かったわ! あんたが好きなのは中沢だ!」

ほむら(誰よそれ!?)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:04:11.73 ID:Ikiod6g20
まどか「あ……。えっと、そういえば中沢君はほむらちゃんの隣の席だったっけ……」

ほむら(あ、ああ……。そういえばそんな人がいたような……)

さやか「美少女転校生と、イケメンだけど彼女に恵まれない中沢!
      偶然隣り合わせの席になった2人がやがて恋に! いいじゃんいいじゃん!」

ほむら「いえ、私は」

マミ「頑張ってね、暁美さん!」

ほむら「あの、だから」

杏子「肉まんうめー」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:08:42.86 ID:Ikiod6g20
さやか「中沢なら恭介繋がりで話したことあるし……。
      よし、仲を取り持つのはあたしに任せなさい!」

ほむら「えーっと、だから私はね」

まどか「応援するね……」

ほむら(!? まどかにっ……、まどかに男との恋を応援された……?)

ほむら(そんな! そんな嘘よ! こんなの絶対おかしいわ!)

杏子「あんまんうめー」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:19:11.73 ID:Ikiod6g20
マミ「なんかいいわね。私もそういうことができたらな」

杏子「すりゃいいじゃん」

マミ「うーん。私は魔法少女と恋を両立できるほど器用じゃないから……」

杏子「んなこと気にして窮屈に一生を終えるつもりか?」

マミ「……」

さやか「よーし、こうなったらマミさんのキューピットも頑張っちゃおっかな!」

ほむら(私の方はいらないったら……)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:25:47.58 ID:Ikiod6g20
ほむら「……」

まどか(ほむらちゃん、なんだか困った顔してる……)

まどか「あ、あのねさやかちゃん」

さやか「ん?」

まどか「やっぱりこういうことは当人が自分の力で頑張るべきかなって思うの」

ほむら「!!」

さやか「えーっ。そうかなぁ?」

まどか「うん。さやかちゃんだって変に首を突っ込まれたら……、嫌じゃないかな?」

さやか「あー……。確かにそうかも。ごめん転校生、ちょっと悪乗りが過ぎた」

ほむら「別にいいわよ」

ほむら(よかったぁ……、このままむりやりくっつけられたらどうしようかと……)

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:34:50.64 ID:Ikiod6g20
まどか(なんとかほむらちゃんを中沢君とくっつけずにすんだ……)

さやか「でもさ。転校生ならその気になれば大抵の相手はメロメロにできると本当に思うよ」

ほむら「……それが」

さやか「ん?」

ほむら「それが……、女の子でも?」

さやか「えっ?」

まどか「!!?」

マミ「あらあら」

杏子「カレーまんうめー」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:43:14.96 ID:Ikiod6g20
さやか「それは……、さすがにどんな相手でもという訳には、いかないかな……」

ほむら「そうよね……」

さやか「つーかそれマジで言ってんの!? アンタそういう趣味!?」

ほむら「……」

まどか「そうだったんだぁ!」

さやか「な、なんかごめん。知らなかったとはいえ、さっきレズのこと散々言っちゃって」

ほむら「いえ」

杏子「ピザまん食うかい?」

マミ「ありがとう佐倉さん。美味しいわ」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:49:37.15 ID:Ikiod6g20
さやか「よっし! お詫びといってはなんですが、あたしが転校生の練習相手になりましょう!」

ほむら「練習相手に?」

さやか「そ。試しにあたしをくどき落としてみてよ」

まどか「!!」

さやか「そうすればちょっとはスキルアップできんじゃないかね?」

ほむら「スキルアップ……」

杏子「チョコまんと紅茶ってあうな!」

マミ「いくらでも出せるからおかわりが欲しくなったら言ってね?」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 16:56:16.56 ID:Ikiod6g20
ほむら「すっ……、好きです。大好きです!」

まどか「っ!?」

さやか「駄目だなぁ、パンチが足りない」

ほむら「……」

さやか「男相手だったらそれでいいかもしれないけど、
      女相手ならもうちょっとカッコよくいってもいいんじゃない?」

ほむら「カッコよく……」

杏子「豚キムチまんうめー」

マミ「これは紅茶には合わないわね」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 17:05:49.69 ID:Ikiod6g20
ほむら「美樹さやか」

さやか「……うん」

ほむら「貴女のことがずっと好きだった。私と付き合ってはくれないかしら?」

さやか「そんなの変だよ。女どうしなんだし……」

ほむら「大丈夫。私達のことを悪く言う人がいようと、
      私が貴女を守ってみせる。だから……、ね?」

さやか「は、はい……」

まどか「わぁー! すっごくそれっぽい!」

さやか「えっ? あ、そ、そうね! 今のはまあまあだったわよ!」

さやか(やばっ……、一瞬マジになりかけた……)

杏子「餃子まんうめー」

マミ「お酢が欠かせないわね」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 17:13:25.85 ID:Ikiod6g20
ほむら「もう一度練習させてもらえないかしら?」

さやか「うんっ! どーんとこい!」

まどか「待って!」

さやか「どうしたのまどか?」

まどか「今度は私が練習相手になるよ」

ほむら(ちょ、それ練習という名のガチ告白じゃない!)

杏子「焼きそばまんうめー」

マミ「私はこれはイマイチかな」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 17:21:42.81 ID:Ikiod6g20
まどか「さ、ほむらちゃん。私をほむらちゃんの好きな子だと思って」

ほむら「ええ」

さやか「……」

ほむら「まどか。貴女のことがす……す、好き、好きで……好き、す……」

まどか「頑張って、ほむらちゃん!」

ほむら「好きです!」

さやか(どうしてまどか相手だとそんなに恥ずかしそうなのよ!?)

杏子「まんまんうめー」

マミ「皮の中に皮が……」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 17:30:30.92 ID:Ikiod6g20
まどか「今の告白可愛かったよ」

ほむら「そ、そうかしら……」

さやか「告白じゃなくて告白の練習!」

まどか「てへへ、そうとも言うかな」

さやか「さ。今度はあたし相手」

ほむら「もう練習は十分につんだと思うのだけれど」

さやか「……ごめん、余計なお世話だったかな?」

ほむら(善意から言ってくれているのよね……)

ほむら「いいえ、やっぱりやるわ。もう一度やらせてちょうだい」

さやか「そうこなくっちゃ!」

まどか「うー……」

杏子「たこ焼きまんうめー」

マミ「小さくて可愛いわね」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 17:39:13.91 ID:Ikiod6g20
ほむら「貴女のことが好きなのよ、美樹さやか」

さやか(顔近い顔近い!)

さやか(でも本当に綺麗だな……)

ほむら「……キスしてもいいかしら?」

さやか「うぇっ!? そっ、それはえっと、えーっと」

ほむら「大好きよ」

さやか「うん!」

まどか「おーい、練習だよー」

マミ「そちらの商品はおいくらですか?」

杏子「1まんです。なんつってなー」

マミ「いける! いけるわよこのネタ!」

杏子「そうかなぁ」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 17:53:10.02 ID:Ikiod6g20
さやか「今のは上出来だった」

ほむら「本当に? それはよかったわ」

さやか「……ね、転校生」

ほむら「何かしら」

さやか「まあなんと言いますか、あたしさ」

まどか「ああーっ! もうこんな時間! そろそろ帰らないと!」

さやか「えっ? まだ6時手前じゃ」

まどか「お夕飯食べて、宿題して、お風呂入って、少しボーっとしたらすぐ11時だもん。
      もう帰らないとまずいよー」

マミ「ずいぶん健康的な生活をしているのね」

ほむら「そこが可愛……いえ、なんでもないわ」

杏子「んじゃ、そろそろ解散するか」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 18:16:46.12 ID:Ikiod6g20
杏子「そんじゃなー!」

マミ「さようなら」

まどか「あれ? マミさんそっちでしたっけ?」

マミ「今からちょっと佐倉さんと中華街に行って中華まん巡りしてくるのよ」

さやか「いつの間にそんなことに……」

ほむら(私は中華まんよりまどまんの方が……)

128: ● 忍法帖【Lv=1,xxxP】 2011/05/13(金) 18:34:42.21 ID:Ikiod6g20
――――


さやか「んじゃ、あたしはここらへんで」

まどか「うん。ばいばーい!」

さやか「そうそう。転校生、最後にちょっと耳貸してくれる?」

ほむら「何かしら」

さやか(あたしでよければ、またいつでも練習相手になるから)

さやか(……今日はちょっとドキッとしたぞ)

ほむら「えっ?」

まどか(何話してるんだろう……)

さやか「そんだけ! ではでは2人とも、また明日学校で!」

ほむら「え、ええ。また明日」

まどか「……」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 18:41:21.18 ID:Ikiod6g20
――――


まどか「2人きりになっちゃったねー」

ほむら「そうね」

まどか「……ほむらちゃんの好きな人ってさ」

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃんと同じクラスで、名字に“か”と“な”がつく女の子なんだよね?」

ほむら(あああああああっ!?)

ほむら(好きなのが男だと勘違いされていた時の会話だったから忘れていたけど)

ほむら(よくよく考えるとこの情報、今となっては……)

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 18:47:55.22 ID:Ikiod6g20
ほむら「私、は……」

まどか「金川さん、中島さん、仲河さん、梶野さん……、それに私」

ほむら「えっ?」

まどか「うちのクラスにいる、名字にかとなの付く女子だよ」

ほむら(そ、そんなにいるの!? 助かったような、答えがぼやけてしまって残念なような)

まどか「ね。やっぱりこの中に好きな人がいるの?」

ほむら「ええ」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 18:55:40.01 ID:Ikiod6g20
まどか(あ。よく考えると梶野さんは違うような……)

まどか(それだけ緊張してるのかな、私)

まどか「さってと。そろそろ分かれ道だね」

ほむら「そうね」

まどか「最後に1つ教えてあげる」

ほむら「……?」

まどか「私の好きなのは……」

ほむら「ま、ままま、まどかの好きなのは!?」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 19:01:51.25 ID:Ikiod6g20
まどか「中島君」

ほむら「えっ!?」










まどか「……の隣の席の、誰かさん」

ほむら「!!」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 19:06:27.74 ID:Ikiod6g20
ほむら「そそそれってそのあの、右隣かしら!? それとも左隣!?」

まどか「ほむらちゃんが好きな人を教えてくれたら教えてあげる」

ほむら「わ、私、は……」

まどか「無理することないよ」

ほむら「……」

まどか「一歩ずつでいいから。ね?」

ほむら「……。そうね」

まどか「あっ。今言ったこと、クラスの皆には内緒だよ! それじゃあまた明日ね!」

ほむら「ええ、また明日!」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 19:11:51.24 ID:Ikiod6g20
ほむら「……」

ほむら(……やった)

ほむら(やったー!)

ほむら(今日は好き焼きにしましょう!)

互いの気持ちをはっきり伝えあったわけではない
けれども何かを確かめ合えたような気がした
そんなある日ある夕方の、ちょっとした話







おわり