2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:18:40.21 ID:QOW5sKWI0
望月杏奈の場合


杏奈「・・・」カチカチカチ

P「・・・」ミカンムキムキ

P「杏奈ー、ミカン剥けたぞー」

杏奈「・・・あーん・・・」

P「はいはい、ほら」

杏奈「あむ・・・、甘酸っぱくて・・・美味しい・・・ね・・・♪」モグモグ

P「それはよかった」

杏奈「・・・・・・プロデューサーさん」アーン

P「はいよー」

杏奈「んっ・・・」パクー

P(うーん、流石に甘やかし過ぎかな)

杏奈「・・・あーん」

P(このままでは杏奈がものぐさな女の子になってしまう。ここは心を鬼にして・・・)

P「杏奈、ミカンぐらい自分で・・・」

杏奈「・・・・・・あーん」足パタパタ

P「・・・まあいいかー。ほら、お食べー」

杏奈「♪」パクリー

引用元: 【ミリマスSS】アイドルとあーんをしてみたら 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:23:02.52 ID:QOW5sKWI0
真壁瑞希の場合


瑞希「プロデューサー。おやつにたこ焼きを買ってきました」

P「お、美味しそうだな」

瑞希「はい。プロデューサー、どうぞ」ススス

P「折角買ってきたのに食べないのか?」

瑞希「食べますよ。プロデューサー。あーん」

P「・・・食べさせて欲しいと」

瑞希「はい、お願いします。・・・プロデューサーに食べさせて貰うの、ドキドキするぞ」

P「瑞希も変わったなー。はい、あーん」

瑞希「あーん、はふっ。はふっはふっ」

P「美味しいか?」

瑞希「はっ、はふっはっはふっ。はふひっ」ハフハフハフ

P「ご、ごめん、少し冷ましてから食べさせてやればよかったな」

瑞希「はっ、はふっ。はふふっ」ハフハフハフ

P(顔赤くしてはふはふしてる瑞希可愛いな)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:26:10.78 ID:QOW5sKWI0
佐竹美奈子の場合


美奈子「プロデューサーさん、あーん♪」

P「あぐ。ん、美味い美味い」モグモグ

P「ごくん。なあ、美奈子・・・」

美奈子「お次はエビチリです!あーん♪」

P「もぐー。ピリ辛で美味いなー」

美奈子「プロデューサーさん好みの味付けですから!じゃあ、次はー」

P「待て、美奈子。一人で食べられるから箸を貸してくれないか」

美奈子「一人で・・・食べる・・・?そんなのダメですよー!」

美奈子「一人で食べるということは、腕を伸ばしておかずを取る、箸を動かすということ!」

美奈子「・・・そんなことしたらプロデューサーさんのカロリーが逃げちゃうじゃないですかー!」

P「俺は自分で食べることも、箸を使うことも許されないのか・・・」

美奈子「そういうことなので、ぜーんぶ私が食べさてあげますね♪」

P「はあ・・・、もう好きにしてくれ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:32:23.00 ID:QOW5sKWI0
周防桃子の場合


桃子「桃子これ嫌い。お兄ちゃんにあげるね」

P「こらこら、好き嫌いしてると大きくなれないぞ」

桃子「少しぐらい好き嫌いがあってもちゃんと大きくなるもん」ヒョイヒョイ

P「勝手に俺の皿に入れるんじゃない」

P「はあ、まったく・・・ほら、桃子、あーん」

桃子「ち、ちょっと、お兄ちゃん?」

P「一人で食べられないなら手伝ってやろうかなってさ。ほれ、あーん」

桃子「うぅ~・・・はむっ」パクン

P「おっ」

桃子「モグモグモグ・・・ゴクン」

桃子「うぇ・・・やっぱりまじゅい・・・」

P「ちゃんと食べられるじゃないか。偉い偉い」ナデナデ

桃子「むぅ・・・お兄ちゃんのいじわる」

P「いじわるをしているつもりはないんだけどな」

P「ほら、一つ食べられたなら残りも食べられるだろう。あーん」

桃子「やっぱりいじわる・・・」ムス

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:35:17.20 ID:QOW5sKWI0
高槻やよいの場合


やよい「ふわあぁぁ~♪」キラキラキラ

P「パフェ美味しいか?」

やよい「はい!甘くて冷たくってとーってもおいしいですー♪」

P「ははは、それはよかった」

P(まさかファミレスのパフェでここまで喜んでくれるとはな。連れてきてよかったよ)

やよい「そうだ、プロデューサー」

P「んー?」

やよい「はい、あーん♪」

P「やよい、このパフェはいつも頑張っているやよいへのご褒美なんだ。俺に気を遣わず食べなさい」

やよい「いいんです、わたしが頑張ってお仕事ができるのはプロデューサーのおかげなんです!」

やよい「それに、一人で食べるよりプロデューサーと一緒に食べた方がもーっとおいしくなります!」

P「やよい・・・」

P「ありがとう、そういうことなら一口頂こうかな」

やよい「はい!プロデューサー、あーん♪」

P「あーん」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:40:23.62 ID:QOW5sKWI0
天空橋朋花の場合


朋花「はい、プロデューサーさん。おとなしく口を開けていてくださいね~」

P「あの朋花さん・・・?その黒い塊は一体・・・」

朋花「これですか~?これは私が焼いたアナゴですよ~」

P「そ、そうかー。こんがり焼けてて美味しそうだなー」アハハ・・・

朋花「うふふふ、そうでしょう~?さあ、口を開けてください。私が食べさせてあげますから~」ウフフ

P「朋花が食べさせてくれるのかー嬉しいなー。でも残念だなー、もう腹がいっぱいで・・・」

朋花「プロデューサーさん?」ニッコリ

P「はい、喜んで頂きます」

朋花「うふふ。さあ、頭からガブリと・・・♪あ~ん♪」

P「いや、あの、頭からは少し遠慮したい・・・」

朋花「プロデューサーさん?」ニッコリ

P「はいっ、喜んで!」ガブリー

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:43:30.37 ID:QOW5sKWI0
田中琴葉の場合


琴葉「あむっ、ん~♪」

P「仕事を頑張ったご褒美がアイスでよかったのか?もう少しワガママになってもいいだぞ」

琴葉「ふふふ、いいんです♪」

琴葉「お仕事を頑張って、今日みたいな暑い日に食べるアイス・・・とても美味しいご褒美です♪」

P「そうか、琴葉がそれでいいなら何も言わないけど」

P「ん、このバニラアイス美味いな」パクー

琴葉「・・・」

琴葉(アイスは貴方と一緒に過ごしたいという口実なんですよ)

琴葉(大好きなアイス以上に、貴方と一緒に過ごすこの時間がとても幸福なんです)

琴葉(・・・なんて、この気持ちを伝える勇気があればなあ・・・)

P「ん?じっと見つめてどうした?」

琴葉「ひぇっ!?え、ええと・・・その・・・」ドキン

P「・・・ああ、なるほどな」

P「俺のアイスも食べたいんだな。ほら、あーん」

琴葉「ふえっ!?プロデューサー!?」

P「どうした、食べないのか?」

琴葉「い、いえっ、いただきます!ぱくっ!」

P「どうだ、美味しいだろう」

琴葉「はひっ、とてもおいひいれすっ」ドキドキドキ

琴葉(ドキドキして味がわからない・・・)ドキドキドキ

琴葉(これぐらいで心臓が壊れそうになるのに、告白なんて・・・できないよね・・・)ガックリ

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 00:45:14.92 ID:QOW5sKWI0
ネタが似たり寄ったりになりそうなので終わり
乙女琴葉書きたかったです