1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:00:42.29 ID:OtHC63Ed0
末原「こんな所で何をしとるんや?」

咲「あなたは姫松の……二位の人?」

末原「喧嘩売っとるんか?」

咲「あ、いや。そんなわけでは」

末原「……ええわ。事実は事実やし。次は負けへんけどな」

咲「は、はい。よろしくお願いします」

末原「それで、こんなところで何しとるんや? 買い物か?」

咲「あの……迷っちゃって」

末原「なんや、迷子か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370656842

引用元: 咲「ま、また迷っちゃった」末原「……清澄の大将?」 


 

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:07:32.20 ID:OtHC63Ed0
末原「一緒に買い物に出た友達とはぐれたんか」

咲「はい……」

末原「でもそんなん携帯で連絡取ればええやん。スマートフォンあるなら、それで地図検索してもええし」

咲「私、携帯持ってなくて……」

末原「え? 持ってないって、ガラケーも?」

咲「が、ガラケー?」

末原「……スマートフォンとか色々出てる時代に、携帯電話自体を持ってない女子高生がおるとは思わんかった」

咲「す、すみません」

末原「いや謝ることではないけどな……」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:11:31.36 ID:OtHC63Ed0
末原「仕方ないなぁ。このまま放っておくのも心苦しいしな。送っていってやるわ」

咲「あ、ありがとうございます」

末原「清澄が泊まってるとこってどこや? 調べてやるから」スマフォ

咲「あ、えっと……分かりません」

末原「……は?」

咲「いや、その。覚えてなくて」

末原「な、名前も?」

咲「……はい」

末原「」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:15:24.84 ID:OtHC63Ed0
末原「自分の泊まっとる宿くらい覚えとけや」

咲「す、すみません」

末原「……何と言うか、色々な意味で私の想像を超えていくやつやな」

咲「ど、どうすればいいでしょうか……?」

末原「どうすればと言われても、名前も分からんとなれば検索のかけようもないしな……友達の携帯の番号とか覚えて」

咲「ないです」

末原「まぁ、そうやろな」

咲「……も、もう帰れないんですか?」

末原「そないな顔するなや。大丈夫、一生帰れないなんてことは無いわ」

末原(……たぶんな)

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 11:21:11.40 ID:OtHC63Ed0
末原「しかしどうしよ……そこらの小さな田舎町やないし、適当に歩いとれば見つかるという訳でもないやろな」

末原「日本一人口の多い首都で、その友達に見つけるっていうのも無理ありそうやしなぁ」

咲「……ごめんなさい」

末原「何を謝っとるんや?」

咲「その、ご迷惑かけて」

末原「何や、そんなもん困ったときはお互い様やで。そんな謝るようなことされてない。大阪人の人情舐めるなや」

咲「ごめんなさい」

末原「そういうときは謝るよりありがとうって言いや。ちゃんと送り届けられたあとにな」

咲「……」

末原(……何か調子狂うなぁ)

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 13:57:55.05 ID:OtHC63Ed0
咲「……」

末原(麻雀やっとったときは威圧感あったけど、今はそんなことないな)

末原(……そうやな。麻雀で化け物とか魔物とか言われても、中身は結局高校一年生。全国も始めてやろうし)

末原(知らん土地で仲間とはぐれれば不安にもなるし、怖くもなるか)

末原(案外、龍門渕の天江とか、永水女子の神代とかもこんな感じ何やろか……白糸台の宮永照も)

末原「大丈夫や。年上としてちゃんと送り届けてやるわ。な?」

咲「はい、ありがとうございます」ニコッ

末原「……う、うん。任せとき」

末原(……威圧感なければ、結構可愛いなぁ)

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 15:16:39.92 ID:OtHC63Ed0
末原「しかし、やっぱり困ったなぁ。全く手がかりがないし……電車とか使ったか?」

咲「あ、電車使いました」

末原「駅名は?」

咲「えっと、話しながら来たので、覚えてません」

末原「……まぁ、予想はしてたわ」

末原「東京は迷路やしな、慣れてないから何駅くらい乗ったか聞いてもわからんやろなぁ」

咲「……」

末原「ま、まぁまぁ。どうにかなるやろ! ポジティブにいこうやポジティブに」

咲「はい……」ションボリ

末原(……しょんぼりすると、よけい可愛いなぁ)

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 15:56:07.74 ID:OtHC63Ed0
末原「仕方ないなぁ。うちに来るか?」

咲「え?」

末原「確かうちの部長が清澄の部長と仲良いとか言っとったから、清澄の泊まってる場所知ってるかも……」

咲「ほ、本当ですか?」

末原「う、うん……どっちにしろ、いつまでもここで突っ立ってるわけにもいかへんしな」

末原「待ってたら友達が迎えに来てくれるって気配でもないし、とりあえずはうちのホテルに帰って考えようや」

咲「はい。あの、ありがとうございます」

末原「うん……私とははぐれんようにな」

咲「分かりました」

末原「……心配やから、手繋いどこうか」

咲「はい」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 18:19:53.76 ID:OtHC63Ed0
――姫松宿泊所――

末原「みんな帰っとらんか……。せめて部長一人残ってくれてたら良かったけど」

末原「まぁでも出かけたのは朝やし、もうそろそろ帰ってくる頃やろ。もうちょっと待っててな」

咲「は、はい!」ビクビク

末原「いや、そない緊張せんでもええよ。取って食おう言うわけでもあらへんし」

咲「はい」ビクビク

末原「……清澄の」

咲「は、はい、何ですか?」

末原「……」ギュッ

咲「!?」

末原「安心せえや。ちゃんと送る言うとるやろ。そんな震えんでも大丈夫やから」

咲「……はい」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 18:24:41.85 ID:OtHC63Ed0
――10分後――

咲「」スースー

末原「安心せえ言うたけど、まさか寝るとはな……やっぱりこの子、想像を超えるわ」

末原「ある意味大将の器やな。私もこれくらいできひんといかんのやろか……?」

咲「……みん、な……」スースー

末原「……という訳でもないか。普通に疲れてたんやな。私を信頼して、安心して眠ったんや」

末原「この子も普通の高校一年生。かなりか弱い部類に入る一年生やんな」

咲「」スースー

末原「……寝顔、可愛いなぁ」ナデナデ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 20:04:03.32 ID:OtHC63Ed0
咲「」スースー

末原「……」ジー

末原「何というか、こう無防備で居られると、ちょっと悪戯したくなるな……」

末原「い、いやあかんで自分! この子は私を信頼して寝てるんやから。信頼には応えんと!」

咲「」スースー

末原「で、でも、ちょっとくらいなら……その、頬にキスとか、その程度ならあとに残らんし、ええかな」

咲「」スースー

末原「……」チュー

洋榎「ただいまやでー」

末原「ふなっは! しゅ、主将!?」

洋榎「ん? ふなっは? 何やねんそれ。挨拶か?」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 20:09:25.81 ID:OtHC63Ed0
末原「は、はぁ……」

洋榎「朝は『おはふなっは』、昼は『こんにちふなっは』、夜は『こんばんふなっは』やな」

末原「え? いえ、ちゃいますよ」

洋榎「ちゃうんかい」

末原「朝は『はなっは』、昼は『ふなっは』、夜は『ほなっは』」

洋榎「なるほど、時間が経つとはひふへほ順で下がるんやな。じゃ『ひなっは』と『へなっは』はどこやねん」

末原「朝と昼の間と、夕方」

洋榎「なるほど、そういうことか……ってそんな挨拶聞いたこと無いわ! 何やねん。下らんことで長話すなや」

末原「話広げたんは主将ですよ……」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 20:12:49.15 ID:OtHC63Ed0
洋榎「ええけどな。時は金なり言うけど、一分二分のはした金くらいでけちけちせんわ。許したる」

末原「いや、だから話を広」

洋榎「ところでその子、誰やねん」

末原「え? ああ、清」

洋榎「ああ! 清澄の大将か。思い出したわ」

末原「主将。台詞を最後まで言わせてくだ」

洋榎「なるほどなぁ。なるほどなるほど」

末原「……」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 20:46:50.63 ID:OtHC63Ed0
洋榎「それで? 何でこの子、ここにおんねん」

末原「いや、さっき街中を歩いてい」

洋榎「拾ってきたんか?」

末原「……まぁ、そんなところです」

洋榎「そうか……よし分かったで! つまりその清澄の子を調べようってことやな!」

末原「……は?」

洋榎「油断して眠っている間に、あの驚異的な場の支配の秘密を探ろうや。体を隅から隅まで調べてな」

末原「調べる?」

洋榎「何かわかるかもやで」

末原「隅から、隅まで……?」ゴクッ

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 20:56:02.67 ID:OtHC63Ed0
末原「……」

洋榎「なんてな。まさか対戦相手にセクハラなんてできへんわ!」

末原「」ジー

洋榎「きょ、恭子? 冗談やで?」

末原「え? は、はい。分かってますよ。まさか本気にするわけないですよ」

洋榎「……恭子、そういえばさっきその子に何かしようとしとらんかったか?」

末原「え? いや、そんなまさか……」ダラダラ

洋榎「ま、まさか恭子……」

末原「いや、ちゃいますよ……?」

洋榎「その子に改造手術を!?」

末原「……は?」

洋榎「あかんで恭子! いくら強敵や言うても改造手術で能力奪ったり、記憶操作して私たちの味方にしちゃあかんで」

洋榎「勝負は正々堂々とやで!」

末原「そんなことしません」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 21:48:49.90 ID:OtHC63Ed0
洋榎「しかし、麻雀やっとったときは鬼かと思ったけど、この子も卓離れると普通の高校生やな」

末原「そうですね」

洋榎「何と言うか、寝顔可愛いな」

末原「そうですねぇ」

洋榎「」チュー

末原「ちょ、何しようとしとるんですか! 駄目ですよ!」ガード

洋榎「寝てるしええやん」

末原「駄目です」

洋榎「私を誰と心得るんや、天下の副将軍愛宕洋榎やで!」

末原「そんなセクハラ副将軍知らんし、あんたは副将じゃなくて中堅やないですか!」

洋榎「いや、主将でもあるし」

末原「主将にも副将軍にもセクハラする権利はありません」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:16:52.05 ID:OtHC63Ed0
洋榎「それで恭子。この子いつまでここにおるんやろ」

末原「いつまでと言われても……主将、清澄連絡取れる人いませんか?」

洋榎「連絡?」

末原「実はこの子迷子で、自分の泊まってるとこも分からんらしくて」

洋榎「ああ、そういうことか。それで恭子が保護したんやな」

末原「まぁ、そんなとこです」

洋榎「さすが、下級生の面倒見ええなぁ」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:17:34.95 ID:OtHC63Ed0
末原「それで、誰かいませんか? 主将、清澄の部長さんと仲良いとか言ってましたけど」

洋榎「んー。流石に連絡先は知らんかなぁ。でも宿の方知っとるで」

末原「え? まさか主将、清澄の部長さんの跡をつけて……?」

洋榎「私はストーカーか! このあいだ聞いただけや。何か暇あったら遊ぼうとか言う話になってな」

末原「あ、そういうことですか」

洋榎「名前だけやから場所までは知らんけど、調べればでるやろ」

末原「助かります……しかし主将、口達者というか話上手というか、コミュニケーション能力高いですねぇ」

洋榎「はっはっはっ、もっと褒めてもええねんで!」

末原「図々しくもありますが」

洋榎「図々しいも私にとっては褒め言葉やで」

末原「とか言っておいて意外と人の目気にしますよね。宮守の子に怒られたときとか萎縮してましたし」

洋榎「……」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:23:49.71 ID:OtHC63Ed0
洋榎「別に人の目気にしてるわけやないねん。怒られたからちょっとびっくりしただけや」

末原「人の目気にしなさすぎるのも困りものですけどね」

洋榎「ま、まぁその話はええやん。とりあえずはその子やな」

咲「」スースー

末原「そうですね」

洋榎「帰すのは良いとして、問題は恭子のセクハラ行為をどう誤魔化すかやな……」

末原「いやセクハラ行為はしてません。問題は主将の口をどう封じるかやと思います」

洋榎「口封じならガムテープが一番やで。マスクにばってんじゃ効果ないもんな!」

末原「分かりました。漫ちゃんに言って買ってこさせます」

洋榎「い、いや冗談やで? 本気にしなくても……」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:26:49.65 ID:OtHC63Ed0
末原「ともかく、地図検索で宿探して、この子送り届けてきます。遅くなっても困るんで」

洋榎「そうやな」

末原「ついでにガムテープも買ってきます」

洋榎「それはいらん」

末原「それで、清澄の宿はどこですか?」

洋榎「ええっとな、確か……」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:33:24.01 ID:OtHC63Ed0
末原「……なるほど、分かりました」

洋榎「それじゃ私は出かけてくるで」

末原「あれ? 今帰ってきたばかりじゃ」

洋榎「財布忘れてな。まだ昼ご飯も食べてへんし。清澄の子は任せたわ」

末原「……まぁええか」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:38:04.75 ID:OtHC63Ed0
咲「」スースー

末原「さて、起こすか」

末原「起きや。帰れるで」ユサユサ

咲「……も、もうちょっと……」ウーン

末原「何か無理やり起こすの罪悪感あるなぁ……いや、でも起こさんといかんし。起きや」ユサユサ

咲「……う、うん」

末原「おはようさん」

咲「……おはよう、ございます?」

末原「ガチで熟睡しとったとは思わんかったな。さ、いつまでも寝ぼけとらんと帰るで」

咲「……」フラッ

末原「おっと」

咲「」ギュッ

末原「!?」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:41:36.31 ID:OtHC63Ed0
咲「ん……眠いよ」

末原「ね、眠くても起きや。帰るで」

咲「かえる?」

末原「せ、せやで。迷子になっとったやろ」

咲「……あ、ああ」

末原「やっと起きたか」

咲「ご、ごめんなさい!」

末原「別にええけど……いや、ありがとう」

咲「?」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:43:50.26 ID:OtHC63Ed0
末原「ま、まぁええから。早く支度しいや、清澄の宿分かったで」

咲「ほ、本当ですか?」

末原「うん。さっきから言うとったんやけどな」

咲「あ、ありがとうございます!」

末原「それじゃ、帰ろうか」

咲「はい!」

末原「……はぐれんように、手は繋ごうな」

咲「はい!」ギュッ

末原「ん。それじゃ行こか」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:51:47.67 ID:OtHC63Ed0
――清澄 宿泊所――

末原「ここかな……?」

咲「あ、ここです」

末原「そうか。それじゃ、私は帰るな」

咲「はい。ありがとうございました」

末原「うん。もう友達とはぐれんようにな」

咲「はい」

末原「今度会うときはまた麻雀打つときやな、今度は負けへん」

咲「わ、私も負けません」

末原「うん。それじゃな」

咲「……あ、あの」

末原「ん?」

咲「麻雀以外でも、また会えますか?」

末原「……うん。麻雀打つんわ憎いからやない、戦いたいからや。麻雀以外でも、またきっと会えるで」

咲「はい」

末原「それじゃ、またな」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:59:00.49 ID:OtHC63Ed0
――姫松 宿泊所――

末原「それロン」

洋榎「またかー! 今日は気合入っとるな。何かあったんか?」

末原「清澄と戦う為に練習中ですよ。戦うからには全力でいかんと、相手にも失礼やし」

洋榎「ふーん。でも全力で戦うだけじゃ困るで」

末原「分かってます。次は負けへん」

洋榎「ま、分かってるならええけどな」

末原「負ける可能性考えつつ、負けへん」

洋榎「んん? 何か変な思考回路に入ってるなぁ」

末原「……早く清澄と戦いたいですよ」

洋榎「まぁまぁ、あと少しやから我慢しいや。もうちょい練習して対策練ってから、全力で戦って勝ちいや」

末原「はい」

おわり