1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:37:22.33 ID:dmioR9Bmo
卯月「こんにちは、島村卯月です!」

卯月「私の心がボッキリ折れるその時を、今か今かと待ち望んでいる皆さん!」

卯月「その期待に応えるために、私、もっともっと頑張ります!」グッ





卯月「……どうやったら、鬱になれるんでしょう?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440913042

引用元: 島村卯月「私、鬱になります!」 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 010 島村卯月
島村卯月(CV:大橋彩香)
日本コロムビア (2012-08-08)
売り上げランキング: 28,680
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:43:59.20 ID:dmioR9Bmo
~常務のオフィス~


常務「どうやったら鬱になれるかだと?」

卯月「はい!」

常務「……何故、それを私に聞く?」

卯月「プロデューサーさんはもちろん、シンデレラプロジェクトの皆にはこんなこと、相談できないじゃないですか」

卯月「その時になってアッと驚かせたいですから。インパクトって大事ですよね!」

常務「………」

卯月「それで、アイドルに案を蹴られ続けてる常務さんなら、鬱のことを何か知ってるかと思って」

常務「私は鬱ではない」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:48:28.27 ID:dmioR9Bmo
常務「そもそも、鬱と言うのは……そうだな……」

常務「一般的な症状としては、人の話を上の空で聞く耳持たなかったり、どこか遠くを見つめていたり……」

常務「自分は一体何がしたいのか、自分の行動は無意味なのではないか、と自己に疑問を持ったり……」

卯月「………」

常務「どうした?」

卯月「やっぱり鬱ですよね?」

常務「鬱ではない」

卯月「鬱な人に限って鬱を否定したがるんですよ」

常務「……島村卯月さん。貴女は何をしにここに来たの?」

卯月「鬱になる方法を聞きに来ました!頑張ります!」グッ

常務「………」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:52:10.51 ID:dmioR9Bmo
卯月「つまり……先ほど常務さんが言ったことに、私が当てはまってればいいんですね?」

常務「鬱は自分からなりに行くものではないと思うが」

卯月「私は皆さんの期待に応えるために、鬱にならないといけないんです!」

卯月「最後の最後、派手に一発ドッカーンと!花火みたいに!」

常務「それはまた、随分と明るい鬱だな」

卯月「そ、そうですか?えへへ……」

常務「……本当に鬱になる気はあるのか?」

卯月「ありますよ?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:55:01.35 ID:dmioR9Bmo
卯月「あっ!」

常務「?」

卯月「いいアイデアを思いつきました!これ絶対鬱になれます!」

常務「そう……」

卯月「『私、どうしてアイドルになったんだろう?』どうですかこれ!」

常務「………」

卯月「シンデレラプロジェクトの皆が、それぞれ別のお仕事をして行く中で、取り残されていくんです」

常務「何がだ」

卯月「私の心ですよ」ドヤァ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 14:59:07.17 ID:dmioR9Bmo
卯月「もう一度デビューしたあの頃に戻りたいなぁ、みたいな感じで、前に進んでいく皆と溝ができていくんですね」

卯月「それで私は……アイドルになりたかった理由を、過去の自分を通して振り返っていくんです」

常務「………」

卯月「最終的に皆に励まされて、私は涙ぐんでの大団円!ハッピーエンドォ!」

卯月「これでいきましょう!」バンッ



常務「却下」

卯月「え?」

常務「それは既に765プロがやっている」

卯月「えぇっ!?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:04:19.55 ID:dmioR9Bmo
卯月「うーん……」

常務「まだ考えているのか」

卯月「えっと……じゃあ」

常務「ん?」

卯月「『アイドルになって、私は何をしたいんだろう?』これはどうです!?」



常務「……先ほどとそう変わらないようだが」

卯月「全然違いますよ!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:10:45.44 ID:dmioR9Bmo
卯月「私、アイドルになる事ばかりを考えて、なった後何をしたいかまったく考えてなかったんです」

卯月「もうこれはアイデンティティ崩壊ですよね!鬱ですよ、鬱!」

常務「何故それを誇らしげに言える?」

卯月「え?だって、これでやっと私鬱になれるじゃないですか」

常務「……それだけではな」

卯月「え?」

常務「さっきの花火の話に例えるなら……今貴女が作ったのは、花火を打ち上げるための、玉とマッチ」

卯月「玉とマッチ?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:14:04.66 ID:dmioR9Bmo
常務「花火を打ち上げるためには、何が必要?」

卯月「えっと……火を付けなきゃ」

常務「どうやって?」

卯月「マッチを使います!」

常務「どこに?」

卯月「もちろん、導火線ですよ」

常務「そう、導火線。貴女がその鬱になるためのきっかけが無い」

卯月「きっかけ……」

常務「ある日突然『何をしたいのか分かりません』と喚くのが鬱展開だとでも言うつもり?」

卯月「え?……そ、それじゃダメなんですか?」

常務「………」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:19:08.96 ID:dmioR9Bmo
~シンデレラプロジェクトルーム~


卯月「きっかけ……きっかけ……うーん」

卯月「(いきなりきっかけを考えてこい、と言われても……難しいですね)」



未央「しぶりーん」

凛「何?」

未央「今週の土曜さー、オフなんだよね。どっか遊びに行かない?」

凛「無理」

未央「えー?」

凛「レコーディングだから。トライアドプリムスの」

未央「そっか、それなら仕方ないね」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:22:38.54 ID:dmioR9Bmo
凛「日曜なら大丈夫だけど」

未央「あー、日曜はちょっと」

凛「?」

未央「ライブのリハがあるんだよねー。新曲お披露目するから」

凛「新曲出すんだ」

未央「いやー、お互い忙しくなっt」

卯月「これです!!」ガタッ

凛「!?」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:26:12.98 ID:dmioR9Bmo
卯月「(新ユニット作って、二人とも有頂天になってます……!)」

卯月「(私だけ何もなくて仲間外れじゃないですか!これはもう爆発するしかありませんね!)」

卯月「(まさか、こんなところに導火線が転がってるなんて!)」

未央「きゅ、急にどしたのしまむー?」

卯月「(……どうやってこの導火線に火をつけましょうか)」

卯月「(露骨に嫌な顔……は、ダメですよね。私、顔に出さない性格ですし)」

凛「卯月……?」

未央「……これ絶対なんか変なこと考えてるね」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:30:34.58 ID:dmioR9Bmo
卯月「(さりげなく伝わるようで、伝わらない感じで……)」

卯月「(なら、ここは……苦笑い……うん、苦笑いがベストですね!)」

卯月「(私、全力で苦笑って見せます!頑張りますよ!いいですかー!せーのっ)」

智絵里「卯月ちゃん!」

卯月「」ガチッ



凛「大丈夫?」

卯月「ひ……ひは、はみまひは……」プルプル

智絵里「ご、ごめんなさい……!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:33:41.96 ID:dmioR9Bmo

未央「しまむーに用事?」

智絵里「は、はい……えっと……ピンキー、キュートのことで……」

凛「ピンキーキュート?」

智絵里「わたしと……美穂ちゃんと、卯月ちゃんで、新しくユニットを……」

卯月「えっ?」

未央「へー、しまむーも新ユニットなんだ!」

卯月「ええっ!?」

凛「そっか。おめでとう、卯月」

卯月「こ、困ります!!」

凛「えっ」

未央「え?」

智絵里「えっ……」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:38:53.54 ID:dmioR9Bmo
卯月「(私も新ユニット結成!?そ、そんな事されたら……)」

卯月「(仲間外れにならないじゃないですか!それじゃ鬱になれません!)」



未央「えっと、困るってどういう……」

卯月「その……智絵里ちゃんは、ほら!キャンディアイランドの仕事で忙しいですし!」

凛「もしかして、掛け持ちの負担を気にしてるの?」

未央「大丈夫だよ。プロデューサーがうまいことスケジュール調整してくれるって」

智絵里「……わ、わたしとじゃ……そんなに、イヤだったですか……?」

卯月「そ、そんなことありません!全然イヤじゃないですよ!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:41:59.34 ID:dmioR9Bmo
卯月「(うーん……火をつける前に消火された感じですね)」

卯月「(……方向性を変えてみましょう。新ユニットに入ってから事を起こせばいいんです)」

卯月「(やっぱり私はニュージェネレーションズがいいんですよ。新ユニットには馴染めません)」

卯月「(でも折角組めた智絵里ちゃんと美穂ちゃんを、私は無碍にはできなくて……)」

卯月「(そんな板挟みの状態が続いて……とうとう爆発!もう頑張れません!)」

卯月「(これでいきましょう!ユニットの解散騒ぎにまでなれば、きっと……!)」



李衣菜「解散!今度と言う今度は絶対解散する!」

みく「解散にゃ!」

卯月「………」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:49:05.51 ID:dmioR9Bmo
未央「今度は何で解散?」

みく「唐揚げにレモンかけるとか信じられないにゃ!品性を疑うにゃ!」

李衣菜「いいや、唐揚げにレモンが一番ロックだから!」ビシッ

みく「ありえないにゃ!何もかけずに食べるのが一番いいに決まってるにゃ!!」ビシッ

凛「私はブラックペッパーかな」

智絵里「う、ウスターも……いいですよ?」

未央「いや、そこはマヨでしょ?」

李衣菜「レモン一択!これだけは譲れない!」

みく「解散にゃあー!!」



卯月「(……だ、ダメです)」

卯月「(この導火線、シケってます……!)」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 15:57:52.26 ID:dmioR9Bmo
卯月「(あの二人の解散芸のおかげで、私達の中でユニットの解散という行為がどうでも良くなってます……)」

卯月「(唐揚げにレモン並のどうでも良さです。私の鬱は唐揚げじゃありません!)」

卯月「(今の皆にユニット辞めたいと言っても、きっと笑い飛ばされてしまいます。これでは鬱になれません)」

卯月「(どうして皆、邪魔するんでしょうか。私は頑張って鬱になりたいだけなのに……)」



卯月「(こうなったら……二番煎じですけど、未央ちゃん大作戦です!)」

卯月「(普段何ともなかった私が、ある日突然家に引きこもれば皆ビックリするはずです)」

卯月「(そしてプロデューサーさんに、ドア越しの涙声で思いの丈をぶちまける!これでいきましょう!)」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:03:17.16 ID:dmioR9Bmo
卯月「よーし、頑張りまs」

武内P「島村さん」ニュッ

卯月「ひゃい!?」

武内P「……少し、二人だけでお話をしたいのですが」

卯月「は、はい」

武内P「どうぞ、こちらに」

卯月「(び、ビックリさせる予定のプロデューサーさんに、ビックリさせられちゃいました……)」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:06:38.00 ID:dmioR9Bmo
武内P「島村さんは、最近眠れていますか?」

卯月「えっ?」

武内P「どこか、身体の調子は……」

卯月「どこも悪くないですよ!私、大丈夫です!」

武内P「そう、ですか」

卯月「全然、平気ですから!」

武内P「………」ポリポリ

卯月「えっと……」

武内P「……何か、普段困ったことは」

卯月「あ、ありませんよ?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:11:51.80 ID:dmioR9Bmo
武内P「本当に、何も?」

卯月「はい、まったく」

武内P「……私に打ち明けにくいことでしたら、千川さんでも力になれm」

卯月「何もありませんって言ってるじゃないですかっ!!」

武内P「!」

卯月「あっ……」

武内P「……分かりました」

卯月「す、すみません……」

武内P「いえ……」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:15:52.11 ID:dmioR9Bmo
~常務のオフィス~


卯月「か、感づかれちゃいました……!」

常務「………」

卯月「凛ちゃんや未央ちゃんだけでなく、シンデレラプロジェクトの皆がやたら私に構ってくるようになって……」

卯月「いつの間にかプロデューサーさんとママで、三者面談する予定まで入っちゃってて……」

卯月「私、一体どうしたらいいのか……聞いてます?」

常務「だから、何故私にそれを聞く」

卯月「だってこんなこと、誰にも話せないじゃないですか」

常務「……答えになっていないが」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:20:58.70 ID:dmioR9Bmo
卯月「鬱になる前に、プロデューサーさん達に鬱を防止されそうなんです。警戒具合がハンパないんですよ」

常務「もう諦めたらどうだ?」

卯月「それじゃ今までの私の頑張りが無駄になっちゃうじゃないですか!今更引き返せません!」

常務「頑張り……?」

卯月「いつ鬱になってもいいように、常務さんが出てくるまでずっと練習してきたんですから」

常務「何を」

卯月「瞳のハイライトですよ。今や自在に消せるんです」フッ

常務「……それは凄いな」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:25:54.70 ID:dmioR9Bmo
卯月「何か……何か、いい方法がどこかに……!」

常務「………」

卯月「どこかに……」



卯月「あっ」

常務「………」

卯月「常務さん!」

常務「却下だ」

卯月「!?」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:28:47.97 ID:dmioR9Bmo
常務「私のプロジェクトに参加したい、とでも言うつもりだろう」

卯月「お願いします!何でもしますから!」

常務「………」

卯月「頑張りますから!何でもしまむら!」

常務「………」

卯月「ぴにゃぁ~!!」

常務「うるさい」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:36:35.91 ID:dmioR9Bmo
卯月「どうして私じゃダメなんですか?」

常務「………」

卯月「アイドルになって何をしたいのか見出せない私、やることを全部指示してくれる常務さん……」

卯月「ウィンウィンの関係じゃないですか!」

常務「……それを、貴女はよしとするの?」

卯月「最初だけですね。後から未央ちゃん達やプロデューサーさんがきっと説得してくれますし」

常務「だから却下だと言っている」

卯月「えぇっ!?」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 16:45:51.69 ID:dmioR9Bmo
常務「離脱が分かっている貴女を起用する理由がどこにある」

卯月「今まで散々蹴られてきたんですから、今更どうってことないじゃないですか」

常務「………」イラッ

卯月「!……やっぱり常務さん、鬱なんじゃ……目の周りにクマもあるし」

常務「これはアイシャドウだ。鬱ではない」

卯月「でも……」

常務「……一つ、言わせてくれないか」

卯月「何でしょう」

常務「島村卯月さん。貴女は、鬱展開を舐めている」

卯月「えっ?」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 18:04:27.49 ID:dmioR9Bmo
常務「鬱にハッピーエンドなど用意されていない。まして大団円など、あり得ない」

常務「最後に丸く収まればいい、などというぬるま湯的な考えをまず捨てること」

常務「そんな甘い性根で鬱ができると思っているのなら、大間違いだ」



卯月「………」

常務「………」

卯月「………」

常務「何を見ている」

卯月「やっぱり、鬱でしたよね?」

常務「………」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 18:11:12.37 ID:dmioR9Bmo
卯月「よく分かりませんでしたけど、鬱って難しいんですね」

常務「………」

卯月「もしかしたら、私には向いてなかったのかもしれません。他のやり方を探してみることにします」

常務「……もう話すことは何もない。さぁ、出ていきなさい」

卯月「常務さん……ありがとうございました!」


ガチャ バタン


常務「……頭痛がしてきた」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 18:17:29.79 ID:dmioR9Bmo
ガチャッ


卯月「………」

常務「……出ていくように言ったはずだが」

卯月「え、えっと、その……花火が、暴発してて」

常務「は?」



武内P「島村さん!」ニュッ

卯月「ひっ!」

武内P「どうかご家族と一緒に、お話を……!」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 19:01:49.08 ID:dmioR9Bmo
未央「ちょぉぉっと待ったぁぁぁ!しまむーのこと誘おうったって、そうはいかないよ!」

凛「トライアドプリムスに入っても、卯月の事は忘れてないから」

アナスタシア「卯月も、タヴァーリシ……同志、ですか?」

美波「アーニャちゃんがソロデビューした今、卯月ちゃんは、私と……!」

智絵里「う、卯月ちゃんは、渡しませんよ……?」

かな子「卯月ちゃん、とりあえず何か食べよう?」

杏「いやー、実は杏も激しく鬱なんだよねー」

みりあ「あ、ずるーい!みりあもなーるー!!」

莉嘉「みりあがなるなら、アタシも!」

きらり「じゃあみぃんな鬱になっちゃうにぃ☆」

李衣菜「……鬱ロックって、いいよね……あぁー、解散だぁー!」

みく「李衣菜ちゃんがこうなった責任を取って欲しいにゃ」

ちひろ「卯月ちゃん!お空の上で劇場版、やりませんか!?」



卯月「た……たた、た、助けてください~!!」

常務「(……ニューヨークに戻ろうかな)」



おわり