2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:39:00.46 ID:Sy2hxobt0


ある日の放課後。地学準備室。


古典部の部室にいるのは、俺と千反田だけ。


今日も机を挟んで、向かい合わせで静かに読書をしている。

引用元: 奉太郎「千反田の耳元でささやいてみる」 

 

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:39:41.67 ID:Sy2hxobt0


える「これ、親戚からの頂き物です。好きにつまんでください」



そう言って千反田は、お菓子がたくさん入った箱を差し出してくる。


俺は何も言わず、一つつまんだ。


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:40:54.01 ID:Sy2hxobt0


える「不毛です!」



奉太郎「……」



える「不毛なんです!」



奉太郎「……か」ボソッ



える「折木さん?」



奉太郎「『そうか』と言ったんだ」



える「そうでしたか。ですが折木さん、もっと大きな声で発言してください」



奉太郎「……」



える「そんなに小さな声でしゃべられても、聞こえませんよ?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:41:49.02 ID:Sy2hxobt0


える「話が逸れてしまいました。とにかく、不毛なんです! 何かしましょう、折木さん!」



奉太郎「……んどくさい」ボソボソ



える「はい?」



奉太郎「『めんどくさい』と言ったんだ」ハァー



える「ですから、そんな小さな声じゃ聞こえません!」



奉太郎(めんどくさい……)



える「どうしたのですか、折木さん? 今日は一段とテンションが低いですよ?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:42:34.22 ID:Sy2hxobt0


奉太郎(ただでさえ今日は声を発することすらだるいのに)



奉太郎(千反田といると、どうもしゃべらなければいけない羽目になる)



奉太郎「帰るか……」ボソッ



える「帰るのですか?」



奉太郎「今のは聞こえたんだな」



える「正直言ってよく聞こえませんでしたが、折木さんが発する雰囲気で察知しました」



奉太郎「……さいで」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:43:35.15 ID:Sy2hxobt0


える「というか、帰ってはダメです!」



奉太郎「なぜだ? 特別やることも無いし、帰っても問題ないだろう」



える「せっかくこうして部室にいるのですから、何かしなきゃ勿体無いです!」



奉太郎「……」



える「そうだ! こうしましょう!」ピキーン



奉太郎「?」



える「折木さんの発声練習をしましょう!」



奉太郎「」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:44:11.71 ID:Sy2hxobt0


奉太郎「は?」



える「ですから、もっと声が大きくはっきりしゃべれるように練習しましょう!」



奉太郎「やらん。やらなくても良いことはやらない」



える「面接試験とかでも重要なことですから、やらなくて良いことではないです!」



奉太郎「確かにそうかもしれんが、別に今やる必要はないだろ」



える「『善は急げ』です」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:44:49.75 ID:Sy2hxobt0


奉太郎(こいつは一度決めるとなかなか曲げないからな……)



奉太郎(なんとかこの状況を簡単に抜け出す方法はないだろうか……)



奉太郎「……あっ」ピキーン



える「では早速始めましょう。まずは息を大きく吸って深呼吸しまs」



奉太郎「なぁ千反田。こうすればもっと早く解決するんじゃないか?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:45:49.55 ID:Sy2hxobt0


そう言って俺は座っていた椅子から立ち上がり、千反田の隣の椅子に座った。




奉太郎「ほら、こうすれば聞き取りやすいだろ?」



える「! た、確かにそうかもしれませんが……」



奉太郎「? まだ聞き取りづらいか? じゃあこうしよう」



える(!!??!???!!!!???//////////////)


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:46:39.91 ID:Sy2hxobt0


奉太郎「こうすれば、さすがに聞こえるだろ……?」ボソボソ



える「お、折木さん! そんな、み、耳元でしゃべらないでください!//////」カァー



奉太郎「なぜだ? お前が俺の声が聞こえないって言ったからだぞ?」ミミモトデボソボソ



奉太郎「これが一番手っ取り早い方法じゃないか」ミミモトデボソボソ



奉太郎(やらなければならないことは手短に、だ)


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:47:26.98 ID:Sy2hxobt0


える「そんな、耳元で話さなくても、大きな声で話せば済む話です!///」



奉太郎「めんどくさいんだよ。それに今日はもう可処分エネルギーが残されていない」ミミモトデボソボソ



える「だ、だからって……、そんな、恥ずかしぃ……、です……//////」ボソボソ



奉太郎「ん? どうした? 今度はお前の声が小さくなってるぞ」ミミモトデボソボソ



える「だって、折木さん、が……//////」ミミモトデボソボソ



奉太郎(……可愛い……)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:48:47.65 ID:Sy2hxobt0


ガラガラッ




里志「やぁ! ごめん二人とも! 遅くなっちゃった~、……って、あれ?」



摩耶花「ごめんね~! 福ちゃんが宿題忘れて先生に怒られt、……ん?」







奉太郎&える「」






里志&摩耶花「……帰ろっか」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:49:42.07 ID:Sy2hxobt0


える「ま、待ってくださいお二人とも!! ち、違うんです!!」



里志&摩耶花「ナニガー?」ニヤニヤ



える「折木さんの声が小さくて聞こえないから、もっと大きな声で話してと私が言ったら、こうしようって折木さんが……」



里志&摩耶花「ニヤニヤ」



える「私の耳元で話せば、大きな声を出す必要ないから、って//////」



里志&摩耶花「ふ~ん」ニヤニヤニヤ



奉太郎「これが一番手っ取り早い方法だろ?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:50:32.10 ID:Sy2hxobt0


里志「いや~、まさか『あの』ホータローがね~」ニヤニヤ



摩耶花「ついに『あの』折木が……。良かったね、ちーちゃん」グスッ



奉太郎「おい、『あの』ってどういうことだ」



える「はぁ~、すごく緊張しました……///」



奉太郎「何で緊張するんだ?」ミミモトデボソボソ



える「だ、だから折木さん、やめて、ください……//////」



奉太郎「今度からお前と会話する時はこの方法でいこう(面白いから)」ミミモトデボソボソ





里志「やっぱ僕たち帰ろうか」コソコソ



摩耶花「そうね。二人の邪魔しちゃ悪いしね」コソコソ


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:51:17.39 ID:Sy2hxobt0


翌日の放課後。地学準備室。


今日もまた、古典部の部室にいるのは、俺と千反田だけ。


今日、里志と伊原はいわゆるデートというやつらしい。


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:53:11.31 ID:Sy2hxobt0


奉太郎(……)



える(……//////)



える「あ、あの、お、折木さん//////」



奉太郎「?」



える「な、何で今日は最初から、と、隣に座って本を読んでいるのですか……?///」



奉太郎「だから昨日言ったじゃないか。今度からお前と会話するときは、お前の耳元で話す、と」ミミモトデボソボソ



える「は、恥ずかしいので、や、やめて、ください……///」



奉太郎「そう言いつつ、お前逃げないじゃないか」ミミモトデボソボソ



える「はぅ……///」カァー



奉太郎(やべぇ超可愛い)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:54:57.21 ID:Sy2hxobt0


奉太郎(ちょっといたずらしてみよう)



奉太郎「」フゥー



える「はぅあ!!」ビククッ



奉太郎「」クスクス



える「な、何するんですか!? 折木さん!//////」



奉太郎「何って、お前の耳に息を吹きかけただけだが?」ミミモトデボソボソ



える「だから耳元でしゃべらないでください!///」



奉太郎「嫌なら逃げればいい」ミミモトデボソボソ



える「そ、それは、その……」シュン



奉太郎「その代わり、もう俺としゃべることはできなくなるだろうな」ミミモトデボソボソ



える「! それはダメです!」



奉太郎「なら、このままでいくしかないな」ミミモトデボソボソ



える「ぅ……//////」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:56:02.11 ID:Sy2hxobt0


~一方、里志と摩耶花は~





摩耶花「今頃、折木とちーちゃんは、またイチャイチャしてるのかしら」



里志「だろうね。ホータローには、僕たちが今日部室に行かないことをあらかじめ伝えておいたよ」ニヤッ



摩耶花「GJ福ちゃん!」ニヤニヤッ



里志「ところで、耳元でささやかれるのって、女の子的にはどうなの?」



摩耶花「さぁ? 人によって違うだろうし、私は別にどっちでも良いかな」



摩耶花「あと、男の声質にもよるんじゃない?」



里志「あぁ。確かにホータローはあぁ見えて、結構良い声してるしね」



摩耶花「えぇ~? あの折木が~?」



里志「なんと言っても、CV:中○悠一さんだしね」



摩耶花「あぁ……」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:02:24.38 ID:Sy2hxobt0


さらに翌日の放課後。地学準備室。



今日も、いつもの二人だけ。






える(//////)ドキドキ



奉太郎(……)



える(……?)



える(今日は折木さん、隣に座ってきません……)



える(何かあったのでしょうか……。私、気になります……)



える「あ、あの! 折木さん!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:09:27.96 ID:Sy2hxobt0


奉太郎「?」



える「今日はなぜ、と、隣に座らないのですか?」ドキドキ



える(そういえば私ったら!)



える(こんなこと聞いたら、折木さんにまるで隣りに座って欲しいみたいじゃないですか!///)カァー



奉太郎「ふむ」





ガタッ トコトコ ストン





奉太郎「これで、良いのか?」ミミモトデボソボソ


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:10:31.47 ID:Sy2hxobt0


える「えっ? あっ、いえ、あの、その……///」



奉太郎「なんだ、こうじゃないのか?」ミミモトデボソボソ



える「いえ、あの、ち、違います……!//////」カァー



奉太郎「そうか、じゃあ戻るぞ」





ガタッ トコトコ ストン





える「えっ……」



奉太郎「? お前は俺に隣りに座って欲しくないんだろ?」



奉太郎「だから元の位置に戻っただけだ」



える「あの……」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:12:05.58 ID:Sy2hxobt0


奉太郎「これで良いんだr」



える「折木さん!」





ガタッ トテトテ チョコン





奉太郎「なんだ」



える「はい! どうぞ!」グイ



奉太郎「いや、いきなり俺の膝の上に座ってきて、『どうぞ』と言われてもな」



える「! で、ですから!/// ね? わかるでしょう?///」



奉太郎「いやさっぱり」ニヤニヤ



える「くっ……。で、ですから、み、耳元でささやいてください!!//////」カァー


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:15:36.53 ID:Sy2hxobt0


奉太郎「最初からそう素直になれば良いんだ……」ミミモトデボソボソ



える「はふぅ~//////」ウットリ



奉太郎「今日は何の本を読んでいたんだ?」ミミモトデボソボソ



える「何も読んでません……」



える「折木さんに耳元でささやいてもらいたくて、内容なんか覚えていません///」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:17:56.48 ID:Sy2hxobt0


奉太郎「お前は可愛いな……」ナデナデ



える「折木さん//////」



奉太郎「好きだよ、える……」ミミモトデササヤキ










【完】