1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:18:49.71 ID:TVa2Mdka0
ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」

まどか(あのネコミミと尻尾なんだろう……)

さやか「あのネコミミと尻尾なんだろう……」

仁美「え?そんなものみえませんわよ?」

まどか「え?私は見えるよ?」

仁美「でもそのようなものは……」

ほむら「……」

さやか「こっち見てない?」

まどか「うん……」

まどか(しっぽが立ってる……)

引用元: まどか「猫耳と尻尾の生えた夢で出会った女の子が転校してきた」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:22:01.42 ID:TVa2Mdka0
ほむら「鹿目まどか……保健室へ連れて行ってもらえないかしら?」

まどか「え?うん……」

まどか(またしっぽが立ってる……)

―廊下―

まどか「あの……暁美さん……」

ほむら「ほむらでいいわ」

まどか「えっと……じゃあほむらちゃん、その尻尾とネコミミは何?」

ほむら「尻尾?ネコミミ?」

まどか「あ、えっと……なんでもないの、ごめんね」

まどか(なんなんだろう……)

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:25:19.84 ID:TVa2Mdka0
―学校―

まどか「ほむらちゃんの尻尾が気になってしょうがないよ」

さやか「私も……そうだ!お茶でもしよって誘ってみよっか」

まどか「そうだね!」

さやか「よーしさっそく!転校生!」

ほむら「なにかしら?」

まどか(今度は尻尾がお腹に貼りつくように……)

まどか「ほむらちゃんも一緒に寄り道しない?」

ほむら「……いいわよ」

まどか(あ、尻尾の先がピクピクしてる……)

さやか(結構いろんな動きをするんだなぁ……)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:32:32.08 ID:TVa2Mdka0
―カフェ―

まどか「わーほむらちゃんってブラックコーヒーなんだぁ」

ほむら「えぇ、眠気覚ましに飲んでいたらよく飲むようになっていたの」

さやか(なんかまどかが話してる時ってずっと尻尾が立ってる気がする……)

さやか「あのさ、転校生」

ほむら「何?」

まどか(あ、なんか尻尾が山みたいになった)

さやか「えっと……その尻尾と耳って……」

ほむら「鹿目まどかにも言われたけど何の話かしら?」

さやか「えっとみえてない?」

ほむら「?」

まどか「ごめんねほむらちゃん、ちょっと触るよ」

さやか「え?す、すり抜けた?さ、触れないのそれ!」

ほむら「な、何をいっているのかわからないのだけど……」

まどか(尻尾の毛が逆だってる……びっくりしたのかな?)

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:36:27.36 ID:TVa2Mdka0
―帰り道―

ほむら(そういえば魔女があそこに出る時間……でもまどか達を危険に合わせるわけには……)

さやか(ゆっくり先がゆらゆらしてる……)

ほむら「ごめんなさい、急用を思い出しの、またね」

まどか「あ、いっちゃった……」

さやか「追ってみよっか!」

まどか「え?でも……」

さやか「まぁまぁ、いいじゃんいいじゃん」

まどか「あ、さやかちゃん!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:39:54.54 ID:TVa2Mdka0
―魔女結界前―

まどか「な、なんだか変な場所にでちゃったよ……」

さやか「この変なのなんだろ……転校生が入っていったけど……」

まどか「あれ?消えちゃった……」

マミ「あら?あなた達は?」

ほむら「なんでここに!」

マミ「あなたの知り合い?まぁいいわ、同じ学校に魔法少女がいたなんて知らなかったわ、明日屋上でおしゃべりしましょう?」

ほむら「わかったわ……こっちとしてもあなたとは友好にしたいもの」

まどか(またお腹に尻尾がくっつくようになってる……)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:43:21.19 ID:TVa2Mdka0
まどか「ほむらちゃん、ところでさっきの……」

ほむら「……」

まどか(あ、すごくはやく尻尾が動いてる……)

さやか「まぁ、無理に話せっていうつもりはないけどさ……」

ほむら「いいわ、明日、巴マミとの話に同行してもらえるかしら?」

まどか「う、うん……」

―帰り道―

まどか「……」

ほむら「……」

さやか「……」

さやか(あーこの無言の空気やだなぁ……)

まどか(あれ?ほむらちゃんの尻尾が私の足に巻きつくように……)

ほむら「私はこっちだから、それじゃあ」

まどか「あ、うん……」

さやか「またね転校生」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:45:01.39 ID:TVa2Mdka0
さやか「いっちゃったね」

まどか「ほむらちゃん大丈夫かな……」

さやか「それよりさ、ちょっと携帯で調べてみたんだけど」

まどか「何を?」

さやか「猫の尻尾の動きで猫の気持ちがわかるんだって!」

まどか「そうなの?」

さやか「ほら」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:49:25.87 ID:TVa2Mdka0
まどか「しっぽを垂直に立てて近づいてくるときは甘えたい、嬉しい、おねだりのサイン?」

さやか「転校生ってよっぽどまどかが好きなんじゃない?まどかに話しかけられたときってだいたいしっぽを立ててたよね?」

まどか「そ、そうなのかな///」

さやか「それにほら」

まどか「しっぽを立て、人の身体や脚や家具にしっぽを巻き付けるようにすりすりすると……マーキング?」

さやか「さっきされてたじゃん、すりすりマーキングは大好きな物にしかしないんだってさ」

まどか「ティヒヒ、嬉しいな///」

さやか「たまにこの匂いは嫌だから自分の匂いをつけてってのもあるらしいけど……」

さやか「まぁあの尻尾は転校生には見えてないけど転校生の反応で動いてたし、転校生の心情が猫みたいにでてくるんじゃないかな?」

まどか「たまたまじゃないのかな?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:52:31.96 ID:TVa2Mdka0
まどか「そうじゃないとさやかちゃんなんて威嚇されてたってことになるよ?」

さやか「そうなんだよね……尻尾を身体に丸め込むとか、尻尾を山みたいにするとか……」

まどか「やっぱり出会ったばかりなのにそんなに好き嫌いなんてでないとおもうけどなぁ」

さやか「よーしじゃあ明日実験してみよう!」

まどか「えぇ、本当に?」

さやか「もし威嚇されてるんだったら原因を突き止めて解決しちゃえばいいのよ!」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 21:58:57.84 ID:TVa2Mdka0
―翌日教室―

ほむら「……」

まどか「あっもうほむらちゃんいるよ」

さやか「本当だ、縦に尻尾をぱたぱたしてるからこれから何をしようかなって考えてるんじゃない?」

まどか「ほむらちゃーん」

ほむら「鹿目まどか……」

まどか「ティヒヒ、おはようほむらちゃん」

さやか(やっぱりまどかが話しかけると尻尾がぴんと立ってる……)

さやか「おっす転校生」

仁美「おはよう御座います暁美さん」

ほむら「えぇ、おはよう鹿目まどか、美樹さやか、志筑仁美」

仁美「もう名前を覚えてもらえているなんて嬉しいですわ」

さやか「ところで転校生、さっきこれからなにしようかなみたいなこと考えてなかった?」

ほむら「?まぁ、確かに何をしようかと考えていたけど?」

さやか(予想通り、そしてやっぱり私が話しかけると尻尾を山のようにして……威嚇されてる……)

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:02:25.77 ID:TVa2Mdka0
ほむら「そろそろ時間だし戻ったほうがいいんじゃない?」

仁美「そうですわね、ではまた」

まどか「またあとでねほむらちゃん!」

ほむら「えぇ」

さやか「ねて転校生……次の休み時間……ちょっと二人きりでしゃべらない?」

ほむら「話すことなんて特に無いと思うのだけど」

さやか(すっごい威嚇されてる……でもここはなんで威嚇されてるか聞き出さないと!)

さやか「まぁまぁそういわずに」

ほむら「わかったわ」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:10:06.39 ID:TVa2Mdka0
―休み時間、トイレ―

ほむら「それで何の話かしら?」

さやか(ここに来るまでも含めてずっと威嚇されてる……)

さやか「えっと……ほむらって呼んでもいい?私もさやかでいいから」

ほむら「別に構わないわ」

さやか「あとさ、えっと……ほむらって私のこと嫌い?」

ほむら「転校したばかりなのに好きも嫌いも無いと思うのだけど……」

さやか「昨日さ、あの……尻尾が見えるっていったじゃん?」

さやか「あんたに反応してその尻尾が猫みたいに動いてるみたいでさ、まどかだと甘えたいって感じなのに私だとずっと威嚇されてるのよね……」

ほむら「そういわれても私には見えないからさっぱりなのだけど……」

さやか「そうだよね……それでもし、私を嫌う理由とかあるのなら仲良くなりたいし聞きたいなって思ったんだけど……」

ほむら「……そうね、さやか、この時代のあなたはなにひとつ悪く無いわ……気を使わせてしまってごめんなさい」

さやか「あ、うん……ごめんねなんか変な話に付き合わせて」

ほむら「気にすることはないわ、どうせ私も昼休みには変な話に付き合わせることになるから」

さやか(あっ威嚇やめてくれた……なんか嬉しいな……)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:16:31.82 ID:TVa2Mdka0
―授業中―

ほむら(本当に尻尾があるのかしら……でも美樹さやかに対して威嚇していてまどかに甘えたそうって言うのは間違いなく正しい……)

ほむら(じゃあ私の思考はあの二人にばればれってこと?)

ほむら(まどかが大好きってばればれで……ど、どうしよう……あの二人からしたら出会ったばかりなのに……)

ほむら(変に思われたりしないかな?いえ、ネコミミと尻尾がはえてるって時点であの二人から見たら変な人よね……)

まどか「ずっと尻尾がゆっくり動いてるね」

さやか「ずっと考え事してるんじゃない?」

早乙女「じゃあここを暁美さん」

ほむら「は、はい!」

まどか「あ、毛が逆立った」

さやか「考え事してる時に指名されて驚いたんだね」

ほむら「答えは~~」

まどか「答えれてほっとした感じがよくわかるね」

さやか「尻尾がないと全然わからないね、ほむらの表情とかの違い」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:20:50.82 ID:TVa2Mdka0
モブA「暁美さんってすごいね」

モブB「勉強できるし運動できるし」

モブC「美人でクールビューティって感じだよね」

まどか「しっぽが見える私たちはクールビューティって感じがあんまりしないね」

さやか「というかネコミミと尻尾の時点でねぇ……」

まどか「美人っていうよりすごくかわいいって感じだね」

さやか「確かにねー」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:26:46.49 ID:TVa2Mdka0
―昼休み屋上―

マミ「それで、暁美さんだったわよね?」

ほむら「えぇ」

まどか(ずっとほむらちゃんが怖がってるね……)

さやか(尻尾がずっとお腹に貼りつくようになってるね)

マミ「それでそっちの子達は付き添い?」

ほむら「巻き込んでしまったから……できれば魔法少女になることが怖いことってわかってもらって契約をしないようにしてもらいたいのよ」

マミ「私としては魔法少女として仲間がほしいと感じているのだけど……その前に一ついいかしら?」

ほむら「何かしら?」

マミ「そのネコミミと尻尾は何?魔法少女姿の時だけついてるものかとおもったけど普通についてるし……動いてるし……」

ほむら「えっと……悪いけどその耳と尻尾とやらは私には見えないのよ……こっちの二人には見えるみたいだから……魔法少女の素質があれば見れるのかもしれないわ」

マミ「そ、そう……」

66: >>63思いつきでやってる 2011/07/26(火) 22:36:16.94 ID:TVa2Mdka0
まどか(すごい話を聞いちゃったなぁ……願い事ひとつ……でもほむらちゃんはまだ出会ったばかりの私たちを命がけの場所に巻き込みたくないって……)

さやか(ここまで絶対に契約しないでほしいって頼まれちゃあねぇ……)

まどか「あれ?ほむらちゃんどうしたの?」

ほむら「ごめんなさい、ちょっと寝不足で眠いのよ……」

まどか「じゃあ私の膝で寝る?昼休み終わる前に起こしてあげる」

ほむら「じゃ、じゃあその……おねがいするわ///」

さやか「いままでにないほど尻尾が垂直だね」

マミ「えっと美樹さんだったわよね、尻尾の動きはなにかあるの?」

さやか「はい、ほむらが考えてることっていうか心情が素直に出てくるみたいなんですよ」

マミ「どういう意味があるのかしら?」

さやか「さっきみたいな尻尾が垂直に立っているのは子猫が母猫に甘える仕草で、ようは好きな相手に甘えるときみたいな感じですね」

さやか「いやー私の時はちょっと前までずっと尻尾を山みたいにする威嚇のポーズだったんでショックでしたよ」

マミ「じゃあ私の時はお腹に尻尾がぴったりくっついていたわね……眠くて丸まりたいとか何か?」

さやか「えーっと……逃げ出したい、怖い、助けて欲しい……ですね……」

マミ「……」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:40:21.97 ID:TVa2Mdka0
マミ「そう、私はなにか暁美さんを怯えさせてしまっていたのね……」

さやか「まぁそんなに気にすることもないですよ、私なんてお前には負けないって感じの威嚇ですよ」

マミ「でも……」

さやか「じゃあ一度ほむらと仲良くなるために一緒にどこか行きましょうよ」

さやか「私も威嚇はなくなったっていってもまどかほど好かれてはないし」

マミ「そ、そうね!じゃ、じゃあ今日の放課後私の家にこない?」

さやか「私はいいですよ、後はまどかとほむら次第ですね」

マミ「早速聞いてみましょう!」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:44:05.54 ID:TVa2Mdka0
さやか「ほむらはどう?」

まどか「ぐっすりねてるよ、すっごくかわいいんだ」

マミ「癒されるわね……」

さやか「ところでまどか、今日の放課後ってあいてる?」

まどか「え?あいてるよ?」

さやか「よーしじゃあ後はほむらだな」

まどか「どうしたの?」

さやか「マミさんの家にあそびにいこうって」

まどか「わー楽しそう」

マミ「そろそろ時間的にも起こしたほうがいいんじゃないかしら?」

まどか「そうですね、ほむらちゃん?」

ほむら「ん……」

さやか「あっ尻尾がぴくぴくってうごいた……」

マミ「これは?」

さやか「えっと……大好きな人の声を聞いて寝ているのに感情が動いて幸せを感じているらしいですよ」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:49:10.15 ID:TVa2Mdka0
さやか「よーしまどかに負けてられない!」

さやか「ほむら?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

さやか「今動きませんでした?ねぇ、今動きませんでした?」

マミ「動いたような動かなかったような……私もやってみましょう、暁美さん?」

ほむら「んん……」

さやか「動きませんね……」

マミ「まだであったばかりだもの……そうよそのせいよ……」

まどか「ほむらちゃん?起きないと授業はじまっちゃうよ?」

さやか「まぁまどかが異常に好かれてるだけな気もしますけどね」

マミ「そうねぇ……鹿目さんだと動きがわかりやすいわ……」

まどか「ほむらちゃん、ほむらちゃんってば」

ほむら「ん……ごめんなさい……ゆっくり休めたわ、ありがとう」

まどか「役に立てたならとっても嬉しいよ!」

さやマミ(あそこまで懐かれてみたい気もする……)

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 22:59:08.85 ID:TVa2Mdka0
―放課後、マミホーム―

マミ「ここが私の家よ」

まどか「わーすごい」

さやか「おー突発イベントだったのに片付いてる!」

ほむら(いつも通りね……)

マミ「それで……早速だけど暁美さん」

ほむら「何かしら?」

マミ「私って怖いのかしら?」

ほむら「そんな事はないんじゃないかしら?」

マミ「でも……あなたの尻尾を見る限り、怯えられているのだけど……」

ほむら「そういわれても私には見えないのだけど……」

マミ「それはわかってるけど、何か原因になるような事があるのなら教えて欲しいのよ……やっぱりこれから一緒に戦う中間になりたいって思ってるから……」

ほむら「……あなたもさやかと同じ、今のあなたはなにひとつ悪く無いわ……気を使わせてしまったならごめんなさい……」

マミ「そう?でもなにか私に出来ることがあるなら相談してね?」

ほむら「えぇ……」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:02:59.60 ID:TVa2Mdka0
マミ(これでもまだお腹にぴったりくっついてる……そうだ!)

マミ「暁美さん?」

ほむら「何かしら?」

マミ「えい」ギュゥ

ほむら「な、何をするの巴マミ///」

さやか「お、尻尾がパタパタ振られて……」

まどか「これ……抱っこいやだ離してって動きなんだ……」

マミ「……暁美さんごめんなさい……」パッ

ほむら「えっと……気にすることはないわ」

さやか「よーしさやかちゃんも!」ギュゥ

ほむら「!!」

マミ「やっぱり尻尾を早く動かしてるわ……」

さやか「うぅ……まだそこまで身体を許してはもらえないかぁ」パッ

ほむら「あなたは何をいっているのよ……」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:08:06.39 ID:TVa2Mdka0
まどか「私もえい!」ギュゥ

ほむら「ちょ、ちょっと///」

さやか「まぁ予想通りですね」

マミ「えぇ……」

さやか「尻尾がだらんとしてゆっくり動いてる……抱っこでのんびりとして嬉しい気分って書いてありますね」

マミ「うらやましい……」

マミ「それにしても美樹さんは今のあなたは悪く無いって言われて威嚇されなくなったのよね?」

さやか「そうですね」

マミ「私はまだお腹にぴったりと尻尾がついているのだけど……」

さやか「いやぁ、私に言われてもわかりませんよ……わたしだってまどかほどじゃないけど懐かれてみたいって思ってる身ですから」

マミ「今の私はって言われてもじゃあどうしたら良いのかしらね……」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんかわいい」パッ

ほむら「か、からかわないで///」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:15:29.62 ID:TVa2Mdka0
ほむら「そろそろいい時間ね」

マミ「そうね、明日必要になるようなもの以外ならいいけど……忘れ物はしちゃ駄目よ?」

まどか「ティヒヒ、マミさんお母さんみたいですね」

さやか「中学生と思えないいいものもってるしね」

マミ「もう、あっそうだ暁美さん?」

ほむら「なにかしら?」

マミ「さっきの言葉から考えると……私に怯えちゃう理由に思い当たるふしがあるのでしょう?話したくなったらいつでも話してね?」

ほむら(言えるわけ無いじゃない……でも、気を使ってくれてるのね……)

ほむら「えぇ、ありがとう」

まどさやマミ(あっ尻尾が!お腹から離れた!)

マミ「暁美さん!」ギュウ

ほむら「!!」

さやか「あっでも抱きつきはやっぱりまだだめなんだ……」

まどか「すごいパタパタ動いてる」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:17:24.16 ID:TVa2Mdka0
さやか「ついでに言えば驚いて毛も逆だってるね」

マミ「あっごめんなさい嬉しくて」パッ

ほむら「突然どうしたっていうのよ……」

マミ「その、あなたの尻尾が……あれ?」

さやか(また怯えられちゃってる……)

まどか(尻尾がお腹にくっついてる……)

マミ「その……またね……」

ほむら「え、えぇ……」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:27:05.63 ID:TVa2Mdka0
―数日後 病院前―

さやか「いやーまどかほど懐かれるどころか、甘えられる仕草すらされないや」

まどか「でもどうしてなんだろうね、他の人相手でもそんなことないのに」

さやか「うーん……わかんないや」

まどか「マミさんもわからないんだよね」

さやか「なんかいろいろ試してはいるけどあれ以来ずっと怖がられてるんだよねマミさん」

まどか「あ、これグリーフシードだよ!」

さやか「そういえば二人の番号って知ってる?」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんの番号知ってるよ私!」

さやか「じゃあ二人を呼ぼう」

まどか「うん」



ほむら「お待たせ」

マミ「まだ大丈夫かしら?」

まどか(あ、ほむらちゃんの尻尾がお腹にくっついてる……マミさんに怖がってるのかな?)

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:32:38.19 ID:TVa2Mdka0
マミ「ちゃちゃっと片付けてしまいましょう」

ほむら「巴マミ……この魔女は強敵よ、油断だけはしないで……」

マミ「解るの?」

ほむら「えぇ、この魔女は……」

さやか「尻尾を見る限りすっごく怯えてるんだね、ほむら」

ほむら「えぇ……まどかとさやか……貴方達をついてこさせたくないって思うぐらいに……」

マミ(一緒に戦ってる感じから、多分私のほうが魔力は高いし守ってあげたら……ふふっ)

まどか「で、でも二人が心配で……」

ほむら「そう思ってくれるのは嬉しいわ」

さやか(本当に嬉しいんだな……)

ほむら「貴方達を命に変えても守ってみせるわ」

まどか(自分も怖くて怯えてるのに私たちを守るなんてかっこいいなほむらちゃん……)

マミ「ここが最深部ね」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:38:45.55 ID:TVa2Mdka0
マミ(たいしたことないわね……)

ほむら(まどかとさやかが狙われてる!守らないと!)

マミ(これで魔女を撃ちぬけば!)

マミ「ティロフィナーレ!」

ほむら「油断しないで!」

マミ「え?」

シャルロッテ「あー」

マミ(あ、避けられない……)

ほむら「もう!」

カチン

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:46:56.18 ID:TVa2Mdka0
マミ「あら?ここは……」

ほむら「魔女を倒して結界からでたのよ」

マミ「情けないところを見せたわね」

ほむら「そうね、あれほど油断しないでっていったじゃない……」ギュウ

マミ(え?暁美さんから抱きついてきた!!)

さやか(あ、尻尾が甘えモード……)

マミ「そうね、ごめんなさい……」

ほむら「よかった……間に合ってよかった……」ポロポロ

さやか(クールビューティ暁美ほむらの泣き顔初公開!ってそんな空気じゃないなぁ)

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんもマミさんが大好きなんだね!」

ほむら「え、あっこれは……」パッ

マミ「ふふっ今日は帰るわ、助けてくれてありがとう、またね」

ほむら「えぇ……またね……」

さやか(私も甘えられてみたいな……)

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:50:19.24 ID:TVa2Mdka0
まどか「ねぇほむらちゃん……」

ほむら「どうしたの?」

まどか「えっと……実は怖くて腰抜けちゃって……」

ほむら「そう、家まで送って行くわね」

まどか「わわわ、お姫様抱っこなんて///」

さやか(まどかが甘えてるのになんで尻尾は甘えモードなんだろう……)

さやか「あーほむら?」

ほむら「何?」

さやか「私たちが狙われたとき助けてくれてたよね、ありがとう」

ほむら「気にしなくていいわ」

さやか(ずっと尻尾甘えモードだけど……まどかを抱いてるからかな……うーん……いいなぁマミさんもまどかも……)

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/26(火) 23:55:22.60 ID:TVa2Mdka0
―マミホーム―

マミ「情けないところをみせちゃったけど……怖がられなくなったし」

マミ「でもあれは暁美さんの能力?どういう能力なのかしら……仲間として聞いておきたいわね」

ピンポーン

マミ「誰かしら?」

ガチャ

杏子「おっ巴マミ」

マミ「なんであなたが……ってその耳と尻尾は何?」

杏子「あ、やっぱりお前にも見えるのか?いやーなんか突然生えてさ、お前ならなんか知ってるかなって思ったんだけど」

マミ「そうね、あなたと違って猫耳尻尾だけど……同じ症状の子を知ってるわ」

杏子「本当か!会わせてくれ!」

マミ「……明日でいいかしら?」

杏子「おう!」



マミ(犬耳に尻尾ね……)

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 00:03:45.39 ID:pplocqUk0
―昼休み、屋上―

マミ「というわけで連れてきたのだけど……」

さやか(猫と犬の尻尾って一緒なのかな?調べてみよっと……)

杏子「おっこいつか」

ほむら「佐倉杏子……」

杏子「ん?名乗ったっけ……」

ほむら「気にしなくていいわ」

さやか(猫と犬の尻尾って一緒なのかな?調べてみよっと……)

マミ(暁美さんが威嚇も怖がりも最初からしてない……私と美樹さんだけなのかしら……)

さやか(えっと犬が尻尾を高めにゆっくりふってるのは……攻撃するか友達になるかまよってる?)

杏子「あやしいけど今はいいや、お前この尻尾ってなんなのかわかるか?」

ほむら「そう言われても私にはあなたの尻尾も私の尻尾も見えないのよ……あるっていうのはここの3人のおかげでわかったけど……」

杏子「はぁ……振り出しかよ……」

さやか(あ、尻尾を下げてゆっくりふってるから……本当に困ってるのかぁ)

まどか「ふたりともかわいいな」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 00:12:42.01 ID:pplocqUk0
ほむら「この尻尾と耳があることで困ることってあるのかしら?」

杏子「ん?別に無いけど気になるだろ」

ほむら「そう」

さやか「別に尻尾かわいいし気にしなければいいのに」

杏子「あ?なんだよお前」

さやか「だってかわいいじゃん」

杏子「はぁ?」

まどか「えっと、杏子ちゃんだっけ?ロッキー食べる?」

杏子「お、いいのか!」

さやか(勢い良く左右に尻尾をふる……うれしくてたまらない状態……ロッキー1本でここまで喜ぶなんて……)

まどか「マミさんもさやかちゃんもはい!」

マミ(尻尾振ってロッキーを食べてる佐倉さんもかわいいわね……)

まどか「はい、ほむらちゃんあーん」

ほむら「え、でも……あ、あーん///」

さやか(ロッキー2本で犬と猫両方に大好きって思わせるなんてまどかすごいなぁ)

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 00:21:34.72 ID:pplocqUk0
マミ「なんにせよその尻尾や耳の消し方は知らないわ」

杏子「はぁ……無駄足か」

ほむら「そういえば……QBとかに聞いてみたら?」

まどか「QB?」

さやか「なにそれ?」

ほむら「幼い女の子にしつこくあくどい契約を迫る見た目だけ可愛い淫獣よ」

まどか「なにそれ……」

さやか「うわぁ……」

マミ「最近見てないわね」

杏子「どっか遠くいってるんじゃねぇの」

ほむら「役に立たない淫獣ね……」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 00:36:57.61 ID:pplocqUk0
杏子「まぁいいや、なんか情報手に入れたら教えてくれよ」

ほむら「えぇ、わかったわ」

杏子「いつまでも巴マミのいるエリアにいるのもなんだし、私はもどるかな」

ほむら「待って」

杏子「なんだい?」

ほむら「放課後、巴マミの家で少し話し合いましょう?」

杏子「別に構わないが……」

ほむら「なら決定ね」

杏子「変なやつだな……じゃあな」

まどか「いっちゃった……」

さやか「ロッキー持ち歩いてみようかな……」

マミ「ねぇ美樹さん、佐倉さんの尻尾の動きからも心情がわかるの?」

さやか「そうみたいですね」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 00:42:54.99 ID:pplocqUk0
さやか「勢い良く左右に尻尾を振る……まどかがロッキーを渡したときみたいな感じですね」

さやか「これだとうれしくてたまらないってことらしいですよ」

マミ「じゃあ途中で尻尾をゆっくりふっていたけどあれは?」

さやか「どうしようか迷っているみたいですね、尻尾を下げていた場合は自信もないみたいです」

さやか「尻尾がお腹に着くはほむらと一緒ですね、あと毛が逆立つとあっちいけ!みたいに思ってるみたいです」

さやか「あとは尻尾高く上げると自分が一番偉いと調子にのっているって場合みたいですね」

マミ「へぇ、まぁあの子はクールってわけでもないからブラフとかをかけてきてる時なんかには使えそうねぇ」



まどか「そういえば猫さんって首をごろごろしてあげると喜ぶんだっけ?」

ほむら「や、ん、まどかぁ///」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんかわいい」



さやか「完全に飼い主になってるなぁ……あんな表情クラスでみたことないのに……」

マミ「うらやましいわ……」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:00:54.44 ID:pplocqUk0
―放課後、マミホーム―

杏子「それでなんでこいつらまでいるんだ?」

まどか「気になっちゃって」

さやか「まぁまぁ気にしなくてもいいじゃん」

杏子「まぁいいや、それで話ってなんだい?」

ほむら「もうすぐくるワルプルギスの夜を倒すためにあなたに手伝ってほしいの」

杏子「なぜわかる……」

ほむら「それは秘密」

杏子「あんたなにものだ?」

ほむら「それも秘密」

杏子「手伝えって割には手札を隠し過ぎじゃねぇか?仮にも仲間になれっていってるんだろ?」

マミ(あれ?私も魔法少女の当事者のひとりなのに全く話しについていけない……)

ほむら「報酬ははずむつもりよ」

杏子「へぇ、何だい」

ほむら「ひとつはグリーフシードを10個……もう一つは……」

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:07:14.40 ID:pplocqUk0
ほむら「さやか……」

さやか「え?何?」

ほむら「あなたの家に佐倉杏子を泊めてあげられないかしら?」

さやか「え?え?いやそんな突然いわれても……」

さやか(あれ?尻尾がたってる……ついに私に対して甘えてくれた!頼りにされた!)

ほむら「あなたが一番いいとおもったのだけど……それなら私の家かしら……」

さやか「さやかちゃんにまかせなさい!」

ほむら「本当!」

さやか「まぁなんとか……多分……」

ほむら「……というわけで今日からこのさやかの家で寝食できるわ」

杏子「なんでそいつの家なんだよ……」

ほむら「さやかは料理上手で毎日絶品の食事ができるわよ」

杏子「本当か!よし、乗った!」

ほむら(単純ね)

マミ(魔法少女である私抜きでチームの話が決まっていくわ……)

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:21:30.52 ID:pplocqUk0
さやか「じゃあ私たちは先に帰るね」

杏子「じゃあな」


マミ「どうして佐倉さんを美樹さんに?」

ほむら「佐倉杏子は元々あなたと同じような魔法少女よ、今はそう見えないかもしれないけど」

ほむら「さやかに任せればあの子は元々どんな魔法少女になりたかったかを思い出してくれるわ」

マミ「自信があるのね……暁美さん、あなたはもしかして未来からきたのかしら?」

ほむら「……」

マミ「尻尾の毛が逆立ってるわよ?」

ほむら「えぇ、そうよ……」

マミ「それなら初めて会った人物への好意の差、ワルプルギスのことも全てつながるわ」

マミ「何で過去へ戻ったのか、理由はまだ話す気はないのかしら?」

ほむら「えぇ……」

マミ「まぁいいわ、話したくなったらいつでも話してね?」

ほむら「えぇ、そうするわ……まどかを送って帰るわ」

まどか「えっと……お邪魔しました」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:21:41.57 ID:pplocqUk0
ほむら「……」

まどか(ずっと尻尾が動いてる……考え事かな?)

ほむら「……」

まどか(なんだかつらそう……)

まどか「ほむらちゃん、今日うちに泊まっていかない?」

ほむら「え?」

まどか(あ、尻尾が……すごく驚いてる……)

まどか「ほむらちゃんの話、いっぱい聞きたいなって」

ほむら「……いいわ、あなたになら……」

まどか「じゃあ決定だね!」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:31:02.75 ID:pplocqUk0
どうしよう……

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:38:44.93 ID:pplocqUk0
―さやホーム―

さやか「あ、ちょっとつまみ食いすんな!」

さやか(でも尻尾をあんなに振って嬉しそう……)

杏子「んだよいいじゃねぇかよ」

杏子「それにしてもあいつがいってたほど絶品ってこともねぇな」

さやか「いやなら食うな!飯抜き!」

杏子「ちょっとまてよ!悪かったって」

さやか(ん?よくみると耳も動いてる……耳でも気持ちが解るのかな?)

さやか(えっと……耳がつくように倒れて……これは不安や怯え?)

さやか「えっと……ご飯抜き冗談だよ?」

杏子「ほ、本当か!よかったぁ……」

さやか(こいつ食い意地はってるけどかわいいかも……)

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:50:32.05 ID:pplocqUk0
―まどホーム―

ほむら「それにしても突然迷惑じゃなかったかしら……」

まどか「ティヒヒ、大丈夫だよ!だって私はほむらちゃんと一緒に居たかったんだもん!」

ほむら「そ、そう///」

まどか(あ、尻尾が私に巻きつくように……これは……マーキングだっけ?)

プルルルルルル

まどか「さやかちゃんから電話?もしもし」

さやか「あっまどか?」

まどか「どうしたの?」

さやか「いやー尻尾だけじゃなく耳でも気持ちがわかるらしいから教えておこうかなって」

まどか「へぇー聞きたい聞きたい!例えば耳をピンと立ててる場合は?」

さやか「えっと……耳をピンとたてて興味のある方向を向いてるときは興味しんしんで聞き耳を立ててるんだって」

まどか「へぇー……ねぇほむらちゃん、聞き耳たててたの?」

ほむら「う……いやその……」

さやか「あれ?ほむらいるんだ?杏子ならなんとかなったから安心していいよって言っといて」

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 01:58:02.70 ID:pplocqUk0
まどか「だってさ」

ほむら「えぇ、わかったわ……」

まどか「ほかには?例えば耳を後ろに引いた感じとか」

さやか「えっと……・怖がってるね」

まどか「そうなんだ、怖がらなくていいよほむらちゃん、怒ってないからね?」

ほむら「そう……よかったわ……」

ほむら(耳や尻尾程度でここまで筒抜けになるものなのかしら……うぅ……)

まどか「あ、じゃあ、耳がピクピクってしてるのは?」

さやか「ほいきた、躊躇してる時だね」

まどか「躊躇?」

さやか「甘えていいのか?とか警戒したほうがいいのか?とか」

まどか「わざわざ有り難うさやかちゃん!」

さやか「ひげもあるともっとわかるんだけどねーまぁこんなもんだね、じゃあまたねまどか」ピッ

まどか「ほむらちゃん甘えたいの?」

ほむら「……えっと……」

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 02:08:37.68 ID:pplocqUk0
ほむら「そうね……甘えたくないといったら嘘になるわ……」

まどか「ほむらちゃんはいつも魔女退治とかがんばってくれてるもんね」ギュゥ

ほむら「あ、ま、まどか?」

まどか「いつもがんばってくれてるのに甘えられないなんてだめだよ、もっと皆に……私にだって甘えてくれていいんだよ?」

ほむら「そう……かしら……」

まどか「うん、ほむらちゃんが私たちを守ってくれてるのに私たちは何も出来ないなんて嫌だよ……」

ほむら「なら、そのままぎゅっとしててもらってもいいかしら?」

まどか「うん……」

まどか(尻尾がだらんとしてリラックスできてるみたい!よかったぁ)

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 02:17:12.62 ID:pplocqUk0
―さやホーム―

さやか「そういえばあんた、いつもはどこに住んでるの?」

杏子「ん?ホテルとか公園とか……」

さやか「落差が激しいね……」

杏子「しょうがねぇだろ、ホテルだって忍びこんで勝手に使ってんだから」

さやか「あんたそれ犯罪じゃん!」

杏子「そうでもしねぇと生きて行けねぇんだよ」

さやか「はぁ……そういう事、もう二度とするな!」

杏子「な、なんだよ……お前みたいに恵まれたやつにはわからないかもしれないけど」

さやか「そういう事しなくてもうちならいつでも泊めてあげるから、もう友達でしょ?」

杏子「……えっとさやかだっけ?お前、馬鹿だろ」

さやか「あんたに言われたくないわよ」

杏子「杏子でいいよ……馬鹿っていうのすら馬鹿らしくなってきた……はぁ……もうしねぇよ」

さやか「わかればいいのよわかれば」

さやか(あ、尻尾を見る限り服従してる……)

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 02:29:52.41 ID:pplocqUk0
―まどホーム―

ほむら「もう十分よ、ありがとうまどか……」

まどか「そう?」

ほむら「えぇ、とても癒されたわ」

まどか「よかったぁ、じゃあほむらちゃん、一緒にお風呂入ろ!」

ほむら「えぇ……え?」

まどか「ほら、いこうよ」

ほむら「ちょ、ちょっとまって」

まどか「お風呂入らないの?」

ほむら「えっと……入るわ……」

まどか「着替えは私のではいるかな?」

ほむら「身長の差はあるけど大丈夫よ」

まどか「じゃあ早く行こ!」

ほむら「えっと……えぇ……」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 02:44:29.97 ID:pplocqUk0
まどか「髪洗ってあげるねほむらちゃん!」

ほむら「ありがとう……」

まどか「ほむらちゃんの髪の毛ってさらさらだね!」

ほむら「そうかしら」

まどか(やっぱり耳も尻尾も触れないや……)

ほむら「まどか?」

まどか「かゆいところはありませんかー」

ほむら「な、ないです」

まどか「目に入ったりしてない?大丈夫?」

ほむら「大丈夫よ、上手ねまどか」

まどか「タツヤの世話をしてるから……」

ほむら「いいお姉さんね」

まどか「じゃあながすよほむらちゃん」

ほむら「ん……」

まどか(あっでも水をかけるとピクピクって耳が動いてる……かかってないけど反応するのかな?)

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 02:58:49.55 ID:pplocqUk0
まどか「次は背中洗ってあげるね!」

ほむら「おねがいするわ」

まどか「ほむらちゃんって肌もすべすべでいいなぁ……」

ほむら「そうかしら?」

まどか「うん、ほむらちゃんってすっごく綺麗だし同性なのにドキドキしちゃうもん」

ほむら「そう言われるとその……照れるわ……」

まどか(尻尾が立ってる……甘えてくれてるのかな?)

まどか「えい!」

ほむら「ひゃん!!ま、まどか?ちょっと……あなたどうして抱きついて」

まどか(あ、尻尾がすごく逆だってる)

まどか「前もあらってあげるね!ほむらちゃん」

ほむら「は、恥ずかしいし……そんなことしなくても///」

まどか「ちゃんと綺麗にしてあげるから大丈夫だよほむらちゃん!」

ほむら「うぅ……」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 03:13:36.27 ID:pplocqUk0
ほむら(全身をまどかに洗われてしまった……)

まどか「あの……駄目だった?」

ほむら「そ、そんなことないわ!」

まどか「よかったぁ」

ほむら「じゃあ私が今度は洗ってあげるわね」

まどか「お願いしようかな」

ほむら「えぇ、シャンプー付けるわね」

まどか「うん」

ほむら「ふふっかゆいところはない?」

まどか「気持ちいいよ」

ほむら「まどかの髪もさらさらじゃない」

まどか「そうかな?」

ほむら「えぇ、とっても綺麗よ」

まどか(わぁーほむらちゃんの尻尾……興奮してるのかな?)

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 03:24:42.69 ID:pplocqUk0
ほむら「じゃあ背中洗うわね」

まどか(ほむらちゃんが抱きつくように私の背中を洗ってくれてる……)

ほむら「痛くないかしら?」

まどか「ううん、痛くないよ」

まどか(ほむらちゃんの肌が目の前いっぱいに広がってる……)

ほむら「これぐらいかしら?」

ほむら「じゃあ、えっと次はまどかの前を……」

まどか「あ、ほむらちゃんが背中洗ってくれてる間にあらっちゃった」

ほむら「……なら一緒に流しちゃいましょう」

まどか「うん、お願い」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 03:29:20.85 ID:pplocqUk0
ほむら「じゃあ私はこっち側にはいろうかしら?」

まどか「じゃあ私もこっち!」

ほむら「で、でもそれだと狭くならない?」

まどか「せっかく一緒に入るんだから」

ほむら「そ、そう……」

まどか(後ろから抱きつくように湯船に入ったら、ほむらちゃんの尻尾がゆっくり動いててかわいい)

ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「何かしら?」

まどか「後で、ほむらちゃんの隠してること……全部教えて?」

まどか「……わかったわ……」

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 03:34:30.11 ID:pplocqUk0
―さやホーム―

さやか「そういやあんたってちゃんとお風呂入ってるの?」

杏子「んー3日に一度ぐらいは入ってるよ」

さやか「女の子なんだからちゃんとしなさいよ」

杏子「そう言われても今まで生きて行くのに精一杯なんだからしょうがねぇだろ」

さやか「そういえばそうだね、じゃあ風呂の使い方とか教えるから一緒に入ろっか」

杏子「は?」

さやか「ほら、どうせ私と対して変わらない身長だし、胸は……私のほうが大きいでしょ」

杏子「なんかはらたつなー」

さやか「ほらいくよ」

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 03:41:03.14 ID:pplocqUk0
さやか「こっちに洗濯物は入れてね」

杏子「ほい」

さやか「それじゃ入るよ」

杏子「へいへい」

さやか(口は悪いけど従順だなぁ……犬だから?)

さやか「シャンプーはこれね、リンスはこれ、ボディソープはこれ」

杏子「おう」

さやか「じゃあ今日は私が洗ったげる!」

杏子「な、別にいらねーよ!」

さやか「そう、じゃあちゃちゃっと二人で洗っちゃおっか」

杏子「お、おう……」

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 03:54:26.01 ID:pplocqUk0
さやか「そういやあんたの耳も触れないんだね」

杏子「ん?そうだな、まず動いてるけど自分の意思でうごかせないからな」

杏子「これで感情とかわかるっていうなら私とあいつは隠し事はできないんじゃないか」

さやか「へー結構大変だねそれ……」

杏子「まぁ全員が見えるわけじゃないのが救いだな」

さやか「まぁかわいいしに合ってるよ」

杏子「似合ってるとかどうでもいいしうれしくねぇな……」

さやか「じゃあこれのおかげで私と友達になれたっておもったら?」

杏子「うーんそこまで嬉しくもないな」

さやか「なんだとーさやかちゃんの手料理まで食べたというのに!」

杏子「そうだなーまぁ感謝はしてるよ……」

さやか「私はあんたと友達になれてよかったっておもってるから、あんたも思いなさい」

杏子「どういう理論だよ……」

さやか「うっさいなー」

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 04:02:26.15 ID:pplocqUk0
杏子「にしても変なやつだなお前」

さやか「ホームレス中学生魔法少女に言われたくないんだけど」

杏子「だいたい今日出会ったばかりの人間を家に泊めるなんてのもおかしいってのに」

杏子「私が今まで盗みだとかやってるって行ったらもう二度とやるなって説教とか」

さやか「そんなに変かな?」

杏子「普通は近づきたくないとか、こんなの家にあげたら盗まれるとか考えるもんだろ」

さやか「うーん……そう言われればそうか」

杏子「はぁ……今日あったばかりなのになんかかなわないな……」

さやか「まぁいいじゃん、悪いことしないって約束したんだから」

杏子「さやか」

さやか「ん?何?杏子」

杏子「その……色々とあ、ありが……」

ブクブク

さやか「あ、のぼせたかーやれやれ」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 04:13:00.09 ID:pplocqUk0
マミ(予想通りとはいえ暁美さんが未来からきただなんて……となると私と敵対していたから怯えていたのかしら?)

マミ(その割には一緒に戦うと動きもわかってて一緒に戦い易いのよね……)

マミ(でも一緒に戦ってた相手を怖がるってどうしてかしら?)

マミ(やっぱり直接聞いてみないとだめなのかしら?)

マミ(でも今は語る気はないってかんじなのよね)

マミ(そういえば、佐倉さんも暁美さんも魔法少女で動物の耳が生えてるけど……)

マミ(なにか共通点とかあるのかしら?)

マミ(魔法少女って理由なら私ももうすぐはえるのかしら?)

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 04:24:25.83 ID:pplocqUk0
―まどホーム―

ほむら「こういうシステムなの……」

まどか「そんなのって……あんまりだよ……」

ほむら「私は魔法少女になった事は後悔してないわ、でも……他の誰かがこのことを知らなくて後悔するのはいやなの」

まどか「マミさんや杏子ちゃんは知ってるの?」

ほむら「知らないわ、教えれば絶望してしまう可能性もあるもの……」

まどか「そっか……」

ほむら「さやかにも伝えるべきなんでしょうけど……最近QBを見ていないのよね……」

まどか「私は見たことないや」

ほむら「そのほうがいいわ」

まどか「ほむらちゃん、まだ隠し事してるよね?」

ほむら「え?」

まどか「どうしてマミさんやさやかちゃんを怖がったり、私が好かれてる理由……まだ隠してるってほむらちゃんの尻尾をみたらわかるんだよ?」

ほむら「……そう……」

まどか(本当はわかんないけど隠してるのは間違いないし……)

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 04:41:33.24 ID:pplocqUk0
ほむら「これで全てよ……」

まどか「そっか……ほむらちゃんは私なんかのためにずっと戦ってくれてたんだね……」

ほむら「あなたのためじゃない……私のためよ……」

まどか「……ありがとうほむらちゃん……」

ほむら「……もう寝ましょう……」

まどか「うん……電気消すね」

ほむら「ねぇまどか、あなたを抱きしめて寝てもいいかしら?」

まどか「じゃあ二人で抱き合ってねちゃおっか」

ほむら「えぇ……」



まどか「ほむらちゃん寝ちゃった?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「寝てるならバレないよね……」チュ

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか(ティヒヒ、ほむらちゃんのしっぽの毛が逆立ってて起きてるのがばればれだよ)

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 05:03:57.33 ID:pplocqUk0
―翌日―

マミ「随分仲良くなったのね」

杏子「うるせー」

さやか「いやぁ話をしてみるとわるいやつでもなかったんで」

マミ「佐倉さんって敵視されてたからそういう話しらないのよね、聞いてみたいわ」

杏子「どうだっていいだろ!」

まどか「私たちも仲良くなったもんね!」

ほむら「えぇ」

さやか「あんたらはすでに仲良しでしょ……何?キスでもしちゃったとか?」

まどか「ティヒヒ、ないしょだよ!」

さやか(ほむらの尻尾でばればれだよ……)

さやか「さっきから聞きたくてしょうがないことがマミさんにあるんですけど……」

マミ「なにかしら?」

さやか「そのうさ耳と尻尾はなんですか?」

ほむら「わたしには見えないわ……」

293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 05:20:56.87 ID:pplocqUk0
マミ「魔法少女ならはえるのかなとか昨日考えて寝て、起きたらはえてたのよ」

さやか「兎は……犬猫ほど情報がないですね……耳を立てたら警戒とか尻尾振ったら喜んでるとか」

まどか「かわいいですよマミさん」

マミ「ふふっありがとう」

杏子「でも兎って寂しいと死ぬんだろ?」

ほむら「自分で自分の◯◯を食べるとかでも有名ね」

マミ「そこは人参を食べるイメージで有名とか他にあるでしょう……」

まどか「それにしてもこの動物耳と尻尾ってなんなんでしょう」

ほむら「……伝染病とか?」

杏子「伝染するならお前とあってないのに私に耳が生えたのはおかしくないか?」

マミ「いまのところ実害はないんでしょう?」

さやか「なんだかこの場では獣耳と尻尾つけないと駄目なんじゃって気がしてきたよ……買ってこようかな……まどかもいる?」

まどか「じゃ、じゃあ……ほむらちゃんと同じ猫ミミと尻尾がいいな!」

ほむら「!!」

さやか「表情に出してないけど尻尾で喜んでるのバレバレだよほむら……」

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:49:14.72 ID:pplocqUk0
マミ「ねぇ皆、今日は休みだし泊まっていかない?」

まどか「パパとママの許可がとれたら……」

さやか「あたしもそうですねー」

ほむら「突然どうしたのよ」

マミ「あなた達は昨日鹿目さん、美樹さんの家でお泊まりしたんでしょう?」

杏子「お泊りも何も報酬としてさやかの家に住む権利をもらったんだけど……」

マミ「せっかくだから5人全員で親睦をふかめましょう?」

杏子「まぁ私はいいけど……」

ほむら「そうね、私も問題はないわ」

さやか(まどかとお泊りをもう一度できるかもって期待がバレバレだよ……)

マミ(尻尾がなかったらこの子の感情ってわかる気がしないわ……)

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:51:13.86 ID:pplocqUk0
まどか「許可でました」

さやか「こっちもOKでーす」

マミ「そう、よかったわ」

杏子「あーお前これは私の!」

ほむら「そうだったの?名前も何も書いてないからわからなかったわ」

杏子「お菓子に名前なんて書けねぇよ!」

さやか(あー威嚇しあってる……)

まどか「ふたりともかわいいなぁ」

マミ「ほらほらまだあるから」

杏子「ったく……あっこれもうめぇ」

さやか(餌をやるだけでしっぽをあんなに振っちゃってまぁ)

さやか「あ、杏子!口にクリーム付いてるよ?女の子なんだからもっと注意しなよ」

杏子「べ、別にいいだろ!」

さやか「ああもうほらぬぐってあげるから動くな」

マミ(立派に犬の飼い主になったのね……尻尾も耳も服従姿勢だし……)

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:51:36.28 ID:pplocqUk0
さやか(そういえばそろそろほむらに抱きついてもいやいやってならないかな?)

さやか「ほーむら!」ギュウ

ほむら「何?」

さやか「……やった!リラックスしてる!やっとほむらも私を嫌がらなくなったんだ!」

ほむら「尻尾が見えない私にはさっぱりなんだけど……」

さやか「まぁ甘えてくれた事は一度しかないけど……」

ほむら「気にすることはないわ」

マミ「暁美さん!」ギュウ

ほむら「何?」

マミ「……あら?私もついに抱っこされたくない対象からはずれたのね!!」

ほむら「よくわからないわね……」

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:51:54.17 ID:pplocqUk0
さやか「そういえば杏子が抱きついたらどうなるんだろ」

杏子「え?」

マミ「見てみたいわね」

さやか「まぁ、私たちより最初の好感度は高いみたいだけど……抱きつかれたらいやいやされるでしょ!」

杏子「よくわからねぇけど……ほむらに抱きつけばいいのか?」

さやか「そうそう」

ほむら「どうして私が貴方達に抱きつかれないといけないのかわからないのだけど……」

さやか「そんなこといいながらどうしようか迷ってるのがばればれだよ」

杏子「ほいっと」ギュゥ

ほむら「抱きつかれると判っていると恥ずかしいわね……」

杏子「んなこというとこっちも恥ずかしくなるだろ……」

まどか「皆仲良しが一番だよ!」

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:52:32.94 ID:pplocqUk0
さやか「そんな……」

マミ「こんなことって……」

杏子「そういえばこれって尻尾が動けばいいんだっけ?」

ほむら「見えないからわからないわ」

さやか「私たちがこんなに時間をかけてやっとたどり着いた境地に……」

マミ「まだであって1日なのよね?なんで信頼されてるのよ!」

まどか(昨日ほむらちゃんに聞いた話を考えると納得かな……)

さやか「で、でも甘えられた回数では負けないから!」

マミ「そ、そうよね!私たちは1回甘えられてるものね!」

さやか「そ、そうですよ!まどかは別格と考えて……」

杏子「まぁいいや」パッ

ほむら「やっと解放されたわ……」

まどか「ほむらちゃんは人気者だね!」

349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:52:43.19 ID:pplocqUk0

ほむら(昨日……まどかのキスのせいで眠れなかったし……眠くなってきたわ……)ウトウト

まどか「ほむらちゃん、眠いの?」

ほむら「えぇ、ちょっと寝すぎたからかしら……」

まどか「じゃあ膝枕してあげる!」

ほむら「でも、ここに泊まるのだし寝る場所を借りたら……」

さやか(まどかの誘惑に抗おうとしてるけど尻尾は正直に甘えたいって意思がでてるなぁ)

まどか「私がほむらちゃんの寝顔がみたいの!」

ほむら「わ、わかったわ……」

マミ(おされると抗えないのね……でも鹿目さんが羨ましい……)

さやか(また尻尾でマーキング行為までされてる……なんであんなに懐かれてるんだろ……)

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:56:43.32 ID:pplocqUk0
まどか「ねちゃったかな?」

ほむら「すぅ……すぅ……」

まどか「ティヒヒ、かわいい寝顔……」

さやか「羨ましい……」


まどか「マミさん……さやかちゃん……杏子ちゃん……」

マミ「何?」

さやか「どしたのまどか」

まどか「ほむらちゃんが皆に隠してること……話すね」

杏子「本人が隠したいってことをしゃべる必要はないんじゃねぇの?」

まどか「そうだね……ほむらちゃんには口止めされたよ?」

まどか「でも……ほむらちゃんが隠してることを知ってもらって……」

まどか「ほむらちゃんを理解してあげてから一緒に戦ってあげてほしいなって」

まどか「ここいいる全員にとって辛い話になるけど……こんなの一人で抱えて戦うなんてあんまりだよ……」

356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 12:57:32.12 ID:pplocqUk0
マミ「真面目な話なのね……」

さやか(マミさんの耳が立った……警戒してる……杏子も不安や怯えがではじめてるなぁ……私も不安になってきた……)

まどか「……ほむらちゃんが隠していた理由を考えてあげて欲しいんです……」

杏子「理由もなにもまだそこまで信頼できてないんじゃないのか?」

まどか「ううん、ほむらちゃんはクールに振舞ってるけど……いっぱいトラウマを抱えてるの……」

杏子「トラウマ?」

まどか「うん……ここにいる私を含めた皆が原因……」

杏子「私はこの前出会ったばっかりなんだけど」

マミ「暁美さんが見てきた未来に関係があるのね」

さやか「え?」

まどか「はい……ほむらちゃんは……」

502: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:08:52.89 ID:pplocqUk0
さやか「なんとなく気がついてたんだよね、恭介はあたしの事どうとも思ってないって……」

さやか「魔法少女になったわけでもないし……仁美相手ならしょうがないや……」

杏子「は?」

さやか「は?って何よ」

杏子「振られたのは別のおまえだろ?今のお前が振られたわけじゃねぇだろ」

さやか「そりゃそうだけど……結果はわかりきってるじゃん……」

杏子「じゃあほむらがワルプルギスの夜を何度やっても倒せないっていうのは決まってるのか?」

さやか「それとこれとは……」

杏子「お前って考えて動くタイプじゃねぇだろ馬鹿なんだから」

さやか「カッチーン、あんたに言われたくないわ」

杏子「そうそう、その意気だ」

杏子「それでその上條って奴に告白でもなんでもしてこいよ」

さやか「杏子に本当に慰められるなんて……」

さやか「……はぁ……なんか本当に馬鹿らしくなってきた……」

504: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:11:34.62 ID:pplocqUk0
杏子「なんだよその言い方……」

さやか「よーし!杏子、お手!」

杏子「ふざけてんのか?」

さやか「飼い主の命令が聞けないの?お手!」

杏子「やっぱお前ぶっ殺していいか?」

さやか「その割には耳と尻尾がお手したそうに動いてるよ?」

杏子「え!」

さやか「うっそでしたー」

杏子「お前ちょっと一発殴らせろ」

さやか「はぁ、よーし寂しさで死んじゃう前にマミさん探しに行くぞポチ!」

杏子「ポチじゃねぇ!あぁもう待てって!」

509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:16:20.56 ID:pplocqUk0
マミ(朝起きて、自分に耳と尻尾が生えてるのをみて喜んだ頃が懐かしく感じるわ……)

マミ(鹿目さんが言った事が嘘だったら……と思いたいけど)

マミ(つじつまが全部合うし、嘘を言っているような感じじゃなかった……)

マミ(あの子の言った事が本当なら……魔法少女はやっぱり死ぬしか……)

さやか「お、いたいた兎さん!」

マミ「美樹さん、佐倉さん……」

さやか「そろそろ戻りましょうよ、今日はお泊り会ですからね!」

マミ「……」

さやか「マミさんの家でお泊り会なのにマミさんがいないって不法侵入になっちゃうじゃないですか」

マミ「そうね……」

杏子「結局お前はどうするつもりなんだ?」

マミ「ゆっくり考える時間が欲しいところね……」

さやか「マミさん、まどかの話の通り、魔法少女が魔女になるなら死ぬしか無いって思ってません?」

マミ「……」

513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:23:11.36 ID:pplocqUk0
さやか「マミさんが自殺したら……QBってのを探し出して私が生き返らせちゃいますからね!」

マミ「……」

さやか「マミさんって死にそうなときに契約して生きながらえたっていってましたよね」

マミ「えぇ」

さやか「契約しなかったら死んでいたんですよ、しょうがないじゃないですか」

さやか「それに、病院にでてきた魔女と戦っているとき、ほむらに助けてもらいましたよね?」

マミ「そうね……」

さやか「それってほむらがマミさんを必要としてるってことですよね?」

さやか「私達皆……死ぬ事が多いって言ってたけど……まどかは必ず死んでしまうって……聞きましたよね……」

さやか「助けてあげてください……ほむらとまどかを……私じゃ……契約したって力になれないらしいので……」

さやか「お願い……します……グス……」

杏子「はぁ……おい泣くなよさやか」

さやか「ごめ……でも……」

杏子「マミ、これくえよ」

マミ「うめぇ棒?」

517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:31:08.59 ID:pplocqUk0
杏子「悪く無いだろ?」

マミ「そうね……」

杏子「生きてるなんて深く考えるだけ無駄だろ、自分で考えて行動できる、それ以外何が必要なのさ」

杏子「美味しい物を食って、幸せを感じられたらそれでいいじゃん」

マミ「……はぁ……佐倉さんって何かを馬鹿らしくする天才ね……」

杏子「むかつくなお前ら……同じこと言いやがって」

杏子「もう知らないからな!私は先にもどるからな!」

さやか「あはははは、尻尾は困ったって意思表示してるよ杏子」

マミ「ふふっ」

さやか「戻りますか、マミさん」

マミ「そうね、暁美さんや鹿目さんを安心させてあげないと」

520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:37:43.65 ID:pplocqUk0
―マミホーム―

ガチャン

杏子「お、いい匂いがするな」

ほむら「佐倉杏子……」

杏子「なんだよ、別にお前の過去なんて聞いても死にゃしないよ」

ほむら「……そうね……あなたは……」

杏子「あれ?あのちっこいのは?」

ほむら「今……精神的に疲れたのか寝てるわ……」

杏子「ふーん……まぁいいや」

ほむら「それで……あなたはワルプルギスの夜を手伝ってくれるの?」

杏子「報酬はもらえるんだろ?それにさやかの家に私はもう住んでるからな」

ほむら「そう……」

杏子「それよりこの尻尾と耳なんとかしてくれよ……あいつらからかってきてまじうぜぇ……」

ほむら「私には見ることすら出来ないわよ……」

522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:43:04.24 ID:pplocqUk0
ガチャン

さやか「あ、いい匂いがする」

マミ「この匂いはカレー?」

杏子「戻ってきたんだな」

ほむら「美樹さやか……巴マミ……」

マミ「大丈夫よ、そんな目で見なくても別に魔法少女は死すべきなんて考えてないから」

さやか「そうそう、大丈夫だよほむら、そんな尻尾で怖がらなくても」

ほむら「……」

マミ「ワルプルギスの夜を超えるために、私の力が必要なんでしょう?」

ほむら「えぇ……」

マミ「ちゃんと手伝ってあげるから大丈夫よ、それに死んだら美樹さんが契約してでも生き返らせるって言うし」

さやか「まぁQBってのがどんなやつか知らないんですけどね」

ほむら「……尻尾がどうとか耳がどうとか……わけがわからないっておもってたけど……こんなイレギュラーなら歓迎だわ……」ギュゥ

さやか「おぉ!ついに私達相手に尻尾を立ててほむらが抱きついてきた!!!」

マミ「自由気侭な猫に懐かれるってうれしいのよね」

524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:48:09.23 ID:pplocqUk0
ほむら「……グス……」

さやか「いやー離してもらえませんねー」

マミ「私たちは初対面で怖がられてたり威嚇されてたから……やっぱり気を張ってたんでしょうね」

杏子「私だったら周りを巻き込んで暴走するやつとかお断りだね」ケタケタ

さやか「杏子、あんた明日飯抜きね」

杏子「うぜぇ……」

マミ「やっぱり佐倉さんって尻尾がなくても感情がわかりやすいわね」

さやか「ところでほむらって料理中じゃなかったっけ?」

マミ「焦げ臭くなってきたわね……」

杏子「お、おい飯抜きなんてやめてくれよ!」

さやか「と言われても離してもらえないんだよね」

杏子「ああもう!私が止めたらいいんだろ!」

529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 22:55:12.05 ID:pplocqUk0
まどか「あ、さやかちゃん……マミさん……杏子ちゃん……」

杏子「ん?今日はお泊り会なんだろ?戻ってきてるのがおかしいか?」

まどか「ううん、みんな戻ってきてよかったよ……」

さやか「それよりカレーが焦げちゃったんだよね……」

ほむら「巴マミ……さすがにカレーとホールケーキは……」

マミ「なによ、美味しいじゃない……」

まどか「あ、私も何か手伝うよ!」

マミ「じゃあカレーのほうをお願いするわ」

ピンポーン

マミ「誰かしら?」

ガチャ

マミ「……誰?っていうか裸の女の子?」

QB「何を言ってるんだいマミ?きゅぅべぇだよ」

マミ「え?どうみてもしろっぽい人間にしか見えないんだけど……」

532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:01:08.09 ID:pplocqUk0
QB「きゅっぷい!」

ほむら「……これがQB?」

杏子「嘘だろおい……」

QB「なんだいその目は、グリーフシードでも食べたら信じてくれるのかい?」

まどか「かわいい……」

QB「君が鹿目まどかだね?僕と契約して魔法少女になってよ!」

ほむら「殺すわ」

まどか「だ、だめだよほむらちゃん!」

マミ(一瞬で尻尾が威嚇モードになったわね……)

ほむら「それで、その格好はなんなの?」

QB「僕が聞きたいよ、動きにくいし、大きいから目立つし」

マミ「……」シュル

QB「なにをするんだいマミ、いきなり縛ったりして」

マミ「質問に応えて、あなた……私達を騙していたの?」

QB「騙す?何の話だい?」

536: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:06:11.96 ID:pplocqUk0
QB「そういうことか、騙すなんて人聞きが悪いな、聞かれなかったから言わなかっただけだよ」

ほむら「やっぱり殺しましょう……」

さやか「ほら、おちつきなよほむら」

マミ「暁美さんの話が本当だっていうのはわかったわ……次の質問よ、この耳と尻尾は何?」

QB「君たちが自分でつけたかざりじゃないのかい?」

杏子「こんなもんわざわざつけねぇよ……」

QB「僕にはわからないね」

QB「そろそろ解いてくれないかい?」

マミ「えぇ……」シュルル

ほむら「それで、あなたは何のようがあったの?」

QB「この姿で外で寝ると、たまに僕の見える人間に捕まるんだよ」

ほむら「当然ね……」

QB「だから魔法少女の家にお邪魔していたんだ」

QB「この姿で服を着ると、多くの人間には服が浮いてみえてしまうからね」

539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:13:13.60 ID:pplocqUk0
マミ「ここに捕まえておきましょうか……」

ほむら「そうね、一匹でも捕まえておいて損はないわ」

QB「しばらくここに滞在するつもりだったから願ったり叶ったりだよ」

QB「なんていっても」

ほむら「ワルプルギスの夜がきて、まどかとの契約チャンスがあるってことかしら?」

QB「君は一体……」

ほむら「させないわ……こんどこそ……」

さやか「一応私も魔法少女の素質もちなんだよね……ここまでスルーされるとなんだかなぁ……」

QB「美樹さやか、君も契約するかい?」

杏子「おい、殺すぞ」

マミ(やっぱり美樹さんが飼い主なのね……)

544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:20:15.57 ID:pplocqUk0
マミ「せっかく5人いるんだし……ババ抜きでもしましょうか」

まどか「いいですね!」

マミ「トランプを用意するわね」


ほむら「……」

杏子「……」

さやか「いやー最初はほむらが表情に出さないから勝てるかなって思ってたけど」

マミ「尻尾でばればれね……私はずっと耳が警戒状態になる程度だったけど」

まどか「ティヒヒ、杏子ちゃんもわかりやすいね」

ほむら「こっちね」

杏子「ああああー!」

ほむら「私の勝ちね」

杏子「やめだやめだ!ババ抜きじゃ駄目だ!ジジ抜きにしようぜ!」

548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:26:34.36 ID:pplocqUk0
ほむら「……」

杏子「……」

さやか「終盤になるとジジ抜きもどのカードがたりない勝手わかるんだよね……」

まどか「でも運がよかったら解る前にあがれるはずなんだけどね」

マミ「まぁふたりとも運はなさそうよね……」

杏子「へへ、見てばれるなら見なければいいだけだ!」

ほむら「……こっちね」

ほむら「あがりよ」

杏子「また負けかよ……」

杏子「もうこういう読み合いみたいなゲームはやめようぜ……」

QB「やれやれ、いい加減降ろしてくれないかい?」

ほむら「読み合いのないカードゲームなんてあったかしら?」

まどか「神経衰弱なんてどうかな?」

杏子「それなら読み合いってこともないな」

QB「やれやれだよ」

552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:31:26.64 ID:pplocqUk0
まどか「あ、はずれちゃった」

ほむら「これとこれかしら?」

さやか「これと……うーんこれかなぁ……こっちだったかな……よし!これ!」

さやか(このへんにあったかなって手をかざすとほむらの尻尾が動いてるんだよね)

マミ(美樹さんも気がついたのね……)

まどか「さやかちゃん強いなぁ……」

杏子「これと……ん?これは見たことがあるな……これ!」

杏子「はずれかよ……」

さやか(杏子の記憶力はあんまりあてにならないなぁ)

マミ「それにしても5人だと順番で結構有利不利があるわね」

ほむら「えぇ、それに私の方をチラチラと見ている人もいるし」

さやか(あ、ばれてた……)

554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:35:29.39 ID:pplocqUk0
杏子「なんか強いとおもったらそういう事かよ」

ほむら(私だけ尻尾が見えない時点で相当不利なのよね……)

杏子「そうだ!トランプタワーだ!」

マミ「え?」

さやか「トランプタワーで勝負?」

杏子「どれだけ高く積めるかだったら読み合いなんか関係ない!」

マミ「集中力がものをいうわね」

まどか「私結構得意なんだ!」

ほむら(集中力なさそうだけど……できるのかしら杏子……)

QB「君たちはいつもそうやって無視する……」

563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:48:08.20 ID:pplocqUk0
さやか「あーだめ……2段が限界……」

杏子「へ、私なんて3段までいったね、私の勝ちだな」

さやか「あんたは6組立てて3段になっただけで、あたしはもっと立てるつもりだったから8組まで立ててたんだからあたしの勝ちでしょ!」

杏子「高さが全てだろ!」

マミ「4段目いけそうだったのに残念だわ」

まどか「トランプのカード全部使っちゃった……」

ほむら「私も……」

マミ「すごいわね……」

さやか「なんか杏子なんかと張り合ったのが馬鹿らしくなった……」

杏子「それはこっちのセリフだ」

ほむら「まどかと一緒ね……」

まどか「ティヒヒ、そうだねほむらちゃん」

さやか(尻尾をみるまでもなくほほが染まってる……)

566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/27(水) 23:58:46.13 ID:pplocqUk0
さやか「いやー遊んだ遊んだ、そろそろ疲れてきましたね」

マミ「そうね、そろそろ布団でも出しましょうか」

杏子「確かに今日は疲れたしな」


ほむら「布団が4つしかないのだけど……」

マミ「あら?じゃあ暁美さんと鹿目さんでひとつを使ってくれるかしら?」

さやか「いやー私寝相わるいんだよね、杏子も悪いし」

杏子「え?お前見てたのか!?」

さやか「あーもう黙ってなって」

まどか「ほむらちゃんと///」

ほむら「巴マミ……」

マミ(感謝でもされるのかしら?尻尾もたってるし……)

ほむら「あれを別の部屋に移動させたいのだけど……まどかや美樹さやかのあと5分とかの寝言で契約とか言い出しても困るし」

マミ「……そうね……」

QB「訳がわからないよ……」

575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 00:12:57.39 ID:r463+bKo0
杏子「あーもうこっちくんなよさやか……」

さやか「んー……ムニャムニャ……」

杏子「おいマミ助けてくれ」

マミ「そういいつつも尻尾をパタパタとふっているのね」

杏子「あーうぜぇ」

マミ「かわいいところもあるのね佐倉さん」

杏子「どうでもいいから助けてくれよ……」

マミ「そうねぇ……じゃあお手」

杏子「お前あとでぶんなぐってやる」


まどか「……」

ほむら「……」

まどか(背中合わせで布団に入ったけど……)

ほむら「(ドキドキしてきた……音きかれてないわよね……)」

582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 00:22:19.41 ID:r463+bKo0
マミ「ほら、佐倉さん、お手」

杏子「……お手したら助けてくれるのか?」

マミ「えぇ」

杏子「……クソッほらこれでいいだろ!」

マミ「じゃあおかわり」

杏子「騙しやがったなお前絶対ぶんなぐってやる!」

マミ「ほらほら暴れると美樹さんがおきるわよ?」

さやか「んー……すぅ……すぅ……」

杏子「こいつが起きる気がしねぇよ!」

マミ「コホン……僕におかわりをして犬になってよ」

杏子「お前絶対朝覚えとけよ……」

マミ「ほらほら、助けて欲しいんでしょう?」


ほむら「さ、騒がしいわね……眠れるかしら?」

まどか「ティヒヒ……そうだね……」

まどか(ほむらちゃんの過去を聞いてからどんどんほむらちゃんを意識しちゃうよ……)

585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 00:30:51.92 ID:r463+bKo0
マミ「あら?佐倉さんは助けてほしくないのかしら?」

杏子「だれがお前に頼むか!」

マミ「飼い主の美樹さんと一緒にいたいのね……いいことだわ……美樹さんが好かれてるって教えてあげないと」

杏子「それは……脅しか?」

マミ「違うわよ?もしかして助けてほしいの?ほら、おかわり」

杏子「……絶対あとで覚えとけよ……ほら!こんどこそいいだろ!」

マミ「あと犬の命令っておすわりとかふせとかなのよね……」

杏子「お前絶対後悔させてやる……」

マミ「あ、あったわ!」

杏子「なんだよ……」

マミ「待て」

マミ「ってことで朝になったら助けてあげる、じゃあおやすみなさい」

杏子「あ、おい!てめぇ!マミ!おい!」

さやか「すぅ……すぅ……んー杏子うるさい……」ペシ

杏子「なんだよこいつら……うぜぇ……」

590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 00:40:33.23 ID:r463+bKo0
ほむら「し、静かになったわね……」

まどか「え?う、うんそうだね……」

まどか(自分の心臓の音がきになってそれどころじゃないよ……)

ほむら「……」

まどか「……」

まどほむ「あ、あの……」

まどか「え、えっと……ほむらちゃんから……」

ほむら「えぇ……その……ありがとう……」

ほむら「私がみんなに話しても……こんな結果にはきっとならなかったわ……だから……」

まどか「……えい!」

ほむら「ひゃん!」

ほむら「ま、まどか?」

まどか「ほむらちゃん……何度も私を守ろうとしてくれてありがとう……」チュッ

まどか「ティヒヒ、またキスしちゃった……おやすみほむらちゃん」

ほむら(こんなの眠れるわけ無いじゃない……)

597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 00:50:41.25 ID:r463+bKo0
杏子『ほむら、起きてるか』

ほむら『テレパシー?何かしら?』

杏子『いや、他の奴はみんな寝てるみたいだし……さやかがだきついてきて眠れねぇし……』

ほむら『奇遇ね、私もまどかの寝息をずっと首筋に感じて眠れないわ……』

杏子『それで、この耳と尻尾ってなんだとおもう?』

ほむら『QBも関係してない……私達にも原因に覚えがない……』

杏子『私の予想だと……やっぱりお前が原因と関係があるんじゃねぇか?』

ほむら『私が?』

杏子『魔法少女の素質があれば見えるって考えたらお前だけ例外になるだろ?』

ほむら『そうね……』

杏子『もしかしたらQBのほうも関係してるんじゃないか?』

ほむら『そうなのかしら?』

QB『もしそうなら是非元に戻してほしいね』

ほむら『盗聴しないでくれる?』

杏子『人の会話に入ってくんなよ』

605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 01:08:38.00 ID:r463+bKo0
QB『やれやれ、僕がその気になれば君たちの会話を鹿目まどかや美樹さやかに送信することもできるんだよ』

杏子『うぜぇ……おやすみ』

ほむら『えぇ、おやすみ佐倉杏子』

QB「訳がわからないよ」

QB「壁のすり抜けができる僕にとってこんな縄どうということはないんだけど」

QB「この体って別のものを用意するまでに時間がかかるから」

QB「みつかって体を破壊されるのは困る」

QB「きゅっぷい!」

ガラッ

QB「え?」

マミ「夜遅くにうるさい……」

QB「や、やめるんだマミ!寝ぼけてる状態で魔法少女になんて」

タァン

611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 01:22:27.19 ID:r463+bKo0
まどか「ん……おはようほむらちゃん……」

ほむら「すぅ……すぅ……」ピクピク

まどか(あ、尻尾がピクピクってしてる……えっと寝ているときだと幸せを感じてピクピクしてるってさやかちゃんが言ってたっけ)

まどか(起こさない程度に呼びかけてたらほむらちゃんは幸せを感じてくれるのかな?)

杏子「くー……くー……」

さやか「んー……へんな人魚が上に乗っかってる……んー……」

マミ「すぅ……すぅ……」

まどか(杏子ちゃんがさやかちゃんの上に乗っかって右手にペン?マミさんは普通……あれ?額に肉?そういえば杏子ちゃんが覚えてろよとか言ってたっけ……)

まどか「ほむらちゃん……」ナデナデ

ほむら「ん……」ピクピク

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんかわいいな……」ナデナデ

ほむら「……まどか……駄目……」

まどか「わ、ご、ごめんなさい……」

ほむら「お願い……契約しないで……私が……な……から……」

まどか(夢でも私を守ってくれてるんだ……)

617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 01:32:48.97 ID:r463+bKo0
ほむら「だ、だめ!」ガバ

まどか「わ!」

ゴツン

ほむら「いたた……あら?まどか?ご、ごめんなさい大丈夫?」

まどか「うん、私がほむらちゃんを覗いてただけだから」

ほむら「そ、そう……時間は……まだ4時……」

まどか「早起きだねほむらちゃん」

ほむら「そういうあなたこそ……」

まどか「ねぇほむらちゃん、二人でお散歩しよっか」

ほむら「……いいわよ?」

まどか「じゃあみんなを起こさないように支度しよっか」

ほむら「えぇ」

ガラッ

QB「」

ほむまど「……」

621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 01:42:30.07 ID:r463+bKo0
ほむら「いくらQBって言っても額を撃ち抜かれた人間っぽいものっていうのは……」

まどか「うぅ……悲鳴あげそうになったよ……」

ほむら「精神衛生上よくないから、これは私がしまっておくわ……」

まどか「トラウマになりそう……」

ほむら「大丈夫よまどか」ナデナデ

まどか「ありがとうほむらちゃん……」

ほむら「じゃあいきましょう」

まどか「うん……」



さやか「うーん……今度は変なテレビみたいなのが上に~」

杏子「すぅ……すぅ……」

マミ「んー……すぅ……すぅ……」コロン

さやか「うーん……テレビと同時に仁美みたいなのがいっぱい……」

さやか「さっきの人魚まできたよぉ……うーん……」

632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 02:05:37.83 ID:r463+bKo0
まどか「朝早くの空気ってきもちいよね」

ほむら「そうね」

まどか「……ねぇほむらちゃん……一つ聞きたいの……」

ほむら「何かしら?」

まどか「その……ワルプルギスの夜っていうのは……ほむらちゃんと杏子ちゃん、マミさんで勝てるの?」

ほむら「……必ず勝つわ……」

まどか「……」

ほむら「皆を信じようよ」

まどか「?」

ほむら「あなたが私に言ってくれた言葉よ……」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「だから……信じて待っていてほしいの……」

まどか(ほむらちゃん……尻尾がお腹にくっついて……怖がってるんだね……)

まどか「そうだよね、ほむらちゃんのほうが怖いのに……変なこと聞いてごめんね……」

ほむら「大丈夫よ、あなたが信じてくれているなら必ず勝てるわ……」

636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 02:25:55.27 ID:r463+bKo0
ほむら「まどか、ちょっといいかしら」

まどか「どうしたのほむらちゃん」

ほむら「私の尻尾と耳って猫なのよね?」

まどか「うん、そうだよ?」

ほむら「そう……」

ピト

まどか「え?あ///」

ほむら「仲良しの猫は鼻をくっつけて挨拶するんですって」

まどか「そ、そうなんだ……」

ほむら「えぇ……あともうひとつ……」

チュッ

まどか「あ、ほ、ほむらちゃん……いまく、くちに///」

ほむら「これは大好きな人への挨拶ね///」

ほむら「そ、そろそろ戻りましょう///」

まどか「あ、ちょ、ちょっとまってよほむらちゃん!歩くの早いよぉ」

639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 02:36:22.08 ID:r463+bKo0
ほむら「……」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「あ、まどかにほむら……助けて……」

杏子「んー……もう食えねぇ……」

マミ「すぅ……すぅ……」

さやか「二人が乗っかってて動けないよ……」

ほむら「……」キュポ

さやか「あ、ちょっと何ペンだしてんのさ!動けないんだからやめてよ!ちょ、ちょっと!」

まどか「さやかちゃん……」

ほむら「こんなものかしら」

さやか「普通そういういたずらって寝てる人にするもんじゃないの……」

ほむら「そうね……じゃあ次は杏子ね」

さやか「って助けてくれないの?ちょっと!ねぇほむら!」

642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 02:50:31.52 ID:r463+bKo0
ほむら「……」

まどか(ほむらちゃんってこういういたずらする子だったっけ?)

ほむら「杏子はこんなものかしら……」

まどか(でも……とっても楽しそう……やっぱり今まで無理してたんだろうな……)

さやか「助けてよまどかー」

まどか「……」キュポ

さやか「ちょ、ちょっと!まどかまでペンだして……女の子にするいたずらじゃないって!」

まどか「ティヒヒ、動いちゃだめだよさやかちゃん」

さやか「うぅ……私の顔が……」

ほむら「とってもかわいいわよ」

さやか「女の子の顔にこんなことして!いつか仕返ししてやる!」

ほむら「さて……そろそろさやかを助けましょう」

まどか「うん!」

さやか「最初から助けてよ……」

644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 02:57:52.24 ID:r463+bKo0
さやか「やっと自由になった」

ほむら「よかったわね」

さやか「……私の顔って今の杏子よりひどいの?」

まどか「……」

ほむら「……」

さやか「ひどいんだ……」

さやか「顔洗う前にストレス発散してやる」キュポ

杏子「すぅ……すぅ……さやか……」

さやか「びっくりした……」

杏子「ご飯まだか……すぅ……すぅ……」

さやか「……」

ほむら「さやか……私達よりひどいじゃない」

さやか「食い意地はってる杏子がわるいのよ、顔洗ってくる」

まどか「水性だからすぐおちるよ」

さやか「そこに気を回してくれるなら最初から描かないでよ……」

649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 03:11:31.72 ID:r463+bKo0
杏子「それで、私に落書きをしたってわけか」

さやか「……」プルプル

まどか「ご、ごめんね?」

ほむら「悪かったわ」

杏子「怒っていいか?」

マミ「はいはい、あなたも人のこといえないでしょ、肉ってなによ肉って……顔洗いに行くわよ」

杏子「はぁ……今度チャンスがあったら覚えとけよな……」

さやか「クックククあはははははは杏子のあの顔!」

まどか「さやかちゃん……」

ほむら「たしかにあの顔はおかしかったわ」

さやか「いやー思わず写真もとっちゃったし」

さやか「あはははははは」

杏子「さやかてめー全部聞こえてるんだよ!」

マミ「ほらちゃんと落として拭いてからにしなさい、床が水びたしになるでしょ」

656: >>653 僕はさやかちゃんが杏子ちゃん! 2011/07/28(木) 03:39:27.74 ID:r463+bKo0
マミ「あら、そういえばQBは?」

杏子「ん?昨日の夜は間違いなくいたはずだぞ?」

さやか「逃げられたとか?」

まどか「……」

ほむら「……」

マミ「へんねぇ……」

ほむら「つ、次みかけたらとっちめてやらないと」

ほむら(あんなものこの場に出せるわけ無いじゃない……) 

827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:09:02.39 ID:r463+bKo0
―マミホーム 昼―

マミ「どこかにお出かけしましょうか」

さやか「あ、じゃあゲーセンでもいきません?」

杏子「いいじゃんゲーセン」

まどか「ゲームセンターに最近いってないや」

ほむら「決まりね」

―ゲームセンター―

ほむら「そういえば杏子はDDRが得意なのかしら?」

杏子「ん?いやデモプレイで遊べるから」

さやか「……」

マミ「……」

まどか「……」

ほむら「……」

杏子「な、なんだよ……」

831: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:11:09.03 ID:r463+bKo0
さやか「ほら、プレイしてみなよ……おごってあげるから……」

杏子「本当か?」

まどか「じゃあほむらちゃんが対戦相手ね!」

ほむら「え?」

まどか「ほらほらはやくはやく」

ほむら「え、えぇ……」

杏子「まけねぇぞほむら」

ほむら「うまくできる自信もないのだけど……」

♪~ ♪~ ♪~

まどか「二人とも尻尾がふりふりうごいてかわいい」

さやか「にしても杏子はダンスっぽいけど点数ひくいなー」

マミ「暁美さんはパーフェクトだけどタイミングよく矢印を踏んでるだけね」

834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:12:22.58 ID:r463+bKo0
杏子「点数負けた……」

まどか「クリアしてるからまだプレイできるよ?」

杏子「本当か?よーしリベンジだ」

ほむら「悪いけど……巴マミとバトンタッチするわ……」

マミ「え?私?」

♪~ ♪~ ♪~

さやか「胸の揺れが……」

まどか「いいなぁマミさん……」

ほむら「……」

さやか「兎耳のせいかぴょんぴょんはねてるようにすら見える……」


杏子「くっそーまた負けた……」

ほむら「えぇ……完敗よ……」

マミ「?」

838: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:18:03.22 ID:r463+bKo0
さやか「あ、射撃ゲーム」

マミ「そういえば射撃ゲームってやったことないのよね」

ほむら「奇遇ね、私もよ」

まどか「二人とも銃つかってるからプレイしたら上手かもしれないね」

杏子「やってみたらいいじゃん」

マミ「やってみる?」

ほむら「……さっきは完敗したけど……負けないわ」

マミ「あなたと勝負してないっていうかこれ協力プレイなんだけど……」

ドンッドンッ  ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ ドンッドンッ

まどか(ほむらちゃんの構え方かっこいいな……)

さやか「ところでマミさんはどうして銃を横に向けてるんですか?」

マミ「え?だ、だって持ちやすいじゃない」

さやか「あとほむらはリロードするたびに、なんで何かを取り出すような動作を?」

ほむら「癖よ」

841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:25:10.19 ID:r463+bKo0
ボス「アアア~」

さやか「うわ、ボスじゃん、びっくりした」

ほむら「ゲームで驚いたりなんてしないわ」ファサ

まどか(尻尾が逆立ってるよほむらちゃん……)

さやか「それにしてもここまで二人とも無傷なんだね」

まどか「普段から一緒に戦ってるから息ぴったりなんだね」

マミ「ふふっそうね」

マミ(といってもさっきから暁美さんは私の狙う敵を積極的につぶしてきてるのよね……)

ほむら(スコアで勝つわ……)

さやか「なんか100円で結構時間かかりそうだしちょっとあっちのほう杏子と見てくる」

まどか「うん、わかったよ」

杏子「私、何もいってねぇぞ」

さやか「ほら、いいから来る!」

843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:30:47.02 ID:r463+bKo0
杏子「こっちってクレーンゲーム?何か取るのか?」

さやか「とれそうなのがあったらね」

杏子「クレーンゲームで取れる景品なんてたいしてないだろ」

さやか「そこは私の腕の見せ所だよ」




さやか「……」

杏子「腕の見せ所はどこいった?」

さやか「うっさいな!ならあんたがやってみてよ」

杏子「ん?いいのか?」

さやか「100円2プレイだしいいよ」

杏子「よーし……」

844: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:35:24.78 ID:r463+bKo0
まどか「最終ステージまで100円なんてほむらちゃんもマミさんもすごい」

ほむら「そんなことないわ」

マミ「ふふっ」

さやか「うお、まだ続いてる!しかも最終ステージじゃん」

杏子「ライフは減ってるみたいだけどな」

まどか「杏子ちゃん、袋もってるけど何を取ったの?」

杏子「ほしいって思ってなかったけど、だれかさんの腕の見せ所を奪っただけだ」

さやか「むー」

まどか「でもすごいや、私クレーンゲームってあんまり上手じゃないからうらやましいな」

杏子「コツをつかめば簡単だって、なぁさやか?」

さやか「え?何、嫌がらせ?」

846: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:40:25.15 ID:r463+bKo0
マミ「これでクリアね」

マミ「ティロフィナ……なんでもないわ……」

杏子「……マミ……」

ほむら(スコアは私のほうが高い!)

マミ「あら、最後のボスにとどめをさすと大きなボーナスがはいるのね」

ほむら「……」

まどか(あれ?ほむらちゃんがしょんぼりしてる……クリアしたのにどうしてだろ?)

さやか「まさか本当に100円でクリアするなんて……」

まどか「ほむらちゃんもマミさんも本当にすごいね」

850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:44:27.49 ID:r463+bKo0
まどか「ねぇほむらちゃん、私達もクレーンゲームみにいこ?」

ほむら「えぇ」

杏子「おーいマミ、格闘ゲームで勝負しようぜ」

マミ「格闘ゲームはやったことがないのだけど……まず美樹さんがプレイするのをみてからでいいかしら?」

さやか「え?」

杏子「さやかが相手か!さっきみたいになき面にしてやる」

さやか「言ったね杏子、ぼっこぼこにしてあげる」

マミ(会って数日なのに本当に仲良しね)

851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:49:19.85 ID:r463+bKo0
まどか「あ、マギカぬいぐるみだ」

ほむら「マギカぬいぐるみ?」

まどか「うん、最近はやってるんだよ」

ほむら「知らなかったわ」

まどか「とれるかなー」

ほむら「どれを狙っているの?」

まどか「えっとあのリボンを巻いた黒い髪の子だよ」

まどか「あ、だめだった……」

ほむら「私もやってみていいかしら?」

まどか「うん、がんばってね!ほむらちゃんはどの子を狙うの?」

ほむら「そうね……ポニーテールのピンク色の子でも……」

まどか「あ、主人公の子だね」

854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 21:55:11.36 ID:r463+bKo0
さやか(コマンド知らないしええいガチャガチャでいくっきゃない!)

杏子(じつはコマンドなんて入力できないってばれたら……ガチャガチャしてればなんかでるだろ!)

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

マミ「こんなスピードで操作するゲームなんて私にできる気がしないのだけど……」

杏子(くそ、さやかのやつなんて操作音だ……こっちまで聞こえてきやがる……本当にぼこぼこにされちまう……)

さやか(さっきから杏子から操作音がする……負けたくないけどどうしよう……)

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

マミ「すごいわ、ゲームの戦闘でも牽制しあってるのね」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

杏子(うわ!なんかさやかのキャラが光った!)

さやか(なんか必殺技出ちゃった!)

マミ「必殺技を読んでジャンプしていたのね、なんてハイレベルな戦い」

858: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:03:28.01 ID:r463+bKo0
さやか「どうしたのさ杏子、ゲージ減らしてあげたのに攻めてこないの?」

さやか(こういえばきっと挑発だって攻撃してこないはず!)

杏子「へ、お前の作戦なんて読めてるんだよ、こっちはタイムアップでも勝てるんだからな」

さやか(げ、たしかに体力微妙に削られてる!)

さやか「ここまでハンデをあげたのに攻めてこないなんて、見込み違いだね!」

杏子「へ、ぎりぎり勝つっていうのもいい演出だろ?」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

さやか「あたれええええええ」

ペシッ  タイムアップ

杏子「な!」

さやか「ふふん、なくのはそっちだったみたいだね」

ドロー

さやか「そんな!」

マミ「本当にいい勝負だったのね……」

さやか「納得いかない!こっちのマギカ格闘ゲームで勝負よ!」

859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:07:50.47 ID:r463+bKo0
さやか「いっとくけど主人公のピンク色の髪の子は強すぎるらしいから使用禁止ね!」

さやか(って聞いたことがある……)

杏子「当然だろ?」

杏子(なんでそんな情報知ってるんだよ……ってそんな情報知ってる相手に勝てるわけねぇ!)

マミ「ハイレベルな戦いってみてるだけでわくわくするわね!」

さやか「私はこの最弱とかいわれるキャラ使おうかな!」

さやか(これで負けても言い訳できる……)

サヤ「ワタシッテホントバカ」

杏子「誰を使っても一緒だろ?たまには私はこの赤いの使うか」

杏子(これなら普段と違うキャラってことで……)

アンコ「チョーウゼェ」

863: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:13:12.61 ID:r463+bKo0
ほむら「難しいものね……」

まどか「そうだね……もう一回!」

ほむら「また黒いリボンを巻いた子を狙うの?」

まどか「んっとね……」

ほむら「あれ?そっちは私がさっき狙った……」

まどか「あ、取れた!」 コトン

まどか「ほむらちゃんにあげる!」

ほむら「ありがとうまどか……大事にするわ……私ももう1プレイしようかしら」

まどか「え?でもほむらちゃんが取ろうとしたぬいぐるみは……」

ほむら「あなたと同じことをしようとおもっただけよ」

まどか「ほむらちゃん……」 コトン

ほむら「とれてよかったわ……はい、まどか」

まどか「ありがとうほむらちゃん、大事にするね!」

ほむら「喜んでもらえてよかったわ」

まどか(ティヒヒ、ほむらちゃんの耳がぴくぴくしてる)

864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:20:01.84 ID:r463+bKo0
さや杏(まぁコマンドわからないからまたガチャガチャするしかない……)

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

さやか(あっ杏子のキャラが光って……)

アンコ「オワリダヨ」 K.O

杏子(ラッキーあたった……)

さやか「まぁ1セットぐらいハンデよ」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

杏子(あっさやかのキャラが光って……)

サヤ「ソノキニナレバイタミダッテケセル!」

杏子(技をはずしたのか?)

さやか(うわ、はずしちゃったの?)

杏子「これでとどめ!」

さやか「あれ?ダメージうけてない!」

杏子「チッ忘れてた」

杏子(こんなのありかよ!)

865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:21:53.03 ID:r463+bKo0
K.O

さやか「まぁこんなもんよね」

杏子「まぁ1セットもとれないなんてかわいそうだしな!」

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

アンコ「イイヨイイショニイテヤルヨ」

さやか「あ!」

杏子「よし!これは決まった!」

ドロー

杏子「え!」

さやか「……」

杏子「くそ、もう一回……」

さやか「もうお金ないよ……」

マミ(佐倉さんとっても残念そうね……ぺたんって耳がなっててかわいいけど……)

866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:25:48.19 ID:r463+bKo0
ほむら「あなた達何をしているの?」

さやか「われに返ってみたらお金使いすぎちゃった……」

杏子「結局引き分けかよ……それにしても結構時間もたったな」

マミ「そろそろ解散しましょうか」

まどか「そうですね」

さやか「いやー楽しみましたねー杏子のせいでお金が……」

ほむら「たしかにいい時間ね」

ほむら『あなた達はちょっと私の家にきてもらえるかしら?話があるわ』

マミ『わかったわ』

杏子『なんだ?こいつらにきかれたくない話か?』

ほむら『そういうわけではないけど……ワルプルギスの夜について……ね……』

さやか「ほら杏子、帰るよ」

杏子「あーちょっと忘れ物したみたいだ、先に帰っててくれるかい」

さやか「ぬいぐるみでも忘れたのかな?」

867: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:30:44.83 ID:r463+bKo0
―ほむほーむ―

ほむら「ワルプルギスの夜について、私の知っている限りのことを話すわ」

マミ「ずいぶんと資料があるのね」

ほむら「私以上にワルプルギスの夜と戦った人間はおそらくいないわ」

杏子「それで、なんか作戦はあるのか?」

ほむら「正直ないわ……全力でぶつかるしかない……」

杏子「頼りねぇな……」

ほむら「そもそも、あなたたちが生きてることのほうが珍しいのだからしょうがないでしょう」

マミ「それで、何がわかるの?」

ほむら「出現ポイントはここかここよ」

マミ「そんなに遠くないわね」

杏子「中間地点ではっとけばよさそうだな」

ほむら「あとは……当日までグリーフシードをためて、連携をとれるようにするだけよ」

マミ「それしかないわね」

876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:56:59.59 ID:r463+bKo0
―ワルプルギスの夜、当日―

マミ「じゃあ行ってくるわね」

杏子「うまいもん作ってまってろよ」

さやか「……ははっ避難命令でてるんだから無理にきまってんじゃん……」

ほむら「大丈夫よまどか、そんな顔しないで……」

まどか「うん……」

ほむら「いってくるわね」

さやか(杏子の尻尾が……やっぱり怖いんだ……)

さやか(マミさんも耳が……)

まどか(ほむらちゃん……)



マミ「あれがワルプルギスの夜……」

杏子「でけー」

ほむら「今度こそ……倒す!」

879: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:59:01.03 ID:r463+bKo0
ワルプル「あははははははは」

マミ「ケホッケホッダメージが与えられてるのかしら……」

杏子「グリーフシード10個じゃ割にあわねぇな」

ほむら「だからさやかの家居候権をつけたでしょ」

ワルプル「うふふふふふふふふふふ」

マミ「攻撃してもダメージが見えないうえに近づくのも困難だなんて」

杏子「しゃれにならねぇな」

マミ「威力の高い攻撃をしてみましょう……二人とも援護して」

ほむら「えぇ」

杏子「しゃあねぇな」

マミ(できるだけ威力を高めて……確実に当てる……)

マミ(あら?頭のほうから力が……これは……)

880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 22:59:35.69 ID:r463+bKo0
マミ「もしかして耳から力が……これならダメージを与えられるかも!」

マミ「ティロフィナーレ!」シュウ

ワルプル「あははははははははは」

杏子「あれ?お前の耳が消えたぞマミ」

マミ「でも風穴を開けてやったわ」

マミ「よくわからないけど……耳と尻尾を使えば一度だけ強い攻撃ができるみたいね」

杏子「へぇ、なら使わない手はねぇな!」

ほむら「そうね」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんかわいい」

ほむら「恥ずかしいのだけど……」

まどか「でも猫耳とってもにあってるよ?ほかの耳もつけてみよっか!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「あれ……いま……何か……」

さやか「皆大丈夫かな……」

881: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:01:21.31 ID:r463+bKo0
ワルプル「ふふふふふふふふふふ」

ほむら「クッ」

マミ「今よ佐倉さん!」

杏子「チャンス!食らいやがれ!」シュウ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「ほむらちゃんは自分の感情を出すのが苦手なの?」

ほむら「感情を出すとつけいる隙を与えてしまうから……」

まどか「でも……そんなのなんだか悲しいよ……」

ほむら「いいのよ……あなたがいてくれるもの……」

まどか「ほむらちゃんの笑顔ってとってもきれいなのに……」

ほむら「そうかしら……」

まどか「うん、ほむらちゃんの笑顔って見とれちゃうもん」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「……ほむら……ちゃんとの前の記憶……?」

さやか「まどか?」

883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:02:48.87 ID:r463+bKo0
杏子「へ、マミよりでっけぇ穴をあけてやった」

マミ「負けず嫌いね」

杏子「そういやほむらって魔法武器つかってな……」

ほむら「……」

杏子「ほむらの魔法武器?」

ワルプル「ウフフフフアハハハハハハ」

ほむら「これで……終わらせる!」シュウ

マミ「弓?」

885: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:03:13.30 ID:r463+bKo0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「私の願いは、ほむらちゃんの望む世界にする手伝いをすること!さぁ、かなえてよQB!」




まどか「ごめんね、ほむらちゃん……約束破っちゃった」

ほむら「どうして……どうして契約なんて……」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんには内緒だよ」

ほむら「どうしてあなたは……」

まどか「ほむらちゃん……わがまま言うね?」

ほむら「……」

まどか「もう一度だけでいいから……がんばってほしいな……」

ほむら「えぇ……あなたを助けるためなら……」 

カチン



まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんばっかり犠牲になることないよね……」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

887: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:03:42.03 ID:r463+bKo0
まどか「……そっか……だからほむらちゃんは……」

QB「やぁ、鹿目まどか、美樹さやか、やっと新しい体が手に入ったよ」

さやか「QB?」

QB「たとえ3人がかりでもワルプルギスの夜は倒せないよ、でも鹿目まどか、君なら」

まどか「ティヒヒ、大丈夫……倒せるよ、だってほむらちゃんには……」

890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:05:33.81 ID:r463+bKo0
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ほむらちゃんのお手伝いってどうしたらお手伝いできるかな……そうだ!ほむらちゃんの感情をみんなにわかりやすくしちゃお!」

「どうやってわかりやすくしようかな……あ、エイミー……そうだ、ほむらちゃんに尻尾と猫耳をはやしちゃえ」

「でもほむらちゃんってその尻尾と耳が見えてたら感情がばれないように隠そうとしちゃいそう……そうだ、ほむらちゃんより魔法少女の素質がないと見えないようにしちゃえ」



「QBがくると……みんなの仲がこじれちゃうよね……そうだ、逆に人間みたいに変えちゃえ!」



「杏子ちゃんも手伝ってほしいな……ほむらちゃんみたいに耳と尻尾はやしたら相談にくるかも、杏子ちゃんは犬耳だね」



「皆が受け入れてくれるのを祈るしかないや……」

「でもきっとマミさんも力になってくれるよね……ティヒヒ、力を分けるだけじゃなくてウサギさんにしちゃおっと」



「私の力ならなんでもできるってQBは言ってたのに……皆に力あげちゃったからなくなっちゃった……」

「もっとお手伝いしたかったけど……がんばってね……ほむらちゃん……」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「私がついてるもん」

892: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:08:31.77 ID:r463+bKo0
杏子「すげぇ……」

マミ「すごいわ……」

ほむら「私……今弓を……?」

「お疲れ様、ほむらちゃん」

ほむら「まどか?」

マミ「鹿目さんなら避難所でしょう?」

杏子「無事倒せたんだ、さっさと戻って飯食おうぜ」

ほむら「えぇ……」

893: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/28(木) 23:09:30.56 ID:r463+bKo0
―避難所―

マミ「ただいま、それにしてもシャワーを浴びたいわ」

杏子「あー疲れた……さやかうまい飯は?」

さやか「いったじゃん……そんなの用意できるわけないって……」

杏子「んだよ……腹減ってんのに」

さやか「心配……したんだから……」ギュゥ

杏子「うぜぇ……」ピシ

さやか「痛!何?この空気で普通抱きついてる相手にデコピンとかする?あったまきた!」

杏子「お、やんのか?」

さやあん「ギャーギャー」

マミ「それにしても……あの耳はなんだったのかしら……」

QB「まさかワルプルギスの夜を倒すなんてね」

マミ「あら、いたのQB」

QB「君たちの素質では束になってもかなわないと思っていたけど……」

マミ「いいじゃない、あなたが私たちに奇跡をおこすように、私たちだって奇跡を起こしたって」

896: >>894 残念、童貞にエロはわからない! 2011/07/28(木) 23:12:04.55 ID:r463+bKo0
まどか「ティヒヒ、やっぱり信じていても帰ってくるまでは不安だね……」

ほむら「ふふっ心配してくれていたのね」ニコ

まどか「……」

ほむら「どうかしたのまどか?」

まどか「ほむらちゃんの笑顔って本当に見とれちゃうね、違う時間の私が言ってたのもわかるよ」

ほむら「え?」

まどか「なんでもないよ」

ほむら「そう?」

まどか「ほむらちゃん……私なんかのためにありがとう」ギュゥ

まどか「私のためにつらい思いをずっとさせてごめんね……ほむらちゃん……大好きだよ」

ほむら「えぇ……私もまどかのことが大好きよ」

まどか「ティヒヒ、おかえり、ほむらちゃん」

ほむら「えぇ、ただいま、まどか」


「ティヒヒ、もう尻尾も耳もいらないね」

終わり