2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:40:06.51 ID:UQMopbrV0
杏「料理をしてみようと思うんだけど、どうかな」

かな子「…………あ、杏ちゃん、大丈夫? お熱ない? 無理しなくていいんだよ? 今日はもうお仕事ないし、送って帰ろうか?」

智絵里「あ……もしかしてカップ麺、ですか……? か、体に悪いから……あんまり食べ過ぎちゃ、めっ、だよ……?」

杏「なんでねんっ! ふたりにそこまで言われるようなことは……してるけどさぁ」

かな子「自覚はあるんだね……」

杏「まぁそれはそれ、これはこれ」

智絵里「で、でもどうしたの……? 杏ちゃん、あの……何か辛いことでもあったの……?」

引用元: 双葉杏「料理をしよう」 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:41:05.55 ID:UQMopbrV0
杏「智絵里ちゃん……心配してくれるのは嬉しいけどあんまりにも本気で心配されると流石の杏でも凹むよ?」

智絵里「あ、ご、ごめんなさい……!」

杏「損害賠償に飴を要求するー」

智絵里「は、はい、これ。のど飴だけど」

杏「お、ヴィックスのど飴かー。あむっ!」

智絵里「おいしい……?」

杏「仕事で疲れ切った杏の喉が潤っていくのがわかるよ」

かな子「ふふ、良かったね杏ちゃん。……ところで、お料理したいなんて急にどうしたの?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:42:13.69 ID:UQMopbrV0
杏「あー、ほら最近かな子ちゃんと智絵里ちゃん、よくうちに来るじゃん?」

かな子「うん、いつもごめんね杏ちゃん」

杏「それはいいんだけどさ」

智絵里「…………あっ。えと、わたしたちはお邪魔してる側だから……その、杏ちゃんは気を遣わなくても……」

かな子「あっ! そうだよ杏ちゃん! いつもお世話になってるしお料理くらいするよ?」

杏「うぐ……そうじゃなくって、だなぁ……」

かなちえ「…………?」

杏「あの、だなぁ……」

武内P「あのぉ、失礼ですがよろしいですか?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:43:46.55 ID:UQMopbrV0
杏「おぉ、プロデューサー、いたの?」

武内P「はい、最初からデスクに……」クビニテ

かな子「なんですか、プロデューサーさん」

武内P「…………お二人は、よく双葉さんのお宅に伺ってらっしゃるのですか?」

智絵里「あ……はい。朝早くのお仕事がある日とか……泊めてもらったり……事務所から近いし、杏ちゃんも遅刻しなくてすむから……と思って……ごめんなさい」

武内P「あ、いえ! 責めているわけではなくっ」アタフタ

杏「わかってるって、ほら智絵里ちゃんもクセ、出てるよ?」

智絵里「あっ、ごめ…………あ、ありがとう杏ちゃん」

武内P「……ふふ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:44:39.28 ID:UQMopbrV0
杏「お、プロデューサーが声出して笑うなんて……うーん、レアだね」ニタァ

武内P「あ、いえ」アタフタ

かな子「もう、杏ちゃん?」

杏「はいはーい、杏は物言わぬ貝になるのだ」グデー

智絵里「あの、プロデューサーさん……お話の続きを……」

武内P「そうでしたね、すみません。……泊まられる際にはいつもお二人が料理を?」

かな子「はいっ! 杏ちゃん、なにを作っても美味しそうに食べてくれるから私たちも作るのが楽しくって!」

智絵里「でも、お料理はほとんどかな子ちゃんがやってくれて……わたしはかな子ちゃんに教わってるだけで……」シュン

かな子「そんなことないよ智絵里ちゃん! 智絵里ちゃん下準備とかすごく丁寧にしてくれるからすっごく助かってるよっ! それにこないだのオムレツ! 智絵里ちゃん私よりふんわり焼けてて美味しかったよ?」キラキラ

智絵里「あ、ありがとう……かな子ちゃんっ」ニコッ

杏「むぅ……」

武内P「………………」クビニテ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:45:54.22 ID:UQMopbrV0
かな子「あっ、また脱線しちゃってごめんなさい」

武内P「いえ、構いません。本当に三村さんは料理がお好きなのですね」

かな子「はいっ! それに、誰かと一緒にお料理することってあまりないから、もっと楽しくて!」

武内P「……双葉さんが料理をしてみたいと仰ったのは、だから、ではないでしょうか?」

かなちえ「だから、ですか?」

武内P「はい。……あ、いえ……私の勝手な想像なのですが」

杏「ちょ、ちょっと! も、もういいってばぁ……////」

武内P「双葉さんも、お二人が楽しんでいることを共有されたいのではないか、と思うのですが」チラッ

杏「…………//////」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 01:48:01.28 ID:UQMopbrV0
智絵里「杏ちゃん」

かな子「そうなの?」キョトン

杏「うっ……えぇいもうこうなったらヤケだっ! かな子ちゃんっ!」

かな子「は、はいっ!」

杏「智絵里ちゃん!」

智絵里「はいっ」

杏「…………あ、杏も今度は、一緒に料理……してもいいかな?」カオマッカ

かなちえ「うんっ! もちろんっ!」

杏「……ありがと…………ま、まぁ味見係だけどねっ!」プィッ

かなちえ「なんでやねんっ」

武内P「ふふ」


次回 双葉杏「さぁおあがりよ!」ドヤァ