1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 15:53:57.30 ID:lGtgR0Yg0


【とある日】


~提督室~


加賀「演習から帰投しました」


提督「あ、お疲れ様です。戦果はどうでした?」


加賀「問題ないわ。完全勝利です」


提督「さすが加賀さんですね」


瑞鶴「……」


加賀「鎧袖一触です」


提督「それじゃ、明日は珊瑚沖諸島への攻略ですし、今日はゆっくりと休まれてください」


加賀「ええ」


提督「……? 退室しないんですか?」


加賀「提督」


提督「はい」


加賀「約束しよう…。オレは必ず! 巨人を絶滅させる!!」


提督「えっ」


加賀「…失礼します」


提督「えっ」


瑞鶴「……」


バタン


提督「……なんだあれ」


瑞鶴「今進撃の巨人にハマってるんだって」


提督「いや確かにリヴァイくらいのポジだけどあの人」


瑞鶴「提督さん、なんとかしてよ。加賀さん今毎日あんな感じなのよ」


提督「えぇ~。さすがに艦娘の趣味に文句を言うわけにいかないし」


瑞鶴「そうだけどさぁ。一緒に話してると、本当訳わかんないときあるもん」


提督「例えばどんな?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442818437

引用元: 瑞鶴「加賀さんがアニメにハマりすぎた件について」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 15:58:31.78 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「こないださ、たまたま一緒に入渠したのよ。加賀さんと」


提督「うん」


瑞鶴「そしたらね、いきなり」


瑞鶴「こ・の・血・の・さっ、だっ、めぇ!!」


瑞鶴「ジョーーーーーーーーー、ジョ!!!」


瑞鶴「っていきなり歌いだしてさ」


提督「サビとかぶっ飛ばしていきなり歌の最後歌うのか」


瑞鶴「そうそう。まださあ、最初からならわかるけど」


提督「ふむ、ほかには?」


瑞鶴「えーっとねえ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:04:13.28 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「こないだ蒼龍さんがさ、加賀さんに艦載機の発射の仕方を習ってたんだけど」


提督「うんうん」


瑞鶴「はじめは普通だったのよ。だけど蒼龍さんがちょっとしたミスするたびにさ」


提督「うん」


瑞鶴「あんたバカァ!?」


瑞鶴「って言う」


提督「その時はエヴァにハマってた訳か……」


瑞鶴「もうねー。蒼龍さんがかわいそうでさあ。いや確かにアスカの前の苗字惣流なんだけど」


提督「頭で連想しちゃったんだろうね」


瑞鶴「そこまでならまだいいんだけどさ。調子乗っちゃったのか、その時近くにいる葛城まで呼んでさ」


提督「うん」


瑞鶴「ミサトさん! ミサトさんミサトさんミサトさあああん!! って連呼してた。めっちゃ必死に」


提督「多分エントリープラグの中に閉じ込められてたんだろうね」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:11:03.88 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「他にはねえ」


提督「うん」


瑞鶴「こないだあの、アイアンボトムサウンドに出撃したじゃん」


提督「イベント海域んときね」


瑞鶴「そうそう。それで加賀さん中破しちゃって、攻撃できない状態だったのよ」


提督「置物状態のときか」


瑞鶴「うん。んでそのときさあ、周りの艦娘必死に戦ってるのにさ」


瑞鶴「まだだ!! たかがメインカメラをやられただけだ!!」


瑞鶴「って独り言言ってんのよ」


提督「ただの痛い子になってるな」


瑞鶴「いやガンダム面白いよ? 面白いけどさあ、そこで言う? って感じ」


瑞鶴「響なんかそれに洗脳されて、ニューヒビンダムは伊達じゃないとか言って敵に突っ込むし」


提督「あいつそれで大破してたのか……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:18:03.32 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「あとさ、最近着任したバキュームいるじゃん」


提督「速吸な」


瑞鶴「あの子にいきなりね?」


瑞鶴「はーーーーーや、すい!!すい!!」


瑞鶴「って叫びだしたのよ」


提督「なんだそれ」


瑞鶴「あのー。天才バカボン? ってやつのオープニング」


提督「あー! バーーー、カ、ボンボン♪ ってやつか」


瑞鶴「それそれ。もうさー。本当あの時は私が恥ずかしくなったよ」


提督「重症だな」


瑞鶴「ねー」


提督「あー、そういえばオレも最近こんなことがあったな」


瑞鶴「どんなこと?」


提督「えーっとね、加賀さんに出撃お願いします、って言ったら」


提督「だが断る」


提督「って言って断られた」


瑞鶴「作戦放棄じゃんそれ……ていうかそれまだアニメにはなってないはずだけど」


提督「第三部の続きが気になりすぎて、原作第四部を読み始めた頃だったんだろうね」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:27:06.51 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「いやー。まずいよ提督さん。これはまずい」


提督「うーん。作戦に支障をきたすなら、確かに止めないといけないかなあ」


瑞鶴「何が一番問題かってね。赤城さんもそれに洗脳され始めてるのよ」


提督「え」


瑞鶴「こないだ二人が休憩室で休んでるときにさあ。赤城さんが」


瑞鶴「加賀どのーーーっ!! 加賀殿!! いつこの監獄から脱獄するでござるかー!! って叫んで」


提督「お、おう」


瑞鶴「加賀さんがそれに応えるように」


瑞鶴「尻好きに悪い子はいない……」


瑞鶴「な!!!」


瑞鶴「って言ってた」


提督「やばい。そのアニメ分からない」


瑞鶴「監獄戦艦? 監獄学園?だったかな。最近のアニメなんだって」


提督「監獄戦艦は、その、あれだ。やめろ」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:33:53.53 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「もうさー。本当あの人たちにテレビ見せない方がいいよ」


提督「うむ……。軽くみていたが、かなりの問題みたいだな」


コンコン ガチャ


翔鶴「失礼します。提督」


提督「お、どした?」


翔鶴「キス島出撃結果のご報告です。総員6名、無事帰還致しました」


提督「おう。そうだったな、お疲れ様」


翔鶴「随伴艦の皆さんのおかげで、私もMVPを取ることができました」


提督「そんなことないさ、翔鶴の今までの努力の結果だ。頑張ったね」


翔鶴「……」


翔鶴(もっと褒めてくれ……!!)


提督「ん?」


翔鶴「あ、いえいえ。では失礼致します。翔鶴、今日も秘書官頑張ってね」


瑞鶴「う、うん」


バタン


提督「……なあ」


瑞鶴「ん?」


提督「翔鶴が、スラムダンクの福ちゃんに見えたのは気のせいかな」


瑞鶴「奇遇ね。私も見えたわ」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:41:58.57 ID:lGtgR0Yg0


提督「もしかしてさ、翔鶴も洗脳されかけてる?」


瑞鶴「悲しいことに……」


提督「なんと……。ていうかお前のお姉ちゃんだろ。助けてあげないの?」


瑞鶴「あのねえ提督さん。私たちも改二が控えているとはいえ、やっぱり空母での最強はなんだかんだ加賀さんなのよ」


提督「いや、まあ」


瑞鶴「で、やっぱり強い人に憧れを持つのって、当然じゃん?」


提督「……それで翔鶴も……」


瑞鶴「毒されてしまったわ……しかもあろうことか、腐の方向へ」


提督「だからスラダンなのか。いやでも作品が古いだろ。せめて黒子のバスケとか弱虫ペダルとか色々あると思うけど」


瑞鶴「加賀さん昔のアニメの方が好きなのよ」


提督「それは、まあ。なんとなく分かる」


提督「ていうか、瑞鶴は洗脳されないの?」


瑞鶴「私は憧れてるというか、加賀さんはライバルって感じだもん」


提督「なるほどねえ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:50:08.93 ID:lGtgR0Yg0


提督「あれ、ちょっと待てよ。じゃあ」


瑞鶴「ん?」


提督「他の空母もみんなアニメ好きに!?」


瑞鶴「まあ、一部を除けば」


提督「……なんてこった」


瑞鶴「一番ひどいのは、大鳳かな」


提督「え、聞くの怖い」


瑞鶴「もうねー。艦載機発射する度に毎回言うのよ」


瑞鶴「ティロ・フィナーレ!!!」


瑞鶴「って」


提督「うわあ……」


瑞鶴「飛龍さんはまだマシかな」


瑞鶴「ねだるな、勝ち取れ!!! って毎回言う」


提督「エウレカに手ー出しちゃったかー。まあそのセリフをチョイスしただけマシだな」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:57:57.53 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「あとは雲龍もだね」


提督「へー。なんかポーっとしてるあいつだから想像つかんな」


瑞鶴「こないだ雲龍にさ、艦載機借りようとしたらさ」


瑞鶴「問おう。汝が私のマスターか? って言ってくるのよ」


提督「……」


瑞鶴「もう面倒くさくて、いえ違います。って言って流したわ」


提督「せめて最後まで聞いてやれよ……がっつり中二アニメ好きなんだよあの年頃は」


瑞鶴「後は瑞鳳とかもそうね」


提督「ええー。瑞鳳とかなんだろう。少女アニメ系にハマるイメージはある」


瑞鶴「いやいや真逆。毎日毎日、海賊王と卵焼き王に私はなる! って叫んでるから」


提督「それいっそサンジになった方がいいんじゃないだろうか」


瑞鶴「って訳でさー。もう本当、宿舎帰ったら大変なんだよー」


提督「加賀さんがアニメにハマるだけでこれほどまで艦隊に影響を与えるとは……」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 17:09:55.87 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「でもね、中でも一番やばいのは、大和さん」


提督「え。戦艦にも影響してんのか!」


瑞鶴「そうそう。こないだね、提督が演説したじゃん。夏イベント頑張りましょうって」


提督「うん」


瑞鶴「そしたらね」


瑞鶴「あの人が私の……剛田猛男さん……!」


瑞鶴「ってめっちゃ頬赤くしてた」


提督「なんだっけそれ。俺物語?」


瑞鶴「そうそう。ヒロインの苗字が大和なんだよね」


提督「うわー。あれか、感情移入しちゃうやつだな」


瑞鶴「それだけならいいんだけどさ。鎮守府って男いないから、男役は武蔵さんにやらせてんのよ」


提督「ん?どういうこと?」


瑞鶴「あの、あれ。大和さんが可愛らしい仕草するたびに、武蔵さんが」


瑞鶴「好きだ__。」


瑞鶴「って言う」


提督「ゆるゆりどころかガチゆりになるじゃねえか」


瑞鶴「うまいこというね提督さん」


提督「オレはゆるアニメが好きなんだよ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 17:15:18.08 ID:lGtgR0Yg0


瑞鶴「あとは扶桑さんも結構きてるね」


提督「へえ。意外だな」


瑞鶴「元がネガティブだからさ。ああいう二次元物を見たらすぐハマっちゃうタイプなんだね」


提督「扶桑はどんな感じなの?」


瑞鶴「いっつもこの歌うたってるのよ」


瑞鶴「チャーラー♪ ヘッチャラ♪」


瑞鶴「なーにーがおーきてーもー、気分はー、ふーこうのまんま~♪」


提督「くそ、ちょっと笑ってしまった」


瑞鶴「センスはいいけど、落ち込むしかないよねこの歌」


提督「山城が便乗してないといいけど」


瑞鶴「便乗してるよ。扶桑さんがその歌歌うたびに」


瑞鶴「姉さま、お前がナンバーワンだ」


瑞鶴「って言う」


提督「お姉さんが好きなアニメに合わせるんだな」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 17:26:31.29 ID:lGtgR0Yg0


提督「それにしてもあれだな。この流れだとSSのタイトルは、オレの鎮守府がアニメに侵食されていた件について、の方がよくないか?」


瑞鶴「いやいや、だって結局の原因は加賀さんだもん」


提督「ちなみに、どこから始まったの? 加賀さんのアニメ好きは」


瑞鶴「なんだったっけなぁ。思い出せないのよね」


瑞鶴「今じゃ加賀さんの部屋、フィギュアだらけだからね」


提督「給料減らした方がいいのかな」


瑞鶴「発狂するからやめたほうがいいよ。今じゃ新作アニメのブルーレイを揃えることが一番の趣味みたいだから」


提督「まあ、加賀さんみたいな人がいるから、アニメ業界も生きていけるんだろうけどさ」


瑞鶴「それでもちょっとねえ。ハマりすぎだよね」


提督「ちなみに瑞鶴は好きなアニメとかあるの?」


瑞鶴「えー。流行に遅れないくらいに、名前だけ知ってるくらいかなあ。深くは分からないけど」


提督「そうなんだな。いやーオレも最近仕事忙しいし、アニメ見てないわ」


瑞鶴「見なくていいよ。ハマっても時間取られるだけだし」


提督「まあね。あ、でもアニメ映画は好きかも。オレ細田守さんのアニメ好きなんだよね。あの__時をかけない少女?だっけ」


瑞鶴「……」


瑞鶴「は?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 17:43:04.81 ID:lGtgR0Yg0


提督「えっ」


瑞鶴「時をかける少女、でしょ?」


提督「あ、ああ。そうだっけ? 好きなアニメなんだけどさ、なんかタイトルが覚えづらくて……」


瑞鶴「……提督さん」


提督「は、はい」



瑞鶴「全く、細田守さんのアニメをなんだと思ってるのあのアニメはいやアニメの壁を越えたというべき日本の国宝ともいえそしてジブリを担う次なる世代として貴重いや紀宝の作品の数々を作り出した細田さんそしてスタッフそれはもう見事な心理描写と大人と子供までの心をつかむと言われている素晴らしい作品のアニメ題名を間違えるなんてどういうこといやまあそこはいいやとりあえずまずは時をかける少女のことから語っていこうかねどうしたの提督さん目がうつろになっているけどああ私の話がおもしろすぎていや気持ちよすぎてそんな目になってるのね大丈夫今日は寝かせないくらいアニメのおはなししてあげるねアウトレンジからもせめてあげるねでえっとまずはときをかける少女の話だったわね時をかける少女ができたのは2006年の話よ最初はたいした人気ではなかったけども青少年や大人の心をぐっとつかむストーリーと表現力で日本アニメの真髄を築いたと言っても過言ではないわまずここに出てくる声優さんが見事よね主人公を演じるのはもう既婚者だけど女優の仲里依紗さんよ仲里依紗さんがブレイクしたのはこのアニメのおかげといっても過言じゃないわねそれでしかも演技力も抜群で主人公でありヒロインのまことを演じたのは彼女の持ちうるポテンシャルが見事すぎたというのは有名すぎる話よねそれでいて谷村美月さんも出ているし声優陣でいうところは本当文句なしよねでまあ声ももちろんだけど一番ややっぱりストーリーよねタイムリープして未来からやってきたちあきとのあいだでめぐる恋心はなんていうのかなもう私と提督さんと言ってもいいんじゃないかってくらい甘酸っぱい恋が感じさせられるわよね私としてはこうすけも好きだけど私はちあきはかなだって提督さんにちょっと似てるしってなに言わせるのよ爆撃されたいのいやそこはまあおいておいてラストの演出も素晴らしかったよね特に挿入歌の奥華子さんはもうあの映画のために歌作ったんじゃないかってくらい絶妙だったしとにかくもうああーもうすげえ感動するよね未来でちあきくんは待ってるのかないや待っててほしいよねとまあここまで簡単に話したけどまだ話し足りないよねヒロインであるまことってさ本当悪人だったらもっとすごい悪事働いちゃうよねタイムリープでさでもまことはそんなことせずに時間が繰り返されるのを今自分が楽しいことに使っていたりしてそこがまた視聴者の共感を生んだよねああまことかわいいでも私はどちらかというとサマーウォーズのヒロインの方が好きねほらキャラ的にも私とかぶってるし提督さんと私ってあんなかんじじゃない私は頼りがいあるけど弱いところもあって提督さんは弱いけど芯がしっかりしてるよねまあそのことはどうでもいいかなにいわせるのよきゃーそれで一旦時をかける少女の話に戻るけど時間が戻せたらいいのにって誰しもが思うことだよねそこをアニメで表現したのはやっぱり細田さんの技術いやシナリオの素晴らしさだよねそれに季節が夏というのもナイスチョイスよねあれで世間の学生は夏休みっていうところを共感できて……etc」



提督「……」


提督「オレの鎮守府がアニメに侵食されていた件について」






艦!!