1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:06:52.21 ID:KoffszcM0
岡部(――なんて、クリスティーナがスットンキョーな声を上げていたのがたった二時間前の話……)

岡部(信じられるか? あのころの俺たちは何て平和だったんだっ)

岡部(あの時の俺に言ってやりたい。うかつなことはするなと! 軽率なことはするなと!)

岡部(だが、わかるはずがないだろう? まさかこんなっ、こんなことになるなんて……)

岡部「……助手よ」

紅莉栖「…………」

岡部「知っての通り、このラボにはクーラーがない。しかも今は炎天の時節だ。部屋の中は蒸し風呂なのだ」

紅莉栖「…………」

岡部「だから離れてくださいお願いします、もう小一時間この状態じゃないですかぁっ」


紅莉栖「……やだ。ぜったいに離さないもん。岡部がすきなんだもん」ムギュー
                   

岡部「」

引用元: 紅莉栖「未来ガジェットマイナス8号『デレデレンジ(はぁと)』?」 

 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:12:14.44 ID:KoffszcM0
紅莉栖「はぁ、おかべぇ……ずっとこうして、ぎゅーってしたかったんだよ?///」

岡部「フ、フハーフハー……ハハー……そういう感じかー」

紅莉栖「岡部の顔見るたびに、キュンキュンしちゃって……がまんするの大変だったんだから……」

紅莉栖「でも、もう我慢なんてしてあげない。いっぱい甘えちゃうんだから……おかべだいすきっ、えへへ///」

岡部「いっ! いやぁー……我慢もー……たっ、大切なのではないかぁーっ?」

紅莉栖「んぅっ、おかべっ、おかべぇ」スリスリ

岡部「なはぁっふ!! ス、スリスリするのはやめてくれクリスティーナぁ!」

紅莉栖「えへへ/// じゃあくんくんは?」クンクン

岡部「のわぁあぁ何をっ、そんなところのにおいをかぐでないぃっ!!」

紅莉栖「岡部のにおい……頭がぽーっとしちゃうよぅ。あん、逃げないで……」

岡部「やめっ、クリスティーナ勘弁してくれぇっ!」

紅莉栖「ふふっ、紅莉栖って呼んでくれないとだぁめ。岡部すきぃ……あったかい///」

ダル「デレッデレになってるだろ? 牧瀬氏なんだぜこれ」

ダル「……あ、もしもし、壁殴り代行さんですか? 90分コースでお願いします」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:14:53.79 ID:KoffszcM0
岡部「ウェイウェイウェイ傍観を決めこむなそこのハカーよ!! 元はと言えばキサマのせいではないかぁっ!」

ダル「な、なにおぅ!! そりゃマシン作ったのは僕だけど、今回のきっかけはオカリンだろ常考!」

岡部「なぁっぐ! この鳳凰院凶真に責任をなすりつける気かっ……いいだろう、そっちがその気なら」

紅莉栖「ねぇ、おかべぇ……紅莉栖って呼んでくれないの?」ウルウル

岡部「へっ、へぇっ?」

紅莉栖「よんでほしいな……ふふ、岡部のほっぺた、やわらかくてかわいい///」スリスリ

岡部「ほぉおおっ! 頬ずりはちょっとぉっ!」

紅莉栖「ちょっとヒゲがちくちくするけど、でも全然いやじゃないよ……」スリスリ   

紅莉栖「大好きなおかべのだもん……はぅ、おかべぇ……かっこいいよぉ///」

岡部(あ、新手の辱めではないのかこれぇっ。かっこいいのかかわいいのか!)

紅莉栖「ねぇ……紅莉栖って呼んで、おかべぇ」

岡部「ふぬぅっ!」

紅莉栖「………おねがい」ウルウル

岡部(い、言うしかないのかっ……)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:20:31.46 ID:KoffszcM0
岡部「…………」

岡部「く………」

岡部「……紅莉、栖……」

紅莉栖「ふわぁっ/// うれしいよぉ岡部ぇっ、すきっ、だいすきぃ……おかべっ、おかべぇ///」ムギューッ

岡部「だっ、だから抱きつくな暑苦しいっ!! のわあぁスリスリするなあぁっ!!」

ダル「もしもし壁殴り代行さん? さっきの注文にトッピングでメリケンサックをオナシャス」

岡部「ダル頼むっ! お前もこのHENTAIを引きはがすのを手伝ってくれぇ、この処女危険すぎる!」

ダル「あーあー聞こえないーリア充の声なんて僕には聞こえないおー」 

紅莉栖「へんたいでもいいもん……」

岡部「……え?」

紅莉栖「私がこんなになっちゃうのは……あ、あなたの前だけだもん……///」

岡部「」

ダル「oh……」

紅莉栖「やだ、どうしたの岡部……見つめないで……ほんとうに離れられなくなっちゃうから……ね?///」

岡部(なんという精神攻撃さみだれうちっ、こっちまでこっぱずかしくなるではないかぁああああ)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:29:36.60 ID:KoffszcM0
紅莉栖「あぁ岡部ぇ、すきっ、すきぃ……だめぇ、どうしよう、もうおさえきれないよ……」

岡部「なっえっ、ちょっ!?」

紅莉栖「だっておかべが、こんなに近くにいるんだもん……ね、いいよね……?」

岡部「何がだっ! 何の許可を求めているのだ助手ぅ!」

紅莉栖「もう一回、『紅莉栖』って呼んで……? もっと私を、とろとろにしちゃっていいんだよ……」スリスリ

紅莉栖「おかべのものにしちゃっても……いいんだからね……」

岡部「ダッ、ダッ、ダルやばい! 本格的にヤバい! これ元に戻せないのかっ、戻せるだろ!?」

ダル「戻せるんなら最初からそうしてるっちゅーに。もうそのままイチャイチャしてればいいっしょ……」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:32:48.41 ID:KoffszcM0
ダル「はぁ~あ、オカリンってひどい奴だよな」

ダル「一緒に魔法使いだけのパーティ組もうって約束したのにさ……」

岡部「助手も助手だぞ! いつまでこうしている気なのだっ! いい加減飽きただろう!?」

紅莉栖「そんなことない……一日中だってこうしてたいよ。岡部ともっとぎゅーってして、べたべたしたいもん」

紅莉栖「岡部に抱きしめてもらって、すりすりして……たまに見つめあって、とろんってなっちゃって……」

紅莉栖「夜はお風呂でくっつきあって……寝るときも、岡部のにおいを感じながらぎゅーって……はぅ///」

岡部「うわ……うわぁ」

ダル「おいオカリンなんとかしろよ、オカリンの嫁だろぅ!」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:35:17.34 ID:KoffszcM0
岡部「よっ、嫁ではない! ただの助手だ! た……ただの助手だっ」

ダル「言い訳イクナイ! 見苦しいぞオカリン、こうなったらもう素直になるべき!」

岡部「だっ、すっ、素直って……」

岡部(クソぉっ、なぜだっ……どうしてこうなった、どうしてこうなったぁ!)

岡部(どうして……)


――――――――――――――

――――――――――

―――


カタカタ…カタカタ…

ペラッ


岡部「…………」

岡部「……ぬぅー」カタカタ

ダル「…………」ペラッ

紅莉栖「…………」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:41:11.15 ID:KoffszcM0
コポコポ

紅莉栖「…………」

岡部「……ぬぬ……ぬっ」カタカタッ ターン!

岡部「小癪なっ、クソぅ……なぜうまくいかんのだぁあっ……」

紅莉栖「」コトン

岡部「って、なんだ助手ではないか。……何の用だ? 今俺は忙しい、臀部の蒙古斑の話なら後にしろ」

紅莉栖「違うわHENTAI! そのネタ引きずりすぎ!」

紅莉栖「……ほら、コーヒー淹れてあげたの! さっさと飲みなさいよっ、冷めるから」

岡部「おお、助手にしては気が利くな。ようやく助手っぷりが板についてきたではないか助手ぅー」

紅莉栖「助手助手言うな。きっ……気が向いたからよ。なんか行き詰まってるみたいだし、それだけ!」

ダル「それにしてもこの嫁、ツンデレである」

紅莉栖「嫁でもないしツンデレでもない!! 橋田も堂々とそこでエロ本読むんじゃないHENTAI!」 

ダル「エロを恥ずかしがってるようじゃ年二回の聖戦は勝ち抜けないのだぜ」

紅莉栖「自慢げに言うな!」

岡部「こんなキャンキャンとうるさい嫁は誰も欲しがらんだろう。……ま、コーヒーには感謝しておくがな」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:45:27.10 ID:KoffszcM0
紅莉栖「…………」

岡部「む、どうしたクリスティーナ」

ダル「あ~あ、オカリンやっちまったな。僕知らね」ペラッ

紅莉栖「…………」

紅莉栖「……そうなの?」

岡部「は?」

ダル「!?」

紅莉栖「わ、私みたいな嫁は……だれも、欲しがらないの……?」

岡部「あ、いや……誰もというか、まっ、まあどこぞの誰かは欲しがるのではないかっ?」

紅莉栖「……おかべは?」

岡部「なっ! なん……何を言っているのだお前は」

紅莉栖「たっ、例えばの話よ! 岡部は、どういう女の人となら結婚するの……?」

紅莉栖「わ、私みたいなタイプとは……結婚しない……?」

岡部「それはっ、だな……」

ダル「……」ペラ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:49:41.56 ID:KoffszcM0
岡部「する……かもしれんし、しないかもしれんっ」

紅莉栖「なっ、なによそれ」

岡部「俺が決めることではないっ! 全てはっ、運命石の扉の選択なのだっ!! フゥーーッハッハッハッハ!!」

紅莉栖「……逃げたな」

ダル「ヘタレ乙」

岡部「ハハッ……ハッ……お、俺は忙しいと言っただろう! 助手と珍妙な問答をしている暇などないっ!」

紅莉栖「何よそれ……なによっ」

岡部「貴様は俺を手伝うがいい! 結婚だの何だの妙なことを言う前にっ、お前は……俺の、助手なのだからなっ」  
紅莉栖「!」

紅莉栖「……そ、そう……そんなに言うなら、し、仕方ないから手伝ってあげるわよ……」

紅莉栖「ホント……私がいないとダメなんだからっ……///」

ダル「あっつぃ~この部屋あっつぃいお~なんかあの辺りが異常な暑さだお~」パタパタ

紅莉栖「橋田うっさい! ……で、何を手伝えって?」

岡部「ああ。これを見てくれ」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:53:37.92 ID:KoffszcM0
紅莉栖「『未来ガジェット研究所』……?」

岡部「うむ。久しぶりに我がラボのホームページをのぞいてみたのだが、全くアクセス数がのびていないうえに」

岡部「ガジェットへの注文もいまだゼロなのだ。どうしたのものかと思ってな」

紅莉栖「ガジェットへの注文……って、売ってたのアレ!?」

岡部「当然だ。世界の支配構造を変えるためには、まずラボの名を知らしめねばならんからな、フハッフハッ」

紅莉栖「へぇー……そうなんだー……その発想はどうかと思うけど」

ダル「ま、ほとんどガラクタだし。未来ガジェットとはなんだったのか」

岡部「ダル貴様っ! お前もラボの一員ならラボメンとしての矜持とプライドを持ってだなっ!」

紅莉栖「矜持とプライドは同じ意味ですぅー。……私も橋田に同意、まともなものがない時点で論外よね」

岡部「なっ、あっ、あーっ、言ったな、言ったなそこのティーナ、言ってしまったなぁーっ!」

紅莉栖「ティーナは禁止! なによ、動いても効果を発揮しないならガラクタでしょ?」

岡部「フン……視えるぞ。この鳳凰院凶真の『魔眼』には……」

岡部「数分後、地に這いつくばるキサマの姿がなぁっ!」

紅莉栖「はいはい厨二病厨二びょ……って、どういうこと?」

ダル「単なる負け惜しみじゃ……いや待てよ」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:55:48.02 ID:KoffszcM0
ダル「まさかオカリン……あのナンバーを引っ張りだすん?」

岡部「ククク……フゥーッハッハッハ! 前言を撤回しよう、さすが我が右腕だぁその通りっ!!」

岡部「『効果を発揮しないならガラクタ』……ククッ、なるほどその論理は一見正しいようにも見える」

岡部「だが助手よ、貴様はこの大いなる邪神とも呼ぶべきガジェットを目の当たりにしてもなお」

紅莉栖「いいからさっさと見せろ」

岡部「ぬぐっ、これだこれ! これがそれだ!」ブワッ

紅莉栖「わぁっぷ! ホコリだらけじゃないっ、何よこれぇ……ゴホッゴホッ、なんが変なニオイもずるじ……」

岡部「そこを見ろ」

紅莉栖「えぇと……未来ガジェットマイナス8号機……『デレデレンジ(はぁと)』!?」

岡部「どうだ驚いたか」

紅莉栖「全っ然わからんわ! 少しくらい説明しなさいよ!」

紅莉栖「というか、ちょぉっと待って………いろいろとツッコミどころが多すぎて頭痛くなってきた……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 18:59:32.78 ID:KoffszcM0
紅莉栖「まず、未来ガジェットのナンバリングって1号からじゃないの?」

紅莉栖「たしか1号機は……『またつまらぬ物を粒子砲セーバー』とかだったような」

岡部「全然違う! もっ、全然違う!」

紅莉栖「まぁいいわ。それでマイナスってどういうこと?」

岡部「フゥン……確かに正規品にはマイナスなどつかん。だがこのラボのガジェットには極秘ながら」

岡部「マイナスナンバーが存在するのだ」

ダル「……いや、だからそれが何でかって牧瀬氏は」

岡部「つまり、効果がありすぎてヘァンパなく危険なものはマイナスとして封印しているのだ。どうだ驚いたか」

紅莉栖「そう言われてもピンとこないわけだが」

岡部「そんなエサには釣られないというわけか……VIPPERは巣に帰れ!」

紅莉栖「VIPPERじゃない! 効果を教えてよ効果を!」

岡部「ほぉう……ほぉ~~~~ん? やはり興味があるのだなぁ、実験大好きっ子よぉ」

紅莉栖「きょっ、興味とかじゃなくてっ、ここまで教えたら全部教えるのが筋ってもんでしょ!?」

ダル「ス……スジ? ハァハァ」

紅莉栖「おのれはどこにハァハァしとるんだ! さっきから話が進んでないじゃないHENTAIコンビっ!」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:02:32.14 ID:KoffszcM0
岡部「よかろう……そこまで望むのなら教えてやろうではないか。ダル、紹介文」

ダル「へいへい。っと、あーこれか……――この『デレデレンジ(はぁと)』は、愛情解放マシンです」

紅莉栖「……は?」

ダル「『デレデレンジ(はぁと)』の波動をお見舞いされた者は、恋愛感情メラメラ。欲望モーリモリ」

ダル「想い人への欲求をむき出しにします。これで素直になれないあの子のハートをキャッチ!」

岡部「うむ」

紅莉栖「…………」

ダル「えぇとあとは――レンジの発する高周波が大脳に直接働きかけ、脳内モルヒネをゲキ促進」

ダル「ユニバーサルメルカトル的な作用により、ほとばしる熱きパトスで少年が神話になります」

紅莉栖「待てぇえい! うさんくさいにもほどがある! どこのいかがわしい通販サイトよ!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:07:20.86 ID:KoffszcM0
岡部「ほぉ~~~~ん助手よぉ、そういうサイトも知っているわけかぁ? スッウィ~~~ツ(暗黒微笑)」

紅莉栖「ちっ、ちがう! しらないっ、興味なんてない!」

紅莉栖「別に今好きな人がいてっ、その人の前だと素直になれなくて自分がイヤになって」

紅莉栖「だから自分を慰めるためにそういうサイトをたまにのぞいてるとか……全然そういうんじゃないんだから!」

岡部「…………お、おお」

ダル「ちなみに紹介の最後の文は、『珍世紀イボアンゲリオン』のOPだお。今度新劇場版が公開――」

紅莉栖「あぁもうダメだコイツら、早く何とかしないと」

紅莉栖「……で、これはどうして封印されたわけ? だいたい予想はつくけど」 

岡部「ぬぐっ!!」

ダル「……うぅ」

紅莉栖「? どうしたのよ?」

岡部「それは……語るも涙の、おぞましい過去があってだな」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:09:35.75 ID:KoffszcM0
岡部「もともとダルはこれを、『フェイリスたんはツンデレに違いない』とかいう謎の意志で作り上げたのだが」

ダル「僕は悪くない! 僕は悪くないお!」

岡部「誰かに使う前に自分たちで実験をするべきだろうということになってな」

ダル「でもその時に……」

岡部「ああ。レンジが誤作動を起こしたのだ。そして俺たち二人ともが波動を食らってしまった」

紅莉栖「それで……どうなったの?」

岡部「狂乱の宴だ」

紅莉栖「は?」

ダル「ぼっ、僕たち二人がまるで蜜月の恋人のように睦みあい、抱き合いちゅっちゅちゅっちゅ……オエー!」

岡部「ぐふっ、俺も吐きたくなってきたぞぉぉっ……!」

紅莉栖「げぇ~っ……てことはアンタたち普段からお互いをそういう目で……」

岡部「ちがァァァうっ!! 思い出させるな腐りかけの処女めがっ!」

紅莉栖「誰が腐りかけか! ……ってそういうことじゃないなら、どういうこと?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:14:39.08 ID:KoffszcM0
ダル「あのときはたぶん、二人して近距離で波動を食らっちゃったから、効果がおかしくなったんだと思われ」

ダル「対象を一人に絞ればちゃんと作動する……はずだお」

岡部「まぁそんなこんなで気づいたら効果は解けていた。そのあと数時間は吐き続けたがな。どうだ驚いたか」

紅莉栖「はぁっ……なによ、結局ちゃんとした効果は実証できてないんじゃない」

岡部「む」

紅莉栖「それに、本職の私に言わせればそんなの疑似科学より疑わしいわね。うまくいくわけない」

岡部「おや、おやおやぁ? もしやこの助手は嫉妬しているのかぁ?」

紅莉栖「なっ! なんで私が嫉妬なんて……」

岡部「むぁああ確かにぃ……この驚異的なマッスィ~~~ンを認めたくないというその気持ちはよぅくわかるぞ」

紅莉栖「ち、ちがっ……嫉妬とか以前に、こんな非科学的で論理性皆無のマシンが動くわけないって言ってる!」

岡部「ならば試してみるかぁ? 動くわけないなら試せるだろう? ククッ、助手よぉ」

岡部「にしても……まだ起動はするのかコレ。えぇとコードは……これか」

ダル「ちょっ、オカリン? そんなむやみに動かしたらヤバくね?」

岡部「だぁいじょうぶだ。起動確認をするだけだ……実際に動かすわけではない」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:17:33.06 ID:KoffszcM0
がちゃっ

まゆり「ただいまっトゥル~! わぁ~みんなそろってるねぇ~」

紅莉栖「あ、まゆり、はろー」

岡部「おお、まゆりか。……もうバイトは終わったのか? かなり早い気がするが」

まゆり「ううん、まだ~。お昼の休憩とれたから戻ってきたのです。ここでみんなでごはんたべよ~って思って」

岡部「またからあげか? ふふ、飽きないなお前も」

紅莉栖「……まゆりにだけは優しいんだからアイツ……ニヤニヤしちゃって……」ブツブツ

ダル「ほほ~別の意味で嫉妬ですたか」

紅莉栖「開頭するわよ?」ギロリ

ダル「しーましぇん」

まゆり「あっ、レンジ使ってないならあっためさせてもらうね~。ふー、おなかぺこぺこだよ~」

岡部「ああ、いいぞ」

岡部「………………ってよくないぃい!!」

紅莉栖「まっ、まゆり!! ダメっ……そのレンジは!!!!」

まゆり「えっ、なに~!?」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:19:27.22 ID:KoffszcM0

バチバチッ バチィッ!!

岡部「まゆり!! 危ないっ!!」

まゆり「ふわぁっ、オカリン!?」


ドゴォオオオオオオオン!!


モクモクモクモク…


ダル「ぶほっぶほっぉっ、換気換気ぃっ……」

岡部「ゲホッゲホッ、ゴホッ……ぬぉー……まゆり、大丈夫か?」

まゆり「う、うん。だいじょうぶ~。ごめんね……まゆしぃが……」

岡部「いや、お前のせいではない。俺たちがちゃんと説明をして……というかお前、大丈夫……なのか?」

まゆり「ん~?」

ダル「それを言うなら僕たちだって平気みたいだお。波動、くらったはずなんだけどなぁ……」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:22:48.35 ID:KoffszcM0
岡部「どうなったんだ一体……俺たちに異常はない?」

ダル「みたいだね。免疫とか耐性でもついたのかな」

岡部「ならばまゆりは?」

ダル「まゆ氏は……普段からわりと欲望に忠実だからとか?」

岡部「……妙に納得できてしまうのが怖いな。今はそう考えておくしか…………って助手は!?」

ダル「!! そうだ牧瀬……氏……」

岡部「へ!? どこだ助手は! どっ、どこだ!?」

ダル「いや……オカリンそれ……その、腕のそれ……」

岡部「はっ!? 腕!?」

岡部「う……で……」


紅莉栖「おかべっ、おかべぇ///」スリスリ


岡部「」

ダル「…………」

まゆり「……ク、クリスちゃん?」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:29:32.51 ID:KoffszcM0
岡部「これ……は……」

紅莉栖「おかべ……///」

岡部「フ、フハハッ……ど、どうしたのだ助手よぉっ! 我が狂気のオーラに当てられたか!?」

紅莉栖「うん……」

岡部「え?」

ダル「な」

岡部「じょっ、じょじっ、助手よぉっ!! まさかお前あの波動をっ」

紅莉栖「すき」

岡部「――――」

紅莉栖「岡部のことが、すき。……だいすき」

紅莉栖「ずっと……ずっと前から好きだったの」

岡部「な、あ、あ」

紅莉栖「あぁ、やっと言えた……やっと言えたよぅ……岡部すきぃ……だいすきなのっ」

岡部「はっ、な……はぁっ?///」

紅莉栖「えへへ/// なによ岡部、顔真っ赤になってる……かわいい///」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:34:45.40 ID:KoffszcM0
ダル「な……なな……牧瀬氏だけに、『デレデレンジ(はぁと)』の波動が作用したん!?」

まゆり「クリスちゃんがすごい積極的だよ~! まゆしぃは世紀の瞬間に立ち会ってしまったのです!」

紅莉栖「岡部、照れてるんだ……ふふっ、じゃあこれからはいっぱい、何回でも言ってあげるんだから///」

岡部「なにっ、何をっ」

紅莉栖「すき。だいすきよ……あなたのことが好き」

岡部「ふぐわぁあああっ、やめっ、やめろ助手ぅううう!!」

紅莉栖「岡部すきぃ……だいすきだからね……こんなに好きなんだよ? 伝わってる?」

紅莉栖「もう夢中なの……めろめろなんだから……」

紅莉栖「……私の頭の中には、あなたしかいないんだよ……?」

岡部(落ち着いて素数を数えろ素数を数えろ……4、6、4、9、ダメだヨロシクってなんだよぉおおおお)

紅莉栖「ふふ、また真っ赤になってる。あぁんもう好きぃ、すきなの岡部ぇ……あ、あいしてるの///」

ダル「え……なんなんこれ、なんなんこの感じ? 死ねってこと?」

まゆり「ダル君落ち着いて~。何があったのか、くわしいことはまゆしぃにはわからないけど……」

まゆり「えっへへ~。とってもいいことだっていうことだけは、まゆしぃにもわかるな~」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:40:27.40 ID:KoffszcM0
ダル「は~あ、まゆ氏ってなにげに大物だよな。僕には壁が何枚あっても足りませぬぞ」

岡部「~~~~~っ」

紅莉栖「あん岡部ぇ……どうしてそっぽ向いちゃうの? ちゃんと私の方を向いて……?」

岡部「……っ」

紅莉栖「おかべっ、おかべぇ、すきっ、すきぃ……ねぇおねがい、こっちを見て……だいすきなのぉ」

岡部「……う」

紅莉栖「おかべぇ……」ウルウル

岡部「っ」チラッ

紅莉栖「……えへへ、おーかべっ/// アンタがイヤって言っても、もう離してあげないんだからっ///」ムギュー

岡部「あ……あああ……」

岡部「……ぁあああああああああああああああああああーーーーー―……


―――

――――――――――

――――――――――――――

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:49:16.24 ID:KoffszcM0
岡部(……あれから二時間あまりが経過した)

岡部(助手のデレっぷりを考えれば短時間とも言えるし、デレられている俺からすればとても長かった)

岡部(あの小生意気な助手風情がここまでの変貌を遂げるとは……なんたる不覚っ。だがもう遅れはとらん!)

岡部(とはいえ、状況はあまり変わっていない。それどころかむしろ……)

紅莉栖「んー……」

岡部「ってちょぉっと待てぇえっ! おまっ、何をしようとしている!!」

紅莉栖「なにって……キ、キス……///」

岡部「キッスって、お、お前ぇ、そんなことできるわけがなかろぉおお……ここにはダルもいるのだじょっ!」

岡部(ろれつ自重しろ)

紅莉栖「わ、わかってる……でも、だって……がまんできないんだもん。あふれちゃったんだもん……」

紅莉栖「岡部とこうしてるとね……さっきよりも、一秒前よりも、どんどん岡部のことが好きになっちゃって……」

紅莉栖「こんなに岡部の顔が近くて……あぁどうしよう、おかべのにおい……わたしっ、あぁ、おかべぇ……」

紅莉栖「んぅー……///」

岡部「ちょおちょちょちょっ、無限ループ無限ループ!!」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 19:57:07.67 ID:KoffszcM0
紅莉栖「んぅ~~~っ、おかべのいじわる……ひどいよ、岡部とちゅーしたいのに」プクーッ

岡部「こっ、くぉのっ、HENTAIっ、HENTAIメリケン処女!!」

紅莉栖「……うん……へんたいだよ……岡部の前だと私、へんたいになっちゃうんだよ……?」

紅莉栖「だから……ね?///」

岡部(この女無敵かっ、無敵なのかぁぁっ)

紅莉栖「ねぇ、キスしよ? おかべぇ……」

岡部「いやっ、そのっ」

紅莉栖「ふぅん、いいわよ。岡部がちゅーしてくれないなら……イタズラしちゃうんだから……」

岡部「っ!?」

紅莉栖「えへへ/// やっぱり岡部も男の子なんだ……がっしりしてて、ドキドキしちゃうな……///」サワサワ

岡部(サぁっ、サワサワは無しだろぉおおおっ)

紅莉栖「ねぇおかべぇ、ちゅーしようよぉ……岡部とちゅーしたいな……いっぱいしてあげたい……」サワサワ

紅莉栖「あっ、暴れたらぎゅってできないでしょ。こっち見なきゃだめ……もうっ、じゃあ最後の手段」

紅莉栖「岡部……すき、だいすき……ちゅーさせてくれるまで、ずっとささやいちゃうもん……すーきっ///」

岡部(今俺に迫っているのはMr.ブラウン今俺に迫っているのはMr.ブラウン今俺に迫っているのは)

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 20:06:12.16 ID:KoffszcM0
岡部(Mr.ブラ……)

紅莉栖「すき……すきぃ……岡部がすきなの……おかしくなりそうなくらい、すきぃ……」

岡部(ムリムリムリこれに耐えるとかムリゲーだろっ、ムリだぁ俺にはムリだったんだぁ……誰かーっ!!)

紅莉栖「あぁ、すきだよぅおかべぇ……もうがまんできない……ごめんね岡部……キス、しちゃうね……」

岡部「誰かぁーッ、誰かヘルプ! サムワンヘルプミーッ!! ヘールプ……ヘ……」

岡部(……誰か? あれ、誰もいない、のか……?)

ガチャ

ダル「ただいま戻りますた」バタン

岡部「へ? な、ダル? ……お前さっきまでここにいたのに、どこへ行って」

ダル「ふぅ……君たちちょっと騒ぎすぎなんじゃないかな。ブラウン氏に怒られてしまうだろう」

岡部「え?」

ダル「キスだの好きだの……人に聞かれると困る内容じゃないのかい? 少しは声を抑えるべきだよ」

ダル「岡部君もそう意地を張らず、キスの一つや二つしてあげるといいんじゃないかな、ハハッ」

岡部「フィ……」

岡部「『賢者の時間(フィロソファーズ・タイム)』……だと……?」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 20:11:53.36 ID:KoffszcM0
ダル「ふぅ……やれやれ。こんなことならまゆ氏についていけばよかったお。フェイリスたんにも会えるし」

岡部「ま、待ってくれ! お前にまで出て行かれたら俺は殺されてしまうっ、性的な意味でぇっ!!」

ダル「自慢にしか聞こえない件について。は~あ……まゆ氏と牧瀬氏の百合展開とかなら完全に僕得だったのに」

紅莉栖「HENTAIは自重しろ」

ダル「そっ、そこには反応するん!? 今まで僕のことガン無視だったじゃん!」

ダル「チクショー!! 二人してデレフィールド張りやがって! もっと僕をいたわるべき!!」

岡部「………ナイスだ、ダル」

ダル「は? 何が?」

岡部「あー、ゴホンッ、」

岡部「そうだなー……俺も百合展開がよかったかなー、ほらぁ俺って実は百合大好物じゃないですかぁー」

岡部(ここはあえてっ、嫌われてみるというのも手だろう! どうだクリスティーナよ! 思い知っ……)

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 20:24:24.57 ID:KoffszcM0
紅莉栖「…………お、おかべが……岡部がそう言うなら……やってみる、けど……でも……」

紅莉栖「でも、やっぱり私は……」

紅莉栖「……おかべとっ、ぐすっ、おかべと、べたべた、すんっ、したいっ……」ウルウル

岡部「のわぁあああっわかったぁっ!! お、俺が悪かったぁっ、泣くなっ!! 泣くことないだろう!?」

ダル「すでに尻に敷かれているでござるの巻」

岡部「黙れ偽りの賢者っ! お~よしよし、この俺がなでてやるぞぉ、よしよし、だから泣き止むがいい助手ぅ」

紅莉栖「……くりす」

岡部「くっ、紅莉栖……泣き止め、な?」ナデナデ

紅莉栖「ふぁっ/// う、うん……でも、もっとなでなでしてくれないとやだ……」

岡部「こうか?」ナデナデ

紅莉栖「ふわぁっ……/// はあぁ、おかべっ、おかべぇ……すごい、しあわせぇ……///」

岡部(クソぉっ、ちょっとキュンときてしまったではないかぁっ)

紅莉栖「や、やめないで……もっとなでなでして……はぅうっ、そっ、そぉっ……おかべぇ///」

ダル「なぁオカリン……マジでもういっそブッチューしちゃえばよくね?」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 20:55:01.08 ID:KoffszcM0
岡部「なっ!? ……何を言っているっ、そんなことできるわけがなかろう!」ナデナデ

紅莉栖「はぅう、岡部ぇ、そんないっぱい……なでなで、すごい……///」

ダル「だってさ、なんだかんだ言って今の状況、まんざらでもないわけっしょ?」

岡部「そぉっ!! それは、だな……」

岡部「……あ、いやっ、そうだダルよ、この状態から戻っても記憶は継続するのだぞ?」

岡部「あとで元に戻ったときに紅莉栖に何をされるかっ……」ナデナデ

紅莉栖「だめっ、だめぇ……そんなになでられたら、とけちゃうよぉ岡部ぇっ……///」

ダル「オカリンこそなんか勘違いしてね? あのレンジは別に洗脳メカってわけじゃないのだぜ?」

ダル「つまり今、オカリンの前で展開されている光景こそ、牧瀬氏の本心であり本性なわけで」

ダル「要するにブッチューおkってことっす! うっひょーリア充爆発しろぉ、汚ねえ花火だぜぇ」

岡部「…………」

岡部「……たとえ……」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:03:19.47 ID:KoffszcM0
岡部「たとえ、そうであったとしても……」

岡部「紅莉栖がこんな状態の時に、俺の都合で、なんて……卑怯だろ……」

岡部「俺は……俺からはっ、もっとちゃんと」

ダル「……はぁ、まあオカリンがそれでいいならいいけどさ。相変わらず変なとこでマジメっつーか」

岡部「すまん……だが、お前の言う通り、逃げてばかりでもいられないな」

岡部「紅莉栖」ナデナデ

紅莉栖「ふぇっ……?」

岡部「この際だから正直に言おう。不慮の事故とはいえお前を巻きこんでしまって、本当にすまなかった」

岡部「それから、お前は想いを告げてくれたのに、うまく応えられずにいて……すまなかった」

岡部「必ず返事はする。だが、今は事情があってできないのだ」

岡部「だから、その……お詫び、というか……なんというかっ……」

紅莉栖「……?」

岡部「ほっ…………頬に、キスくらいなら……し、してやるから……」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:11:06.06 ID:KoffszcM0
紅莉栖「!!」

紅莉栖「……おかべ」

ダル「僕が言ったのと大差なくね?」

岡部「ぬぐっ、そ、そんなことはないっ! アメリカではこれくらい、スッ、スキンシップの範囲だろう!?」

岡部「そうだっ!! これはスキンシッ」

紅莉栖「おかべぇっ!!///」ムギュー

岡部「のわぁあああっ!!」

紅莉栖「おかべっ、おかべぇ……うれしい、うれしいよぅ……すきすきっ、だいすきっ///」ムギュー

岡部「だぁっ、だからといってそうやすやすとムギューしていいとはぁ!!」

紅莉栖「キス……してくれるってことは、岡部は、私のこと……きらいじゃないんだよね?」

岡部(嫌い……どころか)

岡部(いや、今は何も言うまい)

紅莉栖「えへへ/// おかべっ、おかべぇ……すきっ、すーきっ///」ムギュー

岡部(なんかやっぱりあとで殺されそうな気がするぅ……ヤバいしくじったような気がするぅ)

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:20:50.84 ID:KoffszcM0
ダル「にしても、なんか余計にややこしくなったような希ガス」

岡部「きぃっ、気のせいだ」

ダル「さいですか」

紅莉栖「ねぇ、おかべぇ、スリスリは? スリスリは……もっといっぱいしてもいい?」

岡部「ス……スリスリは……スリスリはぁっ……」

紅莉栖「ぶぶー、時間切れ。岡部にはスリスリの刑ねっ/// えいっ、おかべのほっぺっ///」スリスリ

岡部(これが次元溶解技『デレフィールド』っ……相手は死ぬ)

ダル「ツンデレ主人公が逆攻略されるとか……このエロゲけしからん!」

岡部「エロゲではないリアルだぁあっ」

紅莉栖「はぁぁ岡部ぇ……ずっとこうしてたいよぅ……しあわせすぎて、しんじゃいそう……」スリスリ

紅莉栖「あのね、私……あなたのことが好き……世界でいちばんすきっ……///」

岡部「だっ、大事なことだから二回言ったわけだな」

紅莉栖「ふふっ、素直じゃないんだから……でもすきっ///」

ダル「――――!」ピコーン

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:28:29.20 ID:KoffszcM0
ダル「キ……」

岡部「っ、ダ、ダル?」

紅莉栖「?」スリスリ

ダル「キタァアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーッ!!」

岡部「のぉわっ!! どっ、どうした!?」

ダル「キタキタキタキタキタキタァッ、オカリン風に言うと灰色の脳細胞ktkr!!」

岡部「何か、閃いたということか……?」ガタッ

ダル「バーロー、『何か』なんてレベルじゃないっつーの! 『二回』、『二回』だお!」

ダル「最初からヒントはそこに隠されていたんだお! 真実はいつも一つ!」

紅莉栖「ちょっと橋田っ、急におっきな声出さないでよっ」

紅莉栖「……岡部が……はなれちゃったじゃない……」シュン

岡部「『二回』……つまりどういうことだ?」

ダル「マジレスすると、『デレデレンジ(はぁと)』の波動をもう一回当ててやれば」

ダル「牧瀬氏は……元に戻る!」

紅莉栖「おかべ……すりすり……」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:36:26.10 ID:KoffszcM0
岡部「ほ……本当か!?」

ダル「僕たちがデレた時もさ、しばらくして帰ってきたまゆ氏が、からあげのためにレンジ起動しちゃって……」

ダル「今になって考えてみれば、逆にそのおかげで僕たちは元に戻れたんだと思われ」

岡部「おぉ……おおっ! でかしたぞダル!!」

岡部「なるほど、催眠術の要領だな。催眠術も催眠を解く時はもう一度術をかける!」

ダル「ま、そんな感じかも。つーわけでレンジ準備するからちょい待ち」

紅莉栖「おかべぇ……すりすり……」

岡部「今ちょっと大事な話をしてるんだ。あとでな」ナデナデ

紅莉栖「ふぁんっ/// ご、ごめんなさい……がまんする……///」

岡部(しかし戻すとなると……このデレデレクリスティーナともオサラバか)ナデナデ

紅莉栖「はぅう、うれしいっ、きもちいいよぅ……なでなでとろけちゃう、おかべぇっ……///」

岡部(……さ、さびしくなんかないぞ)ナデナデ

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:46:48.56 ID:KoffszcM0
紅莉栖「はぁぁ……ふぁあっ……ふわぁ……///」

ダル「おっ、オカリンこと岡部氏それちょっとやめてプリーズ! ムラムラ、じゃなかったイライラするぜよ!」

岡部「『それ』って……これのことか?」ナデナデ

紅莉栖「んぅっ……えへへ///」

ダル「そうそれだお! なんか妙にエロいんだってばよ牧瀬氏の声!」

岡部「あまり無駄口をたたいていると後で助手にヌッ殺されるぞ」ナデナデ

紅莉栖「あとで……あとで、おかべ……キス、してくれるのかな……///」

ダル「ひぃい、そうだったお……ま、牧瀬氏、今のとこカットでオナシャス」

紅莉栖「……キス……ちゅー……///」ポー

ダル「なんという超絶スルー。まあ別にいいんですけれどもね……ほいっと、準備終わり」

岡部「感謝するぞ。よし、あとは……」

ダル「牧瀬氏にこっちに来てもらって……そう、そんな感じで」

岡部「うむ。こうか……」

岡部「……では、頼む」

ダル「オーキードーキー。じゃ……レンジ起動するお?」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 21:54:56.63 ID:KoffszcM0
岡部「紅莉栖……短い間だったが、お前のことは忘れない」

ダル「むしろ忘れてたくても忘れられないインパクトがあったお……」

岡部「うむ。そうだな……」

紅莉栖「? ……おかべ?」

岡部(さらばだデレクリス……そしてグッバイ)

岡部「」スゥーッ

岡部「……『デレデレレンジ(はぁと)』ッ、起動だッッ!!」

ダル「アイアイサー! いっけえええマグナァアアアム!!」

岡部「エル……プサイ……」


バチバチッ バチィッ!!


岡部「コングルゥッ……!!」


ドゴォオオオオオオオン!!


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:01:02.78 ID:KoffszcM0
モクモクモクモク…


岡部「ゴホッゲホッ、ゴッホッ……――や、やったか!?」

ダル「ちょ、オカリンそれやってないフラグ……ぶほっぶほっぉっ、換気扇つけんの忘れてたおぉ……」

岡部「グッ、ゲホッ……げむりでみえないぞぉっ……」


モクモク…


岡部「……ど、どうだぁダルっ……紅莉栖はっ」

ダル「たぶん大丈夫だと思うけど……」


「ちょっと岡部ぇっっ!」


岡部「――――!!」

ダル「うわぁああああっ、まっ、ままままきまきまきっ、牧瀬氏!?」

岡部「くぅっ紅莉栖、すっすまっ、すまなかったぁあ本当に悪かったと思ってる反省しているぅう!!」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:07:34.74 ID:KoffszcM0
紅莉栖「…………」

岡部「……く、紅莉栖?」

ダル「え……なんぞ?」

紅莉栖「ふふっ、おかべぇ……」

紅莉栖「ねぇ、どうしてそんなところにいるの……?」

岡部「へ?」

紅莉栖「私から離れたらぁ、めっ、って言ったでしょ?」

紅莉栖「……ほら、おいで? なでなでしてあげるから……ね?///」

岡部「…………」

ダル「…………」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:12:27.46 ID:KoffszcM0
岡部「おいダル……明らかに様子がおかしいぞっ、一体どうなっているぅっ!」ヒソヒソ

ダル「ぼ、僕に聞かれてもわからんですお……でもなんか雰囲気が変わったっつーか」ヒソヒソ

紅莉栖「こらぁ、何ヒソヒソ話してるの? おとなしくこっちに来なさい岡部ぇっ」

岡部「うぉええ!?」

紅莉栖「何を驚いてるのよぅ。岡部の場所はぁ、私の胸の中でしょ?」

紅莉栖「い~っぱい甘やかしてあげちゃうんだからぁっ///」


ダル「ひょえーーーなんか『セクシーおねえさん』っぽくなっとるでぇーーー!!」


岡部「」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:31:17.98 ID:KoffszcM0
紅莉栖「ふふっ、つーかまえーた/// もう離してあげないぞ……ぎゅーっ///」ムギュー

岡部「ぬぉぉぉおっおっ、おいダルっ、元に戻ったのではないのかぁあっ!?」

ダル「あー……戻ってないっぽい」

岡部「詐欺かお前ぇっ! ひょおわああっ、紅莉栖おまっ、ヘンなところをさわるでないぃっ!」

紅莉栖「あん……どうして? 恥ずかしがらなくてもいいのに。ぜ~んぶ私にまかせていいんだよ……///」

ダル「そっ、そうかわかったお! あの時まゆ氏がレンジをいじったのは確かだけど」

ダル「どういじったかまでは再現しきれてない!」キリッ

岡部「イヤいばるところかっ! ぬぐっクリス……ティーナぁっ、はな……せぇ……っ」

紅莉栖「もうっ、大人しくするのぉっ、暴れちゃだぁめっ…………ふぅーっ」

岡部「ふわぁああっ、みっ、耳はやめろぉぉおおお」

紅莉栖「ふふっ、かわいい声……/// もっといっぱい聞かせてほしいな……ほら、身体の力抜いて……ね?」

ダル「そ、そうだまゆ氏に電話して聞いてみるお! あの時の設定覚えてるかもしんないし!」

岡部「たぁっ、頼む!! 早くしないと俺の純潔がっ、」

紅莉栖「あぁん、たまんない岡部ぇ/// ……おかべの、もらっちゃうね……?///」

岡部「ふわぁあああああ紅莉栖やめろぉおおおおおおおおおおおおお」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:38:21.41 ID:KoffszcM0
――――――――――――――

――――――――――

―――


岡部「ゼェッ……ゼェーッ……ゴホッ……ブハァーッ……」

ダル「……………」

紅莉栖「岡部のいけずぅ……素直じゃないんだから。こっちに来てくれたら、いろいろいーっぱい、」

紅莉栖「岡部のしてほしいこと、全部してあげちゃうのにな……///」

岡部「……ゴホッ、ゴホン。……それで、ダルっ……?」

ダル「えぇと、大変申し上げにくいのですが」


まゆり『ごめんね~覚えてないや~、まゆしぃは今を生きるのですっ、なんて~』


ダル「だそうです」

岡部「ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーーーーー!!」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:48:00.03 ID:KoffszcM0
紅莉栖「ね、おかべぇ……そっちにいないで、私のところにおいでよぅ……」

岡部「くぅぅっ、今度はどういうことなんだ……モードが変わったということなのかっ?」

岡部「だが『おねえさん』とかオカシイだろぉ、一応年下なんだぞコイツ、これもコイツの本性だとっ!?」

ダル「あー……願望なんじゃね? いつもはオカリンにイジられてるわけだし」

岡部「ぬぐぅっ、心当たりがありすぎてもう」

紅莉栖「ほらぁ……私のふともも、柔らかいよ? ここで岡部の好きなだけ、膝枕してあげるんだけどな……」

岡部「ひ……」

紅莉栖「膝枕して、優しくなでなでしてあげて……とろとろになるまで、甘やかしてあげちゃうのにな……///」

岡部「ひぃ……お、おいぃ、ダルっ……そうだもう一回だ、もう一回波動を当てれば元に戻るはずっ」

ダル「そ・れ・は、ム・リ」

岡部「なぁっ!? なぜ……」

ダル「アレってけっこう負担かかるみたいでさ。急な連続使用はムリっす。休ませないとレンジが火吹くでござる」

岡部「た、確かに……レンジもそうだが紅莉栖への影響も考えなくては、か……」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 22:57:15.72 ID:KoffszcM0
ダル「というわけで、僕はメイクイーン行ってくるお」

岡部「ちょぉっちょ! 何がどうなって『というわけ』なのだっっ!!」

ダル「えぇ~だってまた二時間くらいかかるわけっしょ? もうこの桃色時空にはメシマズすぎて耐えられませんお」

岡部「んがっ!! な、なっ……」

岡部(二時間……桃色……)

ダル「ダルしぃはもう限界なのです」

岡部「ま、待ってくれお前がいないとっ」

紅莉栖「おかべぇ、あぁん、じらさないで……よしよしってなでなでしてあげて、ちゅっちゅしたいよぉ……」

岡部「~~~~~~」

ダル「な?」ドヤァ

岡部「~~……」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:05:09.39 ID:KoffszcM0
岡部「わ……わかったダル…………行ってこい……」

岡部「頼むから、また帰ってきてくれぇ……」

ダル「了解。アンタ今、最高に輝いてるよ」グッ

紅莉栖「あぁ岡部ぇっ、少し涙目になっちゃってる……かわいいぃ……///」

岡部「いぃっ!?」

紅莉栖「やだ、どうしてそんなにかわいいの……キュンキュンしちゃって……止まらなくなっちゃうよ……///」

ダル「アディオス!!」

岡部「――あっ、やっ、やっぱりダル今はっ」


バタン


岡部「…………」

岡部「……」

岡部「っ」チラッ

紅莉栖「///」ニコッ

岡部「」

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:13:02.35 ID:KoffszcM0
紅莉栖「ふふっ、やっと二人きりになれたね……おかべぇ……///」

岡部「いいいい、いやっ、見かけは二人きりでも実はそうではなくっ、このラボは機関による監視を受けて」

紅莉栖「あん、どうして逃げちゃうの……? 岡部は私に甘えるの……いや?」

岡部「だって、おっ、お前が近づいてくるからっ」

紅莉栖「私のせいじゃないもん。私が岡部に迫ってるのは、岡部のせいよ……」

紅莉栖「岡部が……かわいすぎるから……私のこと、そんなうるうるした眼で見つめて……」

岡部「なっ、何を」

紅莉栖「逆効果だってわかってるの? そんなの、キュンキュンしちゃうに決まってるじゃない……」

紅莉栖「そんな甘えるような、かわいい顔されたら、どこまでも愛してあげたくなっちゃう……」

紅莉栖「ただでさえ岡部のそばにいると、我慢なんてきかないのに……あぁ、愛しいよぅ///」

岡部(それやっぱりお前のせいではないかぁっ)

紅莉栖「ね、おかべぇ……」

岡部「ぅっ……」

紅莉栖「いっしょにいいこと……しよ?」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:21:50.45 ID:KoffszcM0
岡部(いいことっ、いいことってなんだよぉっ、教えてくれエロい人ぉっ!)

岡部「だっ! だが断る……」

紅莉栖「……ふぅん」

紅莉栖「へぇ……そういうこと言っちゃうんだ……?」

岡部(何をそんなニヤニヤしているのだぁっ!)

紅莉栖「じぃーっ……」

岡部「見るなぁっ」

紅莉栖「顔……真っ赤になっちゃってるよ……?」

岡部「そぉっ、そんなことはっ……」

紅莉栖「ふふっ、かわいいなぁもうっ/// 食べちゃいたいって、こういうのを言うのかな……///」

紅莉栖「そうやって女心をくすぐって……私をどうする気なの……?」 

岡部「ど、どうって」

紅莉栖「たまんないよぉ岡部ぇ……ね、どうして赤くなっちゃったのかな?」

岡部「いや、そのっ」

紅莉栖「ねぇ、おしえて……?」

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:28:17.77 ID:KoffszcM0
岡部「……だっ、だからっ……」

紅莉栖「うん……なぁに……?」

岡部「だからっ、さ……察してくれ……」

紅莉栖「ん~?/// わからないわよぅ……言葉にしてくれないと……ね?」

岡部「っ、も、もう言わんからなっ……」

紅莉栖「あぁん、いじけないで岡部……ごめんね、だってつい、いじめたくなっちゃうんだもん……」

紅莉栖「ホントかわい……///」

岡部「~~~~っ」

岡部(何だよこれぇ……何だよこれぇっ)

紅莉栖「目そらしちゃだぁめ……赤くなってるかわいい顔見せて……」

紅莉栖「ねぇ、ドキドキしちゃったんでしょ? ……ふふっ、何をソーゾーしたの?」

岡部「っ、なっ」

紅莉栖「私にどんなことしてほしいの? 言ってくれたら、何でもしてあげるよ……?」

紅莉栖「岡部のしてほしいこと、何でも……」

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:33:40.89 ID:KoffszcM0
岡部「お、俺は……なにもっ……」

紅莉栖「ん~?///」

岡部「っ、だからっ」

紅莉栖「答えてくれないなら、このままよ? 私はずぅーっと、いつまでも岡部のそばにいるもん」

紅莉栖「だからぁ、遠慮なんかしたらダメだぞ? 私は、岡部のために存在してるんだからね……」

紅莉栖「私の心も身体も、あなただけのものなんだよ……///」

岡部「そん、なっ……」

紅莉栖「ほらぁっ……命令しちゃっていいんだよ? ぜんぶ吐きだしちゃお?」

紅莉栖「私のこと自由にしても……モノみたいに扱ってもいいんだよ……?」

紅莉栖「ふふっ、それともやっぱり……」

ジリッ 

岡部「っぁ」

紅莉栖「岡部はこうやって、迫られるのがすきなのかな……?///」

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:41:45.60 ID:KoffszcM0
岡部「や……いやっ」

紅莉栖「やっぱりそうなんだ/// 岡部かわいい/// あぁん、またうるうるしちゃって……」

岡部「いやっ、いやぁっ」

紅莉栖「迫られちゃうのが、こうふんするんだよね? 岡部はヘンタイさんなんだ……///」

岡部「ちがっ……違うぅ!!」

岡部(やばい、やばいぞこれぇっ)

紅莉栖「恥ずかしがらなくてもいいんだよ……? 岡部がどんなにヘンタイさんでも、愛しくてたまらないもん」 

紅莉栖「いっぱいいっぱい……してあげるねっ///」

岡部(やばい……やばいやばいやばいやばいやバイヤバイヤバイヤバイ) 

岡部「あーーーっ!! あんなところに脳科学的にも大変貴重なタイムマシンがぁーーーっ!!」ズビシィッ

紅莉栖「おかべぇ……う・し・ろ///」

岡部「へ?」


ドサッ


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:46:06.29 ID:KoffszcM0
紅莉栖「ふふっ……ソファに倒れちゃったね」

岡部「な……」

岡部(追いこまれていたのか!? やはりコイツ、根っこは間違いなくあの紅莉栖!)

岡部(こんな状況でも全て計算ずく、一枚も二枚も上手……って冷静に分析してる場合かっ)

岡部「ちょぉおおおお紅莉栖、なぁっ、なぜ俺におおいかぶさっているのだぁあ」

紅莉栖「そんなの決まってるじゃない……岡部を襲っちゃうためだよぅ……///」

岡部(ひぃいい、や、犯られる!!)

岡部「だが紅莉栖っ、そそっ、そういうのはやはり、ちゃんとした恋人どうしがすることではっ……」

紅莉栖「ふむん……」

紅莉栖「なるほど、それも一理あるわね」

岡部「は……」

岡部(助かっ)

紅莉栖「――でも、『既成事実』って言葉も、世の中にはあるじゃない?」ニコッ

岡部「」

333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/25(木) 23:55:55.06 ID:KoffszcM0
岡部「ひぃっ、たぁっ頼むうううううう俺はまだ汚れなき身体でいたいのだぁああああああああ」

紅莉栖「大丈夫……私も、はじめてだから。あの、いっしょに気持ちよくなろうね……///」

岡部「いやいやっ、イヤイヤイヤイヤ!!」

紅莉栖「初めてなのに、岡部に迫っちゃってるもんね……やっぱり私もえっちなのかな……///」

岡部「ゆっ、許してくれっ、ゆるしてくれぇ紅莉栖」

紅莉栖「ふふ、何を許すの? もう、おかしな岡部……かわいい///」

岡部「く、紅莉栖……」

紅莉栖「んっ、そんな風に呼ばれちゃうと……もう限界かも。ね、岡部、身体をリラックスさせて……?」

紅莉栖「岡部はなんにも考えなくていいからね……ただ私のことだけを感じて……?」

岡部(力ずくでも逃げるべきなのか、だがそれはっ……)

岡部(どうすればどうすればどうすれば)

紅莉栖「ふふ……おーかべっ///」


ドンドンッ 


岡部「!?」

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 10:47:11.56 ID:8Zw6+5sn0
紅莉栖「ふぇっ!? なによぅ……いいところだったのに……」

岡部(今のは……ノックの音! ダルか!? いや、早すぎる、それにアイツがノックなど……では一体)


『おーい! 岡部倫太郎ーー!』


紅莉栖「!」

岡部「この声はっ……」


『いるんでしょーっ? あれ、おっかしーなぁ。声聞こえたのに……』


岡部(――鈴羽!! なんという僥倖っ……助かった!!)

紅莉栖「…………」

岡部「ああっ俺だ、今そっちにっ……」

紅莉栖「んぅっ」

岡部「――むぐっ!!??」

紅莉栖「ちゅっ、ちゅぷ、ちゅぅっ……ちゅっ、ちゅむ……ちゅるっ」

390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 10:49:44.86 ID:8Zw6+5sn0
ID変わっちゃってますけど1です。保守してくれた人ありがとう
鯖落ちとか食らったの初めてだったので、びっくりして不貞寝してしまった
しばらく書きためてきます。時間かかるかも……

541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:06:16.26 ID:8Zw6+5sn0
鈴羽『……? んー? 今のやっぱり、岡部倫太郎の声だったような……』 

岡部「ん~~~っ、んむっ、んうぅっ!!」

紅莉栖「ちゅっ、ちゅぅっ、ちゅ、ちゅぷぅっ、んっ、おかべぇ……」

紅莉栖「ちゅるっ、ちゅうぅぅっ、ちゅぱぁっ……」

紅莉栖「……いい子だから、静かにね……?」

岡部「キ……紅莉っ、……今っ、キスっ」

紅莉栖「まだわかってないみたいね……んっ」

岡部「んぅうっ!? んぅーっ!!」

紅莉栖「ちゅぅうっ、ちゅるる、ちゅぅぅっ」

鈴羽『間違いないっ、岡部倫太郎の声だ……な、なんか『んーんー』言ってる……苦しそうな声……』

鈴羽『…………まさか、拷問っ!?』

紅莉栖「ちゅむっ、ちゅぷっ、ちゅるる……はぁあ、岡部の口、おいし……///」

546: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:09:29.13 ID:8Zw6+5sn0
鈴羽『まずい、突入? いや、内部の状況を確認してからっ……』ピタッ

岡部「ぷはっ、く、紅莉栖っ……やめ、キスはマズいだろぉっ、鈴羽が来てっ」

紅莉栖「岡部ぇ、すきぃ……すきすき、大好きぃ……んっ、おかべぇ、ちゅぅっ、ちゅぷぷ」

紅莉栖「ちゅぱぁっ……おねがい、私だけを見て……ちゅっ、ちゅるぅっ、すきっ、すきぃ……ちゅぅ、ちゅぷ」

岡部「~~~~~~~」

鈴羽『なんかマズそう……ダメだ、このままじゃ岡部倫太郎がっ……クソっ!!』

紅莉栖「ふふっ、おかべぇ/// ちゅっ、ちゅぅぅっ」

鈴羽『ええぃっ、こうなったら……入るよ岡部倫太郎っっ!?』

岡部「――――」

岡部「んはっ!! だっ、鈴羽入るなっ、今は入室禁止だぁあっ!!」

紅莉栖「あん、こらぁっ……」

鈴羽『へっ…………なんだぁ~、元気そうじゃん岡部倫太郎~……』

紅莉栖「別にいいのに……バレちゃっても……」

鈴羽『ふぅーっ、もぉビックリさせないでよー……んじゃ、入るよー?」

551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:12:19.62 ID:8Zw6+5sn0
岡部「だぁぁああだから入室禁止と言ってるだろうっ、い、今はっ、そうっ、極秘ガジェットを開発中なのだっ」

鈴羽『……ちぇ~、いいじゃんかまってよー、店長いないし暇なんだもーん』

紅莉栖「…………」

岡部「バッ、バイトをしていればよかろうバイト戦士! とにかく今は忙しいのだ、極秘なのだっ、絶対入るなよっ!?」

鈴羽『んーそっかぁ、極秘かぁ……なら仕方ないか』

岡部「すまんな……また日を改めてぇえええっ!!??」

鈴羽『っ!? 岡部倫太郎!?』

紅莉栖「ふふっ/// 岡部はぁ……耳が弱点なんだもんねぇ……ちゅっ、ちゅるるぅっ、ちゅぷっ」

岡部「~~~~、~~~っ」

紅莉栖「あん、声、我慢しないでいいよ……もっと聞かせて……いっぱい感じていいんだからね」

紅莉栖「ちゅるっ、ちゅぷんっ……かわいく鳴いてね……///」

岡部「~~~、~~っ、ひっ」

552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:14:25.52 ID:8Zw6+5sn0
鈴羽『ねえ……岡部倫太郎? やっぱり何か隠してない? 何かヒドいことされてるんじゃ……』

岡部「いぃっ、いや、そんなことないぞっ? こ、この極秘ガジェットはなっ、なんと舐め回してくるのだぁっ」

鈴羽『えぇっ!? 舐めるの!? 舌!? すごい、やっぱりキミたちってすごいんだね……』

紅莉栖「舐めまわすって、それじゃ私、犬みたいじゃない……ちゅぅっ、耳の中……ちゅるっ、ちゅぷん」

岡部「ひっ……ひぁっ」

紅莉栖「でも、岡部になら……犬みたいにされちゃうのもいいかも……首筋はどうかな……ちゅっ、ちゅぅぅっ」

岡部「ふぁぁっ……くっ、あっ」

紅莉栖「んっ、おかべ気持ちいい? 足がつっぱっちゃって、感じてくれてるんだ……あぁん、うれしいよぅ///」

岡部「~っ……ぁっ」

紅莉栖「ちゅぷっ、ちゅる……岡部のかわいい声聞いてたら、キスしたくなっちゃった。こっち向いて……」

紅莉栖「……そう、いい子ね、ふふっ///」

鈴羽『でも残念だなぁ……ほら、このまえ一緒に雷ネットやろうって話したからさー』

紅莉栖「ちゅぅううっ、ちゅぱっ、ちゅぷぷっ、ちゅむ、ちゅっ、ちゅぅう」

岡部「~~~~、~~~」

554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:17:14.04 ID:8Zw6+5sn0
鈴羽『岡部倫太郎? 聞いてるー? んー……研究に夢中なのかな』

紅莉栖「ちゅぅっ、ちゅっ、ちゅるっ……岡部ぇ、すきぃ、ちゅぱっ、だいすきぃ……」

鈴羽『あの……さ。……聞いてないなら、それでいいんだけど……』

紅莉栖「んっ、おかべっ、ちゅぅうっ、おかべぇっ……」

鈴羽『岡部倫太郎ってさ……いいやつだよね……』

紅莉栖「……ちゅっ、ちゅぷ」

鈴羽『あたしみたいなヘンなヤツにも、優しくしてくれてさ』

鈴羽『仲間だって、呼んでくれたし……』

紅莉栖「……ちゅぅっ、ちゅるっ、ちゅぱ」

紅莉栖「……ふふっ、おーかべ……んちゅっ、ちゅぅぅぅっ///」

岡部「~~~~~」

鈴羽『あたしさ、実はけっこうキミに感謝してるっていうか……ホントだよ?///』

紅莉栖「……岡部、口につばが垂れちゃってる……なめとってあげるね/// ……ちゅるっ、ちゅぷぷ、ちゅぅう」

558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:21:15.26 ID:8Zw6+5sn0
紅莉栖「ちゅむっ、ちゅぷん、ちゅっ、ちゅぅう、ちゅぱぁ……」

鈴羽『私、キ、キミに出会えて、本当によかったって思ってるもん……///』

岡部「……っは……ぁ……紅莉栖っ……紅莉栖ぅっ、」

紅莉栖「うん……おかべっ、おかべっ……ここにいるよ……」

紅莉栖「ずっとここにいるからね……ちゅっ、ちゅぅぅっ」

岡部「んはっ……はっ……」

紅莉栖「ふふっ、よしよし、いい子いい子……///」ナデナデ

鈴羽『あはは……なんか、らしくないこと言っちゃったね、なんでだろ、ドア越しだからかなー……///」

紅莉栖「首にも汗かいちゃって……ちゅっ……ちゅるっ、ちゅぱ……」ナデナデ

岡部「ぁっ、あぁっ」

紅莉栖「んっ、女の子みたいな声出てるよ/// こんな姿……阿万音さんやラボメンのみんなには見せられないよね」

岡部「………っ、っ」

紅莉栖「やだ、そんな切なそうな顔しないで……あぁんもう、かわいいよぅ岡部///」ナデナデ

560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:22:48.84 ID:8Zw6+5sn0
紅莉栖「普段はあんなにかっこいいのに……ふふっ、岡部の恥ずかしがる姿が、私の大好物なんだよ……///」

紅莉栖「ちゅっ、ちゅぅっ……いっぱいいっぱいしてあげる……ちゅぱっ、もっとよろこんでね……///」

鈴羽『なんか、あたしも調子おかしいしさっ……また明日来ることにするよっ』

岡部「んぅっ、紅莉栖っ、……っぁ、紅莉栖ぅっ」

紅莉栖「よしよし……ここにいるからね……」ナデナデ

紅莉栖「もっとたくさん……いっぱい甘えちゃおうね……///」ナデナデ

岡部「~~~っ、~~」

鈴羽『んじゃ、バイバイ岡部りんたろーっ』

岡部(もう……だめ、だ……堕とされる……なんだか……)

紅莉栖「力が抜けたね……ちゅっ、ちゅぅ……ふふ、おかべ……///」ナデナデ


鈴羽「と見せかけてぇっ、今だ隙ありっ!!!!」バーン!!


593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 20:59:51.88 ID:8Zw6+5sn0
鈴羽「………………」

岡部「……あ……こ、ここ……」

紅莉栖「むぅーっ」

鈴羽「…………」

岡部「これはっ、だな…………」

鈴羽「……」

岡部「すっ、鈴羽……そのっ」

鈴羽「」ボンッ

岡部「あ」

鈴羽「~~~~~~っ//////」

鈴羽「おっ、おじゃましましたぁぁーーーーーーーっ!!!!」


バタンッ!!


597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:04:15.95 ID:8Zw6+5sn0
岡部「………………」

紅莉栖「………………」

クイクイ

紅莉栖「……つづき、しよ?///」

岡部「するかこのHENTAIがぁああああああああああああああっ!!!!」


――――――――――――――

――――――――――

―――


ダル「………へぇーっ、ほぉーっ、そうなん、そういうことがあったん……何だろうこの胸のどす黒い感情は」

ダル「『哀・戦士ダル』として覚醒(めざ)めそうだお』

岡部「いやいや……ここはむしろ、いっそ俺を褒めてやってもいいくらいではないか……?」

岡部「俺は耐え切ったのだぞ……この二時間っ……地獄のように甘ったるい桃色の二時間を!!」

ダル「さすがオカリン童貞の鑑だお。そこにシビれるあこがれるぅ」

岡部「さぁっ……さぁぁぁっ!! 早くレンジを起動するのだっ、早くぅぅっ!!」

599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:07:51.23 ID:8Zw6+5sn0
ダル「レンジ? あー、まぁ……別にいいんだけど」

紅莉栖「」プクーッ

ダル「後ろでふくれてる牧瀬氏が気にならないといえば嘘になる!」

岡部「ああ、紅莉栖には悪いが、俺もそろそろ限界だ……いろいろな意味でいろいろな部分がな!」

ダル「へーへー把握した起動するお。まぁ、そのためにわざわざメイクイーンから戻ってきたんだし、やりますか」

岡部「頼む、早めに頼む」

岡部(紅莉栖のためにも……)

ダル「ん、よっと、設定おk」

岡部「よぉし勝利のときは来たっっっ!! 『デレデレンジ(はぁと)』起動ッッッ!!!!」


バチバチッ バチィッ!!


岡部「今度こそプサイ・コングルゥッ!!!」


ドゴォオオオオオオオン!!


606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:14:48.94 ID:8Zw6+5sn0
モクモクモクモク…


岡部「やったか! やっただろ! これはもうやっただろう!! ゴホッ、ゴホォッ!」

ダル「正直僕はイヤな予感しかしないのであります! げっほげほぉっ」


「……岡部……」


岡部「!! 紅莉栖……っ」

ダル「おお牧瀬氏……この牧瀬氏は間違いなく牧瀬氏! この冷淡な感じ……人をよせつけないオーラ!」

岡部「クリスティーナっ、やっとっ! ようやくかぁ!!」

ダル「ふぅーっ、鮮やかに解決したお。けどまた第二・第三の牧瀬氏が現れるかもしれない。僕たちはこの平和を」


ムギュッ…


岡部「れっ?」

紅莉栖「岡部……さん……」

616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:17:57.67 ID:8Zw6+5sn0
岡部「……ん? ん? ん、んん? ん?」

ダル「これは……今度は何なん!?」

紅莉栖「岡部さん、嫌です……私から離れたら。あなたには、私をずっとむぎゅーってする義務があるんですよ」

紅莉栖「これは、命令なんですからね……///」

岡部(なんっ……何だ?)

岡部(敬語っ、『岡部さん』!? さながら初めてラジ館でコイツと会ったときのような口調っ……)

岡部(しかし中身は――)

紅莉栖「あぁ、岡部さん……あなたとこうしていると、頭がぽーっとして、胸がぽかぽかします……」スリスリ

紅莉栖「ほら、も、もっとむぎゅーってしないと怒りますよ……///」


ダル「クーデレキッタアアアアアアアアーーーーーーーーーーーー!!!!」


岡部「おかしい!! おかしいだろこれぇえっ!! 異議ありぃいいっっ!!!」

624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:20:50.18 ID:8Zw6+5sn0
ダル「いいやおかしくない……何もおかしいことなんてないですぞ!」

紅莉栖「そ、そうですっ。あなたにこうされるのが……私のしあわせなんですよっ?///」

ダル「敬語妹がタイプの僕にはドストライクなのですが……いかんせんロリ顔でもないし貧乳ですな」

紅莉栖「橋田さん死んでください、このクズムシ」

ダル「ふぉおおおおぉぉいいよぉ~~もっと罵ってくれてオッケェだよぉお~~~」

岡部「待て待て待て!! そもそも何でコイツはまた七変化を遂げているっ! 免疫はっ、耐性は!?」

ダル「わかんね。でも免疫や耐性があるなら、その逆もありえるっしょ?」

岡部「なっ……つまり紅莉栖は……」

ダル「あの波動にゲキ弱な体質ってことっす! 意外と催眠術とかにもかかるタイプなんじゃね!?」

岡部「バカなぁあああああああああんまりだあああああああああああ」

岡部「あああぁぁぁ……嘘だろ……まだ続くのかよこれ……」ガクッ

ダル「もうちょっとだけ続くんじゃ」

628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:24:54.60 ID:8Zw6+5sn0
紅莉栖「岡部さん、何があったのかはわかりませんけど……」

紅莉栖「元気をだしてください……ね?」

岡部「紅莉栖……」

紅莉栖「あなたが望むなら……この身体を使ってくれてもいいんですよ? ふふっ///」

岡部「ぬがぁあああまずはその『岡部さん』とかいう呼び方から直せぇっ、ぞわぞわするっ!!」

紅莉栖「嫌なんですか? 岡部さん……すき、だいすき……愛してますよ?///」

岡部「その上目遣いとか敬語とか全部やめろぉ……」

紅莉栖「くすっ……それとも、岡部センパイ、の方がよかったですか?」

岡部「やめてくれぇっ、何かに目覚めてしまうではないかぁあっ」

紅莉栖「わかりました。じゃあ岡部センパイにしますね」ニコッ

岡部「牧瀬ぇっ、このHENTAI牧瀬がぁっ!!」

紅莉栖「何ですか岡部センパイ? あんまり呼ばれると、キスしたくなっちゃいます岡部センパイ///」

ダル「のちの対オカリン最強牧瀬兵器である」

633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:28:07.16 ID:8Zw6+5sn0
岡部「……今までの紅莉栖の中で一番苦手だ。天敵だぁコイツは」

紅莉栖「やだ、そんなにほめないでください……でも、なでなではするべきだと思います……///」

ダル「にしても、デレデレ牧瀬氏に姉デレ牧瀬氏、クーデレ牧瀬氏と……もはや選び放題ですな」

岡部「ダル不謹慎だぞ。というか何の話だっ、選び放題って」

ダル「むんっ、僕をナメてもらっちゃあ困るのだぜ?」 

ダル「それぞれの牧瀬氏に対応する設定は割り出して保存してあるお!」

岡部「――! ただ闇雲にいじっていたわけではないのか! さすが我が右腕っ、と言いたいところだが……」

岡部「選ぶ選ばないではなかろう! それではコイツは元に戻らんではないかっ」

ダル「ちぇーケチくさ」

紅莉栖「岡部センパイ……今晩、泊まってもいいですか?///」

岡部「ダメだ」

紅莉栖「ケチくさー」

岡部(しかしレンジの設定か……いや待て? 設定……保存……)

岡部「……保存?」

639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:34:34.23 ID:8Zw6+5sn0
ダル「どしたん?」

紅莉栖「どうしました、キスしますか?」

岡部「ひょっとしたら、ではあるが……俺たちがデレた際に元に戻れた、あの時の設定も」

岡部「……どこかに保存してあるのではないか?」

ダル「あぁーあるかもしんない! あの時最後にいじったのはまゆ氏だけど、僕がどっかにメモってる可能性はある!」

ダル「いやぁ~正直カオス度がマッハすぎてすっかり忘れてたお、サーセンwww」

岡部「いいから探せえぇっ! それで紅莉栖を元に戻せるぞ! 俺も手伝っ」

ムギュー

紅莉栖「…………」

岡部「…………おい」

紅莉栖「なんですか岡部センパイ、結婚しますか?」ムギュー スリスリ

岡部「その腕とか顔とかを全体的に離してくれ。俺には用事がっ」

紅莉栖「どうしてですか。なぜ私が岡部センパイから離れなければいけないんですか?」スリスリ

645: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:38:40.58 ID:8Zw6+5sn0
紅莉栖「論理的に説明してください。そもそもあなたと私は、永遠のらぶらぶちゅっちゅカップルなんですよ?」

紅莉栖「なのにあなたはいささか冷淡すぎます。もっとあまあまに、四六時中私とらぶらぶするべきです」

紅莉栖「寝食を忘れ、ただれたようにちゅっちゅするべきでしょう。もちろんぎゅーってして、なでなでもしながら」

紅莉栖「それがあなたの責務です。したがって私がセンパイから離れることはありえません。証明終了!」キリッ

岡部「…………」

岡部「ダルすまん……頼む」

ダル「もうやだこのラボ! でもオイラ探すんだお! 輝ける未来のために!」

岡部「すまんとしか言いようがない」

紅莉栖「岡部センパイ、そろそろ私限界です……ホテルにお持ち帰りしてもいいですか」

岡部「だぁっ、これで我慢しておけぇっ」ナデナデ ムギュー

紅莉栖「ふぁあっ/// いっぺんにだなんてっ、センパイ積極的すぎますっ/// んぅっ、センパイっ///」

岡部「センパイではない岡部だぁぁあぁあ~~~」ナデナデ ムギュー

紅莉栖「あぁんすいません岡部センパイっ……ふぁあ、すごい、これ好きぃっ……センパイ、すきぃ……///」

651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:43:00.06 ID:8Zw6+5sn0
――――――――――――――

――――――――――

―――


ダル「無い……無い、どこにもないお! どうして見つからないんだバカヤロー!! わかるかぁこんなもん!!」

岡部「お、落ち着けダルっ、本当にないのか?」

ダル「隣のバカップルのギシアンにも耐えてきたというのに……神よ! 恨むぞあなたを!」

岡部「ぬぐっ、すまん……いやギシアンはしてない!」

紅莉栖「や、やぶさかではないです///」

岡部「お前も余計なこと言わんでいい!」

紅莉栖「というか岡部センパイ……すみません」

岡部「は?」

ベットリ

紅莉栖「白衣によだれがついてしまいました、ごめんなさい」

岡部「」

658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:47:44.12 ID:8Zw6+5sn0
紅莉栖「でっ、でもほんの少しですからっ! いくら岡部センパイらぶな私でも、そんな粗相はしません!」 

ポタ…ポタ…

岡部「…………」

紅莉栖「そもそも考えてみてください、これは私のせいではないです。間違いなく岡部センパイのせいです」

紅莉栖「とろけるようにしあわせで、いいにおいもするし……まったく、岡部センパイのなでなでは反則的ですね」

紅莉栖「私を悶え殺す気ですか。よだれが出るのも当然です。こっちはあなたの虜なんですよ、わかってるんですか?」

紅莉栖「さ、次はいちゃらぶちゅっちゅです。唇がふやけるくらい、朝まで抱きあいながらちゅっちゅしましょう」

岡部(この女殴りたい……)

紅莉栖「あとこの白衣、持って帰ってもいいですか? あ、洗って返しますから///」

ダル「いろいろなことに使うんですね、わかります」

紅莉栖「はいっ///」

岡部「」

紅莉栖「……あ、こほんっ、今のは冗談です。アメリカンジョークです」

ダル「牧瀬氏ェ……」

岡部「えぇいダルぅっ! 何か紙に残ってたりとかしないのかっ……いやお前だったらデータに打ち込むか」

665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 21:54:57.55 ID:8Zw6+5sn0
ダル「あ、思い出した……」

岡部「何!?」

ダル「USBメモリ……あまってたヤツにデータをぶっこんどいた覚えがあるお……」

岡部「さ、探せぇえっ!! 今度こそ俺もっ」

ダル「いや、さっき探しても無かったし。というかそれ以前に、このラボにあるわけないお」

岡部「は!?」

ダル「いや~あれには世界のメイドさん画像集が入っててさ。そのこと話したら貸してほしいってねだられちゃって~」

ダル「……フェイリスたんに。ムハッ」

岡部「…………」

岡部「~~~なぜそんな大事なものをお前はそうやってぇっ……留守番頼む! 俺はメイクイーンに行ってく」

ムギュー

岡部「またこのパターンかぁあああああっいい加減にしろおおおお」

紅莉栖「岡部さん、どこに行くんですか? あなたの生涯のらぶらぶ伴侶である私もついていきます」ムギュー

671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:01:02.42 ID:8Zw6+5sn0
岡部「お前はおとなしくここでじっとしていろぉおお~~~それが一番安全なのだぁああ~~~」

紅莉栖「いやです。全然満足していません。もっとあまあまに、お互いの汗が溶けあうくらいに貪りあいたいです」

紅莉栖「まだ呼吸を忘れるような延々と続くディープちゅっちゅすらしていませんし、ちょっと信じがたいです」スリスリ

紅莉栖「この身も心も捧げたぞっこんらぶな岡部センパイの発言とはいえ、非常識と言わざるをえませんね」スリスリ

岡部「いや、ちょ」

紅莉栖「あぁっ、夜にとっておくということですねっ、わかります!! 興奮してきた!!///」スリスリ ムギュー

岡部「何この人止まらない!」

ダル「オカリンもうその牧瀬氏連れていくべき! というか置いてかれても僕が不幸になるだけっす!!」

674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:05:58.92 ID:8Zw6+5sn0
岡部「ぬぅぅっ……あの三クリスの中では一番印象はまともか、やむをえんっ!」

紅莉栖「お願いですセンパイ……命令してくれれば何でもしますから、連れていってください」

紅莉栖「私は岡部センパイのらぶらぶ奴隷ですし」

岡部「ダメだコイツ! 何がまともだバカなんじゃないか俺!」

紅莉栖「私はもう岡部センパイの虜なんですから……あなたへの愛に溺れてしまっているんです」スリスリ

紅莉栖「もちろん……飲めと言われれば飲みます///」

岡部「何うぉだっ!!」

紅莉栖「ちゅっちゅした際の唾液ですよ、ほかに何があるんですか。……センパイのヘンタイ///」

岡部「もう黙ってこっちへ来いHENTAI処女がぁああっ!!」グイッ

紅莉栖「あんっ、岡部センパイったら強引すぎます/// 大好きですっ、ぺろぺろしていいですか///」

岡部「いっっっってくるっっっっ!!!!」


バタン


ダル「……最近自分という存在についてよく考えることがあるお」

676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:12:25.66 ID:8Zw6+5sn0
――――――――――――――

――――――――――

―――


カランコロン

フェイリス「お帰りニャさいませご主人様ー……って、キョーマぁ久しぶりだニャ! 待ちかねていたニャーぞ!」

岡部「うむ、毎度メイドの勤めご苦労だフェイリスよ。む……まゆりはいないのか?」

フェイリス「マユシィならもうバイトは上がったのニャ! こんな時間にキョーマが来るのは珍しいニャ」

岡部「う、うむ……少し用があってな。というのも」

フェイリス「ニャニャ!? もしかしてその後ろにいるのは……」

岡部「あっ、ああ! コイツはっ、その」

紅莉栖「…………」

フェイリス「もしやウワサのクリスティーニャンっ!? この世の叡智の粋を手に入れた天才少女、そしてキョーマの助手!!」

紅莉栖「助手ではありません、らぶらぶ奴隷です」

岡部「っとおおおおおおおおおっフェイリスお前に折り入って頼みがあるのだあぁ~~~」

683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:32:04.95 ID:8Zw6+5sn0
岡部「お前あとでわりと真剣に小突くぞ助手ぅっ、頼むから不用意にしゃべってくれるなぁっ」ヒソヒソ

紅莉栖「え、あ、あとで私……お仕置きされちゃうんですか……///」

紅莉栖「いいかも……///」ポー

フェイリス「ニャニャ? よくわからニャイけど、頼みって何かニャ? 何でも聞くニャンっ?」

紅莉栖「岡部センパイにおしおき……はぅ……///」

岡部「ああ、すまんなフェイリス。恩に着るぞ。頼みというのは……」

フェイリス「でもそれは今はおあずけニャン! ほら、キョーマぁ、早く中に入るニャン?」ズイッ

岡部「のぉわっ、い、いやこれは急ぎの用であってだな!」

紅莉栖「!?」

フェイリス「ニャフフ、そんなカタいこと言わニャイでほしいのニャン。ゆっくりしていくニャ~ン」ムギュー

紅莉栖「――――」

岡部「だぁっ、だからフェイリス人の話をぉっ」

フェイリス「ひどいのニャ、キョーマぁ。フェイリスとキョーマは前世から結ばれたアツ~い仲ニャのにぃ///」

687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:40:08.96 ID:8Zw6+5sn0
岡部「フェイリス落ち着け! 話というのはそこにいる我が助手に関する大事なは……な……し……」

フェイリス「ニャニャ?」

紅莉栖「…………」

岡部(み……身にまとう殺気がヘァンパないぃいいいいい!!)

紅莉栖「どういう……ことなんですか岡部センパイ……何なんですか、そこの駄メイドは」

フェイリス「ニャッ!?」

紅莉栖「私の岡部センパイにべたべたべたべたした挙句……あまつさえ『中に入れて』だの『カタい』だの」

岡部「そこかよっ! 反応するにしてもそこかよっ!」

紅莉栖「ちょっとそこの淫乱メス猫!」

岡部「どの口がだよっ!」

紅莉栖「岡部センパイは私の愛する人なんですよ!? 一生の愛を誓い合ったあまあまカップルなんです!」

紅莉栖「それを横から入ってきたあなたのような泥棒猫が誰の許可を得てむぎゅーしてるんですか! ありえません!」

紅莉栖「さぁそこを一刻も早くそこをどきなさい! 岡部センパイといちゃらぶしていいのは私だけ! はい論破!」

フェイリス「……クリスティーニャン……」

690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:46:10.71 ID:8Zw6+5sn0
フェイリス「そう……そういうことニャ……わかったのニャ……」

岡部(ふぅ、何とかここは)

フェイリス「クーニャンの気持ちはよ~くわかったのニャ! でもフェイリスだって負けないのニャ!」

岡部「ちょぉおおおおい今の完全に引く流れだったではないかぁああ!!」

フェイリス「キョーマはともに助け合い千年戦争を戦い抜いた悠久のパートナーなのニャ、王子様なのニャ!」

フェイリス「そうやすやすと渡すわけにはいかないのニャンっ!」

紅莉栖「へぇ~……たいそうな口を聞きますけど、そんなのは所詮すべて、電波な妄想でしょう?」

紅莉栖「私とセンパイのあいだにはもっと確かな絆が、深い愛があるんです!! それはもうらぶらぶなんです!」

岡部「あの、お前たち、どっちもオカシイからな?」

紅莉栖「さっきもラボで愛を育み、気持ちを確かめあうようなねっとりとした情熱的なキスを交わしてきました!」

紅莉栖「もちろん岡部センパイの温かい胸にだきしめられながら、優しくあまあまにむぎゅーっとされながら!」

紅莉栖「耳元で『愛してるよ』とささやかれ、『私も愛してます、大好きセンパイ///』とはにかむこと数十回!」

紅莉栖「そしてこのあとは一緒にお風呂でらぶらぶ洗いっこをして、浴槽で挙式や子どもの数について語らい!」

紅莉栖「ホテルのベッドで抱き合いちゅっちゅしながら、うだるような熱帯夜を過ごす予定です! どうですか!」

岡部(最悪だよ)

697: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 22:54:27.29 ID:8Zw6+5sn0
フェイリス「ニャニャ~~、クーニャンをナメていたニャ、聞いていた話よりずいぶんと積極的なのニャ!」

フェイリス「だけどフェイリスにはこれまでここで過ごしたキョーマとの思い出があるニャ」

フェイリス「今も三日に一度は来てくれる約束ニャ! 積み上げたモノがクーニャンとはちがうのニャン!」

紅莉栖「思い出なんていつかは消え行くものです。未練たらたらの女の人って見苦しいですよ?」

紅莉栖「その点私と岡部センパイには、とろとろあまあま子作りちゅっちゅライフが約束されてるんですから?」フフン

フェイリス「ニャニャニャニャ~~~!!」

紅莉栖「ぐぬぬぬぬぬ~~~~!!」

岡部「くぉおおおっ、いい加減にせんかお前たち! 周りの客もドン引きってレベルじゃないぞぉっ!!」

岡部「おいフェイリス、ダルからUSBメモリを借りただろう! メイドのやつだ、どこにやった!」ガバァッ

フェイリス「ニャンっ!? それは、……ダルニャンからあげるって言われたヤツかニャ?」

岡部「あげる? もらったのか、いやたぶんそれだっ、今持ってるか!?」

フェイリス「それならマユシィに貸しちゃったのニャン、コス作りの参考にしたいって言われて……」

702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:00:08.32 ID:8Zw6+5sn0
岡部「まゆり、だとっ? まゆりは……クソッ、バイトは上がったのか、どこかに行くとは言ってなかったか!?」

フェイリス「うーんと、たしか……柳林神社に行くって言ってたニャ!」

岡部「ルカ子のところかぁっ……! よし行くぞっ、もう退散だこっちへ来い紅莉栖っ!」グイッ

紅莉栖「ふぁあんっ、そこっ、つかまないでくださいっ……つかむならもっと下の方を……///」

岡部「いいぃから黙ってこっちへ来い! あのっ、ご迷惑をおかけしました店内の皆さん~~~~」ペコペコ

岡部「そしてフェイリスよさらばだ!」ダッ

フェイリス「あっ」


バタン


フェイリス「疾風のごとき忙しなさだったニャ……」


――――――――――――――

――――――――――

―――

710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:05:09.64 ID:8Zw6+5sn0
岡部「だぁっ……はぁっ……幸いなことにっ、柳林神社ならば比較的近いっ……間に合うかもしれん!」

紅莉栖「はっ……はぁっ……ちょっと、休憩しませんか岡部センパイ……近場のホテルとかでっ///」

岡部「そんなものはなぁいっ! 走れ紅莉栖っ……ぶはぁっ……これは、お前のためでもあるのだぞっ……」

紅莉栖「あん、はっ……はぁっ、あぁんっ、やだ、岡部のセンパイの手、汗でじっとりしててっ……」

紅莉栖「なんか、はあっ、あんっ、ヘンな気分になってきますっ……///」

岡部「ゼェッ、ハァッ……よしっ、そこの信号を渡るぞっ、ちょうど青になりそうだっ……」

紅莉栖「!」

紅莉栖「センパイっ、こっちの路地! こっちの方が近道ですっ……こっちに!」グイッ

岡部「何!? うぉぉっと、そうだったか!? ……よしじゃあそっちだっ!」

岡部「ゼェッ……ブハッ……ヒィーッ……ハァッ……」

岡部「ハッ……ハッ……この路地っ……本当にっ……ハァッ……」

岡部「……というかお前……」

岡部「アキバ……詳しくないんじゃ……」

紅莉栖「」ニヤリ

713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:11:03.81 ID:8Zw6+5sn0
ビタッ

岡部「まさっ、お前っ……」

紅莉栖「はぁ……やっと休憩できます……センパイ、ちゅー……///」

岡部「この狭い路地っ、計算ずくかぁっ……やめっ、紅莉栖ぅっ」

紅莉栖「あん、だって……あのメイド喫茶にいる時からずっとがまんできなかったんです、むしろほめてください」

岡部「だからといって、こんな場所でお前っ……くぉおっ、顔を近づけるなぁっ」

紅莉栖「大丈夫です……ここなら、人目につきませんから……今までキスをおあずけされてた分……」

紅莉栖「私……すごいたまっちゃってるんですよ……?///」

岡部「くぅうっ、紅莉栖ぅっ」ゾクゾク

紅莉栖「センパイ……しちゃいますね……あまあまの、とろけるような……」

岡部「紅莉っ、んぅっっ!!」

紅莉栖「ちゅぅぅうっ、ちゅぷ、ちゅぱぁっ、んぅっ、センパイ……すきぃ、だいすきっ……ちゅむっ、ちゅぅ」

紅莉栖「ちゅぷ、ちゅるっ、ちゅぷぷ、ちゅぅうっ」


パシャッ


718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:14:13.29 ID:8Zw6+5sn0
岡部「……………」

紅莉栖「…………」

萌郁「……………」

岡部「貴様シャイニングフィンガァアアアアアアーーーーーーーー!!」

紅莉栖「やだ、撮られちゃったよぅ……全世界にセンパイとの、らぶらぶちゅっちゅが公開されちゃう……///」

岡部「とるなぁあああ消せええええぇっ!! というか何でこんなところにいるのだお前はぁあっっ!!」

萌郁「楽しそう……だったから……」

岡部「理由になってなぁい! その携帯をわたせぇえええっ今すぐ渡せぇぇええええ!!」

萌郁「」ダッ

岡部「こらこら待て待たんか貴様ぁああああっ!! 許さんっ、ずぇえええええっっったいに許さんぞぉおお!!」

紅莉栖「まっ、また走るんですかもうイヤぁ~~~~!!」


――――――――――――――

――――――――――

―――

722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:19:02.46 ID:8Zw6+5sn0
ルカ子「おかっ、凶真さん……どうしたんですか、お二人ともすごい汗です……」

岡部「いやぁっ……いや、何でもない……ゼェッ……ハァッ……横にいるこの女が余計なことをしなければぁっ……」

紅莉栖「ねぇねぇ漆原さん、汗だくの私たちって……どうでしょうか?」

ルカ子「え!? ど、どうって……あの、すごく、お似合いだと思いますよ……」

紅莉栖「やだ……そんな、照れちゃいます、漆原さんのえっち!///」

ルカ子「? ?」

岡部「だぁあああそんなことはどうでもいいのだっ、ルカ子よ、まゆりは!? ここにいるのだろう!?」

ルカ子「あ……まゆりちゃんなら、さっき」

岡部「!?」

ルカ子「帰っちゃいました……何かご用だったんですか?」

岡部「入れ違いかぁああああああ!! 走るぞ紅莉栖!! さらばだルカ子修行を怠るなよじゃあな!!」ダッ

ルカ子「えっ、えっ」

725: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:24:28.64 ID:8Zw6+5sn0
ルカ子「行っちゃった……なんだったんだろう……なんか、紅莉栖さんも変だったな……」

――――――――――――――

――――――――――

―――


まゆり「ジューシィからあげナンバワンっ、ワ~ン」トコトコ

岡部「……ゆりっ……」

まゆり「?」

岡部「ゆりっ……まゆりっ!! ブハァッ、ハッ……やっとっ、やっと追いついたぁっ!!」

まゆり「わわっ、オカリンにクリスちゃん? ……どうしたの~、二人とも汗だくだよ~?」

まゆり「あっ、もしかしてデートかな!? なにかスポーツでもやってきたの~、楽しそうだねぇ、えっへへ~」 

紅莉栖「ま、まぁ……スポーツと言えばスポーツの一種かもしれません/// って言わせないでむぐぅうっ!!」

岡部「まゆりっ、データだ! USBメモリ! 持っていないか!?」

まゆり「えっ、データ?」

岡部「フェイリスから貸してもらっていないかっ、メイドの画像が入った、USBメモリだ!」

岡部「お前が持っているはずなんだ!! 探してみてくれっ!!」

732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:30:17.64 ID:8Zw6+5sn0
まゆり「えっと、それなら~……」ガサゴソ

岡部「……っ」

まゆり「んーっと……」

まゆり「あった~! これじゃないかな~?」

岡部「おお……おお、おおおっ!!!!」

岡部「間違いないっ、これだまゆり!! 実物を見たわけではないが、これしかあるまいっ、もうこれにさせてくれ!!」

岡部「っはぁ~~~助かったぁ、まゆり! ありがとう、本当にっ」ブンブン

まゆり「わわわ~~~ま~ゆし~は~何もして~~ないよ~~~」グラグラ

岡部「っと、すまない急ぎの案件なのだ! 俺はもうラボに戻る! まゆりはっ……」

まゆり「あ、うん~。まゆしぃはもう、直接家に帰るね。今日は遅くなっちゃったし」

岡部「そうか……じゃあな、まゆり。また明日。……送っていけなくてすまないが」

まゆり「ううん、いいよ~。また明日ね、オカリン」

岡部「ああっ……ではな! 気をつけて帰れよっ」ダッ

734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:32:35.29 ID:8Zw6+5sn0
岡部「…………」

ピタッ

岡部「…………」

まゆり「……ん~」

まゆり「あれ、オカリン?」

岡部「……っ」

まゆり「どうしたの~? まだまゆしぃに何か用事があった?」

岡部「いや……」

まゆり「?」

岡部「…………」

岡部「……~~」

まゆり「オカリン……?」

岡部「お前、最近……」

岡部「バイトの時間、増やしてるだろ」

まゆり「――!」

741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:36:35.48 ID:8Zw6+5sn0
岡部「俺に……いや、俺たちに……何か妙な配慮をしているのではないか?」

紅莉栖「…………」

まゆり「えっ……」

まゆり「えっへへ~、ううん~! そんなことないよ~、変なオカリ」

岡部「いい。……隠さなくていい。お前の考えてることくらいお見通しだ」

まゆり「っ、……オカリン」

岡部「すまん……俺が決断を先延ばしにしていたから、お前にそんな心配をかけてしまったのだな」

まゆり「そ、そんなことないよ、まゆしぃが勝手に」

岡部「まゆり」

まゆり「っ」

岡部「余計なことは考えなくていい。お前は、気兼ねなくラボにいろ。……俺のそばにいてくれ」

岡部「お前は俺の人質なのだ。離れることは許さんぞ……絶対にだ」

746: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:42:43.46 ID:8Zw6+5sn0
まゆり「オカリン……」

岡部「もうすぐ、今抱えていることに決着がつきそうなのだ」

岡部「そうしたら、俺は」

岡部「紅莉栖とのことも、ちゃんと形にする」

まゆり「!」

岡部「それまで待っていてくれないか……頼む、お願いだ」

まゆり「…………」

岡部「まゆり……」

まゆり「うん、待つよ……」

まゆり「ちゃんと、まゆしぃは待っているのです」

まゆり「まゆしぃは、オカリンの人質だもんね!」

岡部「っ……」

まゆり「えっへへ~」

岡部「ああ……」

750: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:51:55.92 ID:8Zw6+5sn0
――――――――――――――

――――――――――

―――


バタン

ダル「お帰り~。準備はできてるお」

岡部「おお、そうかっ! さすが我が右腕っ、手際がいいな!」

岡部「よぅし早速……」

ダル「…………」

岡部「む? ダル?」

ダル「……なんかあったん?」

岡部「っ!」

岡部「いや……大丈夫だ」

岡部「……レンジを起動しよう。なるべく早いほうがいい」

岡部「これは、俺たちだけの問題ではないのだ。早く解決しよう。……紅莉栖を、元に戻さなくては」

岡部(まゆりのために……そして何より、紅莉栖自身のためにも)

752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/26(金) 23:55:16.79 ID:8Zw6+5sn0
ダル「そっか……いいんだなオカリン?」

岡部「……なぜ聞き返す」

ダル「いや……なんつーか、その、もちろん僕も元に戻した方がいいと思ってるお」

ダル「けどっ、だけどさ……牧瀬氏がデレてる時のほうが、オカリンたちうまくいってた……」

岡部「!」

ダル「っつーのも、まあっ、一つの考え方としてあるわけじゃん?」

岡部「…………」

岡部「戻そう。それが俺の責任であり、義務だ」

ダル「…………」

ダル「……オーキードーキー」

ダル「じゃ、レンジ起動するお?」

岡部「…………」

岡部「ああ……頼む」

755: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:00:12.29 ID:9DxYAM4g0


バチバチッ バチィッ!!


紅莉栖「…………」

岡部「…………」

岡部(ダルに聞かれた時……、一瞬、俺はためらってしまった)

岡部(……バカだ俺は)

岡部(自分のヘタレっぷりを棚上げしようとしていた。大バカだ。最低の男だ)

岡部(向き合わなくては。立ち向かわなくては。……自分の、このふがいない弱さと)

岡部(元に戻った紅莉栖とも!)

岡部「エル……プサイ……」


岡部「コングルゥッ!!!!」


ドゴォオオオオオオオン!!


758: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:02:24.68 ID:9DxYAM4g0


モクモクモクモク…


岡部「~~~~~~~~~~~」

岡部「~~~~~っ」

岡部「~~~……」


モクモク…


岡部(どうだっ、紅莉栖はっ……)

岡部「――――!」

ダル「あっ……!」


紅莉栖「…………」


岡部「紅莉、栖……」

761: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:04:50.43 ID:8Zw6+5sn0
岡部「紅莉栖、そのっ……」


紅莉栖「えへへっ、おーかべっ///」ムギュー


岡部「え」

岡部「……な、に……」

ダル「ちょっ……」

ダル「嘘だおっ、な、何がっ」

岡部「紅莉栖……おい、紅莉栖っ……!」

紅莉栖「? どうしたのおかべぇ、そんなに何度も呼ばれたら恥ずかしいよ……///」

764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:05:32.92 ID:9DxYAM4g0
岡部「――――っ!!」

岡部「なん……で」

紅莉栖「おかべ?」

岡部「なんで……――


――ダル「ダメだオカリンっ!! 牧瀬氏……元に戻ってないっ!!」


岡部「…………!!」


778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:09:59.55 ID:9DxYAM4g0
岡部「どういう、ことだ……」

岡部「どういうことだよダルっ……!!」

岡部「設定は……設定がっ、間違っていたのではないのかぁっ!!!」

ダル「ちっ、違う!!  僕はちゃんとやったお! ちゃんとセッティングしたってぇっ!!」

岡部「じゃあっ! その設定もダメだということかっ!? 何でっ、そんな……」

岡部「打つ手が、ない……!?」

岡部(効果が切れるのを待つ?)

岡部(……待つとは、いつまでだ……)

岡部(もし、このまま戻らなかったら……)

岡部(俺は、とんでもないことを……?)

岡部「そんなっ……そん、な……」

ダル「…………」

岡部「…………」

岡部「……ダ、ル?」

784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:11:53.96 ID:9DxYAM4g0
ダル「オカリン……これは仮説っつーか」

ダル「いやもう、もしかしたらファンタジーの域かもしれないんだけどさ……」

ダル「牧瀬氏に聞かれたら論理的じゃないって怒鳴られるかもしれないし……そうじゃないかもしれない……」

岡部「いい。話せ……話してくれ」

ダル「…………」

ダル「元に戻す設定でレンジを起動しても、牧瀬氏は元に戻らなかった」

ダル「……つーことはさ」


ダル「牧瀬氏自身が……元に戻るのを拒んでるのかも」


岡部「――――!!」

791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:15:05.48 ID:9DxYAM4g0
岡部「な……どうして」

ダル「は? 『どうして』……?」 

ダル「オカリン、それマジで言ってるん? それを僕に言わせる気なん……?」

ダル「ちょっと見損なったぜ」

岡部「っ!!」

ダル「オカリン……オカリンならわかるだろ……? 横でさんざん見せつけられてきた僕にだってわかるんだぜ?」

ダル「真正面からぶつけられてきたオカリンにわからないわけないだろ常考!!」

岡部「――――!!!!」

岡部「~~~っ……」

岡部「……いや」

岡部「そうだな……ダル」

岡部「すまなかった。俺がバカだった」

794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:17:51.90 ID:9DxYAM4g0

岡部「……わかる」

岡部「わかるよ……紅莉栖」


紅莉栖『別に今好きな人がいてっ、その人の前だと素直になれなくて自分がイヤになって』

紅莉栖『だから自分を慰めるためにそういうサイトをたまにのぞいてるとか……全然そういうんじゃないんだから!』


岡部「わかる……俺には、お前の気持ちがよくわかる」


紅莉栖『あぁ、やっと言えた……やっと言えたよぅ……岡部すきぃ……だいすきなのっ』


岡部「お前は……自分が、嫌いだったんだもんな」

岡部「素直になれない自分がイヤだって……そう、言ってたもんな……」

岡部「だからかよ……だから、元に戻りたくないっていうのかよ……」

岡部「……だが、紅莉栖」

岡部「お前はそれでいいんだ」

795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:19:58.31 ID:9DxYAM4g0
紅莉栖「…………」

岡部「お前はそれでいい」ギュッ

岡部「そんなお前に、俺はどんどん惹かれていったんだ」

岡部「普段は人を殺せそうな目つきで、人を寄せ付けないオーラで、素直じゃなくてツンツンしてて」

岡部「でも、話してみると、そんなに悪い奴じゃなくて、それどころか人一倍おせっかい焼きで」

岡部「孤高の天才少女かと思えば、意外に人懐っこくて、たまにさびしそうな目をしてたりして」

岡部「俺はそんなお前に……会うたびに惹かれていったんだ」

紅莉栖「…………」

ダル「オカリン……」


バチバチッ バチィッ!!


岡部「デレデレのお前も、お姉さんぶるお前も、クールだけどデレてるお前も」

岡部「俺は全員好きだったが、やっぱりそれは本当じゃない」

ダル「オカリンっ、行くぞぅっ! 言ってやれ!!」

799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:21:52.22 ID:9DxYAM4g0


バチバチバチバチバチッ!!


岡部「俺が好きなのは、お前だ紅莉栖」

岡部「牧瀬紅莉栖っ、ほかの誰でもないっ」


バチバチバチバチバチッ!!


岡部「俺はお前が好きなんだ!! 俺にはお前しかいないんだ!!」


バチバチバチィィィッ!!!!!


ダル「いけええええええオカリィイイイイイイインッッッッ!!!!!」

岡部「最後の一回だっ!!!! 耳の穴をかっぽじってよぅく聞けぇええええっ!!!」


岡部「紅莉栖っっっ、好きだぁあああああああああああああーーーーーーーっっっ!!!!!!!」


ドゴォオオオオオオオン!!


802: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:23:20.33 ID:9DxYAM4g0


モクモクモクモク…


紅莉栖「…………」


ダル「オカリン……これって」

岡部「…………」

岡部「フゥン、この鳳凰院凶真の『魔眼』には……」

岡部「視えているぞ、お前が」

岡部「我が助手、クリスティィイイーーーナであることはなっ!!」


紅莉栖「…………」

紅莉栖「ばかっ……」


紅莉栖「ティーナは禁止って、言っとろーが……」


824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:28:24.70 ID:9DxYAM4g0
紅莉栖「うるさいのよバカ岡部……下まで聞こえてたらどうする気なのよっ」

ダル「牧瀬氏……牧瀬氏ぃっ!!」

紅莉栖「ホントっ……バカばっかりよ、このラボはっ……」

岡部「ククク……フゥーッハッハッハッハ!!! 数々の非礼は詫びよう、助手よぉ」

岡部「しかしお前には……言うべき言葉があるのではないかぁ?」

紅莉栖「ったく……人にさんざん迷惑をかけておいて、何でそんなえらそうなのよっ」

岡部「おやぁ? おやおやぁ? この助手はそんな口を聞いていいのかぁ?」

岡部「今までたっぷり披露してきた黒歴史の数々をもう一度ラボメンたちと振り返ってやっても……」

紅莉栖「わぁーっ、わぁっ、わぁああーーっ!! ちょっと岡部ぇっ、そんなことしたらアンタ許さないからねぇっ!!」

紅莉栖「……一生……許さないんだから……」

岡部「ふふっ……」

829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/27(土) 00:29:51.50 ID:9DxYAM4g0
岡部「フゥーーッハッハッハッ!! ならば、言ってもらおうではないか。それで手打ちということにしてやる!」

紅莉栖「っな!! アンタって本当に……」

岡部「今までさんざん『その言葉』は聞いてきたような気もするが」

岡部「俺の一番好きな女の子からは、聞いていないような気がするのだ」

紅莉栖「何よそれっ」

紅莉栖「なによ……」

岡部「どうしたぁ助手よぉ?」

紅莉栖「……そんなの、決まってるじゃない」

紅莉栖「すっ……好きよ岡部。だいすきだからね……」

岡部「ああ、俺も好きだぞ、紅莉栖」

紅莉栖「ふふっ、やっと……」


紅莉栖「……やっと、言えたよぅ……」





                              おしまい