1: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:39:35.17 ID:zmxlB/K40
山田「それじゃ、自己紹介お願いします」


シンジ「えっと……碇シンジです」


シンジ「……」


山田「あ、あの…他には?」


シンジ「あ…よ、よろしくお願いします」


ザワザワ アノコガウワサノ


シンジ「うう……」


シンジ(半年前、偶然ISに触れたら起動させてしまった)


シンジ(そしたら十年以上、音信不通だった姉さんから突然連絡があった。そしてわけもわからない内にこのIS学園に入学させられた…)


シンジ(何なんだよもう…あんなのただの偶然なのにわけかんないよ…)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443206374

引用元: シンジ「そんな…出来っこないよ! 僕がISに乗れるわけないよっ!!」 


 

2: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:41:50.93 ID:zmxlB/K40
シンジ「あの…」


山田「どうしたの、シンジくん?」


シンジ「ここに、入学したって事はISに乗るって事ですよね…」


千冬「その通りだ、シンジ」


山田「あ、碇先生。お疲れ様です」


キャー!チフユサマヨー!


シンジ「ね、姉さん!」


千冬「久しぶりだな」


千冬「さて、私がこのクラスを預かる碇千冬だ。諸君の役目はISに乗る事だ。それを忘れぬように」


キャー!クールデステキダワー!


シンジ「ね、姉さん!!」


千冬「……なんだ」



3: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:43:10.41 ID:zmxlB/K40
シンジ「な、何の為に僕はここに呼ばれたんですか」


千冬「ISに乗る事だ」


シンジ「そんな…僕は男だし、起動出来たのもただの偶然で…」


千冬「十分だ。多くは望まん」


シンジ「で、でも!」


千冬「山田。後は頼んだ…」ツカツカ


山田「は、はい…」


シンジ「姉さん!待ってよ!」


シンジ(何なんだよ…意味が分からないよ)


箒「………」

4: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:46:07.26 ID:zmxlB/K40
ーー休み時間・屋上ーー


シンジ「…………」


シンジ(姉さんはどういうつもりなんだ)


箒「…おい」


シンジ(突然呼び出して、今まで何をしていたのかも言わないでISに乗れだなんて)


箒「お、おい。シンジ!」


シンジ「う、うわ! ……って、あれ。ほ、箒なの?」


箒「やっと気がついたか……まあ、小学生以来だからな。気がつかなくても仕方ないか」


シンジ「な、なんで箒がここに?」


箒「ISに乗る以外に何かあるのか」


シンジ「そ、そっか。そうだよね…」


箒「お前は昔と変わらないな。…………まだ千冬さんの事が苦手なのか」


シンジ「………箒には関係……ないよ」


箒「…………」

5: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:47:20.00 ID:zmxlB/K40
ーーHRーー


千冬「さて、再来週のクラス対抗戦の代表だが……」


千冬「シンジ、お前が出ろ」


シンジ「え…な、何言ってるんだよ姉さん…」


ザワザワ ワタシモサンセイー!モリアゲナイトネ!


山田「し、シンジくんにはまだ早すぎると思いますが…」


シンジ「そ、そうだよ。ISで戦うなんて僕に出来っこないよ!」


千冬「説明を受けろ。お前が適任なんだ」


シンジ「む、無理だよ! そんな…突然出来るわけないよっ!! 意味が分からないよ!!」




セシリア「お待ちになって!」

6: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:49:33.02 ID:zmxlB/K40
千冬「…なんだ」


セシリア「クラス対抗戦…この、セシリア・オルコットが立候補しますわ」


ザワザワ


千冬「………」


セシリア「クラス対抗戦の代表となれば、そのクラスの実力者が出るのが正しいのでは?」


セシリア「それに…いくら、先生の弟といえどIS稼働時間が短すぎます。そのような状態で模擬戦を行うのは危険ではないでしょうか?」


ザワザワ…タシカニ…


千冬「….…ふっ。オルコット…ではシンジと模擬戦を行え」


オルコット「………本気で言っているんですか?」


千冬「ああ……模擬戦の勝利者をクラス代表とする。それならば文句はないだろう」

7: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:51:32.33 ID:zmxlB/K40
セシリア「…先生の弟といえど、IS同士の戦いでは、怪我の保証はできませんわよ」


千冬「ああ、構わん。…試合日は後で連絡する」カツカツ


セシリア「はい」


ザワザワ…シンジクントオルコットサンガ…
サスガニムリデショ…


シンジ「あ、あの…オルコット…さん?」


セシリア「………」


シンジ「その……助けてくれてありが」


セシリア「………」バシッ


シンジ「痛っ!」


セシリア「勘違いしないでくださいまし。私はあなたのような情けない男が一番嫌いですわ!」


セシリア「男にはISに乗る資格などない。その事をあなたと先生に教えて差し上げます!!」カツカツ


山田「し、シンジ君。大丈夫ですか?」


シンジ「……何なんだよ、もう!」ダッ


山田「あ、シンジ君!」


箒「……」ダッ


8: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:52:56.53 ID:zmxlB/K40
シンジ「はあっ……はぁっ」ダッ


シンジ(姉さんもみんなも何なんだよ!)


箒「シンジ!」ガシッ


シンジ「ほ、箒! 離してよっ!」


箒「どこに行く気だ!」


シンジ「どこって帰るんだよ! こんな場所に居たくないよっ!」


箒「…そうやって、また千冬さんから逃げるのか。それにセシリアにあんなことを言われて悔しくないのか!」


シンジ「……っ」


箒「シンジだって千冬さんと再開を喜びに来たんじゃないことぐらい分かってるんだろう」


シンジ「そんなの…….分かってる…よ…」


箒「千冬さんと向き合うには…ここにいるしかない。辛くてもISに乗り続けるしかないんだ」


9: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:54:33.70 ID:zmxlB/K40
シンジ「………」


箒「それに千冬さんも何か考えがあるんだろう…それを見極めてから帰っても遅くないと私は思うぞ」


箒「知りたければ、私はISに乗るしかないんだ…」


シンジ「…….分かったよ。ごめん…箒」


箒「いや……気持ちは分かる。だから私も微力ながら手を貸そう」


シンジ「うん。……ありがとう」


10: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:56:15.10 ID:zmxlB/K40
ーーーー
ーー


シンジ「えーと、僕の部屋は…」


シンジクンノヘヤハドコカナ…
シッ。シズカニ


シンジ(はぁ……これじゃあ珍獣だよ)


シンジ「あ、ここだ…」


シンジ(確か、二人部屋なんだよね)


シンジ「あ、あの碇シンジです…失礼します」ガチャッ


シンジ「いないのかな…」


シンジ「………」テクテク


シンジ「ん…? これは…眼鏡? 割れてるけど…確かどっかで…」


箒「誰かいるのか? すまない…シャワーを浴びていて……」


シンジ「ほ、箒?」


箒「なっ……」

11: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:57:15.85 ID:zmxlB/K40
シンジ「う、うわわわ!! ご、ごめん! な、何も見てないから!!」


箒「あ! そ、その眼鏡は!」ダッ


シンジ「ちょ、ちょっと箒!裸のままでっ……うわ!」ズデーン


箒「きゃっ!」ズデーン


シンジ「いてて……え?」ムニュ


箒「………」プルプル


シンジ「ごごごめん! わ、わざとじゃ…」


箒「じ、じゃあ早くどけっ!」プルプル


シンジ「は、はいっ!」


12: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:58:05.26 ID:zmxlB/K40
ーーーー
ーー


シンジ「さっきはごめん…」


箒「いや…私も悪かった。すまない」


シンジ「そ、それにしても箒と相部屋だなんて…」


箒「う、うむ。だが部屋割りの関係上仕方ないのだろう…」


シンジ「………」


箒「………」


シンジ「そ、そうだ。お茶でも入れてくるよ」


箒「あ、ああ…」


13: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:58:51.51 ID:zmxlB/K40
ーーーー
ーー


シンジ「お待たせ」


箒「う、うむ。頂きます」ズズッ


箒「あ…美味しい…」


シンジ「箒は少し渋めの方が好きなんだよね」


箒「お、覚えていたのか…」


シンジ「う、うん。一応……」


箒「そ、そうか」


シンジ「………」


シンジ「そういえば…あの眼鏡って….…束さんの?」


箒「……! ああ、そうだ」


シンジ「そっか……」


箒「…………」


箒「シンジ、さっきは私も偉そうな事をいったが私も姉さんが今も苦手だ……だけど…私はここに来た。シンジと同じ様に…」


シンジ「….…うん」


シンジ(そっか…箒も同じ…)

14: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:59:44.57 ID:zmxlB/K40
ーー模擬戦当日ーー


シンジ「これが……僕の…IS」


山田「はい! 万能マルチフォームスーツ――インフィニットストラトス。碇くん専用機の白式です!」


シンジ「……?」


山田「ど、どうかしましたか」


シンジ「いえ……」


シンジ(なんだろう…何処かで見たことが……)


箒「シンジ……実践はこれが初めてだ。無理はするんじゃないぞ」


シンジ「うん……分かってる」


シンジ「………」キョロキョロ


シンジ(姉さんは…来てくれないんだね)

15: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 04:00:51.69 ID:zmxlB/K40
ーーアリーナーー


セシリア「ふんっ。逃げなかったのは、褒めて差し上げますわ」


シンジ「………」


シンジ(オルコットさんのISも専用機……。相手は代表候補生と来たもんだ)


シンジ(普通なら勝ち目はない。だけど姉さんは対戦を命じた…)


シンジ(姉さんは僕を試しているのか……あの姉さんが僕を)


シンジ(…ならやってやる。死ぬのは怖くないんだ。姉さんから逃げない!臆病者だなんていわせない!)


シンジ「………IS展開」ガシャン


セシリア「覚悟は出来たようですわね……IS展開!」ガシャン


山田「シールドエネルギーが0になったら試合終了です! ではカウント初めます!」


3、2、1――試合開始!

16: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 04:01:55.78 ID:zmxlB/K40
セシリア「まずは挨拶変わりに!」キュイイン

シンジ「来るっ……」


シンジ(と、飛べ!)バシュ


シンジ「よ、よし。動くぞ!」


セシリア「闇雲に空に逃げても唯の的ですわ!ブルーティアーズ!!」


シンジ「う、うわっ!」バシュッバシュッ


シンジ(く、くそ…こ、こっちの武器は……き、近接だけ…)


セシリア「ほらほら、逃げてばかりでは勝負になりませんわよ!」

箒「し、シンジ落ち着け!間合いを図るんだ!」


シンジ「くそっ。う、うおあああああ!!」


箒「だ、駄目だ突っ込んでは!」


セシリア「ふっ」ヒョイ


シンジ「うわっ、と、止まれない!」ズシャーン


シンジ「くっ……」


セシリア「…………」チャキ


シンジ「ひっ」


セシリア「アマチュア以下ですわね」キュイイン






17: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 04:02:59.35 ID:zmxlB/K40
セシリア「……」バシュウウウ


シンジ「うぎゃああああ!」


セシリア「ブルーティアーズ!!」バシュバシュ


シンジ「ぐあっ!うあっ!!」


山田「白式、エネルギー残率8%を切りました!こ、これは…す、ストップをかけま….」


千冬「いや、続けさせろ」


山田「で、ですがこのままではシールドエネルギーを超過する危険が…」


千冬「構わん。続けさせろ」

18: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 04:04:15.69 ID:zmxlB/K40
シンジ(痛い………僕は死ぬのか……?)


シンジ(い、いやだ……僕はまだ何もしていないんだ……死にたくない……死ぬのは……嫌だ!!)カッ!









セシリア「きゃっ! な、何が……」


シンジ「………」シュウウウ


山田「白式….ファーストシフトに移行。ですがエネルギー残率3%。白式は完全に沈黙。登場者の意識もありません…」


セシリア「…さ、最後の悪足掻きですわね。では、トドメをさしましょう」キュイイン


セシリア「ブルーティアーズ!」バシュウウ






シンジ「…………」バチイイイン


セシリア「え」


シンジ「………」ガシャンガシャン


山田「び、白式再起動!?あ、ありえません!白式再起動しています!一部装甲が展開……これは…せ、セカンドシフトです!!」


千冬「ふ……」

36: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:20:24.66 ID:yacW63Z+O
シンジ「…………」ギギギ…バキンッ!


山田「り、リミッターが10%強制解除されました……白式起動します!」


シンジ「………」グオオオォォォォ!!


山田「な、何…….獣の…咆哮?」


千冬「金属同士の摩擦音…セカンドシフトへの移行の証拠だ」


セシリア「こ、こんなのこけおどしですわ! 幾らセカンドシフトしたとはいえ唯の素人!」キュイイン


セシリア「大人しく沈んでなさいっ!」バシュッ


シンジ「…………」バシュ!


セシリア「なっ…い、イグニッションブースト?! こ、このっ!」バシュッ


シンジ「………」バシュッヒュッバシュッヒュッ


セシリア「な、何ですのこの動きは。直線的な動きしかできないイグニッションブーストでこんなよけ方ができるわけ……」


山田「あ、あれはリボルバーイグニッションブースト……そんな、ISに乗ったばかりのシンジ君にできる動きじゃ…」

37: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:22:56.62 ID:yacW63Z+O
セシリア「ぶ、ブルーティアーズ!!」バシュッ


シンジ「………」バシュッ ガシッ


シンジ「………」グググッ…メキャッ


山田「び、ビットを素手で捕まえてる……」


セシリア「そ、そんな…ブルーティアーズが素手で落とされるなんて…」


シンジ「……」ガシッメキャッ


シンジ「………」キュイインバシュウウ


ズガーンッ!


セシリア「きゃあああああ!!」


山田「か、荷電粒子砲?!いけないっ!アリーナの隔壁を閉鎖しますっ。生徒の退避を急いで下さい!」


山田「強制停止信号を白式に打ち込んで!!」


職員「はい! ……だ、ダメです。白式、停止信号受け付けませんっ!」


山田「そ、そんな……碇先生!」


千冬「………」


38: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:25:29.39 ID:yacW63Z+O
セシリア「う、うう……一体何がどうなって……エネルギー残率が20%?! そんな….…たった一撃で…」


シンジ「………」ガシャンガシャン


セシリア「ひっ………や、やめ…」


シンジ「………」ギュイイイン


セシリア「ひ、ひゃああああああ?!」


山田「白式、絶対防御を侵食!中和していますっ!」


セシリア「あああああああああ?!」


セシリア(し、死ぬ?!い、嫌ですわ……嫌……嫌、嫌!!)


(ましては、男なんかに……この私が男に殺されるなんて――――――絶対に嫌!!)カッ








シンジ「?!」バチイイイン


ズガーン


山田「シンジ君が弾き飛ばされた?! ……一体何が…」


セシリア「ううっ……」ガチャンガチャン


山田「あれは…セカンドシフト?! ブルーティアーズもセカンドシフトに移行していますっ!」

39: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:28:32.36 ID:yacW63Z+O
千冬「白式のセカンドシフトにブルーティアーズが共鳴したんだろう……だが」


セシリア「い……痛い!? あ、頭が痛いですわあああああああああ!!!」


山田「お、オルコットさん?!」


教員「オルコットさんのバイタルサインに異常が発生!ブルーティアーズから干渉を受けてます!せ、精神グラフが侵食されていますっ!!」


千冬「やはり……オルコットでは器になり得ないか……」


教員「鎮圧部隊到着!鎮圧を開始します!」


箒「千冬さん!! これは一体何が起こって…あれはシンジとセシリア?!」ガシュッ


箒(セカンドシフトが起きてる…だけどセシリアは…)

40: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:30:52.44 ID:yacW63Z+O
箒「山田先生!あのままではセシリアが!」


山田「だ、大丈夫です。今、教員が鎮圧に……」


セシリア「ああああああああ?! 頭が!!頭がああああ!!!」


教員「な、何だこのビットの数は?!」


教員「よ、避けきれない!!」


ズガーン


山田「そ、そんな……」


箒「……シンジ!聞こえるか!シンジ!!」ガシッ


山田「し、篠ノ之さん…シンジは先程から反応が」


箒「返事をしてくれ!シンジ!!」

41: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:34:59.68 ID:yacW63Z+O
 ーーーーンジ


なんだ….誰の声だ?


 ーーきろーーーーンジ


箒?


 ――――起きろ!シンジ!!


シンジ「うわっ!! この声な……ほ、箒?! こ、ここは?一体何が……」


箒《聞こえるか!シンジ!》


シンジ「ほ、箒………」


箒《よ、良かった…起きてくれたか…》


シンジ「ぼ、僕は一体……」


箒《詳しい説明は後だ! セシリアを見てくれっ!》


シンジ「えっ……あ、あれは…」


セシリア「うぐあああああああああ
ああ?!?」ズドドドドド


箒《セシリアは今、暴走状態にある!今すぐ止められるのはシンジしかいない! 取り付いてエネルギーをゼロにするんだ!》

42: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:37:47.80 ID:yacW63Z+O
シンジ「えっ……そ、そんな。む、無理だよ! 先生達が来るのを待った方が良いよ!!」


箒《それではセシリアが持たない!!》


シンジ「……っ…」


シンジ「で、でも……そんな、僕にできるわけ」


箒《逃げればセシリアが死ぬぞ!救えるのはシンジしかいないんだ!!》


シンジ「死ぬ……」


シンジ(ISで人が死ぬ…………….…そ、それだけは駄目だ……でも怖い。逃げたい……いや、駄目だ…逃げるのは駄目だ)


シンジ(ISから逃げない。姉さんから逃げない。僕は逃げない……)


シンジ「逃げちゃ駄目だ……逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ……」


シンジ「逃げちゃ……駄目だ!!」ガシャン

箒《し、シンジ!》


箒《よ、よし。山田先生!セシリアを止めるにはエネルギーを焼き切るしかありません!白式による突貫を提案します!》


山田《そ、そんな。危険過ぎます!》


千冬《構わん》


山田《先生!?》


千冬《セカンドシフトしたブルーティアーズを今すぐ止めるにはそれしかない。やれ》

43: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:40:44.42 ID:yacW63Z+O
シンジ「……! 姉さん……」


山田《そ、そんな…》


シンジ「大丈夫です。僕、やります」


山田《……わ、分かりました。残存する教員の一斉射撃で気を引きつけます。その瞬間に突破を…》


シンジ「はい」


箒《シンジ、エネルギー残率は白式もギリギリだ。一気に焼き切れ…そして….…死なないでくれ…》


シンジ「うん…ありがとう。箒」


山田《では、カウントをします……3…2…1…….0!》







シンジ「うおおおおおおおおおおお!!」バュウウウウウッ


セシリア「?!」ガキンッ


シンジ「うおあああああああ!!」バチバチバチ


セシリア「ああああああ!?」ズドドドドドド


シンジ「うぐああああああ!?」


山田「白式、エネルギー減退!ブルーティアーズの集中砲火を浴びてます!」


シンジ「うぐっ………ぐ………うああああああああああ!!」バチバチバチ


山田「白式、活動停止まで後十秒!」


山田「5、4、3…」


シンジ「あああああああああ!!」


山田「2…….1……」


セシリア「ああああっ………あ…………」ヒュウウウン


山田「ぶ、ブルーティアーズ…活動を停止しました!!」


箒「や、やった!!」


シンジ「はぁっ!はぁっ………や、やった……ぞ…」


シンジ「ね、姉さん……ぼく……は………」ドサッ


山田「両者ともに完全に活動停止!き、救護班急いでください!!」

44: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:42:49.46 ID:yacW63Z+O

ーーーーーーーー
ーーーー
ーー


シンジ「………う……うう……」


シンジ「…………ここは」


シンジ「……知らない天井だ」


ーーーー
ーー病棟ーー


シンジ「……大きな怪我は無し…か」


シンジ(本当に…僕はISで戦ったんだな……)


シンジ(途中から…記憶が無い。気がついたらオルコットさんが暴走していて……僕の白式も変化してて………如何にかブルーティアーズを抑えれたけど……)


シンジ(ISって、何なんだ? 女の子にしか乗れない兵器。それに乗れる僕。姉さんは…….ここで一体何をしているんだ?)


千冬「ーーーー」


職員「ーーーー」


シンジ「あ………姉…さん」


千冬「…………」チラッ


シンジ「……………」


千冬「…………」

45: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:47:11.45 ID:yacW63Z+O
千冬「…………」フイッ


シンジ「……………あっ」


千冬「ーーーー」テクテク


職員「ーーーー」テクテク


シンジ「…………」


箒「千冬さん、何も言わないのか……….」


シンジ「箒…」


箒「体は大丈夫か? 迎えに来たぞ」


シンジ「うん…ありがとう」


箒「……よくやったな。シンジのおかげで誰も死なずに済んだんだぞ」


シンジ「うん、そうだね………あ、オルコットさんは?」


箒「無事だ。……会いに行くか」


ーーーー
ーーーー


セシリア「………」


セシリア(ブルーティアーズの暴走…….私は、シンジさんに助けられたのですね)


セシリア(暴走したブルーティアーズの砲撃を浴びながら、私を止めるなんて…)


セシリア(命を懸けて、助けにくる……そんな、男の方がまだ居るとは思いませんでした)


セシリア(まるで……昔読んだおとぎ話の騎士様みたいですわ……)


46: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:48:49.73 ID:yacW63Z+O
箒「セシリア、入るぞ」


セシリア「箒さん……シンジさん?」


シンジ「オルコットさん…体は大丈夫?」


セシリア「ええ……シンジさんは?」


シンジ「うん、大丈夫だよ」


セシリア「………あの」


シンジ「……?」


セシリア「先日、貴方を侮辱した事をお詫びします。大変申し訳ありませんでした」ペコ


シンジ「え….そ、そんな顔を上げてよ」


セシリア「いえ…貴方ような殿方を侮辱するなど、許される事ではありませんわ! ましてはシンジさんは私の命を救ってくれた恩人ですもの…」


シンジ「恩人だなんて……そんな…僕はただ……言われた通りに…」


箒「シンジ、あまり自分のした事を卑下するな。お前は素晴らしい事をしたんだ。もっと自分を誇って良い」


セシリア「そうですわ。あなたのような勇気ある殿方、他にいませんわ!」


47: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:50:57.31 ID:yacW63Z+O
箒「そうだ……本当にシンジはよくやったよ」


シンジ「…………」


シンジ「……うっ………」グスッ


箒「し、シンジ?ど、どうしたんだ?」


セシリア「ど、どこか痛みますの?」


シンジ「ち、違うんだ……」


シンジ「僕は…僕は……」


ーーーー
ーーーー

千冬「………….」

シンジ「…………」

ーーーー
ーーーー


シンジ(一言でも良い…)


シンジ(その言葉を、あの時、あの場所で……姉さんの口から………聞きたかった………)

48: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:55:27.49 ID:yacW63Z+O
ーーーーーーーー
ーー??ーー


??「ふーん、シンちゃん早速セカンドシフトを発現したんだ〜流石ちーちゃんの妹だよ〜」


千冬「ああ、セカンドシフトへの移行。予定通りだ」


??「だけどさー、贅沢言うともう少し穏便にやってほしかったなー。ブルーティアーズも共鳴してセカンドシフトに移行しちゃったけど…搭乗者が損傷したらイギリス政府がうるさいよぅ〜」


千冬「問題ない。セカンドシフトのデータを渡してやれば、多少の事は目を瞑るだろう」


??「まー、そうなんだろうけどさー。じゃあこのまま引き続き頼むよ〜」


千冬「ああ、全ては予定通りだ」


??「最終目的である《インフィニット・ストラトス》への到達。全てはそのために、だよ〜」


千冬「ああ」

49: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 14:57:53.05 ID:yacW63Z+O
 次回予告


ISに対する戸惑いが癒えぬまま、新たな少女がシンジに接触する。
それは、二番目の幼馴染。そして急襲する謎のIS。

次回




ド、幼馴染


この次もサービスサービスぅ!

60: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 14:34:04.43 ID:v/I1NgjyO
ーーーーーーーー
ーーーー


「えー、ではシンジ君、オルコットさん退院&シンジ君クラス代表決定おめでとー!!」


ワー! パチパチ!!


シンジ「え……と。あ、ありがとう……」


キャーテレテルー!カワイイー!


シンジ「うう………」


シンジ(こういうのは苦手だな……でも仕方ないか…)


ーーーー
ーー退院1日前ーー


シンジ「えっ……ぼ、僕がクラス代表に?」


山田「はい。外の情報ではシンジ君はセカンドシフトを発現し、オルコットさんを倒した…と言う事になってます」


山田「幸い隔壁を閉鎖したので……オルコットさんの暴走は生徒に漏れていません。セカンドシフトを発現したシンジ君がオルコットさんを圧倒した…という認識になっています」


シンジ「オルコットさんの暴走は他言無用という事ですか…」


山田「はい……碇先生からの指示です」


シンジ「………」


山田「ですので…約束通りシンジ君にはクラス代表をお願いします。退院したばかりで申し訳ないですが…」


シンジ「はい…」


ーーーーーーーー
ーーーー


「ねぇねぇ!セカンドシフトってどんな感じ?」


「凄いね!あんな動きができるなんて!!」


シンジ「うう……」

61: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 14:35:39.05 ID:v/I1NgjyO
セシリア「ち、ちょっと皆さん…シンジさんが困ってますわよ」


「そうだよ、シンジ君退院したばかりなんだから」


「うっ…ごめん」


シンジ「あ……ありがとう」


セシリア「べ、別に礼を言われる程の事ではありませんわ…」


「んー……そういえばセシリア、何か随分と変わったね…」


「前はあんなにシンジ君を目の敵にしてたのにねー」


セシリア「あ、あれは……」


「それに….シンジ…さんねぇ」ニヤニヤ


「これは、シンジ君と戦って惚れたという奴かな」ニヤニヤ


「うん、惚れたね」ニヤニヤ


セシリア「ほ、惚れ!?ちょ、ちょっと。皆さん何を言ってますの?!」


キャー、セシリアガオコッタ!


シンジ「あはは…」


62: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 14:39:17.18 ID:v/I1NgjyO
ーーーーーーーー
ーー寮室ーー


シンジ「ふぅ……」


箒「シンジ、お茶入れたぞ」


シンジ「あ、ありがとう」ズズッ


箒「………」


箒「疲れたか…シンジ」


シンジ「うん…やっぱりああいう…皆で騒ぐのは苦手かな…それに、クラス代表になったのも素直に喜べないからさ……」


箒「…」


シンジ「でも……オルコットさん…笑ってたんだ。それを見たら少しだけ….ISに乗ってよかったなって思ったんだ」


箒「!! そ、そうか……」

63: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 14:42:15.46 ID:v/I1NgjyO
シンジ「あ……そ、そうだ。まだ、お礼を言ってなかった…」


箒「ん?何のだ?」


シンジ「あの時、僕のことを呼んでくれてありがとう……意識がない時、箒の声がしたから帰ってこれた気がするんだ」


箒「べ、別に私は……」


シンジ「色々不安だけど…箒がいてくれて本当に良かったよ。ありがとう」


箒「な……わわわ、私はただ当たり前の事をしただけだ! 恥ずかしい事を言うな!バカ!」


シンジ「ご、ごめん……」


箒「も、もう寝るぞ!」


ーーーー
ーー


シンジ「………」zzz


箒「…………」


箒(シンジ…お前は死なせない)


箒(姉さんや千冬さんからも私が守る………必ず)


64: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 14:44:18.21 ID:v/I1NgjyO
ーーーー
ーー翌日・放課後


シンジ「うーん……」


箒「どうしたんだ?暗い顔をして」


シンジ「クラス代表って事はISで戦うんだよね」


箒「当たり前だろう」


シンジ「その…僕で勝てるのかなって。あの時はがむしゃらだったから」


セシリア「あら、でしたらシンジさん。わ、私が教えて差し上げましょうか?」


箒「セシリア、まだブルーティアーズは復旧していないんじゃないのか?無理はしない方が良いぞ」

65: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 14:46:23.47 ID:v/I1NgjyO
セシリア「た、確かにそうですけど…」


箒「シンジ、私が教えてやろう」


シンジ「え、本当に…」


セシリア「ま、待って下さいまし。私も教えますわ!」


箒「だから、まだISが復旧していないんじゃ…」


セシリア「で、でも教えたいですわ!」ムキー


箒「お、落ち着け」


シンジ「ふ、二人ともケンカしないでよ」


「まあまあ、そんなに心配しなくても大丈夫じゃないかなー」


「正式な専用機持ってるクラス代表って一組だけだからね」


「シンジ君なら余裕だよ〜」





「その情報、古いよっ!」




シンジ「えっ」

71: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 21:12:45.01 ID:v/I1NgjyO

鈴「2組も専用機持ちがクラス代表になったの。そう簡単に優勝はできないから」


セシリア「な、なんですの?あなたは…」


シンジ「…….鈴? もしかして鈴なの?」


鈴「久しぶりね、シンジ。相変わらず暗い顔してるわね」


シンジ「な、なんで鈴がここに…」


鈴「何でって、あんたバカ?そんなのISに乗るために決まってるじゃん」


シンジ「り、鈴もISに…」


鈴「今の肩書きは中国代表候補生、専用機持ちの凰鈴音よ。つ・ま・り、簡単には優勝は出来ないって事!」


千冬「おい」


鈴「ひっ。ち、千冬さん」


千冬「授業が始まる。2組に戻れ」


鈴「は、はい」タッタッタッ


シンジ(まさか…鈴が代表候補生で専用機持ちだなんて…)


72: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 21:14:25.76 ID:v/I1NgjyO
ーーーー
ーー昼休み・食堂ーー


鈴「あ、待ってたわよシンジ!」


シンジ「ど、どうしたの?」


鈴「どうしたもなにも食堂にいるんだから昼食を食べるに決まってるじゃない。相変わらずバカね」


シンジ「相変わらず口が悪いなぁ…」ボソッ


鈴「ほらっ、こっちで食べるわよっ!」グイグイ


シンジ「わっ。ひ、引っ張るなよ」


ーーーー
ーー

鈴「それにしてもあのシンジがIS乗りだなんて驚いたわ」


シンジ「それはこっちのセリフだよ。いつこっちに来たの?」


鈴「転入したのは今日よ。それより、何よ。アンタ、イギリスの代表候補生を倒したんだって?しかもセカンドシフトも使ったって」


シンジ「あれ…し、知ってるの?」


鈴「当たり前じゃない。アンタこの世界じゃ超有名よ。僅かな搭乗時間でセカンドシフトを発現させたパイロットってね」


鈴「それに、千冬さんの弟だし。………相変わらず千冬さんはおっかないわね」


シンジ「………」


73: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 21:15:54.38 ID:v/I1NgjyO
鈴「それにしてもセカンドシフトを発現させるなんて凄いじゃない」


シンジ「あ、あれはただの偶然で」


鈴「ま、そうでしょうね。シンジにそんな芸当ができるわけないもん」


シンジ「そう言われると傷つくなぁ…」


鈴「でもアンタ、クラス代表になったんだって?」


シンジ「う、うん。まぁ…成り行きというか…」


鈴「ふーん…。あの….さ」


シンジ「ん?」


鈴「と、特別にあたしがISの操縦……見てあげてもいい……わよ」


シンジ「え、でも…鈴は僕と戦うんじゃ…」


鈴「べ、べつに関係ないわよ。か、簡単には勝ったらつまらないだけよっ!」


箒「その必要はない」


セシリア「そ、そうですわ」

74: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 21:17:22.68 ID:v/I1NgjyO
鈴「….誰よアンタ達」


シンジ「あ、箒とオルコットさん。鈴、クラスメイトの箒とオルコットさんだよ。ほら、前に箒の事は話した事があるだろ」


箒「前に?」


シンジ「うん。鈴は箒が引っ越した後に引っ越してきたんだよ」


鈴「……ふーん。箒。あんたが篠ノ之……箒か。よろしくね」


箒「ああ、よろしく」


鈴「……」


箒「……」


シンジ「?」


セシリア「こ、コホンッ!」


鈴「ん?」



75: ◆SEFvaK53B6 2015/09/27(日) 21:19:42.98 ID:v/I1NgjyO
セシリア「は、始めまして。中国代表候補生の凰鈴音さん」


鈴「誰よ?」


セシリア「なっ。イギリスの代表候補生セシリアオルコットですわ!ご存知ないの?」


鈴「ふーん。ま、あたし他の国とか興味ないし」


セシリア「あ、あなた。私を挑発していますの?!後で痛い目を見せますわよ!」


鈴「シンジに倒されたあんたが私を?面白い冗談ね」


シンジ「ちょ、ちょっと鈴…」


鈴「ま、いいわ。ISが治ったら相手をして上げるわよ。じゃ、あたしはこれで。またね、シンジ」テクテク


シンジ「あ、鈴…」


セシリア「な、ななな何なんですのあの方は!」


シンジ「鈴は昔から口が悪いんだ……で、でも本当は良い奴で…」


セシリア「ほ、本当ですの? シンジさんがそう言うなら…」


箒「………」














鈴「篠ノ之箒。篠ノ之……ね」

90: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:22:35.09 ID:gKEy/BMm0
ーーーー
ーー放課後ーー


キンコーンカンコーン


シンジ「んー、やっと放課後」


鈴「シンジ!!」ガシッ


シンジ「うわっ! り、鈴?!」


鈴「ほらっ、特訓して上げるからアリーナ行くわよっ」


シンジ「ちょ、ちょっと。そんな勝手に…」ズルズル


鈴「なに言ってんのよ!このあたしが見てあげるんだからもれなく最優先に決まってるでしょ!」


シンジ「も、もう。後から来たくせに仕切んなよなぁ…」ズルズル

91: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:25:18.06 ID:gKEy/BMm0
ーーーー
ーーアリーナーー


シンジ「IS展開」バシュッ


シンジ「………」


シンジ(ファーストシフトのまま。セカンドシフトには成れない…か)


シンジ(射撃武器は装備できないから今のところ武器は初期装備の、この刀《雪片弐型》だけ)


シンジ(エネルギーを攻撃力に還元する特殊な刀….か)


シンジ(特殊な武器、セカンドシフト、男にしか乗れない機体……白式って何なんなんだろう?)


シンジ(でも…なんだか白式を展開すると安心する。なんだろう……ずっと昔に……)


鈴「シンジ!」ゴンッ


シンジ「痛っ。な、なんだよ……あ」


鈴「どう?あたしの《甲龍》は?」

92: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:28:33.42 ID:gKEy/BMm0
シンジ「これが鈴のIS……赤いんだね…」


鈴「ふふん。違うのはカラーリングだけじゃないわよ」


鈴「所詮、白式やブルーティアーズは試用機。だけどこの甲龍は違う!」


鈴「燃費と安定性を第一に考えられた第3世代IS、世界初の実践モデルなのよっ」ドヤッ


シンジ「は、はぁ…凄いね」


鈴「何よその気の抜けた感想は……。こうなったら体で甲龍の凄さを教えてあげるわ!」


シンジ「わっ……ち、ちょっと」


ーーーー
ーー


鈴「ふぅ…….こんな所ね…」


シンジ「はぁっ…はぁっ……」


鈴「全く、体力ないわね」


シンジ「鈴が……元気過ぎる……んだよ……」

93: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:30:42.10 ID:gKEy/BMm0
鈴「相変わらず根性無しの意気地なしなのね………ねぇ、シンジ」


シンジ「なに?」


鈴「ここに、昔みたいにシンジを虐めてくる奴等っている?」


シンジ「え?! ……む、昔の事は関係ないだろ!」


鈴「関係なくないわよ。昔とちっとも変わらないアンタを見てると心配になるわ」


鈴「で、どうなの。どうせ、1人じゃ何にもできないんだろうし、いるなら前みたいにアタシがぶっ飛ばしてやるわよ」フフン


シンジ「……がう」


鈴「ん?」


シンジ「ぼ、僕は昔とは違う!!居たとしても、鈴には頼らない!」ガンッ

鈴「な、何ムキになってんのよ……せっかくアタシ守ってやるって言ってんのに!」


シンジ「守ってもらう必要なんかないよっ!」


鈴「ふ、ふん…逃げてばっかのバカシンジが偉そ」


シンジ「黙れ!」

94: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:32:19.29 ID:gKEy/BMm0
鈴「……っ。そこまで言うなら次の対抗戦であたしに勝てるんでしょうね!」


シンジ「ああ、見てろっ!」


鈴「ふ、ふんっ。手加減してあげようと考えてたけどやめたわ!覚悟しておきなさい!」


ーーーー
ーー


鈴「何よ……バカシンジ…」トボトボ


鈴「あたしが、守ってあげるって言ってんのに…意味わかんない…」


箒「………」


鈴「……! なんか、用……今機嫌悪いんだけど?」


箒「シンジは…変わろうとしてる。目を瞑っていた物に立ち向かおうとしているんだ」


箒「だから、あまり今のあいつを否定するな」


鈴「は……? 何様よアンタ?」


鈴「分かってんの……シンジがああなったのは、アンタの姉の所為なのは分かってるんでしょうね?!」


箒「…………」

95: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:33:29.60 ID:gKEy/BMm0
鈴「シンジがどう思ってるか知らないけど……あたしはシンジをあんなにしたアンタの姉を許すつもりないっ」ガンッ


箒「分かっている…姉さんの分まで償いはするつもりだ」


鈴「ふんっ、どーだか。とにかく、シンジはあたしが守ってあげなきゃいけないのっ。アンタは黙ってて!!」


箒「………」

96: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:35:26.48 ID:gKEy/BMm0
ーーーーーーーー
ーーーー
ーー試合当日ーー


シンジ「………」


シンジ(鈴には…ああ言ったけど……本当に勝てるのか?)


シンジ(いや……勝たなくちゃダメだ)


シンジ(鈴の言うとおり、僕は変われていない。だから鈴に勝って証明するんだ。昔とは違うと……)


箒「シンジ。準備は良いか?」


セシリア「リラックスですわ、シンジさん!」


シンジ「箒、オルコットさん…」


箒「シンジ……一つ教えておく。お前が鈴に向き合おうとしていると同じ、あいつもシンジに向き合おうとしている」


シンジ「え…鈴が…?」


箒「ああ…….だから鈴の為にも勝て」


シンジ「……うん」

97: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:36:53.44 ID:gKEy/BMm0
ーーーー
ーー


《それでは、両者。所定の位置について下さい》


ワーワー カンバッテー シンジクーン!


鈴「全席満員ね……大勢の前で恥をかかせるのは趣味じゃないわ。今謝るなら、手心を加えてあげるわよ」


シンジ「………手加減はいらないよ。来いっ、鈴」




《では、試合開始!》




鈴「ふぅ……どうやらバカは殴って直すしかないみたいね。バカシンジ!」バシュッ


シンジ「くっ…….」バシュッバシュッ


鈴「甘いっ!」ドシュッ


シンジ「ぐっ」


箒「あれは….」


セシリア「衝撃砲…ブルーティアーズと同じ第3世代兵器ですわ。近接武器しか持たない今のシンジさんでは分が悪いですわね…」

98: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:38:49.67 ID:gKEy/BMm0
シンジ「…っ」


シンジ(あれが衝撃砲…。くっ、よけるだけで精一杯だ)


鈴「そらっ!やっぱりその程度なの!バカシンジ!」ドシュッドシュッ


シンジ「ぐっ…」


シンジ(こっちの武器は《雪片弍型》とイグニッションブーストだけ……)


シンジ(だけど….…負けるわけにはいかない。鈴を乗り越えなきゃ、僕は次に進めないんだ!)


シンジ「っうあああ!」バシュッ


鈴「….くっ! や、やったわね….」ガキンッ


シンジ「うおおっ」ググッ


鈴「くぅっ…」ググッ


鈴(な、何よバカシンジのこの目は……こんな強いシンジの目…アタシは知らないわ)


鈴(っ…….何を怖気ついてるの。所詮バカシンジはバカシンジ――)




ドカーンッ!



鈴「えっ?」


シンジ「な、何だ?」



ゴーレム「ーーーー」ゴゴゴ

99: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:41:07.98 ID:gKEy/BMm0
ゴーレム「ーーーー」ドシュッドシュッ

ドカーンッ!


シンジ「な、何だあのIS」


鈴「シンジ! 試合は中止よ! ピットに逃げて!」


シンジ「えっ、な、何言ってんだよ!」


鈴「あたしが時間を稼ぐ。だから早く!」


鈴(あのISのビームの出力……まともにくらったら死ぬわね)


鈴(……シンジだけは死なせない。あたしが守る)


鈴「ほらっ、早く逃げバカシンジ――」


シンジ「そんなこと出来るわけないだろ!!」


鈴「!!」


シンジ「僕だって…鈴を守れるんだ!」


鈴「….!」


ゴーレム「ーーーー」チャキッ


鈴「あ、危ない!」


箒「よく言った、シンジ」ヒュンッ


ゴーレム「?!」ドカーンッ


鈴「えっ?」


シンジ「ほ、箒?!」

100: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:42:48.45 ID:gKEy/BMm0
セシリア「私もいましてよ!」


シンジ「オルコットさんまで…一体どうしてここに…」


箒「あのゴーレムのせいでアリーナの隔壁が閉鎖されている。私たちはピットに居たから入って来られたんだ。あったのはこの打鉄が一機だけだがな」


鈴「そ、そうだ。あのISは….」


ゴーレム「ーーーー」ギギギ


箒「ピットにあったIS着地用のロープアンカーを打ち込んで拘束している。だが長くは持たない」


セシリア「閉じ込められた観客席の皆さんの為にも私たちでやるしかありませんわ」


鈴「で、でもどうやって…」


セシリア「あのIS、シールドに加えて全身装甲ですわね……となると強烈な一撃が二発必要ですわ」


箒「ああ、加えて無人機だ。完全に破壊しないと止まらない。……白式でシールドエネルギーを焼き切り、セシリアの射撃で中身を撃ち抜くのがベストだろう」

101: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:45:29.16 ID:EsuZU8yrO
鈴「し、射撃ならアタシの衝撃砲でも…それにセシリアのISは復旧していないんじゃ」


セシリア「あら、私の《スターライトmkⅢ》の方が出力は上、確実ですわよ。それに、武器と腕だけなら問題なく復旧していますわ」


鈴「…あんた言ってんのか分かってんの?そんな復旧率じゃ掠っただけで死ぬわよ!」


セシリア「取るに足りませんわ」


鈴「…っ」


鈴「し、シンジも正面から突入だなんて……そんな事無理じゃ」


シンジ「……やるよ」


鈴「し、シンジ」


シンジ「僕にしかできない事だ。やらなくちゃいけないんだ」


鈴「……」


箒「よしっ、では私と鈴があのISに取り付き両腕を拘束。シンジがシールドエネルギーを焼き切り離脱。そのあとのセシリアの射撃で殲滅。これで行くぞ!」


ゴーレム「ーーーー」ギギギバキンッ


箒「拘束が外れた! 鈴!」バシュッ


鈴「分かってるわよ!」バシュッ

102: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:46:33.25 ID:gKEy/BMm0
ゴーレム「ーーーー」バシュッ


箒「……ふっ!」ガギンッ


鈴「うおりゃああ!」ブンッ


ゴーレム「ーーーー」ガギンッ


鈴「こっちが本命よっ!」バシュッ


ゴーレム「?!」ドゴンッ


箒「よろめいた……今だ!」ガシッ


鈴「ふんっ」ガシッ


ゴーレム「ーーーー!?」ギギギ


鈴「シンジっ!!」


シンジ「イグニッションブースト!!」


シンジ「うああおあああ!!」バチバチ

ゴーレム「ーーーー!?」バチバチ


シンジ「あああああああ!」バチバチ

103: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:48:33.58 ID:gKEy/BMm0
シンジ「あ、あと少し!――あっ?!」プシュウウウ


鈴「そ、そんな白式のエネルギーが…….」


ゴーレム「ーーーー」グググ


鈴「うっ、ち、力が…も、もう駄目――」グググ


箒「離すな!!」


鈴「えっ」


箒「アイツを信じろっ!」グググ


鈴「……!…っうああああ!!」グググ


シンジ「…そうだ! オルコットさんっ!!撃って!」


セシリア「えっ」


シンジ「早く!」


セシリア「は、はい! 《スターライトmkⅢ》出力最大! 発射!!」ドシュウウウッ!


シンジ「受け止めろ!《雪片》」ギュイイインッ


鈴「ビームのエネルギーを刀が…」


シンジ「うおおおおおっ!!」ズバンッ

ゴーレム「ーーーー!」


ドカーン!


セシリア「す、凄い。中身ごと切り裂いてしまいましたわ…」


シンジ「やっ…….た」ドサッ


鈴「し、シンジ!!」

104: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:49:31.32 ID:gKEy/BMm0
ーーーーーーーー
ーーーー
ーー病棟ーー


鈴「………」トコトコ


鈴「……!」


箒「…….鈴」


鈴「……アンタ体は大丈夫?」


箒「ああ。鈴は?」


鈴「あたしも平気よ。体は丈夫な方だからね」


箒「そうか….。シンジは病室だ。もう起きてるそうだ」


鈴「そう…」


鈴「…………あのさ」


箒「?」


鈴「この前は…ごめん」

105: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:51:59.50 ID:gKEy/BMm0
鈴「アンタと….アンタのお姉さんは違うよね。なのに酷い事言ってごめん….」


箒「…」


鈴「それに…あの最後の時。あたしは諦めそうだったのにアンタは最後まで信じてた」


鈴「あたしなんかより……ずっとあんたの方がシンジの事を分かってたのね……」グスッ


鈴「何がシンジを守るよ….…アタシ、バカみたい……」ポロポロ


箒「…….…」


箒「鈴、それは違う。鈴は私なんかより、ずっとシンジの近くにいる」


鈴「…えっ?」


箒「シンジがあそこまで感情的になってぶつかる相手など私は知らない。シンジにとって鈴が近い所にいるからこそ、今回シンジは鈴にぶつかっていったんだ」


箒「それに、あの時私がああ叫べたのは理由があるんだ。鈴が学園に来るちょっと前に事件があってな」


鈴「何か….あったのね」


箒「うむ……あいつは今変わろうとしている」


ーー僕だって、鈴を守れるんだ!


鈴「….! そっか…そうなんだね…シンジは…変わろうとしているんだ」


鈴「そっかそっか…….」

106: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:54:54.65 ID:gKEy/BMm0
鈴「ねぇ……」


箒「ん?」


鈴「今度さ…あたしが知らない時のシンジの話聞かせてよ」


箒「ああ….もちろんだ。私も鈴とシンジの話を聞かせてくれ」


鈴「うん、もちろん….….……ありがと、箒」


ーーーー
ーー病室ーー


鈴「入るわよ、シンジ」コンコン


シンジ「あ、鈴…」


鈴「どう、体は?」


シンジ「うん、大丈夫だよ」


鈴「そっか…….」


鈴「………」


シンジ「………」


シンジ「あの….さ、この前はごめん」


鈴「ん……」


シンジ「僕……悔しかったんだ。ずっと鈴に守られていた自分が」


鈴「………」


シンジ「こんなんだけど、僕だって鈴を守りたかったんだ。直ぐに変われるか分からないけど……いつかは――」


鈴「……何言ってんのよ」デコピンッ


シンジ「痛っ。な、なんだよ…」


鈴「アンタはもうあたしに守られるような奴じゃない。この前の戦闘でもう分かったわ」


鈴「逆に変われていなかったのはアタシの方よ。ごめんね。シンジ」


シンジ「鈴……」


107: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 04:56:58.30 ID:gKEy/BMm0
鈴「ただ、守られてばかりなのはアタシの性分じゃないわ。何かあったら、ちゃんとアタシを頼ってよね!」


シンジ「うん。もちろん」


鈴「それならよしっ。……だけどあのシンジがねぇ。何か生意気だわ」


シンジ「生意気って…」


鈴「………でも、あの時はかっこよかったわよ」ボソッ


シンジ「えっ?」


鈴「な、何でもないわよバカシンジ! あ、そうだ….今日はお弁当作ってきたのよ!」


シンジ「え、本当!」


鈴「ええ。あ、ありがたく受け取りなさい!」


シンジ「うん……あ、す、酢豚?」


鈴「な、何よ。アタシの弁当が食べれないっていうの?!」


シンジ「いや…ちょっと今は重いかなって……」


鈴「文句言わないで、もれなく食べ尽くしなさいよ!バカシンジ!」




ーー終ーー

108: ◆SEFvaK53B6 2015/09/29(火) 05:00:11.82 ID:gKEy/BMm0
次回予告


新たな少女がIS学園に訪れる。黒いISに小さな少女。だが、その少女はシンジに深い憎しみを抱いていた。


次回

ブラック、
    ラ
    ビ
    ッ
    ト


この次もサービスするわよ!

127: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:31:19.86 ID:ZVJZej/XO
ーーーー
ーー


??「……….」


??「ここが日本……教官の国」


??「もう直ぐ教官に会える……」


??「………」ペラッ


《世界初の男性IS操縦者、碇シンジ》


??「………っ」


??「…………」グシャッ


??(貴様だけは認めない、認めないぞ……碇シンジ)ギリッ

128: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:33:52.92 ID:ZVJZej/XO
ーーーー
ーー


箒「えっ…部屋の引越しですか」


山田「はい、部屋の調整が付いたので篠ノ之さんには別のお部屋に」


箒「えっと…今すぐにですか?」


山田「まあ、そうなりますね。年頃の男女が同じ部屋というのは問題がありますし、篠ノ之さんもくつろげないでしょう?」


箒「べ、別に私は……」チラッ


シンジ「?」


シンジ「箒、心配しなくても僕は一人で大丈夫だよ」


箒「むぅ……。ああ、もう。分かりました。移動します…」


山田「はい、では早速運んじゃいましょう」


ーーーー
ーー


シンジ「ふぅ……箒は行っちゃったか」


シンジ「………」


シーン


シンジ「そういえば、一人ってこんな静かだったな…」


シンジ「………」


シンジ(一人なのは慣れてる)


シンジ(けど、何だろう…少し変な感じがする……僕は一人になってサミシイのか?)


シンジ(………)


シンジ(箒と再会して、オルコットさんを助けて、鈴とケンカして……何だかんだ喋るようになったんだな)


シンジ(これは、良いことなんだろうか……? 僕には…よく分からない…)


シンジ「……」


シンジ「……あっ、そうだ」


シンジ「お見舞いのお礼….しなくちゃ」

129: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:35:35.64 ID:ZVJZej/XO
ーーーー
ーー昼休みーー


シンジ「…あ、いた。鈴」


鈴「シンジ。どうしたの? これからご飯?」


シンジ「うん。え…と、はいこれ」スッ

鈴「え?! こ、これは……弁当?」


シンジ「うん、この前…鈴達がお見舞いに来てくれたから、そのお礼に」


鈴「え?! そ、そう…ふーん。し、シンジにしては気が利くじゃない」


箒「シンジ、鈴。これからお昼か?」テクテク


シンジ「箒」


箒「ん? 鈴、何だそれは」


鈴「シンジが弁当を作って来てくれたのよ」


箒「何!シンジの弁当だと……」


鈴「な、何よ」


箒「シンジの……弁当…」シュン


シンジ「ち、ちゃんと箒の分もあるよ。はい」スッ


箒「ほ、本当か!」パアァァ


箒「そうかそうか。私にも作って来てくれたのか…」


鈴「……」


130: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:37:30.34 ID:ZVJZej/XO
シンジ「オルコットさんにも渡してくるね」タッタッタ


箒「ああ」ニコニコ


鈴「………」


鈴「アタシも人の事言えないけど….…アンタも分かりやすい奴ね、箒」


箒「な、何がだ」


鈴「もう少し堅物かと思ったけど、案外そうでもないのね」ニヤニヤ


箒「だ、だから何がだ! 一人で自己完結させるな!」


鈴「さあねぇ〜?」


セシリア「シンジさんにお弁当をもらいましたわ!」


シンジ「ち、ちょっとオルコットさん…恥ずかしいからあんまり大きな声で…」


鈴「セシリアはもっと分かりやすいわね…」


箒「??」


131: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:38:38.87 ID:ZVJZej/XO
ーーーー
ーー


セシリア「あら、シンジさんは昼食を召し上がりませんの?」


シンジ「うん、ちょっと…用事があるから。じゃ、また後で」タッタッタ


セシリア「??」


鈴「じゃ、お腹も空いた事だし頂くわね………うわっ。こ、これは…」パカッ


箒「….…む」パカッ


セシリア「え、どうかしまして………え」パカッ




鈴「ち、中華…」キラキラ


箒「和食…」キラキラ


セシリア「サンドウィッチの詰め合わせですわ…」キラキラ


鈴「わ、わざわざ、和洋中を分けて作ったのね……相変わらずマメだわ」


箒「う、うむ……」


セシリア「春キャベツにドライトマト……こっちは新タマネギにパストラミビーフですわ…」

132: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:39:53.66 ID:ZVJZej/XO
鈴「………」パクッ


鈴「お、美味しい…」


箒「う、美味いな…」パクッ


セシリア「こっちは胚芽食パンを使ってますのね….」パクッパクッ


鈴「ねぇ……箒。シンジよりお弁当を美味く作れる自信…ある?」


箒「いや…難しいな」


鈴「だよね…….うーん」


鈴(これ、アタシの酢豚より全然美味しい….)


箒(むむ……これではお返しに弁当を作ろうにも…)


セシリア「私、シンジさんにお弁当を作りますわ!」


鈴「え?!」


133: ◆SEFvaK53B6 2015/09/30(水) 19:41:29.26 ID:ZVJZej/XO
鈴「ちょ、セシリアほんとに? 弁当作った事あるの?」


セシリア「ないですけど…」


箒「ないのか…」


セシリア「で、でも気持ちを込めればきっと美味くできますわ!」


鈴「シンジの弁当食べてそう言えるのは凄いわ……。この前の襲撃事件の時といいアンタ、度胸があるわね」


セシリア「どういう事ですの?」


鈴「褒めてんのよ……だけどシンジの奴。昔より随分腕を上げたのね」


セシリア「料理も出来るなんて、素晴らしい殿方ですわ!シンジさんは!」


箒(腕を上げたか……多分シンジが食べさせたい相手は…)


ーーーー
ーー


シンジ「….….……」キョロキョロ


シンジ(確か、こっちにいるって…)


千冬「…….…」ツカツカ


シンジ「あっ………」


シンジ「ね、姉さん!」


千冬「……なんだ」


シンジ「そ、その……」


シンジ「………」


シンジ「こ、これ……べ、弁当を…」


千冬「悪いが、仕事がある」ツカツカ


シンジ「あ………」


シンジ「………」


シンジ「姉さん….…」

139: ◆SEFvaK53B6 2015/10/01(木) 01:30:29.48 ID:Rb7w14Fb0
ーーーー
ーー教室ーー


セシリア「シンジさん! お弁当ありがとうございました。美味しかったですわ!」


シンジ「………」


セシリア「シンジさん?」


シンジ「あっ……ご、ごめん。うん、よかった。また今度作ってくるよ」


セシリア「ほ、ほんとですか?ぜ、是非お願いします! 今度は私も作ってきますわ!」


シンジ「うん、楽しみにしてるね」


シンジ「………」


箒(………シンジ)


山田「はーい、皆さん。席についてください。ホームルーム始めますよう」


山田「さて突然ですが、今日は転入生を紹介します」


テンニュウセイ? ザワザワ


シンジ(転入生….こんな時期に珍しいな…)


千冬「入ってこい」


??「はい、教官」トコトコ


??「…………」


山田「ドイツ代表候補生のラウラ・ボーデヴィッヒさんです!皆さん、仲良くしてあげてくださいね!」


ラウラ「…………」


シンジ(ドイツの代表候補生…)


140: ◆SEFvaK53B6 2015/10/01(木) 01:31:21.87 ID:Rb7w14Fb0
ラウラ「…………」


山田「あ、あの….ボーデヴィッヒさん? な、何か挨拶をお願いします」


千冬「ラウラ、挨拶しろ」


ラウラ「はい、教官」


千冬「……もう私はお前の教官ではない。ここでは碇先生と呼べ」


ラウラ「はい、了解しました」


シンジ(教官…?)


ラウラ「ラウラ・ボーデヴィッヒだ」


ラウラ「………」


山田「えっと……以上ですか?」


ラウラ「以上だ」


山田「そ、そうですか……ありがとうございました…」


ラウラ「…….…!」


ラウラ「………」ギロッ


シンジ(……?! ボーデヴィッヒさんがこっちを睨んでる…)


シンジ(な、なんだ…?)

141: ◆SEFvaK53B6 2015/10/01(木) 01:32:49.51 ID:Rb7w14Fb0
ーーーー
ーー


シンジ(………)テクテク


シンジ(ボーデヴィッヒさん、何で僕を睨みつけたんだろう…?)


シンジ(それに姉さんを…教官? 一体どういう関係なんだ…?)


シンジ「あっ……」サッ



千冬「…………」テクテク



シンジ「…………」


シンジ(くそっ、何で僕は隠れているんだ…)


ラウラ「教官!」


シンジ(あ。ボ、ボーデヴィッヒさん?)



ラウラ「ーーーー」

千冬「ーーーー」



シンジ「………」


シンジ(何を話してるんだ…?)



ラウラ「ーーーー」ニコッ

千冬「ーーーー」


シンジ(……! ボーデヴィッヒさん…笑ってる…)


シンジ(それに…姉さんも僕と話すときはあんな顔をしない…)


シンジ(やっぱり何かあるんだ….….姉さんにとって、ボーデヴィッヒさんは何なんだろう?)

142: ◆SEFvaK53B6 2015/10/01(木) 01:34:14.16 ID:Rb7w14Fb0
千冬「ーーーー」テクテク


ラウラ「ーーーー」ペコッ



シンジ「…………」


シンジ「あ、あの….」


ラウラ「む。き、貴様は…」


シンジ「あ、あの僕は」


ラウラ「碇シンジ。世界初の男性IS操縦者….」


シンジ「あ、うん…は、始めまして。……そ、そのボーデヴィッヒさんは――」パシンッ


シンジ「痛っ……え?」


ラウラ「私の名を呼ぶな! この愚図が!」


シンジ「なっ…」


ラウラ「教官の偉業を妨げ、傷を付けた愚図め…よくもおめおめとここにいられるな」


シンジ「ぐ、愚図……な、何なんだよいきなり!」


ラウラ「そのままの意味だこの愚図め。まさか貴様……自分のした事を忘れているんじゃないだろうな。……モンドグロッソ2連覇。教官がなし得たであろう偉業を貴様が妨げた事を!」


シンジ「……っ。そ、それが何でボーデヴィッヒと関係があるんだよ!」

143: ◆SEFvaK53B6 2015/10/01(木) 01:35:53.10 ID:Rb7w14Fb0
ラウラ「あるさ。私にとって教官だけが全てだ……貴様の様な存在など許せるわけがない…」ギリギリ


シンジ「何だよそれ!わけわかんないよ!!」


ラウラ「ふんっ。……お前は何故ISに乗っている?」


シンジ「何故って……姉さんに…言われたから…」


ラウラ「随分と嫌そうだな。貴様、教官の事が信じられないのか?」


シンジ「信じるって……そんな、突然わけの分からない内にISに乗せられて信じられるわけないだろ!」


ラウラ「っ……この愚図が!」バッ


箒「そこまでだ。ラウラ・ボーデヴィッヒ」ガシッ


ラウラ「っ。だ、誰だ?!」


シンジ「箒!」


ラウラ「箒? …………そうか、お前が篠ノ之箒か」バッ


箒「学園内で暴力行為は禁止されている。これ以上騒ぎを起こすなら黙っていない」


ラウラ「……ちっ。揃いも揃って愚図共が……」タッタッタ


シンジ「ま、待てよ!」


箒「やめろ!」


シンジ「離せっ!」フーッフーッ


箒「シンジっ!」


シンジ「っ。……分かったよ」

144: ◆SEFvaK53B6 2015/10/01(木) 01:37:20.05 ID:Rb7w14Fb0
ーーーー
ーー


箒「落ち着いたか……」


シンジ「うん……ごめん」


箒「何があったんだ」


シンジ「それは……」


ーーーー
ーーーー


箒「…成る程な。モンドグロッソの事を…」


シンジ「何なんだよあいつは……わけわかんないよ…」


箒「………」


箒「….…シンジ。千冬さんが音信不通の時、どこにいたか知ってるか?」


シンジ「え? そんなのわかんないよ…」


箒「…….昔。姉さんから聞いたことがあるんだ。千冬さんがドイツにいるかもしれないって事を」


シンジ「……ドイツ?」


箒「ああ……本当かどうかは分からないが….…。ただ、ボーデヴィッヒが千冬さんを教官と呼んでいる以上、やはり何か関係があるかもしれない」


シンジ「…で、でも何でボーデヴィッヒはあんなに僕を……」


箒「うむ……。とにかく、今はボーデヴィッヒとの接触は避けた方が良い。学園内で問題を起こす事はないだろうが念の為だ」


シンジ「……うん」

150: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:14:06.22 ID:2zQ+nN96O
ーーーー
ーー


姉さんごめん、僕のせいで大会が…


「いいんだ、気にするな」


うん…





「ねぇ、お姉さんが優勝できなかったのってあなたのせいなんでしょ?」


ち、ちがう……


「お前がしっかりしていればお姉さんは優勝できたんじゃないの?」


違う! あれは……あれは仕方がなかったんだ!


「それとも君のお姉さんは勝負から逃げたのかな?」


「あなたはそのための口実だったのかもね」


うるさいっ! 姉さんの事を知らない癖に勝手な事を言うな!!


「さよなら……シンジ」


ねぇ…行かないでよ姉さん! 僕を置いていかないで!!


「わがまま言うな。伯父さんの所でいい子にしていろ」


…僕が嫌いになったの? 僕が弱いから嫌いになっちゃったの?!


「……………」テクテク


ま、待って。僕を置いていかないで! 姉さん! 姉さん――





ーーーー
ーー




シンジ「……っ…はぁっ……はぁ……」ガバッ


チュンチュン


シンジ「…………夢…か」


――教官の偉業を妨げ、傷を付けた愚図め


シンジ「…………っ」

151: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:16:04.61 ID:2zQ+nN96O
ーーーー
ーー昼休みーー


シンジ「はぁ…….…」


シンジ(僕は………)


鈴「シーンージ!」ガシッ


シンジ「うわっ!? り、鈴!」


鈴「うーん、相変わらず痩せてるわね〜。ちゃんとご飯食べてるの?」サワサワ


シンジ「ちょ、ちょっと….くすぐったいよ…」


鈴「全く、男子なんだからもっと肉を付けなさいよね」


シンジ「そんな事言われても……」


鈴「まっ、安心しなさい。今日は特別にアタシが肉を付けてあげるわ!」


シンジ「に、肉?」


ーーーー
ーー


シンジ「わ……酢豚……美味しそう。これ、食べていいの?」


鈴「当たり前じゃない。この前のお礼よ。残したら殴るからね」


シンジ「の、残さないよ。…頂きます」パクッ


シンジ「………」モグモグ


鈴「ど、どう?」


シンジ「………お」


鈴「お?」


シンジ「美味しい……美味しいよこれ! 凄い、この前のと全然違う」


鈴「ふ、ふふん。当たり前よ。私の料理は毎日進化してるんだから」

152: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:17:28.63 ID:2zQ+nN96O
シンジ「でも、何を入れたんだろう….….うーん、分からないな……」


鈴「……教えてほしい?」


シンジ「う、うん」


鈴「じ、じゃあ今度一緒に料理しましょ!」


シンジ「料理? 別にいいけど…」


鈴「ほ、ほんと? 約束よ?」


シンジ「うん」


鈴「ふふっ……ほら。どんどん食べなさいよ!」


セシリア「…あ、シンジさん! やっと見つけましたわ!」


鈴「げ、セシリア…」


シンジ「オルコットさん」


セシリア「シンジさん…今日はその…….こ、これを渡しに来ましたの!」スッ


シンジ「バスケット? これは…サンドイッチ?」


セシリア「は、はい。この前のお礼にと…」


シンジ「あ、ありがとう。嬉しいよ、オルコットさん」ニコッ


セシリア「は、はい。是非召し上がってください」


鈴「………」


鈴(セシリア….確かこの前料理した事無いって言ってたわよね。大丈夫かな…)

153: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:19:27.77 ID:2zQ+nN96O
シンジ「じゃあ、頂きます」パクッ


シンジ「?!?!」


シンジ(な、何だこれ! 甘い…めちゃくちゃ甘い!? こ、これはヴァニラエッセンス丸々一瓶入ってるぞ!?)


セシリア「ど、どうですか…シンジさん…」


シンジ「え!? え、えーと…」


鈴「……セシリア。一つ貰うわよ」パクッ


鈴「うっ?!」


セシリア「ど、どうなさいました。鈴さん?」


鈴「セシリア……これ、マズイわ…」


シンジ「り、鈴!」


セシリア「えっ……そ、そんな……」


鈴「………」


鈴「……シンジ。さっきの話、セシリアも一緒で良い?」


シンジ「さっきのって…一緒に料理する話?」


鈴「うん。セシリア…料理した事なかったのよ」


シンジ「えっ、そうだったの」


セシリア「…すいません。お恥ずかしながら」

154: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:20:57.05 ID:2zQ+nN96O
シンジ「何だ…じゃあ良かったら教えてあげるよ」


セシリア「ほ、ほんとですの?」


シンジ「うん、もちろん。料理は皆でした方が楽しいからね」


セシリア「は、はい……ありがとうございます」


鈴「セシリア〜、料理の道は険しいわよ〜」ニヤニヤ


セシリア「わ、私。頑張りますわ!」


シンジ「….…ふふっ」


鈴「…何よ。人の顔見てニヤニヤして」


シンジ「いや、昔の鈴を思いだしてさ。鈴が最初に出してくれた酢豚を思い出したよ」


セシリア「昔?」


シンジ「うん、昔。鈴が出してくれた酢豚が…」


鈴「わー! わー! 余計な事言わないの!! 今は今! 昔は昔!!」


セシリア「気になりますわ…」


シンジ「あはは…分かったよ」


鈴「もう………全く」




鈴「………やっぱり笑ってる方が似合うわ」ボソッ


シンジ「え?」


鈴「何でもないわ。ほら、早く食べないと昼休み終わっちゃうわよ」

155: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:22:37.61 ID:2zQ+nN96O
ーーーー
ーー昨日ーー


鈴「………」テクテク


箒「鈴」


鈴「あ、箒じゃん。何か用?」


箒「今日。1組に転校生が来たのを知ってるか?」


鈴「あー、ラウラ・ボーデヴィッヒだっけ? ドイツの代表候補生でしょ。それがどうしたの?」


箒「……恐らく千冬さんの関係者だ」


鈴「…! どういう事よ?」


ーーーー
ーー


鈴「….….シンジとそんな事が」


箒「ああ。理由は本当の所は分からないが、奴は千冬さんのモンドグロッソの事で強い恨みを持ってる」


鈴「ふーん……。千冬さんの事をダシにシンジを虐める奴はいたけど……恨みを持ってる奴は見たことないわね」


箒「ああ。何か根が深い理由が恐らくあるに違いない」


鈴「理由か…」


箒「それで、その……シンジなんだが、今酷く落ち込んでるんだ」


鈴「まぁ、そんな事言われたらそりゃあ….…シンジ、モンドグロッソの事を抉られるのを1番嫌ってるからね」

156: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:24:19.94 ID:2zQ+nN96O
箒「うむ………だから、その……シンジを慰めてやって欲しいんだ」


鈴「慰める?」


箒「うむ……私は、こんなんだから助言はできても慰める事はできない……。それに姉の事もあるからな……」


箒「シンジは千冬さんに向き合おうとしている…だがモンドグロッソの事はシンジにとってまだ根が深過ぎる。折れてしまいかねないのだ…」


鈴「………」


箒「すまない……鈴にしか頼めない事なんだ……この通りだ……頼む」ペコッ


鈴「………ねぇ」


箒「ん?」


鈴「ほれっ」デコピン


箒「痛っ! 何をするんだ?!」


鈴「あのねぇ……暗すぎよ。アンタまで落ち込んでどうすんのよ」


箒「あ…………す、すまない」


鈴「考え込み過ぎるのがアンタの悪い所ね」


箒「むぅ…………」


鈴「それに頼むだなんて……もっと気軽にアタシを頼ってよね。アタシ達、同じアイツの幼馴染でしょ?」


箒「同じ、幼馴染……そうだな。うん……すまない。私が落ち込んでいては元も子もないな」


箒「ありがとう….….鈴」


鈴「分かったならいいのよ」


鈴 (全く……一人で抱え込み過ぎよ)

157: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:26:18.73 ID:2zQ+nN96O
ーーーー
ーー


鈴「ふー…….…」


鈴( 料理の話が好きなのは変わってないのよね。シンジ…少しは気が晴れたかしら)


鈴「ん?」



千冬「ーーーー」

ラウラ「ーーーー!」


鈴(あれは千冬さんと…ラウラ・ボーデヴィッヒ。何話してんのかな?)コソコソ



ラウラ「何故、こんな場所で教官など!」


千冬「………」


ラウラ「お願いです! 再びドイツでご指導を! こんな場所ではあなたの能力は生かされません!」


ラウラ「世界最強の称号《モンドグロッソ》を持つべき人間は教官ただ一人のはずなのです!」


千冬「…何度も言わせるな。今、私はここを離れるつもりはない」


ラウラ「な、何故です。ここの生徒達は意識も危機感も甘く、とても教官の教えるに足るものではありません!」


ラウラ「……やはり、碇シンジですか。彼がいるからなのですか!」


千冬「….時間だ。先に戻る」テクテク


ラウラ「教官!!」


ラウラ「くっ………」


ラウラ「………碇….シンジ…」ギリッ




鈴「………」


鈴「ふーん……なるほど…ね。同じじゃない……」

158: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:28:01.42 ID:2zQ+nN96O
ーー
ーーーー


セシリア「もうそろそろ。学年別個人トーナメントですわ。今日も特訓ですわよ!」フンスッ


シンジ「お、オルコットさん落ち着いて…」


セシリア「鈴さん。アリーナの予約はできてまして?」


鈴「ん? うん。もちろん….…」ピッピッ


鈴(…….…ん? これは……)


鈴「………ご、ごめーん。ちょっと手違いで、出来てなかったわ」


シンジ「え、そうなの…」


セシリア「ちょっと鈴さん! 本当ですの!?」


鈴「うん…ごめん」


セシリア「仕方ありませんわね…。でしたら今日は座学にしましょうか」


鈴「あー、あたしはパス。座学はいいや」


セシリア「そうですか。…….! し、シンジさん。でしたら私と二人きりで…」


シンジ「ええっ」


鈴「あはは…頑張って」


鈴(さて….)

159: ◆SEFvaK53B6 2015/10/02(金) 01:31:35.36 ID:2zQ+nN96O
ーーーー
ーーアリーナーー


ラウラ「….….……」


鈴「….やっぱりね」


ラウラ「……?! 誰だ!」


鈴「ねぇ、アンタ。シンジ….こないわよ」


ラウラ「む…….…お前は、奴の取り巻きの」


鈴「取り巻きだなんて失礼ね…」


ラウラ「それよりどういう事だ? 何故1人なんだ」


鈴「んー、まあトーナメント前に余計な怪我をさせる事はないかなって。狙いすましたように、アリーナ使用の予約を合わせてあればそりゃ疑うでしょ」


ラウラ「….…! 奴を庇ったつもりか。何を知ってるか知らんが余計な首を突っ込むと怪我をするぞ」


鈴「さあ、何のことやら。まあ、ここにアイツこないし今日は帰ったら?」


ラウラ「…….…ちっ。おい……今日は機嫌が悪い。今なら誰でも良い気分なんだ」ジャキッ


鈴「…そうこなくっちゃ。ちょうどアタシも二人で話したかったのよっ」ジャキッ

183: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:36:09.60 ID:LIljwBLWO
ーーーー
ーー


セシリア「――というわけでして」


シンジ「え…と、ここは……」


セシリア「その箇所はここの理論を応用すればいいのですわ」


シンジ「あ! なるほど…」カキカキ


シンジ「で、できた」


セシリア「お見事ですわ! シンジさん」


シンジ「わあ…ほ、本当に解けるとは思わなかったよ…」


セシリア「順序立てて理解していけばそう難しい事ではありませんよ。こういうのは難度に惑わされてはいけませんわ」


シンジ「そっか…オルコットさんの教え方は分かり易いね。凄く助かるよ」


セシリア「そ、そうですか。べ、別に特別な事はしてませんわ…」


シンジ「…でも、今までの中でオルコットさんが1番分かり易いよ」


セシリア「も、もう。あんまり褒めても何もでませんわよ」


シンジ「あ…ご、ごめん」


セシリア「…ま、まあ、シンジさんが望むならこれからも教えて差し上げますわ」


シンジ「本当に? た、助かるよ。ISの勉強はどうも苦手で…」


セシリア「そ、その代わり…」


シンジ「え?」


セシリア「私のことを……その……セ……」


箒「む….シンジとセシリア」


184: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:37:47.74 ID:LIljwBLWO
シンジ「あ、箒」


セシリア「…………」


箒「な、なんだセシリア」


セシリア「何でもありませんわ…」


箒「?」


シンジ「もう部活は終わったの?」


箒「ああ。あれ? そういえば今日、お前達はアリーナで特訓ではなかったのか?」


セシリア「鈴さんが予約を間違えておりましたの……それでシンジに座学を…」


箒「…鈴はどこに?」


シンジ「座学はパスってどっかに行っちゃったよ」


箒「……妙だな。部活前、アリーナに向かう鈴を見たのだが…」


セシリア「え、そうなのですか?」


箒「……何だか嫌な予感がする」


シンジ「うん…アリーナに行こう」

185: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:39:27.52 ID:LIljwBLWO
ーーーー
ーー


ラウラ「どうした、もう終わりか!」バシュッ


鈴「くっ…」


ラウラ「ふっ、威勢の割りにはたいした事ないな。所詮数くらいしか取り柄のない国と言う事か!」


鈴「うぐっ…」


鈴(つ、強い。流石に大きな口を叩くだけはあるわ…)


ラウラ「その程度で代表候補生とは…やはり愚図の取り巻きは愚図という事だなっ」ガキンッ


鈴「あぐっ…」


鈴「ぐ………ま、まだまだ」ググッ


ラウラ「ちっ、しぶとい奴め」ググッ


鈴(だけど……やっぱりそうだわ)


鈴「ねぇ、アンタ…千冬さんの教え子でしょ…」ググッ


ラウラ「….っ?!」


鈴「図星みたいねっ」ガキンッ


ラウラ「くっ…し、死に損ないが…」


鈴「はぁっ…….はぁっ…」


186: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:41:19.91 ID:LIljwBLWO
鈴「し、シンジに執着するのも千冬と関係があるのかしらね….」


ラウラ「黙れ! 貴様には関係の無い事だ!」ガキンッ


鈴「ぐ……千冬さんの名前を出すと随分目の色が変わるじゃない……やっぱりシンジと同じねっ…」ミシミシッ


ラウラ「な、なんだと」


鈴「周りに当たり散らしていない分、まだバカシンジの方がましだけどね。これだけは教えとくわ。言っとくけどバカシンジを倒しても…千冬さんには成れないわよっ!」


ラウラ「だ、だ、黙れえぇ!!」


鈴「っ……やば、避けれな――」グラッ






シンジ「ぐっ!」ガキンッ


ラウラ「な、何っ!」


鈴「し、シンジ?!」


箒「はあっ!」ブンッ


セシリア「そこですわっ!」バシュッ


ラウラ「くっ……」

187: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:43:00.65 ID:LIljwBLWO
鈴「あ、アンタ達…」


シンジ「鈴! だ、大丈夫?!」


鈴「な、何だ…来ちゃったのね。バカ…シンジ……」ガクッ


シンジ「鈴!」


箒「大丈夫だ、気を失っただけだ」


セシリア「く、来るなら私達が相手になりますわよ!」ジャキッ


ラウラ「…………碇シンジ……」


シンジ「……っ」


箒「……」


セシリア「………」


ラウラ「………」クルッ


ラウラ「……覚えておけ。お前は必ず私が…」バシュッ




188: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:44:31.86 ID:LIljwBLWO
箒「……引いたか」


セシリア「も、物凄い目をしていましたわ…」


シンジ「ボーデヴィッヒ…なんで….…あんなに…」


ーーーー
ーー


鈴「……ん……うう…」


鈴「ここは….」


シンジ「あ、鈴!」


鈴「き、きゃあ! 何であんたが私の部屋にいるのよ?! この変態!」バシッ


シンジ「痛っ! ち、ちょっと!」


セシリア「り、鈴さん! 落ち着いて下さい」


箒「寝ぼけているようだな…」


鈴「あれ….セシリアに箒? ……あ、そうだわ。私はラウラと戦って…」


シンジ「痛いなぁ、もう….」


鈴「あは、あはは….ごめんごめん」


セシリア「まぁ、元気そうで何よりですわ…」


箒「それより鈴。なぜお前がラウラ・ボーデヴィッヒと戦っていたのだ? 模擬戦というには些か激し過ぎると思うが…」

189: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:47:12.46 ID:LIljwBLWO
鈴「んー……ちょっと確かめたい事があってね。色々あって、まあ….…その甲斐はあったわよ」


シンジ「確かめたい事?」


鈴「ラウラ・ボーデヴィッヒ……アイツ、多分千冬さんの教え子よ」


セシリア「えっ」


箒「な、何だと」


鈴「戦って…意識してみるとね、凄く似てるのよ….かつてのブリュンヒルデとね」


シンジ「ね、姉さんと…」


鈴「強いのも頷けるわ…型は違うし、完璧ではないんだろうけど…あれは見よう見まねで出来る動きじゃない。間違いなく教わってるわね」


箒「むう…なんと…」


セシリア「だ、だけどそのような教えを受けた方が何故シンジさんを?」


鈴「ん……簡単な事よ。アイツは千冬さんに成りたいからよ」


シンジ「姉さんに…成りたい?」


鈴「ちょっと鎌をかけたら異常な程、激昂してたわ。あんななりだけどアイツも分かり易い奴ね」


鈴「何が原因なのか分かんないけどさ、千冬さんに近づきたくて、見てもらいたくて仕方がないのよ………ラウラはね」


鈴「でも、千冬さんは中々見てくれない近づけない….…その、鬱憤や苛立ちをシンジに向けてるのよ」


セシリア「そ、そんな。八つ当たりですわ!」

190: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:48:39.77 ID:LIljwBLWO
鈴「理屈じゃないの。多分本人もどうしようもないんだわ」


箒「……では、ラウラ・ボーデヴィッヒは千冬さんを追ってこの学園に来たと言う事か」


鈴「その通りよ……ねぇ、誰かさんに似ていると思わない? 千冬さんにの為にISに乗る…ってさ」


シンジ「…………」


鈴「まぁ、他の人に当たり散らしたりしていない分、あんたの方が数百倍マシだけどね」


シンジ「…そんな….僕に八つ当たりしても、どうしようもないのに」


鈴「言ったでしょ。理屈じゃないって」


シンジ「じゃあ、どうすれば…」


鈴「んー、簡単よ。ぶん殴ってやればいいのよ」


シンジ「は?」


鈴「昔から言うじゃない。言っても分からない奴は殴って聞かせるって」


セシリア「そんな無茶ですわ…」


鈴「本当はアタシがやってあげるつもりだったんだけどね……ダメだったわ」


シンジ「でも、本当にそんな事で…」


箒「…どちらにしろ、言って分かる相手ではないのは確かだ。それにシンジとの衝突は避けられないだろう」


シンジ「次の個人トーナメント…」


箒「ああ……それに、殴った先。ラウラ・ボーデヴィッヒがどうなるかはアイツ次第だ。こちらに出来ることは負けないようにする事」


鈴「そうよ。というわけで!」


シンジ「え?」

191: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:51:15.69 ID:LIljwBLWO
ーーーー
ーー後日・アリーナーー


鈴「ほらっ! そこ!」


シンジ「ち、ちょっと無茶だよ!」


鈴「何言ってんのよ! アイツはそんなもんじゃないわよ! セシリア! もっとガンガン撃って!」


セシリア「す、すいませんですわ。シンジさん」バシュッバシュッ


シンジ「う、うわっ!」


鈴「バカッ! もっと気合を…痛てて…」


箒「バカはお前だ鈴。まだ傷が治り切ってないんだから無理をするな…」


鈴「う、うるさいわね! 十二時間あればジェット機だって治るのよ! ……っ」


箒「こ、こら。だから大きな声を出すな!」


鈴「いつつ….…だけど、思ったよりシンジ中々良い動きをするじゃない」


箒「ああ……今からシンジに千冬さんにの戦い方を真似させるなんて無茶だと思ったが、これは中々…」


鈴「無茶とは何よ! シンジのISからしてこの方が合理的じゃない」


箒「まぁそれもそうだが……しかし、こうも様になるとはな…」


鈴「……ブリュンヒルデをずっと見てたのはシンジを同じって事よ」

192: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:52:34.86 ID:LIljwBLWO
シンジ「ふっ!」ヒュンヒュン


セシリア「その調子ですわ!シンジさん!」


シンジ(姉さんの戦い方か…)


シンジ(昔はテレビの向こうの届かない世界の事だった)


シンジ(画面の向こうで飛び回る姉さん。ブリュンヒルデの戦い。バカみたいに繰り返し見てたモンドグロッソの映像)


シンジ(あの頃はこんな事になるとは思わなかったな…)


セシリア「では、最後に行きますわよ! ブルーティアーズ!」


シンジ(ラウラ・ボーデヴィッヒ……)


シンジ(姉さんに追って、この学園にまで来た少女)


シンジ「うおおおお!!」ヒュンヒュン


セシリア「み、見事ですわ。シンジさん!」


シンジ(僕と同じ少女…か)

193: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:54:51.04 ID:LIljwBLWO
ーーーー
ーー


セシリア「み、皆さん。トーナメント表が出ましたわ!」


箒「何? ほ、ほんとうか。シンジの相手は……え?」


鈴「まさか…初戦とはね」


《第一試合:碇シンジVSラウラ・ボーデヴィッヒ》


シンジ「初戦からか….…あ」


ラウラ「…….……」


シンジ「………」


ラウラ「…………」フイッ


鈴「流石に勝負前からドンパチするようなバカではないわね…」


シンジ「………」


シンジ(なんだろう……ボーデヴィッヒ、前とは違う感じだったな…)


ーーーー
ーー夜・ラウラ自室ーー


ラウラ「…………」ドサッ


ラウラ(初戦からアイツとか……)


――アンタはシンジと同じねっ


――バカシンジを倒しても…千冬さんには成れないわよっ


ラウラ(…………)


ラウラ(ちっ。雑魚の戯言が……)


ラウラ(………私は明日、教官に汚点を残させ、妨げとなるあの愚図を倒す)


ラウラ(アイツには何の価値も無い事を分からせてやるんだ…)ギュッ

194: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:58:04.37 ID:LIljwBLWO
ーーーー
ーー


《これより、ヴァルキリー・トレース・システム起動実験を行う》


《遺伝子強化試験体C-0037および、シュヴァルツェア・レーゲン接続問題無し》


「……….…」


《ラウラ・ボーデヴィッヒ…準備は良いか?》


「はい」


《よし、第一次接続を開始》


《VTS起動。シュヴァルツェア・レーゲンにコンタクト!》


「…………」


(左眼のヴォーダンヴォージェに適合出来なかった私には、このままでは価値がない…)


(出来損ないの今の私には価値がないのだ……ならば、新たな力を手に入れるしかない)


(この、ヴァルキリー・トレース・システムに適合して再び私はトップに返り咲く…)


《コンタクト完了!ナノマシン電圧正常値》


《了解、フェイズ2に移行。試験体C-0037とVTSの接続を開始!》


《パルス及びハーモニクス正常。VTS起動まで後5.0!》


(……? なんだ――あ)


《4.1…3.4…?! パルス逆流! 中枢神経素子にも拒絶が始まってます!》


(い、痛い?! 頭が痛い?!)


「あ、ああああああああ?!」


《コンタクト停止! 6番までの回路を開け!》


《だ、ダメです!信号拒絶!ナノマシン増大!試験体C-0037およびシュヴァルツェア・レーゲン、VTSに取り込まれます!》


「う、うあああああ………」バキバキ

195: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 00:59:50.88 ID:LIljwBLWO
《実験中止!VTSを物理停止させろ!》


《し、しかしそれでは試験体C-0037の生命維持が…》


《かまわん!機体の保護を最優先だ》


《…おい、少し待て》


《あ……今、ケージに入るのはき、危険で――》




「うぐ…ああああ……」バキバキ


(またか…また私は適合できないのか……死ぬのか…私は…)


(暗い……もう何も見えない…)


(出来損ないのまま……何者にもなれずに…私は…死ぬ……)ミシミシッ


(……?! な、なんだ。光が差して….)ミシミシッバキンッ


「おい、大丈夫か?」


「う……は、はい…」


《VTS停止……そんな、生身で…》


「そうか……なら、良い」


「あ、あなたは……」


「碇千冬。今日からお前の上官になる者だ」


「碇….千冬….」


(ああ、なんて…気高く…なんて眩しいのだろう)


(私は…この人に…なりたい…)


ーーーー
ーー


ラウラ「…………」パチッ


チュンチュン


ラウラ「夢………。朝….か….…」



ラウラ「……教官……私を…見ていてください…」

196: ◆SEFvaK53B6 2015/10/04(日) 01:03:10.30 ID:LIljwBLWO
ーーーー
ーー模擬戦当日・控室ーー


セシリア「し、シンジさん。平常心ですわ」


シンジ「…う、うん」


シンジ(ついに、この日が来たか)


シンジ(姉さんの戦い方…特訓はした。だけど….勝てるのかな…)


鈴「あ、シンジ…緊張してるわね」


シンジ「え? し、してないよ」


鈴「嘘ね、だって手をニギニギしてるもん」


シンジ「あっ……」ニギニギ


箒「緊張するとシンジはいつもそれをするな….…昔からそうだ」


鈴「ちなみに私と戦う時もやってたわよ」


セシリア「そういえば私の時もやってましたわ」


箒「私とあった時もやっていたぞ」


シンジ「え、ええ…」


鈴「前から思ってたけど、それなんかいやらしいわよね…」


箒「うむうむ」


セシリア「り、鈴さん…いやらしいだなんて…」


シンジ「な、なんだよ。いやらしいって! べ、別に僕は…」


鈴「ふふっ、冗談よ冗談。ほら、時間よ」


箒「緊張は解れたか?」


シンジ「……あ」


セシリア「シンジさん。頑張ってください!」


シンジ「うん…皆ありがとう」


シンジ「…行ってきます」

206: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:24:06.95 ID:UOKoOXlZ0
ーーアリーナーー


ワーワー! ガンバッテーシンジクーン!


ラウラ「一回戦目で当たるとはな。待つ手間が省けたというものだ」


シンジ「………」


ラウラ「恐れをなして声も出ないか。………覚悟しろ、貴様の醜態をここで晒させ、二度とISに乗れない
ようにしてやる……!」


《試合開始五秒前!》


《4、3、2、1……0! 試合開始!》


ラウラ「ふっ、来い……?!」





シンジ「イグニションブースト!」バシュッ


ラウラ「なっ?! ば、バカが、正面から突っ込んで…!!」ドシュッ


シンジ「うぐっ………うあああああ!!」バキッ


ラウラ「あぐっ! く、くそっ……何て威力だ…」


シンジ「よ、よし…」


シンジ(先ずは作戦通りだ…)


ーーーー
ーー数日前ーー


鈴「良い? 先ずは開幕と同時に突っ込むのよ」


セシリア「で、でもそれでは的では…」


鈴「被弾しても良い。とにかく一発叩きこんで武器の威力を体感させるのよ。そうすれば、アイツは距離をとるわ」


鈴「アイツは強い。まともに攻められたら封殺されるわ。だから、簡単には近づけないようにする」


鈴「開幕直後は必ず目の前にいる。先ずはそこを狙うのよ」


ーー
ーーーー


ラウラ(ちっ、腐っても専用機か……凄まじい威力だ)


ラウラ「はあっ」バシュッ


シンジ「ふっ!」ヒュッ


シンジ(距離を取った…警戒してるのか)

207: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:25:14.73 ID:UOKoOXlZ0
セシリア「やりましたわ! さすがシンジさんですわ!」


鈴「よしっ。こっからよ、シンジ!」


鈴(普通ならこの後、冷静に対処されて終わりだろうけど….…)



シンジ「くっ….」ヒュッ


ラウラ「ちっ、逃げるな!」


シンジ「うおおおお!」ヒュッ


ラウラ「うっ…く、くそっ」ヒュッ


ラウラ (こ、コイツの動き…このプレッシャーのかけ方…に、似ている)


ラウラ(コイツ…教官の動きを…)


シンジ「お、落ちろ!!」バシュッ


鈴(予想していた通り、全然アタシとやった時より動きが直線的だわ。AICで捉える事が出来ていない)


鈴(動きの全てがアイツを感情的にさせる…付け入るならそこしかないわよ、シンジ)

208: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:27:00.31 ID:UOKoOXlZ0
シンジ「はあっ!」バシュッ


ラウラ「ぐうっ!」


ラウラ(ぐっ……気に入らない。何故貴様がその動きをする。何故……私よりあの人に近いのだ!)


ラウラ (気に入らない……気に入らない、気に入らない、気に入らない気に入らない……気に入らない!)


ラウラ「貴様ごときが、あの人の動きをするなああああ!!」


シンジ「!!」


シンジ(AICの出力が弱いっ、今だ!)


シンジ「うおおおおお!」バシュッ


ラウラ「っ……。し、しまったっ…ぐあっ!」ズシャッ


シンジ「はぁっ…….はぁっ……当たった…」


鈴「よしっ、もう虫の息よ!畳み込んで!」


シンジ「よ、よし…」ジャキッ


ラウラ「ぐっ………」


209: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:28:59.57 ID:UOKoOXlZ0
ラウラ(わ、私は何をやっているんだ……)


ラウラ(こいつに負けるのか……私は弱いのか……)


ラウラ(だ、ダメだ……私は勝たねばならない….もうあの頃の私には戻りたくない!)


ラウラ(私は…負けられない……負けられないんだ!)


ドクンッ


 Damage Level …… D
 Mind Condition …… Uplift
 Certification …… Clear

 《 Valkyrie Trace System 》 …… boot.


ラウラ「え………う、うああああああ?!」


シンジ「ボーデヴィッヒ?! な、なんだ……これ」


シンジ(ボーデヴィッヒが黒い物体に包まれていく…)


ラウラ「い、嫌だ….…助けて……きょうか……….」ズリュンッ


シンジ「!」


グニュグニュ


VTS「ーーーー」


シンジ「こ、この姿は…姉さん?」


210: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:34:25.14 ID:ARzJuzA2O
鈴「な、何よあれ…」


セシリア「フォームシフトじゃないですわね…」


箒「あ、あれは…」


箒(き、聞いてない!)


箒「シンジっ! それから離れろ!」



シンジ「え?」


VTS「ーーーー」ブンッ


シンジ「うあっ……」ガキンッ


鈴「シンジ!」


シンジ「ぐっ……」


シンジ「何なんだよこれ…何で姉さんの形をして…」


《非常事態発令! 試合中止! 状況をレベルDと認定、鎮圧に教師部隊を送り込む! 来賓、生徒はすぐに避難すること! 繰り返す!》


箒「シンジ! 退避しろ! そいつは危険だ!」


シンジ「で、でも…ボーデヴィッヒが」


箒「もうそいつは無理だ!止まらない!」


211: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:36:02.64 ID:ARzJuzA2O
シンジ「そんな……」


シンジ「………」


ーーい、嫌だ….…助けて……きょうか………


シンジ「……っ」ギリッ


シンジ「う、うああああああ!!」バシュッ


箒「シンジ!!」


シンジ「あああああ!!」ズバッ


鈴「き、切り裂いた!」


セシリア「だ、ダメですわ…表層部分しか…」


ラウラ「…….……」


シンジ(い、いた…)


シンジ「うおああああ!!」グググッ


鈴「アイツ、ボーデヴィッヒを中から引きずり出す気だわ!」


VTS「ーーーーーー」グググ、ズリュン


シンジ(……っ。の、飲み込まれ?!)


シンジ「ひっ……う、うあああああああ?!」

213: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:37:18.74 ID:ARzJuzA2O
ーーーーー
ーーーー


シンジ「………ううっ。こ、ここは?」




ラウラ「ーーーー!」


千冬「ーーーー」


シンジ「ボーデヴィッヒと…姉さん?」


ーーみ、見るな…


シンジ「ボ、ボーデヴィッヒ?」


ラウラ「ま、待って下さい教官! 私はまだ全てを教わっていません!」


千冬「…………」スタスタ


ーーやめてくれ…頼むから…こんなものを見ないでくれ…


ラウラ「お、お願いです。置いて行かないで下さい!!」


ラウラ「ま、待って下さい! 教官………お願い…….待って…下さい…」


ラウラ「私を1人にしないで…」


シンジ(これは……ボーデヴィッヒの記憶なのか…)


カチャッ


シンジ「扉…」

214: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:38:39.08 ID:ARzJuzA2O
ラウラ「…….…」


シンジ「ボーデヴィッヒ…」


ラウラ「…….みっともないだろう…笑うがいいさ」


シンジ「………」


ラウラ「分かっていたのだ….…所詮私では無理だって事が…教官の眼鏡にかなう器ではなかったのさ…」


ラウラ「私は空っぽだった……だからその隙間を教官を思うことで埋めようとしていたんだ」


ラウラ「お前に当たるのも…嫉妬だったんだ。私より教官に近いお前がひたすら憎かった…」


シンジ「………」


ラウラ「……っ。何とかいえっ!」ガシッ


シンジ「……るさい」


ラウラ「え?」


シンジ「うるさい! 何が近いだよ! 知りもしないのに勝手な事を言うな馬鹿!」

215: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:39:52.94 ID:ARzJuzA2O
ラウラ「ば、馬鹿?! き、貴様…」


シンジ「姉さんに見てもらいたいのは自分だけだと思うな!姉さんに見てもらえないのは自分だけだと思うな!」ポロポロ


ラウラ「………っ。お、お前…」


シンジ「それなのに、閉じこもって人のせいにしやがって…この馬鹿!」


ラウラ「ば、馬鹿馬鹿言うな! 私だって…私だって必死に見てもらおうと…」


シンジ「じゃあこんな所に閉じこもってないで、一発ぐらい姉さんを殴ってみろよ!」


ラウラ「き、貴様に言われずとも私は――」


ーーーー
ーー



鈴「ど、どうすんのよ! シンジまで取り込まれちゃったじゃない!」


セシリア「し、シンジさん…」


箒(どうする…)


VTS「ーーーーー」ミシミシッ


箒「?! 何だ?! 塊が割れて――」


VTS「ーーーー」バキッ


シンジ「っ……うう……」


鈴「シンジ!!」


セシリア「ボーデヴィッヒさんを抱えてますわ!」


216: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:41:55.33 ID:ARzJuzA2O
ラウラ「………うっ…わ、わたしは…いったい…」


「….…大丈夫….?」


ラウラ「き、教官….?」


シンジ「…姉さんじゃないよ……馬鹿…」ドサッ


ラウラ「……お前……うっ……」ドサッ


ーーーーーー
ーーーー
ーー


鈴「何、無茶してんのよ! 馬鹿シンジ!」


シンジ「ご、ごめん…」


セシリア「り、鈴さん…シンジさんは怪我人なのですから…」


鈴「で、でも…死んだらどうするのよ…馬鹿…」グスッ


箒「……何であの時突っ込んだのだ」


シンジ「………」


シンジ「ボーデヴィッヒ、助けてって……言ってたんだ」


シンジ「だから、助けた….それだけだよ。…呼んでいたのは僕じゃないけどね」


シンジ「後……鈴の言うとおりだったよ。ボーデヴィッヒと僕は似ているのかもしれない」


鈴「……何かあったの?」


シンジ「うん…ちょっとね」


シンジ「そういえばボーデヴィッヒは?」


箒「お前より軽傷だ、心配はいらない」


シンジ「そっか…良かった…」

217: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:43:17.72 ID:ARzJuzA2O
ーーーー
ーー


シンジ「ふぅ………痛っ」ズキッ


シンジ(鈴の言う通り…確かに無茶だったな…)


「………」カチャッ


シンジ「ん‥…鈴? ……え」


ラウラ「………」


シンジ「ボ、ボーデヴィッヒ…」


ラウラ「安心しろ…別に何もしやしない……座って…いいか?」


シンジ「う、うん」


ラウラ「では、失礼する」


ラウラ「………」


シンジ「………」


シンジ(き、気まずい…)


シンジ「あ、あの…」


ラウラ「…すまなかった」


シンジ「え?」

218: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:44:56.56 ID:ARzJuzA2O
ラウラ「す、すまなかったと言っているんだ」


シンジ「あ…うん」


ラウラ「…….…」


ラウラ「あの時、お前に馬鹿って言われて…目が覚めた」


シンジ「え、ボーデヴィッヒ、覚えてるの?」


ラウラ「ああ….あの場所がなんなのか分からないが、はっきりと覚えている」


ラウラ「…私は分かったんだ。お前を倒しても教官には近づけない。お前は私と…同じだからな…」


シンジ「…」


ラウラ「……だけど、お前は私より教官に近い…今回の事で、良く分かった」


シンジ「そんな事…」


ラウラ「謙遜するな……教官の弟だけはある」


シンジ「……」


219: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:46:27.87 ID:ARzJuzA2O
ラウラ「だから…私は決めた。…ち、ちょっと目を閉じてくれ」


シンジ「え? な、何で?」


ラウラ「いいから! き、危害は加えない」


シンジ「わ、分かったよ…」ギュッ


シンジ(何なんだ…?)


ラウラ「………」チュッ


シンジ「へ? え、え……えええ?! ボ、ボーデヴィッヒ…何をして…」


ラウラ「お、お前は私と同じ悩み抱え同じ所を目指す同志だ! だから、お前を…私の嫁にする!」


シンジ「よ、嫁?!」


ラウラ「そうだ! 同じ悩みを抱えて共に生きる者を夫婦と呼ぶのだろう! だから…その……お前は嫁だ!」


シンジ「わ、わけわかんないよ…」


ラウラ「う、うるさい…異論は認めないからなっ! 分かったか!」ガチャッ、バタンッ


シンジ「ボーデヴィッヒ!」


シンジ「行っちゃった……」


シンジ(嫁って……でも、分かってくれたから良かったの…かな?)


ガチャッ!


ラウラ「そうだ忘れてた!」


シンジ「うわ! な、なに?」


ラウラ「ボーデヴィッヒじゃなく……ら、ラウラと呼べ! わ、分かったな!」


シンジ「は、はい…」


ラウラ「よし! さらばだ、嫁!」


ガチャッ、バタンッ


シンジ「………」


シンジ「い、意外とそそっかしいかな……」



ーー終ーー

220: ◆SEFvaK53B6 2015/10/05(月) 22:48:41.26 ID:ARzJuzA2O
次回予告


傷が癒えたシンジを待っていたのは臨海学校。女所帯の中、男1人。迫り来るトラブルがシンジの熱膨張を誘う。

次回

     ス
ラッキー、ケ
     ベ


この次もサービスですわ!