1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:35:13.39 ID:iQqZ26VF0
<向日葵の家>


櫻子「向日葵~……」

向日葵「何ですの?」

櫻子「宿題、ここ分かんない」

向日葵「はあ、まったく、どれですの……って、これはさっき教えたところですわよ」

櫻子「え? そうなの?」

向日葵「ていうかあなた、問1からさっぱり進んでないじゃないですの!」

櫻子「だって分かんないしー」

向日葵「教えた通りにやればできるでしょう、これくらい。ほら、ここ。ここの公式」

櫻子「あー! こうか!」カキカキ

向日葵「違いますわ……櫻子、やる気あるんですの!?」

櫻子「んがー! 勉強飽きた! もうやめる!」

引用元: 櫻子「ナデナデシテー」 

 

ゆるゆり さん☆ハイ! 第1巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 385
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:36:30.19 ID:iQqZ26VF0
向日葵「やめても別にいいですけど。次の授業で困るのは櫻子ですし」

櫻子「じゃあ向日葵が代わりにやってよ」

向日葵「自分でやりなさい」

櫻子「じゃあ向日葵の見して!」

向日葵「くたばれ」

櫻子「わかんないーわかんないわかんないわかんないー!」

向日葵「あああーもううるさいですわ! やる気無いなら追い出しますわよ!!」

櫻子「」ピタ

向日葵(止んだ……)

櫻子「向日葵のノートどこだっけなー」ガサゴソ

向日葵「おい」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:38:42.01 ID:iQqZ26VF0
向日葵「……何か飲み物でも持ってきますから、気持ち切り替えて集中しなさい」スタスタ....

櫻子「ちぇー」




櫻子「あー疲れたー……」

櫻子「向日葵のベッドで休も」モゾモゾ

櫻子(……)モフン

櫻子(向日葵のにおいがする……)

櫻子(……)モゾモゾ

櫻子(……)

櫻子(…………)モジモジ

櫻子「………………………………、……んっ、」


向日葵「櫻子、ジュースとお茶とどっちがいいですの?」ヒョコ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:40:49.22 ID:iQqZ26VF0
櫻子「」←寝たふり

向日葵「あら?」

櫻子「ぐ、ぐーぐー;」ドキドキドキドキ

向日葵「寝てますわ……まったく、櫻子は」

櫻子(ば、ばれてない)ドキドキ

向日葵「起きたら、ちゃんと宿題やるんですのよ」

櫻子(うげーめんどくさ……)

向日葵「……」

櫻子(……い、いつ起きればいいんだろ;)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:41:13.02 ID:iQqZ26VF0
向日葵「……」ナデ

櫻子(!)

向日葵「……ふふ」ナデナデ

櫻子(あ、頭なでられてる!? なな何で!?)

向日葵「こうしてるといい子ですのにね」ナデナデ

櫻子(ちょ、ちょっと、なんで、こんな……///)

向日葵「……」ナデナデ

櫻子(……でも)

向日葵「……」ナデナデ

櫻子(なんだか…………向日葵の手があったかくて……やさしくて…………)

向日葵「……」ナデナデ

櫻子(ほんとに………………眠く………………)ウトウト

櫻子(…………―――――――

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:43:20.92 ID:iQqZ26VF0
・ ・ ・
櫻子「…………ん……う……」モゾ

向日葵「櫻子?」

櫻子「あれ……」ボケー

向日葵「やっと起きましたわね、ほら、宿題の続きやりなさい」

櫻子(あ~……私寝てたんだ……)

向日葵「寝てさっぱりしたでしょう。今からキッチリ集中してさっさと終わらせなさい」

櫻子「……」ボケー

向日葵「櫻子? まだ寝ぼけてますの?」

櫻子「……?」


  こうしてるといい子ですのにね――――


櫻子「はっ!?」ドキ

向日葵「?」

櫻子(……そ、そーいえば、向日葵が私の頭なでて……)ドキドキ

櫻子(ひょっとして、私が寝てるとき、いつも……?)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:45:36.47 ID:iQqZ26VF0
向日葵「ちょっと、櫻子」

櫻子「はひっ!?」ドキドキ

向日葵「……大丈夫ですの? 何だか顔も赤いような」

櫻子「だだだ大丈夫大丈夫ー! よーし頑張って宿題やっちゃうぞー」

向日葵「!! あ、あなた……やっぱりどこかおかしくなってますわ……」

櫻子「どういう意味だ」


 ・・・


櫻子「……」カリカリ

櫻子「……」チラ

櫻子(向日葵、何で私の頭なでたりなんか……普段はそんなことしてくれないのに)

櫻子(向日葵の手、あったかかった)

櫻子(寝たふりしてれば、また……)

櫻子(……って!! べべ別に、またしてほしいとかあり得ないし!?///
  向日葵が勝手にやったことだし!?/// )

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:48:57.17 ID:iQqZ26VF0
向日葵「櫻子、どうかしまして?」

櫻子「うえ!? な、なに、何か用っ!!?」

向日葵「あなたがずっとこっち見てるから……」

櫻子「え、あああ、えと、こ、ここ! ここ分かんないなーって!!///」アセアセ

向日葵「また? どれだけバカなんですの?」

櫻子「う、うっさいっ」

向日葵「……櫻子」

櫻子「?」

向日葵「この式……足し算を掛け算より先にやってるでしょう」

櫻子「へ? ……あ」

向日葵「小学生からやり直すことをお勧めしますわ」

櫻子「う、うるさい、●●●●!」

向日葵「な!? ●●●●は関係ないでしょう!?」


さくひま「ぐぬぬ~」

櫻子(さっきは私のことナデナデしてたくせにっ)

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:50:58.12 ID:iQqZ26VF0
向日葵「他は出来てるんだから、とっとと終わらせなさい。まったく、たった数問にどれだけ時間かかってるんですの……」ブツブツ

櫻子「うぎぎ……自分は出来てるからって偉そうに~……」

向日葵「口を動かすより手を動かしなさい」

櫻子(くっそー、今に全部終わらしてギャフンと言わせてやる……そしたら……)

====【櫻子妄想中・・・】====
さく「ふはははは! しゅくだいは ぜんぶ おわったぞー!」

ひま「そ そんな さくらこが こんなに あたま よかっただなんて ギャフン!」

さく「まいったか ●●●●め! これからは こころを いれかえて わたしの こぶんに なれ」

ひま「わかりましたわ さくらこさま」

さく「ふはははは! ふはははは!」

ひま「こんなに はやく しゅくだいを おわらせて さくらこさま えらいですわ えらいですわ」ナデナデ

さく「ふはははは! ふはははは!」

==================

櫻子「……」

櫻子「せっせせっせ」カリカリカリ

向日葵(あら、なぜだか櫻子がやる気に……)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:54:09.01 ID:iQqZ26VF0
 ・ ・ ・

櫻子「終わったぁー!!」

向日葵「意外と早かったですわね」

櫻子「向日葵、宿題終わった!! 宿題終わった!!」

向日葵「え、ええ、そうですわね」

櫻子「……」ワクワク

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「それだけ?」

向日葵「は?」

櫻子「私がんばったの!! 他に何かあるでしょーが!!」ガオー

向日葵「知りませんわよ」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:55:46.16 ID:iQqZ26VF0
櫻子「がんばった私にごほーびは!? ちょーだい!!」

向日葵「な、何で私がご褒美なんか」

櫻子「ごほーびほしいーほしいほしいほしいー!!!」

向日葵「ああもう分かりましたわよ……じゃあ……」スッ

櫻子「!」ピク

向日葵「冷蔵庫にゼリーがありましたから、それ持ってきますわ」スタスタ....

櫻子「え」


櫻子「…………」






櫻子「なでなで……」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 00:59:38.75 ID:iQqZ26VF0

向日葵「ゼリー持ってきましたわよ」

櫻子「む~……」

向日葵(なぜ不機嫌?)

櫻子「あれ、ゼリー1個だけ? 向日葵は?」

向日葵「それしかありませんでしたし……」

櫻子「あ、そうなんだ」蓋ペリペリ

櫻子「……」ハム

向日葵「……」

櫻子「見てても向日葵にはあげないよーだ」モグモグ

向日葵「べ、別に欲しがってるわけじゃありませんわよ!!」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:03:54.13 ID:iQqZ26VF0
櫻子(ん? 待てよ……)モグモグ

====【櫻子妄想中・・・】====

さく「かわいそうな ひまわり しかたない ゼリーの はんぶんを おまえにやろう」

ひま「やさしいですわ ありがとうございます さくらこさま すてき!」

さく「●●●●め わたしの こころの ひろさ おもいしったか」

ひま「さくらこさま いっしょう ついていきますわ!」ナデナデ

さく「ふははは くるしゅうない」

==================

櫻子「なるほど……なるほど……」モグモグ

向日葵(神妙な顔で食べてますわ……)

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:07:39.87 ID:iQqZ26VF0
櫻子「ま、まあ~? しょうがないから向日葵にもちょっとくらい分けてあげても~……」モグモグ

櫻子「……あ、全部食べちゃった」モグモグ

櫻子「って全部食べちゃったー!?」ガーン

向日葵「さっきから何なんですの……」

櫻子「ゼリーもう一個ないの……?」

向日葵「だからそれしか無いって……もっと食べたいなら自分で買ってきなさいよ」

櫻子「えーやだめんどくs……」

櫻子「!」ピコーン

====【櫻子妄想中・・・】====

さく「ゼリーを かってきたぞ きさまの ためにな さあ くえ!」

ひま「まあ なんて おいしい ゼリー! さくらこさまの おあじが しますわ」ナデナデ

さく「ふははは おかわりも あるぞ!」

==================

櫻子「ゼリー買ってくるー!」ピュー

向日葵「行動早っ!?」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:10:48.05 ID:iQqZ26VF0
櫻子「買ってきた!」

向日葵「そ、そう……」

櫻子「梨ゼリーとー、超満足みかんー! あ、向日葵は梨のね!」ヒョイヒョイ

向日葵「え? 私にも?」

櫻子「みかんうめー!」ムシャムシャ

向日葵「……あ、あの、櫻子……このゼリー、私のために……」

櫻子「ん? 向日葵いらないの? なら私にちょーだーい」

向日葵「た、食べますわよ!」

櫻子「何だよーケチー」

向日葵「ケチって……あなたがくれたんでしょうが……」

櫻子「そーだよ私が……って、あーそうだ!!」

向日葵「?」

櫻子「お礼! ゼリーあげたんだから何かお礼!!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:12:32.61 ID:iQqZ26VF0
向日葵「お、お礼?」

櫻子「お・れ・い!」

向日葵「今日はお礼やらご褒美やら欲しがりますわね」

櫻子「べ、別にー、向日葵にあげたくてあげたんじゃないしーお礼目当てだしー
  じゃなきゃ向日葵なんかにおごったりしないしー」

向日葵「あ、そう」イラ

櫻子(なでなで、なでなで)チラッチラッ

向日葵「私もあなたなんかに施されるのは癪ですから、これはお返ししますわ」ツン

櫻子「え……」

向日葵「ゼリーなんていりませんから、あなた一人で食べれば?」

櫻子「……い、いらないの? ホントに? あ、後から欲しいって言ってもあげないよ!」

向日葵「ふん」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:14:47.82 ID:iQqZ26VF0
櫻子「むぅぅぅ~~!! 私があげるって言ってるのに何よ!!」

向日葵「私は頂戴なんて一言も言ってませんわ!!!」

櫻子「このゼリーは向日葵のために買ってきたんだから向日葵が食べないとダメなの!!!!」

向日葵「はあ!? 私のため……に……私の、ため……?」

櫻子「そうなの!!! ほら口あけて!!!」つスプーン

向日葵「あ、え? ちょ、ちょっと櫻子っ///」

櫻子「あけないとねじ込むよ!!!」

向日葵「わ、分かりましたから、顔が、近 モガ///」

櫻子「へっへ~んスキあり~♪」

向日葵「うう……///」モグモグ

櫻子「はい、もうひとくちね。あーん」

向日葵「ぁ、あー……ん」ハム

向日葵(な、何なんですのこれは///)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:16:51.02 ID:iQqZ26VF0
櫻子「美味しかった?」

向日葵「そ、そうです、わね……///」カァァ

櫻子「じゃあお礼!」

向日葵「え」

櫻子「ゼリー食べたからお礼ねっ!」

向日葵「…………はぁ、しょうがないですわね。何? また宿題でも見せて欲しいんですの?」

櫻子「え、えっと~……そうじゃなくてさ~もっとこう、ねえ? あるじゃん?」

向日葵「あるじゃんとか言われても分かりませんわよ。具体的には?」

櫻子「う……そ、そのぉ……」

向日葵「?」

櫻子「な……」

向日葵「な?」

櫻子「…………なでなで……」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:18:51.58 ID:iQqZ26VF0
向日葵「な、なで?」

櫻子「なでなでっ!///」

向日葵「ええと、頭を撫でてほしい……ということですの?」

櫻子「そうなのっ! 早くなでなでして!」

向日葵「わ、分かりましたわ……じゃあ……」

櫻子「……」ドキドキ

向日葵(櫻子のほうからこんなこと言い出すなんて……)ポスン

櫻子「んっ」

向日葵(起きてるときに撫でるのは……何か、照れますわ……///)ナデナデ

櫻子「んー……」

向日葵(気持ちよさそうにしてる……)ナデナデ

櫻子「えへ」

向日葵「あ、あの、櫻子」ナデナデ

櫻子「ん……なぁに……」ウトウト

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:20:36.54 ID:iQqZ26VF0
向日葵「なんで、いきなりなでなでして欲しいなんて?」

櫻子「……向日葵、なでてくれたの……きもちよかった……から…………」ウトウト

向日葵「え……? それって……」

向日葵(ま、まさか、櫻子が寝てるときにしてたこと……全部バレて……!?!?)

向日葵「あ、あああの、さ、櫻子……」

櫻子「……」フラ

  ポスン

向日葵「え?」

櫻子「むにゃ……」

向日葵(ささ、櫻子の頭が、む、胸に!!?///)

櫻子「スー……スー……」

向日葵(寝て……る……?)

櫻子「んみゅ……」モゾ

向日葵「………………はぁ」

向日葵「まったく、しょうがないですわね、櫻子は」ナデナデ

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:22:39.50 ID:iQqZ26VF0
向日葵「櫻子ー」ホッペフニフニ

櫻子「……んぅー……」

向日葵「ふふっ、いちいち反応するのが面白いですわね、櫻子は。ペットみたい」

向日葵「なでなでして、なんて、いきなり言われてびっくりしましたわよ」ギュ

向日葵「……しかも撫でたら寝ますし」

櫻子「スー……スー……」

向日葵「櫻子ってば、頭撫でられると眠くなったりでもするのかしら」

向日葵「ねー、櫻子……」ナデナデ

櫻子「スー……スー……」

向日葵「……ふぁ」

向日葵(何だか私も眠くなってきましたわ)ウトウト

向日葵(…………――――――――

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:25:08.03 ID:iQqZ26VF0
・ ・ ・

櫻子「………………ん……」

向日葵「スー……スー……」

櫻子「……あれ……なんか……やわっかい…………」ムニムニ

向日葵「…………んっ……」

櫻子「…………?」ボー

向日葵「むにゃ……さくらこ……」

櫻子「…………ん、あれ、動けな」

向日葵「スー……スー……」ギュウー

櫻子「え……ひ、向日葵!?///」

向日葵「スー……スー……」ギュウー

櫻子「ちょ、ちょっと!? 向日葵、は、離して、離してよっ///」

向日葵「……ん…………あ、さくらこ……」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:29:04.72 ID:iQqZ26VF0
櫻子「向日葵起きて、動けないっ!///」

向日葵「…………」ボー

櫻子「ひ、向日葵?」

向日葵「zzz」

櫻子「起きろぉー!!」


・ ・ ・


向日葵「……///」←我に返って真っ赤な人

櫻子「……///」←寝ぼけ向日葵に色々されて真っ赤な人

向日葵「……///」

櫻子「……///」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:31:28.10 ID:iQqZ26VF0
向日葵「あ、あの」

櫻子「」ビク

向日葵「ちょ、なんでそんなに怯えてるんですの」

櫻子「ヘンタイ……」

向日葵「あ、あれは寝ぼけてて……!」

櫻子「ムッツリ●●●●!」

向日葵「な!?」

櫻子「チカン●●●●!!」

向日葵「お、●●●●は関係ないでしょう!?///」

櫻子「フシャー!!!」

向日葵「威嚇!?」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:36:26.43 ID:iQqZ26VF0
向日葵「わ、分かりましたわ、その件に関しては私が悪かったですから謝りますわ……」

櫻子「ぐるるるる」

向日葵「ううっ、取りつく島もなし」

櫻子「言葉だけじゃ足りない!!」

向日葵「じ、じゃあどうすれば……」

櫻子「…………」

向日葵「さ、櫻子……」

櫻子「…………なでなで」

向日葵「え……?」

櫻子「なでなでしてくれたら許す!!///」

向日葵「なでなですれば……許してくれますの?」

櫻子「……///」コクン

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:39:35.50 ID:iQqZ26VF0
・ ・ ・

向日葵「……これでいいですの?」ナデナデ

櫻子「もっとやさしく!!」ムスー

向日葵「こ、こんな感じで……」ナデナデ

櫻子「むぅぅぅ~」

向日葵(かれこれ1時間は経ってるんのですけど///)

櫻子「…………」

向日葵「あの、櫻子……どうして今日はなでなでばかり……?」

櫻子「はっ!」ジュルリ

向日葵(今完全に寝てましたわね……)

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/15(木) 01:41:47.17 ID:iQqZ26VF0
櫻子「え、な、何?」

向日葵「……櫻子は、その……なでなでされるのが好きなんですの?」ナデナデ

櫻子「へ? え、えと、それは、その~」

向日葵「……」

櫻子「べっ別に好きじゃ……」

向日葵「じゃあやめた方がいいかしら?」

櫻子「え、あ、そ、そうじゃなくてっ」

向日葵「そうじゃなくて?」ナデナデ

櫻子「………………き、」




櫻子「きらいじゃないもんっ///」



  おわり