2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 09:37:44 ID:WJhRGNNs
男「女おはよう!」

女「……」

シュイン!

男「き、消えた!?」

女「おはよう…残像よ!」

男「そっか。今から仕事か?」

女「そうだけど…あんたいい加減働きなさいよ」

男「じ、充電中なんですぅ!」

女「へぇ…放電もしないのに充電中なの」

男「う…うぅ…俺だって…仕事見付けようと頑張って…」

女「あ!遅刻するから!じゃあね!」

男「ああ…」


転載元:男「少しだけズレた」女「日常」

 

日常(10) 特装版 (カドカワコミックス・エース)
あらゐ けいいち
KADOKAWA/角川書店 (2015-12-10)
売り上げランキング: 269
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 11:10:13 ID:WJhRGNNs
男「仕事か…仕事か…仕事か…」

?「ギャギャ…」

男「……?」

?「ギャ…」

男「何故道の真ん中に切り株が…」

クルッ

?「ギャギャ!ギャ!」

男「……」

?「ギャギャ…ギャギャ…」

男「やめろよぉ足にすりよって…」

?「ギャ…?」

男「くそ…可愛いなぁ…」

?「ギャ!」

男「良かったお前らうちくるかぁよしよし」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 11:10:54 ID:WJhRGNNs
ーー自宅

男「可愛さのあまり連れて帰って来てしまったが…」

?「ギャギャ」

男「野良だよな…首輪着いてないし」

?「ギャ」

男「しかしお前…なんて生き物なんだろうな」

?「ギャギャ!」

男「グーグルさんの出番か…」

男「えっと…切り株 ギャギャっと」カタカタ

男「切り株お化け?お前切り株お化けって言うの?」

?「ギャギャーギャ」

男「へぇ…よしよし」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 11:45:44 ID:WJhRGNNs
男「切り株お化け 餌っと」カタカタ

男「へぇ…お前水だけでいいんだな」

?「ギャギャー!」

男「いいなぁ…俺も水だけで生きられたらニート…止めておこう」

?「ギャーギャ?」

男「次は名前だな…ん…年輪オリンピック…お前は年輪オリンピックだ!」

?「ギャ!」フルフルフル

男「嫌なの?」

?「ギギ…」コクコク

男「仕方ないなぁ…」

?「……」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 13:50:44 ID:WJhRGNNs
男「難しいもんだなぁ…もう株でいいや…」

株「ギャギャー♪」

男「これが気に入ったのか…俺のネーミングセンスがわからない奴め…」

株「……ギ」

男「さて、女は今日もうちで晩飯食べるだろうから準備するか」

男「冷蔵庫には…」

ガチャ

男「しじみのみ…か」

男「買い物行ってくるか」

男「株も行くか?」

株「ギャギャ!」コクコク

男「お前は返事出来て偉いなぁ」ナデナデ 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 17:24:13 ID:WJhRGNNs
ーー外

男「ちゃんとした首輪とリード買わないとな…」

株「ギ…」

男「野放しだと怒られちゃうんだよ」

株「ギィ」

女「よう。本日二回目だね男君」

男「あれ?お前仕事は?」

女「今日の分は終わりだから帰れと…男はどこか行くの?」

男「晩飯の買い出し」

女「そうなんだ。私揚げ物がいいなぁ」

男「明日な」

女「えぇぇ、今日食べないと私…大猿に変身して…」

男「太るぞ?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 17:24:57 ID:WJhRGNNs
女「……」ピキ

男「太るぞ!太るぞ!」

株「ギャギャ!」

女「太らないわよ!って…その子は?」

男「可愛いだろ?株って言うんだ」

株「ギャギャー♪」

女「へぇ…ニートなのに食い扶持増やすの…」

男「こいつは水だけでいいんでお金かかんないんですぅ」

女「あっそ。ニートって部分はスルーなのね」

男「遅くなっちゃうからもう行くぞ」

女「わかった。私はお風呂入ってあんたんち行くわ」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 19:23:56 ID:WJhRGNNs
ー自宅

女「ご飯まだぁ」チンチン

株「ギャギャー」

男「お行儀悪いからやめなさい!」

女「お腹♪空いた♪」

男「はいはい…出来たよ。しじみの味噌汁に…」

女「おお!」

男「しじみご飯、しじみの佃煮、しじみのお好み焼き!」

女「……」

男「たんと召し上がれ!」

女「男…二日に一回はしじみずくしはもうやめて欲しいんだけど…」

男「しじみ美味しいじゃん!」

女「そうだけどさ…」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/17(土) 19:24:33 ID:WJhRGNNs
男「明日はしじみのかき揚げだからな?」

女「普通にコロッケがいいです…」

男「しじみの?」

女「違うわ!」

ガリガリ

株「ギャギャ!ギャギャ!」

男、女「……」

株「ギギ?」

男「これでしじみの殻の処理が楽になるな女!」

女「え、ええ…」

男「いやぁ株ぅお前拾ってよかったわぁ」ナデナデ

株「ギャギャ」

女「……」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 05:28:51 ID:ZHDZxFcc
女「じゃあ帰るね。ご飯ごちそうさん」

男「おう、気を付けてな」

女「株ぅじゃあね」ナデナデ

株「ギャギャ」

ガチャ

男「…ふむ、やっと行ったか」

男「……」カタカタ

男「……」カチャカチャ

株「……」ジー

男「株…今から男の仕事をするから向こうへ行ってなさい」

株「ギギギャ?」

男「そうそう。1人でしないといけないからな」

株「ギャギィギィ!」ガサガサ

男「ふふ…ティッシュティッシュ」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 05:29:53 ID:ZHDZxFcc
ー翌日

男「お、重い…株…布団から降りなさい…」

株「ギャギャ!」

男「ああ、おはよう…ふぁ」

男「顔を洗って散歩行くか株」

株「ギャギャギィ!」

男「ほい水」

株「ギャギャ…」チューチュー

男「……」

株「ギャギャ?」

男「その口から水を飲むんじゃないんだな…」

株「ギャ…」

男「顔洗ってくるか…」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 05:31:30 ID:ZHDZxFcc
ー外

男「女おはよう…?」

女女「おはよう…散歩?」

男「何故女が二人に…なってんだ?」

女女「夜更かししちゃって…起きたら分身してた…」

男「なるほど」

女女「今日は仕事見付けてきなさいよ?」

男「無理っす!株の首輪買いに行くので無理っす!」

女女「じゃあ明日は?」

男「無理っす!株のリード買いに行くので無理っす!」

女女「…仕事見つける気無いでしょ?」

男「当たりっす!」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 05:41:26 ID:ZHDZxFcc
女女「あんた…いい加減にしなさいよ!」

男「働きたく無いでござる…」

女女「そんなんだと…いつまでたっても一緒に暮らせないじゃない…」

男「何故女と一緒に暮らすんだ?」

女女「それは…晩飯食べる時行くのめんどくさいからよ!」

男「なるほど…確かに…」

女女「……」

男「?」

女女「仕事だから!じゃね!ニート!」

タッタッタッ

男「何をあんなに怒ってんだ…なぁ株」

株「ギャ……」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:07:03 ID:ZHDZxFcc
ー昼

男「首輪買った!リード買った!しじみ買った!」

株「ギャギャギィ!」

男「あさりとかはまぐりって選択肢もあるんだけどな…やっぱしじみだぜ!」

株「ギャギャ?」

男「そうそう肝臓に優しいからなぁ」

勇者「そこのお前!そいつから離れろ!」

男「オルニチンとか言う訳のわからん成分が入ってるらしいぞ」

株「ギャギャ!」

男「凄いなぁしじみ」

勇者「……おい」

男「首輪キツくない?」

株「ギャギャ♪」

勇者「……」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:17:46 ID:ZHDZxFcc
ー自宅

男「えっと…グニグニ潰して…小麦粉卵に…なんだっけ?」

株「ギャギャギィ」

男「そっか!パン粉をまぶして揚げたらか」

株「ギィギィ!」

男「キャベツは要らないだろ。女食べないし」

勇者「……あの」

男「女も我が儘だよな。しじみのかき揚げでいいじゃないか」

株「ギャギャー」

男「飽きたんじゃないかって?まさか…あのしじみだぜ?」

株「ギャギィ…」

男「俺がおかしい?そんな事ないだろ」

勇者「……」 


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:38:04 ID:ZHDZxFcc
ー夕飯

女「まだぁ?」チンチン

男「だからそれやめろって!」

株「ギャギャー」ガシガシ

男「真似しちゃうじゃないか!」

女「いいじゃんなぁ株ぅ」ナデナデ

株「ギャギャ」

勇者「…クソッ!私が女だから無視するのかッ!」

男「ほれ今日はリクエストのコロッケだよ」

女「おお!やっとしじみ以外のおかず!」

男「明日からまたしじみさんだけどな」

女「しじみジャンキーめ…」

男「さん着けろよ!」

勇者「……」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:52:49 ID:ZHDZxFcc
男「……」ソワソワ

女「どうした?男」

男「何でもない。まだ帰らないのか?」

女「株ともう少し遊ぼうかなと思ってるけど?」

男「ほら、明日も仕事だろ?帰った方がいいって!」

株「ギャギャーギャギャ」

女「へぇ…」

男「……」

女「帰りますかね。ご飯ごちそう様。男の仕事頑張ってね」ニヤリ

ガチャ

男「あああぁ…」

勇者「…男の仕事ってなんだ?」

男「株!お前余計な事言うんじゃないよ!」

株「ギャギャ…」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 09:05:48 ID:ZHDZxFcc
男「……」カタカタ

株「ギィ!」

男「向こうへ行ってなさい」

株「ギャギャ」ガサガサ

男「……」カチャカチャ

勇者「お前!そんな物を出して何をする気だ!」

男「……」ハァハァ

勇者「や、やめ…へぇ…そうなるのか…」

男「……ふぅ」

勇者「…何か凄い汚された気分だ」

男「寝るか」

勇者「……」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 14:05:12 ID:ZHDZxFcc

男「ん…寝れない…」

男「株よ…人の布団の中に入ってくるなよ…」

男「なんだこの膨らみ?」

グニグニ

男「株…お前結構柔らかいのな…」

株「ギャ…?」

男「え?お前なんでそこに…これは?」

パサッ

勇者「…zzz」

男「……」

男「寝ぼけてるのかな…おやすみ株」

株「ギィ…zzz」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 14:15:55 ID:ZHDZxFcc
ー朝

男「……」

勇者「…zzz」

男「夢じゃ無かったか…誰だあんた!!」

勇者「…zzz」

男「……」

グニグニ

勇者「…あっ…んぁ…」

男「……」

グニグニグニグニ

勇者「あぁ…はぅぁ…」

株「ギャギャギィ!」

男「株!静にしろって!」

勇者「…んん?」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 17:50:23 ID:ZHDZxFcc
男「やあ、おはよう!」キリッ

勇者「き、貴様誰だ!私の寝床で何をしている!」

男「いや…俺の寝床だよ?」

勇者「え?…まだ夢の中のようだ。おやすみ」

男「あ、ああ。おやすみ」

株「ギャギャ!」

男「散歩行くか?」

株「ギャギャ♪」

男「そうだ…お前もう少し空気読めよな…」

株「ギャギャ!ギィ!」

男「女に言うって?そんなんじゃないよあいつとは」

株「ギィ…ギィ」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 18:05:40 ID:ZHDZxFcc
ー散歩

男「女おはよう!」

幼女「おはよう…なの」

男「疲れてんのか?」

幼女「そうなの…最近疲れが抜けなくてなの…」

男「歳だ

ゲシゲシッ!

男「痛い!痛い!すね蹴らないで!」

幼女「れでぇー向かって失礼なの!」

男「れでぇーって…株も何か言ってやれよ…」

ガブッ!

男「痛い!痛い!すね噛まないで!」

株「ギャギャ!ギャギャ!」

幼女「株はわたしの見方なのぉ」ナデナデ 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 18:43:43 ID:ZHDZxFcc
男「クソ…裏切りやがって…」

幼女「ん…株なの!」

株「ギャギャ?」

ヒョイ

幼女「おおお!株に乗れたなの!」

株「ギャギャ!」

男「おいおい…」

幼女「株ごーなの!」

株「ギィギャギャ!」ガサガサ

幼女「株借りていくなのー…」

ガサガサ…

男「行ってしまった…」

男「職場にペット同伴っていいのか?」

男「帰るか…」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 19:00:02 ID:ZHDZxFcc
ー自宅

勇者「……」

男「……あの」

勇者「なんだ?」

男「なんでうちにいるんですか?」

勇者「昨日からいたじゃないか!」

男「え?」

勇者「お前と切り株お化けを追いかけていたらここに着いて…」

男「……」

勇者「全然気付いて貰えず…」

男「…ん?」

勇者「挙げ句の果てには…あんな汚らわしい物を!」

男「見たのか…?」

勇者「ああ!あんなに息を荒くして!上下に上下に!」

男「うわあぁぁぁ!」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 19:18:06 ID:ZHDZxFcc

男「……」ズーン

勇者「お前が悪いんじゃないか…」

男「……ろ」

勇者「は?」

男「●●●●揉ませろ!」

勇者「やだよ…」

男「ああぁ!男の尊厳がゴッソリ削られちゃったなぁ!生きていくのも辛いなぁ!」

勇者「悪かったよ…」

男「その揉み心地いい●●●●揉めば少しは人生楽しく生きられるのになぁ!」

勇者「でも…お前も…」

男「朝揉んだ時は幸せだったなぁ!」

勇者「……揉んだ?」

男「……」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 20:09:25 ID:ZHDZxFcc

男「ずびばぜんでしだ…」ボロボロ

勇者「その程度で済んで感謝しろ!」

バタンッ

幼女「男!飯なの……?」

勇者「…?」

幼女「男…誰なの?」

男「ち、違うぞ?株を追って来た人らしい」

幼女「へぇ…なの…」

男「な!株はこの人知ってるよな!」

株「ギャギャ…」フルフル

幼女「ニートの癖に女をたらしこんでよろしくやろうなんてやるじゃないなの…」

男「…違うって。この人とは何もないから…」

勇者「ほう…人の胸を蹂躙して何も無いと言うか」

幼女「……」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 22:19:31 ID:ZHDZxFcc
男「……」

幼女「男がそんな人と思わなかったなの…。私邪魔だよねなの…」

男「そんな事無いから!」

勇者「……」

男「邪魔なんて…そう思ってるなら毎日女為にご飯作らないよ…」

株「……」

幼女「男…なの…」

男「仕事見付けるから…その時は…付き合ってよ!」

幼女「…わかったなの」

男「女…ありがとう…」

幼女「ううん。頑張ってねなの!」

勇者「…なんだこれは」

株「ギャギャ…」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 22:25:44 ID:ZHDZxFcc

男「帰るのか…帰れるのか?」

勇者「こいつが案内してくれるみたいだ」

株「ギャギャ!」

男「そっか…株短かったけど楽しかったぞ」

株「ギャギャギィ!」

女「じゃあね株…」ナデナデ

株「ギャギャ…」

男「あんた…株を退治したりしないでくれよ」

勇者「ああ。こいつはいい奴みたいだから大丈夫だ」

女「……」

勇者「ではな」

株「ギャギャギィ!」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 22:33:04 ID:ZHDZxFcc
ー翌朝

男「おはよう女…」

女「おはよう!男!株がいなくなって寂しいのはわかるけど元気出しなさいよ!」

男「おう…あと仕事見付けないとな」

女「は、早く見付けてよね!私もどっか行っちゃうぞ?」

男「わかりました…何処に居ても女なら探し出すよ」

女「……ありがとう」

男「いいのか?こんな時間だけど」

女「え?不味い!じゃあね男!」

男「頑張れよ。今日もしじみづくしで待ってるからな!」

女「…やめて」 


31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 22:36:54 ID:ZHDZxFcc

男「はぁ…仕事か」

男「どっかに落ちて無いかなぁ」

男「ワーク行ってみるか…」

男「ん?何故道の真ん中にデカイ鳥が…」

?「クエーッ!」

男「……」

男「可愛いなぁ…うちに来るか?」



おわり