1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:28:12 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「僕は……僕は大変なことに気が付いてしまった……!」

クマノミ♀「どうしたの?」

クマノミ♂「僕らはやつらにずっと騙されていたんだ!」

クマノミ♀「やつらって、誰に?」

クマノミ♂「やつらさ!」

イソギンチャク「ゆらゆら」←やつら

クマノミ♀「そうなんだ」

クマノミ♂「そうなんだよ!」

クマノミ♀「あ、からだに海草ついてるよ。とってあげるね」


クマノミが飼いたい!―これから始めるクマノミ飼育 (アクアライフの本)
円藤 清
エムピー・ジェー
売り上げランキング: 121,725
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:34:38 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「それで、騙されてたって?」

クマノミ♂「あ、うん。……やつらは僕らを食べるつもりなんだ!」

クマノミ♀「そうなんだ」

クマノミ♂「そうなんだよ! そうだ……考えてみれば、そうだよ。こんなに近くに餌が泳いでいるのに、貪欲なやつらが手を出さない理由はないんだ……」

クマノミ♀「でもわたしたち、食べられてないよ?」

クマノミ♂「これから食べられるんだ! 油断したところを襲うつもりなんだ!」

クマノミ♀「そうなんだね」

クマノミ♂「そうなんだよ!」

クマノミ♀「あ、まだ海草ついてるよ」ヨイショ

クマノミ♂「あ、ほんとだ」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:41:41 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「それならわたしたち、早く逃げないといけないね」

クマノミ♂「え?」

クマノミ♀「イソギンチャクがわたしたちを食べちゃうんでしょ?」

クマノミ♂「あ、ああ! そうなんだよ! 早く逃げないと!」

クマノミ♀「どこに逃げるの? 珊瑚礁の外は危ないよ」

クマノミ♂「どこかそこらへんさ!」

クマノミ♀「うん。でも逃げるなら安全なところに行かないと、天敵に食べられちゃうよ?」

クマノミ♂「僕が君を守ってあげるさ!」

クマノミ♀「わあ、嬉しいな。ありがとう」

クマノミ♂「へへへ……」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:50:45 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「じゃあ、安全な珊瑚の近くを通って行かなくちゃね」

クマノミ♂「え? うん! そうだね! ……あ、ああっ! 触手に近づいたらだめだよ! 危ないよ!」

クマノミ♀「あ、そうなんだ」スイー

クマノミ♂「そうなんだよ! まったく、しっかりしてくれよ!」

クマノミ♀「ごめんね」

クマノミ♂「うん、君が食べられちゃうと僕が悲しいじゃないか!」

クマノミ♀「そうなんだ。えへへ」

クマノミ♂「へへへ」

クマノミ♀「あ、餌が落ちてきたよ」

クマノミ♂「うん、一緒に食べようよ!」

クマノミ♀「うん」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 08:57:56 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「あ、背中にイソギンチャクの触手あたってるよ?」

クマノミ♂「え? そのようだけど……」

クマノミ♀「イソギンチャクはわたしたちを食べようとしてるんだよね」

クマノミ♂「ああ!? しまった、そうだった! く、危うく騙されるとこだった!」スイスイ

クマノミ♀「危なかったね」

クマノミ♂「ああ……本当に。君のおかげで助かったよ」

クマノミ♀「うん。どういたしまして」

クマノミ♂「くそう、こいつめ。僕たちを騙そうたって! そうはいかないぞ!」

クマノミ♀「あ、まだ海草ついてるよ」

クマノミ♂「あれ? まだついてたの?」

クマノミ♀「もう。わたしがとってあげるね」

クマノミ♂「ごめん、助かるよ」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 09:08:19 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「ああ、お腹がいっぱいだからなんだか眠くなってきたなあ」ユラユラ

クマノミ♀「眠っちゃう前に外に行かないとね」

クマノミ♂「外に? 君、何か用事があるのかい?」

クマノミ♀「イソギンチャクがわたしたちを食べようとしてるから、ここを離れないといけないんでしょ?」

クマノミ♂「あ……ああ! そうなんだよ! まったく、やつらと来たら!」

クマノミ♀「それで、珊瑚の傍を通ってどこかへ逃げるつもりだったよね」

クマノミ♂「あ、ああ! そうだね! 早く逃げないと! さあ、行こう!」

クマノミ♀「あ、ちょっと待っててね」スイー

クマノミ♂「うん、どうしたの?」

クマノミ♀「よいしょ、よいしょ」

クマノミ♂「この辺りの岩をどけて、どうしたんだい?」

クマノミ♀「ないしょ」 


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 17:29:25 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「準備は済んだ? さあ、行こうか!」

クマノミ♀「うん」

クマノミ♂「大丈夫だよ! 心配ないよ!」

クマノミ♀「うん、そうだね」

クマノミ♂「まずはあそこの赤いの珊瑚ところまで行ってみよう!」スイー

クマノミ♀「わあ、楽しそうだね」スイー

クマノミ♂「ばか! これは遊びじゃないんだぞ! イソギンチャクの罠を出し抜く逃避行だ!」

クマノミ♀「うん。ごめんね」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 18:04:18 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「さあ、気を付けてね、そこにいっぱい突き出た岩があるから。ぶつかったりしたら大変だ!」

クマノミ♀「うん。でも、すごく入り組んでるね」

クマノミ♂「いや、大丈夫さ! イソギンチャクの間をぬって行こう! なんせ僕らはクマノミだからね!」

クマノミ♀「でも、イソギンチャクはわたしたちを食べようとしてるんだよね」

クマノミ♂「え? あ、ああ! そうさ! まったく、こいつらときたら、安全そうに見えて実はとても危険なんだ!」

クマノミ♀「じゃあ、こっちの岩の少ない方から行こうよ」

クマノミ♂「うん、それがいいみたいだ。じゃあ、行くよ、ついてきて!」スイー

クマノミ♀「うん、ついていくね」スイー

クマノミ♂「ああっ、そこ、イソギンチャクの触手があるよ!?」

クマノミ♀「あ、ほんとだね」スイ

クマノミ♂「もう、君ったら、しっかりしてくれよ!」スイー

クマノミ♀「うん。気を付けるよ。ごめんね」スイー 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 20:58:26 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「あ、見て、綺麗な珊瑚だよ」スイスイ

クマノミ♂「……」キョロキョロ

クマノミ♀「わあ、大きなナマコだねえ」スイスイ

ナマコ「この通り、ちょうど良いサイズですから、携帯電話の代わりにもなりますよ」ブルブル

クマノミ♀「わあ、すごいな」

クマノミ♂「……」キョロキョロ

クマノミ♀「なにしてるの?」

クマノミ♂「天敵が来ないか、警戒してるんだ! 君が襲われたりしたら大変だ!」

クマノミ♀「ありがとう。気を付けてね」

クマノミ♂「うん!」キョロキョロ

クマノミ♀「珊瑚礁のトンネル、とっても綺麗だね」スイスイ 


15 :パイの実:2012/03/18(日) 21:18:13 ID:2w9Iq8c2
期待! 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 21:23:36 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「……」キョロキョロ

クマノミ♀「わっ、みて。向こうのウミユリ」

クマノミ♂「と、止まって!」

クマノミ♀「どうしたの?」

クマノミ♂「あ、危ないところだった……。君の目の前の水、透明だろ? クラゲがいるかもしれない! 間一髪だった!」

クマノミ♀「間一髪だね。助けてくれてありがとう」

クマノミ♂「もう、気を付けてくれよ! 君はおっちょこちょいだから」

クマノミ♀「うん、おっちょこちょいでごめんね」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 21:28:11 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「……」スイスイ

クマノミ♀「わあ、柔らかそうな海草だね」スイスイ

クマノミ♂「あ、危ないっ!」

クマノミ♀「どうしたの?」

クマノミ♂「それは罠だ! きっと海草の中にウツボが潜んでるんだ! 危機一髪だった!」

クマノミ♀「危機一髪だったね。助けてくれてありがとう」

クマノミ♂「もう、全く君は! こんな罠にも気が付かないなんて、ぽーっとしてるなあ」

クマノミ♀「うん、ぽーっとしててごめんね」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 21:36:50 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「……」スイスイ

クマノミ♀「……」スイスイ

クマノミ♂「あ、待って!」

クマノミ♀「うん、わたし待ったよ」

クマノミ♂「君の背中に海草がはり付いてるよ!」

クマノミ♀「あ、ほんとだね」

クマノミ♂「しかたないなあ、僕がとってあげるよ」ヨイショ

クマノミ♀「ありがとう」

クマノミ♂「まったく、海草なんて、そうそうついたりするものではないのに」

クマノミ♀「うん、ごめんね」

クマノミ♂「もう。さ、早く行こうよ!」

クマノミ♀「お散歩の続きだね」

クマノミ♂「そう、そう。あっちの珊瑚もきれいだよ!」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 21:38:34 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「お散歩、楽しいね」スイスイ

クマノミ♂「うん!」スイスイ 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 21:50:26 ID:ggRCo/i.
クマノミ♀「おうちに帰ってきたね」

クマノミ♂「ふう、疲れたよ」

クマノミ♀「ここで寝てもいいんだよ?」

クマノミ♂「そうだねえ。ここには天敵がくる心配はないし。イソギンチャクがあるからね」

クマノミ♀「イソギンチャクって、わたしたちを食べないんだよね?」

クマノミ♂「何を言ってるんだい。当たり前じゃないか。だって僕らはクマノミだもの。君はうっかり屋さんだなあ」

クマノミ♀「そうだね。うっかり屋さんでごめんね」

クマノミ♂「ふわあ……そろそろ寝ようかなあ」

クマノミ♀「わたしもいっしょに寝るね」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 21:54:44 ID:ggRCo/i.
クマノミ♂「あ」

クマノミ♀「どうしたの?」

クマノミ♂「そういえば、君、ごそごそと岩をどけてたんだけど、何してたの?」

クマノミ♀「あ、覚えてたんだ」

クマノミ♂「覚えてるさ。もう、僕はそんなにバカじゃないよ? 失礼だなあ」

クマノミ♀「うん。ごめんね」

クマノミ♂「で、結局教えてくれないのかい?」

クマノミ♀「うーん。まあ、いっか。あのね、もうすぐ繁殖期だから、産卵場所つくってたの」

クマノミ♂「あっ」

クマノミ♀「えへへ」

クマノミ♂「子育て一緒に頑張ろうね!」

クマノミ♀「うん、がんばろうね」


おしまい 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 22:57:51 ID:ggRCo/i.
おまけ

ライオン・ハイエナ「働いたら負けかなって思ってる」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:02:30 ID:ggRCo/i.
父ライオン「……」ゴロゴロ

子ライオン「……」

父ライオン「……」プゥ

子ライオン「……おい」

父ライオン「……なにかようか? ああ、小便か」

子ライオン「……働かなくていいのかよ」

父ライオン「え?」ホジホジ

子ライオン「てめえ! なめてんのかクソ親父!」ガー!

父ライオン「人生舐め腐ってます」

子ライオン「……」プルプル 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:08:50 ID:ggRCo/i.
子ライオン「……お前、母ちゃんは働いてるんだぞ」

父ライオン「え?」

子「だからッ! おかん働いてるのになんでお前はいつもいつもそうなんだよッ!」

父ライオン「おお」

子ライオン「おお、じゃねえよッ! ~~~ッ! あああああああああああああもう早く死んでくれないかなこいつ」

ハイエナ「そうですなあ、今日も奥様の寝床は芳しく、わたくしもお天道様も喜んでおりますよ」クンクン

子ライオン「おいてめえ」ガブッ!

ハイエナ「ぐぺらぁッ!?」

父ライオン「お、屁ぇ出た」プゥ 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:14:00 ID:ggRCo/i.
子ライオン「お前何しに来たよ、ああ? なあ?」

ハイエナ「ちょっとご飯を分けてもらいに」

父ライオン「わしも腹減った」グー

子ライオン「いや、自分でとれよ! なんで毎回毎回うちにたかりにくるんだよ! このズボラ! 変態! 死ね!」

ハイエナ「だってわたくし、ハイエナですから。種的にも振舞い的にも」キリッ

子ライオン「……」ガブッ

ハイエナ「あひぃん!?」

子ライオン「肉塊に変えてやるよ。本能のままに」ガジガジ

親ライオン「おい」

子ライオン「なんだよッ!?」

親ライオン「飯、まだ?」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:15:35 ID:ggRCo/i.
子ライオン「……」ブチッ


子ライオン「こんのおおおおおおおおドくされ親父があああああああ!!!!」ドドドド 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:16:10 ID:ggRCo/i.
親ライオン「勝った」

子ライオン「負けた……」ボロッ 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:23:40 ID:ggRCo/i.
子ライオン「ちくしょう……ちくしょう……!!」

親ライオン「おお、わし、寝てたのか。おはよう」

ハイエナ「して、奥様の糞尿はどこでしょうか」

親ライオン「ああ、あっちだ」

ハイエナ「いつもすみませんな」

親ライオン「くさいぞ?」

ハイエナ「我々の業界ではご褒美です」

子ライオン「おい、なにしてるんだてめら。おい。おい」

ハイエナ「ハエがたかる程度の香りが熟し頃……」

子ライオン「……」

ハイエナ「あ、勘違いなさらないでください。わたくし、スカベンジャーではありません。ハイエナでございます」

親ライオン「めし」ハラボリボリ

子ライオン「……」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:32:25 ID:ggRCo/i.
母ライオン「ただいまー」 ズルズル

エサ「」ハジメマシテー

子ライオン「おかえり……」

ハイエナ「これはこれは奥さん。今日もワイルドでございますねえ。……次の排卵日はいつですか? わたくし、分類的は食肉目ですので交尾も可能だと思いますよ。どうですか、ハイエナとライオンの合いの子なんて」

子ライオン「その前に餌になるから安心しろ」

父ライオン「かあさん、めし」

ハイエナ「わたくしもお願いします」

母ライオン「はいはい」

ハイエナ「あっ、何をなさるのですか奥さん、わたくしもごはんをっ」

父ライオン「」バリムシャガツガツ

子ライオン「……」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:36:48 ID:ggRCo/i.
ハイエナ「いやあ、他人からもらうご飯は最高ですね。え? なんで自分で狩りしないのって? そりゃあわたくし、ハイエナですから。種的にも振舞い的にも」ガツガツ





母ライオン「……あら、おまえ、食べないの?」

子ライオン「……なあ母ちゃん」

母ライオン「なに?」

子ライオン「あのおやじのどこが気に入って交配したのさ」

父ライオン「」ゲプッ

子ライオン「なんで親父は働かないのさ! あんなのライオンじゃねえよ、百獣の王の威厳も何もねえよ!」

母ライオン「あらあら。ああ見えても父さん、結構やるときはやるのよ?」

子ライオン「はあ? ありえねーし」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:46:10 ID:ggRCo/i.

~縄張り争い~


雄ライオン「ガルルルルルルル」

父ライオン「」シュンッ

雄ライオン「な……消えた……だと?」

父ライオン「」ガシッ

雄ライオン「っ!? いつの間に後ろに……ッ! は、はなせ――」

父ライオン「」ガリボリガリボリッ

雄ライオン「」ボタボタ

父ライオン「……ヒヒッ ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!」





母ライオン「ああやって負けた雄の子もろとも皆殺しにするの」

子ライオン「」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:51:51 ID:ggRCo/i.
母ライオン「かっこいいわよね! お父さん! もうっ、見てよ! あの血塗られた雄の顔と狂気の行動!!!!」イヤンイヤン

父ライオン「ヒョホホホホホホホホホホ」

ハイエナ「……え?」




肉塊「」チーン

父ライオン「チニ...ウエテル...ヒョオオオオオオオオオオオオオ!」バリムシャムシャ

母ライオン「ああ、もうっ! お父さんったら最高だわっ! ああん!」

子ライオン「」

父ライオン「コポォォォォォォォォ!!!!!」ブシャアァ

骨「」

母ライオン「きゃーっ! お父さん、こっち向いてえええ!」キャッキャキャッキャ

子ライオン「」 


37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:54:19 ID:ggRCo/i.
子ライオン「……す」




子ライオン「すげえええええええええええええええええええええええええええ!」

子ライオン「これが百獣の王!? す、すげえええええええええ! 親父すげええええええええ!」

父ライオン「アガアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

子ライオン「母さん、俺、なるよ! 親父みたいな立派な百獣の王に、俺はなる!」

母ライオン「あらあら、がんばんなさい!」

子ライオン「うおおおおおおおおおおおおお! なってやるぜ! なってやるぜええええええええええええ!」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/18(日) 23:57:40 ID:ggRCo/i.

~そして数年後~


子ライオン「……」ゴロゴロ

孫ライオン「……」

子ライオン「……」プゥ

孫ライオン「……おい」

子ライオン「……なにかようか? ああ、大便か」

孫ライオン「……働かなくていいのかよ」

子ライオン「え?」ホジホジ

孫ライオン「てめえ! なめてんのかクソ親父!」ガー!

子ライオン「人生舐め腐ってます」

孫ライオン「……」プルプル 



そしてこの後
縄張り争いで子ライオンが宣言通りバーサーカーと化すのはまた別の話である……

完! 

乙♪(・ω・)