1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:02:08 ID:4GIL4XO6
QB(CVベジータ)「どうだ?貴様俺と一緒に契約をやらないか?」

ほむら「・・・(おかしい、今までではこんな声のQBはいなかったハズよ・・・)」

QB「俺と契約してサイヤ人になりやがれェ!願いも叶えてやる!」

QB「だからさっさとなりやがれ!殺されたいか!!」

パァン!

QB「」バタン・・・・ 




魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえ ソフビフィギュア
グッドスマイルカンパニー
売り上げランキング: 95,063
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:08:52 ID:4GIL4XO6
ほむら「・・・」スタスタ・・・

QB(CVベジータ)2号「貴様ァ!サイヤ人の王子であるこの俺様に向っていい度胸じゃないか!」

ほむら「声と口調がウザイわ、消えなさい」

QB「くっくっく・・・ははははははっ!!」

ほむら「・・・何がおかしいのかしら?」

QB「ふっふっふ、貴様実はここに鹿目まどかと言うガキのパンツがある」ニヤッ

ほむら「!?」

QB「貴様にはこいつが欲しくないのか?だったら俺様がこいつでたっぷりシコシコしてやるぜぇー!」

ほむら「貴様っ!」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:13:06 ID:4GIL4XO6
ほむら「渡しなさい!」ガシッ

QB「いいだろう!その代わり俺と契約してもらう!」

ほむら「なんですって!?」

QB「そうしたら、脱ぎたての下着が手に入るぞ?だから俺と契約をやらないか?」

ほむら「わ、私は・・・」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:23:11 ID:4GIL4XO6
数分後・・・

QB「ほら、脱ぎたてのパンツだ」

ほむら「こ、これがまどかの・・・///」スーハースーハー

QB「(なんて下品な女だ!)まあいい、これで晴れて貴様もサイヤ人だ」

ほむら「ところで代償はなにかしら?」

QB「ふん貴様がこの俺に面白い戦闘を見せてくれるだけで十分だ」

ほむら「(面白い戦闘?魔女退治の事かしら?)」

QB「そう言うことだ。この俺様が必要になったら呼ぶんだな」

QB「貴様みたいな下級戦士が超エリートの俺に選ばれたのだ・・・」

QB「ありがたく思うんだな!はははははは!」

ほむら「・・・まあいいわ、早く帰ってオナニーしないと・・・」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:57:12 ID:4GIL4XO6
翌日

さやか「あれ?元気ないねまどか?」

まどか「うぅ・・・昨日変な生き物が『俺がベジータだァ!じゃあああああ!』って叫びながらお風呂で脱いだパンツを持ってたの・・・」

さやか「へ、変な生き物?ベジータ?」

まどか「うん・・・」

ほむら「(まどか・・・)」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 18:56:20 ID:4GIL4XO6
ほむら「(どうにか、まどかと会話がしたいわ・・・しかしどうやって・・・)」

ほむら「(QBなら何とかしてくれるかしら?」

QB「呼んだか?」

ほむら「!、ええ呼んだわ」

QB「ふんっ!俺の修行中に呼ぶとはいい度胸じゃねえか」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 11:22:34 ID:C1lFHZFg
QB「ふん、まあいい俺を呼ぶ出したんだ大した用事なんだろうな?」

ほむら「まどかと会話がしたいわ」

QB「くだらん、その程度貴様自身でやったらどうだ!」

ほむら「それが出来ないから貴方に頼んでるんじゃない」

QB「・・・仕方ない少し待っていろ!」

ほむら「!」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 11:37:39 ID:C1lFHZFg
QB(CV原子力)「そこのプリティーギャル達」

さやか「う、うわぁ!?」

まどか「ひぃっ!?こ、この子だよさやかちゃん!」

QB「全世界ジュニアカーニバル特別賞ワールドビューティジュニア部門グランプリ受賞伊達男美男子一番会会長の俺と会話をしませんか?」

まどほむさや「(ながっ!?)」

QB「さあ、あっちの喫茶店に向いましょう」

まどさや「は、はあ・・・」

ほむら(と、とにかく・・・上手くいったみたいね・・・) 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 11:44:53 ID:C1lFHZFg
喫茶店

まどか「・・・」

さやか「・・・」

ほむら「・・・」

QB(CV服部)「なんや!?このカレー!?まっずっ!」

ほむら「(キャラ決めときなさいよ・・・・」ホムーン・・・

さやか「Q、QBアンタ一体何者なのよ」

QB(CVベジータ)「ふん、下品な女目・・・いいだろう俺様はサイヤ人の王子QB様だ」

まどか「お、王子って・・・(キャラが定まらないんだね・・・)」

QB「それよりまどか、どうだ?俺と一緒にやらないか(契約)?」

まどか「ふぇええ!?」

さやか「アンタいきなりまどかになにを!?」

ほむら「気にしなくていいわ、後で痛めつけるから」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 11:49:11 ID:C1lFHZFg
まどか「ほむらちゃんはQBの友達なの?」

ほむら「違う断じて違うわ」

QB「ほむら、貴様この俺と一戦交えようって言うのか・・・?ふん、後悔するなよ!」

QB「ビックバン!アタッ」

パァン!

QB「」バタン・・・

まどさや「」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 11:53:19 ID:C1lFHZFg
QB「い、今の攻撃はさすがに効いたぜ・・・だがまだゴミを片付ける程度の力は残っている・・・」

さやか「復活はやっ!」

まどか「ほ、ほむらちゃん王子様と知り合いなんて凄いね!」

ほむら「そ、そうかしら・・・///」テレテレ・・・

QB「それより俺と一緒契約をやらないか?」

さやか「それはもういいわ」

まど・ほむ「~~~~~」ペチャクチャ 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 12:00:40 ID:C1lFHZFg
さらに翌日

QB「ワイが西高校生探偵服部平次や」

さやか「出たな変態」

QB「ダニィ!?」

まどか「さ、さやかちゃん・・・」

QB「く、くそぅ・・・」ポロポロ

まどかさや「(な、泣いた・・・)」

QB「下級戦士のゴミとはいえ・・・今のは流石に傷ついたぜ」

さやか「ご、ごめん・・・」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 12:18:19 ID:C1lFHZFg
QB「まあ良い、今日貴様らに面白い奴を見せてやろう」

まどか「面白い奴?人のこと?」

QB「そうだ。ほむら!貴様と同じサイヤ人だぞ」

ほむら「(まさか・・・)」

QB「出て来い!マミ!」

マミ「始めまして、巴マミよ」

まどほむさや「」

マミ「ち、違うのこの格好は違うのよ!」戦闘服

QB「俺のお下がりだありがたく思うんだな」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 12:41:49 ID:C1lFHZFg
さやか「な、何あの全身青タイツ・・・」

QB「見て分からないか?戦闘服だ」

まどか「せ、戦闘服!?」

ほむら「(あれが戦闘服・・・)」

マミ「ううっ・・・//」

さやか「マミさんはどうやってQBと出会ったんですか?」

マミ「実は交通事故で死に掛けた私を助けてくれたのよ」

さやか「へえー、イイ事するじゃない」

QB「か、勘違いするな!俺は助けたわけじゃない!////////」

ほむら「(顔赤くなってるわね・・・気持ち悪)」

まどか「(よく見たらマミさん胸大きいから戦闘服からだと乳首が透けて見れる・・・)」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 12:43:41 ID:C1lFHZFg
QB「だが所詮偽乳だ!」

マミ「えぇぇっ!?」マミーン!?

さやか「アンタ最低だわ」

QB「ふん、好きに言え・・・ふっふっふはーはははは!」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 18:49:15 ID:C1lFHZFg
QB「」チーン・・・

まどか「ほむらちゃん・・・別に殺さなくてもよかったんじゃ?」

ほむら「別にいいのよ、どうせすぐ新しいの出てくるんだから」

QB「くそぅ!なんて女だ・・・」

さやか「うわぁ、本当にもう出てきた!」

QB「まあいい、今日は貴様らの戦闘力を確かめに来たんだ」

まどさや「戦闘力?」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 18:53:02 ID:C1lFHZFg
QB「さて早速」つスカウター

さやか「うわぁっ!?なんか変なの取り出した!?」

マミ「あれがスカウターよ戦闘力を測る道具で私達サイヤ人には必要な物なのよ」

QB「・・・」ピッピッピッピッ・・・ピッ

さやか「な、何よ・・・」

QB「戦闘力たったの2かゴミ目!」

さやか「なっ!?」

ほむら「それ貴方の台詞じゃないわよ」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 18:57:28 ID:C1lFHZFg
QB「下級戦士のクズ野郎のようだな、呆れたぜ!」

QB「(では、次に俺と契約したサイヤ人共だな・・・)」ピッピッピッピッ・・・・ピッ

ほむマミ「・・・」

QB「ほーぅ、戦闘力50に80か・・・まだまだゴミだな」

ほむら「・・・」イラッ

QB「俺の敵ではない、はっーははは!」

パン!

QB「」バタン・・・ 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:04:09 ID:C1lFHZFg
QB「気を取り直して、次行くか」ピッピッピッ・・・ピッ

まどか「ひっ・・・」

QB「コイツは驚いた。貴様は自分でさえ驚くような超エリートだ!!」

まどか「えぇ!?」

QB「そう言う分けだから、どうだ地球の女俺と一緒に契約をやらないか?」

さやか「よく聞くその契約って何よ?」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:11:52 ID:C1lFHZFg
QB「説明してやろう」

--------------------

QB「と、言う事だ!二度は言わないぞ!!」

QB「何でも欲しい物を言ってみたまえ!」

さやか「ほ、本当に何でもありなの?」

まどか「願い事って・・・」

QB「なんでもありだ!さっさと言え!」

さやか「金銀財宝とか不老不死とか・・・・」

QB「なんでもありだ!」

ほむら「QB」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:17:36 ID:C1lFHZFg
QB「なんだほむら」

ほむら「ちょっと来なさい」

QB「んっ・・・?」

-------

QB「なんだ!」

ほむら「実はまた叶えて欲しい願いがあるのよ」

QB「ふん、欲張りな奴だ。願いとは一体なんだ!」

ほむら「まどかの胸を巴マミくらいにして欲しいわ」

QB「ダニィ!?いいだろう!ちゃああああああああああ!!!!」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:23:08 ID:C1lFHZFg
まどか「どうしたんだろ・・・ってへ?」

さやか「ま、まどか!?」

マミ「鹿目さん!?」

まどか「マミさんと同じくらいに胸が大きくなっちゃった・・・」

ほむら「QB服を出してあげなさい」

QB「俺に指図するなァ!!」ボン!

さやか「あ、服は出すんだ・・・」

マミ「・・・」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:39:08 ID:C1lFHZFg
そして帰り・・・

ほむら「(まどかの胸あれはEカップくらいあったわね、見てたらムラムラして来たわ)」

マミ「暁美さん」

ほむら「戦闘力50の巴マミ、何かしら?」

マミ「嫌がらせかしら?」

マミ「それより、鹿目さんの胸を大きくしたのは貴女ね?」

ほむら「何のことかしら?」

マミ「とぼけないで、ベジ…QBと契約したんでしょ?」

ほむら「だとしたら?」

マミ「QBと契約するのは止めなさいドドリアさん」

ほむら「誰がドドリアさんよ・・・邪魔をするの?」

マミ「邪魔というか、急に友達の胸大きくしたら困るでしょ」

ほむら「(確かに・・・今まで気づかなかったなんて・・・)」

ほむら「でも、今更遅いわまた会いましょう」スタスタ

マミ「待ちなさい!」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 20:09:56 ID:C1lFHZFg
さらに数日後

QB「俺はスーパーキュゥベエだ」

さやか「出てくるたび何を寝言をほざいてるのよ」

まどか「こ、これが出王子って奴なのかな・・・?」

QB「今日貴様らに俺と契約したサイヤ人を紹介してやる」

杏子「・・・ども」

QB「コイツは杏子。戦闘力はミスター・サタンと同じレベルだ」

杏子「ミスター・サタンって誰だよ!」

まどか「よろしくね!杏子ちゃん!」

マミ「よろしく」

さやか「(気が合いそうだわ・・・なんか)」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 20:16:29 ID:C1lFHZFg
さやか「杏子はどうやってこの白狐と出逢ったの?」

QB「白狐じゃない・・・ベジータだ!ベジータだ!ベジータだ!ベジータだ!」

さやか「うっさい!」

QB「ダニィ!?」

杏子「コイツは生活がヤバかったあしたの家族を助けてくれたんだよ」

まどか「本当にQBいい子だね!」

QB「な、なんだとぅ!?クソガキ/////!」

ほむら「・・・」ギチギチギチ・・・

QB「に、ニャメロン!耳が外れる!」 


31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 20:20:48 ID:C1lFHZFg
杏子「だけどコイツ、強そうな奴見かけたらすぐ喧嘩売りに行けって言うんだぜ?」

QB「強い奴がいたら戦うそれがサイヤ人だ!」

QB「強そうな奴がいるのに戦わないのはてめえらがおかしいぜ」

杏子「・・・・」

まどか「で、でもQB喧嘩は良くないよ・・・」

QB「喧嘩ではない・・・殺し合いだァ!!」

さやか「ハッキリ言ったこいつ!?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 20:27:58 ID:C1lFHZFg
まどか「話変わっちゃうんだけど・・・QBってどこに住んでるの?」

QB「重力の部屋だ」

ほむら「私の家よ」

マミ「私の家に住んでた時もあったわね」

杏子「私の家にも泊まってた時があったな」

さやか「アンタ・・・色んな家に泊まりすぎ」

QB「うるさい!」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:01:56 ID:RLyp9NB2
ほむら「QBちょっと」

QB「また貴様か今度はなんだ」

ほむら「まどかの家に泊まりたくなったわ」

QB「貴様ちょっと契約しすぎだ。たまには自分でどうにかしてみやがれ!」

ほむら「貴方のトレーニング用品を増やすわ」

QB「いいだろ!契約成立だ!」

QB「おい、ブウ」

まどか「ブウ!?」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:08:24 ID:RLyp9NB2
QB「今日ほむらを貴様の家に泊めるんだ」

まどか「えぇぇっ!?いいけど・・・どうした急に?」

QB「ほむらの野郎は夜にフリーザが出ると思ってトイレにいけねえんだ」

まどか「(フ、フリーザ・・・)そうなんだ・・・」

QB「成功だぜ」

ほむら「次はまどかの両親をなんとかして頂戴QB」

QB「ダニィ!?くそったれー!なぜ俺様がそんな事まで!!」

ほむら「早くしなさい、耳引き千切るわよ」ギチギチ

QB「や、やめろ!なんて下品な女だ!」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:17:48 ID:RLyp9NB2
そして今日の夜

まどか「ありがとね、QB温泉旅行のチケットなんて出してもらって」

QB「勘違いするな、契約したからやっただけだ」

まどか「へっ?契約?」

ほむら「気にしなくていいわ」げしっ

QB「がはっ!く、くそったれェ!このサイヤ人の王子を軽々と蹴り飛ばしやがった・・・」

まどか「(蹴り飛ばしちゃった・・・ほむらちゃんQBと普通に仲いいんじゃ・・・)」

ほむら「と、ところでまどか・・・//ふ、二人っきりね//」

QB「おーい、ちょっとー地球の女ーサイヤ人の王子!ベジータがいるどー!」

QB「ふぉお!?」ドガッビターン・・・

まどか「(壁にクレーターが!?)」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:21:42 ID:RLyp9NB2
ほむら「ちょっとQB気絶してる場合じゃないわ起きなさい」

QB「きっ、貴様がしたのだろ!で、なんだ?」

ほむら「まどかと一緒に寝たいわ」

QB「(下品な女だ!)ここまで来たのだ最後まで付き合ってやろう・・・」

まどか「こっちの布団がほむらちゃんのね」

QB「違う・・・俺のモンだぁ!グミくれよっ!!」たったった

まどか「Q、QB!?お布団持ってちゃった・・・」

ほむら「構わないわ、一緒の布団で寝ましょう」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:51:32 ID:RLyp9NB2
まどか「そ、そう?なら一緒に寝よ」

ほむら「ええ、そうしましょう」ツー

まどか「ほ、ほむらちゃん!?鼻血鼻血!」

QB「(ほむらの野郎何をグダグダしてやがる!)」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 23:03:15 ID:RLyp9NB2
翌日・・・

さやか「それで眠れなかったのね」

まどか「うん・・・ほむらちゃん布団に入った後鼻血たくさん出して大変だったよ・・・」

さやか「転校生体弱いらしいからねー」

ほむら「問題ないわ」

さやか「・・・鼻にカーゼ詰めてると顔が台無しだよ」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 23:07:43 ID:RLyp9NB2
帰り道

QB「今日も貴様らに面白ものを見せてもらおう」

さやか「こっちがアンタに面白いもの見せるなんだ」

QB「当たり前だ。くだらんお遊びだったら許さんど!」

杏子「アンタが見てて面白いものは戦いだけだろ」

QB「くそったれ、サイヤ人の壁さえ乗り越えば!」

さやか「なに言ってるのよこの淫獣」

ほむら「QB」

QB「ほむほむか」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 17:49:59 ID:Nx8uenWY
ほむら「今日もまどかの家に泊まりたいのだけど」

QB「よかろう、契約完了だ」

QB「おい、ブウ」

まどか「そのたまにブウって呼ぶの止めてくれたら嬉しいなQB」

QB「ブウ、今日もほむらを貴様の家と泊めてやってくれ」

まどか「ま、また!?」

QB「こいつは寝てる最中鼻血を出すくせがあるんだ。一人にしちまったら自分の鼻血で溺れて死ぬ」

ほむら「そう言うことよ」

マミ「それって先に出血で死ぬと思うんだけど・・・」

QB「命が欲しかったら黙っていろォ!」

マミ「ひっ!?」

まどか「分かったよ、ほむらちゃん私その癖どうにか直してあげるよ!」

ほむら「まどか・・・」ツー・・・

さや杏「(出てる!?)」

QB「これからが本当の地獄だ・・・っ!」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 17:57:22 ID:Nx8uenWY
そしてまどかの家 夕方

QB「これは俺のもんだーーーーーーーーー!!!!」たったった

まどか「ああっ!?また布団持ってちゃった・・・」

ほむら「大丈夫よ問題ないわ」

まどか「そう?じゃあまた一緒の布団で寝よっか!」

ほむら「ええ」

まどか「おやすみなさい・・・ぐー」

QB(CV服部)「寝るのが早い奴やなぁ・・・・」

ほむら「・・・・」

QB「なんや、その目?何か言いたそうやなぁ」

ほむら「まどかを朝までぐっすり寝かせたいのだけど・・・」

QB「ええやろう、契約成立や」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:07:57 ID:Nx8uenWY
翌日・・・

まどか「ううっ・・・」

さやか「どうしたの?股なんか押さえて・・・」

まどか「あ、朝起きたらおまたが痛くて・・・」

さやか「はぁ?」

QB「・・・お前」

ほむら「反省してるわ」

QB「相変わらず下品な女だぜ、まあ俺様は契約さえ出来れば問題ないがな」

ほむら「(寝てるまどかに指を日本も入れてしまったわ・・・鼻血が出そう)」

さやか「あっ、ちょっとアンタら何ヒソヒソ話してるのよ!」

QB「な、なんでもない・・・」アセアセ

ほむら「ええなんでもないわ」アセアセ

さやか「(怪しい・・・)」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:19:49 ID:Nx8uenWY
放課後

QB「貴様ら一緒に重力の部屋で修行をやらないか?」

さや杏「しねえよ」

QB「なぁっ!?ハッキリ言いやがったこの超ベジータが言うのだぞ・・・クソッタレ!」

マミ「そういえばQBはまだ明美さんの家に住んでるの?」

QB「一々説明するのもメンドクセェてめえで勝手に想像しろ」

まどか「QBなら私の家によくいるよ」

QB「貴様ァー!勝手に人の個人情報を!」

さやか「よくまあこんな奴泊めるわねアンタ」

まどか「ほむらちゃんも一緒だよ」

杏子「変なことされてないよな?」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:44:23 ID:Nx8uenWY
まどか「変なこと?」

QB「!、杏子余計なことは言うんじゃねえ!貴様から先に消してやろうか!」

杏子「な、なんだよ・・・」

マミ「ちょっとQB!」

QB「なんだ」

マミ「鹿目さんに何か変なことしてないわよね?」

QB「どうだろうな?くっくっ・・・」にやっ

マミ「・・・」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:55:48 ID:Nx8uenWY
さらに翌日

まどか「・・・・・・・・・・・」

さやか「どうした?まどか?」

まどか「な、なんでもないよ・・・・」

さやか「いや、なんでもある顔でしょ・・・」

まどか(いえない・・・お漏らししちゃったなんて・・・)

ほむら「まどか安心して証拠は隠滅させたわ」

QB「シーツ如きに俺の力を半分以上も使わせやがって・・・」

まどか「ありがとう・・・ほむらちゃん、QB」

ほむら(まあ、私がまどかのお漏らしが見たいわってQBに頼んだんだけどね)

QB(ふっふっふ、貴様も中々の悪だな・・・ほむらさんよ!)」

ほむら(ふっふふ・・・)

QB(はっははははははは!)

さやか「アイツら仲いいわね・・・」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 21:55:03 ID:Nx8uenWY
そして今日の夜

まどか「それじゃお風呂入るね」

ほむら「ええ」

QB「なに?貴様風呂を除きに行かないのか?」

ほむら「ええ、それよりお願いがあるわ」

QB「またか」

ほむら「そろそろ・・・まどかとセックスがしたいわ」

QB「女同士で子供など出来るかァ!」

ほむら「大丈夫、何とか作るわ」

QB「くっ、まあよかろう!ちゃああああああああああああ!」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 21:57:55 ID:Nx8uenWY
QB「おいまどか」

まどか「何?QB?」

QB「ほむらが貴様とトランクス作りをしたいそうだ」

まどか「え?え?」

ほむら「・・・まどか」

まどか「な、なんでほむらちゃん裸なのかな?」汗汗

ほむら「まどかーーーー!!!」

まどか「きゃぁぁぁぁっ!?」

QB「完全にキャラが崩壊してやがる・・・」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:15:26 ID:Nx8uenWY
翌日

まどか「こ、腰が・・・」

さやか「ま、まどか・・・大丈夫?」

まどか「う、うん・・・」

さやか「何があったの?」

ほむら「美樹さやか、まどかは大丈夫よ、まどか肩を貸してあげるわ」

さやか「んー?なんか怪しいな」

QB「昨日まどかとほむらは自分達のパワーボールが弾けて混ざったんだ」

さやか「???」

ドゴッ!

QB「どわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?あぅあああああああああ!?」

まどか「QB!?ほむらちゃん何してるの!?」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:41:34 ID:Nx8uenWY
休み時間

ほむら「QB一々願いを言うのもめんどくさいからリストに書いてきたわ」

QB「ほむら、願いもいいがそろそろ本業の戦闘も・・・」

ドサッ

QB「ダニィ!?」

ほむら「5000枚近く書いたけど、多分半日で半分は減るわ」

QB「ふざけるなぁ!」

ほむら「・・・」ジャキ

QB「チッ・・・仕方ない分かったから拳銃をしまえ!」

バーーン!

ほむら「!?」びくっ

QB「な、なんだ?ここは体育倉庫だぞ?」

さやか「なんか怪しいと付けて見たら、何してるのよ!」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:46:22 ID:Nx8uenWY
ほむら「な、何もしてないわ・・・」アタフタ

QB「なんださやか!わざわざ俺に殺されに来たか!!」

杏子「なんだこの紙の束・・・うわぁっ!?エロイ願いばっかり!?」

マミ「暁美さん貴女・・・」

ほむら「ち、違うわ・・・QBのせいよQBが全てやったわ」

QB「ダニィ!?ほ、ほむらァ!貴様ァァァァッ!!」

まどか「まさか・・・ほむらちゃん・・・」

ほむら「違うわ!まどか私を信じて!」

QB「ふん、そいつは俺と共犯でブウの野郎に・・・ふぉお!?」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

どがっ

QB「ぐはぁあ!」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:50:02 ID:Nx8uenWY
ほむら(物理ティロフィナーレ・・・)

QB「き、貴様らぁぁぁぁ・・・俺を怒らせてそんなに楽しいか!?」

QB「今から貴様らを根絶やしにしてやる!覚悟しろゴミ共!」バシューーン

さやか「飛んだ!?」

マミ「戦闘力1万8000!?QBこんな力を隠していたの!?」つスカウター

QB「宇宙のチリになれぇー!!ギャリック砲ォ!!」バシューーーーーーーーン! 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:54:22 ID:Nx8uenWY
ほむら「かぁぁ・・・めぇぇ・・・はぁぁ・・・めぇぇ・・・」

まどか「ほむらちゃん?」

マミ「暁美さんの戦闘力がドンドン上がっていく!?」

ほむら「波ァーーーーーー!!」バシューーーン!

QB「なにっ!?俺のギャリック砲にそっくりだ!」

QB「ほ、ほむらの野郎こんな力がぁっ!?う、うわぁーーー!?」ズコォー

(CV界王様)こうして、QBの魔の手から地球が守られた!ありがとうほむら!その他色々! 


53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:59:56 ID:Nx8uenWY
その後

QB「ビック・バン・アタッーーク!」

マミ「何してるのかしら?QB」

QB「マミかカカロット(ほむら)にリベンジするための修行中だ!」

マミ「そ、そう・・・(まだ根に持っていたのね・・・)」

ほむら「QB」

マミ「暁美さん!?」

QB「カカロット!わざわざ俺に殺されに来たか」

ほむら「頼みがあるわ」

QB「なに?」

ほむら「まどかのお弁当に私の愛汁を入れたいわ」

QB「いいだろう・・・契約完了だ!」

QB「貴様らァー!俺と契約して魔法少女にやりやがれぇー!」

完