1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:05:47 ID:Y7DVDXTU
ほむら「どこ行ったの、QB…!」

???「…」タタタ…

ほむら「いた!」

パシュン

???「…」ヒョイ

ほむら「避けられた!?」

???「…」タタタ…

ほむら「逃がさないわ!」タタタ… 




星のカービィ トリプルデラックス
任天堂 (2014-01-11)
売り上げランキング: 201
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:11:52 ID:Y7DVDXTU
???「…」ピタッ

ほむら「行き止まりだわ、残念だったわね」スチャ

???「ぽよ?」

ほむら「え?ぽよ?」

???「ぽーよ!ぽーよ!」

ほむら「貴方、QB?」

QBカービィ「ぽよ?」

ほむら「QBじゃ…ない!?」

QBカービィ「ぽーよ!」

ほむら「でも、そっくりね、眼以外は」

QBカービィ「ぽえ?」

ほむら「追い掛け回して悪かったわね、それじゃ」スタスタ…

QBカービィ「ぽよぉ…」シュン 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:24:28 ID:Y7DVDXTU
まどか「貴方が私を呼んだの?」

QB「そうだよ、鹿目まどか」

まどか「どうして、私の名前を…」

QB「細かい事は良いじゃないか」

さやか「まどかー!」

まどか「さやかちゃん」

さやか「もう、探したよ…って何それ?ぬいぐるみじゃないよね?」

QB「ぬいぐるみじゃないよ、美樹さやか」

さやか「キェェェェェアァァァァァシャベッタァァァァァ!!!」

まどか「さ、さやかちゃん!?」

さやか「あ、ごめん」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:35:14 ID:Y7DVDXTU
ほむら「今度こそ、本物を見つけたわ」スチャ

まどか「ほむらちゃん?」

さやか「ちょ、ちょっと転校生!?」

QB「まずい!二人とも、僕を置いて逃げるんだ!」

まどか「そんなことしたら、貴方が…」

QB「僕は良いから早く!」

さやか「何か、何か無いのか!?」

ほむら「これでお陀仏ね」

パシュン

まどか「あれ?飛んで来ない?」

さやか「な、何で?」

ほむら「銃弾が…!?」

スゥゥゥゥゥゥゥゥゥ ペッ

カランカラン…

カービィ「ぽよ!」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:47:13 ID:Y7DVDXTU
ほむら「さっきのピンク玉…!?」

さやか「え?何?何?」

まどか「???」

QB「君は一体…」

カービィ「ぽよ?」

ほむら「フッ、命拾いしたわね」スタスタ…

さやか「あ、ちょっと!」

まどか「ほむらちゃん…」

QB「助かったよ、ありがとう」

カービィ「ぽよぽーよ」トテトテ…

まどか「あ、行っちゃった…」

さやか「何だったの?」


マミ「私の出番は?」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 12:28:44 ID:zPU5pJPE
~ほむホーム~

ほむら「何なの?あのピンク玉は」

ほむら「今までの世界線には居なかったはず」

ほむら「魔女?いえ、魔女の割には魔力を感じられなかった…」

ほむら「何者なの?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 13:01:35 ID:zPU5pJPE
~マミホーム~

マミ「はぁ、私の出番…」

トントン…

マミ「誰かしら?」

カービィ「ぽよっ!」

マミ「!?」

マミ「あ、貴方は?」

カービィ「ぽよぉ?カービィ!」

マミ「カービィ?(使い魔かしら?)」

グゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

カービィ「ぽよぉ…」

マミ「お腹が空いてるのね?」

カービィ「…」コクリ

マミ「待ってて、今美味しいケーキと紅茶を用意するから」

カービィ「ぽよっ!」パァァァァァ 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 13:40:35 ID:zPU5pJPE
カービィ「むしゃむしゃ」

マミ「よっぽど空腹だったのね」

カービィ「ぽよっ!」

マミ「ワンホールケーキを3つも…」

カービィ「…」カキカキ

マミ「?」

カービィ「ぽよっ!」

『このお礼はいつか返します』

マミ「そんな、良いのよ、お礼なんて」

カービィ「ぽよぽよ~」フワフワ

マミ「行っちゃった」

マミ「何だったのかしら?」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 13:51:13 ID:zPU5pJPE
~学校~

まどか『本当に貴方の姿は皆には見えてないの?』

QB『そうだよ』

さやか『でも、またあの転校生が襲ってきたら?』

QB『それはないだろうね、寧ろ学校の中が安全かな』

まどか『どうして?』

QB『彼女もそこまで人目を気にせず魔法を使ったりしないだろうからね』

ガラガラ…

ほむら「…」スタスタ…

まどか「ほむらちゃん…」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 13:54:56 ID:zPU5pJPE
~放課後~

さやか「まどか、帰りにCDショップに寄って良い?」

まどか「良いよ、また上条君の?」

さやか「う、うん、まあね」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 13:56:23 ID:zPU5pJPE
~CDショップ~

さやか「えっと、CD…CD…」

まどか「さやかちゃん、私はあっちに行ってるね」

さやか「うん、分かった」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 14:01:08 ID:zPU5pJPE
~???~

まどか「おかしいな、ここ何処だろう?」

グニャグニャ

使い魔「キヒヒヒ!」

まどか「…!」

使い魔「クキケケケ!!」

まどか「いや、来ないで…」

使い魔「クヒヒ!キシャアア!!」ガバッ

まどか「来ないでぇ!」

バキュン!

使い魔「イ``エ``アァァァァ``!」シュゥゥゥゥン 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 14:04:34 ID:zPU5pJPE
マミ「危なかったわね」

まどか「貴方は?」

マミ「私は巴マミ、見滝原中の3年生よ」

まどか「先輩ですか」

マミ「フフッ、そうね」

マミ「でもその前に…」

使い魔達「「「キシャアアアアアアアアアアア」」」

マミ「一仕事、片付けちゃって良いかしら?」

ドゴォォォォォォォォォォォォン 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 14:07:39 ID:zPU5pJPE
使い魔達を倒し、まどかの友達のさやかと会い、
二人はマミホームへ…

~マミホーム~

マミ「どうぞ」コトッ

まどか「あ、いただきます」ズズー

マミ「どうかしら?」

まどか「美味しいです!」

さやか「すごく…おいしいです…」ホワ~ン

マミ「そう、それは良かったわ」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 16:25:04 ID:zPU5pJPE
まどか「あの、ほむらちゃんは何でQBを…」

マミ「彼女は何かQBに恨みがあるようね」

さやか「恨みって何ですか?」

マミ「そこまでは分からないわよ」

まどか「そうですか…」

マミ「ねぇ二人とも」

まどか、さやか「「??」」

マミ「私の魔女狩りに付き合ってみない?」

まどか「え、でも、迷惑になるわけには…」

さやか「そ、そうですよ」

マミ「大丈夫よ、二人は私が守るわ」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 16:27:01 ID:zPU5pJPE
さやか、まどか「「それなら…」」

マミ「決まりね、それじゃあ、明日の放課後にでも」

まどか、さやか「「分かりました」」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 16:43:29 ID:zPU5pJPE
~結界内部~

カービィ「ぽーよ、ぽーよ」トコトコ…

カービィ「ぽよぉ?」

使い魔「…」

カービィ「ぽよ…?」ボウキレデツンツン

使い魔「キャヒヒ!」

カービィ「ぽえぇ?」

使い魔「キャハハ!」テテテ…

カービィ「ぽーよ!ぽーよ!」テテテ…

カービィ「スゥゥゥゥゥゥゥゥ」

使い魔「ギャヒッ!?」

カービィ「ぽよぉ…」ペッ

使い魔「…」サラサラ…

カービィ「ぽよぉ…」シュン 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 16:48:06 ID:zPU5pJPE
~翌日 廃墟ビル~

ピカァァァァァァァァ

マミ「ソウルジェムが反応してる、近いわよ」

さやか「マミさん、あれ!」ユビサシ

女「鬱だ…死のう…」フラフラ

QB「あ、飛び降りた」

まどか「きゃああ!」

マミ「…!」

シュルシュルシュル

さやか「あ、リボンが…」

ポフッ

女「…」

マミ「気を失ってるだけよ」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 16:50:51 ID:zPU5pJPE
まどか「良かったぁ~」ホッ

マミ「魔女はこの先よ、二人とも、準備は良い?」

まどか、さやか「「は、はい!!」」

トコトコ…

 トコトコ…


カービィ「ぽよぽよ~」フワフワ 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 16:57:47 ID:zPU5pJPE
~結界内部~

ゲルトルート「ギャヒヒヒヒヒヒヒヒヒ」

マミ「あれが魔女よ」

さやか「かぁ…気持ちわりぃ…やだおめぇ…」

まどか「あんなのと戦うんですか?」

マミ「大丈夫よ、負けるもんですか」

マミ「二人とも、下がってて」

ゲルトルート「ギャッヒヒヒヒヒヒヒ!」シュルシュル

マミ「ティーロ!」パシュン

ゲルトルート「ギャヒィ!」ヒョイ

シュルシュル パシュ 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:04:51 ID:zPU5pJPE
さやか「マミさん!」

マミ「大丈夫、後輩にかっこ悪いところ見せられないものね」チュウヅリ

ピュゥゥゥゥゥゥゥゥン ピュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

まどか「地面から何か出てる」

さやか「あれは…ピアノ線?」

マミ「レガーレ・ヴァスタアリア!」

シュルシュルシュルシュル!

ゲルトルート「ギヒッ!?」

まどか「魔女に絡みついた!」

さやか「マミさん!今です!」

マミ「ティロ・フィナーレ!!」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:13:32 ID:zPU5pJPE
ゲルトルート「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

コロンコロン…

マミ「やったぁ」

QB「流石だね」

まどか「凄いです、マミさん!」

さやか「さっきの技かっこよかったです!」

カービィ「ぽよ!」

一同「「!?」」

カービィ「ぽよぉ?」

マミ「カービィ!?貴方、どうしてここに…」

さやか「カービィ?」

まどか「あ、此間のピンクちゃん?」

カービィ「ぽよぽーよ!」

カービィ「ティロ・フィナーレ!ティロ・フィナーレ!」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 17:19:37 ID:zPU5pJPE
さやか「あはは、さっきのマミさんの技の真似してる」

まどか「可愛い~」

マミ「そ、そうね…」

マミ(この子、どこから入ったのかしら?)

QB『気になるのかい?』

マミ『えぇ、ちょっとね』

QB『このピンク玉…カービィは何者か、僕にも分からない』

マミ『QBでも分からない…』

QB『ともかく、ここから出よう』

マミ『そうね』

マミ「みんな、ここから出るわよ」

まどか、さやか「「はい!」」

マミ「カービィも一緒に」

カービィ「ぽよぽよ!」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 18:05:34 ID:zPU5pJPE
無事に薔薇の魔女、ゲルトルートを倒したマミ達は…

~マミホーム~

さやか「いやぁ~、無事に魔女を倒せて良かったですね」

まどか「あ、そういえば、魔女を倒した後、何か落ちてましたよね?」

マミ「そうよ、これはグリーフシード、魔女の卵よ」

さやか「えぇ!?だったらそれ危ないんじゃ…」

マミ「とんでもないわ、これは魔法少女にとって必要不可欠の物なのよ」

カービィ「ぽーよ!」キラキラ

マミ「駄目よカービィ、これは食べ物じゃないわ」

カービィ「ぽよぉ…」シュン

QB「後でマミがケーキを食べさせてくれるって」

カービィ「ぽよぉ!」パァァァァァ 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 18:08:47 ID:zPU5pJPE
マミ「コホン、話を続けるわね」

マミ「私のソウルジェムを見て、さっきより少し濁ってるでしょ?」

さやか「そう言われれば…」

まどか「それとグリーフシードに何か関係があるんですか?」

マミ「まぁ、見てて」コツン

シュゥゥゥゥゥゥゥン

キラキラ

さやか「あ、色が元に戻った」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 18:11:51 ID:zPU5pJPE
マミ「ソウルジェムはね、魔力を使えば使うほど、段々濁っていくの」

マミ「それをさっきのグリーフシードで消費した魔力を回復させるのよ」

さやか「そうなんだぁ~」

QB「でも、魔力を与えすぎるとグリーフシードが孵化してしまうからね」

まどか「孵化するとさっきの使い魔が出るんですね」

マミ「そうよ」

スリープカービィ「ZZZ…」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 20:20:35 ID:zPU5pJPE
~ほむホーム~

ほむら「何としても、まどかの契約は阻止しなきゃ」

ほむら「でも、あのピンク玉が謎ね…」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 20:32:24 ID:zPU5pJPE
~翌日 魔女の結界内~

マミ「さぁ、行きましょ、美樹さんとQBが心配だわ」

まどか「は、はい!」

ほむら「…」

マミ「あら、何の用かしら?」

ほむら「まどか達を巻き込むのは止めて」

マミ「何で貴方にそんな事を言われなきゃならないのかしら?」

ほむら「彼女達は魔法少女でも何でもない無関係のただの少女」

マミ「QBに選ばれた時点でもう無関係ではないのよ?」

ほむら「ここの魔女は私が倒す、貴方達は逃げて」

マミ「残念だけど、この先に美樹さん達がいるのよ」

ほむら「なら、私が救出する」

マミ「信用するとでも思ってるの?」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 20:34:42 ID:zPU5pJPE
シュルシュルシュルシュル

ほむら「止めっ…こんな事してる場合じゃないのよ!」

マミ「そこで大人しくしてれば、帰りに解いてあげるわ」

マミ「行きましょ」スタスタ…

まどか「あ…」

ほむら「まどか…」

まどか「ほむらちゃん、ごめん!」タタタ… 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 20:41:47 ID:zPU5pJPE
~5分後~

ほむら(このままじゃ、巴マミは死んでしまう)

ほむら(何とかしないと)

ほむら(でも、どうすれば…)

トテトテ…

ほむら「足音?」

カービィ「ぽよぉ?」

ほむら「あの時のピンク玉」

カービィ「ぽよ…」キョロキョロ

ほむら(何をしてるのかしら?)

カービィ「ぽよ!」テテテ…

ほむら(剣の形をしたクッキーを?)

カービィ「スゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!」ゴクン

ほむら(飲み込んだ?) 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 20:46:43 ID:zPU5pJPE
テロリン♪

ソードカービィ「ぽよっ!」

ほむら(姿が変わった?いえ、帽子を被って、剣が出てきただけだわ)

ほむら(剣?)

ソードカービィ「ぽよ!」ジャキン

パサッ

ほむら「助けてくれたの?」

カービィ「ぽっよぉ!」ニコッ 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:09:07 ID:zPU5pJPE
ほむら「感謝するわ」

カービィ「ぽよぉ!」

ほむら「巴マミが危ない…!」スチャ

カービィ「ぽーよ!ぽーよ!」

ほむら「拳銃が欲しいの?」

カービィ「ぽよっ!」

ほむら「フッ、そういうことね」ポイッ

カービィ「スゥゥゥゥゥ」ゴクン

テロリン♪

ガンマンカービィ「ぽよっ!」

ほむら「行くわよ」タタタ…

カービィ「ぽよっ!」テテテ… 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 08:55:11 ID:6h1B3.Pg
~その頃~

マミ(私はもう、1人じゃない、友達がいる)

マミ(もう恐くない!)

まどか(何だか嫌な予感がする…)

フラグを立てていた 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 13:55:25 ID:6h1B3.Pg
~お菓子の魔女結界~

人形「…」フワフワ

さやか「あれが魔女?」

QB「そうだよ」

さやか「そんなに強そうに見えないけど」

QB「見た目に騙されちゃいけないよ」

さやか「でも本当に弱そう」

マミ「美樹さん!QB!」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか!マミさん!」

まどか「マミさん連れてきたよ」

マミ「もう大丈夫よ」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 14:00:48 ID:6h1B3.Pg
マミ「それで、魔女は何処?」キョロキョロ

QB「あそこだよ」

人形「…」フワフワ

マミ「早めに終わらせるわよ」

マミ「ティロ・ボレー!」

パシュン パシュン パシュン

人形「…」パサッ

マミ「ふふっ、余裕ね、早く出ましょ」クルリ 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 14:34:02 ID:6h1B3.Pg
人形「…!」ビシャァァァァァァァァァァァァァ

まどか「マミさん!まだ生きてます!」

シャルロッテ「ンガァァァァァァァァァァァァァ」ビヨーン

マミ「え?」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 14:53:54 ID:6h1B3.Pg
QB「マミ!」

まどか、さやか「「マミさん!!」」

シャルロッテ「ウガァァァァァァ」クチアケ

マミ(私、ここで死ぬの?)

マミ(やだ、死にたくない…)

マミ「死にたくなぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!」

『ぽよぉ~!!』

バキュン

シャルロッテ「イギャアアアアアアアアア」ゴロン

一同「「「!?」」」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 14:58:46 ID:6h1B3.Pg
カービィ「ぽよぉ!」

マミ「カービィ…?」

ほむら「危なかったわね」

まどか「ほむらちゃん!?」

マミ「貴方はリボンで縛ったはず…」

ほむら「話は後よ」

カービィ「ぽよっ!」

シャルロッテ「グガアアアアアアアアアアアアアアアア!!」ニョロニョロ

ほむら「カービィ!」ポイッ

カービィ「スゥゥゥゥゥゥゥ」ゴクン

QB「手榴弾を飲み込んだ?」

テロリン♪

ボムカービィ「ぽよぽーよ!」

ほむら「行くわよ」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 15:15:01 ID:6h1B3.Pg
シャルロッテ「キシャアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」ガバッ

ほむら「遅いわよ」ヒョイ

パシュン

カービィ「There is not the qualification to defeat a female junior high school student to Takashi,
      Eat even this bomb」

さやか「何て言ったの?」

QB「『貴様に女子中学生を食う資格はない、
   この爆弾でも食しろ』って言ったんだよ」

まどか「か、かっこいい…」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 15:26:11 ID:6h1B3.Pg
シャルロッテ「シャアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

ほむら「くっ、しつこいわね」

爆カービィ「ぽよっ」ポイッ

ドカァーン

シャルロッテ「キシャア…」ギロッ

爆カービィ「ぽよ…!」

シャルロッテ「グガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 16:37:00 ID:6h1B3.Pg
カービィ「…!」ペッ

シャルロッテ「グガァァァァァァァァァァ!!」ガブッ

マミ「…!!」

シャルロッテ「ムシャムシャ」

マミ「嘘…でしょ…?」

まどか「カービィちゃんが…」

さやか「やられた…」

ほむら「ふふっ…」

QB「いや、カービィは死んでない!」

マミ「え?」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 16:42:38 ID:6h1B3.Pg
シャルロッテ「むぐっ…!?グエェェ…」ペッ

ズシーーン

マミ「あれは!?」

メタルカービィ「ぽよっ!」テカリン

ほむら「その身体はどんな壁を砕き、銃弾も弾く硬い身体、その名も」

ほむら「メタルカービィよ」

まどか「メタル…」

さやか「カービィ…」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 16:45:33 ID:6h1B3.Pg
シャルロッテ「グググ…キシャアアアアアアアアアアアアアアアア」ガブッ

バキンッ

シャルロッテ「アガッ…!?」

鉄カービィ「ぽよぉ~」テカリン

ほむら「言ったはずよ、どんな壁も砕く硬い身体って」

鉄カービィ「ほむ…ぽよっ!」ドヤァ

まどか「カービィちゃん、すごぉ~い!!」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 16:50:15 ID:6h1B3.Pg
ほむら「カービィ、そろそろ終わらせるわよ」

鉄カービィ「ぽよっ!」

ほむら「ホムラ・ザ・ワールド!!」

カチャン

一同「「「………」」」

ほむら「よっと、鉄ってこんなに軽いのね」ヒョイ

ほむら「ターゲット…魔女の頭上…ロックオン」

ほむら「鉄カービィを魔女の頭上にシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥト!!」ポイッ

ほむら「そして時は動き出す」

カチャン 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 16:53:32 ID:6h1B3.Pg
鉄カービィ「ぽよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

シャルロッテ「グガッ!?」

ズシーーーン

シャルロッテ「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」シュゥゥゥゥゥゥゥゥン

コロンコロン… 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 16:59:19 ID:6h1B3.Pg
ほむら「魔女の消滅を確認したわ」

まどか「こんどこそ、倒したんだね?」

ほむら「そうよ」

さやか「やったぁ!」

QB「でも、何でカービィは鉄になったんだい?」

ほむら「魔女の近くに私の投げた手榴弾の金具でも落ちてたのね」

さやか「ところで、カービィは?」

ほむら「あそこよ」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 17:54:56 ID:6h1B3.Pg
マミ「カービィ、どうして…」

カービィ「ぽよっ」カキカキ

『ケーキのお礼です』

マミ「そういえば、返すって約束だったわね」

カービィ「ぽよぉ…」サシダス

マミ「グリーフシード?」

カービィ「ぽよっ!」

マミ「私にくれるの?」

カービィ「ぽーよ!」

マミ「でも…」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 17:58:23 ID:6h1B3.Pg
ほむら「貰ってあげなさい」

マミ「暁美さん…」

ほむら「私も、カービィが来てくれなかったら、
    貴方を助けることは出来なかった」

マミ「そう、リボンを解いたのは貴方だったのね」

カービィ「ぽぉぉ…」シュン

マミ「でも、ありがとう、使わせてもらうわ」ナデナデ

カービィ「ぽよっ!」ニコッ 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 18:00:39 ID:6h1B3.Pg
まどか、さやか「「イイハナシダナー(;∀;)」」

QB「あのぉ、感動してる途中悪いんだけど、そろそろ結界から出ないと…」

マミ「そうね、行きましょ」

まどか、さやか「「はい!」」

カービィ「ぽよっ!!」

ほむら「…」ファサァ 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 18:57:31 ID:6h1B3.Pg
~放課後 総合病院~

コンコン…

さやか「恭介、入るよ」

シ-----ン

さやか「あれ?いない…」

看護婦「あら、上条君のお見舞い?」

さやか「あ、はい」

看護婦「ごめんなさいね、上条君は今リハビリ中なの」

さやか「そうですか、また来ます…」スタスタ… 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:00:41 ID:6h1B3.Pg
さやか「はぁ、今日も恭介に会えなかった…」

看護婦「あの子、いつもお見舞いに来てくれるわよね」

看護婦「でも、先生は指が治るのは不可能だって…」

さやか「…!!」

さやか(恭介の指が治らない…?)

さやか(嘘だ!)

さやか「くっ…!」タタタ… 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:17:35 ID:6h1B3.Pg
~学校~

さやか「はぁ…」

まどか「さやかちゃん、どうかしたの?」

さやか「え、ううん、別に?」

仁美「本当に大丈夫なんですの?」

さやか「本当に大丈夫だから…あはははは」

ほむら(このままだと美樹さやかが…) 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 19:34:17 ID:6h1B3.Pg
~路地裏~

カービィ「ぽっぽっぽよ~♪」

QB「やぁ、偶然だね」

カービィ「ぽよ?」

QB「何をしてるかって?魔女の結界があるか探してるんだ」

カービィ「ぽっぽよっ?」

QB「マミは元気だよ、君のおかげさ」

カービィ「ぽへへ~///」テレテレ 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 00:06:10 ID:zoRmJkTw
QB「君は本当に不思議だ」

カービィ「ぽえ?」

QB「魔法少女でもないのに、結界の中に入れたりするなんてね」

カービィ「ぽぉ」

QB「少し、時間あるかい?」

カービィ「ぽよ」コクッ 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 00:12:25 ID:zoRmJkTw
カービィ「ぽよ?」

QB「話というのはね、君の能力についてさ」

カービィ「ぽえぇ~」

QB「君の能力は何なんだい?
  ボマーになったりガンマンになったり」

カービィ「ぽえぽえぽえぇ」

QB「物質を吸い込んでそれをエネルギーにする能力かぁ」

カービィ「ぽよぽよ」

QB「へぇ、コピー能力って言うんだね」

カービィ「ぽよぽ~よ」

QB「君にはこれからもマミ達に協力して欲しい」

カービィ「ぽよっ!」コクリ

QB「ありがとう、マミも喜ぶよ」

カービィ「ぽよぉ~」

QB「時間を取らせて悪かったね、それじゃ」トコトコ…

カービィ「ぷうぅ…」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 09:21:50 ID:ZpAvpcoE
~翌日 夕方 総合病院~

♪~

さやか「恭介入るよ」

恭介「…」

さやか「はい、CD」

恭介「さやかはさ、僕を苛めてるの?」

さやか「え?」

恭介「いつもいつも、音楽を聴かせるけど、何で?」

さやか「それは、恭介は音楽が好きだから…」

恭介「もううんざりなんだよ!!」バリーン

さやか「…!!」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 09:26:17 ID:ZpAvpcoE
恭介「もう、指の感覚も痛みもないんだ…」

さやか「指はきっと治るって、先生が…」

恭介「先生から直接言われたよ」

恭介「諦めろって…」

さやか「そんな…」

恭介「もう、この指は動かないんだ…」

恭介「魔法でもない限り治るわけないんだ…」

さやか「魔法…」

『僕と契約するかわりに一つだけ願いを叶えてあげるよ』

さやか「あるよ…」

恭介「え?」

さやか「奇跡も魔法もあるんだよ」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 09:28:04 ID:ZpAvpcoE
~工場~

まどか「仁美ちゃん!」

仁美「あら~、鹿目さん」

まどか「ここは…?」

仁美「これから楽しい儀式を始めるんですの」

まどか「儀式って?」

仁美「あちらをご覧になって」

まどか「…!」 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 09:31:17 ID:ZpAvpcoE
会社員「部長の野郎…散々俺を扱き使いやがって…」フラフラ

女「もう…あの人が居ないんじゃ…この世に用はない…」フラフラ

店員「店長め…クビにしやがって…」フラフラ

工場長「みんなぁあ!これから儀式を始めるぅぅぅ!!」

一同「「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」」

女「…」コポコポ

ブクブク… 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 09:34:39 ID:ZpAvpcoE
まどか「止めさせなきゃ…!」

ドゴォ

仁美「駄目ですわよ、大事な儀式を邪魔するのは」

まどか「だって、あの薬品混ぜちゃいけないんだよ?皆死んじゃうよ?」

仁美「そうですわよ、これから皆さんは楽しい楽園に行くんですの~」

まどか「…!!」ダッシュ

まどか「それは駄目ぇぇぇ!!」ガシッ

まどか「えいっ!」ポイッ

ガシャーン

まどか「これさえなくなれば…」

ナンテコトダー ギシキヲジャマシタナァ

ダッタラオマエモワレワレノナカマミイレテヤルゥゥゥゥゥ

まどか「ひっ!」ダッシュ 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:26:28 ID:ZpAvpcoE
~空き部屋~

ガチャ バタン

まどか「はぁ…はぁ…」

ドンドンドン! アケロー!!

まどか「ひっ…!」

グニャグニャ

まどか「周りが歪んでる…」

使い魔「キシシ!」

まどか「使い魔?!」

使い魔達「「キシシシシシシシシ」」

まどか「こ、こんなに…」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:29:44 ID:ZpAvpcoE
まどか「だ、誰か…」

使い魔「キシャアアアアア!!」ギギギ…

まどか「助け…て…」

「まどかあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

まどか「え?」

ジャキン

使い魔達「「「ヒィィィィィハァァァァァ!!!」」」シュゥゥゥゥン

さやか「大丈夫?」

まどか「さやかちゃん!?どうして…」

さやか「話は後」

ハコの魔女「クッヒッヒ」フワフワ

さやか「アイツが魔女か…」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:33:14 ID:ZpAvpcoE
ハコの魔女「クヒャヒャヒャヒャ!」

さやか「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ジャキンジャキンジャキン

ハコの魔女「フゥーハッハッハッハッハ!」

さやか「流石魔女…体力もあるね」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「大丈夫、まどかは絶対に守る」

まどか「うん!」

さやか「さぁて、魔法少女さやかちゃんの初魔女退治、行きまぁぁぁぁぁす!!」

ズバシャァァァ

ハコの魔女「ギィィィィィヤッハァァァァァァァァァァァァ」シュゥゥゥゥゥゥゥン 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:35:02 ID:ZpAvpcoE
さやか「ふぅ~、終わった終わった」ヘンシンカイジョ

まどか「さやかちゃん…」

さやか「あ~、何て言うか、気が変わったというか…」

まどか「願い、見つけたんだね」

さやか「うん」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:42:07 ID:ZpAvpcoE
~数時間前 屋上~

さやか「QB、居るんでしょ?」

QB「居るよ」

さやか「話がある」

QB「願いが決まったのかい?」

さやか「うん」

QB「分かった、早速始めよう」

QB「美樹さやか、君の願いは何だい?」

さやか「上条恭介の動かなくなった指を治してあげたい」

QB「それは君にとって魂を差し出す程のものかい?」

さやか「うん」

QB「分かった、契約は成立だ」

ポウアァァァァァァァァ

さやか「あぐっ…!」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:44:34 ID:ZpAvpcoE
QB「受け取るが良い、それが君のソウルジェムだ」

PON!

さやか「これが、私の…」

QB「…!さやか、早速魔女のお出ましだ」

さやか「オッケー、さぁて、いっちょやってやりますか」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:47:19 ID:ZpAvpcoE
~ほむホーム~

QB「やぁ」

ほむら「何の用かしら?」

QB「美樹さやかが魔法少女になった」

ほむら「…そう」

QB「驚かないのかい?」

ほむら「何度も見てきたわ」

QB「何度も?君の言葉の中には少々不明な単語が混ざっている気がするよ」

ほむら「話はそれだけ?」

QB「話はそれだけ、じゃあね」ピョン


ほむら「美樹さやかの契約はやっぱり止められなかった…」 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:49:13 ID:ZpAvpcoE
~マミホーム~

マミ「フフッ、カービィ喜んでくれるかしら?」

QB「マミ」

マミ「QB?どうしたの?」

QB「報告だ」

マミ「報告?」

QB「美樹さやかが魔法少女になった」

マミ「美樹さんが…?」

QB「そうだよ」

マミ「そう、美樹さん、願いを見つけたのね」 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:50:33 ID:ZpAvpcoE
~廃墟ビル~

カービィ「ぽ~よぽ~よ」

使い魔「…」テテテ…

カービィ「ぽよ?」テテテ… 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 10:53:20 ID:ZpAvpcoE
カービィ「ぽよ?」キョロキョロ

使い魔「キャヒヒ」

カービィ「ぽよっ!」

使い魔「クヒヒ!」ガバッ

カービィ「ぽよっ?」

使い魔「キャッヒッヒ」クルクル

カービィ「ぽえ?」

使い魔「キャフフフ!」

カービィ「スゥゥゥゥゥゥゥゥ」ゴクン

カービィ「ぽよっ!」


使い魔で腹を満たしたカービィであった 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:16:20 ID:8pjNw3bo
~鉄塔~

QB「まさか、君が来るとはね」

杏子「いいじゃん、この町には魔女がウジャウジャいやがる」

杏子「グリーフシード製造場所って言っても良いね」

QB「言っておくけど、この町には魔法少女がいるんだ」

杏子「ふぅん、マミ以外にもねぇ~」

QB「ついさっき契約したばかりだけどね」

杏子「関係ないね、ようするに打っ潰しちゃえば良いんでしょ?ソイツ」

QB「あと、暁美ほむらには気をつけたほうがいい」

杏子「暁美ほむら?」

QB「彼女の行動は僕にも理解できない」

杏子「ふん、誰だろうと邪魔する奴は倒す、それだけだ」

QB「あ、あと…」

杏子「良いよ良いよ、全て潰せば良い話だから」スタスタ…


QB「カービィの事言おうとしたのだけど…」 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 09:53:19 ID:MzIt2t9k
~路地裏~

さやか「ここら辺に…」

ピカピカァァァァァァァァ

さやか「あ、反応してる」

使い魔「キャッキャッキャ」

まどか「さやかちゃん、あそこ!」

さやか「いた!」タタタ…

使い魔「…!」タタタ…

さやか「待てぇぇ!」タタタ… 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 09:59:08 ID:MzIt2t9k
杏子「ちょっと待ちな」

さやか「あ…」

使い魔「キャキャキャ」タタタ…

まどか「あ、逃げちゃう」

さやか「追いかけなきゃ…!」

杏子「だから待てっての」

さやか「何なのアンタ?」

杏子「見て分かんない?あれ魔女じゃなくて使い魔だよ?」

杏子「グリーフシードを落とさないんだよ?そんなのも知らないの?」

さやか「うるさい!そんくらい知ってるわよ!」

杏子「だからさ、4、5人ばかり食って魔女になるの待てよ」

さやか「わざわざ、犠牲者を出せって言うの?」 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 10:03:45 ID:MzIt2t9k
杏子「アンタ、食物連鎖って知ってる?学校で習ったよね?」

杏子「弱い人間を魔女が食う、魔女を私達が食う」

杏子「そういうルールが出来てるんだよ」

杏子「アンタ、卵産む前の鶏を絞めてどうすんのさ」

さやか「うるさいうるさい!アンタみたいなのが居るから…」

杏子「ヤる気かい?アンタみたいなヒヨっ子があたしに勝てると思ってるの?」

さやか「黙れ!」

まどか「さやかちゃん…」

さやか「まどか、危ないから離れてて」

まどか「わ、分かった…」タタタ…」

杏子「手加減なんかしないからね」

さやか「そんなハンデなんかいるか!」 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 10:07:10 ID:MzIt2t9k
杏子「まずさぁ、先輩に対しての言葉がなってないよね」ジャラジャラ…

さやか「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

杏子「1から教えてやらないとね!」

キンッ! ガンッ! ジャギギンッ!

さやか「ぐっ…」

杏子「あれ?おかしいな、全治3ヶ月位の怪我を与えたはずなんだけど」

QB「彼女の祈りは癒しだからね、回復力は人一倍だ」

まどか「QB!?いつの間に…」 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 10:13:28 ID:MzIt2t9k
杏子「まさかさぁ、正義だの何だの、そういうおチャラケたもの為に
   魔法少女になったんじゃないよね?」

さやか「悪い?」

杏子「ちょっとさぁ、止めてくれない?」

杏子「ムカつくんだよ、そういうの」

さやか「アンタに何が分かるって言うの!?」

ジャギンッ

杏子「くっ…あたしに傷をつけるとはいい度胸してんじゃん」


まどか「どうして、同じ者同士で戦わなくちゃいけないの…」

QB「一番の問題はグリーフシードだね、魔女を倒した後に取り合いになって
  ああなることがよくあるんだ」

まどか「QB、二人を止めさせてよ」

QB「僕には無理だ、でもまどか、君ならあの二人を止められる」

まどか「私が…魔法少女に…」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 10:17:48 ID:MzIt2t9k
ほむら「その必要はないわ」
マミ「ちょっと二人ともやめなさい」

まどか「ほむらちゃん!マミさん!」

ほむら「貴方は佐倉杏子をお願い」

マミ「分かったわ」

杏子「チッ…」

マミ「久しぶりね、佐倉さん」

杏子「ここにきて1番会いたくない奴に会っちまった…」

マミ「あら、私は一番会いたかったわよ?」

杏子「ふん、今更会っても話す気にならないね」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 10:21:07 ID:MzIt2t9k
ほむら「落ち着きなさい」

さやか「どいて」

ほむら「嫌よ」

さやか「くっ…!」

ほむら「少し大人しくしてなさい」バシッ

さやか「あぐっ…」バタッ

まどか「さやかちゃん!」

ほむら「気絶させただけよ」

マミ「さぁ、どうする?佐倉さん、代わりに私が相手になるけど?」

杏子「今ここでアンタを打ちのめしたい所だが、今日はもう疲れた」

杏子「じゃあな」スタスタ…」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 20:27:06 ID:pnhQPfkI
マミ「ふぅ…」

まどか「マミさん、あの子は一体…」

マミ「そうね、昔まで一緒に魔女を狩っていた仲間…ってとこかしらね」

まどか「昔まで一緒に…?」

マミ「話すと長くなるわ」

ほむら「とにかく、ここから離れましょう」

マミ「そうね」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 20:32:36 ID:pnhQPfkI
~別の路地裏~

杏子「マミが居るんじゃ、あのボンクラを潰せねぇじゃんか…」トコトコ…

カービィ「ぽよぉ?」

杏子「あん?何だこのピンク玉は…」

カービィ「ぽよぉ~?」クルクル

杏子「コイツ使い魔か?」

杏子「その割には魔力を感じないな」

カービィ「ぽよ~?」クルクル

杏子「おいお前」

カービィ「ぽよ?」キョロキョロ

杏子「そこのピンクのお前だよ」

カービィ「ぽえ?」 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 20:44:42 ID:pnhQPfkI
杏子「お前、使い魔か?」

カービィ「…」ブンブン

杏子「じゃあ、魔女か?」

カービィ「…」ブンブン

杏子「じゃあ何だよ」

カービィ「ぽよぉ!カービィ!」ピョンピョン

杏子「カービィ?」

カービィ「ぽよっ!」

杏子「ふぅん、カービィねぇ~、覚えといてやるよ、じゃあな」スタスタ…

カービィ「ぽよっ!ティロ・フィナーレ!」

杏子「…!」ピタッ 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 20:51:27 ID:pnhQPfkI
杏子(今のはマミの叫んでる技…)

杏子「おいお前」

カービィ「ぽよ?」

杏子「マミの事知ってるのか?」

カービィ「ぽよーまみまみ!」

杏子「いやいや、それは○ゃりー○みゅ○みゅだからな?」

杏子「じゃなくて!」

カービィ「ぽよ?」

杏子「もう一度聞くぞ、マミの事知ってるのか?」

カービィ「ぽよっ」コクリ

杏子「そうか…」ニヤァ

杏子(これで、マミの奴も潰せる…!)

カービィ「ぽよぉ?」

杏子「食べ物やるからついて来い」

カービィ「ぽよ!ぽよ!」コクコク 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 20:55:18 ID:pnhQPfkI
~マミホーム~

マミ「…っていう訳なの」

まどか「そうだったんですか…」

ほむら(こうして巴マミの近くに居られるのも、カービィのおかげかもしれないわね)

ほむら「ふふっ…」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「な、何かしら?」

まどか「今、笑った?」

ほむら「ごめんなさい、思い出し笑いしてしまったの」

マミ「ふふっ、そうね、いつまでも暗い気持ちのまま居られないものね」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 19:34:06 ID:kp3r15jM
~ホテル一室~

杏子「よし、まずはあのさやかとかいう奴からだ」

カービィ「ぽよ?」

杏子「あぁ、そこの食べ物全部やるよ」

カービィ「ぽーよ!」パァァァ

杏子「じゃあな」スタスタ…

カービィ「むしゃむしゃ」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 19:52:15 ID:kp3r15jM
~翌日 学校~

さやか「はぁ…」

まどか「さやかちゃん、大丈夫?」

さやか「あ、うん…」

仁美「あの、さやかさん」

さやか「何?」

仁美「今日のお昼休みに二人でお話したいのですが、時間空いています?」

さやか「え?昼休み?別に良いけど…」

まどか「仁美ちゃん、私も一緒じゃダメかな?」

仁美「ごめんなさい、さやかさんとお話したいのです」

まどか「そうか…」

仁美「ごめんなさい」

まどか「ううん、大丈夫だよ」 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 19:57:29 ID:kp3r15jM
~昼休み~

さやか「それで、話って?」

仁美「上条君の事ですの」

さやか「え?恭介の事って…?」

仁美「実は私、ずっと前から上条恭介君の事をお慕いしてまいりましたの」

さやか「え?」 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 20:04:49 ID:kp3r15jM
さやか「へ、へぇ…あの恭介がねぇ…」

さやか「何だか仁美に申し訳ないなぁ~」

仁美「さやかさんはどう思ってるんですの?」

さやか「わ、私は恭介とはただの幼馴染だし…」

仁美「本当にそれだけですの?」

さやか「………」

仁美「明日の放課後、上条君に告白します」

さやか「…!」

仁美「それでは…」スタスタ…

さやか「…」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 20:57:55 ID:kp3r15jM
~恭介の家前~

さやか「仁美が恭介に…」

杏子「よぉ、ボンクラ」

さやか「アンタ、また来たの…?」

杏子「まだ決着がついてねぇからな」

さやか「良いよ、だけどここじゃ人目につく」

杏子「へへっ、そうこなくっちゃな」 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:10:35 ID:kp3r15jM
~夜 歩道橋~

さやか「ここなら良いでしょ?」

杏子「ふんっ、すぐに終わらせてやるさ」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか!?」

ほむら「美樹さやか」

マミ「美樹さん!」

さやか「ほむら、マミさんも…」

杏子「チッ、面倒くせぇな…」

まどか「二人とも止めてよ!」

さやか「これはあたしとアイツの問題、まどか達は手を出さないで」

マミ「美樹さん!」

さやか「コイツはあたしが倒す」 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:15:32 ID:kp3r15jM
杏子「随分と余裕ぶっこいてるけど、アンタはあたしに絶対勝てないね」

さやか「うるさい、あの時と同じだと思うな…」

まどか「さやかちゃん、ごめん!」

パシッ

さやか「あ…」

杏子「なっ…!」

まどか「えいっ!」ポイッ

ほむら「いけない…!」

マミ「ソウルジェムを投げ捨てた!?」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:24:43 ID:kp3r15jM
杏子「頭イカれたのか?」

さやか「まどか、アンタなんて事を…」

まどか「だって、こうしないとさやかちゃんが…」

さやか「…!」バタッ

まどか「さやかちゃん?」

マミ「美樹さん!?どうしたの!?」

杏子「おいおい、いきなり倒れてんじゃねーぞ?」ガシッ

杏子「…!」

杏子「どういうことだよ…コイツ、死んでるじゃねーか…」

まどか「え?」

マミ「死んでる?」

まどか「嘘でしょ?ねぇ、さやかちゃん!」ユサユサ

マミ「脈が…ない…」

まどか「起きてよ!さやかちゃん!」 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:36:00 ID:kp3r15jM
QB「流石に今のはやりすぎだよ」

まどか「QB、さやかちゃんを助けてよ!」

QB「さやかはさっき君が投げ捨てちゃったじゃないか」

まどか「え?」

マミ「どういう事…?」

QB「普段は肌身離さず持ってるから、こういうことは滅多に起きないんだけどね」

QB「せいぜい、100メートルが限界だね」

杏子「100メートル?限界?どういう意味だよ!」

QB「僕の役目は君達の魂をソウルジェムに変える事」

QB「今の君達の身体は外付けのハードウェアでしかないんだ」 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:39:59 ID:kp3r15jM
杏子「それじゃあ、あたし達ゾンビにされたようなもんじゃねぇか!」

QB「その代わりに君達の願いを叶えたじゃないか」

マミ「嘘…」

QB「君達人間はいつもそうだ」

QB「事実を知った途端にみんな同じ反応をする」

QB「わけがわからないよ」 

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:45:19 ID:kp3r15jM
~高速道路~

ほむら「早く、美樹さやかのソウルジェムを取り戻さないと…」タタタ…

ブーンブンブンブーン

ほむら「バイク音?」タタタ…

カービィ「ぽよっ!」ブロロロロ

ほむら「カービィ!?しかもバイクに乗ってる!?」タタタ…

カービィ「ぽよぽーよ」

ほむら「乗れって?」

カービィ「ぽよっ!」コクリ

ほむら「分かったわ」

ブルン! ブルン! 

カービィ「飛ばすぜぇ~!」

ほむら(今、喋った?)

ブロロロロロロロロロロ… 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:47:44 ID:kp3r15jM
ほむら「あのトラックよ、急いで」

カービィ「ぽよっ!」

ブロロロロロロロ…

ほむら「もう少しよ」

パシッ

ほむら「取った!」 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:51:31 ID:kp3r15jM
~歩道橋~

まどか「どうすればさやかちゃんを助けられるの?」

QB「彼女のソウルジェムを取り戻すか、契約してその願いを叶えるかだね」

まどか「私が契約すればさやかちゃんは…」

ほむら「その必要はないわ」

まどか「ほむらちゃん!」

カービィ「ぽよっ!」

マミ、杏子「「カービィ!?」」

ほむら「ソウルジェムを取り戻してきたわ」

コトッ

ポワァァァァァァァァァ 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:54:06 ID:kp3r15jM
さやか「う…ん…?」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「まどか…?あれ?あたし…」

マミ「良かったぁ…」ホッ

カービィ「ぽよっ!」

さやか「カービィ…?」

まどか「本当に…本当に良かった…」

さやか「ど、どういう事…?」 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:59:12 ID:kp3r15jM
~さやかの家~

さやか「騙してたのね…」

QB「僕は騙したつもりはないんだけど」

さやか「何で教えてくれなかったのよ?」

QB「聞かれなかったからさ」

さやか「今すぐ元に戻して!」

QB「それは無理だね、君はもう魔法少女だ」

QB「それに良いじゃないか、ソウルジェムが砕けない限り、君達は無敵さ」

QB「心臓が破れたって、脳が死んだって、魔力で回復すれば全て済むことだよ」 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 22:04:05 ID:kp3r15jM
さやか「アンタ…!」

QB「やれやれ、君はこの身体の良さが全然分かってないね」

さやか「何を言って…」

QB「槍が刺さったら通常の人間は耐え切れない位の痛みを感じる」

QB「こういう風にね」ポンッ

さやか「あぐっ…いっ…や…めてっ…」

QB「これで分かったかい?」パッ

さやか「はぁ…はぁ…」バタッ

QB「気絶してしまった」 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 22:19:51 ID:kp3r15jM
~ほむホーム~

カービィ「ぽよぉ…」シュン

ほむら「カービィ、さっきの話を聞いた後で悪いのだけど」

カービィ「ぽよ?」

ほむら「私と一緒に『ワルプルギスの夜』を倒してくれないかしら?」

カービィ「…」カキカキ

『ワルプルギスの夜って?』

ほむら「『ワルプルギスの夜』というのは最強の魔女の事よ」

カービィ「…」カキカキ

『こないだの魔女とは違うの?』

ほむら「そうね、貴方が倒した魔女なんか足元にも及ばないわ」

カービィ「…」カキカキ

『僕だけ?』

ほむら「一応、巴マミと佐倉杏子にも言うつもりよ」 

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 22:25:35 ID:kp3r15jM
カービィ「…」カキカキ

『ほむらちゃんとマミちゃんと杏子ちゃんは魔法少女だけど、
 僕は魔法少女じゃないよ?』

ほむら「知ってるわ」

ほむら「でも、貴方のその能力があれば、勝率も上がるわ」

カービィ「ぽよぉ…」 

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 22:29:02 ID:kp3r15jM
ほむら「嫌なら構わないわ、強制じゃないもの」

カービィ「ぽよっ!」

ほむら「やってくれるの?」

カービィ「ぽよっ!」コクリ

ほむら「ありがとうカービィ、凄く助かるわ」ナデナデ

カービィ「ぽへへ~///」

ほむら(後で武器の調達に行かないと…) 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 22:40:10 ID:1nzVm7Zg
~結界内~

グシャァ ジャキィ バキンッ

使い魔「ギャアアアアアアアアアア」シュゥゥゥゥン

さやか「はぁ…はぁ…」

さやか「使い魔か…」

さやか「ソウルジェム、濁ってきたかなぁ…」

さやか「家に帰ろう…」 


135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 22:43:39 ID:1nzVm7Zg
カービィ「ぽよ?」

さやか「あ、カービィ…」

カービィ「ぽよぽーよ」

さやか「元気が無いだって?はは、ちょっと今日は…ね」

カービィ「ぽよぉ…」

さやか「え、ソウルジェムが濁ってるだって?」

さやか「大丈夫だよ、これ位…」

さやか「それじゃあ…」トボトボ

カービィ「ぽよぉ…」シュン 

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 22:47:49 ID:1nzVm7Zg
~ほむホーム~

ほむら「そう、美樹さやかのソウルジェムが濁ってきてるのね」

カービィ「ぽぉ…」コクリ

ほむら(このままだと美樹さやかは魔女化してしまう…)

ほむら(そうなれば、佐倉杏子も巴マミも…)

ほむら(何とかしないと…) 

137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 22:55:04 ID:1nzVm7Zg
TV「坂○~」
TV「何だ娘」

ほむら「…!」

ほむら「カービィ」

カービィ「ぽよ?」

ほむら「美樹さやかを説得できる?」

カービィ「…」カキカキ

『言葉を話せれば何とか…』 

138 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 22:55:38 ID:1nzVm7Zg
ほむら「よし」

カービィ「?」

ほむら「貴方は美樹さやかを説得して、
    私は巴マミと佐倉杏子を仲間にする為に説得するわ」

カービィ「…」カキカキ

『それは良いけど、僕は言葉を話せないよ?』

ほむら「大丈夫よ」スッ

カービィ「…!」

ほむら「やってくれるわね?」

カービィ「ぽよっ!」コクリ 

141 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 20:31:41 ID:z.8Ik01w
~駅~

さやか「…」ボー

カービィ「…」トテトテ…

さやか「あ、カービィ…」

カービィ「さやかちゃんどうしたの?」

さやか「え?カービィだよね?」

カービィ「うん、カービィだよ」

さやか「あんた、喋れたっけ?」

カービィ「あぁ、何ていうかその…あはは」

さやか「まぁ良いか」 

142 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 20:38:28 ID:z.8Ik01w
カービィ(ほむらちゃんが作った超小型翻訳機凄いなぁ)

さやか「どうしてここに?」

カービィ「さやかちゃんを探してたんだ」

さやか「私を…?」

カービィ「さやかちゃん、最近元気がないから」

さやか「あぁ…それね…」

さやか「あんたになら話しても良いか…」 

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 20:45:39 ID:z.8Ik01w
さやか「私ね、好きな人が居たの」

さやか「その人は私の幼馴染」

さやか「でも、数年前に事故にあって身体が不自由になったんだ」

さやか「その人の怪我は酷くて、今の科学では治すのは無理って言われてね」

さやか「その知らせを聞いたとき、その人は凄く悲しんでた…」

さやか「私もそれを聞いたときは絶句したよ…」 

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 20:57:45 ID:z.8Ik01w
さやか「その人は『魔法でもない限り治るわけないんだ…』って諦めてた」

さやか「そのとき、QBに言われた事を思い出して…」

カービィ「それで願いを…」

さやか「うん、最初は良かったんだよ」

さやか「でも、此間のQBの話を聞いてからは…」スッ

カービィ「ソウルジェムが…」

さやか「そう、もう真っ黒で孵化寸前…」

さやか「好きな人もクラスメイトの子に取られて…」 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 21:08:29 ID:z.8Ik01w
カービィ「……」

さやか「あたしってホント…」

カービィ「さやかちゃん!!」

さやか「!!」

カービィ「さやかちゃんはそれで良いの?」

さやか「…」

カービィ「自分の気持ちを伝えなくて良いの?」

カービィ「このままクラスメイトの子に取られるのを待ってるの?」

さやか「でも、もしダメだったら…」

カービィ「やらないで後悔するのとやって後悔の方、どっちの方が良いと思う?」

さやか「…!」

カービィ「ダメだとしても、その人と関係を切る訳じゃないでしょ?」

カービィ「何事も当たって砕けろだよ、さやかちゃん!」 

146 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 21:19:25 ID:z.8Ik01w
さやか「カービィ…グスン」ウルウル

カービィ「まだ泣くのは早いぜ、さやかちゃん」

さやか「うん…」ゴシゴシ

さやか「私、告白してくる!」

カービィ「はいこれ」サシダス

さやか「グリーフシード?」

カービィ「濁らせちゃいけないんでしょ?」

さやか「あ、そうだった、ありがとう」パシッ

カービィ「頑張って」

さやか「うん!ありがとう、カービィ!」

さやか「それじゃ」


カービィ「告白が終わったらまどかちゃんを連れてマミさんの家で待っててね~」

ハーーーイ!! 

147 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 21:22:41 ID:z.8Ik01w
~マミの家~

ほむら「お邪魔して悪いわね」

マミ「暁美さん?」

杏子「チッ…」

マミ「佐倉さんも…」

ほむら「私が連れてきたの」

マミ「中に入って」

ほむら「お邪魔するわ」 

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 22:50:06 ID:z.8Ik01w
マミ「それで、何の用かしら?」

ほむら「今から言う事は嘘でも何でもない真実よ」

杏子「何だよ、勿体ぶらずに話せよ」

ほむら「二人とも、『ワルプルギスの夜』は知ってるわよね?」

マミ「えぇ、知ってるわ」

杏子「あぁ、知ってる」

ほむら「その『ワルプルギスの夜』がもうすぐこの町にやってくる」

マミ、杏子「「…!!」」

マミ「それは本当なの?暁美さん」

ほむら「言ったはずよ、真実って」 

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/24(火) 22:53:46 ID:z.8Ik01w
杏子「戦うメンバーは?」

ほむら「今の所、私とカービィの二人よ」

マミ「カービィですって!?」

杏子「あのピンク玉、そんなに強いのか?」

マミ(まだ佐倉さんはカービィの実力を知らないのね)

ほむら「そうね、魔女を倒したくらいだから私達と同等かそれ以上よ」

ほむら「それで、どうするの?」

マミ「少し時間を頂戴…」

杏子「あたしも少し考えてみる…」

ほむら「分かったわ」 

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 08:34:39 ID:iVJjT5TI
~ほむホーム~

カービィ「こっちは何とか説得できたよ」

ほむら「そう、良かったわ」

カービィ「ほむらちゃんは?」

ほむら「話してきたわ、でも少し時間が欲しいって」

カービィ「そうか…」

ほむら「何より、美樹さやかの魔女化を防げたのは大きいわ」

カービィ「後はこっちに引き入れるだけだけど…」 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 08:38:01 ID:iVJjT5TI
プルルルル プルルルル

ほむら「あら、誰かしら?

ほむら「まどか?」

ほむら「もしもし?」

まどか『もしもし、ほむらちゃん?』

ほむら「何かしら?」

まどか『さやかちゃんの事だけど…』

ほむら「彼女は今、青春の1ページを刻もうとしてるわ」

まどか『え?え?』 

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 08:47:52 ID:iVJjT5TI
ほむら「ごめんなさいね」

ほむら「簡単に言えば、美樹さんはある人の所へ言ってるらしいわ」

まどか『ある人?それって上…』

ほむら「さぁ?どうかしらね」

まどか『そっか、それじゃあさやかちゃんはもう元気なんだね』

ほむら「そうね」

まどか『良かったぁ~』 

153 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 08:50:13 ID:iVJjT5TI
『まどか~、そろそろ…』

まどか『あ、は~い』

まどか『もうママが寝ろって』

ほむら「そうね、明日も学校だし」

まどか『じゃあねほむらちゃん、また明日』

ほむら「えぇ、また明日」 

154 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 08:55:19 ID:iVJjT5TI
カービィ「誰から?」

ほむら「まどかからよ」

ほむら「美樹さやかの様子はどう?って」

カービィ「まどかちゃん、さやかちゃんの友達だからねぇ」

ほむら「ふふっ、そうね」

ほむら(友達かぁ…) 

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:16:43 ID:B8Pl7AUo
~学校~

ほむら(彼女、大丈夫だと良いんだけど…)

さやか「ほ~む~ら~」

恭介「おはよう、暁美さん」

ほむら「おはよう、美樹さんと…上条君だったかしら?」

恭介「うん」

さやか「私達、付き合う事になったんだよね~」

恭介「ちょ、さやか…うん…///」

ほむら「そう、良かったじゃない」 

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:25:57 ID:B8Pl7AUo
さやか『ありがとう、ほむら』

ほむら『何の事かしら?』

さやか『もう素直じゃないんだから』

ほむら『それより、彼を待たせて大丈夫なの?』

恭介「さやか、暁美さんと見つめ合ってるけど…」

さやか「あ、ち、違うよ!私とほむらはそんな仲じゃないから!」

恭介「それなら良いけど」

さやか「ほ、ほら、早くしないと遅刻しちゃうよ」

恭介「そうだね」

さやか「それじゃあ、後でねほむら」

ほむら「えぇ」 

158 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:02:22 ID:B8Pl7AUo
~教室~

ほむら「美樹さん、ちょっと良いかしら?」

さやか「うん?何?」

ほむら「今日の放課後、時間空いてるかしら?」

さやか「え?放課後?うん、空いてるよ」

ほむら「それじゃあ、巴さんの家に行っててくれるかしら?」

さやか「マミさん家?分かった」 

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:04:28 ID:B8Pl7AUo
ほむら「あ、出来ればまどかも連れてきて」

さやか「まどかも?うん、分かった」

ほむら(これで彼女を仲間に引き込めば…!) 

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:06:53 ID:B8Pl7AUo
~放課後 マミホーム~

マミ「あ、美樹さん、鹿目さん」

さやか「ほむらに放課後ここに来るようにって言われて来たんです」

まどか「私はさやかちゃんの付き添いで」

マミ「中に入って」

まどか、さやか「「お邪魔します」」 

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:20:48 ID:B8Pl7AUo
杏子「何だ、アンタ等も来たのか」

さやか「杏子…!?」

まどか「どうして…」

マミ「落ち着いて、佐倉さんに戦うつもりなんてないわ」

ほむら「遅くなったわ」

カービィ「僕達が最後だね」

一同「「!?」」 

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:23:03 ID:B8Pl7AUo
杏子(今、喋らなかったか?)

マミ(私も喋ったように聞こえたんだけど…)

まどか(きっと気のせいですよ…!)

マミ(そ、そうよね、気のせいよね)

カービィ「あ、さやかちゃん、あの後どうなったの?」

さやか「おかげで上手くいったよ」b

一同((気のせいじゃなかったぁぁぁぁぁ!!!) 

163 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:28:33 ID:B8Pl7AUo
カービィ「あ、僕が喋るのは気にしないでね」

一同((凄い気になる…))

さやか「それでほむら、私とまどかを呼んだ理由は?」

ほむら「それを今から話すわ」コホン 

164 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:34:31 ID:B8Pl7AUo
ほむら「それではこれから」

ほむら「最強の魔女撃退の作戦会議を始めるわ」

まどか「最強の魔女?」

さやか「何それ?」

ほむら「もうすぐこの町に『ワルプルギスの夜』がやってくる」

まどか「『ワルプルギスの夜』?」

さやか「それが魔女なの?」

ほむら「そうよ」

まどか「今までの魔女とは違うの?」

ほむら「えぇ、全く違うわ」

さやか「でも、魔女なんでしょ?だったら…」

ほむら「奴を侮っちゃいけないわ」 

165 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:39:32 ID:B8Pl7AUo
ほむら「奴を倒さないとこの町は滅びる」

さやか「えぇ!?ほ、滅びる!?」

ほむら「そう、滅びるのよ」

まどか「それってこの町が消えちゃうって事?」

ほむら「そうね」

さやか「じゃあ、ソイツを倒さなきゃ…!」

カービィ「だからそれをこれから話すんだよ」

さやか「あ、そっか」 

166 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:44:12 ID:B8Pl7AUo
ほむら「それじゃあ、作戦を考えましょ」

ほむら「『ワルプルギスの夜』が来るのは1ヵ月後、この辺りに現れるはずよ」

杏子「何故分かる?」

ほむら「何度も繰り返してきたからよ」

杏子「繰り返してきた?」

ほむら「気にしないで」 

167 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:50:15 ID:B8Pl7AUo
ほむら「ワルプルギスには普通の魔法は効かないわ」

杏子「じゃあどうするんだよ?」

ほむら「さっきも言った通り、奴が来るのは1ヵ月後」

ほむら「その間を使って、魔法を鍛えるのよ」

マミ「魔法を鍛える…」

ほむら「今の状態では全滅するのが目に見えてるわ」

さやか「だから魔法を強化するってわけね」

ほむら「そういうこと」 

168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:51:51 ID:B8Pl7AUo
まどか「あのぉ、私は?」

ほむら「まどかは皆が頑張れるように応援して」

まどか「応援?」

ほむら「これは魔法少女でもない貴方にしか出来ない事なの」

まどか「私にしか出来ない事…」

まどか「分かったよ!」 

169 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 19:56:54 ID:B8Pl7AUo
マミ「カービィはどうするの?」

ほむら「知ってる通り、カービィからは魔力を感じられない」

ほむら「つまり、今のカービィは魔法を使えない」

カービィ「僕は魔法少女でもないからね」

杏子「じゃあどうするんだ?」

ほむら「貴方は知らないだろうけど、カービィには特殊能力があるわ」

杏子「特殊能力?」

ほむら「そうね…」キョロキョロ 

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 21:40:26 ID:B8Pl7AUo
ほむら「巴さん、コップ借りるわね」

マミ「えぇ、良いわよ」

ジャーーー

杏子「水をどうするんだ?」

ほむら「まぁ、見てて」

ほむら「カービィ」

カービィ「は~い」

カービィ「スゥゥゥゥゥゥゥ」ゴクン

テロリン♪

ウォーターカービィ「てってて~」

杏子「姿が変わった?」 

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 21:46:00 ID:B8Pl7AUo
水カービィ「これが僕の能力、コピー能力だよ」

杏子「コピー能力?」

水カービィ「物質を吸い込んでエネルギーにする能力だよ」

杏子「つうことは他のにもなれるのか?」

水カービィ「うん、はずれもあるけどね」

さやか「あ~、ひんやりしてる~」ギュゥ

まどか「本当だ、冷たくて気持ち良い」

水カービィ「くすぐったいよぉ~」 

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 21:52:01 ID:B8Pl7AUo
ほむら「これで佐倉さんはカービィについて分かったでしょ?」

杏子「まぁ、少しはな」

ほむら「それで、美樹さん」

さやか「ん?何?」

ほむら「貴方も『ワルプルギスの夜』退治に協力してくれるかしら?」

さやか「勿論!この町でずっと育ってきたんだ、絶対に滅ぼさせないよ」

ほむら「ありがとう」 

174 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 21:57:37 ID:B8Pl7AUo
ほむら「貴方達はどうするの?」

杏子「…」

マミ「…」

マミ「そうね、美樹さんの言う通りよ」
   
マミ「私もやるわ」

杏子「マミ…」

ほむら「感謝するわ」

ほむら「佐倉さんは?」

杏子「ははっ、あたしも何かとこの町が気に入ってるからね」

杏子「滅ぼされたらグリーフシードが全部オジャンだ」

ほむら「それじゃあ…」

杏子「あぁ、よろしくな」 

175 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 22:04:06 ID:B8Pl7AUo
さやか「もう、素直じゃないなぁ」

杏子「う、うるせぇ…///」

マミ「ふふっ、佐倉さん、赤くなってるわよ」

杏子「なっ…///」カァァァ

まどか「良い画だなぁ~」

ほむら(やっと、やっとここまでこれた)

ほむら(巴マミと佐倉杏子を死なせず、美樹さやかの魔女化も防げた)

ほむら(これで、繰り返すのも終わり)

ほむら(これで…終わりにしてみせるわ!) 

177 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 23:06:43 ID:i0Mir.uI
~特訓1日目~

ほむら「まずは巴さん、貴方からよ」

マミ「他の皆は?」

ほむら「気にしないで」

マミ「それでどうするの?使い魔?魔女?」

ほむら「どっちでもないわ」

マミ「じゃあ…?」

ほむら「カービィ」

カービィ「は~い」

マミ「え?」 

178 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 23:13:02 ID:i0Mir.uI
ほむら「貴方の相手はカービィよ」

マミ「冗談でしょ?」

ほむら「残念だけど、冗談は苦手なの」

マミ「そんな事できるわけ…」

ほむら「何も殺し合えって言ってはいないわ」

ほむら「貴方の魔法は射撃系、そこを鍛えて」

ほむら「動く的を上手く狙えるようになって欲しいのよ」

マミ「でも、もしカービィに当たったら…」

カービィ「そこは心配要らないよ…あむっ」ゴクン

テロリン♪

ミラーカービィ「マミちゃんの弾を全て跳ね返すから」

ほむら「ほら、挑発されてるわよ?良いの?」

マミ「…分かったわ」

マミ「お互い、手加減なしよ?」

ミラーカービィ「うん!」 

180 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 23:18:59 ID:i0Mir.uI
ほむら「それじゃ、頑張ってね」トコトコ…

ほむら「あ、ルールは相手にダメージを与えた方の勝ち」

マミ「分かったわ」

カービィ「分かったぁ~」

ほむら「それじゃ」スタスタ… 

181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 23:23:51 ID:i0Mir.uI
鏡カービィ「そっちからどうぞ」

マミ「それじゃあ、遠慮なく…」

マミ「ティーロ!」

パシュン!

鏡カービィ「リフレクトガード!」

カキンッ 

マミ「跳ね返した!?」

マミ(アイギスの鏡と同じね…)


こうして、マミはカービィと特訓するのであった… 

184 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/29(日) 08:38:42 ID:9Ij.iNgo
さやか「それであたし達は?」

ほむら「美樹さんは一人で魔女を倒せるくらいな強さになるのが目標ね」

ほむら「まずは簡単な魔女から始めてみて」

さやか「分かった、それじゃ探してくる」タタタ…

ほむら「行ってらっしゃい」 

185 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/29(日) 08:43:51 ID:9Ij.iNgo
杏子「で、あたしは?」

ほむら「貴方は私と模擬戦よ」

杏子「マジか!?」

ほむら「マジよ」

杏子「そうか、ずっと前からアンタの魔法が気になってるんだよな」

ほむら「ヒントをあげるわ」

ほむら「私の魔法は……を操る魔法よ」

杏子「え?聞こえなかった」

ほむら「ヒントって言ったでしょ?」

杏子「まぁ良いや、早く始めようぜ」

ほむら「そうね」


こうして、ほむらと杏子の模擬戦が始まった… 

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/29(日) 08:55:33 ID:9Ij.iNgo
~???~

???「やぁ、ワルプルギス」

ワルプル「キャヒヒヒ」

???「彼女達は君を倒そうとしてるみたいだね」

ワルプル「キャハハハハハハハハハ」

???「心配いらないって?随分と余裕だね」

ワルプル「キャヒヒヒヒヒヒ」

???「そうだね、君なら心配要らないか」

ワルプル「キャッハッハッハッハ」

QB「それじゃ、彼女達の相手を頼むよ、ワルプルギス」

ワルプル「キャハッ!」コクリ 

188 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/30(月) 11:06:56 ID:OK/OUCkQ
~特訓10日目~

マミ「レガーレ・ヴァスタアリア!」

シュルシュルシュルシュル…ギュッ

忍カービィ「捕まっちゃった」

マミ「抜け出せるかしら?」

忍カービィ「忍法、爆炎の術!」ニンッ

ボボボボボ…

マミ「あら、忍術?凄いわね」

忍カービィ「えへへ、それ程でも」テレテレ

マミ「少し休憩にしましょう」

忍カービィ「うん!」 

189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/30(月) 11:13:59 ID:OK/OUCkQ
その頃、さやかは…

魔女1「キャキャキャキャキャキャキャ!!!」

魔女2「デュフフフフフフフフフフフ!!!」

魔女3「くぁwせdrftgyふじこlp!!!」

魔女4「this way…」

さやか「あらら、囲まれちゃった」

さやか「でも、相手じゃないね」

さやか「スパークエッジ!!!」

バチバチバチ…! 

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/30(月) 11:14:51 ID:OK/OUCkQ
        ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i
                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::ヽ 

191 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/30(月) 11:16:44 ID:OK/OUCkQ
魔女達「「「「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ」」」」

シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

コロンコロン…


さやか「ラッキー、一気に4つGET!」 

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/30(月) 11:44:40 ID:OK/OUCkQ
~工場~

ほむら「はぁ…はぁ…」ゼエゼエ

杏子「へへっ、息が切れてるじゃねえか?」

ほむら「そうね…はぁ…まさかここまで成長するなんてね…はぁ…」

ほむら(正直、ここまでいくとは予想もしなかったわ)

ほむら(これなら、ワルプルギスの夜を…倒せる!)

QB「…」 

193 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/01(火) 09:56:57 ID:citGBdTg
~路地裏~

QB(まずいね、彼女達はドンドン力を付けている…)

QB(いや、彼女達よりも問題はカービィだ)

QB(カービィのコピー能力…)

QB(まだ、強力なのを隠しているに違いない)

QB(カービィ、君が本当のイレギュラーのようだね) 

194 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/02(水) 18:18:41 ID:YomsGW5w
~15日目 結界内~

刃カービィ「ファイナルカッター!」
杏子「鉄砕鞭!」
マミ「ティロ・ドッピエッタ!」
さやか「スクワルタトーレ!」

魔女達「「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」」

シュゥゥゥゥゥゥゥゥン

さやか「ふぅ~、何か普通の魔女が使い魔並みになってきたね」

マミ「そうね」

杏子「何か魔力の消費も少なくなってきた感じがする」

ほむら「それは特訓の成果よ」

まどか「みんな凄いね~」

ほむら(でも、まだ…ワルプルギスは倒せない…) 

195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/03(木) 00:40:31 ID:vS7tmT3g
そして、ほむら達は『ワルプルギスの夜』を倒す為に
特訓を最後まで諦めずに行った…
全ては見滝原の為に…
鹿目まどかの為に… 

199 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:29:43 ID:On6YoXcY
~30日目(決戦の日前日)~

ほむら「みんな、いよいよ明日が『ワルプルギスの夜』が来る日よ」

ほむら「今日は明日に備えてゆっくり休んで欲しいの」

さやか「ほむらからそんな言葉が出るとは…」

まどか「あはは、さやかちゃん」

マミ「でも、明日の分のグリーフシードはたくさん必要なんじゃない?」 

200 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:37:45 ID:On6YoXcY
ほむら「そこは心配要らないわ…佐倉さん」

杏子「…!」

さやか「え?何でそこで杏子なの?」

杏子「はぁ…もうアンタはすげぇよ…」

まどか「え?え?」

さやか「どういうこと?」

マミ「佐倉さん、もしかして…」

杏子「ついてこい」

スタスタ… 

201 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:41:50 ID:On6YoXcY
~教会~

ギィィィィィ…

杏子「ほらよ」

コロンコロン…

 コロンコロン…

さやか「な、何これ!?」

マミ「グリーフシードがこんなに…」

まどか「凄い…」

さやか「こんなにどうしたの?」

杏子「この街に来てから、今までずっと溜めてたんだ」

さやか「へぇ~」 

202 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:43:24 ID:On6YoXcY
マミ「ところで、カービィは?」

さやか「あ、すっかり忘れてた」

杏子「忘れるなよ…」

まどか「ほむらちゃん、知ってる?」

ほむら「空を見なさい」

一同「「空?」」 

203 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:50:20 ID:On6YoXcY
~上空~

ウィングカービィ「空は良いな~」パタパタ

羽カービィ「あ、ほむらちゃん達だ」

羽カービィ「コンドルずつき!」

ヒュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン… 

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:53:04 ID:On6YoXcY
~教会~

さやか「ねぇ、あれってカービィ?」

ほむら「そうよ」ファサァ

杏子「鳥みたいだな」

ほむら「ウィングカービィよ」

マミ「ねぇ、何か落ちてきてない?」

まどか「本当だ」

「わーわー!どいてぇー!」 

205 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 14:55:56 ID:On6YoXcY
さやか「って!こっちに来るよ!」

杏子「え、ちょ…おい!」

コロンコロン…

まどか「あ、ボールだ」

ほむら「まどか、パス!」

まどか「はいっ!」ポイッ

ほむら「カービィ!これを吸い込んで!」

シュゥゥゥゥゥゥゥゥト!

テロリン♪ 

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/04(金) 15:02:49 ID:On6YoXcY
まどか「あ、ボールになったわ」

ボールカービィ「わぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

バイーン!ボヨーン…ボヨーン…

球カービィ「ふぅ、助かったぁ~」

さやか「全く、びっくりしたじゃん!」

球カービィ「ごめんなさい」ポヨーン

杏子「まぁ、グリーフシードが無事で良かったけどよぉ…」

まどか「カービィちゃん、面白い~」ツンツン

球カービィ「わぁ!」コロコロ…

マミ「うふふ、可愛いわね」

ほむら(何だか明日が不安になってきたわ…) 

208 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 08:56:45 ID:Ej/Gbnjw
~???~

QB「ついに見つけた…」

QB「こんな所にあったんだね」

QB「『針の魔女』のグリーフシード…」

QB「ほむら、残念だけど、もう繰り返させないよ」 

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 21:09:20 ID:xipFl3QU
~ほむホーム~

ほむら「…!」

カービィ「どうしたの?」

ほむら「いえ、何でもないわ」

カービィ「明日は成功させなきゃね」

ほむら「そうね、明日は必ず倒すわよ」

ほむら(まどか、貴方を絶対に救い出して見せるわ) 

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 21:46:01 ID:xipFl3QU
~31日目(ワルプルギス襲来の日)~

マミ「ついにこのときが来たわね」

さやか「うん、絶対にこの街を守る!

杏子「ここが潰れたら色々とアレだしな」

ほむら「みんな、グリーフシードは持ったわね」

マミ「バッチリよ」
さやか「勿論!」
杏子「当たり前だろ」

まどか「みんな…」

ほむら「まどか、行ってくるわね」

まどか「うん、気をつけてね」タタタ… 

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 21:48:42 ID:xipFl3QU
羽カービィ「みんな、ワルプルギスが来たよ!」

一同「「「…!」」」

ワルプル「キャーッハッハッハッハッハ」

マミ「あれが…ワルプルギスの夜…」

杏子「で、でけぇ…」

さやか「強そう…」

ほむら「眺めてる時間はないわ、行くわよ!」シュン! 

212 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:01:05 ID:xipFl3QU
マミ「魔弾の舞踏!!」
杏子「ロッソ・ファンタズマ!!」
さやか「ローレライの旋律!!」
雷カービィ「プラズマ波動弾!!」

ドガァァァァァァァァァァァァン

ワルプル「キャハハハハハハ!!」

ドドォォォォォォン

ほむら「みんな!避けて!」

マミ「まずいわ…!」
さやか「ちょ…!
杏子「やばっ…!」

槌カービィ「鬼殺しハンマー!」カキーン!

ワルプル「キャハハハハ!?」 

213 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:03:06 ID:xipFl3QU
カービィ「大丈夫?」

マミ「ありがとう、助かったわ」

さやか「ふぅ~、危なかった~」

杏子「へっ、借りが出来ちまったな」

ほむら「油断しないで、次が来るわよ!」 

214 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:08:16 ID:xipFl3QU
使い魔達「「キャキャキャキャキャ!」」

ほむら「…!」カチッ

ドカァーン

使い魔達「「ギャアアアアアアア!」」

シュゥゥゥゥゥゥゥン

ワルプル「キャキャキャキャキャ!!」

さやか「そろそろ…」

マミ「終わりに…」

杏子「しようじゃねぇか!」

ワルプル「キャーハッハッハッハッハ!!!」 

215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:19:51 ID:xipFl3QU
マミ「ティロ・フィナーレ!」
さやか「スパークエッジ!」
杏子「疾風迅雷!」

ドドドドォォォォォォォォォォン!!!

ワルプル「キャァァァァァ…!!!」

破カービィ「破壊の火炎!!」

ドドドドドドドドガァァァァァァァァァァン!!!

ワルプル「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア…!!!」

シュゥゥゥゥゥゥゥゥン

コロンコロン… 

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:24:51 ID:xipFl3QU
ほむら「倒した…?」

さやか「いぃぃぃやったぁぁぁ!!」

マミ「ついに私達、勝ったのね!」

杏子「あぁ!あたし達は勝ったんだ!」

ほむら「倒せた…のね…」ポタポタ…

さやか「なぁに泣いてるの?」

ほむら「泣いてなんか…いないわよ…」ポタポタ…

マミ「ふふっ、嬉し泣きね」

まどか「お~い!」

さやか「まどか!」

まどか「みんな、ついにやっつけたんだね!」

マミ「そうよ、これで見滝原の危険は去ったのよ」 

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:28:53 ID:xipFl3QU
杏子「あ~あ、グリーフシードまた集め直さないとなぁ」

マミ「もう、佐倉さんったら」

さやか「杏子は急ぎすぎなんだよ」

杏子「何だとぉ~」グリグリ

さやか「ちょ、痛い痛い」

まどか「みんな、ありがとう」

ほむら「これで、この街にも平和が…」 

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:34:00 ID:xipFl3QU
「残念だけど、それはないね」

一同「「…!?」」

QB「驚いたよ、まさかあのワルプルギスがやられるなんてね」

マミ「QB!?」

杏子「今更、何の用だよ?」

ほむら「QB…!」ギリッ

QB「ワルプルギスを倒しても、この街に平和は来ないって事を知らせに来たんだ」

まどか「え?」

マミ「それってどういう意味よ?」

ほむら「…!?」 

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:39:11 ID:xipFl3QU
QB「真のラスボスは他に居るっていう意味だよ」

一同「「…!?」」

ほむら「まさか…」

QB「そう、その最後の敵は…ヒュゥゥゥゥゥゥゥン

グチャァ!

石カービィ「あ…」

マミ「え?」

さやか「あれ?」

杏子「QBは?」

石カービィ「ごめん、僕が潰しちゃった」テヘペロ

一同「」 

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:42:54 ID:xipFl3QU
QB「全く、いきなり潰すなんて酷いじゃないか」

さやか「QB!?」

杏子「お前、さっき…」

QB「まぁ、いくら殺しても意味はないんだけどね」

QB「カービィ、どいてくれる?」

石カービィ「あ、ごめん」ヨット

QB「あむあむ…」ムシャムシャ 

221 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/06(日) 22:45:50 ID:xipFl3QU
まどか「ひっ…!」

マミ「嘘でしょ?」

さやか「QBが…」

杏子「自分の死体を喰ってやがる…!」

QB「ん~、今日の僕はクリーミーだね」ペロリ

ほむら「さっきの話はどういう事なの?」

QB「あぁ、そうだったね」 

222 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/07(月) 18:16:04 ID:Ms3icBfs
QB「君達が倒したのは間違いなく『ワルプルギスの夜』だ」

QB「でもね、君達が倒したのは『ワルプルギスの夜』だけど『最後の敵』じゃないよ」

ほむら(これはどういう事なの…!?)

QB「驚いたかい?ほむら」

QB「いや、未来から来た魔法少女とでも言うべきかな」

さやか「え?」

杏子「ほむらが…」

マミ「未来から来た魔法少女?」

まどか「どういう事なの?ほむらちゃん」

ほむら「…」 

223 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/08(火) 09:42:29 ID:oYIfEzDU
QB「彼女はね、ある人を救う為に何度も繰り返してきたんだ」

さやか「ある人?」

杏子「誰なんだよ?」

QB「それはね、君だよ、鹿目まどか」

一同「「えぇ!?」」

まどか「え!?」

ほむら「…」 

224 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/08(火) 09:46:28 ID:oYIfEzDU
ほむら「そうよ、私はまどかを救う為、何度も何度も同じ世界を繰り返してきた」

ほむら「でも、何度も失敗して、貴方達の最期も何度も見てきた」

ほむら「いつもなら、ワルプルギスは私が一人で倒すはずだった」

ほむら「だけど相手は最強の魔女、力の差は歴然だったわ」

ほむら「だから私は、何度も何度も死ぬ前に時間を巻き戻した」

ほむら「そして今、ワルプルギスの夜を倒せた」 

225 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/08(火) 10:02:48 ID:oYIfEzDU
QB「まぁ、本来ならワルプルギスを倒したら全てが終わるはずだったんだけどね」

QB「でも、今回の世界はどの過去とも全く別のものだったよ」

まどか「え?」

さやか「どういう事?」

マミ「説明して」

杏子「何だよそれ」

ほむら「そうよ、今まで繰り返してきた過去とは全く違うものだった」

ほむら「それはカービィが出てきた事よ」

一同「「…!?」」

カービィ「…」 

226 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/08(火) 10:16:28 ID:oYIfEzDU
カービィ「そうだよ、僕はこの世界の住人じゃないよ」

一同「「!?」」

QB「やっぱりね、どおりで僕が分からないわけだ」

マミ「カービィ、貴方は何者なの?」

カービィ「僕はある王国を救う為にやってき星の戦士だよ」

まどか「星の戦士?」

カービィ「うん」 

227 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/08(火) 10:25:49 ID:oYIfEzDU
カービィ「ある日、僕は悪者を追いかけていたんだ」

カービィ「その途中でもの凄い重力に引かれてしまった」

カービィ「気が付くと僕は倒れていた」

カービィ「少し歩いてすぐに分かったんだ」

カービィ「ここは僕の知ってる場所じゃないってね」

カービィ「また少し歩いていると、QBに会ったんだ」

QB「そうだね」

カービィ「僕はそのとき、驚いてしまって、勢いでQBを吸い込んじゃったんだ」

QB「あのときはびっくりしたよ」

カービィ「そして、また歩いていると、ほむらちゃんに追いかけられた」

カービィ「ほむらちゃんはすぐにQBじゃないと分かって去っていったけど」

ほむら「あのときはごめんなさい」

カービィ「大丈夫だよ、もう気にしてないから」 

228 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/08(火) 10:29:57 ID:oYIfEzDU
カービィ「そして、そこから、
     まどかちゃん、さやかちゃん、マミちゃん、杏子ちゃんに会っていった…」

さやか「そうだったの…」

杏子「だけどよ、ほむらとカービィの話とQBが出てきた事に何の関係が…」

QB「やれやれ、ここまでヒントをあげたのにまだ分からないのかい?」

まどか「え?」

ほむら「まさか…!」

カービィ「…!」

QB「そうだよ」 

229 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:04:41 ID:sxuiNf6g
グニャグニャ~

???「僕が最後の敵…」

針の魔女「針の魔女だよ」

一同「「「!?」」」

マミ「嘘でしょ…」

さやか「QBが最後の敵…!?」

杏子「それじゃ、あたし達はずっと魔女の近くに居たって言うのかよ…!」

針の魔女「そういう事になるね」

ほむら(何なの?この世界は…) 

230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:10:48 ID:sxuiNf6g
さやか「うおぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

マミ「待って!美樹さん!」

針の魔女「遅いね」ドゴォ

さやか「がはっ…!」

ズザァァァァァァァァァァ

まどか「さやかちゃん!」
ほむら「美樹さん!」

杏子「よくもさやかを…!」

杏子「打っ潰しやる!」

針の魔女「ハァ…」ピシュン!

杏子「ぐあっ…!」

まどか「杏子ちゃん…!」

マミ「つ、強い…」

ほむら(QBが魔女?そんな事、今までの過去にはなかったはずなのに…) 

231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:16:36 ID:sxuiNf6g
針の魔女「さぁ、後は君達だけだよ」

まどか「ひっ…!」

ほむら「くっ…」

カービィ「…」

マミ「友達を傷つけるのは、いくらQBでも許さない…」

針の魔女「マミ、僕はもうQBという固体じゃないよ」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

マミ「魔弾の舞踏!」

マミ「無限の魔弾!」 

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:28:48 ID:sxuiNf6g
まどか「凄い!これなら…」

マミ「はぁ…はぁ…」

ほむら(いえ、アイツはそんなものでやられる奴じゃない…!)

カービィ「奴はまだ生きてるよ!」

針の魔女「うん、生きてるよ」

マミ「そんな…」

針の魔女「マミ、君と過ごした日々はとても充実したものだったよ」バキッ

マミ「うっ…」

ドサッ

まどか「マミさん?マミさぁぁぁぁぁん!!」

まどか「何で…どうして…」ポタポタ…

ほむら「…」スタスタ…

まどか「ほむら…ちゃん?」 

234 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:29:19 ID:sxuiNf6g
ほむら「まどか、カービィを連れて逃げなさい…」

まどか「え?」

ほむら「このままじゃ、全滅しちゃうわ」

ほむら「せめて、貴方達だけでも安全なところに…」

まどか「でも、ほむらちゃんが…」

ほむら「私は大丈夫よ」ニコッ

まどか「…!」

まどか「うん、分かった…」タタタ… 

235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:33:50 ID:sxuiNf6g
針の魔女「終わったかい?」

ほむら「えぇ」

針の魔女「君も逃げた方が良かったんじゃない?」

ほむら「そうね、私もきっと負けるわね」

針の魔女「それなら、何故?」

ほむら「彼女を守りたいから…とでも言うべきかしら?」

針の魔女「やっぱり、人間の考える事は理解できないね」

ほむら「貴方には一生、理解できないわね」

針の魔女「まぁ、理解できなくも良いさ」

針の魔女「それじゃ、始めようか」

ほむら「そうね」 

236 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 07:40:20 ID:sxuiNf6g
まどか「はぁ…はぁ…」

ドガァァァァァァァァァァァン

まどか「…!」

まどか「…」ブンブン

まどか「カービィちゃん、もう安心…」

まどか「あれ?」

まどか「カービィちゃん?」

まどか「どこに…まさか!」 

237 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 19:21:49 ID:TJCSvoHs
ほむら「はぁ…はぁ…」

針の魔女「そろそろ諦めたら?」

ほむら「まだ…戦えるわよ…」

針の魔女「う~ん、僕はあまりいたぶるのは好きじゃないんだけど、仕方ないよね」

針の魔女「キヒヒ…」スゥー

「ライジンブレイク!!」

針の魔女「ぐはぁ…!」ゴロゴロ…

ほむら「…!?」 

238 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 19:28:44 ID:TJCSvoHs
闘カービィ「大丈夫?ほむらちゃん」

ほむら「カービィ!?どうして…」

カービィ「やっぱり、放っておけないよ」

ほむら「ふふっ、放っておけない…ね」

針の魔女「カービィ、君は元の世界に戻りたくないのかい?」

カービィ「戻りたい…でも、この世界で出会った人達も放っておけないよ」

針の魔女「そうか…」

針の魔女「それじゃ、死んでも文句はないよね?」

カービィ「…!」 

239 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 19:31:42 ID:TJCSvoHs
針の魔女「せいっ!」ドゴォ

鉄カービィ「メタル!」

ガンッ

鉄カービィ「ぐぅ…!」

ほむら「カービィ…」

針の魔女「いくら硬い身体でも、同じ所を攻め続ければ段々ダメージが入っていく…」

バキィ…ドゴォ…ゴガッ…

忍カービィ「木っ端微塵の術!」

ボボーン 

240 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 19:38:38 ID:TJCSvoHs
針の魔女「へぇ、ダメージを利用した技か…」

忍カービィ「はぁ…はぁ…」

針の魔女(カービィ、君の隙が見えてきたよ)

カービィ「…ペッ」

針の魔女「そこだ!」バキィ

カービィ「しまっ…ぐあっ!」

ズザァァァァァ

ほむら「カービィ!」 

242 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 20:04:40 ID:TJCSvoHs
ほむら「もう止めて、貴方はよく頑張ったわ、後は…」スッ

カービィ「また…巻き戻すの?」

ほむら「…!」ピタッ

カービィ「折角…ここまできたんでしょ?」

ほむら「でも、このままじゃカービィが…」

カービィ「僕は…ここの世界に居てはダメなんだ…」

カービィ「次に…巻き戻したら、もうチャンスはない…」

カービィ「やっと、ワルプルギスを倒したんだ…」フラフラ

カービィ「だったら、もうここで終わらせようよ…」フラフラ

ほむら「カービィ…」ウルウル 

243 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 20:24:08 ID:TJCSvoHs
カービィ「泣かないで…」ナデナデ

ほむら「カービィ…」

カービィ「それじゃ」トテトテ…

テロリン♪

剣カービィ「ソード!」 

244 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 20:39:11 ID:TJCSvoHs
針の魔女「まだやるのかい?」

剣カービィ「当然」

針の魔女「そうか…なら、仕方ないね」

剣カービィ「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

カンッ…キンッ…カキキンッ…

針の魔女「そこっ!」ジャキッ

剣カービィ「うっ…」 

245 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 20:42:35 ID:TJCSvoHs
針の魔女「終わりだね」

剣カービィ「…!」

「ティーロ!」
「スティンガー!」
「飛槍!」

ジャキン! パシュン! グサッ!

針の魔女「ぐっ…!」

ほむら「!?」

カービィ「え?」 

246 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 20:49:45 ID:TJCSvoHs
さやか「はぁ…はぁ…」
杏子「何とか…」
マミ「助かったわね…」

カービィ「皆…!」

針の魔女「ククク、まだ生きてたんだね」

さやか「誰が…あんなのに…」

杏子「やられるかよ…」

マミ「はぁ…そうよ…」

針の魔女「その割には、もの凄く疲れてるようだね」

ほむら(確かに、みんなの体力はそろそろ限界…)

ほむら(次で決めるしかないわね…) 

247 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 21:01:13 ID:TJCSvoHs
針の魔女「でも、どうするんだい?」

針の魔女「今の君達は魔力が僅かしかない」

針の魔女「カービィに頼ろうとしたつもりだろうけど、そのカービィも体力が限界…」

針の魔女「つまり、君達は僕に勝てないよ」

さやか「うぐっ…確かに」

杏子「今のあたし達じゃ…」

マミ「QB…針の魔女を倒すのは難しいわね…」

ほむら(何かないの?この状況を打開する方法は…) 

248 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 21:07:35 ID:TJCSvoHs
カービィ「みんな、僕に魔力を注ぎ込んで」

一同「「…!?」」

さやか「え?」

杏子「何を言ってんだ…」

マミ「待って、もう少し聞いてみましょ」

ほむら「続けて」 

249 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 21:17:27 ID:TJCSvoHs
カービィ「これは危険かもしれないけど」

カービィ「皆の魔力を僕に吸収させて、僕の中の秘密の力を発動させれば」

マミ「勝てるのね?」

カービィ「うん」

カービィ「だけど、これは皆の身体を危険にさらす事になる」

カービィ「それでも良い?」

さやか「…」
杏子「…」
マミ「…」
ほむら「…」

さやか「分かった」

杏子「やるぜ」

マミ「私はカービィを信じてるわ」

ほむら「…」コクリ

カービィ「決まりだね」 

250 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 21:51:11 ID:TJCSvoHs
針の魔女「最後の話は終わったかい?」

カービィ「うん、終わったよ」          

針の魔女「そろそろ僕も飽きてきたところだ、次で終わらすからね」

カービィ「うん、僕も次で終わらすよ」

針の魔女「君の言ってる事が良く分からない」

カービィ「僕も何を言ってるか分からないね」

針の魔女「訳が分からないよ…」

カービィ「もうすぐ分かるよ」 

251 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 21:57:43 ID:TJCSvoHs
さやか「カービィ!」
杏子「カービィ!」
マミ「カービィ!」
ほむら「カービィ!」

シュゥゥゥゥン…シュゥゥゥゥン…シュゥゥゥゥン…シュゥゥゥゥン…

針の魔女「…!?」

カービィ「今だ!」

一同「「行けぇぇぇぇぇ!!」

カービィ「スゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」

針の魔女「魔力を吸い込んだ…!?」

カービィ「…」ゴクン

テロリン♪ 

252 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 21:59:36 ID:TJCSvoHs
さやか「後は…」ドサッ
杏子「頼んだぜ…」ドサッ
マミ「カービィ…」ドサッ
ほむら「信じてる…わよ…」ドサッ

タッタッタ…

まどか「やっと着いた…!?」

まどか「さやかちゃん!杏子ちゃん!マミさん!ほむらちゃん!」

?カービィ「彼女達は死んでいないよ」

まどか「本当に?良かったぁ」

?カービィ「まどかちゃん、彼女達を安全な所に」

まどか「う、うん!」 

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 21:51:23 ID:psEf24C.
ゴゴゴ…

針の魔女「な、何なんだ、この凄い魔力は…!」

超カービィ「この力は嘗て、鏡の魔王を倒した力…」

針の魔女「だけど、そんなに凄い力をいつまでも保つ事は出来ないよね」

超カービィ「そうだね、今の状態でも最大で10分かな」

針の魔女「それなら、早く終わらせようじゃないか」

超カービィ「うん」

針の魔女「最後の戦いを…!」
超カービィ「最後の戦いを…!」 

261 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 21:56:25 ID:psEf24C.
キンッ…ガンッ…ガキィン…

針の魔女「そこだ!」シュッ

超カービィ「残念」キンッ

針の魔女「…!」

超カービィ「スパイラルソード!」

シュババババババ

針の魔女「ぐあっ…!」

超カービィ「…」

針の魔女「これ程とは…流石だね…」 

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:00:08 ID:psEf24C.
超カービィ「あと5分…」

針の魔女「あと5分だね…」

針の魔女「行け!使い魔達!」

使い魔達「「キヒヒ…」」

超カービィ「…!」

超カービィ「こんなに…」

針の魔女「さぁ、早くしないと時間がなくなってしまうよ」

超カービィ「くっ…」 

263 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:04:26 ID:psEf24C.
超カービィ「波動…」チャージ

使い魔達「「キシャアアアアアアアアアアアア!!!」」

超カービィ「斬りぃぃぃ!!」ヒュン

ドババババババババ…

使い魔達「「ギャアアアアアアアアアアアア!!!」」シュゥゥゥゥゥン

超カービィ「はぁ…はぁ…」

針の魔女「そろそろ限界のようだね、僕もだけど」

超カービィ「そうだね…はぁ…」

針の魔女「それじゃ…」チャキ

超カービィ「うん…」チャキ

針の魔女「これで…!」タタタ…
超カービィ「終わりだよ!」タタタ… 

264 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:07:19 ID:psEf24C.
ジャキン…
 
 ジャキン…

針の魔女「…」

超カービィ「…」

針の魔女「ふふっ…」

超カービィ「ぐっ…」

まどか「カービィちゃん!!」

針の魔女「ふふ…HAHAHAHAHAHA!!!」 

265 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:14:39 ID:psEf24C.
パキッ…

針の魔女「…!!」

パキッ…パキッ…

針の魔女「そ、そんな…」

パキッ…パキッ…

針の魔女「僕が…負けた…?」

バリッ…バリバリバリバリ…

針の魔女「この…僕が…?」

バキバキバキバキバキバキバキ…!

針の魔女「イエア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!!」

シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

パリーン! 

266 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:20:05 ID:psEf24C.
マミ「う…ん…」

さやか「ハッ…!」

杏子「アッー♀…あれ?」

ほむら「ん…?」

まどか「みんなぁぁぁぁぁ!!!」ギュッ

さやか「わっ…ちょ、まどか!?」

まどか「良かったよぉ…ひっぐ」ポタポタ…

マミ「魔女はどうなったの?」

杏子「居ない…」

まどか「魔女は…ひっぐ…カービィちゃんがぁ…えぐっ…やっつけたよぉ…」

さやか「もう、まどかは泣き虫だなぁ」

まどか「だってぇ…ひっぐ」

さやか「あはは、よしよし」 

267 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:38:52 ID:psEf24C.
ほむら「…」スタスタ…

カービィ「ほむらちゃん」

ほむら「倒したのね」

カービィ「うん」

ほむら「ありがとう、貴方のおかげよ」

カービィ「えへへ、どういたしまして」

カービィ「僕の方こそありがとう」

ほむら「ふっ…」ファサァ 

268 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:51:01 ID:psEf24C.
ポワァ…

カービィ「あ…」

さやか「カービィ!?」

杏子「光が…」

カービィ「そっか、僕も元の世界に帰るときが来たんだね…」ポワァ…

まどか「カービィちゃん、消えちゃうの!?」

カービィ「うん、僕も向こうに戻らないと行けないからね」ポワァ…

さやか「そっか…」

杏子「お前と会えて、本当に良かったぜ」

マミ「そうね、カービィのおかげで魔女を倒せたものね」

カービィ「ううん、僕だけじゃないよ、皆が頑張ってくれたからだよ」ポワァ…

ほむら「カービィ…」 

269 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:56:51 ID:psEf24C.
カービィ「鹿目まどかちゃん」

まどか「?」

カービィ「お友達は大切だよ」

カービィ「ときには、喧嘩もするかもしれないけど、それは友達だから出来る事」

カービィ「だから、お友達は大切にしてね」

まどか「うん!」 

270 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:01:17 ID:psEf24C.
カービィ「美樹さやかちゃん」

さやか「?」

カービィ「君は大事な人に願いを使ったよね」

さやか「うん」

カービィ「自分の願いを大事な人の為に使う」

カービィ「それは出来そうで中々出来ない事だ…」

カービィ「君は凄いよ」

さやか「カービィ…」

カービィ「大事な人と…上条恭介君といつまでも幸せにね」

さやか「う、うん…///」 

271 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:12:36 ID:psEf24C.
カービィ「巴マミちゃん」

マミ「?」

カービィ「君と初めて会ったとき、僕に優しくしてくれたよね」

マミ「もちろんよ」

カービィ「ケーキ、凄く美味しかったよ」

マミ「うふ、ありがとう」

カービィ「それともう一つ」

マミ「あら、何かしら?」

カービィ「ティロ・フィナーレ」

マミ「こ、コラ…///」 

272 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:21:42 ID:psEf24C.
カービィ「佐倉杏子ちゃん」

杏子「何だ?」

カービィ「同じ魔法少女同士なんだから、もうあんな事しちゃダメだよ」

杏子「分かってるって、もうしねぇよ」

カービィ「クスッ、そうだね」

杏子「行っちまうんだな…」

カービィ「そうだね」

杏子「そうか、向こうでも元気にな」

カービィ「うん!」

カービィ「杏子ちゃん、素直になったら可愛いよ」

杏子「う、うるしゃい!…///」カァァァ 

273 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:26:02 ID:psEf24C.
カービィ「暁美ほむらちゃん」

ほむら「何かしら?」

カービィ「君には色々とお礼を言わなくちゃいけないね」

ほむら「こっちこそ、貴方にお礼を言わなくちゃいけないわ」

カービィ「クスス、お互い様だね」

ほむら「ふふっ、そうね」

カービィ「全てが終わって良かったね」

ほむら「えぇ、貴方には本当に感謝してるわ」

カービィ「僕もだよ」

ほむら「ふふふ…」
カービィ「クスス…」 

274 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:31:57 ID:psEf24C.
ポワァ…ポワァ…

カービィ「そろそろ戻らなくちゃ」

まどか「身体に気をつけてね」

さやか「カービィ、ありがとう」

マミ「向こうでもちゃんと好き嫌いしないで食べるのよ?」

杏子「きちんと運動しろよ」

ほむら「向こうでも元気でね」

カービィ「うん!」

カービィ「短い間だったけど、君達に会えて本当に良かったよ」

カービィ「それじゃあね」

ポワァァァァァァァァァァァァァ 

275 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:43:19 ID:psEf24C.
まどか「行っちゃったね…」

さやか「そうだね…」

ヒラ…ヒラ…

マミ「あら?何かしら…雪?」

杏子「はぁ?こんな時期に雪なんて…?!」

ほむら「これは…星屑?」

まどか「わぁ、綺麗~」

さやか「カービィのプレゼントかな?」

ほむら「そうね、きっとそうよ」

杏子「何か心が落ち着くなぁ」

マミ「ふふ、そうね」

ほむら(カービィ、貴方の事、絶対に忘れないわ) 

276 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:51:06 ID:psEf24C.
~プププランド~

カービィ「ぽえっ…」

ブン「あ、カービィ!」

フーム「もう、何処に行ってたのよ?」プンプン

カービィ「ぽよぉ…」シュン 

277 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:53:52 ID:psEf24C.
ブン「?カービィ、それ何?」

カービィ「ぽよ?」コツッ

カービィ「…!」

カービィ(魔力の結晶だ…)

フーム「綺麗ね」 

278 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 23:58:16 ID:psEf24C.
カービィ「ぽよっ!ほむら!ほむら!」

ブン「ホムラって誰?」

カービィ「ぽよっ!ほむほむ!」

ブン「???」

フーム「ほら、早くナイトメアを追うわよ」

カービィ「ぽよっ!」

カービィ(ほむらちゃん、皆、ありがとう!) 


279 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/11(金) 00:04:02 ID:U0mgkMqg
カービィ(僕、皆の事、絶対に忘れないよ)

フーム「ほらカービィ、早くワープスター乗って」

カービィ「ぽよぉ!」


  END