2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:03:14.96 ID:UySjgOAy0
小梅「トリック…オア…トリート…」

輝子「フヒヒ…キノコでいいか…?」

小梅「私…たけのこ派…だよ…?」

輝子「この際き、キノコ派に…なろう…」

小梅「輝子ちゃんが…言うならしょうがないね…」

輝子「机の下…入るか…?」

小梅「うん…プロデューサーが来たら…脅かすことが出来るしね…」

輝子「フヒ…妙案だな…ヒャッハーはいるか?」

小梅「じゃあ…おじゃまします…」

輝子「狭いけど…どうぞ…」

小梅「予行練習しようか…」

輝子「うん…レッスンは大事だな…」

引用元: 白坂小梅「ハロウィン」 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 022白坂小梅
白坂小梅(CV:桜咲千依)
日本コロムビア (2013-11-13)
売り上げランキング: 1,152
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:04:02.33 ID:UySjgOAy0
小梅「陰から見ている幸子ちゃん…プロデューサー役どうぞ…」

幸子「いやいや、流石にボクでも自ら罠に掛かりに行くなんてしませんから!」

小梅「出た…幸子ちゃんの誘い受け…」

幸子「決してボクは誘い受けなんかじゃありませんからね!」

輝子「フヒヒ…カワイイぞ?」

幸子「もう少し語彙を増やしてくれませんか?流石にそんな誘い文句では分不相応です!」

小梅「とてもカワイイ…よ…?」

輝子「めっちゃカワイイぞ…?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:05:05.54 ID:UySjgOAy0
幸子「もっとこうなんかないんですか!ボクを褒めたたえるにふさわしい表現が分かりませんか?」

輝子「コミュ症だから…教えてください…」

幸子「例えばですね!天使と見違えたとかむしろ天使よりもカワイイとか。ボクを見てそんなフレーズ思いつきませんか?」

輝子「フヒ…それなら少し出来るぞ?」

幸子「ではやってみてください!」

輝子「堕天使は純白の翼を携えこの地に舞い降りん…」

幸子「いいですね!そういう表現!って蘭子さんの言葉じゃないですか!」

輝子「フヒッ…私は…瞳を持っているからな…」

幸子「すごいですね!少し得意げな感じもボクには及びませんがカワイイですよ!」

小梅「良かったね…輝子ちゃん…褒められてる…」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:06:06.61 ID:UySjgOAy0
幸子「フフーン、ボクに褒められるなんて光栄なことめったにありませんから感謝してくださいね!そして小梅ちゃん」

小梅「なに?」

幸子「ハロウィンの仮装カワイイですね!前回のミイラとは違って魔女ですか!」

小梅「ありがとう…幸子ちゃんもナース姿で可愛い…血糊は…本物?」

幸子「ボクがカワイイのはトートロジーですからね!ってなんですかそんな物騒なこと!前の小梅ちゃんと同じくケチャップですから!」

小梅「そう…残念…」

輝子「なんだ…そうだったのか…」

幸子「なんでボクが仮装のために自分の血を使わなきゃいけないんですか!」

小梅「別に…自分の血じゃなくてもいい…誰か他の…お隣さんとか…」

幸子「ハロウィンと聞いて意気揚々に行ったのに、なんだかコスプレパーティーになっていたから帰ってきた森久保さんが震えてますよ!」

輝子「リア充イベントに…なっていたからな…怖い…お菓子を慎ましく貰う場所じゃなかったし…」

小梅「子供組は…普通だったのにね…」

輝子「お酒が入った大人達が…レッツ…パーリィー…」

幸子「まあ、いない人のことを言うのはやめましょう!今目の前にいるボクのカワイさについて話しあうのがいいでしょうから!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:07:05.25 ID:UySjgOAy0
小梅「森久保の…ブラッドワイン…とか?」

輝子「森久保の…スープとか?」

幸子「なんでおかしい方向に進むんですか!ボクの話をしてください!天国に入ることを確約されているようなボクのカワイさについて!」

小梅「カワイイと…天国に行けるの?」

幸子「そんなこと出来るのボクぐらいでしょうけどね!」

輝子「ヒャッハー!ゴートゥーヘーーーールッ!」

幸子「ボクのカワイさがあればどこであろうと天国ですから!」

小梅「天国にも…地獄にも…行けなかったらどうするの?」

幸子「ジャックオーランタンのことを言っているなら筋違いです!ボクは嘘をつきませんから!」

輝子「確かに…堕落した生活もしないしな…」

小梅「でも…天国にも地獄にも行けないから…人類がいなくなったら一人になっちゃうのかな?」

輝子「フヒヒ…私はキノコが友達だぞ?」

幸子「輝子ちゃん、ボクがいますよ?」

輝子「そ、そうか…なんだか…照れるな…」

小梅「私も…いるよ?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:07:33.50 ID:UySjgOAy0
輝子「フヒヒ…じゃあきっとカボチャも大丈夫だ…」

幸子「そうですね!ってなんで森久保さんが反応するんですか!狭いのに肯くから机に当たってますよ?」

輝子「フヒ…なにかシンパシーを感じたのか…?」

小梅「乃々ちゃん…ジャックランタンの格好だもんね…」

幸子「フフーン、天国や地獄に行けなくてもボクがいますからね!」

輝子「なんだか…嬉しそうだな…」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:08:09.95 ID:UySjgOAy0
ガチャ

乃々「いぢめですか…もりくぼはこんなにお菓子要らないんですけど…」

幸子「あれ、森久保さん…どうして?」

乃々「さっきまでパーティー会場にいたんですけど…歓迎されない感じですか…?」

輝子「いやいや乃々は隣に…」

小梅「いない…?」

乃々「えっ、なんですか?もりくぼがなにをしたって言うんですか?」

小梅「なんでもないよ…」

幸子「えっ待ってください。ボクは天国に行けるんですよね?連れ去られたりしませんよね?」

輝子「カワイイから大丈夫だ…フヒ…」

小梅「カワイイから大丈夫…だと思う…」

乃々「なんだか分からないんですけど…大丈夫です…」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:09:24.50 ID:UySjgOAy0
短いですが終わりです。HTML依頼をしてきます。