2: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 11:50:52.42 ID:qBv+/GsB0

藤原肇「1、2、1、2」キュッキュッ

トレーナー「よし!止め!今日はここまでにしましょうか」

肇「ハァハァ、ありがとうございます」

ガチャ

モバP「お疲れ様です」

トレーナー「Pさん良いタイミングです。ちょうどいま終わった所で…」

モバP「そうだったんですか、今日もありがとうございます」

トレーナー「いえいえ、肇ちゃんもよく頑張っていましたよ。それでは私はこれで」

肇「お疲れ様でした!」

引用元: 藤原肇「ゆめと憧れ」 

 

3: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 11:51:50.58 ID:qBv+/GsB0

モバP「悪いな毎日毎日レッスンで…」

肇「いえ、自分はまだまだ未熟なので…それに何度も繰り返して少しづつ着実に前進していく…まるでろくろを回しているようで楽しいんです」


モバP「ストイックなのは良いことだけど、ちゃんと休めるときに休むんだぞ」

肇「はい!でも次のお仕事が楽しみで…つい体を動かしたくなるんです」

モバP「そっか、岡山は地元だもんな」

肇「ふふっ、まさかお仕事で帰ってこれるとは思ってもいませんでした。一緒に行く由愛ちゃんにも地元の自然を満喫してほしいです」

4: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 11:52:29.66 ID:qBv+/GsB0

モバP「となると俺もそちらのご家族に挨拶に行った方が良いのかな」

肇「…!はい!是非いらしてください。私も改めてプロデューサーさんのことを家族に紹介したいので」

モバP「そうしてもらえるとありがたい。なら、活動のデータとかを纏めておいたほうが良いかもな 少しデスクの方に戻るから戸締まりだけよろしくな」

肇「はい、プロデューサーさんもお仕事頑張ってくださいね!」

5: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:01:43.29 ID:qBv+/GsB0

撮影現場

モバP「二人とも衣装似合ってるぞ」

由愛「私…雨の妖精の役…です…」

肇「私は水の精…ですかね?」

由愛「肇さん…とっても綺麗です…おとぎの国のお姫様みたい…」

肇「ありがとうございます!由愛ちゃんもとってもかわいいよ」

由愛「…嬉しいです…肇さんは雨…好きですか?私は…好きです…」

肇「私も好きですよ。雨が降ってくれるからこそ大地に立派な土が出来るんです!自然の恵みですね!」

7: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:04:27.88 ID:qBv+/GsB0

スタッフ「撮影準備できましたんでスタンバイお願いしまーす!」

由愛「行ってきますね…プロデューサーさん」

肇「撮影が終わったら、温めてもらえますか?…なんて、冗談です♪」

モバP「おう、ちゃんとこっから見てるから頑張ってこい」

肇「はい!由愛ちゃんこっち、水滴が輝いて、キレイだよ」

由愛「わぁ、本当ですね。キラキラって…雫が光ってます…」

モバP(由愛も最初は緊張してたみたいだけど肇がうまくほぐしてくれたお陰で撮影が順調にいきそうだ)

8: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:05:15.31 ID:qBv+/GsB0

スタッフ「そしたら次はお一人づつお願いします」

肇「はい!よろしくお願いします」


由愛「ふぅー…」

モバP「由愛。お疲れ様、楽しんでるか?」

由愛「あ、プロデューサーさん。お疲れ様です…はい、肇さんもスタッフさんもみんな優しくてとても…楽しかったです!」

モバP「そりゃ良かった。あ、預かってた荷物返すよ」

9: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:06:09.49 ID:qBv+/GsB0

由愛「あ…ありがとうございます。絵の具…持ってきたんです…えへへ。お絵かきしても大丈夫ですか…?」

モバP「由愛の番になるまでもう少しかかりそうだからな。大丈夫だよ!」

由愛「描き終わったらプロデューサーさんにも見てもらいたいな…」

モバP「勿論!由愛の描いた絵は俺も好きだよ」

由愛「…………。///」

10: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:06:46.06 ID:qBv+/GsB0

スタッフ「じゃあ次は成宮さんお願いします」

由愛「じゃあ…行ってきます」

モバP「おう!」

11: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:07:17.78 ID:qBv+/GsB0

肇「プロデューサーさん。私どうでした?」

モバP「ああ、ばっちしだったよ。それとほら上着持ってきたから暖まってこい」

肇「ありがとうございます、でももっと別のものを期待してたんですけどね…」

モバP「………?」

肇「もう、いいですよ」プクー

12: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:07:54.58 ID:qBv+/GsB0

肇「そうだ、もし撮影が早く終わったらお祭りに行きませんか?近くの神社でやるみたいなんです」

モバP「そうだな面白そうだし行ってみるか」

肇「はい、じゃあお家に連絡しておきますね」

13: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:08:32.22 ID:qBv+/GsB0

藤原家

肇「ここが私の実家です」

由愛(わわわ…大きいお家…!)

モバP「ここに来るのは契約云々の話しをするとき以来だな~いやぁ相変わらず緊張する」

肇「私達は着替えをしてきますのでプロデューサーさんは客間でお待ちください」

モバP「お、おう任せとけ(?)」

14: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:09:11.58 ID:qBv+/GsB0

肇「良かった…昔使っていた浴衣がピッタリで」

由愛「かわいい、ありがとうございます。肇さんも素敵ですよ」

肇「浴衣はよく着てましたから…でも…これは緊張しますね」

由愛「…?」

肇「…ううん。なんでもないよ、私も早く着替えなきゃね」

15: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:09:55.61 ID:qBv+/GsB0

モバP(広い部屋に一人っていうのはどうにも落ち着かないな…)


ガラッ

肇「お待たせしました」

由愛「あの…変ではないですか…?」

モバP「いや、二人とも良く似合ってるよ。なんだか雰囲気も変わったみたいだ」

肇「ふふっ。よく言われます。それでは行きましょうか」

17: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:13:38.00 ID:qBv+/GsB0

神社

モバP「大丈夫か由愛?」

由愛「はい…人がいっぱいいるところ苦手で…お祭り来たことなかったから…。き、今日はプロデューサーさんや肇さんがいるから…平気…です。…でも離れないでくださいね?」

モバP「あぁ、離れないから大丈夫だよ。おーい、肇も人混みに紛れちゃうからもうちょっと歩くペースを落としてくれ」

肇「あっ…すみません、早足になっていましたね。ふふっ、夏祭りなんて久しぶりなので嬉しくって…一緒にお祭り、楽しみましょうね」

18: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:14:25.83 ID:qBv+/GsB0

モバP「そうえば俺もお祭りなんて久々だなぁ。意外と人って居るもんだな」

肇「地元の人たちが一斉に集まりますから…あの、お願いがあるのですけど…手を繋いでくれませんか?…あっ、はぐれないように、ですから…ね」

モバP「そうだな、ほれ」ギュッ

由愛「えっと…私は裾…掴んでても良いですか?」

モバP「はぐれなければ手でも袖でも裾でも好きなところを掴んでなさい」

由愛「……えへへ♪」ギュッ

19: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:15:41.74 ID:qBv+/GsB0

モバP「それにしても色々な出店があるもんなんだな」

肇「あ、射的…」

モバP「なんだやりたいのか?」

肇「今までやったことがなかったので一度やってみたかったんです!」

モバP「せっかくだからやってみるか」

肇「ほんとですか!?よ~し、ならあそこのヌイグルミを狙いますから。私の腕前、よく見てて下さいねっ!」

20: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:17:21.57 ID:qBv+/GsB0

肇「えいっ…」ポンッ!

モバP「…弾かれたな」

的屋「惜しかったねぇ!後ちょっとで落とせそうなのに」

肇「もう一回、えいっ」ポンッ

的屋「あ~惜しかった惜しかった。ほらこれ。残念賞」

肇「プロデューサーさん、あの…あと一回いいですか?あと一回だけ…あのヌイグルミが欲しいのに…」

モバP「いいよ貸してみな。おっちゃん、弾を」チャリン

21: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:18:52.31 ID:qBv+/GsB0

的屋「へへっ!まいど」

モバP「…よし」

モバP(狙うのは正面ではなく景品のやや左上ッ!!回転をさせバランスを崩し、落とさせる…!)

モバP「…疾ッッ!!」ポンッ

ポトッ ピニャ!

肇「わぁ、凄い!やっぱりプロデューサーさんは凄いですっ!」

的屋「こりゃ参ったな。ほらお嬢ちゃん景品のヌイグルミだ!大事にするんだよ」

肇「ありがとうございます!」

22: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:19:44.37 ID:qBv+/GsB0

的屋「いやー流石だねアンタ、そういえば向こうの方においしい林檎飴の屋台があるって知ってたかい?是非行ってみるといいよ!」


モバP「ありがとうございます…でもその前にまだ残ってる弾を使い切らないと」ニヤリ

的屋「…………っち」

23: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:20:51.61 ID:qBv+/GsB0

由愛「私にも…こんなに沢山…!」

モバP「まぁおれが持ってたってしょうがないからな。今日お仕事頑張ったご褒美みたいなもんってことで」


肇「ありがとうございます…私、つい熱中すると抜け出せなくて」

モバP「俺も似たような経験あるからなぁ、チケットが全然仕事しないから次こそは次こそはって」

肇「……?」

24: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:21:47.88 ID:qBv+/GsB0

モバP「あぁ、いやこっちの話だ。由愛、林檎飴はおいしいか?」

由愛「はい、林檎飴…屋台の光でキラキラして綺麗で…甘くておいしいです」

肇「あそこにわたがし屋さんが!」

モバP「お、マジカルガールの袋で売ってるじゃんか!おっちゃん、二袋お願いします。ほらちゃんとマジカルガール・ユメも描かれているぞ」

由愛「恥ずかしいです…でも自分のお仕事がこうやって形になって行くのって少し…嬉しいかも…」

モバP「これからもっとそういう機会が増えてくぞ…と遅くなるのもまずいしそろそろ帰るか」

肇&由愛「はい!」

25: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:22:55.61 ID:qBv+/GsB0

藤原家

モバP「それじゃあ俺と由愛はホテルへ戻るから」

肇「あの…母がせっかくだから泊まって行きなさいって」

モバP「そこまでは流石にお世話になれないよ」

肇「どうにも私の活動とかこれからのこととかを聞きたいらしくて…」

モバP「それを言われると弱っちゃうなぁ。由愛をこれ以上連れ回すのも可哀相だし…分かった。今日はお言葉に甘えます」

肇「本当ですか!?ありがとうございます」

モバP「いやお礼をいうのはこっちなんだけどな…」

26: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:23:36.70 ID:qBv+/GsB0

モバP「それじゃあ俺は家族の方々とお話してくるから」

肇「ふふっ、そんなに固くならなくても大丈夫ですよ」

モバP「分かっているけど、自分にとって肇も肇のご家族にとっても大切なお話だから」

肇「プロデューサーさんらしいです。私と由愛ちゃんは先にお風呂に入っていきますね」

27: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:25:11.10 ID:qBv+/GsB0

モバP「えーっとそれでですね肇さんは今年に入ってから雑誌の取材と表紙を10本と…」

肇父「…Pさん、堅苦しい話は無しで今日は飲みませんか?」

モバP「いや、でも活動の報告を」

肇母「肇が楽しくやっているって事は帰ってきたときの表情で全部伝わっていますよ。あの子、同じ夢を追いかけてる大切な人達を紹介したいって嬉しそうに」

モバP「そうだったんですか…」

28: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:29:16.72 ID:qBv+/GsB0

肇父「だから、どちらかといえば僕達は貴方の事をもっと知りたいって思ったんです。ね、お父さん」


肇祖父「………。」

肇父「ははは、申し訳ない。父は職業柄、言葉ではなく所作で人を見る癖がありまして…どうかお気になさらず」

モバP「あ、はいありがとうございます。きっと肇さんが素直で居られるのはこのご家族があったからこそなんだなって思います」

肇父「いえいえ、僕からしてみれば一緒に手を取り合ってくれている人達が居るからだと…まぁ、夜は長いんですからゆっくりお話しましょう。一先ず乾杯しましょう?」

「「「乾杯」」」」

29: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:30:17.61 ID:qBv+/GsB0
ガラッ

モバP(不覚だった…飲みなれないお酒のせいで視界が揺れている…えっと寝室はここか…?駄目…眠…)バタッ

肇「えっと…プロデューサーさん…?」

由愛「…寝ちゃいましたね…?」

肇「一日ずっと付き添っててくれていましたからね。お疲れ様です」

由愛「お布団…かけなきゃ…んしょ…」

肇「私達もここで寝て大丈夫ですよね…?」

由愛「プロデューサーさんなら…安心します。あ、明日起きたら描いた絵を見てもらいたいな…」ガサゴソ

肇「そうですね、もう夜も遅いですし寝ましょうか」

由愛「お休み…なさいです」

30: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:31:04.27 ID:qBv+/GsB0

モバP「ん…水の音…?」

モバP「あれ…俺は肇の家にお邪魔してそれから…どうしてこんな所に川が…」
「~~~♪」


モバP「向こうから何か聞こえる」
「~~~~♪」


モバP「この声…」

肇「~~~♪」

モバP「やっぱり肇か」

31: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:33:05.61 ID:qBv+/GsB0

肇「え?プロデューサーさん!?どうしてここに…?」

モバP「それが俺にもさっぱりで…なぁ、もしかしてここって」

肇「夢の中です…ね。恐らく」

モバP「んん?だとしたらこの夢は俺が見ている夢なのか?肇が見ている夢なのか?」

肇「さぁ、私にもさっぱり…でも良いじゃないですかそんなこと。醒めてみれば分かりますよ」

モバP「それもそうだな…それに肇のその格好…」

肇「言わないで下さい!私も気づいたときからこの格好だったんですから…」

モバP「そうか、すまなかった…」

33: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:36:55.03 ID:qBv+/GsB0

肇「ふふっ、ですが、せっかく夢の中で巡り会えたのですから少しお話でもしませんか?」

モバP「そうだな、隣座るぞ」

肇「はい♪そうですねぇ。今日はお仕事もお祭りもみんなみんな楽しかったです」

モバP「それは良かった。そういえばあの時も言ったが浴衣姿似合ってたぞ」

肇「ありがとうございます。実はあれ、祖母の形見の浴衣なんです」

モバP「そうだったのか、そんな大切なものを」

肇「いえ、特別な浴衣を着て大切な人達と出かけられたので私は嬉しかったです。それに服は着るためにあるものですから」

34: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:38:08.12 ID:qBv+/GsB0

モバP「器も同じだな。使われてこそその物としての価値が出る」

肇「流石プロデューサーさんです。そこまで分かっていただけるとは」

モバP「俺はプロデューサーだからな」

肇「夢の中でもプロデューサーさんはプロデューサーなんですね。きっとその情熱の炎で藤原肇という作品を焼き上げてくれたのだと思っています」

モバP「買い被るなって、それは肇の努力と肇を支えてくれた人達のお陰だよ」

肇「なら、その支えてくれている人達の中にもプロデューサーさんは入っていますよ」

35: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:39:05.93 ID:qBv+/GsB0

肇「…実は祖父は最初、私がアイドルになることを反対していまして、少しだけですけど口喧嘩にもなったりしました」

肇「でも今なら分かるんです。祖父も私と同じくらい、ううん、それよりもずっと不安だったと。だから私は大丈夫。頑張っているよってちゃんと伝えなきゃいけないんです」

モバP「そうか、なら俺も手伝うよ、肇がどこへ居ても肇のお祖父さんの耳に元気な声が届くように」

肇「ありがとうございます。そうですね…いつか…いつか、こんな綺麗な空の下で歌うことをイメージして…」

モバP「俺ももっと肇が歌うところを見てみたいな。うん、そうだな約束するよ必ず最高のステージまで一緒に駆け上がることを」

肇「………ふふっ約束。ですよ」

モバP「あぁ約束だ」

36: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:39:51.59 ID:qBv+/GsB0

肇「…そろそろお時間のようです」

モバP「そうか、少しの間だったけど楽しかったよ」

肇「私もです。おかしな言い方かも入れませんが現実の方の私のことをよろしくお願いしますね」


モバP「あぁ任せとけ」


肇「プロデューサーさん。あの…!何も知らなかった私に…憧れのアイドル、全てを教えてくれたプロデューサーさんだから…もっともっと極めてみたい…一緒に…!」

37: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:41:03.24 ID:qBv+/GsB0

チュンチュン

モバP「ん…んぅ。こっちが現実か…?ん…顔に何か本が…これは由愛のスケッチブック…そういえば肇を描いたって言ってたな」

モバP「夢の使者…か不思議な夢を見たのはこれのお陰か…」

モバP「ん?」

肇「……ん……ふにゃ……ぷろでゅーさーさんと…いっしょ…がんばれる……から……」

由愛「…………んぅ」

モバP「oh…」

38: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 12:54:05.22 ID:qBv+/GsB0

30分くらい間空けます
すぐに戻りますので

39: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:29:17.99 ID:qBv+/GsB0
数10分後

肇「おはようございます」

モバP「おお、おはよう」

肇「どうしたんですか?顔真っ赤ですよ?」

モバP「いや…なんでもない…少しお酒を飲み過ぎたかな…ハハッ」

肇「もぅ、程ほどにしてくださいよ」

モバP「スマンスマン」

40: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:30:49.05 ID:qBv+/GsB0

肇「酔い醒ましの気分転換にお散歩でもしますか?近くに綺麗な川が流れて居いるんです」

モバP「そうだな、少し歩くか。由愛は…まだ寝てるな」

肇「昨日お疲れだったようで…お風呂に入る時もうつらうつらとしてましたので」

モバP「まだ13歳だもんな…肇がお姉ちゃんをしてくれたお陰で助かったよ」

肇「そんな!私はただ一緒に居て楽しいなって思ってただけなのでそんなお姉ちゃんだなんて」

モバP「助かったのは事実だから、由愛も喜んでたしな。それじゃあ川まで案内してくれるか?」

肇「え…あ、はい!」

41: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:31:42.17 ID:qBv+/GsB0

モバP「綺麗な所だな」

肇「素晴らしい日です。故郷の川で、プロデューサーさんと一緒にお散歩出来るなんて、こんな日が来るなんて夢にも思いませんでした。」

モバP「夢か…」

肇「…どうかなさいましたか?」

モバP「あ、いやなんでもないよ そうだな俺も夢みたいだ」

肇「昔ここでよくおじい…祖父と渓流釣りをしていました」

モバP「そういえば、釣りもできるんだったな」

42: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:32:43.75 ID:qBv+/GsB0

肇「はい、射的の上手いプロデューサーさんならきっと釣りもうまくできますよ」

モバP「そうだな、今度教えて貰おうかな。肇先生」

肇「先生だなんて茶化さないでくださいよ」

モバP「…今思ったけど肇って物腰は柔らかいけどかなり負けず嫌いだよな」

肇「そうかも…知れないですね。祖父と長く居すぎたせいか負けず嫌いな所も頑固な性格も移ってしまったのかもしれません」

肇「女の子っぽく無いですよね…肇という名前のせいか小さい頃も男の子達と野山で遊んでばかり居ましたし…」

43: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:33:31.29 ID:qBv+/GsB0

モバP「いや、良いんじゃ無いか?それらを含めて肇の魅力だと思っているし。なにより名前も性格も大切な人から貰ったものだろ?」

モバP「…それに肇は優しくて細かい気配りが出来る可愛い女の子だってことも知ってる」

肇「…はい!」

モバP「きっとおじいさんもそれと同じくらい、いやそれよりももっと肇の事を大切に思ってくれてるさ」

モバP「張り合うつもりでは無いけど、俺も同じくらいそう思ってる」

44: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:34:20.20 ID:qBv+/GsB0

肇「……ふふっ。プロデューサーさんまた顔が真っ赤ですよ」

モバP「お前だって真っ赤だぞ」

肇「あ、ええとこれはですね…いいです!プロデューサーさんの酔いが醒めたみたいなのでもうお家へ戻りますよ!」

モバP「分かったから怒るなよ」

肇(ありがとう…プロデューサーさん。今日の事は忘れません。どこにいても思い出せる様に、故郷の景色はいつも…この胸に)

45: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:35:13.83 ID:qBv+/GsB0

モバP「それではおせわになりました」

肇母「またいらしてくださいね。由愛ちゃんもね」


モバP&由愛「ありがとうございます」

肇母「それと肇、おじいちゃんから『やるなら1番を目指せ』って」

肇「んもぅ、おじいちゃんはいつもこうなんだから!」

肇母「あら、肇も同じ所あるじゃない、この前なんて…」

肇「分かったから、もうお母さんまで!…じゃあ行ってくるね」

肇母「はい、行ってらっしゃい」

46: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:35:54.25 ID:qBv+/GsB0

肇「1番…かぁ」

由愛「肇さんならきっと…できますよ」

モバP「もちろん肇だけじゃなく由愛もみんなもトップアイドルにするぞ」

由愛&肇「はい♪よろしくお願いします」



モバP「それじゃあ帰るか」

47: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:38:01.93 ID:qBv+/GsB0

数ヶ月後 ライブステージ

肇「私が憧れたアイドルらしい衣装、あらためて袖に腕を通すと…心が躍ります。プロデューサーさんありがとうございます!」

モバP「まぁ約束したしな」

肇「…約束ですか?」

モバP「あ、いやこっちの話だ」

肇「ふふっ…自然に笑みが、こぼれてきます!駆け出したくなりますね。プロデューサーさん、行きましょう!」

モバP「あ、おい!危ないから走るなよ!」


48: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:38:36.68 ID:qBv+/GsB0

肇(おじいちゃん…プロデューサーさん、聞いていてね私の歌声を…見ていてね誰も知らない、私の色を!)


肇「未知のときめきを感じたんです!プロデューサーさんが新しい私を引き出してくれたから!だから千色の彩りで、舞台を染め上げて最高のステージにしてきます。」



肇「それが、私が憧れイメージした、アイドルだと思うから!」

49: ◆ULuwYLs/ds 2015/11/02(月) 13:43:12.43 ID:qBv+/GsB0

おわりです!
一日早いですが成宮由愛ちゃん誕生日おめでとうございます(メインでかけなくてゴメンナサイ)
ありがとうございました。