1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:42:32.45 ID:3FFYrYak0
晶葉「そうだ。これでお前たちの友情がどれだけ深いかわかるぞ!」

卯月「へえー! 面白いですね!」

未央「いいじゃんいいじゃん! やってみようよ!」

凛「えー、私はいいよ……」

P「……」

晶葉「ちなみに、仲が悪い時かどうかもわかってしまうが、いいか?」

晶葉「自分が悪いと思ってなくても、心の奥底では薄々感づいていた的なパターンでもだ」

卯月「大丈夫です! 私たち、仲良しですから! ねっ、凛ちゃん」

凛「まあ……悪くはないと思うけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446550952

引用元: 【コンマ安価】モバP 卯月 凛 未央「友情度測定装置?」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:44:35.24 ID:3FFYrYak0
未央「よーし、じゃあけ」


P「まてぃ!」


未央「うわぁっ! ぷ、プロデューサー?」


P「……お前たちは今、ちょうど波に乗っているところだ」

P「仕事は増えてきてる。この調子でいけたら……そういう所に来ているんだ」

P「ここで……ありえないとは思うが、万が一、ユニットを解散……」

P「そんな状況になることだってあり得る」

P「……このリスクを顧みず行うほどのメリットが、あるだろうか?」

P「悪いが、俺に納得できるだけの理由を説明しないと、この友情度測定とやらをやらせることはできない」


未央「だって楽しそうじゃん!」

P「だよなよしやろう」

晶葉「早いな助手!?」

P「だって少なくとも仲が悪いなんてことはあり得ないし、大丈夫に決まってるし」

P「むしろ悪かったらここまでこれてないというか? これからのためにも確認はしといたほうがいいみたいな?」

晶葉「……まあ助手がそういうのなら構わんが」

晶葉(……大抵、自信満々の時は悪い結果がおこるのが助手なんだが……)

晶葉「一応もう一回だけ確認しておくが、ほかのみんなも大丈夫だな?」

卯月「私は初めにいった通り、大丈夫です!」

凛「私も別に構わないけど」

未央「私ももーまんたい!」

晶葉「……そうか、じゃあ始めるとしよう」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:46:20.37 ID:3FFYrYak0

晶葉「じゃあ軽く機械の説明をするぞ」

晶葉「好感度表示は(未央→卯月 65)みたいな感じに一方通行ででる」

晶葉「だから片方が高くても、もう片方は低い可能性がある」

晶葉「数値による具体的な仲の良さはこんな感じだ」


01~05 今すぐにも消えて欲しいと思っている
06~20 正直近寄りたくない、話したくない
21~30 ちょっと話しにくいかな
31~50 普通
51~60 ちょっと仲良し
61~70 結構仲良し
71~80 親友
81~90 恋愛感情?
91~99 間違いなく恋愛感情
100~ 大好き。今すぐこの気持ちを言いたい。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:47:32.79 ID:3FFYrYak0


P「……友情度測定だよなこれ。後半恋愛感情になってるけど」

晶葉「安心しろ、まずそこの値が出ることはない」

P「なら大丈夫だな!」

晶葉(まあ出るときは出るけどな)

晶葉「……よし、一通り説明が終わったところで、早速誰からいく?」

未央「はいはーい! 一番手、未央ちゃんでお願いしまーす!」



未央→凛 下2
未央→卯月 下3
未央→モバP 下4

ぞろ目の場合、次の下のコンマもプラスします。

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:47:58.10 ID:PdjwCY1jo
ksk

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:48:07.00 ID:A0T3qsqRO
お任せにゃ!

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:48:21.90 ID:ivl2Uoifo

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 20:58:08.74 ID:3FFYrYak0
00は100の扱いで

凛…10
卯月…190
P…90


卯月「……え?」

未央「ごめん。しまむー……」

未央「今まで隠してたけど、実はしまむーのこと……」

凛「ごめんちょっと待ってもらってもいいかな?」

未央「ん?」

凛「私の友情、すごいことになってるんだけど」

未央「い、いやー……キカイノコショウジャナイカナ?」

凛「そんな棒読みでいかれても」

未央「まあ正直……苦手意識はあったかもしれないけど……」

未央「でも! でもね!? 正直私もここまで低いつもりはなかったんだよ!?」

凛「そこまで必死になると余計に悲しいよ……」

未央「じゃあもういいよ勝手に悲しんでて。しまむーに告白するから」

凛「あ、泣きそうかも」

P「……あれ、卯月が高すぎるせいで俺の数値が……高いはず、なんだが……」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:05:38.55 ID:3FFYrYak0
未央「だって正直喋りにくいし。渋谷さん」

凛「あ、名前まで……」

未央「私の卯月に近づいてきて、目障りだよ」

卯月「あの……別に私は未央ちゃんのものでは」

未央「とにかく、私にはこれから話しかけないで」

未央「卯月やプロデューサーにも、できる限り話してほしくないけど……」

凛「……」

P「え、えーっと、俺のことは好きなんだよな?」

未央「え、あ、うん。大好きだよ」

P「そ、そうか。ありがとう」

P「じゃあ俺からのお願いだから、凛とも仲よくしてくれないか?」

未央「嫌だ」

P「えぇ……」

卯月「じゃあ私からのお願いです! 凛ちゃんと仲よくしてください!」

未央「いいよ!」

P「うわぁショック」

凛「私のほうがショックなんだけど」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:13:39.62 ID:3FFYrYak0
晶葉「ひどいことになったが……続けるか?」

凛「私は別にどっちでもいいよ……」

未央「私、しまむーの気持ちが知りたいな!」

卯月「わ、私ですか?」

P「……いや、もうやめよう」

P「これ以上やっても、何もいいことは―――」

未央「私だけやってほかのみんなはやらないとか……許されると思ってるの?」ギラッ

P「ひいっ」

未央「ぽちっとな」


卯月→未央 下2
卯月→凛 下3
卯月→P 下4

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:14:05.95 ID:vhI0u6xko

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:14:11.23 ID:Eacvnpbuo
まかせろ

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:14:11.30 ID:TFht3JlVO

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:20:31.95 ID:3FFYrYak0
未央…95
凛…23
P…30


未央「しまむー……!」

卯月「未央ちゃん……!」ダキッ

凛「ウワァソウシソウアイダ」

P「卯月に嫌われてたのか……俺」

卯月「別に嫌いではないですよ?」

卯月「話しにくいなってだけです!」

P「いや、それはどっちかというと嫌いな部類に入るよね」

卯月「凛ちゃんはもっと話しにくいですね!」

凛「へえ……まあ、さっきよりは悪くないかな」

P「それでいいのかお前は」

未央「しまむー……そっちみてないで、さ」

卯月「未央ちゃん……」

未央「ん……」

卯月「あ、そんな未央ちゃんいきなり……」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:24:44.31 ID:3FFYrYak0
エヘヘ、ハジメテノファーストキスダヨ
ワタシモデス、ミオチャン


凛「……」

P「……」

晶葉「……あー、なんだ。やるか?」 

凛「……まあ、ここまでやったら……」

P「次は、凛からにしておきなさい」

P「それならショックもないだろ?」

凛「うん……」


凛→未央 下2
凛→卯月 下3
凛→P 下4

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:25:22.97 ID:AI7XTVoko
そい

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:25:28.33 ID:PHPrRB0G0

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:25:29.67 ID:PaAjzt5JO
なかよし

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:31:53.41 ID:3FFYrYak0
未央 97
卯月 100
P 67


凛「私さ、実は二人のこと、大好きだったんだ」

P「凛……お前」

凛「仲間としてもだけど、恋愛てきな意味でも……多分好きだったんだと思う」

凛「こんな無愛想な私と、仲よくしてくれたから」

P「……でも! 二人は!」

凛「うん。二人は、私のことを嫌ってる」

凛「でも、それ以上に、二人のことが好きだから」

P「……」

凛「もう二人は両想いだからさ……正直つらいけど」

凛「今すぐは無理かもしれないけど、でも」

凛「普通に友達っていってもらえるぐらいには、これからもがんばっていきたいと思う」

P「凛……」

P(二人好きだけど俺は結構仲良し……複雑だ……というか今のところ俺だけ目立ったのがない。いや90でたけど)

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:37:13.53 ID:3FFYrYak0
晶葉「ラスト助手。やるか?」

未央「プロデューサーだけ逃げるとか、無しだぞっ」

卯月「まあ、正直私はどっちでもいいですけど」

P「あ、あっちの世界から戻ってきたのか」

凛「やらないなんて、言わないよね?」

P「まあ、やるけど……」

P(なんだろう。今更感がすごい)


P→未央 下2
P→卯月 下3
P→凛 下4

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:37:37.11 ID:k64tPxZtO

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:37:46.53 ID:hub5hkg0O

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:37:53.81 ID:kkI83OvlO
彼岸島

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:52:10.09 ID:3FFYrYak0
未央 64
卯月 53
凛 81


P「まあ、プロデューサーとして、こんなもんだろう」

未央「えー、未央ちゃんの数値低くない?」プンプン

未央「私はプロデューサーのこと好きなのに……」

P(あ、一応90だもんな。190のせいで全然目立ってなかったけど)

卯月「うわぁ! あんまり面白くない結果ですね! プロデューサーさんらしいです!」

P「……卯月性格変わってないか?」

凛「うん……というかプロデューサー」

P「……ん、まあ、?だからな。気にしなくていいぞ」

P「さっきの出来事とかで同情心的なポイントが乗っかってるだけだと思うし」

P(その可能性は正直非常に高い)

凛「そう……なら、いいんだけど」

未央「ちょっと、プロデューサーは私が話しかけてるんだけど」

未央「なんで渋谷さんが話してるの?」

凛「いや、卯月も」

未央「え?」

凛「いえ、ナンデモナイデス」

卯月「未央ちゃん! 渋谷さんもNGのメンバーなんですから、一応仲よくしてください!」

未央「わかった! めんごめんご、渋谷さん」

凛「あぁ……卯月まで苗字のさん付けに……!」

凛(でもどっちも好きだから許す!)

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:59:33.27 ID:3FFYrYak0
晶葉「これで一通りは終わったが……」

未央「ねえねえしまむー、これからデートしようよ!」

卯月「いいですよ! 未央ちゃん!」

未央「やった! じゃあどこにいこうか……あ、プロデューサーもくる?」

P「いや……遠慮しておく……」

凛「あの、私は」

未央「え?」

凛「お邪魔したくないから遠慮するよ!」

未央「だって、しまむー。二人きりだよ! 好きなだけイチャイチャできるね!」

卯月「えへへ……もう、未央ちゃんったら……」

ジャアカラオケニイコウ
フタリダカラッテエッチナコトシタラダメデスヨ?



晶葉「……なあ助手よ」

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 22:03:23.18 ID:3FFYrYak0
晶葉「やらないほうが、良かったんじゃないか?」

P「……そうだな」

凛「……うん、私もそう思うよ」





終わり