1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:17:34 ID:q5Ti9SEM
警察「そこまでだ!」

怪盗「くっ………これでもくらえ!」ヒ゜カァァァァァァ

警察「ぐぁぁぁぁぁぁぁ!」





シャロ「……うるさいですぅ……」ムクリ 


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:21:20 ID:q5Ti9SEM
シャロ「なんの騒ぎですかー」

シャロ「ふぁぁ……」

エリー「Zzz………」ケ゛シッ

ネロ「ぐぅ……いてっ」

ネロ「なにすんだよ!」ケ゛シッ

エリー「ふぁぁ!?」

ネロ「人が寝てるのに蹴るなよ!」ケ゛シッ ケ゛シッ

エリー「痛い……です……」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:24:03 ID:q5Ti9SEM
コーデリア「ちょっと……うるさいわ……」

ネロ「だってエリーが蹴ったんだぜー」

エリー「え……ご、ごめんなさ……」

ネロ「誠意を見せろよ誠意をー!」

シャロ「け、喧嘩はやめてくださいー」アワアワ

コーデリア「そうよ!」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:26:42 ID:q5Ti9SEM
ネロ「なんだよコーデリア、びんじょーすんのかー!」

コーデリア「そ、そういうことじゃない!」

ネロ「うそつけー!」ホ゛コッ

コーデリア「ぶ、ぶったわね!このー!」ケ゛シ

ネロ「やるかー!」

エリー「………」オロオロ 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:29:02 ID:q5Ti9SEM
エリー「や、やめてくだ……」

ネロ「エリーはうっさいんだよー!元々お前が悪いからだろー!」

コーデリア「私は悪くないのになんでぶったのよー!」

ネロ「コーデリアもうるさいからだろー!」

シャロ「や、やめてくださいぃぃ……」オロオロ 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:33:50 ID:q5Ti9SEM
石流「…………む?」

「うるせー!」「なによ!」「や、やめ……」「けんかダメですー」

石流「はぁ……またミルキィホームズか……」

石流「コラ!夜中にうるさいぞ!」カ゛チャッ

ネロ「ほら見ろ、コーデリアのせいで怒られたじゃないか」

コーデリア「どっちのせいよ!」

エリー「あ、あのね、これは、違うの……」オロオロ

石流「……違う、の?」

石流「ぐっ……鼻血が…… 」

石流(幼女のような口調だ……) 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:38:40 ID:q5Ti9SEM
エリー「わ、私が、蹴っちゃって、それで、喧嘩してるの……」

エリー「そ、それで……それで……」シクシク

石流「!?あー……っと、アンリエット生徒会長に報告しなければ……」

石流(鼻血が……)

カ゛チャッ

ネロ「ナイスエリー。あんまり怒られなかったね」

コーデリア「怒られないでどうするのよ!反省しなさいよ!」

ネロ「なんだとー!」

シャロ「あわわわ……」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:43:13 ID:q5Ti9SEM
石流「失礼します、報告があります」

アンリエット「どうしたのですか。真夜中ですよ。」

石流「ミルキィホームズのことですが……」

アンリエット「どうかしたのですか」

石流「喧嘩を始めたので仲裁しましたが、なんというか、喋り方が変なんです……」

アンリエット「喋り方……?」

石流「はい。まるで幼稚園児のような……」

アンリエット「……わかりました。通常業務に戻ってください」

石流「はい。失礼します。」カ゛チャッ 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:47:30 ID:q5Ti9SEM
アンリエット「どうしたのですか」

シャロ「あ、アンリエットさん!」

ネロ「ちぇっ……」

コーデリア「せ、生徒会長!ひどいんですー!ネロが、ネロがぁ!」シクシク

アンリエット「……早く寝なさい……」

コーデリア「うぇぇん……」

エリー「え、えっと、違うの。違うの……」オロオロ

アンリエット「言い訳は結構です。早く寝なさい」

エリー「……はい……」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 13:57:18 ID:q5Ti9SEM

シャロ「ふぁぁ……朝ですー!」

ネロ「あーあ……」

コーデリア「早く起きないと遅刻するわー!」

エリー「そう……だよ……」

ネロ「うるさいよエリーはー!」

シャロ「け、けんかはやめてくださいー」

コーデリア「さっさと学校に行くわよ!早く早く!」

ネロ「ちぇっ……」

エリー「うう……///」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:07:36 ID:q5Ti9SEM
根津「おはよー」

モブ「おはよう、根津君」

シャロ「おはようですー!」

ネロ「挨拶しなきゃダメって生徒会長言ってただろー。早く挨拶しろよ!」

コーデリア「それが大人の~♪マナぁー♪」

エリー「そう……だよ……」

クラスメイト「………!?」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:13:26 ID:q5Ti9SEM
根津「バカな……ミルキィホームズが遅刻してない……」

モブ「今日なんか降ってくるかも!」

クラスメイト「た、大変……!」

二十里「あっはぁーん?静かにしたまえ、生徒達。そしてこの僕の美しい体を……」

二十里「……なに?ミルキィホームズが来ているだと!?ワンダホー&ミステリックだ!なぜ急に遅刻を!」

シャロ「遅刻しないのが当たり前じゃないですかー」

ネロ「そうだよー」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:17:19 ID:q5Ti9SEM
根津「本当に今日はおかしい……」

シャロ「授業しないんですかー?」

コーデリア「一流のたんてーも、勉強しなきゃダメなのよ!」

エリー「………///」コクコク

二十里「あ、ああ……そうだったな……授業を始めるよぉぉぉ?」

石流「……おかしい……」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:24:50 ID:q5Ti9SEM
アンリエット「どうかしましたか?石流さん」

石流「はい。今日は授業に出席しています。定時通り。しかも、トイズを使う教科はまるでダメでしたが、
   その他の授業もそつなくこなしています。」

アンリエット「どこがおかしいのです?生徒のする当然のことです。」

石流「おかしいと言うのは……敬語を使えず、すぐに泣き出し、喧嘩を始めるんです。
   今まではある程度の小競り合いをした後、和解していましたが、往生際が悪くなったんです」

アンリエット「……そうですね、一度ミルキィホームズを検査してみましょう」

石流「わかりました。ミルキィホームズにもそのように伝えます」

アンリエット「頼みました」

石流「失礼します」

アンリエット「……どうしたのでしょう……ミルキィホームズは……」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:30:15 ID:q5Ti9SEM
数日後

シャロ「けんさってなんですかー」

ネロ「わかんないけど、楽しそうだなー」

コーデリア「楽しみだわ……」

エリー「……そう、かな……///」

カ゛チャッ

アンリエット「お待たせしました。これから少し健康診断をさせてもらいます」

ネロ「えー、健康診断かよー」

コーデリア「なんだ……」

シャロ「健康ですよー?」

エリー「そういう……問題…」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:35:38 ID:q5Ti9SEM
アンリエット「静かにしなさい。では、これを頭につけてください」

ネロ「わーすっげー!のーはを読み取るやつだ!」

エリー「えっ……知ってるの……」

ネロ「あったりまえだよ。エリー知らないの?」

アンリエット「早くつけなさい」

ネロ「ほいほい」カ゛ホ゜ッ 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:37:53 ID:q5Ti9SEM
カ゛ーッ………ヒ゜ーヒ゜ーヒ゜ー

ネロ「わー!かっこいいー!」

シャロ「わー、ネロだけずるいですー!」

コーデリア「な、なによあれ……怖いわ……」

エリー「……」シ゛ーッ

アンリエット「………!」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:40:50 ID:q5Ti9SEM
アンリエット「では次、シャーロックさん」

シャロ「はいですー!」カ゛ホ゜ッ

ヒ゜ーッヒ゜ーッヒ゜ーッ

アンリエット「次は、コーデリア・クラウカさん……」

コーデリア「怖いわ……」カ゛ホ゜ッ

ヒ゜ーヒ゜ーヒ゜ー

アンリエット「最後に、エルキュール・バートンさん……」

エリー「………」カ゛ホ゜ッ

ヒ゜ーヒ゜ーヒ゜ー

アンリエット「……はい。健康診断は終わりです。部屋に戻ってなさい」

「「「「はーい」」」」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 14:57:49 ID:q5Ti9SEM
石流「どうでしたか、診断は」

アンリエット「ええ。全員精神年齢が4歳児です。」

石流「!?それは……」

アンリエット「はい。今回の仕事は無しにします。予告状はまだ出していませんね?」

石流「はい。出していませんが……」

アンリエット「しばらく原因究明と、治療に徹することにします。義用務に戻りなさい」

石流「……わかりました。失礼します」

ハ゛タン 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 15:02:06 ID:q5Ti9SEM
ラット「なんだと!?精神年齢4歳児!?」

トゥエンティ「oh!なんていうことだ!仕事のしがいがないないなぁぁぁい!」

ストーンリバー「アルセーヌ様が決めたことだ。文句は無い」

ラット「そりゃあ、そうだけどよ……」

トゥエンティ「つまんないよぉぉぉぉぉぉ!早く脱ぎたいというのにぃぃぃぃぃ!」

ストーンリバー「早く脱げ」

トゥエンティ「キャッホォォォォォォォ!!!!」ハ゛サッ

ラット「……ったく……」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:07:26 ID:q5Ti9SEM
ネロ「ふぁーあ……つまんないなぁ。」

シャロ「コーデリアさん、私もお絵描きしますー!」

エリー「…………」カチャ…カチャ…

コーデリア「ああ~私のぉ~お花畑~♪」カキカキ

ネロ「エリーなーに作ってんの?」

エリー「あ、あのね…これ…」

ネロ「おっ!トランプタワーじゃん!」

ネロ「……………」ニヤ 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:15:25 ID:q5Ti9SEM
ネロ「あー、ちょっと空気悪くない?換気するよー」カ゛チャッ

エリー「あっ………!!」ヒ゜ュゥゥゥゥ ハ゜ラハ゜ラハ゜ラ

シャロ「トランプが飛んでますー!」

ネロ「あれー?飛んじゃったかな?ごめんね~」

エリー「ぁぅ………」フ゜ルフ゜ル

コーデリア「あー!また泣かしたー!」

ネロ「だって風が悪いんだもんね!僕のせいじゃないよ!」

コーデリア「窓開けたのあんたでしょ!」

ネロ「僕が全部悪いわけじゃないもん!」ケ゛シッ

コーデリア「やったわねー!」

シャロ「喧嘩はやめましょうよー」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:21:01 ID:q5Ti9SEM
ラット「うわっ、窓が!」ス゛ルッ

トゥエンティ「ワオ!」ツルッ

ストーンリバー「おっと!」ヒョッ

ス゛ト゛ン

ラット「いてててて………」

ストーンリバー「全く何をやっている……」

トゥエンティ「リバーだって落ちたじゃないか!」

シャロ「あー!ラッピングさんですー!」

ラット「俺はラットだ!ラットー!」

ネロ「ひどいんだよラットー!コーデリアがー!」

ラット「だから俺は……ああ、いいんだよそれで合ってるよ」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:25:23 ID:q5Ti9SEM
ネロ「だって僕は換気しようとしただけだよ!」

コーデリア「嘘でしょ!絶対エリーのトランプタワー壊そうとしただけだわ!」

エリー「あ、あの……」

ラット「それお前が悪いんじゃね?」

ネロ「う……ご、ごめん……」

エリー「い、いいえ……いいです……」

シャロ「良かったですー」

コーデリア「ふん!」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:37:20 ID:q5Ti9SEM
ストーンリバー「あまりこの姿で長居は良くない。さっさと帰るぞ」ヒソヒソ

ラット「そのつもりだぜ」

トゥエンティ「イェア!退散レッツゴー!」

ネロ「ねぇねぇラットー、うまうま棒あげるよー」

ラット「え?ああ……」

ネロ「ほら口開けてー♪食べさせてあげるからー♪」

ラット「はぁ!?なに言って…」

ネロ「……嫌なの?」

ラット「いや、でも、嫌では…無い…」

ネロ「はいあーん♪」

ラット「あ、あー……」

エリー「………////」チラチラ 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:40:19 ID:q5Ti9SEM
エリー「あ、あの……ストーンリバー、さん……」

ストーンリバー「ん?何だ」

エリー「あ、あーん………なんて……////」

ストーンリバー(くっ…鼻血が……)「……あ、あー……」

エリー「…………」ハ゜ァァァァァァ

ストーンリバー「ぐぁぁぁぁぁ!」フ゛シャワァァァァァァァァァ 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:45:05 ID:q5Ti9SEM
ストーンリバー「そうだった……全員4歳児になっていたのだった……!!」

エリー「お、おい、美味しい……?」

ストーンリバー「……あ、ああ。美味しいな」

エリー「……………////」ハ゜ァァァァァァ

トゥエンティ「マイハニー!僕にもだー!」

コーデリア「はい。お花」

トゥエンティ「oh……」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 18:57:51 ID:q5Ti9SEM
ネロ「今日は一緒に寝てよー寂しいからー」

ラット「ええー?でもどうしようかな……」

ラット「なぁ、いいか?」

ストーンリバー「…………ああ!しばらく仕事無いし一日くらい休んでいいか!」

トゥエンティ「なーにを言ってるんだいストーンリバー……」

ラット「今日は一緒に寝るぞー!」

ネロ「やったー!わーい!」

ラット「…………可愛い……」

エリー「え、あ、いいの……?」

ストーンリバー「ああもう全然大丈夫だぞ!」フ゛シャアアアアアアアアア

トゥエンティ「鼻血が!」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 19:02:52 ID:q5Ti9SEM
シャロ「お休みですー」

ネロ「うう……さむ……」キ゛ュー
ラット「寒い寒い……」キ゛ュー

エリー「あ、お、おやすみなさい……」
ストーンリバー「ああ、おやす……」フ゛シャアアアアアアアア

トゥエンティ「違うちがーう!僕の美しい体に花なんていらない!なぜならもっと輝いてしまうから!」

コーデリア「あーあー♪私のー♪お花畑にートゥエンティがー♪」カキカキ 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 19:08:51 ID:q5Ti9SEM

トゥエンティ「起きたまえ……」

ラット「うう……ネロぉ……」キ゛ュー

ストーンリバー「エリーは…私が……私が守る……この野菊のような…」

トゥエンティ「しっかりするのだヘーイ!?」ハ゜ァン

ラット「どわぁぁぁぁ!?」

ストーンリバー「ま、まずい……早急に出るぞ!」

ラット「書き置きおいておこう。『帰ります。また今夜来ます』っと……」

ストーンリバー「なぜ今夜も来ることになっている!」

ラット「え、だってネロが……」

ストーンリバー「……そ、そういうことだったら仕方ない……ふふ」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 19:13:02 ID:q5Ti9SEM
シャロ「朝ですー!」

ネロ「……あれ……ラットは?」

エリー「あ、ストーンリバーさん……」

コーデリア「手紙があるわ!えーっと……『…ります。また……ます』」

ネロ「読めないじゃないか!」

コーデリア「し、しょうがないでしょ!」

シャロ「早く行きましょうよー」

エリー「そ、そう、だよ……」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 20:27:00 ID:q5Ti9SEM
シャロ「あ、小衣ちゃんですー!」

小衣「小衣ちゃん言うなー!」ハ゛シィン

シャロ「なにしてるんですかー?」

次子「最近ここら辺で謎の怪盗が現れるってんで、調べに来たんだよ」

平野「そういうことです」

咲「お腹すいたなう」カタカタ 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 20:57:08 ID:q5Ti9SEM
シャロ「私達も協力します!」

ネロ「僕が解決してあげるよ!」

エリー「が、頑張る……」

コーデリア「私達に任せて!」

小衣「いや、無理」
次子「まぁそうだよな」
平野「早く行きますか」
咲「じゃあね」

シャロ「………うぇぇん!連れて行ってくださいぃぃ!」

小衣「ええ!?なんで!?」

ネロ「あーあー小衣が泣かしたー」

次子「あーあー」

咲「これは責任とらないとホラ」

小衣「ぐっ……」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 21:18:21 ID:q5Ti9SEM
シャロ「連れてってくれましたー」

エリー「泣き……落とし……」

コーデリア「流石ね!」

ネロ「やるなぁ」

小衣「しょうがなくなんだからね!しょうがなく!」

次子「照れんな照れんなwwwww」

平野「往生際が悪いですよ」

小衣「あんたら何言ってんの!?」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 21:47:25 ID:q5Ti9SEM
警官「先日『クソヤベェジュエル』を盗まれてしまいまして……」

小衣「これだから庶民はダメねー!このIQ1200000000000000の小衣に任せておきなさい!」

警官「そう言ってくれると助かります」

シャロ「私達も手伝いますー!」

警官「こんな感じの風貌です。『黒いマントに真っ赤な靴、ロリコン』です」

咲「最後のって風貌って言わないんじゃ…」

シャロ「わかりました!みんなで探しましょう!」

「「「おー!」」」

小衣「あんた達どこ行くのよー!?」

次子「さぁ……」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 21:57:04 ID:q5Ti9SEM
シャロ「どこですかーロリコンさーん」

コーデリア「いないわ……」

ネロ「おばちゃんうまうま棒ちょうだい」

コーデリア「ちょっとネロ!なにうまうま棒食べてんのよ!私にもちょうだい!」

ネロ「べーだ!僕とラットの分しかないよーだ」

シャロ「私にもくださいー!」

エリー「………」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 22:01:49 ID:q5Ti9SEM
___________________________

怪盗「どこだーどこだー次のお宝『マジパネェダイヤモンド』……」

警備「おい!誰だ!」

警備2「あ!例の怪盗!」

警備3「捕まえろ!」

怪盗「マズい!」

ヒ゜カァァァァァァ

警備「ぐぁぁぁぁぁぁ!!」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 22:17:21 ID:q5Ti9SEM
小衣「!?今の!」

次子「行くか!」

平野「はい!」

咲「うーす」

シャロ「今の声!」

エリー「怖い……です……」

コーデリア「私のうまうま棒よ!」

ネロ「僕のだ!」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 22:20:54 ID:q5Ti9SEM
小衣「……これは」

次子「なんじゃこら」

警備「ふぇぇぇん!」

警備2「ぶーん」

警備3「どかーん!ばーん!」

シャロ「わー!楽しそうですー!一緒に遊びます!」
ネロ「なにで遊んでるのー?」
エリー「…………////」
コーデリア「私の~♪お花~♪」

小衣「こいつらは何しに来たのよ!」

平野「遊びに来たんじゃないですか?」

咲「すっごい邪魔」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 22:49:16 ID:q5Ti9SEM
怪盗「悪いな!そいつらは心だけ子供の頃に戻した!」

小衣「あんたね!最近流行ってるロリコン怪盗!」

シャロ「やっつけます!」

ネロ「僕のうまうま棒!」

警備「やだー!」

コーデリア「私のよぉぉぉぉぉ!」

アルセーヌ「何をやっているんですか!」

シャロ「あ、アルセーヌも出て来ました!」

アルセーヌ「何で普通に遊んでいるのですか!あなた達は探偵でしょう!」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 22:53:32 ID:q5Ti9SEM
シャロ「探偵……?」

ネロ「……そうだ!僕達探偵だった!」

エリー「……今更……」

コーデリア「怪盗を捕まえるのが探偵の役目だわ!」

アルセーヌ「……今回は共同戦線です。奴を倒して、あなた達には元に戻ってもらいます!
      行きますよ!」

ラット「もちろんです!」

ストーンリバー「……少しもとに戻って欲しくないが……」

トゥエンティ「なーにを血迷ったことを言ってるんだい君はぁ?」

「「「「ミルキィホームズ、出動です!」」」」

*キュイイイイイイイイイイイイン 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:00:11 ID:q5Ti9SEM
小衣「私達だって行くわ!」
次子「覚悟しろ悪党!」
平野「いや、ロリコン!」
咲「最終回っぽい展開なう」

怪盗「面倒な……せいや!」キ゛ュィイィィィィィィィィィィィン

アルセーヌ「くっ……」

ストーンリバー「!?」
ラット「おわぁ!?」
トゥエンティ「あっはぁぁぁぁぁん?」

怪盗「これでどうだ!」

アルセーヌ「……あれ……私は……」

ラット「ぼーんって吹っ飛ばしてやるからな!」

ストーンリバー「ぐぅ、やっつけてやる!」チャキ

トゥエンティ「僕の裸体はさらに美しいぃぃぃぃぃ!さぁご覧全てをぉぉぉぉぉぉ!」

怪盗「なんだこいつら!」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:06:31 ID:q5Ti9SEM
小衣「このー!ちょー頭のいい私から逃げられると思わないでよ!IQ130のこの明智小衣がー!」

次子「ばーん!ばーん!」ト゛キュン

平野「私だって!」ト゛ト゛ト゛

咲「ゲームボーイアドバンスやろ」

シャロ「怪盗さんの好きにはさせません!」キュイン

ネロ「いけいけいけー!」ト゛ト゛ト゛ト゛

コーデリア「エリー!下よ!」

エリー「はいっ……///」フ゛ンッ

アルセーヌ「ストーンリバー!そこの柱を切りなさい!」

ストーンリバー「わかりました!」シ゛ャキン

アルセーヌ「ラット!トゥエンティ!柱の下を攻撃して!」

ラット「はい!」ト゛コ゛ォォォ
トゥエンティ「はぁぁっ!」シュハ゜ハ゜ハ゜ 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:09:12 ID:q5Ti9SEM
小衣「次子!シャンデリア落として!」

次子「よーし!」ハ゛ハ゛ハ゛

小衣「平野、シャンデリア打ち返して!」

平野「わかりました!」

小衣「咲、あと何秒で相手に当たる?」

咲「発射後約4秒」

小衣「いけるわ!」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:12:42 ID:q5Ti9SEM
怪盗「あわわ、あわわわわわわわわわ!」

ト゛ト゛ト゛ト゛ト゛カ゛ァァァァァンカ゛ッシャァァァァン

怪盗「ぶくぶくぶくぶく」

ハ゛チチチチッ

シャロ「………あれ?私どうしてたんですかー?」

エリー「…………?////」

コーデリア「あからさまな怪盗が倒れてるわ!逮捕よ逮捕!」

ネロ「はい逮捕した!」*カ゛チャン

小衣「……あら?あたし……」

咲「やっぱPSPやろ」

次子「……ん?あれ?」

平野「どうしていましたっけ……」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:17:30 ID:q5Ti9SEM
アルセーヌ「………私は一体何を……」

アルセーヌ「とりあえず、逃げますよ」

ラット「え?あ、はい!」
ストーンリバー「承知」
トゥエンティ「グッナイフォォォォォォォ!」

小衣「くっ…怪盗帝国に逃げられたわ……」

次子「まあまあいいじゃねーか。ロリコン怪盗捕まえたし」

シャロ「捕まえたの私達ですー!」

小衣「実質あたしが捕まえたようなもんなのよ!このIQ1300000000000000000000000000の明智小衣がね!」

咲「そうなのかな」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:24:03 ID:q5Ti9SEM
──数日後

二十里「あぁん?まーたミルキィホームズは遅刻かぁい?」

シャロ「遅れてごめんなさいですー」
ネロ「池にハマってて……」
エリー「ごめん……なさい……」
コーデリア「て、てへへへへ」

二十里「オーケーイ?授業を始めよう!」

「「「「うううー……」」」」

根津「なーにやってんだよ。ホントにダメだな」

ネロ「で、でも今日ラットが来てくれるから頑張るもんねーだ!」

根津「そうか……そ、そりゃ良かったな……////」

エリー「私も……頑張ります……ストーンリバーさん……////」

シャロ「私も頑張りますー!」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:26:12 ID:q5Ti9SEM

ネロ「あ!ラット!」

ラット「よぉ、寂しかったかー?なんつって」

ネロ「寂しかったよぉー!ほらうまうま棒!」

ラット「もふもふ……」
ネロ「もふもふ………」

シャロ「ラブラブですー!羨ましいです!」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:28:50 ID:q5Ti9SEM
エリー「………………/////」

ストーンリバー「…………」シ゛ッ

エリー「あ、あの………」

ストーンリバー「どうした」シ゛ッ

エリー「あ、な、なんでもないです……」

ストーンリバー「……そうか」シ゛ーッ


シャロ「何を見つめ合ってるんですかー」 


51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/17(日) 23:31:46 ID:q5Ti9SEM
ネロ「ほら食べさせてあげるー♪」
ラット「あー……うめぇ!」
ネロ「でしょでしょー?あはははは!」

エリー「………あの……今日も………////」
ストーンリバー「……ああ、添い寝でも何でもしてやる」
エリー「や、やった………////」ハ゜ァァァァァ
ストーンリバー「ぐぉぉぉぉ!」フ゛シャアアアアアアアア

コーデリア「ああ~私のお花畑~♪」カキカキ

シャロ「私もああいう風になりたいですー……」


シャロ「ふぇぇ…ですぅ…」終われ