1: ◆DzNaeEd20A 2015/10/30(金) 20:47:19.08 ID:gRHKZTq90
前回書いた執事のやつのアライズバージョンです

前回の

花陽「アイドルもいいけど執事もいいよね!」 

引用元: 英玲奈「執事喫茶アライズ」花陽「アライズ?」 

 

2: ◆DzNaeEd20A 2015/10/30(金) 20:52:24.64 ID:gRHKZTq90
花陽「アライズ.....A-RISE?」

花陽「ま、まさか.....」

花陽(き、気になる.....でも1人じゃなぁ....)

??「お店の前に立たれたら迷惑になるぞ?」

花陽「す、すみません!.....って英玲奈さん!?」

英玲奈「む、μ’sの小泉花陽か」

花陽「な、何で英玲奈さんがここに!?」

英玲奈「何故ってここは私達のお店だからだ」

花陽「や、やっぱりアライズってA-RISEだったんだ.....」

英玲奈「せっかくだから中に入っていかないか?」

花陽「い、いいんですか?」

英玲奈「もちろんだ、もう君は大事なお客様だ」

3: ◆DzNaeEd20A 2015/10/30(金) 21:22:29.18 ID:gRHKZTq90
カランカラン

英玲奈「ツバサ、あんじゅ、お客様だ」

花陽「お、お邪魔します」

ツバサ「あら、μ’sの小泉さんじゃない」

あんじゅ「ホントねぇ」

英玲奈「2人とも、お客様だぞ」

ツバサ「そうね、お帰りなさいませお嬢様」キリッ

あんじゅ「お帰りなさいませお嬢様」スッ

花陽「はわわわ.....っ///」

花陽(あのA-RISEの皆さんにお出迎えされるなんて///)

あんじゅ「大丈夫?緊張してる?」

花陽「だ、大丈夫です!」

あんじゅ「そう?じゃあ席に案内するわ。御手をどうぞ」スッ

花陽「は、はい///」スッ

4: ◆DzNaeEd20A 2015/10/30(金) 21:30:46.09 ID:gRHKZTq90
あんじゅ「こちらへどうぞ」スッ

花陽「あ、ありがとうございます」ガタッ

あんじゅ「メニューはこちらになります」スッ

花陽「は、はい」

あんじゅ「当店オススメはお絵描きオムライスになりますが如何でしょう?」

花陽「じ、じゃあそれでお願いします」

あんじゅ「かしこまりました、少々お待ちくださいお嬢様」

5: ◆DzNaeEd20A 2015/10/30(金) 22:15:48.76 ID:gRHKZTq90
キッチン

あんじゅ「お絵描きオムライス一つよ」

英玲奈「了解だ」カチャカチャ

ツバサ「私も手伝う?」

あんじゅ「やめた方がいいんじゃない?」

英玲奈「ツバサは壊滅的に料理が下手だからな、お嬢様に出せるものでは無い」

ツバサ「壊滅的って何よ!」

あんじゅ「まぁ適材適所ってやつよ、ツバサは接客、私と英玲奈は接客兼料理」

ツバサ「私リーダーなのに.....」

英玲奈「そろそろ出来るぞ、運んでくれ、あんじゅ」

あんじゅ「了解~」

ツバサ「私の仕事は.....?」

6: ◆DzNaeEd20A 2015/10/30(金) 23:35:54.56 ID:rErxxwn/0

花陽(あんじゅさんいつもと髪型違ってたなぁ....シュシュで纏めてて)

あんじゅ「お待たせしました、お嬢様」スッ

花陽「わぁぁ.....美味しそう」

あんじゅ「お絵描きはどうされますか?」

花陽「花陽の名前を書いて下さい!」

あんじゅ「かしこまりました♪」カキカキ

あんじゅ「....出来ました、どうぞお召し上がり下さい」

花陽「頂きます!」モグモグ

花陽「お、美味しい~///」

あんじゅ「それは良かったです♪」

花陽「モグモグ」

あんじゅ(ひたすら食べてるわね.....頬張ってるのなんてまるでハムスターみたい)クスクス

花陽「モグモグ」ペチャ

あんじゅ(あ.....)

あんじゅ「お嬢様、口元にケチャップが付いてますよ」フキフキ

花陽「え?あ、ありがとうございます///」

あんじゅ「よほど食べるのに集中してたんですね」クスクス

花陽「あぅ....///」

あんじゅ(か~わいい♪)

英玲奈「あんじゅ、少し手伝ってくれ」

あんじゅ「は~い」

あんじゅ(もう少し見てたかったのに残念ねぇ)

あんじゅ「では失礼します、お嬢様」

花陽「///」

8: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 00:11:12.90 ID:798LACIt0
キッチン

あんじゅ「なに?」

英玲奈「パフェを頼む」

あんじゅ「OK」

ツバサ(暇ねぇ.....)

あんじゅ「暇そうなそこの人」

ツバサ「誰が暇そうなそこの人よ」

あんじゅ「小泉さんのお冷無くなりそうだったから注ぎに行ってあげて?」

ツバサ「分かったわ」



9: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 00:13:58.07 ID:798LACIt0
花陽(は、恥ずかしかったぁ.....///口元に気をつけないと....)

ツバサ「失礼します、お冷のお代わりはいかがですか?」

花陽「あ、はい。お願いします」

ガラガラ....

ツバサ「どうぞ」

花陽「ありがとうございます」

ツバサ「オムライスの味はいかがですか?」

花陽「すごく美味しいです!」

ツバサ「それは良かったです、そのオムライスは英玲奈の手作りなんですよ」

花陽「そうなんですか?」

ツバサ「はい、英玲奈に美味しかったと伝えておきますね」

花陽「はい!」

ツバサ「それはそうと.....オムライスまだ残ってますけど少し量が多かったですか?」

花陽「い、いえそんな事ないです!」

ツバサ「.....お残しは許しませんよ、お嬢様?」

花陽「あ、いえそう言う訳でも無くて.....」

ツバサ「私がア~ンいたしますから食べましょう?」

花陽「え!?」

ツバサ「はい、ア~ン」スッ

花陽「え、あ、あの....///」

ツバサ「あ~ん」スッ

花陽「あ、あ~ん.....」パクッ

花陽「お、美味しい....です///」

ツバサ「お粗末様でした、お嬢様」ナデナデ

花陽「はぅ....///」

花陽(凄くいい....執事喫茶凄くいいよぉ.....///)

ツバサ「ではごゆっくりどうぞ」

10: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 00:43:37.71 ID:798LACIt0
キッチン

ツバサ「英玲奈」

英玲奈「ん、どうした」

ツバサ「小泉さんがオムライス凄く美味しいって言ってたわ」

英玲奈「そうか、満足してくれたなら私も作った甲斐があるな」

あんじゅ「英玲奈、オムライス一つ追加ね」

英玲奈「分かった」

英玲奈「♪」カチャカチャ

あんじゅ(随分上機嫌で作ってるわね)

ツバサ「英玲奈のオムライスの人気振りは凄いわね」

あんじゅ「私も食べたけどふわふわで美味しかったわぁ、人気出るのもわかるわ」

ツバサ「え?私食べた事無いんだけど....」

あんじゅ「頼めば作ってくれるんじゃない?」

ツバサ「英玲奈!私にもオムライス作って!」

英玲奈「今はお客様が先だ、また後でな」カチャカチャ

英玲奈「出来た、運んでくれ」

あんじゅ「OK♪」

ツバサ「英玲奈ァ.....」

11: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 00:44:59.22 ID:798LACIt0



花陽(はふぅ.....オムライス美味しかったなぁ.....ツバサさんにあ~んまでして貰っちゃったし///)

花陽「あ、そろそろ帰らなきゃ」

花陽「お会計お願いします」

あんじゅ「今日は初御来店なのでサービスです」

花陽「いいんですか?」

あんじゅ「はい、その代わりまたの御来店お待ちしております」

花陽「はい、必ず来ます!」

あんじゅ「では行ってらっしゃいませ、お嬢様」

カランカラン

ツバサ「お疲れ様、小泉さんが最後のお客様だったから今日は終わりよ」

あんじゅ「お疲れ様」

英玲奈「私達も帰るか」

ツバサ「ええ」



12: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 00:46:37.60 ID:798LACIt0

帰宅路

ツバサ「ねぇ2人とも」

英玲奈「なんだ?」

あんじゅ「なぁに?」

ツバサ「他の喫茶店とかって何かしらイベントやってるしウチの喫茶店でもやらない?」

あんじゅ「そうねぇ、まだイベントはやってなかったわね」

英玲奈「女性客が多いから女性が喜びそうなイベントにするべきだな」

ツバサ「.....ふっふっふ」

英玲奈「どうした?」

ツバサ「もうアイデアはあるのよねぇ」ニヤ

あんじゅ「なに?」

ツバサ「女性に大人気の【壁ドン】よ!」

あんじゅ「......ちょっとブームがズレてないかしら?」

ツバサ「だからこそよ!私達がやって再ブームを巻き起こすのよ!!」

英玲奈(ツバサがやりたいだけなんじゃないか.....?)

あんじゅ(ツバサがやりたいだけね.....)

ツバサ「ね?どうよ?」

英玲奈「.....いいんじゃないか?」

あんじゅ「そうね、壁ドンならあまり下準備入らなそうだし」

ツバサ「じゃあ早速明日からよ!壁ドンの時のセリフ考えときなさいよ!じゃあね!」タタタッ

あんじゅ「いっちゃったわね」

英玲奈「よほどやりたかったんだな壁ドンを」

あんじゅ「じゃあ私はこっちだから」バイバイ

英玲奈「ああ、気をつけてな」


13: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 00:48:28.44 ID:798LACIt0

ツバサ宅

ツバサ「明日が楽しみね!バリエーションも考えたとかないと....」

ツバサ「あ~楽しみ~♪」ゴロゴロ



あんじゅ宅

あんじゅ「壁ドンねぇ.....どうしようかしら?」

あんじゅ「.....ま、なんとかなるわよね、そろそろ寝ましょ」

あんじゅ「zzz」



英玲奈宅

英玲奈「壁ドンか、少し調べてみるか」スマホスイスイ

英玲奈「.....なるほどな、壁ドンにも色々種類があるんだな」

英玲奈「.....こうか?」カベドンッ

英玲奈「......」

英玲奈「1人で何してるんだ私は......」


15: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 12:39:44.70 ID:798LACIt0
翌日

部室

花陽(昨日は楽しかったなぁ.....今日の放課後も行こうかなぁ)ニコニコ

にこ「何だか今日はやけに上機嫌ね、花陽」

花陽「そう見えますか?」テレテレ

にこ「何照れてんのよ.....で、何があったの?」

花陽「それはね.....あっ!」

花陽(にこちゃんも.A-RISEのファンだったよね、秘密にして連れて行った方がビックリして喜んでくれるよね?)

にこ「で、何なのよ」

花陽「にこちゃん!」ガタッ

にこ「な、何よ?」ビクッ

花陽「今日の放課後空いてますか!?」

にこ「あ、空いてるけど.....」

花陽「花陽と少し出かけましょう!」

にこ「い、いいけど.....」

花陽「では放課後に三年教室に迎えに行きますから!」

にこ「う、うん」

花陽「じゃあ放課後に!」スタタッ

にこ「.....結局何だったのかしら?」


16: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 18:24:07.44 ID:798LACIt0
放課後
三年教室

キーンコー.....ガラガラ

花陽「にこちゃん!」

にこ「はやっ!まだチャイム鳴り終わってないわよ!?」

花陽「行きましょう!」グィッ

にこ「ちょ、待っ....うわぁぁっっ!!」

希「なんや騒がしかったなぁ」


17: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 18:26:43.15 ID:798LACIt0


執事喫茶


花陽「ここです!」

にこ「ハァハァ.....し、執事喫茶?」

花陽「そうです!」

にこ「花陽は執事に興味あったの?」

花陽「そうじゃないんだけどとにかくすごいの!」

にこ「そ、そうなの?」

にこ(花陽、テンション高過ぎじゃない?.....)

花陽「じゃあ入りましょう!」




18: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 19:45:44.98 ID:798LACIt0

執事喫茶

ツバサ「さぁ今日は壁ドンデーよ!」

あんじゅ「張り切ってるわねぇ」

英玲奈「やる気が有るのはいい事だな」

カランカラン

英玲奈「お、早速お客様か」

ツバサ「お帰りなさいませ、お嬢様」キリッ

にこ「.....え?」

ツバサ「あら、矢澤さんじゃない」

にこ「つ、ツバサが何でここに!?」

ツバサ「ここは私達のお店よ?」

にこ「え?」

英玲奈「執事喫茶アライズはA-RISEが経営しているんだ」

にこ「え、英玲奈....」

あんじゅ「私もいるわよぉ」

にこ「あ、あんじゅまで.....」

花陽「驚いた?にこちゃん」

にこ「驚いた.....てか何これ?A-RISEが執事だなんて、夢?」

花陽「現実だよ、にこちゃん」

ツバサ「ずっと立ってるのもアレだし席に案内するわね」

19: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 19:47:22.55 ID:798LACIt0


ツバサ「んんっ!.....では御手をどうぞ」スッ

にこ「え?」

ツバサ「御手を」

にこ「え、あ、えぇ!?///」

ツバサ「ではご案内します」ギュ

にこ「うぇぇ!?///」

英玲奈「花陽お嬢様は私がご案内します」スッ

花陽「あ、ありがとうございます」テレテレ


あんじゅ「私はキッチンにでもいようかしら」


20: ◆DzNaeEd20A 2015/10/31(土) 21:56:39.83 ID:798LACIt0

ツバサ「こちらの席になります」スッ

にこ「あ、ありがとうございます.....///」ガタッ

英玲奈「花陽お嬢様もどうぞ」ガタッ

花陽「ありがとうございます、英玲奈さん」

花陽「あ、昨日のオムライス凄く美味しかったです!あれ手作りなんですよね?」

英玲奈「はい、御満足頂けて光栄です」ニコッ

英玲奈「実は今日からイベントを始めましたので宜しければ如何でしょうか?」

にこ「イベント?」

ツバサ「壁ドンイベントです」

にこ花陽「壁ドン!?」

ツバサ「御経験はございますか?」

花陽にこ「な、無いです....」

花陽(これは、まさか3人の中の誰かにして貰えるんですか!?)

にこ(まさかツバサにして貰えるの!?)

ツバサ「如何致しましょう?」

花陽にこ「お願いします!」

ツバサ「ではこちらへどうぞ」

21: ◆DzNaeEd20A 2015/11/01(日) 00:26:00.22 ID:89c356hI0
壁ドンルーム(にこ)

ギギィィ.....


ツバサ「どうぞ」

にこ「あの.....ここは?」


バタンッ
ガチャ

にこ「あの、何で鍵を?」

ツバサ「.....」

にこ「ツバサ、さん?」

グイッ!

にこ「!?」

にこ(引っ張られて.....!?)クルッ

ドンッ!

ツバサ「矢澤さん.....いえ、にこ」

にこ「なななっ!?///」

にこ(ツ、ツバサに....か、壁ドンされて///)

ツバサ「にこ、貴女はとても可愛いわね」スッ

ピト....

にこ「っ!」ピクッ!

ツバサ「それはもう、いつまでも見ていたい程に」ナデ

にこ「ぁ....///」

ツバサ「ねぇにこ、私の物になりなさい」アゴクイッ

にこ「え?///」


22: ◆DzNaeEd20A 2015/11/01(日) 00:27:00.60 ID:89c356hI0


ツバサ「私は欲しいと思った物はどんな事をしても手に入れるわ。でも貴女は特別、こんなに人を愛おしく、誰にも渡したくないと思った事は無いわ」

ツバサ「だから、にこが欲しい」

にこ「そ、そんな事、急に言われても.....///」

ツバサ「ねぇ、もう.....我慢出来ないの、いいわよね.....?」スッ

にこ「ちょ、ちょっと待っ....///」

ガチャ

あんじゅ「はい終了~」

にこ「へ?」

ツバサ「あら残念、これからなのに」

あんじゅ「調子に乗り過ぎよ」

ツバサ「御満足頂けましたか、お嬢様?」

にこ「う、うん.....凄かった///」

にこ(フリだって分かってたのに凄くドキドキしたわ///)




あんじゅ「さて、あっちはどうかしら」


28: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:35:06.94 ID:Mq+1Xixg0


壁ドンルーム(花陽)

ギギィィ

英玲奈「どうぞ」

花陽「あ、ありがとうございます」

花陽(ここでされるのかぁ....///)

ガチャッ

花陽(か、鍵を閉めた!?)

英玲奈「.....花陽お嬢様」

花陽(こ、こっちに来てる....つ、ついに///)ジリジリ

花陽(!い、いつの間にか壁際に....)

トン

英玲奈「.....花陽」

花陽「は、はいっ///」

英玲奈「......何故だろうな、花陽を見ていると側で守ってあげたくなるんだ」スッ

花陽「っ///」ピクッ

英玲奈「保護欲.....いや、母性本能をくすぐられる、と言うやつか。私には花陽が可愛いく見えて仕方ないんだ」

花陽「ぁぅ///」

英玲奈「そうやって照れる所も愛おしい」ホホエミ

英玲奈「だから、私の側に居てくれないか?」

花陽「は、はいぃ///」

花陽(もっとガッツリ来ると思ったら凄く優しい.....英玲奈さんの大人っぽさも相まってキュンキュンだよぉ///)


29: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:36:50.58 ID:Mq+1Xixg0


ガチャ

あんじゅ「はい、終了~」

英玲奈「.....あんじゅか」

あんじゅ「見つめ合っちゃってぇ~やるわねぇ♪」

あんじゅ「楽しめたかしら?小泉さん」

花陽「は、はい///」

あんじゅ「ふふ、じゃあ次は私を選んでね?待ってるから♪」

花陽「え?」

あんじゅ「じゃあ席に戻りましょ」

英玲奈「ああ」


30: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:38:58.00 ID:Mq+1Xixg0


花陽「ただいまにこちゃん」

にこ「お、おかえり///」

花陽(顔真っ赤、にこちゃん)

花陽「あ、そろそろ遅いし帰ろっか」

にこ「そ、そうね///」


ツバサ「行ってらっしゃいませ、お嬢様♪」

カランカラン


31: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:42:25.46 ID:Mq+1Xixg0



ツバサ「はぁ~最高だったわ♪」

あんじゅ「満足した?」

ツバサ「まだまだやりたいわね」

英玲奈「ツバサはホントに好きだな、壁ドン」

ツバサ「だって楽しいじゃない?」

英玲奈「.....まぁそうだな」

あんじゅ「英玲奈が興味持つなんて珍しいわね、何かあった?」

英玲奈「.....さぁな」

あんじゅ「でもやり過ぎはダメよ?特にツバサ」

ツバサ「分かってる、じゃあ私達も帰りましょうか」

英玲奈「......ああ」

あんじゅ(ふーん.....)ニヤ


32: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:43:21.34 ID:Mq+1Xixg0
帰宅路



にこ「じ、じゃあ私こっちだから///」

花陽「う、うん。じゃあね」

花陽(にこちゃんずっと顔赤かったなぁ.....どんな事されたんだろ)




33: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:46:30.92 ID:Mq+1Xixg0


矢澤宅


にこ「っっ~~///」ゴロゴロ

にこ(あーーもうっ///ツバサーー///)

にこ(ヤバ、今日寝れないかも///)



花陽宅

花陽(今日は最高だったなぁ、まさか壁ドンされるなんて///)

花陽(.....英玲奈さんの壁ドン優しかったなぁ、壁トン、みたいな感じたで)

花陽(クールだしかっこいいし憧れちゃうなぁ///)


34: ◆DzNaeEd20A 2015/11/02(月) 00:49:10.89 ID:Mq+1Xixg0


ツバサ宅

ツバサ「あ~最高だったわ♪ 矢澤さんも喜んでくれたみたいだし良かったぁ」

ツバサ「次は小泉さんにしてみたいわねぇ♪」

ツバサ「.....シチュエーションとか考えた方がいいかしら?」


あんじゅ宅


あんじゅ「最近あんまり出番ないわねぇ、まぁ接客兼料理だし」

あんじゅ「でもまぁ小泉さんに次選んでね、って言ったし順番来るまで待ちましょうか」

あんじゅ(それに、ねぇ.....♪)


英玲奈宅

英玲奈「ふぅ.....今日は慣れない事をしたな」

英玲奈「.....」


ーーー

花陽「昨日のオムライス凄く美味しかったです!」



花陽「ぁぅ///」

ーーー


英玲奈「.....小泉花陽、か」



38: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:29:30.30 ID:PU++r26r0

翌日


花陽「おはよう、にこちゃん」

にこ「」ゲッソリ

花陽「ど、どうしたのにこちゃん!?」

にこ「あぁ花陽....おはよう.....」

花陽「だ、大丈夫?」

にこ「大丈夫....昨日ちょっと寝れなくてね.....」

花陽「そ、そっか.....」

花陽(今日もにこちゃん誘おうと思ったけど無理かな)

にこ「今日は家でゆっくりするわ.....」

花陽「うん、その方がいいね」


39: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:30:29.33 ID:PU++r26r0


執事喫茶

ツバサ「さぁ今日はイベント2日目よ!」

英玲奈「あぁ」

あんじゅ「今日は私の出番あるのかしらぁ」

カランカラン

花陽「ただいま~」

英玲奈「お帰りなさいませ、花陽お嬢様」

花陽「あ、え、英玲奈さん....///」

あんじゅ「顔真っ赤よ?小泉さん」

花陽「え、あ、えと.....///」

あんじゅ(可愛い♪)

ツバサ「はいはい、話しはそれぐらいにして席に案内しなさい。英玲奈はキッチン準備」

英玲奈「了解だ」

あんじゅ「こちらへどうぞ、花陽お嬢様」



40: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:33:22.31 ID:PU++r26r0


あんじゅ「お掛け下さい」スッ

花陽「ありがとうございます」

あんじゅ「お決まりになりましたらお呼び下さい」

あんじゅ「壁ドンイベントも継続中なので宜しければ如何でしょうか?」

花陽「お、お願いします!」

あんじゅ「ではこちらへどうぞ」



41: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:36:04.69 ID:PU++r26r0


壁ドンルーム

ガチャ

花陽(昨日の場所と同じだ....///)

あんじゅ「.....」

ドンッ!

花陽「!?」ビクッ

あんじゅ「小泉さん、いま昨日の事思い出してたでしょ」

花陽「えっ!?///」

あんじゅ「昨日の事思い出すなんて妬けちゃうわねぇ、私なんて眼中に無いのかしら?」

花陽「そ、そんな事は....!」

グィッ

花陽「っ!」

トンッ

あんじゅ「これ、手首ドンって言うんだって。動けないでしょ?」

花陽「.....っ、は、恥ずかしいです///」

あんじゅ「私と2人っきりなのに違う人の事考えてるからよ?」

花陽「ご、ごめんなさい....」

あんじゅ「謝っても遅いわ、もう私以外の事を考えられない様にしてあげる・・」スッ

花陽「っっ///」


42: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:36:52.97 ID:PU++r26r0



あんじゅ「.....ふふ、なんちゃって♪」

花陽「.....え?」

あんじゅ「怖がらせてごめんさい♪フリだからね?さっきの」

花陽(あ、そ、そうだった.....イベントだったんだ.....)ヘタ~

あんじゅ「大丈夫?そろそろ戻りましょ?」

花陽「は、はい」


43: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:42:13.42 ID:PU++r26r0



花陽「きょ、今日はもう帰りますね///」

あんじゅ「分かりました、行ってらっしゃいませ 花陽お嬢様」

カランカラン


ツバサ「あら?帰っちゃったの?」

あんじゅ「ええ」

ツバサ「残念、今日は小泉さんに出来ると思ったのに」

<スミマセーン

あんじゅ「呼ばれてるわね、行きましょうか」

ツバサ「ええ」


44: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:50:44.37 ID:PU++r26r0



花陽宅


花陽「.....」
ーーー

あんじゅ「私以外の事考えられないようにしてあげる・」


ーーー

花陽「///」

花陽(あああ~///ニヤケちゃうよぉ~///)ゴロゴロ




あんじゅ宅


あんじゅ「今日は楽しかったわねぇ、小泉さんの可愛い反応もみれたし♪」

あんじゅ「ホント小泉さんって小動物みたいで可愛いからついイタズラしたくなるのよねぇ♪」

あんじゅ「ふふ、また明日会えるかしら?」




45: ◆DzNaeEd20A 2015/11/03(火) 00:53:15.49 ID:PU++r26r0
今日終わり

なんかあんじゅは書くの楽しいな
キャラが把握しやすいからか?

見てくれた方ありがとう