1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 05:06:01 ID:JUGKWHgc
???「だったらあたしにまかせな!」

非力彩芽「ふぇ?お姉ちゃん…誰?」

怪力彩芽「アタイは怪力彩芽さ!」 

 

剛力彩芽(初回生産限定盤A)(DVD付)
剛力彩芽
SMR (2015-04-08)
売り上げランキング: 63,372
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:30:14 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「ほらちっこいの、そこどいたどいた」

非力彩芽「ふぇぇ……?」

怪力彩芽「見てろよ? こんなもんあたしの怪力をもってすれば……」ガッシリ

非力彩芽「もってすれば……」ワクワク

怪力彩芽「お茶の子さいさいさ! ふんぬりゃあぁぁ!」

非力彩芽「おぉ!」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:34:27 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「ぬ……ぐぎぎぎ」

非力彩芽「が、がんばれぇ怪力ちゃん!」

怪力彩芽「ちっくしょう、なかなか重てーじゃねぇか!」

非力彩芽「ふれぇ、ふれぇ、怪力ちゃん!」ワッショイワッショイ 

怪力彩芽「だあぁぁっ、見てないで手伝えよ!」

非力彩芽「ふぇぇっ!?」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:40:42 ID:0tPDNU02

―――

非力彩芽「だめだったね……」

怪力彩芽「あたしの怪力でも持ち上げられないなんて……」シュン

非力彩芽「ふぇぇ、落ち込まないで……」オロオロ

怪力彩芽「不甲斐ないぜ……」

非力彩芽「げ、元気だしてよぉ」アワアワ

怪力彩芽「非力……」

非力彩芽「怪力ちゃんが来てくれてうれしかったもん」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:46:06 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「……」

非力彩芽「それに、2人でダメなら3人でやればいいだけだよ!」

怪力彩芽「……へっ、全くその通りだな」

非力彩芽「うんっ」ニコッ 

怪力彩芽「ったく、あたしともあろう者が非力なんかに励まされるとはなあ」ワシワシ

非力彩芽「ふぇっ、頭撫でないでぇ」

怪力彩芽「おっ、あそこ見てみろよ」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:48:48 ID:0tPDNU02

非力彩芽「ふぇぇ?」

怪力彩芽「誰かいるぜ」

非力彩芽「ほんとだぁ」

怪力彩芽「ちょっと声かけてみるか……って、え!?」

非力彩芽「ふ、ふぇぇ! 猛スピードでこっちに来てるよおぉ!?」

怪力彩芽「ちっ、アブないタイプか?」 

非力彩芽「わ、わかんない」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:55:50 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「とにかく非力、あたしの後ろに隠れるんだ!」

非力彩芽「う、うん」ササッ

怪力彩芽「さぁ、来るなら来やがれ!」

???「おーい!」ダッダッダッ

怪力彩芽「あぁん?」

非力彩芽「ふぇっ、この声……」

???「ウチやでーっ!」ダッダッダッ 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 18:59:56 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「このテンション……」

???「お二人さぁーん! 何しとるーん?」ダッダッダッ

怪力彩芽「このうざさ……」

非力彩芽「ふぇぇ! ハリキリちゃんだぁ!」

ハリキリ彩芽「おっはぁー! はりきっとるぅ?」キラーン

怪力彩芽「相変わらず熱いな、お前」

非力彩芽「ハリキリちゃーん、久しぶりぃ」ニコニコ 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:05:30 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「おぅ非力たん、元気やったか?」

非力彩芽「うんっ、非力元気だよぉ」

ハリキリ彩芽「はーっはっは、そりゃ良かったわぁ!」

怪力彩芽「なにしにきたんだよ」

ハリキリ彩芽「ほんま連れんなぁ自分」

怪力彩芽「お前のテンションに合わせるとこっちが疲れちまうからな」

ハリキリ彩芽「まぁええけど。何か困っとったんやろー?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:10:14 ID:0tPDNU02

非力彩芽「ふぇぇ……実はそうなの」

ハリキリ彩芽「したらウチの出番や、手伝わせてーな!」

非力彩芽「ほんとにぃ? やったー」

怪力彩芽「おいおい非力まで……」

非力彩芽「これで3人、きっと持ち上がるよ!」ニパッ 

ハリキリ彩芽「なーるほど、こいつを持ち上げればえーちゅう話か」

怪力彩芽「まぁ、そういうこった」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:13:29 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「怪力自慢のあんたでもムリやったん?」

怪力彩芽「おう……」

ハリキリ彩芽「なんや暗いと思ったらそういうことかいな」

非力彩芽「怪力ちゃん……」

ハリキリ彩芽「ほらシャキッとしい! はりきって行くで!」

怪力彩芽「……そうだな、3人もいれば持ち上がるだろ」

非力彩芽「が、がんばろうねぇ」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:16:50 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「やるでー、ウチやったるでー!」フンッ 

怪力彩芽「よし、じゃあ非力とハリキリでそっち側を頼むぜ」

非力彩芽「うんっ」

ハリキリ彩芽「ウチにまかしときぃ!」

怪力彩芽「いいな、せーので行くぞ」ガシッ 

非力彩芽「ふぇっ!」ガシッ 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:22:20 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「ばっちこーい!」ガシッ 

怪力彩芽「……せー、のっ」

非力彩芽「ふんっ、ん~……」プルプル 

ハリキリ彩芽「だらっしゃああああ! おらおらおらぁぁ!」プルプル

怪力彩芽「おいハリキリ! いや非力もだが、そっちだけ全く浮いてねえじゃねぇか!」グググ 

ハリキリ彩芽「な、なんやてぇっ!? この気合いがぁっ、見えへんのかあああぁぁ!」プルプル 

非力彩芽「ふぇぇ……。た、たしかハリキリちゃんって」プルプル 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:24:08 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「威勢がいいだけだったな、いっつも……」グググ

ハリキリ彩芽「や、やかましいわ! もっと熱くなれよぉぉぉ!」プルプル 

非力彩芽「……」プルプル 

怪力彩芽「……」グググ 

ハリキリ彩芽「いてまえ打線~!」プルプル 


――― 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:27:24 ID:0tPDNU02

非力彩芽「……ふぇぇ」

怪力彩芽「……こいつは」

ハリキリ彩芽「……」ショボーン

非力彩芽「は、ハリキリちゃん。そんなに落ち込まなくても……」

ハリキリ彩芽「……なんや、あんたらまだおったんかいな」ハァ

怪力彩芽「それものすごくこっちのセリフだわ」

ハリキリ彩芽「今ウチは気分が悪いんや。あっち行ってくれへんか」ショボーン 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:31:24 ID:0tPDNU02

非力彩芽「ふぇぇ、ハリキリちゃんが落ち込んじゃった……」

怪力彩芽「落差が激しすぎるだろ……」

非力彩芽「ど、どうしようねぇ」

怪力彩芽「このバカは放っておいたら直るだろ」

非力彩芽「そうなの?」

怪力彩芽「バカだからな」

非力彩芽「バカは放っておけばいいんだね!」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:37:29 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「そう、触れないバカに祟りなし!」

ハリキリ彩芽「何やぁぁぁぁ!?」ガバッ 

非力彩芽「ふぇっ」ビクッ 

ハリキリ彩芽「関西人に向かってバカバカ言いよってこいつら……怒るで!」プンプン

怪力彩芽「……な? 直っただろ」

非力彩芽「すごいねぇ、怪力ちゃん」

怪力彩芽「いやー、それにしても汗かいたな」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:45:41 ID:0tPDNU02

非力彩芽「うんっ、少し休憩しよっか」

ハリキリ彩芽「なんや、やる気ないなぁ」

怪力彩芽「お前が言うか……」

非力彩芽「誰かが来たら手伝ってもらおうねぇ」

ハリキリ彩芽「そか。ほなウチトイレ行ってくるわ」

怪力彩芽「おう、いっトイレ」

ハリキリ彩芽「便器でな」

非力彩芽「ふぇぇ、なにかで見たやりとりだよぉ……」


――― 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:57:38 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「しゃあっ、トイレや!」

ハリキリ彩芽「トイレと言ったらふんばり! 気合いはいるでー」

ハリキリ彩芽「……むっ、なんやおかしいなぁ」

ハリキリ彩芽「なんでトイレの中やのに、こんな清々しい気分なんや……?」

~♪ 

ハリキリ彩芽「……なんか聞こえる?」

~~♪ 

ハリキリ彩芽「……これは、歌? 一体どこから……」

~~~♪ 

ハリキリ彩芽「むっ、この扉の向こうから聞こえるみたいやな」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 19:59:02 ID:0tPDNU02

~~~~♪ 

ハリキリ彩芽「誰や、出てきぃっ!」バターン 

消臭力彩芽「消~臭~力ぃぃ~♪」

ハリキリ彩芽「……」

消臭力彩芽「エステー」ボソッ

ハリキリ彩芽「……いや、お前はいらんわ」パタン 

消臭力彩芽「えっ……」


――― 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:05:07 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「戻ったでー」

怪力彩芽「おう。って、なんで消臭力がいるんだ?」

ハリキリ彩芽「知らへん。勝手についてきたんや」

非力彩芽「消臭力ちゃん、お部屋にいないと思ったらトイレにいたんだねぇ」

消臭力彩芽「私、トイレ用だから……」

非力彩芽「ふぇぇ、不潔だよぉ……」

消臭力彩芽「……」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:09:02 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「一応、これで4人だけど……」

ハリキリ彩芽「消臭力はちょっと役に立たんからなぁ」

怪力彩芽「うん、お前が言うな」

ハリキリ彩芽「誰かおらへんやろか……」

非力彩芽「ふぇっ、あそこで突っ立ってるのって……」

怪力彩芽「ん? 誰かいるな」

ハリキリ彩芽「声かけてみるか。おーい!」 


24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:14:08 ID:0tPDNU02

???「……なに?」

怪力彩芽「ちょっとこっち来て手伝ってくれねーか?」

???「やだ。めんどくさい……」

ハリキリ彩芽「め、めんどくさいって何やねん!」

怪力彩芽「おいまてハリキリ! こいつは……」

非力彩芽「ふぇぇ……他力ちゃん」

他力彩芽「あぁ、ナマポで暮らしたい……」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:16:14 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「一番のハズレをひいてしもたな」

怪力彩芽「……言うな」

他力彩芽「あぁ、芸人の息子がほしい……」

非力彩芽「だ、だめだよぉ他力本願は……」

他力彩芽「あんたらが言うな!」クワッ 

非力彩芽「ふぇっ!」ビクッ

他力彩芽「今さっき私に頼ろうとしたあんたらが言うな!」クワッ 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:36:16 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「いや、あたしらはちゃんと自分でもがんばるし……」

ハリキリ彩芽「そうやで! 失礼なやっちゃなぁ」

他力彩芽「ふん、あんたらだって助け合いがしたいんじゃない。助けてほしいだけなんだ……」

ハリキリ彩芽「……あかんわ! このマイナスオーラあかんわ!」

他力彩芽「他力本願をけなすくせに、自分1人じゃ何もできないじゃないか……」

怪力彩芽「だから、自分は何もしないってわけじゃないって」

他力彩芽「うるさいうるさい。楽できればそれが一番。ナマポだって、貰えるから貰うんだ……」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:40:08 ID:0tPDNU02

消臭力彩芽「いや、今ナマポ関係ないし……」

他力彩芽「いたの……?」

消臭力彩芽「!?」

他力彩芽「とにかく私は誰も助けない……」

怪力彩芽「こいつは……」

他力彩芽「あっちの人に助けてもらえば……?」

非力彩芽「あっち……?」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:41:54 ID:0tPDNU02
ハリキリ彩芽「おっ、なーんや。あっちにもおるやん」

怪力彩芽「こんな使えないやつはほっとくか」

消臭力彩芽「賛成! 大賛成!」

非力彩芽「いたの……?」

消臭力彩芽「!?」

怪力彩芽「おーい、そこにいる人ー!」

???「あぁん!?」ギロ 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:47:18 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「うわっ、いきなりキレてんであの人……」

???「……」

ハリキリ彩芽「……?」

長州小力彩芽「……キレてないっすよ」

ハリキリ彩芽「なんでやねんっ!」

怪力彩芽「ちょっ、落ち着けハリキリ!」ガッチリ

ハリキリ彩芽「離しいっ! あんなカビの生えたネタ見せられて黙ってられんわ!」バタバタ 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:49:44 ID:0tPDNU02

非力彩芽「ふぇぇ……ハリキリちゃんまで変になっちゃったよぉ」

怪力彩芽「ていうか、どいつもこいつも使えなさすぎだろ……」

???「お困りのようだね!」

怪力彩芽「もうこの時点でイヤな予感しかしないわ」

非力彩芽「ふぇぇ……」

???「きらきら輝く、未来の光!」

ハリキリ彩芽「なっ、まさか……」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:52:16 ID:0tPDNU02

他力彩芽「……」ドキドキ 

プリキュ彩芽「キュアハッピー!」キラーン

ハリキリ彩芽「キュアサニー!」ゴォッ 

怪力彩芽「あっ、じゃああたしはビュー」

他力彩芽「キュアビューティ……」ニヤッ 

怪力彩芽「……」

非力彩芽「ふぇぇ……。じゃあ、私は……」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:56:22 ID:0tPDNU02

プリキュ彩芽「君はピースだよ! あざといから!」

非力彩芽「ふぇぇっ!?」

プリキュ彩芽「行くよみんな!」

ハリキリ彩芽「おぉ、なんやようわからへんけど力が溢れてくんでー!」

他力彩芽「め、めんどくさいし……」ドキドキ 

怪力彩芽「あぁ、そう言えばあれをどかすのが目的だったっけ……」

非力彩芽「ふぇぇっ、なんだかいけそうな気がするよぉ」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 20:59:02 ID:0tPDNU02

プリキュ彩芽「今だっ! プリキュア・レインボーヒーリング!」ピッカアァーン 

怪力彩芽「おぉっ、これはいけそうな気が……」

シィーン 

プリキュ彩芽「……う、ウルトラハッピー!」

ハリキリ彩芽「何もおきんやないかい!」

他力彩芽「期待して損した……」

プリキュ彩芽「だ、黙れパチモン!」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:00:01 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「いや、それお前だろ」

非力彩芽「ふぇぇっ、カオスになってきちゃったよぉ」

???「オーホッホ、やっと見つけたわよ、怪力!」

怪力彩芽「……もう勘弁してくれ」

非力彩芽「ふぇぇっ、この子って……」

記憶力高芽「小学生の時に貸した300円、今すぐ返しなさい!」

非力彩芽「ふぇぇ……」


――― 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:03:48 ID:0tPDNU02

非力彩芽「ふぅ」

怪力彩芽「はぁ」

ハリキリ彩芽「ひぃ」

消臭力彩芽「……」

長州小力彩芽「……」

他力彩芽「だるい……」

プリキュ彩芽「ピースかわいいよピース」

記憶力高芽「300円返してもらいました」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:15:08 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「……なんかもうさ、こんだけいればできるんじゃね?」

ハリキリ彩芽「本気? 九割役立たずやん」

非力彩芽「ふぇぇ……ごめんなさい」

ハリキリ彩芽「いやいや、非力たんは役立たずちゃうでー! かわいいは正義や」

怪力彩芽「さて、どうしたもんかね……」

???「あら、あなたたち……」

怪力彩芽「……お前」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:19:58 ID:0tPDNU02

ハリキリ彩芽「なんや、えらい懐かしい顔やなぁ」

非力彩芽「ふぇぇ……」

原子力彩芽「……」

プリキュ彩芽「原子力ちゃん……。最近見ないから、心配してたよ」

他力彩芽「私も心配はしてた。してただけだけど……」

ハリキリ彩芽「どないしたん? 連絡もよこさんで」

原子力彩芽「……私はもう用済みなのよ」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:22:44 ID:0tPDNU02

怪力彩芽「……どういうことだ?」

原子力彩芽「私は高校の生徒会長をしていたの。それはもう大きな支持を受けてね」

他力彩芽「たしか、いろいろ革新的なことをやってたんだっけ……」

原子力彩芽「そうね。何よりもまずは生徒のために……。そう思って、自分の身を粉にしながら働いたわ」

プリキュ彩芽「そうなんだ、すごいね!」ハッピー 

原子力彩芽「おかげで学校生活がとても充実したものになった、ってみんな言ってたわ」

怪力彩芽「結構なことじゃねーか。ならなおさら、なんでいなくなったんだよ」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:28:24 ID:0tPDNU02

非力彩芽「……ま、まさか」

原子力彩芽「……たった一回よ」

ハリキリ彩芽「……」

原子力彩芽「たった一回の失態を見られて、手のひら返しのバッシングを浴びて」

非力彩芽「ふぇぇ……ひどいよぉ」

原子力彩芽「そうよ。とってもひどいこと。今まで私のおかげで学校生活を楽しんでいたくせに、あいつらは……」

消臭力彩芽「……」スピー 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:32:37 ID:0tPDNU02

非力彩芽「許せないよぉ! 抗議しに行かなきゃっ」

原子力彩芽「ふふ、ありがとう。私のために怒ってくれて」

非力彩芽「たった一回の失敗でそこまで責めることないもん!」

原子力彩芽「……でもね、それが責任ってものだと、最近思うようになったの」

非力彩芽「……ふぇっ?」

原子力彩芽「二回目が与えられないほどに重く、大事な物なんだと思う」

非力彩芽「ふぇぇ……それでいいの?」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:35:50 ID:0tPDNU02

原子力彩芽「うん、いいのよ。私がいなくなっても、私の功罪はなくならないもの」

非力彩芽「ふぇぇ……」

原子力彩芽「のちの生徒会長がそれを見て何を得るか。その種火になれただけでも、価値があったんだと思う」

他力彩芽「私には考えられない……」

ハリキリ彩芽「そら、お前は他力本願やなくて自己中なだけやん」

非力彩芽「よくわからないけど、原子力ちゃんがそれでいいなら……」

原子力彩芽「いつかあなたにもわかるわ。きっとね」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:37:39 ID:0tPDNU02

???「よく言った!」

ハリキリ彩芽「うわっ、またなんか来たでえ!?」

???「サイコキネシス!」

他力彩芽「なっ……!?」

怪力彩芽「あ、あんなに重い物が浮いてやがる!」

ハリキリ彩芽「おぉー、やったな非力たん!」

非力彩芽「う、うん!」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:38:52 ID:0tPDNU02

原子力彩芽「あなたは……」

キリンリキ彩芽「ただのエスパータイプさ。あばよ!」ヒュン

怪力彩芽「ふー、何はともあれこれで終わりだな」

ハリキリ彩芽「せやなー。久しぶりに楽しかったで?」

他力彩芽「まぁ、少しはね……」

プリキュ彩芽「えへへー、ウルトラハッピーエンドだね!」

消臭力彩芽「……まぁ、よかったね」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:45:13 ID:0tPDNU02
長州小力彩芽「……そうだね」

記憶力高芽「……うん」

原子力彩芽「さぁ、非力ちゃん。道は開けたわよ」

非力彩芽「ふ、ふぇぇ……」オドオド 

怪力彩芽「おいおい、ここにきて何を尻込みしてんだよ」

ハリキリ彩芽「ま、気持ちはわかるけどなー」

原子力彩芽「……非力ちゃん」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:46:12 ID:0tPDNU02

非力彩芽「……うん」

原子力彩芽「私たちのこと、忘れないでね」

怪力彩芽「……いつだって、一緒だからな」

ハリキリ彩芽「心の中に、っちゅーやっちゃな」

非力彩芽「みんな……」

他力彩芽「あんたなら、応援してあげなくもない……」

プリキュ彩芽「女の子は誰だってプリキュアになれるんだよ!」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:47:21 ID:0tPDNU02

非力彩芽「……うん、わかった。私、がんばるからね!」

怪力彩芽「おう!」

ハリキリ彩芽「元気でなー!」

原子力彩芽「自信を持って。あなたはもう、非力なんかじゃない……」

非力彩芽(みんな、ほんとうにありがとう……)



テッテッテッテー

テーテーテー、テレレレッテレー 

おめでとう! 非力彩芽は剛力彩芽に進化した!



――― 


47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/26(火) 21:48:25 ID:0tPDNU02

剛力彩芽「んっ……。また、あの夢かぁ」

剛力彩芽「えへへ。私、がんばってるよ? 辛いことも多いけど……」

剛力彩芽「だからみんな、見守っててね」

剛力彩芽「……心の中から、見守っててね」





終わりき彩芽