1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 09:39:55.41 ID:DF8fgFZY0
※ミーナとマルコが話してるのを淡々と書いたものです。
ネタバレ注意。多分短いです。

ミーナ「ラン、ランララランランラン」

マルコ「何歌ってるんだよミーナ」

ミーナ「どこかで聴いた歌。何だっけ」

マルコ「何だよそれ」

ミーナ「あーあ。退屈だね」

マルコ「そーだなあ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372639195

引用元: ミーナ「ミーナ、歌いまーす」 

 

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~初回限定版 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 625
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 09:40:55.57 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「ねえねえ私のこの髪型ってさ、ダサいかな?」

マルコ「んー何で?」

ミーナ「何か子供っぽい気がする・・・」

マルコ「十分いいと思うけどなあ」

マルコ「気に入らないなら変えてみたらどうだろう?」

ミーナ「ちょっとやってみようかな。よいしょ」

ミーナ「ジャーン!アニヘアー」

マルコ「おお、いいと思うぞ」

ミーナ「でっしょう、ふふん」

マルコ「でもアニと被るぞ?」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 09:42:00.64 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「あ、そうか。じゃあ下ろして」

マルコ「うんうん」

ミーナ「前髪をこうして、クリスタ!」

マルコ「お。悪くない」

マルコ「クリスタと被るが」

ミーナ「あーそっかあ・・・」

ミーナ「じゃあオリジナルで」

マルコ「ほほう」

ミーナ「お団子!」

マルコ「初めてみた。でも似合うなそれ」

ミーナ「うん。私もこれ気に入った」ニコニコ

マルコ「そっか」ニコニコ

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 09:43:13.01 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「あ、そういえばさあ!」

マルコ「うん」

ミーナ「私訓練兵に所属した時、家畜以下とか言われたじゃない!?」

マルコ「あー、あったねー」

ミーナ「それから皆が馬鹿にして来たんだよー」

ミーナ「 豚みたいなあだ名も出来たし・・・」グス

マルコ「それは可哀相に・・・」

ミーナ「だからマルコ何かあだ名つくって!」

マルコ「えっミーナに?」

ミーナ「うん!可愛いやつ!」

マルコ「うーん。ネーミングセンスないんだけどなあ」

マルコ「えーと・・・ミナミナ、ミナッち、ミナリン・・・」

ミーナ「あ、結構です」

マルコ「あ、はい」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 09:52:46.34 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「ねえねえマルコ」

マルコ「んー?」

ミーナ「マルコって何か心残りとかあるー?」

マルコ「うーん・・・いっぱいあると思うんだけど・・・」

マルコ「・・・あんまり覚えてないな」

ミーナ「そっかあ」

ミーナ「私は肉が食べたかったなあ」

マルコ「あー肉いいなあ。」

ミーナ「肉食べたーい」

マルコ「食べたいなー」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:04:29.02 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「こうしてると暇だねえ・・・」

マルコ「だなあ・・・巨人がいないのはいいけど・・・」

ミーナ「だよね、もう痛いのはいやだなあ・・・」

マルコ「ああ、そうだなあ・・・」

ミーナ「ズンチャッ、ズンチャッ、ズンチャッ」

マルコ「!?」

ミーナ「ズンズンチャ、ハイ!」

マルコ「えっ・・と、ラララーラーラーラー・・・」

ミーナ「ラララーラーラーラー!」

マルコ「ラララーランラーラー!!」

ミーナ「ヘイ!!」

マルコ「・・・」

ミーナ「・・・恥っずかし」

マルコ「・・・だな」

ミーナ「ちょっと今何か、とり憑いたよ私」

マルコ「・・・俺も」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:05:39.07 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「ねーアルミンっていたでしょー?」

マルコ「ああ、友達だ」

ミーナ「本当に女の子みたいだったよね、彼」

マルコ「・・・えっ」

ミーナ「ん?何?」

マルコ「ミーナ、知らなかったのか・・・?」

ミーナ「え、何ちょっと?」

マルコ「実は・・・ああこれ言えない」

ミーナ「えええ何!?言ってよもう!」

マルコ「本人に聞いたんだけどさ・・・」

ミーナ「うんうん・・」ドキドキ

マルコ「アルミンって女の子らしいんだ!!!」

ミーナ「えええ!?」ガーン

マルコ「なんてね」

ミーナ「殴っていい?」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:07:18.45 ID:DF8fgFZY0

ミーナ「トーマス。いい加減こっちおいでよー」

トーマス「うるせえ・・・」

マルコ「まあ無理もないかな、あんなに張り切ってたのに」

ミーナ「一番最初に負けたもんねえ・・・」

トーマス「うう、絶対勝てると思ったのに・・・」

ミーナ「もートーマスはあ」

マルコ「しょうがないな」

マルコ「もう一回やってやるから」

トーマス「本当か?」

ミーナ「でも次は無いからね?」

トーマス「分かった、じゃあ行くぞ!」

ミーナ「せーの」

マルコ「じゃんけん・・っぽんっ」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:08:47.84 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「トーマス戻っておいでよー」

マルコ「しかしジャンケン弱いなあいつ・・・」

ミーナ「そうだねえ・・・」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:11:11.22 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「暇だあ・・・」

マルコ「そー・・だなあ」ボー

ミーナ「・・・ハアッ!!」グワッ

マルコ「!?」ビクッ

ミーナ「私は、キースじゃ・・・」

マルコ「おおお、教官が乗り移った!?」

ミーナ「キースじゃああああああ!」

マルコ「うわああああああああ!!」

ミーナ「なんてね」

マルコ「ああ、さっきの・・・」ドキドキ

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:24:53.95 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「私さーエレンも来るかと思ったよ」

マルコ「え?ああ、あの時な」

ミーナ「だってあれはさすがにねえ」

マルコ「うん。俺もやばいかと思った」

ミーナ「だよね。でも本当びっくりしちゃった」

マルコ「あれはすごかった」

ミーナ「私も見てたんだけどさ。エレンってやっぱりすごい」

マルコ「ああ」

ミーナ「でも来ることにならなくて、良かったね」

マルコ「ああ」

ミーナ「出来れば、皆来ることにならずに済めばいいのにね」

マルコ「ああ、そうだな・・・」

ミーナ「・・・」

マルコ「・・・」

ミーナ「暇だなあ」

マルコ「ああ」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:27:55.86 ID:DF8fgFZY0
ミーナ「ん、誰か来たみたい?」

マルコ「え?」

ペトラ「あれ、どこ此処は?」

オルオ「おいおい、此処はどこだガキ共」

ペトラ「だからその口調やめてってば・・・」

ミーナ「私たちも分からないんです。気づいたらここにいて」

ペトラ「そうなんだ・・・」

ペトラ「でも何かいい所だね。すごく落ち着く」

ミーナ「そうなんですよ、だから今までマルコとお喋りしてました」

ペトラ「そっか」ニコ

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/01(月) 10:28:30.48 ID:DF8fgFZY0
オルオ「おい何をのんきに・・・」

ペトラ「ねえ、私達もいていいかな」

ミーナ「もちろんです。ぜひどうぞ」

マルコ「よければ一緒にお話しませんか」

ペトラ「じゃあ、恋の話でもっ・・・」キラキラ

オルオ「おっ!?」ドキ

ミーナ「いいですね、話しましょう!」キラキラ

マルコ「あはは、恋の話なんて、何を話せば・・・」

マルコ「・・・まあ いいか」


おわり