2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:10:30.89 ID:4A1gm+lio
チノ「この問題です」

マヤ「3人で考えたんだけど分からなくってさー」

メグ「ココアちゃんなら分かるかもって思って……」

ココア「まあ中学英語ならお茶の子さいさいだよ!」

マヤ「おお、自信満々!」

ココア「そりゃあ高校生ですから!」


チノ(この前英語で赤点取ってましたけどね)

引用元: ココア「英語の宿題が分からないって? お姉ちゃんに任せなさい!」 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:16:33.62 ID:4A1gm+lio
ココア「どれどれ……」

ココア「……あー、このパターンの問題ねー……はいはい」

メグ「わあ! 解き慣れてそうなセリフー!」


マヤ「いやー、チノの家で勉強会やって正解だったね!」

メグ「こういうとき高校生はホント頼りになるよねー!」

ココア「あはは……」


チノ「どうですか、ココアさん?」

ココア「……」


メグ「ココアちゃん、解けそう?」

ココア「……」


マヤ「……もしかして解けないの?」

ココア「い、いや! 解けないなんてことはないよー!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:21:59.67 ID:4A1gm+lio
チノ「ココアさん、無理しなくてもいいんですよ?」

チノ「ココアさんが英語苦手なのは知ってますし……」

ココア「む、無理なんてしてないよ!」

チノ「でも……」

ココア「いや、実はもう答えは出てるんだよ!」

ココア「だけどね、どうやって解説しようかなーって考えてて……」

マヤ「おお! もう解けちゃったんだ!」

メグ「スゴーイ!」

ココア「ハハハ……」

チノ「……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:24:31.62 ID:4A1gm+lio
マヤ「じゃあさ、解説は後でいいからとりあえず答えだけ教えてよ!」

ココア「え゛」

マヤ「実は提出が明日でさー、けっこう切羽詰まってるんだ」

ココア「そ、そうなんだ……」

ココア「……」


ココア「あああ! ちょっ、ちょっと急にお腹の具合が……」

メグ「ええっ! ココアちゃん大丈夫?」

ココア「ご、ごめんねー! ちょっとお手洗いに行ってくるよ!」

バタン


マヤ「ココアのやつ、大丈夫かなー?」

チノ(ココアさん……)

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:28:18.71 ID:4A1gm+lio
~廊下~


ピポパ! プルルルルルル

『はい、もしもし』

ココア「あ、シャロちゃん!? 今すぐ解いてほしい問題があるんだけど!」

『はあ? 何よいきなり……』

ココア「今すっごく追い込まれてるの! お願い!」

『わ、わかったわよ……どんな問題?』

ココア「中学英語だから、シャロちゃんならすぐできると思う!」

『え、中学英語ならアンタでもできるんじゃ……』

ココア「できないから電話してるのっ、もう!」

『ちょ、逆ギレしないでよ……』

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:32:33.54 ID:4A1gm+lio
『分かったわ、問題を教えて』

ココア「うん、読み上げるね?」

ココア「えーと……」

ココア「"すとらんじいずおうらしつあちおんへらうぽんえあらつ"」

ココア「これを訳してほしいの!」

『は? なんて?』

ココア「"すとらんじいずおうらしつあちおんへらうぽんえあらつ"」

『……それ本当に英語なの?』

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:34:54.94 ID:4A1gm+lio
ココア「もう! 中学英語だよ? 聞き取れないの?」

『アンタの発音が下手すぎんのよ!』

ココア「仕方ないんだから……じゃあメールで送るから早くね!」

『なんで微妙にえらそうなのよ……まあいいわ』

ココア「じゃあ一回切るね」

『はいはい』

ピッ

ココア「じ、時間がないよ……! 早くメールで問題文を……!」


チノ「送る必要はないです」

ココア「!」ビクッ

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:36:34.46 ID:4A1gm+lio
ココア「ち、チノちゃん!?」

チノ「分からないなら最初から正直に言えばいいものを……」

ココア「い、いや……分からなかったわけじゃないよ……!」

ココア「ただやっぱりさ、中学英語にしてはかなり難しい問題だったし? 一応シャロちゃんの意見も聞いておこうと、ね」

ココア「うん、それくらいレベルの高い問題だったよ! 中学英語にしてはね!」

チノ「まあ、もう解けたんでシャロさんの意見も必要なくなりましたけどね」


ココア「え」

ココア「解けたの……? あの問題を……?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:39:18.52 ID:4A1gm+lio
チノ「ええ、ココアさんが部屋を出て行ってから3人で改めて考え直したら、解けました」

チノ「どうせお手洗いかどこかで時間稼ぎしてるんだろうと思って、ココアさんに伝えにきたのですが……」

チノ「まさかシャロさんに電話で聞いているとは……」

ココア「う、うう……だって……」

チノ「本当にしょうがないココアさんです」ジトー

ココア「そんな目で見つめないで!」


ココア「だってだって! 高校生なのに中学の問題が解けないなんて、お姉ちゃんの威厳が無くなっちゃいそうで……」

チノ「最初からそんなの無いです」

ココア「ひどいよチノちゃん!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:42:16.60 ID:4A1gm+lio
ココア「せ、せめて……」

ココア「せめてメグちゃんとマヤちゃんには秘密にして!」

ココア「あの2人の前では頼れるお姉ちゃんでいたいの!」

チノ「そもそもココアさんはあの2人のお姉さんではありませんが……」


チノ「まあいいでしょう、私の口からはメグさんマヤさんには言いません」

ココア「……本当?」

チノ「ええ、約束します」

ココア「ありがとう! チノちゃん大好きー!」ギュー

チノ「だ、抱き着かないでください!」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:46:36.01 ID:4A1gm+lio
ココア「いい? このことは2人だけの秘密だからね!」ギュー

ココア「絶対、絶対だよっ!?」ギュウウ

チノ「く、くるし……っ」

ココア「ああっ! ご、ごめんねチノちゃん!」

チノ「……心配しなくても、私は口が堅い方です」

ココア「それなら安心だよー」

チノ「……」


チノ「まあ、私の口からは言いませんが……」

マヤ「直接陰から聞いてたりして」ヒョコ

メグ「ココアちゃん……」ヒョコ

ココア「」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:50:45.52 ID:4A1gm+lio
マヤ「『まあ中学英語ならお茶の子さいさいだよ!』」

ココア「うっ」グサ

メグ「『答えはもう出てる』って言ってたのは……ウソだったの?」

ココア「う、嘘じゃないよ……!」

ココア「ただ、ちょっと自信がなかったからシャロちゃんに確かめようとしただけで……」

マヤ「じゃあその『答え』を聞かせてよ! 私たちの出した答えと同じかどうか確かめたいし」


ココア「うっ……」

ココア「そ、それは……」

マヤ「ほらー言ってみてよー!」

ココア「え、えーと……」

マヤ「ほらほらー!」

ココア「あ……ああ……」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:51:36.00 ID:4A1gm+lio
ココア「うわああああああああああああああああ!」ダッ

チノ「こ、ココアさん!?」

メグ「どこ行くのー!?」

バタンッ


チノ「……逃げちゃいました」

マヤ「……ちょーっとからかいすぎたかなぁ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:52:50.10 ID:4A1gm+lio
~シャロの慎ましやかな家~


ココア「シャロちゃああああん!」ズビズビ

シャロ「うわっ! どうしたのよアンタ!」

ココア「チノちゃんの英語の宿題が私に解けなくて……」

ココア「それなのにチノちゃんたちが先に解けちゃって……」

シャロ「ああ……さっきの謎電話はそういうことだったのね」

ココア「これじゃ私もうお姉ちゃんって呼んでもらえないよおお!」ズビズビ

シャロ「心配するのは自分の学力でしょ……」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:55:59.62 ID:4A1gm+lio
ココア「お願いシャロちゃん! 私に中学英語を教えて!」

シャロ「えぇ……中学英語くらい自分で復習できるでしょ」

ココア「それができたら苦労はしないよ! もうっ!」

シャロ「開き直らないでよ……」

ココア「お礼に数学教えてあげるからー!」

シャロ「私別に数学苦手じゃないんだけど」

ココア「じゃあ理科!」

シャロ「理科も苦手じゃないわ」

ココア「じゃあ何の教科が苦手なの!」

シャロ「そもそも勉強は苦手じゃないわ」

ココア「じゃあ私……シャロちゃんに何もしてあげられないじゃん!」

シャロ「別に何もしてくれなくても……」

ココア「うぅ……自分の無力さが悔しい……!」

シャロ「聞いてる?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:57:33.75 ID:4A1gm+lio
ココア「分かったよ……じゃあ私のバイト代から……」チャリン

シャロ「要らないわよ!」

ココア「これが私の今の手持ち全部……」

シャロ「138円!? なんでそれだけしかないの!」

ココア「給料日前だから……」

シャロ「もうっ! お金積まれたからやってあげるってものじゃないわよ!」

ココア「くぅ……じゃあやっぱり私の体が目当てなんだね?」クネクネ

シャロ「追い出すわよ?」

ココア「すみませんでした」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 20:59:43.18 ID:4A1gm+lio
ココア「じゃ、じゃあ! もし英語ができなさすぎて留年したら、友だちの前でシャロちゃんに思いっきり泣きついてやるからね!」

シャロ「はあ? どういう意味よ……」


───

~シャロのお嬢様学校・校門前~


ココア「シャロちゃああん! 私留年しちゃったよお~!」

シャロ「い、いちいちここまで来て報告しなくていいから!」

友だちA「あら、シャロさんは留年するような人間のゴミと交流してらしたのね」

友だちB「お里が知れるわ……」

友だちC「下賤が移るわ……シャロさんには今後私たちに近づかないでいただこうかしら」

───


ココア「こんな感じでシャロちゃんの評判も下がること間違いないよ?」

シャロ「発想が邪悪!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:01:30.58 ID:4A1gm+lio
シャロ「はぁ……分かったわよ」

シャロ「とりあえず私が中学時代に使ってた参考書貸してあげるから、ちょっと解いてみなさい」

ココア「わぁい!」


ココア「おお、これがシャロちゃんの参考書……」ペラペラ

ココア「さすがだね! びっしり書き込みしてあるよ!」

シャロ「復習ができるように解答欄は空欄にしてあるでしょ?」

シャロ「後ろの方のページに中学の文法総まとめ問題みたいなのがあるから、まずはそれを……」

ココア「……"第3文型の例: I want Chiya to stay with me forever. "」

シャロ「ああああああ! それは消してええええええ!////」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:03:06.97 ID:4A1gm+lio
ココア「えー? でも中学英語の文法くらい余裕で解けちゃいそうだよ?」

シャロ「それができなかったからここに来たんでしょうに……自信だけはすごいわね」

ココア「じゃあ満点取れたらご褒美ちょうだい!」

シャロ「ご褒美?」


ココア「うーん、そうだね……1日間シャロちゃんを好きにできる権利とか!」

シャロ「いやよ!」

ココア「それじゃ代わりに……」

シャロ「そういうのは満点取ってから言いなさい!」

ココア「じゃあ解きながら考えるよ~」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:05:18.48 ID:4A1gm+lio
~数分後~


シャロ「……53点」

ココア「えぇ!?」

シャロ「何がご褒美よ……満点には程遠いじゃない」

ココア「う、うそだよ! 流石にそこまで低いわけが……」

ココア「シャロちゃん採点ミスしてるんじゃない?」

シャロ「現実を認めなさいよ! ……ん?」

シャロ「あ、ホントに採点ミスしてる……」

ココア「ほらー! ほらー!」


シャロ「点数を訂正するわ……49点」

ココア「えっ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:06:42.50 ID:4A1gm+lio
シャロ「……なんだか本当にココアが心配になってきたわ」

ココア「そ、そうでしょー?」

シャロ「仕方ない……今日はみっちり私が英語の基礎を仕込んであげるわ!」

ココア「はい! 先生!」


シャロ「じゃあまず参考書の3ページを開いて……」

ココア「その前に先生!」

シャロ「何よ?」

ココア「お腹がすきました!」グー

シャロ「知らないわよっ!」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:12:15.43 ID:4A1gm+lio
ココア「だってここまで走ってきたし……」

シャロ「はぁ……勉強はどうしたのよ?」

ココア「腹が鳴っては戦ができぬ!」

シャロ「腹が減っては、でしょ」


ココア「何か食べ物ないかなぁ……ケーキとかでもいいから」

シャロ「ケーキ『でも』!? アンタどんだけ高望んでるのよ……」

ココア「欲を言うとシャロちゃんの手料理が食べたいな! ハンバーグとか!」

シャロ「がっつり晩御飯!?」

シャロ「あのね、ウチでは牛肉使った料理なんてここひと月は食卓に並んでないわよっ!」

ココア「えっ」


ココア「……ごめん、ごめんね」

シャロ「真顔で謝らないでよ……」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:14:36.33 ID:4A1gm+lio
シャロ「分かったわよ……ちょっと待ってなさい」

ココア「シャロちゃん?」


トテトテ

ガサゴソ


シャロ「ほら、この前クッキー焼いたの」

ココア「わぁ! いただきまーす!」


サクサク サクサク


ココア「う~ん……美味しいっ!」

シャロ「そ、そう……よかったわ」

ココア「シャロちゃんって、お菓子作りも得意なんだね! 本当に美味しいクッキーだよー」

シャロ「もうっ! おだてても何も出ないんだからね!//」

ココア「シャロちゃんの淹れる紅茶によく合いそうだなぁ……」

シャロ「さりげなく紅茶を出させようとしないでよ!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:16:34.28 ID:4A1gm+lio
ココア「あー美味しかった……私今とっても幸せな気分……」

シャロ「じゃあ勉強始めるわよ」

ココア「……」ウトウト

シャロ「始める前から寝てるんじゃないわよ!」


スパーンッ


ココア「はわっ!?」

シャロ「アンタねぇ……本当にやる気あるの?」ワナワナ

ココア「い、いやあ……シャロちゃんと一緒にいると、なんだか心が安らいでくるんだよ」

ココア「だからこう、リラックスしすぎてついウトウトと……」

シャロ「もう! 言い訳ばっかりしてっ!」

ココア「ま、真面目にやります! ちゃんと勉強しますから!」


シャロ「優しく教えてあげようと思ってたけど、やっぱりアンタにはビシバシいくことに決めたわ! 覚悟しなさい!」

ココア「お、お手柔らかに……」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:19:07.44 ID:4A1gm+lio
シャロ「ちがあああああうっ! そこは前置詞要らないでしょうが!」

ココア「は、はいぃぃぃ!」



シャロ「canとmustを別の言い方で表すと?」

ココア「ええっと……」

シャロ「遅いっ! 3秒で答えなさい!」

ココア「ひえぇぇぇぇ!」


シャロ「またピリオド忘れてる! 何度言ったら分かるのっ!」

ココア「ご、ごめんなさあああい!」



~1時間後~


シャロ「じゃあ10分休憩ね」

ココア「」チーン

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:22:24.17 ID:4A1gm+lio
ココア「せ、先生……ちょっと厳しすぎじゃありませんかね……」

シャロ「これは愛のムチよ、心して受けなさい」

ココア「愛?」

シャロ「ええ」


ココア「愛、愛かぁ……えへへ」

シャロ「な、何笑ってるのよ……」


ココア「隙を見て逃げ出そうかと思ってたけど、もうちょっと頑張ろうっと!」

シャロ「逃げ出そうとしてたの!?」

ココア「やだなぁ、思ってただけだよ」

シャロ「はぁ……ホントにアンタの将来が心配だわ」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:25:36.54 ID:4A1gm+lio
ココア「でも、シャロちゃんはすごいねぇ」

シャロ「何がよ?」

ココア「頭もいいし、お菓子作りも上手いし、しっかりしてるし、かわいいし……」

シャロ「な、何よ急に……//」


ココア「それに比べて私は、頭もそんなによくないし、料理もそんなにできないし、そんなにしっかりしてないし……」

ココア「かわいいだけだよ……」

シャロ「自分で言っちゃう!?」


ココア「はぁ……私、ダメなお姉ちゃんだなぁ……」

シャロ「ココア……」

32: >>31はミスです、すみません 2015/11/28(土) 21:27:32.46 ID:4A1gm+lio
ココア「でも、シャロちゃんはすごいねぇ」

シャロ「何がよ?」

ココア「頭もいいし、お菓子作りも上手いし、しっかりしてるし、かわいいし……」

シャロ「な、何よ急に……//」


ココア「それに比べて私は、頭もそんなによくないし、料理もそんなにできないし、そんなにしっかりしてないし……」

ココア「かわいいだけだよ……」

シャロ「自分で言っちゃう!?」


ココア「はぁ……私、ダメなお姉ちゃんだなぁ……」

シャロ「ココア……」


シャロ「いや、そもそも誰のお姉ちゃんでもないから」

ココア「お姉ちゃんだもん! ダメダメだけどお姉ちゃんだもん!」

シャロ「そこは譲らないの!?」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:29:27.71 ID:4A1gm+lio
ココア「私も、シャロちゃんみたいになりたいなぁ……」

シャロ「……」

ココア「あ、ごめんね? お勉強教えてもらうはずだったのに、愚痴なんか聞かせちゃって……」

シャロ「ココア……」

ココア「これじゃ私、妹みたいだね……」

シャロ「どういう比喩?」


シャロ「……はぁ」

シャロ「何らしくないこと言ってんのよ」ギュム

ココア「む、むぐぐ……」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:31:42.16 ID:4A1gm+lio
シャロ「こんなこと言うのはなんか癪だけどね……」

シャロ「私は、アンタのことが羨ましいわ」

ココア「むぐ?」


シャロ「確かにおっちょこちょいなところもあるけど、アンタはとっても明るくて……まわりに元気を与えてくれる」

シャロ「誰に対しても恐れずに接していけるし、相手の心を開く力がある」

シャロ「それは私には無いものだから……」

シャロ「アンタはもっと自信持っていいのよ!」

ココア「ぷはっ……シャロちゃん?」


シャロ「将来が心配だなんて言ったけど、あれは嘘!」

シャロ「アンタならきっと上手くやっていけるわ……」

ココア「シャロちゃん……」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:38:22.33 ID:4A1gm+lio
ギュ

シャロ「あ……」

ココア「えへへ……ありがと、シャロちゃん」


シャロ「もう、急に抱き着かないでよ……」

ココア「私、頑張るよ」

ココア「シャロちゃんのお墨付きなんだもん、自信出てきちゃった」

ココア「私、シャロちゃんの友だちでよかったよ」

シャロ「ココア……」


シャロ「~~~~!//」

シャロ「もうっ! それでも英語はちゃんと勉強しないとダメなんだからねっ!」

シャロ「ほら、休憩終わり! 早く参考書開きなさい!」

ココア「ええー? あと5分……」

シャロ「文句言わないの!」

ココア「はぁ~い……」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:39:58.19 ID:4A1gm+lio
ピーンポーン


チノ「あのー……すみません」

シャロ「あら? どうしたの」

ココア「チノちゃん!」

マヤ「ココア! ここにいたのか!」

ココア「みんな……どうして?」

メグ「急に出ていったあと、戻ってこないから心配したんだよ?」

ココア「あ……」


シャロ「え、アンタ何も言わずに出てきたの?」

ココア「あはは……ごめんね」

チノ「もう、しょうがないココアさんです」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:42:29.30 ID:4A1gm+lio
マヤ「でも、こっちも謝らないといけないんだ」

ココア「え?」

チノ「先ほどココアさんに見せた問題なんですが……」

チノ「実はあれ、中学の範囲の問題じゃないんです」

ココア「え……ど、どういうこと?」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:43:30.60 ID:4A1gm+lio
マヤ「いやあ、ちょっとしたイタズラのつもりでさぁ……」

マヤ「私の兄貴が使ってる参考書から、ちょっと拝借してきた問題だったんだよ」

チノ「なので、私たちは最初から答えも知ってました」

ココア「そうだったの!?」

ココア「え、じゃああれは……中学英語じゃなくて高校英語!?」

メグ「ごめんねココアちゃん……」


ココア「なあんだ! だったら解けなくても仕方ないよね!」

シャロ「いや、仕方なくはないわよ……」

シャロ「っていうか、アンタさっき中学の総復習問題49て……むぐぐ!?」

ココア「いやー、道理で難しいと思ったよ」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:45:04.49 ID:4A1gm+lio
チノ「ココアさん、すみませんでした……」

マヤ「ごめんな!」

メグ「ごめんねココアちゃん」

ココア「あはは……大丈夫、怒ってないよー」



ココア「でも、そうやって人を騙すのはよくないよね?」ニッコリ

チノ「ひっ」ゾク

マヤ「え、笑顔が怖い……」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:47:50.61 ID:4A1gm+lio
ココア「3人にはちょっとした罰を受けてもらおっかなー!」ゴゴゴゴ

チマメ「……」ガタガタ



「「「ご、ごめんなさあああい!!」」」


 

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:49:50.76 ID:4A1gm+lio
~30分後~

チノ「こ、ここが凝ってるんですか? お姉ちゃん」モミモミ

ココア「あーそこそこ、気持ちいいなあ!」


マヤ「ふくらはぎの力加減はどうだい、アネキ!」

ココア「もうちょっと強めがいいかなー」

マヤ「了解!」


メグ「しゃ、シャロお姉ちゃん凝ってるねー!」モミモミ

シャロ「そ、そうかしら……」


ココア「いやあ、かわいい妹たちにやってもらうマッサージは気持ちいいねー!」

ココア「ねえ、シャロちゃん?」

シャロ「え、ええ……」

シャロ(なんで私まで?)

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:50:33.78 ID:4A1gm+lio
ココア「あ、もうこんな時間……帰らなきゃ」

マヤ「じゃ、じゃあ私たちもこれで……」

ココア「うん! 帰ろっか!」

ココア「……ココアお姉ちゃんと、かわいい妹たちのお家にね♪」

メグ「妹……『たち』?」


ココア「せっかく『今日一日はお姉ちゃんの言うことをちゃんと聞く妹になる』って約束してもらったんだもんね」

ココア「今夜はお泊り会だよー!」

マヤ「そ、そんな急に!」

ココア「ちなみに、2人の親御さんにはもう電話済みです」

チノ「そういうところだけ段取りが早いんですから……」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:51:31.17 ID:4A1gm+lio
ココア「シャロちゃんもどうかな?」

シャロ「私はいいわ……宿題残ってるし」

ココア「そっかぁ……残念」


ココア「それじゃシャロちゃん、今日はありがとうね」

シャロ「……ちゃんと復習はするのよ」

ココア「もちろん分かってるよ!」

ココア「行こう! チノちゃん、マヤちゃん、メグちゃん」

チマメ「はい、お姉ちゃん……」

シャロ「気を付けて帰るのよー」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 21:57:13.60 ID:4A1gm+lio
シャロ「……」

シャロ「はぁ……チノちゃんたちに偉そうにしてたけど、結局中学英語もダメダメじゃない……」

シャロ「いつまた泣きついてくるやら……ん?」

シャロ「このページの書き込みって……」


"第3文型の例 その2: We'll be best friends forever, Sharo-chan! "


シャロ「ココア……」

シャロ「はぁ、これのどこが第3文型なのよ……今度会ったらまたみっちり教えてあげなきゃ!」


シャロ「……ふふふ」



END