1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:31:13.18 ID:9upaic3FO
結衣宅

結衣「京子…」ユサユサ

京子「んん~…」

結衣「おい、京子!」ユサユサ

京子「何だよ~もう少し寝かせろよ~」

結衣「早く起きないと学校遅刻するよ!」ユサユサ

京子「あ~もう、うるさいなぁ~!」

京子「分かった分かった、今起きるって!」

ガバッ

結衣「……」

結衣「…京子?」

京子「結衣…?」

結衣「お前、何か……デカくない?」

京子「……」

京子「…へっ?」

引用元: 京子「じゅうきゅうさい~♪」 

 

ゆるゆり さん☆ハイ! 第1巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 309
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:40:06.14 ID:9upaic3FO
京子「そう言われると…」

京子「服とか下着が少しキツい気が…」

結衣「京子、立ってみて!」

京子「う…うん!」

スク

結衣「……」

京子「……」

京子「…結衣が小さい」

結衣「お前がデカいんだよ!」

京子「何これ!?」

結衣「知らないよ!」

京子「どうしよう~結衣~~!」アタフタ

結衣「とりあえず落ち着けよ!」

京子「えぐ…えぐ……」

結衣「あぁ、もう!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:46:23.56 ID:9upaic3FO
結衣「とりあえず、昨日なんか変わった事無かった?」

京子「えっと…」

京子「黒ずくめの男に薬を飲まされた」

結衣「名探偵か!」

京子「いやいや、白ずくめの女だった」

結衣「西垣先生か!」

京子「胸が大きくなる薬だからって」

結衣「自ら飲んだろ、それ!」

京子「副作用で少し髪が伸びるとか」

結衣「全身が伸びちゃったよ!」

京子「肝心のお胸はぺったんこ」

結衣「……」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 16:57:41.07 ID:9upaic3FO
結衣「話は大体分かったよ…」

結衣「とにかく、西垣先生に連絡だ!」

ピッピッピ

結衣「……」

結衣「…もしもし、二年生の船見結衣です」

結衣「西垣先生は居ますか?」

ーーーーー

結衣「元に戻る薬は数日あれば作れるってさ」

京子「数日か…」

京子「ちゃんと期間を設定しないのは、長期連載になった時の為かな?」

結衣「名探偵から離れろよ!」

京子「それとも、打ち切りが決まった時すぐ話を畳めるようにかな?」

結衣「……」

結衣「…はぁ」

結衣「これだけ元気なら、もう心配はないな」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:13:25.19 ID:9upaic3FO
京子「私の正体を知る人間は少ない方がいいよな!」

結衣「いやいや、私一目でお前が京子だって分かったし…」

京子「それじゃあ、まずはお母さんに電話だな!」

結衣「…まあ、順当に行けば親だよな」

ピッピッピ

京子「……」

京子「…ぐっもにぃ!お母さん?」

京子「私、これから未開の地へミラクるん広める為の旅に出るんだけど」

結衣「おいコラ!!」

京子「うん、数日で戻るよ!それじゃあ!」ピッ

結衣「納得しちゃうのかよ!?」

京子「…と、言う訳でしばらく結衣の家に泊まるから!」

結衣「どんな訳だよ!?」

結衣「はぁ…全く、しょうがないなぁ……」

京子「えへへ~♪」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:23:12.14 ID:9upaic3FO
結衣「それで…」

結衣「京子は元に戻るまで、私の家でダラダラしてる気?」

京子「し、失礼な!」

京子「私がそんなダラけきった人間に見える!?」

結衣「今日だって、時間ギリギリまで寝てただろ!」

京子「あっ、そうでした…」

結衣「はぁ…で、どうすんの?」

京子「私はこの大人の体を使ってだね!」

結衣「…大人の体を使って?」

京子「大学に入る!!」

結衣「……」

結衣「…はっ?」

結衣「大学ぅ!?」

京子「へっへ~♪」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:32:18.35 ID:9upaic3FO
京子「結衣、驚いた~?」

結衣「そりゃ、驚くだろ!!」

京子「私、一度は大学に行ってみたかったんだよね~」

結衣「年を取れば、嫌でも入れるだろ!」

京子「頭良くなきゃ、好きでも入れないよ?」

結衣「そう言う意味じゃなくてさぁ…」

結衣「はぁ…で、どこの大学に入るの?」

京子「ん~、別に決めてないけど?」

結衣「お前、思いつきで言っただろ!?」

京子「バレたか!」

京子「でも、入ると決めたからには本気で入るよ!!」

結衣「めんどくさいから、やっぱやらない…だろ?」

京子「今日はやる!」

結衣「はぁ…分かったよ」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:41:55.63 ID:9upaic3FO
結衣「確か、あかりのお姉さんが大学生だったよな…」

京子「そんじゃ、あかりんち行くか!」

結衣「まあ、あかりの迎えにも行かなくちゃだしね」

京子「よっしゃー行くぞぉーーっ!!」ダッ

結衣「待て、京子!服、服っ!!」

ーーーーー

京子「何このダッサい服…」

結衣「缶コーヒーのシール集めて当てたTシャツだよ」

結衣「大人サイズだし、ちょうどいいだろ?」

京子「ちぇっ…」

結衣「ほら、あかりの家に着くよ」

京子「お、おうよ!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 17:52:49.65 ID:9upaic3FO
ピンポーン

京子「オラァ出てこい、あかりぃ!!」

京子「京子ちゃんが迎えに来てやったぞぉ!!」

結衣「正体隠す気ねぇーのかよ!?」

京子「早くしないと遅刻するぞ!!」

結衣「お前のせいで迎えが遅れたんだろ!!」

ガチャ

あかね「…ごめんなさいね、2人共」

京子「いきなり本命きたぁぁぁーっ!!」ビクゥ

結衣「さっきまでの威勢はどうした!?」

あかね「あかりは、2人が遅いから私が先に学校に行かせて…」

あかね「あら?」

あかね「あなた…京子ちゃん……なの?」

京子「何故、分かったし!?」

結衣「さっき自分で名乗ってただろ!!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:06:14.90 ID:9upaic3FO
カクカクシカジカ

あかね「…そう、それで京子ちゃんは大人になっちゃった訳ね?」

京子「いや~それほどでも~~」テレ

結衣「どこも褒めてねぇーだろ!」

結衣「はぁ…それから、大学に行きたいって聞かなくて……」

あかね「京子ちゃんは、私の行ってる大学に行きたいの?」

京子「はい!私、ずっと憧れてたんです!!」

結衣「……」

あかね「今から大学に入るには、編入試験を受けるしか無いわよ」

2人「「編入試験?」」

あかね「私が使った参考書ならあるけど、持って行く?」

京子「はい!!」

あかね「じゃあ、今日先生に京子ちゃんの事を話してみるわね」

京子「お願いします!」

結衣「ありがとうございました!」ペコ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:17:13.01 ID:9upaic3FO
帰り道

京子「うっ…こんなにいっぱい……」ドサ

結衣「そりゃ、入試なんだから量も多いだろ」

京子「はぁ…」

結衣「まあ、勉強してる間にタイムリミットは確実だな」

結衣「お姉さんも話半分で聞いていたと思うよ」

京子「ムッ!!」カチン

京子「私、学校のテストいつも満点なんだけど!?」

結衣「それは、中学校のテストだろ?範囲もそこまで広くないし」

京子「一夜漬けで、それなら!今日1日勉強すれば、余裕だよ!!」

結衣「はぁ…これ、私の家の鍵……」

結衣「私は学校行くから、今日はウチで適当にダラダラしていなよ」

京子「くぅ~結衣の馬鹿~~!!」

京子「絶対、今日1日で制覇してやるからな!!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:28:07.04 ID:9upaic3FO
翌日

京子「受かった」

結衣「……」

結衣「…はっ?」

京子「受かりました」

結衣「冗談…だろ?」

京子「はい、これ学生手帳!」

結衣「…本当だ」

京子「あっはっは、どうだ!参ったかぁ!?」

結衣「…参った」

京子「実は、私自身も非常に驚いている!」

京子「いつもなら、すぐ飽きるのに集中力が長続きしてさ」

結衣「体だけじゃなくて、頭も成長してたって事か…」

結衣「はぁ…薬が出来たら、ちゃんと戻れよな?」

京子「分~かってるって!」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:39:36.27 ID:9upaic3FO
更に翌日

先生「今日から、この大学に編入する事になった…」

京子「歳納京子です!!キョッピーって呼んで下さい!」

先生「…歳納さんは、編入試験を全教科満点で通って」

ガヤガヤガヤガヤ

先生「(自称)帰国子女なので、皆さん優しくしてあげて下さいね!」

先生「歳納さん、ホームルームの間だけだから適当な場所に座って」

京子「適当な…場所……」

あかね「」コイコイ

京子「あっ、お姉さんが手招きしてる!」

京子「決めた!私、あそこの席に座りますね!!」

先生(この子、テンション及び声がやたらデカいわね…)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 18:48:11.96 ID:9upaic3FO
あかね「京子ちゃん、ここよ」

京子「はい!」

ストン

ともこ「あっ」

京子「えっ?」

ともこ「!!」ビク

ともこ「な、何でも無いわよ!」アセアセ

京子「?」

京子(お姉さんと、この人の間にある不自然な隙間に座っちゃたけど…)

京子(何かマズかったかなぁ?)

ともこ「うぅ…」

京子(それにしても、この人…)

京子(ちなつちゃんにそっくりだなぁ!)

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:00:56.32 ID:9upaic3FO
京子「あの…名前とか、教えてくれませんか?」

ともこ「えっと…吉川ともこ……です」

京子「やっぱり、ちなつちゃんのお姉さん!!」ガバッ

ともこ「きゃあぁぁぁ!?」

京子「もふもふ~もふもふ~♪」モフモフ

ともこ「ちょっと、何?何なの!?」

京子「はぁぁ…このもふもふ感、たまりませんなぁ~」モフモフ

あかね「京子ちゃん?」ゴゴゴゴゴ

京子「ひっ!?」ビクン

あかね「編入早々、お痛しちゃ駄目でしょ?」

京子「は、はぃぃぃ!!」

ともこ「あ…赤座さん///」キラキラ

あかね「ちゃんと、ともこに謝りなさい!」

京子「ごめんねぇ…ともちゃん」

ともこ「と、ともちゃん!?」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:11:27.64 ID:9upaic3FO
移動中

あかね「それにしても、驚いたわ!」

あかね「まさか、本当に大学に入っちゃうなんて…」

京子「えへへ、いや~あんなの楽勝ッスよぉ~!」

ともこ「……」

あかね「あら?ともこ、どうしたの?」

ともこ「!!」ビク

ともこ「何でも、何でもないわよ!?」アタフタ

ともこ「そうだ、歳納さん!」

京子「えっ、私?」

ともこ「さっき、ちなつの名前を出してたけど…」

ともこ「ちなつとはどんな関係なの?」

京子「相思相愛?」

ともこ「え゛っ!?」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:23:47.04 ID:9upaic3FO
あかね「京子ちゃん?」ゴゴゴゴゴ

京子「すいません、冗談です!」

京子「お姉さんの家に遊びに行った時に、お姉さんの妹のあかりちゃんと」

京子「一緒に遊んでた、ちなつちゃんに偶然会っただけですよ!」

ともこ「えっ!?」

ともこ「歳納さんは、赤座さんの家によく遊びに行くの!?」

京子「いや、遊びには殆ど行かないけど…」

ともこ「…ほっ」

京子「毎朝、迎えに行って一緒に登校しますよ!」

ともこ「毎朝一緒に登校を!?」ガーン

ともこ「ふぅ…」フラ

あかね「ともこ!?」

あかね「京子ちゃん!それはあかりと、でしょ!?」

京子「てへへ、そうでした♪」ペロ

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:34:50.93 ID:9upaic3FO
授業中

ともこ「はぁ…」

ともこ(恋のライバルが出現してしまったわね…)

ともこ(座席だって、私と赤座さんの間に歳納が座ってるし…)

京子「すーっ…すーっ…」

ともこ(って、いきなり寝てる!?)

京子「…ん」パチ

京子「ふぁ~~」ノビー

ともこ(あっ、起きた…)

京子「おはよう~結衣~~」ダキッ

あかね「ちょっと、京子ちゃん!?」

京子「ハッ!!私、今は大学生で授業中だった!」

ともこ「」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 19:47:38.61 ID:9upaic3FO
放課後

あかね「初めての大学はどうだった、京子ちゃん?」

京子「つまんない!」

あかね「…でしょうね」

あかね「あれから、寝てるか落書きしてるかだったし」

ともこ(私の赤座さんとの至福の時を返してよ…)グスン

京子「お姉さんは、これからアルバイトですか?」

あかね「今日は、ワックのシフト入って無いわよ」

京子「ともちゃんは?」

ともこ「えっ…私も特に予定無いけど……」

京子「みんな…暇、なんですね?」キュピーン

京子「それじゃあ、私達で作りましょうよ!」

あかね「な…何を……?」

京子「新しいサークルを、娯楽愛好会を!!」

2人「「娯楽愛好会!?」」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:00:22.66 ID:9upaic3FO
京子「大学と言えば、サークル活動!」

京子「私と言えば、娯楽部!」

京子「合体させて、娯楽愛好会です!!」

あかね「……」

あかね「…京子ちゃん」

あかね「仮に、娯楽愛好会を作るとしてよ?」

あかね「この学校では、新しいサークルを作るのに最低4人は必要なの」

京子「4人…ですか」

京子「分かりました!すぐ、4人目を連れてきますね!!」ダッ

あかね「ちょっと、京子ちゃん!?」

あかね「行っちゃたわ…」

ともこ「…赤座さん」

ともこ「連れて来たら、私達も入るみたいな流れになってるけど平気なの?」

あかね「どうかしら…」

あかね「京子ちゃんなら、本当に連れて来ちゃいそうね…」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:17:09.55 ID:9upaic3FO
廊下

京子「う~ん、適当な人に声かけてみるか…」

京子「そこの格好可愛いお嬢さん!」

撫子「……」

撫子「…私ですか?」

京子「そうそう!娯楽愛好会ってサークルに入らない?」

撫子「私、体験入学に来ただけで高校生なんですけど…」

京子「そんなの、構わないから!」

撫子「はぁ!?」

京子「ほら、他のメンバーが待ってるから早く来て!!」ガシッ

撫子「ちょっと、離して…離し……」

撫子「チッ!!」

ベシッ

京子「おっとぉ!?」

撫子「あんた…いい加減に……」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:26:45.30 ID:9upaic3FO
ヒタ…ヒタ…

京子「えっ!?」

撫子「お願いします、いい加減にして下さい」ペコ

京子「土下座されたぁーっ!?」

ーーーーー

京子「お姉さ~ん!ともちゃ~ん!」

あかね「京子ちゃん…その子……」

ともこ「わわっ、本当に連れてきてるぅ!?」

撫子「結局、連れ去られてしまった…」

撫子「私は高校生だって言ってるのに…」

2人「「え゛っ!?」」

京子「それじゃあ、早速サークルの申請に向かいましょう!!」

あかね「ちょっと、京子ちゃん!」

あかね「その子、高校生なんじゃないの!?」

京子「平気ですよ~何とかなりますって~~!」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:35:18.27 ID:9upaic3FO
娯楽愛好会

あかね「……」

ともこ「……」

撫子「……」

3人「「「何とかなったぁ~っ!?」」」

京子「はっはっは!京子ちゃんの手にかかれば、こんなもんよ!!」

あかね「……」

あかね「…それで、京子ちゃん」

あかね「この娯楽愛好会は一体、何をするサークルなの?」

京子「何もしません!」

3人「「「え゛っ!?」」」

京子「好きにダラダラするだけですよぉ~~!!」

3人「「「えぇぇぇぇぇーっ!?」」」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 20:49:10.77 ID:9upaic3FO
撫子「あの…」

撫子「何もしないなら、帰ってもいいですか?」

京子「えっ?」

撫子「高校に戻って、大学に行った証明をしなければならないので」

京子「そんなぁ…」

撫子「では…」ガチャ

京子「ま、待ってよ!」

京子「名前……名前だけは教えて!!」

撫子「……」

撫子「大室撫子です…」

京子「えっ…大室……?」

撫子「それでは大学生の皆さん、さようなら」ペコ

バタン

京子「……」

京子「大室…か……」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:00:10.76 ID:9upaic3FO
ともこ「あの子、もう来ないのかしらね?」

京子「体験入学って、どれくらい続くんですか?」

あかね「一週間よ…」

あかね「今日が最終日で無ければ、また来るんじゃないかしら?」

京子「そうですか…」

ともこ「歳納さんは、これから毎日ここに来る気なの?」

京子「ともちゃんが居るなら、もふりに行くよ?」

ともこ「うっ…」

ともこ「私は、赤座さんが暇な時だけにしておくわ…」

京子「そんな事言わないで、私にもふられに来て下さいよ~」モフモフ

ともこ「ひゃあぁぁぁ!!」

ともこ「助けて~赤座さ~~ん!」

あかね「こら、京子ちゃん!!」

京子「うぅ…何か、娯楽部とあまり変わり無いような……」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:12:50.36 ID:9upaic3FO
帰り道

京子「ふぃ~楽しかったぁ~~!!」

ともこ「今日はいつもの倍疲れたわ…」ゲッソリ

あかね「まぁまぁ、京子ちゃんが転校するまでの辛抱だから」

ともこ「…えっ?」

ともこ「歳納さん、今日転入したばかりなのに…」

ともこ「もう、転校しちゃうの!?」

京子「うん、気分で」

ともこ「気分で!?」

あかね「余計な事は言わなくていいの!」

ともこ「そう…歳納さん…転校しちゃうの……」

京子「ともちゃん?」

ともこ「ハッ!!何でも、何でも無いのよ!?」

ともこ(そうよ!歳納さんが居なくなれば、また赤座さんと2人きりじゃない)

ともこ(間に割って入られる事も、もふられる事も無くなるし清々するわよ!)

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:23:22.37 ID:9upaic3FO
結衣宅

京子「ただいまぁ~」

結衣「おかえり…って、ここはお前の家じゃねーっ!!」

京子「細かい事はどうでもいいじゃん!」

結衣「はぁ…それで、憧れの大学はどうだったの?」

京子「つまんなかったけど、楽しかったよ」

結衣「どっちだよ!?」

京子「私とお姉さんズと大室嬢で、娯楽愛好会を作ってさぁ~」

結衣「…はぁ?」

結衣「京子、まさか大学にまで自分の遊び場を…」

京子「ブイ!」

結衣「ははは、お前の行動力には毎回驚かされるよ」

京子『眠るまで、結衣と大学での出来事を語り明かした』

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:33:43.58 ID:9upaic3FO
4日目

結衣「起きろ…」ユサユサ

京子「んん~…」

結衣「おい、起きろよ!」ユサユサ

京子「結衣~大学は始まるの遅いんだけど~~」

結衣「鍵閉めるから、一緒に出ないといけないんだよ!」

京子「戸締まりなら、私がするよ~?」

結衣「お前に鍵渡したら、帰るの私が先なんだから入れないだろ!」

京子「スペアキーは~?」

結衣「親が持ってる!」

京子「うぅ~…」

結衣「分かったら、さっさと起きろよな!」

京子「はぁ…」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:44:27.37 ID:9upaic3FO
大学

京子「時間を潰す宛ても無く、学校に来てみたものの…」

京子「こんな時間じゃ、お姉さんズも居ないしつまんないよ!」

京子「はぁ…娯楽愛好会で、寝直そうかな……」

京子「一時間くらいは、眠れるだろうし…」

ーーーーー

ガチャ

京子「おや?」

撫子「…あっ」

京子「大室嬢!」

撫子「何ですか…その呼び方は……」

京子「娯楽愛好会に来てくれたんだ!」

撫子「早く来すぎて…暇潰しに、本を読んでただけですよ……」

京子「大室嬢…」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 21:53:02.15 ID:9upaic3FO
撫子「ところで…」

撫子「名前、なんて言うんですか?」

京子「あっ…そっか……」

京子「私の名前は歳納京子!」

京子「スーパーセクシーコマンドー京子と呼んで!!」

撫子「京子…」

京子「スルー!?そして、呼び捨て!?」

撫子「いえ、何か…」

撫子「ウチの馬鹿な方の妹に言動がそっくりなので、つい…」

京子「今、遠回しに私の事を馬鹿って言ったよね!?」

撫子「馬鹿じゃないんですか…?」

京子「馬鹿じゃないよ!編入試験、全教科満点だよ!!」

撫子「!!」

撫子「どうか私に勉強を教えて下さい」ドゲザ

京子「変わり身はやっ!!」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:06:40.10 ID:9upaic3FO
京子「ここがこうして、こうなって…」

撫子「…ふむ」

キーンコーンカーンコーン

京子「あっ、チャイム鳴っちゃったぁ!」

京子「大室嬢も、一緒に教室へ急ご!!」

撫子「いえ、私は別の教室なので…」

京子「あっ…そういや、昨日も私らの教室には居なかったね……」

撫子「放課後は行けそうに無いので、また朝にお願いします」

京子「了解了解!」

京子「ほんじゃ、また明日ね~」ダッ

バタン

撫子「……」

撫子「…京子」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:28:48.08 ID:9upaic3FO
昼休み

京子「……」グテー

あかね「どうしたの、京子ちゃん?」

京子「お昼ご飯、買い忘れた…」

ともこ「朝は暇だったっんじゃ?」

京子「暇過ぎて、忘れた…」

ともこ「そんな理由で!?」

京子「…仕方ない、ともちゃんのもふもふで空腹を誤魔化そう!」ガバッ

ともこ「ちょっと、歳納さん…やめっ」

京子「もふもふ~もふもふ~♪」モフモフ

あかね「京子ちゃん!!」

京子「だって…だってぇ……」エグエグ

あかね「私のお弁当分けてあげるから、やめなさい♪」ニコ

京子「はい!」ピタ

ともこ「赤座さん、私も!私もお弁当忘れたの!!」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:43:37.50 ID:9upaic3FO
放課後

京子「それでは、娯楽愛好会の活動を始めましょう!」

あかね「わぁ~~」パチパチ

ともこ「赤座さん、楽しんでる!?」

京子「今日は、こんな物を用意しましたぁ~」ズラー

ともこ「漫画の…原稿用紙?」

京子「はい!わたくし、同人活動をしていまして…」

あかね「同人活動!?」ピクッ

京子「おや、お姉さん同人の心得がおありで?」

あかね「えぇ、集めているジャンルは主に百合と姉妹愛よ!」

ともこ「姉妹愛!?」

京子「それじゃミラクるんに姉妹が現れた時、それで一冊描いてみましょう!」

あかね「先生!!」ダキッ

ともこ「あぁ…赤座さんが、私からどんどん離れて行く……」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 22:59:09.59 ID:9upaic3FO
帰り道

あかね「先生、明日から先生の分のお弁当も作って来ますね♪」

京子「そんな…先生なんて、大袈裟な……」

あかね「いいえ、あの画力はプロ!プロレベルよ!!」

京子(いくらなんでも褒めすぎなんじゃ…いや、待てよ!)

結衣『体だけじゃなくて、頭も成長したって事か…』

京子(って言ってたな…それなら、画力も……?)

ともこ「歳納さん!」ギロ

京子「ヒッ!!と、ともちゃん!?」ビク

ともこ「私も歳納さんにお弁当作って来てあげるから…」

ともこ「赤座さんのお弁当、半分頂戴ね♪」ニコ

京子「は…はいぃぃ……」ガタガタ

京子(ともちゃん、目恐っ!!)

京子(私、何か恨まれるような事したかな?)

京子(うぅ…毒とか盛られなきゃいいけど……)

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:13:12.60 ID:9upaic3FO
結衣宅

京子「ただいま…」

結衣「お帰り…元気ないけど、どうかしたの?」

京子「私ってさ、知らない間に人に嫌われたりするんだよね?」

結衣「千鶴とかな」

京子「うぐっ!!」

ドサッ

結衣「お前、自己中だからなぁ」

結衣「周りの迷惑を顧みず、自分の好き勝手するからだよ」

京子「ひ、酷いよ…結衣ぃ……」

結衣「はぁ…その分、知らない間に人に好かれてたりするけど」

京子「結衣?」

結衣「な、何でも無い!ほら、夕飯作るから手伝って!」

京子「うん…」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:24:50.63 ID:9upaic3FO
5日目

結衣「京子、起きて…」ユサユサ

京子「……」

京子「…はぁ」

結衣「京子?」

京子「…体、元に戻って無いよなぁ」

結衣「薬を飲まなきゃ戻らないって言っただろ」

京子「そうだけどさぁ…」

結衣「京子、元に戻りたいの?」

京子「うん、ともちゃんに嫌われたのがちょっと応えた」

結衣「はぁ…西垣先生に急ぐように言っておくけどさぁ……」

結衣「戻るのは、ともちゃんと仲直りしてからな!」

京子「ちぇっ…」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:42:12.34 ID:9upaic3FO
娯楽愛好会

ガラッ

京子「おはよう、大室嬢…」

撫子「…京子」

撫子「何か、あったの?」

京子「えっ!?」ドキ

撫子「馬鹿は感情が顔に出やすいから…」

京子「馬鹿の扱いは慣れてますってかい?」

撫子「私で良ければ、話を聞きますよ」

ーーーーー

撫子「…話は分かりました」

京子「それで、私はどうしたらいいのかなぁ…」

撫子「そんなの、やる事は1つに決まってるじゃないですか」

撫子「土下座ですよ、土下座!」ドゲザ

京子「…最終手段に使わせて貰うよ」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/11(金) 23:57:14.81 ID:9upaic3FO
京子「そういえば、体験入学っていつまでなの?」

撫子「今日が最終日ですけど」

京子「やっぱりか…」

京子「今日は金曜だし、一週間通うなら月曜からだもんね」

撫子「私が居なくなったら、娯楽愛好会はどうなるんですか?」

京子「さぁ…でも、気にしなくていいよ?」

京子「私も、もうすぐ転校するから」

撫子「えっ…」

京子「だから、私達が会えるのも今日が最後」

撫子「……」

撫子「…放課後」

撫子「必ず行きますから」

京子「大室嬢…」

京子「へへ、必ず思い出に残るような活動をするからな♪」ニコ

撫子「…はい」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:16:06.84 ID:IAjBrMg1O
休み時間

京子「ともちゃん…」

ともこ「歳納さん?」

京子「あのさ…話があるんだけど……」

京子「ちょっと、一緒にトイレに来てくれる?」

ともこ「い…いいけど……」

ーーーーー

京子「ともちゃん、私に何か怒ってるよね?」

ともこ「えっ!?」ドキ

ともこ「そ、そんな事無いわよ!?」アタフタ

京子「遠慮せず言ってよ!私、ちゃんと謝るから!」

ともこ「歳納さん…」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:30:40.59 ID:IAjBrMg1O
ともこ「ごめんなさい、歳納さん!」ペコ

京子「えぇ!?」

ともこ「私、歳納さんに不快な思いをさせてたのね」

京子「そ、そんな事ないよ!!」

ともこ「いいのよ、遠慮せずに怒って…」グスン

京子「ともちゃん…」

京子(駄目だ、大人は相手が悪くても謝っちゃうんだ…)

京子(これで私が被害者面して『許す』なんて言ったら、おしまいだよな)

京子(ここは、もっと怒らせて感情をぶつけさせるべきだ!)

京子「……」

京子「…もふ」

ともこ「えっ…」

京子「もふもふ」

ともこ「何を…言ってるの…歳納さん……?」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 00:50:45.36 ID:IAjBrMg1O
京子「もふもふもふ~♪」ガバッ

ともこ「きゃあぁぁぁ!!」

京子「もふもふ~もふもふ~♪」モフモフ

ともこ「ちょ…ちょっとぉ……」

京子「もふ…もふもふもふ…もふふ~ん♪」モフモフ

ともこ「やめて!謝るから、やめて頂戴!」

京子「もっふもっふ…もふふふふ…もっふふ~~ん♪」モフモフ

ともこ「た…助けてぇ…赤座さぁん……」ジワリ

京子「あっ!!」ピタッ

京子(怒らせるどころか、泣いちゃったぁ!?)

ともこ「う…うぅ……」ポロポロ

京子「ごめんね、ともちゃん!悪気は無かったんだけど…」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:04:17.92 ID:IAjBrMg1O
ともこ「歳納さん…私に何の恨みがあるのよ……」ポロポロ

京子「そんな…恨みだなんて……」

ともこ「髪の毛を弄られるの…私、嫌なのに……」ポロポロ

京子「ごめん…綺麗で弾力のある髪を見ると……」

京子「その…つい手が出ちゃって……」

ともこ「私と赤座さんの間に…割って入ってくるし……」ポロポロ

京子「…えっ?」

ともこ「言ったら…気まずくなるのは分かってるの……」グシグシ

ともこ「でも…これだけは言わせて頂戴……」

ともこ「私は…赤座さんの事が……」

ともこ「赤座さんの事が好きなの!」

京子「ともちゃん…」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:20:34.25 ID:IAjBrMg1O
ともこ「赤座さんが好きなのは、妹さんだって事は知ってるわ!」

京子(あれは、好きってレベルじゃ…)

ともこ「でも、学校に居る間だけは赤座さんの側に居たいの!」

ともこ「だけど…赤座さんは、歳納さんの事を凄く気に入ってる……」

京子(私、気に入られてたの!?)

ともこ「それで、私…歳納さんに嫉妬して、当たっちゃったのよ……」

ともこ「だから、歳納さんは全然悪く無いの!」

ともこ「悪いのは、赤座さんを振り向かせる魅力の無い私なんだから…」

京子「ともちゃん…」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:30:00.59 ID:IAjBrMg1O
京子「そうとは知らず色々やらかしちゃって、ごめんね!」

ともこ「歳納さん…」

京子「私には、お姉さんとあかりを引き離す事は出来ないし…」

京子「ともちゃんとお姉さんをくっつける事も出来ないけど…」

ともこ「……」

京子「それでも、これだけは言えるよ!」

京子「ともちゃん、超可愛い!!可愛い過ぎ、最高!!」

ともこ「歳納…さん……?」

京子「好き好き大好き!!愛してる!!」

京子「お嫁さんに欲しいくらいだよ!!もう、私の嫁になってくれぇ!!」

ともこ「……」ポカーン

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:40:08.85 ID:IAjBrMg1O
京子「ハッ!!」

京子(ヤバい、言い過ぎた!?)

京子(うわっ、ともちゃんドン引きしてるよぉ…)

ともこ「……」

京子(やめて、そんな白い目で私を見ないでぇ!!)

ともこ「……ふっ」

京子「ふ?」

ともこ「ふふふふふ…」

京子「とも…ちゃ……」

ともこ「あははははは!!歳納さん、何よそれ~?」

京子「ともちゃん!」

ともこ「私の妹だって、そこまで恥ずかしい事言わないわよ!」

京子「す、すみません…///」テレ

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 01:55:01.53 ID:IAjBrMg1O
ともこ「さっきの、本気ではないんでしょ?」

京子「でも、嘘じゃないよ!?」

ともこ「分かってるわ、ありがとね!」

ともこ「…きょうちゃん///」ポッ

京子「///」ドキ

京子「と…ともちゃん!!さっきのは私、やっぱり本……」

ガチャ

あかね「あっ、居たわね!2人共!!」

京子「お姉さん!?」
ともこ「赤座さん!?」

あかね「もう、授業はとっくに始まってるのよ…」

あかね「私、こっそり抜けて探しに来たんだからね!」

あかね「ほら、早く教室へ急ぎましょう!」

ともこ「行こ、きょうちゃん!」ニギ

京子「う…うん!」

京子(あれ…私、何を言いかけてたんだろう……?)

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 08:43:33.49 ID:IAjBrMg1O
昼休み

あかね「はい、先生!先生の分のお弁当、持ってきたわよ!」

京子「ありがとうございます、お姉さん!」

ともこ「……」

京子「ともちゃん?」

ともこ「えっ…何、きょうちゃん?」

京子「ともちゃんも、私の分のお弁当作って来てくれたの?」

ともこ「それは…その……」

京子「あっ、お弁当箱の包みが2つある~!」

ともこ「!!」ドキ

京子「えへへ、ともちゃんもありがとね♪」サッ

ともこ「だ、駄目!!」サッ

京子「…あれれ?」

京子(これ、もしかして……本当に毒盛られてた?)

京子(仲直りして無かったら、私の人生終わってたぁ!?)

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:03:18.23 ID:IAjBrMg1O
ともこ「あのね…この…お弁当はね……?」

京子「」ダクダク

ともこ「心が…こもって無いの……」

京子「…へっ?」

ともこ「怒りに任せて作ったの……嫌々作った物なのよ!」

京子「ともちゃん…」

ともこ「だから、恥ずかしくて…とても見せられない……」

京子「じゃあ、そのお弁当はどうするの?」

ともこ「家に持ち帰って、夕ご飯にするわ…」

京子(捨てるって言わないところが、可愛いなぁ……けど)

京子「私はそんなの、構わないよ!」

ともこ「…えっ?」

京子「心ならこもってんじゃん!ともちゃんの怒り味食べさせてよ!!」

ともこ「で…でも……」

京子「ともちゃん~」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:16:01.60 ID:IAjBrMg1O
あかね「それなら、私がそのお弁当食べるわよ」

ともこ「赤座さん!?」

あかね「私の分のお弁当は…そうねぇ……」

あかね「先生、結衣ちゃんへのお土産にどうかしら?」

京子「心配しなくても、私2人分食べられますよ~!」

ともこ「ちょ、ちょっと!これは絶対に見せられないわ!」

ともこ「赤座さんになら、尚更よ!!」

あかね「見せられないのなら、目を瞑って食べるわ」ツムリ

ともこ「そんな事、無理に決まって…」

あかね「だから、ともこが私に食べさせて♪」

ともこ「赤座さん///」ポッ

京子「良かったね、ともちゃん!」

ともこ「きょうちゃんのおかげよ!ありがとうね!」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:27:30.42 ID:IAjBrMg1O
あかね「さぁ、食べさせて…」

京子(お姉さん、本当に目瞑ってるのかな?)

京子(普段の顔と変わり無いんだけど…)

ともこ「はい、赤座さん///」

パクパク…モグモグ…

あかね「…美味しいわよ、ともこ」

ともこ「そんな、赤座さんったら~///」ポッ

京子「う~~ん…」

京子(何か…面白くない……これが嫉妬?)

京子(今なら、ともちゃんの気持ちが少し分かるかも…)

ともこ「きょうちゃん!」

京子「ふぇ!?」ドキ

京子「な…何、ともちゃん?」

ともこ「今度はちゃんと、愛情をこめたお弁当を作ってくるわね♪」

京子「ともちゃん…///」ドキドキ

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 09:51:35.60 ID:IAjBrMg1O
放課後

京子「今日は、娯楽愛好会最後の活動と言う訳で…」

京子「娯楽愛好会発足以来の全員参加ですね!」

撫子「すみません、私のせいで」ドゲザ

あかね「顔を上げて、大室さん!あなたは何も悪くないのよ!?」

ともこ「きょうちゃん、何をするの?」

京子「ふっふっふ、それはですねぇ…」

京子「じゃあ~~ん!」

3人「「「温泉ガイドブック?」」」

京子「そう、私達娯楽愛好会4人で温泉に行きたいと思います!」

京子「部費が余りに余って、勿体ないので…」

ともこ「部費…出てたのね……」

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:09:00.06 ID:IAjBrMg1O
あかね「いつ行くの?バイトとか、色々と予定があるんだけど…」

撫子「移動手段は…誰か、車を運転出来るんですか?」

ともこ「もう行き先は決まってるの?旅館に予約は?」

京子「なぁ~んにも、決めてませんっ!」

3人「「「え゛っ!?」」」

京子「それを話し合うのが、娯楽愛好会の活動なんですってば!」

あかね「先生、それ思いつきで言ってるわよね?」

撫子「最後の最後まで凄い馬鹿っぷりですね…」

ともこ「ふふふ、きょうちゃんらしいわ!」

京子「ほんじゃ、サクサク決めていきましょ~!」

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:34:12.23 ID:IAjBrMg1O
数時間後

京子「ふぃ~決まった決まった~~!」

撫子「京子は文句ばかりで、何もしてないんだけど…」

あかね「はぁ…疲れたわ……」グッタリ

ともこ「赤座さん、お疲れ様!」

ともこ「中高、生徒会長の実力は健在だったわね」

京子「これにて娯楽愛好会、最後の活動は終了と致し…」

ガラ

京子「ちょっ、誰だよ!?せっかく、いいとこだったのに…」

幼女「……」

4人「「「「!!!?」」」」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 10:48:49.54 ID:IAjBrMg1O
あかね「あら、可愛い!小学生くらいかしらね?」

ともこ「どうして、大学に小学生が?」

撫子「体験入学とか…?」

あかね「…流石に、小学生の体験入学はやって無いんじゃないかしら」

京子「う…嘘だろ……」

撫子「…京子?」

ともこ「きょうちゃん、この子を知ってるの?」

京子「どうして…こんな所に…居るの……」

京子「まりちゃん!!」

幼女「おいコラ!」

京子「おいコラって…それ、結衣お姉ちゃんの真似?」

結衣「薬、持ってきたよ」

京子「えっ……えぇぇぇぇ!?ゆ、結衣ぃぃ!?」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:07:26.22 ID:IAjBrMg1O
あかね「あなた、本当に結衣ちゃんなの!?」

結衣「…はい」

結衣「私は正真正銘、船見結衣です」

京子「でも、何で体が縮んで……まさか!」

京子「黒ずくめの男に薬を飲まされて!?」

結衣「はぁ…絶対、言うと思ったよ……」

京子「それじゃあ、何で小学生してるのさ?」

結衣「お前が早く戻りたいって言うからだろ!」

京子「…はい?」

結衣「西垣先生の作ったサンプルを片っ端から飲んだんだよ!」

結衣「どれか1つくらい、元に戻れる薬があるんじゃ無いかってさ…」

結衣「この薬で私の体が5歳位若返ったから、京子は14歳に戻れるよ」

撫子「14歳に戻るって…?」

ともこ「きょう…ちゃん……?」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:24:18.76 ID:IAjBrMg1O
京子「2人共、今まで黙っててごめんね…」

撫子「そんな馬鹿な話…」

ともこ「2人って…まさか、赤座さん!?」

あかね「えぇ、知ってたわ…」

あかね「京子ちゃんはね、本当は中学生なのよ」

あかね「元に戻る薬が出来る間だけ、大学に通っていたの」

撫子「それで、転校するって…」

ともこ「どうして、私に言ってくれなかったの!?」

京子「ともちゃん、言っても信じないっしょ?」

ともこ「そんな事…」

結衣「その人がともちゃんか…仲直り出来たみたいだね……」

京子「うん!だから、もう戻っても平気だよ!」

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:37:42.86 ID:IAjBrMg1O
ともこ「待って、きょうちゃん!」

京子「大丈夫だよ、体が14歳に戻るだけだから…」

撫子「…本当に、そうなの?」

京子「えっ…大室嬢?」

撫子「記憶だけそのままだなんて、そんな保証あるんですか?」

京子「…そっか」

京子「それは考えてなかったよ」

撫子「やっぱり、馬鹿だね……京子は」

京子「…うん、そうかも」

グイグイ

京子「結衣?」

結衣「京子…」

結衣「やっぱり、戻るのやめる?」

京子「……」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 11:54:03.89 ID:IAjBrMg1O
パシッ

結衣「うわっ!?」

ゴクッ

4人「「「「!!!!」」」」

ちなつ「きょ、きょうちゃん!!」

京子「みんな、ごめんね!今の内に土下座しとくよ!!」ドゲザ

撫子「やめなよ!そんな忘れるみたいな言い方!!」

京子「だって…大室嬢が忘れるんじゃないかって言うから……」

撫子「それは、引き止める為に言ったの!」

撫子「そんな事も分からないから、馬鹿なんですよ!!」

京子「大室嬢…」

撫子「もう飲んでしまったのなら、意地でも忘れないで!!」

京子「うん…覚えてたら、また勉強見てあげるから……」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:06:03.48 ID:IAjBrMg1O
あかね「京子ちゃん!!」

京子「お姉さんは、最初から顔見知りだし平気だよね?」

あかね「……」

あかね「…先生」

京子「えっ!?」ドキ

あかね「先生って呼んで、変な顔されるのは嫌よ!」

あかね「ミラクるんに姉が登場したら、姉妹物を描いてくれるんでしょ?」

京子「…画力は、薬の作用で一時的にプロレベルになってたんです」

京子「描いてもきっと、お姉さんを満足させる出来にはなりませんよ?」

あかね「構わないわ!私は京子ちゃんの描く絵が好きなのよ!!」

京子「お姉さん…」

京子「…約束、覚えてたら一生懸命描きますね!」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:24:21.88 ID:IAjBrMg1O
ともこ「きょうちゃん!!」

京子「ともちゃん…」

ともこ「もう、私の髪を触ってくれないの?」

京子「ともちゃん、髪触られるの…嫌だったんじゃ?」

ともこ「嫌じゃないわよ!だって、きょうちゃん喜んでくれるじゃない!」

京子「私が喜ぶから…嫌じゃないの?」

ともこ「うん///」ポッ

京子「///」ドキ

ともこ「きょうちゃん、温泉行く時に必ずお弁当持っていくから!」

ともこ「愛情たっぷり込めたとびきりのを作るから、絶対食べてね!!」

ともこ「きょうちゃんさえ良ければ、私が食べさせてあげるから///」カァー

京子「うおぉぉぉ!!忘れない!私、絶対に忘れないよぉぉ!!」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:36:35.34 ID:IAjBrMg1O
結衣「京子…」

京子「みんな、本当にありがとう!」

京子「縮むとこ見られるの恥ずかしいから、もう帰るね!!」

結衣「おいコラ!無視するなよ!!」

京子「おや…結衣ちゃん、まだ居たの?」

結衣「ずっと居たよ!」

京子「小さいから分かんなかったよ~!」

結衣「誰のせいで小さくなったと思ってるの!?」

京子「分~かってるって!ごめんね、結衣ちゃん!」

京子「記憶が残ってたら、遊園地連れてってあげるから許して!」

結衣「…お前、人を怒らせる事にかけては天才だよな」

京子「いや~それほどでも~~///」テレ

結衣「褒めてねぇーからっ!!」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 12:49:55.26 ID:IAjBrMg1O
京子「ほい、抱っこ!」

結衣「うわぁ!?」

京子「結衣ちゃん、可愛い♪」ギュッ

結衣「お…下ろせよぉ……///」

京子「駄~目っ!このまま抱いて帰るから!」

結衣「くっ…元に戻ったら覚えてろよ……」

京子「それじゃあ、みんな!またね!!」

京子「温泉旅行の待ち合わせ場所、必ず行くから!!」

あかね「待ってるわよ!京子ちゃん!!」

撫子「来なかったら、一生馬鹿呼ばわりします!!」

ともこ「私、きょうちゃんが来てくれるって信じてるからね…」

京子「よっしゃ~!行くぞ~~!!」


バタン

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:01:07.65 ID:IAjBrMg1O
それから

あかね「京子ちゃん…遅いわね……」

撫子「馬鹿は、人を待たせないと気が済まないんですよ」

ともこ「きょうちゃん…」

タッタッタ…

京子「お~い!みんなぁ~~!!」

あかね「京子ちゃん!」
撫子「京子!」

ともこ「きょうちゃん!」

京子「はぁ…はぁ……」

撫子「これが、京子の本当の姿…」

ともこ「はぅあ…可愛いわ……///」キラキラ

京子「…あれ?」

京子「娯楽部のみんなじゃない…」

京子「お姉さん達、誰?」

3人「「「え゛っ!?」」」

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:18:29.33 ID:IAjBrMg1O
あかね「ハッ!!」

あかね「落ち着いて、みんな!これは、京子ちゃんの悪戯よ!」

あかね「本当に忘れてたら、ここへ来るハズ無いじゃない!?」

京子「あっ、あかりのお姉さんも居たんだ!」

京子「いやぁ、見覚えの無いメモ用紙がポケットに入ってましてねぇ…」

京子「この場所へ集合するよう書いてあったから、来てみた訳ですよ!」

撫子「それじゃあ、京子は大学の事何も覚えてないの…?」

京子「大学の事?何それ?」

ともこ「きょうちゃん!私の事、覚えてないの…?」

京子「きょうちゃん!?あだ名なら、としのんがいいんですけど」

ともこ「そ…そんなぁ……」ジワリ

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:31:15.85 ID:IAjBrMg1O
京子「お、お姉ちゃん!泣かないで!!」アタフタ

ともこ「うぅ……グスン」ポロポロ

京子「えと…えっと……そうだ!」

京子「お姉ちゃん、超可愛い!!可愛い過ぎ、最高!!」

ともこ「きょう…ちゃん……それ?」

京子「好き好き大好き!!愛してる!!」

京子「お嫁さんに欲しいくらいだよ!!もう、私の嫁に……あっ」

京子「…ともちゃん?」

ともこ「きょうちゃん!!」ガバッ

京子「うわわ…く、苦しいよ…ともちゃん……」

ともこ「あっ、ごめんなさい!きょうちゃん!!」パッ

京子「もう…体格差を考えてよ……///」ドキドキ

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:44:18.90 ID:IAjBrMg1O
あかね「京子ちゃん、思い出したの!?」

京子「そうみたいです」ケロ

撫子「その反応…ワザと、だよねぇ……?」ギロ

京子「いやいや、物事思い出した時の反応って案外こんなもんだよ!?」

京子「っと言うか、撫子嬢!あの中途半端な敬語はどうしたの?」

撫子「年下の馬鹿に使う敬語は無いよ」

京子「でも、学力はそのままだよ?記憶戻ったし…」

撫子「すいませんでした、今まで通り勉強教えて下さい」ドゲザ

京子「……」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/12(土) 13:59:14.00 ID:IAjBrMg1O
ブロロロロ…

あかね「あっ、バスが来たわよ!」

あかね「みんな、早く乗って!」

京子「待てだよ~待てだよ~!」

撫子「……」ドゲザ

ともこ「調教してる!?」

あかね「京子ちゃん?」ゴゴゴゴゴ

京子「よし!」

撫子「」スク

ともこ「ほら、一緒に乗ろうよ!きょうちゃん!」ニギ

京子「ともちゃん///」ドキ

京子「よっしゃ~!みんな、旅館で思いっきり遊ぶぞぉ~~!!」

京子「娯楽愛好会は永遠に不滅だぁ~~!!」




お わ り !