2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 03:11:02 ID:UIsSe7VY
春香「あなたが、私たちのマスターさんですか?」

士郎「マスター?君は一体何を…」

春香「あー、ちょっと待ってください」

春香「まずはあの青い人をやっつけないとです」

ランサー「ほう、またずいぶんと可愛らしいサーヴァントが出てきたもんだ」

士郎「き、君、危ないよ」

春香「大丈夫です、楽勝ですよ、楽勝♪」 


 

Fate/stay night[Unlimited Blade Works]美術集
ufotable
講談社
売り上げランキング: 22,001
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 03:14:53 ID:UIsSe7VY
ランサー「ずいぶん舐めた口きくじゃねえか」

春香「見たところ、貴方はランサーですね?」

ランサー「おうよ」

ランサー「そういうお前は?」

春香「私たちはアイドルのクラスで現界しました」

ランサー「アイドルなんて聞いたことねえぞ」

春香「セイバーさんは今頃タイガー道場にいると思います」

ランサー「ったく、ごちゃごちゃ訳のわからんことを」

ランサー「分かりやすく行こうぜ」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 03:26:47 ID:UIsSe7VY
ランサー「悪いが、俺は出し惜しみとかそういうのは嫌いでな」

ランサー「いくぜ、一撃で決めてやる」

春香(うーん、ランサーのあの感じ)

春香(対人宝具なら真はやりにくそうだし)

春香(ここは二人ともよろしくね)

???(りょーかーい)

???(やってやるYO!!)

ランサー「刺し穿つ死棘の槍《ゲイ・ボルク》!!」

亜美真美「やっほ→分身の術→」

ランサー「んなっ」

亜美「思うに、そいつは一人用だね」

真美「二人いると使いにくいっしょ」

ランサー(リボンが消えて二人になった?)

亜美「それに、げいぼるくってことは」

真美「くーふーりんさんで合ってる?」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 03:31:23 ID:UIsSe7VY
ランサー「あーだからこの宝具は外せねえんだよな」

ランサー「お察しの通りだよ、やるな嬢ちゃん」

亜美「んっふっふー」

真美「同時に出てこられるのは真美たちのあどばんてーじだね」

ランサー(あいつらの口ぶり、向こうにはまだまだ奥の手があるみてえだな)

ランサー(ここは部が悪いか)

亜美真美『今、一旦撤退しようと思ったっしょー』

ランサー「!?」

亜美真美『でも、それはさせてあげられないんだなー』

亜美「ここは亜美のでいいよねん」

真美「真美は援護にまわるよー」

ランサー(何をしてくるんだ?) 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 03:39:52 ID:UIsSe7VY
亜美「いっくよー」

真美「やっちゃうよー」

亜美「亜美のほーぐ、天乱する絶神遊具《イタズラ・ダーイスキ》!!」

ランサー「なんだそのふざけた名前の宝具は」

亜美「はい、これ真美の分ね」

ランサー(あいつらの手に武器が?)

真美「言っとくけど、はんよーせーならピカイチなんだからね」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 03:46:52 ID:UIsSe7VY
ランサー「三十六計逃げるにしかずってな」

ランサー「付き合ってやれねーぜ」

亜美「ふーん、そこから《動ける》の?」

ランサー「か、身体が」

亜美「亜美のほーぐはね」

亜美「発動を見た人に、三つまで行動を制限できるんだ→」

亜美「だから、『もうここで宝具は使えないよね』」

ランサー「畜生、厄介なもん持ってやがるぜ」

真美「さーて、ランサー撃破しちゃおっかー」

凛(あ、あれは)

凛(アーチャー、ここは様子見よ)

アーチャー(む、了解した)

士郎「あれは、遠坂?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:10:00 ID:UIsSe7VY
ランサー「この程度で俺に勝とうなんざ、100万年はえーな」

ランサー(この違和感、試してみるしかねぇ)

ランサー「悪いが、俺は帰るぜ」

亜美「動けないくせに、何言ってんのさ」

真美「早く決めちゃったほうがいいよ→亜美→」

ランサー「突き穿つ死翔の槍《ゲイ・ボルク》!!」

真美「あれ、なんかヤな感じ」

真美「真美のほーぐ、桃色思春期空間《モドカシイコノオモイ》!!」

凛(ランサーの宝具を防いだ?) 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:15:57 ID:UIsSe7VY
ランサー「ふっやっぱりな」

ランサー「お嬢ちゃんの宝具、強すぎると思ったら制約つきか」

ランサー「思うに、一度見たことのある行動を強制するってところか?」

亜美「あたらずともとーからず、だね」

亜美(完全に立ち止まったのははるるんの時だけだったから腕だけ動いちゃったのか)

ランサー「それに、今俺が動けるってことはまだまだ秘密があるみてぇだな」

亜美「とっぷしーくれっと、だYO」

ランサー「とりあえず、今日はこの辺で勘弁してやらァ」

ランサー「あばよ」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:16:27 ID:UIsSe7VY

亜美「逃げられちゃったかー」

真美「とりあえずはるるんにバトンタッチだね→」

春香「二人とも、お疲れ様」

春香「さて、マスターさんはどこかな?」

士郎「…」

春香「あ、いたいた」

春香「あと、別のお客さんもね」

凛「…」

凛「気付いていたの?」

春香「貴女も戦っていきますか?」

凛「遠慮しておくわ」

凛「アーチャー、帰るわよ」

アーチャー「あ、ああ」

アーチャー(セイバーではない)

アーチャー(どういうことだ?) 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:20:53 ID:UIsSe7VY
春香「さ、マスター、おうちに入りましょう」

士郎「説明してくれるか、さっきの奴のこととか」

春香「はい、とにかく続きは腰を落ち着けてからです」

士郎「分かった、案内するよ」

~居間~

士郎「これ、あんまり高いやつじゃないけど、お茶」

春香「ありがとうございます」

春香「おいしー」

士郎「それで、話してくれるかい?」

春香「そうでしたそうでした」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:29:42 ID:UIsSe7VY
春香「マスター、貴方は聖杯戦争に巻き込まれてしまったんです」

士郎「聖杯戦争?」

春香「聖杯という万能の願望器を使う権利を命を賭けて奪い合う」

春香「それが聖杯戦争」

士郎「命を賭けて、だって?」

春香「はい、回次は分かりませんが間違いありません」

春香「詳しいことはさっきの女の人に聞いたほうがいいかもしれません」

士郎「遠坂のことか?」

春香「あの人なら教えてくれそうですし」

春香「とにかく、私たちは聖杯の力によって現界して」

春香「マスターとともに戦うサーヴァントなんです」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:34:18 ID:UIsSe7VY
士郎「俺は君のような女の子に戦って欲しくない」

春香「大丈夫ですよー、私たち強いんですから」

士郎「そういう問題じゃないんだ」

士郎「…」

春香「むー」

春香「まあいいでしょう」

春香「今回に関しての取り決めは遠坂さんにアドヴァイスをもらうとして」

春香「マスター、貴方魔術を使えますか?」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:38:58 ID:UIsSe7VY
士郎「簡単な強化だけなら」

春香「んーそれでどうやって私たちを喚べたんでしょう」

士郎「それは…俺にも分からない」

春香「どうやらそのようですね」

士郎「何か問題なのか?」

春香「いえいえ、なんでもないんです」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:43:58 ID:UIsSe7VY
春香「今日は、明日に備えて早く寝ましょう」

士郎「明日?」

春香「遠坂さんと戦うことになるかもしれないんですよ?」

士郎「…」

士郎「そういえば、君はどこで寝るんだ?」

春香「マスターが襲われないように、近くで見てます」

士郎「んー」

士郎「それじゃあ隣の部屋でいいかい?」

春香「ありがとうございます」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:51:31 ID:UIsSe7VY
~朝~

士郎「ん、朝か」

士郎「桜が来る前に、朝食の準備をしなきゃな」

士郎「あれ、だれかいるのか?」

あずさ「あらあら~」

あずさ「おはようございます」

士郎「お、おはよう」

士郎「君はだれ?」

あずさ「あなたのサーヴァントです」

士郎「ああ、あれ夢じゃなかったのか」

あずさ「そういうことです」

あずさ「それではご飯までもう少し待っててくださいね~」

士郎「いいよ、俺がつくるから」

あずさ「あらあら~」

あずさ「わがまま言ったらめっですよ」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 04:57:19 ID:UIsSe7VY
士郎(なぜだろう、逆らえないオーラが)

士郎「そ、それなら手伝います」

あずさ「そうね~それじゃあお味噌汁の方お願いするわね」

士郎「はい!!」

士郎(これが大人の女性ってやつか)

士郎(俺の知ってる大人って藤姉だけだもんな)

士郎(そういえば、何か忘れているような)

桜「先輩?もう起きてるんですか?」

士郎(WA・SU・RE・TE・TA)

士郎「あ、あの、名前」

あずさ「三浦あずさと申します」

士郎「三浦さん」

あずさ「あずさ、と呼んでください」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:00:22 ID:UIsSe7VY
士郎「それじゃあずささん」

あずさ「はい~」

士郎「ちょっと隠れててもらえますか」

士郎「あなたのことを説明できないので」

あずさ「その事ですか、少々お待ちください」

あずさ(それじゃあお願いね)

???(心得ました)

貴音「お初にお目にかかります」

士郎「また変わったのか」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:03:19 ID:UIsSe7VY
士郎「って、とにかく隠れて」

貴音「その必要はありません」

貴音「私の宝具白銀の観察者《メンヨウナ》!!」

士郎「こ、今度はなんだ?」

桜「あ、こちらにいらしたんですね」

士郎(O・WA・TA\(^^)/) 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:06:56 ID:UIsSe7VY
桜「あら、貴音さんも一緒だったんですか」

貴音「えっと、桜」

貴音「息災なようで何よりです」

士郎(ん?)

士郎「桜、この人を知っているのか?」

桜「先輩どうかしたんですか?」

桜「先輩のお姉さんの四条貴音さんじゃないですか」

桜「ってあれ?なんで苗字が…」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:10:21 ID:UIsSe7VY
貴音「大丈夫です『気にする必要はありません』」

桜「そうですね、とにかく貴音さんです」

士郎「…」

士郎「桜、すこしここを頼めるか?」

桜「いいですけど」

士郎「貴音さん?ちょっといいか?」

貴音「はい、貴方様の望むままに」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:17:56 ID:UIsSe7VY
士郎「どういうことなんだ?」

貴音「桜嬢のことですか?」

士郎「ああ」

貴音「あれは私の宝具の効果です」

貴音「私の宝具は違和感を消し去るんです」

貴音「効果範囲は狭いですが、相手の情報もこの本に記述されます」

貴音「情報操作には向いているかと」

士郎「そういうことか」

士郎「それは君にしか効果がないのかい?」

貴音「心配なさらずとも私たち全員に有効です」

貴音「これ以上来訪者はいますか?」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:23:12 ID:UIsSe7VY
士郎「それなら藤姉が」

貴音「ならば、その方が現れるまで私は待ちましょう」

士郎「そうか」

士郎「そういえば、なんで姉さんなんだ?」

貴音「おそらく、桜嬢が貴方様のそばにいる女性に対して」

貴音「一番自然に納得できる形なのでしょう」

士郎「融通の効かない能力なんだな」

貴音「相手主体なのは確かに難点ですね」

大河「しろーご飯もらいに来たよー」

士郎「噂をすれば」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:28:11 ID:UIsSe7VY
貴音「それでは貴方様、私はこれで」

士郎「他の子に変わるのか?」

貴音「ちょうど良い機会ですし」

貴音「私以外の人物がどういう関係に落ち着くのか見てみるのもいいでしょう」

士郎「そういうものなのか?」

貴音「はい、それではまた後ほど」

響「そして自分登場さー」

士郎「こんどは元気そうな娘だな」

響「はいさい!自分は我那覇響だぞ!!」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:31:39 ID:UIsSe7VY
士郎「我那覇さんね」

響「響でいいぞ、みんなそう呼んでるし」

士郎「響ちゃん?」

響「なんかくすぐったい」

響「呼び捨てでいいよ」

士郎「じゃあ響」

響「おっけーさー、マスター」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 05:38:00 ID:UIsSe7VY
大河「士郎ー」

士郎「藤姉おはよう」

大河「おっはよーう」

大河「きょうのご飯は?」

士郎「そういえば桜に任せっきりだった!」

士郎「俺、手伝ってくるよ」

響「ねぇね、自分たちはおとなしく待ってようね」

大河「あら響ちゃんもおはよう」

大河「そうねー私たちは食べるのが仕事だものね」

響「自分は料理できるけどなー」

大河「ぐっ」

響「料理がダメなのはねぇねだけさー」

大河「むー、そんなこという妹はお仕置きよ」

響「わー、ねぇねが怒ったー」

士郎(いきなり馴染んでるなー) 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:10:30 ID:UIsSe7VY

士郎「とりあえず朝は乗り切ったな」

響「桜のご飯おいしかったぞー」

士郎「満足出来たみたいでなによりだけど」

士郎「問題は遠坂だ」

響「昨日のひとか?何かあるのか?」

士郎「遠坂はクラスメイトだからね」

士郎「冷静に考えてみれば、敵になる人間と一緒になる可能性のある場所に」

士郎「のこのこやってくるのかと思ってね」

響「うーん」

響「でも、遠坂さんに会ってみないとわからないし」

響「面倒なことはあとで考えればいいさー」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:16:52 ID:UIsSe7VY
士郎「それに、俺たちが真っ先に狙われるってことも」

響「大丈夫さー自分は完璧だからなー」

響「マスターのことを守るために自分が選ばれてるんさー」

響「自分の保有スキルは見えないんだっけか」

士郎「保有スキル?」

響「あーなんでもないさー」

響「とにかく、自分がいればマスターは身の安全が保証されてるってこと」

士郎「つまり、無茶してでも会いに行けって?」

響「そのほうが手っ取り早いさー」

士郎「…」

士郎「響の言葉を信じるよ」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:21:21 ID:UIsSe7VY
士郎「とりあえず学校に着いたけど」

響(貴音、もっかいお願い)

貴音(了解いたしました)

響「んっ、これでオッケー」

士郎(一瞬変わったか?)

響「よし、教室にいくさー」

士郎「あ、ちょっと響」


~教室~

遠坂「…」

響「…」

士郎「…」

みんな(まさか普通に来るなんて…) 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:26:14 ID:UIsSe7VY
士郎「あの」

遠坂「話は放課後、それでいい?」

響「問題ないさー、アーチャーもいるんでしょ?」

遠坂「あんた、昨日のサーヴァントなのね」

遠坂「もちろんいるわよ」

響「ならいいさー、自分は待ってるぞ」

士郎(響は普通にクラスメイトと仲良くなっているな)

遠坂「衛宮くん?まだ何か?」

士郎「いや、なんでもないんだ、また放課後に」

遠坂「ええ」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:34:03 ID:UIsSe7VY
~放課後衛宮邸~

士郎「はい、これお茶」

凛「あら、ありがとう」

士郎「アーチャーもいるか?」

アーチャー「遠慮する」

士郎「そうか」

響「自分は欲しいぞ」

士郎「はいはい」

凛「それで衛宮くん、聖杯戦争についてはどの程度?」

響(なんか、学校にいるときよりぴりっとしてるさー)

士郎「基本的なことしかわかってないけど」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:41:19 ID:UIsSe7VY
~説明中~

凛「なるほど、ルールは概ね理解しているのね」

凛「あとは今回のことについて、ね」

士郎(そういえば、リボンの子の名前聞いてなかったな)

響(天海春香、だぞー)

士郎「うわっ」

凛「衛宮くん?どうしたの?」

士郎「な、なんでもない」

士郎(話せるのか?)

響(このくらいなら楽勝さー)

響(今度、ちゃんと春香に名前聞くんだぞー)

士郎(あ、ああわかったよ) 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:46:40 ID:UIsSe7VY
凛「?まあいいわ」

凛「今回の聖杯戦争は五回目」

凛「あなたのサーヴァントがどこまで知っているか分からないけど」

凛「あなたがマスターとして戦うつもりがないなら、教会の保護を受けられるわ」

凛「というか、なにはともあれ教会には行かなきゃいけないみたいだけどね」

士郎「その教会にいけば何かわかるのか?」

凛「そうね、とりあえず行ってみましょう」

凛「ほら、ぼさっとしない」

士郎(遠坂ってこんなに強引なやつだったのか) 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 12:55:28 ID:UIsSe7VY
~綺麗さん無双タイムお前ののぞみはようやくなんちゃら~

凛「衛宮くん、あなた本当に戦う気なの?」

士郎「ああ、俺はこの馬鹿げた戦いを終わらせる」

凛「…」

凛「なら、私たちは敵同士に」

イリヤ「ふーん、お兄ちゃんが最後のマスターなのね」

士郎「君は…」

アーチャー(凛、まずいぞ)

凛(アインツベルン、なんでここに…)

響「マスター、危ないからさがるさー」

バーサーカー「…」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 13:51:49 ID:UIsSe7VY
凛「イリヤスフィール、よね?」

イリヤ「あら、知っているのね」

凛「それはもう」

凛(衛宮くん、とりあえずここは逃げるわよ)

士郎(あのでかいやつ、サーヴァントか?)

イリヤ「この子はバーサーカー、すんごく強いんだから」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:04:38 ID:UIsSe7VY
イリヤ「だって、バーサーカーはギリシャ最大の英雄」

凛「それって、まさか」

イリヤ「そう、ヘラクレスって魔物」

イリヤ「あなたたち程度が使役できるのとは格が違うんだから」

凛(本格的に退散すべきね)

イリヤ「バーサーカー、この二人さっさと殺しちゃって」

バーサーカー「ぐおぉぉぉぉぉぉ」

響(戦ってもいいけど、凛を巻き込んじゃうさー)

響(真美、お願いできる?)

真美(りょ→かい、ひびきん)

真美「とユーわけで、真美参上!!」

イリヤ(姿が変わった?)

真美「マスター、ここは逃げ一択だよ」

イリヤ「ふん、逃がすと思ってるの?」

真美「逃げられると思ってなきゃこんなこと言わないっしょー」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:06:42 ID:UIsSe7VY
イリヤ「…」

イリヤ「あいつムカつく」

イリヤ「バーサーカー、全部壊しちゃって」

真美「凛ちゃん、今は協力してくれるよね?」

凛「り、凛ちゃん?」

凛「ま、まあいいわ。策があるのね」

真美「凛ちゃんはマスターをお願い」

真美「こいつなんて真美だけでよゆーっしょ」

凛「…」

凛「衛宮くん、行くわよ」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:09:46 ID:UIsSe7VY
士郎「で、でも」

真美「真美なら大丈夫だよ」

真美「すぐに戻るからさ」

バーサーカー「うぉぉぉぉぉぉ」

凛「早く!!あなたが死んだらあの子達も消えるのよ!!」

士郎「くっ」

真美「お願いだよう、今は逃げてえ」

士郎「絶対帰ってくるんだぞ」

真美「とーぜん」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:15:49 ID:UIsSe7VY
イリヤ「話はおしまいね」

イリヤ「やっちゃって、バーサーカー」

バーサーカー「ぐぉぉぉぉぉぉ」

真美「みんな行ったね」

真美「んじゃ、やっちゃうよ→」

真美「真美のほーぐ、桃色思春期空間《モドカシイコノオモイ》!!」

バーサーカー「ぐおぁ」

イリヤ「なに、これ…?」

真美「真美がここにいる限り、誰も戦いなんてさせないよ」

イリヤ「ふ、ふざけないで!!」

イリヤ「バーサーカー!!」

バーサーカー「ぐ、ぐおお」

イリヤ「そんな…」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:22:35 ID:UIsSe7VY
真美「んっふっふー」

真美「ばーさちゃんはここに一番合わないかもね」

真美「そろそろ皆逃げ切ったと思うし、ここでバイバイするね」

イリヤ「に、逃がさないわよ」

真美(ミキミキ、あとよろしく)

???(あふぅ)

美希「たまにはお仕事しないとね」

イリヤ「今ならやれるわ」

イリヤ「バーサーカー!!」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:25:24 ID:UIsSe7VY
美希「でも頑張りすぎも良くないって思うな」

美希「それじゃあね」

イリヤ「んな!?」

イリヤ(一瞬で見えなくなるなんて)

イリヤ「…」

イリヤ「帰るわよ、バーサーカー」

バーサーカー「…」

綺礼「ほう」

綺礼「あのサーヴァント」

綺礼「面白い」

ごめん、綺礼誤字ってたね 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:29:08 ID:UIsSe7VY
~衛宮邸~

士郎「大丈夫かな」

凛「衛宮くん、令呪を見て」

士郎「え、あ、うん」

凛「それがある限り、あなたのサーヴァントは無事よ」

凛「安心しなさい」

アーチャー「凛、どうやら戻ってきたようだぞ」

凛「噂をすれば、ね」

美希(美希は疲れちゃったから、春香あとよろしくなの)

春香「はいはい」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:35:29 ID:UIsSe7VY
士郎「おかえり、無事か?」

春香「はい、天海春香ただいま帰りました」

士郎「よかった!」ギュッ

春香「あ、あのイキナリそういうのは…」

凛「衛宮くん、セクハラよそれ」

士郎「あ、ごめん」

春香「大丈夫です」 


51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 20:42:10 ID:UIsSe7VY
凛「とりあえず、中に入りましょう」

凛「アーチャー、外を警戒しておいて」

アーチャー「ふむ、了解だ」

士郎「とにかく中へ」

春香「アーチャーさん、よろしくお願いしますね」

アーチャー「…」

アーチャー(こいつ、なんだこの底知れない圧力は)

アーチャー「…心配するな、問題ない」

春香「それでは」 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 20:46:45 ID:UIsSe7VY
凛「まずは衛宮くん、あなたこのサーヴァントについてどこまで知っているの?」

士郎「クラスがアイドルなことと、入れ替われることくらいしか」

凛「…」

凛「そのどちらも、サーヴァントとしては意味不明だけどね」

凛「あなた、えっと」

春香「春香、天海春香です」

凛「こっちはこっちであっさり真名を明かしちゃうし」

春香「ちなみに前の双子は双海亜美と双海真美って言います」

凛「…もういいわ、そのまま頑張りなさい」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 20:50:16 ID:UIsSe7VY
凛「あなたのこと、少し教えてくれるかしら?」

士郎「この子に何かあるのか?」

凛「あのねえ」

凛「イリヤスフィールのサーヴァントは間違いなく最強クラスよ」

凛「それから私たちを逃がしきったなんて、正気の沙汰じゃないわ」

凛「それにあの双子の片割れ、明らかに単独行動スキル持ち」

凛「アーチャーでもないあの子が何故?」

士郎「…」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 20:56:52 ID:UIsSe7VY
春香「全てに返答するわけにはいけませんが」

春香「バーサーカーを止めたのは真美の宝具の能力です」

春香「それに、真美に単独行動スキルはありません」

凛「それじゃあ何故マスターの指示なしにバーサーカーと渡り合うなんて」

春香「それは、私たちとマスターの間に魔術的つながりが存在しないからです」

凛「!?」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:03:35 ID:UIsSe7VY
凛(つまりこのサーヴァントは)

凛(自分たちがもつ魔力だけで宝具を使ってたってこと?)

士郎「遠坂、どういう意味なんだ?」

凛「とりあえず、衛宮くんのサーヴァントはあなたに似つかわしくないくらい規格外ってことよ」

凛「それで?これからどうするつもり?」

春香「今のところ、マスターの知識が乏しすぎて契約自体に干渉するのは危険だと思います」

凛「私も切羽詰ってない限りは慎重に進めるべきだとは思うわ」

凛「でも、今はかなり危ない状況よ」

士郎「危ない?」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:06:35 ID:UIsSe7VY
凛「当たり前でしょう」

凛「イリヤスフィールは確実に私たちを標的にしてくるでしょう」

凛「なんとか対策をたてる必要があるわ」

春香「…」

春香「遠坂さん、提案があるんですけど」

凛「奇遇ね、私にもあるわ」

凛「同盟、ね」

春香「はい」 


57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:11:51 ID:UIsSe7VY
凛「こちらとしては是非受けたいわ」

凛「この序盤にバーサーカーと一騎打ちはあまり嬉しい状況ではないし」

凛「あなたは強いみたいだから」

春香「マスターさん、話は分かりましたか?」

士郎「つまりは手を組もうってことだろ?」

士郎「俺はまだ何もわからないから、そうしてもらえると助かる」

春香「話は決まりですね」

凛「魔力供給の方はどうするの?」

春香「…」

春香「今のところはまだ宝具の使用も可能ですし」

春香「先にマスターにいろいろ学んでもらわないと」

凛「…」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:14:22 ID:UIsSe7VY
凛「確かに、付け焼刃でごまかしても」

凛「衛宮くんが今のままならどのみち長くないか」

春香「足を引っ張ることはないと思います」

凛「そこに関しては頑張ってもらうしかないわね」

凛「衛宮くん、この家部屋は空いてるかしら?」

士郎「え?ああまだいくつか」

凛「よし、私しばらくここに住むから」

士郎「え?」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:17:07 ID:UIsSe7VY
凛「今私の家は改修工事中なの」

凛「それに、ここに住めばあなたに魔術を教えてあげる時間も増えるわ」

士郎「いいのか?いつか敵になるんだぞ」

凛「その前にあなたに足を引っ張られれば共倒れなの」

凛「とにかく、いいわね」

士郎「まあ、いいんだけど」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:23:04 ID:UIsSe7VY
凛「それじゃあ、明日からよろしくね」

凛「今日はこのまま帰るわ」

春香「気を付けて下さいね」

凛「大丈夫よ」

凛「それじゃ」

凛「アーチャー、帰るわよ」

アーチャー「…」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:23:26 ID:UIsSe7VY
凛「どうしたの?」

アーチャー「あいつと同盟なぞ、しないほうがいい」

凛「仕方ないじゃない」

凛「あなただって、一人でバーサーカーと戦いたいわけじゃないでしょ?」

アーチャー「…」

凛「大丈夫、情を移すつもりはないわ」

凛「バーサーカーを倒せば、また敵同士よ」

アーチャー「…私は」ヒュッ

凛「私はなによ、はっきり言えばいいのに」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:22:18 ID:UIsSe7VY
~少し時が立ち~

春香「マスターさん、意思は変わりませんか?」

士郎「柳堂寺の魔女か?」

士郎「ダメだ、罠に決まっている」

春香「でも、私たちは他のサーヴァントたちに遅れをとっています」

士郎「魔力供給の件なら、何とかする」

士郎「わざわざ攻め込むことはないじゃないか」

春香「…」

士郎「とにかく、しばらくあそこには近づいちゃダメだ」

士郎「わかったらもう寝よう」

春香「はい、マスター」 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:24:36 ID:UIsSe7VY
春香(皆、聞いて)

春香(キャスターは陣地形成スキルがある)

春香(今回の魔力吸引事件の裏には多分キャスターが絡んでいると思う)

春香(止めるなら完全に迎え撃たれる前に叩くしかない)

春香(意見を聞かせて) 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:28:27 ID:UIsSe7VY
亜美(亜美ははるるんにさんせー)

亜美(悪い奴はさっさとやっつけないと)

真美(真美もそう思う)

貴音(私は、様子を見るべきだと思います)

貴音(我らがマスターも止められていることですし)

響(うがー、よく分からないぞー)

美希(あふぅ)

???(私が行きましょうか?)

春香(いや、でも)

???(マスターは私たちの力を知らないだけよ)

???(要はさっさと倒して、見つかる前に帰ってくればいいのよ) 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:31:01 ID:UIsSe7VY
貴音(しかし)

???(にひひ、この私を誰だと思ってるわけ?)

???(キャスターの一人や二人楽勝よ)

???「だって私はスーパーアイドル」

伊織「伊織ちゃんなんだからね、にひひ」

春香(ちょっと、伊織)

伊織(心配しなくても、様子見するだけよ)

伊織(マスターに迷惑はかけないわ)

伊織「さ、いくわよ」 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:36:43 ID:UIsSe7VY
~柳堂寺~

小次郎「ほう、そなたが私の敵か」

伊織(そりゃあ門番くらいいるわよね)

小次郎「戦の前には名乗るのが礼儀というもの」

小次郎「私はアサシンのサーヴァント、佐々木小次郎」

伊織「ふーん」

伊織「いきなり真名を名乗るなんて」

伊織「こっちも教えたほうがいいのかしら?」

小次郎「…いや、よい」

小次郎「そなたは戦うつもりがあるのか?」

春香(伊織、ここは一旦退こう)

伊織(大丈夫よ)

伊織「お手柔らかにお願いするわ」

小次郎「ふむ、小娘と果たし合うのは初めての経験だが」

小次郎「面白い、かかってくるといい」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:40:01 ID:UIsSe7VY
伊織「さ、いきましょウサちゃん」

小次郎「それが貴様の獲物か」

小次郎「全く、サーヴァントとは訳のわからぬ輩ばかりよ」

小次郎「構えよ小娘、私の剣は並大抵ではないぞ」

伊織「言われなくたって」

士郎(ん、なんだこの感じ)

士郎(まさか、あいつら…) 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:44:57 ID:UIsSe7VY
小次郎「ほう、なかなかやるものだな」

伊織「当然でしょっ」

伊織(こいつ、凄まじい剣さばきね)

伊織(ウサちゃんでも砕けないなんて)

小次郎「だが、つまらぬな」

伊織「なんですって!?」

小次郎「貴様、真の力を出さずして私と戦うつもりか」

伊織「わたしが手加減してると思ってるの?」

小次郎「もっと、私に有利な力があるだろう」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:53:10 ID:UIsSe7VY
伊織(他の子に変われってこと?)

???(たしかに、そういう相手なら私のほうが向いているかもね)

伊織(代わる?)

???(そうね、もうただで帰してくれそうもないし)

佐々木「ほう、それが貴様の能力か」

律子「正確には能力の一つ、よ」

律子「佐々木さん、あなたに提案があるんですけど」

小次郎「聞こう」

律子「あなたの最強の技を私に当てたらあなたの勝ち」

律子「でも、もし外したら見逃して欲しいの」

小次郎「…」

小次郎「私に利点はないな」

律子「どのみち、らちのあかない戦いは嫌いでしょ?」

律子「それとも、朝まであなたの攻撃、捌ききってあげましょうか?」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:55:22 ID:UIsSe7VY
小次郎「…」

小次郎「肝の座った女だ」

律子「褒め言葉として受け取っておくわ」

小次郎「いいだろう、その提案、受けて立つ」

律子「ありがとう、感謝するわ」

小次郎「では、構えろ」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:56:37 ID:UIsSe7VY
律子「いいえ、私はさっきからずっと構えているわよ?」

小次郎「…」

小次郎「ハッタリではないらしい」

律子「さ、始めましょう」 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:04:06 ID:UIsSe7VY
小次郎「秘剣・燕返し!!」

律子(これはまずいタイプね)

律子(剛健なる管理者の剣《ツッコミハマカセテ》!!)

小次郎「ほう」

小次郎「すべて本当に防ぎきるとはな」

律子「危ういところだったけどね」

小次郎「今日は招かれざる客もいる」

小次郎「約束通り、貴様のマスターと共に帰るがいい」

士郎「無事か!?」

律子「また会いましょう、アサシン」

小次郎「時が満ちれば、な」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:07:34 ID:UIsSe7VY
~衛宮邸~

士郎「何かいうことは?えっと…」

律子「秋月律子です」

律子「ごめんなさい、あの子達を止めてあげられなくて」

士郎(なんかあずささんとは別の意味で意見しにくい)

士郎「まあいいけど、ちゃんと言うことは聞いてくれ」

律子「以後、注意します」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:11:56 ID:UIsSe7VY
~時は流れて他者封印・鮮血神殿~

ワカメ「お前が悪いんだぞ衛宮」

ワカメ「お前や遠坂が僕をないがしろにするから!!」

ワカメ「ライダー、こいつをさっさとぶったおせ」

ライダー「…」

士郎(俺は、ここで死ぬのか?)

士郎(ダメだ、まだ、死ぬわけには)

士郎(頼む、俺を助けてくれ!!)

???「うっうー、おまかせあれですぅー」

令呪残り2つ 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:15:58 ID:UIsSe7VY
ワカメ「そ、そいつが衛宮のサーヴァントか」

ワカメ「なぁんだ、ただのちんちくりんじゃないか」

やよい「ちんちくりんじゃなくて、高槻やよいです」

やよい「マスターさんをいじめたあなたにお仕置きしてあげようかなーって」

やよい「最初っからクライマックスです」

やよい「食卓の王様《モヤシハカケイニヤサシイデス》」

ワカメ「はっなんだそれ、もやしか?」 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:18:54 ID:UIsSe7VY
士郎(もやしがやよいの周りに浮かんでいる?)

ワカメ「そんな貧相なもので僕におしおきだって?」

ワカメ「やれるものならやってみろよ」

ワカメ「いけ、ライダー」

やよい「…いま、もやしを馬鹿にしましたね?」

やよい「うっうー、もう許してあげられないかも」

ライダー「…」

ライダー(可愛い(*´`)) 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:23:04 ID:UIsSe7VY
やよい「まずは一本目」

ライダー「っが!!」

ライダー(今、一体何が)

ワカメ「ライダー、何やってんだよ!!」

やよい「さらに二本目!」

ライダー「がっぐふっあ”っ」

士郎(恐ろしい速度でもやしによる攻撃をしているのか)

やよい「マスターさん、はやくあのワカメさんをやっつけてください」

士郎「あ、ああ」

ワカメ「ライダー、僕を守れ!!」

やよい「さらに三本目です!!」

ライダー「ぎゃああぁぁあ」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:28:31 ID:UIsSe7VY
~なんやかんやでライダー最終決戦~

士郎「あいつの宝具が発動した!!」

春香(どうする?)

春香(私の宝具でもなんとか出来そうだけど)

春香(被害が大きくなりすぎる)

美希(ミキがやろっか?)

美希(どのみち、あと戦えそうなのは)

???(私がやるわ、はるか)

春香(え、でも)

???(ちょうどライダーは屋上にいる)

???(私の宝具の方が戦いやすいわ)

春香(消えちゃ、嫌だからね)

???「大丈夫よ、うまくやるから」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:35:59 ID:UIsSe7VY
士郎「君は?」

千早「如月千早です」

千早「あの暴れ馬、止めてきますから」

士郎「ま、待って」

千早「大丈夫です」

ライダー「あなたがどんな力を持っていたとしても」

ライダー「すべてをなぎ払う」

ライダー「騎英の手綱《ベルレフォーン》!!」

千早「いきます」

千早「神姫絶唱する天上の歌声《ワタシニハウタシカアリマセンカラ》」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:36:22 ID:UIsSe7VY
ライダー「ふっそんな歌でなにができ」

ライダー「これは!?」

士郎「巨大なエネルギーの塊が!!」

千早「吹き飛べー!!」

ライダー「…」

ライダー「さくら…」

ワカメ「ぼ、僕の令呪が、燃えちまう!」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:46:34 ID:UIsSe7VY
~衛宮邸~

千早「…っ」

士郎「千早っ」

凛「大丈夫よ、魔力が不足しているだけ」

凛「まあサーヴァントにとっちゃまずいことでしょうけど」

士郎「まずい?」

凛「このままじゃ、あの子は消えるってことよ」

春香「大丈夫です、まだ戦えますから」

士郎「春香!?動いて平気なのか?」

春香「私たちは一つであり別々なんです」

春香「千早ちゃんは、中で眠っています」 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:51:37 ID:UIsSe7VY
~そしてアインつベルン城~

イリヤ「誓うわ、今日はここから誰も逃がさない」

遠坂「アーチャー、ここで足止めしてくれる?」

遠坂「一人で」

士郎「正気か?いくらアーチャーでも」

あずさ「そうです、皆さんは先に行ってください」

凛「貴女は、あずさ?」

あずさ「ええ」

あずさ「私たちなら、あのサーヴァント」

あずさ「倒せますから」

イリヤ「へえー言ってくれるじゃない」

あずさ「でも、あなたたちを巻き込んでしまいますから」

あずさ「マスターさん、分かっていただけますか?」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:54:21 ID:UIsSe7VY
士郎「必ず、帰ってくるよな?」

あずさ「ええ、約束です」

士郎「遠坂、行こう」

凛「でも!!」

士郎「確かに、ここから最短で逃げるにはアーチャーの能力が役に立つ」

士郎「いざとなれば、令呪で呼ぶこともできるだろ」

凛「…」

凛「あなたがそれでいいなら」

士郎「大丈夫、俺には不釣合なくらい優秀なサーヴァントなんだから」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:57:05 ID:UIsSe7VY
イリヤ「逃げる気ね」

イリヤ「まあいいわ、あなたをさっさと倒して、追えばいいだけよ」

あずさ「あらあら~そう簡単にはやられないわよ~」

イリヤ「ふん、知らないとかわいそうだから教えてあげる」

イリヤ「バーサーカーには12個の命がある」

イリヤ「12回も殺さなきゃ死なないのよ?」

あずさ「あらあら~」

イリヤ「…」

イリヤ「何をヘラヘラ笑ってるの」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 23:59:30 ID:UIsSe7VY
あずさ「ごめんなさい、おかしくなっちゃって」

イリヤ「何がよ!!」

あずさ「だって、たった12の命で私たちに勝てる気でいるんですもの」

イリヤ「!?」

イリヤ「バーサーカー、油断なく躊躇いなく」

イリヤ「あの女を殺しなさい!!」

バーサーカー「ぐおおぉぉぉぉぉぉ」

あずさ(さあみんな、行きましょう) 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 00:03:14 ID:2kfg1noQ
イリヤ「そ、そんな…」

真「うーん、とどめは僕かぁ、なんか味気ないよね」

イリヤ「バーサーカーは最強のサーヴァントなのに」

真「ま、最強が一番上じゃないこともあるってことだよ」

真「それじゃ菊池真、これより帰還しまーす!」

イリヤ「めちゃくちゃすぎる、一度受けた攻撃は無効化するバーサーカーを」

イリヤ「12回別々の殺し方で倒すなんて…」

???(ふっ、面白い雑種が湧いているようだな)

???(我の退屈を癒すにはちょうどいい) 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 00:11:20 ID:2kfg1noQ
~衛宮邸~

凛「もう呆れてものも言えないわ」

士郎「怪我はないのか?」

貴音「おかげさまで、何事もなく」

凛「まさか、サーヴァント単体でバーサーカーを倒してきた挙句」

凛「出前のラーメンを啜っているなんて」

貴音「ふぃふぃでふ(美味です)」

凛「いくらなんでも強力すぎる」 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 00:16:25 ID:2kfg1noQ
士郎「どうやって倒したんだ?」

貴音「私たちは全部で13人おります」

貴音「そのうち戦闘向きの能力を持っているのは5人」

貴音「さらに如月千早を除いた4人で入れ替わりながら3回ずつ倒しました」

凛「一人三殺なんて、それだけでもすごいわよ」

凛「正直勝てる気がしないわ」

貴音「ふふっ遠坂凛、あなたもいずれは…」

士郎「貴音!?」

貴音「いやはや、もう少し持つものと思っていましたが」

凛「どういうこと?」 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 00:21:37 ID:2kfg1noQ
貴音「私たちは13人で一つの英霊」

貴音「その分内包する魔力は凄まじいのですが」

貴音「いかんせん、燃費は恐ろしく悪い」

凛「強力な分、魔力の消費も激しいのね」

貴音「初期の頃より魔力供給のばいぱすがないのは分かっていたので」

貴音「平素の魔力消費が少ない私や響、春香がめいんとなって力を温存していたのです」

貴音「しかし、さきの戦いは流石に堪えました」

貴音「現在我々13人ほぼ全ての魔力が底をつきかけています」

凛「みんなの分を戦闘に回したってわけね」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 00:25:05 ID:2kfg1noQ
士郎「これから、どうなるんだ?」

貴音「おそらく、そう遠くなく我々は消滅するでしょう」

士郎「どうにもならないのか!?」

凛「この前言った通りよ」

凛「令呪を使って、人を襲わせるしかないわ」

士郎「それは…っ」

貴音「貴方様、それだけはご勘弁ください」

士郎「貴音!!」

貴音「貴方様がご無事でなによりでした」

貴音「遠坂凛、あとは頼みましたよ」

貴音「…」

士郎「貴音、たかねー!!」

凛「うるさいわ、衛宮くんちょっと黙ってくれる?」 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 00:33:24 ID:2kfg1noQ
士郎「でも!!」

凛「今はこの子達を助けることが先決でしょ」

凛「おかげで私たちは生きてここに居られるのかもしれないんだから」

士郎「でも、助けられるのか?」

凛「恐ろしくスマートじゃない、かつリスキーな方法ならね」

士郎「どうすればいいんだ?」

凛「あなたたちには確かに魔力供給のラインはつながれていない」

凛「でも、契約は成されている」

凛「令呪がその証拠よ」

凛「だから、これをたどって新しく供給ラインを作る」

士郎「ならすぐにでもやろう」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 01:38:18 ID:XQ6hU7Ug
凛「簡単に言わないで」

凛「これは本当にやりたくなかったんだから」

士郎「どういうことだ?」

凛「この方法はあなたと彼女に精神的な干渉をすることになる」

凛「仮に彼女の精神世界で迷ってしまえば」

凛「あなたはもう戻ってこられなくなるのよ」

士郎「…っ!!」

凛「相当な信頼関係が必要なの、博打性も高い」

凛「それでもやる気?」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 01:47:01 ID:XQ6hU7Ug
士郎「…」

士郎「それでも、俺は可能性にかけてみたい」

凛「迷いはない?」

士郎「ああ、遠坂、頼む」

凛「ふふっ衛宮くんならそういうと思ってた」

凛「私も出来るだけのサポートはするわ」

凛「必ず帰ってきてね」

士郎「ああ、任せてくれ」 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 01:53:41 ID:XQ6hU7Ug
凛「方法は簡単よ」

凛「まずは二人とも横たわって」

凛「布団とか用意しないとだけど」

士郎「すぐ持ってくる」

~セット完了~

士郎「それで?」

凛「手を繋いで」

凛「令呪のほうよ」

士郎「繋いだ」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 01:59:09 ID:XQ6hU7Ug
凛「あとは目をつぶって、彼女のことを考えていなさい」

凛「私が誘導する」

士郎「…」

凛(始めるわよ) 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 02:05:26 ID:XQ6hU7Ug
士郎「…」

士郎「ここは…?」

凛『衛宮くん、聞こえる?』

士郎「遠坂?」

凛『そこはもう精神世界の中よ』

凛『今から、あなたを彼女の精神のところまで移動させるわ』

凛『あとは貴方しだい』

凛『行くわよ、自分を見失わないようにね』

士郎「…」

士郎「やってくれ」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 02:16:44 ID:XQ6hU7Ug
士郎「そこにいるのは、春香なのか?」

春香「マスターさん、来てくれたんですか」

春香「みんな、ここに居ますよ」

士郎「俺は、みんなを助けに来たんだ」

春香「知っています」

春香「でも、やめたほうがいいです」

士郎「なぜ!?」

春香「四条さんも言っていたでしょう?」

春香「私たちは本当に膨大な魔力を使います」

春香「恐らく、正規に召喚されていれば、マスターはすでに魔力が枯渇して」

春香「死んでいたでしょう」 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 02:27:47 ID:XQ6hU7Ug
春香「このままなら、私たちが現界できなくなるだけです」

春香「死ぬわけじゃありません」

春香「どうか、マスターさんはこのまま私たちを見送って…」

士郎「それは、出来ない!!」

春香「マスターさん」

士郎「大丈夫だ、俺は簡単に死んだりしない」

士郎「自分のサーヴァントも支えてやれないようじゃ、マスター失格だろう?」

春香「でも」

士郎「言いたいことがあるなら、今日の夕食の時にたっぷり聞いてやる」

士郎「たまには、俺にかっこつけさせてくれよ」

春香「マスターさん…」 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 02:38:55 ID:XQ6hU7Ug
士郎「どうすればいいのか教えてくれ」

春香「…」

春香「分かりました、マスター」

春香「私たちが何なのか、覚えていますか?」

士郎「アイドル、だろ?」

春香「はい」

春香「アイドルとファンをつなぐのは、いつだって素敵なステージと観客の応援です」

千早「だからマスターはそこで見ていてください」

貴音「私たちの最高のぱふぉーまんすと」

美希「キラキラした美希たちの姿」

伊織「たった一人のためになんて、すんごいラッキーなんだからね」

亜美「兄(c)心にぐぐっときたYO」

真美「真美も頑張るからね」

あずさ「あらあら~」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 02:51:13 ID:XQ6hU7Ug
律子「私もやらないとなのよね、はぁ」

やよい「うっうー、大丈夫です律子さん」

真「そうだよ律子、マスターがあそこまで僕たちのために頑張ってくれようとしているんだから」

雪歩「私も精一杯頑張りますー」

響「自分たちの魅力にノックアウトされないように気をつけてよね、マスター」

春香「じゃあ皆、いっくよー」

皆「765プロ、ファイトー、おー!!」

士郎(地味にまだ俺のであってないやつもいるんだよな) 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/01(月) 02:07:06 ID:9kGd0Y1I
凛「うまくいってるのかしら」

アーチャー「君が心配しても何もなるまい」

凛「そんなの、わかってるわよ」

アーチャー「それに、今我々は別のことを考えなければならないようだぞ?」

凛「え?」

アーチャー「強力なサーヴァントが二人迫っているな」

アーチャー「片方はランサーのようだが、もう一人は初めて見るな」

凛「ここにくるの?」

アーチャー「数分で到達する」

アーチャー「どうする?さすがの私も二対一では分が悪い」

アーチャー「今なら逃げられるが」 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/01(月) 02:20:52 ID:9kGd0Y1I
凛「…」

アーチャー「はあ」

凛「何よ?」

アーチャー「悩んだ時点で君の答えは決まっているようなものだ」

凛「…」

アーチャー「まあ構わんさ」

アーチャー「私も不義理は気が引けるというものだ」

凛「アーチャー、命令よ」

凛「衛宮くんたちが目を覚ますまで、ここを守り抜きなさい」

アーチャー「君は本当に損な性格をしているな」

凛「そうでもないわよ」

アーチャー「そうだな、君は守れといったが」

アーチャー「別にあいつらを倒してしまっても構わんのだろう?」

凛「ええ、あなたの力を見せてあげなさい」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/01(月) 02:35:44 ID:9kGd0Y1I
ギルガメッシュ「ほう、何やら我の前に立ちふさがろうという愚か者がいるようだな」

アーチャー「…」

ランサー「アーチャー、そこをどけ」

ランサー「今回の標的はお前じゃない」

アーチャー「そういうわけにも行かなくてな」

ギルガメッシュ「雑種、我の手を煩わせるな」

アーチャー「黙って掛かってくるがいい」

アーチャー「貴様らなど、私一人で十分だ」

ランサー「おいおい」

ギルガメッシュ「貴様、誰に向かって口をきいているか、わかっているのか?」

アーチャー「金ピカ悪趣味男にだが?」

アーチャー「私には理解に苦しむセンスだ」 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/01(月) 02:44:52 ID:9kGd0Y1I
ギルガメッシュ「おい、ランサー」

ギルガメッシュ「しばらくどいていろ」

ランサー「そういうわけには」

アーチャー「二人でも構わん、といったのだがな」

ギルガメッシュ「そこの雑種に、自らの愚かしさをたっぷりと叩き込んでやる」

ギルガメッシュ「貴様も巻き込まれたいのか?」

ランサー「…」

ランサー「あー、もうわかったよ」

ランサー「好きにしてくれ」

ギルガメッシュ「行くぞ雑種ぅぅぅ!!」

アーチャー(――――I am the bone of my sword.
体は 剣で 出来ている

綺礼「…」 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/01(月) 02:57:19 ID:9kGd0Y1I
ギルガメッシュ「くっ」

アーチャー「どうした英雄王」

アーチャー「武器の貯蔵が十分ではなかったようだな」

ランサー(旗色がわりぃな)

ランサー(しかし加勢したらしたでメンドくせぇことになるんだろうな)

綺礼「ふむ、ギルガメッシュも衰えたな」

綺礼「しかし、衛宮士郎のサーヴァント」

綺礼「なぜだか嫌な予感がする」

綺礼「ここは、使う時だな」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 01:29:38 ID:6X/wYbUU
~衛宮邸庭~

綺礼「…」

ランサー(ん?あいつなんで中まできてんだ?)

凛「綺礼?あなたなんでここに…」

凛「…っ!?」ばっ

綺礼「ほう、今のタイミングで黒鍵を躱すか」

綺礼「呆れた才覚だな、凛」

凛「やっぱり、あなたもマスターだったのね…」

綺礼(ここか…)

綺礼「だとしたら何かね?」

凛「ここであなたを斃すまでよ!!」

綺礼「黒鍵」

凛「もう見切ったわよっ」

凛「ガンド!!」

綺礼(かかった…!!) 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 01:42:04 ID:6X/wYbUU
凛「きゃああああああぁぁ!!」

アーチャー「凛!?」

ギルガメッシュ「戦いの最中に脇見とは」

ギルガメッシュ「大した度胸だな弓兵!!」ガキィン

アーチャー「ぐっ!!」

凛「綺礼…」

凛「あんた、一体何を…」

綺礼「今お前が撃ち落とそうとした黒鍵は」

綺礼「以前私が戦ったことのあるある男の切り札から着想を得て研究し、完成させたものだ」

綺礼「黒鍵自体は何の変哲もないものだが」

綺礼「この黒鍵に魔術的な干渉を行うと」

綺礼「術者の魔術回路を一時的に麻痺させることができる」

綺礼「君のように優秀な魔術師なら、回路が麻痺しただけで意識レベルにまでダメージを与えられるがな」 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 01:42:22 ID:6X/wYbUU
凛「がはっ」ザクザクッ

綺礼「ふむ、本来の魔術師殺しとしての能力までは流石に再現できないか」

綺礼「だが、凛」

綺礼「今君は魔術的な行動は一切とれない」

綺礼「そこで衛宮士郎が死ぬ姿を眺めているといい」 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 01:53:11 ID:6X/wYbUU
綺礼「言峰綺礼が令呪をもって命じる」

綺礼「ランサー、今すぐ衛宮士郎を殺せ」

凛「…!!」

アーチャー「!!」

ランサー「ちっ、くだらねえことしやがって!!」

ランサー「くそ、悪く思うなよ、お前ら!!」

凛(まずい、アーチャーは士郎を毛嫌いしている)

凛(このままあいつを助けるとは思えないし、その余裕もない)

凛(令呪を…)

凛「きゃあぁぁあ」

凛(そんな…)

凛(令呪が、使えない…)

凛「衛宮くん、起きて!!」 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 01:53:29 ID:6X/wYbUU
綺礼「もう遅い、諦めるんだな」

アーチャー「…」

アーチャー「まさか、こうなるとはな…」 

123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:03:13 ID:6X/wYbUU
アーチャー「…」ぐさっ

アーチャー「がふっ」

ランサー「おい、お前なんで…」

凛「アーチャー!!」

アーチャー「私にも分かるものか」

アーチャー「衛宮士郎は私が殺す、そう思っていたのだがな…」

ギルガメッシュ(こちらに反撃したのち、すぐに庇ったか)

ギルガメッシュ(随分と思い切りの良い行動だな)

ギルガメッシュ「綺礼、今日が削がれた」

ギルガメッシュ「この埋め合わせはもちろんあるのだろうな?」

綺礼「心配するな、真の愉悦はこの先にこそある」

綺礼(しかし、アーチャーが衛宮士郎を庇うとは、予想外だな)

凛「アーチャー!!どうして!?」 

124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:11:11 ID:6X/wYbUU
士郎「…」

士郎「あれ、ここは…」

アーチャー「…ふっ、今頃お目覚めか…」

アーチャー「いい、身分じゃないか、衛宮士郎…」

士郎「ん、アーチャーか?」

士郎「…っ!?」

士郎「お前、それ」

アーチャー「…あまり騒ぐな、鬱陶しい」

アーチャー「すまないが、ランサー」

アーチャー「お前も道連れにするしかなさそうだな…」

ランサー「…」

ランサー(ま、仕方ねえやな) 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:11:32 ID:6X/wYbUU
綺礼(ランサーにはまだ仕事がある)

綺礼(しかし、あの距離からアーチャーの攻撃は回避できまい)

綺礼「言峰綺礼が再度令呪をもって命ず」

綺礼「ランサー、戻ってこい」

ランサー「…」

綺礼「どうした?」 

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:26:16 ID:6X/wYbUU
綺礼「まさか天下の英霊たるお前が卑怯などとは言うまいな?」

綺礼「戦いに卑怯卑劣はないだろう」

綺礼「戦いとは勝利したもののみが正義」

綺礼「いまさら私が言う事でもないはずだ」

ランサー「…」

ランサー「俺はこういうやり方は気に食わねえ」

ランサー「そんだけだ」

綺礼「ふむ」

綺礼「まあいい、ギルガメッシュよ」

綺礼「あそこの連中、一掃できるか?」

ギルガメッシュ「造作もないな」 

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:31:49 ID:6X/wYbUU
士郎「まずい」

アーチャー「落ち着け、衛宮士郎」

春香「そうです、マスターさん」

士郎「春香、目が覚めたのか!!」

春香「はい、魔力もきちんと供給されています」

春香「でも、成功をお祝いする時間はないみたいですね」

綺礼「目覚めたか…」

ギルガメッシュ「小娘に何ができるものか」

春香「小娘の前に這い蹲る経験がしたいんですか?」

ギルガメッシュ「…ほう?」

ギルガメッシュ「面白いことを言う」

春香「私は今すんごく怒ってます」

春香「そのプライド、ずたずたにされたくなかったらさっさと消えてください」

ギルガメッシュ「…この雑種がァ!!」 

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:45:53 ID:6X/wYbUU
綺礼「ふむ、どうしたものかな…」ひょい

凛「…よく、躱したわね」

綺礼「魔術構成を解析し、この短時間で解呪したか」

綺礼「心底呆れた才覚だ」

凛「逃がさないわよ」

綺礼「…」

綺礼「残念ながら時間だな」

綺礼「ギルガメッシュ、決着は後だ」

ギルガメッシュ「…くっ」

ギルガメッシュ「命拾いしたな雑種」 

129 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 02:55:17 ID:6X/wYbUU
春香「そのまま帰すと思います?」

ギルガメッシュ「ふん、まずは周りの雑種を何とかするがいい」

ギルガメッシュ「我達は柳堂寺にいる」

ギルガメッシュ「万全を期して来い」

凛(くっ、さっきのガンドで私も限界みたいね…)

綺礼「それでは諸君、また会おう」

士郎「…」 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:08:05 ID:6X/wYbUU
凛「アーチャー!!」

アーチャー「…どうした、凛」

アーチャー「そんなに慌てている君を見るのは」

アーチャー「ずいぶん、久しぶりだ」

春香(あずささん、お願いします!!)

あずさ「やってみるわ」

凛「なにを…」

あずさ「私の基本特性は結界能力です」

あずさ「もう少しの間だけなら、アーチャーさんをここに留めておけますから」

あずさ「アーチャーさん、話したいことがあるんですよね?」 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:08:29 ID:6X/wYbUU
アーチャー「すまない、助かる」

アーチャー「まずは凛だ」

アーチャー「こんな幕引きになってしまって、何といっていいかわからないが」

アーチャー「君は最上のマスターだ、君のサーヴァントで、私は満足している」

凛「…今、そういうこと言わないでよ…」

アーチャー「最後のチャンスのようだからな、仕方あるまい」

アーチャー「そして衛宮士郎」

士郎「俺にもか?」 

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:19:27 ID:6X/wYbUU
アーチャー「私は、お前が気に入らん」

アーチャー「そんな生き方をしても、あるのは絶望する未来だけだ」

士郎「…」

士郎「確かに、そうかもしれない」

士郎「でも、俺はそれでも変えるつもりはない」

士郎「その絶望も、つぎの希望につなげてみせる」

アーチャー「…」

アーチャー「全く、馬鹿なのは相変わらずだな」

アーチャー「いいか、衛宮士郎、お前の敵はお前自身だ」

アーチャー「想定すべきは常に最強の、自分」

アーチャー「お前はたった一つの事しかできない、ならばそれを極めろ」

士郎「アーチャー、一体何を…」

あずさ「もう限界です」 


133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:23:42 ID:6X/wYbUU
アーチャー「凛」

凛「なによ、アーチャー」

アーチャー「私を、頼む」

サアァァァァァ

凛「…そういう、ことだったの」

士郎「遠坂?」

凛「衛宮くん、これを持って行って」

凛「アゾット剣と、私の宝石」

凛「使い方はわかるわね?」

士郎「あ、ああ」

凛「いろいろ説明してあげたいのだけど」

凛「もう、結構辛くてね」

士郎「どこかやられたのか!?」

あずさ「魔術回路に干渉されたみたいです」

凛「死にはしないわ」 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:46:16 ID:6X/wYbUU
凛「貴女、さっきのアーチャーの言葉、理解できてる?」

あずさ「…はい、魔力供給過程である程度マスターさんとリンクしていますから」

あずさ「それに、以前アーチャーさんと話した時に、少し」

凛「そう、なら、私がいなくても大丈夫ね…」

士郎「遠坂!!」

凛「…うるさいわよ衛宮くん、少しくらい静かにしててよね…」

あずさ「意識を失っただけです」

士郎「とにかく、家の中に運ぼう」 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:51:23 ID:6X/wYbUU
凛「…」すぅすぅ

春香「これから、どうします?」

士郎「…」

士郎「柳堂寺に向かおう」

士郎「決着を付ける」

春香「…マスターさんなら、そういうと思っていました」

春香「それでは、遠坂さんの宝石、ひとつ飲んでおいたほうがいいかもしれません」

士郎「何かあるのか?」

春香「さっき言いましたよね?」

春香「私、怒っているんです」

春香「フルパワーで戦いたいので、マスターさん」

春香「そのままだと、倒れてしまうかもしれませんから」 

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/02(火) 03:55:05 ID:6X/wYbUU
士郎「…分かった」ごくん

士郎「どうだ?大丈夫そうか?」

春香「少し、やってみますから」

春香「行きますよ?」

士郎「よし、いつでも」

士郎「ぐぅ…!?」

士郎(これは…確かにくるな…)

春香「だ、大丈夫ですか?マスターさん!?」

士郎「大丈夫だ」

士郎「燃費の悪いサーヴァントは伊達じゃないな」

春香「め、面目ないです」 

142 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 01:31:28 ID:nA1/Cu9Q
~柳堂寺参道~

小次郎「止まれ、そこな客人」

綺礼「ふむ、アサシンか」

小次郎「ここを通すわけにはいかんのだ」

小次郎「おとなしく立ち去られよ」

綺礼「そういうわけにはいかんのだがな」

綺礼「ランサー、いけるな?」

ランサー「…」

ランサー「ああ、余裕だな」

小次郎「…ほう」 

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 01:44:47 ID:nA1/Cu9Q
小次郎「随分ないいぐさだな、ランサーよ」

ランサー「お前のことは前に調べてんだよ」

ランサー「俺とお前の相性は最悪だ」

小次郎「我が秘剣の前には槍の間合いなど…」

ランサー「そういうことじゃねぇんだよ」

ランサー「すまねえが、長引かせる意味もねえ」

ランサー「一撃で終わりだ」

小次郎「やってみろ、槍兵!!」

ランサー「刺し穿つ死棘の槍《ゲイ・ボルク》!!」 

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 01:55:03 ID:nA1/Cu9Q
小次郎「…」

小次郎「ぐふっ」どさっ

ランサー「はあ」

ランサー「俺の宝具は因果の逆転を起こす」

ランサー「お前が磨き抜いた剣技も意味をなさねえ」

小次郎「…」すぅっ

ランサー「わりいな、まともに相手できなくてよ」

綺礼「終わったか…」

ギルガメッシュ「おい綺礼、そろそろだろう?」 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 02:08:15 ID:nA1/Cu9Q
綺礼「そうだな、ギルガメッシュ」

ランサー「?何か始まんのか?」

綺礼「ああ、我々はな」

ランサー「どういうことだ?」

綺礼「こういうことさ」ばっ

綺礼「言峰綺礼が令呪をもって命じる」

綺礼「ランサーよ、その槍で自害しろ」

ランサー「なっ!?」ぐさっ 

146 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 02:08:33 ID:nA1/Cu9Q
ランサー「言峰、てめぇ…」

綺礼「これで、聖杯起動分の魔力は聖杯に還元される」

ギルガメッシュ「ふはは、終わりの始まりというわけだ」

ランサー「く、くそぉ…っ!!」

ギルガメッシュ「良い働きだったぞ?雑種」

ギルガメッシュ「そうして這い蹲る姿は全く貴様にふさわしい」

ランサー(こんな、事のために俺は…)

ランサー(アーチャー、アサシン、すまねえ)すぅっ

綺礼「…消えたか」

ギルガメッシュ「行くぞ綺礼」 

147 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 02:19:09 ID:nA1/Cu9Q
春香「ここが、最後の戦いの舞台ですね」

士郎「ああ、間違いない」

春香「では、行きましょう」

士郎「そうだな」

春香(以前はいたアサシンがいない)

春香(やられちゃったのかな?)

士郎(ここに来る前の、あずささんのセリフ…)

士郎(あれは、どういう…) 

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 02:32:47 ID:nA1/Cu9Q
~回想~

あずさ「マスターさん」

士郎「あれ、あずささん」

士郎「どうしたんですか?」

あずさ「あの、アーチャーさんのことで」

士郎「何かあるんですか?」

あずさ「私からは少ししかお伝えできませんが」

あずさ「貴方自身を信じてください、けして、あきらめないで」

あずさ「あなたの本質は、消して失われることのない剣です」

士郎「剣?」

あずさ「はい」

あずさ「窮地に陥ったとき、思い出してください」

士郎「…」

士郎「分かった、ありがとう」

あずさ「いえいえ~」 

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 02:42:33 ID:nA1/Cu9Q
~現在~

春香「マスターさん、早く早く!」

士郎「春香、そんなに慌てると…」

春香「うわわっ」すてーん

士郎「ほら、転ぶから気をつけろって言おうと思ったんだけど」

士郎「遅かったか」

春香「えへへ」

ギルガメッシュ「ほう?」

ギルガメッシュ「決戦前だというのに、随分と悠長なことだな」

春香「貴方は!!」

士郎「ギルガメッシュ!」

ギルガメッシュ「雑種風情が気安く我の名を口にするな」 

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 02:51:17 ID:nA1/Cu9Q
春香「キャスターはどうしたんですか?」

ギルガメッシュ「さっきまでそこにいたがな」

ギルガメッシュ「もう消えてしまった」

ギルガメッシュ「存外張り合いのない相手だった」

綺礼「衛宮士郎とそのサーヴァントよ」

綺礼「よくぞここまで来た」

綺礼「今回の聖杯戦争において召喚された中で」

綺礼「生き残っているのは君たちだけだ」 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 03:02:44 ID:nA1/Cu9Q
綺礼「今こそ、聖杯は起動する」

イリヤ「…」ずずずず

春香「地面から!?」

士郎「あれは、イリヤ!?」

綺礼「聖杯の器たるホムンクルスだ」

綺礼「さあ、仕上げと行こうか」

春香「マスターさん、私たちの力」

春香「見せてもいいですよね?」

士郎「ああ、存分に見せてやれ!!」

二人「さあ、決着だ(ですよ)!!」

ギルガメッシュ「ふ、身の程を知るがいい」 

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 11:41:36 ID:UetEupjk
綺礼「まあ待てギルガメッシュ」

綺礼「ここは一つ聖杯の力を使おうではないか」

ギルガメッシュ「我が戦う方が早いのではないか?」

綺礼(あのサーヴァントから何か嫌なものを感じる)

綺礼(まずは小手調べといこう)

ギルガメッシュ(まあそういうことなら、少しだけ待ってやろう)

士郎「敵を前に作戦会議とは、大した度胸だな」

ギルガメッシュ「はっ、慢心せずして何が王か」

綺礼「貴様らの相手は、まずこやつにしてもらおう」ドロッ

士郎「聖杯の中身を取り出した!?」 

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 11:45:12 ID:UetEupjk
綺礼「ゆけ、ランサー」

ランサー「…」

士郎「これは、どういうことだ!?」

綺礼「聖杯の中には、英霊たるサーヴァントの因子が大量に溶け込んでいる」

綺礼「完全に起動する前でも、この程度の召喚など造作もない」

ランサー「くそっ、また利用されるのか!!」

ランサー「動け、動けっ!!」

綺礼「無駄だ、貴様に自由意志などない」

春香「…」 

158 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 11:50:37 ID:UetEupjk
春香「許せない」

春香「私たちサーヴァントだって、ちゃんと感情がある!」

春香「いま、ここにいる!」

春香「なのに、それを踏みにじるなんて…」

春香「ランサーさん、今、解放しますから」

春香「見せてあげます、私の宝具」

春香「信頼すべき朋友の助け《ダッテワタシタチミンナナカマダモンネ》!!」

春香「美希、お願い」

美希「ぷはっ、やっとミキの出番なの!!」

綺礼「ほう」 

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 11:57:08 ID:UetEupjk
綺礼「召喚能力《サモン・スキル》か」

士郎「その左手の珠が春香の宝具か」

春香「話は後にしましょう」

美希「そうそう、マスターはミキがキラキラしてるとこ、ばっちり見てればいいと思うなっ!!」

ランサー「おい、お前ら俺を倒せ!!」

ランサー「でねぇと「刺し穿つ死棘の槍《ゲイ・ボルク》!!」

士郎「美希、危ない!」 

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:03:29 ID:UetEupjk
美希「ふぅーん、これが因果逆転の槍か~」

美希「見た目はカッコいいけど、まだまだなの」

ランサー「な、なに?」

綺礼「擦りもしないとはな」

美希「ミキ、因果とか運命とか」

美希「そういう決められたのって、あんまり好きじゃないの」

綺礼「これはランサー一人では手に余るか」

綺礼「行け、アーチャー」

アーチャー「まさか、再び相見えようとはな」

士郎「アーチャー!!」

アーチャー「衛宮士郎、ちょうどいい」 

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:06:01 ID:UetEupjk
アーチャー「今から私の動きをよく見ておけ」

アーチャー「必要になるかも知れぬからな」

士郎「どういうことだ?」

綺礼「無駄話はそこまでだ」

綺礼「召喚しているリボンを狙え」

アーチャー「天海、この姿でも、躊躇うなよ」

綺礼「さあ、どうする」 

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:15:49 ID:UetEupjk
春香「関係ありません」

士郎「右手にもう一つの珠が!」

春香「行って、やよい」

やよい「うっうー、早速三本目からですー」がきぃん

アーチャー「そうだ、それでいいっ!!」

美希(ふーん、この能力、なんとなく分かったの) 

163 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:21:54 ID:UetEupjk
美希「春香、聖杯から呼ばれた人たち」

美希「人数か増えたらちょっと弱くなったの」

美希「それに、少しだけ自由に動けてるみたい」

綺礼(あの娘、この短時間でそこまで見抜くか…)

美希「ミキの売りは直感と幸運スキルだからね、おじさん」

美希「ランサーくんも可哀想だし、そろそろ解放してあげるの」

ランサー「そいつぁありがてぇな」ひゅんっしゅっ

美希「んじゃ、美希の宝具」

美希「天明指すは我が覇道《ミキガイチバンッテオモウナ》!!」

ランサー「お前も槍か」

美希「突撃槍ってやつなの」 

164 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:30:41 ID:UetEupjk
美希「それじゃあランサーくん、またね、なの」

ランサー「おう、一思いにやってくれや」

美希「神撃!!」

ギルガメッシュ「これは…」

ギルガメッシュ「なかなか苛烈な輝きだが」

ギルガメッシュ「なるほど面白い」

士郎(早過ぎる突撃なのか?)

美希「一丁あがり、なの」

アーチャー「もやし娘、今だ!!」

やよい「もやし娘じゃないですけど」

やよい「いきます、多連屠斬破・泰編です!!」

アーチャー「衛宮士郎、己を、信じるがいい」

士郎「アーチャー!!」 

165 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:34:57 ID:UetEupjk
貴音(春香、あの召喚、汚泥召喚とでもいいましょうか)

貴音(解析が完了しました)

春香(弱点はある?)

貴音(はい、サーヴァントを縛っているのは言峰神父のようです)

貴音(よって、彼の目の届かない範囲では、思うような拘束は出来ないでしょう)

貴音(同時に二人等も同様です) 

166 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:43:07 ID:UetEupjk
貴音(また、汚泥召喚によるサーヴァントは本来の力より数段劣っているようです)

貴音(美希が完全にランサーの宝具を躱せたのもこれが原因かと)

春香「ありがとうございました、貴音さん」

春香「次は律子さんと伊織、お願い」

律子「はあ、仕方ないわね」

伊織「スーパーアイドル伊織ちゃんに任せなさい、にひひ」

綺礼「ならば、こちらはアサシンだ」

小次郎「また、お前達か」

小次郎「いざ決着をつけようぞ」 

167 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:55:49 ID:UetEupjk
伊織「そういえば、アンタにはこの伊織ちゃんの宝具も見せてなかったわね」

伊織「出てきて、宝具、変幻自在の感情槌《ワタシノウサチャン》!!」

小次郎「なんだ、そのウサギなら」

伊織「真名解放してなかったでしょ?」

小次郎「あ、ああ、うん」

律子(あ、アサシンが妥協した) 

168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 12:59:49 ID:UetEupjk
伊織「まぁ、すぐに本当のウサちゃんに恐れおののくことになるわ」

律子「それじゃ、私も使いますか」

律子「いくわよ、剛健なる管理者の剣《ツッコミハマカセテ》」

小次郎「ふはは、良い闘気だ」 

小次郎「かかってこい!!」 

169 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:04:40 ID:UetEupjk
律子(変ね…)

律子(いくら私たちの宝具が純粋な攻撃タイプではないにしろ)

律子(能力の下がったサーヴァントに二人掛かりでここまで粘られるとは)

響(律子、そいつ前と匂いが変わってないぞ)

律子(響!?)

貴音「今回、アサシンはキャスターが召喚していたようです」

律子(なるほど、もともと正規の召喚がされていなかったから)

律子(汚泥召喚されてもデメリットが無いのね) 

170 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:08:12 ID:UetEupjk
律子「伊織、さっきの聞いてた?」

伊織「ええ、それならコンビネーション、やるしかないわね」

律子「アサシン、いくわよ」

小次郎「ふむ」

小次郎「貴様の宝具、それはハサミか?」

律子「見えないのによく分かるわね」

律子「私の能力は自動反撃《オートカウンター》」

律子「誰にも破らせはしないわ」 

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:11:44 ID:UetEupjk
小次郎「我が燕返しを受け切ったことは記憶している」

小次郎「だが、ここは平地、我が敏捷性を生かすことのできるここで」

小次郎「再び、それが叶うかな?」

律子「試してみればいいわ」

小次郎「そうか、では参る」

小次郎「秘剣・燕返し!!」

律子「はぁっ!!」

律子(これは、前より速い!?)

伊織「何やってんのよ律子」

伊織「ウサちゃん、《ギガント》」 

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:14:49 ID:UetEupjk
小次郎「むっ」

伊織「二人で盛り上がってるとこ悪いんだけど」

伊織「伊織ちゃんを忘れるなんて許されないわ」

小次郎「そのウサギ、大きさが変わるのか」

伊織「そう、剣にも盾にもなる凄い子なんだから」

伊織(もう覚えたわね?)

律子(ええ、お影様で)

伊織「次で決めるわ」

小次郎「やってみろ」

小次郎「秘剣・燕返し!!」 

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:19:14 ID:UetEupjk
律子「ここよっ!!」がきいぃぃぃん

小次郎「何!?」

士郎「刀を止めた!」

律子「伊織、今よ!!」

伊織「言われなくても」

伊織「ウサちゃん、最大ハンマーモード、《クラッシュ》!!」

小次郎「ふっ、見事してやられたな」

律子「私たち一人ずつなら、貴方の勝ちだったわね」

小次郎「いや、その結束こそがそなたらの力だ」

ばあぁぁぁぁん… 

174 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:24:12 ID:UetEupjk
綺礼「ふむ、やりおる」

綺礼「次はキャスターだな」

キャスター「私が、こんな人間ごときに…」

綺礼「御託はいらん、とっとと行け」

キャスター「ぐっ」ぎりぃ 

175 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:28:06 ID:UetEupjk
春香「それじゃあ、響、あずささん」

あずさ「は~い」

響「やっと出番さー」

キャスター「貴女達に恨みはないけれど」

キャスター「戦ってもらうしかないようね」

あずさ「ちゃんと、解放してまげますよ」

響「任せるさー」

キャスター「悪いけど、よろしく頼むわね」 

176 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:39:12 ID:UetEupjk
あずさ「でも、私がやることはこれしか無いのよね」

あずさ「響ちゃん、あとはお願いするわ」

響「がってん!!」

あずさ「さて、私の宝具、其人は誰が為に抱擁す《アラアラードウシマショウ》」

キャスター「む、魔法が使えない」

あずさ「私の宝具は結界を作ること」

あずさ「真美ちゃんのように全てを打ち消したりは出来ないけれど」

あずさ「これは自分たちも戦えるのよ」

響「なんかキャスター相手に悪い気もするけど」

響「宝具、我が同胞は無頼にして強靱《ミンナタイセツナカゾクサー》」

響「そしてもう一つ、宝具、空斬刀《ジブンクウキヨメナクナイサー》」

響「空斬刀にいぬ美、お願い」

キャスター「刀が光り輝いて…」 

177 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:42:51 ID:UetEupjk
響「魔法使いはレベルを上げて物理で殴ればなんくるないさー」ずぱんっ

キャスター「…」

キャスター「何となく、悔しいわね…」すぅっ

綺礼「次はライダーだ」

ライダー「…」

春香「真、雪歩お願い」

真「よっし、行くよ雪歩」

雪歩「うん、真ちゃん」 

179 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 13:56:21 ID:UetEupjk
ライダー「…騎英の手綱《ベルレフォーン》」

真「うわ、向こうは最初からクライマックスみたい」

雪歩「真ちゃん、これを使って」つスコップ

真「オッケー、雪歩はサポートよろしくね」

真「僕の宝具、我が有するは無上なる力《マッコマッコリーン》!!」

雪歩「わ、私の宝具、振るわる匙は平和の為に《アナヲホッテウマッテマスゥ》!」

士郎「おい、春香」

春香「なんです?マスターさん」

士郎「真の周りに浮かんでるスコップはなんだ?」

春香「見てれば分かりますよ」

士郎「…」 

180 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:00:05 ID:UetEupjk

ライダー「…」びゅんっ

雪歩「くるよ、真ちゃん」

真「よーし、いくよー!」

真「ふんっ!!」がしっずざざざざざぁ

士郎「ペガサスを掴んでとめた!?」

ライダー「そんな…」

雪歩「大丈夫?真ちゃん」

真「いちち、雪歩の護りが無かったら危なかったかも」

真「これでランクが下がってるなんてゾッとするよ」 

181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:03:01 ID:UetEupjk
真「でも、これでおしまいだ!」

ライダー「くっ」

雪歩「あ、別の幻獣を呼び出して…」

真「遅いっ!!」ごしゃあぁぁぁあ

ライダー「…デタラメすぎる…」

真「へっへーん対人火力なら一番だもんね」

雪歩「今傷を治すね、真ちゃん」

真「へへっありがとう、雪歩」

綺礼「…」 

182 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:12:53 ID:UetEupjk
綺礼(やはり妙だ)

綺礼(衛宮士郎は半人前以下の魔術師)

綺礼(だが、このサーヴァントは強力すぎる)

綺礼「最後だ、バーサーカー」

バーサーカー「ぐおおおおおぉおぉぉぉ」

春香「貴音さん、十二の試練の効果はどの程度?」

貴音「半分、といったところです」

貴音「蘇生のみの復元のようなので、強力な宝具で戦えばよいかと」

春香「耐性はないってことですね、ありがとうございます」

春香「なら、私だけで十分かな」すっ

綺礼「ほう、召喚士が召喚を放棄するか」 

183 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:22:13 ID:UetEupjk
春香「勘違いしていませんか?」

春香「信頼すべき朋友の助け《ダッテワタシタチミンナナカマダモンネ》は、宝具の一つに過ぎません」

春香「私の力の本質はこっち」すっ

春香「拘束開放《リボンガホンタイッテイワナイデ》」

士郎「春香のリボンが、解けた…?」

春香「そして、真の剣は心の中に《タマニグサットキテルヨ》」

士郎「さらにそのリボンが剣に」

春香「私単体で召喚されていれば」

春香「恐らく私のクラスはセイバーだったでしょうね」

綺礼「宝具を三つも所有するか」

綺礼「余程の逸話の持ち主か」

春香「貴方達には知りようの無い事です」

春香「いきます」ごぅっ

士郎「なんだ、このプレッシャーは!?」

春香「覚悟!!」はるかっか 

184 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:24:48 ID:UetEupjk
貴音(貴方様、あれは閣下モードです)

士郎「貴音?」

貴音(春香の感情が昂ぶった時、リボンを解放してあのように変わります)

貴音(戦闘能力は真や美希、やよいにも匹敵します)

士郎「なんて力だ…」 

185 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:30:57 ID:UetEupjk
春香「せいっ残り五回!!」ひゅんすぱっ

春香「四回、三回!」ずばしゅっ

ギルガメッシュ「これは愉快な」

ギルガメッシュ「バーサーカーが速度について行けていないではないか」

春香「二回、一回っ!!」しゃきぃぃぃん

春香「これで、終わりです」すっ

バーサーカー「ぐ、ぐわおおぉん」ずしゃあっ

美希(まるでトランザムなの)

士郎「トランザム?」

美希(マスターにはカンケー無い、って思うな) 

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:37:04 ID:UetEupjk
春香「さ、これで貴方達だけですね」すちゃ

美希(閣下モードから春香に戻ったの)

綺礼「たしかに、見事なものだった」

綺礼「だが、お前達のマスターも、随分疲弊しているようだが?」

士郎「…問題ないっ!」

春香「すみません、どんどん力を使ってしまって」

士郎「大丈夫だ、心配ない」

綺礼「ギルガメッシュ、後は頼むぞ」

綺礼「私は聖杯の真の覚醒を始める」

ギルガメッシュ「ふ、精々励むといい」

ギルガメッシュ「我はこいつらと遊んでやるとしよう」

春香「させると思ってますか?」

綺礼「ギルガメッシュは先程の者達とは文字通り格が違う」

綺礼「それではな」すぅっ 

187 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:45:05 ID:UetEupjk
貴音(言峰神父は裏手に移動したようです)

春香「マスター、先に行って下さい」

ギルガメッシュ「それは出来ない相談だな」

ギルガメッシュ「何人も我の前から逃さぬ」

ギルガメッシュ「王の財宝《ゲート・オブ・バビロン》」

春香(これは…!?)

春香(亜美、真美!!)

亜美(う、うん)

真美(ヤバイ感じプンプンするっ) 

188 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:52:11 ID:UetEupjk
真美「桃色思春期空間《モドカシイコノオモイ》!」

亜美「天乱する絶神遊具《イタズラ・ダーイスキ》、『そこから動けないよね?』」

ギルガメッシュ「むっ?」

ギルガメッシュ「なるほど、行動制限に戦闘不能空間か」

ギルガメッシュ「なかなか考えられている」

亜美「はるるん、こいつ相当強いYO」

真美「よく分からないけど、空間が割れそう」

ギルガメッシュ「この程度で我を止めようなどと、甘いにも程があるぞ」すちゃ

ギルガメッシュ「乖離剣エア、目にしただけでも光栄に思うが良い」

春香(千早ちゃん、亜美と真美が戻ったら)

千早(分かってるわ)

千早(なんとか相殺できるといいんだけれど) 

189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 14:58:16 ID:UetEupjk
士郎(皆、俺に遠慮してないか?)

春香(え?)

士郎(今俺たちには、ちゃんとリンクが繋がっている)

士郎(君たちの力も、何となく把握しているんだ)

皆(…)

士郎(俺の事は心配ない、遠坂に貰った宝石もまだ一つ残ってる)

士郎(思いっきり、やってやれ)

春香(…)

貴音(どうしますか?春香)

春香(ここまで言わせちゃったもんね)

春香(皆、やろう!)

美希(そうこなくっちゃ、なの)

春香(千早ちゃんの攻撃を合図に発動させる)

千早(それでいきましょう)

ギルガメッシュ「は、これでお終いだ!!」ぱきぃぃいん 

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:03:12 ID:UetEupjk
亜美(今だYO)

真美(ごめんね、もっと引き伸ばせなくて)

春香「大丈夫よ、来て、千早ちゃん!」

ギルガメッシュ「天地乖離す開闢の星《エヌマ・エリシュ》!!」

千早「神姫絶唱する天上の歌声《ワタシニハウタシカアリマセンカラ》!!」

どおおぉぉぉぉおおん 

191 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:08:03 ID:UetEupjk
ギルガメッシュ「ほう、大した威力だな」

春香「みんな、いくよっ!!」

皆「天地繚乱す究極の舞台《アイドルマスター・アルティメイト》!!!!」

ギルガメッシュ「こ、これは…!?」

ギルガメッシュ「固有結界だと!?」

皆「マスターさん、私達のステージ」

皆「もう一度、見て下さいね!!」

ギルガメッシュ「こんなものぉ!!」 

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:11:42 ID:UetEupjk
ギルガメッシュ「エアっ」ずばしゅっ

ギルガメッシュ「なっ、壊せないだと…」

貴音「無駄です」

貴音「これは私達がかつてともに目指した理想の形」

貴音「形作るは私達のみにあらず」

貴音「いかな対界宝具といえども、破壊しきることなど不可能」

響「さー、一曲目からダンサブルに見せつけるさー」

皆「一曲目はREADY!!」 

193 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:13:03 ID:UetEupjk
士郎「これが、君たちの宝具…」

ギルガメッシュ「雑種どもがァァァ」 

195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:18:25 ID:UetEupjk
ギルガメッシュ「ぐ、はぁっ」どさっ

ギルガメッシュ「貴様ら、王を地に伏せるとは」

ギルガメッシュ「万死に値するぞ!!」

春香「まだ動けるなんて」

ひゅおおおおぉぉぉ

士郎「あれは、聖杯がっ!?」

貴音「覚醒を始めたようですね」

士郎「皆、先に行ってくれ」

春香「な、何言ってるんですか?」

美希「金ピカもまだ生きてるの」 

196 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:20:32 ID:UetEupjk
士郎「こいつは、俺が倒す」

あずさ「マスターさん、もしかして…」

士郎「さっきのステージで、何となく感じたんです」

士郎「やれます」

あずさ「…」

あずさ「みんな、行きましょう」 

197 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:29:06 ID:UetEupjk
春香「あずささん、何を言って…」

あずさ「大丈夫よ、マスターなら出来るわ」

春香「だから何を…」

ギルガメッシュ「我を無視して仲間割れとは、随分と余裕だな!!」

ギルガメッシュ「王の財宝《ゲート・オブ・バビロン》!!」

春香「あ、危ないっ!?マスターさん!!」

士郎(俺にも、理想があった)

士郎(色褪せても、朽ち果てても、消えることのない夢が)

士郎(彼女たちの夢を追う姿、それを模倣《トレース》するんだ)

士郎「投影開始《トレース・オン》」

士郎(飛来する宝具の基本骨子、構成材質、製作背景までを完璧に)

アーチャー『お前の敵はお前自身だ』

士郎「そうだ、自分のイメージを」

士郎「超える!!」 

198 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:34:00 ID:UetEupjk
士郎「はあぁぁっ!!」がきぃぃぃん

ギルガメッシュ「なん…だと…!?」

春香「マスターさん、今のは…」

あずさ「マスターさん、分かったんですね」

士郎「出来た…」

士郎「皆、俺は大丈夫だ」

士郎「言峰を止めてくれ」

美希「…ミキ、マスターのこと見直したの」

美希「いってくるね、ハニー!」

伊織「ちょ、ちょっと美希、一人で行ってどうするのよ!!」

律子「こら、先走らない!」

春香「ははは」

春香「マスターさん、すぐに来て下さいね」

士郎「任せろ!」 

200 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 15:37:41 ID:UetEupjk
ギルガメッシュ「先程の力、贋作者《フェイカー》のものか」

ギルガメッシュ「だが、その程度の力で雑種ごときが我を倒すだと?」

ギルガメッシュ「片腹痛いわ!!」

士郎「御託はいいんだ、ギルガメッシュ」

士郎「さっさとケリをつけよう」

ギルガメッシュ「ぐっ、上等だぁぁぁ!!」

士郎「来い、英雄王」

士郎「武器の貯蔵は十分か!!」 

203 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 23:25:11 ID:nA1/Cu9Q
ギルガメッシュ「ちぃっ」ぎゃりん

士郎「お前が十全だったなら、俺の未熟な剣製では太刀打ちできなかったかもしれない」しゃきん

士郎「だが、今のお前になら負けない!!」 

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 23:35:23 ID:nA1/Cu9Q
士郎「俺を殺すことを願った男は、俺を守って死んだ」

士郎「貴様を殺すはずだった男は、俺に託して消えた!」

士郎「すべてを救うことを願い、やがて絶望した魂は、俺に力を遺して去った!!」

士郎「いいか英雄王、お前を斃すのは俺じゃない」

士郎「お前を殺すのはあいつじゃない」

士郎「お前が死ぬのは、ひとえに自らの力によってだ!」

士郎「すべてを出しきれ、すべてを俺に見せろ」

士郎「お前のチカラで、俺はお前に勝つ!!」

士郎「投影待機、全投影連続掃射!!」

ギルガメッシュ「調子に乗るな、小僧!!!」ぶぅん 

205 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/03(水) 23:55:05 ID:nA1/Cu9Q
士郎「ぐっまだこんな力が残って!?」

???『まだまだ貴様は甘いな、骨子も荒い、経緯もなっちゃいない』

士郎「…アーチャー!?」

???『お前には一つのことしかできないと言っただろう』

???『細かいことを考えるようには、その身体は作られていない』

士郎「…そうか、俺が作るのは剣じゃない」

ギルガメッシュ「はっ、ここでってを止めるとは、愚かな!」ひゅんひゅんひゅんっ

士郎「俺にあるのは、剣を複製する力なんかじゃない」

士郎「熾天覆う七つの円環《ロー・アイアス》」きぃんきぃんきゅいん

ギルガメッシュ「なんだとっ!?」

士郎「俺にあるのは、自分の思いを形にする力だっ!!」

士郎「俺が求めるのは無限に剣を内包する世界」

――――I am the bone of my sword.

士郎「無限の剣製《アンリミテッドブレイドワークス》!!」

ギルガメッシュ「固有結界だと!?」 

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 00:05:38 ID:li3SvKww
士郎「見ての通り、お前が対するのは無限の剣」

士郎「すべて贋作だが、本物に劣るものなど一つもない」

士郎「ギルガメッシュ、これが剣戟の極致だ」

士郎「恐れずしてかかって来い!!」

ギルガメッシュ「おのれぇ!!」

ギルガメッシュ「おのれおのれおのれおのれえええ!!」

ギルガメッシュ「我が、こんな贋作にぃぃぃ」ぶぅん

ギルガメッシュ「乖離剣!!」すちゃっ

士郎「させるかあぁぁ!!!」ずばしゅっ

ギルガメッシュ「くそぉぉぉ!!」

ぎゅぅいぃぃぃぃん

ギルガメッシュ「ちいぃぃぃ!!!」

士郎「なっ!?」 

207 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 00:13:54 ID:li3SvKww
~少し前~

春香「言峰さん」

綺礼「ほう、ギルガメッシュを退けたか」

綺礼「…衛宮士郎はどうした?」

美希「ハニーはあの金ピカをフルボッコ、なの」

綺礼「ん?まあいい」

綺礼「ぞろぞろ湧いてきたのはいいが」

綺礼「この聖杯を止めることは、もはや誰にも叶わぬ」

あずさ「そんなことはありませんよ」

亜美「そうだYOおっちゃんはそこで『黙って見ててよね』」

綺礼「むっ!?」

雪歩「動いたらざっくりですぅ」つスコップ

真「雪歩?割とエグいこといってるけど?」 

208 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 00:28:23 ID:li3SvKww
春香「まずは増殖を止めます」

春香「あずささん、お願いします」

あずさ「任せて、其人は誰が為に抱擁す《アラアラードウシマショウ》」

あずさ「結界内に押し込めるわ」

春香「後は、私たちの最大火力で一気に消し飛ばす」

春香「千早ちゃん、美希、真、やよい」

春香「準備はいい?」

千早「いつでも行けるわ」

美希「美希が終わらせてあげるの」

真「そういうの、わかりやすくていいよね」

やよい「うっうー、がんばりますー」 

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 00:45:28 ID:li3SvKww
綺礼「やめておけ」

綺礼「そんなことをすれば、聖杯の中身は飛び散るぞ」

あずさ「させません」

あずさ「中身の心配はしなくていいわ、やって!!」

春香「はいっ」

『真の剣は心の中に《タマニグサットキテルヨ》!!』

『神姫絶唱する天上の歌声《ワタシニハウタシカアリマセンカラ》!!』

『天明指すは我が覇道《ミキガイチバンッテオモウナ》!!』

『食卓の王様《モヤシハカケイニヤサシイデス》、多連屠斬破・泰編!!』 

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 00:46:03 ID:li3SvKww
あずさ「絶対に、外には逃がさない!!」

綺礼「やめろ!!」だっ

雪歩「あっ、そっちに行ったら攻撃に巻き込まれて!!」

しゅいぃぃぃぃん、ごごごごごごごおおぉぉぉん

貴音「聖杯の消滅、確認致しました」

真美「これで、全部終わりなんだね…」

伊織「まだよ、マスターが戦っているじゃないっ!!」

響「むっ、皆まずいさ!」

春香「マスターさんっ!!」 

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 01:10:09 ID:li3SvKww
士郎「消えた?」

士郎「終わったのか…」ひゅんっちゃりちゃりっきぃん

士郎「鎖がっ!?」

ギルガメッシュ「くっ、言峰の制御を失い、寄り代を求めてきたか」

ギルガメッシュ「同じサーヴァントでは核にすらならんことがなぜ分からん!!」

士郎「があっ」ぎりぎりっ

ギルガメッシュ「こうなれば、貴様も道連れだぁ」

士郎(どうすればいいんだっ)

???(とりあえず、右に避けてください)

士郎「!?」すっ

ひゅんっ

ギルガメッシュ「なっ」ざくっ

ギルガメッシュ「き、さまぁ…」ずずず

春香「ご、ご無事でしょうか?マスターさん」 


212 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 01:21:46 ID:li3SvKww
士郎「春香!!」

春香「みんなを戻して、あわてて来ちゃいました」

春香「間に合ってよかった…」

士郎「終わったのか」

春香「はい、聖杯は完全に消滅しました」

士郎「みんな、よくやってくれたな」

春香「マスターさんも、一人で英霊を倒すなんてすごいです」

春香「そろそろ、時間です」

士郎「春香…」

美希「美希たちもいるんだけどな~」

士郎「みんな!!」

貴音「私たちを繋ぎとめていた聖杯がなくなったのです」

貴音「当然の結果でしょう」

千早「春香、私の分の時間をあげるわ」

春香「千早ちゃん…」 

213 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 01:32:37 ID:li3SvKww
千早「マスター、いろいろありがとうございました」

千早「もしまた会えるなら、もっと色々な話をしたかったですね」

士郎「ああ、きっとできるさ」

千早「それでは」すっ

雪歩「私も、マスターさんがマスターさんでよかったですぅ」すぅっ

真「今度は一緒に鍛錬しましょうね」しゅっ

士郎「ああ、必ずな」

やよい「うっうー、最後にマスターさん、手を出してください!!」

士郎「こうか?」

やよい「ハイ、ターッチ!」

やよい「いぇいっ!!」すうっ

士郎「…」

士郎「次は、俺も言ってやるからな」 

214 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 01:42:18 ID:li3SvKww
亜美「兄(c)、はるるんのこと、頼んだYO」しゅばっ

真美「真美たちのことも忘れないでね→」しゅわっ

響「自分もマスターと、もっと一緒に遊びたかったさー」

響「またねー、マスター」ノシすっ

士郎「亜美、真美、響…」

あずさ「もっとアーチャーさんのこととか、教えてあげたかったのですけど」

あずさ「でも、今のマスターなら、聞かなくても平気そうですね」

士郎「ああ、なんとか自分で頑張ってみるよ」

あずさ「はいっ、応援してます」すうっ 

215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 01:55:32 ID:li3SvKww
伊織「みんな消えちゃったわね」

律子「さ、私たちも名残惜しくなる前に、ね」

伊織「そうね、残り時間は春香に譲ってあげるわ」

春香「伊織…」

律子「それでは、マスター殿またどこかで」しゅっ

伊織「伊織ちゃんを忘れたら承知しないんだから、にひひっ」すうっ

士郎「ああ、忘れたりなんてするもんか」

貴音「あとは私と」

美希「ミキだねー」 

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 02:07:52 ID:li3SvKww
美希「ハニー、美希頑張ったよ?」

士郎「ああ、知ってるよ」

美希「だから、ごほーびちょうだい?」

士郎「何がいいんだ?」

美希「頭、なでなでして?」

士郎「…」なでなで

士郎「ありがとうな」

美希「ミキこそありがとう、なの」

美希「またね、ハニー」ふわっ 

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 02:08:12 ID:li3SvKww
貴音「貴方様」

貴音「貴方様の手料理、大変美味でした」

貴音「またご馳走してくださいね」

士郎「ああ、とびっきりのを作ってやるさ」

貴音「それは真、楽しみですね」すうっ

春香「…私たちだけになっちゃいましたね」

士郎「そうだな」 

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 02:22:09 ID:li3SvKww
春香「少し、向こうに行きませんか?」

士郎「ああ、いいよ」

~夕日の見える丘~

春香「綺麗ですね」

士郎「そうだな…」

春香「…」

士郎「…」

春香「そうだ、これもやっていかないとでした」

士郎「?」

春香「じっとしていてください」

春香「せいっ」つ聖剣の鞘

士郎「これは!?」

春香「恐らく、本来呼ばれるべきサーヴァントさんにゆかりのものです」

春香「見つけたのは貴音さんです」 

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 02:46:17 ID:li3SvKww
士郎「そうか…」

士郎「本来の?」

春香「はい」

春香「私たちは本当はここに来るべきではなかったと思います」

士郎「どういうことだ?」 

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 02:57:47 ID:li3SvKww
春香「今回の聖杯は既にかなり歪んでいました」

春香「たしかに私はセイバークラスで現界する可能性もありましたが」

春香「今回はアイドルとして全員が呼ばれました」

春香「それに、正直に言えば、マスターさんの能力では、私たちがいくら総合されてランクダウンしていたとしても」

春香「召喚することはできなかったと思います」

士郎「確かにそうだな」 

221 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 03:00:46 ID:li3SvKww
春香「ましてや、この鞘です」

春香「どういうことかわかりますか?」

士郎「いや、正直イマイチ」

春香「はあ、あとで遠坂さんに聞いてください」

士郎「そうするよ」

士郎「もうそろそろなんだろ?」

春香「…」

春香「はい」 

222 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 03:03:42 ID:li3SvKww
春香「本当に、マスターさんにはお世話になりました」

士郎「それはこっちのセリフだ」

士郎「皆がいなかったら、俺はとっくに死んでたよ」

春香「…」

士郎「…」

春香「これ、もらっていただけますか?」つリボン

士郎「いいのか?」

春香「はい、私たちの絆の証に」

士郎「…」

士郎「大切にするよ」

春香「それじゃあ、行きますね」 

223 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 03:06:33 ID:li3SvKww
春香「士郎さん」

士郎「…なんだ?」

春香「私、士郎さんに会えて、本当に良かったです」

士郎「俺もだ」

春香「…」サアァァァ

士郎「春香、綺麗だ」

春香「ありがとう、ございます」ぐすっ

春香「また、どこかで…」すうっ

士郎「…」

遠坂(目が覚めてきてみれば…)

遠坂(もう少し、そっとしておいてあげよ) 


230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 22:01:45 ID:li3SvKww
士郎「あれから、遠坂に呼ばれるまで、俺は夕日を見ていた」

士郎「そのあと、家でたくさんのことを話した」

士郎「言峰やギルガメッシュ、聖杯に関すること」

士郎「そして、俺のもつ能力」

士郎「遠坂は静かに話を聞いていたが、終わったあとはあっさりとこう言った」

遠坂『衛宮くん、私の弟子になりなさい』

士郎「俺が魔術を使いこなせるように、正しく使えるように監督する必要があるらしい」

士郎「おかげで、今でも遠坂の厳しい訓練でヘトヘトになる毎日がつづいている」 

231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 22:27:22 ID:li3SvKww
士郎「なあ遠坂」

凛「はい、口より手と頭を動かしなさい」

士郎「わ、分かってるよ」

士郎「でも、一つ聞きたいんだ」

凛「しょうがないわねぇ、何?」

士郎「俺があの子達を喚べた理由だよ」

凛「ああ、そのこと」

士郎「皆遠坂ならわかるってそれしか言ってくれなかったからな」

凛「そう複雑なことでもないわ」 

232 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 22:39:28 ID:li3SvKww
凛「あの子達、たぶんアーチャーと同じなのよ」

士郎「同じ?」

凛「未来の英霊ってこと」

士郎「そうなのか?」

凛「真名を調べてみたけど、既存の英雄には存在しないわ」

凛「それに、それならあの子達の不自然な有り様にも説明がつく」

士郎「不自然だったか?」

凛「あんな入れ替わったりバラバラになる英霊なんて、それこそ珍しいのよ」

凛「あの子達、この時代に来る過程でかなりランクダウンされていると思う」 

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 22:49:18 ID:li3SvKww
士郎「でも、相当強かったけど」

凛「本来はもっと破格なのよ」

凛「ああ恐ろしい」

凛「たぶん、未来での知名度は大変なことになってるんだわ」

士郎「んー、まあそれはいいとして、それと俺が喚べたことはどう繋がるんだ?」

凛「わからない?」

士郎「全然」

凛「はあ」 

234 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 23:17:28 ID:li3SvKww
凛「衛宮くん、貴方本当の家族の行方はわからないのよね?」

士郎「ああ、10年前に分からなくなったままだ」

士郎「ん?」

凛「なんとなくわかったみたいね」

凛「たぶん、あの春香って子あなたの家系のどこかにいるんでしょう」

凛「もしかしたらもう産まれているかもしれないけど」

士郎「つまり、鞘と同等の縁が、俺にもあったってことか」

凛「それに、性質の問題もあるわ」 

235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 23:30:18 ID:li3SvKww
凛「衛宮くんとあの子の性質が、鞘の持ち主よりも合ってたんでしょうね」

士郎「そういうものか?」

凛「まあ、ちょっとボケてるところとか、似てなくもないし」

士郎「もしかしなくても、馬鹿にしてるな?」

凛「はいはい、いいからさっさと続きをしなさい」

凛「お話はもう終わりよ」

士郎「…」 

236 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/04(木) 23:48:55 ID:li3SvKww
士郎(遠坂の言っていたことが本当かはわからない)

士郎(でも、例え違っていたとしても、俺はあいつらに恥じることのない生き方をしていこうと思う)

士郎(約束通りまたみんなに会えるように)

士郎(自分の夢に胸を張れるように)

遠坂「ほら、ぼーっとしない、ここ違うから」

士郎(まだまだ道のりは険しそうだけどな…)


Fin 

238 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 00:17:07 ID:uIq5cKmE
>>85から

あずさ(まずは分析からよね)

あずさ(私が時間を稼ぐわ)

あずさ(貴音ちゃん、お願いね)

貴音(了解いたしました)

イリヤ「あれだけ大きなことを言ったくせに、逃げているだけなんて」

イリヤ「やっぱり大したことないわ、バーサーカー!!」

バーサーカー「ぐおぉぉぉぉぉぉおん」

あずさ(でも、やられっぱなしは悔しいわよね) 

239 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 00:36:14 ID:uIq5cKmE
あずさ(私は戦闘タイプではないけど)

あずさ(少し位は手傷を与えてあげないとね)

あずさ「私の結界は何も守るだけではないんですよ?」ぐっ

バーサーカー「ぐおっ」

イリヤ「どうしたの、バーサーカー!?」

あずさ「擂り潰しなさい、其人は誰が為に抱擁す《アラアラードウシマショウ》」ぐしゃぁっ

バーサーカー「ぎゃあおぉぉぉぉおん!?」

イリヤ「バーサーカーの腕が…」

バーサーカー「ぐおおぉぉ」しゅうしゅう

あずさ「あら~やっぱり回復されちゃうのね」

イリヤ「よくもバーサーカーを!!」 

240 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 00:48:17 ID:uIq5cKmE
貴音(あずさ、終わりましたよ)

やよい(うっうー、後は任せてください)

あずさ(あら~ごめんなさい、お願いするわ~)

やよい「さ、こんどはわたしが相手ですー」

やよい「食卓の王様《モヤシハカケイニヤサシイデス》!!」

貴音(やよい、分担は三つです)

やよい「わかってますー」

イリヤ「何アレ?もやし?」

バーサーカー「ぐおおおおおおおお」

やよい「もやしの力を見せてあげますー」 

241 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 01:18:33 ID:uIq5cKmE
やよい「まずは二本ですー」しゃきん

イリヤ「なっ!?」

イリヤ(疾い!!)

バーサーカー「ぐああぁぁぁぁぁあ!!!」

イリヤ「バーサーカー!!すぐに回復なさい」

イリヤ「同じ攻撃なら耐性ができるわ!!」

やよい「同じ攻撃なんてしません!!」

やよい「次は四本!!」

バーサーカー「ぎゃおおおおおう!!」

イリヤ「バーサーカー!!」

イリヤ(早すぎて、追いきれない) 

242 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 01:37:35 ID:uIq5cKmE
イリヤ「なんで!?バーサーカーの十二の試練《ゴッド・ハンド》が効かないの!!」

やよい「難しいことはわかりませんー」

イリヤ「これだから子供はー!!」

やよい「最後の一個、六本でもらいます!!」

やよい「食卓の王様《モヤシハカケイニヤサシイデス》、多連屠斬破・泰編!!」

バーサーカー「…」しゅうしゅうしゅう

イリヤ「バーサーカーの回復が追いつかないなんて…」

やよい(あとは…お願いします…)しゅん

春香「ありがとう、やよい」 

243 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 01:53:19 ID:uIq5cKmE
春香「畳み掛けます」

春香「信頼すべき朋友の助け《ダッテワタシタチミンナナカマダモンネ》、部分開放」

春香「伊織の力を借りるね、変幻自在の感情槌《ワタシノウサチャン》!!」

春香「まずは一回!!」どがしゃあーん

バーサーカー「…」

イリヤ「なによこのサーヴァント、めちゃくちゃすぎる!!」

春香「貴女たちに言われたくありません!!」 

244 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 02:05:00 ID:uIq5cKmE
春香(まずい、やっぱり私の宝具は魔力の消費が激しすぎる…)

春香(はやく決着をつけないと…)

春香「次は響ちゃん、空斬刀《ジブンクウキヨメナクナイサー》」

春香「これで二つッ!!」すばしゅっ

バーサーカー「ぐおおおおおおおおん」

春香「くっ再生が終わった…」

イリヤ「バーサーカー!!はやくやっちゃいなさい!!」

春香(もう信頼すべき朋友の助け《ダッテワタシタチミンナナカマダモンネ》は使えない)

春香「これを使うしかないのね…」

春香「いきます!」 

245 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 02:24:46 ID:uIq5cKmE
春香「拘束開放《リボンガホンタイッテイワナイデ》」

イリヤ「動きが止まったわ!!今よ!!」

春香「真の剣は心の中に《タマニグサットキテルヨ》…」

春香「ごめんなさい、すぐに終わらせるから…」しゅぱんしゅぱんざしゅっ

春香「はい、三個…」

イリヤ「バーサーカー!?」 

246 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 02:37:45 ID:uIq5cKmE
春香(やっぱり、きっついなあコレ)

春香(頼むね、美希)

美希(面倒だけど)

美希「しょうがないの」

美希「あふう」

イリヤ「また姿が変わった!?」

美希「要は三回分やっつければいいんだよね」

バーサーカー「ぐおおおおおぉぉん」ぶうんっ

美希「おっと、危ない危ない」よとと

イリヤ「こいつ、さっきまでのより弱いわ!」

イリヤ「バーサーカー!!」

美希「むー、ミキは弱くないの」

美希「天明指すは我が覇道《ミキガイチバンッテオモウナ》!!」 

247 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 02:52:30 ID:uIq5cKmE
美希「いくよ、ミキのフルパワー!!」

美希「超神撃!!」ばしゅぅぅぅん

バーサーカー「がふっ…」

イリヤ「なっ!?」

美希「今ので三個分くらいいったかな?」

貴音(ええ、ちょうどですね)

美希「あふぅ、ミキものすんごく疲れちゃったの」

美希(真君、バッチリ決めてよね…)

真「よーし、やっと出番か」 

248 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 02:58:36 ID:uIq5cKmE
真「といっても、僕の場合は皆みたいに派手にはならないと思うけどね」ぐっぐっ

真「我が有するは無上なる力《マッコマッコリーン》!!」しゅいいいぃん

真「さ、覚悟してよ!!」

イリヤ「やめて」

イリヤ「やめてやめてやめて、やめてよー!!」

バーサーカー「ぐわおぉぉぉぉ」

真「せいっ!!!!」 

249 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/05(金) 03:03:08 ID:uIq5cKmE
これで>>86にいきます。ちょっとつなぎが変なのは書き溜めなしの弊害ですね。

ちなみに、読んでくださった方はなぜ書かなかったかわかっていただけたと思いますが、とにかく長いわりに、バーサーカーは喋らない、やることはかわらないという書き手泣かせな単一展開になるからです。

でもなんとなく無いのは気持ち悪かったので、無理やり書きました。

あずさアーチャーから始めます。 

251 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:52:28 ID:Ls5RZDd6
~とある日の夜~

アーチャー「…」

アーチャー「衛宮士郎のサーヴァントか?」

あずさ「あら、気付かれちゃいましたか」

アーチャー「弓兵の背後を取ろうとするのは、あまりオススメできんな」

あずさ「おにぎり、持ってきたんです」

あずさ「食べますか?」

アーチャー「ふむ」

アーチャー「まあ、いただこうか」

あずさ「はい、どうぞ」 

252 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:55:46 ID:Ls5RZDd6
アーチャー「…」むしゃむしゃ

あずさ「…」

アーチャー「…」

アーチャー「どうした?要件はもう済んだのだろう?」

アーチャー「早く戻ったらどうだ?」

あずさ「今はマスターさんと凛ちゃんが魔術の訓練中ですから」

あずさ「月でも見ていようと思います」

アーチャー「ふん、凛も無駄なことにばかり労力を使う」

あずさ「そうですか?」

アーチャー「衛宮士郎を鍛えたところで、戦力になどならん」

あずさ「…」 

253 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 00:59:38 ID:Ls5RZDd6
あずさ「私はそうは思いません」

アーチャー「自分のマスターだからだろう?」

あずさ「それもありますけど」

あずさ「そうならない確証が目の前にいますから」

アーチャー「!?」ぶぉん

あずさ「け、警戒しないでください」

アーチャー「貴様、何者だ?」

あずさ「三浦あずさと申します」

アーチャー「そういうことを聞いているのではない」

あずさ「あらあら~」 

254 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:13:15 ID:Ls5RZDd6
あずさ「大丈夫ですよ、誰にも言ってませんし」

アーチャー「どうやって知った?」

あずさ「私の本来の能力は対界干渉というものなんです」

あずさ「今の状態では、ランクダウンのおかげで使えませんが」

あずさ「固有結界のようにわかりやすいものなら、色でなんとなぁく見えるんです」

アーチャー「最初からわかっていたということか」

あずさ「まあ、マスターさんに似てるなーとも思いましたから」

アーチャー「私と衛宮士郎が似ている?」

あずさ「そっくりですよ?」

アーチャー「…」 

255 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:16:51 ID:Ls5RZDd6
アーチャー「三浦あずさ、君はなんとなく他のサーヴァントとは違うな」

あずさ「そうですか?」

アーチャー「ああ、なんというか聖杯を求めようという気概がない」

あずさ「聖杯って何なんでしょうね?」

アーチャー「万能の願望器だろう?」

あずさ「それって、おかしいと思うんです」

あずさ「私は一応みんなのお姉さんですから」

あずさ「怪しいものは一番に警戒しておこうと思って」

アーチャー「ふむ」 

256 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:22:43 ID:Ls5RZDd6
アーチャー「それでは、望みはないのか?」

あずさ「そういうわけではないですけど」

あずさ「私の願いは、もう聖杯に頼る必要もないですから」

アーチャー「…」

アーチャー「君も英霊であるならば、世界と契約をし、そして絶望を知ったはずだ」

アーチャー「なのに何故そうも穏やかでいられる?」

あずさ「私は、世界をほんの少しだけ平和に出来たら良かったんです」

あずさ「たしかに、その場しのぎと言われたらそれまでですけど」

あずさ「でも、私は後悔していませんから」

アーチャー「…何故だ?」

あずさ「何故、と言われても答えにくいですけど」

あずさ「たぶん、いつの時代も、必ず平和を求める人がいたからです」

あずさ「私がしたことは、皆さんを少しでも助けられた」

あずさ「それで私は十分ですから」 

257 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:26:46 ID:Ls5RZDd6
アーチャー「私は、そんな風には思えない」

アーチャー「だから私は…」

あずさ「マスターさんを殺しますか?」

アーチャー「…っ」ぞわっ

あずさ「残念ながら、それは許してあげられません」

アーチャー「自分のマスターだからか?」

あずさ「それもありますけど」

あずさ「自分を消すなんて、そんな淋しいこと、させたくありません」

あずさ「あなたがここに居るのは、あなたが全力で生きた結果です」

あずさ「私から見える貴方は、とっても素敵ですよ?」

アーチャー「…」

あずさ「貴方は自分を許せないかもしれません、後悔もしているかもしれません」

あずさ「でも、だからってこれからのあるマスターさんを巻き込んで自分まで消えるなんて、間違っています」 

258 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:34:44 ID:Ls5RZDd6
アーチャー「…それでも、私は…」

あずさ「優しさは自分を傷つける諸刃の剣ですね」ぎゅっ

アーチャー「何をしている?」

あずさ「抱っこしてあげようと思ったのに」

あずさ「アーチャーさんは大きいですね」

あずさ「少しくらい、自分を許してあげてもいいんじゃないですか?」

アーチャー「…」

アーチャー「考えてみるよ」

あずさ「ふふっ、頑張りすぎないでくださいね?」

士郎「あずささーん?」

あずさ「あらあら~マスターさんの修行も終わったみたい」

あずさ「それじゃ、アーチャーさん、またお話しましょうね?」

アーチャー「機会があれば、な」

あずさ「ふふっ、楽しみにしていますね」

~そして、>>82へ~ 

259 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:37:00 ID:Ls5RZDd6
さて、これでアーチャーがかばったあたりとあずささんのお話は補完できた気がします。

最後は設定を少し。 

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 01:48:53 ID:Ls5RZDd6
アイドル

真名:765プロオールスターズ
身長それぞれ/体重:それぞれ
属性:善・愛
イメージカラー:それぞれ
特技:ステージパフォーマンス
好きなもの:歌、踊り、平和/苦手なもの:それぞれ
天敵:不明
宝具:天地繚乱す究極の舞台《アイドルマスター・アルティメイト》

「アイドル」クラスのサーヴァント

本来は別々のサーヴァントだが、765プロという同じ属性によりまとまっている。

これは士郎の「夢を追い求める」という属性に全員が感応したためである。

基本的に単体のときに比べ全能力がランクダウンかつ士郎の未熟さ故にさらにダウンしているので、うまく交代しながら戦うことを強いられている。

宝具である天地繚乱す究極の舞台《アイドルマスター・アルティメイト》は固有結界を作るものであるが、知名度補正に関わりなくファンの理想を形作るため対界宝具によって破壊されることはない。

崩壊条件はアイドルたちの魔力切れかつ、魔力消費の大きい宝具なので、万能というわけではない。

通常はセンターの天海春香がメインだが、他のアイドルに変わったままでいることも可能。 

261 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 02:04:19 ID:Ls5RZDd6
真名:天海春香
属性:善・愛
イメージカラー:赤
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:
信頼すべき朋友の助け《ダッテワタシタチミンナナカマダモンネ》
拘束開放《リボンガホンタイッテイワナイデ》
真の剣は心の中に《タマニグサットキテルヨ》

単体の場合セイバークラス。アイドルたちは他の英霊の中ではアサシンに近い存在であり、知名度補正により能力が大きく変化する、かつ物品としての宝具をもつものは少ない。

拘束解除時は速度と攻撃のランクが上がるが、若干の狂化がかかる。

今回の戦いではランクダウンの結果狂化自体も弱体化したため、暴走はしなかった。

残念ながら剣術自体は微妙だが、対魔力対物理の高さはピカイチであり、防御を固めながら絡め手で戦うトリッキーな戦闘スタイルが基本。

士郎とアイドルを繋げた血縁を持つ、という設定。 

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 02:14:47 ID:Ls5RZDd6
真名:如月千早
属性:善・愛
イメージカラー:青
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:神姫絶唱する天上の歌声《ワタシニハウタシカアリマセンカラ》

単体であった場合はキャスター?のような。春香と同じく知名度補正がないためかなり弱体化しているのものの、宝具の火力がもともと桁違いに高いので、あまり目立っていない。

対城宝具以外の戦闘は基本的に歌唱によるもので、攻撃範囲から逃れるのは至難の業だが、近接戦闘は苦手。

狂化と相性がいいので、バーサーカークラスでもいいかもしれない。

他のアイドルに比べて防御面の能力は低いが、歌唱による追加効果で戦う。

技のイメージは金色のガッシュのザケル。 

263 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 02:26:33 ID:Ls5RZDd6
真名:星井美希
属性:善・愛
イメージカラー:フレッシュグリーン
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:天明指すは我が覇道《ミキガイチバンッテオモウナ》

単体ではランサー。イメージは貫き通す意志。

美希は知名度補正により覚醒状態になることができるが、今回は使えなかった。

セイバー(本家ライオンちゃん)レベルの直感と幸運を持つ。また、宝具は美希のイメージによるもので、対人対軍の区切りは曖昧。

攻撃面は千早に少し劣るが、汎用性では大きく上回る。

しかし、結界や広範囲高火力の攻撃に対する力は高くない。 

264 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 02:36:25 ID:Ls5RZDd6
真名:水瀬伊織
属性:善・愛
イメージカラー:ピンク
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:変幻自在の感情槌《ワタシノウサチャン》

単体ではセイバーかバーサーカー。

ランクダウンしていなかった場合、宝具に魔力吸収がつくので、キャスターには天敵レベル。

しかし俊敏性はかなり低く、高速タイプには不利。

本当はもっと出してあげたかった。 

265 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 02:46:26 ID:Ls5RZDd6
真名:三浦あずさ
属性:善・愛
イメージカラー:紫
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:其人は誰が為に抱擁す《アラアラードウシマショウ》

単体ならキャスター。宝具は本来世界に干渉するタイプだが、ランクダウンにより結界能力のみの発現になっている。

相手を閉じ込めるだけではなく、結界による切断、打撃等で戦う。

固有結界に対してはそもそも作成させないことが可能。

また、ジャミングにより王の財宝《ゲート・オブ・バビロン》も弱体化させられる、と思う。

正直バーサーカー戦はこの人に挑発させたいがゆえに作ったようなもの。 

266 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 02:53:19 ID:Ls5RZDd6
真名:高槻やよい
属性:善・愛
イメージカラー:オレンジ
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:食卓の王様《モヤシハカケイニヤサシイデス》

単体ならセイバー。武器はもやし。宝具の本数は八本。

本数によって武器としての本質が変わる。剣→槍→…

攻撃速度は本数によって上がっていくが、二本につき1ランクずつ対魔力対物理が下がっていく。

アイドルの中ではかなり打たれ弱い。

多連屠斬破・泰編はたれんとさんはたいへんなので、泰編以外は存在しない、かも。 

267 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:04:46 ID:Ls5RZDd6
書き忘れた、やよいの技イメージはアドチルクラウド。

真名:菊池真
属性:善・愛
イメージカラー:黒
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:我が有するは無上なる力《マッコマッコリーン》

単体だとなんだろう?

アイドルの中では珍しく、戦闘能力自体に知名度補正がかかっていないので、ランクダウンの影響が少ない。

宝具の能力は単純で、相手の能力補正を打ち消す。

単純だが効果は凄まじく、セイバーのように鎧が魔力によってできていたり、アーチャーのように干将・莫耶の対物理対魔力のランクを上げている場合、効果を完全に打ち消してしまう。

また、バーサーカーの十二の試練《ゴッド・ハンド》も弱体化する模様。

しかし、あくまで対人に関して強いだけなので、美希と同じく遠距離攻撃タイプやライダーのように広範囲に行動可能なタイプには不利。

単純ゆえに書きにくく、出番もかなり少ない。 

268 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:09:56 ID:Ls5RZDd6
真名:萩原雪歩
属性:善・愛
イメージカラー:白
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:振るわる匙は平和の為に《アナヲホッテウマッテマスゥ》

単体ならなんだろうPart2。

サポートタイプかと思いきや、攻撃の方が得意。

スコップは防御の場合宝具ランクBまでのものなら相打ち可能。

武器としてならAランク程度のものになる。

魔術も得意であり、治癒に関してはかなり詳しい。

まあ悪く言えば器用貧乏になりやすい。 


270 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:17:11 ID:Ls5RZDd6
真名:秋月律子
属性:善・愛
イメージカラー:グリーン
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:剛健なる管理者の剣《ツッコミハマカセテ》

単体ならアサシンあたり。

宝具は本来の能力だった場合攻撃用にもう一つある。

カウンター能力は自分より能力が劣っていない場合は決定打にならないため、相手を削ったり様子見に長ける。

伊織と一緒にだそうと思っていたら、伊織の出番が少なかった罠。

そして武器イメージはエビのハサミ。 


272 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:24:48 ID:Ls5RZDd6
真名:双海亜美
属性:善・愛
イメージカラー:イエロー
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:天乱する絶神遊具《イタズラ・ダーイスキ》

単体ならキャスター?

能力ダウンの影響が真美と同じくかなりのもので、正直時間稼ぎくらいしかできないレベル。

本来の能力は相手に一度みた行動を強制する。

ちなみに対魔力次第である程度の抵抗は可能。

たぶん能力的にも出番的にも書き手の才能のなさに泣かされてる。

ごめんなさい。 

273 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:29:45 ID:Ls5RZDd6
真名:双海真美
属性:善・愛
イメージカラー:黄色
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:桃色思春期空間《モドカシイコノオモイ》

単体ならアサシン?

亜美と同じく不憫な子。

宝具の本来の能力はこちらに敵意を向けてくる相手に行動不能やダメージを押し付ける。

まんま禁書にこんなのいたな、と思ったのは初登場を書いたあとだった。

相手依存の能力なので、アーチャー、キャスターのように真美が視認できない距離から攻撃可能だったり、ライダーのように効果外に即逃げられるタイプは苦手。

やはり闇討ちに向いていると思う。 

274 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:36:08 ID:Ls5RZDd6
真名:四条貴音
属性:善・愛
イメージカラー:臙脂色
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:白銀の観察者《メンヨウナ》

単体ならキャスター。

地味ながらも結構出てきていた。

本来は魔力量によるゴリ押し戦法がメイン。

宝具は相手の心理を読む、対魔力が低ければ洗脳も可能。

ネギまにそんな本が使える子がいた。

今回はもっぱらGN電池状態だった。でも、能力自体は高水準。 


275 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/06(土) 03:40:24 ID:Ls5RZDd6
真名:我那覇響
属性:善・愛
イメージカラー:浅葱色
天敵:不明
他、アイドルマスター2準拠
宝具:
我が同胞は無頼にして強靱《ミンナタイセツナカゾクサー》
空斬刀《ジブンクウキヨメナクナイサー》

>>1の一番好きな子。よって、あえてあまり出さないようにした。

贔屓しそうだったので。

能力はシャーマンキングがイメージ。

でも、登場シーンの少なさゆえに全く描写されていない。

家族のみんなを霊体で使役でき、周囲を警戒したりしていた、という設定。

これもまんまシャーマンキングっぽい感じ。

でも、響との関連性は薄い。