1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:01:43.09 ID:hrfuJxOoO
さやか「おりゃあ!」スパッ

杏子「よいしょっと」ザクッ

魔女「オギャー!」

さやか「うわわっ、まどか!」

まどか「えいっ!」ビュンビュン

ほむら「……」パァンパァン


マミ「ちょ、ちょっと待って」アタフタ

杏子「止めだ!」ザックリ

魔女「ウギャー!」

引用元: マミ「わかったわよ!現代兵器使えばいいんでしょ!」 

 

巴マミの平凡な日常 (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet 漫画:あらたまい
芳文社 (2015-12-12)
売り上げランキング: 237
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:07:45.24 ID:hrfuJxOoO
まどか「勝ったー!」

さやか「おつかれさーん」

ほむら「じゃ、いつも通りグリーフシードは一番穢れが濃い人に」

杏子「おいちょっと待て」

ほむら「何よ、あなたはまだ大丈夫でしょう?」

杏子「そっちじゃないって、マミだマミ」

マミ「私?」

杏子「言いにくいんだけどさぁ……お前、邪魔」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:11:22.73 ID:hrfuJxOoO
まどか「ちょ、ちょっと杏子ちゃん!」

さやか「なんてこと言うんだよ!」

杏子「だってさぁ、ほむらやまどかと違って後方支援なのに連射きかないし」

マミ「だ、だから銃をいっぱい出して補ってるじゃない」

杏子「場所とるし……飛び回られたらあたしとさやかの動くスペースと被るんだよね」

杏子「なぁ?」

さやか(私に振らないでよ)

マミ「美樹さん?」

さやか「え、あ、いやぁ……あはは」

マミ「否定はしないのね」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:24:06.64 ID:hrfuJxOoO
まどか「で、でもマミさんのリボンは便利だよ」

杏子「まぁそれは認めるけどさ」

マミ「そ、そうよ!私にはリボンからのティロ・フィナーレという必殺コンボがあるんだから!」

ほむら「それって個人戦向きよね」

マミ「なっ」ガーン

さやか「マミさんも前衛やればいいんですよ!」

杏子「やだよー、流れ弾避ける身にもなれよ」

マミ「うぅ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:30:23.59 ID:hrfuJxOoO
杏子「魔法の銃なんだからマスケットでも連射できるようにならねぇの?」

マミ「で、できたらやってるわよ」

さやか「いっそマミさんも剣士になるとか。私の剣貸しますよ」

杏子「今から剣覚えるのも難しくね?」

マミ「……わかったわよ」

まどか「マミさん?」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:34:45.44 ID:hrfuJxOoO
マミ「次までに克服してくるわ、それでいいでしょ?」

杏子「お、おう」

マミ「じゃあお先に」スタスタ

さやか「あーあ、マミさん怒っちゃった」

杏子「んだよぉ、あたしはあたしなりにだな」

ほむら「遅かれ早かれ表面化していた問題よ」

まどか「マミさん抜きで戦うの?」

杏子「それはそれでなー、遠距離火力と指示はマミがいないとキツい」

さやか「あんた何だかんだでマミさん頼ってんじゃん」

杏子「うるせーな、別にいなくてもキツいだけだからいいし!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 08:58:23.96 ID:hrfuJxOoO
数日後

さやか「よーし、今日もいっちょ頑張りますか」

まどか「うん!」

魔女「……」ウネウネ

杏子「あの触手めんどくせぇな」

ほむら「後ろは任せなさい」

杏子「頼もしいこって」

マミ「皆、どいて」

杏子「はぁ?」

マミ「新しい力、見せてあげるわ」

まどか「新しい力?」

さやか「おお!」

マミ「マジカル……」

マミ「ダブルガトリング!!」ジャキーン

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:29:34.80 ID:hrfuJxOoO
マミ「あっはっはっはっは!!」ドガガガガガガガ

さやか「あわわわわわ!!」

杏子「流れ弾ってレベルじゃねーぞ!殺す気か!」

まどか「ママママ、マミさん落ち着いて」

マミ「気持ちいい!超気持ちいい!」ドガガガガガガガ

ほむら「ハイになってる……」

魔女「……」プスプス

さやか「蜂の巣になっちゃった」

マミ「快感……」ウットリ

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:35:11.11 ID:hrfuJxOoO
マミ「ふぅ」

杏子「なにやりきったみたいな顔してんだスットコドッコイ!!」

マミ「ちゃんと連射したでしょう?」

杏子「おいこのバカぶん殴るぞ、いいな?」

まどか「まぁまぁまぁまぁ」

さやか「機関銃は危ないんじゃないでしょうか」

マミ「色々試してみたんだけどね、この振動と破壊力が癖になって」

ほむら(ハンドル持たせちゃいけないタイプね)

杏子「とにかくあれはもう止めろ!まだ続けるならお前とは組まないからな!」

マミ「そんなぁ」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:40:40.56 ID:hrfuJxOoO
マミ「……」ショボン

さやか「言いすぎだって」

杏子「殴られないだけマシだろ」

ほむら「こうしたらどうかしら、あえてもっと後方に位置取ってスナイパーになるのは」

マミ「カッコ悪い」

杏子「こいつ」イライラ

まどか「どうどうどう」

さやか「で、でも静かに一撃必殺も渋くてカッコ良いですよ?」

マミ「そうかしら……?考えておくわね」

杏子「先に言っとくけど、遠距離から音もなくティロ・フィナーレ撃つなよ絶対に」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:47:50.60 ID:hrfuJxOoO
帰り道

さやか「はぁー、なかなか大変だねマミさんも」

まどか「よっぽど慣れた戦い方だったんだろうね」

ほむら「元々魔法少女の力は組んで戦うようにはできていないわ、むしろ個人で完成されているものよ」

さやか「確かに考えてみたらあたしもそんな感じだなー」

まどか「私なんて弓しかないよー」

さやか「あたしも結局剣だしなー、刃が飛んでってもあんまり意味無いし」

ほむら(特化型最高)

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:52:29.34 ID:hrfuJxOoO
マミさんの家

QB「なにをしてるんだい?」

マミ「静かにして、狙撃姿勢の練習してるんだから」

QB「君は形から入るのが大好きだね」

マミ「むっ、何事も最初は模倣よ」

QB「そうかもしれないね、それにしてもその姿勢じゃ下着が見えるよ」

マミ「あと胸が押し潰されてキツいわ」

QB「暁美ほむらに聞かせてあげたいよ」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 09:58:04.12 ID:hrfuJxOoO
次の日

マミ「じゃあ私は後ろから魔女を狙ったり使い魔を減らしたりするから」

さやか「お願いします」

杏子「あたしら撃つなよ」

マミ「大丈夫よ」

杏子(スッゲー不安)

ほむら「いざとなったら時間止めて何とかするわ」ボソッ

杏子「頼むわ、いやマジで」ボソッ

マミ「ここは遮蔽物が多くて隠れやすいわね」

まどか「よーし、頑張ろう!」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:03:47.12 ID:hrfuJxOoO
魔女「ピキー」ヒューン

杏子「すばしっこい奴だな!」

さやか「あんなに飛び回られちゃ斬れないよ!」

杏子「マミの奴はなにやってんだよ!」

さやか「一応使い魔は減ってるし、たまに撃った気配が」

ほむら(仕方ないわね、時間を止めて……)

まどか「私がやるよ!」

さやか「まどか!?」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:09:13.15 ID:hrfuJxOoO
まどか「やっ!」ビュン!

杏子「いつもの矢と変わらねぇじゃん、しかも外れてるぞ」

まどか「皆伏せて!」

さやか「へ?」

パーン! ビュンビュンビュンビュン!

魔女「ウボアー!」

杏子「なんだこれ!?」

まどか「えっとねー、大きい矢が空中で爆発して小さい矢が降り注ぐようにしたんだ」

さやか「なんとまぁファンタスティックな」

杏子「でたらめな奴」

ほむら「巴マミに当たってないかしら?」

まどか「あ゙っ」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:23:53.23 ID:hrfuJxOoO
マミ「ふぅー、危なかった」

杏子「ピンピンしてるぞ」

まどか「よ、良かった」

マミ「今のは鹿目さんの技?凄いわね」

杏子「んなことよりお前は何やってたんだよ」

マミ「何って……ちゃんと援護してたでしょ?」

杏子「肝心な場面で何もなかったぞ」

マミ「だって幾らなんでも範囲に入らなきゃ撃てないわよ」

杏子「お前が動けよ!撃ちやすい位置によー!!」

マミ「……なるほど」

杏子「おいじっとしてろ、顔面ドロップキックいくからな」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:29:37.40 ID:hrfuJxOoO
さやか「止めなさいって!」

杏子「今日という今日は一発ぶち込んでやる!」

マミ「だいたい鹿目さんばっかりあんないかにも魔法って感じの技使ってズルいわ!」

まどか「そう言われましても」

ほむら「思ったんだけど」

杏子「あ?」

ほむら「そもそも五人なのが多すぎるのよ」

まどか「それを言っちゃあおしまいだよ」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:41:17.42 ID:hrfuJxOoO
ほむら「どう考えても二組に分けた方が効率が良いわ」

さやか「まぁねぇ」

杏子「べ、別に五人でやるのが嫌とは言ってないだろ」

さやか「寂しいの?」ツンツン

杏子「触んな!」

まどか「どうやって分けるの?」

ほむら「じゃんけんでいいでしょ、恨みっこなしよ」

マミ「前衛と後衛で分けた方が……」

ほむら「どうしてもおかしな組み合わせになるならまた考えましょう」

さやか「んじゃ、グーかパーだけ出してね。じゃん、けん……ほい!」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 10:45:46.08 ID:hrfuJxOoO
まどか「グー」

ほむら「パー」

さやか「パー」

マミ「グー」

杏子「パー」



杏子「いやダメだろこれ」

まどか「よろしくお願いしますねマミさん!」

マミ「えぇ、こちらこそね」

さやか「うーん、杏子と転入生かぁ嫌じゃないけどさ」

ほむら「チッ」

297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 13:53:27.33 ID:abZkFfYuP
じゃあ>>162からの続きって事で……


杏子「おい、どういうことだよ! 話が違うじゃねーか!!」壁バン

ほむら「魔法発動から実際に時間が停止するまでのラグを考慮してなかったわ。ごめんなさい」ファサ

杏子「くそー、これじゃアタシが難癖付けてマミに絡んできたのが馬鹿みたいじゃねーかよ……」

ほむら「私だってまどかや美樹さやかに、巴さんが役に立ってないと思い込ませるよう計らったのだけど……?」

杏子「チッ、なんだってこんなことに……」orz

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:00:47.67 ID:abZkFfYuP
~回想~

さやか「っしゃぁ! どうです、マミさん。私も結構強くなったでしょ?」

マミ「ふふ、美樹さんがいれば私も安心して援護に回れるわ。頼もしいわね」

さやか「やっぱ前衛と後衛てことで相性いいすね、あたしら」テレッ

まどか「そ、そんなことないよ! 後衛同士でも相性はいいよ、さやかちゃん! 初めは私とマミさんのタッグだったんだよ!」

杏子「…………」

マミ「ほらほら、二人とも喧嘩しないの! 反省会で二人にはケーキ抜きにするわよ?」

まどさや「ご、ごめんなさい」シュン

キャッキャッ

杏子「チッ」イライラ

ほむら「…………」

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:06:41.42 ID:abZkFfYuP
杏子「んだよ、二人きりで話って……」ポリポリ

ほむら「単刀直入に言うわ。貴方、嫉妬してるでしょ?」ファサ

杏子「……なんのこといってるのかさっぱりだ。んなくだらねー話なら、アタシは帰らせてもらうよ」ツカツカ

ほむら「本当に帰って良いのかしら? この話は貴方にとって彼女を取り戻すチャンスであるのよ?」

杏子「……」ピタッ

杏子「話だけでも聞いてやるよ。でもしょーもない話なら即帰るからな」

ほむら「ふふ、構わないわ」

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:13:21.57 ID:abZkFfYuP
杏子「つまり上手く誘導してマミとまどか達を引き離すって事か?」

ほむら「ええ、そうよ。どのみち五人で戦う事は火力過多で効率が良くないわ。近いうちに表面化するであろう問題なのは確かよ」

杏子「んーで、その時にチーム分けする話になったときに、アタシらに有利な状況にもってくってことか」

ほむら「ええ、飲み込みがはやくて助かるわ」ファサ

ほむら「このままだと間違いなく、新人のまどかと美樹さやかは巴さんが面倒を見ることになるわ」

杏子「で、アタシらベテラン組で組まされちまうって事か。自然だな」

ほむら「私はなんとしてもまどかと組みたいの。貴方はマミと組みたい、そうでしょう?」

杏子「……否定はしねぇよ」

ほむら「流石に私とまどかだけでは前線が心許ないから、美樹さやかはこちらで預かるわ。どう、悪い話ではないでしょう?」

杏子「いいね。のってやるよ、その話。……くうかい?」

ほむら「ええ、いただくわ」

313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:24:06.55 ID:abZkFfYuP
杏子「で、上手くマミの信用を落としたところで、チーム分けの話まで誘導したってのに……」

杏子「肝心のグーパーで時間停止するタイミングみするとか、今までの苦労は……」

ほむら「簡単にいうけれど、私たちが若干後出しして、他の三人が出したタイミングで時間を止めるなんて無茶にも程があるわ」ファサ

杏子「提案したのはアンタだろうがよ。私にまかせなさい、最高のタイミングで時間を止めるわ。とか言っておいて」ワナワナ

ほむら「責任の押し付け合いをしてもなにも進展しないわ。起きてしまったことは仕方ないもの。先を見ましょう」

杏子「……ここから事態をひっくり返す妙案でもあるのかよ?」

ほむら「とりあえず今の巴さんはスナイパー(笑)よ。まどかとの相性は最悪の筈。すぐに自然決裂するはずよ」 …

杏子「その時に自然にチームの振り分けを提案すればいいんだな、よしっ」

ほむら「そうと決まれば二人の偵察よ」

320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:36:36.85 ID:abZkFfYuP
ほむら「いたわ、あそこよ!」

杏子「今から結界内にはいるところか。よし追うぞ」

さやか「おい、まてこら! 待ち合わせの場所にこないから探してみれば、あんたらなにしてんのよ!」ガシッ

ほむら「は、離しなさい! 今はそれどころじゃ……」

杏子「んだよ。こっちはベテラン同士で色々あるんだよ! トーシロは引っ込んでな!」

さやか「あっそう、じゃあ今日の反省会でマミさんに報告させてもらうわ。まあケーキ抜きは確実だろうねぇ」

杏子「す、すいませんでした。ほんとにそれだけは勘弁してください」シュン

ほむら「ええい、美樹さやか! これを見なさい!」ドーン

さやか「そ、それは! きょ、恭介の生着替え写真!?」

ほむら「ええ、そうよ。他にもドキッ☆上條恭介のシャワー&入浴写真☆も何枚かあるのだけど」ファサ

さやか「……そういえば今日は私、大事な用事があるんだったよ。じゃあ私は帰るね」ゴソゴソ

ほむら「ふふ、ちょろいわね」ファサ

杏子(……ほむらだけは敵に回したくないな)シミジミ

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:45:58.34 ID:abZkFfYuP
杏子「チッ! 少し目を離してる隙に、随分奥まで行っちまったみたいだな」

ほむら「ッ! いたわ、あそこよ!」


まどか「フィニトラ・フレティア!」
マミ「ティロ・フィナーレ!」

ドォォーン!


まどか「やっぱりマミさんと一緒だと怖いモノなしです!」

マミ「鹿目さんと一緒だと前のスタイルで戦えてやりやすいわ、ふふ」

まどか「私も前を気にしなくて良いので全力を出せて良い感じです!」

まどか「でも速く倒しすぎて、みんなまだ終わってないかもですね」

マミ「なら一足早く帰って、みんなの為にいつもよりちょっと豪華なケーキを作りましょうか」

まどか「わぁ、素敵ですね! お手伝いしますね!」

キャッキャッウフフ

ほむら「……」ポカーン

杏子「……どういうことだ、おい。スナイパー(笑)はどうしたんだよ」

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:59:05.37 ID:abZkFfYuP
ほむホーム

ほむら「さて、今日の反省会を始めるわよ」ファサ

杏子(今日のケーキうまかったなぁ……)ニヘラ

ほむら「ふんッ!」ベシッ!

杏子「ってぇぇぇッ! な、なにしやがる!!」

ほむら「貴女、今の事態がわかってるの? ニヤニヤしてる場合じゃないわよ」

ほむら「あの二人を組ませ続けることは非常にまずいわ。放っておくと手遅れになってしまう」

杏子「手遅れって大げさな。あの人畜無害っぷりのまどかが、何かするようには見えないけどね」

ほむら「なにもわかっていないわね、お花畑とお花畑が合わさるとどうなるかを……」

杏子「なんかまるであの二人がどうなっていくか知ってるような口ぶりだな。その自信はどこからくるんだよ」

ほむら「……統計よ」

336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:04:42.10 ID:abZkFfYuP
杏子「といっても正直お手上げだろ。あの二人のコンビを引き裂く理由がみつからねぇよ」

ほむら「……簡単よ。あちらに問題がないのなら、こちらで問題をおこせばいい」

杏子「なるほどね。でもさやかはどうするんだよ? アイツはこういう人を騙すような芝居は一番嫌いだと思うけどねぇ」

杏子「買収するにしても写真は今日使っちまっただろう? まだ他にも写真があるのか?」

ほむら「ふふ、心配無用よ。買収する新しいネタはきちんと用意してあるわ」ファサ

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:13:59.49 ID:abZkFfYuP
さやか「え? ど、どういうこと?」

ほむら「いったでしょう? 日曜に貴女と上條恭介のデートをセッティングしておいたわ」

さやか「えぇ!? ど、どうやってやったの!?」

ほむら「私と貴女で遊園地に行く予定だったのだけどチケットが一枚余ってるので、そこに彼を誘ったという流れよ」

ほむら「安心しなさい。当日は私は風邪を引く予定だから。二人で楽しんできなさい。これがチケットよ」ヒラヒラ

さやか「ほむらーっ! あんた、さいっこうだよ! 私の最高の友達だよ!」バッ

ほむら「勘違いしないでちょうだい。むろん、タダではないわ」ヒョイ

ほむら「貴女にはまどかと巴さんを騙すために一芝居うってもらうわ」

さやか「……前言撤回。やっぱアンタはアンタだわ」

ほむら「で、どうするの? のるの? のらないの?」ファサ

さやか「……のります」

ほむら「ふふ、素直な貴女は好きよ。美樹さやか」

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:24:27.90 ID:abZkFfYuP
マミホーム

杏子「まさかお前がこんな話にのるなんてな」

さやか「……言うな」

ほむら「二人とも静かに、もうすぐ帰ってくるわよ」


まどか「うぇへへ」

マミ「あらどうしたの? 鹿目さん」ニコニコ

まどか「えっと、最近、いつもみんなが帰ってくるかでの間、マミさんに料理を教わるのが楽しみなんです」テレテレ

マミ「もう、だから最近、魔女退治のとき急かしたり、ソワソワしてるのね。ダメよ、注意力散漫だと危ないんだから」メッ

まどか「ごめんなさーい、うぇへへ」


玄関ガチャ

354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:44:53.54 ID:abZkFfYuP
さやか「あんたねー! いい加減にしなよ! あんたのワンマンプレイがどれだけ周りを危険にさらしてると……ッ!」

杏子「はぁ? おまえがいえたクチかよ! 回復魔法に頼って甘い攻めばっかしてるくせに……ッ!」

ほむら「正直、どっちもどっちね。私が合図を出しても後退しないし、全員で手を繋がないと私の魔法は最大限に活かせないわ」ファサ

まどか「え? えぇぇッ!?」

マミ「ちょっと! 何をしてるの貴女たち! 喧嘩はやめなさい!!」


ギャーギャー!


マミ「……で、いったい何があったの? みんな落ち着いてきちんと説明して、ね?」

さやか「さっきも言いましたけど、杏子がガンガン突っ込むんですよ。周りを見ずに……」

杏子「人の事いえたクチじゃないだろ、おまえだって。援護もろくにないのに、無茶なことばかりしやがって……」

まどか「まって、援護ならほむらちゃんの専門分野じゃないの?」

ほむら「いえ少し違うわ、まどか。私の飛び道具はまどかや巴さんと違って『弾切れ』という概念があるの」

ほむら「それに私の魔法を最大限に活かすには、誰かと手を繋いでその人も一緒に止まってる世界に行くこと」

ほむら「前にでてる二人、後ろに居る私。時間を止めても二人を一緒に連れて行けないわ。私が魔法を使う度に二人を後退させるのも効率が悪いもの」

358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:53:25.62 ID:abZkFfYuP
さやか「それで今日、危なくなったらほむらが私たちの傍に一度魔法で移動してから、全員で手を繋いで再度時間を止める作戦を立てたんです」

ほむら「ピンチを攻めのチャンスへと変える。まどかや巴さんとよくする、私の魔法連携の十八番です」

杏子「ま、結果は散々さ。前線、魔女の目の前で仲良く三人で手を繋ごうと集まろうってわけだ。魔女からすりゃ勝手に集まってくれんだからカモだな」

マミ「一端、止めってる二人を暁美さんが後ろに移動させて、それから手を繋ぐというのはダメかしら?」

ほむら「どのみち私は二度手間だし、遠距離と近距離が仲良く手を繋いで同時攻撃というのがそもそもナンセンスよ」

ほむら「まどかも巴さんもわかるわよね? 私が最大限に活かされるのはつかず離れず同じ位置で戦える、遠距離の人と組んだときだと」

さやか「正直、私もまどかやマミさんの援護がないとやり辛くて……」

杏子「もう癖で援護があると思っちまって無茶しちまうんだよ……」

まどマミ「……」

ほむら「そこで提案があります。もう一度、チーム編成を再考しましょう。正直、私たちのチームは噛みあってないわ」

杏子(まあ実際はなんの問題もなく、普通に倒せてるんだけどな)

さやか(……まどか、マミさん、騙すようなことしてゴメン!)

361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:03:17.82 ID:abZkFfYuP
マミ「仕方…ないわね……。わかりました。じゃあもう一度、今度はグーパーではなくきちんと考えてチーム振りをしましょうか」

まどか「……え、あ、はい」シュン

ほむら(まどかが見るからにしょんぼりしたわ。こんな短時間でここまで巴菌に浸食されてるなんて。もう少し遅かったら手遅れだったわね)

さやか「どこでなんですけど、バランスよく近距離の私と杏子、遠距離のまどかとマミさんでバラバラにしませんか?」

杏子「ほむらは特殊型だからな、戦力的に心許ない方のフォローにはいってもらうのがいいじゃねーかな?」

マミ「あら、みんな色々考えてくれてたのね! ふふ、はやくまとまりそうね♪」

まどか「……」

ほむら「ではベテランの巴さんと杏子。新米のまどかと美樹さやか、そしてそのフォローに私がはいるわ。これが一番自然でしょう?」

さやか「うん、私もほむらの意見に賛成だよ」

マミ「そうね、数が少ない方のチームに経験豊富な二人がなるのは凄く自然だと思うわ、私も暁美さんの意見に賛成します」

杏子「へへッ、仕方ねーな。そこまで言うならアタシも賛成するよ」ニヘラ

まどか「……いよ」

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:12:11.25 ID:abZkFfYuP
さやか「どうかしたの、まどか?」

まどか「……しいよ」

ほむら「まどか?」

まどか「こんなの絶対おかしいよ!」ガバッ

一同「ッ!?」

まどか「……三人とも今日も魔女と戦ったんだよね?」

さやか「うん、そうだよ」

まどか「へー、でもおかしくない? いつも私とマミさんの方が速く退治して帰ってくるのに、揉めて苦戦した筈の三人の方が先に帰ってるなんて、おかしいよね?」

さやか「そ、それは……」

まどか「それにいつもならマミさんが怒ってもさやかちゃんも杏子ちゃんも中々収まらないのに、今日はびっくりするぐらいすぐに喧嘩やめちゃうし……」

杏子「それはだな、その、何度もこういうことがあって喧嘩してたんだよ! だから今更過ぎて、すぐに収まるというか……」

まどか「その割には私とマミさんが帰ってきたときは大げさなぐらいヒートアップしてたけど? もしかしてパフォーマンスだったのかなぁ?」

杏子「……え、えーと」

374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:22:00.61 ID:abZkFfYuP
ほむら「お、落ち着いて、まどか。貴女、冷静じゃないわ」オドオド

まどか「それにほむらちゃんもまるで用意してたかのようにチーム編成を提案するし、さやかちゃんや杏子ちゃんも示し合わせたように賛同して……」

ほむら「ちがうの、その、三人であらかじめ案を出し合って話し合っていたの!」

まどか「へぇ? じゃあなんで初めに喧嘩してるフリなんてしたの? それに魔女とも戦ってないんだよね、本当は」

さやか「そ、その……」

まどか「ねぇ、初めからそういうことなら嘘なんて言わずに話せば良かったんだよね? なんで変な嘘ついたのかな?」

杏子(お、おい、ほむら! なにかフォローしてくれよ!)

ほむら(おわった、まどかに嫌われた、私オワタ)

まどか「お母さんが言ってたんだ。人はやましいことがあるときほど、物事を誇張して伝えるって……。三人はなにかやましいことでもあるの?」

マミ「え? え? どういうこと?」オロオロ

ほむさやあん「…………」

さやか「ほむら、杏子、ごめん! 私もう耐えられない、正直に話すよ!」

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:35:08.91 ID:abZkFfYuP
マミ「暁美さん! 佐倉さん! 美樹さんを買収までして、なんでこんな嘘をついたの!? 正直にいいなさい!」

まどか「むーッ」

ほむら(いやぁぁぁ! まどかが私をにらんでるぅぅぅ! もうだめ、もうおわりよぉ)ガクッ

マミ「場合によっては酷いお仕置きよ!」キッ

杏子「……うぅぅぅ」ポロポロ

杏子「ひうっ、そ、そんなつもりじゃ、あ、アタシ、うぅぅぇぇん」ポロポロ

一同「ッ!?」

マミ「さ、佐倉さん!?」

さやか「ちょちょちょっと、マジ泣きだよ。まどか、あんた謝りなよ」ヒソヒソ

まどか「ご、ごめんね、杏子ちゃん。そのちょっときつく言い過ぎちゃった…かな…?」オロオロ

ほむら「巴さん、彼女を抱きしめてあげて……。そしたら収まると思うから」

マミ「え? え、ええ、わかったわ。……佐倉さん、もう大丈夫だから、もう怒ってないから、ね?」ギュッ

杏子「うぅぅ……ぐすっ、まみぃ……ぐしゅ、まみさぁん……」ギュゥゥ

395: >>378うぉぉ、誤字修正ありがたいです 2011/11/02(水) 16:47:46.21 ID:abZkFfYuP
まどか「つまり…杏子ちゃんは……」

さやか「私たちに嫉妬してたってこと?」

杏子「わ、悪いかよ///」カァッ

マミ「え? えぇ!? 嫉妬って、私? えっ?」

さやか「というかアンタとマミさんが昔、そういう関係だったのにびっくりだわ」

まどか「ほむらちゃんは知ってたの? マミさんと杏子ちゃんのこと」

ほむら「ええ、知っていたわ。それで彼女の味方をしてあげようと思ったの」ファサ

杏子「ごめん、マミさ…マミ。それにまどかも。嘘を付いたこと、謝るよ」ペコッ

杏子「ただアタシはさ、まどかやさやかと楽しそうにしてるマミをみて、昔みたいにまた組めたらって、そうおもっただけなんだ」

杏子「それなのに、色々暴走して、なんつーか色々巻き込んで、ほんとゴメン」ペコリ

さやか「それなら私たちに混じって、マミさんに甘えればよかったんじゃん。素直じゃないよねー、アンタってさ」

まどか「恭介君のことでウジウジしてるさやかちゃんには杏子ちゃんも言われたくないんじゃないかな?」

さやか「」

399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:02:48.46 ID:abZkFfYuP
杏子「……そ、そのマミ」ポリポリ

マミ「え? な、なにかしら、さ、佐倉さん」カァッ

杏子「完全に昔みたいには戻れないかもしれないけど、その一時的な協力関係じゃなくてさ、ちゃんとした仲間として…その……」

杏子「あ、アタシにとってはさ、今ではアンタは理想なんだよ。だからさ、その…あんなことがあったけど…もう一度……」

マミ(……佐倉さん)

マミ「……そんなのあたまえでしょう、ふふ」

杏子「え?」

マミ「私にとってもね、貴女は初めての仲間なんだもの。ずーっと、佐倉さんは私の可愛い教え子よ」

マミ「それに私は信じてたもの。佐倉さんならまた正義の心を取り戻してくれるって……」

マミ「……おかえりなさい、佐倉さん」ギュゥ

杏子「……マミ…さん……。ただいま…ただいま……マミさん」ジワッ

417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 17:18:49.83 ID:abZkFfYuP
QB「こうして色々な思惑が交差した事件は無事に解決したようだね」

QB「全く、人間というのめんどくさい生き物だと痛感したよ、理解しかねるね」

QB「彼女たちのその後かい? みんなそれぞれの思惑を胸に頑張ってるようだよ」


さやか「よしっ! みんなから折角背中を押してもらったんだ。この遊園地デートで告る!」

まどか「良い話だったけど、杏子ちゃん、私だって負けないからね!」ウェヒヒ

ほむら「まどかは留守のようね。彼女の部屋に魔女が潜伏してるかもしれないわ。これは家捜しではなく不可抗力よ」ガサゴソ

マミ「佐倉さん、久しぶりにピーチパイを作ったのだけど、一緒に食べない?」ニコッ

杏子「んーっ、やっぱりマミのつくるピーチパイはウマイなぁ。おかわりッ!」


QB「やれやれ、もうすぐワルプルギスの夜が来るというのに、のんきなものだね」

QB「さて、そろそろお別れだね。彼女たちが最悪の夜を越せるかどうか、それはまた別のお話さ」


おわり