1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 11:57:22.88 ID:xLswjEtY0
~2年教室~

京子「ちなつちゃん」

ちなつ「京子先輩」

京子「ここは、私に譲ってくれない?」

ちなつ「それは無理ですね」

京子「先輩であるこの私のお願いでも?」

ちなつ「先輩とか後輩とかは関係ないですから」

京子「いいから、ちなつちゃんは私の言う事を聞けばいいの!」

ちなつ「そんな自分勝手は通りませんよ京子先輩!」

引用元: 京子「ちなちゅとぽかぽかデート」 

 

ゆるゆり さん☆ハイ! 第1巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 47
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:00:44.00 ID:xLswjEtY0
京子「いいから、ほら、あーんして!」

ちなつ「京子先輩こそ、あーんしてください!」

2人「「ぐぬぬぬぬ」」

綾乃「船見さん、歳納京子と吉川さんは何をやってるの?お弁当挟んで」

結衣「痴話喧嘩」

綾乃「……え?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:03:19.24 ID:xLswjEtY0
ちなつ「もう、そんな我儘な京子先輩は嫌いです!私は1年教室に戻ってあかりちゃん達と食べます!」ガタッ

京子「好きにすればいいんじゃない?私だって結衣達と食べるもんねー!」

ちなつ「ふんっ…!」スタスタ

京子「ふんっ…!」ガタガタ

ちなつ「……」チラッ

京子「……」チラッ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:04:31.43 ID:xLswjEtY0
ちなつ「京子先輩、止めないんですか?」

京子「ちなつちゃんこそ、泣いて謝るなら今のうちだよ」

ちなつ「いいんですか?本当に行っちゃいますよ?」

京子「おーい、結衣ー、そっちに混ぜて―!」

ちなつ「……」

京子「……」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:05:18.52 ID:xLswjEtY0
ちなつ「……」ウル

京子「……!」

京子「ち、ちなつちゃん、ご、ごめん、さっきは言いすぎたから、ね?泣かないで?」ワタワタ

ちなつ「仕方ないですね、京子先輩、許してあげますよ」ニヤリ

京子「あ、う、嘘泣き!?」

ちなつ「京子先輩、何慌ててたんですか、凄い焦った顔してましたよ?ん?ん?」ニマニマ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:06:09.25 ID:xLswjEtY0
京子「もう、ちなつちゃんなんて知らないよ!ふんっ!」プイッ

ちなつ「あ、ごめんなさい、言いすぎました、ね?京子先輩機嫌治して!」ダキッ

京子「ふーんだ」ブー

ちなつ「京子先輩、怒ってる顔も可愛いですよ///」

京子「え、う、うう、そんな事言っても、私、機嫌治さないよ///」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 12:06:39.69 ID:xLswjEtY0
ちなつ「じゃあ、じゃあ、どうしたら…機嫌治してくれます…?」ジッ

京子「ち、ちなつちゃん、顔が、近いよ…」ドキドキ

ちなつ「何でも言ってください、京子先輩の機嫌が直るなら、私、なんでもしますから…」ドキドキ

京子「ちなつちゃん…」ドキドキドキ

ちなつ「京子先輩…」ドキドキドキ

結衣「綾乃……」

綾乃「船見さん……」

綾乃「なんなのよあれぇぇぇぇぇぇぇ!」ブチブチー

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:53:44.83 ID:xLswjEtY0
~放課後~

~娯楽部~

京子「ちなちゅ!ちなつゅ!」ダキッ

ちなつ「もう、京子先輩、止めてください!」ドン

京子「ちなつちゃん、突き飛ばさなくてもいいんじゃないですか」

ちなつ「京子先輩が悪いんですよ、突然抱きつくからです」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:54:11.31 ID:xLswjEtY0
京子「じゃあ、もういいです、抱きつきませんから」

ちなつ「はい、そうしてください」

京子「……」チラッ

ちなつ「……」チラッ

結衣「ふ、2人とも何で私の方見るの」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:54:39.87 ID:xLswjEtY0
京子「だって、結衣があんまり部室でいちゃつくなって言うからこんな芝居してるんじゃん~」ブー

ちなつ「そうですよ、結衣先輩、私達も気を使ってるんですから」

ちなつ「ねー、京子先輩☆」

京子「ねー、ちなちゅ☆」

結衣「小芝居しろとは言ってねえ」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:55:13.74 ID:xLswjEtY0

~帰路~

京子「ちぇーっ、追いだされちゃったね、ちなちゅ」

ちなつ「結衣先輩があんなに心が狭いとは思いませんでした!」プンプン

京子「うーん、けど、4人の部活で私とちなちゅだけがずーっとベタベタしてるっていうのも…」

京子「確かに問題なんだよなあ」

ちなつ「え……」

ちなつ「……京子先輩、私がベタベタするの、ひょっとして、嫌…ですか?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:56:00.14 ID:xLswjEtY0
京子「……ちなつちゃん」

ちなつ「は、はい…」

京子「嫌な訳ないじゃん!ずっとずっといちゃいちゃしていたいよぉ!」ダキッ

ちなつ「ひゃう、きょ、京子先輩、こ、こんな所で///」

京子「ちなちゅ、ちなちゅ…いい匂いがするちなちゅの髪にずっと顔をうずめていたい///」スリスリ

ちなつ「も、もう、京子先輩///」ポー

京子「けど、結衣やあかりも友達だから、大切にしてあげたいんだよ…」スリスリ

ちなつ「京子先輩…」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 14:56:34.15 ID:xLswjEtY0
ちなつ「じゃ、じゃあ、こういうのは、どうですか?」

京子「ん?」

ちなつ「……」ボソボソ

京子「……」ボソボソ

ちなつ「……」ボソボソ

京子「……」フッ

ちなつ「京子先輩、耳に息吹きかけるのやめてください///」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:11:50.74 ID:xLswjEtY0
~翌日のお昼休み~

~2年教室~

京子「……」モグモグ

ちなつ「……」モグモグ

綾乃「ふ、船見さん、2人が付き合い始めたのは判ったけど…」

綾乃「今日のあれは何?昨日の続き?」ハァ

結衣「うーん、まったく会話が無いのは初めてだな…」

結衣「ひょっとして、本当に喧嘩でもしたのかな」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:12:15.73 ID:xLswjEtY0
京子「ちなつちゃん、お茶」

ちなつ「水筒は用意してるんで、自分で汲んでください」

京子「……」コポコポ

ちなつ「京子先輩、ほっぺにお米がついてますよ」

京子「あ、そ」

ちなつ「ついてますって言ってるんですけど?」

京子「ついてるんじゃなくて、つけてるんだよ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:12:37.01 ID:xLswjEtY0
ちなつ「そうですか、素敵なアクセサリーですね」

京子「……」チッ

ちなつ「……」チッ

ちなつ「食べ終わったんで、1年教室に戻ります」

京子「お好きにどうぞ」

ちなつ「……」スタスタ

京子「……」ガタガタ

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:13:19.35 ID:xLswjEtY0
綾乃「うわあ、何か昨日と比べて本気の喧嘩っぽい…?」

結衣「……まあ、2人とも、突っ走るタイプだから」

結衣「極端から極端に走った可能性もあるかなあ」

綾乃(こ、これは、ひょっとしてチャンスなのでは…)

綾乃(喧嘩→失恋→慰める→新たな恋)

綾乃「こ、これよ!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:13:54.67 ID:xLswjEtY0
綾乃「歳納京子…!」

京子「お、綾乃?どうしたの?」

綾乃「ほ、ほっぺにお米ついてるわよ!」

京子「あ、ほんとだ、えへへ」ヒョイパク

綾乃(私には普通に接してくれるから、機嫌が悪い訳ではない…)

綾乃(という事は、本当に2人の間に亀裂が…)

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:14:19.51 ID:xLswjEtY0
綾乃(う、け、けど、そこにつけこむって、どうなんだろ)

綾乃(私、もしかして、最低の事をやろうとしてる…?)

京子「綾乃?どうしたの?悶々と考え込んで」

綾乃「な、なんでもないわよ!も、もう少し様子を見てやるんだからね!///」

京子「なんの?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:31:15.36 ID:xLswjEtY0
京子「あ、私、ちょっとトイレ行って来る~」

結衣「もう授業開始まで時間ないよ」

京子「すぐ済ましてきますって!」

京子「~♪」タッタッタッ

京子(1年のトイレの一番奥…と)

京子「山~」

ちなつ「か、かわ~」


カタン

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:31:39.39 ID:xLswjEtY0
ちなつ「もう、京子先輩、遅いですよ!」パタン

京子「ちなちゅ、ごめんねー!」ダキッ

ちなつ「きょ、京子先輩///」

京子「舌うちしちゃって…もう、私、心が張り裂けそうだった…!」ギュー

ちなつ「わ、わたしも、ごめんなさい…お茶汲んであげられなくて、舌打ちして…」ギュ

ちなつ「す、すごくつらかったよぉ…」ウルッ

京子「ちなちゅ、泣かないで…」チュ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:32:26.34 ID:xLswjEtY0
ちなつ「もう、京子先輩///誰かに見つかる前に入ってくださいっ」

京子「えへへ、ごめんごめん」ササッ

京子「遅くなったのは綾乃に捕まっててさ」

ちなつ「……杉浦先輩にですか?」パタン

京子「うん、何か、様子を見るとか言ってたけど、ちょっと意味が判んないよね~」

ちなつ「………」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:33:09.18 ID:xLswjEtY0
京子「そんな事より、みんな、ビックリした目で見てたね」クスクス

ちなつ「はい、あれなら部室や教室で一緒にいても文句が出る事はないと思います!」

京子「イチャイチャ出来ない鬱憤は隠れてひっそり解消する…何か禁断の愛みたいでドキドキしちゃうね///」

ちなつ「もう、京子先輩ったら、そんな事言われると、私の方もドキドキして///」

京子「ち、ちなちゅ、ちなちゅ分を補給させて…」ダキッ

ちなつ「わ、私も、京子先輩分を補給させてください…」スリッ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:33:47.93 ID:xLswjEtY0
京子「ちなちゅの髪、すごいふわふわ、いい匂い…」パク

ちなつ「京子先輩///咥えないでください///」

ちなつ「京子先輩こそ、髪、凄くサラサラで綺麗…」サワサワ

京子「ち、ちなちゅ、首の後ろくすぐったいよぉ///」

ちなつ「ふふ、本当、京子先輩って首の後ろ、弱いですよね…」

ちなつ「んー…♪」チューッ

京子「ひゃっ、ち、ちなちゅちゃん…///」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 15:34:32.49 ID:xLswjEtY0
ちなつ「きょ、京子先輩、ごめんなさい、京子先輩が可愛いから…」

ちなつ「首にキスマークついちゃいました…」

京子「大丈夫、髪で見えないから平気だよ」

京子「けど、お返しに私も…」チューッ

ちなつ「きょ、京子先輩、太股なんて///」

京子「私のしるし、いっぱいつけてあげる///」


キャッキャフウウ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:16:21.47 ID:xLswjEtY0
~休日~

ちなつ「京子先輩!こっちです!」

京子「あ、ちなちゅ、早いね、ごめん、待たせちゃった?」タッタッタッ

ちなつ「いえ、さっき来たばかりですよ♪」ダキッ

京子「ちなつちゃん、最初から大胆///」

ちなつ「だって、昨日までは何だかんだであんまり一緒にいれませんでしたから///」

京子「ちなつちゃん……」ナデ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:16:41.12 ID:xLswjEtY0
ちなつ「……!」ピーン

京子「ち、ちなつちゃん、わ、私も///」スッ

ちなつ「…気安く触らないで!」バシーン

京子「……!?」

京子「ち、ちなつ…ちゃん…?」

ちなつ「確かに遅刻はしませんでしたけど、普通はエスコート役が先に来るものですよ」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:17:19.21 ID:xLswjEtY0
ちなつ「まったく、何時もそういう気配りが出来ないんだから、京子先輩は」ハァ

京子「……え…」サァー

ちなつ「…もう、これくらいで、青くならないでくださいよ」

ちなつ「恋人になる前は、ずっとこんな対応だったですよね、私」

ちなつ「さ、取りあえずは許してあげますから、行きましょ?」

京子「う、うん…ごめんね、ちなつちゃん」オドオド

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:17:50.82 ID:xLswjEtY0
ちなつ「今日は何処に行くんです?」

京子「うん、前にシャッフルデートで行ったコースを回るつもりなんだ」

京子「ほら、こないだは恋人になる前だったから、恋人になった今、改めてもう一回まわりたいなって」

ちなつ「うわあ、手抜きですか」

京子「い、いや、そういう訳じゃ…」

ちなつ「言い訳はいいですよ、もう…じゃあ、それでいいですから、連れて行ってください」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:18:27.96 ID:xLswjEtY0
~映画館~

ちなつ「で、またミラクるん見るんですか?」

京子「うん…いいじゃん、ミラクるん、ちなつちゃんも楽しんでくれてたでしょ…?」

ちなつ「二回も見るのはなあ…他の映画にしません?」

京子「……やだ」プー

ちなつ「もう、京子先輩、子供じゃないんですから、拗ねないでくださいよ」

京子「……」プー

ちなつ「はあ、じゃあ、ミラクるんでいいですから…さ、券買いに行きましょ?」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:19:15.45 ID:xLswjEtY0
京子「何度見てもミラクるんは面白いよね!」パァ

ちなつ「もう機嫌治ったんですか…」

京子「ちなちゅも面白かったでしょ!?」クルクルッ

ちなつ「ちなちゅ言うな…2回目ですから、新鮮味はなかったですよ」

京子「……そう」

京子「あと、久しぶりに聞いた、『ちなちゅ言うな』って」

ちなつ「そうです?割と頻繁に使ってたと思うんですけど」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:20:13.47 ID:xLswjEtY0
~カフェ~

京子「お、来た来た!ジャンボパフェ!」

ちなつ「うわあ、本当に大きい…京子先輩、食べきれるんですかそれ」

京子「ん?これ、2人で食べるんだよ?」

京子「勿論、スプーンは一つで!」

ちなつ「…嫌です」

京子「えー、そんな恥ずかしがらずにぃ」プリプリ

ちなつ「すみませーん、もう一つスプーン用意してくださーい!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:20:44.81 ID:xLswjEtY0
ちなつ「……」モグモグ

京子「……」モグモグ

京子「ちなつちゃん、今日は機嫌が悪いの?」

ちなつ「別に、普通ですよ」

京子「そんな訳ないでしょ」

ちなつ「いいえ、普通です」

京子「怒ってるよね?」

ちなつ「別に怒ってませんよ」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:36:16.78 ID:xLswjEtY0
京子「……」モグモグ

ちなつ「……」モグモグ

京子「…ちなつちゃん!」ガシッ

ちなつ「は、はい?」ビクッ

京子「怒ってるなら本当の事を行って!私、ちゃんと治すから!」ウルッ

ちなつ「……京子先輩」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:37:01.90 ID:xLswjEtY0
京子「私、大好きなちなつちゃんに嫌われるの嫌だよ」グスン

京子「やっと、やっと想いがつながったのに、理由も判らないまま終わるの嫌だよ」ヒック

京子「お願い、ちなつちゃん…本当の事を…」ウルウル

京子「こ、このデートが気に入らなかったなら、ちゃんと考えなおすから…私にもう一回チャンスを」グスン

京子「こ、こんどのデートはちゃんとするから、嫌わないで…」ポロポロ

ちなつ「きょ、京子先輩…」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:37:25.22 ID:xLswjEtY0
ちなつ「ご、ごめんない、私だって、私だってこんな事…」ウルッ

ちなつ「したくなかったけど、きょ、京子先輩が…」ポロポロ

ちなつ「と、ともだち、大切にしたいっていうから、私も、私もがんばらないとって」グスン

ちなつ「ほ、本当はさっきのパフェだって、一緒に、一緒に」ウックウック

ちなつ「京子先輩…きょうこせんぱぁぁぁぃぃ!」ダキッ

京子「ち、ちなつちゃん、どうしたの…」ナデナデ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:37:49.78 ID:xLswjEtY0
ちなつ「うう、ひっく、だって、さっき、待ち合わせの所で…」グスン

京子「う、うん…?」ナデナデ

ちなつ「ゆ、結衣先輩と、杉浦先輩が…こっそり…」ヒック

京子(……!)

京子(そうか……心配した2人がつけて来てたのか…)

京子(それでちなつちゃんは…)

京子(何時もと同じように演技で…)

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:38:24.61 ID:xLswjEtY0
京子「ちなつちゃん、ごめん、私、ちなつちゃんを疑ってた…」ナデナデ

京子「私、馬鹿だね…」チュ

ちなつ「京子先輩は、馬鹿じゃないです……ごめんなさい…冷たくしてごめんなさい…」スリスリ

京子「ありがとうね、ちなつちゃん、私の言った事守ってくれようとして、ありがとうね」スリスリ

京子「だからさ……」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:39:01.00 ID:xLswjEtY0
~ゲームセンター~

京子「えー、ちなつちゃん、この人形が欲しいって言ったじゃん!」

ちなつ「言ってません!隣の人形が欲しいって言ったんですー!」

京子「嘘つき!」

ちなつ「嘘じゃないです!さっき言いました!」

京子「さっきって何時何分何秒だよ!」

ちなつ「15時26分32秒です!」

2人「「ぐぬぬぬぬぬぬ」」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:39:33.25 ID:xLswjEtY0
綾乃「やっぱり喧嘩してるわ、船見さん、これはチャンスよ、チャンスなのよ!」

結衣「いや、目を覚ませ綾乃、さっきのカフェでの事を見なかった事にするな」

結衣「というか、2人とも、私達に全部見られてるって知ってる癖に」

結衣「どうして喧嘩演技を続けるんだ…意味が判らん」

千歳「愛し合ってるならどんな状況ででも楽しいんと違うやろかね」

結衣「そういうものかな…」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/02(水) 16:39:59.74 ID:xLswjEtY0
ちなつ「ほら、京子先輩、次はどこに連れて行ってくれるんですか!」

京子「次は同人誌売り場!」

ちなつ「もう、またあそこですか…もういい加減に…」

京子「ちなつちゃん!」

ちなつ「はい?」

京子「手、つないでいい?」

ちなつ(あ…これ…)

ちなつ「…もう、仕方ないですね、京子先輩は、きょ、今日だけですよ?」

京子「ありがとう!」