1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 17:48:55.47 ID:kw7xfApi0
―魔女結界内―

ほむら「この魔女は私が狩る」

マミ「そうもいかないの、美樹さんとキュゥべえを迎えにいかないと」

ほむら「その二人の安全は保障するわ」

マミ「信用すると思って?」シュルッ

ギュッ

ほむら「くっ……こんなことしている場合じゃないのよ!」

マミ「おとなしくしていれば、帰りにちゃんと解放してあげるわ」

マミ「行きましょう、鹿目さん」

まどか「は、はい……」

引用元: まどか「マミさん、ソウルジェムが!!」 マミ「えっ!?」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 17:53:17.53 ID:kw7xfApi0
~中略~

マミ「それじゃ、この魔女を倒すまでに願い事が決まらなかったら、ご馳走とケーキを頼みましょう!」

まどか「け、ケーキで魔法少女に……ですか」

マミ「ほら、急ぎましょう!」グイッ

まどか「あっ、マ、マミさんっ……きゃっ!?」

マミ「えっ?……きゃあぁ!!」

ゴツン!

まどか「いったた……」

マミ「だ、大丈夫……?」

まどか「は、はい」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 17:56:53.81 ID:kw7xfApi0
マミ「ごめんなさい……つい浮かれちゃって」

まどか「いえ、気にしないでください」

まどか「それより、さやかちゃん達が待ってます!」

マミ「そうね、行きましょう!」

まどか「はいっ!」

タッタッ…

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:01:37.71 ID:kw7xfApi0
マミ「お待たせっ!」

キュゥべえ「気をつけて、魔女が出てくる!」

マミ「せっかくのところ悪いけど、一気に決めさせてもらうわ!」

ドンッ!

マミ「……体が軽い、こんな気持ちで戦うの、初めて」

マミ「もう、何も怖く無い!」

シュルッ

マミ「ティロ・フィナーレ!」

ドオォォォン!

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:07:36.39 ID:kw7xfApi0
さやか「やったぁ!」

まどか「やった……ってあれ?」

まどか「……!! マミさん、ソウルジェムが!!」

マミ「えっ!?……あっ!!無い!?」

マミ「ど、どこにあるの!?」

ズルン…

マミ「えっ……?」

バクン

まどか「あ……あぁ……」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:13:55.25 ID:kw7xfApi0
ほむら「!? 拘束が解けて……まさか!?」

ダッ

ほむら「……このままじゃ、まどかが危ない……!」

……キラーン

ほむら「……? 黄色……?」

ほむら「……まさかっ」

スッ

ほむら「これは……巴マミのソウルジェム……どうしてこんなところに……?」

ほむら「……! それより急いでまどかの下に……!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:17:46.34 ID:kw7xfApi0
キュゥべえ「まどか!さやか! 今すぐ僕と契約を!」

ほむら「その必要は無いわ」

ほむら「こいつを仕留めるのは、私」

ドォン!

ボトッ…

ほむら「…………」

さやか「マミさん……」

まどか「わたしの……せいで……」

ほむら「……身体は……無事ね、頭部は……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:22:02.82 ID:kw7xfApi0
さやか「ちょっ、何やってるのさ!?」

ほむら「見ての通り、巴マミの身体を回収してるのよ」

ほむら「時間が無いのだから話しかけないで頂戴」

まどか「な、なんでそんなことを……」

ほむら「……後で解るわ」

シュゥン…

ほむら「……さてどうしましょう」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:28:32.39 ID:kw7xfApi0
ほむら「……肉体が腐らない程度にマミの魔力を利用して保存かしら」

ゴソゴソ

さやか「ちょっ!?どこに仕舞ってるの!?」

ほむら「さてと……」

ほむら「魔法少女になるのは、こういうことなの」

ほむら「わかったなら、もう関わるのは止めなさい」

スッ…

まどか「………」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:34:21.23 ID:kw7xfApi0
―翌日―

恭介「僕の腕はもう動かないんだよ!奇跡も魔法でも無い限り……!」

さやか「あるよ」

恭介「え?」

さやか「奇跡も、魔法も、あるんだよ」



キュゥべえ「願い事が決まったようだね」

さやか「うん、恭介の腕を治して!」

キュゥべえ「君の願いはエントロピーを凌駕した」

キュゥべえ「さぁ、受け取るといい、これが君のソウルジェムだ」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:40:36.80 ID:kw7xfApi0
―倉庫―

まどか「あっ……わたしが悪い子だから……」

まどか「………ごめんね……マミさん……」

『でやああああああああ!!』

ザッ! ザシュッ!

シュゥン…

さやか「いやー、間一髪ってとこだったね!」

まどか「さ、さやかちゃん!?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:46:51.62 ID:kw7xfApi0
まどか「そ、その格好……」

さやか「まぁちょっと色々あってね……」

ダッ

ほむら「……美樹さやか」

さやか「遅かったじゃん、転校生」

ほむら「………丁度いいわ」

さやか「……何よ」

ゴソゴソ

さやか「なっ!?」

まどか「!?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 18:49:32.15 ID:kw7xfApi0
ほむら「この巴マミの頭部を治し、身体と頭を結合させて欲しいの」

さやか「な、なんてこと言うのよ!?」

ほむら「巴マミが助かる」

まどか「えっ!?」

ほむら「早くしなさい、美樹さやか」

さやか「……あんま信用できないんだけど、マミさんが助かるかもしれないなら……!」

キィィン!

さやか「……!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:00:06.51 ID:kw7xfApi0
さやか「できた………あれ?何でこんなことできるんだろ、あたし……」

ほむら「あなたの願いは上条恭介の腕を治すこと」

ほむら「契約時の願いが、そのまま性質として現われるわ」

ほむら「あなたの場合は、治癒とか再生回復と言ったところかしら」

さやか「………なんであんたが、あたしの願いを知ってるのよ」

ほむら「………さてと、これで身体は元通りね」

ほむら「あとはこれを……」スッ

まどか「それは……マミさんのソウルジェム……」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:09:07.19 ID:kw7xfApi0
マミ「…………んっ」

マミ「……あら?ここは……?」

まどさや「マミさん!!」

マミ「えっ!? 何であなた達がここに……それに……」

まどか「マミさぁん……ほんとに……良かった……」グスッ

マミ「か、鹿目さん、落ち着いて……」

さやか「……転校生、マミさんを助けてくれたのは感謝するけど、理由を教えてくれない?」

ほむら「そうね、いずれは話さないといけないことだし」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:20:15.75 ID:kw7xfApi0
マミ「あなたが、助けてくれたの……?」

ほむら「………私より、鹿目まどかと美樹さやかのお陰よ」

ほむら「今日は一旦帰りましょう、詳しい話は明日するわ」

ほむら「場所は……巴マミの家で構わないわね?」

マミ「え、えぇ……」

ほむら「それじゃ……」タッ

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:27:19.26 ID:kw7xfApi0
―翌日、マミホーム―

ほむら「結論から話すわ」

ほむら「魔法少女の魂は、ソウルジェムに宿っているわ」

ほむら「つまり、身体がいくら傷つこうと、ソウルジェムが無事なら、魔法少女は平気なの」

さやマミ「………」ポカーン

ほむら「巴マミの場合……理由はわからないけれど、魔女戦の際、ソウルジェムが無かった」

ほむら「そのソウルジェムは私が回収したから、あなたはこうしてまた生き返った」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:33:37.13 ID:kw7xfApi0
ほむら「……さて、数週間後、この街にワルプルギスの夜が―――」

さやか「ちょっ、ちょっと!いきなりそんなこと言われても何が何だか……」

ほむら「私の言ったことはすべて事実、だから受け入れなさい」

さやか「………わかった」

ほむら「理解が早くて助かるわ、それじゃあワルプルギスの夜についてだけれど」

セツメイチュウ…

さやか「……そんな魔女が来るだなんて」

マミ「………」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:44:32.27 ID:kw7xfApi0
ほむら「私一人では勝てない……だから……協力して欲しいの」

マミ「……わかったわ」

さやか「見滝原が危険な目に会うんなら、あたしも戦わないとね……!」

ほむら「………ありがとう」


ほむら「後は、佐倉杏子に協力を依頼するだけね」

マミ「佐倉さん……?」

さやか「誰……?」

まどか「(全く話に付いていけなかった……)」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:51:08.04 ID:kw7xfApi0
―隣市―

ほむら「……見つけた」

杏子「ん……?マミじゃねぇか」

マミ「久しぶりね、佐倉さん」

杏子「……その二人は誰だい?」

マミ「私達と同じ魔法少女よ」

ほむら「暁美ほむらよ」

さやか「……美樹さやか」

杏子「ふーん、あたしは佐倉杏子だ」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 19:59:58.14 ID:kw7xfApi0
杏子「んで、態々こっちまで来たってことは、何か用があるんだよな」

ほむら「数週間後、見滝原にワルプルギスの夜が来る」

杏子「………ほう」

ほむら「そこで、あなたにも協力してほしいのだけれど」

杏子「………あたしのメリットは?」

ほむら「あなたにメリットは無いわ、強いて言うならば、あなたにかかるデメリットを失くすことができる、かしら」

杏子「なるほどな……」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:06:25.60 ID:kw7xfApi0
杏子「まぁいいか、協力してやるよ」

ほむら「助かるわ」

マミ「よろしくね、佐倉さん」

さやか「よろしく」

杏子「あぁ、こっちこそよろしくな」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:12:48.15 ID:kw7xfApi0
―数日後―

仁美「私、上条君のことをお慕いしていますの」

仁美「だから、明日の放課後に上条君に告白します」

仁美「丸一日だけお待ちします、さやかさんは後悔なさらないように決めてください」

仁美「上条君に気持ちを伝えるかどうか」

仁美「………それでは」



さやか「………」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:17:50.01 ID:kw7xfApi0
―魔女結界内―

さやか「でやあああぁぁぁああぁぁ!!」

バチィン!

さやか「ぐわぁああぁ!?」

マミ「美樹さん!!」

杏子「おいおい、どうしたんだよ!」

さやか「………なんでもない………うおおぉぉおぉぉ!!」

ザシュッ!

シュゥン…

さやか「はぁ……はぁ……」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:23:28.05 ID:kw7xfApi0
さやか「………帰ります」タッ


杏子「あいつ、どうしたんだよ……」

杏子「なんか知らねぇか?」

ほむら「………そうね」

ほむら「これは美樹さやかの願いにも関連のあることなんだけれど……」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:27:20.05 ID:kw7xfApi0
―翌日―

恭介「今日はどうしたの……?」

仁美「上条君に、お話ししたいことがありますの……」


さやか「………」


杏子「……それでいいのか?」

さやか「!?」

さやか「何であんたがここに!?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:32:30.83 ID:kw7xfApi0
杏子「ん、まぁちょっとな……」

さやか「………あんたには関係無い」

杏子「そうだな、確かに関係無い」

杏子「でも、本当にいいのか?」

さやか「……うるさいな」

さやか「じゃあね……」タッ

杏子「あっ、おい!」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:41:17.66 ID:kw7xfApi0
―数日後、魔女結界内―

さやか「あはははは!!その気になれば、痛みだって消しちゃえるんだ!!」

ザクッ!ザクッ!

マミ「もうやめて、美樹さん!」

シュウゥン…

ほむら「……グリーフシードよ、使いなさい」スッ

さやか「……要らない、それじゃ……」タッ

ほむら「なっ、ま、待ちなさい!」

杏子「くそっ、待てよ!」ダッ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:47:19.61 ID:kw7xfApi0
杏子「おい、待てって!」

さやか「付いてこないで!」

杏子「断るっ!」ガシッ

さやか「ちょっ!?離しなさい!!」

杏子「絶対離さない!!」

さやか「!!」ビクッ

杏子「………なぁ」

さやか「な、何よ……」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 20:53:36.26 ID:kw7xfApi0
杏子「あたしの話を聞いてくれないか……?」

さやか「………なんでよ」

杏子「頼むよ……」

さやか「……っ、わかったわよ」

杏子「ありがと……」

杏子「………あたしが魔法少女になった理由なんだけどさ」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:01:30.87 ID:kw7xfApi0
―中略―

杏子「……ってわけさ、笑えちまうよな」

さやか「………」

杏子「……こんな風に誰かに話を聞いてもらうなんて、久しぶりだ……」

杏子「なぁ……さやか……」

杏子「溜め込んでる事、全部話せよ……」

杏子「最後まで、聞くからさ」

さやか「………」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:08:14.27 ID:kw7xfApi0
さやか「何でここまでしてくれるのさ……」

杏子「わかんねー……」

杏子「でもなんだかさ、ほっとけないんだよ」

杏子「こんな気持ち、ずっと前に無くなっちまったと思ってたよ」

さやか「………杏子」

杏子「……さやか」

杏子「あたしが受け止めてやるよ、辛いことも、悲しいことも、全部」

さやか「……ありがと、杏子」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:13:02.64 ID:kw7xfApi0
―翌日―

さやか「心配かけてすいませんでした!」

マミ「良かった……」

ほむら「………これ以上悩みのタネを増やさないでね」

杏子「……素直じゃねぇな」

ほむら「………そんなことないわ」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:17:10.74 ID:kw7xfApi0
ほむら「ワルプルギスの夜まで、もうすぐよ」

ほむら「この四人でなら、きっと勝てるわ」

杏子「まぁ楽勝だろ」

さやか「あたし、頑張っちゃうよ!」

マミ「先輩として良い所を見せないとね」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:26:36.41 ID:kw7xfApi0
―ワルプルギスの夜戦―

ほむら「ついに来たわね」

杏子「うわ……滅茶苦茶でかいなおい」

さやか「どうやって倒すのよ……」

マミ「ちょっと、あの時の意気込みはどうしたの?」

マミ「……って言いたいけど、私も自信がなくなって来たわ」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハ」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:36:45.16 ID:kw7xfApi0
ほむら「絶対に倒す……!」

ほむら「行くわよ」ダッ

杏子「へっ、やってやろうじゃん!」ダッ

さやか「……っ、あたしだって!!」ダッ

マミ「ちょ、ちょっと待ってよ!」ダッ

ワルプルギスの夜「アハハハ!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:41:57.62 ID:kw7xfApi0
杏子「おっしゃ、先制攻撃だ! いくぞ、さやか!」

さやか「えぇ!」

ダンッ!

ワルプルギスの夜「アハハハハハ!」

杏子「なっ、まるで効いてないのか!?」

さやか「いや、少し後退してるから、少しくらいは効いてるはず!」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハ!!」

ゴオォォォオオォ!

杏子「ちょっ、ビル飛ばしてくるとか反則だろ!?」バッ

さやか「えっ、ちょっ、まっ!?」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:49:45.29 ID:kw7xfApi0
マミ「ティロ・フィナーレ!」

ドオォン!

マミ「大丈夫?美樹さん」

さやか「あ、ありがとうございます!」

ほむら「油断しないようにね」

杏子「ったく、さっさと避けろよ」

さやか「な、何をー!」

マミ「ほら、次が来るわよ!」

ワルプルギスの夜「アハハハハハ」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 21:54:49.26 ID:kw7xfApi0
―数時間の死闘の末―

ワルプルギスの夜「アハハ……ハハ……ハハハ………」

シュゥン…

ほむら「ワルプルギスの夜が……」

さやか「消えていく……」

杏子「勝ったみたいだな」

マミ「そうね……」


キュゥべえ「全く、とんでもないことをしてくれたね、君たちは」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:00:34.25 ID:kw7xfApi0
ほむら「キュゥべぇ……!」

ほむら「何をしにきたの……」

キュゥべえ「君が伝えなかった事実を言いに来たのさ」

ほむら「!? まさかっ!?」

キュゥべえ「……君たち魔法少女の魂がソウルジェムなのは、もう知っているよね」

杏子「それがどうしたんだよ」

キュゥべえ「ソウルジェムは魔力を使うと濁っていくよね」

さやか「……だったら何よ」

キュゥべえ「ソウルジェムが濁りきったら、どうなると思う?」

ほむら「や、やめなさい!!」

バンッ!

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:09:33.60 ID:kw7xfApi0
ほむら「はぁ……はぁ……」

スゥッ

キュゥべえ「無駄なのはわかっているだろう?」

キュゥべえ「さて、ソウルジェムが濁りきったらだけど……」

マミ「………」ゴクリ


キュゥべえ「君たち魔法少女は魔女になる」


マミさや杏「!?」

ほむら「くっ……」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:14:49.57 ID:kw7xfApi0
杏子「……あたし達が今まで倒してきた魔女も、元は魔法少女だったってことかよ……!?」

キュゥべえ「そうだよ」

さやか「どうしてあたし達をこんなことに!?」

キュゥべえ「まぁ、エネルギーが必要だっただけさ、君たち見たいな少女は打ってつけだった」

さやか「こんの……!」ギリッ

キュゥべえ「無駄だよ、僕たちはいくらでも替えが効くからね」

マミ「………魔法少女が……魔女になる……」

ほむら「……!?」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:24:56.95 ID:kw7xfApi0
マミ「それなら……いっそみんな……!」

ほむら「やめなさい!巴マミ!」ダッ


『おーい!』


マミ「………?」

ほむら「この声……」

さやか「………まどか?」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:33:19.30 ID:kw7xfApi0
まどか「はぁ……はぁ……」

ほむら「どうしてこんなとこまで……」

まどか「えへへっ………」

キュゥべえ「丁度いいところにきた、鹿目まどか」

キュゥべえ「僕と契約して、魔法少女になってよ」

まどか「いいよ!」

ほむら「なっ!?」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:39:30.32 ID:kw7xfApi0
ほむら「や、やめて、まどか!魔法少女になんてなってはダメ!」

さやか「そうだよ、まどか!そんな奴と契約なんてしちゃ!」

マミ「…………」ポカーン

杏子「……どうなってんだ?」

まどか「大丈夫だよ、ほむらちゃん、さやかちゃん、マミさん」

キュゥべえ「さぁ、君の願い事はなんだい?」

まどか「わたしの願いは……」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:48:44.61 ID:kw7xfApi0
まどか「なんでもわたしの思い通りになる世界にするって言うか、まぁどんな理不尽なことでもわたしが望めばそれだけで
    解決しちゃうって感じで、まぁ結果わたしが神になれば――――

―――――――

―――――

―――


杏子「ちょっとまてえええぇぇぇええぇぇぇえぇええぇい!」

まどか「ど、どうしたの、杏子ちゃん!?」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:54:08.59 ID:kw7xfApi0
杏子「いやいやいやいや、なんだよそれ!どういうことなんだよ!」

まどか「えっ、いや、なんていうか………」

さやか「まどか……いくらなんでもそれは無茶なんじゃないかな……」

まどか「さやかちゃんまで!?」

まどか「……ほむらちゃんは、良いと思うよね……?」

ほむら「…………ごめんなさい」

まどか「…………」ショボーン

マミ「私は良いと思うわよ!!」

まどか「マミさん!!」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 22:58:55.36 ID:kw7xfApi0
杏子「いや、絶対無しだろ……」

さやか「あたしも杏子と同意見で」

まどか「なんでよ!せっかく頑張って台本考えたのに!!」

ほむら「正直、無理があるわよ……」

杏子「準備とか不可能だろ……」

マミ「頑張ればどうにかなるわよ!」

さやか「どうにかなるって範囲を超えてますって……」

さやか「それに、たかが中学生の演劇ですよ……?」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 23:04:29.18 ID:kw7xfApi0
キュゥべえ「僕は完全に悪役じゃないか」

まどか「キュゥべえ! キュゥべえは賛成だよね!?」

キュゥべえ「………反対だよ」

杏子「あんたにしちゃ、珍しく意見が合ったな」

キュゥべえ「まぁね」

さやか「それじゃ、まどかの案は無しってことで」

まどか「えぇ……」

マミ「…………」ショボーン

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01(火) 23:09:28.71 ID:kw7xfApi0
まどか「………!」ピカーン

まどか「次はキュゥべえが侵略者として地球を攻めてくる話を!!」

マミ「良いわね!私も協力するわ!」

まどか「ありがとうございます、マミさん!」



ほむら「はぁ………」

杏子「全く……」

さやか「本当に……」

キュゥべえ「わけがわからないよ」


終わり