1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 22:26:15.45 ID:3Q/gbcZg0
勇者【勇者として旅立とうとした結果】

勇者母「辛かったらいつでも帰ってくるのですよ」

勇者「うん…」

勇者母「体調には十分気をつけるのですよ」

勇者「…母さん?」

勇者母「それから…」

勇者「お願いだからその手を離して!?」

勇者母「だって、心配で心配で…」ギュウ

勇者「だからといって束縛するのやめれ?!行ってきます!!」ダッ

勇者母「あぁっ!!勇者ぁ?!私の勇者ぁぁぁぁぁ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373376375

引用元: 勇者「○○した結果」 

 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 22:39:12.52 ID:3Q/gbcZg0
勇者【王様のところに旅立つ節を伝えに来た結果】

王様「これ、うまいと思わんか?」

勇者「はぁ…確かに美味しいですが…」

王様「じゃろ?あ、これまたうまい飲み物もあるんじゃがどうじゃ?」

勇者「い…いただきます…」

王様「やっぱり勇者は優しい子だのぅ…こんな老いぼれに付き合ってくれるなんて」

勇者「そりゃ王様ですし…それに旅立つから…」

王様「そうじゃったなぁ、あんなに小さかった子がこんなに成長して…」

王様「お父上もさぞ喜んでおるだろうのぉ…彼も昔は…」

勇者「いや…旅出させて…」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 22:48:15.20 ID:3Q/gbcZg0
勇者【仲間を募集した結果】

戦士「わっはっは、よろしくなっ!!」バシバシ

勇者「いたいいたい」

魔法「よろしくね、勇者くーん」ギュー

勇者「そんなに腕に抱きつかないでください」

勇者「初対面なのに何、この懐かれよう…」

戦士「いいじゃねぇか、お堅いと楽しくやれないぜ!!」

魔法「そうそう、仲良しなのはいい事だよー」

勇者「そりゃそうかもしれないけど…」

勇者「もう1人どうしよう」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 23:04:03.74 ID:3Q/gbcZg0
勇者【もう一人探した結果】

勇者?「やぁ、これからよろしく頼むよ」

勇者「なんで勇者が酒場にいるんだ?!誰だよあんた!?偽者!?」

勇者?「たまにはこういうのもありじゃない?」

勇者「いやいやいやいや、普通ありえないから…勇者二人て…」

勇者?「む、こんな綺麗なお姉さんが勇者やってて不満なのかっ?!」

勇者「問題そこじゃないから!?」

勇者?「大丈夫、あんただってかわいいからいい勝負いい勝負」

勇者「かわいい言うな!!それにそういう問題でもないから!!」

勇者「ちょっと責任者出て来ぉぉぉぉい!!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 23:17:53.03 ID:3Q/gbcZg0
勇者【そのまま旅立った結果】

戦士「おらぁ!!俺はもっと強いやつに会いに行くぞ!!」ズバッ

勇者「ちょ、一匹だけ狙うから他のがこっち来た…もうちょっと考えて倒せ!?」

魔法「あ、チョウチョさんだー」テコテコ

勇者「こらこら、戦闘中にどこかに行くな!!」

勇者?「とりゃ、シールドアターック!!」ペコン

勇者「そこぉ!!盾は武器じゃないんだぞ!?遊ぶな!!」

魔法「ねぇねぇ、こんなの拾ったー」

勇者「…どこから持ってきた、この鏡」

勇者「じゃない!ちゃんと戦えぇぇぇぇぇぇ?!」

8: 性別は見てたら分かってくると思う 2013/07/09(火) 23:28:33.02 ID:3Q/gbcZg0
勇者【湖のほとりで休憩した結果】

魔法「つめたーいっ」

勇者?「おほっ、水に滴るいい女ハケーン!!」

魔法「こっちくんなぁ、キャッキャ」バシャー

勇者?「うは、やったなこいつめぇ」バシャバシャ

勇者「これのどこが休憩…遊んでるだけじゃないか…」

戦士「まぁいいじゃん…覗く?」

勇者「覗きません」

勇者?「こっち来るー?」

勇者「行きません!!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 23:37:55.30 ID:3Q/gbcZg0
勇者【村にたどり着いた結果】

魔法「何かあっちが賑やか!!行こー?」グイグイ

勇者「だから腕を引っ張らないでいただきたい」

勇者?「ふむ、こういう時はまず宿屋探しだな」

勇者「それには同意」

戦士「武器屋どこだ、武器屋!!」

勇者「いや、それはあとで…って」

勇者「バラバラすぎるわ?!空気読め!!」

魔法「空気は文字じゃないよ?」

勇者「うがぁぁぁ!!そうじゃないわぁぁぁぁ!!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 23:48:40.09 ID:3Q/gbcZg0
勇者【一人で温泉に浸かりに来た結果】

勇者「疲れた…色々ひどいぞこのパーティ…」カポーン

勇者「宿もとったし、今は好きにさせておいていいか」

勇者「これからちゃんとやっていけるのか心配だ…はぁ」

勇者?『勇者はどこだ~?』

勇者「見つからないだろうと思った矢先にこれだよ」

勇者?『●●い子はいねぇがぁ~』

勇者「意味が分からんわ?!大体なんでわざわざ探してるんだ!?」

勇者?『む?!そこかぁぁぁぁ!!』ドタドタドタ!!

勇者「あ、つい反応してしまった…よく分からないけど逃げよう」ピチョピチョ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 23:58:05.22 ID:3Q/gbcZg0
勇者【みんなで酒場に食事に来た結果】

戦士「がつがつむしゃむしゃ」

勇者?「なんて汚い食べ方だ、もっと上品に食べないか」

魔法「おいふぃーねーこれー」

勇者「はいはい、口に食べかすついてるから」ヒョイ

魔法「ふぁりがふぉー」

勇者?「保護者だ保護者!!」

勇者「やかましい!!大人しく食べてろ!!」

戦士「このセットの大盛り、三人前でおかわり!!」

勇者「セットを三人前で大盛り!?どれだけ食べるの?!」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:01:54.55 ID:GjudPUEV0
勇者【みんなが寝付いた結果】

戦士「ぐごーぐごー…」

魔法「くぅくぅ…」

勇者?「…」

勇者「やっと寝静まったか」

勇者「でも、何でみんな同じ部屋にしたんだろう…」

勇者「そこまでお金に余裕もないから仕方ないか」

勇者「悪い人たちじゃないのは分かるけど…」

勇者「これでうまくやっていけるのか不安だよ」

勇者?「きっと大丈夫よ」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:11:21.22 ID:GjudPUEV0
勇者「まだ起きてたんだ?」

勇者?「まぁね、明らかにすぐ寝なさそうだったから様子見てた」

勇者「悪かったね、色々考え事してたんだよ」

勇者?「これからの事でしょ?」

勇者「うん…ちょっと心配になって」

勇者?「みんな考えるのが苦手な子ばかりなんだよ」

勇者?「勇者が頑張ってたらみんなついてきてくれるよ」

勇者「そうかな?」

勇者?「それより早く寝るよ、明日寝不足で怪我しても知らないよ」

勇者「分かったよ…おやすみ…」ゴロン

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:16:23.63 ID:GjudPUEV0
勇者【朝早く起きた結果】

??「おはようさん」

勇者「誰だアンタ…」

??「あら、一日でもう顔まで忘れちゃったの?」

勇者「その格好…もはや勇者じゃないんだけど…」

勇者?「んー、思ったより面白くなかったから元に戻ったの」

勇者「面白くなかったって、おい…」

勇者?「そりゃ本物いるしこのままW勇者はアレかと思ってね」

勇者「アレ、ねぇ…まぁいいけど」

賢者「と、いうわけで賢者になったのでヨロシク~」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:22:26.62 ID:GjudPUEV0
勇者【勇者(偽)が賢者になった結果】

賢者「おっほっほ、どうだいこの姿!!いけてるだろぉ?」

戦士「勇者じゃなかったのかよぉ…つまんね」

賢者「つまらないってどういうこと!?何期待してたの!?」

魔法「それはそれでかっこいいかもー」

賢者「でしょー?」クルリン

勇者「よく考えてみたら最初から賢者っておかしくない…?」

賢者「その気になれば最初からなることだってできるのさっ」

戦士「W勇者を激しく希望する!!」

勇者「無茶苦茶言うな!!そして、早く出かける準備を!!」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:33:21.33 ID:GjudPUEV0
勇者【とある洞窟まで来た結果】

勇者「え?ある玉がないと壁を壊せない?」

老人ww「そうじゃwwwwwwそれの作り手はここに来る途中にあった町にいるとかwwwwww」

勇者「そんなの聞いてないんだけど…あと笑いすぎ」

戦士「なぁ、勇者!これ壊せばいいんだろぉ?」

勇者「え、うん…でもその玉がないと……」

戦士「俺がこの程度叩き壊してやるよ!!」ベキベキ

賢者「じゃあ私は爆発魔法でも撃ちこむかね、まほ子もお願いね」

魔法「はーい!!頑張っちゃうよーっ!!」

勇者「ちょ…そんなやり方で壊れるわけが…」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:43:40.65 ID:GjudPUEV0
魔法「勇者くん見ててよ?ドカーンと壊しちゃうから!!」

賢者「戻るの面倒じゃない?こんな壁程度なら楽勝よっ」

戦士「俺の腕力なめてもらっちゃ困るぜ!!」

勇者「あの、これでいいんでしょうか…?」

老人ww「面白いからいいんじゃないかぇ?wwwwww」

勇者「いや、笑ってないで…できたら止めてほしかったんですけど…」

戦士「同時にぶち込むぜ、準備いいか?」ブンブンブン

賢者「おっけーよん」ゴゴゴ…

魔法「いいよー」ボボボ…

3人「 せ ー の っ ! ! 」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 23:52:22.64 ID:GjudPUEV0
ドガァァァァァァァァァン!!



勇者「開けやがりましたよ…この人達何?チート?」

戦士「チートってなんぞ?」

勇者「なんでもない…もうどうでもいいや」

賢者「さっ、先へ進むわよぉ」

魔法「わよぉ」

勇者「そうですね…行きましょうか…」

老人ww「頑張るんじゃぞ、若者よwwwwwwほっほwwwwww」

勇者「結局、このおじいさん誰だったんだ…」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 00:01:24.70 ID:4p/ac8GZ0
勇者【洞窟の奥へ進んできた結果】

魔法「開かないよー?」グイグイ

賢者「あれま、コイツは困ったねぇ…」

勇者「どこかに鍵があったのか…ちゃんと調べてないからなぁ」

戦士「あー俺に任せとけって…ふん!!」グギャベキョパキャ!!

勇者「うわーい、扉がアメみたいにひん曲がったぞぉ…」

賢者「ただの脳筋の筋肉バカじゃなかったという事か」

戦士「失礼だなぁ?!まぁ何でも破壊するのはまかせろ!!」

魔法「じゃあ進もうー」

勇者「もう少々じゃ驚かなくなるかも…」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 00:13:26.65 ID:4p/ac8GZ0
勇者【洞窟を抜けたすぐ先の国に訪れた結果】

勇者「とりあえず王様に会ってきますか」

戦士「まかせたぜ~」

賢者「そうね、勇者一人で行ってきてよ」

勇者「なんでだよ…」

賢者「少々やることがありましてだね…」

勇者「別にいいんだけど…あとで来てよ?」

戦士「おうよ!!」

勇者「あれ、魔法使いはどこいった…」

魔法「わんわーん、待てー」テコテコテコ

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 00:23:22.90 ID:4p/ac8GZ0
勇者【この国の王様に会った結果】

勇者「冠の奪還ですか…」

王様「うむ、あれがないとわしゃ泣いてしまうんじゃ」

勇者「子供か?!」ビシッ

王妃「あら、いいツッコミ」

勇者「はっ…とりあえず冠の件はお任せください」

王様「頼んだぞ…それより勇者よ」

勇者「なんでしょう?」

王様「この国を治める気ない?」

勇者「はぁ?」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 00:36:00.26 ID:4p/ac8GZ0
勇者「今、自分達は旅しているのでちょっと…」

王様「えー、治めてくれんのかぁ?」

勇者「申し訳ありませんが…」

王様「なんでじゃーもー!!」ジタバタジタバタ

勇者「子供か?!」ビシッ

王妃「あらまたいいツッコミ」

勇者「何これ、無限ループ?」

王様「よし、こうなったら無理にでもなってもらう!!」ジリジリ…

勇者「貴方はそれでも国王ですか!?こっちくんな!!」

王妃「あら、国王という名の子供よ?この人」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 00:46:31.36 ID:4p/ac8GZ0
勇者【国王から逃げてきた結果】

勇者「や、やっと出てこれた…はふぅ…」

賢者「あらどうしたのさ?そんな興奮して」

勇者「興奮してない!!疲れただけ!!」

戦士「それでもう王様に会ってきたのか?」

勇者「キミ達来なくてよかったよ…マジで……」

勇者「ところで魔法使いは?」

賢者「すぐそこで犬と戯れてたよ」

魔法「あー、勇者くーん?この子連れて行っていい?」ワンワン

勇者「ダメです、そのわんこは人様のペットだ」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 00:55:34.54 ID:4p/ac8GZ0
勇者【村で宿をとった結果】

勇者「ちょっと買出し行ってくる」

賢者「いってら~、待ってるよん」

戦士「俺、ちょっと鍛えてくる」

勇者「アレだけの力あってまだ鍛えるのか?!」

賢者「自分の限界に挑戦したいんじゃない?気にする事ないよ」

勇者「気になるわ?!」

勇者「はぁ…行ってくる」

魔法「わたしも勇者と行くー」

勇者「はいはい、好きにしてくれぃ…」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 01:07:46.81 ID:4p/ac8GZ0
勇者【共有の道具袋を覗いた結果】

勇者「…戦士、ちょっと話がある」

戦士「なんだ?早く体動かしたいんだけどっ」シュッシュ

勇者「この袋にギッシリ入ってる本…何?」

戦士「●●●な本!!必要だから詰め込んでた!!」

勇者「アホか!!しねっ!!」ゲシッ!!

勇者「明らかに旅に必要ないだろ…まだ他の種類の本がある…」

勇者「淑女への道…ずるっこの本…誰のだ?」

魔法「それわたしのー」

勇者「この子はどうなりたいんだろう……」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 01:19:37.37 ID:4p/ac8GZ0
勇者【買い物をしていた結果】

勇者「魔法使い…そんなに毒消し草いらないから…」

魔法「ほへ?」ドサドサ!!

勇者「ちょ…これあげるから大人しくしてて…」

魔法「何かふわふわしてるー、もふもふー!!」

勇者「ちょうど売っていたうさぎの尻尾でなんとか大人しくなったか」

勇者「彼女は何故こんなにも子供っぽいのか…いや、子供そのものだな…」

勇者「えっと、あとは…」

魔法「ぽーい」バヒューン!!

勇者「その羽は使ったら…飛んでいった…」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 01:28:31.53 ID:4p/ac8GZ0
勇者【暇つぶしに散歩した結果】

魔法「ひゃっほー」パタパタ

勇者「あんなに戦った後なのに、どこにそんな元気が残っていたのか…」

勇者「あれ?どこ行った…」キョロキョロ

魔法「勇者くーん、そこの家で変な針見つけたー」ツンツン

勇者「いたっ!!やめて、痛いって…」

勇者「っ――」コロリ

 [ 勇者の急所を直撃した!! ]

 [ 勇者は死んでしまった… ]

魔法「あれ?勇者くん動かなくなったー」ツンツン

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:32:33.33 ID:NDOhzfQI0
勇者【再び、一人で温泉に浸かりに来た結果】

勇者「また今日も疲れたな…」

勇者「まさか村の中で死ぬとは思わなかった…」

勇者「ふぅ~それにしてもやっぱり温泉は落ち着くなぁ」

勇者「さすがに今日はここまで来ないっしょ、秘境の温泉だし」

賢者『むっ…この辺りに勇者のにおいが…くんくん』

勇者「…」

勇者「犬か…帰れ、変態」ボソリ

賢者『そこかぁぁぁ!動くなよぉぉぉぉぉぉ!!』ドタドタドタ!!

勇者「何であれが聞こえるの!?早く逃げないと…」パシャパシャ

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:42:37.46 ID:NDOhzfQI0
勇者【とある塔に登った結果】

勇者「追い詰めたぞ!盗んだものを返すんだ!!」

盗賊「オレ達を捕まえれるものなら捕まえてみな!!」ポチッ

勇者「な、床が…」ヒューン

魔法「おちるぅぅぅ…」ヒューン

戦士「うおぁっ…」ヒューン

盗賊「今のうちに逃げるぞ、ヤロウ共!!」

賢者「…」

盗賊「…」

賢者「やぁ」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 00:52:12.77 ID:NDOhzfQI0
盗賊「なな…なんで落ちてないんだ!?」

賢者「床に切れ目あるから落とし穴あるの分かったし?」

盗賊「くっ、すごい観察力だな…」

盗賊「だが、1人でオレ達に勝てるとでも思ったか!!」

賢者「余裕すぎておしっこもれそう」

子分「おかしら、一人なら俺たちだけで十分ですぜ」

盗賊「そうだなぁ、まかせてもいいか?」

賢者「ダメだ、あんたも一緒だ」

賢者「もちろん、あの世へ行くのに…ねっ!!」カッ!!

盗賊「お前、何を言っ――」ジュッ

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:04:21.82 ID:NDOhzfQI0
勇者「はぁはぁ…賢者!!大丈夫…みたいだね」

賢者「ハロー、片付けといたよ」

炭「―――」プスプス…

魔法「すごーい、炭くずさんだぁ」

戦士「すげぇな、この人数を1人で片すなんてよぉ」

賢者「ほっほっほ、ほめてほめてっ」

勇者「マジで何者なんだあなたは…」

魔法「金のかんむりゲットー」チョコン

賢者「あらかわいい」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:11:56.09 ID:NDOhzfQI0
勇者【次の村に行く途中に気付いた結果】

戦士「んー?向こうになんか村あるぜ」

勇者「よし、行ってみよう…の前に魔法使い」

魔法「んに?」

勇者「その冠返してなかったのか?!」

魔法「気に入ったもーん」

賢者「かわいいからいいじゃない」

勇者「よくないわ!!盗品を盗むってどんな勇者一行だよ?!」

賢者「愛嬌愛嬌」

勇者「愛嬌で許されるものじゃないんだけど…」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:23:43.53 ID:NDOhzfQI0
勇者【静かすぎる村に来た結果】

勇者「これは…みんな眠っている…?」

魔法「おねぼうさんだねぇ」ケラケラ

勇者「笑い事じゃないよ…どうしてこんな事に…」

戦士「叩き起こせばいいだけだろ、おっきろーい!!」パパパン!!

村人「はっ…私は何をしていたんだっけ?なんか頬が痛いし…」

賢者「じゃあこの調子で起こしますか」パチーンパチーン

魔法「はーい」パチーンパチーン

勇者「何か間違ってると思わない!?」

勇者「ねぇ?!」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:35:57.01 ID:NDOhzfQI0
勇者【湖の地底へ来た結果】

勇者「これが盗まれたって言っていた宝石か」

賢者「ふむ…高そうだ」

勇者「変な目でこっち見んな?!これはちゃんと返すんだからね!!」

戦士「…チッ」

勇者「そこ、舌打ちするな!?ダメだから!!」

魔法「あれあったらおいしいものがひとつ、ふたつ、みっつ…」

勇者「キミ達さ…そんなに盗賊になりたいのか…?」

賢者「やだなぁ、ノリだよノリ」フイッ

勇者「そう言いつつ目を逸らすな!!盗みダメ、絶対!!」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:45:55.36 ID:NDOhzfQI0
勇者【怪しい雰囲気の町に来た結果】

悪徳商人「そこの人、いい商品入ってるよー見ていかないかい?」

勇者「いいえ、結構です」

魔法「見せて見せてー」

悪徳商人「おっ、お嬢ちゃんコイツなんてどうだい?そこらじゃ売ってないモノだよ」

勇者「おっさん!!その子に槍売ろうとすな!!相手見ろ?!」

戦士「あ、それほしいわ!俺には使えないけど」

悪徳商人「だったら50000ゴールドぽっきりでどうだい?」

賢者「買った!!」

勇者「あんたらもやめろ?!どう見てもボッタクリだろ!!」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 01:54:13.62 ID:NDOhzfQI0
勇者【ふと所持金を確認した結果】

勇者「無駄な物買いこまれてるわりに簡単に減りそうもないほどの大金入ってるんだけど…」

賢者「あーそれ?」

戦士「ちょっと前の国んところにあった闘技場で荒稼ぎしたからよ!!」

勇者「なんだそれ…聞いてないよ…」

賢者「何か知らないけど当たりまくるのよね」

戦士「そうそう、賢者と別々に賭けてたら金が膨れ上がったんだよな」

勇者「そうかい…まぁ増えてるからありがたいけど」

戦士「一週間あればずっと金に困らないぐらい稼いで来れるけど行ってこようか?」

勇者「それはやめてください、色んな意味で困ります」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 02:05:31.38 ID:NDOhzfQI0
勇者【夜遅くに出かけた結果】

ぱふぱふ娘『そこのおにぃさ~ん、ぱふぱふしていかな~い?』

戦士『お?していくぞ!!』

勇者「…聞こえなかった事にしよう」

賢者『ほら、そこでもうちょっと腰を振ってだね…全身で踊り楽しいってアピールを…』

踊り娘『はい、先生!!頑張ります!!』

勇者「聞こえない聞こえない…」

酔っ払い『お嬢ちゃん、楽しい事しないかぁ?うひひひ』

魔法『え、何?するする!!』

勇者「それはバッチリ聞こえたぞぉ!!いたいけな少女に何する気だゴルァ!!」ドタドタドタ!!

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 22:52:56.50 ID:NDOhzfQI0
勇者【砂漠を歩いていた結果】

戦士「あじぃ…オアシスまだか…」

勇者「もうちょっと頑張ったらあるはず…」

賢者「ふぃ…さすがの私でもこれはきついわぁ…」

勇者(みんなバテ気味だな、少し休ませながら行かないと倒れそうだ)

勇者「でもこうも眩しいと見えるものも見えなくなりそうだ…」

魔法「…」キラッキラッ

勇者「って誰だ!鏡で反射した光を顔にわざと当ててくるのは?!」

魔法「あ、バレちゃったー」ケラケラ

勇者(修正…1人だけ疲労感がまったくない…)

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:02:45.91 ID:NDOhzfQI0
勇者【お返しに魔法使いに鏡を向けた結果…】

勇者「なんで幼女になった…それにこの鏡は一体…」

戦士「おほ、マジですか」

賢者「うひゃーさらにかわいくなっちゃってぇ」

魔法「わー正体見られちゃったよー」

勇者「え?じゃあそれが本来の姿?」

魔法「そうだよー、変な杖振って大きくなったんだぁ」

魔法「あのね、大きくないと登録してくれなかったからそれ使ってー…」

賢者「確かに酒場の登録って年齢制限あったね、16からだっけ?」

勇者「16どころか一桁ぐらいなんですけどこの子…」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:13:05.39 ID:NDOhzfQI0
勇者【魔法使いの今後について考えた結果】

勇者「こんな所から家に帰らせるわけにもいかないから…」

賢者「そのまま一緒に連れて行くでオッケー?」

戦士「いいんじゃねぇの?呪文はしっかり使えるようだし」

魔法「わたし、町で天才少女って呼ばれてたんだ!!」

賢者「え?変態幼女?」

勇者「どんな聞き間違えだよ…確かにちょっと似てるけど」

勇者「道理で子供っぽいと思ったらまんまだったのか」

戦士「え?晩御飯食べたい?もちろんだ!!」

勇者「それは聞き間違えのレベルを超えてるだろ…」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:24:05.05 ID:NDOhzfQI0
勇者【宿をとろうとした結果】

勇者「部屋が3人部屋しか残ってない?」

宿屋の親父「すまんな、4人はさすがに入りきれないと思うぜ」

賢者「どうすんの?」

戦士「俺が野宿してもいいけど?」

勇者「さすがにみんな疲れてるんだからみんなで泊まっていいよ」

魔法「じゃあ勇者くんはー?」

勇者「どこかで寝てくるよ」

賢者「変なのに掘られるんじゃないよ~」

勇者「え、心配するのそこなんだ!?」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:32:34.40 ID:NDOhzfQI0
勇者【一人で城へ来た結果】

ぬこ「にゃーん」スリスリ

勇者「ネコだ、かわいいな」ナデナデ

ぬこ「なーご」スリスリ

勇者「結構数いるんだなぁ、よーしよし」ナデナデ

ぬこs「にゃー」「にゃん」「にゃっはー」スリスリスリスリスリスリ

勇者「ちょ…さすがに多すぎる…待って…」

ぬこs「にゃーん」ギュウウウウ

勇者「動けない…強引にどけるのはかわいそうだし…」

勇者「誰か助けてぇ!?」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:43:36.28 ID:NDOhzfQI0
勇者「すいません、助かりました…」

女王「いえいえ、勇者さんは動物に好かれるようですね」

勇者「ところで、何か困ったことはありませんか?」

女王「あら、お手伝いしてくれるの?さっきはそっちが困ってたくせに」プークスクス

勇者「…失礼します」トボトボ

女王「あーごめんなさいね、君が困ってるの何だかかわいくて…」

勇者「はぁ…それで何かありますか?」

女王「本当はピラミッドに行ってほしかったのだけども」

女王「入ってすぐのところに大穴があいてしまったようなのよ」

勇者「それじゃどうしようもありませんね」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/12(金) 23:51:36.84 ID:NDOhzfQI0
勇者「何もないのならよかった」

女王「さすが勇者さんってところですわね」

勇者「では失礼しま…」

女王「あら?ちょっとお待ちになって」

勇者「はい?」

女王「うーん…やっぱりほしいわね…」ジロジロ

勇者「な、なんでしょう?」

女王「うちで働かない?」

勇者「このパターンは…失礼しますっ!!」ダッ

女王「あぁん…もっと困らせたかったのに…」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 22:56:54.12 ID:KX256mVh0
勇者【一人野宿を選んだ結果】

勇者「あー失敗したかも…なんでこんなに冷えるんだろう…」ガタガタ

勇者「砂漠の昼間と夜ってこんなに温度差あるんだなぁ…クション!!」

勇者「勇者である自分がしっかりしないといけないし」

勇者「ちゃんと寝ておこうか…クショーン!!」

勇者「何か頭痛いな…」

勇者「うぅ…寒いなぁ…」

勇者「明日はどこに向かおうかな…」

勇者「ごほっごほっ」

勇者「…すぅ」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 23:06:13.95 ID:KX256mVh0
勇者【外で一夜を明かした結果】

勇者「…」

戦士「じゃあ次はまた戻るのか?」

賢者「そうだね、この辺には特に何もなさそうだし」

魔法「来る途中に洞窟があるって言ってたよー」

戦士「よっしゃ、じゃあそこ行ってみるか」

賢者「勇者もそれでいいね…勇者?」

勇者「……え?なに?」

賢者「あんたえらい顔赤くない?●●●な本でも見た?」

勇者「何でそんなもん見ないといけないんだ…!!」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 23:18:06.46 ID:KX256mVh0
勇者「なんでもないよ…」

賢者「そうかい?」

勇者「…」

戦士「秘蔵の●●●な本はまだ残ってるぜ、読むか?」

勇者「いらない…全部売り飛ばしたのにまだ隠し持ってたのか…」

魔法「じゃあ早く行こうよっ」

賢者「はいはい、行きますかね」

戦士「また砂漠歩いて戻るのがきっついんだけど…」

賢者「戦闘して力をつけるため移動呪文はなし、我慢しな」

勇者「…」フラフラ

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 23:27:28.74 ID:KX256mVh0
勇者【再び砂漠を歩き出した結果】

勇者「…」

戦士「うえー、これは干からびるかもしれないぞー」

魔法「ペラペラになっちゃう~」

賢者「と、言いつつこの子汗一つかかず元気よね…」

勇者「…」フラ…

ドサッ

魔法「あれ…勇者くん??」

戦士「さっきからえらい歩くの遅くなってたよな…」

賢者「そういえば顔赤かったな…この子、まさか!?」バッ

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 23:39:25.85 ID:KX256mVh0
賢者「こんな所だけど冷やすか…氷柱魔法!!」カキーン

魔法「勇者くん、どうしちゃったの…?」

賢者「多分、風邪引いてる」

戦士「おいおい…昨日あれだけ元気だったじゃないか」

賢者「外で寝てたから急激な温度変化で体調崩したんでしょ」

賢者「ちょっとこれ持って太陽光遮って」

戦士「はいよ、影作るのか」ヒョイ

賢者「風邪の上、太陽熱でやられたら命にかかわるしね」

魔法「勇者くぅん…」

勇者「…」

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/13(土) 23:58:06.79 ID:KX256mVh0
戦士「俺、バカだけど俺達のせいだってのはさすがに分かるわ…」

賢者「でも、あんたが変わってたとしても同じ結果になったら同じだよ」

魔法「勇者くん死んじゃうの?」ウルウル

賢者「死ぬわけないじゃない、大丈夫よ」ナデナデ

賢者「さすがに今は緊急だから移動呪文使うか」

戦士「ここにいたままじゃやばそうだし、いいんじゃないか」

魔法「わたしが使うっ」

賢者「はいはい、お願いするね」

魔法「移動呪文!!」

バヒューン!!

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 00:05:33.19 ID:SrtJfYmZ0
勇者「…ん」

勇者「ここ…どこ…?」

賢者「やっと起きたかい、ここは砂漠入る前にあった町だよ」

勇者「自分に何があったのか覚えてないんだけど…」

賢者「あんたは体調崩して砂漠で倒れたんだよ」

勇者「そっか…ごめん…」

勇者「体調悪いのに一言も言わずに迷惑かけた…」

賢者「そうね、まぁ今は寝てなさい」

賢者「説教は元気になってからするわ」ニッ

勇者「か、勘弁してください…」

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 00:15:25.03 ID:SrtJfYmZ0
勇者「二人は?」

賢者「そこ」

魔法「勇者くぅん…すぅすぅ」

戦士「ぐーぐー」

賢者「昨日野宿させた事で落ち込んでいたよ、自分のせいだって」

勇者「悪い事したな…ごめんよ、二人とも」

賢者「まぁあれよ、私達は普段迷惑かけてたしおあいこって事で」ニッ

勇者「分かってたなら何でやめないかな…」

賢者「ふひひ、あんたのツッコミが面白いから~」

勇者「元気だったら殴ってるのに…」

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 00:24:14.56 ID:SrtJfYmZ0
勇者「と、言うわけで昨日は迷惑をかけました」ペコリ

戦士「まぁまぁ、俺達も悪かった事だし…なぁ?」

魔法「うんうん…ごめんね、勇者くん」

勇者「いや、もういいんだ」

賢者「よっし!勇者元気になったことだし先進みますかね」

戦士「いよっしゃー!!体がなまってきてたところだぜ!!」

勇者「たった一日ではなまらないだろう…」

勇者「あ」

賢者「どったの?」

勇者「いや、なんでもない…行こうか」

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 00:34:45.12 ID:SrtJfYmZ0
勇者【洞窟を探索した結果】

勇者「道がない…」

戦士「変なおっさんが1人いるだけじゃねぇかよ?!」

賢者「ふむ…」コンコン

魔法「何かあるのー?」

賢者「また壁壊しでもするかなって思ってね」

勇者「おい!またか!?」

賢者「大丈夫よ、今回は1人でいけそうだから…大爆発呪文!!」カッ

ドガァァァァァァァン!!

勇者「またやっちゃったよ!?強行突破するのやめて!!」

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 00:45:02.18 ID:SrtJfYmZ0
賢者「はい、いっちょあがりっ」

戦士「相変わらずすげぇ威力だよな…」

魔法「わたしもそんな呪文使いたーい」

おっさん「な、何だ今のは!?」ドタドタドタッ

勇者「えっと…壁を壊しました…驚かせてすみません」

おっさん「無理矢理壊されたのは初めてだぜ…普通ワシが壊すんだけどな」

賢者「あら、おっちゃんごめんね」

おっさん「いや、開けたんならいいさ…通るといい」

戦士「おっさんいい人だな、ありがとよ!!」

勇者(その内、自分達悪党扱いされそうな気がする…)

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 00:54:00.23 ID:SrtJfYmZ0
勇者【とあるアジトに侵入した結果】

戦士「だー!!なんだこの洞窟、同じ所ばかり歩かせやがって!!」

賢者「いーや、実は同じに見えて場所自体変わってるよ」

戦士「マジかよ…同じにしか見えん…」

勇者「でもどこ行けば進めるのか…」

魔法「あー、見て見て宝箱あるよーおったからー!!」

戦士「よっしゃ、オープン!!」

勇者「ちょ…待て…罠かも……」

戦士「あれ、なにこれ超痛い」ガブガブガブ

勇者「お約束すぎる…」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 01:06:12.95 ID:SrtJfYmZ0
勇者【いかにも怪しい扉が見えてきた結果】

賢者「また扉かい…戦士、やっちまいな!!」

戦士「よっしゃー!!うおぉぉぉりゃぁぁぁぁ!!」ベキョガキャギチョ

勇者「…もうツッコまないぞ」

盗賊「え!?なんだ!?」ガタッ

賢者「またあんたらかい」

盗賊「ひっ?!ななな何の御用でしょうか…」

賢者「その様子だとまたなんか悪い事したの?」

盗賊「すすすすいません…捕らえた娘はお返ししますので…」

勇者「娘って?」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 01:17:17.02 ID:SrtJfYmZ0
盗賊「あれ、ご存じない?」

魔法「そういえばさっき町スルーしてきたよねー?」

賢者「ここは一気に進みたかったからね、後で寄ってみようか」

盗賊「では我々はこれで…」コソコソ

勇者「待て、理由は分からないが娘さんを釈放してもらおうか」

盗賊「た、直ちに!!おい、牢を開けて娘さんをお渡ししろ!!」

魔法「このおじさんたちどうするー?」

賢者「もう一回炭にして外にばら撒くか」メラメラ

盗賊「ひぃぃぃぃぃぃぃ!?」

勇者「あれ、やっぱり何かこっちが悪い事してるみたいなんだけど…」

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 01:27:46.90 ID:SrtJfYmZ0
勇者【海辺の国にやってきた結果】

魔法「海だー!!」

戦士「何だ、初めて見たのか?」

勇者「いや、ここ来るまで海なんていくらでも見えてたけど?!」

賢者「なんかかわいい女の子いたからナンパしてくる」テクテク

勇者「あんた女だろ?!わけの分からん事すな!!」

賢者「だってー、窓からアンニュイな顔してるの見えたら気になるじゃない?」

勇者「だからと言ってナンパする意味が見当たらないんだけど?!」

勇者「もういいや…ここの王様に会ってこよう…」

勇者「よく分からないけどここ来るまで何か色々間違ってる気がする…」

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 01:37:16.93 ID:SrtJfYmZ0
勇者【船を手に入れた結果】

戦士「おぉぉぉぉぉぉぉ!!動いてやがる!?すげぇ!!」

魔法「すごい!!早い!!塩辛い!!」ペ ペ 

勇者「海水を飲むな!!どうやって汲んできた!?」

賢者「…」ショボーン

戦士「で、何でこれ落ち込んでんの?」

勇者「家に突入して女性ナンパしたら兵士呼ばれたとか何とか…」

戦士「それ普通じゃん」

勇者「そう、普通に不審者で捕まるよね」

賢者「なーぜーだー…」

71: >>69 考えたけどネタが浮かばなかった 2013/07/14(日) 01:44:15.09 ID:SrtJfYmZ0
勇者「船手に入ったし、これからどこに行こうか」

賢者「とりあえず適当に走らせて陸地見つけるかい?」

勇者「適当って…もうちょっと考えて行こうよ…」

賢者「じゃあ南下する」

勇者「ほとんど変わってない!!」

戦士「た、大変だ?!こっち来てくれ!!」

勇者「何があった?!」タッタッタ

戦士「魔法使いが吐いた!!」

魔法「うえぇぇぇ…ゆらゆらきもちわるぃぃぃ…」ベチョベチョ

勇者「船酔いかよ!?驚かせるな!!寝させて休ませろ!!」

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 01:54:59.70 ID:SrtJfYmZ0
勇者【夜、船上で寝ていた結果】

勇者「…」

魔法「勇者くん…勇者くん…」ユサユサ

勇者「んん…なに…?」

魔法「おしっこ…」

勇者「1人でいきなよ…」

魔法「だって怖いもぉん…」ギュウ

勇者「何が怖いんだよ…仕方ないな」

勇者「おいで、2人を起こさないように」

魔法「うん…」

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 02:04:37.37 ID:SrtJfYmZ0
魔法「終わったー」ガチャ

勇者「はいはい、それじゃ寝るよ」

魔法「…」

勇者「魔法使い?」

魔法「Zzz」

勇者「立ったまま寝るな?!」ユサユサ

勇者「ほら、ちゃんとさっきのところで寝なさい」

魔法「ふぁ~い…」フラフラ

勇者「…」ブルッ

勇者「今度はこっちがしたくなってきた…」パタパタ

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 12:35:33.26 ID:SrtJfYmZ0
勇者「ふぅ…」ガチャ

ギィギィ…

勇者「…こんな時間に足音?」

勇者「誰か起きてきたのかな」

勇者「いや…音のするほうには誰もいないはず…」

勇者「寝ているのは反対側だ…だとすると魔法使いじゃないけど何かいるのか…?」

勇者「よし…見てみよう」グッ

ギィギィ…

勇者「誰か…そこにいる?」

勇者(返答なし…不審者か…魔物か…)

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 12:48:30.97 ID:SrtJfYmZ0
勇者「…すぅーはぁー」

勇者「そこを動くな!!何者だ?!」バッ

戦士「…」フラフラ

勇者「はぁ~…ビックリさせないでほしい…」

戦士「ぐおーぐおー」

勇者「寝たままうろついてたのかよ?!夢遊病!?」

戦士「コノヤロウ!!」

勇者「ひっ!?」

戦士「俺の前に立ちふさがる奴は全員投げ飛ばしてやるからなぁ…」

勇者「その上、寝言とか怖すぎるんだけど…」

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 13:08:26.28 ID:SrtJfYmZ0
戦士「お前からいくぞぉ…」ガシッ

勇者「え、ちょ…」

戦士「空のかなたに吹っ飛びなぁ!!」ブンッ

勇者「うわぁぁぁぁぁぁ…」ヒューン

ドボォォォン!!

勇者「ぶはっ!!本気で投げるヤツがいるか!!」

勇者「上に上がろうにも暗くて見えない…何かないかな…」

勇者「…あった、ロープだ」

勇者「これで何とか上がれそう…」ギシッ

勇者「なんだかんだですっかり目が覚めてしまったよ…」

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 13:22:21.12 ID:SrtJfYmZ0
勇者「寒い…服を着替えないと…」

勇者「あ、戦士忘れてた…放っておいていいか」

勇者「みんな寝てるから起こさないようにしないと」ゴソゴソ

勇者「寝てたはずなのにどうしてこうなった…」

勇者「みんな、この旅を楽しんでいるようだけど」

勇者「…心の底から楽しむ事ができない自分がいる」

勇者「自分もはじけるべきなのかな…」

勇者「いやいや…それだと誰が彼らの暴走を止められるんだ」

勇者「このままでいいんだ…うん」

勇者「また風邪引いてもあれだし、ちょっとでも寝ておこうかな」

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 13:37:23.24 ID:SrtJfYmZ0
勇者【船上で戦闘になった結果】

戦士「こいつらすばしっこいな!!うぜぇ!!」スカッ スカッ

賢者「落ち着きな、しっかり狙ったら当たるよ」

魔法「わわぁ!!」

イカ「…」ズルズルズル

魔法「動けないよぉ?!助けてぇ!!」モゾモゾ

勇者「魔法使い!?今行く!!」ダッ

賢者「勇者!そのままだと海に落ちる!!」

勇者「かまわない!!魔法使いを放せ!!」

シュッ!!

79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 13:50:14.94 ID:SrtJfYmZ0
イカ「ンギィィィィ!!」シュパッ

魔法「わっ」ドサッ

戦士「勇者が落ちたぞ!!」

ドボォォォォン!!

勇者(また落ちちゃったな…)

勇者(今回は自分で落ちたんだけど)

勇者「ぶはっ…あれが最後だったから上がったら終わってそうだ」

賢者「おーい、魔物は全滅したよー」

勇者「オッケー、今上がるー」ギシッギシッ

勇者(魔法使いが無事で良かった…)

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 14:06:26.71 ID:SrtJfYmZ0
戦士「ほい」スッ

勇者「あ、ありがとう」グイッ

賢者「え?」

戦士「うぇ…」

勇者「なに?」ピチョピチョ

魔法「勇者く…ん?」

勇者「みんなして何?なんか怖いんだけど」

戦士「勇者…お前って…」

賢者「女の子だったの…?」

勇者「えぇぇぇぇ!!今更それぇ!?!?」

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 22:40:20.94 ID:SrtJfYmZ0
勇者【自分が女だと気付かれてなかった結果】

賢者「はい、緊急会議」

勇者「なにそれ」

戦士「いやいやいや、これは話し合う必要あるだろ!?」

魔法「だって勇者くんが勇者ちゃんだったんだよ??」

勇者「最初から分かってるかと思って何も言わなかったんだけど…」

賢者「くそ…道理で風呂入ってる時無性に勇者に近づきたくなったわけだよ…」

勇者「それで人が入ってる時うろついてたのかっ!?」

戦士「そういえば風呂とかトイレとかで姿見た事なかったわ」

勇者「当たり前だ!?いたら怖いわ!!」

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 22:52:54.01 ID:SrtJfYmZ0
賢者「これは今後の対応が変わってしまう事態に…?!」

勇者「具体的にどう変わるのさ?」

賢者「まず勇者の裸はちゃんと私に見せる事」

勇者「意味もなく見せるわけないだろ、変態女」

勇者「あたしが倒れた時に触ったので気づかなかったの?」

賢者「男にしてはやけに筋肉がないなと思ってた」

戦士「コイツちゃんと飯食えよなって思ってた」

魔法「勇者くん…ちゃんが死んだらどうしようって思ってた」

勇者「見事に気付かれてなかったようだ…どうせどこも育ってないよ…」

勇者「でも、魔法使いの返答はかわいいと思った」ポワーン

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 23:02:54.84 ID:SrtJfYmZ0
勇者「別に今までと同じでいいでしょ」

戦士「いいと思うぜ」

賢者「私にとっては変わっ…イイトオモイマス」

勇者「おい、変態…」

魔法「ちょっとショックだけどいいよー」

勇者「ショック?」

賢者「その子、勇者の事好きだったんだってー」

勇者「それは悪かったよ…夢砕いちゃって」

戦士「まぁ進むか!!」

勇者「そうだね、改めてこれからもよろしく」

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 23:13:34.88 ID:SrtJfYmZ0
勇者【滅びた村に来た結果】

勇者「何でここの人たちは自分が死んでる事に気付いてないんだ…」

賢者「あれだね、気付くことなく死んだのさ」

賢者「だから、未だに魂がそのままここで生活しているわけよ」

戦士「不思議なもんだなぁ…」

魔法「あ、なんか牢屋があるよ」

戦士「お、ホントだな…おらぁ!!」ベキバキボキィ!!

勇者「もはや鍵必要ないよね、これ…」

賢者「楽でいいじゃん」

戦士「奥に誰かいるぞ!!」

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 23:24:49.44 ID:SrtJfYmZ0
男「これを受け取ってください勇者様、俺にはもう必要ないものです」

勇者「ありがとうございます」

魔法「綺麗な石だねー」

男「すいません、これぐらいしかできなくて…」

賢者「いいって事よ、ね?」

勇者「そうだね、もらえるだけありがたいですから」

男「そう言ってもらえると助かります、そのオーブですが…」

魔法「わーい…あ」ボト パキャン!!

戦士「あーあ、割れちまったな」

勇者「誰だ!?あの子に持たせたのは?!」

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 23:35:01.05 ID:SrtJfYmZ0
勇者【1人で試練を受けさせられた結果】

勇者「そこまで敵が強いわけでもなくてよかった…」

勇者「普段一人で戦うこと結構多いから鍛えられてるけどね」

勇者「あ、宝箱だ…え?」

勇者「何で開いてるの?ここ一人しか入れないって言ってたよね?」

勇者「…さすがにあの人達じゃないよね?」

勇者「うん、違うということにしておきたいな…」

ガチンガチンガチン!!

勇者「な、何の音?!」

勇者「この先からだ…行ってみよう…」

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 23:47:10.42 ID:SrtJfYmZ0
勇者「…また宝箱開いてるし…しかもミミックですか」

勇者「うるさいから黙ってて」バキン!!

箱「」チーン

勇者「やっぱり何かいるな」

勇者「あっ…何、眩しい!!」キラッキラッ

勇者「ん?前にどこかで同じような事があった気が…」

バキィン!!

勇者「ひっ!!なに?!」

勇者「魔物かな…」コツコツ

勇者「宝箱が砕けてる…なぜ…」

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 23:59:24.44 ID:SrtJfYmZ0
勇者【奥まで進んだ結果】

壁「引き返せ」

勇者「ここまできて引き返すわけないでしょ」

壁「引き返したほうがいいぞ」

勇者「もぉ、うるさいなぁ…」

壁?「引き返せぇ」ナデリ

勇者「うきゃっ!?お尻触らないでよ!?」キョロキョロ

勇者「って…よく考えたら仮面?に手なんてあるわけないよね」

壁?「引き返せぇい」ナデリ

勇者「ひぅっ!?やっぱりおかしいって?!何かいる!!」

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 00:13:24.79 ID:mpuvbTQE0
勇者「どうなってるのこの仮面…って、おい」

壁?「引き返せぇぇい」ワキワキ

勇者「どうせ引き返しても誰もいないんでしょ?賢者」

賢者「おっとーなぜバレたぁ?」

勇者「それよりどうやって壁に入ったんだよ…」

戦士「なんだ、もうバレたのかよぉ」コツコツ

勇者「普通に歩いてこないでほしい…」

勇者「じゃない!!どうやってここに入ったんだ!?」

戦士「外側の岩山をみんなで破壊して?」

勇者「また強行突破か!?いい加減にしろ!!」

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 00:27:09.92 ID:mpuvbTQE0
勇者【行き止まりに宝箱があった結果】

勇者「床に何かを割った跡があるんだけど…」

戦士「また玉か何かか?」

賢者「でも、私達じゃないよ?」

勇者「うん…大体犯人は分かる…」ギィィ

魔法「勇者ちゃんは魔法使いを手に入れた!!」バッ

勇者「やっぱりここか!!またやったのかこの子は!!」ポコン

魔法「あいた」

勇者「貴重品は大事に扱ってと…え…」

魔法「う、うえぇぇぇぇぇん…」

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 00:43:07.64 ID:mpuvbTQE0
戦士「なーかしたなーかしたっ!!」

賢者「まさに鬼畜の所業」

勇者「そこまでひどい事やってないわ?!」

勇者「えっと…ごめんね、ちょっと強く叩きすぎちゃったかな…」

魔法「でも壊しちゃったぁぁぁうわぁぁぁぁぁん!!」

勇者「だ、大丈夫だよ…こんなになってもちゃんと使えるから…」

魔法「ぐす…ほんと…?」

勇者「ホントホント!!」

賢者「あんなこと言ってよかったのかねぇ」

戦士「さすがにこれは使えんだろうなぁ」ザララ…

98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 23:39:20.27 ID:mpuvbTQE0
勇者【夜に散歩した結果】

勇者「そのままこの町で泊まることにしたけど…」

勇者「これからどこへ向かえばいいんだろう?」

勇者「いやいや…あたしがしっかりしないとダメなんだ」

勇者「あちこち戻って情報収集してくるか…」

勇者「ちょっと戻れば何か得られるだろう」

勇者「日中はさすがにできないから頑張ってこないと」

勇者「移動魔法!!」バヒューン

賢者「…」

賢者「ふむ…」

99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/15(月) 23:52:33.43 ID:mpuvbTQE0
勇者【次の目的地を告げようとした結果】

勇者「え?行きたいところがある?」

賢者「ちょっと変わった所なんだけどさ」

賢者「そこでどうもバケモノに生贄を差し出してるという話を聞いてね」

勇者「それはよくないね…よし、そこへ向かおう」

戦士「よっしゃ目的地決まったな!!行こうぜぇ!!」

魔法「れっつごー」

勇者(昨日情報集めて決めた場所あったけど後回しでいいかな)

勇者(でも、どこでそんな場所の情報を手に入れたんだろう?)

賢者「~♪」

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 00:03:34.58 ID:jlaEVrAj0
勇者【和の国へ訪れた結果】

勇者「やっぱり賢者の言うとおり生贄に決まった少女がいたね」

賢者「最初、ミミックのツボ版かと思ったけどね」ケラケラ

戦士「危うく殴り飛ばしそうになったぜ」

勇者「確認せずに行動しようとするのやめてねマジで…」

勇者「しかし、これはさすがに放っておけない!!」

賢者「おーおー熱くなっちゃって」

魔法「ねーねー、見て見て面白いもの見つけたー」ズルズルズル

ツボ少女「…」ガタガタ

勇者「せっかく隠れてたのに引っ張り出してあげないで?!」

101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 00:16:07.50 ID:jlaEVrAj0
勇者【ツボ少女を外に出してしまった結果】

男「まだ生贄として洞窟に行ってなかったのか!!」

女「早く行きなさい!でないとみんなが危ないのよ!!」

ツボ少女「ご…ごめんなさい…」

戦士「こいつはさすがにまずいんじゃないか…」

勇者「あなたたちの代わりにこの子は生贄になったんですよね?」

勇者「なのにあなたたちはこの子に別れを惜しむ時間もあげないんですか?」

勇者「それはさすがにありえないと思います」

賢者「私がいうのもあれだけど文句言うところそこじゃないでしょ」

102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 00:25:23.87 ID:jlaEVrAj0
勇者「うっ…あたしとしたことが…」

勇者「気を取り直して…生贄なんて人として間違っています!!」

勇者「絶対この子は死なせません…一緒に行こうか?」

ツボ子「は、はい…」

戦士「おいおい…マジで生贄に差し出しちゃうのか?」

勇者「あほっ!!出てきちゃったらさすがにもう隠れる事もできないでしょ」

賢者「だから一緒に行動させたほうが安全、と」

勇者「そういうこと」

勇者「たまにはまともな事言うね?」

賢者「『たまに』しか言わないけどね♪」

103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 00:33:44.61 ID:jlaEVrAj0
勇者【マグマの洞窟へ来た結果】

戦士「あちぃ!!」

勇者「これは砂漠よりきついね…」

ツボ子「大丈夫ですか、勇者様」ギュ

勇者「うん…大丈夫…だから腕を組まないでほしい…」

魔法「むっ…わたしもっ」ギュウ

勇者「ただでさえ暑いのに暑苦しい!!」

賢者「モテるねぇ、女の子ばかりに…あーあついあつい」パタパタ

勇者「全然嬉しくない…」

勇者「早く進もう」

104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 01:02:41.29 ID:jlaEVrAj0
勇者【バケモノの目前まで来た結果】

勇者「生贄はコイツのためか…」シャキン

魔法「頭いっぱいのヘビだぁ」

勇者「うん…ヘビじゃないからね…」

戦士「ここは俺にまかせとけ!!」

賢者「ほいほいほい」カキーンカキーンカキーン!!

ヘビ「ぐぎゃぁぁぁぁぁぁ!?」

戦士「もう攻撃してるし!?俺だって!!」ダッ

勇者「これはまかせていいのかな…」

ツボ子「えっと…いいんじゃないですか?」

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 01:08:07.50 ID:jlaEVrAj0
ヘビ「ちょ…いたっ…待つんじゃ!!」

賢者「だめ~」カキーン!!

ヘビ「はぅっ!?お願いじゃ…やめ…」

戦士「そぉい!!」シュバババッ

ヘビ「ぎゃ!?ぐへっ?!へぶぅ!?」

勇者「しゃべらせる気は0なんだね…」

ツボ子「と、いうかしゃべるんですねこのヘビ」

魔法「わたしもやっちゃうよー」ズズズ…

賢者「いいね!!ソイツをぶっぱなしちまいな!!」

ヘビ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 22:25:22.97 ID:jlaEVrAj0
勇者【倒したバケモノの後ろにあったワープに入った結果】

勇者「ここ…和の国だよね?」

男「だ、誰だ!?ヒミコ様は!?」

勇者「どういうこと…?」

賢者「…あれだ…さっきのヘビ…」

戦士「マジかよ…まさか…」

魔法「生贄になって食べられちゃったの??」

勇者「いやいやいや、違うだろ」

賢者「実は…そのヒミコ様?の子供がアレで本人は共食いされ…」

勇者「ありえないだろ!?常識的に考えて!!」

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 22:39:15.75 ID:jlaEVrAj0
勇者【実はヒミコがヘビだった結果】

ツボ子「もう生贄にならなくてもいいんですね!?」

勇者「うん、もう自由だよ」

ツボ子「ありがとう勇者様!!あの、お礼は私でいいですか?」

勇者「キミは何を言ってるんだ」

ツボ子「実は一目見たときから…」

勇者「はぁ!?ちょっと誰か助けて!?」

魔法「勇者ちゃんはあげないよ!!」グイ

ツボ子「お嬢ちゃん、私は本気で勇者様を…」

戦士「あの子、俺達と同じで勘違いしてないか?」

109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 22:53:58.18 ID:jlaEVrAj0
勇者【屋敷に宝箱が置いてあった結果】

勇者「何が入ってるんだろうね」

賢者「いいものだといいけどねぇ」

魔法「おったからおったから♪」

戦士「そんじゃ開けるぞ…おらぁ!!」バキョーン!!

勇者「ちょ?!何で破壊した!?」

戦士「普通にあけたら面白くねぇじゃん?」

勇者「普通でいいよ!!そんな事したら中身が…」

賢者「オーブだったと思われるものが粉々になってるんだけど…」

勇者「何でいっつもこうなるんだ!?」

110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 23:07:05.96 ID:jlaEVrAj0
勇者【次の目的地へ向かっていた結果】

勇者「次は予定通り考えたところに行くかな…」

賢者「こらー、下着姿で走り回らない!!食べちゃいたくなるでしょ!!」

魔法「きゃっきゃ」バタバタバタ

戦士「やっぱり幼女はいいな…おっと、見ているだけでよだれが…」

勇者「…」

賢者「ほら、着替えるよ」ガシ

魔法「助けて勇者ちゃーん」ズルズル

戦士「ちっ…もう終わりか…触りてぇ…」

勇者「いつの間にか変態が一人増えているんだが…」

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 23:21:42.73 ID:jlaEVrAj0
勇者【ふと見つけた海賊のアジトに入った結果】

海賊「おう、誰だか知らんがゆっくりしてけや」

勇者「あ、どうも…」

戦士「海賊にしては優しいな」

海賊「別に俺たちゃ、人が嫌いなわけでもないからなー」

賢者「ふーん、そういうものなんだ」

賢者「じゃああんたらの頭に会わせろって言ったら?」

海賊「お頭か?かまわねーと思うぜ」

賢者「聞いたなヤロウども!突撃だ!!」ドタドタドタ!!

勇者「キミ達のほうが悪者に見えるんだけど!?」

112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 23:35:17.22 ID:jlaEVrAj0
勇者【海賊のお頭に会った結果】

お頭「女のアタシが頭だとおかしいかい?」

賢者「ちゃんちゃらおかしいね、はっはっは」

勇者「ちょっと…そこまで言わなくても…」

お頭「かまわないよ、はっきり言ってくれるとは気に入った!!」

お頭「あんたが勇者だろ?あんたはおかしいと思うかい?」

勇者「いえ…あたしも勇者だけど女だし」

戦士「ああ、おかしすぎるね」

勇者「話の途中で割り込むな…それにどっちのことだよ…」

魔法「どっちも?」

113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/16(火) 23:46:53.10 ID:jlaEVrAj0
お頭「まぁいい、旅終わったら一緒に飲まないかい?」

賢者「むしろ今からでもいいわぁ」

お頭「ほー、ならそうするか!おい、酒を用意しろ!!」

勇者「賢者!!あたし達は旅の途中…」

戦士「飯もいっぱいもってこーい!!」

勇者「戦士まで何を…」

魔法「もってこーい!!」

お頭「あっはっは、ホントあんたら面白いねぇ!!」

勇者「こ…」ギリギリ

勇者「もういい…好きにしたらいいよ…」

114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/17(水) 00:00:36.87 ID:IlWXiaV00
勇者【深夜に転職できる神殿に訪れた結果】

勇者「転職をお願いします…」

神官「ふむ、その背負っている子のかね?」

魔法「くぅくぅ…」

勇者「いえ…あたしです…」

神官「勇者が転職などと許されると思っておるのか!?」

勇者「もうイヤになったのです…」

勇者「勇者としてあんな人たちと付き合っていける気がしない…」

神官「むぅ…えらい疲れておるようだな」

神官「なんならここで話してみてはどうかね?」

115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/17(水) 00:13:20.88 ID:IlWXiaV00
勇者「誰もちゃんと言う事聞いてくれなくて…」

神官「それはいかんの…仲間なら特にな」

勇者「あたしってそんなにえらそうな態度もとってないし」

勇者「むしろ誰でも対等に優しく接してきたつもりなんです…」

神官「ふむ…」

勇者「なのに…もう耐えられなくて…うぅ…」

魔法「くぅくぅ…勇者ちゃぁん…」

勇者「…」ナデナデ

神官「ならばその仲間達から離れてみてはどうじゃ?」

勇者「離れる…ですか…?」

116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/17(水) 00:28:26.98 ID:IlWXiaV00
神官「そうだのぅ…一度本気で解散してみるんじゃ」

勇者「…」

神官「そして、お主はその者達の反応を見てみるんじゃ」

神官「あっさり離れていけばその程度の存在だったわけじゃ」

勇者「そんなのって?!」

神官「しかし、逆に大切だと思っておるなら向こうから寄ってくるじゃろう」

勇者「…考えてみます、ありがとうございました」コツコツ

神官「色々辛いだろうが頑張るんじゃぞ」

神官(勇者というのも大変なんじゃのぉ…)

117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 22:21:07.22 ID:lrMpNIZU0
勇者【彼らに置手紙を置いて去ってみた結果】

勇者「直接言えばすぐだろうけどさすがにね…」

勇者「これでいいんだ…結果がどうなろうとも…」

勇者「あんなところで置いていくのはちょっと気が引けるけど」

勇者「海賊の人達になんとかしてもらうでしょ…呪文で飛んで帰ることもできるし…」

勇者「さて…とりあえず目的地は…」

勇者「ここから北上したところにあるらしい村だ」

勇者「…」

勇者「今はいらないことを考えるな、あたし!!」ブンブン

勇者「出発だ!!」

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 22:33:47.14 ID:lrMpNIZU0
賢者「あれ…おっかしいなぁ…」

戦士「ふわぁぁぁぁ…どうしたぁ?」

賢者「昨日の深夜ぐらいから勇者の姿が見えないのよ」

戦士「そういえば俺も見てないなぁ…外は?」

賢者「いなかったよ」

魔法「ねぇねぇ、この手紙なぁに?」

賢者「勇者からだね、ちょっと貸してごらん」

戦士「何か用事あって出かけたとかか?」

賢者「えっと…どうしよう…」パサッ

賢者「置いてかれた」

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 22:44:52.73 ID:lrMpNIZU0
戦士「は?パーティ解散?」

賢者「うん、どうも私達についていけなくなったとか」

戦士「何かの冗談?」

賢者「そう思って今、魔法使いに確認してもらってる」

魔法「見てきたけど、お船なかったよー」

賢者「そう、ありがと…これで本気なのは確定した」

戦士「ちょ…どうするんだよ、これ!?」

賢者「あんまりふざけすぎたのかな…」

魔法「もう勇者ちゃん帰ってこないの?」

魔法「ねぇ…勇者ちゃんは…」グス

120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 22:56:28.03 ID:lrMpNIZU0
賢者「どこ行ったんだろうね、あの子は…」

魔法「勇者ちゃんいないのやだぁ…」

賢者「大丈夫よ、なんとかするから」ナデナデ

戦士「探すか?」

賢者「向かった先が読めないから無駄な行動するとすれ違いそう」

賢者「どこかで待つべきだね」

戦士「絶対来る所なんてあるか?」

賢者「まだ行ってなくて一人ではきつくて行けないところだね」

戦士「そんな所に俺達で行けるのか…?」

賢者「あの子に悪いと思ってるなら何としてでも行くんだよ」

121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 23:07:06.54 ID:lrMpNIZU0
勇者【人々がカタコトな村に来た結果】

勇者「あの…何か情報を集めているのですが何かありませんか?」

村人「確か、町作ろうと、出かけたヤツ、いるって聞いた」

勇者「そうですか…その人が何か知ってないかな…」

村人「それより客人、飯食っていく、ここの飯、美味」

勇者「いえ、すぐ旅立つので…」

村人「遠慮いらない、食ってけ」

村人「食べないと、元気出ない」

勇者「そ、そうですね…分かりました、いただきます…」

勇者(そんなに見た目ひどい事になってたのかな…)

122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 23:21:24.87 ID:lrMpNIZU0
勇者【訳あって自分の住む国に帰ってきた結果】

勇者「すいません…商人をお願いしたいのですが…」

受付「はぁい、しばらくお待ちくださいね」テクテク

勇者「?何で外に出て行ったんだろうあの人…」

勇者「…」

勇者母「勇者が帰ってきたと聞いて!!」バァン!!

勇者「いっ!?か、母さん…?!」

勇者母「会いたかったーっ!!」ギュウ

勇者「まさか…さっきの人、知ってて母さん呼んだのか!?」

受付「…」ニヤニヤ

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 23:36:02.65 ID:lrMpNIZU0
勇者【母に束縛された結果】

勇者母「あぁっ…よかった…私の勇者のままだ…」

勇者「意味分かんないんだけど…」

勇者母「久しぶりのこの感触~」スリスリ

勇者「はぁ…」

勇者母「ダメよため息なんて、幸せが逃げるわよ?」

勇者母「ついでにお友達も逃げちゃうわよ」

勇者「…」

勇者母「むしろ逃げたのはあなたなんですってね?」

勇者「え…なんでそれを…」

124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 23:47:56.73 ID:lrMpNIZU0
勇者母「ホントは来たの黙っててくれって言われたけどね」

勇者母「私相手にすごく真剣に謝られたわ」

勇者母「お宅の娘さんに負担かけすぎてたって」

勇者「みんな…」

勇者母「詳しくは知らないけどお友達は待ってるわよ」

勇者「…」

勇者「母さん…あたし…」

勇者母「でもね、あなたが好きなようにしたらいいと思うわよ」

勇者母「あの子たちだってそう言ってたわ」

勇者「なんで…なんで今頃っ…!!」ポロポロ

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 00:03:33.92 ID:z4XiYIfx0
勇者【街づくりのために商人を連れて行った結果】

商人「それじゃ頑張ってくるね」

勇者「お願いします」ペコリ

商人「短い間だけど旅、楽しかったよ」

商人「お仲間さん達と仲良くね」

勇者「はい…」

商人「ほーら、しっかりしなよっ!!」パーン!!

勇者「うぶっ!?な、なにを…!?」

商人「最初から最後までそんな顔されてる身にもなってよねぇ…じゃ頑張れ!!」ドンッ

勇者「わっ…ごめんなさい…ありがとう!!また来るよ!!」

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 00:17:00.98 ID:z4XiYIfx0
勇者【次の目的地へ行こうとして行けなかった結果】

勇者「ずっと我慢して…ここまでやってきて…」

勇者「それでもう耐えられないって逃げて…」

勇者「あたしは何をしているんだ…」

勇者「自分が誘っておいてこの仕打ちはひどいだろう…」

勇者「最低だ…あたしなんか勇者失格だ…もうみんなに…」

戦士「おっと!それ以上は言わさねぇ!!」

勇者「えっ!?その声は…」

戦士「こーこーだーっ!!」バシャバシャ

勇者「下…って、何で海にいるんだ…」

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 00:28:55.92 ID:z4XiYIfx0
戦士「ふぅ…さすがに海を泳ぎ続けるのは疲れたぜ」ビチョビチョ

勇者「…その割には元気そうだね」

戦士「いや、お前がしてきた苦労よりはマシじゃないかと?」

勇者「戦士…」

勇者「二人は?」

戦士「あぁ、それなら…」クイ

賢者『こら、まだ出ないの』

魔法『やだやだ!勇者ちゃんに早く会いたいもん!!』

勇者「何ですでに船室にいるんだ…」

戦士「魔法使いにはホント苦労させられたよ…」

128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 00:39:40.08 ID:z4XiYIfx0
賢者「よく今まで一人でこの子をなだめてこれたね…あー疲れたぁ」

勇者「賢者…」

魔法「勇者ちゃんー、もうどこにも行かないでぇ」ギュー

勇者「魔法使い…」

戦士「ホントはよぉ…一人じゃきつそうなところに先回りしてようかと思ったんだけどな」

戦士「わがまま少女がどうしてもすぐ会いたいってきかないから探しまくったんだよ」

勇者「だからといって泳いでくるのはどうかと思う」クスクス

賢者「まぁ何が言いたいかというとね…」

賢者「今までふざけすぎて悪かった、やる時はしっかりやるから」

賢者「私達の勇者でいてほしい」

129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 00:51:58.74 ID:z4XiYIfx0
勇者「わたしは…」

戦士「俺ももうちょっと真面目にやってくわ」

戦士「でもたまにはすっとぼけるけど勘弁な?」

魔法「もうわがまま言わないし、大切なもの触らないからぁ…」

魔法「お願い、勇者ちゃぁん…」

勇者「みんなが悪いわけじゃないんだよ…」

勇者「勝手にイヤになって逃げたあたしがいけなかったんだ…」

勇者「ごめんなさい…みんな最後まで一緒にいてほしい…」

勇者「いさせてください…」ポロポロ

勇者「お願いします…」ズリ…

130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 01:08:53.44 ID:z4XiYIfx0
賢者「そう思うのなら、ほら」スッ

勇者「…」

戦士「早く行こうぜ、遅れた分進まないとな」

魔法「勇者ちゃん、いこいこっ」

勇者「うん…」グッ

賢者「そのまま確保ぉぉぉぉ」ギュウゥゥゥ

勇者「うぇっ」

賢者「泣き顔かわええのぉ!!かわええのぉっ!!」スリスリ

勇者「ちょ、やめっ…やめれぇぇぇぇぇ!?」

131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 01:20:37.65 ID:z4XiYIfx0
勇者【見知らぬ塔を探索した結果】

戦士「普通の塔だな」

勇者「普通じゃない塔なんてあるの…?」

賢者「床が語りかけてくる」

勇者「怖いよ!!何それ!?」

戦士「むしろ建物全体が生きている」

勇者「なんだそりゃぁ!?もう塔じゃないわ!!」

賢者「さて、真面目に探索しますか」

勇者「くっ…遊ばれた…あれ、魔法使いは?」

戦士「一人でさっさか進んでったぞー」

132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 01:30:35.60 ID:z4XiYIfx0
勇者「魔法使いどこー?」

魔法「はーいっ!!」

賢者「わお、あんな所に」

勇者「どこから行けばあんな離れの場所に行けるんだ…」

賢者「こうしたらいいんだよ」カッ

勇者「へ?あっ…!?」ドガァァァァァァ!!

ヒューン ドサッ

魔法「あ、勇者ちゃん来たー…勇者ちゃん?」ユサユサ

勇者「―――」ビクンビクン

賢者「やば、最上級の爆発呪文撃っちゃった」テヘッ

133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/19(金) 01:41:53.66 ID:z4XiYIfx0
勇者「…」

賢者「機嫌直してよ、悪かったって言ってるじゃーん」

勇者「結局ここって何があったの?」

賢者「無視するのね…」

魔法「これじゃないかな?」

勇者「笛?真ん中の離れにあったやつ?」

魔法「そうだよー、吹いてみるー」

ピピピポー♪ピピピポー♪ピピピポー♪ピポピーポー♪ピピピポーピポポポー♪

戦士「…何も起こらねぇな」

勇者「使う所が決まってるのかな?」

134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/20(土) 23:01:32.33 ID:QQSC4PRP0
勇者【山に囲まれた国に来た結果】

勇者「この国はひどい…」

戦士「ちょっと逆らったら死刑ってどうなんだ…」

賢者「不審な行動とっただけで牢行きだってんだからとんでもない国だね」

勇者「何かあるはずだよこれは…」

賢者「国王に何か秘密ありそうだね」

魔法「王様がおかしいの?」

勇者「うん、そう命令してるの王様自身だしね」

魔法「ふーん」トコトコ

勇者「どこ行くの?!そっちお城だよ!?」

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/20(土) 23:11:43.55 ID:QQSC4PRP0
勇者【魔法使いがお城に特攻した結果】

賢者「なぜか全員捕まっちゃったね」

魔法「困ったね」

勇者「困ったねじゃないよ!?普通に王様に文句言うとは思わなかったよ!?どうするの!!」

戦士「勇者、こんな時こそ俺がいるじゃないか!おらぁ!!」ベキャゴキャボキャ

賢者「相変わらず気持ちのいい開けっぷりね」

勇者「そういえば鍵必要ないんだった…」

兵士「な、何の音だ!?」ドタドタドタ

賢者「やば、逃げるよ!!」

勇者「結局こういうパターンかっ!?」

136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/20(土) 23:22:41.09 ID:QQSC4PRP0
勇者【寝静まった頃に国王を調べに来た結果】

勇者(みんな、音は絶対立てちゃダメだ)

賢者(おっけーおっけー)

戦士(分かってるっての)ドシンドシン!!

勇者(足音!!もっと静かに歩け!!)

魔法「うー、鏡で光らせようと思ったらまっくらだぁ…」

魔法「あれれ?ねぇねぇ、王様が魔物に見えるー」

[ピザ]「オレ様の正体を知ってしまったなぁ!!」ガバッ

[ピザ]「なんて…変化の杖なくして元に戻れなくなってたんだ…気付いてくれてありがとう!!」

勇者「ちょ…どういうこと?とりあえず魔物らしいので倒そうか」シャキン

137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/20(土) 23:32:22.21 ID:QQSC4PRP0
勇者【偽者の国王を倒した結果】

勇者「この国も平和になったからよかったけど…」

勇者「何でこの子に正体が分かったんだろう?」

魔法「んぅ?」

賢者「その子じゃなくて鏡の方が重要だったみたいよ、真実の姿を映すとか何とか」

賢者「本来ここから南の洞窟にあったらしいんだけど…」

勇者「確か最初のほうでこの子が拾ってきたんだけどね、それ」

戦士「やっぱり魔法使いすげぇんじゃねぇの?」

勇者「手間が省けたからいいけど謎が残ったなぁ…」

魔法「う?」

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/20(土) 23:42:35.94 ID:QQSC4PRP0
勇者【孤島に住むおじいさんに会った結果】

勇者「変化の杖と交換ですか?」

老人「うむ、若いおなごのおる温泉で一緒に入るのに必要なのじゃ」

勇者「…これは斬っていいよね?」シャキン

賢者「斬ったら話進まなくなるから待ちなさい」

賢者「もしかして変化の杖って国王に化けてた魔物が持ってたとか言ってたヤツか」

戦士「あれ、他にも誰かそれらしいもん持ってたって聞いた気が?」

魔法「これ?」スッ

勇者「そこかっ!?」

魔法「でもこれわたしのだよ?」

139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/20(土) 23:53:16.14 ID:QQSC4PRP0
勇者「その杖必要なものだからこっちに渡してくれないかな?」

魔法「やーだー」

戦士「どうすんだよぉ?」

賢者「ふむ…ここに取り出したるわぁ」ヒョイ

勇者「ただの棒じゃん」

賢者「これにぃ…ちょっとだけ杖貸してちょ」

魔法「うー…ちょっとだけだよ?」スッ

賢者「ありがとさん、それでこの棒をほーれ」フリフリ ボフン

賢者「するとあら不思議、杖が二本になりましたぁ」

勇者「賢者…まさか…」

140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 00:02:25.91 ID:rVhGaTvX0
賢者「おじいさんや、ほらお望みの品ですぜ」

老人「おぉ、それじゃそれじゃ!この骨と交換しようではないか」

賢者「どうもー、これで一件落着~」

勇者「確かにどっちもの条件満たせたけど…いいのかなぁ…」

戦士「いいんじゃね?」

魔法「賢者ちゃーん、杖返してー」

賢者「ほいほい、本物はこっちですよーっと」

勇者「でも、すぐ騙されたのに気づくよね…?」

賢者「さっさととんずらすればいいだけさ」

勇者「普通ならこっちが悪いけど、おじいさんの目的が邪だからよしとしようか…」

141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 22:30:01.94 ID:rVhGaTvX0
勇者【幽霊船に乗った結果】

魔法「怖いよー」ガタガタ

勇者「はいはい、手つないでてあげるから」

賢者「相変わらず保護者だねぇ」

勇者「うるさいよ」

賢者「勇者は怖くないのかい?」

勇者「怖いよ、あなたが」

賢者「あらひどい、何でだい?ふひひ」ワキワキ

勇者「そんな怪しい手つきと顔で近づいてくるからだ!!」

戦士「何してるんだよ、早く見てまわろうぜー?」

142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 22:43:53.18 ID:rVhGaTvX0
勇者「これは何だろう?」

賢者「名付けるなら『愛の思い出』?」

戦士「なんだよそれダッセェ!!」

賢者「あんだとぉ!?人のセンスにケチつけるたぁいい度胸だねぇ?!」

魔法「ねぇねぇ、見せて見せてー」

勇者「ん?はい」スッ

魔法「わぁ、変わった形してるー」

勇者「どこで使うものなんだろうなぁ…」

ドテッ ポチャン

勇者「んん?今…すごく不安な音がしたんだけど…?」

143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 22:53:43.02 ID:rVhGaTvX0
勇者【海上で起こる呪いの真実を知った結果】

賢者「男女の悲恋からなる女の呪いで船が戻されてたのか」

戦士「これ、どうにかして解けないのか?」

勇者「うーん…そのためのアイテムっぽかったのは海の藻屑になったからねぇ」

魔法「ごめんね…」グスグス

勇者「まぁ手を滑らせたんじゃ仕方ないよ…どうしようか」

賢者「結局、女が呪いかけてるなら男のほう探せばいいんじゃない?」

勇者「何だその発想…」

戦士「つーか、あの幽霊船にいたことないか?」

勇者「うそ!?でも幽霊を連れてはいけないでしょ…」

144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 23:07:51.93 ID:rVhGaTvX0
勇者【再び幽霊船に来た結果】

幽霊「あぁ…君に会いたい…」

戦士「これじゃね?」

賢者「マジでいたとか吹いた」

勇者「いや、見つけてもどうやって岬まで連れて行く気だよ…」

魔法「幽霊さん、一緒に来てほしいの」クイクイ

幽霊「?ボクはもうここから動けやしないんだ…」

魔法「いいから来てー」グイー

幽霊「動…けてる…どうしよう…」

勇者「こっちがどうしようって言いたいわ!?何で幽霊引っ張れるんだこの子!?」

145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 23:18:12.47 ID:rVhGaTvX0
勇者【とある岬まで来た結果】

男「あぁっ!もう離さないよ!!」フワァ

女「えぇ!ずっと一緒よ!!」フワァ

賢者「うむ、愛する二人は見事一緒になることができたようね」

魔法「お空に浮かんでいくよ!!すごーい!!」

勇者「えっと…こんな結末でいいのかな…」

戦士「途中の過程がどうあれ、本人達が喜んでるからいいんじゃね?」

勇者「あたし的にはすごく納得がいかないんだけどな…」

賢者「じゃあ海底からアレ取ってくる?」

勇者「いえ…それは勘弁してください…」

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 23:27:15.66 ID:rVhGaTvX0
勇者【孤島の牢獄に足を踏み入れた結果】

戦士「すっげぇカビくせぇな」

賢者「牢獄なんてそんなもんでしょ、文句言うな」

勇者「ここにとある剣があるらしいんだけど…」

魔法「これ?」ヒョイ

勇者「きゃあぁぁぁ!!それじゃないから捨ててぇぇぇ!?」

戦士「おいおい、勇者ともあろう者が骸骨ぐらいで叫ぶなよぉ」

賢者「やばい、さっきの悲鳴でキュンときた」

賢者「これで勇者の萌えレベルが35になった!!」

勇者「何だそのレベル!?早く見つけて出ようよ!!」

147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 23:42:51.55 ID:rVhGaTvX0
勇者【火山の火口までやってきた結果】

勇者「ここに剣を投げ入れればいいんだね」

賢者「そうだね、ぽいっちょー」ヒューン

勇者「あぁぁぁ!?さっきのあたしが使ってた剣だよ?!」

魔法「ぽいっちょー」ヒューン

戦士「ちょ…それは俺のだぁ!?」

勇者「前衛組の剣が火口に呑まれた…この先、どう戦えと…」プルプル

賢者「ごめんね☆」ペロッ

勇者「もうこの先どうなっても知らないから…」ヒューン

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/21(日) 23:54:29.62 ID:rVhGaTvX0
勇者【二人の剣が捨てられた結果】

戦士「おらぁ!!ブタは引っ込んでろやぁ!!」バキャ!!

ブタ「ぶひぃ!?」ブチィ

賢者「なんだい、武器なくても十分戦えんじゃん」

戦士「元武闘家目指してたというのもあるからな!!」ブンブン

勇者「…」ボー

魔法「勇者ちゃーん、怪我しちゃったー」

勇者「はいはい…」ポォォォ

賢者「それとは正反対に歩く回復剤と化した勇者が…」プークスクス

勇者「誰のせいだと思ってるんだよっ!?」

149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 00:08:34.36 ID:qLKzjz5M0
勇者【深い洞窟に入った結果】

勇者「…」

賢者「こりゃまた奥まで進むの大変そうだねぇ…」

戦士「でも、進むしかないだろ」

賢者「オーブとやらがこの先にあるらしいしね」

勇者「…」

賢者「勇者ちゃん、いい加減機嫌直しなよ~」

魔法「すぅすぅ…」

戦士「でもそれでも魔法使いのおもりをしっかりしてるからいいヤツだよなー」

勇者「うるさいよ…そっちに戦闘任せてるんだからこれぐらいするよ…」

151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 00:18:45.57 ID:qLKzjz5M0
賢者「でもいつもしてくれてるじゃない」

勇者「君達に任せられないからだ…」

戦士「またどこか行くのは勘弁してくれよ?」

賢者「今回はちゃんとやってるでしょ」

賢者「それに一番懐いてるから任せてるけどたまには交代してもいいんだよ?」

戦士「おぶるの疲れたら俺に任せろよ!」

勇者「いや、かまわないよ」

勇者「信用できないんじゃなくて今は大した戦力になれないし」

勇者「この子だって分かってあたしのところに来てるんだ」

勇者「…多分」

152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 00:29:35.91 ID:qLKzjz5M0
賢者「そういう子だから勇者は好きだよ」

戦士「お、告白か?」

勇者「そんなわけないでしょ!!」

賢者「それでもよかったんだけど?」

勇者「ちくしょう…女好きの変態だったんだ…忘れてた…」

賢者「勇者、忘れちゃいけないよ」

勇者「なにをさ?」

賢者「みんなのことを考えてくれるその優しさをね」

勇者「何を急に真面目に…もぉ///」

戦士「これでこそ勇者だよな」

153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 00:39:57.53 ID:qLKzjz5M0
勇者【洞窟内で剣を入手した結果】

戦士「おぉぉぉぉぉぉっ!!やっと剣が手に入ったぜぇぇぇぇぇ!!」

勇者「うるさいから叫ばない…ホントやっとだよ…」

賢者「でもここで問題、剣はどっちが装備するの?」

戦士「そりゃ…」

勇者「戦士が使っていいよ」

戦士「え、でもお前素手のままじゃ戦えないだろ?」

勇者「そのまま回復担当でやってくから」

戦士「でもよぉ…」

賢者「どうしたのさ?なんで拒否しちゃうの?」

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 00:50:59.26 ID:qLKzjz5M0
勇者「いや、別に何かあるわけじゃないけどね」

勇者「戦士のほうが強いし、役に立つと思って」

戦士「勇者だって役に立たないわけじゃないぜ」

賢者「そうだよ、何か理由あるの?」

勇者「えっと…ほら」クイッ

魔法「すぅすぅ…」

賢者「はは、そういうことね」ニッ

戦士「そのまま戦うなんてできないわな」ニヤッ

戦士「オッケー、交代するまで使わせてもらうわ!!」シャキン

勇者「お願いするよ」ニコ

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 01:01:32.46 ID:qLKzjz5M0
勇者【今度は鎧を手に入れた結果】

戦士「うむ、これはやばい」

賢者「うん、確かにやばい」

勇者「何言ってるの?別にやばくはないでしょ」

戦士「いや、やばいだろ…ほら見てみろよ」

勇者「いやいや、ちょっと見た目はアレだけどやばくは…」

勇者「使わないの?」

戦士「だってよーやばい鎧だぜぇ…」

勇者「ツッコみたくなかったけど…それはやばい鎧ではなく、刃(やいば)の鎧だから!!」

賢者「でも近づいた人がやばいことになりそうだ…なんてね☆」

156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 01:10:40.01 ID:qLKzjz5M0
勇者【水の流れる奥地へ来た結果】

戦士「おほぉ、水だぁ!!」ガブガブ

賢者「まったく落ち着きのない…ふぅ」ドサッ

勇者「ちょっとだけ休憩にしよっか」

魔法「はーい」パチャパチャ

賢者「水幼女キターッ!!」

戦士「いいのぉ…いいのぉっ!!」

勇者「…」

勇者「変態共、休憩なしでいい?」

変態共「あ、はい…ちゃんと休みます」

157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 01:23:32.17 ID:qLKzjz5M0
勇者「最初は全然気付かなかったけど…」

勇者「戦士がロリコンだったとはね…」

戦士「あーん?悪い事じゃないだろ、幼女かわいいじゃん?」

勇者「見てる目がやばすぎるんだよ!!悪すぎるわ!!」

戦士「そこまでじゃないだろー?ふへへ」

賢者「こらこら、人の趣味にケチつけるんじゃないの」

勇者「いや、アレは犯罪臭しかしないでしょ!?」

魔法「くんくん…変なにおいしないよ?」

勇者「うん…そのにおいじゃなくてね…」

勇者「これは別の意味でもわたしが逃げるわけにはいかなくなったかも…」

158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 01:35:58.28 ID:qLKzjz5M0
勇者【洞窟抜けた先の祠でオーブをもらった結果】

勇者「ここの目的はそれだったのかな」

戦士「じゃねぇの?他になんもないし」

勇者「よし、じゃあ戻ろう」

賢者「待ちな勇者、先にやる事あるだろう?」

勇者「え?なに?何かあったっけ?」

賢者「ほーら、魔法使い」

魔法「今度は言われたからやっていいんだよね?えいっ!!」カシャーン

勇者「ちょぉぉぉ!?なんで割らせたんだぁぁぁぁぁぁ!?!?」

賢者「これはもうお決まりパターンっしょ」

162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 22:47:15.26 ID:qLKzjz5M0
賢者「これからどうしようかね」

勇者「…」

戦士「またスネちゃったみたいだが?」

賢者「しょうがない子だねぇ…ほーら、勇者ちゃんまだあったんだよー」スッ

勇者「…一個だけあったって多分意味ないでしょ」プイッ

賢者「んもぅ、機嫌直してよー」

勇者「でないとちゅーしちゃうぞーって言うつもり…でしょ…っ!?」グググ

賢者「おっと体がいつの間にやら勇者を捕獲してた」グイグイ

勇者「いい加減に…しなさいっ!!」ドンッ

賢者「あ」ポト カシャーン

164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 22:58:12.98 ID:qLKzjz5M0
勇者「…」グスグス

賢者「…今度こそ私は何もしてないよ?」

勇者「もういいよ…」グスグス

戦士「今度は泣いちゃったぞ、どうすんだよ」

魔法「泣いちゃダメだよー」ナデナデ

賢者「そうだよー、泣いててもいい事ないぞー」

戦士「泣かなくてもいい事なさそうだけどなぁ」

賢者「この状況で何でそういう事言うのさっ!?」

戦士「だったらいじめてやんなよな、大体はお前のせいだし」

勇者「もうどうでもいいから行くよ…」グス

165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 23:10:48.96 ID:qLKzjz5M0
勇者【商人の様子を見に来た結果】

勇者「何これ…」

戦士「こんな場所あったのか、すげぇ!!」

賢者「これはいい所」

魔法「キラキラしてて何だか楽しそう!!」

商人「あ、勇者来てくれたんだ?ここまでできたんだよ、すごいでしょ!!」

勇者「いや…確かにすごいけど…」

商人「これで人だっていっぱい来てくれるよね?ね?」

勇者「うん…来るだろうけどこれは…」

勇者「町じゃなくてカジノじゃないか!?」

166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 23:24:55.93 ID:qLKzjz5M0
商人「ちゃんと町だよ~、家だってあるでしょ?」

勇者「約九割がカジノで占めてるんだけど!?」

商人「それはちょっと計算ミスで…」ダラダラ

勇者「これがちょっと?!どうミスってこうなった!?」

賢者「まぁいいじゃない、少し遊んでく?」

勇者「あたし達にそんな暇はない!!」

戦士「こんなの見せられて血が騒ぐだろ?」

勇者「ふつふつと体の奥底から何かが沸き上がるだけです」

商人「もしかして…怒ってらっしゃる…?」

勇者「もしかしなくても激しく怒っています…」ゴゴゴゴゴ

167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 23:36:34.35 ID:qLKzjz5M0
勇者【お詫びとしてオーブをもらった結果】

賢者「まだあったのか」

戦士「これは見事な●●●●」

勇者「おい…」

戦士「黄の玉がどうしかしたのか?」ニヤニヤ

勇者「くっ…」

賢者「何と思ったんでしょうねこの子~」ニヤニヤ

ガシャ-ン

勇者「え?」賢者「へ?」戦士「は?」

魔法「う?」

168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 23:49:17.34 ID:qLKzjz5M0
勇者「何で…割ったの…?」

魔法「賢者ちゃんが割っていいって言うから…」

勇者「…」ジロリ

賢者「ちょ…それ前回の一回だけのつもりだったのよ…マジで…」

戦士「はっはっは、こりゃ一本とられたな!!」

勇者「笑い事か!?結局全部粉々だよ…」

賢者「いや、さすがにこれは私も予想外だったわぁ…」

魔法「いけないこと…しちゃった?」ジワ

勇者「いや!!大丈夫だよ!!全然いけなくないからね!?」

賢者「うーん…さすがに勇者がこの先、精神病まないかちょっと心配になってきた」

169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 00:00:52.92 ID:hDk1xalc0
勇者【祠の祭壇に来た結果】

双子「さぁ」双子「オーブを祭壇に」

賢者「ほーれ」ザラァァァ

双子「こら、変なものを」双子「入れないでいただきたい」

戦士「これでも元オーブなんだぜ」

双子「どうしてこうなった…」双子「どうしてこうなった…」

賢者「粉になったけど効果あるかもしれないじゃん」

魔法「入れよ入れよ!!」ザラァァァ

双子「あぁぁぁぁ!!」双子「らめぇぇぇぇ!?」

勇者「こんな人たちでごめんなさい…」

170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 00:11:04.91 ID:hDk1xalc0
戦士「何も起こんねぇな」

賢者「やはり原形とどめてないとダメか」

双子「あぁなんてことを!!」双子「この子が大空を駆けることはもうできないの…」

賢者「この卵が孵る予定だったの…って、あれ止めなくていいのかい?」

魔法「生まれろー生まれろー」メラメラ

勇者「ぶっ!?なにやってんの!?」

魔法「暖めたら出てくるかなって」

勇者「どう考えてもゆで卵になっちゃうでしょ!?」

パキパキパキ…

賢者「あ、生まれそう」

171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 00:22:16.90 ID:hDk1xalc0
パキャン

勇者「いや…熱で中身が膨張して殻が割れただけかも…」

戦士「おいおい…もうちょっと希望を持とうぜ」

鳥「…」ヒョコ キョロキョロ

勇者「あ、ちゃんと生まれた…よかった」

双子「あんなのでよかったの…」双子「私達の苦労は一体…」

魔法「焼き鳥生まれたー!!」

鳥「!?」ゴソゴソ ガタガタガタ…

勇者「中に戻った?!そんなこと言っちゃダメ!!」

戦士「でも、確かにうまそうだな」ジュル

172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 00:34:11.50 ID:hDk1xalc0
勇者【鳥?を説得して空を飛んでもらった結果】

バッサバッサ

勇者「やっと怖がらずに出てきてくれたよ…」

魔法「ごめんね、焼き鳥ー」

焼き鳥「ピィ!?」ガタガタガタ

賢者「ちょ!?めっちゃ揺れてるんだけど!?」

勇者「焼き鳥やめれ!?落ちる!!」

魔法「でも、この子の名前『焼き鳥』にしちゃったもん」

戦士「名前だったんか…さすがに俺でもそれはないわぁ」

勇者「この子普通に名前あったでしょ!?勝手につけないであげて!!」

175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 22:35:03.28 ID:hDk1xalc0
勇者【竜の女王の住む城へ来た結果】

竜女王「貴方達にこれを渡しておきましょう」

勇者「これは…」

竜女王「使い道は…忘れました」

賢者「忘れたんかい」

竜女王「我が子の事で精一杯で…」

勇者「いや、普通重要なことは覚えておくものですが…」

竜女王「…」ガクリ

魔法「寝ちゃった」

勇者「そのタイミングで亡くなるの!?わざとじゃないよね!?」

176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 22:48:36.52 ID:hDk1xalc0
魔法「あ、卵だー!おっきいなぁ!!」

賢者「さすが竜の卵」メラメラ

勇者「ごるぁぁぁぁぁぁ!!また同じパターンか!?やめてあげて?!」

戦士「さすがに空気読もうぜぇ…」

勇者「珍しく戦士がまともだ」

戦士「ここだとはじけ飛んだら掃除面倒だから外でやるべきだろ」

勇者「って、そっちかよ!?」

賢者「あら、それもそうね…それじゃみんなで運んでいこうか?」

勇者「だからやめろと言ってるでしょ!!」

焼き鳥(なんだか背中がゾクゾクするピィ…)

177: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 23:00:57.79 ID:hDk1xalc0
勇者【上空から砂漠に見知らぬ建物を見つけた結果】

賢者「あら、砂漠に何か建ってるわねぇ」

戦士「ホントだな、なんだありゃ?」

勇者「そういえばピラミッドがあるってこの国の女王様言ってたっけ」

賢者「何でここにいる時言わなかったのさ?」

勇者「大穴開いてて入れないって聞いたからだよ」

賢者「穴ぁ?その程度私ならどうにでもできたのに…よし、ついでだし行こうか」

勇者「マジすか…」

賢者「おったからおったから♪」

魔法「おったからおったから♪」

179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 23:12:56.35 ID:hDk1xalc0
勇者【ピラミッドに入った結果】

勇者「確かに大穴が…あれ、こっちに通れそうな道が…」

賢者「ふむ…下がってなさい」

勇者「って、まさか…」

賢者「ほいっ!!」カッ

ドガァァァァン!! ガラガラガラ…

賢者「はい、埋まったっと」

勇者「道があるって言ったのに…慣れたけど」

魔法「ねぇねぇ?」

勇者「まぁ行けるのなら行くかな」

180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 23:24:09.66 ID:hDk1xalc0
勇者【妙なトラップが仕掛けられている結果】

戦士「んぎぎぎ…ぶはぁ!!俺でも開けれんぞこれぇ!?」

勇者「とんでもなく分厚い扉だもんね…どうしようか」

魔法「ねぇねぇねぇ、ねぇったらー」

勇者「ごめんね、ちょっと今真剣に考えてるところだから静かにしてて」

魔法「ぶぅ…」

賢者「魔法すら効かないとなるとさすがに困ったね」

勇者「何とかいい案を考えてよ…今は何でもしていいから」

賢者「じゃあ勇者にセクハ…」

勇者「ここ開ける方法以外は謹んでお断りします」

182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 23:36:15.28 ID:hDk1xalc0
賢者「ちぇー…じゃあ正攻法でいこう」

勇者「あ、あるなら最初から言ってよ!?」

賢者「だって面白くないんだもーん」

勇者「面白さは求めて い ま せ ん !!」

戦士「いい方法あるなら早いとこやろうぜぇ」

賢者「ぶーぶー」

勇者「ぶーたれてないで早くしてよ」

賢者「はいはい…ぶー…」

魔法「ぶぅ…」

焼き鳥(なんだか嫌な予感がするピィ…)

183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 23:47:47.12 ID:hDk1xalc0
バッサバッサ

勇者「…」

賢者「ほら、あっという間に頂上に着いた~」

戦士「おぉ、こりゃ楽ちんだな」

焼き鳥「ピヒィ…」

勇者「ありがとう…変なことさせてでごめんね、焼き鳥」

焼き鳥「ピピピィッ!?ピピィ!?(勇者までその呼び方するの!?やめて!?)」

魔法「焼き鳥怒ってる」

勇者「あ…つい言っちゃったよ、悪かったからどこか行かないでね」

焼き鳥「ピィ…(なんだかそっちも苦労してそうだからそこまではしないけど…)」

185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/23(火) 23:59:38.14 ID:hDk1xalc0
勇者【再びピラミッドへ侵入した結果】

勇者「今度は普通の扉だね」

戦士「とりあえず開けるかなっと!!」ゲキャミチョボゴォ

賢者「む?あの石箱にお宝のよかーん」

賢者「はい、オープン!!」ゴロゴロゴロ

怪しい声「宝を荒らす者は誰だぁ!!」

賢者「…代わりに薬草あげるから許してちょ☆」シュバッ ヒョイ バターン

怪しい声「…」

勇者「それでいいんかい!?」

賢者「他も同じ手でいこうかねっ」ゴロゴロゴロ  怪しい声「宝を――」 シュバッ ヒョイ バターン

186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 00:10:32.46 ID:CjvGtjU/0
戦士「さっきの入れなかった所どうするんだ?」

賢者「こんなにお宝あったからもういいんじゃない?」

戦士「そだな」

勇者「何か大切な物入ってたらどうするつもり?」

戦士「俺のパワーで解決させる」

賢者「●●パワ…魔法パワーでやりすごす」

勇者「そう…それならどうでもいいわ…」

勇者「もう調べるところないみたいだし出ようか」

魔法「…誰も聞いてくれない」グスン

勇者「え?急に何?」

187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 00:22:49.33 ID:CjvGtjU/0
魔法「ここ来た時から呼んでたもん…」

魔法「もういいもん…」グスグス

戦士「探索に夢中になってたなぁ」

賢者「私もだわぁ、めんごめんご」

勇者「みんなちょっと集中しすぎてたね」

勇者「ごめんね、それでどうしたの?」

魔法「もう一人で行くもんっ」テコテコテコ

戦士「どこ行くつもりだよ?」

魔法「教えないもーん!!」テコテコテコ

勇者「なんなんだろう?何か見つけてたのかな?」

188: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 22:33:55.53 ID:CjvGtjU/0
勇者【怒った魔法使いについていった結果】

賢者「見失ったね…しかもここ呪文が使えないときたか」

勇者「こんなところに階段あったんだね…これ見つけてたのかな」

戦士「おい!!ここにさらに下降りる階段あったぜ!!」

賢者「ふむ…どうやら隠し階段のようだね」

勇者「きっとこの先に行ったんだ、急ごう!!」

賢者「なんだか嫌な予感がするよ」

戦士「どうした?嫌な予感って?」

賢者「いや…まぁ進んでみよう」

勇者「魔法使いー!!」

189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 22:46:42.53 ID:CjvGtjU/0
勇者「奥に広い部屋があるみたい」

戦士「何か光ってないか?」

賢者「…敵がいるな」

勇者「え!?ま、魔法使い!!」ダッ

魔物「…」ゾロゾロ

魔法「…」グタ…

勇者「まほ…」

賢者「多分、魔法使いが何か取った後に出たみたいだよ」

戦士「嫌な予感ってそれか」

勇者「そんなこと言ってる場合か!?」

190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 22:58:37.13 ID:CjvGtjU/0
勇者「魔法使い!!しっかり!!」

魔法「ぅ…」

勇者「よかった…何とか生きてる…」

賢者「この子はまかせな、ほら薬草だよ」

勇者「…」ユラリ

戦士「まずはこいつらを…」

勇者「…くも」

戦士「…!?」ゾクッ

勇者「よくも魔法使いをぉっ!!」ダッ!!

賢者「あんな顔した勇者初めて見た…」

191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 23:11:03.56 ID:CjvGtjU/0
勇者「はぁはぁはぁ……」

戦士「外出るまでにあんだけいた敵を勇者一人で片付けたんだが…」

賢者「あんたの出番なかったね…は…はは……」

勇者「…はぁ」チン

戦士「えーっと…」

賢者「…魔法使いは無事だよ」

魔法「くぅくぅ…」

勇者「うん…よかっ…た」ドサッ

戦士「おい…寝てるな」

勇者「すぅすぅ…」

192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 23:24:10.89 ID:CjvGtjU/0
勇者「…ん」

勇者「ここは…砂漠の町の宿屋?」

賢者「そうだよ、気絶しちゃったから連れてきたんだ」

戦士「ここが一番近かったしな…うん」

勇者「あれ?何でそんなにあたしから離れてるの?」

戦士「え?そうかぁ?ははっ…」

賢者「…気のせいじゃない?」

勇者「そう」

勇者「魔法使いは?」

賢者「外にいるよ」

193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 23:36:16.76 ID:CjvGtjU/0
勇者「魔法使い?」

魔法使い「!?」ビクッ

勇者「何でお部屋に入っていないの?夜だし危ないよ」

魔法使い「怒ってるよね…?」

勇者「ピラミッドでの事?全然怒ってないよ」

勇者「むしろああなったのあたし達が話聞いてなかったせいだし」

魔法「ホント…?」

勇者「ホントホント、ほら中に入ろ?」

魔法「うん…ごめんね」ギュ

勇者(ずっと気にしてたのか…最初と違って成長したんだなぁ)

194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 23:47:23.85 ID:CjvGtjU/0
勇者「えっと…やっぱりあたし、避けられてない?」

魔法「う?」

戦士「そっそんな事ないってー、ばっかだなぁ…」

賢者「気にしすぎでしょ…いつも通りよ」

勇者「そっか…」

魔法「そうだ、これー」ピカー

賢者「おほ、黄金の爪じゃない」

戦士「もしかしてあそこで光ってたのってそれか?」

魔法「これ取ったら魔物がワラワラでてきたの…」

勇者「そういう事だったのか」

195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/24(水) 23:59:09.30 ID:CjvGtjU/0
魔法「みんなにあげるー、迷惑かけちゃったもん」

戦士「いいのか?うほー、高そうだぁ!!」

賢者「これでまた大金が…うひひ」

勇者「まったくキミ達は…」

賢者「…」ピクッ

戦士「や、やっぱり何か役立つもの買うのに使うかぁ」

賢者「そうねぇ…何がいいかしらね?」

勇者「…?」

勇者(なんだろう?二人の様子がやっぱりおかしい)

勇者(何か隠してるような…)

196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 00:26:50.20 ID:MfK+JPso0
勇者【みんなが寝静まった時間に起きた結果】

勇者「…トイレ」ムクリ

勇者「やっぱり砂漠の夜は寒いなぁ…」

勇者「あれ?あの二人まだ起きてたんだ…何話してるんだろう?」

戦士「ぷはぁ!!やはり酒はうまい!!」ダン

賢者「たまには悪くないわね」

勇者(お酒飲んでるだけか…)

戦士「でよ、勇者どうよ?」

賢者「…どうよだけじゃ何の事だかさっぱりなんだけど?」

勇者(あたしの話みたいだ…なんだろう?)

197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 00:39:58.02 ID:MfK+JPso0
戦士「あそこまであからさまだったらさすがに怪しまれてるんじゃないか?」

賢者「別にそういうつもりじゃなかったんだけどね」

賢者「でもあのときの顔思い出したら…ね」

戦士「あぁ…俺もだよ…」

勇者(顔?あたしなんか変な事やったかな)

戦士「さすがにアレはないわと思ったな」

戦士「いないから言えるけどよ…バケモノだったな…」

勇者(え…バケモノ?あたしが?)

賢者「そうね…自分達が殺されても不思議じゃないくらいの勢いだったよね」

勇者(ころ……なにを…言ってるんだ…)

198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 23:02:13.55 ID:MfK+JPso0
勇者「バケモノ…ってどういうこと…?」

戦士「ゆ、勇者…聞いてたのか…」

賢者「…」

勇者「ねぇ?殺されても不思議じゃないって何?」

賢者「こんな話するつもりじゃなかったんだよ」

勇者「その話って今日の事だよね!?そんなにあたし変な事した!?」

戦士「いや…悪かったって…」

勇者「ただ魔法使いがあんなになって怒ってただけだよ!!」

勇者「なのに何、それ?バケモノ?殺される?」

勇者「さすがにそんな事言われるのは我慢ならないよ!?」

199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 23:16:11.70 ID:MfK+JPso0
魔法「んぅ…どうしたのぉ…」

戦士「落ち着け…さすがに俺達も言い過ぎだって分かってたよ…」

戦士「ちょっと驚いたんだよ…な?」

勇者「そんな事思われてるとは思ってもいなかったよ!!」

勇者「必死だった相手に何でそこまでひどい事言うのさ?!」

魔法「何で怒ってるの、勇者ちゃん…?」

賢者「これは失敗だったね…」

賢者「何も言う事はない、悪かった」

勇者「…それだけなの?」

勇者「バケモノ扱いしておいてそれだけ?」

200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 23:31:54.32 ID:MfK+JPso0
賢者「それしか言えないんだ」

勇者「っ!?」

勇者「もういい…もういい!!」ダッ

戦士「あ、おい!!」

賢者「そっとしておいてあげなさい」

戦士「でもよぉ…」

賢者「勝手に怖がって、それをネタにひどい事言ってた私達が悪いんだし」

賢者「かけてあげられる言葉はないよ」

戦士「くそっ…バカすぎるぜ…」

魔法「…」テコテコテコ

201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 23:46:08.23 ID:MfK+JPso0
勇者【外に飛び出した結果】

勇者「…」

魔法「勇者ちゃんみーつけた」ギュッ

勇者「…」

魔法「何で怒ってたの?」

勇者「…離れて」

魔法「やだよ」

勇者「…」

魔法「勇者ちゃん泣いてるもん」

勇者「…」ポタ…ポタ…

202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 23:56:53.40 ID:MfK+JPso0
魔法「いつもわたしが泣いてたら勇者ちゃん傍にいてくれた」

魔法「だから、わたしも傍にいてあげるんだ」

勇者「…ホントはね、悪気がないの分かってたんだ」

勇者「分かってたけど止められなかったんだ…」

勇者「多分すごく怖い顔で魔物を倒し続けてたからだろうなぁ…」

勇者「それがとても印象に残っちゃったんだと思う…」

魔法「魔物ってわたしが出しちゃったやつ?」

勇者「うん…魔法使いが傷つけられて頭にきちゃったんだ」

勇者「ただそれだけなの…」ポタ…

勇者「誰も悪い事なかったのにぃ…」ポロポロポロ

203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 00:06:49.67 ID:/FDRXMb70
魔法「わたし、よく分からないけど」

魔法「勇者が泣くのやめるまでぎゅってしておくよ」ギュッ

勇者「ごめんなさい…ごめんなさいぃぃ…」ポロポロポロ

魔法「ぎゅー」

……

戦士「ここにいたのか」

賢者「やっぱりいい子だね、あの子達は」

戦士「魔法使い、幼女だけどこういう時はしっかりしてるなぁ」

賢者「それに引き換え…あーどこか遠くに羽ばたきたい…」

賢者「いっそのこと飛んでいっちゃうか…」

204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 00:27:39.19 ID:/FDRXMb70
勇者【いつの間にか魔法使いと抱き合って寝ていた結果】

町人「君達、大丈夫?」ユサユサ

勇者「はっ!?あれ…ここは…」

町人「どうしてこんなところで寝てたの?」

勇者「は、はは…ご迷惑おかけしました…なんでもありませんので…」

町人「そう?」テクテク

魔法「くぅくぅ…」

勇者「結局ずっといてくれたんだね…ありがと」ナデナデ

魔法「んふふーひざまづけ愚民共ー皿をなめろー…」

勇者「どんな夢見てるんだろう…皿をなめろって……」

205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 22:30:36.31 ID:/FDRXMb70
勇者【部屋が無人だった結果】

勇者「あの二人はどこに…」

勇者「いや…もういないのかもしれない」

勇者「あれだけの事言っちゃったんだし…もう…」

勇者「結局、別れちゃったな…っと」ドンッ

戦士「あだっ」

勇者「何してるの…そんなところで丸まって…」

戦士「あれからずっと土下座してたんだが…」

勇者「どうしてそんな事するに至った!?」

勇者「と、いうか一晩中ずっとその体勢!?」

206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 22:41:04.70 ID:/FDRXMb70
戦士「色々考えたんだよ、これでも」

戦士「俺の誠意が伝わるにはどうすればいいかって」

勇者「それで一晩中土下座とかありえないんだけど…」

戦士「はっは、頑張って寝ずにこの体勢のままさぁ」

戦士「昨日はホントすまんかった」

勇者「いや、こっちもどうかしてたよ…ごめん」

勇者「これでもうこの話は終わりね」

戦士「おう!!いつも通りな!!」

勇者「ところで賢者は?」

戦士「あいつは俺置いたままどこかに飛んでいって帰ってないが?」

207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 23:01:22.79 ID:/FDRXMb70
賢者「これだけしかないけどどうだい?」

商人「うーん…こっちは別にかまわないけど…それらは残してたほうが…」

賢者「引き取るだけでもいいから」

商人「…分かったわ、不用品だけ課金してあとはとりあえず預かっておくわ」

賢者「それでも結構お金になるもんだね…急で悪かったよ」

商人「しっかし、装備品全部売っぱらってどうする気なの?」

賢者「お詫び…にもならないんだろうけどそんな感じかな」

商人「あの勇者相手に何やらかしたの?」

賢者「バケモノ扱いした」

商人「理由は分からないけど、そりゃあ怒るわぁ…」

208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 23:11:31.40 ID:/FDRXMb70
賢者「物なんかで許させるとは思わないけどそれでも何かしたくてね」

商人「だからって装備品全部売るのはどうかと思うけど?」

賢者「けじめというヤツさ…」

商人「キミはパーティ抜ける気なの?」

賢者「そうだよ」

商人「そうだよって…前も何かやらしてたみたいだけど?」

賢者「前は遊びほうけてたから逃げられたんだよ」

賢者「今回はあの子自身を傷つける結果になったからね」

商人「そっか…まぁ、あれよ」

商人「本人、そこに来てる」

209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 23:23:38.38 ID:/FDRXMb70
賢者「うそん…」

勇者「何してるの?こんな所まで来て」

商人「今さっき付けてた装備品ごと全部売ってくれとやってきたところだよ」

勇者「はぁ!?どういうつもり?!」

賢者「何で言っちゃうかな…これ以上あんたを傷つけたくなくてね」

勇者「もしかして…抜ける気?」

賢者「…」

勇者「さらに傷つけようとしてどうするのよ!?ばっかじゃない!!」

勇者「勝手すぎ!!」

賢者「はは…バカだよ私は」

210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 23:38:10.64 ID:/FDRXMb70
賢者「バカだからこのぐらいしかできない」

勇者「もぉ!どこか行くな!!最後まで一緒にいなさい!!」

賢者「勇者…」

商人「まるで告白ね」ニヤニヤ

勇者「なんかちょっと前にも聞いた気がする…それ」

賢者「…もちろん本音なんでしょ?」

勇者「告白じゃないけど本気だよ」

賢者「ちぇ…ごめん、もう勝手はやめる」

商人「そうなると思ったわ…ほら、持って行きなさいよ」ガチャガチャ

賢者「分かってたのかい…無駄な事して悪かったね」

211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/26(金) 23:49:13.69 ID:/FDRXMb70
勇者【町に帰って来た結果】

勇者「ふぅ…ただいま」

戦士「おかえりさん、賢者連れ戻したか?」

勇者「うん、商人の町にいたよ…って、後ろいたはずなのにいない」

魔法「またどこか行っちゃった?」

勇者「いや、移動呪文で帰ってきたから一緒だったはずなんだけど…」

戦士「逃げられたとかは?」

勇者「いや、もう大丈夫のはずだけど…」

賢者「え?呼んだ?」ガラガラッ

勇者「何で窓から入ってきた!?」

212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 23:07:36.97 ID:XAXiyNQV0
勇者「どこ行ってたの?」

賢者「ちょっと買い物さ、ほら」パサ

勇者「うわ、どうしたのこのドレス」

賢者「傷つけたお詫び」

賢者「普通じゃないところから無理矢理仕入れてきた物だよ」

魔法「きれーい、いいなぁー」

賢者「ちゃんと戦闘にも使えるものだからもらってやってよ」

勇者「う、うん…ありがと」

戦士「俺のは?」

賢者「あるわけないだろ、同罪者」

213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 23:27:38.32 ID:XAXiyNQV0
賢者「あと魔法使いにはこれね」ポン

魔法「わぁ、色々あるー」

勇者「装備一式…どこにそんなお金あったの?」

賢者「ん?もらった金ピカの爪売って買ったんだけど?」

戦士「それは俺達で相談して決めた結果よ」

勇者「そっか…やるじゃん」

賢者「話聞かなかったのは私達もだからね」

魔法「今までのと全然違うー!わーい!!」

勇者「でもあれだけそろうほどお金になる物だったの?」

賢者「詐欺返しってことでどこぞの悪徳商人に超高額で売りさばいたんだ」ニヤリ

214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 23:43:12.77 ID:XAXiyNQV0
勇者【ついに魔王の城までたどり着いた結果】

勇者「ここに魔王が…」ゴクリ

戦士「よっしゃー!ちゃっちゃとぶっ倒しちまおうぜ!!」

賢者「まぁ楽勝でしょ」

魔法「でしょー!!」

勇者「みんな緊張感ないなぁ…」

賢者「でもあんただってなんだか嬉しそうじゃないの」

勇者「あれ、そんな顔してる?」

勇者「でもなんだかそんな気分なんだよね」

勇者「よーし行くよ!!」

215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 23:58:55.57 ID:XAXiyNQV0
勇者【魔王城に入った結果】

魔物「魔王様」

魔王「どうした?」

魔物「勇者達がついにこの城へ足を踏み込んだようです」

魔王「なにっ!?ついに来たか…くっくっく」

魔王「盛大に歓迎してやれ!!」

魔物「本当によろしいので?」

魔王「?かまわん、やってしまえ」

魔物「はっ、畏まりました」

魔王「ここまで来れるかな…くく、楽しみじゃ」

217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 00:19:59.76 ID:Fx7Vbp5h0
魔物「魔王様」

魔王「んぉ?どうした?」

魔物「あの…勇者達がお呼びのようです」

魔王「は?」

魔物「『主席がいないぞどうなってる』などと騒いでおりまして…」

魔王「いやいや、わざわざワシが行かずに奴らに来させればいいんじゃないのか?」

魔王「…ちょっと待て?主席ってなんだ?どういう歓迎の仕方したんだお前達は…」

魔物「あれ?歓迎ってああじゃなかったんですか?」

魔王「いや、ワシ見えないし…どういうのか気になるな…」

魔王「やっぱ直接こっちから行ってみるわ」ペタペタペタ

218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 00:31:55.80 ID:Fx7Vbp5h0
勇者「えっと…これホントに魔王が?」

魔物「そうです、歓迎しろとのご命令でしたので」

戦士「なんだこれうめぇ!!おかわりまだかぁ」チンチン

賢者「すごく待遇がいいわねー…あ、それいただける?」

魔物「はい、いくらでもありますので遠慮なくどうぞ」

魔法「踊りうまーい!!きゃっきゃ」

魔物「我々の自慢の踊りですからな、ほっほ」クルックルッ

勇者「なんだこれ…」

魔王「なんだこれ…」

勇者・魔王「え?」

219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 00:54:35.12 ID:Fx7Vbp5h0
魔王「貴様が勇者か!!ワシがお主らの探していた魔王だ!!」

勇者「っ!?…これが、魔王…!!」

魔王「なにやら手違いはあったが…貴様らもここで終わりじゃ!!」

魔王「このワシがはらわたごと食らい尽くして…」

賢者「そこの鳥頭、何か芸できない?この場を盛り上げてよ」

勇者「今、別の意味で盛り上がりそうだったんだけど!?」

魔王「鳥頭ってワシのことか!!こんな所でふざけている場合ではないぞ勇者の仲間よ!!」

賢者「歓迎しろって言ったのあんたでしょ?最後まで責任取りなさいよ」

魔王「ぐぬぬ…人間ごときがワシに命令するな!!……ん?」ボゥン

勇者「魔王が鳥娘になった…」

220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 01:09:05.06 ID:Fx7Vbp5h0
魔法「かわいくなーれって杖振ったらホントになったー」

魔王「な、何があった!?誰か鏡を!!」

魔物「どうぞ…」プークスクス

魔王「んなぁ!?何だこの弱そうな姿は!?」

魔王「…でも、前の姿よりは好きかも」ジー

勇者「それでいいのか魔王!?おい!!」

魔王「あれはさすがにブサイクすぎたしなぁ…」

賢者「しっかし、最近鳥に縁があるなぁ」

戦士「あ、ホントだな…焼き鳥とかな」

焼き鳥「ぺっきし!!ピヒィ…(また背中がゾクゾクと…早く戻ってきてご飯くれないかな…)

224: >>223元がアレなので両性的なつもりにしたw 2013/07/29(月) 22:48:55.76 ID:AbrvIp6a0
魔王「面白いものなら少々見せてやるわ、今ワシは気分がいい」

賢者「よっしゃー、早く早くっ!!」

魔法「早く早くっ!!」

魔王「火球呪文を二度出して…ほれほれ!!」ヒョイヒョイ

戦士「すげぇ!!炎のお手玉だ!!」

魔王「お次は…これじゃ!!よっ!!ほっ!!」ボボボボォ

賢者「おぉ、火の波乗り」

勇者「…」

魔物「粗茶ですがどうぞ」

勇者「あ、どうも…これどうしたらいいんだ?」

225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 23:01:40.87 ID:AbrvIp6a0
魔王「はっ!?勢いに乗って目的を忘れるところだった」

勇者「思い出してくれてありがとう」

魔王「今度こそ覚悟してもら…」

賢者「じゃあ今度はお返しにこっちも何かしないとね」

戦士「勇者ぁ、何かできないかぁ?」

勇者「ちょ…それどころじゃないってのに…」

魔王「こやつら黙りそうもないんで何かやってやれ…待ってるから」ペタリ

勇者「そうだね…何するかが問題なんだけどなぁ…」

賢者「ぬーげっ!!ぬーげっ!!」

勇者「久しぶりに変態発言だな…とりあえず黙ってろ」

227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 23:15:34.11 ID:AbrvIp6a0
勇者「はぁはぁ…もうこれでいいでしょ…」

戦士「おつかれ、まぁまぁよかったぜ」

賢者「微妙によかったわ」

魔法「とりあえずよく頑張りました?」

勇者「なんでこんなに頑張ってそんな低評価なんだ…」

魔王「いや、ワシは純粋に面白かったがな」

勇者「敵だけどありがとう…」

魔王「そろそろいいだろうか?」

魔王「では、仲良く死に絶えるがいい!!」ポヒュッ

魔王「む…魔法が出ない…」ポヒュポヒュッ

228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 23:27:24.24 ID:AbrvIp6a0
勇者「もしかして姿変わったせい?」

魔王「いや…さっきから普通に使えていたではないか…炎は吹けんなったがな」

賢者「そりゃ魔法封じたんだから使えるわけないさ」

魔王「なんだと?!いつの間に!?」

戦士「さっきから勇者の芸見てて隙だらけだったじゃねぇか」

賢者「魔法撃ったらバレるから魔封じの杖でちょろっとね」ヒュンヒュン

魔王「くっ…なんだこやつら…」

勇者「またいつものように騒ぐだけかと思ってた…」

賢者「約束したしね、やる時はちゃんとやるって」ニッ

勇者「そっか」ニコ

229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 23:39:48.99 ID:AbrvIp6a0
勇者「もしかしてさっきの変化も?」

賢者「一応言っといたけどタイミングはその子の独断」

魔法「だって顔が怖かったんだもん…だからすぐ変えちゃったぁ」

勇者「まぁ分からなくもないけど…」

魔王「なめるな!!ワシは魔法だけではない!!」シャッ

戦士「…今の撫でたのか?」ポリポリ

魔王「あれー?ぐぬっ!!ぐぬぅぅぅっ!!」ポコペコパコ

賢者「無論、全能力低下済み」

魔王「その程度で弱くなるワシではない!ないんだから…!!」プルプル

勇者「さすがにかわいそうになってきた」

230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 23:51:29.60 ID:AbrvIp6a0
勇者「でも、相手は魔王だ…!!」シャキッ

魔王「ひっ!?」

魔法「勇者ちゃんやめてあげて!!」

戦士「それはさすがにいじめというもんだろ…」

勇者「あれぇ?!ここまできてあたしが悪者扱い!?」

賢者「あんたの負けだよ」

魔王「どうしてこうなったんだ…」メソメソ

賢者「ふむ…この子連れて帰ろう」

勇者「かわいければなんでもいいのか!?」

魔王「もうどうでもしてくれぇ…」

231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 00:02:04.51 ID:Wg8O5FZL0
勇者【なんだかんだで世界を救った結果】

王様「よくやった勇者よ!!期待しただけはあったわい」

勇者「なのに最初なかなか旅出させてもらえなかった気が…」

王様「ほれ、またうまいものを手に入れておいたぞ」

王様「遠慮せずに食うてよいのだぞ?」ナデナデ

勇者「ど、どうも…頭をなでるのはちょっと…」

戦士「この王様、ただのロリコンなんじゃね?」

賢者「世も末だねぇ…」

勇者「あんたらに言われたら終わりだ!!」

勇者「何であたしのまわりはまともなのいないんだよ…」

234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 00:14:16.22 ID:Wg8O5FZL0
勇者母「勇者が帰ってきたと聞いて!!」バァン

勇者「またそれか…でも今度は本当に帰ったよ」

勇者母「もう離さないっ!!」ギュムー

勇者「うぇ…人前ではさすがにやめてほしかった…」

賢者「仲良さそうでいいじゃない」

戦士「たまにはいいんじゃないか?」

勇者(そういえば途中で戻ってた事言ってなかったな)

勇者母「私のかわいい娘だもんねー、心配だったのよぉ」スリスリ

勇者母「でもちょっと安心もしてたのよ?」

勇者母「だって、こんなにいいお友達ができてたんですもの」

235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 00:28:06.68 ID:Wg8O5FZL0
勇者「母さん…」

勇者母「最後まで一緒にいてあげてありがとうね」

戦士「いやいや、こっちこそ色々迷惑かけちゃったしなぁ」

賢者「彼女にお願いされちゃいましたし…ね?」

勇者「…まぁ」

勇者母「照れてるかわいいー」

魔法「勇者ちゃんはずっとよくしてくれたよ?」

勇者母「…勇者、あとでちょっと話が」

勇者「え、突然何…その地を這うような声は……」

魔法「う?」

236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 00:41:15.83 ID:Wg8O5FZL0
勇者【ずっと眠らせて袋詰めにしていた魔王を起こした結果】

魔王「む…ここは…」ガサガサ

賢者「勇者の家だよ」

魔王「な、なぜワシをこんなところへ運んだ?」

賢者「なんか悪いヤツに見えなくてさー」

賢者「このまま退治するぐらいなら共生しないかって交渉するために、かな」

魔王「…それは勇者も承諾しているのか?」

賢者「あー…今ちょっと説教中?だからあとで聞いておくよ」

賢者「一緒に騒いでたら面白いやつなの分かっちゃったしさ」

賢者「時間はあげるから考えてよ?」

237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 00:57:03.87 ID:Wg8O5FZL0
勇者【二階で説教?を受けた結果】

勇者母「この子どう見ても幼いわよね?」

魔法「なになに?」

勇者「何で変な所だけ真面目になるんだこの人…」

勇者母「ブツブツ言わない!!話を聞くっ!!」

勇者「は、はい…」

勇者母「こんな幼い子まで旅に連れて行ってるなんて母さん悲しいわ…」

勇者「いや…たまたま…」

勇者母「たまたまかわいいから連れて行ったの!?うらやましい!!」

勇者「おい…今なんて言った?」

238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:57:02.29 ID:Wg8O5FZL0
勇者母「ゴホン…とにかく、こんな子にまで危険にさらすなんて」

勇者母「できたらこの二人と一緒に旅…何考えてるのよ!!」

勇者「あんたが何考えてるのかさっぱりだ!!本音漏れてるじゃないか?!」

勇者母「…今後そういう事ないようにしなさいよ?話は終わりね…」

勇者「都合が悪くなったからって終わらせるな!!」

勇者母「まほちゃん~おやつ食べる~?」

魔法「あ、食べるー」

勇者「なんか知らないけど無駄な体力使わされて悔し…い…」ドサッ

魔法「勇者ちゃんが倒れた!!」

勇者母「どうしたの!?しっかりしなさい!!」

239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:07:28.76 ID:Wg8O5FZL0
魔王「上が騒がしいようだが…」

賢者「結局、私達がいなくても騒がしいじゃないか」

戦士「勇者の母親が面白いからじゃねぇの?」

賢者「そういう星の下に生まれた子だったんだね、勇者は」

戦士「それどういう意味だ?」

賢者「苦労人ってことさ」

魔王「向こうにいた時と違って大分まともだなお前達は」

賢者「旅を少しでも楽しくしたかったからおちゃらけてたのさ」

戦士「俺ははなから楽しむためにパーティに加わったんだんだけどな」ケタケタケタ

魔王「ワシと戦うのが目的だったくせに変な奴らだ」

240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:21:08.49 ID:Wg8O5FZL0
勇者【ずっと語っていたのに気づかれていなかった結果】

大魔王「…我は大魔王である」ボソボソ

大魔王「この世界は我がいただく」ボソボソ

側近「だ、大魔王様…だからそんなに小さい声だと誰にも聞こえませんって…」

大魔王「だ、だって怖いじゃないか…」

側近「いや、何が怖いんですか…」

大魔王「黙ってろとか言われそうで怖くて怖くて…」ガタガタ

側近(なんでこんな引きこもりが大魔王になったんだ…)

側近「とにかく、もっと『大きな声』で『はっきり』と人間共に伝えてください」

大魔王「うぅ…怖いよぉ…」ブルブル

241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:36:17.30 ID:Wg8O5FZL0
賢者「で、その大魔王を倒さないと真の平和は訪れないと?」

魔王「そうだ、ワシなどザコにすぎないのだ」

賢者「さっきからブツブツ言ってたのは大魔王だったのか」

戦士「どうするよ?ソイツも倒しに行くか?」

賢者「行かないとダメだろうねぇ…」

魔王「本気か?お前達でも勝てる相手ではないぞ」

魔王「ワシと違い、隙など一切ない相手だ」

賢者「あんたは私達を分かっちゃいない」

賢者「こういうのは楽しんだもん勝ちなんだ」

魔王「それこの状況で使う言葉じゃないことないか?」

242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:50:25.36 ID:Wg8O5FZL0
賢者「それでいいんだよ」

戦士「そうだな、俺達はずっとこの調子で頑張って来れたんだ」

戦士「大魔王なんか軽いぜ!!」

魔王「どこからそんな自信が出るのだろうか…」

賢者「まぁあんたには関係ないことよ」

賢者「よし、勇者に大魔王の事話してこよう」

魔王「あ、勇者降りてきたぞ」

勇者「…」

賢者「あれ、目が虚ろなんだけど…?」

勇者「どこか知らない世界に行きたい…」

243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:14:15.39 ID:AancDzRu0
勇者【裏の世界の存在を知った結果】

勇者「大魔王か…さすがにそのまま見過ごすわけにはいかないね」

賢者「本音は?」

勇者「…母さんのいない遠くに逃げたい」

戦士「で、行くなら準備はできてるぜ」

勇者「みんな来るの?帰れなくなるかもしれないんだよ?」

賢者「私は別にかまわないさ」

魔法「わたしもー」

戦士「俺もだ」

勇者「分かった、みんなで裏の世界へ行こう!!」

244: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:29:38.05 ID:AancDzRu0
勇者「…」

賢者「どうしたの?ぼーっとして」

勇者「さすがにみんなに別れとか言った方がいいのかなって」

戦士「せめて母親には言ってきたらどうよ?」

勇者「言ったら家から二度と出れなくなりそうだしいいよ…」

魔法「勇者ちゃん大好きだったもんね」

勇者「あれは病気レベルだよ…」

勇者母「ごめんなさいね、ドタコンで」

勇者「うひゃあぅっ!?」

戦士「ドタコンってなんか新しいな」

245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:39:28.72 ID:AancDzRu0
勇者母「勇者」

勇者「な、なに?」

勇者母「私にはこれだけしか言えないけど…」

勇者母「いってらっしゃい、向こうでも元気でやっていくのよ」

勇者「か、母さん…」ポロポロ…

賢者「あら、全部分かってたんだね」

勇者母「全部話は聞こえてたし、行くだろうなぁと思ってたの」

勇者母「子供はいつか親から離れていくものですしね」ニコ

勇者「母さん…あたし頑張ってくるよ…」グイッ

勇者「いってきます!!」

247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:56:02.84 ID:AancDzRu0
勇者【大穴の前までやってきた結果】

勇者「これが裏に続いているという…」

賢者「はーい、忘れ物はありませんかー?」

戦士「ありませんぜぇ」

魔法「ないでーす」

勇者「ここでも緊張感は0なんだね…」

戦士「そりゃ…な?」

賢者「楽しくいかないと私達らしくないじゃない」

魔法「楽しいのすきー」

勇者「はは、確かにいつも通りのほうがいいね」

248: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:06:46.39 ID:AancDzRu0
勇者「よし、行こう!!」

戦士「…」

賢者「…」

魔法「う?」

勇者「…」

賢者「早く行きなさいよ」ゲシッ

勇者「ちょ、心の準備がまだぁぁぁ…」ヒューン

戦士「うほー!わくわくするぜぇ!!」ヒューン

魔法「まってー」ヒューン

賢者「さてさて…これからまた騒がせてもらうかな」ヒューン

249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:23:05.56 ID:AancDzRu0
勇者【大穴から落下した結果】

勇者「うぅ…突き落とされるとは思わなかった…」

賢者「だって、後ろがつかえてたもん」

勇者「あれだけ大穴なんだからどこからでも落ちれるでしょ?!」

戦士「それより早く外!!外見てみようぜっ!!」

魔法「行こ、勇者ちゃん」クイクイ

勇者「分かったから引っ張らないでね」

賢者「相変わらず保護者だね」

勇者「うるさい」

勇者「それじゃ『楽しく』行こうかな!!」

250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:37:46.95 ID:AancDzRu0
勇者【裏世界へ落ちた結果】

その後、彼女達はいつも通り見知らぬ地で旅を再開する事になった

いつもの調子、いつもの騒がしさ、いつもの笑顔

裏世界でもやることは変わらない

後に大魔王と対峙し、世界を救うことになる

どう世界を救ったかは彼女達しか知らない…

そして、伝説へ…?


 勇者「○○した結果」


おしまい…?

256: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 22:37:06.97 ID:AancDzRu0
おまけ投下の前に一言。

今から投下するのは本編に入れるタイミングを失った・忘れていたシーンです。
なので時系列はあまり気にしないでください。

その後の話はその後からになります。
それでは続きをお楽しみください。

257: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 22:38:28.23 ID:AancDzRu0
勇者【転職所より北にある塔へ来た結果】

勇者「なんだか不思議な雰囲気の塔だね…」

戦士「そうかぁ?」

賢者「お宝さえあればわたしゃ気にしないけどねー」

魔法「ねー」

勇者「キミ達は…ほら、行くよ」

賢者「先回りしていい?」

勇者「はい?」

賢者「こんな風に…転送呪文!!」バヒューン ガシ

勇者「真上のロープまで飛んでショートカット…だと…」

258: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 22:50:34.10 ID:AancDzRu0
勇者「はぁはぁ…やっと追いついた…」

戦士「お前らきたねぇんだよぉ!!」

賢者「ほっほっほ…頭脳の勝利ですよ」

魔法「びよーんってなって面白かったよー」

賢者「勇者もやろうと思えばできたのになんでしなかったの?」

勇者「そりゃ呪文すら使えない戦士もいるし…」

勇者「何よりわたしは自力で進みたかったんだ」

戦士「勇者は真面目だなぁ…それに俺のことまで気にしてくれてたとはな」ジーン

賢者「うーむ…ちょっとやり直してくる」ヒューン

勇者「おいぃぃぃ!?せっかく進んだのに戻るなぁぁぁぁ!!」

259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 23:01:48.65 ID:AancDzRu0
勇者【仕方なしに戻っていった賢者を待った結果】

賢者「ふぅ…ひぃ…ま…待たせたね……」

勇者「もう日が暮れたよ!!何やってんの!?」

魔法「くぅくぅ…」

戦士「ふわぁぁぁ…やっと来たかぁ」

勇者「何でわざわざ戻った!?」

賢者「だってぇ…こうしたら勇者褒めてくれるかなと思って」

勇者「無駄に時間使われたら逆に怒りたくなるわ?!」

賢者「勇者の好感度が下がってしまった…ちゅっちゅしたかった…」ショボーン

260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 23:13:17.09 ID:AancDzRu0
勇者【最上階まで来た結果】

戦士「なんでぇ…何もないじゃないかよ」

賢者「うーん、途中にも他へ行ける道なかったしなぁ」

勇者「これで終わりにしては何か足りない気がするんだけどなぁ…」

魔法「ねぇねぇ」グイグイグイ

勇者「うん?何かな?ってそんなに引っ張ったらそっちは…」

勇者「ちょぉぉぉ…」ガクン ヒューン

戦士「落ちたな」

賢者「落ちたね…あ、下に通路ある」

魔法「そうだよー、だから勇者ちゃんに教えたのー」

261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 23:25:47.98 ID:AancDzRu0
勇者「うぅ…新たな道を見つけられたのはいいけど…」

勇者「落とす事ないんじゃないかな?」ギュムー

魔法「ふぉめんなふぁい…」ビローン

賢者「まぁいいじゃないかい」

賢者「こうして新たな場所を発見できたわけだし、ねっ」ドンッ

勇者「は……おいぃぃぃ…」ヒューン

戦士「さすがにそれはひどくね?」

賢者「だってさーまた下にしか道ないんだからしょうがないじゃないの」

戦士「だからって連続はさすがにやばいんじゃねぇか」

魔法「勇者ちゃんのところ早く行こうよー」

262: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 23:36:09.72 ID:AancDzRu0
賢者「機嫌を直しませんか?」

勇者「…」

戦士「だーめだこりゃ」

賢者「ほらぁ、そこの宝箱に入ってた悟りの書あげるからさー」

勇者「別の職になれるものならなりたいよ…」

魔法「わたしにちょーだい!!」

賢者「およ?賢者になりたいのかい?」

魔法「賢者って何?」

勇者「知らずに何でほしがるんだ…」

賢者「どう反応すりゃいいねん…」

263: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 23:48:10.88 ID:AancDzRu0
勇者【とある町にきた結果】

町人「よぉ、久しぶりだなポカパマズ」

勇者「誰…?」

町人「あっ、オオナマズさんじゃない」

勇者「さっきの人と名前が違ってるし…だから誰の事だよ…」

町人「あーシュババーンさんだぁ」

勇者「だんだん違ってるし!?どれが本物でその名前の主誰なんだよ?!」

戦士「なんだここ?みんなが狂っている町とかか?」

魔法「ポポポポーン♪」

賢者「ただ名前覚えてないだけなんじゃない?」

264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 00:05:43.03 ID:wnexDzUA0
勇者【その名前が自分の父の名前だと判明した結果】

勇者「父さんがここに来てたんだ…」

子供「そうだよーパンナコッタさんと一緒に遊んだりもしたんだよ」

勇者「いい加減名前を固定しようよ…」

賢者「勇者のお父さんどうなったんだっけ?」

勇者「誰も見てないらしいけど火山に落ちて死んじゃったんだろうって…」

子供「きっと生きてるよ!!だってあのボラギノールさんだし!!」

勇者「名前…もうツッコむ気も失せてきた…」

子供「そういえばスポポビッチさんもツッコミ上手だったなぁ」

賢者「勇者は父の血を濃く受け継いでると判明」

267: >>266 その発想はなかったw 2013/08/01(木) 22:43:46.93 ID:wnexDzUA0
勇者【離島の城へやってきた結果】

兵士「田舎者は帰れ帰れ」

勇者「ちょ…それひどくない…」

戦士「こんな離島にある城にいるくせに田舎者扱いしてくるってむしろ逆じゃね?」

賢者「やーい、田舎者~さっさと城に入れろー」

兵士「違う!!お前達のほうが…」

魔法「しょんべんくさい●●田舎ボウヤのくせに早く入れろー」

兵士「うわーん!!好きにすればいいさっ!!」

勇者「泣いちゃった…勝ってどうするんだよ…」

勇者「あと、魔法使いに変な言葉教えた人正座しろ」

268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 22:53:28.49 ID:wnexDzUA0
賢者「入れるようになったからいいじゃなーい」

勇者「そこは問題じゃない!!魔法使いに変な言葉教えるなと言いたいんだ!!」

戦士「…勝手に入ってるか?」

魔法「そうだねー」テコテコ

賢者「あ、私も中に…」

勇者「まだ終わってないよ!!反省しなさい!!」

賢者「何で今日に限ってそんなにクソ真面目なんだよぉ?」

勇者「はぁ?いつもこんなですけど?!」

賢者「なんかこの子別人なんだけど…」

勇者「うるさい!!反省しろって言ってるでしょ!!」

269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:17:01.07 ID:wnexDzUA0
勇者「やっと城に入れる…」

賢者「この年になって説教されちゃった…」グスン

戦士「でも大人って叱ってくれる人いないから調子に乗るんだよな」

勇者「もうそんなのはどうでもいいよ…えっとここに何か大事なものなかったっけ?」

魔法「こんなのなら見つけたー」

勇者「ツボ?なんだろうねこれ…」

戦士「痰ツボきたーっ!!」

勇者「そんな汚いものなわけないでしょ!?」

魔法「きちゃないものなの?だったらポーイッ」ガシャーン

勇者「あぁぁぁぁぁっ!?」

270: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:34:54.44 ID:wnexDzUA0
戦士「お、俺のせいじゃないぞ…」

勇者「だったら変な事言うなばーかばーかっ!!」

賢者「なんかここ着て勇者が壊れ気味なんだが…」

戦士「ちょっと無理させすぎたか?」

賢者「精神的ダメージが積み重なりすぎたのかねぇ」

賢者「だがそんな勇者もいい」キラッ

勇者「…次に行こう」グター

魔法「大丈夫?」ポンポン

戦士「あれ…いつか発狂するんじゃね?」

賢者「たまには真面目にやらないとさすがに怖くなってきたねぇ…」

271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:02:16.22 ID:nz4qnt5e0
おまけ終わり

ここからは本編のその後の話

272: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:02:51.26 ID:nz4qnt5e0
勇者【裏世界の冒険が始まった結果】

勇者「あの海の先にあるのが大魔王のいる所か…」

戦士「そんじゃ行きますかぁ!!」タッ ドボーン

勇者「泳いでいく気か!?どれだけバカなんだ!!」

賢者「ダメよ、本当の事言っちゃ」ポン

魔法「泳いでいかないのー?」

勇者「バカのマネしちゃダメだよ…歩きか船で行こうね」

賢者「勇者も結構スルースキルついてきたなぁ」

勇者「あなた達のおかげでね…」

戦士「うおぉぉぉぉぉ!!」バシャバシャバシャ!!

273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:12:40.92 ID:nz4qnt5e0
勇者【近くの城へ訪れた結果】

賢者「お宝どこだ…」ゴソゴソ

勇者「いきなり盗賊の真似事やめて?!」

戦士「これだけでかいと何かいいもんあるって思うだろぉ?」

勇者「今更言う事でもないか…もうツッコむのも疲れたよ…」

勇者「あれ、魔法使いどこ?」

賢者「あの子ってよく一人でいなくなるよね」

戦士「そして面倒事を持ってくるんだよな?」

勇者「人の事を棚に上げてよく言うよ…」

勇者「裏庭かな」テクテク

274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:23:24.64 ID:nz4qnt5e0
勇者「あ、見つけたよ」

賢者「なーにしてるのっ?…うげ」

魔法「う?」ゴチンゴチン

戦士「石持って何してたんだ?」

勇者「なんかそれ、えらい下の方が黒くない?」

賢者「その石、確か必要なヤツだった気がするけど…」

魔法「そうなの?汚しちゃった、ごめんね」ヒョイ

勇者「まぁ今回は原形とどめてるから大丈夫じゃないかな」

賢者「ちょっとあんたら集合」

戦士「お?どうしたよ?」

275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:33:49.65 ID:nz4qnt5e0
賢者「今、あの子が何してたか分かる人~」

勇者「遊んでたんじゃないの?」

賢者「もっと詳しく」

戦士「石で石を叩いていた?」

賢者「うん…それであの黒いのの正体は?」

勇者「何が言いたいの?これ何?」チョンチョン

賢者「実は見ちゃったんだよね…」ゴニョゴニョ

勇者「いやぁぁぁ!?さささ触っちゃったよぉぉぉ?!」ポーイ

戦士「子供って結構残酷だよな…あとで石洗っておくか…」

魔法「何話してるんだろ??」

278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 23:02:08.21 ID:dLG3Vash0
勇者【警戒しながら王様に会った結果】

王様「頑張っておくれ、勇者よ」

勇者「はい、では失礼します」

勇者(今までの王族がひどかっただけか、珍しくまともだった…)

魔法「あの人たち何してるのー?」

王様「ん?あれは音楽隊じゃよ、練習しておるのだが大分下手でのぅ…」

賢者「確かにへったくそだね…貸してみな!!」

戦士「俺にもやらせろよ!!」

魔法「わたし自分の吹くー」ピーポーピー♪ピッピポー♪ピロリロピロリロピロリロピロリロ♪

勇者「せっかく何事もなく終われたのに…早く行こうよ…」

279: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 23:17:48.89 ID:dLG3Vash0
勇者【久しぶりの温泉に浸かった結果】

勇者「あ~気持ちいい~」パチャ

魔法「あったか~い」パシャンパシャン

勇者「こらこら泳がないの」

賢者「そういえば最初の頃よく入りに来てたよね」

勇者「温泉好きなんだよ、さすがにここじゃないけどね」

賢者「あんときゃからかってやろうと必死だったもんだ、はっはっは」

勇者「あれであたし逃げてなかったらどうなってたやら…」

賢者「決まってる、かわいい女の子は●…」

魔法「温泉まず~い…」デロデロ

280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 23:32:41.86 ID:dLG3Vash0
勇者【温泉にあがったら戦士が笛を持ってきた結果】

戦士「さっきそこの地面から掘り起こしたんだが…」

賢者「何気に温泉付近を徘徊しておったのかこの変態め」

戦士「そりゃ幼女の裸体は見たいだろ」

賢者「はっはっは、至近距離で見ちゃったもんね」

戦士「くそがぁぁぁぁ!!」ドンドンドン

勇者「もうどっかいけ、変態ロリコン共」

魔法「笛吹いていーい?」

ピーピーポー♪ピポポーポポピピポーポー♪ピーポーポー♪ピポポーポポピー♪

勇者「了解するより先に吹かれた!?」

281: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 23:49:48.62 ID:dLG3Vash0
魔王【一方勇者の家に残された結果】

勇者母「そうそう、そこも拭いて頂戴」

魔王「…」ゴシゴシ

勇者母「あと屋根もお願いね」

魔王「分かった…」バッサバッサ フキフキ

魔王「なんで…このワシがこんな事しなければいかんのだ!!」ベチーン

勇者母「あら、ここに住んでる以上は働いてもらわないと」

魔王「ワシは好きでここに来たわけではない!!」

勇者母「こら!!ダメでしょう!!」ターン スタッ

魔王(屋根まで飛んできおった…本当に人間か…?)

282: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 00:01:42.04 ID:VJ48bi4O0
勇者母「魔王ちゃんは女の子なんだから『ワシ』とか言っちゃダメ!!」

魔王「どちらかと言うと両性なのだが…」

魔王(姿も本物ではないしの)

勇者母「分かったの?!分からないというなら鳥篭の中で暮らす…?」ゴゴゴゴゴ…

魔王「わ、分かった…」

魔王(こやつには逆らわないほうがよさそうじゃ…)

勇者母「魔物でも娘でも同じ扱いするわよー」

魔王「あれ、ワ…タシは娘にされたのか…?」

勇者母「最初から私の娘は一人よ?」ギュウ

魔王(勇者…母はお主をいなかったことにしておるぞ…)

283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 00:12:47.37 ID:VJ48bi4O0
勇者【砂漠の町に来た結果】

勇者「どこ行こうか」

戦士「ぶ・き・や!!ぶ・き・や!!」

勇者「もぅ…しょうがないなぁ…じゃあ先見ていこう」

店員「ゆきのふ…うーん、他にないかなぁ…」

魔法「どうしたのぉ?」

店員「いや…生まれてくる子供の名前考えてるんだけどな…」

賢者「じゃあ『ポカパマズ』なんてどうよ?」

店員「…それいいな」

勇者「マジで!?うちの父さんの別名だよそれ!!」

284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 00:25:24.42 ID:VJ48bi4O0
勇者【オリハルコンとやらを探した結果】

戦士「本当にこの辺にあるのかぁ?」

賢者「無駄話してないで手を動かしな」

勇者「そう言うあなたは探す気0よね…」

賢者「はっはっは…こういうの苦手でね」ポンポン

魔法「ねーねー、賢者ちゃんが座ってるのが探してるもの?綺麗な石ー」

戦士「そこかよぉ?!気付かなかったわ!!」

勇者「賢者って意外とドジなの…?」

賢者「い、いやいや!!気付いてたさぁ!!いつ気付くかなぁって…はは……」

賢者(変なところで恥かいちゃったわぁ…はずかち)

285: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 00:40:39.93 ID:VJ48bi4O0
魔王【勇者宅でなんか色々習った結果】

魔王「ほっ!!」ジュアー

勇者母「あら、随分とさまになってきてるわね」

魔王「強引に習わせておいてそれはどうか…できた」コトッ

勇者母「…味も完璧ね、えらいぞー」ナデナデ

魔王「そ、そうか…」

魔王「ところで勇者の事だが…」

勇者母「勇者って誰?それと言葉使いがまた違ってるわよ」

魔王「ご、ごめんなちゃい…」

魔王(完全に勇者の存在が…)

287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 00:52:39.91 ID:VJ48bi4O0
勇者母「もう気にしちゃダメよ」

魔王「え?」

勇者母「あの子は自分の生きる道を見つけたの」

勇者母「もうとやかく言う必要もないのよ」

魔王「…もう会えないかもしれんのだぞ?」

勇者母「孫の顔は見れないのは残念だけどねー」

魔王「いや、そんな問題では…」

勇者母「いいのよ、あなたが気にしなくても」

勇者母「今、私の娘はここにいるから」ギュウ

魔王(これが勇者の母なのか…)

288: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 01:04:12.97 ID:VJ48bi4O0
勇者【離島の塔に進入した結果】

戦士「何だよこの床!!変な方向に移動させやがる!!」

勇者「ダメだよ、こういうときは落ちついて対処法を…」

魔法使い「ぴょーん」タットッテッ

賢者「ほほぅ、飛びながら移動すりゃ影響されないのか」

勇者「…」

戦士「そんな細かい事俺に出来るか!!こうだ!!」ベリベリ

勇者「床がはがれた!?何でそんな発想出てくるんだ!!」

戦士「罠って所詮仕掛けたものだろ?だったら取り除いたらいいじゃんと」

賢者「あんたにしては珍しく頭使ったね」

289: 実は笛の音はどれかのBGMからとってある 2013/08/04(日) 01:20:32.96 ID:VJ48bi4O0
勇者【最上階に着いたが何もなかった結果】

賢者「何にもないねぇ」

勇者「いや、何かあるはずだよ…道具使うとか…」

賢者「途中で拾った笛じゃない?」

戦士「それだ!!早速吹いてみようぜ」

魔法使い「はーい」

ピーローリロリッ♪ピロリロリッ♪ピロリロリッ♪ピロリロー♪

勇者「何も起きないよ…?」

魔法使い「もっと吹いてみるぅ?」

勇者「あ、お願い」

290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 01:34:25.61 ID:VJ48bi4O0
~♪~~♪

賢者「うーん、これはどうしたことだろう?」

戦士「笛は違ったか?」

勇者「色々探したけどそれ以外何も…」ゴソゴソ

女神「あのー」ポォウ

勇者「はい?」

女神「その笛…違う物だと思うのですけど…」

勇者「え?」

魔法使い「あ、これ別のところで見つけたやつだったー」

勇者「何ですぐ気がつかないの!?」

294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:12:31.24 ID:VJ48bi4O0
勇者【女神様が現れていたのに気付かなかった結果】

女神「えっとですね…自力で封印解いて教えに出てきてしまったわけなんですよ」

勇者「は、はぁ…それはどうも…」

賢者「これはすごい素材ですよ…はぁはぁ」フラフラ

戦士「おいやめろ…あれでも一応神なんだぞ!!」グイグイ

女神「身の危険を感じるのですが…」

魔法使い「神様なのに?おっかしいのー」ケラケラ

賢者「ちょっとでもいいから味見させてよー!!女神ちゃーん!!」グググ…

女神「何なんですかあの人は…」ブルブル

勇者「すみません…かわいい女の人が好きな変態でして…」

295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:27:46.10 ID:VJ48bi4O0
女神「あなたが勇者ですね、この守りを授けましょう」

勇者「ありがとうございます」

女神「世界の命運はあなた達にかかっています」

女神「頑張ってくださいね」ニッコリ

勇者「はいっ!!」

賢者「ふぉぉぉぉ!!笑顔いいのぉ!!私にも笑いかけておくれ!!」ギッシギッシ!!

戦士「捕まえておくの面倒だから縛ったぞー」

勇者「ご苦労様…」

女神「それでは私はこれで…はっ」

魔法使い「お姉さん行っちゃうの?」グイグイ

296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:39:18.78 ID:VJ48bi4O0
女神「えっと…離してくれないといけないのですが…」

魔法使い「もうちょっといようよー、賢者ちゃん嬉しそうだし?」

賢者「よくやった魔法使い!!あとでぺ ペロしたげる!!」

勇者「こら!!離してあげなさい!!」グイー

魔法使い「やーだもーん!!」

女神「何この人たち怖い…」

戦士「たまにはまともな事言うとだな…」

戦士「こんな調子でもここまで頑張ってきたんだぜ」

戦士「だから安心して見守っててくれよ?」

女神「ふふっ…そうですね」

297: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 22:56:01.75 ID:VJ48bi4O0
勇者【見知らぬ祠に来た結果】

精霊「これをあなたに託しましょう」

勇者「杖…ですか」

賢者「もう何もしないから、待ってー♪」

精霊「た、助けて!!変なところ触ってくるの?!」

戦士「だからソイツに近づくなって言ったろ…ねみぃ…」コックリコックリ

魔法「これでいいのー?」

精霊「そうよ、あともうちょっと頑張ったらお花の冠できるわよー」

勇者「いつに増してフリーダムだな、おい?!」

勇者「早く次に進もうよ…」

298: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:10:39.34 ID:VJ48bi4O0
魔王【あまりのきつさに逃げ出した結果】

エルフ「ここはエルフの村よ…あっ人間…じゃないからしゃべってもいっか」

魔王「この村にしばらくかくまってくれまいか?」

エルフ「よく分からないけど、女王様に聞いてみて?」

魔王「分かった、奥でいいのか?」

エルフ「いいよ、ただちょっとイライラしてるから気をつけてね」

魔王「?まぁいい」ペタペタ

エルフ(魔物?何だか捕まえていい子いい子いたい気になっちゃう…)

魔王(何だ?背中がゾクゾクするのだが…)ゾクッ

魔王(ここで断られたら逃げ場がないかもしれぬな…)

299: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:22:55.12 ID:VJ48bi4O0
女王「しばらくかくまってくれ?」

魔王「頼む!!」

女王「…あなた魔王でしょう?」

魔王「う…お主には分かるのか…?」

女王「倒したと聞いたけど気配が残っていたから」

魔王「そうか…邪魔したな」トボトボ

女王「待ちなさい、ダメだとは言っていません」

魔王「ワシは魔王だぞ…いいのか?」

女王「もう悪意を持っていないのでしょう?なら問題ありません」

女王「その代わり…しばらく抱かせてもらいますね」ギュム

301: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:32:42.34 ID:VJ48bi4O0
魔王「何故抱かれたのだ…?」

女王「癒しがほしかったのです」

魔王(そういえばさっきイライラしてるとか聞いたな)

女王「娘も死んで、愛でるものがほしくて仕方なかったのですっ」ギュムー

魔王「うぇ…これでは勇者の母と…同じではないか…」

勇者母「そりゃそうよ」

魔王「ぴぃ!?」ビクゥ

女王「人間…何をしにきたのですか…?」

勇者母「その子がかわいくて仕方ない者の一人よ」

女王「なんですって…」

302: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:43:53.75 ID:VJ48bi4O0
勇者母「人間だろうとエルフだろうと癒されるものは一緒」

勇者母「違いますか?」

女王「いえ、その通りだと思います…これほど癒されるものはないです」

魔王「さりげなく物扱いにされておるのだが…」

勇者母「癒しがほしいならいつでも連れてきますわ」

女王「ありがとう…人間を勘違いしていたかもしれませんね」

魔王「それだけで人間信用して良いのか!?」

勇者母「いいんじゃない?もう少ししたら一緒に帰りましょうね?」ナデナデ

魔王「う…転送呪文!!」バヒューン

女王「あぁっ…もうちょっとだけ癒されたかった…」

303: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 23:55:49.96 ID:VJ48bi4O0
勇者【城塞都市を訪れた結果】

戦士「何だこのだらけきった人々は」

戦士「一人ずつ気合注入してってやろうか…」パシーンパシーン

勇者「だからって殴りにいくのは止めなさい」

魔法「わたしも殴りに行くー」ブンブンブン

勇者「何でさっきもらった杖で殴ろうとしてるの!?」グイッ

魔法「はーなーしーてー!!」

勇者「色んな意味でダメ…!!これは…」グイッ

パキョン

勇者「のぉぉぉぉぉぉぉぉ?!」

304: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:09:52.06 ID:uyKskWMQ0
賢者「はぁ?杖を折ったぁ?私がいない間に何してんのさぁ」

勇者「つい力を入れすぎて…」

勇者「大事なものだったんだけどどうしよぉ…」ブルブル

賢者「ん、んっ」チョンチョン

勇者「なに…?」

賢者「前にも同じような事やったじゃない、すぐ元通りよっ」

賢者「魔法使いー、変化の杖かしてー」

魔法「すぐ返してねぇ…」ヒョイ

賢者「ありがとさん、そいでこれをー」フリフリ

勇者「まさか…やめれ…やめれぇぇぇぇ!!」

305: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:19:23.80 ID:uyKskWMQ0
勇者【くしゃみおじいさんの話を聞いた結果】

賢者「隣に住んでるんだって」

魔法「面白そう!!見に行こっ!!」グイグイ

勇者「こら、いきなり押しかけたら迷惑でしょ」

へっくしょーん!!へっくしょーん!!へっくしょーん!!

だいれくしょーん!!せぱれーしょーん!!

勇者「何だそのくしゃみ!?おかしいだろ?!」

戦士「へっ…ぷれいすていしょーん!!」

勇者「って、戦士か!!まぎらわしいな!!」

老人「へっどしょーっと!!…ずず…外がうるさいのぉ…」

306: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:31:28.54 ID:uyKskWMQ0
勇者【大魔王のところに普通には行けないと知った結果】

賢者「とある杖と石がいるみたいね」

戦士「両方そろってるじゃん、ラッキーだな」

賢者「ふむ、これらを南東の祠に持っていけばいいらしいよ」

勇者「…ダメだ」

賢者「何がダメなのよ?さっさとその祠行こうよ」

勇者「いいわけないだろ!!」

勇者「こんな偽者の杖と真っ黒の石なんか持っていけるわけがないじゃないか!!」

魔法「だいじょーぶだよー」ケラケラ

勇者「ねぇ…どこにそんな自信があるの…?無茶苦茶なんだよ…?」

307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 00:40:26.39 ID:uyKskWMQ0
勇者【結局南東の祠に来た結果】

神官「そろえてきたようだな、しばらく待っていなさい」

賢者「ほら、何の心配もなかったじゃない」

勇者「嫌な予感しかしないよ…」

戦士「希望は持とうぜ!!焼き鳥の時だって生まれたじゃないか!!」

勇者「そうだけどこれはさすがに…」

神官「できたぞ、持って行きなさい」スッ

勇者「え、マジで…ってぇぇぇぇぇぇ!?」サララァ…

神官「なんてな♪すまん、失敗した…」

勇者「おいぃぃぃぃ!!本当にできたってノリで渡すなぁぁぁぁ!?」

308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/05(月) 23:53:30.06 ID:uyKskWMQ0
勇者【大魔王城への行き方を考えていた結果】

魔法「お船は?」

勇者「残念だけどここまで持って来れないんだよ」

賢者「さすがにコイツは私でも悩みどころだねぇ」

戦士「壁も岩もないしなぁ…俺もダメだわ」

勇者「無茶を通してきたキミ達でもきついのか」

魔法「うーん…これ使えるかな?」ゴソゴソ ヒョイ

勇者「あれ?そのツボって割ったはずじゃ…?」

魔法「賢者ちゃんに直してもらったの!!」

賢者「直せというから徹夜して強引に直させられたんだよね…」

309: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 00:06:12.34 ID:BGV7Un1F0
勇者「それでそれをどうするの?」

魔法「これすごいんだよ、ほら!!」チャポン

シュゴォォォォォォ!!

戦士「うおっ!?海水がツボに吸い込まれていくぞ!!」

勇者「ちょ…待って…待ってっ!!」

賢者「あー…海水が完全に干上がったねぇ…」

勇者「何だこの危険物?!やりすぎだよ?!通れるようにはなったけど!!」

賢者「聞いた話じゃ吸い込む水の量は決まってたらしいわ」

賢者「一回割ってるからその辺のリミットあたりが狂ったのかな?」

勇者「これ井戸とかに放り込んだら村一つ壊滅できるレベルだよ!?」

310: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 00:23:07.19 ID:BGV7Un1F0
勇者【かなり奥で物音がしてきた結果】

勇者「あ…」

戦士「お?誰か戦ってやがるぞ!!」

賢者「あれは…」

賢者「竜と変態?」

勇者「なんでそうなった?!」

賢者「だってーパンツいっちょじゃない、あのおぢさん」

戦士「俺でもちゃんと着てるってのにな?」

勇者「…」

勇者(言えない…あれがあたしの父さんかもしれないだなんて…)

311: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 00:38:36.68 ID:BGV7Un1F0
勇者【なにやら会話が聞こえてきた結果】

三つ首竜「グオォ…後ろに何か来ておるようだが?」

親父「それどころではないわ!!」シャキ

三つ首竜「あの中にお前の子供いたらどうする?」

親父「そんな言葉に惑わされんわ!!」

三つ首竜「あの貧相な体のとかお前の子供っぽいが?」

親父「思い出せないがそれはないな!!俺の娘ならきっと豊満なボディをしているはず!!」

三つ首竜「言い方がいやらしいな、お前」

親父「う、うるさい!!さっさとかかってきやがれ!!」

三つ首竜「顔が赤いぞ」

312: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 00:49:27.93 ID:BGV7Un1F0
賢者「何か言い争っているのかねぇ?」

賢者「ちょっと止めてくるわ」テクテク

戦士「俺も行くわぁ」ドスドス

勇者「あたしどうすればいいの…」

魔法使い「勇者ちゃん、お腹すいたー」

勇者「ここでか!?…まぁ今ならなんとかなるか」ゴソゴソ

親父「俺の娘はきっと…!!」

賢者「はーい、ストップ~」

三つ首竜「なんだ?」

親父「君は…?」

313: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/06(火) 01:00:41.19 ID:BGV7Un1F0
賢者「まずあなたのお名前を伺いたい」

親父「…思い出せないのだ」

賢者「記憶喪失ってやつですか…戦士、やっちまいな」

戦士「こういう時はショック療法ってな!!」ブゥン

親父「ぐほ…!?」ベキッ ドシャ

戦士「む…動かなくなったぞ?」

勇者「やりすぎだアホーッ!!」

勇者「あなたは…あたしの父さんですよね…?」ユサユサ

親父「…すべて思い出した、しかし俺の娘は…そんな貧相じゃな…べぎょ?!」ゴリン!! ドサリ

賢者「勇者が親?にとどめを刺したんだけど…」

314: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 22:44:46.06 ID:S7uc8iQO0
勇者【ついに大魔王のいる前までやってきた結果】

ボッ ボッ ボッ ボッ ボッ ボッ

勇者「…」

戦士「何も来ないな」

賢者「大魔王がこっち来そうな雰囲気だったんだけどね」

大魔王「ょ…な…」

魔法「何か聞こえたよ?おーい、いるなら出ておいでよー!!」

大魔王「こ…わぃ…」

戦士「おい!!それでも大魔王か!!」

勇者「魔王の時もアレだったけど…なんだこれ…」

315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 22:54:17.21 ID:S7uc8iQO0
戦士「もう突っ込むぞ!!」ダッ

勇者「何か仕掛けられてるかもしれないから気をつけて!!」

三つ首竜「ウ?」

戦士「どけぇぇぇぇぇ!!」ガシッ

三つ首竜「ギャァァァプ!!」ブチィ

賢者「あらグロテスク」

賢者「じゃあ次は私が…」

魔法「不思議呪文!!」ドドドドドド…

賢者「先越されたぁ!!その呪文私にも何が起きるか知らないんだよね…」

勇者「は?」ズリーン

316: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 23:07:28.70 ID:S7uc8iQO0
勇者「ちょttぬgtndsg」バッ

賢者「何で勇者の服がずり落ちた?!お触りオッケー??」ジロジロ

勇者「見るなアホぉ?!いやぁぁぁぁ!!」ゲシゲシ

戦士「おいおい…何やって…」

魔法「もう一回不思議呪文!!」キュピーン…

ボトリ

魔王「あだ!!どこじゃここは…」キョロキョロ

戦士「魔王が落ちてきたぞ!!どうなってんだ!?」

魔法「まだまだいくよー!!」ズズズズズ…

魔王モドキ「ヒギ…」ドロリ…

317: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 23:23:19.29 ID:S7uc8iQO0
魔法「そーれ!!」ズズズズズ…

??『勇者~私の勇者どこ~?』

勇者「ひっ?!か、母さん!?」キョロキョロ

賢者「いるわけないじゃない、声だけでしょ」

魔法「きゃっきゃ」ズズズズズ…

賢者「ぴぇ!?」パッ

戦士「なんだよお前その●●い水着はぁ」

賢者「見るなボゲッ!!」ゲシゲシ

魔法「わーい」ゴゴゴゴゴ…

勇者「もうやめ…」バシャーン

318: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 23:34:48.97 ID:S7uc8iQO0
賢者「くそぅ…こうなったら私もやってやるわ!!不思議呪文!!」キュピーン

魔人「ウオォォォォォォ!!」

勇者「なんかやばそうなの来たんですけど!?」

戦士「敵か!!消し飛べぇぇぇぇ!!」ゴギン!!

魔人「オッ…ゲベ…」シュウン

魔法「勝負だ賢者ちゃーん!!」ズズズズズ…

賢者「へっ!!どっちがすごい事起こせるかってか!!」ピカーン

ズリュズリュズリュ ポポポポポヒューン

勇者「床からなんか気持ち悪い植物出てるんだけど?!」シュルリシュルリ

戦士「こっちの水からは変なイガイガの球体が…いでぇ!?」ゴチンゴチンゴチーン!!

319: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/07(水) 23:53:30.68 ID:S7uc8iQO0
勇者「魔法使い!!もうその呪文やめて!?」

魔法「もう終わりー?つまんなーい…」

魔王「勇者…何が起きたのじゃ…?」

勇者「ゴメン、巻き込むつもりはなかったんだ」

魔王「どうせ仲間共の仕業じゃろう?」

魔王「それよりもう大魔王の前まで来ておったのか」

賢者「会いたかったよまおー!!」ギュウ

魔王「うぶっ…こんなことしてる場合か…!!」

魔王ゾンビ「そうだ、さっさと仲良く死ぬがいい!!」

勇者「!?危ない!!」

320: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/08(木) 00:04:45.41 ID:MrU+/ZSO0
賢者「萌えパワー補充中だ、邪魔しなさんな…よっ!!」ボボボ カキーン ゴゴゴ ボォン

賢者「上位4呪文の合わせ技くらいな!!」ピッ

ズガガガガガガガガ!!!!

魔王ゾンビ「え、ちょ…ピギィィィィィィ!?!?」バラバラバラ…

戦士「おー!!なんだあれ、すごすぎる!!」

賢者「ふっ…チート…じゃない、隠し技さ」

勇者(やっぱりチートなのか…この人は…)

勇者「やっと王座が見えた!!」ダッ

魔法「大魔王~出てきて~」

勇者「やっぱり緊張感0ですかそうですか」

321: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 22:14:09.30 ID:TU04HJML0
勇者【王座の前まで進んできた結果】

賢者「とりあえず大魔王どこ行った」

勇者「大魔王!!あたし達と戦え!!」

大魔王「…」ガタガタ ズルズル

魔法「見つけたー」グイグイ

戦士「幼女に引っ張られる大魔王…シュールだなぁ」

勇者「これ本当に最後の戦いなの!?こんなのでいいの!?」

大魔王「よくは…ない…」

賢者「おぉ、しゃべった」

大魔王「こ、怖いけど…やらなくちゃ…」

322: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 22:28:12.03 ID:TU04HJML0
勇者「お前を倒して世界を…」

魔法「何で震えてるの?」

大魔王「人間…怖い…」

戦士「ばっか、全然怖くないっての!!」

賢者「どうやらこの子、引きこもりのようね」

勇者「いやいや戦えよ、キミ達」

勇者「大魔王は戦う気があるのにどうしてこうも…」

賢者「もー、口うるさいおばさんだなぁ!!」

戦士「おばさんは買い物にでも行ってろ!!」

勇者「なんじゃそりゃぁ?!誰がおばさんだ!!」

323: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 22:38:43.45 ID:TU04HJML0
大魔王「く…くらえ…!!」ヒョォォォ

戦士「おらぁ!!」バリーン

勇者「呪文って素手で防げるものなんだ…」

大魔王「こここ…これなら…ふぅぅぅぅ!!」ビョォォォォ!!

魔法「わーい雪だー」

賢者「これは普通に効くね、障壁呪文かけとこう」ピキィン

勇者「約一名、モロに受けても喜んでるんだけど?!」

大魔王「うぅ…やっぱり我じゃダメなんだ…」コソコソ

戦士「おい、逃げんな」グイッ

大魔王「!?やだ…怖い…怖い!!」

324: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 22:52:07.79 ID:TU04HJML0
賢者「ねぇ、真面目にやってもコレなんだけどどうすんのさ?」

勇者「もぉなんなの…こんな最後イヤなんだけど…」

大魔王「ご、ごめ…」ガタガタ

魔法「じゃあーねー…ぎゅー」ギュッ

大魔王「ひっ!?」

魔法「わたしの腕の中で眠りなさーい」ズズズズズ…

戦士「なんだぁ?地面が揺れてるんだけど…」

勇者「あの子が何かしてるの…?」

賢者「まさか…」

メリメリメリメリ!!

326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 23:05:49.60 ID:TU04HJML0
魔法「あんぎゃーす!!」

勇者「魔法使いがドラゴンになった…」

賢者「何故竜化呪文使ったし」

魔法「魔物に抱かれたら落ち着くのかなってー」グリグリ

大魔王「うぇ…ぐるじ…い…」ギチギチギチ

戦士「なんか地味にダメージ与えてるみたいなんだが?」

賢者「抱くというか締め上げてる感じよねぇ」

魔法「あれ?苦しそう?」ヒョイ

大魔王「はぁはぁはぁ…死ぬかと…思った…」ゼェゼェ

勇者「あんなので死なれたらこっちの立場なくなるっての…」

327: >>325 不意打ちすぎて吹いた 2013/08/09(金) 23:23:58.63 ID:TU04HJML0
大魔王「ば、ばかにするな!!」ブゥン

戦士「でっ?!」ズシャー

賢者「わーお、さすがラスボス…普通に攻撃翌力はあるね」

魔王「えっと…ちょっとよいか?」

勇者「あ、そういえばいたんだね」

魔王「お主にまで忘れられてたのか!?さすがに辛いわ!!」

賢者「で、どうしたのさ?」

魔王「勇者、後ろを決して振り返るんじゃないぞ…」

勇者「はい?」クルリ

勇者母「…」ニコニコ

328: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 23:37:01.63 ID:TU04HJML0
勇者「かかかかかか母さん!?!??!」

勇者母「あー、この子迎えに来ただけだから気にしないで」ヒョイ

魔王「今までどこに逃げてもこうして捕まったんじゃ…」

勇者「…」

勇者母「この子が今うちの子なの♪」

勇者「知らない間に子供にされてたのか…」

魔王「お主の今までの苦労が分かったわ…お主の母は変わり者すぎ…」

勇者母「じゃあ帰るわよー、移動呪文」バヒューン

勇者「なんだったんだあれは…」

賢者「勇者のお母さんが呪文使ったのはツッコむところ?」

329: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/09(金) 23:48:57.71 ID:TU04HJML0
大魔王「もう…怒ったぞ!!」ブンブンブン

戦士「待て…待てって…いでっ!!」バシッバシッ

戦士「待てと言ってるだろぉ!!」ドボォ!!

大魔王「げほぉ?!」ドガァァァァァァン!!

魔法「飛んで行っちゃったね」

勇者「あの戦士の本気くらって生きているのか…?」

大魔王「ひっく…ひどぉい…」ガラガラ

戦士「こいつかてぇ…」ジンジン

勇者「さすがに生きていた…でも弱い者いじめにしか見えないのは何故だろう…」

大魔王「やっぱり…怖い…」

332: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 22:05:04.82 ID:yNnwi9Ir0
勇者「くらえ!!雷撃呪文!!」バチバチバチ!!

大魔王「うあぁぁぁ…」ドッ

賢者「やれやれ、やっと終わりかい」

戦士「結局最後はまともだな」

魔法「みんな頑張ったねぇ」

勇者「これで終わりだよ、大魔王」スーッ

大魔王「…勇者」

勇者「なに?」

大魔王「我が…こんな事言うのは…おかしいかもしれない…」

大魔王「でも何故だか言いたくなった…」

333: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 22:17:10.64 ID:yNnwi9Ir0
大魔王「我は…世界を滅ぼして…一人になりたかった」

賢者「人さん怖いからかい?」

大魔王「そう…誰もいらなかったんだ…」

勇者「誰もって…魔物も?」

大魔王「そうだ『一人』がよかったのだ…」

大魔王「でも…お前達に会って…何故だか戦ってるのに楽しかった…」

大魔王「一人だとこんなに楽しい事はなかった、ありがとう…それだけ言いたかった」

戦士「敵のくせして変なヤツだな」

勇者「そうだね…でも…大魔王」

勇者「楽しい事もいつか終わってしまうんだよ…あなたも…あたし達も…ね?」スッ ヒュッ

334: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 22:31:06.84 ID:yNnwi9Ir0
勇者【どこかへ飛ばされた結果】

戦士「あたた…どこかの洞窟か?」

賢者「大魔王の城からはるか北の洞窟だね」バサッ

勇者「うぶ…何これ…」

賢者「え?さっき私が着てた水着と同じヤツ」

賢者「残念ながらサイズが合わなかったので私のぬくもり付きのは着れません」

勇者「どうせ胸なんてないさ…って、いつの間にか着替えてるし…」

賢者「とりあえず言えるのはさ…」

魔法「脱げ、話はそれからだぁ」グイグイ

勇者「ちょ…なんでいつも引っ張るの!?あとまた変な言葉教えたな?!」

335: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 22:46:09.08 ID:yNnwi9Ir0
戦士「もう最後なんだし着てやったらどうだ?」

勇者「着る理由がないわ?!いやだよ!!」

賢者「頼むよ!!一度だけでいいんだ!!」ガバッ

勇者「土下座すんな!!これ着たら何かあるの…?」

賢者「ん?多分伝説の勇者の最強の鎧として残る程度じゃない?」

勇者「…高熱呪文」シュゴォ

賢者「あぁ!?せっかくの水着がぁ…なーんてまだあるんだよん」ババーン

勇者「絶対着ないぞ!!全部燃やしてやる!!」

戦士「こいつら放って置いたらいつまでもやってそうだなぁ」

魔法「お腹すいたなぁ」クゥー

336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:01:29.06 ID:yNnwi9Ir0
勇者【世界が本当に平和になった結果】

戦士「あーあ、終わっちまったなぁ…」

魔法「もう冒険も終わりなんだよね」

賢者「こうしてみると随分と長い間旅してきたもんだ」

勇者「…」

賢者「報告とか全部終わっちったし、あんたらどうすんの?」

戦士「俺はどこかでのんびりするかなぁ」

賢者「魔法使いは?」

魔法「うーん…町で竜になって暴れちゃう!!」

賢者「おーい…新たな魔王と間違われても知らないぞぉ」

338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:15:55.90 ID:yNnwi9Ir0
賢者「勇者は?今後どうするつもり?」

勇者「え?あたしは…」

勇者「人前から消えようと思ってる」

戦士「何でだ?」

勇者「それは…だって…」

魔法「勇者ちゃんいなくなっちゃやだよぉ…」

勇者「ごめんね…でも決めた事なんだ…」

戦士「伝説の勇者になった上、消えるってかっこつけるのよそうぜぇ…」

賢者「…勇者」

賢者「何逃げようとしてるのさ?」

339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:28:13.86 ID:yNnwi9Ir0
勇者「…」

賢者「まぁ終わったらそうするだろう事は読めたけどね」

戦士「分かってたからすぐ言い出さなかったのか?」

賢者「そうだよ、この子は恐れているんだよ…私達をね」

魔法「う?どういうこと?」

勇者「…」ダラダラ

賢者「そりゃ…」ガシッ

勇者「ひぇっ?!」

賢者「またまとわり付かれて苦労する日々を恐れているんだ」

賢者「今までのような…ね?」

340: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:40:49.99 ID:yNnwi9Ir0
勇者「も、もう終わったんだから自由にさせてよ?!」

賢者「ダメに決まってるじゃなーい」

賢者「この子の世話はあんたしかできないし」

魔法「どこにもいかないでー」ギュー

勇者「ぐぐ…」

賢者「そういうわけで私達の旅はまだ続くのであったおわり」

勇者「本当の意味で終わらせて!?もうやだぁ!!母さーん!!助けてーっ!!」

戦士「ホントに来たらどうする気だぁ?」

勇者「そんなの…逃げるに決まってるよっ!!」ダッ

賢者「あっ!?逃げたぞヤロウどもー!!追えーっ!!」

341: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:51:31.08 ID:yNnwi9Ir0
勇者【勇者として旅を終えた結果】

色々あったあたし達だけど

こうして長かった冒険は終わりを告げた

でも、まだあたし達はこれからも一緒に旅を続けるだろう

ああは言ったけどみんなと離れたくない自分がいた

バカで何でも壊してでも進む戦士

小さくてかわいいけど不思議な事をしでかす魔法使い

女の子が大好きでチートな賢者

こんなとんでもない人達と一緒にいられるんだよ?

解散なんてさせるものか!!

343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 23:56:38.14 ID:yNnwi9Ir0
きっとまた苦労させられるだろう

きっとまた怒ってしまうだろう

それでも最後にはみんなで笑っている

そんな旅がいつになるかわからないけど終わるまで続く

『いつか楽しい事も終わる』

分かっていてもあたし達は止まらない

いやいや、止められないんだよ、ね?

だってこの人達といるんだから



   ホントにおしまい


次回 青「俺達が!!」緑「世界を救う!!」赤「かもしれない」