1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 20:46:20.25 ID:w2pEGWoJo
ココア「ただいまー」

チノ「休憩中にどこに行ってたんですか」

ココア「ちょっと甘兎庵まで……あらら? もしかしてチノちゃん寂しかった?」

チノ「そんなことありません。リゼさんもいますし」

リゼ「ってココア。その台車は何だ? そのでかい箱に何が入ってるんだ?」

ココア「気になる? 気になるでしょー?」

チノ「変なもの拾ってこないで下さいよ」

ココア「変なものじゃないよ! マグロだよ!」

リゼ「十分変なものだろ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450007179

引用元: ココア「寿司処ラビットハウス」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 20:50:00.32 ID:w2pEGWoJo
チノ「なぜにマグロ……」

ココア「この前、千夜ちゃんと遊んだ時にパンの作り方を教えたお礼だって」

リゼ「そんなすごいパンの作り方を教えたのか……?」

ココア「ううん、今度お店でパンを出してみるから、そっちは和のテイストのものを出してみたら? って勧められて」

ココア「和といえばお寿司かな、って」

リゼ「極端すぎるだろ!」

チノ「勝手にお店のメニューを決めないでください」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 20:53:13.20 ID:w2pEGWoJo
ココア「お寿司って言ったら、ちょうど千夜ちゃんがマグロがあるわよーってなって」

ココア「あ、近所の人に貰ったんだって。4匹分を」

リゼ「この町のどこにマグロがとれるような場所があるんだ」

チノ「そういうのってものすごくお高いと思うんですけど……ただでもらって大丈夫なんですか?」

ココア「うん。千夜ちゃんは、もう4匹目は食べきれないって言ってたし」

リゼ「3匹食べたのか!?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 20:56:17.51 ID:w2pEGWoJo
ココア「というわけで、お寿司をメニューに乗せようと思います」

リゼ「そもそもココア。お寿司握ったことはあるのか?」

ココア「ないよ!」

リゼ「ないのかよ!」

ココア「気合で何とかなるよ!」

チノ「シャリもないのにどうやって握るんですか」

リゼ(えっ、チノって意外とそういうのに詳しいのか?)

チノ「今はおしょうゆも切らしてますし」

リゼ(なんだ、食べたいだけか)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 20:58:46.15 ID:w2pEGWoJo
ココア「そういうのはお父さんが詳しいんじゃないかな」

リゼ「おいおい、一応ここは喫茶店だぞ? 魚を捌いたりはさすがにできないだろ」

チノ「捌けますよ」

リゼ「えっ」

チノ「マグロの解体ショーもできます」

リゼ「一体何者なんだ……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:04:41.38 ID:w2pEGWoJo




ココア「では、マグロも捌いてもらったことだし、まずシャリを作るよ!」

チノ「頑張りましょう」

リゼ「まさか本当に握ることになるとは……」

ココア「とりあえず……お酢を入れてみよう」ドバァ

リゼ「えっ」

チノ「混ぜてみましょうか」グイグイ

リゼ「ええっ」

ココア「はい、リゼちゃん。食べてみて?」

リゼ「えええっ」

ココア「はい、お皿」

リゼ「……」パクッ

リゼ「……それっぽい?」

ココア「よーし! 次はワサビだー!」

リゼ(絶対に良くない)

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:11:21.95 ID:w2pEGWoJo
ココア「ワサビは粉わさびから作ります」

リゼ(なんでそっちは本格的なんだ)

ココア「水で溶かして混ぜます」グルグル

チノ「その間に私たちは握る練習でもしておきましょう」

リゼ「あ、ああ」

チノ「……」キュッ

リゼ(チノのこういうところ、意外と子供っぽいよなぁ)

ココア「ギャアアアアアアア!!」

チノ「!?」

リゼ「何だ今の野太い声は!? ……ココアか」

ココア「目があああ」ツーン

チノ「わっ、こっちに向けないでくださ……ああああ!」ツーン

リゼ「何やってるんだよ……」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:18:56.38 ID:w2pEGWoJo



ココア「ひどい目にあったよ……」

チノ「まったくです」

リゼ「粉わさびって目に効くんだな」

ココア「そう言うと体によさそうだけど……痛いだけだよ」

リゼ「まあ、ワサビはできたってことでいいんじゃないか?」

ココア「じゃあ握ろう!」

リゼ「握り方はわかるのか?」

ココア「シャリを握って、マグロを乗せるんだと思うよ」

リゼ「なんだか適当っぽく聞こえるけど、そんなものか」

ココア「こうかな? へいらっしゃい!」

リゼ「形から入るのか」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:22:25.05 ID:w2pEGWoJo
ココア「……できた!」

リゼ「おっ、早いな」

ココア「あ、倒れちゃった」

チノ「私もできました」

リゼ「おお、チノもか」

チノ「……なんだか不格好ですね」

リゼ「よし、私もできたぞ」

ココア「あ、お寿司って感じがするよ!」

リゼ「本当か?」

チノ「はい。私たちのものより断然きれいです」

リゼ「そ、そこまで褒めなくても」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:25:32.63 ID:w2pEGWoJo
シャロ「ココアー、どこー?」

チノ「あれ? シャロさんの声がしますよ?」

ココア「あ、そうそう。千夜ちゃんに食べてもらうサプライズのために、シャロちゃんにも協力してもらうことにしたんだ」

リゼ「そんな話聞いてないぞ?」

ココア「まあまあ。シャロちゃーん、キッチンの方だよー!」

チノ「シャロさんはお寿司を握れるんでしょうか」

リゼ「どうだろう」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:28:43.81 ID:w2pEGWoJo
シャロ「ココア。要件も言わずに遊びに来いってメールされても困るんだけど」

ココア「ごめーん」

シャロ「って、これはいったい……」

チノ「お寿司を握っているんです」

シャロ「……お寿司」

リゼ「ああ。やってみるか?」

シャロ「これが……お寿司?」

ココア「えっ」

シャロ「こんなものは……お寿司とは呼べないわ!」

チノ「そんなっ……!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:34:56.96 ID:w2pEGWoJo
シャロ「まずシャリがボロボロじゃない!」

ココア「すみません!」

シャロ「そっちのはシャリをこぼしすぎ!」

チノ「か、片付けます!」

シャロ「それはネタの向きがバラバラ!」

リゼ「ごっ、ごめんなさい!」

シャロ「こんなにいい赤身を使ってるのに……私がお手本を見せるわ!」

ココア「た、大将!」

リゼ「しゃ、シャロはお寿司を作った経験があるのか?」

シャロ「バイトで少々……」

リゼ(少々ってレベルじゃなさそうな気が……)

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 21:50:28.99 ID:w2pEGWoJo


数日後



ココア「ラビットハウスおすすめのマグロの赤身ですよー」

チノ「中トロも大トロもあります」

ココア「食後のコーヒーもいかがですかー」

千夜「仕入れは任せて!」

リゼ(喫茶店……?)



おわり