1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:17:32.42 ID:0ajR3NcE0
早乙女「はい、それじゃあ自己紹介行ってみよう」

ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」

タツヤ「あ……」

さやか「どうしたの?」

タツヤ「う、ううん…」

ほむら(知らない男子だわ。転校生かしら)

早乙女「暁美さんは、心臓の病気でずっと入院していたの
    久しぶりの学校だから、色々と戸惑うことも多いでしょう。みんな助けてあげてね」

ほむら「私なら大丈夫です。退院する前に沢山予習して来ましたから」

早乙女「あらそう? 偉いのね。それじゃあ、席に着いてね
    目が悪いみたいだから、一番前に作っておいたわよ」

ほむら「ええ」

タツヤ「……」

さやか「さっきから何じっと見てんの? さては一目惚れだなー?」

タツヤ「い、いや違うよ」

引用元: ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」タツヤ「あ……」 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:26:22.62 ID:0ajR3NcE0
女子「暁美さんって、前はどこの学校だったの?」

女子「部活とかやってたー? 運動系? 文科系?」

女子「すんごい綺麗な髪だよね。シャンプーは何使ってるの?」

ほむら「ひ、1つずつ答えるから…」

女子「あ、ごめんごめん。いきなり質問責めだもんね」

タツヤ「あのー、ちょっといいかな」

ほむら「?」

タツヤ「暁美さん、でよかったよね? 保健室行かなきゃいけないんじゃなかったっけ」

ほむら「あ…ええ」

タツヤ「場所わかる?」

ほむら「大丈夫よ」

タツヤ「ああ、そっか。あはは」

ほむら「…あなたは…」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:30:19.95 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「僕、保健係だからさ。具合が悪くなったりしたら、保健室まで付き添うから」

ほむら「…そう」

タツヤ「あ、邪魔しちゃったかな…ごめんね」

女子「あはは、鹿目君は相変わらずだなー」

ほむら(鹿目…!?)

タツヤ「ん、んー…」

ほむら「名前を聞いてもいいかしら?」

タツヤ「え? あ、うん。僕は鹿目タツヤ」

ほむら「…!」

タツヤ「どうかしたの…?」

ほむら「…いいえ。何でもないわ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:36:30.79 ID:0ajR3NcE0
さやか「――ねぇタツヤ、あの子知り合い? なんかさっき、2人ともそわそわしてたけど…」

タツヤ「ううん…やっぱり、美人だからかな。あはは…目が合うと緊張しちゃって」

さやか「本当にタツヤは照れ屋だなー。あたしと目合っても全然無反応のくせにさ」

タツヤ「さやかはまた違うでしょ…」

さやか「どういう意味かね? タツヤ君。あたしが美人とは程遠い存在だと…」

タツヤ「い、いや! うーん、何ていうかそれ以前に、女の子として見られないっていうか…」

さやか「こいつめ!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:40:24.00 ID:0ajR3NcE0
――放課後

ほむら「鹿目君」

タツヤ「え?」

ほむら「あなたにお姉さんはいるかしら」

タツヤ「いや…一人っ子だけど」

ほむら「…そう」

タツヤ「……。どうして?」

ほむら「…何でもないわ」

タツヤ「……」

さやか「タツヤー、一緒に帰ろ…あら、お邪魔だった?」

タツヤ「う、ううん。ちょっと話してただけだよ」

さやか「そっか」

タツヤ「…じゃあ、また明日ね。暁美さん」

ほむら「…ええ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:45:32.14 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「……」

さやか「ねぇ、さっきから元気ないよ。お腹でも痛いの?」

タツヤ「え? いや、元気だよ」

さやか「あんたやっぱりあの転校生のこと気になってるでしょ!」

タツヤ「ちょ、違うって!」

さやか「何年あんたの顔見て来たと思ってるー?
    タツヤ君の考えてることはさやかちゃんにはズバリわかってしまうのだ!
    あたしの目はごまかせないぞー」

タツヤ「いいじゃないか! 別に…」

さやか「うんうん、青春だねぇ」

タツヤ「そういうんじゃないったら…」

さやか「だったら何よ?」

タツヤ「うーん…自分でも訳わかんないけど、あの子がしてたリボン…」

さやか「…リボンがどうしたの?」

タツヤ「…見たことあるっていうか…。なんか、懐かしいなって思ってさ…」

さやか「えー?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:48:25.30 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「実はさ、僕…」

さやか「……」

タツヤ「…やっぱ言わない」

さやか「えー? それは反則でしょ。そこまで言っちゃったら最後まで言いなって」

タツヤ「絶対笑うもん」

さやか「笑わないから!」

タツヤ「…絶対?」

さやか「うん!」

タツヤ「……信用できないな」

さやか「ちょ、ちょっと!」

タツヤ「いや、だって自分でもおかしいもん!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:52:32.11 ID:0ajR3NcE0
さやか「くー、はっきりしない男はいつまで経っても女の子にモテないぞ!」

タツヤ「い、いいよ…」

さやか「思ってること洗いざらい吐け!」ビシッ

タツヤ「ああ、わかったよ…。それがさ…僕ちょっと、変な記憶があって…」

さやか「変な記憶?」

タツヤ「うん…幼稚園入る前ぐらいの頃なんだけど…近所にすっごく優しいお姉さんが住んでてさ
    その人がよくうちに泊まりに来てたような気がするんだよ…
    それで、一緒に母さん起こしに行ったりして…
    でも、親に聞いてもそんな人いないって言われて…」

さやか「うんうん」

タツヤ「…でも、僕はっきり覚えてるんだ。名前は忘れちゃったけど、聞いたことはある気がする…
    それでさ、その人いつもリボンをしてたんだ。ちょうど暁美さんがしてるようなやつ…」

さやか「……」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:55:24.40 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「だから…今日見た時『あれ?』って思って…」

さやか「あはははは!」

タツヤ「やっぱり笑った!」

さやか「だって、真面目な顔して何言い出すかと思ったら!」

タツヤ「真面目な話だよ! もう!」

さやか「ごめんごめん!」

タツヤ(『お姉さん』か…。暁美さんは、まさか知ってるのかな…
    いや、そんな訳ないよね…。でも、だったらさっきのは一体…?)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 10:59:33.70 ID:0ajR3NcE0
――次の日

タツヤ「暁美さん」

ほむら「何かしら?」

タツヤ「……。眼鏡、似合うね」

ほむら「そう? ありがとう。自分では気に入ってないのだけれど」

タツヤ「そ、そうなんだ」

ほむら「……」

タツヤ「暁美…ほむらさんか…」

ほむら「…?」

タツヤ「変わった名前だよね」

ほむら(似てる…)

タツヤ「って、変な意味じゃなくてさ! その…」

ほむら「『かっこいい』?」

タツヤ「あ、うん! かっこいい…? 可愛い…? うん、かっこいい名前だよ!」

ほむら(まどかが男子だったらこんな感じだったでしょうね)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:01:30.37 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「…そのリボン、どうしたの?」

ほむら「…!」

タツヤ「あぁ…聞いちゃ、いけなかったかな…」

ほむら「……」

タツヤ「…えっと…」

ほむら「…貰ったのよ」

タツヤ「へ、へぇー…」

ほむら「…誰に貰ったか、知りたい?」

タツヤ「…!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:04:50.53 ID:0ajR3NcE0
ほむら「……」

タツヤ(やっぱりそうだ…暁美さんはあの人のこと知ってるような気がする…)

タツヤ「…知りたいな」

ほむら「……。友達よ。遠い昔のね」

タツヤ「そ、そうなんだ! その人はどんな人?」

ほむら「…言葉では言い表せないわ。私の全てだった」

タツヤ「……」

ほむら「あなたも知ってる人かもね」

タツヤ「!!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:08:52.14 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…今日、時間あるかしら?」

タツヤ「……」

ほむら「大した話じゃないわ。ちょっと、興味があるだけ」

タツヤ「…なんか、怖いな」

ほむら「怖くないわ。無理にとは言わないけれど」

タツヤ「怖いんだ…。何だか、変な夢でも見てるみたいで…」

ほむら「……」

タツヤ「…暁美さんは、本とかよく読む?」

ほむら「ええ」

タツヤ「じゃあ…何だろ。うーん…心理学…? 脳科学…? とか、そういうの詳しい?」

ほむら「どうして?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:10:18.35 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「…ううん」

ほむら「……」

タツヤ「…単刀直入に聞いちゃったほうが早そうだ」

ほむら「何?」

タツヤ「…ちょっと長くなるから、それもまた後で」

ほむら「そうね」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:13:03.66 ID:0ajR3NcE0
――放課後。カフェ

ほむら「……」

タツヤ「……」

ほむら「聞きたいことって?」

タツヤ「…暁美さんからどうぞ」

ほむら「私からは特にないわ」

タツヤ「ええ、じゃあなんで呼び出したの?」

ほむら「『あなたから聞きたいことがある』と思ったから」

タツヤ「…嘘でしょ」

ほむら「どうかしら」

タツヤ「ずるいよ、こんなの」

ほむら「……。どうして言い出せないの?」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:16:42.41 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「馬鹿みたいな話だし…暁美さんからしたら、迷惑かもしれないから…」

ほむら「平気よ」

タツヤ(な、何だろう、この安心感は…なぜかさやかと違って全然信用できる…)

タツヤ「わかった…。まず、変な奴だって思わないで聞いてほしいんだけど…」

ほむら「……」

タツヤ「暁美さんの言ってた『友達』って…何歳かな…」

ほむら「……。同い年よ」

タツヤ「そっか…あはは。うん、やっぱり何でもないや。ごめんね」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:20:38.58 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…本当に聞きたいことは、それだけ?」

タツヤ「なっ…そうだよ。もっと質問してほしいの? じゃあ、趣味とか特技とか…」

ほむら「…あなたは常識で考えられない物事をどの程度信じられる?」

タツヤ「何、急に…」

ほむら「奇跡や魔法の存在を信じる?」

タツヤ「う、うーん…そう言われてもな…」

ほむら「……」

タツヤ「…ないと思ってるけど…。暁美さんが『ある』って断言したら、信じちゃうかもしれない」

ほむら「……」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:24:55.07 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「なんでそんなこと聞くの?」

ほむら「……。このリボンをくれた人は、そういう所にいるのよ」

タツヤ「…『そういう所』…?」

ほむら「ええ。あの子は私達には認識できない、概念だけの存在になってしまった…」

タツヤ(そっか…死んじゃったんだ…)

タツヤ「…ごめん。余計なこと言って」

ほむら「…あなたは覚えてる?」

タツヤ「……」

ほむら「このリボンに見覚えはある?」

タツヤ「……!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:27:35.68 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…『まどか』という名前に聞き覚えは?」

タツヤ「『まどか』…」

ほむら「ええ。まどか」

タツヤ「あー…。そうだ…『まどか』だ…」

ほむら「知ってるのね?」

タツヤ「知ってるっていうか…うーん、何て言ったらいいんだろ…
    聞いたことがあるって程度で、それが誰なのかっていうのもはっきり言えないし…」

ほむら「あなたのお姉さんよ…」

タツヤ「……」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:30:32.87 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…あなたは、私の生涯最大の友達の弟…」

タツヤ「暁美さん…」

ほむら「ほむらでいいわ」

タツヤ「……。ちょっと待って。じゃあ、僕は双子だって言うの?」

ほむら「……」

タツヤ「ほむらは、僕のことを前から知ってるの?」

ほむら「……」

タツヤ「…わからないよ。何を言ってるのか」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:34:52.46 ID:0ajR3NcE0
――次の日

さやか「――もう。まさか転校生のほうから急激なアプローチか!?
    って思ったら、そんなサイコなオカルト話に付き合わされた訳?」

タツヤ「うん…。何だか辻褄も合わないし、言ってることめちゃくちゃだし、
    ちょっと神経疑っちゃったよ…」

さやか「うーん、美少女には何かしらミステリアスな秘密があって然るべき…
    だけどこういうのは、ちょっとね」

タツヤ「でも、ほむらが変な子だとも思えないんだよ…」

さやか「えー? それが変じゃなかったら、あんたの『変』って一体どんなのよ?」

タツヤ「それは…」チラッ

さやか「何見てんのよ」ビシッ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:41:28.06 ID:0ajR3NcE0
――夜

さやか(はぁ…なんで事故になんか遭っちゃうかな、あの馬鹿…)

魔獣「……」

さやか「……?」

魔獣「ウゥゥゥ」

さやか「な、何!?」

魔獣「ウゥゥ…」ワラワラ

さやか「え…!? 嘘…何これ…何なのよ、この人達…!」

魔獣「……」ワラワラワラ

さやか「やだ…夢だよね…あたし悪い夢でも見てるんだよね…!?」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:44:08.85 ID:0ajR3NcE0
マミ「そこを動かないでね」

ドン ドン

魔獣「ッ…」ガク

さやか「だ、誰…?」

マミ「危なかったわね。もう少しで『感情』が吸い取られる所だったわ」

QB「彼女は巴マミ。この町の魔法少女さ」

さやか「な…何なの…?」

マミ「ゆっくり自己紹介したいとこだけど、その前に一仕事片付けなくちゃね」

ドドドドドン

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:47:19.21 ID:0ajR3NcE0
マミ「ティロ・フィナーレ」

魔獣「ウワァァァァ」

……

さやか「消えた…」

マミ「さっきの巨人達は『魔獣』よ。この世に呪いをもたらす危険なものなの」

さやか「魔獣…?」

マミ「ええ。それから私は、魔獣を狩る者。魔法少女よ」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:49:59.21 ID:0ajR3NcE0
――学校

さやか「……」

タツヤ「さやか?」

さやか「え? あ、うん。何?」

タツヤ「ずーっと遠く見てるけど。何か見えるの?」

さやか「いや…別に…」

タツヤ「嫌なことでもあった?」

さやか「そういう訳じゃないけど…」

タツヤ「水臭いな。何かあったなら教えてよ」

さやか「うー…」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:53:36.89 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「――『魔法少女』?」

さやか「って、マミさんが言ってた…」

タツヤ「あっはははは!」

さやか「ちょ! だから笑うなってば! 本当のことなんだから!」

タツヤ「あーおかしい。真剣な顔してるから心配しちゃったよ」

さやか「何よ。夢だって言いたいの?」

タツヤ「だって、『魔法少女』って!」

ほむら「!?」

タツヤ「さやかは漫画の見すぎだよ。怖い怖い」

さやか「ほんっと最低! あんたなんかに言うんじゃなかった」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 11:56:44.92 ID:0ajR3NcE0
ほむら「美樹さん」

さやか「ん? 何よ…」

ほむら「キュゥべえの姿を見たの?」

さやか「!!」

ほむら「見たのね?」

さやか「…まさか、あんたも…?」

ほむら「……」

タツヤ「え……? ほむら…?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 12:02:13.42 ID:0ajR3NcE0
ほむら「そいつを探してるの。キュゥべえと直接話したのね?」

さやか「え…いや、まぁ…」

タツヤ「…夢じゃなかったの…?」

さやか「だ、だから夢なんかじゃないって言ってるじゃんか!」

ほむら「その通りよ」

タツヤ「…!」

ほむら「魔法は実在するし、呪いを振り撒くものも、目に見えないだけで常に私達を狙っている」

タツヤ「……」

ほむら「私は早くキュゥべえと契約しなければならないの
    美樹さん、あなたから私を紹介してもらえないかしら」

さやか「ええ!?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 12:09:12.37 ID:0ajR3NcE0
――放課後。マミの家

さやか「――ってことなんだけど…」

QB「まさか先回りをして来る子がいるとはね」

ほむら「人手があって困ることはないはずよ。魔力の使い方は心得てる」

QB「一体どこでどうやって僕らの情報を入手したのか聞かせてもらいたいね」

ほむら「……」

QB「ところで、その少年は何者だい?」

タツヤ「……」

QB「凄まじい因果を感じる。彼がもし女性だったら、指先1つで天変地異を引き起こす
   最強の魔法少女になれただろうに」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 12:17:36.39 ID:0ajR3NcE0
さやか「ん、ああ。こいつはあたしの友達で…連れて来たのはほむらだけど
    まぁ、男の子だし、関係ないよね」

QB「『素質』自体は申し分ないんだけど、残念ながら今の工学技術では
   男性を魔法少女にすることはできないね
   まぁいい。ともかく新しい有志が2人も集まってくれた。素直に歓迎しようじゃないか」

マミ「美樹さんには昨日話したけれど、暁美さんにもきちんと教えてあげないとね
   詳しくはキュゥべえから――」

ほむら「その必要はないわ」

マミ「?」

ほむら「魔法少女の仕組みについては、少なくともあなたより詳しいつもり」

マミ「へぇー。それは驚きね。キュゥべえと会うのも初めての子が、私よりも詳しいですって」

QB「説明の手間が省けていいじゃないか。確かに疑問ではあるけれど、
   解消しなければ先へ進めないような問題ではないよ」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 12:25:53.03 ID:0ajR3NcE0
それから――

タツヤ「そんな…こんなことって…」

ほむら「覚悟はとっくにできてるわ。生まれる前から、ずっと…」

タツヤ「さやかは…?」

さやか「……。あたしはまだ、契約するって決めた訳じゃない
    確かに願い事が叶うなんて一生に一度のチャンスだけどさ、
    その為にこんな危険な世界に入れるかって言われたら、あたしは…」

タツヤ「……」

QB「仕方ない。今回は暁美ほむらとの契約に留めよう
   時間はたっぷりあるからね。決意が固まったら、気軽に声かけてよ。美樹さやか」

さやか「うん…。マミさん、ごめん…」

マミ「いいのよ。とっても難しい問題だもの。他人が口を出していいことじゃないわ」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:12:23.12 ID:0ajR3NcE0
――次の日の帰り道

タツヤ「――コンタクトに変えたんだ」

ほむら「いいえ。視力を回復したの。魔法の力でね」

タツヤ「……」

ほむら「また聞きたいことがあるんでしょう?」

タツヤ「…わかんないよ。頭の中こんがらがってる…」

ほむら「…そう」

タツヤ「ほむらは一体どこから来たの…?」

ほむら「……」ピタ

タツヤ「…?」

ほむら「…書き換えられる前の世界から」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:18:14.74 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「ほむら…」

ほむら「私は嘘はつかないけれど、自分の見たものをあなたに正確に伝えることはできないかもしれない」

タツヤ「…僕の姉さんについて教えてよ」

ほむら「…いいわ。何から話しましょうか…」

タツヤ「何から聞けばいいんだろう…」

ほむら「……。まどかとの出会いは、ちょうどあなたと同じ状況だった
    あなたの席には、まどかがいたわ」

タツヤ「……」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:23:02.88 ID:0ajR3NcE0
ほむら「私は退院したばかりで、学校になじめずにいた。体力はないし、授業にもついていけない」

タツヤ「ほむらは体育の授業いつも見学だったよね」

ほむら「ええ。でもこれからは平気」

タツヤ「…『魔力』を使えるから?」

ほむら「そうよ」

タツヤ「……」

ほむら「…そんな中、まどかは私に手を差し伸べてくれたの」ウルッ

タツヤ「うん…」

ほむら「私の名前を『かっこいい』と言ってくれた
    自分では『名前負けしてる』と思ってたけれど、あの子は
    『それなら名前に釣り合うくらい素敵な人になればいい』って」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:28:00.62 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…まどかは魔法少女だった。塞ぎ込んでいる所を魔女に狙われて、命を落としかけた時
    あの子と巴さんが駆けつけて、私を助けてくれた」

タツヤ「『魔女』って?」

ほむら「かつて世界に呪いを振り撒いたもの。今の魔獣に代わる存在よ」

タツヤ(魔獣っていうのもよくわかんないんだけどな…)

ほむら「まどかは本当に仲良くしてくれたわ。幸せだった」

タツヤ「……あの人なのかな」

ほむら「…?」

タツヤ「これ、ほむらには話したっけ? 子供の頃、近所に優しいお姉さんがいた話…」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:33:20.13 ID:0ajR3NcE0
ほむら「詳しくは聞いてないわ」

タツヤ「この際だから言っちゃうけど…。『まどか』っていう人がよく泊まりに来ててさ
    すごく優しくて、いつも可愛がってもらってて、朝とか一緒に食べたりして…」

ほむら「……」

タツヤ「ちょうど、そんな感じのリボンしてたんだよ」

ほむら「…うん」

タツヤ「親は『知らない』って言うし、夢だったのかな、とか思ったりもしたけど
    その割には顔も声もはっきり覚えてるんだ…
    姉だったとしても、親の歳考えるとあり得ないし、『誰だったんだろ』って…」

ほむら「…きっと、あなたはまどかの代わりに生まれたのね」

タツヤ「どういうこと?」

ほむら「……」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:38:17.96 ID:0ajR3NcE0
ほむら「――ある日、この町にワルプルギスの夜という大型の魔女が現れて、
    あそこに見えるビルも、あの塔も倒れて、何もかも滅茶苦茶にされた…」

タツヤ「…!」

ほむら「巴さんがそいつに焼き殺される所を、まどかと一緒に見てた…
    まどかはあの人を尊敬していたわ。それでも、彼女はくじけなかった」

タツヤ「…それって、未来の世界なの?」

ほむら「そんな所ね」

タツヤ「ほむらは未来から来たの?」

ほむら「…それも含めて、これから話すわ」

タツヤ「……」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:43:44.37 ID:0ajR3NcE0
ほむら「まどかは泣いてる私を置いて、ワルプルギスの夜に立ち向かった
    何度も『逃げようよ』って言ったの…。私はあいつを食い止めることなんかより
    まどかに生きててほしかった」

タツヤ「まさか…」

ほむら「そのまさかが現実になったわ。ワルプルギスの夜が消えた後、私は必死でまどかを探した
    町は建物ごと耕したような状態で…」

タツヤ「…よっぽどのことだったんだね」

ほむら「…ええ。そこで、まどかの死体を見た」

タツヤ「……」

ほむら「…あんなに傷だらけで…一人ぼっちで…
    水溜りの上に浮かんで死んでたの。痛そうな表情だった」

タツヤ「もう、いいよ…泣かないで」

ほむら「ごめんなさい…」

タツヤ「ううん…」

ほむら「…おかしいわよね。何言ってるかわからないよね」

タツヤ「ま、まぁ…全部は理解できてないと思うけど…でも、嘘だとは思わない」

ほむら「…そう」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:50:36.21 ID:0ajR3NcE0
――次の朝。学校

タツヤ「――さやかは、願い事ってある?」

さやか「あたしは…。うん…ちょっとね」

タツヤ「上条のこと?」

さやか「あら、そんなまたピンポイントで…」

タツヤ「わっかり安!」

さやか「う、うるさいな! いいじゃんか、別に!」

タツヤ「上条と付き合えますようにって…?」

さやか「違うわよ」

タツヤ「じゃあ怪我が早く治りますように?」

さやか「……。あいつ、左手動かないんだって…」

タツヤ「え…?」

さやか「神経がどうとかで…。なんか、事故ってから結構経つのに
    感覚も全然戻って来ないみたいだし、ちょっと不安になって来ててさ…」

タツヤ「…さやかは魔法少女になっちゃうの…?」

さやか「な、何よ」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 16:59:20.00 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「…ほむらから聞いたんだけど、魔法が使えるからって何でもできる訳じゃないらしくて、
    なんか…結構あっけなく死んじゃったりするみたいで…」

さやか「……」

タツヤ「それにキュゥべえも言ってたよね…『いつかはこの世から消え去る』って
    それってつまり、死ぬってことじゃないか…」

さやか「……。人は誰でもいつか死ぬもんでしょ」

タツヤ「そうだけど…。でも、本当に『いつか』なのかな…」

さやか「…?」

タツヤ「そんな遠い未来のことじゃなかったらどうする…?
    わざわざ前もって言って来たんだよ。さらっと言うけど、実は相当深刻なことなんじゃ…」

さやか「…ま、今考えても仕方ないよ。あたしはまだ契約するかどうかわからないし」

タツヤ「…しないでよ」

さやか「もう、なんであんたがそんなに心配すんのよ?」

タツヤ「そりゃ心配もするよ。さやかは馬鹿だし女の子らしくないし可愛くないけど――」

さやか「なっ…」

タツヤ「それでも親友なんだよ」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:00:14.99 ID:0ajR3NcE0
さやか「……」

タツヤ「このままのさやかでいてほしいんだ…」

さやか「……」

タツヤ「……」

さやか「…口説いてる?」

タツヤ「…それはないわ」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:10:13.51 ID:0ajR3NcE0
――放課後

タツヤ「あ、さやか…ごめん。今日もほむらと帰るから」

さやか「あっそう…。んじゃ、あたし寄り道してくわ。じゃあね、タツヤ」

タツヤ「また明日!」


――帰り道

タツヤ「――ほむらは、まどかが生き返るように願ったの?」

ほむら「少し違うわ。まどかと出会う前まで、時間を戻してもらったの」

タツヤ「そんなことまでできるんだ…」

ほむら「あいつの契約は、普通の人が思い付く願い事なら大抵は叶えられる」

タツヤ「……」

ほむら「私は出会いをやり直して、まどかを自分の手で守ろうとした
    あの子と再び会えた時、本当に嬉しくてどうしようもなかった
    興奮してしまって、みんなの前でまどかに駆け寄って
    開口一番『一緒に頑張ろうね』って…」

タツヤ「へぇ…想像つかないな。ほむらって何があっても冷静なイメージしかないから…」

ほむら「私は冷静な人間じゃないわ」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:17:41.04 ID:0ajR3NcE0
ほむら「――契約の際の願い事によって、その人の能力はある程度決まるの
    時間を戻してもらった私には、時を操る力が与えられた」

タツヤ「…!」

ほむら「けれどまだまだ体は弱くて、せっかく時間を止めても大した仕事はできなかった
    …一生懸命だったわ。今思えば、何度も仲間の足を引っ張ってしまったけれど、
    あの頃が一番楽しかった」

タツヤ「そっか」

ほむら「…それから、もう一度ワルプルギスの夜を迎え撃った…」

タツヤ「……。もしかして…」

ほむら「…ええ。才能のない私1人が加わった所で、簡単に状況が変わる相手ではなかった」

タツヤ「……」

ほむら「巴さんの死と引き換えに、辛うじて倒したのだけれど、まどかはそこで最後の魔力を使ってしまった
    その時、思いもよらないことが起こった」

タツヤ「…?」

ほむら「まどかは、魔女になってしまったの」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:23:12.10 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「え…!?」

ほむら「それはキュゥべえが私達に教えなかった、魔法少女の秘密…
    一度あいつと契約した者は、人が誰でも死を迎えるのと同じように
    いつか魔女になる運命を背負った」

タツヤ「…! それじゃあ、どうすれば魔女にならずに済むの…?」

ほむら「『死ぬ』しかない」

タツヤ「嘘だ…。そんな…じゃあ、ほむらはどうして、それを知っててまた契約したの!?」

ほむら「…今の話は、あくまでも書き換えられる前の世界でのことよ
    この世界では、魔法少女は魔女になる代わりにこの世から消え去る仕組みになっているようね」

タツヤ「ああ…」

ほむら「…それは、まどかが望んだことだった」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:30:01.22 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「また泣いてる…」

ほむら「ごめんなさい」

タツヤ「…いいのかな。毎日興味本位でこんな話聞いちゃって…」

ほむら「…単純に、私が好きで話してるの。あなたに知ってもらった所で、お互い何の利益もないわ」

タツヤ「……」

ほむら「懐かしいだけよ。今私の目の前にいるのは、あのまどかの生まれ変わり」

タツヤ「…不思議な気分だなぁ…」

ほむら「そうね」

タツヤ「この話、まだ続くよね?」

ほむら「…始まったばかりよ」

タツヤ「そっか…。それじゃあ、また明日にでも聞かせてよ」

ほむら「ええ。いいわ」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:34:53.06 ID:0ajR3NcE0
――次の日

さやか「ねぇ、タツヤ…」

タツヤ「ん?」

さやか「今日、マミさん家寄ってかない?」

タツヤ「ん…まぁ、いいけど。何かあった?」

さやか「恭介と喧嘩しちゃったんだ…」

タツヤ「ええ?」

さやか「あ、いや喧嘩っていうか…。うん…ちょっと、怒らせちゃって」

タツヤ「何したの?」

さやか「あたしはただ、あいつにクラシックのCD持って行っただけ…
    でも、それがあいつにとっては返って酷だったみたいで…」

タツヤ「……」

さやか「…手、やっぱり治らないんだって…」

タツヤ「さやか…」

さやか「……」

タツヤ「だから契約するなんて言わないよね…?」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:42:05.64 ID:0ajR3NcE0
さやか「……」

タツヤ「やめて…」

さやか「…やっぱ、そう来るよね…」

タツヤ「…逆の立場だったらどうする…?」

さやか「……。あたしだったら、止めないけどな…」

タツヤ「ん…本当に逆の立場で考えてる?」

さやか「考えてるわよ」

タツヤ「嘘だ。自分のことしか考えてないじゃん」

さやか「あんたに何がわかんのよ」

タツヤ「顔に出てるんだよ。さやかは自分のことで精一杯になるとそういう目するもん」

さやか「…あたしだけの問題じゃないんだよ
    恭介が才能を奪われる筋合いなんてある訳ないのに」

タツヤ「だけど…。さやかは命を懸けることになるんだよ…?」

さやか「……。あたしには恭介みたいな特別なものなんて、何もないから
    恭介の手が治るんだったら、あたしの命なんて安いもんじゃん」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:48:20.99 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「あああ、なんでそういうこと言うかな」

さやか「何よ…別に今すぐ死ぬ訳じゃないし」

タツヤ「これだよ…後でどうなるか想像できてるの?」

さやか「なんであんたが偉そうなのよ。契約する資格もないくせに」

タツヤ「……!」

さやか「…あたしはあたしなりに、ちゃんと後先考えてる…
    だから、ちゃんとあんたも入れてマミさんに相談しようとしたんじゃんか」

タツヤ「……」

さやか「…馬鹿にしないで。邪魔するだけなら来なくていいから」

タツヤ「さやか…」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 17:51:47.30 ID:0ajR3NcE0
――屋上

タツヤ「――ほむらのいた世界にも、さやかはいた?」

ほむら「ええ。あなた以外はみんないたわ」

タツヤ「あっちでは、今よりもっと時間進んでたんだよね…?」

ほむら「そうよ」

タツヤ「…さやかは、魔法少女になるのかな…」

ほむら「……」

タツヤ「…ほむらが見て来たこと、そのままでいいから教えてくれる…?」

ほむら「…いいわ」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 18:30:05.41 ID:0ajR3NcE0
ほむら「――私はもう一度やり直して、例の秘密をまどか達に伝えた
    そこで反発したのが、他でもない美樹さんだったわ」

タツヤ「……」

ほむら「『キュゥべえが自分達を騙すはずがない』、『仲間割れでもさせる気なんじゃないか』って」

タツヤ「さやかがそんなことを言ったの…?」

ほむら「色々と事情があるのよ。魔女を倒せば、報酬が手に入ることがあったの
    それを巡って魔法少女同士で争いになるという話もよくあったわ
    転校生の私を疑ってかかるのも無理はないわよね」

タツヤ「…それは本当にさやかの話なの?」

ほむら「ええ。事実よ」

タツヤ「信じられないな…やっぱり、今のさやかとそっちのさやかって、性格とか違うの?」

ほむら「さあ。少なくとも私にはこれといった違いはわからないけれど
    …私が疑われた理由はそれだけではないわ
    未熟だった分、失敗することも多くて、戦術の相性が悪くて
    美樹さんには特に迷惑をかけてしまったから」

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 18:37:21.91 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…けれどその矢先、美樹さんは私の言ったことを自ら証明することになる」

タツヤ「…!」

ほむら「彼女の名誉の為に裏側は教えられないけれど、
    美樹さんはまもなく魔女となって私達を殺しにかかった」

タツヤ「……」

ほむら「…気の毒に…」

タツヤ「…ほむらは、そこでまた時間を戻したんだ…?」

ほむら「……」

タツヤ「…?」

ほむら「…私は…。私は魔女に成り果ててしまった美樹さんを殺したわ。この手で…」

タツヤ「!」

ほむら「私にとってはまどかを救うことだけが目的で、
    それ以外のことに構っている余裕はなかったの…」

タツヤ「…ほむらは、やっぱりほむらだな…」

ほむら「どういうこと?」

タツヤ「…冷静っていうか、冷酷っていうか…」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 18:44:58.92 ID:0ajR3NcE0
ほむら「……」

タツヤ「…ごめん。悪い意味で言ったんじゃないよ」

ほむら「…馬鹿なだけよ」

タツヤ「そんなことはないと思う…」

ほむら「……。何度も同じ時期を繰り返して来たけれど、その1ヶ月が一番辛かったわ
    一番泣いたし、一番まどかが泣いてる所を見た
    最後には私もまどかも魔女になる一歩手前まで行って、
    『もうこれでいいんじゃないか』という気になった…」

タツヤ「…?」

ほむら「『こんな悲しいことばかりの世界なら、いっそ2人で壊して回ろう』って…
    私はまどかにそう言ったわ」

タツヤ「……」

ほむら「だけど…」ウルッ

タツヤ「ああ、泣かないで…」

ほむら「まどかはね。…まどかは、最後の力で私を助けたの。どうしてだと思う?」

タツヤ「…友達だから」

ほむら「……。あの子は、時を戻せる私に願いを託したのよ
    『キュゥべえに騙される前の私を助けてあげて』って…」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 18:48:56.20 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「…!」

ほむら「うぅ…」ポタポタ

タツヤ「ほむら…」

ほむら「約束したの…。何度失敗しても、何度でも繰り返す…
    どんなに倒れても、必ずまどかを救ってみせるって…」

タツヤ「……」

ほむら「あの時の顔…今でも忘れられない…」

タツヤ「もういいよ…今日はここまでだ」

ほむら「私…!」

タツヤ「…ほむら」

ほむら「…まどかを殺した…!」

タツヤ「……」

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 18:53:30.33 ID:0ajR3NcE0
ほむら「『魔女にはなりたくない』って、まどかが言ったから…
    そんな姿になる前に、私は目を閉じて引き金を引いた…」

タツヤ「……」

ほむら「……」グスン

タツヤ「…さっきはごめん」

ほむら「…?」

タツヤ「『冷たい』とか言っちゃって…」

ほむら「……」

タツヤ「…僕の記憶の中にいる『まどか』は、ほむらの言う『まどか』と同じ人かな…」

ほむら「…そうだと思う…」

タツヤ「僕はあの人のことが大好きだったから…
    『まどか』にほむらみたいな友達がいたってことが、すごく嬉しいな…」

ほむら「私は…」

タツヤ「…授業始まるよ。行こう?」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:01:04.03 ID:0ajR3NcE0
――マミの家

さやか「……」

タツヤ「……」

マミ「うーん。面白い話だけれど…ねぇ」

タツヤ「…そう考えると、さやかは魔法少女になっちゃいけないような気がするんだ…
    1ヶ月後にはさやかがこの世にいないなんて、想像もしたくない…」

マミ「…信憑性に欠けるわね」

タツヤ「ん…」

マミ「作り話にしてはよくできてると思う。だけど、ちょっと都合がよすぎるんじゃない?」

タツヤ「だ、誰にですか…」

マミ「あなたよ」

タツヤ「嘘なんかついてないですって…」

マミ「暁美さんの話、そのまま信じるの?」

タツヤ「はい…」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:08:34.51 ID:0ajR3NcE0
マミ「なら、どうして美樹さんがその『魔女』になる過程を秘密にしたのかしら
   話が本当だとしたら、そこが一番重要なはずじゃない?」

タツヤ「うぅ…」

マミ「確かに魔法少女になれば、いつかは円環の理に導かれて、別の世界へ旅立つことになる…
   でも、しっかりやっていれば、そんなにすぐということはないと思わない?
   私だって何年もこうして生きてるんだもの」

タツヤ「……」

マミ「美樹さんを怖がらせちゃ駄目よ。心配なのはわかるけど、
   どうしても叶えたい望みというのは、他人の言葉で簡単に諦められるものじゃないわ」

タツヤ「さやか…」

さやか「……」

マミ「大丈夫。美樹さんは私がちゃんと守るから。無茶もさせないし、危険は少ないはずよ」

タツヤ「……」

マミ「キュゥべえは、どう思う?」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:23:44.55 ID:0ajR3NcE0
QB「真偽をはっきりさせるには、まだ情報が少なすぎるね
   けれど、マミが思っているより、嘘ではない可能性は遥かに高い」

マミ「え?」

QB「僕らは魔獣が人間から吸い取って実体化した感情エネルギーを集めているけれど、
   魔法少女自身の感情が希望から絶望に転換する瞬間に発生するであろうエネルギーは
   簡単な計算でもグリーフマテリアル10個~30個分にも上るんだ
   それが仮にしっかり手に取れる形として残るものであれば、
   僕達インキュベーターとしては喉から手が出るくらい貴重なものになるはずだ
   現状では浄化し切れなくなったソウルジェムが消滅してしまうメカニズムは解明されていないけれど、
   この問題が起こらない時代があったとしても何ら不思議でなないね
   この先もし実現できたとしたら、今この少年が語ったような現象は頻繁に起こるはずだよ
   もっとも、この現実世界でさやかという特定の人物にのみ当てはめて推測を展開するのは
   生産的とは言い難いし、僕にも難しすぎるけどね」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:28:40.54 ID:0ajR3NcE0
マミ「……」

タツヤ「……」

さやか「……」

QB「君達には少しわかり難かったかな。簡単に言えば――」

マミ「大丈夫、もうわかったわ」

さやか「…やっぱ、あたしもうちょっと考えてみるわ…」

タツヤ「!」

マミ「あら、いいの?」

さやか「うん…なんか、嫌な予感して来ちゃった…。でも、まだ諦めた訳じゃないから」

マミ「そう…まぁ、あせることないわ」

タツヤ(よかった…)

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:38:15.87 ID:0ajR3NcE0
――次の日

タツヤ「――まぁ…現状維持って所…」

ほむら「そう…」

タツヤ「…さやかはどうして魔女になったの?」

ほむら「……」

タツヤ「さやかの名誉の為って言ってたけど…どういう意味なの…?」

ほむら「…深い意味はないわ。ただ、プライベートな内容だから」

タツヤ「…このままじゃ、さやかはいつ1人で突っ走っちゃうかわからなくて…
    何だかもう、上条のことで頭いっぱいになってるみたいだし…」

ほむら「……。そうね。美樹さんに忠告するなら、私よりあなたのほうが効くと思うわ」

タツヤ「ほむら…」

ほむら「…けれど、簡単な問題ではないわ。あの少年の手は、今のままでは一生動くことはないわ
    この先、5年10年と経ってみないと彼が立ち直るかどうかはわからない
    その時になってからでは遅いはずだし、かと言って今すぐ契約しても
    誰も後悔しないという保証はない」

タツヤ「……」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:45:38.24 ID:0ajR3NcE0
ほむら「そのことを踏まえた上で干渉するつもりなら、協力してあげてもいいわ」

タツヤ「…上条とも会ってみるよ。どんな顔されるかわからないけど…」

ほむら「そう」

タツヤ「…さやかのこと、聞かせて」

ほむら「…そうね…何人目の美樹さんの話をしようかしら…」

タツヤ「……」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 19:53:53.99 ID:0ajR3NcE0
ほむら「…魔法少女になった者は、もう普通の人間ではないわ
    毎日戦いに明け暮れることになるだけでなく、常に危険にさらされながら、
    その見返りは皆無に等しい。あるのは戦い以外の役に立たない『魔法』と、
    近い将来この世を去る運命…かつての世界では『魔女』だったけれど」

タツヤ「うん…」

ほむら「美樹さんはこの仕事をするには純粋すぎた
    少年の手を治した上、陰で人々を守る為に戦い続けることが、
    自分や周りの人の幸せに繋がると信じていた」

タツヤ「……」

ほむら「けれど、願いを叶えた矢先、厳しい現実に直面することになる」

タツヤ「…何?」

ほむら「上条君は、美樹さんとは別の子と結ばれてしまったの」

タツヤ「……」

ほむら「契約する前は『そうなってもいい』と思っていたのでしょうね
    それでも、それが現実になってみると…」

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:03:13.99 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「それでさやかは、どうしたの…?」

ほむら「自分を見失ったわ。学校に来るのも辛かったのでしょうね
    彼が退院してからすぐ、家出をして、ひたすら魔女を狩り続けた
    私は何度か助けようとしたけれど、そこでも聞く耳を持ってくれなかった」

タツヤ「どうして…」

ほむら「…私が本当に助けたかったのは、まどか1人なの…
    美樹さんは鋭いから、私が彼女の為に動いてる訳じゃないことを見抜いてたのね」

タツヤ「だからって…」

ほむら「今のあの子を見てるとほっとするわ。魔法少女という立場は、美樹さんにはふさわしくない」

タツヤ「…うん」

ほむら「…魔法少女は、精神状態が不安定になると、簡単に壊れてしまう
    普通の人間なら時間が解決してくれることでも、私達にとっては致命傷なのよ
    美樹さんは、契約してしまう前に進む所まで進んでしまうべきでしょうね」

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:07:56.91 ID:0ajR3NcE0
――恭介の病室

タツヤ「…上条?」

上条「…? ああ、鹿目君か…」

タツヤ「えーっと…お見舞いに来たよ」

上条「ありがとう…珍しいね」

タツヤ「っていうか…相談なんだけど…」

上条「……」

タツヤ(重症じゃないか…。さやかがあせるのも無理ないね…)

タツヤ「さやかのことなんだけどさ…」

上条「…そうじゃないかと思った」

タツヤ「んー…責めに来たんじゃないよ」

上条「……」

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:13:54.23 ID:0ajR3NcE0
タツヤ(勝手に伝えちゃうのはあんまりだよなぁ…)

タツヤ「…さやか…すごく心配してるよ…」

上条「……」

タツヤ「手のことは聞いちゃった…。僕も、正直何て声かけたらいいかわからないけど…」

上条「…鹿目君って、スポーツとかやってたっけ。趣味か何かある…?」

タツヤ「…ないけど」

上条「……。それなら、例え話をするのは無駄だろうね」

タツヤ「…ごめん…」

上条「……」

タツヤ「…うん…ごめん。さやかが今どんな状態か伝えたかっただけなんだ…」

上条「…?」

タツヤ「上条のこと心配しすぎて、ちょっと…おかしくなってる」

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:18:09.36 ID:0ajR3NcE0
上条「…!」

タツヤ「どこまで言っていいのかわからないけど、とにかく大変なんだ…
    もう僕には止められそうになくて…
    来月にはさやかと会えなくなるんじゃないかって、それぐらい不安で…」

上条「…何があったんだ?」

タツヤ「…こればっかりは、さやかに直接聞いてもらうしかない…」

上条「……」

タツヤ「…さやかは本当のことを言えずにいるんだよ
    本当は辛いくせに、自分1人で全部背負い込めばいいって勝手に思ってて…」

上条「…さやか…」

タツヤ「さやかとは僕より付き合い長いよね…?
    ちょっと見つめ直せば、さやかが何か隠してるって気付くはずだよ…」

上条「…さやかは、無事なのか…?」

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:25:04.86 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「え…?」

上条「……」グス

タツヤ(泣いてる…?)

上条「…一生の後悔って、あるんだね…」

タツヤ「え…?」

上条「2つもだ…。あの時車を避けることだってできたはずなのに、
   植木のトゲが怖くて一瞬飛び込むのを躊躇した…
   そのせいでこんな体になるなんて思いもしなかったよ…」

タツヤ「……」

上条「僕にはバイオリンしかないって、自分で自分をそんなふうに評価してて…
   バイオリンが弾けなくなったことで何もかも考えるのをやめて、自暴自棄になって、
   最後の最後で一番大切な友達まで傷つけて……」

タツヤ「…!」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:36:34.88 ID:0ajR3NcE0
上条「本気で『死にたい』と思う日が来るなんて思わなかった…
   僕って一体何なんだ…? 何の為にこんなベッドの上で生かされてるんだ…?」

タツヤ「そんなこと言わないで…」

上条「今になってさやかのことを思い出すんだ…
   親よりもお見舞いに来てくれたし、さやかなりに気を利かせてくれてた…
   このCD…さやかから貰ったんだ」

タツヤ「…割っちゃったの?」

上条「…ああ。イライラしててさ…さやかの優しい言葉が鬱陶しくてたまらなかったんだ…
   彼女の目の前で素手で叩いて…」

タツヤ「……」

上条「…さやかは、必死で僕の腕を押さえてた…
   あの瞬間が、いつの間にか頭から離れなくなってて…」

タツヤ「そっか…」

上条「わかってるよ…さやかがどんなに心配してくれてるか…
   わかってたんだよ…。だけど、僕が欲しいのは気休めじゃなくて、自分の指なんだ…」

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:43:25.70 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「うん…」

上条「…僕が死んだら、さやかはきっと泣いちゃうよね…」

タツヤ「…うん…」

上条「僕には、泣かれるほどの価値なんてないのに…」

タツヤ「…呼んで来るよ。さやか…」

上条「!?」

タツヤ「…会ってゆっくり話したほうがいいと思うんだ…
    また喧嘩になっちゃうかもしれないけど、お互い言いたいこと言えずに
    どんどん離れて行っちゃうのは、もっと駄目だと思うから…」

上条「…来てるのか?」

タツヤ「いや、いないけど…。今から家行って連れて来るよ…」

上条「鹿目君…」

タツヤ「それじゃ、ちょっと待っててね」

上条「待って!」

タツヤ「…?」

上条「…顔向けできないよ」

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:50:13.24 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「…さやかの顔見たら、また怒りたくなる…?」

上条「わからない…。謝った所で、赦してもらった所で、結局僕の手は返って来ないし…
   下手に気遣われると、もしかしたら、やっぱりまた同じことをしちゃうかもしれない…」

タツヤ「……。手紙とか、どうかな…」

上条「…?」

タツヤ「落ち着いて言いたいこと書けるし…口で言うより伝わることもあるんじゃない…?」

上条「……」

タツヤ「…ごめん、こんなことしか言えなくて…」

上条「…さやかは、何をしたんだ…? そこだけまだ聞いてない…」

タツヤ「……」

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 20:55:56.50 ID:0ajR3NcE0
上条「…教えてよ。何であろうと受け止めるから」

タツヤ「……。さやかは、自分が死ねば上条の手が治ると思ってるんだよ…」

上条「…え…?」

タツヤ「…本当のところは僕にもよくわからない…。事実だけストレートに言っちゃうと、
    さやかは『恭介の手が治るならあたしの命なんか安いもんだ』って、はっきりそう言ったよ」

上条「……」

タツヤ「何とかしてほしいんだよね…。『相談』っていうのは、それでさ…」

上条「…さやか…自棄になってるのかな…」

タツヤ「かもしれない…」

上条「…引き出しに、ペンか何か入ってないかな…あれば出して欲しいんだけど…」

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 21:11:42.64 ID:0ajR3NcE0
――翌日の放課後

ほむら「――まどかは『希望を抱くこと自体が間違いだ』という言葉を全力で否定したのよ」

タツヤ「うーん…さすがになぁ…」

ほむら「何?」

タツヤ「『世界を書き換える』ってどういうことなの…?」

ほむら「そうね…何て言えば伝わるのかしら」

340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 23:07:38.43 ID:0ajR3NcE0
――さやかの部屋

さやか(何だったのかな…キュゥべえが言ってたこと
    つまり契約してから1ヶ月で消えちゃうこともあるって意味だよね…
    1ヶ月って…。さすがにそれは…)

トッ トッ

さやか(この足音はママだな…。もう寝たふりでもしようっと…)バッ

パサ

トッ トッ トッ ……

さやか(…何よ。部屋の前まで来てそのまま帰ってくなんて
    言いたいことがあるなら面と向かって言えばいいのに。やだやだ)ガバッ

さやか(ん…? 手紙が落ちてる…。そっか。これ届けに来たんだ
    手で渡せばいいじゃんか。ほんと感じ悪いな)

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 23:16:11.92 ID:0ajR3NcE0
あて先:『美樹さやか』

さやか(差出人書いてないな…誰からだろ…)ペリ

さやか(メモ帳だ。普通便箋でしょ…)

『この前はごめん』

さやか(恭介…!?)

『もうバイオリンは弾けないけど、これからも生きて行くよ

 目は見えるし、耳も聞こえるし、学校にだって行けるから

 さやかと会えなくなることのほうがよっぽど怖い

 だからさやかも生きていて    上条恭介』

さやか(これ…)

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 23:21:17.30 ID:0ajR3NcE0
さやか「……」

さやか(何言ってんのよ…。別に死ぬなんて言ってないじゃんか…
    なんで恭介がそんなこと気にする訳…?)

さやか「……」グス

さやか(…恭介の字…)

さやか「ううぅ……」

さやか(あいつ、なんでこんな優しいかな…
    あたしのことなんか考えてる余裕ないはずなのに…)

『さやかと会えなくなることのようがよっぽど怖い』

さやか(あんなにバイオリン好きだったのに…なんでこんなこと言えるのかな…)

ポタ

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 23:29:50.46 ID:0ajR3NcE0
――次の日。学校

さやか「……」ジーッ

『だからさやかも生きていて』

さやか(恭介の字だ…)

タツヤ「さっきから下向いて何見てるの?」

さやか「んな…! 何でもないよ!」

タツヤ「……。そっか」

さやか「はぁ…」

タツヤ「さやか…?」

さやか「…あたし、今冷静だ…」

タツヤ「…何かいいことあったでしょ」

さやか「うぅ…まぁね。別に、大したことじゃないけどさ」

タツヤ「目に光が戻ってるよ」

さやか「うるさいな」

356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 23:42:41.06 ID:0ajR3NcE0
――放課後

タツヤ「――どうしてほむらは、せっかく元の暮らしに戻れたのに、また契約しちゃったの…?」

ほむら「…私はもう、戦い続けるしかないのよ」

タツヤ「そんな…。ほむらだって普通の女の子じゃないか…何も自分から魔法少女にならなくても…」

ほむら「…私は、魔力に依存しないと生きて行けないのよ。素のままでは心臓が弱すぎるし、目も悪いから」

タツヤ「そんなの…」

ほむら「……」

タツヤ「…嘘だよね。本当は生き続けることが目的じゃないよね」

ほむら「……」

362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 23:57:09.46 ID:0ajR3NcE0
タツヤ「…戦うことが目的なの…?」

ほむら「…!」

タツヤ「キュゥべえがいることを知ってたのに、願い事も考えておかないなんて…
    本当は、欲しいものなんて何もなくて、魔力が便利だから契約した訳でもなくて…」

ほむら「……。世界は変わったけれど、私は変わってないということ…
    ええ、そうよ。私は魔獣を倒す為に再び魔法少女になった
    昔も今も、まどかが私の全て。ここはまどかが守ろうとした世界であり、まどかが構築した世界
    あの子の決意を無駄にしない為に、私は戦い続ける。永遠にでもね」

タツヤ「…何だか、悲しいな…」

ほむら「…あなたはまどかと似てるわ。兄弟だからでしょうけれど
    私の知るまどかが持っていたものは、あなたがほとんど受け継いでいる」

タツヤ「……」

ほむら「あなたを見ているだけで、かつてこの世界にあの子がいたことを思い出すの
    不思議なものね。…辛い別れだったけれど、今は寂しくないわ」

タツヤ「……帰ろっか」

ほむら「ええ」

364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:05:11.36 ID:bMFHCl5X0
――恭介の病室

さやか「…恭介」

上条「…!」

さやか「……」

上条「…やあ」

さやか「…手紙、ありがとね」

上条「ううん…」

さやか「…はい」スッ

上条「…手紙の返事?」

さやか「うん…」

上条「読んでいい?」

さやか「う、あ、後にして! あたし、もう帰るから…」

上条「そっか…」

さやか「うん…じゃあ、また今度ね」

上条「あれ…さやか?」

366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:08:53.76 ID:bMFHCl5X0
さやか「…何?」

上条「熱でもあるんじゃないか…?」

さやか「な、なんでよ…?」

上条「少し顔赤いけど…」

さやか「……」

上条「……」

さやか「…やっぱ返して」バッ

上条「うわっ! どうしたんだい、急に…」

さやか「知らないわよ」

上条「何怒ってるんだ?」

さやか「別に怒ってなんか…」

上条「手紙を読ませて」

さやか「もういいよ…やっぱ恥ずかしいから」

上条「なんで…?」

さやか「…あたし字汚いし」

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:12:45.93 ID:bMFHCl5X0
上条「なら口で言えばいい」

さやか「っ…!」

上条「さあ」

さやか「そ、それは…」

上条「ほら…」

さやか「…ううん、ずるい!」

上条「自分で隠したんじゃないか…」

さやか「恭介の馬鹿」

上条「……」

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:17:50.41 ID:bMFHCl5X0
さやか「…馬鹿!」

上条「!」

さやか「……本気で悩んだのに」

上条「…さやか?」

さやか「…これじゃ、あたしただの馬鹿じゃん…」

上条「…何を言ってるんだい…?」

さやか「……」

上条「おいで。さやか」

さやか「…うん」

374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:21:53.74 ID:bMFHCl5X0
上条「怒らないで…」

さやか「…怒ってない」

上条「……」

さやか「……」

上条「…まさかとは思うけど…」

さやか「…何」

上条「…さやかは、僕のこと…」

さやか「…!」

上条「あはは、ごめんごめん」

さやか「……」

378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:28:02.69 ID:bMFHCl5X0
上条「…参ったな。わからないや。さやかの言いたいこと」

さやか「……」

上条「…だけど…」

さやか「ん…?」

上条「…一緒にいて楽しいよ」

さやか「な…」

上条「やっぱり好きだなぁ、さやか…」

さやか「…からかってんでしょ…」

上条「そんなことないよ」

さやか「…もうあんたのこと信じない」

上条「……。そっか」

382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:38:46.60 ID:bMFHCl5X0
さやか「…退院はいつになるのかな」

上条「まだ当分先だね。骨自体はほとんど繋がったけど、
   1人で歩くのはまだ難しいから」

さやか「…そうなんだ」

上条「…手を貸してくれる人がいればいいんだけど…」

さやか「どっか行きたいの…?」

上条「…『どこか』じゃなくて、『誰と』が大事なんじゃないかな…」

さやか「……」

上条「一緒にいて楽しい人がいい」

さやか「…何よ」

上条「…手繋ごう?」

さやか「……」

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/31(月) 00:50:48.51 ID:bMFHCl5X0
タツヤ「――それで僕は『素質がある』なんて言われたのか…」

ほむら「男子でよかったわね。あなたが少女ならあいつは間違いなく狙いに来ていた」

タツヤ「『まどか』みたいに…?」

ほむら「…そうよ」

タツヤ「……。ほむらって、女の子らしくないよね」

ほむら「…?」

タツヤ「いや、いい意味でだよ…?」

ほむら「そう。ならお礼を言わせて。あなたも男子らしくなくて素敵よ」

タツヤ「だ、だから…」

ほむら「いい意味で言ったの」

タツヤ「これだもんな…」

ほむら「……」

タツヤ「――それじゃあ、また明日学校で。元気でね」

ほむら「ええ。あなたもね」

――終わり