1: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:06:31.19 ID:Q9JbxH5zo

潮「ハーーーーーッハッハッハッハ!!!!」

潮「ハハハハハハハ!!力を感じる!この戦、勝てるぞ!フハハハハハ!!」


朧・曙・漣「」

提督「」

明石「成功ですね」

提督「どこがだ!!!!!」


朧「ちょっと提督!潮に何したんですか!?」

曙「そうよ!あんなの潮じゃないわ!」

漣「元に戻らないんですかご主人様!?」

提督「あー……ど、どうだろうな…………明石よ」

明石「さぁ……」

曙「さぁじゃないわよ!!」

朧「そもそも、どうしてこうなったんですかー!?」

提督「聞きたい?」

漣「とっとと答えやがってください!!」

提督「はい……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446743190

引用元: 潮「これが、これが近代化改装……フ、フハハ……」 

 

2: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:07:17.61 ID:Q9JbxH5zo

・・・・・・

~時は少し遡る~


提督「新しい近代化改装?」

明石「そうなんです。軍の技術部が開発したらしく、今までよりもずっと改装後のステータスが上がるらしいですよ」

提督「ほぉそいつぁ凄いじゃないか。どれくらい?」

明石「例えば、本来なら雷撃が+1のところを、+10とか」

提督「マジで!?すげぇじゃんウチでもやろう!!」

明石「ええ、まぁ…………でも……」

提督「…………でも、なんだ?」

明石「提督、近代化改装について、簡潔に説明してください」

提督「え?余った艤装のパーツを使って艦娘の性能を底上げする…………で合ってるよな?」

明石「はい。艦娘も人……ダブリだの牧場だのという単語なんて聞いたことありませんよね」

提督「あ、ああ……なんだ明石。いきなり変なこと言ってきて……」

明石「いえ、一応」

3: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:08:05.24 ID:Q9JbxH5zo

明石「まぁそこでです。今までと同じ方法で、新しい近代化改装をウチでもやってみようと思います」

提督「頼んだよ。戦力アップは心強いからな」

明石「はい!いや~~~~よかったですねぇこれでウチの評価もうなぎのぼりで提督の出世も間違いなし!技術担当として鼻高々ですよ~~~~~」ヘラヘラ

提督「…………明石よ」

明石「はい」

提督「また、何か副作用やら代償やらがあるんだろ?」

明石「よくわかりましたね」

提督「なんであるんだよ!!!!」


明石「いや~実は新しい近代化改装、ちょっとめんどくさそうなんですよね~」

提督「開き直りやがって!」

明石「あ、じゃあやめます?」

提督「うぐっ…………ま、まぁ話だけ聞いてやろう」

5: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:09:07.99 ID:Q9JbxH5zo

明石「実はその近代化改装、使った素材が艦娘の精神に影響を及ぼしてしまうらしいんです」

提督「…………なに?」

明石「分かりやすく言うなら、金剛さんの艤装を改装素材にしたら、皆あの喋り方になります。比叡さんなら皆口癖がヒエーになって榛名さんなら皆大丈夫になって霧島さんなら皆マイクを気にします」

提督「……………………え、それって結構重大じゃね?」

明石「いえいえ。今のは極端な例です。1つや2つ程度なら性格は大して変わりません」

提督「そうか……」ホッ

明石「しかし気を付けないと、本当にそうなりますよ。デース口調の鳳翔さんとか見たいですか?」

提督「ううむ……み、見たくはあるけど、やっぱ見たくない……」

明石「でしょ!?用法容量を守って正しく改装してくださいね」

提督「分かった。気を付けておくよ」

6: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:09:49.95 ID:Q9JbxH5zo

・・・・・・

~廊下~


提督「とはいえ、性能大幅アップは魅力的だなぁ」スタスタ

提督「……と、あれは……」

潮「はぁ……」トボトボ

提督「潮?」


潮「どうやったら、自分に自信が持てるんだろう……」ズーン

提督「(なるほど、どうやら悩んでいるようだな)」

提督「(だが潮はあの性格が個人的に好みだったりするが……まぁ今は……)」


提督「おう潮。どうした?浮かない顔して」

潮「あ、提督」

提督「もしかして、自分に自信が無いのを気にしてるとか?」

潮「えっ、どうして分かるんですか!?」

提督「(まる聞こえだったし……)」

提督「立ち話もなんだ、どっかで話くらいは聞いてやるぞ」

潮「は、はい……」

7: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:10:15.97 ID:Q9JbxH5zo

・・・・・・

~食堂~


潮「――というわけなんです……」

提督「(よくある話だな。戦艦とか強い連中の活躍を見て、自分にその力が無いと嘆く……)」

潮「私、もっとみんなの役に立ちたくて……」

提督「なるほどな……(みんなの命を預かる司令官として、艦娘の悩みは解決してやりたい……しかし精神面だとなぁ……………………ん?)」

提督「(……そういや、長門と武蔵の艤装が余ってたな……)」

提督「…………潮」

潮「はい?」

提督「もし潮が自分に自信を持てるようになるかもしれない……と言ったら、どうする?」

潮「えっ……?」

8: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:11:55.43 ID:Q9JbxH5zo

・・・・・・

~現在・工廠~


提督「というわけで長門と武蔵の艤装を2スロット分ずつ、素材として投入した」

朧「き、近代化改装で……そんなことが!?」

明石「鎮守府内で自分に自信を持っていて気が強い艦娘代表格の2人の艤装ですからね~相乗効果的なので精神への影響もズドーン!」アハハ

曙「なに笑ってんのよ~~~!!」ガシッ

明石「グエエェェく、ぐるじい!!」


漣「あれ、でもご主人様。素材用スロットは5つ全部埋まってますよ?あとの1つは?」

提督「ああ……たまたま俺の部屋にあった物が目についてな、持ってきた」

朧「何を持ってきたんです?」

提督「HGUCザクⅢ改」

曙「それのせいじゃないの!!?」

提督「いやぁこれに乗ってるパイロットがさ、自分に自信ある感じのキャラだからどうなるかな~って。まさか艤装以外でも強化素材になるとは思わなかったよ」

漣「何してるんですかクソご主人様!」

9: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:12:42.01 ID:Q9JbxH5zo

提督「というか、何故お前らまでいるんだ。呼んだのは潮だけのハズだぞ」

漣「潮ちゃんがいつにもましてルンルンな顔をしていたから、気になって尋ねて」

朧「面白そうだから私達もついてきたんです。ね、曙ちゃん」

曙「ちょ、なんでそこで私に振るのよ!別に潮が気になったわけじゃないわよ!」

明石「はいはい」

曙「流すな!!」

10: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:13:28.85 ID:Q9JbxH5zo

潮「ん?」

漣「やばっ、こっち見た!」

曙「ちょっとクソ提督、ここはアンタでしょ!」

提督「え、俺!?」

漣「とっといきやがれです!」ドンッ

提督「うおっ!?」


潮「…………」ジー

提督「(さ、漣のやつ……俺の背中を押して潮の前に来させるとは……あんにゃろう……!)」

提督「よ、よぉ潮。どうだ調子は――」

潮「提督様!!」

提督「…………ん?」

朧・漣・曙「」

11: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:14:41.33 ID:Q9JbxH5zo

潮「おお我が提督様……今日もご機嫌麗しゅう」

提督「」


朧「う、潮ちゃんが……壊れた…………」

漣「というか、その呼び方……私と被ってる……」

提督「ど、どうだ?新しい近代化改装は」

潮「素晴らしいの一言に尽きましょう。火力・対空・装甲……著しく上昇したのが分かります。今なら夕立ちゃんにも負けないでしょう」

提督「え、マジで?」

明石「はい。今の潮ちゃんすんごく強いですよ」

提督「そうか……改装は成功か!どうだ潮、自分に自信は持てたか?」

潮「何を仰る。提督様の剣となり盾となるこの身、自信以外のなにものがあろうはずも無い!」

提督「へ、へ~」

曙「……!」プルプル

12: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:16:54.68 ID:Q9JbxH5zo

曙「もう!いつまでそんな茶番続けてんのよ!!」ズカズカ

提督「うお、曙」

曙「ちょっと潮、アンタ何してんの!?そんなキャラじゃなかったでしょ!似合わないわよ!!」

潮「え?」

曙「潮はねぇ、気弱でおどおどしたところがあるけどそこが愛らしくて、ムカつくけど駆逐艦とは思えない体とその性格のギャップがよかったのよ!!今じゃなによ、ただの変人よ!?」

提督「(曙お前潮に詳しすぎだろ大好きか)」

潮「………………」

曙「それになによ提督様って、こんなクソ提督に様なんて――」

潮「クソ、提督……?」ピクッ

潮「聞き捨てならないなぁ」ドンッ

曙「ヒッ……!?」

提督「(なっ……あ、あの潮が……曙に壁ドン!?少女漫画の方の壁ドン!?!?!?)」

13: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/06(金) 02:17:49.17 ID:Q9JbxH5zo

潮「曙ちゃん、今までは何も言わなかったけど、これからはそういう提督様に反抗的な態度は謹んでほしいなぁ」

曙「な、なによ!」

潮「提督様は私達の司令官……つまりは偉い人ってこと。分かる?」

潮「あんまりオイタがすぎると……」グイッ

曙「ッ、わ、わぷっ――!」

潮「私も我慢できないからねぇ」

曙「――!!――――!!」ジタバタ

潮「分かったかな?」パッ

曙「――ぷはっ!はぁっ、はぁっ……」ゼェゼェ

曙「だ、誰が……」

潮「んー?」

曙「ッ……わ、分かったわよ」


朧「あ、あの潮ちゃんが……曙ちゃんの顔を……む、胸に」

漣「まさに潮ちゃんにしかできない技キタコレー…………じゃない!」

提督「俺、とんでもない過ちをしてしまったかもしれない」

明石「強化素材にガンプラは確かにとんでもない過ちだと思いますよ」

40: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:02:38.13 ID:/1Cdn5ATo

提督「まぁでも流石に変わりすぎだな……明石、これって元に戻るのか?」

明石「………………」

提督「おい黙ってないで何か言えよ!!」

明石「黙秘権」

提督「テメェ分からねぇんだな!!?」ガシッ

明石「キャーセクハラー!」

提督「茶化すなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

41: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:03:05.56 ID:/1Cdn5ATo

潮「それと、大掃除の時……穿いてなかったそうじゃない」

曙「ッ!?そ、それは……」

潮「いけないなぁ年頃の女の子がそんなことをしたら」

潮「それとも、誰か誘っていたのかな?」

曙「ハァ!?そんなわけあるわけないじゃない!!」カァァ


朧「あっちもこっちも大変よ!?」

漣「ちょっとご主人様!どうするの!?」

提督「くそう……仕方ない、元に戻す方法を調べるから、それまでは第七駆逐隊は自室待機!」

漣「ちょっと!それって丸投げって言うんじゃ――」

提督「命令だ!!」

漣「コラーーーーーー!!」

潮「提督」

提督「な、なんだ?」

潮「もし叶うのであれば、提督……薔薇の花を1本……いただきたいのですが」

提督「薔薇の花?まぁ別にいいけど」

潮「おお!なんとありがたき幸せ!この潮……身命を賭してお仕えいたします!!」

提督「お、おう……頼んだよ」

42: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:03:32.62 ID:/1Cdn5ATo

・・・・・・


明石「いやぁビックリでしたね」

提督「お前なぁ……」

明石「それにしても、さっきも言いましたが潮ちゃん凄く強くなってますよ。本当に夕立ちゃんに負けないくらい」

提督「それは確かにありがたいが、曙の言うように潮はなぁ……」

明石「気持ちは分かります。しかし実験例が潮ちゃんしかいないとなると……元に戻そうにもデータが足りないですねぇ…………」

提督「…………最近耳がおかしくなったかなぁ、お前の口から『もっとやれ』と聞こえるんだが」

明石「その通りです」

提督「お・ま・え・な・ぁ!!!!」

明石「でもこの近代化改装は前例がありませんし、本当にデータは足りませんよ!」

提督「むっ……」

明石「潮ちゃん元に戻したくないんですか?」ニヤッ

提督「ま、そりゃあ……」

43: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:03:59.50 ID:/1Cdn5ATo

明石「それに、元に戻る方法さえ見つけてしまえばいくら何人に施しても同じことじゃないですか。結果オーライですよぉ」

提督「……そうかな?」

明石「そうです!」

提督「そ、そうか…………」

明石「……ひひ」

提督「じゃあ適当に強くしたい奴を連れてくるから、明石は準備しておいてくれ」

明石「はいはーい!」

44: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:04:47.92 ID:/1Cdn5ATo

・・・・・・

~港~


提督「とは言ったものの、ウチの主力は結構強化され尽くした感あるし……強くしたい奴、となると……」


トントン


提督「ん?」

磯風「司令、今強くしたい……と言ったな?」

提督「おう磯風か。どうした?」

磯風「いや、自意識過剰ではないかと自分でも思ってしまうが、その強くしたい奴とは……私の事か?」

提督「磯風を?」

磯風「ほら、私は最近着任したばかりで……練度も低いじゃないか」

提督「ああ…………秋刀魚漁船の網に何故か引っかかっていたんだったな……」

磯風「それよりもだ!司令は私を強くしたいんじゃないのか?」

提督「え、あーそりゃあまぁお前が強くなってくれるに越したことはないが…………」

磯風「ならば私は瞬く間に強くなってみせるぞ!第十七駆逐隊こそ、この鎮守府一の武勲部隊となるために!」ゴゴゴゴ

提督「(頑張り屋だなぁ……と、そうだ…………磯風なら)」


提督「磯風、そこまで言うならお前に機会をやろう」

磯風「なに?」

45: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:05:42.47 ID:/1Cdn5ATo

・・・・・・

~工廠~


明石「早かったですねーもう次の生贄を持ってくるなんて」

提督「コラ明石!変な言い方するんじゃない!」

磯風「突然工廠に連れてこられて何事かと思ったが……なるほど、近代化改装か。しかし司令、それなら磯風もよく改装してもらっているぞ?」

提督「ああそうだな。だがこの近代化改装はちょっと特殊でな、普通のに比べて強化される具合がダンチなんだ」

磯風「ほう、それは興味深い」

46: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:06:10.36 ID:/1Cdn5ATo

明石「なんやかんや提督もノリノリじゃないっすかー」

提督「うっせぇほっとけ!」

明石「それで、素材はどうするんですか?」

提督「ああ。ちょっと考えたんだがな、性格が似た感じの艦娘の艤装なら大して性格は変わらないんじゃないかと思うんだが」

明石「なるほど」

提督「つーわけで、また長門の艤装パーツを使おうと思う。ついでに那智のパーツも……あと雷撃もっと強化したいから長月と若葉のパーツもぶっこんじまおう」

明石「分かりました。それで、残りの1つは?」

提督「………………これを」スッ

明石「え、これ……ラノベ?」

提督「ああ」

明石「こんなんで強くなるんですかね……」

提督「一応強そうな感じで選んだ」

明石「…………というか、何故わざわざ艦娘の艤装パーツ以外の物をいちいち持ってきてるんですか」

提督「だってこの近代化改装なら艤装以外のも素材にできるんだから、そうしないとなんかもったいないじゃん!」

明石「やっぱり提督も楽しんでるんじゃないですか!」

47: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:06:41.01 ID:/1Cdn5ATo

・・・・・・


明石「磯風さん、準備はいいですかー?」

磯風「うむ。いつでもやってくれ」

明石「はいはい。それじゃー近代化改装開始!」

提督「さてどうなることやら……」


~近代化改修(合成)に成功しました!~


明石「ところで提督」

提督「なんだ?」

明石「これ表記は『近代化改修』なのになんで私達『近代化改装』って言ってるんですか?」

提督「…………ホントじゃん……潮のが移ったのかな……?」

明石「まぁあんまり気にしませんけど……」

48: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:07:23.13 ID:/1Cdn5ATo

・・・・・・


磯風「………………」

提督「お疲れ。どうだ?なにか変わったか?」

磯風「変わった……といえば、変わったかもしれないな」

提督「(お、性格はあまり変わってないぞ!)」

磯風「ところで司令、客が来ない店についてどう思う?」

提督「え?店?」

磯風「ああ。本来なら来るはずの客が来ない……そんな店があるとしよう。もし司令がそこの店長なら、どう思っている?」

提督「急な質問だな……まぁ客が来ない~って嘆くだろ」

磯風「そうだ。嘆く。それは当たり前の反応だ」

提督「ああ」

49: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:08:35.31 ID:/1Cdn5ATo

磯風「私も嘆いている」

提督「え?磯風店長なの?」

磯風「そうではない。私の体がな……客が欲しい、客が欲しい……と、閑古鳥が鳴いている。ピンチだ危機だ」

提督「えぇ……?」

磯風「そうして私の体――胃は客を求めて食堂へと赴くのであった」

提督「腹が減ってたのかよ!!」

明石「確かにもうお昼時ですね」

50: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:09:37.20 ID:/1Cdn5ATo

・・・・・・

~食堂~


磯風「今日も私は、生命をいただく……生きるために。違う、私は言い訳をしている……生きるためにという言い訳を振りかざして、私以外の生命を絶つのだ……」

提督「いただきます」

明石「いただきます」

磯風「……いただく」


明石「提督……あの素材は失敗ですよ」

提督「まさかここまで強く作用するとは……というか、1個や2個なら影響しないって言ってたじゃないか!」

明石「それは艤装の話で、それ以外の影響の度合いなんて分かりませんよ!ザクⅢ改だってそうだったでしょう!」

明石「そもそも、合成素材にラノベ入れるとか普通考えませんよ!?」

提督「いいだろ!あのラノベ、バトル物で強い奴らがたくさん出てくるから磯風も強くなるかなーって思ったんだよ!」

明石「とはいえ方向性がアレすぎます!いくらなんでも言い回しが回りくどい上に中二臭いですよ!」

提督「そういうのが流行った時期があったんだよ~!」

51: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/07(土) 16:12:15.75 ID:/1Cdn5ATo

磯風「2人とも、何を騒いでいるんだ。食事中だぞ」

提督「っ、わ、わりぃ」

明石「ご、ごめんね」アハハ

磯風「……む、この聖杯に並々と注がれし液体……私の舌を惑わせる!」

提督「素直に味噌汁美味しいと言えないのかお前は」

明石「ああ…………磯風ちゃんが……普通にクールビューティーな性格から、ラノベ読んで中二病になった感じに……」

提督「アリっちゃアリだ」

磯風「さて、腹ごしらえも済んだし……司令、我が第十七エクスカリバー部隊はいつでも抜錨可能だぞ!来い!我が眷属達……Wind浦、Wind谷、Wind浜!我が召喚の儀に応えよ!!」

提督「自室待機!!」

磯風「なにぃ!?」

66: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:12:37.98 ID:vksE0Tj/o

潮→HGUCザクⅢ改によりマシュマーのように

磯風→昔提督が読んでいたラノベにより中二病に

???→???

???→???

???→???

67: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:13:07.36 ID:vksE0Tj/o

・・・・・・


提督「はぁ……俺でもあのラノベ読んだところであそこまで中二にはならなかったのに」

明石「読むのと取り込むのでは情報の吸収量が違いますからね。でもデータは取れました」

提督「本当か!」

明石「はい。もう少し調べれば元に戻せる方法も見つかりそうです!」

提督「そうか……ならば選ぶか。贄を」

明石「ついに自分で言い始めてますよ」

提督「いけねっ」

明石「……っと、あれは……」

提督「?」

68: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:13:56.56 ID:vksE0Tj/o

睦月「はぁ…………どうして……」ズーン


明石「睦月ちゃんですね。でも結構暗い?」

提督「さっきの潮のようにうなだれているな……もしかすると、悩んでいる理由も同じかもしれん」

明石「よかったですねぇ実験台がホイホイ自分から現れてくれて」

提督「仲間にその辛辣な言い方をするもんじゃない!」


提督「よう、どうした睦月」

睦月「あ、提督……それに明石さん」

明石「随分お悩みのようだけど、なにかあったの?」

睦月「…………実は……」

69: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:14:22.70 ID:vksE0Tj/o

・・・・・・

~昨日・海上~


神通(改二)「行きますよ、第三水雷戦隊!突撃!」

川内(改二)「夜戦じゃないと本気でないな~」

那珂(改二)「色即是空」

睦月(改)「……」


神通「さぁ皆さん、名乗りを上げましょう!敵を蹂躙するのです!」

吹雪(改二)「はい!!吹雪改二!!」バーン

夕立(改二)「ぽい!!夕立改二!!」バーン

睦月「ムツキカイ……」

深海棲艦「………………プフッ」

睦月「」ブチブチブチブチ

70: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:15:03.75 ID:vksE0Tj/o

・・・・・・


睦月「なにが改二だ!!解任しろオラァ!!」

提督「うわぁぁぁ睦月ィ!?」

睦月「フロートじゃねぇんだよ!!」

提督「落ち着け睦月!既にキャラが壊れているぞ!!これから壊れるというのに!」

明石「睦月ちゃんどーどー!」

睦月「フーッ!フーッ!!」

71: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:15:36.52 ID:vksE0Tj/o

提督「ど、どうやらそれが落ち込んでいる理由のようだな……」

睦月「提督、なんで睦月だけ改二じゃないんですか!?もう睦月は改二になれるハズなんですよ!?」

提督「え、ああーそうだね。アニメ放映と共にお前にも改二が来たよね」

睦月「じゃあ何故!?」

提督「…………睦月よ、お前、まだ、練度が……」

睦月(Lv.48)「え?」

提督「時間が空いたら1-5回しまくるから、我慢しろ!」

睦月「…………い、いやだ!なんかここで引き下がったら沈んでた私が馬鹿みたいじゃないですか!」


睦月「提督、今すぐにでも睦月を強くしてぇ!」

明石「……ほう」ニヤッ

明石「睦月ちゃん、そんなに強くなりたい?手っ取り早く?」

睦月「ええ!もう重要な作戦でひとり留守番なんて……こりごりにゃしぃ!」

明石「分かったわ!じゃあちょっと工廠に来て!」

72: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:16:04.62 ID:vksE0Tj/o

・・・・・・

~工廠~


睦月「さぁ、私を強くして!」

明石「はいはーい」

提督「それで、睦月の強化には何を使うんだ?」

明石「それがですね提督、今までは通常の強化素材に特殊なのをひとつポンとくれてやってたじゃないですか」

提督「おう」

明石「今回は全部艤装とは関係ないものを素材にしてみようかと」

提督「ま、マジでか?それでステータス上がるのか……?」

明石「上がったら御の字ということで」

73: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:16:39.46 ID:vksE0Tj/o

提督「じゃあ睦月、そろそろ始めるぞ」

睦月「はいっ!」

明石「一応素材は私が見繕ってみました」


トランプ(クラブのA)・トランプ(クラブのK)・DX醒杖レンゲルラウザー・DXレンゲルバックル・DXホッパーゼクター


提督「待て!ちょっと待て!?」

明石「てーい」

提督「おい!!!!」

74: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/08(日) 02:17:08.92 ID:vksE0Tj/o

~近代化改修に成功しました!~


提督「ダイデョウブガムッキーーーーー!!」

睦月「………………」

明石「大丈夫?」

睦月「提督……明石…………」

提督「なんだ?」

明石「ちょっと、なんで呼び捨て――」

睦月「くたばれ」

95: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:04:49.20 ID:Isv3QOOJo

提督「え?」

明石「む、睦月ちゃん……!?」

睦月「…………今、睦月を笑ったな?」

明石「えええええぇぇわ、私!?」

睦月「もっと笑うがよいぞ……」ザッ、ザッ

明石「ああああ……やっぱりホッパーゼクターじゃなくてクラブのQ入れておくべきだったぁぁ……!」

提督「むしろ何でそっちにした!早くなんとかしろ!睦月の奴、艤装展開してるんだぞ!俺じゃマジでくたばる!!」

明石「は、はい!くっそう自分の尻拭いとは……」


提督「睦月どうしたよ、ご機嫌ナナメ30度だなぁ」

提督「(今のうちに明石、不意打ちで気絶させちまえ!)」チラッ

明石「……!」コクリ

96: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:05:23.34 ID:Isv3QOOJo

提督「睦月、お前がまだ改二練度に達していないのは俺の責任だ……だが俺は謝らない」

睦月「あ?」

提督「お前なら、すぐに改二になって帰ってきてくれると信じているからな」

睦月「何が分かる……提督なんかに何がわかる何が分かるんにゃぁー!!」

提督「(よし、明石!)」

明石「オラァッ!ちょっと眠ってなよー!!」ダッ

睦月「ッ……!」シャッ

『ブリザード』

提督「え、マジでラウズ?」

明石「いや、まさかそんなことが起こるわけ……」

睦月「吹雪ちゃーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!」

提督「それどっちかというとリモートじゃ……」

97: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:05:49.63 ID:Isv3QOOJo

吹雪「すごい大声……呼んだ?睦月ちゃん」

提督「マジで来るのかよ!?」

明石「流石ブリザード吹雪」

睦月「吹雪ちゃん、力を貸して!」ガシッ

吹雪「え?」

睦月「おりゃあぁぁぁ!!」ブォン

吹雪「ええぇぇぇえぇぇ!!!?!?」

明石「ちょ、吹雪ちゃんが飛んで来たー!?」


ゴッ!

98: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:06:16.55 ID:Isv3QOOJo

明石・吹雪「ッッッ~~~~~~~~~~~!!!!!!!」ドサッ

睦月「睦月が……最強にゃああぁぁぁぁ!!」ダッ

提督「あっ、ムッキー!」

吹雪「うーん……」ガクッ


提督「小娘め!くそぅ逃げたかぁ!ぬえぇぇい!!」ダッ

明石「ちょっ、と……置い、て、いかない……で、ください!」ヨロヨロ

99: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:07:06.14 ID:Isv3QOOJo

・・・・・・

~廊下~


提督「くっそ……睦月め、どこ行きやがった」

明石「撒かれちゃいましたね……」

提督「ああ……」


朧「て、提督ー!」タッタッタ

提督「朧?どうした」

朧「自室待機はいいですけど、潮ちゃんをなんとかしてください!」

明石「潮ちゃんに、何か変化が?」

朧「変化……は無いですけど……流石にキャラが違いすぎて私達困惑しています!ほら、蟹さんも泡吹いて気絶してる!」

蟹「」ブクブク

提督「それってそういう生き物じゃなかったっけ」

100: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:07:44.35 ID:Isv3QOOJo

・・・・・・

~第七駆逐隊の部屋~


潮「…………はぁ」

潮「いつになったら提督様は薔薇をくれるというのか」

曙「さっきの今でくれるわけないでしょ」

漣「あ、ちょっとトイレ~」

曙「私も行くわ(潮と一緒にいると調子が狂いまくりだし……)」

潮「私は留守を守っていよう」

漣「ヨロ~」

101: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:08:22.94 ID:Isv3QOOJo

バタン


潮「ふぅ…………」

潮「…………」キョロキョロ

潮「はぁ……早く、薔薇を……」ホワホワホワ


<<提督「潮、お前は出撃するな」>>

<<潮「そ、そんな!何故ですか提督様!」>>

<<提督「お前はかわいすぎる。そんなお前を戦場に出すなど……」>>

<<潮「私が、かわいい……!?」カァァ>>

<<提督「できれば、お前にはずっと俺の傍で……」>>

<<潮「て、提督様……提督様ー!!」>>


潮「えへぇへへぇぇえぇ……」ポケー

潮「おっと、今日も提督様にお祈りを……机に写真を立てて、と」カタッ

潮「いつもは寝る前に布団の中でバレないようこっそりだけど、誰もいない今なら好機であろう」

潮「………………ああっ!」

潮「我が愛しの提督様……」

102: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:09:08.59 ID:Isv3QOOJo

・・・・・・

~第七駆逐隊の部屋の前~


朧「こっちです!」

提督「潮はどうなっていることやら」

明石「提督の写真にブツブツ独り言言ってたりして」

提督「はは、いくら強化したとはいえそんな変態になってるわけないじゃないか。潮だぞ?」


「私はあなたの前では、救いを求める哀れな子羊です……」


提督・朧・明石「」

提督「う、潮の声がするぅ」


「どうか、この子羊に知恵と勇気をお与えください……」

「お願いいたします……提督様…………ああ提督様!提督様、提督様……!!」

103: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:09:37.72 ID:Isv3QOOJo

提督「ちょ、明石なに扉に張り付いてんだよ!」

明石「だって、あの潮ちゃんが……ブッププ……ヒヒハハハ……!」

朧「そんな、いつもは布団の中でこっそりやってたのに……」

提督「いつもあんなことやってるの!?」

明石、ちょ、押さないでくださいよ、扉が……!きゃっ」

提督「お前こそ、そんなによりかかったら……!うおっ」

朧「2人とも落ち着いて……って、ひゃぁっ」


ガチャッ、ドテーン!


潮「あぁあぁ提督さ……ま………………」ピタッ

潮「…………」ギギギギギ

提督・明石「いっつつ……」

朧「もうだから言ったのに……」

104: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:10:32.12 ID:Isv3QOOJo

潮「ぐ、ごごぎぎぎ……!き、貴様!」ガシッ

朧「ぐええっ!?」

潮「見てないな!?」グググ

朧「み、見ていません聞いていません!子羊のことなど何も知りません!!」

潮「ナニィ!?」

朧「あ、が……な、なにも言っていません!潮ちゃんの空耳です!!」

潮「よーし……朧ちゃんはよく物事が分かっている」パッ

朧「な、なんで私だけぇ……」


潮「…………って、提督様!?何故ここに!?」

提督「……い、いや、別に……」

潮「なんということ……!私としたことが、提督様が来ているのにもてなしのひとつもせず!!こうなったら、この潮の体で……」

提督「あ、薔薇買ってくるから待っててなー!」ダッ

朧「て、提督ーー!?」

105: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:11:03.46 ID:Isv3QOOJo

・・・・・・

~廊下~


明石「いいんですか?逃げてきちゃって」

提督「後でなんとかする」

明石「それ、最終的に何もしないやつですよ……」


朝潮「あ、司令官ー!」タッタッタ

提督「おお、ちょっと融通きかないところもあるほど生真面目を絵に描いたような性格だけどたまにお茶目なところもあって誰からも可愛がられる朝潮じゃないか」

朝潮「し、司令官……?いきなり何を……」ジトッ

提督「ん?ああすまん。なんか久しぶりに会った気がして」

106: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:12:25.16 ID:Isv3QOOJo

朝潮「変な司令官ですね……と、そうそう。司令官、さっき十七駆の部屋の前を通ったんですけど……なんか、すごい声が……」

提督「すごい声?」

朝潮「はい。呪文のような……なんというか……私もしっかり聞いたわけではないんですけど……」

提督「なるほどな……(磯風が何かしたか……?)」

明石「提督」

提督「ああ。分かっている」


提督「ありがとうな朝潮。今度2人で新しい暗号を作ろう」

朝潮「ええ?言ってる意味はよく分かりませんが……分かりました。お待ちしています」

107: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:13:38.03 ID:Isv3QOOJo

・・・・・・

~第十七駆逐隊の部屋の前~


【約束された勝利の部隊の部屋】


提督「……なんだこの中二MAXな札は」

明石「作ったんでしょうかね……」

提督「まぁいいや。おーい」コンコンコン


ガチャッ


磯風「ああ、全能なる我らが部隊の司令か」

提督「おう磯風。なんかお前の部屋がうるさいって苦情がきてんぞ。何してるんだ?」

磯風「苦情?……フッ、ちょうどいい。司令達にも見せてやろう」フッ

磯風「我が研究成果を」

108: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:14:19.18 ID:Isv3QOOJo

提督「……よくわからんが、入ればいいのか」

明石「お邪魔しまーす」


グツグツグツ……ゴボゴボゴボ……


提督「」

明石「」

Wind浜「ここにトカゲのしっぽとマナ鉱石を……」ポチャン

Wind浦「Jack end know」

提督「こ、これは……」

谷風「て、でいどぐーーーー!!助けでえぇぇ!!」ガシッ

提督「た、谷風えぇぇぇぇ!!?なんだその中破したような絶望した顔は!!」

谷風「磯風達を止めてぇぇ!」

109: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:15:57.83 ID:Isv3QOOJo

磯風「何をやっているWind谷。混ぜろ」

明石「な、なにを作ってるんですか……このいかにも魔女な釜で……」

磯風「なにって、『飲むと劇的に強くなれる薬』だが」

提督「なんじゃそりゃ」

磯風「ネットで見つけてな。浜風達に事情を話したら協力してくれた」

Wind浜「磯風が、今では足りないもっともっと強くなりたいと言ってきたのです!姉妹として協力しないわけにはいきません!」

提督「純粋すぎる!目を覚ませ浜風!!ネットに書いてあることが真実ばかりじゃないんだぞ!!」

Wind浦「これぞ姉妹の絆Jack end know」

提督「お前はなんだ!!似合わないグラサンなんてかけてなに言ってんだ!!」

Wind浦「邪剣王」

提督「やかましいわ!」

110: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:19:37.80 ID:Isv3QOOJo

明石「て、提督。ここはやはり逃げ……一時撤退というのはいかがでしょう」

提督「いや、潮と違ってこっちは実害というかなんというか……」

谷風「て、提督まさか見捨てるつもりか!?この状況を!?」

提督「谷風……もうちょっとだけ、もうちょっとだけ耐えろ!必ず助けに来るから!!」

谷風「ちょっと!?」

明石「それは所謂、コラテラルダメージというものに過ぎない。軍事目的のための、致し方ない犠牲です」ガチャッ

谷風「待っ――」


バタン



明石「て、提督。ここはやはり逃げ……一時撤退というのはいかがでしょう」

提督「いや、潮と違ってこっちは実害というかなんというか……」

谷風「て、提督まさか見捨てるつもりか!?この状況を!?」

提督「谷風……もうちょっとだけ、もうちょっとだけ耐えろ!必ず助けに来るから!!」

谷風「ちょっと!?」

明石「それは所謂、コラテラルダメージというものに過ぎない。軍事目的のための、致し方ない犠牲です」ガチャッ

谷風「待っ――」


バタン


磯風「さぁWind谷、早く混ぜろ。よく混ぜないと薬は完成しないぞ」

Wind浜「残る材料は……『乙女の初めての流血』……?なんだそれは……」

Wind浦「Jack end know」

磯風「『王子は終わりを知る……か。素晴らしい。流石だWind浦」

谷風「出してえええぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

111: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/11(水) 02:20:05.69 ID:Isv3QOOJo

・・・・・・


提督「………………」

明石「潮ちゃん、磯風ちゃん、睦月ちゃん……3人共なんとも楽しそうじゃないですか」

提督「疲れたぞ俺……」

明石「まぁまぁ!この近代化改修の理論というか、構造的なものはおおむね理解できましたから……あとは性格に影響を及ぼす要因さえ分かれば」

提督「すまねぇ専門的な話はさっぱりなんだ。が、順調ということだな?」

明石「はい!」

提督「分かった……ここまで来たら俺も男だぜ!困ったことがあったら、なんでも言ってくれよなえぇ!?」

明石「頼りにしてますよぉ」

124: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:11:02.07 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・


明石「それで提督、次は誰を強化します?」

提督「そうだな……今まで駆逐艦ばかりだったから、そろそろ火力のある連中の強化をしてみるか」

明石「それだと……戦艦とか?」

提督「ああ。でも少し心配ではあるんだがな……もし睦月みたいに手の付けられないことになったら……」

明石「そうならないような素材を使えばいいんですよ!さぁ戦艦捕まえに行きましょう!」

提督「そうは言うがなぁ」

明石「言ってる間にあそこに山城さんがー!」

提督「運の無い奴!」

125: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:11:29.84 ID:Q5dDKaBuo

明石「山城さーん!」

山城「ん?明石さん……と、提督……」

提督「よ、よう」

山城「何か御用ですか?何もなければ私は部屋に戻って姉さまと時間を過ごしたいのですが」ジトッ

提督「キツいジョークだ」

山城「ジョークじゃないですよ」

明石「まぁまぁ。山城さんにとっても悪くない話があるんですよ」

山城「私にとって?」

126: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:12:08.07 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・

~工廠~


提督「おい明石、いいのか?山城はもう改二な上に改修MAXでもう鍛えようがないぞ」

明石「ええ。基本の4つは……ね」

提督「……ということは、他のステを?」

明石「そう……どうせなら彼女の運を上げてあげましょう」

提督「なるほどな。それなら俺も賛成だ」

明石「というわけで、まるゆちゃんの艤装と~」

提督「うむ」

明石「そしてそして~~雪風ちゃんの艤装てんこ盛り~~~~!!」

提督「雷装は意味ないが……まぁ幸運と言えば、だしな。この近代化改修なら……………………ん?てんこ盛り?」

明石「行きますよ山城さーん」

山城「はい……!近代化改修……これで欠陥戦艦なんて言わせない……」

提督「ちょっと待てぇ!なんでまるゆ1:雪風4なんだよおおおお!!!!」

明石「あ」ポチッ

127: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:13:14.15 ID:Q5dDKaBuo

~近代化改修に成功しました!~


明石「いや~うっかりうっかり」ヘラヘラ

提督「テメェわざとだろ!!これじゃあ山城の性格が雪風に影響されまくりになっちまうぞ!」

明石「ま、まぁ雪風ちゃんっぽい山城さんが出来上がったと考えれば……」

提督「本当にああなっちまうのかぁ……?」


山城「しれぇ!」


提督「」

明石「大丈夫ですか?運も結構上がったと思いますが」

山城「はい!幸運の女神のベロチューを感じちゃいます!!」

提督「………………」

明石「なんだ成功じゃないですか」

山城「どうしました?」

明石「なんでもないですよ」

128: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:13:41.37 ID:Q5dDKaBuo

山城「それよりもしれぇ!山城、いつでも出撃できます!」

提督「や、山城……」

山城「はい?」

提督「お前、今の自分に違和感とか無いのか?」

山城「違和感……ですか?」

提督「ああ。今までの自分と違うとか」

山城「強いて言えば、いつも感じていた肩の憑き物が取れたというか、空気が軽くなった気がします!」

提督「……それだけ?」

山城「えっ?はい」

提督「そう…………じゃ、じゃあ後でまた指示するから、部屋に帰ってていいぞ」

山城「そうですかぁ?わかりました!」

129: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:15:10.70 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・


明石「よかったじゃないですか。インパクトこそ他の人達より薄いものの、うまいことプラスに働いていますよ。やっぱり艤装以外を入れない方がいいですね」

提督「ああ……うーん…………」

明石「どうしました?」

提督「なんか、山城は……なんか違う気がするんだ。なんか……」

明石「……?」

提督「山城と言えば、あのめんどい不幸アピがいい味を出しててつい構ってやりたくなる感じがよかったんだが……今の山城は、なにかが足りないような」

明石「いいじゃないですか。あの山城さんが雪風ちゃんみたいに無邪気な笑顔を振りまいていたんですよ?あの笑顔で不幸も吹っ飛んじゃいますよ」

提督「そうかなぁ」

130: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:15:38.41 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・

~廊下~


山城「ふんふふ~ん」スタスタ


ツルッ


山城「きゃっ!?」ドテッ

山城「いったた…………何もないところで転ぶなんて、ふこ――」

山城「ッ――――!」ピクッ

山城「………………いえ、私は幸せ。私は幸せ」

山城「幸運……幸運…………幸せ……幸せ………………しあわせ」

山城「し、あ……わ……せ…………」

131: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:16:08.10 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・

~第十六駆逐隊の部屋~


雪風「はぁ……」

初風「どうしたの雪風?」

雪風「なんで天津風はまだ着任してないのかなーって」

時津風「またぁ?おとなしく待ってようよ~」

雪風「うん……あっ」ゴトッ


パリーン!


時津風「ああっ!雪風お気に入りのマグカップが!」

初風「ちょっと大丈夫!?」

雪風「う、うん……大丈夫」

時津風「ツイてないね~ツイてないよ~」

雪風「え?」

初風「あ、馬鹿時津風!」

時津風「あっ」

132: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:17:57.83 ID:Q5dDKaBuo

雪風「雪風……ツイてないの……?幸運じゃ、ない?」

雪風「嘘………………嘘、嘘……嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘」

雪風「あ、あああああああ……!」

雪風「いやああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!!!!!!!」

初風「もう!幸運以外のものを自分の身体に認識すると壊れるっていうの、また忘れてたの!?」

時津風「ご、ごめんごめん……」

初風「ほら雪風、あなたは幸せよ。幸せ」

雪風「し、あわせ……?」

初風「そうよ。雪風は、幸せ」

雪風「私は、幸せ………………」

初風「よしよーし」ギュッ

雪風「ん…………」

時津風「……雪風のコレさぁ、しれぇにも教えてない姉妹の秘密だけど……絶対いつかバレると思うんだよねぇ~」

初風「そうね……どうしましょうか」

133: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:18:25.26 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・

~工廠~


提督「悪いな、加賀」

加賀「急に呼び出したかと思ったら……改修?」

提督「ああ。新しい近代化改修が開発されて、お前にもより強くなってもらおうとな」

提督「(明石と話し合った結果、航空戦力も必要かもしれないということで加賀を選んだ。理由は単純――」

提督「五航戦の2人も改二になったことだしなぁ」

加賀「……」ピクッ

提督「(翔鶴はともかく瑞鶴まで改二になった今、加賀のメンタルはちょっと傷ついている)」

加賀「…………べ、別に五航戦に負けたくないからではないけれど、皆が強くなるために私で試したいのならいいわ」

提督「そうか!ありがたい!」

明石「提督ー!素材持って来ましたよー!」

134: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:18:56.71 ID:Q5dDKaBuo

金剛の艤装・赤城の艤装・シューゾーの本・テニスラケット(シューゾー愛用モデル)・シューゾーのCD


提督「明石よ」

明石「はい?」

提督「何故このラインナップだ?」

明石「はい。火力と対空を上げるのに戦艦と正規空母の艤装は欠かせませんし、なにより――」

加賀「……?」

明石「加賀さんには情熱が足りません!!」

加賀「…………人並みには持ち合わせているつもりだけど」

明石「それは内なるものでしょう。強くなるには、強くなろうという意思が必要です!そう、表面からがつがつハングリーになるんですよ!」

135: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:19:25.09 ID:Q5dDKaBuo

加賀「そもそも近代化改修で艤装以外のパーツなんて……」

提督「それができるんだよ。この新しいタイプならね」

加賀「……それでも、そんなふざけた改修に付き合うつもりはありません。悪いけど、帰らせて――」

明石「そうですか。じゃあ五航戦のどっちかにでも頼みましょうかね」

加賀「ッ……!」

明石「どっちにしようかなぁ……あ、どっちも呼んじゃおうかなぁ!」

提督「お、おい明石」

加賀「やるわ」

提督「え!?」

明石「まいど~!」


~近代化改修に成功しました!~


加賀「ハイ生まれ変わりました~!!生まれ変わったよー!!強くなった!とても!!」

提督「知ってた」ガクガク

明石「どうですか?メチャ強くなったでしょう!」

加賀「ええ!やっぱりさぁ!強くなろうと思った瞬間に強くなっていると思わない!?私は思うわ!」

提督「お前…………いつものクールはどこいった……」

加賀「溶かされたね!!溶けない氷なんてない!永久凍土?溶かしてやる!!」

提督「ああ、うん……そ、そう」

136: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:19:54.31 ID:Q5dDKaBuo

加賀「私は今日から富士山だ!!」

明石「じゃあ加賀さん、部屋に戻っていいですからね」

提督「俺達も今日はお開きにしようぜ。今日一日でなんか疲れたよ……」

加賀「そろそろ夕方ね。じゃあまずは夕日に向かって走りましょう!大鳳さんと長良さんとジャーマネ速吸さん呼んでやってくるわ!!」ダッ

提督「ちょ、加賀!?」

加賀「なに?」ピタッ

提督「いや、皆流石に一日終わりに疲れてるんじゃ……」

加賀「何言ってるの!?筋肉が一番育つのは夕方なのよ!!今やらないでいつやるのよ!!」ダッ

提督「……」

明石「行っちゃいましたね」

提督「だな…………飯食いに行くか」

明石「はい。あ、次の改修のために素材を先にスロットに入れてから行きますね」

提督「おう…………変なの入れるなよ」

137: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:20:28.90 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・

~5分後~


明石「できた、と……さーてご飯行こうっと!」スタスタスタ


~物陰~


翔鶴「ふふふ……見ちゃったわ!加賀さんの後をつけてきた甲斐があったというもの!」コソコソ

瑞鶴「ねぇ翔鶴姉ぇ、本当にやるの?私達もあの改装……」コソコソ

翔鶴「何言ってるの瑞鶴!あの加賀さんもやっていたのよ?それに提督曰くとんでもなく強くなる改修だとか。改二になったばかりで強化はまだまだな私達にとっては願ったりかなったりだわ」

瑞鶴「でも、勝手にやっちゃうのは……やっぱり」

翔鶴「瑞鶴……これはね、結果的に提督のためにもなるのよ。私達が強くなって迷惑に思う人がいる?いないわ。一航戦?ハナから数えてないわ!」

瑞鶴「ま、まぁそうだけどさ……」

翔鶴「というわけで、やってみましょう!」

瑞鶴「はぁ……分かったわよ……素材があらかじめセットしてあるけど……戦艦と空母の艤装……まともなパーツだけね」

翔鶴「次の分をセットしておくと言っていたし、空母用なのではないの?」

瑞鶴「そうね……じゃあ、私からやってみるわ」

翔鶴「こっちはいつでもいいわよ瑞鶴」

瑞鶴「よーし、お願い!」

138: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:21:11.65 ID:Q5dDKaBuo

~近代化改修に成功しました!~


翔鶴「どうかしら、強くなってる?」

瑞鶴「すごいよ翔鶴姉ぇ!なんか、少ない素材量だったのに、すんごく強くなってる!!」

翔鶴「そんなにすごいの?」

瑞鶴「うん!これ、続けたらとんでもなく強くなれるわ……」

翔鶴「じゃあ私もやってみようかしら」

瑞鶴「うん!……っと、素材を選ばないと……………………ん?なにこれ……『超強化セット』?」

翔鶴「なにかいいもの見つかったの?」

瑞鶴「うん。これなんだけど……使う?」

翔鶴「なんかよさそうね。じゃあ私にはそれをお願いしようかしら」

瑞鶴「じゃあ使っちゃうね!箱ごと入れちゃえ!」


~近代化改修に成功しました!~


瑞鶴「どう?翔鶴姉ぇ!」

翔鶴「そうねぇ」ニコニコ

翔鶴「とても強くなったわ」ニコニコ

瑞鶴「本当?よかったぁ!」

翔鶴「それじゃあ行きましょうか瑞鶴。見つかっちゃうと面倒だわ」ニコニコ

瑞鶴「そうね、お腹空いたし」スタスタスタ

翔鶴「ふふっ」ニコニコ

139: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/15(日) 01:22:16.68 ID:Q5dDKaBuo

・・・・・・

~食堂~


明石「あっ、加賀さんにアレ使えばよかったかなぁ」

提督「アレって?」

明石「『超強化セット』って書いた箱に入ってるやつで、DX醒剣グレイブラウザーとDXグレイブバックル、DX変身装填銃ディエンドライバーが入ってたんですけど」

提督「それで超強化なのか……?」

明石「一応作中では強キャラですし、さっきの睦月ちゃんより強くなるんじゃないですかね」

提督「じゃあなんで睦月にそれをしなかったんだ……」

明石「いやぁ名前的に」

152: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:21:48.55 ID:QEHgx2EHo

・・・・・・

~夜・食堂・別の席~


吹雪「睦月ちゃん、さっきはどうしたの?急にあんなことして……司令官となにかあったの?」

睦月「………………」モグモグ

吹雪「あと私も投げ飛ばして!」

睦月「………………」モグモグ

吹雪「……ま、まぁ私の事については別にいいんだけど、司令官とケンカしたなら仲直りしないと!」

睦月「………………」カタン

吹雪「あ、食べ終わったの?待ってて!私もすぐ食べるから!」

153: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:22:16.62 ID:QEHgx2EHo

・・・・・・

~廊下~


睦月「…………」スタスタ

吹雪「ねぇ睦月ちゃん、本当にどうしたの?さっきから一言もしゃべらないけど……」

睦月「…………」スタスタ

吹雪「そうだ、私間宮さんのアイスとってあるんだ!一緒に食べない?睦月ちゃんあのアイス好きだったでしょ!」

睦月「アイス…………?」

吹雪「うん!」

睦月「…………今の睦月に、アイスは眩しすぎる……」スタスタ

吹雪「え、ちょ!?」

154: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:22:51.55 ID:QEHgx2EHo

夕立「あれ、睦月ちゃんどうしたの~?」ヒョコッ

睦月「夕立ちゃん?」

吹雪「あ、夕立ちゃんも一緒にアイスどう?今睦月ちゃんと食べようとしてたんだけど」

夕立「アイス!?夕立も食べるっぽいー!」

吹雪「じゃあ3人で食べよっか!」

夕立「睦月ちゃんもアイス食べて、頑張って改二目指すっぽい!」

睦月「かい、に……?」ピクッ

吹雪「そうだね、私達も一緒の艦隊なんだし、睦月ちゃんを育てるつもりで――」

睦月「おい」

吹雪「え?」

睦月「今……睦月を笑ったなぁ?」ビキビキビキ

夕立「ぽい?」

155: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:23:22.98 ID:QEHgx2EHo

睦月「夕立ちゃん、吹雪ちゃん…………睦月と一緒に、地獄に落ちよう」シャッ

『カンムスジャンプ!カンムスキック!』

睦月「たぁっ!」

吹雪「(睦月ちゃんが天井ギリギリまでジャンプして夕立ちゃんに飛び蹴りを!?)」

睦月「くたばれぇ!!」

夕立「ぽい?」ヒョイッ

睦月「えっ、ぐええぇぇ!!?」ビターン

吹雪「(そのまま壁に激突したー!?)」

夕立「睦月ちゃん、大丈夫っぽいー?」

睦月「う、うう…………お、覚えてろ!!」ダッ

吹雪「あ、睦月ちゃーん!!」ダッ

夕立「ええ……」ポカーン

156: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:24:07.83 ID:QEHgx2EHo

・・・・・・


吹雪「睦月ちゃん、待ってよ!」ガシッ

睦月「うるさい!!吹雪ちゃんだって睦月の事を陰で笑っているんだ……!」

吹雪「そんなことしないよ!?」

睦月「それに、本来ならあんな無様な戦い方はしない!うっ、ゴッホゴッホ」(せき)

吹雪「睦月ちゃ――」

睦月「触るな!」バシッ

睦月「――う、ウエッホ!ゴッホ!ゲッホ!!」(せき)

157: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:24:52.88 ID:QEHgx2EHo

睦月「……どれもこれも、提督のせいだ……」ボソッ

吹雪「司令官……?司令官がどうしたの?さっきもケンカしてたし」

睦月「ゴッホ!ゴッホ!……急遽実施された近代化改装のせいで、睦月の身体はボロボロだ!!」

吹雪「近代化改装?」

睦月「それをやったら吹雪ちゃんもこうなる……くっ、何がすぐに強くなれるだ……」トボトボ

吹雪「む、睦月ちゃん……!」


吹雪「睦月ちゃんの身体が、ボロボロに……?嘘だよそんなこと!」

158: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:26:09.56 ID:QEHgx2EHo

・・・・・・

~執務室~


提督「よし、今日は仕事はこんなもんか」ノビ

提督「とっとと機動軍艦カンムスAGE見るか~」

提督「そろそろ最終話だけど、ゼハー利根が1分足らずでボコボコにされるって嘘だよね?あれほど強キャラだったんだし世代超えて因縁あるし」


コンコンコン


提督「ん?なんだー?」

吹雪「司令官!!!!!!!!」バァン

提督「うおっ!?なんだ吹雪!ドアぐらい静かに開けられんのか!」

吹雪「んなこと言ってる場合じゃないですよ!!聞きましたよ睦月ちゃんから近代化改装のこと!!」

提督「なんだ耳が早いな。吹雪も受けたいのか?」

吹雪「んなわけないでしょ!!睦月ちゃんにその近代化改装をしたんでしょう!?だからさっきもケンカしてたんだ!」

159: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:26:36.01 ID:QEHgx2EHo

提督「す、鋭いな…………」

吹雪「これでも睦月ちゃんとは友達をやって長いんです。大体1年くらい」

提督「(アニメからじゃねぇかよ)」

吹雪「はやく睦月ちゃんをなんとかしてください!」

提督「とはいえ俺達も今は元に戻す方法を探しているところだ。明石がなんとかしてくれれば……」

吹雪「明石さん?」

提督「ああ。そもそもこの新しい近代化改修は明石が持ってきた話なんだ。軍の技術部が開発した~ってな」

吹雪「…………司令官」

提督「ん?」

吹雪「明石さん、本当に信用できるんですか?」

提督「何言ってるんだ。信用できるできない以前に、今はアイツしか頼れないだろ。夕張は専門外だし」

吹雪「うーん…………」

提督「まあこのことは他言無用で頼むぞ。余計な混乱はごめんだからな」

吹雪「分かってます。ちゃんと元に戻してあげてくださいね」

160: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:27:32.73 ID:QEHgx2EHo

・・・・・・

~正規空母の部屋~


蒼龍「皆さんUNOやりましょー!」

飛龍「やりましょー!」

赤城「あら、いいですね」

瑞鶴「もう私達パジャマに着替えちゃったけど、いいかな?」

翔鶴「申し訳ございません、このような格好で」ニコニコ

蒼龍「いいんじゃないですか?パジャマパーティーみたいで」

葛城「ず、瑞鶴先輩……パジャマ姿も……」ウヘヘ

飛龍「あれ、加賀さんは?」

加賀「ただいまーーーーーーーーー!!」ガチャッ

一同「!?」

161: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:27:59.93 ID:QEHgx2EHo

加賀「100kmマラソンしていたら遅くなったわ。ごめんね!!」

加賀「いやぁ走った後のお風呂とご飯はいつもの4倍は美味しい!!お米食べろォ!!」

赤城「か、加賀さん……?」

加賀「はい!いつもあなたの隣に傍に!加賀ですよ!」

赤城「ちょっとうるさいですよ」

蒼龍「加賀さん、どうしちゃったんですか!?熱!?病気!?」

飛龍「明日は雪か槍か……」

翔鶴「いいテンションですね、感動的だわ」ニコニコ

瑞鶴「ウザいんだけど……」

葛城「と、とにかく始めましょうよ!」

162: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:28:33.84 ID:QEHgx2EHo

 手番 蒼龍→加賀→瑞鶴→葛城→飛龍→翔鶴→赤城


瑞鶴「…………てい!」

葛城「スキップ!」

飛龍「あ、やったな!」

翔鶴「じゃあドロー2ね」ニコニコ

赤城「…………(ここでドロー2を、全部出す!!)」パサッ

蒼龍「危ない危ない、持っててよかった」パサッ

加賀「ドロードロードロードロードロードローツー!!」パサッ

瑞鶴「うっさい!!ったく……」パサッ

葛城「皆持ってるものですね」パサッ

飛龍「実は私も持ってまーす」

翔鶴「…………」

赤城「(ふふ、翔鶴さんは持ってないようね……皆持ってるから焦ったけどこれで……)」

翔鶴「はい」パサッ

赤城「う゛!!?!?」

163: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:29:02.37 ID:QEHgx2EHo

飛龍「すごいねぇ1周した」

蒼龍「赤城さんですよ」

赤城「え、ええ…………」プルプル

翔鶴「どうしたんですか?ドロー2出さないんですか?」ニコニコ

赤城「……わ、私の手札は誰かを傷つけるためにあるんじゃない……誰かを、救うためよ!!」

翔鶴「いいセリフですね、感動的だわ。だが無意味よ」

赤城「ぐわっ」

加賀「早く引きな!!パッと!!ハリー!ハリハリハリー!!」

赤城「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!」ガクッ

164: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/25(水) 16:29:28.93 ID:QEHgx2EHo

・・・・・・

~扶桑型の部屋~


扶桑「山城、ココアいれたんだけど飲む?」

山城「はい姉さま!いただきます!」クイッ

山城「にっがっ!!あつっ!!」ビチャッ

山城「ああああああこぼしちゃったああああ……!」

扶桑「や、山城!?大丈夫!?ごめんなさい、ココアかと思ったらコーヒーの袋を手に取っていたのかしら……」

山城「はい……で、でも、沈みませんから!」

扶桑「コーヒーこぼして沈んだら笑い話にもならないわよ!ほら、服が白いからシミになっちゃう前にお洗濯しないと……」

山城「ちょうどクリーニングに出したいと思っていたし、ちょうどいいです!それにコーヒーも好きですし!」

扶桑「そう?…………というか山城、いつになくポジティブなのね」

山城「山城は幸運艦として、運がよくなければいけませんから!」

扶桑「ええっ!?」

山城「私は幸せ~私はラッキー~♪運は60もある~♪」

扶桑「や、山城どうしてしまったの……」ガクガク

172: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:45:10.73 ID:0ce+rfFlo

・・・・・・

~翌朝・司令室~


提督「ふぁぁ……さて、今日も頑張りますか…………っと、なんだこれ。手紙?」

提督「机の上に置いてあるってことは誰かが持って来たんだろうけど、急ぎかな?」ピラッ

提督「なになに……『大本営からタカオタカオ鎮守府へ。貴府の作戦貢献を高く評価し、ドイツより新造艦を手配することとなった。急であるが、本日中に受け入れ手続きを完了してほしい』……ドイツの新造艦?なんか急だなぁ」

明石「ですね」

提督「なぁ………………って明石!!!?お前どこから!?」

明石「やだなぁ一応ノックしませんでしたよ」

提督「しろよ!!」

173: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:45:49.62 ID:0ce+rfFlo

明石「ドイツといえば、昨日のあの近代化改装も技術部が参考にした技術の中にはドイツのもあったらしいですよ」

提督「へー」

明石「あと大淀からこれを預かってきました」

提督「なんだこれ、作戦指令書?…………『新近代化改装による戦力増強の程を、実践にて確かめられたし』…………え?」

明石「ちょうどいいじゃないですか」

提督「あの面子で出撃しろと!?!?」

明石「皆確かに戦闘能力は上がってるんですし、まぁ大丈夫じゃないですか?」

提督「いや、それはいいんだが……あいつらだぞ?」

明石「私に言っても仕方がないですよ。上からの命令ですし」

提督「ぐ、そうではあるんだが……はぁ…………胃が痛くなる」

174: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:46:36.08 ID:0ce+rfFlo

明石「よかったじゃないですか!実験の成果を見れるんですよぉ?」

提督「俺は連中の暴走が心配なんだよ!潮とか睦月とかな!!」

明石「じゃあいざという時に旗艦は、あの近代化改装を受けていないまともな人に頼んでみては?」

提督「まともな奴?だが急に事情を話されてピーヒャラ集団の旗艦をやれと言われて納得する奴は――」


吹雪「話は聞かせてもらいました!!」バンッ

提督「吹雪?いきなりの登場だなオイ展開が早いぞ」

吹雪「今の睦月ちゃんを出撃させるなら、私も連れて行ってください!!」

175: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:47:03.83 ID:0ce+rfFlo

明石「吹雪ちゃん……でもあの人達がもし何かやらかしそうな時に、駆逐艦だと抑止力不足じゃ……」

提督「……分かった。お前に任せよう」

明石「提督!?」

吹雪「っ、ありがとうございます!」


明石「どうしたんですか提督、急に」

提督「…………友情は眩しいよなぁ、熱意が伝わったよぉ」

明石「嘘くさいですよ!!?絶対これ以上考えるのがめんどくさいだけでしょ!!」

176: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:47:43.91 ID:0ce+rfFlo

・・・・・・

~昼・港~


提督「えー、とりあえずお前達にはこれから出撃してもらうぞ」

吹雪「はいっ!」

潮「見ていてください提督様、さっき貰った薔薇を胸に差し……必ずや勝利を!!」

磯風「闘争(たたかい)、か……本能だな、我々の……いや、我々は戦うために……」

睦月「皆はいいよなぁ……どうせ私なんか……」

加賀「大丈夫!勝てる!私達なら勝てる!心配すんなよ敵の心肺止めるだけだって!あ、今の面白いわ!この調子で勝ちましょう勝利勝利勝利!!TO THE VICTORY!!!!」

山城「しれぇ!山城はいつでも出撃できます!」


提督「胃が痛い!」キリキリ

明石「はいお水」

提督「ありがとう……」ゴクゴク

177: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:48:45.92 ID:0ce+rfFlo

提督「分かっているとは思うが、今は中規模ながら作戦期間中だ。適当に棲地に突撃ラッパ吹いて戦場に乗り込み戦利品は山分けしろ!!」

吹雪「え、いいんですかそんな指示で!?」

提督「お前達にはそれで十分だろう」


潮「ふふふっ、はははは!聞いたか皆の衆!提督様が潮達にお下知をくださった!!」

磯風「戦うさ、それが運命なら……私は、運命とだって戦ってみせる!」

睦月「睦月が最強にゃしぃ……」

加賀「あーたらしいつよーさでー、よーみがーえーるおーもい」

山城「私がついているから、皆もラッキー!」

吹雪「ええぇぇぇぇ……」

178: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:50:17.39 ID:0ce+rfFlo

提督「慣れろ」

吹雪「睦月ちゃんだけじゃないって分かってはいたけど、昨日までの皆と違う……」

提督「愉快だろ」

吹雪「愉快じゃないですよ!!」

提督「吹雪、お前だけが頼りだ!頑張れ!!」

吹雪「ぐぎぎぎ……!」

提督「昨日も言った通り、元に戻す方法を見つけたらすぐ戻すから!」

吹雪「うぅ、はい…………」

提督「よーしじゃあ、出撃だ!」

179: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:51:23.67 ID:0ce+rfFlo

・・・・・・

~作戦海域~


山城「そろそろ敵と会いそう……」

磯風「フッ、どこからでもかかってくるといいさ。私の漆黒灼熱砲(ダークネス・ザ・インフェルノ)が地獄への道案内だ」

潮「スゥーーーーーーーーーーー…………ん~薔薇の香りが芳しい」

加賀「敵が出たって怖気づいちゃだめよ!!むしろこっちから敵にぶつかってやる気持ちで突っ込まないと世界取れないから!なにビビってんの!?恥ずかしいよ私は!!」

吹雪「(やっぱりやめておけばよかったかも……)」サメザメ


睦月「…………(む、朝ご飯食べるの忘れてた……)」グゥー

吹雪「……睦月ちゃん、お腹空いてるの?」

睦月「ッ、誰がそんなこと……!」

吹雪「朝ご飯食べてこなかったんでしょ!仕方ないなぁ」ゴソゴソ

180: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/26(木) 23:51:51.49 ID:0ce+rfFlo

吹雪「はい、おにぎり!」

睦月「ッ!」

吹雪「出撃する前に握ってきたんだ。洋上補給ってことで……どうかな?」

睦月「……………………じゃあ、いただくにゃしぃ」


睦月「……」モグモグ

山城「睦月ちゃん、おにぎりですか?」

睦月「うん……なんでかわかんないけど、吹雪ちゃんのおにぎり……うまいんにゃぁ」

山城「よかったですね!幸せ幸せ~!」

183: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 01:56:36.81 ID:IRLvJpgEo

・・・・・・


吹雪「加賀さん、そろそろ偵察機をお願いします!」

加賀「え?何言ってるの?」

吹雪「え?」

加賀「艦載機なんて、卑怯者の飛ばす物よ!艦娘なら黙って特攻あるのみ!!」E.電探・高角砲・機銃

吹雪「な、何してるんですか!!?」

加賀「空母は殴り込みの職業よ!」

吹雪「空母のアイデンティティ全否定ですよ!それに艦載機持ってないと、空母は攻撃には参加できないですよ!!」

加賀「いいえ、相手のツラに膝ねじこんでぶっ放してやればお陀仏よ!!」

吹雪「それができるころにはこっちがボコボコにやられてますよ!!」

184: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 01:58:25.20 ID:IRLvJpgEo

山城「吹雪、偵察がてら瑞雲を飛ばしてあるわ」

吹雪「本当ですか?よかったぁ」

山城「ええ。航空戦艦なのだから少しでも役に――――ッ、飛ばした瑞雲が落とされた……!?」

吹雪「え、じゃあ敵は近くに……?」

山城「そんな……わた、私の艦載機が…………ふこ……ッ!」

山城「い、いえ……艦載機が落とされたくらいで……むしろ、敵が近くにいると分かっただけ幸運……そう、幸運なのよ!!」

吹雪「落ち着いてください山城さん!!目がイッちゃってます!」

磯風「ッ、視認(み)えたぞ!」

吹雪「本当!?」


深海棲艦s「ギャギャギャ」

深海棲艦s「コロセオカセ!」

185: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 01:58:53.55 ID:IRLvJpgEo

吹雪「本当だ……じゃあ皆さん、単縦陣で――」

睦月「ああ……!わ、私は……深海棲艦を倒さなくては……!」

吹雪「ちょ、睦月ちゃん!?」

睦月「睦月の身体はボロボロだ!睦月の身体を治すには、深海棲艦を倒すしかにゃい!!」ザーッ

潮「ん?貴様!一番槍の誉れは譲らんぞ!!」ザーッ

吹雪「ちょっと2人ともー!!」

186: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 01:59:59.08 ID:IRLvJpgEo

イ級「カンムスダ!」

ロ級「ヤッチマエ!」ダァン

潮「ははははははははは!!」ヒョイッ

睦月「くっ、うっ!」アタフタ

イ級「アイツ弱イゾ!当タル!!」ダァン!

睦月「ぐああぁっ!!」

吹雪「睦月ちゃん!!」


磯風「不甲斐ない、あのようなノロノロ弾に当たるなど――」


ドォォオォン!!


吹雪「って、磯風ちゃんーー!!」

187: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:00:34.53 ID:IRLvJpgEo

磯風「ケッホ、ケッホ……!だ、誰だ!!?」ボロッ

戦艦棲姫「オヒサ」

吹雪・磯風「」


吹雪「え、ちょ!聞いてないんだけど!?」

磯風「あ、あわわわわ……」アセアセ

戦艦「セッカクノ秋祭リナンダカラ私モ誘ッテヨォ」ジャキン

磯風「ひいいい!」ビクビク

吹雪「磯風ちゃんそこまでビビらなくても……というかさっきの威勢はどうしたの!?」

磯風「あああごめんなさいごめんなさい!」

吹雪「完全に昼休みに不良に絡まれた気弱な人だよ!!?」

188: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:01:19.31 ID:IRLvJpgEo

山城「2人とも下がって!戦艦の相手は戦艦が……!」

吹雪「山城さん……!」

山城「睦月ちゃんや磯風ちゃんを!」

吹雪「はい!(よかった……山城さんはまともだ)」


吹雪「磯風ちゃん、さぁいくよ!」

磯風「わわわわわ……」

加賀「磯風えぇぇぇぇ!!なぁにビビってんのよ!!それでも艦娘ゥ!?」

磯風「か、加賀さん……」

190: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:02:04.65 ID:IRLvJpgEo

加賀「情けなくて涙が出るわ!!一度やると決めたことはやる!!やると思ったらできる!!そうでしょ!?」

加賀「太陽は汗をかかない、でも、私達はかく!!汗を力に変えて!立ち上がれ!!トライしろ!!」

磯風「…………!」

吹雪「……とりあえず、加賀さん、磯風ちゃんをお願いします!」

磯風「いや、いけるさ……!」

吹雪「磯風ちゃん……いいの?」

磯風「さっきはちょっと臆病風に吹かれただけだ……本当の私は、まだ覚醒していない……目覚めよ、真の私よ……古代亡国の皇女!」

加賀「いいぞぉ!!その調子その調子!!挑戦っていうのはね、挑み戦うことよ!!負けてもいい!負けたことの無い奴なんてこの世にいない!!負けて負けて、最後に勝て!」

吹雪「攻撃もできないくせにうるさいんで黙っていてください」

加賀「はい」

191: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:02:54.59 ID:IRLvJpgEo

吹雪「まずは睦月ちゃんと潮ちゃんを……」


ネ級「チッ、コイツ……並ミデハナイ!」ザッ

潮「待て、逃げるのか!」ザッ

ネ級「駆逐艦ノクセニ……ココハ一旦後退ダ……!」

潮「逃がさん!」

吹雪「あっ、潮ちゃん!単身先行は駄目だよ!!」

潮「なぁに、潮一番乗りと敵地で踊ってみせよう!!」

吹雪「ああああ!!皆が言うこと聞かないいいい!!」

192: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:03:34.07 ID:IRLvJpgEo

磯風「私が潮を追う、吹雪は睦月を頼むぞ!」

吹雪「大丈夫なの?」

磯風「私は神の後継者だ……私に勝てる者など、同じ神をおいて他にいないさ」

吹雪「(その理屈だと世の中は神様だらけ……)……おねがい!」

磯風「ああ!Je m'en occupe !」

吹雪「え?」

磯風「『任せておけ』だ……」

吹雪「あ、そう……」

193: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:04:18.77 ID:IRLvJpgEo

・・・・・・


ネ級「アソコマデイケバ…………フフ」

潮「…………」


潮「このまま一気に攻め込むか…………」

潮「いや、敵もまだ全軍を出し切ってはいまい。退いたと見せて、戦力を引きずり出すか――――ムッ!?」ピクッ


チ級x2「ヒャッハー!!」

潮「ぐっ、チ級が2隻だと!?それに、この縄は……!」

ネ級「ハッハー!ヒッカカッタナ、艦娘!」

チ級「縄デ拘束シタ後デイタブッテヤル!」バッ

潮「ぐ、ぎぎぎぎ……!」

チ級2「ドウダ、両腕ヲ逆方向ニ引ッ張ラレル気分ハ!コノママ牛裂ノヨウニシテヤル!」

194: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:06:02.73 ID:IRLvJpgEo

潮「ぬええぇぇい!子供だましがァーッ!」ギリギリ

チ級「ナッ、コイツ……駆逐艦ノクセニ……!」グググ

ネ級「ナラ、一思イニ楽ニシテヤル……!」ジャキン

潮「砲撃……!」

ネ級「心配スルコトハナイ、消エロ!!」ダァン!

潮「ッッ!!」ブチィッ

チ級2「ナ、縄ガ切レタ!?」

潮「ずああぁぁぁぁぁぁ!!!!」バキィッ

ネ級「ナッ!?拘束ヲ振リ切リ、砲弾ヲ拳デ弾イタダト!?ナニヲシタノダ艦娘!!」

195: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:06:43.28 ID:IRLvJpgEo

潮「はっはっはははははは!!」グイッ

チ級「ウワッ!」

潮「私はやられんぞ……この潮、己の肉が骨から削げ取れるまで戦う!!」ギュウウウ

チ級「ク、苦シイ!胸デ息ガデキナイ!」

チ級2「ナンダ?アノ艦娘、キラキラト光リダシテ……!」

ネ級「リ、離脱シロ!早ク!」

潮「提督様、ばんざああああああぁぁぁぁぁぁぁい!!!!」ピカーー!

ネ級「何ノ光!?」

197: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/11/27(金) 02:13:45.90 ID:IRLvJpgEo

 戦況・乱戦


潮「ばんざああああああああああああああぁぁぁい!!」
(単艦先行、ピンチ)

磯風「ついにこの力を開放するのか……皆の前では、見せたくなかったな……フッ」
(潮を追う)

山城「あなたも幸せにしてあげる!!」
(戦艦棲姫とタイマン)

吹雪「睦月ちゃん、今助けるよ!」
(睦月のフォローへ)

睦月「ゴッホ!ゴッホ!!ガッホ!ウェッホ!!」
(せき)

加賀「三・三・七びょーーーーーーーーーーーーーーーーーし!!そーれ!それー!そーれ!そーれそーれそーれそーれそーれそれそれそれうぴゃああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!ッシャアアァァ!!一航戦加賀歌います!!」デデン!
(棒立ち)


今日はここまで

211: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:04:15.00 ID:269rWDeqo

・・・・・・


磯風「潮……今助けるぞ!」

磯風「この力、誰にも見せるつもりは無かったが……かけがえのない仲間のためだ!」

磯風「Wind浜、Wind浦、そしてWind谷と共に作ったこの薬で、私は強くなる!!」ゴクッ

磯風「」バタッ

磯風(大破)「」プカプカ

212: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:04:42.50 ID:269rWDeqo

・・・・・・


潮「ふははははは!ぬるい!ぬるい!」ドカバキ

チ級「ギャアアアアア!」グシャァッ

チ級2「オ、オタスケェェェェ!」メキメキ

ネ級「ヒイイイィィ!ナ、ナンダ!ナンダトイウノダ!ソノ光ハ!」

潮「フッ……何をいまさら……キラ付けくらい、艦娘のたしなみではないか」ペカー

ネ級「フザケルナ!ソンナキラ付ケ、聞イタコトガナイ!」

潮「御託はいい。それよりもいいのかな?」

ネ級「ナ、ナニ……?」

潮「既にフェイズは雷撃戦だ」ジャコッ

ネ級「ッ!」

潮「駆逐艦の雷撃を舐めるなよ!!」バシュッバシュッ

ネ級「ウ、ウワァァァァァァ!!」

213: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:05:12.83 ID:269rWDeqo

潮「ふぅ…………ん?」

潮「あれは磯風……ちゃん」

磯風「」プカプカ

潮「なっ、どうした!?大破しているじゃないか!!」

磯風「」プカプカ

潮「何があった、敵にやられたのか!?」

磯風「」プカプカ

潮「お、おのれ……ゆるさん!深海棲艦めぇ!許さんぞぉぉ!!」

潮「とにかく磯風ちゃんを安全なところまで……!」

214: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:05:46.30 ID:269rWDeqo

・・・・・・


山城「うひひひひひひ!うひひひひひひひ!!」ダァン!

戦艦「クッ、コノ艦娘……弾ヲ避ケヨウトモシナイ!正気ナノ!?」

山城「正気?ひひひひ幸せなのよぉ!!」

山城「アハッ、またなんとか避けられたぁ!幸せ幸せラッキーラッキー!」

戦艦「チッ、マグレ回避ガ続クト思ワナイコトネ!」ダァン!

山城「ッ!」


ヒュウウウゥゥ、ドォォン!!


戦艦「フハハ!ドウ?」

山城「ケッホ……」ボロッ

215: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:06:13.01 ID:269rWDeqo

戦艦「中破ッテトコロカシラ……フフ、ラッキー?ドコガァ?」

山城「………………や」

山城「やったー!ワンパン大破じゃない!!」

戦艦「へ?」

山城「これでまだ戦える!幸運の女神のベロチュー感じちゃうわ!」キャッキャッ

戦艦「(ア、コイツ頭ガヤバイ奴ダ)」

216: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:07:15.34 ID:269rWDeqo

・・・・・・


加賀「百万石の誇りよか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んがぁぁ~~~~~!!!!みぃぃぃぃぃぃ~~~~~~さぁき~~~~~~~~~~んぬ!!」

加賀「ありがとうございました。一航戦の加賀さん、加賀岬でしたー!」パチパチ

加賀「ありがとー!ありがとー!!」

加賀「いやぁいい曲でしたね加賀さん!!」

加賀「ええ、流石今週の第1位なだけありますわ」

加賀「そうですね!さぁ次の曲です!今をときめく大女優、正規空母の加賀さんにお越しいただきましたー!」

加賀「まぁ加賀さん!?私ファンなんです~~!!」

加賀「――と、あれは……潮?」

217: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:07:46.34 ID:269rWDeqo

加賀「なっ……!い、磯風ぇぇぇぇぇ!!なんて姿になって……!」

潮「私が敵を蹴散らした後で、見つけた……」

加賀「とはいえまだ大破しているだけ……入渠させれば問題は無い!おい磯風ー!起きろ!いつまで寝てる!!」ベシベシ

磯風「ううぅぅぅ……」

潮「そういえば加賀さんは何故こんなところでポツンと?」

加賀「暇だったから1人歌謡ショーを」

潮「……」

218: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:08:20.05 ID:269rWDeqo

・・・・・・


吹雪「睦月ちゃん……あそこだよね……!」

(睦月のせき)

吹雪「ッ、睦月ちゃん!」


睦月「ぐあっ、ぎあっ!」

イ級「ヘヘヘヘッ!」ダァン

ロ級「雷撃ヲクラエ!」バシュッ

睦月「うっ、しまった!」

イ級「コッチモ雷撃ダ!」バシュッ

睦月「う、わ、あ、あ……あ、うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」

吹雪「睦月ちゃん!!」バッ

219: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:09:33.22 ID:269rWDeqo

ドォン!ドォォン!!


吹雪「きゃぁぁっ!」

睦月「ッ、ふ、吹雪……ちゃん!」

吹雪「駄目だよ睦月ちゃん……1人で、戦っちゃ……」バシャッ

睦月「吹雪ちゃんーーーーーー!!」


睦月「吹雪ちゃん……なんで、睦月のために……!」

吹雪「なんでって、そりゃ……友達だから……だよ」

睦月「…………!」

220: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:10:28.33 ID:269rWDeqo

イ級「オ楽シミノトコロ悪イケド……」

ロ級「ソロソロ終ワリニシヨウヤ!」

睦月「ッ……なんとしても、吹雪ちゃんを守りながら撤退して……」

「チガーナ」


ブウウウゥゥウウウウウン……


吹雪「この音……」

イ級「オイアレ見ロヨ、ナンカ――ギャッ!?」

ロ級「イ級ー!誰ダドコノ誰ガ――グエェェェ!?」

睦月「艦載機!?」

吹雪「2隻をいっぺんに……!」

「本当にその艦娘を助けたいのなら……この海域から深海棲艦を排除するしかない」

睦月「だりなんだあんたいったい!」

221: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:11:29.02 ID:269rWDeqo

「私はGraf Zeppelin級航空母艦一番艦……」

睦月「航空母艦……」

「その名を……グラーフ・ツェッペリン」

睦月「ツェッペリン?波紋の?」

吹雪「海外艦……あなたは……」

グラーフ「本日付でそちらの鎮守府に着任になった……ドイツから来たばかりだったが……まさか戦闘中とは」シャッ

吹雪「カード……?」

222: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:12:47.00 ID:269rWDeqo

山城「ぐ、あ……」バシャッ

吹雪「ッ、山城さん!」

戦艦「ハァッ、ハァッ……シブトカッタケド、モウ終ワリヨ!」

山城「や、っぱり……私……不幸だ、わ………………え」

吹雪「?」

山城「い、今私……なんて……不幸?ふ、ふこ、こ、ふこ、ふ、ふ不幸……」ガクガク

グラーフ「ん?どうし――」


山城「いやあああああぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁああぁぁあぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」ダァン!

吹雪「ひいいいいぃぃ!?」

グラーフ「なっ!?無差別に撃ちまくっているだと……!」

223: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:13:22.04 ID:269rWDeqo

山城「あああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

吹雪「ちょ、山城さん正気に戻ってー!」

戦艦「ナンダカ知ラナイケド、チャンスッテヤツネ――」


ドオォォン!


戦艦「ナッ!?」

吹雪「山城さんの攻撃の1つが当たった!」

山城「ぁ……あ、ぁ…………」

グラーフ「弾も切れたか……睦月と言ったな、今だ!奴をやれ!」

睦月「……!」

吹雪「な、なにやってるんですか!手負いとはいえ相手は戦艦棲姫……」

グラーフ「どうかな」

225: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:15:50.93 ID:269rWDeqo

吹雪「睦月ちゃんも……危険だよ、やめようよ!」

睦月「…………」

睦月「……吹雪ちゃん……吹雪ちゃんとの思い出は、数えるほどしかないけど……吹雪ちゃんを思い出させるものは、数え切れないくらいある……」

吹雪「え?」

睦月「そして何より……何より吹雪ちゃんの笑顔が忘れられない!」

吹雪「睦月ちゃんなに言って……」

睦月「遅いかにゃぁ?今になって言うのも……」

吹雪「唐突すぎて早すぎるくらいだよ!」

睦月「睦月は……睦月は…………睦月は吹雪ちゃんのことが好きだった!吹雪ちゃんのことを大切に思っていた!!」

吹雪「はぁ!?」

グラーフ「(ソッチの趣味だったか……)」

睦月「ふぶきいいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!」ダッ

吹雪「呼び捨てかよ!!」

226: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:17:31.99 ID:269rWDeqo

戦艦「グ、アノ死ニ損ナイ……ッ!?」

睦月「この距離なら!ふぁん!!」ダァン!

戦艦「グアアアァァァッ!キ、キサマ……!」ダァン!

睦月「きゃぁぁっ!」

吹雪「ああっ!睦月ちゃんがやられちゃった!この人でなし!!」

グラーフ「いや、十分だ」シャッ

『メッサーシュミット』

吹雪「艦載機がカードから!?」

グラーフ「これが私の戦い方だ」

227: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:19:27.15 ID:269rWDeqo

ブゥゥゥゥン、ダダダダダダ!


グラーフ「(決まったな)」フッ

戦艦「…………」miss!

グラーフ「!?」

吹雪「あっ……」

加賀「レベル1で戦果を欲張るからそうなるんだよォォ~~~!!」

グラーフ(Lv.1)「しまった!」

吹雪「加賀さん!今まで何やってたんですか!?」

加賀「見てた」

吹雪「このロクデナシが!!」

吹雪「ちょ、しかも戦闘フェイズ終わっちゃった!とにかく追撃せず!撤退!撤退ー!」

加賀「I will 撤収☆」

228: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:20:07.05 ID:269rWDeqo

潮「待て!まだ戦艦棲姫を倒していないではないか!」

吹雪「あの戦艦棲姫はおそらくまだ中破程度です!このまま夜戦に突入してもこっちが被害を喰らう可能性が!」

吹雪「それに山城さんに磯風ちゃんに睦月ちゃん……3人も大破がいますし!私も中破です!」

グラーフ「う、うむそうだな。撤退しよう」

吹雪「とりあえず潮ちゃんは睦月ちゃんを回収してきて!さぁ撤退ー!」


【勝利!A】

229: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:20:48.08 ID:269rWDeqo

・・・・・・

~鎮守府港~


吹雪「ただいま戻りました……」ゲッソリ

提督「お、おう……おかえり」

吹雪「恨みますよ司令官……」

提督「戦果は聞いている。戦艦棲姫に打撃を与えたそうじゃないか…………まぁこちらも結構喰らったみたいだが」

吹雪「とりあえずダメージを受けた人達はドックに向かわせました。私も行く予定です」

提督「加賀は?」

吹雪「戦いに参加すらしてませんでした」

提督「……」

230: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:22:20.98 ID:269rWDeqo

吹雪「あ、あとこの人が……」

提督「ああ。話は聞いているよ。グラーフ・ツェッペリンだったな」

グラーフ「そうだ。今日から世話になる」

明石「やりましたね!あ、そうだ!ドイツ艦にあの近代化改修したらどうなりますかね!」

提督「馬鹿野郎!それより元に戻す方法は見つかったのか!?あぁん!?」

グラーフ「……何の話だ?」

提督「こっちの話だ…………いや」

グラーフ「?」

231: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:23:11.06 ID:269rWDeqo

・・・・・・

~工廠~


提督「かくかく」

明石「しかじか」

グラーフ「なるほどな…………その近代化改修なら知っているぞ」

提督「本当か!?元に戻す方法も!?」

グラーフ「ああ。もちろんだ。元々それはドイツで生まれたものだからな」

明石「なるほどーやっぱりそうでしたか」

グラーフ「ドイツでもそれが行われたのだが……例えばビスマルクの改修にとある漫画を使ったら常に笑顔の狂った戦争好きになった」

提督「恐ろしすぎだろ……」

グラーフ「そこで急遽、元に戻す方法も出来たというわけだ」

提督「よし……じゃあ早速その方法で皆を元に戻すぞ!」

232: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:23:46.07 ID:269rWDeqo

・・・・・・


山城「うーん……うーん………………はっ!姉さま!」

加賀「……?」

磯風「うぅ……お腹が……」

睦月「およ?」

潮「ここは……?」


提督「気が付いたか皆」

加賀「提督……?」

睦月「睦月達、どうしてここに?」

提督「……覚えてないのか?」

グラーフ「言い忘れていたが元に戻るとその間の記憶は無くなる」

提督「……まぁいいか。思い出せば死にたくなるやつばっかだしな……」

233: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:24:24.85 ID:269rWDeqo

提督「さ!皆部屋に戻れ!」

加賀「提督、私達に何を……?」

提督「なんもしてないさ!はい解散解散!」

磯風「腹が……めちゃくちゃ痛い……」

潮「だ、大丈夫?」

山城「何か変なのでも食べたんじゃない?」

磯風「そう、かもしれない……あぐぅっ!」

加賀「とりあえず正露丸飲みましょう」

磯風「そうさせてもらう……」

234: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:25:20.12 ID:269rWDeqo

吹雪「よかったぁ皆元に戻って……」

提督「変だった時のことも覚えてないらしいし、今まで通り接すればいいさ」

吹雪「はい、そうですね――あ」

提督「どうした?」

吹雪「い、いえなんでもないですよなんでも!」

吹雪「(あの変な告白は一体……あれも近代化改修の影響だったのかな)」

235: ◆IPYIJYmMYgAf 2015/12/14(月) 13:26:52.65 ID:269rWDeqo

・・・・・・

~数週間後~


提督「最近翔鶴と瑞鶴の活躍が目覚ましいな……なにかあったのか?」

明石「秘密の特訓でもしてるんじゃないですか?」

提督「まさかぁ。いくらそんなバトル漫画みたいなことしても現実で急激に強くなるなんてありえないぞ」

明石「ですよねぇ。この前凍結されたあの近代化改修でもしない限り」ハハ

提督「そうそう。それにアレは俺らと吹雪グラーフ4人だけの秘密だから他の誰かに見られたなんてないしな」ハハ

明石「そうですよ~」


 ~おしまい~