1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:40:26.17 ID:MWLBVJEW0
花子「櫻子ー」

櫻子「んぁ?」グダー

花子「今ちょっといい?」

櫻子「いーけど。どした?」

花子「相談があるし」

櫻子「相談?」

花子「」コクリ

櫻子「花子が?」

花子「」コクリ

櫻子「私に?」

花子「」コクリ

櫻子「どれどれ……」ペタリ

花子「熱とかないし」

引用元: 花子「きらいじゃないし」楓「でいばいでい、なの」 

 

ゆるゆり さん☆ハイ! 第1巻 [DVD]
ポニーキャニオン (2015-12-16)
売り上げランキング: 462
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:43:02.19 ID:MWLBVJEW0
櫻子「えっ……熱もないのに私に相談にきたの?」ギョッ

花子「……自分で言ってて悲しくなんない?」

櫻子「チョットネ」テヘペロ

花子「じゃあ言わなきゃいいのに……」

櫻子「まーまーそれは置いといて。で、本当に私でいいの?」

花子「どういう意味?」

櫻子「いやほら、普通はまずねーちゃんのとこ行かない? あ、実はもう行ってきた?」

花子「行ってない。櫻子が最初だし」

櫻子「ほほう? 花子がねーちゃんより私を頼るってことは……」フム

花子「……」

櫻子「ひょっとして恋愛相談!? なーんちゃっ」

花子「……」コクリ

櫻子「マジかよ……」ゴクリ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:45:12.58 ID:MWLBVJEW0
花子「……」カァァ...

櫻子「え、ちょ、なに? ほんとに、マジで好きな人いるの花子?」

花子「………………」コクッ

櫻子「わーマジかー! 誰誰!?」

花子「ぐっ……い、言いたくないし!」プイッ

櫻子「言わなきゃ相談にならないじゃん」

花子「じゃ、じゃあ相談やめるっ! 櫻子に相談しようとした私がバカだったし!」

櫻子「えー!? いいじゃん教えてよー! ね、おねがいっ!」

花子「ぜっっっっったいに、や!」ツーンッ

櫻子「おのれー頑固な……あ、だったらヒントちょーだいヒント! 私が当てるから!」

花子「いつの間にかクイズみたいになってるし……」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:47:11.34 ID:MWLBVJEW0
櫻子「じゃーまずヒントその1から!」

花子「その1!?」

櫻子「その1」ウン

花子「な、何個もヒント出してたらいくら櫻子でもわかっちゃうし!」

櫻子「えー。でも、いきなり名前言うよりは恥ずかしくなくない?」

花子「うっ……そ、それは……たしかにそうかも……」グヌッ

櫻子「でしょー」

花子「……櫻子のくせに生意気だし……」グヌヌ

櫻子「どういう意味だ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:49:22.26 ID:MWLBVJEW0
花子「じゃ、じゃあ……ヒントその1」

櫻子「」ワクワク

花子「……『年下』……」

櫻子「ヒューッ!」ドンドンパフパフ

花子「は、はしゃいでんじゃねーし!」

櫻子「そっかー、花子は年下趣味だったのかー」ホムホム

花子「しゅ、趣味とかじゃ……たまたま、その、アレ、が……花子より年下だっただけだし」

櫻子「アレって?」

花子「……言いたくないし」

櫻子「ああ、好きになった人が?」

花子「言ってんじゃねーし!」カァッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:51:20.18 ID:MWLBVJEW0
櫻子「次はヒントその2ね! おねがいしまーす!」

花子「……」ムスッ

櫻子「おねがいしまーす!」

花子「…………『かわいい』」

櫻子「え?」

花子「『かわいい』」

櫻子「……なにそれヒント?」

花子「ヒントだし」

櫻子「……」

花子「……」

櫻子「……だ、ダメだよ花子……私たち、姉妹なんだよ……?」イヤン

花子「寝言は寝てから言ってほしいし」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:53:12.64 ID:MWLBVJEW0
櫻子「続いてヒントその3!」

花子「えー、まだやるの……?」

櫻子「やるの。ていうか今までのヒントじゃ全然わかんないし!」

花子「それは櫻子がバカなだけだし」

櫻子「なんだと」ガタッ

花子「座れし」

櫻子「はい」ストン

花子「……」

櫻子「……」

花子「……ヒント、その3は……」

櫻子「うんうん」ソワソワ

花子「――」



花子「お、『お隣さん』……だし」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:55:15.24 ID:MWLBVJEW0
櫻子「え」

花子「~っ!」カァァッ

櫻子「それって……」

花子「……」フイッ

櫻子「家が、隣……って、こと?」

花子「……」コクン

櫻子「!!」

花子「……」モジモジ

櫻子「――!」

花子「……?」チラッ

櫻子「だ……だめっ!」

花子「えっ!?」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:57:34.81 ID:MWLBVJEW0
櫻子「だめだめだめ、それはだめ!」

花子「ちょ、なんで!?」

櫻子「なんでもなにもない! だめったらだめなの!」ガー

花子「いや、そんなの絶対おかしいし! どうして櫻子が決めるの?」

櫻子「ど、どうしてって……だって……」

花子「……」

櫻子「……だって、花子が……花子、も、そうだ……なんて、知らなかったし……」ゴニョゴニョ

花子「え……?」

櫻子「だいたい、それなら私が先ってゆーか……私の方がもっと、ってゆーか……」モニョモニョ

花子「!?」

櫻子「と、とにかくだめ! 諦めた方が花子の為だって!」

花子「もしかして……さ、櫻子も……!?」

櫻子「向日葵なんて!」

花子「えっ」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 00:59:36.78 ID:MWLBVJEW0
櫻子「だ、だいたい向日葵なんかのどこが良いわけ!?」

櫻子「向日葵なんて、向日葵なんて……えーっと、ほら、なんだ……」

櫻子「そう、おっぱい! おっぱいおっきいだけじゃん! おっぱい大納言じゃん!」

櫻子「あ、いやまあ、それだけじゃあない、けどさ……」

櫻子「でもでも! だけじゃなくたって他もせいぜい……ううんと……」

櫻子「……料理が上手だったり」

櫻子「いっつもお菓子作ってくれたり……」

櫻子「あと、優しかったり……あ、それとかわいい」

櫻子「……」

櫻子「そんぐらいだよ!?」

花子「櫻子はぜいたく言いすぎだと思うし」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:01:32.12 ID:MWLBVJEW0
櫻子「あとあとえっと……!」

花子「もういいし!」

櫻子「えっ?」

花子「ていうかひま姉ちゃんのことじゃないし!」

櫻子「ええっ!?」

花子「櫻子、ヒントその1ってなんだったか覚えてないの……?」

櫻子「え、うん」

花子「覚えてないの!?」

櫻子「へへっ」テレッ

花子「はにかむなし!」

櫻子「花子は難しい言葉知ってるなー」

花子「今そういう話してないし! ああもうっ……『年下』! ヒントその1は『年下』だったでしょ!?」

櫻子「……あっ!?」

花子「こいつ、本気で忘れてたし……」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:03:27.06 ID:MWLBVJEW0
櫻子「そっか、じゃあ向日葵は違うのか……そっかぁ」ニヘ

花子「……」

櫻子「え、ちょっと待って。じゃあ花子の好きな人って……」

花子「!」ギクッ

櫻子「……誰……?」

花子「」ズコー

櫻子「えー、ぜんぜんわかんない。向日葵じゃないなら完全ノーヒントじゃん……」

花子「……」

櫻子「もっかいおさらいしよ。えっと、『年下』で『かわいい』、そんで『お隣さん』……」

花子「……」

櫻子「!」ピーン

花子「!」ドキッ

櫻子「だ……だめだよ花子! それはだめ!」

花子「え、また!? なんで!?」

櫻子「だって、だって……!」ワナワナ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:06:04.50 ID:MWLBVJEW0



櫻子「ケダモノ相手なんて絶対ダメだよ!!!」

花子「か、楓はケダモノなんかじゃないし!!!」



「「………………」」



櫻子「えっ」

花子「あっ」


 

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:07:18.68 ID:MWLBVJEW0
櫻子「……」

花子「……」

櫻子「……楓?」

花子「ぅ……」

櫻子「……」

花子「……」

櫻子「向日葵んちとは逆隣に住んでる木村さんとこのエリザベスちゃん(5歳・犬)じゃなく?」

花子「どうしてそうなったし」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:09:24.84 ID:MWLBVJEW0
櫻子「え、じゃあ本当に楓が?」

花子「……っ」

櫻子「花子ー?」

花子「っ……だ、だったら!」

櫻子「へ?」

花子「だったらなに!? 悪い!? 楓のことが好きだったら悪いんですかぁ!?」

櫻子「いきなりキレた!?」

花子「だって楓かわいいんだもん! かわいいのが悪いんだもん! 花子は悪くないし! 悪くないもん!」

櫻子「ちょ、どうどうどう……」

花子「あああ楓かわいい! 超かわいい!! ぎゅーってしてなでなでしたいし!!!」

櫻子「花子さん!? 花子さーん!?」

花子「ふしゃー!!」

櫻子「威嚇!?」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:11:07.29 ID:MWLBVJEW0
……

花子「」ゼェゼェ

櫻子「落ち着いた?」ハァハァ

花子「……ぅん」ゼェゼェ

櫻子「そりゃーよかった……」ハァハァ

花子「~~~っ」カァァッ

櫻子「ほれ、牛乳」

花子「ぁ……ありがと」

櫻子「……」フーム

櫻子「ねー花子」

花子「?」クピクピ

櫻子「楓に告白しないの?」

花子「プフォー!?」ブバァッ

櫻子「ばっちい!!!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:13:18.92 ID:MWLBVJEW0
花子「ぅ゛、ご、ごぐばぐ!?」

櫻子「え、なんて?」

花子「~っ……げほごほけほけほっ……告白!?」

櫻子「告白」ウン

花子「し、しないし! 出来るわけないしっ!!」ワタワタ

櫻子「さっきみたいに言えばいいじゃん?」

花子「それが言えたら苦労はしないし!!!」

櫻子「もっと素直になれよ!」キリッ

花子「櫻子だけには言われたくないし!!!!!!!!!!」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:15:10.72 ID:MWLBVJEW0
ガチャッ

撫子「花子ー、お風呂あがったから入っちゃって。どうせ櫻子はまだ……ん?」



花子「完全にキマった裸締めは絶対に逃げられないし……ッ!」ギチギチギチ

櫻子「ギブギブギブギブギブギブギブギブギブギブギブギブギブギブ」テシテシ



撫子「……」

撫子「なにこれ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:17:36.59 ID:MWLBVJEW0
……

撫子「ふぅん、花子が楓をね……」

櫻子「そーなんだよー」

花子「ぅぅぅ……家族に恋バナとか、恥ずかしすぎだし……」カァァ...

撫子「で、告白しないの?」

花子「姉ちゃんまで!? し、しないしっ、絶対しないもん!」

櫻子「この意地っ張りめ!」

花子「だから櫻子にだけは言われたくないし!」ムキー

撫子「……」フム

撫子「花子、花子」チョイチョイ

花子「? なに姉ちゃん」ススス

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:19:16.73 ID:MWLBVJEW0
撫子「花子さあ、楓が好きっていうのは認めるんだよね?」ヒソヒソ

花子「うっ!?」ドキッ

撫子「どうなの?」

花子「……ぅん……」コクン

撫子「うん。じゃあ今度はあんたの姉を見てみて」

花子「あね」ジッ

櫻子「いや私じゃなくて。もうひとりいるでしょ、姉」

花子「?」キョトン

櫻子「え……存在すら?」

花子「……あ、櫻子か。櫻子櫻子。櫻子を、見る……」ジー

撫子「……」ジー

櫻子「?」

撫子「バカでしょ?」コソッ

花子「バカだし」コソッ

櫻子「???」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:23:01.46 ID:MWLBVJEW0
撫子「で、そのバカがひま子と何年ケンカしてるか……花子も知ってるよね」

花子「!」ハッ

撫子「それもこれも、お互いに変な意地を張り合ってるせい」

撫子「本当は両想いのくせに気づかないフリして」

撫子「気がつけば後戻り出来ない状況に」

花子「……」

撫子「イメージしろ」キリッ

花子「!?」

撫子「今から数年後、あのふたりみたいになった自分と楓の姿を」キリリッ

花子「!!?」

花子「……」ゴクリ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:26:23.25 ID:MWLBVJEW0
~妄想中☆~

花子「楓! 年下のくせにいつもいつも生意気だし!」

楓「ごめんなさいなの花子ちゃん。楓おっぱいおっきいから、おっぱいちっさい人の気持ちがわからないの」ボヨヨン

花子「むがーっ! おっぱい禁止だし!」ワシィ

楓「ちょ、貧乳が感染るから触らないで欲しいの!」

花子「感染らねーし! もーいい、楓なんて嫌いだし!」

楓「それはこっちのセリフなの。花子ちゃんなんて大嫌いっ!」

「「ぐぬぬぬぬぬぬぬ……」」

「「ふんっっっ!」」プイッ

~ 終 了 ~

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:27:40.29 ID:MWLBVJEW0
花子「姉ちゃん! 櫻子! 花子、楓に自分の気持ちをぶつけてみるし!」キリッッッ

「「おおー」」パチパチ

櫻子「(やっぱり私に似て賢い妹だ!)」

撫子「(櫻子に似ず賢い妹で良かった)」

花子「」フンス

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:30:00.87 ID:MWLBVJEW0
~翌日~

撫子「ではこれより、作戦会議をはじめます」

櫻子「わーわー」パチパチ

花子「……ゎーゎー」チパチパ

撫子「司会は私、大室撫子が務めます。では、意見があれば挙手をしてください」

櫻子「はい!」シュタッ

撫子「……」

櫻子「はいはい、はーいっ!」ググッ

撫子「……」

櫻子「……」グググッ...

撫子「誰か意見はありませんか?」

櫻子「はいっつってんだろ!!!」ウガー

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:32:25.71 ID:MWLBVJEW0
撫子「……じゃあ、櫻子」

櫻子「やったあ!」

撫子「ふざけたこと言ったら次からは当てないからね」

櫻子「言う前からやりづらくしないでよ!?」

撫子「いいから早く」

櫻子「くぅ……作戦その1! 好きな人の心を掴むには料理が一番!」バーン

花子「料理?」

櫻子「そ。誰でも美味しい料理を食べたら一発で好きになっちゃうって! 私が保証する!」

撫子「ああ、自分のことか……」ボソッ

花子「でも櫻子にしてはまともっぽいし!」

撫子「……確かに……」

櫻子「フフン、そうだろう! だから花子!」

花子「なに?」

櫻子「お前の料理修行のために今日の料理当番を変わってやろう!」エッヘン

撫子「前言撤回」スッ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:34:25.81 ID:MWLBVJEW0
櫻子「なぐられた……」サスサス

花子「もうちょっとマジメに考えてほしいし」プンプン

撫子「料理は今後ゆっくり練習するとして。他に何かない?」

櫻子「じゃーあれだよ、ラブレターでも書いちゃえよ」ヘッ

花子「言ってるそばから投げやりだし!?」

撫子「……ラブレターか」フム

花子「姉ちゃん?」

撫子「意外とアリかもね。楓はまだ小さいし、ハッキリ分かりやすく伝えた方がいいよ」

花子「ま、まじ?」アセッ

撫子「まじ。どっかの誰かさんみたいにいつまでも進展がないよりは……ね」チラ

花子「……」チラ

櫻子「誰かさん、って……誰? ねーちゃんの友達?」ハテー

撫子「……」ハァ

花子「……」ハァ

櫻子「え? え?」キョロキョロ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:36:53.35 ID:MWLBVJEW0
撫子「というわけだから花子、頑張ってラブレター書いてみようか」

花子「え、えぇ……?」モジモジ

撫子「照れない照れない。あんたの為だし、楓の為でもあるんだから」

花子「ぅー……うん」

撫子「ん。じゃあ今日はここまでね。続きは花子がラブレター書き次第ってことで」

花子「わ、わかった」グッ

櫻子「え、パパッと書いて今すぐ持っていこうよ?」

撫子「……」

花子「……」

櫻子「なんなら私が持ってってやろうか!」フンス

撫子「……じゃ、解散」スタスタ

花子「……」スタスタ

櫻子「あれっ!? ふたりとも私の話きいてた!? ちょっとー!」オイッオイッッ

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:39:09.08 ID:MWLBVJEW0
~数日後~

花子「さ、櫻子。櫻子」カムカム

櫻子「ん? なにー」トテトテ

花子「…………こ、これ……」スッ

櫻子「なにこれ」

花子「ら、らぶれたー。だし」

櫻子「えっ!? ラブレター!?」

花子「……っ」コクン

櫻子「……」

花子「……」

櫻子「……花子、私のことが好きだったの!?」

撫子「」ゴチーン

櫻子「」グヘー

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:41:25.48 ID:MWLBVJEW0
撫子「まったくこの愚妹は……」ヤレヤレ

櫻子「なにすんのー!? 痛いじゃん!」プンプン

撫子「いや……あんたこそなに言ってんの」

櫻子「はあ? なにが!」

撫子「……ラブレター」

櫻子「……?」

撫子「花子が。楓に」

櫻子「……!」

撫子「あんたは。それを。渡す」

櫻子「………………」

櫻子「あっ」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:42:31.91 ID:MWLBVJEW0
撫子「何か言うことは?」

櫻子「さ、さーせんっした……」ペコリ

撫子「よろしい。花子?」

花子「ん……櫻子、ちゃんと渡してよね?」スッ

櫻子「おっけーおっけー。この櫻子様に任せなさーい!」

撫子「(不安だ……)」

花子「(不安だし……)」

櫻子「おいお前ら今思ったこと言ってみろ」

撫子「不安だ」

花子「不安だし」

櫻子「ほんとに言うなよぅ!?」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:44:03.59 ID:MWLBVJEW0
~夕方~

櫻子「た、ただいまー……」ガチャッ

ドタドタドタドタ

花子「お、おかえりっ!」

撫子「どうだった? ラブレター作戦」

櫻子「あー、うん……うん」

花子「?」

撫子「……もしかして櫻子、なんかやらかした?」

櫻子「ぎくー!」

花子「ギクって言った!? 櫻子いまギクって言ったし!」

櫻子「……」ダラダラダラダラ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:46:26.17 ID:MWLBVJEW0
撫子「櫻子。説明」

櫻子「じ、実は……」

櫻子「今朝、家を出てすぐ向日葵に会って」

櫻子「その時『あ、向日葵に預けちゃえば楽チンじゃね?』って思って渡したんだけど」

櫻子「あのおっぱい、なにを思ったか急に慌てだして」

櫻子「本当は私から言うつもりだったのに、とか。こんなの不意打ちですわ、とか」

櫻子「んで、しまいにゃフツツカモノデスガーとか言い出したから」

櫻子「それどういう意味? って訊いたの」

櫻子「そしたらね、あのね、向日葵がね……」

櫻子「『え、これ、櫻子から私へのラブレターじゃありませんの!?』」

櫻子「……なんて言うもんだから、頭の中が真っ白になっちゃって、そんで……」

花子「……」

撫子「……そんで?」

櫻子「ラブレター破いちゃった☆」テヘペロ

花子「」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:49:19.76 ID:MWLBVJEW0
撫子「櫻子……あんた……」ジトォォォッ

櫻子「ご、ごめん花子っ! 許して?」ネッ

花子「……」

櫻子「?」

撫子「……花子?」

花子「」ジワッ

「「!?」」

花子「らぶれたー……はなこが、いっしょうけんめいかいた、らぶれたー……っ」ポロポロ

櫻子「うぇえっ!?、ちょ、ま、え、花子!?」ワタワタ

撫子「さ、櫻子土下座っ! 大至急!」アセアセッ

櫻子「押忍! は、花子さんマジすんませんっしたあああああああっ!!!」ゲザァ

花子「……」プルプルプル

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:51:16.23 ID:MWLBVJEW0
……

撫子「どう? 落ち着いた?」ナデナデ

櫻子「は、花子ー? ほんとにごめんねー?」ナデナデ

花子「……もーいい。べつに怒ってないし」グスッ

撫子「よしよし、花子は偉いね」ナデナデ

花子「……それは子供扱いしすぎだし……」ナデラレナデラレ

撫子「そう? とにかく、櫻子がすぐに次のアイディア出すから。もう泣かないでいいよ」

櫻子「えっ私!?」

撫子「……出すよね?」ギロッ

櫻子「ハイよろこんでーッ!」ビシッ

花子「……」グスグス

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:53:10.68 ID:MWLBVJEW0
櫻子「んーと、えーと」ムムム

撫子「……」

花子「……」

櫻子「……」

櫻子「…………」

櫻子「………………」

撫子「」グッ

櫻子「」ビクッ

櫻子「!!!」

櫻子「お、お泊まり! お泊まりなんてどうでしょう!?」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:55:32.37 ID:MWLBVJEW0
撫子「お泊まり?」

櫻子「そう! 楓をうちに呼んで花子とシンボクを深めさせるの。どう?」

撫子「お泊まりか……いいかもね」

櫻子「でしょー!?」フフン

撫子「花子は? お泊まり作戦、どう思う?」

花子「お、お泊まり。緊張するけど……楓とお泊まり、してみたい……かも」

撫子「うん。じゃあ採用ね」

櫻子「やったー!」バンザーイ

撫子「というわけで櫻子」

櫻子「なに? ご褒美!?」ワクワク

撫子「うちから出てってくれる?」

櫻子「」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 01:57:37.68 ID:MWLBVJEW0
櫻子「ってなんでじゃー!」ウガー

撫子「だって楓をうちに呼ぶ作戦でしょ?」

櫻子「うん」

撫子「だからだよ」

櫻子「遠回しに邪魔って言ってるよねそれ!?」

花子「櫻子がいるといまいち集中できないし」

櫻子「花子までそんな……」

撫子「……」フム

撫子「櫻子、櫻子」チョイチョイ

櫻子「? なにねーちゃん」ススス

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:00:25.82 ID:MWLBVJEW0
撫子「よく考えてみな」

櫻子「?」

撫子「楓がうちに来たら、お隣には誰が残る?」

櫻子「……」

櫻子「!」ハッッッ

撫子「イメージしろ」キリッ

櫻子「!?」

撫子「ひとり寂しく留守番するひま子を慰める自分の姿を」キリリッ

櫻子「!!?」

櫻子「……」ゴクリ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:02:24.61 ID:MWLBVJEW0
~妄想中☆~

向日葵「ぐすん。楓にも見捨てられた私は寂しい女。しくしく」

櫻子「向日葵ー! おるかー!」

向日葵「さ、櫻子!?」

櫻子「おるな! きたわ!」

向日葵「まさか……私が寂しい女と化すのを見越して……?」

櫻子「……ここやで、トントン(私の胸に飛び込んでこいというジェスチャー)」

向日葵「ッ……抱いて!!!」

櫻子「はっはっは。はっはっは。はっはっはっはっは」

~ 終 了 ~

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:04:29.02 ID:MWLBVJEW0
櫻子「し、しかたないなぁ~……向日葵のやつがあまりにも哀れだからぁ? 当日は私が相手したげよっかな!」デヘヘ

「「おおー」」パチパチ

撫子「(バカでよかった)」

花子「(バカでよかったし)」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:08:38.66 ID:MWLBVJEW0
撫子「よし、じゃあ早速電話してみようか。はい黒電話、ひとりで出来る?」スッ

花子「う、うん……がんばる」ジーコ、ジャッ、ジーコ、ジャッ、ジーコ、ジャッ

prrrr...prrrr...

花子「……」ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

prrrr...prrハイ、フルタニデス

花子「!」

花子「も、もしもし。大室ですけど、楓ちゃんいま――あ、ひま姉ちゃん?」

櫻子「!」ピクッ

花子「うん。うん、花子」

花子「ん、久しぶりだし。ひま姉ちゃん、櫻子ばっか構うから」

花子「えー、べっつにー? すねてないもーん……なんちゃって。えへへ」

櫻子「……」ジェラッ

撫子「……」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:11:30.05 ID:MWLBVJEW0
櫻子「……ちょっと、花子?」ツンツン

花子「ん、なに櫻子? あ、ううん。なんでもないし、気にしないでひま姉ちゃん」

櫻子「……」ジェララッ

花子「え、今度花子にお菓子作ってくれるの?」

櫻子「……」ジェラララッ

花子「ほんとに~? じゃあ約束しよ、指出してね。せーの、ゆーびきーりげーんまーん……」

櫻子「」ブヂッ

櫻子「」ブンドリッ

花子「……ゆーびきった、って!? ちょっと櫻子!?」

櫻子「やいコラおっぱい大僧正! 花子は楓に用があるんだかんね! か・え・で・に! わかったらさっさと楓を出せこんちくしょー!!!」

櫻子「……はぁ!? キーレーてーまーせーんー! ぜんっぜんキレてねーし! 私キレさせたら大したもんだし!」

櫻子「いいから楓を出せー! かっえっで! かっえっで! かっえっ……あ、保留」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:15:10.91 ID:MWLBVJEW0
櫻子「まったく、最初っからそうしてりゃいーんだよ向日葵め……無駄に無駄話とかしやがって」フンッ

撫子「……」ジトー

花子「……」ジトー

櫻子「なっ、なんだよその目?」

撫子「べつに」

花子「べつに」

櫻子「く、くぅう~~~っ……見んじゃねーーーーーーーーーっ!!!」ダット

撫子「逃げた」

花子「逃げたし」

撫子「……とりあえず電話、まだつながってるから」ホイ

花子「あ、ぅ、うん……」ドキドキ

♪~♪ ♪~♪ ♪モシモシ

花子「!」

花子「も……もしもし楓? は、花子だけどっ」

撫子「……」ナマアタタカイマナザシ

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:17:35.20 ID:MWLBVJEW0
~1分後~

花子「はぁあっ!? べっ、べつに花子ぉ、楓のことなんて好きでもなんでもないしぃー!? いっしょに遊びたいとかこれっっっぽっちも思ってないしぃー!? かんちがいしないでほしーし! ば、ばーかばーか!」ガチャンッ!

撫子「」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:20:56.11 ID:MWLBVJEW0
~30秒後~

花子「……あ、楓? 花子。うん……さっきはごめんね? あれ、全部うそだから。うん。あのね……次の金曜日、うちに泊まりにこない? うん、いっぱい遊ぼ? うん。じゃ、待ってる。ありがと楓。うん。ばいばい、おやすみ」ガチャン

撫子「」ウム

花子「」グスン

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:34:41.83 ID:MWLBVJEW0
~金曜・夕方~

ガチャッ

楓「ごめんくださーい」

バタンッ! ドタドタドタドタドタ...

花子「か、楓っ!」キキーッ

楓「あ、花子ちゃん♪ こんばんはなの」ペコッ

花子「こ、こここ、こけっ、こ、こばっ、こばばばばわばばわわわわ」ガクガクガクガク

撫子「壊れかけのレディオか」ペシッ

花子「ぁたっ」

楓「撫子お姉ちゃん、こんばんは。今日はおまねきいただいて、ありがとうございます、なのっ」ペコリ

撫子「うん。楓は礼儀正しいね、えらいえらい」ナデナデ

楓「えへへ~」ナデラレナデラレ

花子「(か、かわいいし……)」ドキドキ

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:42:36.03 ID:MWLBVJEW0
櫻子「おー楓ー」ヨッ

楓「櫻子お姉ちゃんもこんばんはなの」

櫻子「うっす。んじゃ」シュタッ

楓「えっ?」

櫻子「いってきまーす」ガチャッ

撫子「あー、行ってらっしゃい」フリフリ

バタン

楓「……撫子お姉ちゃん? 櫻子お姉ちゃんはどこに行ったの?」

撫子「楓の家だよ」

楓「えっ?」

撫子「じゃ、すぐ晩ご飯出来るから。ゆっくりしててね」スタスタ

楓「えっ? ……えっ?」

花子「(混乱してる楓もかわいいし……)」キュンキュン

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 02:50:48.76 ID:MWLBVJEW0
~リビング~

花子「か、か、楓。はい、ジュース……」オソルオソル

楓「ありがとー♪」

花子「……」ドキドキ

楓「~♪」クピクピ

花子「(……どどど、どうしよう……)」ブルブル

花子「(今日まで、いっぱいいっぱい考えたけど……)」

花子「(楓がよろこびそうなこと、いっぱい)」

花子「(けど)」

花子「……」

楓「ぷは。オレンジジュースおいしいの♪」

花子「……あ、あっそ!」ツンッ

花子「(ぜんぜん思いつかなかったしー!)」ア゛ー

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 03:03:14.27 ID:MWLBVJEW0
~食卓~

パクパク モグモグ ゴクン

楓「わぁ……花子ちゃん、これすっごくおいしいの!」

花子「っ……ふ、ふぅん。よかったね」ツーンケーン

楓「うん♪ これ、撫子お姉ちゃんが作ったの?」

花子「ッ!」ギラリ

撫子「え? ああ、これは……」

花子「」バチッバチバチッバチコーンッ

撫子「(ヘタなアイコンタクトだなぁ……)」

楓「?」

撫子「……これはね、花子が作ったんだよ」

楓「花子ちゃんが!? すごいの、ほんとに!?」

花子「え? ま、ままま、まあ、ねっ?」エヘン

撫子「(私がかなり手伝ったけどね)」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 03:18:17.25 ID:MWLBVJEW0
楓「じゃあこっちのサラダは?」

花子「そ、それも花子が作ったし」

楓「そうなんだぁ。シャキシャキしてておいしいの、花子ちゃん!」

花子「」フフン

楓「じゃあじゃあ、このスープは?」

花子「もちろん花子だし。ちょろいもんだし」

楓「わあぁ……むずかしそうなのに、すごいの!」

花子「」フッフン

楓「もぐもぐ……うん、どれも本当においしいの! 花子ちゃん、お料理上手なんだねっ」ソンケイノマナザシ

花子「」フッフッフーン

撫子「(あぁ……どんどん鼻が高々と……)」ハラハラ

楓「楓もこんなお料理作ってみたいなぁ……あ、そうだ、今度花子ちゃんに教えてほしいの!」

花子「」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 03:27:31.40 ID:MWLBVJEW0
楓「? 花子ちゃん、どうかしたの?」キョトン

花子「ぇ、あ、いや、ぅ、え、っと……料理?」

楓「うんっ。ないしょでお料理上手になって、おねえちゃんをビックリさせたいの♪」エヘー

花子「ふ、ふーん! ふぅーん……」

撫子「……」

花子「……」

撫子「(どうするつもりだろ……)」

花子「……」チラッ

撫子「……」

花子「(どうしよう姉ちゃん!?!?!?!?!?!?)」チラッッッッッッッッッッッッ

撫子「丸投げ!?」ガタッ

楓「!?」ビクッ

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 03:34:25.40 ID:MWLBVJEW0
撫子「あ……」

楓「び、ビックリしたの……どうしたの、撫子お姉ちゃん?」ドキドキ

撫子「ご、ごめん。今のは忘れて?」

楓「う、うん……」

撫子「……」

花子「……」

楓「……花子ちゃん、お料理……」

花子「!」チラッッッ

撫子「……か、楓!」

楓「え?」

撫子「えっと……料理だけどね。花子と楓だけで刃物や火を扱わせるのは危ないから、私がいる時でいい?」

楓「あ、そっかぁ……そうだよね、あぶないもんね。わかったのっ」コクコクッ

花子「(姉ちゃあん!)」ウルウル

撫子「(まったく、世話の焼ける……)」ヤレヤレ

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 03:44:17.60 ID:MWLBVJEW0
~食後~

楓「お腹いっぱいなのー」ケプッ

花子「わ、ほんとだ。楓ちょっとお腹ポコいし……」サスサス

楓「ひゃっ、くすぐったいの♪」キャッキャ

花子「」キュンッ

花子「……」サスサスサスサス

楓「やぁん、花子ちゃんいじわる~」キャー

花子「え、えへ。えへへへ」サスサスサスサス

花子「(自然にすきんしっぷ出来てる気がするし!)」ムフー

楓「よーし、楓もお返しなの~っ」ムニッ

花子「ふにゃっ!?」ビクンッ

楓「えへへ、花子ちゃんのほっぺふにふにだぁ」ムニュムニュ

花子「にゃ、ちょ、やめっ……にゃあぁっ……!」ゾワゾワ

楓「やめないの、やられた分だけやり返すの♪」ムニョンムニョン

花子「うにゃぁぁああぁあぁぁぁああぁぁあ」ビクンビクン

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 03:54:52.00 ID:MWLBVJEW0
花子「」グッタリ

楓「花子ちゃん? 花子ちゃん、大丈夫?」ユサユサ

花子「へ、へーきだ……し」

楓「ほ、ほんとにへーきなの……?」ハラハラ

ガチャッ

撫子「花子、お風呂溜まったけど。先入るでしょ?」

花子「うん……なんか汗かいちゃったし」ヨイショ

楓「あ、じゃあ楓も入るの」ヨイショッ

花子「うん」

花子「……」

花子「うん?」

花子「……」

花子「うん!?」

楓「!?」ビクッ

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 04:03:54.72 ID:MWLBVJEW0
~脱衣所~

花子「……」ヌギヌギ

花子「」チラ

楓「んしょ、んしょ……んーっ」モゾモゾ

花子「……ん」グイッ

楓「わっ?」スポーン

花子「……」

楓「あ、花子ちゃん。ありがとなの♪」

花子「ん……」

楓「じゃあ楓、先にお風呂はいってるね?」

花子「ん、わかったし」

楓「花子ちゃんもすぐきてねー」カララッ

ピシャッ

花子「……」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 04:09:24.26 ID:MWLBVJEW0
花子「(どうしてこうなったし)」

花子「(お風呂なら楓と離れられると思ってたのに……)」

花子「(……ぅう)」

花子「(楓とこんなに長く近くにいるなんて、はじめてだし)」

花子「(ドキドキしっぱなしで倒れちゃいそうなのに、お風呂とか……)」

花子「(……のぼせちゃうかも……)」

花子「……」

花子「」ブルルッ

花子「でもこのままじゃ風邪ひいちゃうし……」

花子「ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」

花子「……」

花子「」ムンッ

カララ...ピシャリ

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 04:21:31.36 ID:MWLBVJEW0
~浴室~

花子「か、楓。来た、よ」

楓「待ってたのー。楓の前にすわって?」

花子「え、う、うん」ポスン

楓「じゃあお背中お流しするのっ」ムン

花子「え、ぅええっ!? べべ、別にいーし! ひとりで洗えるし!?」

楓「え~……せっかくのお泊りだから流しっこしたいの」

花子「っこ!? は、花子もやるの!?」

楓「もちろんなの。ちゃんとお体あらわないと、お風呂に入っちゃだめなの」メッ

花子「……!!」ガクゼン

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 04:32:32.09 ID:MWLBVJEW0
ゴシゴシアワアワ

花子「にゃふぅ……」ホワー

楓「~♪」ルンルン

花子「(きもちーし……)」

楓「花子ちゃん、どーお? 痛くない?」

花子「ん……ちょうどいーよ。上手だね、楓」

楓「えへへ、いつもおねえちゃんのお背中流してるから」テレッ

花子「ひま姉ちゃんの?」

楓「うん、おねえちゃんにもいつも上手ですわってほめられるの♪」

花子「へー……」

楓「~♪」ランラン

花子「(ひま姉ちゃん、うらやましいし……)」ジェラッ

ゴシゴシアワアワ

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 04:42:13.16 ID:MWLBVJEW0
楓「ながしまーす」

ザパー

花子「んっ……あったか……」ホフゥ

楓「じゃあ交代なの」クルッ

花子「あ、うん」アワダテアワダテ

コシコシアワアワ

楓「きゃははっ。花子ちゃん、優しすぎてくすぐったいのっ」

花子「で、でも、痛くしたら悪いし……」

楓「もう少しなら強くしても大丈夫なの」

花子「わ、わかった……こう?」ゴシゴシ

楓「うん、きもちーの♪」

花子「(……楓、ちっちゃいなぁ)」

花子「(背中なんてすぐ終わっちゃうし)」

花子「……」

ゴシゴシアワアワ

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 04:55:53.96 ID:MWLBVJEW0
花子「流すし」

ザパー

楓「えへへ……ありがと、花子ちゃん♪」ニパッ

花子「うっ、うん……」ドキドキ

楓「じゃあ次は花子ちゃんの髪?」

花子「あ、花子は時間かかるからあとでひとりでやるし、いーよ」

楓「そうなの? じゃあ楓が先に洗っていいの?」

花子「うん。……っていうか……」

楓「?」

花子「……花子が洗ってあげたい、って言ったら……どうする?」

楓「え、洗ってくれるのっ?」

花子「う、うん……楓が良いんなら」

楓「わぁっ……花子ちゃん、今日はとっても優しいの!」

花子「は、花子はいつだって優しいし!」プイッ

楓「えへへ、そうだったの」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 05:07:56.58 ID:MWLBVJEW0
花子「じゃあ、洗うから」ドキドキ

楓「はぁーい……あっ!」

花子「えっなに!?」ビクッ

楓「しゃ……シャンプーハット、忘れちゃったの……」

花子「シャンプーハット?」

楓「……」コクン

花子「え、どーしよ……うちには今もうないし……やっぱ、使わないと怖い?」

楓「うん……」

花子「ぅー……じゃあじゃあ、花子がお隣から取ってこようか?」

楓「だ、だめなのっ。花子ちゃん風邪ひいちゃうの」

花子「でも……」

楓「……楓、がまんするの」

花子「か、楓?」

楓「こわいけど、がまんするから……花子ちゃん、やさしくしてね?」ウルッ

花子「」ズギューーーーーーーーーーン

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 05:17:17.58 ID:MWLBVJEW0
楓「」チョコン

花子「じゃ、じゃあ……やる、し。目、ちゃんとつむっといて」ガクガクブルブル

楓「んっ」ギュッ

花子「……」ソーッ

ワシッ

楓「っ」ピクンッ

花子「ッ」ビクゥッ

楓「……」

花子「だだだ大丈夫楓!? しみてない!?」アタフタ

楓「ま、まだ平気なの。動かして?」

花子「りょ、了解だし……」

ワシ...ワシワシ...ワシ...

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 05:25:00.50 ID:MWLBVJEW0
花子「……」ワシワシワシワシ

楓「……」アワアワアワアワ

花子「(な、なにか言った方がいいのかな……? でもなにを……)」

花子「(こういう場合は、えーっと、んっと……)」

花子「!」

花子「お、お客さん! どこかかゆい所はありませんか?」

楓「えっ?」パチッ

花子「な、なんでもないしっ!」アセッ

花子「(あああ花子のバカ! お話すんのへたっぴ!)」

花子「(クラスの友達とは普通に話せるのに……どうしてよりにもよって大好きな楓にだけこんな……)」

花子「……はあぁ……」

楓「……、ッ、た、いたっ!?」

花子「楓!?」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 05:46:22.49 ID:MWLBVJEW0
楓「花子ちゃん、め、あけちゃった……いたい……っ」グスッ

花子「あ、ぇ、ど、どうして開けたの!?」

楓「……花子ちゃんが話しかけてきたから、答えなきゃって……」グスン

花子「うええ花子のせいだった!? ごご、ごめん楓、大丈夫っ!?」

楓「ん……だ、だいじょうっ、ッ、ぁう……ふぇ゛」エグエグ

花子「ぁ、わ、っ……あわ! あわ流さないと! 楓、お湯お湯!」ジャバババババ

楓「んっ……見えない。め、あけられないの……」グシュグシュ

花子「そ、そっか、ごめん! はい、花子がすくってあげるから、顔パシャパシャして!」スッ

楓「うん……ありがとなの、花子ちゃん」パシャパシャ

花子「……」ハラハラ

楓「……ん……もう、だいじょうぶなの」グシグシ

花子「ほ、ほんとに? 目、痛くない?」

楓「うん。花子ちゃんがお湯くれたから平気、なの」ニヘ

花子「ぁ……ごめんね楓、花子のせいで……」

楓「気にしないーのっ」ニッコリ

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 05:59:39.94 ID:MWLBVJEW0
花子「じゃあ流すから。今度こそちゃんと目ーつむってて」

楓「はーいなの」ギュッ

ザパー

楓「きゃー♪」

花子「はいおしまい。お風呂入っていーよ」

楓「うん。お先になの、花子ちゃん」

チャポン

楓「ほわぁぁぁ……♪」

花子「ぷっ。楓、おじさんみたいだし」クスクス

楓「むっ、ひどいの花子ちゃん。楓は花もはじらうおとめなの!」プンスカ

花子「だってほんとのことだしー♪」

楓「むぅ……」プクー

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 06:12:38.78 ID:MWLBVJEW0
花子「~♪」ワシワシアワアワ

楓「……」ジー

花子「ん……? なに楓、花子の顔になんかついてる? 泡?」

楓「あ、ううん。花子ちゃん、やっぱり髪が長いなーって思ってたの」

花子「髪?」

楓「なの。長いし、とってもきれい」

花子「そッ……そりゃあ、毎日ちゃんとケアしてるから当たり前だしっ」テレテレ

楓「……さわってもいーい?」

花子「ぅえっ!? ………………か、勝手にすれば?」ツーンッ

楓「ありがとー♪」

サワッ

花子「んっ……にゃあ……」ソワソワ

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 06:25:48.53 ID:MWLBVJEW0
楓「すごーい、ふわふわでつやつやですべすべなの」サワーリサワーリ

花子「にゃー……ぅう、なんかゾワゾワするし……」

楓「あ、ごめんね花子ちゃん。楓のことは気にしないで髪洗っていいの」サワサワ

花子「だ、だったら、ぅひッ、髪さわんのやめてほしーし……」

楓「楓のことは気にしないでいいの」ニッコリ

花子「……」ワシワシアワアワ

……

花子「よい、しょっと」

ザパー

花子「っぷう……あとは、髪をしぼってしばって……」テキパキテキパキ

花子「はあ、やっとお風呂入れる……楓、どっちかによけて」

楓「はぁい」サッ

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 06:35:32.48 ID:MWLBVJEW0
チャポン

花子「はー……きもちーし♪」

楓「花子ちゃん、毎日こんなに時間かかってるの?」

花子「まーね。髪が長いと仕方ないし」

楓「切ろうとは思わないの?」

花子「え? べつに……あ、か、楓は、短い方が好き……だったり、する?」

楓「ううん。楓、花子ちゃんの長い髪大好きっ」ニパッ

花子「」ズギュゥゥゥーン!

花子「……は、花子も。好き。だし」

楓「え?」

花子「花子も、楓……の、髪、好き。今のが」

楓「ほんとっ? ありがとなの花子ちゃん。この髪型、おねえちゃんとおそろいで気に入ってるんだぁ」

花子「……ヘー」

花子「(ひま姉ちゃん……やっぱりうらやましいし)」ジェラッ

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 06:53:53.48 ID:MWLBVJEW0
~リビング~

花子「んぐっ、んぐっ、んぐっ」ゴキュゴキュ

楓「んくっ、んくっ、んくっ」クピクピ

「「ぷはーーーっ!」」

花子「やっぱりお風呂上りは牛乳だし!」フィー

楓「楓はおうちではコーヒー牛乳飲んでるの」

花子「そんなもんうちにはないし!」

楓「え~、おいしいの……に……」ジッ

花子「? 楓、どうかした?」ハテ

楓「……ううん。そっか、花子ちゃんも上のお姉ちゃんたちとおなじで……」ポソッ

花子「あ!?」ビキッ

楓「あっ、ごめんなさいなの! そうだよね、まだまだこれからだよね!」

花子「くぅう~……好き勝手に言ってくれるし……」ワナワナ

花子「いいもんいいもん、櫻子だって言ってたもん!」

花子「貧乳は……ステータス? だって!」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 06:59:33.88 ID:MWLBVJEW0
楓「」

花子「」フンス

楓「……………………………………………………」

楓「花子ちゃん」

花子「?」

楓「座って」

花子「は?」

楓「座って」

花子「え……いや、もう座ってるし……?」

楓「正座! はやく!」

花子「は、はひっ!?」ババッ

楓「……」

花子「か、楓……?」

楓「――」スゥーッ...

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 07:14:23.88 ID:MWLBVJEW0
――楓の口から語られたのは、花子にとって衝撃的としか言い様のない事柄であった。

その趣旨を要約するならば、それは『ちっぱいは恥』ということだ。

ステータスだなどと誇るのは言語道断。

ちっぱいは恥であり、悪である。故にちっぱいは社会から淘汰されて然るべき欠点だとも楓は説いた。

当然ながら、花子はその内容にひどく動揺した。

しかし、楓はこう続ける。

『だが、それがいい』と。

つまり、ちっぱいの本質を理解した上でそれを背負い苦悩し続けろと、その様が良いのだと、楓は力強く語った。

欠陥を庇い恥じらう慎み深い姿にこそ、侘び寂びがあるのだ。

それは既に完成されたおっぱいには出来ない、許されざる存在であるちっぱいにのみ許された芸当なのだ。

『ちっぱいは恥。だから恥じらえ』

楓の言葉を受け止め、花子は人目も憚らず、されど静かに涙した――

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 07:15:44.46 ID:MWLBVJEW0
楓「ふぅ……いっぱいしゃべったら疲れちゃったの。花子ちゃんのお部屋、いこ?」

花子「ぅ……ぇぐ、ぐしゅっ……うん、うん……!」

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 07:24:50.54 ID:MWLBVJEW0
~花子の部屋~

楓「わぁい、花子ちゃんのお部屋ー」トテテ

テテテテ...ポフン

花子「楓?」

楓「おふとんー……花子ちゃんのにおいがするのー……」ウトウト

花子「……楓、ひょっとして眠い?」

楓「んーん……まだねむくないのー……花子ちゃんとお話するのー……」フラフラ

花子「ちょ、あぶないし、座って座って」グイッ

楓「ん~……」ポフッ

花子「……楓、お布団はいろっか?」

楓「えー……やなの、もっとお話するのぉ……」イヤイヤ

花子「お話ならベッドの中でも出来るし。ね?」

楓「……うん……」コクン

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 07:39:12.40 ID:MWLBVJEW0
花子「じゃあ電気消すし」

楓「ん……」

カチカチッ

花子「よいしょっと……」モゾモゾ

モフン

花子「ふぅ……」

楓「……」

花子「……楓?」

楓「すぅ……すぅ……」

花子「って、もう寝てるし……」

楓「んっ……むにゃ……」

花子「ま、かなりテンション高かったから疲れたんだろーけど……」

花子「……なんかなぁ」ゴロンッ

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 07:50:35.36 ID:MWLBVJEW0
花子「……」

花子「(今日は、楽しかったな)」

花子「(今までで一番、楓と遊べたし)」

花子「(話せたし)」

花子「(一緒に居られた)」

花子「(こうゆうの、すっごい久しぶりだったから、うまく出来てたかわかんないけど)」

花子「(楓は笑ってくれてたし、大丈夫……かな?)」

花子「……」

花子「(本当に?)」

花子「(このままで終わらせて、いいのかな)」

花子「(結局、楓になにも伝えられてないし)」

花子「(花子が楓をどう想ってるか、きっと、ちっとも、伝わってない)」

花子「(そんなままで終わるなんて……)」

花子「……」

花子「(やだ)」

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 08:16:54.00 ID:MWLBVJEW0
花子「……」

花子「…………」

花子「………………」

花子「楓」

花子「花子は……」

花子「花子は、ね」

花子「……っ」

花子「楓のことが」

花子「好――」

花子「――」

花子「――き」

花子「き、」

花子「~~~っ」



花子「きらいじゃないし!!!」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 08:25:53.02 ID:MWLBVJEW0



楓「うんっ。楓も大好きだよ、花子ちゃん♪」



花子「」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 08:33:02.73 ID:MWLBVJEW0
楓「えへへ、花子ちゃーん♪」ムギュッ

花子「」パクパク

楓「んー♪ 花子ちゃんあったかいの」スリスリ

花子「な、な、な」

楓「? 花子ちゃん?」

花子「な、んで……楓、起きて……!?」

楓「お話するって言ったの。それに、話しかけてくれたのは花子ちゃんの方なの」

花子「そ、それはそうだけど!? で、でも今まで寝てたし!」

楓「枕が変わると眠れないの」

花子「初耳だし!!!」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 08:43:42.20 ID:MWLBVJEW0
花子「だだだ、だいたい! なに、なにさっきの!?」

楓「?」

花子「だ、大好きって!」

楓「うん、楓も大好きなの♪」ニコッ

花子「ッ……か、か、か、楓……も……って!」

楓「? うん、楓も、だよ?」

花子「は、花子はきらいじゃないって言っただけだし! 大好きなんて……言って! ない!! し!!!」

楓「言ったの」

花子「言ってないし!」

楓「言ったの」

花子「言ってないし!」

楓「言ってないの」

花子「言ったし!」

楓「だよねー、なの♪」

花子「あああああああああああああああああ!!!」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 09:00:17.93 ID:MWLBVJEW0
楓「あのね、花子ちゃん」

花子「ああああああ……あ……ああ?」

楓「花子ちゃんは大好きって言ってないけど、楓にはわかるの」

花子「……え?」

楓「だって花子ちゃん、素直じゃないんだもん」クスッ

花子「~~~ッ」カァァッ

楓「あ、花子ちゃん真っ赤になってるの。かわいー♪」

花子「か、かわいくないし!」テレッ

楓「花子ちゃんはかわいいよ!」キリッ

花子「ッ……楓の方がかわいいし!」キー

楓「花子ちゃんの方がかわいいの!」ガー

花子「楓の方が花子よりずーっとかわいいし!」ニャー

楓「花子ちゃんは楓よりもっともーっとかわいいの!」シャー

花子「楓のかわいさに比べたら花子なんてお遊戯レベルだし!」ギャアギャア

楓「花子ちゃんのかわいさがお遊戯レベルなら楓なんてもう雑兵なの!」ギャアギャア

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 09:07:09.41 ID:MWLBVJEW0
~小一時間後~

花子「花子の方が楓よりかわいかったですごめんなさい」ヘコー

楓「ん、よろしいの♪」ムフー

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 09:22:13.74 ID:MWLBVJEW0
楓「じゃあ楓よりかわいい花子ちゃん、楓の隣に来るのっ」ポンポン

花子「わかりましたし……」スゴスゴ

楓「……えいっ」モフン

花子「!」

楓「花子ちゃんの髪、ふかふかなの~」モフモフ

花子「か、楓……なななになになにををを……」アワワワワ

楓「花子ちゃんの髪にくるまって寝てみたかったの。思った通り気持ちいーの♪」

花子「な、なんか恥ずかしいし……」

楓「花子ちゃんがかわいいのがいけないの。楓は悪くないの」

花子「無茶苦茶だし……」

楓「うん、むちゃくちゃかわいいの」モッフー

花子「そーじゃないし……」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 09:33:52.04 ID:MWLBVJEW0
楓「~♪」モフモフモフモフ

花子「ぅ……にゃあ、ゃぁ……」ゾクゾク

楓「花子ちゃん、時々ねこさんみたいになるのがかわいいの」

花子「ね、ねこ? なにそれ、花子しらないし。楓のかんちが」

楓「えいなの♪」チョンッ

花子「ふにゃんっ!?」ピクンッ

楓「」ニコニコ

花子「……ぁ……~~~っ!」カァァァァァァッ

花子「……」ハァ...

楓「あれ、怒らないの?」

花子「なんか、すっごく疲れたし……楓に大好きって言ってもらえたのは、その……いちおう、うれしーし」

楓「花子ちゃん……」

花子「……だから! あとはもー好きにしてくれていいって感じだし!」ゴロンッ

楓「え、好きにしていいの?」

花子「別にいーし。抱きついたり抱きしめたり勝手にす――」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 09:34:22.57 ID:MWLBVJEW0



楓「えいなの♪」



ちゅっ



花子「」


 

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 09:47:28.71 ID:MWLBVJEW0
楓「……えへへ。しちゃったの、ちゅー」ニヘッ

花子「」

楓「楓は花子ちゃんが好き。花子ちゃんも楓が好き。だよね?」

花子「」

楓「だったらちゅーぐらいしても……花子ちゃん?」

花子「」

楓「花子ちゃーん?」

花子「」

楓「……気絶してるの……」

花子「」

楓「まったくもう……世話のかかる恋人さんなの」

花子「」

楓「ほら、ちゃんと布団に入らないと風邪ひくの。うんしょ、よいしょっ」

花子「」

楓「これでよしなのっ」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 10:54:05.29 ID:MWLBVJEW0
花子「」

楓「――……」スッ

でこちゅっ

楓「……おやすみなさい、花子ちゃん」

花子「」

楓「続きは、花子ちゃんが起きてからいっしょに……」

花子「」

楓「それまでは、おあずけなの」

花子「」

楓「……えへっ♪」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 11:13:04.29 ID:MWLBVJEW0
~その後・古谷家~

楓「じゃあおねえちゃん、いってきますなの」

向日葵「ええ、いってらっしゃい。帰りはいつ頃になるんですの?」

楓「晩ご飯までには帰ってくるの」

向日葵「……楓、最近おねえちゃんに構ってくれなくなりましたわね」

楓「え、そ、そうかな……?」

向日葵「……寂しい……」

楓「……えと、櫻子お姉ちゃんは……?」

向日葵「………………この前、楓と入れ替わりで泊りに来てから口を利いてくれませんの……」

楓「(なにがあったんだろう……)」

向日葵「ぐすん……楓にも、櫻子にさえ見捨てられた私は寂しい女。しくしくしく……」

楓「そ、それじゃあいってきますなの!」ソソクサ

ガラッ

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 11:30:45.95 ID:MWLBVJEW0
~その後・大室家~

花子「じゃあ姉ちゃん、櫻子、行ってくるし」

撫子「ん、いってらっしゃい」フリフリ

櫻子「もう帰ってこなくていいよ」ケッ

撫子「オイコラ」コツン

櫻子「あうち」

花子「櫻子、人に八つ当たりするぐらいならひま姉ちゃんと仲直りしたら?」

櫻子「だ、誰があんな……いい雰囲気になったからキスしようと思ったらビンタしてくるような……おっぱい原人に謝るもんかっ!」プイッ

撫子「……」

花子「はぁ……櫻子? ちゃんと言葉にしないと伝わるものも伝わらないし。勇気を出さなきゃダメだよ?」

撫子「(なんという上から目線……お泊り効果は抜群だね。…………私も今度、久しぶりに……)」

櫻子「ぐむむむむ……うるさいうるさいうるさーいっ! 幸せオーラを振りまく奴は実の妹でもゆるさーん!」ウガガー

撫子「あぁもう……花子、櫻子は私が引き受けるから。行っといで」

花子「うんっ、行ってくるし!」ソソクサ

ガチャッ

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 11:40:59.42 ID:MWLBVJEW0
~公園~

花子「楓ーっ!」タッタッタッタッ

楓「あ、花子ちゃんっ」フリフリ

花子「お、遅れてごめん……待った?」

楓「うぅん、楓も今きたところなの」

花子「ほ、ほんと? なら良かったし……」

楓「ちなみに、『たとえ30分以上待たされても愛想よく振舞え』っておねえちゃんが読んでた雑誌に書いてあったの♪」

花子「遅れてごめんなさいでしたーっ!」フカブカーッ

楓「頭を上げて花子ちゃん? 怒ってないのはほんとなの」

花子「ほ、ほんとのほんと?」オソルオソル

楓「ほんとのほんとなの。だから、ほら、お顔を見せてほしいの」

花子「わ、わかったし……楓、遅刻してほんっとにごめ――」

ちゅっ

花子「!!?」

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 11:59:20.98 ID:MWLBVJEW0
楓「……えへへ~、どっきり大成功なの♪」

花子「か、楓ーっ!? 不意打ちは禁止って前にも言ったし!」

楓「禁止されてるのにやるから不意打ちなの」シレッ

花子「ぐぬぬ……もう怒ったし! 今日のデートは鬼ごっこに決定! 最初は花子が鬼ね!」

楓「え~? 花子ちゃん、おーぼーなの」

花子「しゃらっぷ! ほら、早く逃げないと捕まえちゃうし! かーえーでー!」ダッ

楓「きゃーたすけてなのー♪」ダッ

花子「待て待てー!」

楓「花子ちゃーん!」

花子「なんだー!」

楓「大好きなのー!」

花子「なッ……そんなの、花子の方が、だ、大好、じゃ、なくてッ!」

花子「~~~ッ」



花子「きらいじゃないし!」

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 12:03:33.68 ID:MWLBVJEW0
これにて終了です。ご支援ありがとうございました
あと楓花もっと流行れ。流行るがよい