このSSは自作SSストライキ速報様の作品です。

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:11:16 ID:2JDHBNyk


レイ「嫌?」ギュッギュッ

シンジ「嫌ではないけど……男と女がくっついているのは……」

レイ「駄目なの」

シンジ「へ」

レイ「私は碇君のそばじゃなきゃ生きていけないの」

シンジ「!?」

レイ「碇君……」スリスリ

シンジ「はわわ……」




ミサト「って、いう状況なんだけど」

リツコ「使徒による汚染でしょうね」スパー 

転載元:シンジ「綾波、何でしがみついてくるんだよ?」


月刊ヱヴァX PHASE1 (プレミアムック)
グラウンドワークス
辰巳出版 (2015-09-05)
売り上げランキング: 23,554
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:14:17 ID:2JDHBNyk


リツコ「レイ、この前使徒にふるぼっこにされたでしょ、おそらくそのせいね」

マヤ「治療の方法を見つけるのに時間がかかりそうです……」

レイ「……」スリスリ

シンジ「あ、綾波!耳の裏は……はぅっ!」

ミサト「このままでも嬉しそうだけどね」

リツコ「そうも言っていられないと思うわよ?マヤ、シンジ君とレイを離してみて」

マヤ「はい!」タタタ

ミサト「離すと何かあるの?」

リツコ「おそらくどちらかに異変が……」

マヤ「えいっ!」グイッ

レイ「!」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:14:45 ID:2JDHBNyk


レイ「……」

シンジ「ふぅ……助かった……のかな?」

レイ「……っ!?」ジタバタ

マヤ「レイ!?」

ミサト「暴れてる!?」

リツコ「……」

レイ「……う……あぐっ……!」

ミサト「レイ!?」

シンジ「あの、大丈夫なんですか!?綾波すごく苦しそうですけど!」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:15:19 ID:2JDHBNyk


リツコ「マヤ、レイを離して」

マヤ「は、はい!」パッ

レイ「……」タタタ

ぎゅっ

シンジ「わっ!」

レイ「はぁ……はぁ……」

シンジ「綾波?だ、大丈夫?」

レイ「ふぅ……ふぅ……」スリスリ

マヤ「楽になったみたいですね、ふぅ」

ミサト「どういう事!?」

リツコ「なるほどね……」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:16:00 ID:2JDHBNyk


リツコ「マヤ、離して」

マヤ「はい!」パッ

レイ「……」タタタ

ぎゅっ

シンジ「うう……」

レイ「碇君……いた……」スリスリ

ミサト「目隠しをしてもシンジ君の場所を正確に特定してるなんて……」

リツコ「まるで磁石ね」

マヤ「……かわいい」

リツコ「これまでの実験の結果から推測するに」

リツコ「レイはシンジ君に触れていないと生命活動が停止してしまうようね」

ミサト「そんな!?」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:16:34 ID:2JDHBNyk


ミサトの家

シンジ「ただいまー」

アスカ「遅い!もうお腹ぺこぺこよ!」

シンジ「ごめんアスカ、今すぐ作るから」

レイ「……」

アスカ「まったく……ん?」

アスカ「……」

レイ「……」

アスカ「何よあんた!?」ガタタンッ

レイ「お邪魔します」ギュッギュッ 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:17:04 ID:2JDHBNyk


アスカ「な、なな何でバカシンジにしがみついてんのよ!?」

レイ「そうしたいから」スリスリ

アスカ「!?」

シンジ「ア、アスカ、これには深いわけが……」

アスカ「あんたがやらしてんのね!エッチバカ変態!信じらんない!」

シンジ「ち、ちが……」

ミサト「落ち着きなさいアスカ、ホントに深いわけがあるのよ」

アスカ「どんなわけがあるって言うのよ!?」





アスカ「使徒ぉ?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:17:44 ID:2JDHBNyk


アスカ「え、じゃあ使徒のせいでファーストはバカシンジにしがみついているっての?」

ミサト「そうしていないとレイが死んじゃうみたいなのよねー」

アスカ「そんな馬鹿な話……」

ミサト「嘘みたいな話だけど本当なの、ね、レイ」

レイ「ええ」スリスリ

シンジ「綾波、ちょ……」

アスカ「……」

レイ「もう私は碇君なしでは生きていけない体になってしまったの……」モゾモゾ

シンジ「はふっ……」

アスカ「だぁーっしゃあああああ!!!」

どんがらがっしゃーん! 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:18:32 ID:2JDHBNyk


アスカ「離れなさいよぉ!」グイッ

レイ「きゃっ」

ミサト「アスカ!やめなさい!レイが死んじゃうでしょ!」

アスカ「勝手に死ねばいいのよ!」グイグイ

レイ「や、やめて……」

シンジ「アスカ!やめなよ!」

アスカ「何よ!こいつにくっつかれて嬉しくて堪らないっての!?」

シンジ「そういう問題じゃないだろ!」

アスカ「そういう問題よ!」

レイ「……うっ」

アスカ「!?」

レイ「う……あがっ……」

ミサト「レイ!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 12:21:47 ID:2JDHBNyk


ミサト「アスカ!レイを離して!」

アスカ「え……」パッ

レイ「碇……く……」

ぎゅっ

シンジ「綾波!」

レイ「はぁ……はぁ……」

シンジ「綾波!大丈夫!?綾波!」

レイ「もう平気……碇君がいるから……」スリスリ

シンジ「よかった……」

アスカ「……」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:13:35 ID:2JDHBNyk


ミサト「アスカー、ごはんできてるわよー」

ミサト「……」

ミサト「……もう」

シンジ「アスカは?」

ミサト「部屋から出てこようとしないわねー」

レイ「……」

ミサト「先に食べちゃいましょうか、いっただきまーす」

シンジ「アスカ……」

ミサト「レイもたくさん食べていいのよ」

レイ「私、肉、嫌い」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:13:54 ID:2JDHBNyk


アスカの部屋

アスカ「……」

「アスカ」

アスカ「!」

「アスカ、開けるよ?」

アスカ「……」

ガラッ

シンジ「……」

アスカ「……」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:14:36 ID:2JDHBNyk


シンジ「アスカ……ごはん……」

アスカ「あいつは?」

シンジ「え?」

アスカ「エコヒイキよ、そこにいないの?」

レイ「……」ヒョコッ

手を繋いでいるシンジとレイ

アスカ「!?」

シンジ「い、いるけど……」

アスカ「あーら、お人形と仲良くおてて繋いでどちたんでちゅかー」

シンジ「手を繋ぐ程度が限界みたいなんだ、それ以上離れると綾波が……」

アスカ「そんな事知らないわよ!出ていってよ!バカップル!」

ぴしゃんっ!

シンジ「アスカ……」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:15:21 ID:2JDHBNyk


ミサト「ふー、いいお湯だったー」

ミサト「次シンジ君かレイ入りなさい」

シンジ「綾波、先入りなよ」

レイ「私は碇君の後でいい」

シンジ「そう?じゃあ僕が先に……」グイッ

レイ「……」トトッ

シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「ミサトさぁーん!!!」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:15:48 ID:2JDHBNyk


ミサト「困ったわね……」

シンジ「ど、どうしたら……」

ミサト「一晩お風呂抜き……ってのも可哀想よねぇ」

シンジ「僕は男だからいいけど綾波は……」

レイ「できれば入浴したいです」

ミサト「シンちゃんもきちんとお風呂入らなきゃ駄目よ、臭いと女の子に嫌われちゃうわよ?」

シンジ「そうですか……」

ミサト「二人は引き離せない……どうしたら……」

シンジ「……」

レイ「……」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:16:13 ID:2JDHBNyk


シンジ「ミサトさん……あの……」

ミサト「なぁーに?」

シンジ「ほ、本当に……その……」

ミサト「シンちゃんとレイが一緒にお風呂に入る、それしか方法がないわよ物理的に考えて」

シンジ「だからって……」

ミサト「シンちゃんはレイと一緒に入るの嫌?」

シンジ「嫌じゃないです!……あ、で、でも綾波はたぶん嫌だと……」

ミサト「嫌なの?レイ」

レイ「嫌じゃないです」

シンジ「!?」

ミサト「むふふ、じゃあ何の問題もないわね」

シンジ(綾波……) 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:16:52 ID:2JDHBNyk


ミサト「レイは私が洗うわ、片手ふさがってちゃ大変だろうから」

シンジ「ミ、ミサトさんも脱ぐんですか?」

ミサト「お風呂シンちゃん達と一緒に済ませれば良かったわねー」ヌギヌギ

シンジ「……」

ミサト「あ、シンちゃんも洗ってあげようか?片手だと大変でしょ?」

シンジ「僕ずっと目つぶってますから!」

ミサト「そう?見てても構わないんじゃない?ねえレイ」

レイ「はい」

シンジ「見ません!そんな駄目ですよそんなの!」ドキドキ

ミサト「おほほほほ」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:17:29 ID:2JDHBNyk


アスカの部屋

アスカ「……」

ぐぅー

アスカ「……お腹空いた」

アスカ「……」ガラッ

アスカ「……」スタスタ

きゃっきゃっ

アスカ(何騒いでんのよ?)ノゾキ


シンジ「ミサトさーん!」

ミサト「こーら、じっとしてなさい」

レイ「……」

アスカ「!!!??」 


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:18:11 ID:2JDHBNyk


ミサト「ふふ、綺麗になったわねー」

レイ「……」フキフキ

シンジ「……」ドキドキ

ミサト「シンちゃん?今晩のおかずに使ってもいいのよ?」

シンジ「そんな事しませんよ!」

ミサト「アスカは機嫌直したかしら、アスカー、アスカー」

シンジ(はぅ……)

レイ「碇君」

シンジ「なに?あうっ!ご、ごめん!まだ服着てなかったんだ!」

レイ「違うの」

シンジ「え?」

レイ「碇君の協力がなければ着れないの」

シンジ「ええ!?」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:21:56 ID:2JDHBNyk


シンジ「そうか、片手が塞がっている状態だから……」

レイ「タイミングよく繋ぐ手を変えないとシャツが着れないわ」

シンジ「僕もそうだね……ど、どうしようか……」

レイ「向かい合いましょう」

シンジ「え!?」

レイ「そうした方が手を繋ぎ変えやすいわ」

シンジ「そ、そうだね……」

レイ「早くしましょう、湯冷めしてしまう」

シンジ「う、うん!」クルッ

シンジ「はわっ!」ドキンッ 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:22:31 ID:2JDHBNyk


シンジ(目に焼きついちゃったよ……)ドキドキ

レイ「……」

ミサト「むーん……」

シンジ「どうしたんですか?」

ミサト「これ、アスカの置手紙」ピラッ

シンジ「アスカの?」


『さがすんじゃないわよ!』


シンジ「これって!?」

ミサト「家出しちゃったのねー、はぁ……」

レイ「……」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:22:52 ID:2JDHBNyk


翌日 ネルフ

アスカ「……」

シンジ「アスカ!」

アスカ「……何よ」

シンジ「よかった……無事だったんだ……」

アスカ「なに?死んでた方が嬉しかった?」

シンジ「そんな事思ってないよ!」

アスカ「どうだか」

シンジ「昨日はどこで夜を過ごしたんだよ?」

レイ「……」

手を繋いでいるシンジとレイ

アスカ「……」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:23:24 ID:2JDHBNyk


アスカ「どこに行ったかなんてあんたには関係ないじゃない!」タタタ

シンジ「アスカ!?」

レイ「碇君、痛い」

シンジ「あ、ご、ごめん」

アスカ(……あーもう!)タタタ

シンジ(アスカ……)

レイ「……」





マヤ「パターン青!使徒です!」

ミサト「こんな時に……」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:23:54 ID:2JDHBNyk


ミサト「この前仕留め損ねた奴ね」

リツコ「今のシンジ君とレイの現状の原因を作った使徒ね」

ミサト「あの使徒を倒せばレイが元に戻るかもしれないわね」

ゲンドウ「総員第一種戦闘配置」ウイーン

ミサト「エバー各三機出撃用意!」

青葉「それなんですが……」



シンジ「……」

レイ「……」

手を繋いでいるシンジとレイ

日向「どっちに入れます?」

ミサト「……はぁ」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:24:15 ID:2JDHBNyk


ミサト「とりあえず初号機に二人とも入れて!」

マヤ「はい!」

リツコ「それしかないわね」

シンジ「あの……綾波と一緒にエヴァを動かすんですか?」

ミサト「アスカともやった事あるでしょ?」

シンジ「は、はい……」

レイ「……」

リツコ「初号機の性能はガクっと落ちるわよ」

ミサト「弐号機だけで戦うつもりでいった方がいいわね……」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:24:39 ID:2JDHBNyk


ミサト「というわけでアスカ!頼むわよ!」

弐号機「あんな使徒私ひとりだけで楽勝よ!」

ミサト「初号機は弐号機の援護!」

初号機「はい!」

「あ、ごめん綾波変なとこ触っちゃって」

「今は使徒との戦闘に集中しましょう」

「そ、そうだね」

弐号機「……」イライラ

使徒「がおー!」

弐号機「!?」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:24:57 ID:2JDHBNyk


ミサト「バカ!何やってんの!」

マヤ「弐号機ふるぼっこにされています!」

使徒「がおー!」

弐号機「くっ!」

ミサト「アスカ!反撃して!」

弐号機「わかってるっちゅーの!」

使徒「がおー!」

弐号機(こいつこの前取り逃がした使徒よね……)

弐号機(こいつにふるぼっこにされてからファーストは……)

マヤ「弐号機なおもふるぼっこにされています!」

ミサト「なんで!?」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:25:17 ID:2JDHBNyk


リツコ「また取り逃がしちゃったわね」

ミサト「もう!何やってのアスカは!」



アスカ「いてて……」

シンジ「アスカ!」

アスカ(シンジ……)

シンジ「大丈夫!?アスカ!」

レイ「碇君、待って……」

シンジ「あ、ごめんね綾波、大丈夫?」

レイ「一緒に行きましょう」

アスカ「……」

アスカ(くそ……何でなんともないのよ……) 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:27:32 ID:2JDHBNyk


その日の夜 ミサトの家

ミサト「では今日も三人仲良くお風呂に入りましょうか音符」

レイ「はい」

シンジ「うう……」

アスカ「……」

ミサト「アスカも一緒に入る?」

アスカ「はぁ!?何で私がバカシンジなんかと!」

ミサト「素直じゃないんだから」

アスカ(別に寂しくなんか……ない……) 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:28:05 ID:2JDHBNyk


アスカ「……はぁ」

アスカ(……あれ?)

アスカ「あ……ぐっ……」

アスカ(え?なにこれ?苦し……)

シンジ「アスカ?」

アスカ「あが……がっ……」

シンジ「アスカ?どうしたの?」

ミサト「まさか……」

アスカ「……」タタタ

ぎゅっ

シンジ「!?」

アスカ「はぁ……はぁ……シンジィ……」スリスリ

シンジ「ええええええ!!?」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/06(木) 20:28:57 ID:2JDHBNyk


ミサト「あちゃー、アスカまでなっちゃったかー」

シンジ「ア、アスカ?何やってるんだよ?」

アスカ「うっさい、はー極楽極楽ぅ」スリスリ

レイ「……」

レイ「……碇君」スリスリ

シンジ「綾波!?」

ミサト「よし、こうなったら四人一緒にお風呂入りましょうか♪」

アスカ「仕方ないわね」スリスリ

レイ「それしかないわ」スリスリ

シンジ「もう駄目だよ!体がもたないよ!助けてよ!誰か僕を助けてよ!」 


35 :無断転載禁止 ◆MutIeDmrIg:2012/12/06(木) 20:30:54 ID:2JDHBNyk


翌日 ネルフ


青葉「おい離れろよ!」スリスリ

日向「お前からくっついてきてるんだろ!?」


加持「ははは、まいったなこりゃ」スリスリ

ミサト「あーもう!暑苦しい!」


ゲンドウ「……」スリスリ

冬月「……」


マヤ「せんぱい……せんぱい……」スリスリ

リツコ「……みんなに伝染するとはね」

おわり