1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:21:26 ID:ZlTwAeqc
コナン「へー…どこ情報だよそれ?」

光彦「ネットです!」

コナン「正直信用ならねーと思うけどなぁネットの情報なんて」

光彦「まあまあやってみましょうよ! 試しに!」

コナン「そうだなー…(本当に効果あるなら蘭にやってみたいしな…)」

コナン「機会があったらやってみっか」

引用元: 光彦「女性は頭をポンポンされると喜ぶそうですよ!」 

 

名探偵コナン 88 (少年サンデーコミックス)
青山 剛昌
小学館 (2015-12-18)
売り上げランキング: 32
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:25:17 ID:ZlTwAeqc
~事件が起こり捜査中~

コナン(俺の推理が正しければ、この近辺にアレがあるはず…だが見つからねえ)

コナン(となると……)

歩美「コナン君! これ見て!」

コナン「!! これは……! 歩美ちゃん! これをどこで見つけた!?」

歩美「台所の下だよ!」

コナン「よし、これがあれば証拠に…(あ、今だったらできるんじゃねえか?)」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:28:17 ID:ZlTwAeqc
コナン「すごいぞ歩美ちゃん! これで犯人を捕まえられる!」アタマポンポン

歩美「えへへ~」メスガオ

コナン(おお!)

~解決後~

コナン「ふぅ、一件落着だな」

光彦「コナン君! 見てましたよ、頭ポンポン!」

コナン「おう光彦! 効果覿面だったな!」

光彦「う~ん、でも歩美ちゃんですからねえ」

コナン「?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:33:26 ID:ZlTwAeqc
光彦「正直言って歩美ちゃんじゃ難易度が低いですよコナン君。性格的にも、普通に喜びそうじゃないですか」

コナン「む…言われてみれば」

光彦「ここはやっぱり灰原さんにやりましょう」

コナン「ええ~…灰原だぞ? さすがに効果ねえだろ…あいつの機嫌損ねると面倒臭ぇし」

光彦「大丈夫ですよ、ネットの情報は絶対です!」

コナン「いやオメーその考えは改めた方がいいぞ…ともかく嫌だよ灰原にやるのは」

光彦「コナン君の探究心はそんなものなんですか? それでも探偵ですか? ねえ?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:39:59 ID:ZlTwAeqc
コナン「あ?」

光彦「眉唾な情報でも実際に検証してみて確かめる……こんなの捜査の基本じゃないですかねぇ……?」

コナン「ニャロー…ああわかったよやってやろうじゃねえか見てろよ!」

光彦「さすがコナン君です! 期待してますよ! HAHAHAHAHA!!」

コナン(すっげームカつく……)

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:43:49 ID:ZlTwAeqc
~翌日、事件が起こり捜査中~

コナン「フム……」

灰原「何か引っかかってるみたいね」

コナン「ああ……大体見当はついているんだが……あの人がこれを行うためにはどうしても」

灰原「そうね……待って、この方法を使ったなら、どうかしら」

コナン「!! なるほど! それなら…(あ、今いけるな…でもな…)」

灰原「あと問題になるのは証拠ね…」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:47:09 ID:ZlTwAeqc
光彦(何をやっているんですかコナン君、さあ早く!)

光彦(灰原さんの頭をポンポンしてドン引きされてください!)

光彦(歩美ちゃんはコナン君が好きなんだから喜ぶのは当たり前なんです!)

光彦(ちょっと仲が良いくらいのお二人ならばこれによって距離が空く可能性大!)

光彦(僕が入り込む隙が生まれます!)

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:50:08 ID:ZlTwAeqc
コナン(クソッ、俺も探偵だ、やってやるぜ!)

コナン「サンキュな灰原、これで一気に進展したぜ!」アタマポンポン

光彦(やりやがりました!!! さあ灰原さん! 勢いよく振り払って…!)


灰原「な、何よ……///」


光彦「!!!!?????」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:56:07 ID:ZlTwAeqc
灰原「何のつもり……? ちょっと生意気なんじゃない?」メスガオ

光彦(な……な……)

コナン「あ、悪ィ、すげー詰まってたからちょっと興奮しちまって…」

灰原「そう……ほら、証拠探すんでしょ? 手伝うわよ」ウットリ

光彦(なんですかこの雰囲気は!! まさか、ネットの情報は本物だったということなんですか!?)

光彦(だったら…だったら…!)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 17:58:55 ID:ZlTwAeqc
~解決後~
コナン「おい光彦ー、灰原にはあんまり効果なかったぞ。機嫌は損ねなかったみてーだけど」

光彦「いえ効果覿面でしたよコナン君」

コナン「え、そうなのか? 全然そうは見えなかったけど」

光彦「まあ予定とは違いますがありがとうございましたコナン君。お陰でいいデータが取れましたよ」

コナン「お? おお、そうか」

光彦(頭ポンポンをすれば女性の好感度が上がる…ふふふ、明日から早速やりまくりますよ!)

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:04:35 ID:ZlTwAeqc
~翌日~

阿笠「いやー、昨日は哀君の機嫌が良くてのぅ、久しぶりにたっぷり肉が食えたわい」

コナン「へー(光彦の言う通りやっぱり効果あったんだな)」

灰原「あら工藤君、来てたの? 丁度良かったわ、解毒剤の新しい試作品が出来たの。試さない?」

コナン「本当か!? 試すよ試す試す!」


新一「おお……今回は意識を保ったまま元に戻れたな……」

灰原「試みは成功したみたいね……効き目は8時間くらいだと思うわ」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:06:17 ID:ZlTwAeqc
新一「そっか。いやーやっぱ元の体はいいなぁ!」

灰原「……」ジー

新一「博士より背も高いし!」

阿笠「ほっとけ」

灰原「……」ジー

新一(なんか視線を感じる)

灰原「……」ジー

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:08:55 ID:ZlTwAeqc
新一「……なんだよ?」

灰原「……別に」ソワソワ

新一(あ、そうだ。どうせだし機嫌良くしてもらうか)

新一「ありがとな灰原、すげー良い出来だぜ今回の!」ポンポンナデナデ

灰原「……///」プイッ

新一(あれ、今回は効果微妙?)

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:14:39 ID:ZlTwAeqc
灰原「博士、今日もお肉食べていいから」

阿笠「ヤッフゥーイ! 哀君がご機嫌だと良いことがたくさんじゃのう!」

新一(効いてるみてぇだ……あの灰原にも効果があるとか、すげーな頭ポンポン。ネットも馬鹿にならねーぜ)

新一(そうだ、せっかく元の体に戻ったんだし、蘭に会いに行きてえな)

新一「…おい、博士」

阿笠「ん? どうした新一」

新一「灰原はああ言ったけどやっぱ蘭に会いに行きたいんだ。こっそり裏から出てくから、上手く家の中に居るって誤魔化してくれねーか?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:17:34 ID:ZlTwAeqc
阿笠「そうじゃのう、蘭君も寂しがってるじゃろうし。良いだろう、ただし、気を付けるんじゃぞ」

新一「サンキュー博士。行ってくるぜ」

灰原「あら工藤君、どこ行くのよ」

新一「ああ、ちょっとトイレにな。あとすげー眠いから博士の部屋で寝てくるわ」

灰原「ふぅん……工藤君の分も作っておくわよ」

新一「おう、サンキュー」

阿笠「いやー楽しみじゃのう二日連続で肉が食べられるなんて何か月ぶりじゃろうのう!」

ピンポーン

阿笠「む? お客さんか?」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:20:24 ID:ZlTwAeqc
阿笠「誰かね?」

光彦『僕です! 光彦です!』

阿笠「おお光彦君か、上がりなさい」

光彦「すみませんねこんな時間に」

阿笠「構わんよ。で用件はなんじゃね?」

光彦「この間忘れてしまったゲームを取りに来たんです。姉がどうしても今やりたいと言うものですから」

阿笠「おおそうかそうか、どれのことかのう」

光彦「確かソファの前に…て、あれ、なんですかこの散らかりよう! 探さなきゃ…」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:24:55 ID:ZlTwAeqc
阿笠「すまんのう、昨晩は役所に提出せにゃならん大事な書類を探していたもんじゃから…」

光彦「なら仕方ないですね……うーん、どこにあるんでしょう」ガサゴソ

灰原「円谷君のゲームなら、まとめて引き出しに入れておいたわよ。ほら」

光彦「あっ、ありがとうございます灰原さん!(あっ、今はチャンスですね!)」

光彦「助かりましたよー本当にありがとうございます!」アタマポンポン

灰原「……」

光彦「灰原さんには感謝しても感謝してもウフフいつもお世話になっていてムフフ」ナデナデ

灰原「……」ペシッ

光彦「……アレ?」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:29:55 ID:ZlTwAeqc
灰原「時間も遅いし、早めに帰った方がいいわよ」

灰原「あと円谷君、無暗に女性の髪には触れない方がいいわ。忠告で済ませるだけありがたいと思ってね」

光彦(どういう…ことなんですか…ネットの情報は本物だったはず…でもコナン君の時には……ハッ!)

『歩美ちゃんはコナン君が好きなんだから喜ぶのは当たり前なんです!』

光彦(まさか……まさかそんな……灰原さんまで……コナン君のことを……)

光彦「う…う…うわあああああああああああああああああああああああああああ!!!」

阿笠「……事情は聞いたぞ光彦君。わしの頭なら貸してやるぞい」

光彦「何でそんなことする必要があるんですか……それに博士の場合、頭ペシペシになっちゃいますよ」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 20:09:49 ID:ZlTwAeqc


灰原「……あと博士、やっぱり今晩は野菜オンリーにするわ」

阿笠「にゃにぃいいいいいいいいいいいいいいいい!!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/12/07(月) 18:33:35 ID:ZlTwAeqc
~一方、毛利探偵事務所前~

蘭「新一! 新一なのね!」

新一「よう、久しぶりだな蘭。元気にしてたか?」

蘭「元気にしてたかじゃないわよ! 私心配で心配で……」

新一「おいおい泣くなよ…(よし、今だ……!)」

新一「心配かけて悪かったな、ら――」アタマグサァ

蘭「え…?」

新一「ん……? 俺の手、なんで、貫通して……」ドクドク

蘭「新一ぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!」


END