1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:39:41.24 ID:TwBw9YRA0
まどか「さやかちゃん、一緒に帰ろー」

さやか「ちょっと今日は用事があって……」

まどか「上条君?」

さやか「あちゃー。バレてるかー。新しいCD買ったから聴かせてあげようって思って」

まどか「そうなんだ……」

さやか「じゃあねまどかー」タタタッ

まどか「……」

引用元: まどか「はぁ……さやかちゃん上条君のこと好きなんだ……」 

 

魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-01-14)
売り上げランキング: 3,453
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:40:16.59 ID:TwBw9YRA0
まどか「わたしも一緒に行っちゃダメ? って言い出せなかったなぁ……」

まどか「さやかちゃんばっかりズルいよ……。幼馴染だからって……」

QB「願い事が決まったのかい?」

まどか「あ、QB……。そういうわけじゃないんだけどね」

QB「悩み事かい? 僕に出来る範囲なら相談に乗るよ?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:42:32.96 ID:TwBw9YRA0
まどか「……実は好きな男の子がいるんだけど……」

QB「うん」

まどか「今は事故で入院しててね……。さやかちゃんがお見舞いに行っているんだ」

QB「なるほど。で、何が問題なんだい?」

まどか「さやかちゃんが上条君のこと好きなのは皆知っているんだよ……」

QB「まどかは、自分の知らないところで上条恭介とさやかが会っているのが不安だと」

まどか「そう……なのかな? 多分……」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:45:17.89 ID:TwBw9YRA0
QB「そこまで心配するには及ばないんじゃないかな」

まどか「え?」

QB「上条恭介は入院しているんだろう? 彼とて好きでさやかと会っているわけじゃないかもしれない」

まどか「さやかちゃんからの一方通行ってこと……?」

QB「その可能性は否定できないんじゃないかな。僕は感情が分からないから何とも言えないけど、
   その恋愛というものにおいて、相手への好意を隠したり、何も行動を起こさないのは、
   非効率的だと言わざるを得ない」

まどか「そうなの……?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:48:11.42 ID:TwBw9YRA0
QB「上条恭介がまどかのことを好きだという可能性はあるのかい?」

まどか「多分、ないかな。実はあまり話したこともないし……」

QB「なら、何もしないのはますます不合理だ。今までの関係が薄いなら、
   積極的な行動によってまずは恋愛対象として意識させないと」

まどか「言われてみればそうだね……」

まどか「ありがとうQB! わたし、何か分かった気がするよ!」

QB「君たちはまだ第二次性徴期の少女だ。今過ちを犯すことを恐れるなんて、わけがわからないよ」

まどか「うん。じゃ、行ってくる!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:53:30.11 ID:TwBw9YRA0
恭介「さやかは僕をいじめているのかい?」

さやか「え?」

恭介「聴きたくないんだよ、自分で弾けもしない曲なんか! もう帰ってくれ!」

さやか「ええー!? ……じゃあとりあえず帰るよ……」

恭介「(怒鳴ってしまった……。さやかにも悪気はないんだろうけど……)」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:55:46.18 ID:TwBw9YRA0
コンコン

恭介「……? さやかかな? どなたですか?」

まどか「ウェヒヒ、上条君。お見舞いに来たんだけど、お邪魔だったかな……?」ガチャ

恭介「鹿目さん? いや、とんでもない。お見舞いに来てくれて嬉しいよ」

恭介「鹿目さんが一人で来るなんて珍しいね」

まどか「そ、そうかな……? あ、上条君。これお見舞いの品なんだけど」

恭介「(マンガ……? それもギャグマンガだ)」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 20:59:23.95 ID:TwBw9YRA0
まどか「上条君はマンガとか読まないかな?」

恭介「いや、そんなことは……」

まどか「入院生活は退屈かなって思って。趣味に合わなかったらごめんね」

恭介「……ううん。ありがとう」

まどか「ティヒヒ!」

恭介「(こういう差し入れの方が現実を忘れられていいな……)」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:02:19.71 ID:TwBw9YRA0
まどか「じゃあ、お邪魔しました」

恭介「今日は本当にありがとう。またいつでも来てくれ」

まどか「! う、うん! じゃあね」バタン

まどか「(上条君にまた来てって言われちゃった!)」キャー

----------------------------------------------------------------

QB「どうだったかな?」

まどか「いい感じだったよ! ありがとうQB。わたし、ハシャイジャッテ!」

QB「まあそんな感じでどんどんアピールするといいよ」

QB「おや、さやかが僕を呼んでいるみたいだ。まどか、ちょっと失礼するよ」

まどか「うん」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:05:41.23 ID:TwBw9YRA0
さやか「QB。わたしの願い事、決まったよ!」

QB「……」

さやか「わたしは恭介の腕を治したい!」

QB「……」

さやか「魔法少女が大変だってことは分かってる。でも、それでも叶えたい願いがあるから!」

QB「……いや、さやか」

さやか「何よ」

QB「悪いが今休業中でね。また今度にしてくれ」

さやか「はぁ!?」

QB「じゃあね」

さやか「」ポカーン

QB「(いくら僕でも、こんな野暮なことはしたくないよ)」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:08:43.30 ID:TwBw9YRA0
まどか「QB、さやかちゃんは何て?」

QB「いや、たいしたことじゃなかったよ」

翌日

さやか「……はぁ」ドヨーン

まどか「おはよーさやかちゃん!」

さやか「あ、まどか……おはよ……」

まどか「?? さやかちゃん、何だか元気ないね」

さやか「うん、ちょっとね……。そういうまどかは元気そうだね……」

まどか「うん、ちょっとね!」ティヒヒ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:12:04.28 ID:TwBw9YRA0
学校

和子「えー、皆さん。来週から、怪我で入院中の上条君が学校に来ることになりました」

まどか「!!」

和子「残念ながら腕は完治しなかったそうだけど、日常生活を送れるくらいには快復したそうです。
   皆は上条君がいない間学校でなにがあったのか教えてあげましょう」

さやか「……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:14:54.26 ID:TwBw9YRA0
まどか「ティヒヒヒ!」

ほむら「……」

まどか「あ、ほむらちゃん!」

ほむら「まどか、誰もいない廊下で笑うなんて、熱でもあるのかしら」

まどか「見てたんだ。恥ずかしいな。でも、嬉しいことがあったから」ウェヒヒ

ほむら「ひょっとしてそれは、上条恭介の退院……かしら?」

まどか「!」

ほむら「もしそうなら忠告しておくわ。あまり浮かれ過ぎないようにね」クルッ

まどか「(……ほむらちゃん?)」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:17:33.53 ID:TwBw9YRA0
いつぞやのループ

ほむら「(美樹さやかの魔女化の原因はだいたい上条恭介にあるようね……)」

ほむら「(今回は上条恭介の情報集めに徹しようかしら……)」

ほむら「(……)」

ほむら「(……なんてことをしているうちに惚れてしまった)」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:25:05.57 ID:TwBw9YRA0
現ループ

ほむら「(見てるだけで惚れるなんて……わたしストーカー気質なのかしら)」

ほむら「(このループではまだ上条恭介と話さえしたことがない……)」

ほむら「(チャンスがあるとすれば彼が登校してきてからね)」

ほむら「(まさかまどかが恋敵になるなんて……。でも、たとえ相手があなたでも全力でいかせてもらうわ!)」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:26:18.79 ID:TwBw9YRA0
上条恭介の登校初日

恭介「(松葉杖で歩くのには随分時間がかかりそうだな……)」

プップー

恭介「(車!? 赤信号なのに! 駄目だ、この身体じゃ避けられない!)」

恭介「(……。生き……てる……?)」

マミ「危なかったわね。でももう大丈夫」

恭介「あなたが僕を……?」

マミ「身体を悪くしているのかしら。よかったら学校まで送って行くわ」

恭介「あ、ありがとう……ございます……」

マミ「わたしは見滝原中の三年生、巴マミ」

恭介「ぼ、僕は二年の上条です……」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:26:43.44 ID:TwBw9YRA0
学校

まどか「」

さやか「まどかー? 上の空だけどどうかしたー?」

まどか「」

さやか「……?」

まどか「(マミさんと上条君が一緒に学校に来てた……。どういうこと!?)」

ほむら「まどか。元気が無いようだけど」

まどか「……」

ほむら「(まさかここで巴マミと上条恭介の接点が出来てしまうとは……誤算だったわ)」

さやか「??」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:27:04.11 ID:TwBw9YRA0
QB「(全く、何をやっているんだ。まどか)」

まどか「(QB?)」

QB「(マミがどうとかじゃなくて、まずは君が上条恭介に話しかけてあげるべきだろう?)」

まどか「(あ……。そうだね、QB。わたし、大事なことを忘れてたよ!)」

QB「(せっかく同じ学校なのに話さないなんてもったいないじゃないか)」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:35:32.53 ID:TwBw9YRA0
まどか「上条君?」

恭介「ああ。鹿目さん」

まどか「ティヒヒ、退院おめでとう!」

恭介「ありがとう。前差し入れてくれたマンガ、とても面白かったよ」

まどか「ウェヒヒ、よかった!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:38:08.73 ID:TwBw9YRA0
QB「本星ですか? はい。営業部地球管轄のQBです。はい。
   いえ、実はこの星で大変興味深い感情の活動が認められまして。
   はい。恋愛感情というものです。僭越ながら自分としてはもう少し観測を続けたいと。
   ……ありがとうございます。あ、そういうわけなのでワルプルギスの発注はキャンセルということに。
   はい。ソウルジェムの濁りシステムも停止ということで。……ご理解、感謝します」

QB「さて、障害はなくなった」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:42:19.23 ID:TwBw9YRA0
まどか「(こんなので良かったのかな……?)」

QB「(まどか、今上条恭介と話して楽しかったかい?)」

まどか「(え、うん。そりゃ……///)」

QB「(ならそのままでいい。僕は別に打算があって君にアドバイスしているわけではないよ。
    君たちはまだ若いんだから、自分が一番幸せを感じるように行動してごらん)」

まどか「(そ、そうだね! ありがとうQB!)」

QB「(まどかの長所はその純真無垢さでもあるんだ。あんまり恋敵を蹴落とそうなんて考えない方がいい)」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:46:01.93 ID:TwBw9YRA0
放課後

まどか「(さやかちゃん、話ってなんだろう……)」

さやか「おーまどか、ごめんごめん」

まどか「あ、さやかちゃん。話って?」

さやか「……。こんなところで話すのもなんだから、喫茶店でもいこうか!」

まどか「う、うん。
    (たぶん、上条君絡みだよね……)」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:53:05.60 ID:TwBw9YRA0
喫茶店

まどか「じゃあ話を聞くよ!」

さやか「あ、うん。実は……」

まどか「うん」

さやか「あの……その……」

まどか「上条君のこと、かな?」

さやか「!! ……いやー。やっぱりあたしとまどかの仲じゃ分かっちゃいますかー」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:56:27.42 ID:TwBw9YRA0
さやか「あたしが恭介の見舞いに行ってたのは知ってるでしょ?」

まどか「うん。(そりゃね……)」

さやか「恭介、音楽好きだからさ。CD買って聴かせてあげてたんだけど……。
    『弾けもしない曲は聴きたくない』って怒られちゃってね」

まどか「……」

さやか「あれから話してないんだ……。恭介、せっかく退院できたのに……」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 21:58:28.66 ID:TwBw9YRA0
まどか「か、上条君も本気でさやかちゃんのこと嫌いになったわけじゃないと思うよ!」

さやか「本当?」

まどか「うん。怪我でヴァイオリン弾けなくなって落ち込んで、少しイライラしてただけだよ。
    上条君の方もさやかちゃんと気まずくなって困ってると思うよ!」

さやか「そうか……そうだね。まどか、ありがとう。あたし、話しかけてみるよ」

まどか「頑張って。さやかちゃん!」

まどか「(……)」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:04:10.19 ID:TwBw9YRA0
恭介「(……松葉杖での下校も楽じゃないな)」

恭介「っ!」グラッ

ほむら「大丈夫ですか?」ガシッ

恭介「あ、ありがとう。君は確か……」

ほむら「上条君が入院している間に転向してきた暁美ほむらっていいます。
    あ、ごめんなさい! 腕掴んじゃって……」パッ

恭介「いや、気にしないで……」

ほむら「あの、家どっちの方向ですか……?」

恭介「あっちだけど……」

ほむら「わ、わたしもそっちなんですけど……。良かったら一緒に帰りませんか?」

恭介「え? う、うん」

QB「(……)」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:07:37.64 ID:TwBw9YRA0
QB「(まさか暁美ほむらがあそこまで積極的とは……)」

QB「(なんか眼鏡かけてイメチェンしてるし……。あの口調も、あざといったらないよ)」

QB「(ああいう露骨なブリッ子も中学くらいだとモテるらしいからなぁ……)」

QB「(まどかに伝えたいところだけど、それもルール違反だしね)」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:11:51.08 ID:TwBw9YRA0
夜 まどかの家

QB「まどか、さやかから何か相談を受けていたみたいだけど」

まどか「うん。それが上条君の恋愛相談でね……」

QB「ほう」

まどか「さやかちゃん、上条君と少し喧嘩しちゃったらしいの。
    だから、頑張って話しかけてみようよって言ってあげたよ」

QB「(恋敵の背中を押すような真似……純真無垢なのが長所とは言ったけど)」

QB「ま、まどか。明日からはちょっと上条恭介への接し方を変えてみてはどうかな?」

まどか「?」

QB「ハッキリ言って、今までの会話では君は『友達』としか認識されていない。
   そろそろそれを『異性』へと変える必要があるんじゃないかな」

まどか「でも、どうすればいいのか分からないよ……」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:14:58.45 ID:TwBw9YRA0
QB「なに、些細なことでいい。ちょっとしたことで『上条君大好き』と言ってみるとか」

まどか「さ、些細じゃないよそんなの!///」

QB「好意を隠すのは為にならないと言っただろう?」

まどか「でも……」

QB「恋話をもちかけるのもアリだね。ベタなところだと『上条君って今彼女いるの?』とか」

まどか「そんなこと訊いたらふしだらな子だって思われちゃうよ」

QB「そんなことはない! どうせ上条恭介の方がもっとふしだらなんだから」

まどか「?」

QB「い、いや。とにかく、ある程度のアピールはすべきだ」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:20:38.53 ID:TwBw9YRA0
翌日 学校

まどか「(あ、上条君……)」

まどか「上条く……あっ」


マミ「そう」

恭介「あ、ありがとうございます」

マミ「またいつでも声かけてね」

恭介「はい!」

まどか「……」

恭介「あ、鹿目さん」

まどか「(上条君、マミさんと話してた……。あ、そうだこんなときこそ!)」

恭介「鹿目さん?」

まどか「い、今の人って上条君の彼女?///」

恭介「えっ……///」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:23:01.44 ID:TwBw9YRA0
恭介「ち、違うよ! 登校中事故に遭いそうになったのを助けてもらって……」

まどか「(あ、そういうことか)」ホッ

恭介「それにしても、鹿目さんがそんなこと訊いてくるなんて意外だなぁ」

まどか「そ、そう?///」

恭介「結構そういうの疎い天然さんかなって思ってたから」

まどか「ひ、ひどいよ上条君!」ガーン

恭介「ははは」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:27:25.31 ID:TwBw9YRA0
屋上

マミ「で、話って何? 暁美ほむらさん」

ほむら「これ以上上条恭介に近づかないで」

マミ「? 暁美さん上条君と知り合いなの?」

ほむら「知り合いも何も、同じクラスよ。あなた、上条恭介と一緒に登校してたでしょう」

マミ「確かにそうだけど……。あれは彼が一人で歩くのがつらそうだったから」

ほむら「あなたは上条恭介を自分の彼氏へと誘導している」

マミ「!? ……ふうん、自分より強い相手は邪魔者ってわけ? いじめられっ子の発想ね」

ほむら「……忠告はしたわ」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:29:43.89 ID:TwBw9YRA0
マミ「(ホントに何でもないんだけどね。上条君……そういえば美樹さんって……)」

マミ「(ふふっ。なるほどね)」

マミ「(暁美さんにひと泡ふかせるのも面白いかもね……)」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:33:02.76 ID:TwBw9YRA0


まどか「ふえぇ……」

QB「まどか。元気がないね」

まどか「やっぱりわたしって異性として見られてないのかなぁ……」

QB「何かあったのかい?」

まどか「上条くんがわたしのこと恋愛とか疎い天然だと思ってたって……」

QB「確かにそれはマズいね。でもこれは逆にチャンスだ。それならもっと露骨にアピールしても平気だよ」

まどか「もっと露骨にって……」

QB「デートに誘うとかどうかな?」

まどか「!? 付き合ってないのにデートとか、そんなの絶対おかしいよ!」

QB「やれやれ。君はその中学生みたいな恋愛観をさっさと捨てるべきだね」

まどか「中学生なんだけどね……」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:34:57.72 ID:TwBw9YRA0
一方マミ宅

マミ「美樹さんがお見舞いに行ってる男の子、上条君と言ったわね?」

さやか「え? あ、はい」

マミ「実は最近彼と触れ合う機会があったのだけど……」

さやか「!?」ガタッ

マミ「安心して。とって食べたりはしないわ」クスクス

さやか「う……」

マミ「わたしは美樹さんの味方よ」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:39:31.48 ID:TwBw9YRA0
翌日

店員「680円でーす」

まどか「はい」

店員「これどうぞ」

まどか「?」

店員「500円以上のお客様に、福引券をお渡ししているんです」

まどか「へえ……」

店員「一等賞はネズミーランドのペアチケットですよ」

まどか「! ……まさかね」

カランカラーン

店員「おめでとうございます! 大当たり!」

まどか「」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:42:19.92 ID:TwBw9YRA0
QB「まどか。ネズミーランドのペアチケットを当てたようだね」

まどか「う、うん。まさか当たるなんて……」

QB「で、それどうするんだい?」

まどか「うーん……。そうだ! QB一緒に行こうよ!」

QB「僕はそんなものがなくても入れるし、他の人には見えないんだから、
   まどかが一人でネズミーに行っているように見えるよ」

まどか「そっか。じゃあ……さやかちゃんとかかな?」

QB「やれやれ。こんなチャンスを棒に振るなんてどうかしてるよ」

まどか「どういうこと?」

QB「誘うべき相手なんて一人しかいないじゃないか」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:46:27.47 ID:TwBw9YRA0
さやか「マミさん、本当にいいんですか? ネズミーランドのペアチケットなんてもらっちゃって」

マミ「ええ。もらいものだから。それに、わたしにはネズミーランドに行く暇も友達もいないし……」

さやか「……」

マミ「さ、頑張って誘いなさい」

さやか「マミさん! 次はわたしがマミさんを誘ってあげますよ!」

マミ「ふふ、ありがと」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:52:15.63 ID:TwBw9YRA0
学校

まどか「QB……わたし、頑張るよ」

QB「その意気だよ。まどか」

まどか「上条君は……あ、いたいた。ん……?」


恭介「ありがとう」

さやか「じゃあねー」

まどか「(さやかちゃん?)
    か、上条くーん」

恭介「やあ、鹿目さん」

まどか「あ、あの……この前コンビニで福引やったらね、ネズミーランドのペアチケットが当たっちゃって……。
    こんどの日曜日、一緒にどうかな、なんて……」

恭介「……あー。……ごめん。こんどの日曜日はもう予定が入ってて……」

まどか「あ……。そ、そうなんだ。ゴメンネ!」サササッ

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 22:57:17.44 ID:TwBw9YRA0
放課後

さやか「♪~」

まどか「さやかちゃん楽しそうだね……」

さやか「いやー、実はマミさんからネズミーのペアチケットもらっちゃいましてねー。
    こんどの日曜日恭介と一緒にいくことになったんだー」

まどか「(こんどの日曜日……)
    そ、そうなんだ! 良かったね!」

さやか「うんうん、もっと祝ってくれたまえー」

まどか「……」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:02:32.12 ID:TwBw9YRA0
ほむら「(上条恭介をこんどの日曜日に食事に誘ったら……もう予定が入っているなんて……)」

ほむら「(しかもその予定っていうのが美樹さやかとのデートですって?)」

ほむら「(美樹さやか……あなたはどこまでわたしの邪魔をすれば気が済むの!?)」

まどか「ほ、ほむらちゃん」

ほむら「! ……何かしら、まどか」

まどか「この前福引でネズミーランドのペアチケットがあたってね、
    よかったらこんどの日曜日一緒にどうかなって」

ほむら「お誘いありがとう。よろこんで行かせてもらうわ」

まどか「ティヒヒ……」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:07:05.11 ID:TwBw9YRA0
日曜日

まどか「楽しいね! ほむらちゃん!」

ほむら「ええ……。
    (まどかと遊べるのは嬉しいけど、ここに上条恭介と美樹さやかが来ていると思うと複雑ね……)」

まどか「ほむらちゃん! 次あれ乗ろー」

ほむら「(そういえばまどかも上条恭介のこと……。まさか)
    ねえ、まどか。ひょっとしてこのチケットって……」

まどか「あ、さやかちゃん!?」

ほむら「!?」

まどか「(やっぱり上条君と……)
    ほ、ほむらちゃん。やっぱ別の乗り物にしよっか」

ほむら「何を言っているのまどか。突撃よ」

まどか「ふえぇ!?」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:11:17.30 ID:TwBw9YRA0
ほむら「あ、美樹さん! それに……上条君。偶然ですね」

まどか「(なんかほむらちゃん、いつもとキャラが違う、ような……)」

さやか「げぇっ! 転校生!? それにまどか!」

恭介「……」

まどか「……。(気まずい……)」

ほむら「それにしても、美樹さんと上条君が一緒に来てるなんて……ひょっとしてデートですか?」

恭介「ははは。そんなんじゃないよ。さやかと僕は幼馴染でね。今回はさやかがチケットをもらったって言うから」

ほむら「そうなんですか! じゃあわたしもまだチャンスあり……って何言ってるんでしょうわたし///」

さやか「(今さくっと女扱いしてない宣言されたような……)」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:13:40.62 ID:TwBw9YRA0
まどか「上条君……わたし、気にしてないから。楽しんでね!」ウェヒヒ

恭介「あ、うん……。すまない」

まどか「気にしないでってば」ティヒヒ

さやか「? 恭介、まどかと何かあったの?」

恭介「いや……」

まどか「ほむらちゃん、あっちの乗り物に行こー」タタタ

ほむら「あ、鹿目さん! 待って下さいよー」タタタ

さやか「(なんか今日の転校生気持ち悪い……)」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:18:19.01 ID:TwBw9YRA0


まどか「うああああああ~ん!!!!」

QB「ま、まあ今回は間が悪かったとしか言いようがないよ……。
   (さすがに慰めの言葉もない……)」

まどか「上条君がああああさやかちゃんとおおおお」

QB「ま、まどかが嫌われたわけじゃないし、落ち込むことはないよ」

まどか「うわあああああああんん!!」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:21:48.06 ID:TwBw9YRA0
翌日 喫茶店

さやか「……何? 話って」

仁美「実はわたくし、上条恭介君のこと、お慕いしておりましたの」

さやか「!? へ、へえ~。恭介も隅におけないな~」ハハハ

仁美「さやかさん、わたくし、抜け駆けするような真似も、卑怯な真似もしたくないんですの」

さやか「な、何の話をしているのさ」

仁美「上条君のことを見ていた時間はさやかさんの方が上ですわ。あなたにはわたくしの先を越す権利があるべきです」

さやか「……」

仁美「あなた自身の、本当の気持ちと向き合えますか」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:30:38.25 ID:TwBw9YRA0


さやか「まどか……仁美が恭介に告白するって」

まどか「……」

さやか「このままじゃ仁美に恭介をとられちゃうよ……」

まどか「……あのさあ」

さやか「!?」

まどか「一日待ってくれるって言ってるんだから、さやかちゃんが先に告白すればいい話だよね?」

さやか「で、でもそんなことして嫌われたら怖いし……」

まどか「さやかちゃんのヘタレ!」

さやか「!?」

まどか「そんなんだからいつまで経っても女の子扱いされないんだよ!
    嫌われちゃう!? 嫌がらせみたいにCD聴かせまくってた時点で十分嫌いメーター吹っ切れてるよ!
    今更そんなこと気にしてる暇があったら、さっさと告白しなよ!」

さやか「まどか……」

まどか「さやかちゃんに後悔してほしくないの……だから」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:34:18.95 ID:TwBw9YRA0
さやか「ありがと、まどか。あたし、目が覚めた! いっちょ恭介に告白してくる!」

まどか「さやかちゃんなら大丈夫! 頑張って!」

さやか「うん!」タタタッ

QB「……良かったのかい? まどか」

まどか「仁美ちゃんじゃないけど、やっぱり上条君にはさやかちゃんがふさわしい気がして……」

QB「仮にさやかが駄目でも、その次には志筑仁美が彼に告白する。
   上条恭介がどちらも振る可能性は極めて低いだろう」

まどか「分かってるよ……。でも……」グスッ

QB「まどか……」

QB「(まさか志筑仁美というダークホースが出現するとは……。
    でも、もう一人のダークホースも動き始めたみたいだ)」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:39:26.12 ID:TwBw9YRA0
次の日 学校

まどか「はあ……」

ネーシッテルー? 

   アーアレデショー

 ナンカミキサンガカミジョウクンニコクハクシタッテー
  
      ケッカハドウナッタノ?

          モチロンフラレタッテー

 マジデー?
 
       ハハハハ

まどか「さやかちゃんのことが、噂になってる……?
    それに、振られたって……」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:42:53.89 ID:TwBw9YRA0
屋上

マミ「どういうことかしら、暁美さん」

ほむら「何も言うことはないわ」

マミ「いくらなんでも美樹さんが可愛そうよ!
   それに……こんな状態じゃ、その志筑さんって子も告白できない……」

ほむら「……若干の賭けではあったわ。でも、美樹さやかならまあ振られるだろうという予想は当たったわね」

マミ「どうしてそんなことが分かったのかしら?」

ほむら「統計よ」

マミ「そう……。なんにせよ、わたしの可愛い後輩へのあの仕打ち、許すわけには行かないわね」

ほむら「……あなたとは戦いたくないのだけど」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:47:45.87 ID:TwBw9YRA0
まどか「ほむら……ちゃん……?」

ほむら「まどか!?」

マミ「鹿目さん!」

まどか「ほむらちゃん……なの? さやかちゃんが振られた噂を広めたのは……」

ほむら「……」

まどか「わたし、信じたくないよ? でも、上条君や仁美ちゃんがそんなことするわけないって知ってるから……」

ほむら「ごめんなさい、まどか。わたしも上条恭介のことが好きなの」

まどか「だからって! こんなのってないよ! あんまりだよ!」

マミ「そうよ、鹿目さん。暁美さんのしたことは許されることではないわ。だから!」ジャキッ

まどか「やめて!」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:51:21.42 ID:TwBw9YRA0
マミ「鹿目さん……?」

まどか「ほむらちゃん、正々堂々と勝負しよう」

ほむら「まどか……」

まどか「わたし、上条君に告白する」

ほむら「!?」

まどか「何か文句あるかな? ……仁美ちゃんも」

ほむら「……志筑仁美。いたのね」

仁美「……」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:55:42.74 ID:TwBw9YRA0
まどか「わたしより先に告白したい人がいれば、どうぞ」

仁美「……」

ほむら「……」

まどか「……上条君が誰を好きかなんてわからない。でもね、これだけは言えるよ。
    わたしが! いちばん! 上条君のこと好きなの!」

仁美「それは聞き捨てなりませn」

まどか「好き! 好き! 大好きなの!」

仁美「……」

まどか「もう一度訊くよ。わたしより先に告白したい人?」

仁美「構いませんわ。まどかさんの覚悟、伝わってきましたもの」

まどか「ほむらちゃんは?」

ほむら「……」

まどか「決まりだね」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/26(土) 23:58:12.47 ID:TwBw9YRA0
放課後

恭介「(鹿目さんが僕を呼びだすなんて……。さやかのことかな……?)」

まどか「上条君」

恭介「あ、鹿目さん」

まどか「ありがと。来てくれたんだね」

恭介「あ、うん……」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:03:26.68 ID:icL51nAa0
まどか「わたし、うそつきにはなりたくない。だから全部話すね」

恭介「……?」

まどか「わたし、全部知ってたの。さやかちゃんが上条君のこと好きなのも、
    昨日さやかちゃんが上条君に告白したのも、さやかちゃんが振られたのも、みんな」

恭介「鹿目さん……」

まどか「でも、噂を広めたのはわたしじゃない。誓ってもいい。
    こんな状態だから、上条君が他の女の子と話したくないっていうのも、知ってる」

恭介「それって……」

まどか「でも、言うの。もう止められないから。
    ……わたしは、上条君のこと、ずっと好きでした」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:07:54.94 ID:icL51nAa0
恭介「……」

まどか「……」

恭介「……ごめん」

まどか「……」

恭介「鹿目さんは、全部正直に言ってくれたから……僕もちゃんと応えようと思う。
   さやかのこととかは関係なしに、鹿目さんのことをそういう目では見られない」

まどか「……そっか。ごめんね。変な気遣わせちゃって」ティヒヒ

恭介「……こんなこと言うのは虫がいいって分かってるけど、これからも友達としては話してくれるかな?」

まどか「……さやかちゃんにもそう言ったの?」

恭介「……ああ」

まどか「ティヒヒ。上条君らしいね。ありがとう。ずっと友達でいようね」

恭介「……すまない」

まどか「上条君が謝ることないよ。じゃ、またあした」

恭介「……」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:12:13.22 ID:icL51nAa0
数週間後

QB「結局、上条恭介は志筑仁美と付き合っているらしいね」

まどか「うん……」

QB「暁美ほむらは……、君に言われて自分の行いを恥じたらしい。
   彼女にも良心は残っていたのかな」

まどか「……」

QB「まどか、平気なのかい?」

まどか「後悔はしていないよ。わたしが、あれだけ積極的に出られたんだもん。
    ……悲しくないと言えば嘘になるけど」

QB「……」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:14:36.85 ID:icL51nAa0
マミ「美樹さん、少しは元気が出てきたようね」

さやか「そりゃ、振られた直後はショックでしたけどねー。
    今考えると、幼馴染っていう立場に甘んじてたわたしも悪かったなって」

マミ「美樹さん……」

さやか「うーん。やっぱ、仁美じゃしょうがないかなあ。
    幸せになって、くれるよね?」

マミ「ええ、きっと」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:16:22.85 ID:icL51nAa0
ピンポーン

さやか「誰だろう……って、転校生!? 珍しいわね」

ほむら「お邪魔していいかしら」

さやか「マミさーん。転校生が上がりたいらしいんだけど」

マミ「! ……どうぞ」

ほむら「お邪魔します」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:18:55.85 ID:icL51nAa0
さやか「で、あんたは何しに来たの?」

ほむら「美樹さやか、ごめんなさい」

さやか「って! いきなり土下座とかやめてよ! 転校生らしくないじゃん!」

ほむら「あの日、あなたが振られた噂を広めたのはわたしなの」

さやか「……!」

ほむら「あなたにはとても悪いことをしたわ。本当にごめんなさい」

さやか「……あんたも、恭介のことが好きだったんだね」

ほむら「……ええ。もっとも、わたしにはそんな資格もないけれど」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:21:59.90 ID:icL51nAa0
さやか「ふんっ……! 謝るなら恭介に謝りなよ!」

ほむら「え……?」

さやか「あたしは気にしてないって! そんなことより、恭介でしょ」

マミ「暁美さん、美樹さんの言う通りよ」

ほむら「そうですね……。わたし、上条君のところに行ってきます」

マミ「……あの子は大丈夫かしら?」

さやか「恭介のことだもん。きっと許してくれますよ」

マミ「……そうね」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:27:38.00 ID:icL51nAa0
恭介「ねえ、仁美」

仁美「何ですの?」

恭介「今まで黙ってたけど、実は仁美の告白の前後で、さやかと鹿目さんに告白されたんだ」

仁美「だから?」

恭介「いや、隠していてすまない」

仁美「……。そんなの、わたくしたちはとっくに知っていましたわ」

恭介「ええっ!?」

仁美「それに、恭介ですもの。モテないほうがおかしいですわ」

恭介「……」

仁美「だからわたくし、決めてますの。さやかさんや鹿目さんからみても、恭介にふさわしい彼女になるんだって」

恭介「ああ、仁美は最高の彼女だ」チュッ

仁美「ふふっ」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/27(日) 00:32:17.47 ID:icL51nAa0
QB「本星、営業課地球管轄のQBです。一応、一通りの観測が終了しました。
   自分としては鹿目まどかの想いを成就させるつもりだったのですが、どうも一筋縄ではいかないようです。
   やはり人間の感情というのはまだまだ把握できないものだと……。
   ええ。ですから、もう少しこの星での任務を……。ありがとうございます。
   いえ、自分としても……鹿目まどかに恋人が出来るのを見届けたいという思いも……。
   え? そんなことを思うのは欠陥個体? はは、キツいですね。まあ、そういうことで」

QB「ふう。人間の心なんて、わけがわからないよ」

おわり