1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:18:10.58 ID:d2cj5Vw00
QB「マミの作るケーキは美味しいなあ」

マミ「ありがとうキュゥべえ、どんどん食べてね」

QB「もちろんだよ」モグモグ

マミ「紅茶もどうぞ」

QB「ありがとうマミ。砂糖を多めに頼むよ」

マミ「ふふふ、キュゥべえったら子供みたい」

QB モグモグゴクゴク

引用元: ほむら「最初からこうすれば良かったのね・・・」 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:20:16.43 ID:d2cj5Vw00
マミ「キュゥべえ、お夕飯は何がいい?」

QB「カレーがいいな。お肉大目でね」

マミ「カレーね」

QB「デザートはマミ特製のチョコレートケーキがいいね」

マミ「そんなに食べられるの?」

QB「もちろんさ!」

マミ「わかったわ、じゃあ、私お買い物に行って来るわね」

QB「いってらっしゃい」モグモグ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:25:00.50 ID:d2cj5Vw00
マミ「ふう・・・」

マミ(一緒におやつやご飯を食べてくれる人がいるのは嬉しいけど・・・)

マミ(ちょっとお財布に厳しいわね)

マミ(最近キュゥべえはたくさん食べるようになってきたし)

マミ(・・・フフ、まるで育ち盛りの子供を抱えるお母さんみたいね)

まどか「あ、マミさん」

マミ「あら、鹿目さん」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:26:49.35 ID:d2cj5Vw00
まどか「お買い物ですか?」

マミ「ええ、ちょっとお夕飯の買出しにきたの」

まどか「私もパパとお買い物にきたとこです」

マミ「あら?その手にしてるのは・・・?」

まどか「ウェヘヘヘ、パパに買ってもらおうかとw」

マミ「美味しそうなお菓子ね」

まどか「おすすめですよ、何しろ最後までチョコたっぷりなんですから!」

マミ「じゃあ、キュゥべえにお土産に買っていってあげようかしら」

まどか「きっとキュゥべえも喜びますよ!」

マミ「教えてくれてありがとう、鹿目さん。じゃあ、また明日学校でね」

まどか「はい、さよならマミさん」タッタッタッー パパーコレカッテー

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:31:12.85 ID:d2cj5Vw00
マミ「ただいま、キュゥべえ」

QB「おかえりマミ」

マミ「さっきスーパーで鹿目さんに会ったの。それで、このお菓子が美味しいって聞いたからあなたにお土産に」

QB「どれどれ」ガサガサ ピリッ ボリボリボリ

マミ「どう?美味しい?」

QB「最後までチョコたっぷりで美味しいよ!」

マミ「フフ、良かったわね。・・・って・・・キュゥべえ・・・」

マミ「あなた・・・さっきのケーキ全部食べたの・・・?」

QB「ああ、美味しかったよマミ。ごちそうさま」

マミ「・・・そ、そう・・・なら・・・良かったわ」

マミ(私でさえ半ホールなのに・・・キュゥべえはすごいわね)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:35:48.90 ID:d2cj5Vw00
QB「マミ、夕飯は何時ごろだい?」

マミ「そうねえ、今から支度を始めて・・・七時くらいじゃないかしら」

QB「・・・七時?」

マミ「ええ、お肉をしっかり煮込まないと」

QB「・・・やだ」

マミ「え?」

QB「いやだよ、マミ!そんなに待てるわけがないだろう!?」

マミ「え・・・で、でも・・・」

QB「今何時だと思っているんだい!?四時だよ!?あと三時間!?ありえないよ!」

マミ「で、でもね、キュゥべえ、カレーに入れるお肉はよく煮込んだほうが・・・」

QB「煮込みなんてどうでもいいよ!ボクは早く食べたいんだ!」

マミ(どうしちゃったの・・・キュゥべえ・・・)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:40:08.64 ID:d2cj5Vw00
翌日

マミ「ハァ・・・」トボトボ

まどか「マミさーん、おはようございまーす!」

さやか「おはよーございます!」

マミ「ああ、鹿目さんに美樹さん・・・おはよう」

さやか「どうかしたんですか?なんか、疲れた顔してますよ」

マミ「ええ・・・ちょっと・・・」

まどか「もしかして、魔女狩りが大変で・・・?」

マミ「ううん、それは今のところ大丈夫なのだけど・・・」

マミ「・・・食事のことで悩んでるの・・・」

まどか「食事?」

さやか「大丈夫ですよマミさん!マミさんはまだ全然太ってませんから!」

マミ「・・・」

さやか「影でデミとかマブとか言われてても気にしないでください!ねっ!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:44:56.37 ID:d2cj5Vw00
マミ「・・・私・・・先に行くわね」タタッ

さやか「あ、マミさん」

さやか「・・・どうしたんだろ、マミさん・・・」

まどか「お前のせいだろ」


マミ(ハア・・・今度から美樹さんとの付き合いは考えたほうがいいわね)

マミ(・・・それにしても)

マミ(私・・・影であんなこと言われてるの・・・?)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:49:16.82 ID:d2cj5Vw00
QB((マミー!マミー!!))

マミ(テレパシー?)

マミ((キュゥべえ?どうしたの?))

QB((お腹が減ったんだ。今すぐ何か買ってきてよ))

マミ((ちょっと待って、キュゥべえ・・・あなた朝御飯におにぎりを三十個は食べたわよね・・・))

QB((あんなのとっくに消化しちゃったよ))

マミ((デザートにバケツプリンも食べてたわよね・・・))

QB((もう消化したって言ってるだろう!))

マミ(どうなってるの・・・?)

QB((とにかく早く戻ってきてよ!ボクが餓死する前に!))

マミ((でも・・・私これから授業があるし・・・))

QB((マミはボクと授業とどっちが大切なんだい!?))

マミ((・・・わかったわ・・・すぐに戻るわね))

マミ「・・・ハァ・・・」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:52:07.22 ID:d2cj5Vw00
マミホーム

マミ「ただいま・・・」

QB「待ってたよマミ!御飯は!?」

マミ「とりあえずコンビニで肉まんを買ってきたわ」

QB「ヒュー!肉まんンンンンっ!」ガツガツモグモグ

マミ「・・・」

QB「マミ、デザートは?」

マミ「コンビニでどでかプリンを買ってきたわ」

QB「ヒュー!プリンんんんっ!」ガツガツモグモグ

マミ「・・・」

マミ(心なしか・・・キュゥべえの後姿が丸くなってきたような・・・)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 00:56:20.95 ID:d2cj5Vw00
QB「あ、マミ。お昼は牛丼が食べたいな」

QB「デザートにはチーズケーキを焼いておくれ。あと紅茶は飽きたからココアで」

QB「と・・・お昼まではまだ時間がありすぎるね」

QB「じゃあ、牛丼は昼食前の軽い食事という事で頼むよ」

QB「本番の昼食は手作りハンバーガーがいいかな」

QB「こっちのデザートはイチゴババロアでお願いするよ」

マミ「・・・」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:02:35.27 ID:d2cj5Vw00
QB「何をぼーっとしてるんだい?早く買出しに行かないと間に合わないよ」

マミ「・・・え、ええ・・・そうね・・・」

マミ(・・・これから・・・どうなるの・・・?)




QB「ぎゅっぷいー」

マミ「・・・お腹一杯になった?キュゥべえ」

QB「ああ、マミの料理は最高だね!」

マミ「そう・・・」

QB「マミ、おやつはクレープが食べたいな。生クリームたっぷりの」

マミ「・・・」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:03:57.07 ID:d2cj5Vw00
QB「それで、夕飯前の軽い夕飯にカルボナーラを頼むよ。デザートは軽めにバナナでいいさ」

QB「本番の夕飯はすき焼きが食べたい。A5ランクの肉でね」

マミ「・・・キュゥべえ・・・」

QB「デザートはアップルパイがいいな。バニラアイスを添えると美味しいよね」

マミ「・・・キュゥべえ!」

QB「な、なんだい、いきなり大きな声で」

マミ「あまりこんな事は言いたくないけど・・・少し食べすぎじゃないかしら?」

QB「気のせいじゃないかい」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:06:50.48 ID:d2cj5Vw00
マミ「普通はこんなに食べないわ」

QB「マミ・・・君はボクに食事を我慢しろと言いたいのかい?」

マミ「そ・・・そういうわけじゃ・・・ただ、もう少し量を減らしたほうが・・・」

QB「その結果ボクが餓死したら、君はその現実を受止めきれるのかい?」

マミ「それは・・・」

QB「優しいマミのことだ。きっと罪の意識に苛まれ自分を責め続けるだろう・・・ボクはそんなマミを見たくない」

マミ「キュゥべえ・・・」

QB「だからマミ、そんな事を言わないで今までのように食事を作ってよ」

マミ「・・・わかったわ・・・」

QB「よし、そうと決まれば早く買出しを頼むよ」

マミ「・・・」

マミ「ハァ・・・」

マミ(キュゥべえを餓死させるわけにはいかない・・・)

マミ(だから・・・これでいいのよね・・・?)

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:12:21.72 ID:d2cj5Vw00
学校

まどか「マミさん早退したって・・・」

さやか「なんか様子おかしかったもんね。どうしたんだろ」

まどか「食事で悩んでるって・・・どういう意味なんだろ」

さやか「全く・・・マミさんはまだそこまで太ってないのに」

まどか「黙ってろ」

まどか(・・・そういえば・・・昨日スーパーで会った時・・・)

まどか(マミさんの持ってたカゴ、すごい量の食料が入ってた・・・)

まどか(あれと何か関係があるのかな)

まどか(・・・ほむらちゃんなら、わかるかも)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:17:55.50 ID:d2cj5Vw00
放課後

ほむら「話はわかったわ。でも、どうして私に?」

まどか「ほむらちゃんも一人暮らしだから、何か気がつくかなって」

ほむら「・・・そうね。まず、その量はおかしいわ」

ほむら「巴マミはキュゥべえと一緒にいるから二人分と考えたとしても
中学生の女子と畜生一匹でさすがにそんなには消費しないはずよ」

まどか「だよね・・・」

さやか「買いだめしてるとかは?マミさんならありえるよ!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:21:34.24 ID:d2cj5Vw00
ほむら「買い溜めは巴マミでなくてもありえるわ。私だってするもの」

まどか「うちもパパがしてるよ」

さやか「じゃあ、やっぱマミさん過食症とかで悩んでるんじゃ・・・」

ほむら「貴方たちは何度か巴マミとテーブルを共にしているでしょう?その時、巴マミの様子はどうだったのかしら?」

まどか「普通だったよ。食べる量も普通だったと思う」

さやか「うん、ケーキ半ホール・・・いつものマミさんだったね」

ほむら(ケーキ半ホールって普通なの・・・?)

さやか「やっぱりマミさん、スタイルを気にしてるんだって」

まどか(さやかちゃん・・・マミさんに何か恨みでもあるのかな)

ほむら「とりあえず、ここで話していても埒があかないわね。巴マミの自宅へ行って見ましょう」

まどか「でも、マミさん今日は早退しちゃって・・・」

ほむら「お見舞いと証すれば問題ないわ」

さやか「お見舞い品はダイエット食品にしといたほうがいいよねっ」

まどか「・・・」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:25:45.15 ID:d2cj5Vw00
QB ガツガツモグモグムシャムシャ

マミ「・・・」

QB「ぎゅっぶいー」ゲフッ

マミ「ココア・・・どうぞ」

QB「ありがとうマミ」ゴッゴッゴッックー

QB「ふー、さて、ボクは夕飯前の軽い夕飯まで仮眠を取るよ」

マミ「キュゥべえ・・・食べてすぐ寝るのは体によくないわ」

QB「だって眠いんだ」

マミ「でも・・・」

QB「うるさいな!ボクは眠いんだって言ったら眠いんだ!」

マミ「ご・・・ごめんなさい・・・」

QB「まったく・・・マミはわかってないよ・・・」ブツブツ

QB ・・・グーグーグー

マミ(・・・・・・夕飯前の夕飯の支度をしなくっちゃ)

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:27:41.56 ID:d2cj5Vw00
ピンポーン

QB グーグ・・・

マミ(いけない!キュゥべえが起きちゃう!)

マミ「はい、どなたっ?」

まどか「マミさーん、お見舞いに来ました」

マミ「鹿目さん・・・ちょっと待って今開けるわ」

ガチャッ

まどか「ティヒヒッ、マミさん早退したって聞いて心配だったから・・・」

ほむら「私はまどかの付き添いよ」

さやか「マミさん、これお見舞いに!」

マミ「ありがとうみんな・・・」

マミ(・・・美樹さんのお見舞い品って・・・ダイエット食品・・・)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:31:38.74 ID:d2cj5Vw00
まどか「顔色は悪くなさそうですね」

ほむら「でも、なんだか少し疲れた顔をしてるように見えるけど・・・」

マミ「あ・・・ううん、何でもないの。少し気分が悪かっただけだから」

マミ「せっかくきてくれたんだもの、上がってお茶でも飲んでいって?」

まどか「大丈夫なんですか?」

マミ「ええ、みんなとお話してるほうが元気になりそうだしね」ウフフ

さやか「じゃあ、おじゃましまーす」

ほむら「お邪魔します」

まどか「お邪魔します」

マミ「あ・・・でも、キュゥべえが寝てるから・・・少し静かにお願いできるかしら・・・」

さやか「へー、あいつも昼寝とかするんだ」

ほむら「生意気ね。過労死するまで動き続けてボロ雑巾のように死ねばいいのに」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:35:04.69 ID:d2cj5Vw00
マミ「暁美さんったらまたそんな・・・と、ごめんなさい、テーブルが散らかったままね」

まどか「私手伝います」

マミ「あ、いいのよ、鹿目さん」

まどか「・・・マミさん・・・これ食べ散らかした後に見えるんですけど・・・」

マミ「え・・っと、そ、そうなの、今おやつを食べてて・・・」

ほむら「あなたが?」

マミ「わ・・・私とキュゥべえで、ね・・・」

さやか「こんなに食べ散らかすって・・・マミさんだめですよ!」

さやか「ただでさえアレなのにこんな汚い食べ方してたらほんと嫁の貰い手なくなっちゃいますよ」

マミ(・・・美樹さん・・・私に何か恨みでもあるのかしら・・・)

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:39:56.72 ID:d2cj5Vw00
ほむら「で、そのキュゥべえは食べるだけ食べて眠っているの?」

マミ「キュゥべえは疲れてるのよ・・・だから、いいの・・・ね?」

ほむら「・・・あなたがそう言うのなら」

まどか「生クリームが絨毯まで飛び散ってる・・・」

マミ「あ、いいのよ鹿目さん。私がそこは拭くから」

さやか「マミさーん、冷蔵庫に物詰め込みすぎですよー!」

マミ(美樹さん・・・勝手に冷蔵庫を・・・っ!)

さやか「飲み物でも入れようかと思ったんだけど、これじゃあどこに何があるのか・・・」

マミ「座ってて、私がやるから・・・っ!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:45:25.90 ID:d2cj5Vw00
さやか「・・・ねぇねぇ、やっぱマミさん様子がおかしいよ」

まどか「うん・・・なんか無理してるみたい」

さやか「ダイエットが辛いとか?」

まどか「ほむらちゃんはどう思う?」

ほむら「・・・」

ほむら「私の見解では・・・原因はあの獣にあると思うわ」

さやか「キュゥべえに?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:49:37.88 ID:d2cj5Vw00
ほむら「ええ。・・・あそこで丸くなってる獣を見てみなさい」

まどか「・・・真っ白だね」

さやか「もふもふしたくなるなー」

ほむら「そうじゃなくて」

ほむら「なんだか、少し大きくなったような気がしない?」

まどか「・・・丸まっててよくわからないけど・・・言われてみれば」

さやか「マミさんが感染った!?」

ほむら「もしかして・・・その大量の食料というのは・・・」

マミ「お待たせー」

マミ「熱いから気をつけてね」

まどか「あ、ありがとうございます」

ほむら「いただくわ」

さやか「マミさんの紅茶は最高だね」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:52:29.39 ID:d2cj5Vw00
QB グーグーグー・・・ヒクヒクッ

QB「砂糖の匂いっ!」

マミ「!?」

QB「って、君たちがきてたのか」

ほむら(起きあがると・・・)

まどか(確かに少し前よりも・・・)

さやか(マミってる・・・!)

QB「マミ、ボクも紅茶が欲しいな。さやかと同じ砂糖たっぷりミルクティーで頼むよ」

マミ「わかったわ、少し待っててね・・・」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:56:43.92 ID:d2cj5Vw00
まどか「・・・キュゥべえ・・・いったいどうしたの・・・?」

QB「何がだい?」

まどか「その体だよ!キュゥべえ大きくなってるんだよ!」

ほむら「悪いほうにね」

さやか「マミってるんだよ!」

QB「成長するのはいいことなんじゃないのかい?」

まどか「よくないよ、そんな成長の仕方っ」

QB「どうでもいいよ。それより紅茶はまだかな」

まどか「・・・こんなの絶対おかしいよ・・・!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 01:58:10.27 ID:d2cj5Vw00
帰り道

まどか「すごかったね・・・キュゥべえの食べ方・・・」

ほむら「見てるだけでお腹一杯になったわ・・・」

さやか「明らかに体積を超えて食べてたね」

ほむら「しかもあれ・・・夕飯前の軽い夕飯とか言ってたわよね・・・」

まどか「考えたくないよ・・・」

さやか「さすがのマミさんでも辛いよなぁ」

ほむら「とにかくこれではっきりしたわね。巴マミの悩みはあの獣の異常な食欲だって事が」

まどか「キュゥべえがあんなに食べるようになっちゃったから、マミさんはそれに振り回されて疲れちゃってるんだね・・・」

ほむら「今は疲れているだけかもしれない・・・でもこのままだと・・・」

さやか「・・・マミさんもキュゥべえも成人病で・・・!?」

まどか「ほむらちゃん、あとは二人で話そうか」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:03:02.16 ID:d2cj5Vw00
QB「マミ、今日からは夕飯の後の軽い夕飯も頼むよ」

マミ「!?」

QB「それから夜食も」

マミ「!!?」

QB「君に苦労を掛けるわけにはいかないからね、メニューは何でもいいよ」

マミ「・・・何でもって・・・」

QB「量は多めにしてくれればそれでいいさ。あ、できれば冷めても美味しいものがいいな」

QB「マミは明日も学校だろう?寝不足にさせたら大変だからね。作っておいてくれればあとはボクが勝手に食べるよ」

QB「明日の朝食は一緒だからともかく、昼食もそれでいこうか。昼食前の軽い昼食と本番の昼食と昼食後の軽い昼食と各デザート。帰りが遅いならおやつもしっかりとね」

マミ「・・・」

QB「今日みたいにマミを呼び戻して迷惑をかけたくないんだ。わかるだろう?」

マミ「・・・ええ」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:08:47.20 ID:d2cj5Vw00
翌日

まどか「マミさーん]

マミ「ああ、鹿目さん、おはよう」

まどか「おはようございます」

まどか(マミさん・・・昨日より顔色が・・・)

まどか「あの・・・キュゥべえは・・・?」

マミ「夕べは夕食後の軽い夕食で一升チャーハンを食べてたわ・・・」

マミ「その後夜食に玉子サンドとハムサンドを三斤分作っておいたんだけど足りなかったみたいで・・・夜中に起こされてチーズリゾットを鍋一杯・・・」

マミ「今朝も元気にチョコフレークを五袋は食べてたわね・・・」

まどか(聞いてるだけでお腹一杯だよ・・・)

まどか「あの・・・マミさんはこのままでいいんですか?」

マミ「・・・正直、お財布が辛いわ」

まどか「だったらやめさせなきゃ!キュゥべえを止めるべきです!」

マミ「間単に言うのね鹿目さん・・・なら、あなたはできるの?」

まどか「え」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:13:38.76 ID:d2cj5Vw00
マミ「あ・・・ごめんなさい・・・私、本当に疲れてるみたいね・・・」

まどか「いえ・・・」

マミ「また・・・暁美さんと遊びにきてね。いつでも歓迎するから」

まどか「はい・・・」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:34:07.97 ID:d2cj5Vw00
まどか「・・・って、マミさんから聞いたんだ・・・」

ほむら「あの害獣・・・どこまで厄介なの」

さやか「ねぇ、美樹さんもって言われなかったわけ?」

まどか「どうしようほむらちゃん・・・このままじゃマミさん倒れちゃうよ」

ほむら「・・・そうね」

さやか「おーい、美樹さんの存在は?」

ほむら「巴マミの目を覚まさせるしかないわ。キュゥべえが餓死なんてするたまじゃないと知らしめればいいのよ」

まどか「でも、どうやって?」

ほむら「・・・」

さやか「おーい、見えてますかー?」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:38:02.55 ID:d2cj5Vw00
ほむら「・・・私たちがキュゥべえの食事を横取りしましょう」

まどか「横取り・・・?」

ほむら「そう。巴マミの自宅に泊り込み、キュゥべえに出された食事を奪って食べるのよ」

まどか「いい案だよ、ほむらちゃん!」

さやか「そうかな・・・マミさんが更に食事を作らされて終わるんじゃないかな・・・」

まどか「キュゥべえに出された食事を全部奪って食べる!ばっちりだよ!」

ほむら「そうね、これしかないわ」

さやか「そうかな・・・無理があると思うのはさやかちゃんだけなのかな・・・」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:41:40.10 ID:d2cj5Vw00
まどか「マミさーん!」

マミ「あら、三人そろって今帰り?」

まどか「突然なんですけど、私たち今日からマミさんちにお泊りしてもいいいですか?」

マミ「今日から?」

まどか「はい!明日は土曜日だし、制服とか持ってけば日曜日も平気です」

マミ「私は構わないけど・・・おうちのほうは平気なの?」

ほむら「私は一人暮らしだから問題ないわ」

まどか「私もパパに言っておけば大丈夫です」

さやか「まだ確認してないけど、多分・・・」

マミ「だったらぜひ!お泊り会なんて初めてだし楽しみだわ」

まどか「やった!じゃあ、一度家に帰ってからマミさんちに集合で!」

マミ「ええ、待っているわね」フフフ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:45:31.37 ID:d2cj5Vw00
マミ「ただいまー」ルンルン

QB「おかえりマミ。早速だけどおやつを頼むよ」

マミ「その前に買出しに行かないと・・・今日は鹿目さんたちが泊まりにくるの」

QB「へえ、珍しいね。おやつ」

マミ「ええ、みんなの分もお夕飯を用意するから買出しに行って来るわ」

QB「みんなで食事も楽しいかもね。おやつ」

マミ「みんなが来る前に買い物に行かないと・・・キュゥべえ、おやつは少し待っていて?」

QB「君の事情はわかったから、おやつ」

マミ「キュゥべえ・・・」

QB「おやつおやつおやつおやつおやつおやつおやつ!!!!!!」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:53:08.01 ID:d2cj5Vw00
マミ「・・・確か、戸棚に・・・」ゴソゴソ

マミ「あったわ!キュゥべえ、とりあえずこのみかんの缶詰を食べていてくれる?」

QB「仕方ないね。これで少しだけ我慢するよ」

マミ「・・・じゃあ、行って来るわね」

QB パカン ガツガツガツガツ・・・

マミ「・・・」



マミ(あんな状態のキュゥべえがいるのに・・・お泊り会なんて安易だったかしら・・・)

マミ(でも・・・せっかくみんなと過ごせるんだもの)

マミ(きっと・・・大丈夫よね・・・)

マミ「・・・あ、まず銀行に行ってお金下ろさないと・・・」ハア・・・

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:56:18.92 ID:d2cj5Vw00
まどか「おじゃましまーす」

ほむら「お邪魔するわ」

さやか「おじゃまします」

マミ「いらっしゃい、どうぞくつろいでね」

QB「やあ」

まどさやほむ「!!」

まどか(先日より大きくなってるよ・・・)

ほむら「なんて醜い・・・まるで巨大なマシュマロ・・・!」

さやか(ぶよぶよだよ・・・マミさんと暮らすとこうなるのかな・・・)

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 02:59:36.65 ID:d2cj5Vw00
QB「どうしたんだい?そんな顔して」

ほむら「・・・一応確認するわ。貴方はキュゥべえよね」

QB「当たり前じゃないか」

まどか「キュゥべえ・・・自分の体に違和感を感じないの?」

QB「違和感?そんなものはないよ」

ほむら「脳にまで脂肪がついてるようね」

さやか(マミさんも脳に脂肪がついてるからああなのかな・・・)

QB「そんな事よりせっかくみんな集まったんだ、早速夕食にしようよ」

まどか「キュゥべえ、夕食にはまだ早いと思うよ」

QB「ボクは夕食前に軽い夕食を食べるんだ」

まどか「・・・せっかくだと思うならみんなで一緒に食べようよ」

QB「その心配は無用さ。ボクは君たちとも一緒に食べるから」

ほむら「・・・聞きしに勝る屑具合ね・・・」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:01:20.76 ID:d2cj5Vw00
QB「さあマミ、今日の夕食前の軽い夕食はトンカツだったよね。早く用意して欲しいな」

さやか「軽くねぇ・・・」

ほむら(これは・・・思ってたより簡単じゃないかもしれないわね)

ほむら(でも、やるしかない・・・!)

ほむら「巴マミ、早くキュゥべえに食事を用意してあげて」

マミ「え・・・ええ、じゃあちょっと席を外すわね」

ほむら「・・・まどか、そして美樹さやか・・・覚悟は決めたわね・・・?」コソコソ

まどか「うん・・・!勿論だよ、ほむらちゃん!」コソコソ

さやか「あー・・・はい、頑張ります」

QB「トンカツトンカツまだかなまだかなー♪」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:07:58.22 ID:d2cj5Vw00
マミ「お待たせ、キュゥべえ」

QB「ひゃっはー!トンカツキター!」

まどほむさや(きた!)

QB「マミの作るトンカツは絶品だからね!さっそく・・・」

ほむら「美味しそうなトンカツね」

まどか「ほんとほんと」

QB「・・・なんだい、君たち」

ほむら「一口っ!」パクッ

QB「ああっ!」

まどか「二口っ!」パクッ

QB「あああっ!!」

さやか「・・・三口っ!」パクッ

QB「ああああっ!!!」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:09:43.04 ID:d2cj5Vw00
ほむら「千切りキャベツをもらうついでに・・・もう一口っ!」パクッ

QB「うわあああ!もうやめてよ!」

まどか「私もついでにもう二口っ!」パクッ

QB「うわあああ!ボクのトンカツがあ!」

さやか「さ、さやかちゃんも便乗だっ!」パクッ

QB「ひ・・・ひどいよ!ボクのトンカツが・・・半分も残ってないじゃないか!」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:12:42.52 ID:d2cj5Vw00
ほむら「あら、ごめんなさい。美味しくてつい」

まどか「ほへんへひゅうへえ」モグモグ

さやか(油っこ・・・マミさん脂身好きなのかな・・・)モグモグモグモグ

QB「ひどすぎるよ・・・こんなのってないよ・・・!」

QB「マミ!もう一回トンカツを作り直してよ!」

マミ「え・・・ご、ごめんなさい、キュゥべえ・・・トンカツ用のお肉はもうないの」

QB「!!」

ほむら「残念だったわね」

まどか「仕方ないよキュゥべえ、本当の夕食まで我慢しよう?」

QB「う・・・うぅう・・・」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:14:53.94 ID:d2cj5Vw00
ほむら「あ、いらないみたいだから残りのトンカツももらうわね」ヒョイ パク

QB「あーーーーっ!!いらないなんて言ってないよ!」

ほむら「もほはへひゃったは」

QB「」

マミ「あ、貴方たちもお腹が減っているの?」

ほむら「いいえ、まったく」

QB「ならどうしてボクのトンカツを取るんだよ!」

ほむら「美味しそうだったから、つい」

まどか「ごめんねキュゥべえ」

QB「ごめんですんだら魔女なんかいないんだよ!返してよ!トンカツ返してよ!」

さやか(マミさんの料理は脂肪と感情を生むんだな・・・)メモメモ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:18:25.50 ID:d2cj5Vw00
マミ「キュゥべえ、お夕飯を早めにするから落着いて?ね?」

QB「だったら夕食もトンカツにしてよ!ボクはトンカツが食べたいよ!」

マミ「今日の夕食はビーフシチューに・・・」

QB「やだやだやだやだ!トンカツじゃなきゃやだ!ビーフトンカツシチューにすればいいだろ!」

マミ「・・・わかったわ。じゃあ、今日の夕食はビーフトンカツシチューね」

ほむら(!)

ほむら(またトンカツがくるの・・・!?)

ほむら(しかも、今度はビーフシチューと共に・・・)

まどか「ほむらちゃん・・・」

ほむら「・・・やるしか、ないのよ・・・!」ギリッ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:22:54.76 ID:d2cj5Vw00
マミ「さあ、できたわ」

まどか「わあ・・・美味しそうですね・・・」

さやか「ほんと・・・美味しそう・・・」

ほむら(厚切りのトンカツにビーフシチューがたっぷりと・・・)

ほむら(正直見ただけでもうお腹一杯だわ・・・)

QB「ひゃっほー!今度こそトンカツが食べられるんだね!」

ほむら「・・・わかってるわね、まどか、美樹さやか・・・」コソコソ

まどか「うん・・・頑張るよほむらちゃん」コソコソ

さやか(マジかよこいつら)

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:26:06.38 ID:d2cj5Vw00
マミ「じゃあ、いただきましょう?」

QB「いっただっ・・・」

ほむら「キュゥべえのほうがトンカツが大きいわ!よこしなさい!」ヒョイ パクパク

QB「あーーーーーーーーっ!!」

まどか「私も私も!」ヒョイ パクパク

QB「あーーーーーーーーーっ!!」

さやか(無心で食え!さやか!)ヒョイ パクパク

QB「ボ・・・ボクのトンカツがああああああーーーーーーーーーーっ!!!」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:28:44.79 ID:d2cj5Vw00
マミ「ど、どうしちゃったの・・・みんな」

ほむら「ビーフシチューだってキュゥべえのほうが多いわ!」ガバッ

QB「やめてよ!ボクのビーフシチューが・・・!」

まどか「私も私も!」ガバッ

QB「自分の分をまず食べるべきじゃないのかい!?ちょっと!?」

さやか(うっぷ)ガバッ

QB「さやかに至っては欲しくもなさそうな顔でとったよ!?わけがわからないよ!」

ほむら(ここで止まっては・・・だめ!)

まどか(口を動かし続けないと・・・ひたすら食べないと・・・!)

さやか(どうして私こんな事してるんだっけ・・・うっぷ)

ガツガツガツガツガツ・・・

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:32:04.23 ID:d2cj5Vw00
QB 「マミ、おかわりだ!おかわりをボクに・・・っ!」

マミ「ごめんなさいキュゥべえ・・・もう・・・ないの・・・」

QB「」

ほむら「ごちそう・・・さま・・・」ゲフッ

まどか「もう・・・限界だよ・・・」ゲプー

さやか(・・・今日だけで・・・どれだけマミるんだろ・・・)オエッ

QB「もう・・・もう怒った!さっきからいったい何のつもりさ!?」

ほむら「うるさいわよ」

まどか「食後くらい静かにしてようよキュゥべえ」

QB「ボクは全く食事してないから君たちとは違って食前なんだよ!」

まどか「そっか・・・まあ、どっちでもいいから静かにして欲しいな」

QB「何たる外道・・・!」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:36:45.67 ID:d2cj5Vw00
マミ「お、落着いてキュゥべえ、デザートがあるから・・・ね?」

ほむまどさや(!!)

ほむら(しまった・・・!巴マミ=スイーツの図式を見落としてたわ・・・!)

まどか(マミさんとの御飯は必然的にデザートつき・・・!どうしよう、もうお腹が・・・!)

さやか(・・・もう・・・何も考えたくない)

QB「デザート・・・そうか、まだデザートがあったね!」

マミ「ええ、今日のデザートはマンゴープリンよ」

マミ「それに、まだ夕食後の軽い夕食もあるんだから、そんなに怒らないで、ね?」

QB「マミ!お願いだからそこにもトンカツをつけてよ!」

マミ「わかったわ、つけるから・・・だからみんなを怒らないと約束して?」

QB「・・・わかった!約束するよ」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:39:18.09 ID:d2cj5Vw00
ほむら(・・・)

ほむら(デザート・・・更に夕食後の軽い夕食・・・しかもトンカツ・・・)

ほむら(無理よ・・・もう・・・)

ほむら(そもそもどう考えたってこの作戦には無理があった・・・)

ほむら(くっ・・・いったい誰がこんな作戦をたてたのかしら)

ほむら(・・・思い出したわ、美樹さやかだったわね・・・)

ほむら(私は・・・愚かだったわ・・・よりにもよって美樹さやかの作戦にのるなんて)

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:43:25.90 ID:d2cj5Vw00
ほむら(だいたい・・・巴マミも巴マミだわ)

ほむら(害獣を甘やかすだけ甘やかした挙句困ってまどかに泣き付くなんて・・・)

ほむら(・・・まどか・・・)

ほむら(ごめんなさい・・・まどか・・・)

ほむら(貴方に・・・こんな苦しい思いをさせて・・・)

ほむら(約束するわ・・・二度と貴方にこんな思いはさせない・・・!)

ほむら(・・・次こそ・・・貴方を救ってみせる!)

カチカチッ シュンッ

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:48:01.90 ID:d2cj5Vw00
ループ後

まどか「・・・って、マミさんから聞いたんだ・・・」

ほむら「放っておきましょう!」ファサァッ

さやか「ねえ、美樹さんもって言われなかったわけ?」

まどか「ほ、放っておくって・・・」

ほむら「巴マミがキュゥべえを甘やかした結果なのだから自業自得よ」

さやか「おーい、美樹さんの存在は?」

まどか「で、でも・・・マミさんこのままじゃ・・・」

ほむら「まどか、貴方は優しすぎるのよ」

まどか「ほむらちゃん・・・」

さやか「おーい、見えてますかー?」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:49:45.97 ID:d2cj5Vw00
ほむら「それにまだ巴マミが倒れたわけでも助けを求めてきたわけでもないのだから、もうしばらくは様子を見るべきよ。今私たちが手を出せばより恐ろしい結果に・・・」ウプッ

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「な・・・なんでもないわ」

ほむら(まだビーフトンカツシチューが胃で暴れてる・・・)

ほむら「とにかく、もうしばらく様子を見ましょう」

まどか「ほむらちゃんがそう言うなら・・・」

さやか「私は最後まで無視ですかそうですか」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:51:47.43 ID:d2cj5Vw00
マミ「ただいまキュゥべえ」

QB「おかえりマミ。さっそくおやつを頼むよ」

マミ「すぐにホットケーキを焼くから待っててね」

QB「シロップ多目でお願いするよ」

マミ「わかってるわ」

QB「今日の夕食前の軽い夕食はトンカツだったよね。楽しみだなあ」

マミ「そうね・・・」

マミ(どうしよう・・・今月の食費がもう・・・)

マミ(このままじゃ私の生活がもたなくなっちゃう・・・)

マミ「ね、ねえ、キュゥべえ?」

QB「なんだい?」

マミ「その・・・あなた少し太ったわよね?」

QB「そうかい?マミの気のせいじゃないかな」

マミ「気のせいじゃないわ」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:54:03.14 ID:d2cj5Vw00
QB「そうだとしても別に問題はないだろう?」

マミ「・・・言いにくいんだけど・・・食費が・・・ね・・・」

QB「マミ・・・前も言ったけど、君はボクが餓死しても構わないのかい?」

マミ「そんなことは・・・っ」

QB「だったら早く食事を出して欲しいな。ボクが餓死する哀れな姿が見たいなら話は別だけど」

マミ「・・・餓死まではいかない程度で・・・ダイエットとか・・・」

QB「・・・」

マミ「私も協力して美味しいダイエットメニューを作るから・・・ね・・・?」

QB「・・・わかった」

マミ「キュゥべえ・・・!」

QB「もう君には頼まないよ。ボクは他の魔法少女の家に行く」

マミ「!!」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 03:56:49.51 ID:d2cj5Vw00
QB「ボクがいなくなったら君はまたぼっちだね。ま、君が選んだ道だから仕方ないけど」

マミ「ま・・・待って、キュゥべえ・・・!」

QB「さて、何処に行こうかな。ケチな事を言わない優しい魔法少女を探さなくちゃね」

マミ「・・・キュゥべえ!ごめんなさい、謝るから・・・っ!」

QB「ん?」

マミ「ごめんなさい、キュゥべえ・・・!ごめんなさい・・・!」

QB「・・・やれやれ。本当に反省したのかい?」

マミ「ええ・・・もう二度と文句を言わないから・・・だから・・・」グスッグスッ

QB「仕方ないね。じゃあ今回は許してあげるよ」

マミ「あ・・・ありがとうキュゥべえ・・・」

QB「さ、早く食事の支度をしてボクを満足させておくれ」

マミ「ええ・・・!すぐ支度する・・・!」

QB(・・・全く面倒な女だね、マミは・・・)

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:03:46.71 ID:d2cj5Vw00
まどか「あれから三日たつけど・・・マミさん大丈夫かな」

さやか「学校にはきてるみたいだし大丈夫だと思うよ」

まどか「うん・・・」

さやか「まどかは本当に心配性だなあ。あのマミさんだよ?蓄えもあるし、心配ないって」

まどか「蓄え?」

さやか「ほら、アザラシとかみたいに・・・」

まどか「ほむらちゃーん」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:05:13.89 ID:d2cj5Vw00
ほむら「おはよう、まどか」

まどか「ねえ、ほむらちゃん。マミさんの事なんだけど・・・」

ほむら「巴マミならさっき見かけたわ」

まどか「え」

ほむら「学校とは逆の方向へ走って・・・多分自宅へ戻ったんじゃないかしら」

さやか「忘れ物でもしたのかな」

ほむら(・・・)

ほむら(顔色も悪かったし、ふっくらしていた頬も窶れ気味だった・・・)

ほむら(本当に・・・このまま放っておいていいの・・・?)

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:09:35.64 ID:d2cj5Vw00
まどか「ほむらちゃん・・・」

ほむら「・・・貴方はこのまま学校へ行きなさい。私は巴マミの自宅へ行ってみるわ」

まどか「だったら私も一緒に行くよ!」

ほむら「駄目よ。学校へきてないと連絡が入ったらご両親が心配するわ」

まどか「でも・・・」

ほむら「大丈夫。私を信じて、まどか」

まどか「うん・・・わかったよほむらちゃん・・・」

ほむら「あとで連絡するわ」タッタッタッタ

まどか「ほむらちゃん・・・マミさん・・・」

さやか(ほむらの視界に私って入ってたのかな・・・)

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:11:49.74 ID:d2cj5Vw00
QB「マミー・・・食事をー・・・」コフーコフー

マミ「キュゥべえ・・・もう家にはなにもないの・・・」

QB「だったら早く買ってきてよー・・・」コフーコフー

マミ「今買ってきたばかりよ・・・?お願い・・・少しだけ我慢を・・・」

QB「我慢なんて考えられないよ・・・早く食事を用意してよー・・・」コフーコフー

マミ「キュゥべえ・・・」

バタン

ほむら「・・・っ!」

マミ「あ・・・暁美さん!?」

ほむら「・・・鍵がかかってなかったから勝手にお邪魔させてもらったわ」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:13:07.36 ID:d2cj5Vw00
ほむら「これは・・・この物体は・・・キュゥべえなのね・・・?」

マミ「・・・ええ・・・もう私・・・どうしたら・・・っ」

QB「誰だーい・・・目元が肉に埋もれて・・・よく見えないよー・・・」コフーコフー

ほむら(部屋の半分以上を占めるぶよっぶよの身体・・・)

ほむら(首も四肢も肉に埋まって境がわからないし・・・)

ほむら(おまけになんか臭いわ・・・)

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:18:24.18 ID:d2cj5Vw00
ほむら「・・・巴マミ・・・厳しい事を言うようだけど、これは貴方の責任なのよ」

マミ「ええ・・・わかってる・・・」

ほむら「貴方はキュゥべえを・・・こんな姿になるまで甘やかしてしまった・・・」

マミ「うっ・・・私・・・私・・・ただ一人になるのが・・・怖くって・・・っ」

ほむら「愚かね・・・」

QB「その声はー・・・暁美ほむらかー・・・」コフーコフー

ほむら「お前と話す気はないわ。黙ってなさい」

ほむら「巴マミ・・・もう、いいでしょう?」

マミ「・・・暁美さん・・・」

ほむら「コイツは、このキュゥべえは私が始末する」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 04:20:12.06 ID:d2cj5Vw00
マミ「・・・う・・・うぅっ・・・」

ほむら「この大きさだと部屋を盛大に汚してしまうけど、仕方ないわね」

マミ「・・・」

QB「何の話をしてるんだいー・・・?」コフーコフー

ほむら「知る必要はないわ」スッ

マミ「・・・っ!」

マミ「待って!」

ほむら「!?」

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 11:58:57.56 ID:d2cj5Vw00
マミ「やめて、暁美さん・・・!お願い・・・!」

ほむら「何を・・・!気でも違ったの、巴マミ!」

マミ「このままでもいいの・・・どんなに大変でも構わない・・・!」

マミ「・・・私の大切なお友達を・・・消さないで!」

ほむら「目を覚ましなさい、巴マミ!そいつを、そのキュゥべえを消したところでまた新たなキュゥべえがくるのよ!?完全に消滅するわけじゃないわ!」

ほむら(してほしいけど!)

マミ「でもそれは・・・もうこのキュゥべえじゃないわ」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:02:40.38 ID:d2cj5Vw00
マミ「私に優しい言葉をかけてくれた・・・一緒に食事をしてくれた・・・楽しい時間を過ごしてくれたキュゥべえは・・・このキュゥべえよ!」

ほむら「貴方は・・・どこまで愚かなの・・・っ!」ギリッ

マミ「お願い暁美さん、貴方に迷惑はかけないわ!魔女だってちゃんと狩るし、鹿目さんにも心配かけさせないよう頑張るから・・・!」

マミ「もう、どんなに辛くても私一人で頑張るから・・・っ!」

ほむら「・・・貴方は・・・本当に愚かで!馬鹿で!救いようがないわ!」

マミ「・・・」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:05:19.73 ID:d2cj5Vw00
ほむら「・・・そんな台詞を言われたら・・・尚更放って置けるわけがないでしょう・・・?」

マミ「暁美さん・・・」

ほむら「どきなさい、巴マミ。私は、何と言われようと貴方を助けるわ」

マミ「やめて・・・お願いだから、こないで・・・っ!」

ほむら「・・・どかないのなら時間をとめて無理にでもどかすだけよ」

マミ「いや・・・いや・・・」

ほむら「どきなさい!巴マミ!」

マミ「いやぁ―っ!!」

QB(うるさいなー・・・食事はどうなってるんだろう・・・)ギュップイ

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:17:40.51 ID:d2cj5Vw00
???「ちょっと待ったぁ!」

ほむマミ「!!」

杏子「へへっ、開いてたから勝手に入らせてもらったよ」

ほむら「杏子・・・どうして貴方がここに?」

杏子「まどかが、ほむらちゃんとマミさんが心配だから、あたしにも様子を見てきて欲しいって頼みにきたんだよ」

ほむら「まどかが・・・」

杏子「きてみて正解だな。二人ともまどかに感謝しろよ?」

マミ「佐倉さん・・・あなたもキュゥべえを・・・?」

杏子「消して欲しいなら消すけど、マミはそれじゃ嫌なんだろ?」

杏子「だったら、あたしに任せな」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:25:00.16 ID:d2cj5Vw00
ほむら「いったいどうするつもり?」

杏子「あたしがしばらくコイツを預かるよ」

マミ「え・・・」

杏子「とりあえずコイツを外へ運び出さないとな。ほむら、手伝ってくれ」

ほむら「外って・・・何処へ連れて行くの?」

杏子「あたしんちだ」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:26:08.86 ID:d2cj5Vw00
マミ「佐倉さんちって・・・あの・・・」

ほむら「ダンボールハウス・・・?」

杏子「あ、家には入れるなよ?壊れちまうからな」

杏子「それにしても・・・コイツ玄関から出せるかな~?」ケリッ

QB「痛いよー・・・何が起きているんだいー・・・?」コフーコフー

ほむら(・・・杏子はいったい何を考えているの・・・?)

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:29:44.84 ID:d2cj5Vw00
二週間後 マミホーム

ほむら「あれから杏子から連絡は?」

マミ「それが・・・全然」

ほむら「大丈夫なのかしら・・・?」

まどか「きっと大丈夫だよ、杏子ちゃんを信じようよ」

マミ「そうね・・・」

ほむら「それにしても・・・きれいになったわね」

さやか「え?私?参ったなあ」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:34:28.64 ID:d2cj5Vw00
マミ「ええ、あの後大掃除をしたの。食事の時間に追われずに動いたのは久しぶりだったわ」ウフフ

ほむら「部屋もだけど・・・貴方もよ」

マミ「え?」

まどか「マミさん、一時は顔色も悪かったしやつれてたし・・・私本当に心配で・・・」

ほむら「今はすっかり元に戻ってるわ。きれいな貴方にね」

マミ「や、やだわ、二人とも・・・恥ずかしい」

さやか「・・・」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:39:48.00 ID:d2cj5Vw00
ほむら(最初から・・・こうすれば良かったのね)

ほむら(自分たちだけで何とかしようとせずに、美樹さやかの稚拙な作戦にも乗らずに)

ほむら(もっと早く杏子に協力を求めていれば・・・)

ほむら(あの時間軸のまどかを苦しめずにすんでいた)

ほむら(・・・私も・・・十分愚かね・・・)

ピンポーン ガチャッ

杏子「おーっす、久しぶり」



マミ「佐倉さ・・・・・・ん!!?」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:42:01.23 ID:d2cj5Vw00
杏子「おう」コフーコフー

ほむら「」

まどか「き、杏子ちゃん・・・どうしちゃったの!?」

杏子「あ?何がだい?」コフーコフー

さやか「杏子!あんた、やばいくらいマミってるよ!」

マミ(・・・美樹さんは今日限り出入り禁止ね・・・)

杏子「わけがわからないこと言うなよー。それより、何か食い物はあるかい?」コフーコフー

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:43:55.30 ID:d2cj5Vw00
マミ「さ、佐倉さん、キュゥべえは・・・?」

杏子「あー、あいつならまだ寝てるよ」

ほむら「どういう事なの、杏子!貴方、自分に任せろって・・・」

杏子「あー、何とかするつもりだったし出来ると思ったんだけどさー・・・
ちょっと予想外な感じで事が進んでさー・・・・・・」

杏子「とりあえず何か食い物あるかい?」

さやか「駄目だコイツ・・・もう完全にマミってる・・・」

マミ(・・・美樹さんは今日限り他人扱いにしましょう・・・)

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:48:10.90 ID:d2cj5Vw00
ほむら「ふざけないで!キュゥべえはどうなったの!?」

杏子「あー、キュゥべえか・・・キュゥべえは・・・順調に育ってるよ」

マミ「育ってる・・・?」

まどか「それって・・・まだ大きくなってるって事・・・?」

ほむら「話が違うじゃない!貴方、自分ならどうにか出来るみたいな事を言ってなかった!?」

杏子「あー、あたしもそのつもりだったんだけどさー・・・」

杏子「一緒にホームレスな生活させれば余裕で痩せると思ったんだよ」

杏子「でもさ、あいつ外見がアレじゃん?多少太ってもアレじゃん?なんか、近所の子供とかに大人気になっちゃってさ・・・
毎日大量のお菓子もらってるんだよ」

杏子「最近じゃあ女子高生とかもやってきて、旨い物をもうわんさかと」

マミ「・・・まさか、佐倉さんそれを一緒に・・・?」

杏子「食い物を無駄にはできないだろ?そりゃ一緒に食うさ」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:51:39.74 ID:d2cj5Vw00
ほむら「本末転倒ね・・・」

杏子「それで、毎日一緒に大量の食い物を食い続けてたらさ、こうなった」コフーコフー

杏子「ま、健康的でいいだろ?」ハハッ

さやか「良くないよ!」

マミ「という事は・・・キュゥべえは更に・・・」

ほむら「・・・なんて事・・・」

まどか「こんなのってないよ・・・」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:54:48.61 ID:d2cj5Vw00
ほむら(杏子がどうにかしてくれると思っていたキュゥべえは更に太り、しかも杏子まで手に負えない状態に成り下がるなんて・・・)

ほむら(巴マミはもちろん、まどかも悲しんでる・・・)

ほむら(私は・・・また失敗したの・・・?)

さやか「杏子・・・!」

ほむら(美樹さやかはどうでもいい)

ほむら(・・・)

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 12:56:47.29 ID:d2cj5Vw00
ほむら(・・・そもそも、何故こんな事に?)

ほむら(そうよ・・・やっぱり巴マミの自業自得・・・それを、私は一時の情で・・・)

ほむら(まどかを悲しませない、まどかに、二度と辛い思いはさせない)

ほむら(その為には、私は・・・)

ほむら「・・・巴マミ・・・」

マミ「え・・・」

ほむら「ごめんなさい・・・!」

カチカチッ シュンッ

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:01:13.57 ID:d2cj5Vw00
再びループ後

バタン

ほむら「・・・」

マミ「あ・・・暁美さん!?」

ほむら「・・・鍵がかかってなかったから勝手にお邪魔させてもらったわ」

ほむら(もう・・・迷わない!)

ほむら「・・・ごめんなさい、巴マミ・・・そして・・・」

ほむら「さよなら、ブゥべえ」

カチッ ズダダダダーン!

QB「」ギュブッ

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:03:21.58 ID:d2cj5Vw00
ほむら「・・・」カチッ

マミ「・・・」・・・ハッ

マミ「!!」

マミ「キュゥ・・・べえ!?」

ほむら「・・・」

マミ「キュゥべえ!キュゥべえ!しっかりして・・・!」

マミ「・・・暁美さん・・・どうしてこんな・・・!」

マミ「私の・・・大切なお友達だったのに!!」

ほむら「・・・どうせそいつには代わりがいるわ。またすぐ現れる」

マミ「違うわ!私の・・・私に優しい言葉と温かな時間をくれた・・・私のお友達はこのキュゥべえだけよ!」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:06:30.93 ID:d2cj5Vw00
ほむら「・・・」

マミ「う・・・うぁあ・・・キュゥべえ・・・キュゥべえ・・・」

ほむら「・・・愚かね」

バタン!

杏子「・・・チッ、・・・この様子じゃ間に合わなかったか」

ほむら「別の未来のデブ・・・」

杏子「おい、どういう意味だコラ」

ほむら「・・・とにかく、全ては終わったわ」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:09:15.81 ID:d2cj5Vw00
ほむら「最初から・・・こうすれば良かったのよ」

マミ「キュゥべえ・・・キュゥべえ・・・!」

杏子「・・・おい、あれが最良の結果なのか?」

ほむら「何も知らない人間は黙ってて」

ほむら「少なくとも、私にとっては最良の結果よ・・・」

杏子「ふん・・・そうは見えねーけどな」

ほむら「・・・帰るわ」スッ

杏子「お、おいっ!」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:13:10.01 ID:d2cj5Vw00
ほむら(・・・これで良かった)

ほむら(最初からこうすれば良かった・・・)

ほむら(私は・・・間違ってない)トボトボ・・・

QB「やあ」

ほむら「・・・早くもきたのね」

QB「スペアはいくらでもあるからね」

ほむら「どうでもいいわ。今は特にお前を見たくないの、消えて」

QB「ひどい言われようだね。ま、前回のボクを見ればわからなくもないけれど」

ほむら「だったら早く消えなさい。さもなくばまた私の手で消すわよ」

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:18:40.04 ID:d2cj5Vw00
QB「やれやれ、君は相変わらずだね」

ほむら「・・・」

QB「心配しなくても今回のボクは前回のようにマミを苦しめたりはしないさ」

QB「マミの気持ちもわかったからね」

ほむら「・・・え?」

QB「じゃあ、また会おう、暁美ほむら」

ほむら「ちょ・・・待って!」

ほむら「・・・」

ほむら(今のは・・・どういう意味・・・?)

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:22:06.32 ID:d2cj5Vw00
マミホーム

マミ(・・・)

マミ(もう・・・キュゥべえはいない・・・)

マミ(私の大切なお友達だったのに・・・守る事すら・・・)

マミ グスグスッ

杏子「マミ・・・そんなに泣いてたらソウルジェムが濁っちまうよ・・・」オロオロ

QB「また泣いてるのかい、マミ」

マミ「!」

マミ「キュゥ・・・べえ」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:24:42.25 ID:d2cj5Vw00
QB 「初めて会ったときも、君は泣いていたね」

マミ「・・・」

QB 「君の言うように、確かに今ボクと前のボクは違うかもしれない。でもね、マミ」

QB「ボクは、変わらず君を特別に思ってるよ」

マミ「・・・特・・・別?」

QB「ああ。ボクにとって君は他の魔法少女とは別格の特別な存在なんだ」

マミ「キュゥべえ・・・」

QB「だからマミ・・・また一緒にボクと暮らしてくれるかな?」

マミ「・・・い、いいともー!よキュゥべえ!」

QB「ありがとう、マミ」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:31:10.38 ID:d2cj5Vw00
QB「じゃあ、さっそく」

QB「ビーフストロガノフを頼むよ。デザートは抹茶アイスでよろしくね」

QB「以前のボクのように食事前の軽い食事なんて言わないさ」

QB「ただ本番の食事量は以前の五倍で頼んだよ」

QB「デザートだって手作りなんて贅沢は言わない。買ってきたもので我慢する」

QB「あ、でも量だけは本当多目でね」

マミ「」

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:33:52.15 ID:d2cj5Vw00
QB「どうだい、マミ?ボクは、君に優しいキュゥべえとして生まれ変わっただろう?」

QB「これからは我侭は言わず、君の為にずっと君のそばにいてあげるよ」

QB「マミの気持ちは、しっかりと受止めたからね」

QB 「あ、夕飯はトンカツで」

マミ「」

杏子「旨そうだな。マミ、あたしにもよろしく頼むよ」

マミ「」

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/25(金) 13:36:56.00 ID:d2cj5Vw00
ほむら コソコソ

ほむら「・・・」

ほむら(私は何も見なかった、何も聞かなかった)

ほむら(だから関係ない、全く持って関係ない)

ほむら(・・・)

ほむら「・・・頑張るのよ、巴マミ・・・」

ほむら「これが・・・貴方の望んだ結末なのだから」ファサアッ




おしまい!!