6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:04:39.99 ID:XvNdOgZS0
イエス「し、知らないよブッダ…
    いくらなんでも2000年近く前の自分のコップの行方なんて覚えてないし…」

ブッダ「…まったく、イエスはいつもそうだよ! この前だって靴下ないないって!
    押し入れにあったのに君が無いっていうから私無駄に買い加えたんだから!!」1…

イエス「あれはたまたま暑くて脱いじゃったから…」

ブッダ「え?」2…

イエス「あ…で、でも、それとこれとは話が違うじゃない!」

仏陀「いえ、イエス。あなたさっきから私の目を見て話していませんね…?
   それはあなたの心にやましい所があるから、違いますか?」3…

イエス「ほんと御免なさい! 私反省してるからそれ以上光るのはやめて!…ね?」(目が怖い…)

仏陀「いいえ、いけません。今日は許しませんよイエス…
   そういうすぐ謝ればいいという態度が過ちを繰り返すのです」コォォォォォ

凛「あ、あのー…話の途中申し訳ないんですけど、
  説明の途中ですから、ブッダさんも少し落ち着いてください…ね?」

引用元: ブッダ「ちょっとイエス!? 聖杯戦争って私聞いてないよ!!」 

 

【特典】Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER II(書籍)
TYPE-MOON BOOKS
売り上げランキング: 185
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:05:52.72 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「あ、ごめんなさい話の途中に私光っちゃって…」フッ…

凛「い、いえ…それでは、続きから説明してもいいですか?」(仏画の後光って史実なんだ…)

イエス「もちろんですよ! 私が知らないところでなにやら大変そうですもの!」

ブッダ「イエスはただ面白そうだからやる気になってるだけでしょ?
    ちゃんと真面目に聞いてたの!? 戦争してるんだよ戦争!
    どうせイエスネトゲと混同してるんでしょ」

イエス「ギクッ…で、でもどうして私のコップひとつでそんなに争うんだろうね~?」

ブッダ(…君の使ってたものを収集するために戦争した国がどれだけあると思ってるの…)
   「こほん、では凛さん。すいませんがお話の続きお願いできますか?」

凛「はっ、はい! 実は聖杯戦争とはかくかくじかじか…」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:07:28.57 ID:XvNdOgZS0
アーチャー(やはりあの凛も神クラスが相手ではいつも通りとはいかないようだ)

アーチャー(しかし、困ったものだな…この二人が出てきてしまっては聖杯戦争などに意味なんてあるのだろうか?
      …まぁ繰り返す4日間で遊び散らしている我らが言うことでもないが…)

セイバー(…はぁ…緊張して死にそうです…)

凛「と、言うわけなのです」

ブッダ「そうなんだ…何か私たちの力不足みたいで申し訳ないよねイエス…
    ってイエス!? ちょっと驚くくらいの出血量!!」

イエス「なんということでしょう…私の杯のせいでそこまで不幸になる人々が現れてしまうなんて…
    やはり預言者救世主と呼ばれても私は無力…ただパンとワインを与えられる人間に過ぎないのですね…」ボタボタ

ブッダ(額のほかにも目からも血が…いや、気持ちはわかるけどこのままじゃイエスが帰宅しちゃう!!
    いや、それ以前にセコム(ウリエルさん)が来ちゃうとシャレにならないよ!…戦争以前にこの町が終わっちゃう!)

セイバー「こっ、これを使ってください主よ…!
     私の使い古しているもので申し訳ないのですが…」

イエス「思い出します…十字軍が人々を蹂躙しているさまを空から見ていることしかできなかった無力さを…」

ブッダ「ほらイエス、そんな世界中のパンを石に戻せるようなテンションはもうお仕舞! ね?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:10:53.94 ID:XvNdOgZS0
イエス「」ずーーーん…

凛「わ…私、とんでもない無能よね…神様をこんな目にあわせるなんて…どうしようもないクズだわ…」ずーーーん…

セイバー「なんで私が使ったハンカチなど渡してしまったのだろう…無礼にもほどがある…」ずーーーん…

ブッダ「え、まぁ、彼って結構浮き沈み激しいから…しばらくしたら元に戻ると思うし気にしないで!
    そんなに皆が落ち込んでたらせっかく美味しい晩御飯なのにもったいないよ!」ニッコリ

凛「え?…あ、は、はいっ!」

セイバー「だ、大丈夫ですから、お気になさらず」

アーチャー(さすがカリスマ性EX++…)

士郎(俺空気だなぁ…)

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:12:27.97 ID:XvNdOgZS0
イエス「…ブッダ…私とても立ち直れないよ…」

ブッダ「諦めないでイエス、ユダさんのことだって許した君じゃない!!」

イエス「…うん…でも…」

ブッダ「…わ、わかった!! それなら君が言ってた新しいノートのことも私考えるから!!」

イエス「え?」

ブッダ「だから新型のノートパソコンを…あ」

イエス「ほ、本当に…? あの最新型の…? 249800円の…?」

ブッダ「もちろんだよ!!…いや、待って…そんなにするの…?」

イエス「ブッダ!! やっぱり君は私の第一の友だよ!!」

ブッダ「ありがたいけどその発言は天界を揺るがすから気を付けてイエス」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:13:41.46 ID:XvNdOgZS0

ブッダ「そもそもさ、凛さんの説明の通りなら君がお父さんに頼めば万事解決じゃないの?」

イエス「うーん…それが父さんこの前ぎっくり腰やっちゃって…
    天使たちにもう年ですから無理しないでって言われたのがショックみたいでさ…まだ連絡取れないんだ」

ブッダ「それって一大事じゃないの!?」

イエス「まぁ天界のことは大天使たちに任せてるから、きっとすねてるだけだと思う」

ブッダ「岩陰に隠れちゃったアマテラスさんと似たような感じ?」

イエス「そうそれ! 父さんアマテラスさんとメル友だから聞いたのかも…」

ブッダ(それにしても神様はゆるいなぁ…)

イエス「まぁ、最初に私がまいた種だから、きちんと解決するよ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:15:53.72 ID:XvNdOgZS0

イエス「短い間ですが、よろしくお願いします」

士郎「あ、よろしくお願いします」


半ば強引に居座ることを決めた二人。
もちろん断る道理もないので、イエスとブッダ、立川で休暇を楽しむ二人はしばらく衛宮邸に厄介になることになった。

そして2日目

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:17:40.42 ID:XvNdOgZS0
士郎「昨日は恐ろしく影が薄かった主人公ですが、今日はブッダさんと一緒に街を回ることになりました。
   イエスさんは凛が案内しています」

ブッダ「ど、どうしたの士郎?」

士郎「いえいえ、お約束みたいなもので…」

士郎(しっかし困ったな…仏様を案内って言っても…どうすればいいんだろう?
   やっぱ寺に行けばいいんだよな…? とりあえず一成のところに)

ブッダ「ねぇ士郎? この町にはその、サーヴァントは何人いるんだったっけ?」

士郎「えっと、俺の家にセイバーとアーチャー、そしてライダー。
   今から行く柳洞寺にアサシンとキャスター。教会にランサーとギルガメッシュ…あ、桜のところにも一人で…
   8体だと思います」

ブッダ「ありがとう…というより、今からお寺に行くの!?」

士郎「まぁ…一番しっくりくるだろうし…」

ブッダ「いや…くるよそりゃ! しっくりきすぎるよ!! だってヨン様を大阪に放つようなものだよそれは!?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:22:08.93 ID:XvNdOgZS0
ブッダ(サイン求められたらどうしよう…もちろん…練習してはいるけど…)

士郎「あ、キャスター」

キャスター「!?……これは…一体どういうことかしら…?
      神の召還は不可能であるはずなのだけれど…」

士郎「うーん…俺にもよくわからないんだけど…」

ブッダ「あ、メディアさん」

キャスター「お久しぶりです…」

士郎「え…し、知り合いなの二人!? 仏様と…魔女が…?」

ブッダ「知り合いっていうより…マーラと仲が良かったんだよ彼女、それでね」

キャスター「ふふ、休暇中というのは本当だったのですね?」

ブッダ「あ、じゃあ君も聖杯戦争に召還されたの?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:28:34.12 ID:XvNdOgZS0
キャスター「えぇ、まぁ。でも今はサーヴァントというよりは…」キラッ

ブッダ「まさか…? もしかしてその指輪…」

キャスター「…はい。わたくし、このたび結婚いたしました///」

ブッダ「えーー!! あの、男なんてみんな野獣、結婚なんてクソくらえ! 恋人いない歴=ミレニアムのメディアさんが…!?」

キャスター「ふふ…私もついに…運命の人が…///」ポッ

ブッダ「うわーおめでとう!! 挙式はもう済ませたの!? まだなら私手伝うよ!! 洋式ならイエスもいるし!!
    マーラも喜ぶだろうな…あとでメールしないと」

キャスター「もう…恥ずかしいからやめてくださいな…///」

ブッダ「で、相手の方はどんな神様なの!?…もしかして悪魔だったり?」

キャスター「それは…」

士郎「あ、葛木先生」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:30:46.08 ID:XvNdOgZS0
キャスター「あっ///宗一郎様…どうされたのですか? 今日はお休みじゃ…」うねうね

宗一郎「ん、メディアか。今日急に呼び出されてな。
    もしかしたら遅くなるかもしれん」

キャスター「えっ…そ、そうですか…」シュン

宗一郎「だが、夕飯は家で食べるつもりだ。用意しておいてくれるか?」

キャスター「も、もちろんです!! だって私はあなたの…///」パァァ

ブッダ「へぇ…あのメディアさんがこんなに首ったけなんて…」

宗一郎「ん、衛宮もいるのか…それと…」

ブッダ「あ、私キャスターさんの知り合いで、ゴータマ=シッダールタといいます」

宗一郎「葛木宗一郎です、家内がお世話になっているようで」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:36:09.91 ID:XvNdOgZS0
キャスター「あっ///宗一郎様…どうされたのですか? 今日はお休みじゃ…」うねうね

宗一郎「ん、メディアか。今日急に呼び出されてな。
    もしかしたら遅くなるかもしれん」

キャスター「えっ…そ、そうですか…」シュン

宗一郎「だが、夕飯は家で食べるつもりだ。用意しておいてくれるか?」

キャスター「も、もちろんです!! だって私はあなたの…///」パァァ

ブッダ「へぇ…あのメディアさんがこんなに首ったけなんて…」

宗一郎「ん、衛宮もいるのか…それと…」

ブッダ「あ、私キャスターさんの知り合いで、ゴータマ=シッダールタといいます」

宗一郎「葛木宗一郎です、家内がお世話になっているようで」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:46:57.50 ID:XvNdOgZS0

ブッダ「いえいえ、仲睦まじく良い夫婦みたいでうらやましいです」

キャスター「家内…」

宗一郎「私がこんななので、家内には迷惑をかけますよ」

ブッダ「またまた、二人とも幸せそうで何よりですよ」

キャスター「家内…」

士郎「あ、先生用事あるんじゃ…?」

宗一郎「む、そうだ。急がないといかんな。すいませんがわたしはここで。
    メディア、行ってくる」

キャスター「…行ってらっしゃいませ宗一郎様」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:49:29.69 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「いいなぁ…新婚さんは…」

キャスター「家内…///」

ブッダ「そうだ、メディアさん、私たちもそろそろ…」

キャスター「家内=妻=ワイフ=世界中のだれよりずっと君を愛してる///」

ブッダ「…」

士郎「…」

ブッダ「ねぇ士郎士郎…彼女はそっとしておいて他のところに行こう」

士郎「そ、そうですね…」

キャスター「KANAI♪…私は葛木メディアですぅー!///
      みなさん、聞いてくれましたか―? わーたーしーはー!!///」

一成「…め、女狐め…」ギギギ

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:53:17.21 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「あ、結局お寺から引き返しちゃったね…」

士郎「…ねぇブッダさん…どうしてキャスターと仲がいいんです?
   彼女は伝説では魔女ですよね…?」

ブッダ「ん? 確かにそうだねー、そういうのを気にする天界人も多いかな」

士郎「それじゃあどうしてブッダさんは?…本来はあなたが一番…」

ブッダ「うーん…私ってドシニアの超長生きだし、昔のいざこざなんてあまり気にしないから…
    それに、絶対悪い人なんていないんだなーって気づいたからね、死んでからだけど」

士郎「魔王マーラともそれで…?」

ブッダ「そうだよ。ま、マーラは一方的にこっちにメールしてくるだけだけど。もはや腐れ縁で…
    あ、私なんかよりイエスのがすごいよ! だってユダさんのこと免罪符5枚で赦しちゃうし」

士郎「えっ!?」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 19:57:36.58 ID:XvNdOgZS0

ブッダ「あれには驚いたよねー、だって聖書だとイエスとユダさんの関係ぼろくそ書かれてるのだもの
    …未だにユダさん聖書の自分の項読めないんだってさ。ネトゲパーティー組む間柄なのに」

士郎「そ、そうなんだ…」

ブッダ「でも、どうしてそんなことを士郎?」

士郎「あ……俺、あなたみたいな人には笑われるかもしれないけど…正義の味方に、なりたいんだ…
   でも、正直迷ってて…理想を追い求めたやつはそれを後悔しているし、俺に道を示してくれた人も、
   同じように苦しんでたって知って…」

ブッダ「正義の味方か…難しい道だよね…。私もさ、今では救世主みたいな扱いだけどね。
    そりゃあ生きているころは自分が救われるだけで精いっぱいだったよ?
    たまたま人がついてきてくれただけでさ…だから士郎ももっとたくさん悩んだろうがいいと思う」

士郎「悩むか…どのくらいかかるかな…?」

ブッダ「うーん…2000年くらいかなぁ」

士郎「ブッ…アハハ…そりゃあ大変だ…」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:14:09.16 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「今の面白かった!?」

士郎「くくっ…えぇ」

ブッダ「やった! 下界で初めて天界ジョークが通じたよ!!」

士郎「天界ジョーク…?」

ブッダ「そうそう、たとえば…肋骨ダンスとか…」

士郎「えっ」


以外に書いた量多くて驚いてる

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:18:09.93 ID:XvNdOgZS0
凛サイド、教会にて

凛「かんっぜんに…私のミスだわ…ごめんなさい綺礼…カレン…」

綺礼「…気にするな…本来…教会とはこうあるものだからな…」

カレン「はぁーー…まったくとんでもない人物を呼び込んでくれましたね…遠坂凛」

凛「ほんっとゴメン!! でも、だって、良い場所思いつかなくて…」

カレン「それでも、彼を、ここに、連れて来ればどうなるのか聡明なあなたなら想像できたでしょう?

ギル「はーい、悔い改めたい方はこちらの列にどうぞ~…
   ただ今3時間待ちとなっておりま~す…ファストパスをお持ちの方は右側の列に~…」

ランサー「たこ焼き安いよー、ほらほら、買ってってそこの小指無い兄ちゃん!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:23:50.47 ID:XvNdOgZS0
凛「はぁー…」

綺礼「本物は、やはり違うということか」

凛「綺礼、あんたは何か悔い改めたいことはないの?
  信心深いって聞いてたけど」」

綺礼「私が?…あいにく、そんな権利は私にはない」

凛「ふーん…そーですか」

綺礼(ファストパスまであと2時間か…)

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:24:22.98 ID:XvNdOgZS0
>>61
おk

士郎「うわっ…なんだこの行列は…?」

ブッダ「もしかしたら何か特売でもやってるのかも!」

士郎「えっ!? それなら俺たちも…!」

ブッダ「もちろん! 今日は私も一緒に作るからね!」

士郎「ホントか!? 仏様の料理なんて俺楽しみで仕方ないよ…!!
   でも、本当にずいぶん長い列だな…」

ブッダ(うーむ、何か嫌な予感がする…)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:26:59.79 ID:XvNdOgZS0
男「私は…やはり間違ってた…ここですべてを話して自首しよう…もう人の手に欲情することはない…」

女「…オルステッド…」

男「どうして私はあの石板を壊してしまったのでしょう…歴史を偽るなど…
  長としてやってはならなかったのに…」

女「カイム…」

男「二股なんて…俺は本当に屑な男だ…今更許してなんてもらえないだろうけど…
  でも、一言だけでも…」

男「…竜崎…僕が…間違っていたよ…」

男「ジャンヌよ…聖処女よ…」

ブッダ「ちょっと待ってください士郎。
    私、この列の原因が分かったような気がします」

士郎「?」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:27:20.50 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「…聞きますが、この列の方向に、教会などありませんか?」

士郎「あぁ、一応ね、魔術師専用の古い建物だけど」

ブッダ「多分…私の友人が原因です…」乾いた笑み

凛「あ! ブッダさん! 衛宮君!!」

士郎「イエスさんはどこに…?」

凛「あそこよ…今はカラスの懺悔を聞いてる途中」

ブッダ「申し訳ない…またこんなことになるなんて…」

凛「(また…?)いえ、元はといえば私が教会に連れて行ったのが悪いんです…でもまさかここまでになるなんて…」

ブッダ「でも20億人だからねぇ…」

凛「ですよねー」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:28:46.08 ID:XvNdOgZS0
士郎「セ、セイバー?」

セイバー「なんだか、私は今とても満たされています…まるで、今まで心に閊えていた何かが取れたかのように…
     とても、体が軽いんですよ士郎…」

士郎「セイバー…よかったな」

セイバー「でも、おなかは減っていますよ士郎」

士郎「あ、そう」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:30:21.07 ID:XvNdOgZS0
名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/21(月) 22:36:52.26 ID:nAY4z6Ov0 [23/43]
ウリエル「丁度いいところにブッダ様!! この方は仏教徒だそうです!!」

ブッダ「え、ちょ、ちょっと待ってよウリエルさん…?
    あ、ミカエルさんも…え?」

ミカエル「よろしくお願いします。アナンダさんにはすぐ来るよう連絡しましたので」

ブッダ「アナンダまで来るの!?」

カレン「…まったく…」

綺礼「……そうなんです…私は、妻を…」ぽろぽろ…

イエス「そうでしたか…お気持ち、お察しします…」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:31:05.18 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「結局…夕方になってしまった…」げっそり

イエス「なんか久しぶりに仕事してる気分だったね私たち!」つやつや

ミカエル「お疲れ様ですお二人とも、では、私たちは天界に戻ります」

イエス「うん! ウリエルもミカエルも本当にありがとね」

ブッダ「アナンダ、別に今生の別れでもないのだから涙を流さなくても…」

アナンダ「お、お別れですブッダ様…」

ブッダ「うん、ありがとう。今年も年末には実家に帰るからね」

凛「なんか魔術とか奇跡とかどうでもよくなってきたわ…」

カレン「恐らく永遠にみられない絵でしょうからね…
    魔術教会の掲げる奇跡が憐れになるほどの」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:37:30.54 ID:XvNdOgZS0
綺礼「なぁ…世界は、美しいな…」キラキラ

ランサー「おい英雄王…綺礼のやつ、今までにないほど清らかで健やかな目をしてるぜ…?
     あれじゃ綺礼じゃなくて綺麗じゃねぇか…」

ギル「さすがは教祖、とだけ」

ランサー「お前は悔い改めることないのかよ?」

ギル「うーん…会いたい人ならいますが…後悔はないですね。
   あなたも同じでしょう?」

ランサー「…はっ、ちがいねぇ」




綺麗「綺麗だわ…お空…」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:42:21.62 ID:XvNdOgZS0
桜「あっ、先輩たちお帰りなさい!」

士郎「ただいま。セイバーたちはもう帰ってきてるか?」

桜「はい。もうブッダさんが料理の下準備を進めています…
  でも、神様に料理作ってもらうのって悪い気がしますね…」

ライダー「桜、お風呂空きましたよ…あ、お帰りなさい、凛、士郎」

凛「ライダーあんたね…その恰好は不味いでしょ…神様クラスが二人もいるのよ?
  悔い改められても知らないから」

ライダー「ご心配なく、私はあの方々とは以前から顔見知りですから」

士郎「こっちもか…」(流石神代…)

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:43:24.57 ID:XvNdOgZS0
     桜、お風呂はあとです。今は食事の準備が一番です」

凛「はいはい」

士郎「やけに気合が入ってるな…」ひそひそ

桜「帰ってきてからずっとですよ」ひそひそ

凛「ブリテン王じゃ仕方ないでしょ」

士郎「あれっ、そういや今日バゼットは?」

ライダー「バイトです。なんでも壁を殴るだけの簡単なお仕事だとか」

凛「天職ね…」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:47:47.99 ID:XvNdOgZS0
イエス「きーよしーこーのよーるーひーとはー」

ガラガラ

ブッダ「入るよー」

イエス「はーい。もう準備は終わったの?」

ブッダ「大方ね…でも食事の前にお風呂に入ってくれって桜さんが」

イエス「いい子だよねーみんな…わざわざ新しくお湯も沸かしてくれるなんて悪い気がしちゃう」

ブッダ「ホント、みんないい人ばかりだよね…
    私たちのこともすぐに信用してくれたし」

イエス「だからこそ、何があっても異変は正さないとね」

ブッダ「もちろんだよイエス。私も協力する」

イエス「ありがとう、頼むよブッダ…!」

ブッダ「世紀末よりも大変なしごとになりそうだね…腕が鳴るなぁ」

イエス「私たち今は腹が鳴ってるよ」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:52:41.35 ID:XvNdOgZS0
士郎「風呂場がすごい光で包まれてる…」

凛「衛宮君!? ジュースこぼしたりしてない…?
  さっきからブドウのにおいがするんだけれど」

桜「私も匂います…でもブドウジュースなんてうちにありましたっけ?」

士郎「いや…買ってないな、隣の家じゃないか?」

イエス「あー!! 久しぶりに高徳なこといったら!!」

ブッダ「不味いよイエス!! 全部ワインになってる!! 何か下品なこと考えて!!」

イエス「ブッダだって! 凄い光り方してるよ!!…えっと…」

イエス「…さっきのメデューサさんの風呂上り…タオル1枚…!」ボソッ

ブッダ「……」フッ

士郎「あ、匂い消えたね」

凛「ホントだ、明かりも」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 20:56:31.55 ID:XvNdOgZS0
士郎「桜、そっちの鍋お願い」

桜「はーい」とてとて

凛「衛宮君 これってそっちでいいんだよね?」

士郎「あぁ、ヘタもとってくれたのか、サンキュ遠坂」

イエス「…」

ブッダ「…」

ライダー「机の準備は整いました」

セイバー「おなかも減りました」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:00:01.01 ID:XvNdOgZS0
士郎「オーケー」

ライダー「ん? どうかしましたかお二人、気分でも悪いのですか?」

イエス「…いえ…だいじょうぶ…です」ずーん

ブッダ「唯…まだまだ…修行不足だなぁと…」ずーん

ライダー「?」

セイバー「準備できましたね?」

セイバー「ではご一緒に!!」

一同「いただきまーす」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:02:51.06 ID:XvNdOgZS0
イエス「おいしい! これって何て料理? 久しぶりだよお肉なんてー!」

凛「鳥の胸肉を衛宮君特製のソースであえてみました」

イエス「士郎君私の実家に来ない?」

士郎「はは、お気持ちだけ」

ブッダ「え…お肉使ってないのってどれだろう?」

桜「ブッダさんの前にあるお皿は全部お野菜の料理ですよ」

ブッダ「もしかして僕がベジタリアンだって知ってて…?」

ライダー「そこは私の入れ知恵ですが」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:05:00.34 ID:XvNdOgZS0
イエス「そういえばメデューサさん大胆にイメチェンしたよね~私最初分からなかったもの」

ブッダ「それはほんとだよね、だって以前は…」

ライダー「从@益@从」メガネ外し

ブッダ「ッっ! こ…これおいしいね~、今度私も作ってみようかな」

イエス「は、ははっ! わー、私はこれがいいかなー」

士郎凛桜セイバー(何あの顔初めて見た)


そして宴は終わり

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:10:17.09 ID:XvNdOgZS0
士郎「アーチャー、いるんだろ」

アーチャー「…マスターでないものに呼ばれるとは」

士郎「お前、どうして夕飯に来なかった? 結構前から家の前にいただろ」

アーチャー「やはり同一個体というのは面倒なものだ…」

士郎「…あの人たちと顔を合わせるのが嫌なのか?」

アーチャー「…そういうお前は? 衛宮士郎。
      彼の者たちは、俺の…いや、貴様の理想の頂点にある存在だろう?」

士郎「あぁ…そうだよ。俺もああなれたら、お前みたいに捻くれたりしなかっただろうに…」

アーチャー「…ふん」

アーチャー「あの者たちを見ていると、己の未熟さが嫌でも目に付く。
      こんな様の俺では、彼の者たちの隣に立つことは叶わぬよ」

士郎「…やっぱり、俺とお前は別人だよ」

アーチャー「ふっ…私もそれを願おう」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:10:51.94 ID:XvNdOgZS0
そして、3日目

竜二「聖の兄貴…! 聖の兄貴!! それとパンチの兄貴じゃないですかい!!」

ブッダ「あ、竜二さん! 御無沙汰してます」

イエス「竜二さんこんなところで会うなんて」

竜二「いや、ここの冬木にはあっしが鉄砲玉のときに世話になった親分がいやしてね…
   今日はちと挨拶がてら来たんですわ」

大河「あっ、イエスさんとブッダさんどしたのー?」

イエス「あ、士郎君のお姉さんの…」

大河「藤村大河ですよー。でも士郎ってば外国の親せきがたくさんいるのねー」

イエスブッダ「」ギクッ

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:12:08.12 ID:XvNdOgZS0
竜二「あ…兄貴…あんたもしや…」

イエス「え?」

竜二「やはり二代目―!! あの冬木の虎ともお知り合いだとは!!
   この竜二、心から感服いたしやした…」

イエス「あ、や、やめてください竜二さん…この人はただ…」

竜二「いや、このかたは冬月組大頭藤村雷画の孫娘…
   さすがは二代目…見る目が一味もふた味も違うときた…」

大河「あれ、二人とも竜二さんと知り合いなの?…でも二人はイギリスから…」

竜二「何をおっしゃるんでぇ姉御! この方がたは立川の若頭…むぐぅ」

イエス「またまた、竜二さんは冗談が好きなんだから」

ブッダ「そうですよ!! 僕たちはイギリスから来たばかりで…」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:12:26.20 ID:XvNdOgZS0
大河「…ふーん…そうなの? ホント?」

ブッダ「本当です大河よ…この私の目を見なさい…信じてくださいますね?」ニッコリ

イエス(仏スマイル使っちゃった)

大河「信じます」キラキラ

竜二「あっしも信じやすぜ兄貴たち…」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:19:13.59 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「危なかったー!! やっぱり昼間から私たち二人で出歩くもんじゃないよ…」

イエス「確かに…4日目までは大人しくしておいたほうがいいのかも」

ブッダ「ん? イエスイエス、あれって士郎じゃない? 隣にいるワカメみたいなのは誰だろう…?」

イエス「なんだか神妙な雰囲気だよ…? 気になる、ついて行こうよブッダ」

ブッダ「確かに、ただならぬプレッシャーを私も感じる…」

ワカメ「助けてくれよぉー衛宮ー…僕たち親友だろ? なっ?」

士郎「しかたないなぁ…でも、元はといえばお前が悪いんだぜ慎二?
   桜に少し仕返しされたって仕方ないよ」

ワカメ「わかってるって! でも…一人だと何が起こるか…」ガクブル

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:25:21.72 ID:XvNdOgZS0
イエス「士郎君ー! どうしたの?」

士郎「あ、イエスさん! ブッダさん!! 丁度良かった!
   今から一緒に来てくれますか?」

ブッダ「え、いいけど…どこに…?」

ワカメ「僕の義妹…桜の部屋に、さ…」

士郎「ここか…」

イエス「士郎君…? 慎二君…? な、なんなのこの部屋…」

ブッダ「あー…これは…」

士郎「…俺でも感じるぞ…慎二、お前どれだけ…?」

ワカメ「ここ半年は何もしてねぇよ!! 何だよその信じてないって顔…
    ホントだって信じろよ衛宮ぁー! むしろ僕と爺さんがやられてる立場だっての!!」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:25:43.30 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「…ねぇ士郎…? そこにあるものは…?」

士郎「…に、日記帳…」ゴクリ

イエス「私…それは良くないと思うんだけど…ゴルゴダのにおいがする」

ブッダ「わ、私も…キノコが見えるよ…」

ワカメ「お、おい衛宮…まさか…!?」

士郎「うわあぁああ!!」パラッ

イエス「あぁ!…あれ? 思ったより普通の日記だね」ペラッ

ブッダ「ホントだ…心配のし過ぎだったかな…」ペラッ

ワカメ「なんだよ心配させやがって…」パラパラ

士郎「お…おい、めくりすぎ…ヒィ!」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:27:43.99 ID:XvNdOgZS0
イエス「…あ…え…?」

ブッダ「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」

ワカメ「お、脅かすなよ…ヒィヤッ!!」

イエス「待って…何か、この部屋、さっきより暗いような…」

ブッダ「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子」

士郎「しかも…寒気も…」

ブッダ「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識亦復如是」

ワカメ「…もういやだ…家に帰りたいよ…助けて…神様…仏様…」グズグズ

ブッダ「はい?」

イエス「呼びました?」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:31:50.75 ID:XvNdOgZS0
もう少しで追いつく


士郎「急いで逃げよう!! ここは危険だ!…バッドエンドのにおいがする…
   …!? ド、ドアの向こうに…ナニかいる…」

イエスブッダワカメ「」

桜「うふふ…うふふふふふ…みーつけた」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:33:41.90 ID:XvNdOgZS0

桜「うふふふあれれー?先輩も兄さんもカミサマ二人もがんくびそろえてなにをしているんですかぁー?
  桜よくわかりませんだってそうでしょ?
  優しい先輩がビビりの兄さんが世界を救う神様がたが年頃の女の子の部屋に無断で入った挙句
  ものを物色して大切なそれはもう大切な私の日記帳を盗み見て面白がってるんですもの?桜にはわかりません
  でもしかたないですよね先輩も兄さんもブッダさんもイエスさんも私のことをよく知りたかっただけなんですものね?
  それなら私は期待に応えてあげないといけない気もするけどそれは私わずかしいなぁなんて思ったりもするんだけど
  でもやっぱり先輩たちがしたことは私許せないかなぁなんて思ったりもしてるしあ逃げようとしても無駄ですよ
  念のために言っておきますけど先輩方この部屋はもう私のおなかの中ですから
  キラキラ綺麗に光る英雄王でももう無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理絶対無理ですから無理です無理なのです
  あー私今とても悲しいんですけど先輩たちをぺろりと食べたらそれは美味しい味がするのかなぁって思ったりもしてて
  あっでも兄さんはワカメくさそうでちょっと嫌な気もします
  正直その髪型に会ってないですよ前々から私思ってたんですけどカッコいいとでも思ってるんですかアハハ勘違いも大概にしてください
  くくく…あのねセンパイ…私ね私ホントに哀しかったんですよ気づいてくれないかもしれないけれどだって私先輩たちはデリカシーのある人だと思ってましたから
  それに二人様は神様ではないですか神様なら何でもしていいのかしらそれはダメだと思いますあでもルール作るのは神様かもしれない…
  まぁもういいです私は許す気なんてありませんからうふふふふふふ
  でみなさん私に何か言い残したいこととかありましたらどうぞご遠慮なくいってくださいはいどうぞうふふふ」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:38:11.03 ID:XvNdOgZS0
イエス(ブッダ…私たち実家かえることになりそう…)

ブッダ(是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中)

士郎(終わったーー…)

ワカメ「アババババババアバッバババババ」

桜「うふ、うふふ…いただきます」

士郎ブッダイエスワカメ「うわああああああああああああああああ!!!!」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:40:30.89 ID:XvNdOgZS0
士郎「は…!?」

ブッダ「あ…あれ…?」

イエス「エリエリレマ…あれ?」

ワカメ「なんだったんだ…!?」

イエス「あっ、士郎君ー! どうしたの?」

士郎「あ、イエスさん! ブッダさん!! 丁度良かった!
   今から一緒に来てくれますか?」

ブッダ「え、いいけど…どこに…?」

ワカメ「僕の義妹…桜の部屋に、さ…」








桜「うふふふふ……」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:47:07.42 ID:XvNdOgZS0
ブッダ「…何か、とんでもなく恐ろしいことがあったような気がするんだけど…」

イエス「私も同じ気持ちだよ…」

士郎「慎二は一人で平気だったのかな…?」

三人「ただいまー…いっ!?」

桜「あっ、遅かったですねみなさん! もうお料理できてますよ!」ニッコリ

士郎「…あ、あぁ、悪いな桜…なんだか俺もよくわからないだけど…」

イエス「そ、そうそう、気づいたら時間だけが過ぎてて…」

ブッダ「無になって瞑想しているような状態で…」

桜「謝らなくてもいいですよ。
  さぁ、温かいうちにいただきましょう。みなさんを待っていますから」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:49:23.89 ID:XvNdOgZS0


凛(セイバーが夕飯を前にしてここまで我慢できるなんてね…)

大河(セイバーちゃん…頑張って)

ライダー(さっきから足に爪を立てて我慢していますね…
    騎士王、意志の強さは流石です)

セイバー(ご飯ごはんごはんごはんごはん…でもイエスさまきてないでもごはんごはんごはん
     …食べたい食べたい少しだけいいかなでも…やっぱダメです我慢我慢…
     でも3人とも着ていないし早くかえって来て着てきてくださいマスター…私頑張ってます…今までで一番頑張ってます…!!!)

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 21:55:48.19 ID:XvNdOgZS0
士郎ブッダイエス「遅れてゴメンねセイバー(アルトリアちゃん)〈アルトリアさん〉」

セイバー「そそそそんな、私は当然のことをしたまでです!!
     主が戻らぬのに従者が先にはしを進めるなど考えられません!」

凛ライダー桜(えーあんたがそれいうの)

ブッダ「そんなぁ、気を遣わなくてもよかったのに…でも、ありがとね!」

イエス「ホント、アルトリアちゃんは私なんかよりほっぽどしっかりしているよ!!」

セイバー「そ、それほどでも//////」てれてれ

桜(何この乙女、黒にしたいんですけど)

凛(な、納得いかねぇ…)

バゼット「ただ今帰りました!!」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:01:38.19 ID:XvNdOgZS0
全員「あ、おかえりなさーい」

セイバー「では、みなさんご一緒に!」うずうず

全員「いただきまーす!」

セイバー「ハフッ!! ハフハフハフッ! もきゅもきゅ!」

イエス「よく食べるねーアルトリアちゃん」微笑み

ブッダ「ああやって美味しそうにご飯を食べる人がいるとこっちも元気になるね!」微笑み

凛「あっ! 桜これ美味しい…どうやって作ったの!?」

桜「ふふふ、内緒です」

ライダー「大河、それは私のから揚げのはずですが?」

大河「えー? おねぇちゃんよくわからないなぁ」

バゼット「士郎。今度の仕事は長い間続きそうなのです!!
     まさに私が求めた仕事そのもので!!!」

士郎「壁殴りか…確かにバゼットにはピッタリかもしれないな」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:05:23.89 ID:XvNdOgZS0
凛「はぁー…食べたわ今日もー!」

セイバー「はい。満足の一言です」

ブッダ「これとこれは今度うちでも作ろうねイエス」

イエス「いいのブッダ!? お肉使ってるよこれ!!」

ブッダ「大豆で代用してやってみるから大丈夫」

イエス「そ、そう…」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:08:28.25 ID:XvNdOgZS0
ライダー「桜、髪が乱れてます…櫛を」

桜「ありがとライダー」

士郎「桜と凛のコンビは本当にはずれがないよ…」満足

凛「家事A+の衛宮君に言われてもねー…」

バゼット「……」

大河「あー、本当に幸せだね~…にぎやかで心地よくて…毎日がホントに楽しいもんね!」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:09:45.21 ID:XvNdOgZS0
セイバー「え…」

ライダー「…あ…」

凛&桜「藤村先生…」

士郎「……」

大河「このままずっと、みんなで一緒に入れたらいいね」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:14:26.84 ID:XvNdOgZS0
大河「…え? なによぅ…もー冗談だって!! みんないずれ国に帰っちゃうってわかってるもの!
   凛ちゃんも桜ちゃんもいつまでもここにいるわけじゃないしね!! 
   …でも、でもね、私今とても幸せだから、つい言っちゃった」

セイバー「そうですね…私も、大河と同じ気持ちです」

凛「…確かに、悪くなかったわ…」

桜「私もそう思います」

ライダー「…本当に」

イエス「そうだね…」

ブッダ「私もそう思うよ」

士郎「あぁ…藤ねぇのいうとおりだよ…」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:22:59.15 ID:XvNdOgZS0
バゼット「……」

大河「な、なんだかしんみりしちゃったね! ゴメン!!
   わ、私今日帰るね!」だっ

ライダー「…いえ、今日はとまっていってください大河」

凛「先生明日学校でしょ? ここからのほうが近いじゃないですか」

桜「お風呂も入った後だし、風邪ひきますよ先生」

士郎「もう遅いんだし、止まってきなよ藤ねぇ」

大河「み、みんなぁ…」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:26:13.82 ID:XvNdOgZS0
ライダー「…あなたはもう心は決めましたか? 騎士王」

セイバー「あぁ…これ以上停滞を続けるのは、騎士としても、王としても許されない…」

ライダー「ですが…後悔は…?」

セイバー「…ないと言えば嘘になる…この生活は、私にとって幸せすぎた…」

ライダー「ふぅーーー…私もです…ここにきて、別れが惜しくなるなんて…
     こんな生活とはもう無縁だと思っていましたから」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:31:24.06 ID:XvNdOgZS0
セイバー「……」

ライダー「……」

セイバー「でも、士郎は、彼らはまだ生きています。
     私たちの身勝手で、彼らの未来を妨げてはなりません」

ライダー「そうですね…桜も…きっともう大丈夫なのでしょう…
     それならば彼女たちのためにも、明日は、死力を尽くします」

セイバー「えぇ、悔いのないように…」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:54:01.59 ID:XvNdOgZS0
とある月の見える寺で、二人


キャスター「…宗一郎様…」

宗一郎「どうした? メディア」

キャスター「隣に座ってもかまいませんか?」

宗一郎「かまわんぞ、ほら」スッ

キャスター「…綺麗ですね、空」

宗一郎「……」

キャスター「こんな幸せ。いつまでも続けばと…思ってきました…」

宗一郎「そうか」

キャスター「…でも、宗一郎様…明日…私も戦います、凡てを、終わらせるために…
      かりそめの日々を…終わりにするために…」」

宗一郎「…そうか」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:55:31.54 ID:XvNdOgZS0
キャスター「私のわがままに付き合わせてごめんなさい…本当に…ごめんなさい宗一郎様」

宗一郎「…お前の選んだ道ならば、私は阻みはしない。
    ともに、ともに行こう、メディア」ハグ

キャスター「…え…? そ…宗一郎様…?」

宗一郎「お前が望むのなら、亭主として、妻の歩く道を作らねばならん。
    お前の盾となろうメディア。最期まで」

キャスター「………はい…」

キャスター(私は、なんて幸せ者なんだろう)

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 22:58:56.52 ID:XvNdOgZS0
とある月が見えるビルの上で二人

アーチャー(恐らく、この4日間のサイクルも今回で終わるだろう…いや、終わらせてみせる
     しかし…どうしたものかな、それを惜しむ自分がいるというのは)

ランサー「おい、何さみしそうに黄昏てやがる、この生活に未練でもあるのか?」

アーチャー「…まったく悪趣味な狗だ、人の杞憂を盗み見るとは」

ランサー「てめぇの減らず口も大概だろが。
     俺も、明日はマジだ…世界とやらがどれだけ偉いかはしらねぇが…
     最強の二人までよこしてきて仕事が果たせないんじゃあ英霊の沽券に係わるからな」

アーチャー「無論だ。それに私に未練はない…未練はな…」

ランサー「一つ言っとく。お前はあいつらとは違う。ああいう存在にはなれねぇよ」

アーチャー「いわれるまでもない…俺ではあの足元にも及ばないだろうからな…」

ランサー「当たり前だ。あれの前じゃあ金ぴかも霞む。半分以上神の英雄でもな」

アーチャー「…何が言いたい?」

ランサー「お前という人間は、綺麗じゃなくても、死力を尽くして、最善を尽くしてここにいる。違うか?」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:01:24.93 ID:XvNdOgZS0
アーチャー「……」

ランサー「あんな規格外にあてられたくらいで、迷うなよエミヤ。
     言いたいことは、それだけだ」

アーチャー「…フッ…らしくないな」

ランサー「あぁ、俺も不思議なくらいだ… 
     気づかないうちに、このぬるま湯生活にあてられちまったらしい…」

アーチャー「…そうだな…悪くはなかった…」

ランサー「じゃあな。どんな結末になろうが、お互い悔いは残さないようにしようや」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:05:01.93 ID:XvNdOgZS0
カレン「今更、私に話とは? お父様」

綺麗「…いや、明日で最期になるだろうからな…」

カレン「…」

綺麗「知っているだろう? 私はこの4日目を越えることはできない」

カレン「えぇ、あなたの心臓は聖杯からにじみ出た泥でできている。
    明日、聖杯が消えれば、あなたの命も消える」

綺麗「だから、話しでもと思ってな」

カレン「今更ですか? まともに私を育てもせずに
    お母様まで理不尽に奪ったあなたが? 今更私に何を言うのです?」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:09:26.58 ID:XvNdOgZS0
綺麗「1人にして、すまなかった…それだけだ」

カレン「っ…!」

綺麗「…私は卑怯な男だ…死ぬ前になって、自分だけ救われようとするとは…」

カレン「……言いたいことはそれだけですね?」

綺麗「…」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:13:29.69 ID:XvNdOgZS0
眠すぎワロリン


そして、運命の4日目が幕を開ける

イエス「あと一日…」

ブッダ「明日か…」

アンリマユ「……」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:15:58.88 ID:XvNdOgZS0
その日士郎は夢を見た。
二人の偉大な聖人の夢を。

因習を打破すべく、文字通り命を賭して突き進んだ者たちを。
その物語は多少の差異はあれども、おおむね史実と違うことはなかった。

彼らはどれほどの絶望をくらってきたのだろうか。
普通ならば、世を人を神をも憎み外道に果ててしまうような彼らの生。
それでも彼らは希望を捨てず、鋼の信念を以て。世を去った後でさえも、自らの意志ではなく、世界中の望みにより
世界に居続け、人々の悪を前に還元してきた。

そんな彼らはとても羨ましく、衛宮士郎にとっても眩しすぎた。


士郎「アーチャーが嫉妬するのも分かるよ…」

そして士郎は、

より深い微睡みの中に落ちて行った。

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:22:21.15 ID:XvNdOgZS0

終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう
終わりにしよう
終わりにしよう終わりにしよう終わりにしよう
終終終わ終わ終終終終わりりりりりりりりりりりりりりりりりりり




凛「…みや…!……宮君!!…衛宮君!!」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:27:07.19 ID:XvNdOgZS0
士郎「……ん…あ…? ど、どうした遠坂? そんなにあわてて…」

凛「良かった…! あなたも目を覚まさないかと…」

士郎「ど、どういう…!?」

凛「一から説明している暇はないわ…残念ながらね」

士郎「まだこんなに暗いのにどうして…ってもう8時過ぎてるのか!?
   じゃあなんでこんなに…いや、この感覚は身に覚えがある…まさか」

凛「そのまさか。もうすでに、あいつは巻き戻そうとしているわ…それもとんでもない規模で」

士郎「でも…まだ一日あるのにどうして」

凛「何かが狂っている…恐らく、あちらも今回のループでどんなものがが召喚されたのか気づいたに違いない。
  まともにやりあっては勝てない。だから早めに片を付けてしまおうという腹なのよ」

バゼット「セイバー、どうでしたか?」

セイバー「バゼット、凛。やはり時間は町全体で停止しているようです…」

アーチャー「こちらもだ。以前と同じく、橋の向こう側には夥しい数の亡者の群れ。
      いや…規模では今までと比べ物にならん」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:33:03.34 ID:XvNdOgZS0
士郎「俺が寝ているうちに…そんなことが…」

桜「姉さん!カレンさんたちを連れてきました! あ、先輩目を覚ましたんですか!?…良かった」

士郎「え…?」

凛「あんた理由はわからないけどさっきまで意識不明の昏睡状態だったのよ」

セイバー「まるで時が止まったかのようでした」

バゼット「私が殴っても目を覚まさず…」

士郎「…そうなのか、心配かけてゴメン…(だから頬が痛いのか)」

桜「いえ、でも安心しました」

カレン「そのことよりも、あれを何とかしないと…あの二人はまだ目覚めないのですか!?」

士郎「二人?」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:36:30.87 ID:XvNdOgZS0
凛「わからない…」

綺麗「彼らはこの聖杯戦争に直接かかわったことはない…戦争にかかわったもの以外のときが停止した前例から断ずるに、
   最悪終わりまで時が止まったままということもありうる」

キャスター「あら、起きたの坊や?」

凛「キャスター! 彼らは…?」

キャスター「…駄目ね…上位世界からの介入がある…神代の魔術一通り試したけれど…私の魔術では彼らを呼び戻せない」

綺麗「やはり…彼らの加勢は期待できないか…つくづく絶望的というわけだ」

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:38:31.01 ID:XvNdOgZS0
カレン「…ランサーですか? そっちの状況は?…わかりました」

凛「…どう、カレン?」

カレン「ランサーからの伝言です。敵はまだ動きを見せないが…
    仮に動き出せば、一刻はどうにかすると」 

セイバー「ケルトの大英雄と慢心なしの英雄王ですら一時間…」

士郎「敵側の戦力は具体的にどの程度だったんだ…?」

アーチャー「今までの優に100倍。展開地域は相違ないが、量は多すぎる。
      加えて奴らは際限がない…」

カレン「そして一番最悪なのが…」

綺麗「まだ聖杯は姿を見せていない。
   つまり、我々は敵の大元を叩くことが現時点では不可能」

キャスター「…今まで通り、聖杯が現れるのは4日目の深夜ということもあり得るわけ」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:42:04.22 ID:XvNdOgZS0
士郎「深夜…!? あの数を…10時間以上もどうやって…?」

凛「だから考えるしかない。あと16時間食い止めるか、あいつをここに引きずり出す方法をね」

セイバー「我々サーヴァントが、最大限の供給を受け、かつ令呪で魔力を底上げしても、5時間保つことは厳しいでしょう」

バゼット「我々魔術師が加勢しても1時間稼げるかどうか…

桜「私の魔力を皆さんにつなげれば何とかなりませんか?」

キャスター「ダメね…危険すぎるわ。仮にも聖杯からこぼれ出た魔力ですもの。
      いつ反旗を翻すか予想できない」

カレン「…そう。ご武運を、ランサー。それと、隣のツンデレにも感謝を」

カレン「敵が動き出しました。まっすぐ、ここを目標に」

綺麗「やはりこの二人を呑み込む算段か…貪欲なことだ」

凛「1人で聖杯に匹敵するほどの魔力の塊だもの…あいつは何をしてもほしいはず。
  それに…」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:46:22.50 ID:XvNdOgZS0
アーチャー「凛。そろそろ我々も行くべきではないか? 英雄王が健在のうちに少しでも数を減らしたい」

凛「えぇ、わかってるわアーチャー…」

士郎「セイバー、俺たちも行こう!」

セイバー「いえ、あなたはここに。キャスター。私と契約を」

キャスター「はいはいルールブレイカ―ルールブレイカ―」

士郎「な、なんでさセイバー!? 俺だって戦える!」

セイバー「いえ士郎。あなたは事戦力としては不十分だ。
     私が全力で戦うならば、あなたへの負担はけた違いになる。
     それに、士郎にはやってもらわなければならないことがありますから」

凛「二人をお願い。多分…あんたみたいな奴にしか、彼らを呼び戻せない。
  この際奇跡でもなんでも願ってやるわよ」

綺麗「似た者同士ならば、もしかしたらということもある」

士郎「あんな偉人たちに…俺…なにができるってんだよ」

キャスター「あなたとあの二人の症状はほとんど同じだったわ。
      でも、あなたは目を覚ました。少しでも可能性に賭けるなら、あなたしかいないのよ坊や」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:48:38.03 ID:XvNdOgZS0
士郎「……でも」

凛「いえ、決まりよ衛宮君。アーチャーとセイバーとバゼット、それと私は橋でギルガメッシュたちの援護。
  キャスターそれと葛木先生とアサシンは橋を飛び越えた亡者の排除。桜とライダーは空中を
  綺麗とカレン、そして士郎はここで最後の砦」

綺麗「期待通りの采配だな遠坂」

バゼット「分かりました」

セイバー「了解です。キャスター準備を」

キャスター「はいはい」

ライダー「桜」

桜「えぇライダー。じゃ、姉さん」

凛「あとでねみんな」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:55:02.07 ID:XvNdOgZS0

士郎「…ふぅー…」

綺麗「ここも戦場になるのは時間の問題だ。カレン。我々も外で向かえ撃つぞ」

カレン「えぇ、お父様。後は任せたわよ、衛宮士郎」

士郎「あぁ、俺にどこまでできるのかわからないが、やるだけやってやる!!」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 23:56:18.40 ID:XvNdOgZS0
ランサー「ははは!! ひっさびさだぜこんな戦はよぉ!!
     全力をかけて戦うなんて今回なかったからな!!」

ギル「ふん…後から後からせわしない塵だ…」

ランサー「しかしよ、お前が前線張るとはどういう風の吹き回しだ!?
     マスターの精神でもうつったか!?」

ギル「わめくな狗。我としてもこの様な愚物は目に余るだけ。
   ただ物量だけで押しつぶすなど風情の欠片もないわ」

ランサー「それをお前が言うかよ!」

ギル「口だけは達者だな。骨でもくれてやろう」

ランサー「この戦いが終わったら有り難く頂くとするわ」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:02:03.59 ID:Vbhd9p6Q0
アーチャー「待たせた。状況はどうだランサー」

ランサー「まぁ予想通りだ。あそこでやる気満々な金ぴか入れてもって2時間ってとこか。
     で、神さんはやっぱダメか?」

アーチャー「現時点ではな」

ランサー「なるほど、打つ手はあるってことか。ありがてぇ…戦は勝ってなんぼだ」

凛「私たちは橋を死守するわ。ランサーも加勢してくれる?」

ランサー「もちろんさ嬢ちゃん。あそこの金ぴかは一人でやりたいみたいだしな。
     それが分かってるからあんな場所で大暴れしてるんだろ。
     だったら漏れ出たやつが街に入らないようやりきるまでよ」

セイバー「えぇ。士郎がお二人を連れてくるまで、ここは守り抜きます」

ランサー「劣性極まり、だが…高名な英霊達と背中合わせに戦うことなんて二度とねぇ…
     俺は最期の瞬間まで楽しませてもらう」

アーチャー「調子に乗って帰還しないようになクーフーリン!」

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:08:42.77 ID:Vbhd9p6Q0

桜「凄い数…まるで地獄…」

ライダー「私から離れないでください桜。奴らは思わぬところから来ます」

桜「ふふ、優しいねライダーは。でも、私だってただ半年間過ごしてきたわけじゃない」

ライダー「分かっています。だから、一緒にやっつけましょう、奴らを」

桜「うん!」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:13:18.20 ID:Vbhd9p6Q0
キャスター「くたばれやおんどりゃー―!!」ズバーン!!

アサシン「…何とも…気迫が伝わるな…」ヒュパッ

キャスター「立たんかい貴様らー!! 私の新婚邪魔しやがってよこのカスが!!」メキャッ!!

宗一郎「……」ドスッ!!

アサシン「なぁ宗一郎。女房の暴走を止めるのも亭主の役目と思うのだが」ズパッ!!

宗一郎「……」ドガッ!! バキッ!!

キャスター「あたしゃー絶対に許さんけぇのぉー!!」ズバシャーーン!!

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:23:23.99 ID:bsZQ1KfD0
イエス「え?……こ、ここは…?」

イエス「おーい! うーん…夢じゃないし…うん、ほっぺ痛い…」

イエス「…あれ…? ブッダ!? みんなー!!」

イエス「…私、どうしちゃったんだろう…」

アンリマユ「よぉ…救世主さん」

イエス「!?……君は…そうか、君だったのか…アンリマユ」

アンリマユ「驚くほどでもねぇだろ? あんたが凡ての善なら、俺はその反対にいる」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:29:23.03 ID:bsZQ1KfD0
イエス「…君がどれだけ苦しんだかは知っているよ…私が唯一救えなかった…ヒト」

アンリマユ「まぁ、今更過ぎるだろそんなこと。あんたはここで天界に帰るまで大人しくしてろよ。
      釈迦公も同じような状態さ。唯一の後悔に直面してさぞかしのたうちまわっているだろうよ」

イエス「…君は、何をしたいんだい?」

アンリマユ「俺の中の膿を世界にぶちまける。そもそもが人間のものだ。
      きちんと持ち主に返してやるさ」

イエス「そんな…八つ当たりだよそれは」

アンリマユ「当たり前だろ? 俺も八つ当たりで酷い目にあった。
      因果応報ってやつさ」

イエス(…マズイ…アンリマユの悪意に人類が飲まれたら…まず助からない…
   そもそも、あれを受けても平気な存在はもう人とは呼べない…)

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:30:34.43 ID:bsZQ1KfD0
アンリマユ「いっとくが、外にはださねぇよ…でたきゃご自分でどうぞ?
      あんたらはイレギュラーだ、今回の戦いには参加権利がないからな」

イエス「それでも、君は間違っているよ。人間は君が思ってるほど悲観していない。
    それは私が身をもって知っているもの」

アンリマユ「甘ったるいよセイヴァー。どっちにしろ俺は止まれない。
      人類の滅亡自体が存在理由になっちまってるからな…どうにかしたいなら、聖杯自体を叩くしかない」

イエス「…?」

アンリマユ「わからねぇかセイヴァー? 聖杯は第一、何を以てそう呼ばれてたんだよ?」

イエス「………あ」

イエス「……私の、血…?」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:37:49.08 ID:bsZQ1KfD0
時空が歪む

士郎「イエスさん!!」

ブッダ「イエス!! だいじょうぶ!?」

イエス「ふ、二人とも…!?」

アンリマユ「あらら、ヒーローはともかく…釈迦公はどうしてこっちにこれたんだろな?」

ブッダ「正直あの程度の苦行なら、生前にバラモン目指してた時のほうが100倍キツイよ」

アンリマユ「マジかよ…相変わらずとんでもねぇメンタルしてやがるな…」

ブッダ「まぁ、キャリアの差かな」

イエス「アンリマユ、君は…」

アンリマユ「おっと、それ以上は無しだ…セイヴァーさんよ」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:41:52.86 ID:bsZQ1KfD0
イエス「いいや士郎君。あれは君の殻をかぶったアンリマユ(凡ての悪)
    …でも」

アンリマユ「行けよセイヴァー方、それと正義の味方。
      ここからはあんたらの専売特許だろ?」

ブッダ「…アンリマユ…」

アンリマユ「俺は存在として人類を滅ぼさずにはいられない。
      だが、俺の意志では、実はそうでもなかったりする」

イエス「…」

ブッダ「……」

士郎「あんた…」

アンリマユ「よう兄さん。元はといえばあんたのせいなんだぜ?
      だから、しっかり責任とってくれよな」

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:42:56.83 ID:bsZQ1KfD0

ギル(クソ…バビロンが尽きる…雑種…まだか…?)

凛「はぁはぁ…はぁ…はぁ…アーチャー…? 大丈夫…?」

アーチャー「はぁ…はぁ…はは、マスターに心配されるようでは、私も未熟というものか…」

セイバー「ランサー!!…今助けに…くっ…どけっ!!」

ランサー「来るなっセイバー!! もう…どうにもならねぇ!!…」

セイバー「ランサー! 諦めるな!! 士郎が、士郎がもう来ます!!」

凛「衛宮君…早く…!」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:43:22.13 ID:bsZQ1KfD0
キャスター「宗一郎様…?…アサ、シン…?…なんで…?」

アサシン「ふぅ…危なかったな女狐、はは、何を不思議そうな顔をしている?
     主を守るのはサーヴァントの務めであろう?」

宗一郎「…お前は生きろ…メディア」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:47:37.22 ID:bsZQ1KfD0
桜「ライダー!! しっかりしてお願い!…あぁ…こんなに血が…どうしよう…
  止まらないよ…ライダー…! そんな…いや…」

ライダー「凛のところへ行ってください…桜。あなたまで、私に付き合う必要はありません…
     どのみち…消えるのですから」

桜「そんなのだめ!! 先輩が来るから、諦めないで…ねぇ、ライダー…!!」

ライダー(…うれしい…私のために、泣いてくれる人がいるなんて…)

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:54:04.62 ID:bsZQ1KfD0
カレン「…どうして?…人の不幸を見て楽しむはずのあなたが…?」

綺麗「…さぁ…救世主の霊気にでもやられたのかもしれん…カハッ…」

カレン「止血を…まだ、まだ間に合いますから…そんなの許せない…
    私のせいで死ぬなんて…そんなの…」

綺麗「…早く逃げろ、どこか遠くへ。生きろ…娘よ」

カレン「父さん…!」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 00:59:42.28 ID:bsZQ1KfD0
もはや亡者の群れは地を覆い空を覆い。
世界を覆い隠そうとしていた。太陽は未だ姿を見せず、亡者の赤い瞳が禍々しく灯る。

その時

闇を打ち払うようにして、二つの光の柱が冬木市に降り注いだ。






釈迦牟尼仏陀「……」

イエス=キリスト「…悔い、改めよ」

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:04:28.95 ID:bsZQ1KfD0
釈迦牟尼仏陀「…キリストよ。私は亡者の相手を」

イエス=キリスト「分かりました。…衛宮士郎。私に杯を」

士郎「…は、はい」

ギル「ははは…何の冗談だ…? これは」

釈迦牟尼仏陀「今を以て、すべてのサーヴァントは私の契約下に。
       存分に戦い、殲滅せよ」

イエス=キリスト「あーあ、ブッダやっぱりマイワールドはいっちゃってる…
        あぁなったらもうしばらく止まらないよブッダは…」

士郎「素に戻るのはやっ!!」

イエス=キリスト「まぁ、登場くらいカッコつけようと思って…」

士郎「えー…軽いんだからもう…」

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:06:23.66 ID:bsZQ1KfD0
釈迦牟尼仏陀
筋力A++
耐久EX
魔力EX++
俊敏A+
幸運測定不能
宝具測定不能

スキル
カリスマEX++
英霊ですら虜になるレベル

神性EX++
もはや神と同義

天上天下唯我独尊
サーヴァントの強制契約を行う(数制限なし)
さらに支配下のサーヴァントの全ステータス、スキルは2段階繰り上げられる。

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:09:41.88 ID:bsZQ1KfD0
凛「温かい…今までの痛みや疲れが嘘みたい…これが…」

桜「神の…仏の力…」

セイバー「凄い…内から湧き上がる力…今までとは比較にならない…」

ランサー「亡者どもがこれじゃ可愛そうになるな!! 邪ッッ!!」

メデューサ「神性がA+に戻っている…? いえ、それ以前に…この力は…
      堕ちる前よりもずっと…!」

釈迦牟尼仏陀「英霊エミヤよ、私の背中をそなたに任せよう」

アーチャー「……お任せを、塵すらあなたに届くことは無い」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:13:05.61 ID:bsZQ1KfD0
キャスター「宗一郎様、アサシン、EX級の準備をするわ。援護をお願いします」

アサシン「承ったマスター私が道を開こう」

宗一郎「ならば私が前をゆく」

綺麗「気分がいい…実にいい気分だ…久々だ、全力で戦うのはな」

カレン「援護しますよ、お父さん」

士郎「イエスさん…いくらブッダさんでもこの数じゃ…」

イエス=キリスト「大丈夫。中二病全開モードのブッダがいるなら父さん相手でもドローだから。
        それより、私たちは聖杯を破壊しよう」

士郎「…はい!」

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:16:38.89 ID:bsZQ1KfD0
キリストが自らの血を杯にささげる。
たちまち、その杯はどす黒いうめき声をあげて、もう一つの聖杯となる。

イエス「この聖杯と、今隠れてる聖杯はリンクしてる」

士郎「つまりそれを壊せば、すべてが終わると…?」

イエス「そういうこと。でも気を付けないといけないのは、この壊し方でね。
    膿が漏れないようにうまくつぶさないといけない…でも私にはあいにくそんな宝具は多くなくてね…
    だから、士郎に任せるよ」

士郎「俺が…?」

イエス「うん。君が考え得る得る最大の武器なら、これを破壊できる…
    私たちのことは夢で見たでしょう? ならば、イメージはもうあるはずだよ」

士郎「あぁ…わかってる…あとは、俺が再現できるかどうか…」

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:19:50.47 ID:bsZQ1KfD0
士郎(投影…開始)

イエス(あー、トラウマ蘇りそう)

士郎「基本骨子投影完了…全投影再現…」

イエス(いたた…あー…横っ腹が疼く…)   

士郎「イエスさん!!聖杯を!!」

イエス「いいですとも!」



士郎「ロン―――ギヌス!!(神を殺傷せし奇跡の残り香)」




―――かつて神の子を傷つけ奇跡となった切っ先は、ただまっすぐと、それを貫いた―――

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:23:38.58 ID:bsZQ1KfD0
後日談

繰り返しの4日が終わり、世界は滅亡を免れた。
聖杯はもう魔力をすべて放出し、ただのマグカップへと戻ったらしい。
遠坂が欲しがっていたのだけど、結局イエスさんが湯呑代わりに使ってるんだとか。

繰り返しの4日間。
無意味のようで、意味があったあの日々。
俺たちはあそこでたくさんの思い出と、出会いと、そして別れを経験した。

でも…奇跡は、それだけで終わるほどチャチな作りはしてなかったみたいだ。



アルトリア「士郎、学校が始まります。支度を」

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:25:34.59 ID:bsZQ1KfD0
士郎「あぁ、今いくよセイ…いや、アルトリア」

大河「ちょっとアルトリア! 士郎!!、お姉さんをおいて行かないの!!」

士郎「遅いよ藤ねぇ…ほら、ネクタイ曲がってる」

アルトリア「士郎。お弁当は持ちましたよね?」

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:27:58.01 ID:bsZQ1KfD0

メデューサ「おはようございます藤村先生」

桜「おはようございます先生…でも、学校でその呼び方でいいんですか?」くすっ

大河「いいのいいの! 桜ちゃんは桜ちゃんなんだから!!」

士郎「おい藤ねぇー! 自分の分の弁当忘れてるよ!!
   あ、おはよう桜、あとライ…メデューサ先生」

桜「おはようございます先輩」

メデューサ「おはよう衛宮君」

士郎「おう!…あぁ、そうだ桜、今日慎二が話があるって言ってたぞ?
   顔見せてやってくれないか?」

桜「へぇ~…考えておきますね」にこっ

一成「衛宮…どうしてお前は…そんな雌豚と…!!」ギリギリギリギリ

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:31:07.58 ID:bsZQ1KfD0
メディア「宗一郎様~!! ネクタイが曲がっています!!
     これは大変! すぐにお直ししますね!」

宗一郎「メディア、嬉しいのだが…そろそろ時間が…」

メディア「今日は晩ごはん何に致します?
     私最近料理教室に行き初めまして…宗一郎様が望むならなんだって…///」

宗一郎「メディア、ネクタイから手を放してくれるとうれしいのだが」

メディア「あっ、あやいやだわたくしったら…では…宗一郎様…」そっ

宗一郎「…あぁ」チュ

メディア「~~~!!!//////」じたばたじたばた

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:31:36.46 ID:bsZQ1KfD0
小次郎「…なるほど、そう来るのか、やはりやるなアルトリア」

アルトリア「あなたこそ、佐々木先生。私も腕が鳴ります」

小次郎「ふふ、臨時教員とはいえ、思わぬ収穫もあったものだな」

アルトリア「それはこっちのセリフです…では、今一度」

小次郎「うむ。行くぞ!!」

アルトリア「騎士王の一撃、受けてみよ!!

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:33:32.87 ID:bsZQ1KfD0
エミヤ「…凛。おい凛!! 君、学校は良いのか?」

凛「…むにゃぁ~…はぁ…? なぁに言ってるの…アー…チャー…?…今日は…」

エミヤ「…私の鷹の目に狂いがなければ、間違うことなく水曜とカレンダーに書いてあるのだが…」

凛「えへへ…そりゃ~たいへんじゃ…じゃあ抱っこしてあーちゃー…」にへへ

エミヤ「…凛、凛!…はぁ、まったく」だきっ

凛「あうー…じゃあ一緒におやすみなさぁい…」zZZ…

エミヤ「おい凛…やれやれ…困ったマスターだな」

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:35:20.98 ID:bsZQ1KfD0
バゼット「クーフーリン! 私はこれから“仕事”ですが、あなたは?」ふふん

クーフーリン「…はいはい、どうせ俺はプー太郎ですよ…
       仕事見つかった途端これだからなぁ…」

バゼット「ねぇねぇ! 私の“仕事現場”に興味はないですか? “お給金”には?」

クーフーリン「あーうるせぇうるせぇ! 俺はこれから釣りなの!
       川で静かなひと時を楽しむの!!」

バゼット「そうですか…大変ですね…“職”のない人は」にへら

クーフーリン「バゼット……いい性格してんなまじで…」ギリギリ

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:37:59.06 ID:bsZQ1KfD0
カレン「ねぇ~パパ~!! カレンね、新しいお洋服が欲しいなぁ~…」

綺麗「なんだって!? それは大変だ、もちろんパパが何とかするよ!!」キラキラ

カレン「えっ!? いいのパパ!?…じゃ、一緒に来てくれる!?」ぱぁぁぁ

綺麗「もちろんだとも。可愛い娘のためなら、命だって惜しくはないよ」キラキラ

カレン「もぅ…カレンパパ大好き///」

綺麗「パパもさ、カレン。はっはっは」キラキラ

ギル「もういやだこの教会…三枝さんのところに行きたい…」げっそり

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:41:04.93 ID:bsZQ1KfD0
イエス「ふぅー…冬木市も悪くないねぇブッダ」

ブッダ「うん。で、どうなの? その元聖杯?」

イエス「これ凄いよ…これに入れた飲み物は全部信じられないほどおいしくなるんだもの!!」

アンリマユ「つーか俺も一緒に住んで平気なのかよ?
      仮にも神の敵よ? 俺…」

イエス「平気平気~! 父さんも許してくれたから、しばらくは3人で行こうよ!」

ブッダ「でも最近マーラが怖いんだよ…なんであいつと一緒に住めて俺とは住めないんだ!? ってね…」

イエス「それは私も…ルシファーがねぇ…」

アンリマユ「あんたらも大変そうだな…ま、しばらくよろしく頼むわ」

イエス「あ、そういえばブッダ…約束覚えてるよね?」

ブッダ「え…? な、何のことイエス?」ドキッ

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 01:43:06.62 ID:bsZQ1KfD0
イエス「またまた~…ほら、最新型のノート…」

仏陀「……イエス。私の一か月の生活費、いくらか知っていますね?
   3人で28万円ジャスト…ここからどうやってそれを買うお金が?」

イエス「えっ…? どうして光ってるのブッダ?…私、何か悪いこと言った!?」びくびく

アンリマユ「ったく…都合悪いとすぐ光るからなこの釈迦公…」

仏陀「何か? アンリマユ」コォォォォォ

アンリマユ「マジ止めて。俺浄化しちまう…」

イエス(仕方ない…今度アーチャーさんに投影してもらおう)

仏陀「何か下世話なこと考えていませんかイエス?」

イエス「な、なんでもないよ…信じて、ね?」

アンリマユ「やれやれ…」

おしまい




イリヤ「な…なんか納得いかなーい!!!」


終わり