1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 05:18:27.26 ID:a8YAwEea0
士郎「最後まで残って遅れを取らなかったと言ってたし、さぞや無双したんだろーなー」

士郎「さすがだぜセイバー!再生ボタンぽちっとな」

引用元: 士郎「Fate/Zeroでセイバーの活躍でも見ようかな」 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 05:19:21.27 ID:a8YAwEea0
士郎「ほうほう初戦はランサーか…しかしイケメンだな///」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 05:22:18.86 ID:a8YAwEea0
士郎「ほうほうこれが騎士の果し合い、時代劇みたいだな」

セイバー「士郎…なにを見ているのです?」

士郎「お!いいところにきたセイバー!Fate/Zeroの録画だよ」

士郎「えらく活躍したんだろ?」

セイバー「な!ちょっとまってください!」

士郎「今ランサーの場面だ、よおおしはじまるぞーー!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 09:27:59.21 ID:PF2l7DiS0

セイバー「騎士の誇り~」キリッ

セイバー「左手~」キリッ




士郎「…………」

セイバー「ち、ちがうのです士郎!」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:18:54.74 ID:PF2l7DiS0

士郎「なあ」

セイバー「……はい」

士郎「なんで鎧外した」

セイバー「あの……ゲイ・ジャルグが……」

士郎「でもそのせいでゲイ・ボウで刺されたよな。そんで序盤からピンチだよな」

士郎「お前の『直感』スキルってなんなの?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:24:29.91 ID:PF2l7DiS0

士郎「つうかバーサーカーに狙われてるのは完全にセイバーのせいだよな」

士郎「ネットでネタバレみたけどさ~、自分の家来くらい覚えておいたらどうよ。向こうなんてバーサーカーなのにちゃんとおぼえてたじゃん」

セイバー「か、彼の宝具のせいです」

士郎「にしてもさ、剣筋とか体格とかで分かんないもんかな? 一応騎士団でもトップランカーだったんだろアイツ」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:28:37.51 ID:PF2l7DiS0

士郎「キャスターにしてもセイバーのせいで狙われてるしさ」

セイバー「……あれは不可抗力です」

士郎「左手云々のくだりあるじゃん、あれなに? 颯爽と出てきてフルボッコwww」

士郎「ランサーいなきゃ敗退だったじゃん」

セイバー「し、小説版ではもう少し粘りました!」

士郎「でもフルボッコなんだろ」

セイバー「…………」グス

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:32:04.64 ID:PF2l7DiS0

士郎「もうさ、ライダーの誘いにのって部下になった方が良かったとすら思えてきたわ」

凛「士郎、さすがに言い過ぎよ」

イリヤ「そうよ!」

士郎「ロリ要員は黙っててくれないか!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:36:08.19 ID:PF2l7DiS0

士郎「セイバーは半端なんだよな。王を名乗ったり、騎士を名乗ったり。忠義だの忠誠だの言ってるくせにやたらと我を通そうとするし」

セイバー「」グスグス

士郎「そりゃじいさんもアサシンとかの方が良かったって言うわ」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:41:30.30 ID:PF2l7DiS0

士郎「そうだ、桜」

桜「私ですか?」ビクビク

士郎「おじさん、頑張ってたよな」

桜「そ、そうですね」

士郎「間桐で育つとストーカーやヤンデレに育つのか? 桜もだけど雁夜も大概だぞ。校内皆殺しにしようとしてた慎二が、間桐で一番まともに見えるわ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:48:32.80 ID:PF2l7DiS0

士郎「あとセイバーさぁ、俺に召喚された時に大事な大事な鞘が俺の中に有るって気づけなかったわけ?」

士郎「じいさんが持ってたわけだし、俺がセイバーを召喚できた理由とかやたらと怪我が治るの早いとか、伏線だらけじゃん」

士郎「つうかゲイ・ボウの怪我だけど鞘を一時的に返してもらえば治ったんじゃないの? もっと臨機応変に動こうぜ。じいさんやアイリさんにも言えるけど」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:53:45.63 ID:PF2l7DiS0

セイバー「……シロウだって……」

士郎「ん?」

セイバー「シロウだって魔術師としては半人前じゃないですか。前回はともかく今回手こずったのはシロウの未熟で魔力供給が足りなかったり、正義の味方wのせいじゃないですか!」

セイバー「斬られたり刺されたり操られたり斬られたり刺されたり操られたり……」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 10:59:27.04 ID:PF2l7DiS0

士郎「でも勝つじゃん。俺結局勝つじゃん。幾度のタイガー道場を経つつも最終的に勝つじゃん」

セイバー「わ、私だって切嗣がマスターでなければ聖杯を手にしていました!」

士郎「『アイリスフィール。貴女は私が守り抜きます』キリッ」

セイバー「…………」

士郎「無理無理無理無理wwあの人が聖杯っすからwwww」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 11:11:32.28 ID:PF2l7DiS0

士郎「アイリスフィール=聖杯とかめっちゃ重要情報じゃん。それ教えてもらってないとかwwどんだけ信用されてないんだよ騎士王サマwwww」

セイバー「うぅ」ポロポロ

イリヤ「なーかした、なーかした♪ シロウがなーかした♪」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 11:19:29.69 ID:PF2l7DiS0

セイバー「私だって頑張ってるのに。キリツグは信用してくれないしシロウはなんど言っても無茶するしそもそも生前だってマーリンは私をからかうしランスロットは妻を奪ってくし」グチグチ

セイバー「ガウェインは私を王という器としか見てないし義姉は鞘盗ってくし息子は殺そうとしてくるし蛮族の相手はもはや無理ゲーだしご飯は不味かったし」グチグチ

セイバー「シロウは、働けとか、働かずに食べるご飯は美味いか、とか言ってくるし。私は王様なのですよ」グチグチ

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 11:26:36.35 ID:PF2l7DiS0

士郎「あ~あ。もっと従順で強くてちゃんと働いてくれるおっぱいの大きい美人のサーヴァントが良かったな~」

セイバー「はいはい。どうせ私は無いですよ。だって成長止まってますもん。女ってバレちゃ駄目ですもん」

桜「先輩、そろそろ許してあげたら……」

士郎「非処女に発言権はない!」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 11:35:24.89 ID:PF2l7DiS0

ライダー「シロウ、いったいこれは何の騒ぎですか」

シロウ「ライダーはいいんだよ、気にしなくて。従順だし強いしちゃんと働いてくれるしおっぱい大きいし美人だから」

ライダー「い、いきなりなんですか//」

士郎「セイバーがせめて黄金律とか持ってればな。現状じゃ、ただのエンゲル係数増加装置だし」

士郎「ギャンブルには強いそうだけど見た目が若いからパチンコも競馬場も無理だし」

士郎「いっそフードファイターにでもなれよ、騎士王サマww」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 11:50:26.72 ID:PF2l7DiS0

士郎「つうか、第四次第五次とマスターの命令聞かないんだしさ。セイバーよりもバーサーカーの方が似合ってんじゃねぇの?」

イリヤ「どうせエクスカリバーはほとんど使わないしね」

セイバー「そんな!?」

凛「(たしかに)」

桜「(たしかに)」

ライダー「シロウが真名開放出来なくても使える武器を出せばかなり強いでしょうね」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 11:59:13.59 ID:PF2l7DiS0

士郎「そういや、第四次に優雅なおっさん居たよな」

セイバー「ギルガメッシュのマスターですか?」

士郎「そうそう。アイツ結局何したんだっけ?」

士郎「弟子や監督役と組んでズルして。ギルガメッシュには言うこと聞いてもらえてないし。最終的には弟子にもサーヴァントにも裏切られてwwwwあぼんwwww報われない指数なら英霊クラスじゃねwwwwwwww」

凛「…………」

桜「…………」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 12:11:24.69 ID:PF2l7DiS0

士郎「あと雁夜は以外とマスター適性高いし。ランスロットもバーサーカー以外でも強い、というかむしろバーサーカー以外の方が強いだろうし。臓硯が本気ならマキリの一人勝ちじゃね」

士郎「臓硯何やってんだよwwww」

士郎「あと水銀親父。荷物受け取りミスでサーヴァント奪われるとか。もう辞めちまえよwwww」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 12:16:20.18 ID:PF2l7DiS0

士郎「あと何よりアサシンだよ。アイツの聖杯への願い知ってるか? 『多重人格を治したい』だってよ」

士郎「ww」

士郎「wwww」

士郎「wwwwwwww」
士郎「ちっさwwww願い事ちっさwwww何でも叶えられんのにwwwwもう聖杯戦争とかいいから病院で治してもらえよwwwwwwww」

士郎「ギャルのパンティおくれクラスwwwwwwww」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 12:33:22.60 ID:PF2l7DiS0

士郎「あとギルガメッシュも自分の宝(聖杯)を取り戻すために参加してるらしいけど、そもそもお前のもんじゃねぇしwwwwwwww」

士郎「『全ての宝は我が宝物庫にあった物』キリッ。
だっておwwwwwwww」

士郎「我の物は我の物、お前の物は我の物ってか。やかましいわwwwwwwwwwwww」

士郎「しかも友達一人しかいないぼっちとかwwwwwwwwしかもそいつも人間かどうか怪しいしwwwwwwww」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 12:44:19.13 ID:PF2l7DiS0

士郎「キャスターは報われてるよな。ジャンヌwに合えるし、宗一郎様と巡り合えるし」

士郎「それにひきかえ、ランサーはもうあれだな。歴代不幸だな」

士郎「マスターにも恵まれないし、最後も報われないし。もう聖杯戦争にランサーのクラス出してやんなよwwwwwwwwただの引き立て役じゃんwwwwwwww」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 12:45:52.03 ID:PF2l7DiS0

バゼット「なんの騒ぎですか?」

士郎「来たかダメット。というか駄目人間」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 12:51:01.04 ID:PF2l7DiS0

バゼット「だ、駄目人間!?」

士郎「もうお前はトータルして何なんだよ。色ボケでのこのこと言峰の所にいって腕斬られてランサー取られるし」

士郎「いつまでも無職で食っちゃ寝食っちゃ寝」

バゼット「就活はしてます!」

士郎「お前とセイバーは五十歩百歩なんだよ! 文句があるなら我が家のエンゲル係数を下げる努力をしろよ! 色ボケ脳筋ニートが!」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:04:37.31 ID:PF2l7DiS0

士郎「まったく、お前らはもっとだな……」

士郎2「ただいまー」

士郎「」

士郎2「あれ、俺が居る!?」

士郎「じゃあ俺はこの辺で……」

カレン「────フィッシュ」

士郎「ムゴムゴ」モゾモゾ

カレン「うちの駄犬が失礼しました。ではごきげんよう」

士郎「なんだったんだ?」

セイバー「私だって…私だって…」ズーン

バゼット「駄目人間……」ズーン

桜「アヴェンジャーコロスアヴェンジャーコロスアヴェンジャーコロス……」ブツブツ

士郎2「いや、本当に何があったんだ!?」

END