2: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:30:54.36 ID:SgbO66Cr0
シャロ「鬱陶しい」




千夜「うふふ」ギュ-

シャロ「……」

千夜「んー」スリスリ

シャロ「……」

千夜「んんぅぅ……」ムギュ-ッ

シャロ「……」

千夜「すぅーっはぁーっ」ス-ハ-

シャロ「…………あのさ」

千夜「スゥゥゥ……なぁに?」

シャロ「なにしてんのよ」

千夜「今は新作メニューの名前を考えていたわ」

シャロ「……いやそういうんじゃなくて」

千夜「……?」

シャロ「そのキョトンとした顔やめて。今私に何をしているかって聞いてるの」

千夜「シャロちゃんを抱っこしてモフモフして匂いを嗅いで」

シャロ「それを今すぐやめなさいよ!///」

千夜「なっ、なんで?どうして?」

シャロ「どうしてもよ!鬱陶しいからやめてって言ってるの!」

千夜「鬱陶しい……そうよね、こんなことされたら迷惑よね。ごめんなさい」

シャロ「なんだか今日はやけに素直ね。そこまで気負わなくてもいいんだけど」

千夜「ごめんなさい!私もう帰るわね!おじゃましましたー!」

シャロ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!別にそんな怒ってるわけじゃないから!」

千夜「でも鬱陶しいって……」

シャロ「う……わ、悪かったわ。鬱陶しいなんて言って」

千夜「思ってはいるんでしょ」シュン…

シャロ「だあぁもう!思ってないわよ!鬱陶しいなんてこれっぽっちも思ってないわ!」

引用元: シャロ「そんなの……もう、好きだし」 

 

ご注文はうさぎですか?? 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-12-25)
売り上げランキング: 46
3: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:32:07.78 ID:SgbO66Cr0
 
千夜「まあ嬉しい!じゃ続きを」ムギュ

シャロ「乗せられた……!?」

千夜「フワフワぁ♪」

シャロ「はぁ……もう好きにしなさいよ」

千夜「はあぁぁぁ……」モフモフモフ 

シャロ「うぅぅ……」///

千夜「ねぇ、シャロちゃん私と同じボディソープよね?」

シャロ「ふぁ?そりゃそうじゃない」

千夜「やっぱりうちのボディソープとは違う匂いする……」ス-ハ-

シャロ「柔軟剤じゃないの」

千夜「私も最初そう思って最近シャロちゃんと同じの使ってるんだけどね」

シャロ「へえ」

千夜「違うみたいなの。よく考えたらこれシャロちゃんの匂いね」ス-ハ-

シャロ「ピャッ!?や、やめてよそんなの嗅ぐの!」///

千夜「どうして?」スンスン

シャロ「恥ずかしいからよ!!」

千夜「こんなにいい匂いなのに……」

シャロ「関係ないっての!もう嗅ぐの終わり!ほら離れた離れた!」

千夜「いやよ」ギュ-

シャロ「う、鬱陶しいって言うわよ!」

千夜「いいもん」ギュゥゥ

シャロ「さっきのはなんだったのよぉぉ!!」

千夜「うふふ、すごく良い抱き心地♪」

シャロ「太ってるって言いたいの……?最近そんなに食べてないと思うんだけど」

千夜「ううん。ただ、抱いてるとこう……幸せになるわ」

シャロ「…………」

シャロ「……返答に困るからやめてよ」//

千夜「私は今満たされているわ……」

シャロ「……私も」ボソッ

千夜「あら?何か言った?」

シャロ「な、何も言うわけないでしょバカ!///」

千夜「ちゅーしてもいい?」

シャロ「別にいいけど…………えっ」




一羽 おわり

4: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:32:56.42 ID:SgbO66Cr0
千夜「かわいい」




千夜「シャロちゃん開けてくださいお願いします」

シャロ「嫌よ。帰って頂戴」

千夜「もう一声!」

シャロ「何を値切りに来たのよ……嫌なものは嫌」

千夜「ねえ、お顔見せてくれるだけでいいから」

シャロ「顔なんて見てなんになるのよ。いいから今日は家に戻って!」

千夜「……昨日のこと、やっぱり怒ってる?」

シャロ「…………」

千夜「嫌だったなら……いえ、嫌に決まってるわよね……本当にごめ」

シャロ「別に!別に死ぬほど嫌だったってわけじゃないわよ?」

シャロ「だからって良いってわけでもないんだから」

千夜「シャロちゃん……」

千夜「じゃあ開け」

シャロ「いーや!!」

5: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:34:21.60 ID:SgbO66Cr0
 
千夜「しゅん……」シュン

シャロ「出てったら昨日の調子でキスされそうだし」ボソッ

千夜「キスしてもいいの?」

シャロ「ダメって言ってんでしょ!」

千夜「おはようのチューがまだだし……」

シャロ「した事ないわよね!?」

千夜「シャロちゃん、ご近所さんに迷惑だからもう少し小さい声でね」

シャロ「誰が言わせてんのよ、あんたのせいでしょうが!」

千夜「くすん」

シャロ「はぁ……もう疲れた。もう開けるから、顔見たら帰ってよね」

千夜「あら、ありがとう」

シャロ「昨日のはただのスキンシップ……ただのスキンシップだから……」ボソッ

ガチャ

シャロ「お、おはよ──」

千夜「ーっ♪」チュ

シャロ「んんー!?」///

千夜「シャロちゃん今日も輝いてるわ!それじゃまたね」パタパタ

シャロ「へ……あ……」

シャロ「……なんなのよぅ…………」///




二羽 おわり

6: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:35:56.92 ID:SgbO66Cr0
シャロ「うるさい」




千夜「あら、お帰りなさい」

シャロ「……だいま」

千夜「疲れてるのね。お風呂沸いてるから、先に入って」

シャロ「……あのさ」

千夜「?なぁに?」

シャロ「なんで朝キスしたの……?」

千夜「キス?何かの暗号……?」

シャロ「違うわよ!いつからそんなにおバカになっちゃったのよ!朝のキスって言ってんのよ、キ・ス!!」

千夜「しゃ、シャロちゃんちょっと声が大きいわ……///」


チワゲンカ?        ソ-イウカンケイナノカ?

アラアラアノコタチソ-イウカンケイデ    ココアサン,イマノハキカナカッタコトニシマショウ
デモペチノガモットカワイイヨ-


シャロ「な……な……」///

千夜「ほほえまー」

シャロ「なに他人事みたいに言ってんのよ、さっさと家入りなさい!」

千夜「あーれー」


7: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:45:31.35 ID:SgbO66Cr0
──────────────────────
────────────────
──────────

シャロ「で、なんであんなことしたの」

千夜「あんなこと?やだもう、シャロちゃんたら破廉恥……」///

シャロ「キスだって言ってんでしょ」

千夜「……よく聞いて」

シャロ「え……?」

千夜「あのね、シャロちゃん……私」

シャロ「う、うん」

千夜「シャロちゃんにキスをしなきゃ死んじゃう病気でね、ちょっと待ってシャロちゃん痛い、痛いってば」ペチッ!ペチッ!

シャロ「そんな冗談求めてないから!次ふざけたらシャンプーとリンスの中身入れ替えるわよ?」

千夜「……だってね、シャロちゃん」

シャロ「うん」

千夜「シャロちゃん見てるとなんだか、キスしたくなっちゃうの」

シャロ「うん……うん?」

千夜「シャロちゃんの事考えるとドキドキしてきて……苦しい感じがするの」

シャロ「そそ、それって……///」

千夜「アレルギーかしらね……痛っ、ギブ、ギブよシャロちゃん!」ペチッ!ペチッ!

シャロ「からかってるの!?もう次やったらほんと許さないんだからね!!」プンスコ

千夜「御慈悲を……」




三羽 おわり

8: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:47:41.18 ID:SgbO66Cr0
「愛しい」




千夜(シャロちゃんが出てきてくれない……)

千夜「シャロちゃーん?メロンパンよー?」

ドア「……」

千夜「むぅ……」

千夜「シャロちゃーん?リゼちゃんのブラの左側よー?」

ドア「……」

千夜「むぅー」

千夜「シャロちゃーん?……好きよ?」

ドア「ガタッ」

千夜「からかうためだけにキスなんてするわけないでしょ」

ドア「ガタッ」

千夜「本当に好きなの、シャロちゃん」


キイィ……


シャロ「だからって許可なしにするとかありえないわよ……」///

千夜「シャロちゃん!」ホロリ

9: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:48:40.85 ID:SgbO66Cr0
 
シャロ「だ、第一キスしたくなる方の好きって女の子同士なのに……」///

千夜「女の子同士とか関係無いわ」

千夜「私はシャロちゃんが好きなの」

シャロ「んぐっ……で、でもぉ……」///

千夜「私とキスしたり、お付き合いするのは嫌?」

シャロ「……嫌じゃ、無いかもしれない……」

千夜「私はそれがしたいわ」

千夜「シャロちゃんのこと、なんでも知ってるつもりだったけど……誰かに憧れるシャロちゃんを見てたら、 もっとシャロちゃんの事を知って独り占めにして」

千夜「恋人になりたいって、そう思ったの」

千夜「だめ……かしら……」

シャロ「えと……」///

シャロ「私は千夜のこと……好きかどうかわかんない……」

シャロ「好きは好きなんだけど、恋愛感情なのかどうかわからないの」

シャロ「物心ついた頃には一緒に居るのが当たり前になってたし、姉妹みたいな感じだったし……」

10: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:49:35.23 ID:SgbO66Cr0
 
シャロ「それに女の子同士でしょ……私女の子と付き合いたいとか思った事無いもの」

シャロ「でも、千夜に好きって言われて凄くその、ドキドキして……」///

千夜「うん」

シャロ「嬉しくて……ごめんなさい。こんな中途半端なのズルいわよね、千夜はハッキリ好きって言ってくれてるのに」

千夜「ううん、いいの」

千夜「ねえ、シャロちゃん?」

シャロ「……うん」

千夜「キス、してくれる?」

シャロ「……」


========================


シャロ「舌入れるなんて聞いて無いし……///」ハァハァ

千夜「あらシャロちゃんだってすぐに受け入れてたじゃない」///

シャロ「だってぇ……」///


千夜「ねえシャロちゃん」


シャロ「……なによ」

 

11: ◆xpx6kET0yQi. 2015/12/22(火) 22:50:25.61 ID:SgbO66Cr0
 

「ちょっとづつでいいから……私のこと、好きになってくれる?」



「はぁ?」



………………




おわり