1: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/24(木) 23:20:31.31 ID:8daOKZHio
卯月「ふんふふんふふーん♪」ピョン


卯月(ついに今年もこの時期が来たっぴょん、もーすぐ、もーすぐ…)


卯月「もーいーくつねーるーとっ…くーりーすーまー…あれ?おしょうがつ…?」

卯月「………」


卯月「くーりーすーまーすっ!」ピョン


卯月(さーて、今年のクリスマスプレゼントは何をお願いしよっかなー♪)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450966831

引用元: 【艦これ】卯月「うーちゃんと弥生のクリスマス大作戦!」 

 

2: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/24(木) 23:25:26.81 ID:8daOKZHio
卯月「……むむっ?あれは…」





提督「………」コソコソ

提督「………」キョロキョロ





ガチャ、バタン…





卯月(しれーかん…コソコソしてて、ろこつにあやしーっぴょん)

卯月(でも距離があったせいか気付かれなかったっぴょん?これはラッキー…)

卯月(あの部屋は会議室…ちょっと中の話をきーちゃおーっと♪)


サササ…


卯月(さーて、何か面白い話きけるかなー…?)ピト



「……の……は……」

「そろそろ……して……」



卯月「……!?」

3: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/24(木) 23:34:26.65 ID:8daOKZHio
―弥生・卯月の部屋―



弥生「………」ペラ



ドドドドド…



弥生(この騒々しい足音は…)


ガチャ!


卯月「弥生、やーよいっ!ニュースっぴょん、だいにゅーすっぴょん!」バタバタ


弥生「どうしたの?そんなに興奮して」

卯月「だから、だいにゅーすっぴょん!」ズイッ

弥生「……それはわかったから、ニュースの内容」

卯月「おっとっと、そうだっぴょん。聞いておどろくなかれー…」

弥生「うん」

卯月「なんと!」


卯月「みんなのクリスマスプレゼントって、しれーかんが用意してたらしーっぴょん!」


弥生「………」

4: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/24(木) 23:42:50.41 ID:8daOKZHio
卯月「うんうん、すぐに信じられないのはわかるっぴょん。うーちゃんもびっくりしたっぴょん」

弥生「……そのニュース、どこで知ったの?」

卯月「しれーかんが誰かと話してるのをぬすみ…いやいや、たまたま聞こえたんだっぴょん」

弥生「そう…なんだ」


弥生(知ってた…わけじゃないけど、勘付いてはいた)

弥生(わざわざ口に出すのも野暮だし、卯月は真実を知ったらショックを受けると思ってたから言わなかったけど…)


卯月「あ、しれーかんは誰かと話していたんだし…げんみつにゆーと、しれーかんと一部の艦娘?が用意してるっぴょんね?」


弥生(この様子だと、余計な心配だったかな…?)

弥生(……ううん、どちらにしても進んで言いふらすことじゃないか。頑張ってくれてる司令官のためにも)

5: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/24(木) 23:53:12.85 ID:8daOKZHio
卯月「これがほんとのことなら、だいにゅーす…とくだいすくーぷっぴょん」


弥生(卯月が手に入れられるくらいのスクープなら、青葉さんがとっくに知ってそうだけど…)

弥生(それが公表されてないってことは、そういうこと…だよね)


弥生「卯月、このことはもう他の人に話した?」

卯月「ううん、弥生に最初に教えておげようと思ってここにちょっこーしたからまだっぴょん!」

弥生「そう…なら、他の人に言っちゃ駄目だよ」

卯月「ぴょん?」

弥生「えっと…何かの間違いかもしれないし…」

卯月「えー?たしかにこの耳で聞いたっぴょん…間違いなんてことは…」

弥生「でも、ほら…万が一間違ってたら、サンタさんは卯月をうそつきの悪い子だと思ってプレゼントをくれなくなるかも…」

卯月「そ、それは困るっぴょん!?」

弥生「だから、このことはふたりの秘密で…」


卯月「それじゃ、しれーかんに直接聞いて確かめればいいっぴょん!」


弥生「え」


卯月「そーいうわけで、ちょっと行ってくるっぴょーん!」ガチャ

弥生「ちょ、ちょっと待って…!」

6: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:05:06.69 ID:s0OEdPEWo
―――――――

――――

――



卯月(まだ会議室にいるかなー、とりあえず先にそっちを探して、いなかったら…)タッタッ…


卯月「あ、しれーかんみっけ!」ビシッ


提督「おお、卯月。どうした?」

卯月「しれーかん、会議はもう終わったっぴょん?」

提督「か、会議?そ、そうだな…会議というには簡単な内容だったし、すぐ終わったよ」


提督(なぜ会議という単語が卯月から…?もしかして会議室に入るところを見られていた…?いやいやまさかな)


提督「そ、それより、何か用があったんだろ?」

卯月「そうそう、ちょーっと聞きたいことがあるんだっぴょん」

提督「聞きたいこと?」


卯月「クリスマスプレゼントのことなんだけど…」

7: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:15:10.05 ID:s0OEdPEWo
弥生「はあっ、はあっ…」


弥生(卯月、確かこっちに…行った…よね…足…早すぎ…)

弥生(あっ、居た…!)



卯月「――――のことなんだけど…」

提督「な、なんだ…?」



弥生「卯月、待っ…!」



卯月「しれーかんが用意してるってことで間違いないっぴょん?」

提督「なっ!?」


弥生(ああ、遅かった…)


卯月「実はさっき、しれーかんが会議室で…もががっ!?」

提督「わかった!ストップ!続きは別の場所で聞くから!」グイッ


提督(とにかく、これ以上他の奴らに聞かれないように…!)バッ


弥生「……あ」


提督「弥生…いつからそこに…」

弥生「えっと…」

提督「いや、いつからでもいい!お前も一緒に来い!」グイッ


卯月「もごご~…」ズルズル

弥生(……失敗しちゃったなあ)ズルズル

8: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:25:32.41 ID:s0OEdPEWo
―提督執務室―



提督「……注意してたつもりだったんだがなあ、そうか、盗み聞きされてたか…」


卯月「と、いうことは…」

提督「ああ、そうだよ。プレゼントは毎年、俺が…俺たちが用意してる」

提督「皆から集めたサンタさんへの手紙を読んで、有志の艦娘と協力して用意しているんだ」

卯月「おー、やっぱり!ね、弥生!ほんとだったっぴょん!」

弥生「そう…だね」


提督「……はあ」


弥生「司令官…その、ごめんなさい。卯月を止められなくて」

提督「な、なんで弥生が謝るんだよ」

弥生「だって、知られたくなかった…よね」

提督「………」


提督(この口ぶり…もしかして弥生、もともと知ってた…のか?)


卯月「なんで知られたくないっぴょん?」

提督「へ…?そ、そりゃ…サンタを信じてる奴らの夢を壊したくないからだよ。卯月だって…」

卯月「欲しいプレゼントがもらえるなら、うーちゃんは別に誰からだろーとなんでもいーっぴょん」


提督(……なんという即物的思考)

9: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:33:04.87 ID:s0OEdPEWo
提督「卯月は違ったかもしれないが、サンタさんを信じていたい子はたくさんいるはずなんだ。頼むから口外しないでくれ…」

卯月「うーん…うーちゃんも鬼じゃないし、そこまで真剣に頼まれたら仕方ないっぴょんねー…あ!その代わり…」

提督「その代わり…?」


卯月「うーちゃんも、ゆーしの艦娘の仲間に入ってプレゼントの準備手伝いたいっぴょん!」


提督「え?ま、まあ…手伝ってくれるってのは願ってもないことだが…それって頼みを聞く代わりになってるのか?」

卯月「みんなにどーやってプレゼントが用意されてるのか、きょーみがわいてきたんだぴょん。裏方がみたいなーって」

提督「へえ…そういうことなら、お願いしようか」


卯月(ふっふっふ…お手伝いしたら今年のプレゼントはいつもよりごーかになるかもしれないという最強の作戦っぴょん…)ニヤリ

卯月(名付けてクリスマスお手伝い大作戦…っぴょん!)


弥生「でも、駆逐艦が手伝いに行ってもいいの…?」

提督「口外しないって約束さえ守ってくれればいいよ。前例もあるし…」

弥生「?」

提督「ああ、こっちの話。本音を言うと、追加で手伝いを募ろうかと思ってたところだったんだ」

卯月「なんで?去年のメンバーから誰か抜けたっぴょん?」

提督「いや、そういうわけではないんだが…毎年新たに駆逐艦を迎えるものだから、相対的に人手が…」

弥生「ああ、そっか…」


卯月「さ、弥生!そうと決まったらいっしょにがんばるぴょん!」

弥生「あ、やっぱり弥生もやるんだ…」

10: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:39:27.47 ID:s0OEdPEWo
卯月「ねえねえ、それでうーちゃんたちはなにすればいいっぴょん?」

提督「えーっと…そうだな、まずはこのリストを見てくれ」パサッ

弥生「これは…艦娘とプレゼントの対応表?」

提督「暫定だけどな。まだサンタへの手紙を出してない艦娘もいるが、分かっているぶんだけでも先に用意するんだ」

弥生「なるほど…確かに、一気に全部するより効率的かも」

提督「はは…できれば早いところ全員に出してもらって購入計画を確定させたいんだが」


卯月(うぐっ…うーちゃん、いつもこういうのギリギリで出してるっぴょん…今回もまだ決めてないし…)


提督「それで、このリストの中からお前たちだけでも買ってこれそうな簡単なものを選ぶから…」

卯月「お店で買ってくればいいっぴょん?」

提督「そういうこと。じゃあ適当に選ぶから少し待っててくれ」

11: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:45:06.97 ID:s0OEdPEWo

提督「これと…これ…は、荷が重いか。なら…」


卯月(改めてリストを見ると、用意しなきゃいけないプレゼントの数がやばいっぴょん…駆逐艦の人数を考えたらとーぜんだけど…)


提督「――よし、こんなものかな。ここに書いてあるものを期日までに揃えてくれ。ペースは任せる」ペラ

弥生「分かりました」コク

卯月「うわあ、これだけでもわりと多いっぴょんねえ…」

提督「お、多いか?悪い、もう少し減らすよ。手伝ってもらえると思ったらつい甘えてしまったかな」

卯月「そ、そーいう意味で言ったんじゃないっぴょん。手伝うと言ったからにはちゃんとやるぴょん」

卯月「ただ…しれーかん、こんな大変なことをよく毎年やってられるっぴょんね…」


提督「……まあな」

12: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:51:11.37 ID:s0OEdPEWo
数日後

―雑貨屋―


卯月「ここで買うのは、手袋とマグカップと…ますきんぐてーぷ?ってなに?雑貨屋さんにある?」

弥生「如月が持ってたような気がするけど…多分ここにあるよ」


… … … … … …


卯月「あっ!うさぴょんの手袋!これ買うっぴょん!」

弥生「……卯月、自分の趣味で決めちゃ駄目だよ」

卯月「ちょ、ちょっとしたじょーだんっぴょん…」


… … … … … …


卯月「ん~…まぐまぐ~どれがいいかな~…あ!かわいいカップみっけ!これに決定っぴょん!」

弥生「またうさぎ…」

卯月「ぐ、ぐーぜんっぴょん!」


… … … … … …


卯月「あっ!」

弥生「どうしたの?」

卯月「うさぴょんのテープはっけん!」


弥生(……卯月だけで行かせてたら、プレゼントが全部うさぎになってたかも)

13: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 00:56:19.04 ID:s0OEdPEWo
―――――――

――――

――



カランカラン…



卯月「……むむ」フラフラ


弥生(そんなに大きいものは買ってないはずだけど、包装の箱が地味にかさばって…持ちにくい…)


卯月「よ、よ~し…次はあのお店っぴょん」フラフラ

弥生「卯月…今日はここまでにしようよ。もう荷物持ち切れないよ…」

卯月「まだまだ…一回でたくさん買わないと…何回もふたりで街に出かけるとあやしまれるきけんが高くなるっぴょん」

弥生「多荷物を持ってるところを見られるほうが怪しまれそうだけど…」

卯月「と、とにかくまだ帰らない…ぴょん!?」フラッ

弥生「卯月っ!」


ガシッ


陸奥「大丈夫?」

卯月「あれっ…?」

弥生「陸奥…さん?」

14: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 01:02:29.83 ID:s0OEdPEWo
陸奥「あんまり無理しちゃダメよ?そんなにフラフラして…」

卯月「ご、ごめんなさい…ぴょん」

陸奥「そういえば、ふたりもクリスマスのお手伝いをしてるんだったわね。提督から聞いたわ」

弥生「"も"ってことは…陸奥さんもプレゼントを?」

陸奥「いいえ、私は長門と一緒にクリスマスパーティの担当。飾り付けとかのね。目立たないけど大事な仕事よ♪」


卯月「大事な…仕事」


陸奥「どうかした?」

卯月「ちょっと…プレゼントの用意、大事だけど、思った以上に大変だなーって…」

陸奥「そうね…大変といえば大変でしょうけど、私は楽しくもあると思うわ」

卯月「楽しい…?」

陸奥「次のプレゼントを選ぶときには、それを受け取った子たちの表情を想像してごらんなさい?」

卯月「表情を…」

弥生「想像…」



卯月(そっか…プレゼントは、みんなが欲しいもの。欲しいものはうれしいもの…)



陸奥「その荷物は私が持って帰って提督に渡しておくわね」サッ


卯月「えっ…?」


陸奥「次のお店に行くんでしょ?」ニコ


卯月「……!ぴょん!」

弥生「あ…ありがとうございますっ」ペコ

15: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 01:11:31.55 ID:s0OEdPEWo
12月24日・夜

―食堂―


~♪~~♪


青葉「さあ今年もやってきましたクリスマス会!司会はおなじみ青葉…」


「ケーキ、甘くて美味しいにゃ~♪」

「ケーキもいいけど、このターキーも美味しいわよ♪」


青葉「去年とはまたひとあじ違った…」


「ターキー!?今そこ七面鳥って言った!?言ったわね!」

「よく飽きもせず同じことで怒れるわね…」


青葉「………」


「私が気合い、入れて、作ったケーキ!なんで誰も食べないんですか!ほら、食べて!」

「わ、私はマイクチェックに行くから失礼!」


青葉「……マイクは既に青葉が握ってますよー」

提督「いつも苦労かけてすまない青葉…」

青葉「もう慣れっこです…」



卯月(きれいな飾り付け、たくさんの料理…みんな、楽しそう…)

弥生(陸奥さんたちが裏でしっかり準備してくれてるから、皆が楽しめる…か)

16: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 01:17:38.34 ID:s0OEdPEWo
クリスマスパーティ終了後

―提督執務室―


提督「ふたりとも、ありがとうな。おかげで聖夜までに皆のプレゼントを揃えることができた」ナデナデ

卯月「んふふー♪」

弥生「……どういたしまして」


提督「卯月。この前、こんな大変なことをよく毎年やってられる…みたいなこと言ってたよな」

卯月「あー…そんなこと言ったっぴょんねえ」

提督「俺が大変な思いをしても毎年やる理由…少しはわかってもらえたか?」

卯月「……もちろん!ね、弥生!」

弥生「うん」ニコ



提督「よーし、それじゃあ手伝ってくれたご褒美に…ほら、ケーキ。パーティ用と別に注文しておいたんだ。食べてくれ」


卯月「わぁい!いっただっきまーす!もぐもぐっ…」

弥生「卯月、がっつきすぎだよ…さっきもたくさんたべてたのに」

卯月「う~ん、おいしいっぴょん!」

17: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 01:23:52.84 ID:s0OEdPEWo
提督「それで…その…だな、非常に言い辛いことなんだが…」

卯月「ぴょん?」

弥生「?」


提督「すまん!お前たちのクリスマスプレゼント、すっかり忘れてて…用意できてないんだ…」


卯月「えっ」

弥生(あっ…そういえば、あれからサンタさんへの手紙…書いてない…)


提督「そのうち希望を聞くつもりだったんだが、バタバタしてる間に当日になってしまって…」

卯月「せ…せっかく手伝ったのにあんまりっぴょん!?」

提督「す、すぐ埋め合わせはするから…な?弥生も…」


弥生「………」


提督「や、やっぱり…怒ってるか?」

弥生「……怒ってないです。弥生たちが忘れてたのが悪いから…埋め合わせしてくれるならそれで…いいです。ケーキ、いただきます」


提督(怒ってないけどめちゃくちゃ悲しそう!怒られるより心が痛む…)ズキズキ


卯月「……しれーかん、明日はクリスマスっぴょん」

提督「え?そりゃあ…今日はイヴだからな」

卯月「クリスマスプレゼントはまだ間に合うっぴょん」


提督「……ああ、はい」

18: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 01:29:59.83 ID:s0OEdPEWo
翌日

―雑貨屋―


卯月「これこれ!これとそれと…あ!あっちの…」

提督「おいおい、そんなにたくさん買うなんて聞いてないぞ!」

卯月「おとめのじゅんじょーをふみにじったつみにはこれでも足りないくらいっぴょん!他のお店にも行くっぴょん!」


提督「まったく、ここぞとばかりに勢いづきやがって…弥生はどうだ?何が欲しい?」

弥生「弥生は…えっと、本を一冊」

提督「それだけでいいのか?もののついでだし、卯月みたいに好き勝手に言っていいんだぞ」

弥生「ううん、それで充分」


卯月「よーし、しれーかん!この買い物カゴの中身ぜーんぶ買ってきてっぴょん!」ドン

提督「はいはい、わかったよ…待っててくれ」

弥生「ふふっ…」


弥生(こんな思いがけないプレゼントをもらえたんだから、他にはもう…)


卯月「んふふ~♪」

19: ◆2CHuV0SWzudy 2015/12/25(金) 01:35:15.77 ID:s0OEdPEWo
提督「お待たせ…」


卯月「あ、しれーかん!」

提督「あのさ、――がふたつ入ってたんだが、これって何かの間違い…」

卯月「ちょっと袋かりるっぴょん!」ガサガサ

提督「おわっと…いきなりなんだよ。俺の話を…」

卯月「しー!ちょっと黙ってて!」チラ

弥生「……?」


提督(……ああ、そういうことか)


卯月「弥生、弥生!これ見て!」

弥生「……手袋?」

卯月「うーちゃんには、ピンクのうさぴょん!弥生には、ブルーのうさぴょん!おそろいの手袋っぴょん!」

弥生「えっ…それって…」


卯月「めりーくりすまーす!うーちゃんから弥生へのクリスマスプレゼント!」


弥生「………」ポカーン

卯月「う、うれしくないっぴょん!?やっぱりうさぴょんはダメだったっぴょん!?」ガーン

弥生「……ううん、嬉しいよ。少しびっくりしただけ」

弥生「卯月からプレゼントをもらえるなんて、全然考えてなかったから…」

卯月「ふふーん、うーちゃんを甘く見てもらっちゃ困るっぴょん。人のために何かするよろこびを学んだっぴょん」

卯月「弥生からありがとうって言ってもらうとこを想像したら、とってもあげたくなったんだぴょん!」

弥生「そっか…」

卯月「だから、だからねっ!言ってほしーっぴょん!」


弥生(まったく、卯月はどこまで行っても卯月なんだから…)クス


弥生「……ありがとう、卯月」ニコ

卯月「どーいたしましてっ!」



おしまい