1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:38:33 ID:2U09PlRI
『全国大会決勝校が決ぃまったぁぁぁああー』

______

こーこ「すっこやんお疲れさまぁ~」

健夜「おつかれー」グテ

こーこ「おっと、アラフォーにはきつかったかなぁ?」ニヤニヤ

健夜「アラフォーじゃ無いよっ、、あこーこちゃんこの後夜ご飯、、」

こーこ「ごめんねーこの後、男の人とデートなのー」

健夜「えっΣ」

こーこ「すこやんも早くいい人見つけないと生き遅れちゃうぞー」

健夜「こーこちゃんの彼氏って、、ってもういないよ…」

健夜「お母さんに今日はよるご飯いらないから、出かけてきていいよ
   っていっちゃったし」ハァ 

 

シノハユ(5) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2015-11-25)
売り上げランキング: 1,219
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:40:48 ID:2U09PlRI

優希「咲ちゃーん、おつかれさまだじぇ」

久「これで。夢にまで見た全国大会ね」

まこ「3人も一年が入ったときから、もしかしたら…とは思っとったんじゃが
   まさか本当にいけるとはな」
和「咲さん、この後打ち上げをかねて2人の愛を確かめ合いましょう!」

咲「みんなーお疲れ様です、、え?淫ピちゃん何か言った?」

京太郎「咲ー、お疲れっ」

咲「京ちゃん!みてくれた?」

京太郎「おう!バッチしだぜ、格好良かったぞ!」

咲「えへへ…//」(ってそこは可愛かったって言うところだよぉ

和「シクシク…」

久「あらあれは…小鍛冶プロじゃないかしら?(いつものアナとは一緒じゃないのねー…)」

まこ「なにか悩んどるようじゃのう…」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:41:44 ID:2U09PlRI
久「あのー…小鍛冶プロ…ですよね?」

健夜「…はっΣ えっ、あ、はい…あなたは…悪待ちの!」

久「はい、清澄の部長の竹井です」

久「あの、悩んでらしたけど…どうかしましたか?
  よければこの部員が聞きますよ」

京太郎「えっ…俺すか?」

優希「犬は、何もしてなかったからつかれてないじぇ」アハハ

健夜「…」(格好いい子だなー) 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:42:05 ID:2U09PlRI
京太郎「えっと、、小鍛冶プロ…俺でよければお話聞きますよ?」

久「(凄腕の小鍛冶プロに恩を売っておけば、後々麻雀見てもらえるかもしれないわ)」キラッ

京太郎「(えっ…)」

健夜「?」

久「じゃあ須賀君、話聞いてあげるのよー 私たちは今後の予定を聞きにいくから」ヒラヒラ

優希「ちゃんと話聞くんだじぇ」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:42:31 ID:2U09PlRI
京太郎「うわ…おいてかれた」

健夜「…」(ドキドキ)

京太郎「あ、あの…お仕事おつかれさまです」

健夜「ありがとうございます」

京太郎(この人本当に悩み事あるのかなぁ…部長の事だし…うーん)

健夜「…」(ぼっちになって困ってるだなんて言えないよぉ)

京太郎「名前すら名乗ってませんでしたね、俺の名前は須賀京太郎って言います。」

京太郎「清澄の麻雀部で雑用やって高1っす」ハハ 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:43:22 ID:2U09PlRI
健夜「…」(11歳差ってどうかな…)ドキドキ

健夜「あ…小鍛冶 健夜って言います 麻雀のプロやってます」ペコリ

京太郎「あ、そういえば小鍛冶プロって最年少で7冠したって言う…
    俺すごい人と話してるなぁ」

健夜「昔の話ですよー」(って本当にアラフォーみたい)ズーン

京太郎(あ、また沈んだ) 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:44:08 ID:2U09PlRI
京太郎「あの…俺でよかったら…お話聞きますよ!」

健夜(これはっ…デートのお誘い!Σ)ピーン

健夜「えっと、須賀君…でいいのかな? 
   じゃあよかったらお茶してくれる?」

京太郎「はい、いいっすよ あ、ちょっと部長に連絡入れさせて下さい」

『小鍛冶プロとお茶してきます』

久『がんばるのよ、須賀君☆』

京太郎(何をだ…) 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:44:27 ID:2U09PlRI
京太郎「―で、そこで咲が転んだんですよ」アハハ

健夜「フフ…須賀君って宮永さんのと仲いいのねー」

京太郎「ただの中学からの知り合いっすよー、そういう小鍛冶プロは
    浮いた話とかないんすか?」

健夜「…」(ズーン)

京太郎「あっ…すみません」

健夜「いえ…あの…その悩みって言うのが」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:44:48 ID:2U09PlRI
京太郎「あー…なるほど…それは凹みますね
    じゃあ…よろしければこの後ご飯も一緒に行きます?」

健夜「えっ…いいの?でも親御さんが…」

京太郎「今日は部員で食べるから遅くなるって言ってきたんですけど
    この分じゃ戻るのも億劫ですし…」

健夜「ごめんねー」

京太郎「いいっすよー、大人の女性と話せる機会なんてめったにありませんから」

健夜「…」ドキドキ
   (この流れなら…いっちゃってもいいかな) 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 12:45:07 ID:2U09PlRI
健夜「じゃあ…お言葉に甘えて、あと…できたら下の名前でよんでほしいかなぁ…」

京太郎「えっ…」(なんでこんな流れに…ってあー…)

京太郎「健夜さん…?」

健夜「―//」(コレは予想以上っ)

健夜「あのっ、もう一回///」

京太郎「 」(この人こじらせ過ぎだろー…) 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:13:34 ID:2U09PlRI
ガヤガヤ

健夜「でさー、京太郎君は彼女とかいないのー?」

京太郎「ぶふぉっ…え?…っていませんよー
    雑用は忙しいですし、麻雀も弱いんで練習しないといけませんし」

健夜「そっかー、じゃあ私とつき合いなさいっ!」

京太郎「健夜さん…酔い過ぎてキャラかわってますよ!、そんな冗談はいいですから
    てかお酒弱すぎですよー」

健夜(冗談じゃないのに…) 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:14:03 ID:2U09PlRI
京太郎「ってあぁもうこんな時間」

健夜「あっ、ごめん京太郎君高校生だったのに…」

京太郎「いいっすよ、楽しかったですから!ちょっと親に連絡してきますね」

『あ、もしもし母さん?…え?部長から連絡あった?
 は…?え…あ』

京太郎「…切れた…部長が何考えてるのかさっぱりだ…」

健夜「もう飲めないーん」

京太郎「 」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:14:43 ID:2U09PlRI
健夜「お母さんなんだってー?」

京太郎「なんか部長が今日は家に帰らないって部長が連絡したみたいで」

健夜「じゃあ、京太郎君はどうするの?」

京太郎「友達の家にでも泊めてもらいますよー」

京太郎「ってもう、健夜さん飲まないでくださいよ
    ほら家まで送りますから、帰りますよ」

健夜「京太郎君に手をひいてもらわないと帰れなーい(棒)」

京太郎「あーもう」

健夜(ゴネ得 (^ω^)) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:15:18 ID:2U09PlRI
京太郎「健夜さんの家って一軒屋なんですねー」

健夜「あはは…お母さんと住んでるからね」

京太郎「なるほど…じゃあ今日はありがとうございました
    ぜひ今度麻雀教えてくださいねー」ヒラヒラ

      ガシッ

京太郎「えっと…健夜さん…?」

健夜「京太郎君…あの…今日泊まっていかない…?」

京太郎「えっ、いやお母さんがいらっしゃるんじゃ…」

健夜「今日は、居ないから…ねっ?」 


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:15:46 ID:2U09PlRI
ブルブル

京太郎「あっ、メールだ

久『据え膳食わぬは男の恥よ?』

…まだそういう訳じゃないんだが…あの人はエスパーかよ」

健夜「あ…こんなおばさんの家なんか嫌だよね…」ウルウル

京太郎「…」(これは反則じゃないか…?)

京太郎「…ぜひ、泊めてください」ペッコリン

健夜「やった!じゃあ、あがってあがって」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:16:10 ID:2U09PlRI
京太郎「では…おじゃましまーす」

健夜「じゃあ、ちょっとそこらへんでくつろいでてー」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:16:30 ID:2U09PlRI
京太郎「うわー、さすがというか…トロフィー多いなー」

健夜「褒めても何も出ないぞー」アハハ

京太郎「あ、あの…その、よかったら麻雀見てもらえないですかね」

健夜「うーん…いいけど…私強いよ?」

京太郎「知ってますよ(笑) 飛ぶのは慣れてますから」ドンッ

健夜「じゃぁ…ちょっとだけだよー?」

京太郎「やったぁ!」

健夜(あっ…可愛い) 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:16:49 ID:2U09PlRI

「ロン 8000です」

京太郎「ぐわー…また飛んだー」

健夜「うーん…これは…弱いかなぁ」

京太郎「一体何が駄目なんでしょうか…」ズーン

健夜(もっといじめたいなー) 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:18:06 ID:2U09PlRI
萬子 123
筒子 ①②③
索子 ⅠⅡⅢ
でおねしゃすっ! 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:19:11 ID:2U09PlRI
健夜「えっとねー…
   京太郎君には癖が結構あってね?1色だけを偏って捨てちゃったり…」

京太郎「絶一門です」ドンッ

健夜「えっ? あと、すぐに1、9字牌を切っちゃうよね?」

 京太郎手牌
  ”2334456 ②②③④⑤⑦”
 京太郎河
  ”西北中ⅠⅢ南1北⑨ⅡⅤ Ⅸ ” 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:19:33 ID:2U09PlRI
健夜「これだと狙い撃ちができちゃうんだよね」

 健夜手牌 
  ”778899 ①②③⑨⑨ ⅦⅧ”

京太郎「うわー、見事に…
    よしっ、もう一局お願いします」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:19:54 ID:2U09PlRI
健夜「いいけどーじゃあ、勝った方が負けた方に1つお願いって言うのは?」

京太郎「えっ…流石に無理っすよ(笑)」

健夜「もちろんハンデはあげるよー
   ・鳴き禁止
   ・オープンリーチのみ
   ・ダマで和了禁止
    でどう?」

京太郎「いくら俺が弱いからって舐め過ぎですよー(笑)」

健夜「そうかなー」フフ

京太郎「 」ゾクッ 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:20:13 ID:2U09PlRI

京太郎「ロン 8000
    やったーあがれた」

健夜「おーすごーい」

京太郎「やっぱり、ハンデきつくないっすか?
    何お願いしよっかなー」

健夜「フフ…」ゴゴゴゴ

京太郎「」ゾクゾクッ 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:20:44 ID:2U09PlRI
健夜「ダブルリーチ」パラッ

 ”19①⑨ⅠⅨ東西南北白発中”

京太郎「……
    えぇーー!?」

健夜「大丈夫、京太郎君33000点持ってるから飛ばないよっ」

京太郎「や、ヤバい…」ポロッ

  ”白”\コンニチハ/

健夜「あっ…ロン 32000」

京太郎「そんなのってないよぉ」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:21:04 ID:2U09PlRI
健夜「大丈夫こんなのめったにないから」


   京太郎 1000点
   健夜 49000点


京太郎「くそー、、まだあきらめませんよ! 健夜さんの親番です」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:21:27 ID:2U09PlRI
  京太郎手牌
    ”34468 ④④ ⅣⅣ 東東西北”  ドラ4
京太郎(これはっ!倍満は狙えるっ)

健夜『Ⅳ』ゴッ

京太郎「ポン」
    ”34468 ④④  東東北”   ⅣⅣⅣ
健夜『東』ゴゴ

京太郎「ポン」
    ”34468 ④④ ”   ⅣⅣⅣ 東東東 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:21:47 ID:2U09PlRI
健夜『④』ゴゴゴ

京太郎「ポン」
    ”4468 ”   ④④④ ⅣⅣⅣ 東東東
健夜「対々かー 高そうだねー」

健夜『4』ゴゴゴゴ

京太郎「ポン」
    ”6 ”  444 ④④④ ⅣⅣⅣ 東東東

京太郎「やられっぱなしじゃ嫌なんで」

健夜「フフッ」(可愛いなぁ) 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:22:07 ID:2U09PlRI
健夜「じゃあ…リーチで」ざわ…ざわ…

  ”――78――――――”

京太郎「えっ…」

健夜「どーしたのかなー?京太郎君の番だよっ」

京太郎(大丈夫、そんなピンポイントで引くわけ…)

  ”9”\コンニチハ/
京太郎「 」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/18(金) 17:22:28 ID:2U09PlRI
京太郎「なんでなんだよぉぉぉ」

「ロン 48000」

京太郎「ズーン」

健夜「口に出して言っちゃってるよー」クスクス

京太郎「……約束なんで、男、須賀京太郎なんでも言う事を聞きましょう!」

健夜(そうだった、いじめるのが楽しくて忘れてた…) 

41 :1:2013/01/21(月) 23:59:09 ID:y6VRd.dE
健夜「えっ…なんでも?…いやそれはそのまだ早いかなぁ…」ボンッ

京太郎「……えっとー健夜さんー??」

健夜「ハッ…えっとーじゃあー//」テレ

京太郎「…」ジー

健夜「――//」(そんなに見つめないでー) 

42 :1:2013/01/22(火) 00:02:52 ID:CwvgGw6A
健夜「―て下さい」

京太郎「えっ? あの…もう一回」

健夜「キスしてくださいっ!」

京太郎「えっ…はっ? …す、健夜さん?」

健夜「こんなお願い反則だよね…
   高校生から見たらおばさんだもんね…他のに…」ウルウル 

43 :1:2013/01/22(火) 00:05:58 ID:CwvgGw6A
健夜「じゃぁ…」

京太郎「えっと…その…ごめんなさい」

健夜「そっかぁ…そうだよね
   ごめんねー あっ今日の事は忘れてくれるとうれしいな」
   (色々恥ずかしいし気まずいよぉ…) 

44 :1:2013/01/22(火) 00:20:10 ID:CwvgGw6A
京太郎「健夜さん!」

健夜「ひ、ひゃい」

京太郎「そういうのはちゃんと付き合ってからするものですよ」

健夜「だって…彼氏居ないもん…」(てか居ない暦=年齢だもん)プクー 

45 :1:2013/01/22(火) 00:20:31 ID:CwvgGw6A
京太郎「というわけで、もし健夜さんがよければ…その
    僕と付き合ってください」

健夜「えっ…えっ」オロオロ

京太郎「あれ…?タイミングミスった?…(汗」

健夜「あっ…// こ、こんな私でよければぜひ…///」

カン! 


49 :48の日本語ミスった:2013/01/22(火) 00:32:45 ID:CwvgGw6A
健夜(わぁー彼氏出来ちゃったよー///
これはこーこちゃんに報告しなきゃ!
   あーでもからかわれるなぁ…)悶々

京太郎「あの…健夜さん…?」

健夜「ダメだよー健夜って呼んで? きょーちゃん!」

京太郎「 」

京太郎(しかしこう…身長差も相まって近くだと必然的に上目遣いに…) 

50 :48の日本語ミスった:2013/01/22(火) 00:33:12 ID:CwvgGw6A
京太郎「…って京ちゃん? その呼び方は…えっと…」

健夜「えーダメー? 嶺上使いの子が呼んでたよねー?」
   (女子高生なんかに負けないんだから!)フンス

京太郎「ダメってわけじゃ…」 


51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/01/22(火) 00:33:52 ID:CwvgGw6A
健夜「じゃあ決定ねー ”健夜”って呼んでよーきょーちゃんー」

京太郎「…す、健夜」

健夜「…//」

京太郎「健夜…目を閉じて」

健夜「あっ…//」

chu☆


もいっこカン!