1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:36:12.59 ID:0odjc9kB0


……
-765プロ事務所内


P「うーむ……このカードを抜くと……いやしかし」


ガチャッ

春香「おはようございまーす。あれ? プロデューサーさんだけ、ですか?」

P「おぉ、春香。他のみんなは、直接仕事入りだからな。というか、お前もそうして良かったはずだが」

春香「えへへ、なんだか一日一回は、ここに来ないと落ち着かないんです」

P「そうか……最近は、事務所でのんびりなんてできないもんな。みんなで集まることも……」

春香「はい……あ、でもいいことですよね! みんな、お仕事が忙しいっていうのは」

P「そうだな。けど、大晦日の生放送特番では、久しぶりに全員で集まれるぞ。……仕事だけどな」

春香「あはは……けど、それでも嬉しいですよ。年末もみんなでお仕事できるなんて」

P「春香……お前は本当にいい子だな」

春香「いえ! そんなんじゃ」


プルルルルル

P「っと、……はい、こちら765プロ」


春香「……? なんだろう、このカード」ピラッ

春香「IM……アイドル、」


P「なんですって!!?」ガタンッ

春香「ど、どうしたんですか? プロデューサーさん」

P「年末の特番が…………中止!?」


春香「え……えぇええええっ!!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451392572

引用元: P「デュエルで年末を取り戻せ」 

 

THE IDOLM@STER 5 (IDコミックス REXコミックス)
まな ・橋龍也
一迅社 (2015-12-26)
売り上げランキング: 188
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:37:37.31 ID:0odjc9kB0


……
-テレビ局


律子「あっ、プロデューサー殿!」

P「律子! いったいどういう」

律子「それが…………どうやらまた、961プロが」

P「番組表を書き換えたのか……くそっ! でも、いくら961プロでも、この段階で番組を変えるなんて」

律子「……黒井社長自らが、デュエルで変えさせたみたいです」

P「黒井社長、自らが……!」


春香「あのー」

律子「……春香、あなたも来てたのね。仕事は?」

春香「まだ時間があるので。……それより、あの……デュエルで番組を……って」

P「黒井社長は業界でも有数のデュエリストだからな。以前からブラックマジシャンデッキや、アルカナフォースデッキで、アイドル業界をいいように牛耳ってきた」

春香「ブラ……アル……??」

律子「だからこそ961プロは、マネージャーやアシスタントのみで、プロデューサーをつけずにアイドルを売り出せる。……社長自身の、実力があるから」

春香「あの…………デュエルって、……カードゲーム、ですよね?? デュエルモンスターズの……」

P「あぁ、そうだ。インダストリアルイリュージョン社が開発した、カードゲーム」

律子「プロデューサーの仕事は、9割、デュエルの腕前で決まると言っていいわ」

春香「……????」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:38:19.56 ID:0odjc9kB0

P「最近は嶺 開花や善羽 麻衣のようなアイドルデュエリストもかなり売れてきている」

律子「うちも、千早が海馬コーポレーションとのコラボ企画で、青き眼の乙女のコスプレでイベント参加しましたよね。確か映画の宣伝で……」

春香「なんでそんな仕事が……」

P「海馬社長もティンときたんだろうな。オーディションで名乗った途端、顔色を変えてたから」

律子「大抜擢でしたね。おまけに会場で歌まで歌わせてもらえて」

P「ブルーアイズに乗って歌うの、大変そうだったけどな」

春香「千早ちゃん……そんなことに……」


P「それどころか、デュエルモンスターズは、今や世界中の人々がプレイし、株価……経済、政治、そして戦争までもが、デュエルによって決められ、動かされている」

春香「」


P「そして……デュエルによって決められたことは、デュエルによってのみしか覆せない」

律子「……行く気ですか」

P「あぁ……やるしかない。春香達の年末特番……俺が取り返してみせる!」


P「この魂のデッキで!!!」カシュン

春香「デュエルディスクだ……」

律子「ここはプロデューサーに任せて、仕事に向かいましょう」

春香「えぇ……?」

律子「安心して、春香。……これでもプロデューサーは、元プロデュエリストだった社長がスカウトした人材よ。デュエルの腕だけは、確かだわ」

春香「は、はは…………そう、ですか」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:39:29.43 ID:0odjc9kB0


……
-テレビ局内、デュエルフィールド


テレビ局社長「まさか、これほどとはっ……」ガクッ

黒井「では、年末年始の特番は、我が961プロの番組を」

テレビ局社長「えぇ……これだけの腕前を見せられては、文句もありません。」

黒井「有難うございます。今後とも、我が社のアイドルをぜひご懇意に……」


P「待てぇ!!」ドアバァーン!


黒井「……ハンッ、重役同士の会議に割って入る無礼な輩がいると思えば……765プロの凡骨プロデューサーではないか。お前のような者が出る幕はない! 去れ!」

P「確かに……プロデューサーとしては、口出しできるものではない」

黒井「……」

P「だが、デュエリストとしてならば!!」

黒井「ほぉう……まさかとは思うが、……デュエルを、挑む気かね? この私に」

P「その通りだ。……そして俺が勝ったら、年末の特番を元通り、765に返してもらう!」

黒井「フ……フフ」

黒井「フフフハハハ、フハハハハハハハハハハッ!!」

P「なにがおかしい!?」

黒井「貴様ごとき凡骨に、この私が相手してやる義理などあるかっ!」

P「なにっ……!」

黒井「代わりに…………我が社の新しいアイドルに相手してもらおう」

P「新しい、アイドル!?」

黒井「来い! 我がしもべのアイドルよ!!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:40:18.33 ID:0odjc9kB0



カツ……カツ……カツ…………

??「……」

P「お前はっ」

??「……この指の先に、何が見える?」スッ

テレビ局社長「……窓?」

P「いや……空?」

黒井「ノン! 答えは…………天!!」


??「んん~~~……ジョイン!!!」

吹雪「吹雪と申します」


吹雪「以後、お見知りおきを」

P「天上院、吹雪……!」

テレビ局社長「我が社のスタッフは、みな、こいつにやられたのだ……」

P「! なんだって……」

黒井「アカデミアの三天才が一人……フブキング! まさに! アイドルとしても、デュエリストとしても!! 王者となるに相応しい男だ」

P「アカデミア……? デュエルアカデミアのことか? しかし、あそこはまだ開校したばかり……」

吹雪「へぇ、こっちの次元ではそーなんだ」

P「次元?? いったいなにを」

吹雪「ま、そんなことは、僕にはどうでもいいけどね。僕はただ……」ズズ……


ダークネス吹雪「お前を倒せれば、それでいいっ……!!」

P(!! 仮面をつけた途端、雰囲気が変わった……!? 演技力表現力ともに、トップアイドルクラスかっ)

ダークネス吹雪「さぁ! デュエルだ!!」


黒井「ウィ。アクションフィールドON!! フィールド魔法、クリアーピラミッド!!」


キュィイイイン……



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:41:18.72 ID:0odjc9kB0



テレビ局社長「戦いの殿堂につどいしデュエリストたちが!」

黒井「モンスターと共に地を蹴り、宙を舞い! フィールド内を駆け巡る!!」

高木「見よ! これぞデュエルの最強進化形!!」

黒井、高木「「アクショーーーーンッ」」



P、吹雪「「デュエル!!!!」」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:42:18.08 ID:0odjc9kB0


P(……アクションフィールドは、透明な巨大ピラミッド。その内部にアクションカードが3枚。そして……)

P「頂上に、一枚……!」


黒井「ウィ。アイドルピラミッドの頂点に立てるのは、常に一人!! 孤高の王者となる覚悟を持つ者のみが、手にすることができるのだよ」

高木「だが、ピラミッド内を進めば、必ず苦難が待ち受けている……」

黒井「フン……デュエルの一線を退いたお前が、見物にでも来たのか? 自分の会社のプロデューサーが、むざむざ敗北する様を」

高木「……黒井」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:44:29.85 ID:0odjc9kB0


吹雪「先行はもらったぞ!! 俺のターン!」(LP4000)

吹雪「紅玉の宝札を発動! 手札のレッドアイズを捨て、二枚ドロー!」

吹雪「さらに、レッドアイズワイバーンを召喚!!」

ワイバーン【攻撃力1800】<ケェーェエン

吹雪「飛び上がれ! ワイバーンよ!!」シュタッ


P「ワイバーンの背に……! 空を行き、一気に頂上へと登り詰める気かっ」

P「くっ……急がなくては……俺のターン! ドロー!!」(LP4000)

P「俺は、手札から、IM(アイドルメイト)イタズラアーミーを召喚!!」


IMアーミー【攻撃力800】<ンッフッフ~

P「IMイタズラアーミーの効果発動! 仲間のIMを特殊召喚!! 来い!」

P「IM(アイドルメイト)イタズラマミー!!」

IMマミー【攻撃力600】<ウアウア~

P「さらにイタズラマミーの効果! アーミーとマミーを守備表示にして、デッキからPモンスター一体を手札に加える!」

IMアーミー【守備力1500】<アミマミチャーン
IMマミー【守備力1000】<アミマミチャーン


P「いくぞっ……俺は、」

P「P(プロデューサー)マジシャンと、レスキューハムスターで、プロデューサースケールをセッティング!!」

Pマジシャン【スケール2】<……エガオデス
レスキューハムスター【スケール5】<ジュイッ


P「これでレベル3~4のアイドルが同時に召喚(スカウト)可能!! 来い!」

P「IM(アイドルメイト)ドンガラリボン!!」

IMリボン【攻撃力1400】<エヘヘッ

P「IMドンガラリボンの効果発動!! フィールド上のIMのレベルを全て、自身と同じにできる!!」


IMリボン【レベル4】<ダンケツデスヨ! ダンケツ!
IMアーミー【レベル2→4】<ダンケツッショー
IMマミー【レベル2→4】<ブラジルイクヨー


P「三体のアイドルでオーバーレイネットワークを構築、エクシーズ召喚!!」

P「現れろ!! ハルシュタイン・カッカ!!」


ハルシュタイン【攻撃力2400】<ヒザマヅイテ!!



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:45:37.83 ID:0odjc9kB0


吹雪「なんだっ……!? ぐぉおっ、高度が下がっていく……!」

P「ハルシュタイン・カッカは、召喚された時、相手モンスターを守備表示にする効果がある」

吹雪「なにっ」

ワイバーン【守備力1600】<グルルゥウ…

吹雪「ワイバーンが翼を畳んでしまった……! これでは飛行できないっ」

P「それだけじゃない。カッカは、オーバーレイユニットを一つ取り除くことで相手モンスター一体を守備表示に変更できる!」

吹雪「厄介な……!」

P「降りてきたな! バトルだ! カッカでワイバーンを攻撃!! リボンウィップ!!」

ハルシュタイン【攻撃力2400】<ヤァーッ
ワイバーン【守備力1600】<ケェエーン


吹雪「ぬぉおっ!」

P「レッドアイズワイバーン、撃破!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:47:02.50 ID:0odjc9kB0


吹雪「おのれ……俺のターン!! ドロー! 愚かな埋葬を発動し、もう一体レッドアイズをデッキから墓地へ!」

P「今の内に……!」タッタッタ……


黒井「やつめ、自らの足でピラミッドを登る気かぁ? 愚かな!」

高木「プロデュースに王道なし……自分で一歩一歩進んでいくしかない。それはデュエルでも同じことだ」

黒井「ハンッ! 甘ぁい! そんなことだから貴様は……」


吹雪「魔法カード、復活の福音を発動! 墓地のレッドアイズを特殊召喚する!」

真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャォオオ!

P「くっ、飛ばせるか! カッカの効果!」

ハルシュタイン【ORU3→2】<モットナイテミセテ!
真紅眼の黒竜【守備力2000】<ギャゥウウ!?

吹雪「やはりな。ならば俺は伝説の黒石を召喚! 効果発動! デッキからレッドアイズトゥーンドラゴンを特殊召喚!!」

トゥーンレッドアイズ【攻撃力2400】<キャッキャッキャ!

P(トゥーン……召喚したターンに攻撃はできないが、飛行することは可能だ……ここは、使うしかない、か……!)

P「もう一度カッカの効果だ!」

ハルシュタイン【ORU2→1】<メイジルノツヨク!
トゥーンレッドアイズ【守備力2000】<ウキャー!?

吹雪「フフ……ここで俺は、二体のレッドアイズでオーバーレイ!!」

P「なにっ、まさか」

吹雪「エクシーズ召喚!! 現れろ! レッドアイズ・フレアメタルドラゴン!!」

真紅眼の鋼炎竜【攻撃力2800】<グギャオオオ!

P「っ……カッカの効果!」

ハルシュタイン【ORU1→0】<ヴァイッ!
真紅眼の鋼炎竜【守備力2400】<グゥウウ……

吹雪「これでもう効果は使えまい! フレアメタルの効果! オーバーレイユニットを一つ取り除き、レッドアイズを蘇生!!」

真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャォオオ!

P「しまった……!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:47:47.86 ID:0odjc9kB0

吹雪「飛べぇ! レッドアイズ! ピラミッドの外壁を破壊しろぉ!!」シュタッ

バサァッバサァッ

ズガァアアアンッ

P「うぉおっ! 壁がっ」

吹雪「残念だったな。お前が頑張って走ったこの高さまで、俺は一瞬で上がって来れる」

P「っ!」

吹雪「バトルだぁ! レッドアイズの攻撃っ、黒炎弾!!」

真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャアオオ!
ハルシュタイン【攻撃力2400】<モエアガレ!

ドガァアアアアン!!

P「ぐぉおっ……相打ち……!?」

吹雪「いいや」


真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャアアス!

P「そんなっ!」

吹雪「墓地の、復活の福音を除外し、戦闘破壊を無効にした。……形勢逆転だな」

P「……」タッタッタ……


吹雪「アクションカード狙いか? だがピラミッドの中を走り続けることが、お前にできるかな。俺はカードを一枚伏せ、ターンエンド」

P「俺のターン……ドロー!」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:48:44.42 ID:0odjc9kB0


P(! あった! 一枚目! ……だが、高い……)

吹雪「場にモンスターのいない状態で、その岩壁を登りきれるか?」

P(やるしかない……アイドルたちは、いつもバラエティでこのぐらいこなしてる!!)


ガシッ

P「アイ、マスッアイ、マスッ」ガシッガシッ


吹雪「フン……その間に俺は上に向かわせてもらう」バサッバサァッ

P(くそっ、このままじゃ、俺がカードを取る前に、向こうが……)


??「行かせるかよ!!」

吹雪「!? 誰だ!」

冬馬「俺だ!! ぐうっ」(LP4000→2000)

P「ドーマ!?」

冬馬「冬馬だ!!! 天ヶ瀬冬馬!!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:49:36.31 ID:0odjc9kB0


黒井「……」

高木「乱入ペナルティを受けてまで、彼はなにを」


冬馬「おいおっさん。またアクドイこと、してるらしいな」

黒井「フン。だったら、どうした?」

冬馬「どうしたじゃねぇ! 315の年始番組まで潰しやがって……! ようやくオレたちの再スタートが叶ったんだ、邪魔はさせねぇ!!」

黒井「笑止!! 王者の道を外れた貴様に、なぁにができる」


冬馬「そこで見てやがれ……俺は手札から、暗黒騎士ガイアロードを特殊召喚!!」

ガイアロード【攻撃力2300】<トァッ!


吹雪「サイバードラゴンと同じタイプの特殊召喚か。だがレッドアイズの攻撃力には及ばないぞ」

冬馬「まだだぜ! さらに覚醒の暗黒騎士ガイアを生贄なしで召喚!」

覚醒ガイア【攻撃力2300】<ハッ!

冬馬「二体のガイアでオーバーレイ!! 行くぜ!! 迅雷の騎士ガイアドラグーン!」

ガイアドラグーン【攻撃力2600】<ウォオッ!

冬馬「バトル! ガイアドラグーンでレッドアイズを攻撃!! ドラグーンシェイバー!」

ガイアドラグーン【攻撃力2600】<デァアッ!
真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャォオン!

吹雪「ちぃっ!」(LP4000→3800)

吹雪「だが俺はフレアメタルの効果により、再びレッドアイズを蘇生する!」

真紅眼の鋼炎竜【ORU1→0】<グルルゥ
真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャォオオ!

吹雪「無駄な行為だったな。再び飛び上がれ!」シュタッ

バッサバッサ……


冬馬「これで充分だぜ。……そうだろ!」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:50:11.15 ID:0odjc9kB0


P「はぁ……はぁ…………あぁ!」パシッ

吹雪「アクションカードをっ……あの岩壁を登ったのか!」

P「アクションマジック……メモリーバーストを発動! 墓地のアイドル一体を特殊召喚し、さらに攻撃力を500上げる!」

ハルシュタイン【攻撃力2400→2900】<ヒザマヅイテ!!


P「これでっ……!」

吹雪「フ……フフフ、残念だったな」

P「なにっ」

吹雪「リバースカードオープン!」


吹雪「奈落の落とし穴!!!」

P「っ!?」


ハルシュタイン【攻撃力2900】<アッ……!

P「危ないっ!!」ダッ

グイッ


P「プロデューサースケールにセッティングされたPマジシャンの効果発動!! アイドルの効果破壊を無効にし、その攻撃力ぶんのダメージを受けるっ……うぁああああっ」

ドシャアアッ


(LP4000→1600)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:50:55.61 ID:0odjc9kB0


冬馬「お、おいっ!!」

ヘルカイザー亮「これ以上の介入は許さん。お前の相手は、俺だ」

冬馬「っ……いいぜ! 相手になってやる!!」


黒井「フフ、フハハハハハハ! ……ライフより先に、命が尽きるとはなぁ。しもべを庇って死ぬとは、マヌケがぁ!」

高木「! いや……! 彼はっ」



P「……ぅ、ぐ……俺は」

春香<……

P「はる、か……? 受け止めて……くれた、のか」

ハルシュタイン【攻撃力2900】<……

P(…………ふ、ソリッドビジョンに、所属アイドルの幻覚を見るとは……相当頭を打ったかな)

P(けど…………まだ生きてるっ)


P「カッカの攻撃!! リボンウィップバースト!!!」

吹雪「! なにっ」


ハルシュタイン【攻撃力2900】<ヤァアアッ!
真紅眼の鋼炎竜【守備力2400】<グギャオオッ


P「フレアメタル、絞殺!!」

吹雪「ちぃっ……!」

P「カードを一枚伏せ、ターンエンド!!」

P(またここから、駆け上がっていくしかない!)


タッタッタッタ……



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:51:51.82 ID:0odjc9kB0


吹雪「させるかっ……俺の、ターンっ!!」

吹雪「ドロー! フッ……俺は手札から魔法カード、レッドアイズフュージョンを発動!!」

P「!!」

吹雪「場のレッドアイズと、デッキのデーモンを融合! 現れるがいいっ……悪魔竜、ブラックデーモンズよ!!」

悪魔竜【攻撃力3200】<グヲォオオオ!!


P「攻撃力っ……3200」

吹雪「最早飛び上がる必要さえない。バトルだ!! ブラックデーモンズで攻撃!! デスメテオ・フレア!!!」

悪魔竜【攻撃力3200】<ガァアアアッ!!
ハルシュタイン【攻撃力2900】<キャァアアッ


P「うぐぁあっ……春香っ」(LP1600→1300)

吹雪「終わりだぁ!! ブラックデーモンズの効果!! 墓地のレッドアイズ、その元々の攻撃力ぶんのダメージを相手に与える!! 黒炎波!!!」


P「まだだ!!」

吹雪「!」

P「手札から、IM(アイドルメイト)モヤシイーターを特殊召喚し、効果ダメージを無効化する!」

IMモヤシ【守備力800】<ウッウー!


吹雪「……凌いだか。真紅眼融合を使ったターン、それ以外の召喚、特殊召喚はできない。……ターンエンドだ。そしてブラックデーモンズよ、飛び上がれ!!」

悪魔竜【攻撃力3200】<グヲォオオ!

バッサバッサァ……



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:52:43.52 ID:0odjc9kB0


P「はっ……はぁ、俺の、ターンっ……ドロー!」


ゴロゴロゴロゴロ……

P「? なんだ、この音は……」

IMモヤシ【守備力800】<ハワワッ!

P「なっ……あ、あれはっ」


高木「通路から、巨大な岩がっ……!?」

黒井「今度こそ、ここまでだなぁ、高木ぃ。あんな弱小モンスターでは、アクションフィールド内の仕掛けを乗り越えられまい」


P「俺は、IMモヤシイーターを生贄に捧げ、来いっ……IM(アイドルメイト)ブラックエージェント!」

IMエージェント【攻撃力2300】<マッコマッコリーン!


P「さらに、手札のIM(アイドルメイト)ホワイトコスモスを、自身の効果によりエージェントに装備! いけぇ! 転がってくる岩石を砕け!!」

IMエージェント【攻撃力2300】<タァアッ!!

ボガァアン!!


黒井「馬鹿め! 落石トラップを破壊したモンスターは、破壊される! これでやつのフィールドはがらあ……き」


IMエージェント【攻撃力2300】<ヤーリィ!


黒井「な、なにぃ……なぜだ、なぜ」

高木「IMホワイトコスモスは、ブラックエージェントに装備することで、エージェントの破壊を無効化できるのだよ」

黒井「なにをぉ、弱小カードが徒党を組みおって……!」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:53:18.10 ID:0odjc9kB0


P「ターンエンドだっ! 早く……上へっ」タッタッタ……

吹雪「間に合うものか。俺のターン! ドロー!」バッサバッサァ……

吹雪「俺は墓地より、伝説の黒石の効果発動。墓地のレッドアイズ一体をデッキに戻し、黒石を手札に戻す」

吹雪「さぁ、ブラックデーモンズで攻撃!!」


P「はぁっ……は……ぁ…………あった、アクションカード!」パシッ

P「アクションマジック! ファンレター!! このターンのみ、攻撃力を1000上げる!」

吹雪「なにっ!」

悪魔竜【攻撃力3200】<グヲオォ!
IMエージェント【攻撃力2300→3300】<デリャアア!


吹雪「ぐっ……」(LP3800→3700)

P「はぁっ……はぁ……急、がないと」

吹雪「俺はエンドフェイズ時に墓地のワイバーンを除外し、レッドアイズを蘇生!!」

真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャォオ!

吹雪「危うくこちらが落ちるところだったか……やるな」


P「俺の、ターン……! ドローッ」

P「……俺はエージェントを守備表示に変更し、カードを一枚伏せる。……ターンエンド」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:53:52.03 ID:0odjc9kB0


吹雪「俺のターン! ……頂上が近づいてきたぞ。ドロー!」

吹雪「伝説の黒石を召喚、そしてそれを除外し、出でよ! レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン!!」

ダークネスメタル【攻撃力2800】<ギィイイ……

吹雪「ダークネスメタルの効果! 墓地のフレアメタルを蘇生!!」

真紅眼の鋼炎竜【攻撃力2800】<グォオオッ

吹雪「さらに死者蘇生を発動! ブラックデーモンズ復活!」

悪魔竜【3200】<グヲォオオ


P(強力なドラゴンが、三体っ……だがエージェントはエンジェルの効果で破壊されない。まだ……)

吹雪「カードを一枚伏せ、ターンエンド。このまま頂上のカードを手に入れ、終わらせてやる!!」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:55:03.29 ID:0odjc9kB0


P「マズいっ……俺のターン! ドロー!」

P「! ……俺は手札から、代役抜擢(キャストチェンジ)を発動! フィールドのIMを墓地へ送り、その数だけ、デッキからImを特殊召喚する!!」

P「来い! Im(アイドルメイジ)オニギリガール! Im(アイドルメイジ)ムーンプリンセス!」

Imオニギリ【攻撃力1400】<ナノッ
Imムーン【攻撃力1600】<ハヤー


P「ここでプロデューサースケールのレスキューハムスターの効果発動! 場にImが存在するとき、デッキからIm(アイドルメイジ)アニマルテイマーを特殊召喚する!」

Imアニマル【1500】<ダゾッ


P「オニギリガールの効果! 自分以外のImの数だけ、アフゥトークンを出現させる!」

Imオニギリ【攻撃力1400】<アフゥ

アフゥトークン【守備力200】<ナノー
アフゥトークン2【守備力200】<ハニー


P「レベル2のアフゥトークン二体に、レベル4、オニギリガールをチューニング! 眠れる才覚を呼び起こせ!! シンクロ召喚!」

P「覚醒の眠り姫(エンライトメントアイドル)!!」

覚醒の眠り姫【攻撃力2500】<ナノ……!


P「さらに、レベル4のムーンプリンセスとアニマルテイマーをオーバーレイ!」

P「レッドリベリオン・エクシーズアイドル!!」

レッドリベリオン【攻撃力2500】<ハイサイ!


P「レッドリベリオンの効果! エクシーズ素材を二つ取り除き、その合計レベルと同じレベルのシンクロモンスターを特殊召喚!」

P「舞い上がれ! シルバームーン・シンクロアイドル!!」

シルバームーン【攻撃力2500】<ハッ!



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:55:46.31 ID:0odjc9kB0


吹雪「その程度の攻撃力では、俺のレッドアイズ達の敵ではない」

P「だが黒竜だけでも! 撃ち落とせ! エンライトメントアイドル!!」

覚醒の眠り姫【攻撃力2500】<オニギリハー!
真紅眼の黒竜【攻撃力2400】<ギャォオン!


P「眠り姫の効果! 破壊した相手の攻撃力ぶん、ダメージを与える!!」

吹雪「ぐぁああっ……!」(LP3700→3600→1200)


高木「これでライフは互角!」

黒井「だぁが、場の状況は依然としてこちらが有利だ」

高木「ぬぅう……」


P「ターン終了っ……」タッタッタッタ……

吹雪「まだ走るか。無駄なあがきを」

シュタッ

吹雪「俺はもう頂上へ到達したぞ」

P「なっ……くそ……!」

吹雪「終わりだぁ! 全モンスターで攻撃!!」


P「いいや……ここからだ!!」

P「伏せカードオープン! 偶像超越(オーバーマスター)!! 」

吹雪「なんだとっ」

P「攻撃力が上の相手と戦闘する場合、アイドルの攻撃力に、その差をプラスする!」


悪魔竜【攻撃力3200】<グヲォオッ!
レッドリベリオン【攻撃力3200】<カンペキサー!

ダークネスメタル【攻撃力2800】<ギイィイ!
シルバームーン【攻撃力2800】<オカクゴッ!

真紅眼の鋼炎竜【攻撃力2800】<グォオッ!
覚醒の眠り姫【攻撃力2800】<ナノォー!


P「ぐぅっ……!」

吹雪「ぬぉおっ!」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:57:40.91 ID:0odjc9kB0


吹雪「だが俺はトラップカード、闇次元の解放を発動! 除外されていた伝説の黒石を場に出し、その効果によってレッドアイズ・ブラックフレアドラゴンをデッキから呼び出す!」

真紅眼の黒炎竜【攻撃力2400】<グゴォオ!


吹雪「このターンのバトルフェイズは終了している……俺はこれでターンエンド」


P(また……レッドアイズが!)

P(しかも相手はもう、ピラミッドの頂点についている……アクションカードも、やつの手元に……。対して、俺の場には、モンスターも伏せカードもない……)

P(ここまでなのか……俺は…………ここまで来て……)


「プロデューサーさん!」

P「はは……まただ。春香の声が聞こえる……幻覚に続いて幻聴か。いよいよ俺も」

春香「諦めないで!! プロデューサーさん!」

P「…………ち、違う……あれは……春香!? ほんとうに……どうしてここにっ」

春香「えへへ、お仕事の休憩時間に、抜け出して来ちゃいました」

P「そんなことしたら……」

春香「時間は、まだ大丈夫です! それより……プロデューサーさん。立って、立ち上がって」

P「!」

春香「私たち、みんな、ここまで来れた。ここまで頑張って来れたのは、プロデューサーさんがいたから……年末に、みんなで出られる特番の枠が取れたのも」

P「けど俺は……その大切な年末特番を……」

春香「まだ勝負は、ついていないんですよね……? なら、諦めないで!」

P「春香……」

春香「私たちが、今までずっと、支えてもらっていたように。今度は私たちが、支えますから! ……これを!」カチッ

P「それは……」


「『ちょっと! 負けたら許さないんだからね!?』『完璧な自分が応援すれば、絶対勝てるぞ!』『ハニー! がんばってー! あふぅ』『うっうー! 応援しまーす! ふれー! ふれー!』『兄cなら勝てるっしょー』『信じてるかんねー』『あなた様の勝利を、願っております』『ガツーンと一発かまして』『勝ってください~』『あらあら~』『プロデューサー殿、託しましたよ。私たちの想い』」


春香「……律子さんが、みんなに連絡して、送ってくれたんです。……離れていても、私たちの心は、いつも一緒です! 765プローっ」

春香、P「「ファイトー! オー!!」」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:58:54.57 ID:0odjc9kB0


P「ありがとう……春香、俺はもう、決して諦めない!」

吹雪「……茶番は終わりか? 早くここまで上がって来い。決着をつけるぞ!」


春香「頑張ってくだ――あっ」

ドンガラガッシャーン


カンッ、カターン……

P「お、おい! ……ん? 春香のケータイがアクションフィールド内に落ちて……ったく……どこまで転がっ…………!!」

P(これは……崩れた壁の中に……櫃が! 隠し部屋か!? さっきの相打ちの時に崩れたのか!)

P(櫃の中にあるのは……罠か? それとも…………)


……



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 21:59:57.14 ID:0odjc9kB0


……


亮「サイバードラゴン・インフィニティの攻撃力は、その効果により3100となる!」

冬馬「だが俺は、超戦士カオス・ソルジャーの宵闇による効果を発動! そいつを除外するぜ!」

亮「インフィニティのORUを一つ取り除き、その効果を無効にし、破壊!!」

冬馬「ちっ……! だがカオス・ソルジャーが破壊された時、ガイアロードを復活させる!」


……
-クリアーピラミッド、頂上


吹雪「……向こうも佳境のようだな。…………敗北する決心はついたか?」

P「いや、……俺は負けない」

吹雪「フン……ならば、見せてみろ! 最後のあがきを!!」

P「あぁ! いくぜ!!」

P「ドロー!!!」


P「IMブルーディーバを召喚!」

IMディーバ【攻撃力720】<クッ

吹雪「効果破壊、戦闘破壊を受け付けない壁モンスターか。だが、そんなものを攻撃表示で出したところで」

P「それだけじゃない! 俺はこのカードを発動! 約束のメロディ!!」

吹雪「! そのカードは」

P「墓地に眠るIMを、効果を無効にし、レベルを1にして可能な限り場に呼び出す!」

IMアーミー【レベル1】<イエーイ
IMマミー【レベル1】<コッカラッショー
IMリボン【レベル1】<ワッホイ!
IMモヤシ【レベル1】<ウッウー!

P「レベル1のIM4体に、レベル4ブルーディーバをチューニング! 絆の歌声よ、今一つとなりて、降臨せよ!! 覚醒の歌姫スヴェートディーヴァ!!」

覚醒の歌姫【攻撃力0】<ラァーー


P「レッドアイズに攻撃!!」

吹雪「攻撃力0でだと!?」

P「スヴェートディーバは、相手の攻撃力と自身の攻撃力を移し替える! 光の歌声!!」

真紅眼の黒炎竜【攻撃力2400→0】<ギャァオオ

覚醒の歌姫【攻撃力0→2400】<ラララァーー♪



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:04:04.32 ID:0odjc9kB0


吹雪「ならば! このアクションカードを使わせてもらう!!」

P「……!」

吹雪「トップ・アルティメイト!!!」


黒井「トップ・アルティメイトは、自身の場のモンスターを、一体残し全て破壊する代わり……そのモンスター自身は、あらゆる効果を受けつけなくなり、さらに! 墓地のモンスターの数×500攻撃力を上げる! ハハハハハハハハ!! これが王者の力! 絶対的な勝利者の、孤高の力よ!!」

真紅眼の黒炎竜【攻撃力0→2400→5900】<グギャォオオオオ!!


吹雪「とどめだぁっ!!」


P「それはどうかな?」

吹雪、黒井「「なにぃっ!?」」


P「俺はこのカード……櫃に収められていた、アクションマジックを発動する!!」

吹雪「まさかっ……!」

P「マスターピース!!!」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:06:24.62 ID:0odjc9kB0


高木「……墓地のカードを使って、シンクロ・エクシーズ・融合召喚を行うカード」

P「墓地のImオニギリガール、アニマルテイマー、ムーンプリンセス、IMブラックエージェント、ホワイトコスモスを、全てレベル1扱いとして、シンクロ召喚!! 来い! シンクロチューナー、ハミングリトルバード!!」

黒井「シンクロ、チューナーだとっ」

リトルバード【攻撃力1000】<ピヨーッ


P「このカードは相手ターンでもシンクロ召喚を行うことができる! その場合、レベルは半分……3となる。レベル8スヴェートディーバにチューニング! ……全ての絆よ、今一つとなりて、頂点を超えろ!!!」

P「シンクロ召喚!! IM(アイドルマスター)ワンフォーオールアイドル」


IMオールアイドル【攻撃力4000】<ハァアッ!


吹雪「だが、こちらの攻撃力が上っ」

P「いいや……ワンフォーオールアイドルは、その召喚までに素材となったカードの数……×300、このターンのみ攻撃力を上げる」


IMオールアイドル【攻撃力4000→7600】<カガヤキノムコウガワヘ!!


吹雪「馬鹿な…………攻撃力、7600……だと」

P「バトル!!! …………いっけぇえ! ミラクルレインボーバーストォ!!!」


吹雪「うぁあああああああああっ……!!」


(LP1200→0)


……



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/29(火) 22:09:38.12 ID:0odjc9kB0


……



春香(こうして、私達の年末特番は、無事、プロデューサーさんが取り戻してくれました)

春香(それはきっと、みんなの団結……絆の力の、おかげだと思います。だから…………)



春香「年末は、地上波初放送! 『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』を、ぜひ見て下さいね!」







おわり。