1: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:12:14.83 ID:XnJa/dP60

上司「なっつがくうーるー」

上司「なっつがくうーるー」

上司「なっつがくうーるー」

上司「なっつがくうーるー」

上司「なっつがくうーるー」

上司「なっつがくうーるー」

部下「さっさと来いよ!!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373865134

引用元: 上司「なっつがくうーるー」 

 

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術
緒方 健介
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 22,423
2: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:13:13.40 ID:XnJa/dP60

部下「なんでそこだけしか歌わないんだよ!」

上司「いやー、歌詞をよく覚えてなくて」

部下「ループやめろ!うるせえ!」

上司「ごめんごめん、お詫びといっちゃなんだけど」

部下「え?なんかくれんの?」

上司「この、ナッツ食うーうー?」

部下「死ね!!!」

3: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:14:24.44 ID:XnJa/dP60

上司「死ねとか簡単に言っちゃだめだよ」

部下「お前さっきからふざけすぎなんだよ」

上司「失敬だね、俺だって真面目なときくらいちゃんとあるよ」

部下「ふーん、じゃあ私に真面目な話の1つでもしてみろよ」

上司「いいよ」

部下「どうせくだらない駄洒落でごまかすってオチだろ?」

上司「いやー、近頃周りが騒がしい、結婚するとかしないとか。社会の常識、親類関係、心配されるほど意地になっちゃうよね」

部下「歌詞めっちゃ覚えてるじゃねえかよ!」


4: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:15:08.34 ID:XnJa/dP60

上司「ほら見て!夏みかんが浮いてる!」

部下「おいおい、社会人にもなってまだそんなことしてんのかよ」

上司「はい、あげる」

部下「しれっと指さした方のを渡してんじゃねえよ!」

上司「あー酸っぱい」

部下「そんで皮もよこすな!」

上司「はい、皮で作ったミニーちゃん」

部下「わああ!めっちゃ可愛いっ!」

5: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:16:13.81 ID:XnJa/dP60

部下「あーもう!クソあちい!」

上司「ブラウスも脱いじゃいなよ」

部下「女は色々隠さなきゃいけないもんがあるんだよ」

上司「え?いや、隠す必要ないじゃん」

部下「は?」

上司「いやいや、脱いでも脱がなくても一緒じゃん!」

部下「そういうことかよ!死ねよ!ほら見ろちゃんと谷間だってあるだろ!」

上司「社内で痴女プレイはまずいよ」

部下「死ね!死ね!!死ねえええええ!!!」

上司「お胸と同様、性格も控えめに、だよ」

部下「うるせえ!あとパンチかわすんじゃねえ!」

6: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:16:55.46 ID:XnJa/dP60

上司「んー、実に大人の味のチップスだ」

部下「かっこつけて何食ってるんだよ」

上司「教えない」

部下「よこせよ」

上司「そんなは汚い言葉づかいの女の子にはあげない」

部下「くれさいよ!」

上司「敬語おかしいよ。ちゃんと年上は敬おうね」

部下「あーもう!くださいってば!」

上司「いやーでも、多分これは部下ちゃんが食うべきものではないよ」

部下「うるさい!そんなの勝手に決めんな!うらっ!」

上司「あ」

部下「……………うえーっ、めっちゃ苦い」

上司「大人の味って言ったじゃん」

部下「これなに……」

上司「ゴーヤチップス」

部下「そんなもんお菓子の時間に食うなよ!」

上司「お菓子の時間て」

7: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:17:36.68 ID:XnJa/dP60

上司「彩り豊かなお弁当だね」

部下「勝手に見んな」

上司「お、これは色違いピーマン!」

部下「パプリカも知らないのかよ」

上司「乱数産?」

部下「あ?なんだそれ、宮城県産だぞ。お前は何も知らないな!」

上司「パプリカの効能って知ってる?」

部下「は?……そ、そんなの知ってるし!」

上司「例えば?」

部下「くっ……ビ、ビタミンが豊富なんだろ!」

上司「そうだね、ビタミンCが特に豊富だね。効能としては、食欲増進、抗酸化作用による動脈硬化を予防、肝機能強化、メラニン代謝や脂肪代謝なんかの促進、そして美肌効果もあるよね」

部下「………知ってるし!それくらい知ってるし!!」

上司「まあ、肝機能強化についてはゴーヤの効能なんだけどね。引っかかってやんのー」

部下「死ねっ!!」

8: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:18:26.76 ID:XnJa/dP60

上司「セミの寿命ってどれくらいか知ってる?」

部下「1週間だろ。バカにすんな」

上司「実は1ヶ月生きる場合もあるらしいよ」

部下「マジかよ。まあ、お前よりはウザくないから別にいいけど」

上司「どっちにしろ儚いよね」

部下「お前はセミより早く死ねっ!」

上司「俺が死んだらあの大好きなプリン食べられなくなっちゃうよ?」

部下「そ、それは大変困る」

上司「でしょ?」

部下「っていうかいい加減どこで買ってきてるか教えろよ!ラベルまでわざわざ剥がしやがって」

上司「教えなーい」

部下「死んだら困るけど死ねっ!!」

9: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:19:03.69 ID:XnJa/dP60

上司「夏は屋内で過ごすのが1番だよね」

部下「男ならもっとアクティブに外で遊べよ」

上司「最近は家でゲームばっかりやってるよ」

部下「うわー、寂しいやつ」

上司「でも熱中症には気をつけないとね」

部下「お前の熱中症は違うから」

10: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:20:07.95 ID:XnJa/dP60

部下「ひゃっ!」

上司「おっとっと。首にジュース当てたくらいで回し蹴りなんて、俺くらいじゃないとかわせないからね?」

部下「お前が余計なことするからだ!」

上司「これあげる」

部下「うわあああ!ジュースだあああ!!

上司「そんなに喜んでもらえるとは、先輩冥利に尽きるね」

部下「でもなんでこれラベル剥がしてあるんだよ!剥がすの好きすぎるだろ!」

上司「まあまあ、何ジュースか当ててみてよ」

12: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:58:20.72 ID:XnJa/dP60

部下「このオレンジジュースおいしいっ!」

上司「一気に飲むとお腹壊すよ」

部下「あ?そんなの余裕に決まってんだろ」

上司「ちなみにそれは野菜ジュースです」

部下「えっ………」

上司「ま、オレンジがメインの味だからオレンジジュースでも間違いじゃないけどね」

部下「野菜……ジュース………」

上司「露骨に飲むスピードが落ちたね」

部下「べ、別に野菜ジュースだけはどうしてもゴクゴク飲めない人ってわけじゃないんだからなっ!」

13: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:58:57.12 ID:XnJa/dP60

部下「ほらよ、資料作っといたから」

上司「はいストーップ」

部下「なんだよ」

上司「全部で8ヶ所誤字脱字があります!訂正しておいたから再度確認よろしく!」

部下「添削早いなおい!」

上司「部下ちゃんの添削はお手のものだよ」

部下「おい、お前の訂正も間違ってるじゃねえかよ!」

上司「ほんとに?じゃあ訂正しておいて!」

部下「意味ねえ!」

14: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 14:59:52.88 ID:XnJa/dP60

部下「おい、人のデスクで何すまし顔でスイカ食ってんだよ」

上司「あーおかえり。ついさっき隣の部署の人にスイカもらったから我慢できなくて」

部下「近所のおばちゃんかよ」

上司「食べる?」

部下「食わねえよ!とりあえずちゃんと種とか片づけろよな」

上司「これ生えてくるかな」

部下「ふざけんなよ!なに人のサボテンの鉢植えにスイカの種埋め込んでんだよ!生えるわけねえだろ!」

上司「じゃあ女ちゃんの控えめなお胸に埋め込んでスイカップにしよう!」

部下「よし歯をくいしばれ」

15: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:01:01.58 ID:XnJa/dP60
>>14訂正

部下「おい、人のデスクで何すまし顔でスイカ食ってんだよ」

上司「あーおかえり。ついさっき隣の部署の人にスイカもらったから我慢できなくて」

部下「近所のおばちゃんかよ」

上司「食べる?」

部下「食わねえよ!とりあえずちゃんと種とか片づけろよな」

上司「これ生えてくるかな」

部下「ふざけんなよ!なに人のサボテンの鉢植えにスイカの種埋め込んでんだよ!生えるわけねえだろ!」

上司「じゃあ部下ちゃんの控えめなお胸に埋め込んでスイカップにしよう!」

部下「よし歯をくいしばれ」

16: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:01:57.19 ID:XnJa/dP60

部下「少しは黙って仕事しろよ!」

上司「わかったよ」

部下「まったく」

上司「カタカタ、カタカタ、カタカタ」

部下「口で言ってんじゃねえよ!」

17: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:02:25.01 ID:XnJa/dP60

上司「えー、一体どうしろっていうの」

部下「口を閉じて喋らずにやれってことだ」

上司「わかった」

部下「次ふざけたらかかと落としするからな」

上司「…………」

部下「…………」

上司「…………」

部下「…………」

上司「…………」

部下「……っ…」

上司「…………」

部下「ほんとに黙るなよ!キャラ的に黙れっていわれたら色々抵抗しろよ!かえって調子狂うだろうが!」

上司「そんな」

18: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:03:16.62 ID:XnJa/dP60

部下「このっ!」

上司「おっと」

部下「動くな!じっとしてろ!」

上司「そんなこと、言われたって」

部下「くそっ、なんで、当たらない!」

上司「そりゃ、一生懸命、避けてるからね」

部下「笑顔でよけんな!」

上司「よっと」

部下「お前の、ためを、思って、こうしてるんだぞ」

上司「部下ちゃんに、殴られるくらいなら、俺は、蚊に刺されるのを、選ぶのも、やぶさかではないよ。藪蚊だけに」

部下「うるせえ!」

19: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:05:26.41 ID:XnJa/dP60

上司「夏と言えば、怖い話」

部下「あいにく幽霊とかの類は全然信じない人だから私……ん?」

上司「これはこの間、夜遅くに家へ帰ったときの話なんだけどね」

部下「……………」

上司「朝家を出るときに間違いなく閉めたはずのクローゼットの扉が、少し開いてたんだよね」

部下「……………おい…」

上司「気になって、恐る恐る中を覗いてみると…」

部下「なんで誰もいないデスクに向かって話てんだよ!こっち向けよ!話くらい聞いてやるから!」

上司「あ、ほんとに?そう言えば今度駅前に新しくできたお化け屋敷に行こうよ」

部下「お前なんかウザい通り越して怖い!そして行かねえ!」

20: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:06:08.11 ID:XnJa/dP60

部下「お前学生の頃は何かやってたのか?」

上司「大学生の頃は野球サークルのボーリング要員だったよ」

部下「野球頑張れよ」

上司「部下ちゃんは大学生の頃なにかやってたの?」

部下「聞いて驚け、私はチアをやっていた」

上司「チアって、チアリーディングのこと?」

部下「そうだ!すごいだろ!」

上司「へー、すごいね。そっちは貧乳要員?」

部下「死ねっ!!」

上司「なるほど、どうりで上段に素晴らしい蹴りを放てるわけだ」

部下「だからかわすんじゃねえ!」

21: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:06:40.81 ID:XnJa/dP60

部下「おい」

上司「上司においって」

部下「パソコンが欲しい」

上司「目の前にあるじゃん」

部下「家に欲しい」

上司「近くの電器屋にでも買いに行くといいよ」

部下「色々あってよくわからん」

上司「店員に聞くといいよ」

部下「ほら、私って少しあれじゃん」

上司「え、なに」

部下「人見知りじゃん?」

上司「どの口がそれを言う」

22: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 15:07:22.68 ID:XnJa/dP60

上司「あー、店内は涼しくて気持ちいい」

部下「何が何だかさっぱりわからん」

上司「予算はどれくらいなの?」

部下「一応50万銀行から下ろしてきた」

上司「買うのはノートパソコンだよね?」

部下「うん。相場がさっぱりわかんなかったからな」

上司「多分お金余るから俺にiPad買ってくれない?」

部下「ふざけんな」

23: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:12:56.55 ID:XnJa/dP60

部下「いやー、最近のパソコンって意外とお安いんだな」

上司「そうだね」

部下「iPadってやつは買ったの?」

上司「買ったよ、ほら」

部下「おおお!すごい!少しだけ触っていい!?」

上司「たくさん触っていいよ」

部下「わあああ!楽しい!えいっ!」

上司「デコピンはやめてくれ」

部下「いいなあ、私も今度買おうかなあ」

上司「部下ちゃんはまずmyPadを買わないとね!」

部下「これ、投げやすそうだな」

上司「タイム!審判!タイムを!」

24: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:13:28.31 ID:XnJa/dP60

部下「買い物付き合ってくれたお礼に何かご飯でも奢ってやる」

上司「ほんとに!?」

部下「あんまり高い物はダメだからな」

上司「じゃあ寿司行こう!100円回転寿司!」

部下「もうちょっと高い物でもいいんだが」

上司「いいんだよ!庶民の味最高!」

部下「まあいいや」

25: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:14:05.58 ID:XnJa/dP60

部下「実は回転寿司初めて来た」

上司「今時珍しいね」

部下「好きな物が食べたいときに目の前を流れてないとストレス溜まりそうで」

上司「今はほとんどの人が注文してるよ」

部下「注文なんてできるのか」

上司「ほら、このタッチパネルでなんでも注文できるよ」

部下「なるほど、じゃあ『マグロっ!』……あれ、反応しない。『マグロっ!』」

上司「うん、さっきのiPadみたいに音声認識まではさすがにできないよ」

部下「早く言えよ!なんかみんなこっち見てるじゃねえか!」

26: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:14:40.64 ID:XnJa/dP60

部下「よし、これでちゃんと注文できた」

上司「アナログ派の部下ちゃんも嫌いじゃないけど、少しは流行も知っておかないと」

部下「これに関しては反論できない」

上司「まあ見てて面白いからいいけど」

部下「うるさ…!?」

上司「あ」

部下「危ない危ない、ちょっと運んでくるスピード早くないか?危うく取り逃すとこだった」

上司「それって」

部下「ん?そういえば甘エビって頼んでたっけ」

上司「多分それ俺たちより後ろのお客さんが注文したやつだよ」

部下「どどどどど、どうしよう!?」

上司「それにしてもよく取れたね。とりあえず謝りに行こう」

部下「うん…」

27: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:15:23.24 ID:XnJa/dP60

上司「優しい人でよかったね」

部下「本当に申し訳ないことをした」

上司「しょんぼりしてる部下ちゃんも可愛いよ」

部下「うん…」

上司「殴りかかる気力もないほど落ち込まなくても大丈夫だよ」

部下「この甘エビはありがたく頂こう……っ!?」

上司「ひっかかったな」

部下「なんだこれ…辛い…」

上司「はっはっは、わさびを追加しておいたんだよ」

部下「うっ……ぐすっ………うぅっ…………」

上司「うわ!無言で泣かないで!俺が悪かったよ!ほんとごめんね!なんか俺たち修羅場みたいになってるよ!」

28: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:15:50.66 ID:XnJa/dP60

部下「美味しかった」

上司「それはよかった」

部下「支払いしたのは私だけどな」

上司「ごちそうさまでした」

部下「また来ようっと」

上司「一緒に連れてってね」

部下「そこは上司なんだから連れてけよ」

上司「上司の命令に背くの?」

部下「うぜえ」

29: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:16:27.92 ID:XnJa/dP60

部下「最近流行ってる漫画って何?」

上司「そうだね、女の子ならワンピースとか読むといいんじゃない?」

部下「確か宝箱にはまったおっさんが出てくるやつだっけ?」

上司「なかなか渋いところをチョイスしてくるね」

部下「そこだけ昔アニメで観た」

上司「とりあえずここに全巻あるから貸してあげるよ」

部下「なんで会社に持ってきてんだよ」

上司「暇なときに読むんだよ」

部下「そんなもん持ってこないでちゃんと働けよ」

上司「今日のノルマはちゃんと終わったもんねー」

部下「うぜえ」

30: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:16:53.53 ID:XnJa/dP60

部下「おい」

上司「なに?」

部下「へそっ!」

上司「え?」

部下「だから、へそっ!」

上司「ああ、空島のやつね」

部下「部下があいさつしてるんだからちゃんと返せよ」

上司「ごめんごめん、もう1回して」

部下「へそっ!」

上司「もらった!」

部下「ふざけんな!なんで写真撮ってんだよ」

上司「可愛くてつい」

31: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:17:26.14 ID:XnJa/dP60

部下「他に流行ってるのは?」

上司「進撃の巨人なんていいんじゃない?少しグロいけど」

部下「野球漫画か?」

上司「ちょっと違うかな」

部下「とりあえず貸して」

上司「いいけど今はないよ」

部下「なんで」

上司「部下ちゃんが漫画は持ってくんなって言ったんじゃん」

部下「そうは言っても持ってきとけよ!」

上司「そんな無茶苦茶な」

32: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:18:02.87 ID:XnJa/dP60

部下「おはようございますっ!」

上司「おはよう…今日は心臓を捧げよの敬礼ポーズなんだね」

部下「あれ絵は下手くそだが面白いな」

上司「どのキャラが好き?」

部下「んー、クリスタがとても可愛いと思った」

上司「部下ちゃんとは何もかも違うからね」

部下「え?駆逐して欲しいって?」

33: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:19:07.21 ID:XnJa/dP60

上司「部下ちゃんの趣味ってなんなの?」

部下「手芸かな。特に裁縫」

上司「意外だね」

部下「自分で言うのもおこがましいけど、店で売れるレベルを作ることができる」

上司「すごいね。でもあれだよ」

部下「なんだよ」

上司「間違っても胸に綿なんか詰めちゃダメだよ?」

部下「ぬいぐるみか私は!」

上司「部下ちゃんのぬいぐるみ……まあ、ありと言えばありかな」

部下「だ、黙れ!」

34: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:19:38.91 ID:XnJa/dP60

上司「部下ちゃんは口が悪いよね」

部下「ごめんなさい。死ね」

上司「俺ならまだしも、外でそんな言葉づかいしてたら嫌われるよ」

部下「お前にしか使ってないから問題ない」

上司「それならいいけど」

部下「いいのかよ」

上司「でもたまにはデレてくれないとこっちもやる気がでないよ!?」

部下「お前は気持ちが悪い」

35: 1 ◆ETH3lwxIVK0b 2013/07/15(月) 20:23:44.72 ID:XnJa/dP60

上司「というわけで」

部下「なんだよ」

上司「俺異動することになった」

部下「えっ……」

上司「俺の代わりに新人の子が入ってくるから面倒見てあげてね」

部下「そんな……」

上司「おーい、聞いてますか」

部下「うっ……ぐすっ………うぅっ…………」

上司「まあ、隣の部署だけどね。フロアも同じ」

部下「…は?」

上司「いやー泣くほど悲しんでくれるなんて部下ちゃんは可愛いなあ」

部下「くそっ!!!」

上司「新人の子には胸を借りるつもりで頑張ってねって言ってるから、優しく接してさげてね」

部下「お前よりはな!」

上司「まあでも正直、借りるほどの胸はないよね」

部下「死ねっ!!!」

上司「たまにはこっちにも顔出すから」

部下「死ねっ!!!毎日来ないなら死ねっ!!!」

上司「おお、ちょっとデレた」


-fin-