1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 09:57:12.82 ID:/J1EgiUq0
大魔王「うむ、そうだ。 別世界の魔王にも同じ余興をさせている」

魔王「・・・な、何故でしょうか」

大魔王「・・・余は、余に歯向かう事の出来る勇者が欲しい。攫った人間を肉達磨にするのも、もう厭きた。余は退屈なのだ」

魔王「し、しかし貴方様に仇なす敵を作るなど・・・・・・」

大魔王「・・・・・・確か、貴様の部下にケルベロスがいたな。・・・貴様よりも余程、言う事を聞くかもしれぬ」

魔王「・・・・・・承知、致しました。しかし、人間などの貧弱な種族が貴方様の前に立つ事は・・・・・・」

大魔王「だから、貴様を呼んだ。並み居る魔王の中で剣を得意とする魔王よ。 勇者を余の敵に相応しい実力まで育て上げろ」

魔王「・・・・・・は」

引用元: 魔王「勇者を育成・・・・・・」 


 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 09:58:29.65 ID:/J1EgiUq0
大魔王「ん、期待している。・・・・・・と、忘れていた。近くに寄れ魔王」

魔王「は」

大魔王「・・・・・・。 うむ、これで貴様は余の人形だ」

魔王「? 人形とは・・・・・・ガ、ァッッ!!!」ギチギチ

大魔王「くく、痛いか? それは貴様の脳を破壊する音だ。精々余の気に入る人間を連れて来い」

大魔王「・・・・・・でなければ、貴様の自己回復力と同等に脳を破壊し続けてくれる」

魔王「く、ぐ、ぁ・・・・・・っ。ッは、ぁ・・・・・・。承知・・・・・・致しました」

大魔王「ふん・・・・・・。期限は一年。それまで暇潰しに他世界で遊んでおく。ではな」

魔王「・・・・・・」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 09:59:07.74 ID:/J1EgiUq0
側近「魔王殿、本気ですか。勇者を育てるなど・・・・・・私は聞いたことがありませぬ!」

魔王「従う。思惑がどうであれ大魔王に私が従わねばこの世界ごと滅される。それとも私の首が挿げ変わるだけか・・・・・・」

側近「・・・・・・しかし魔王殿お一人で・・・・・・?」

魔王「ああ。鎧のお蔭で人と姿は大して変わらぬ」

魔王「しかし勇者を育てるには魔物と戦わねばならない。その時は、魔物たちの命を貰うかもしれんな」

側近「魔王殿の為ならば、魔物共全て命を捧げる覚悟でありまする」

魔王「・・・・・・良い部下だな、お前は。お前の命は奪わせぬ様にする。不味いと思えば逃げて構わん」

側近「ふふふ、魔王殿に拾われたこの命。魔王殿の為ならば如何程も惜しくありません」

魔王「・・・・・・私の為ならば、私の為に、生きるのだ。お前は惜しい」

側近「・・・・・・そ、それが魔王殿の願いならば・・・・・・」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:00:10.68 ID:/J1EgiUq0
魔王「うむ。しかし、一年とは短い。唯でさえ貧弱な人間。一から育て上げて間に合わすなど不可能に近い」

側近「そうですね。 とにかく腕っ節の利く人間を探してみては?」

魔王「・・・・・・ふむ。当てはあるか」

側近「・・・・・・三人程ならば知っています」

側近「一人は巨人と渾名される勇者。一人は剣神隼と恐れられる勇者。最後に天女と騒がれる駆け出し勇者」

魔王「ん? 最後、駆け出しなのに強いのか」

側近「何でも最初の依頼がキラータイガーの集団討伐だったらしく」

魔王「馬鹿な。駆け出しで敵う相手では無いぞ。 ・・・・・・だが倒したのか」

側近「はい、それで名声を。生き残ったキラータイガーに聞きますと攻撃が当たらなかったらしいのです」

魔王「女はそれ程の速さだったと?」

側近「いえ。攻撃が当たらなかったのです」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:00:52.78 ID:/J1EgiUq0
魔王「・・・・・・まさか」

側近「えぇ、加護を受けているのかも知れませぬ。それで付いた渾名が天女。消息を掴めておりませぬが」

魔王「ふむ。ならば捜索を頼む。 私は他二人に会って来よう」

側近「は。 生き残ったキラータイガーから容姿について聞いておきまする」

魔王「あぁ。 それでは行ってくる」

側近「巨人は氷山アーク、剣神はテパ街です。 ご無事を、お祈りしております」

魔王「うむ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:01:21.16 ID:/J1EgiUq0
魔王「お前が巨人と恐れられる人間か」

巨人「グガォォォォォォォッ!!!!!」

魔王「ふむ、雪崩でも起きそうな騒音だ」

巨人「ギヤアァァォォォオオオオオッ!!!」ドゴオォォッ

魔王「甘い甘い。片手で受け止められるぞ。 全く、力任せで私を退けられるものか。」

巨人「ダァオォォォォォ!!!」ドシャァッ

魔王「押し潰そうとした所で私には届かぬ。・・・コミュニケーションも取れぬのによく勇者が務まったものだ」ドシュ

巨人「グボァッ!!!!」ドシャッ

魔王「・・・・・・死ぬか。この程度で」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:02:02.37 ID:/J1EgiUq0
魔王「貴殿が剣神か?」

剣神「そうだが、角付きの魔族が何用か」

魔王「ふ、気付くか・・・・・・御手合わせ願いたい」

剣神「私の渾名を知っていながら剣で挑むか。良かろう。後悔したまえ!!」


剣神「・・・・・・何故だッ! 何故、届かぬッ!!」ドサッ

魔王「・・・・・・貴様の敗因は、慢心だな」

剣神「ま、慢心だとっ・・・・・・!?」

魔王「慢心こそ無ければ、私以上の存在になれたかもしれんのに・・・・・・残念だ」ザシュッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:02:25.79 ID:/J1EgiUq0
魔王「さて側近とは距離が遠いが、意思は届くだろうか・・・・・・お」ピピッ

側近「はい、どうかしましたか魔王殿」

魔王「側近よ、どちらも駄目だった」

側近「そうですか・・・・・・。ああ女勇者の消息が分かりました」

魔王「そうか。 ならば、私が会いに行く。 場所と容姿を聞こう」

側近「場所はベラヌール村、容姿は髪は赤毛三つ編み、そして赤目です」

魔王「ふむ。 赤か・・・・・・。血の色みたく濃いか?」

側近「いえ、赤毛といっても赤茶色です。 血の色みたく濃くはありませぬ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:03:00.76 ID:/J1EgiUq0

魔王「ここがベラヌールか・・・・・・」

村人「おおこれはまた重そうな鎧だなぁ、国の騎士殿か? ここはベラヌール」

魔王「知っている。 宿を紹介してくれないか?」

村人「あ、あぁ、それなら奥に見える酒場の隣だ」

魔王「感謝する。 ・・・・・・あぁ、この村に天女と渾名される娘はいるか?」

村人「ん、それは知らんな。 アンタの前に、娘っ子が来たが。それかい?」

魔王「赤毛に赤目だ」

村人「それなら、その子だと思うよ。 今は宿に居るんでないかな」

魔王「・・・・・・そうか」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:03:37.43 ID:/J1EgiUq0

宿主人「いらっしゃい、最近は旅の方がよく来るねー」

魔王「そうか。 人探しなんだが赤毛赤目の勇者は泊まっているか?」

宿主人「んー、いるけど。 厄介事なら勘弁してくれよ」

魔王「少し会いたいだけだ。 部屋を教えてくれ」

宿主人「・・・・・・隣の酒場で待ってなよ。 僕が呼んでおくからさ」

魔王「・・・・・・分かった。 ならば、待っていよう」

魔王(一人旅・・・・・・の様だな、好都合だ)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:04:40.84 ID:/J1EgiUq0

店主「騎士さん、なんか飲むかい?」

魔王「いらん」

店主「ふむ。 最近の旅人さんは飲まないのが主流なのかい? 勇者の子もお酒全然飲んでくれないし」

魔王「・・・・・・酒は飲めない。 金は置いてやるから黙っていろ」

店主「あんた見るからに黒くて厳ついのにねぇ。 酒飲めないのか」

魔王「・・・・・・」

店主「飲まないんだったら、お金も要らないよ。 なんか頼んでおくれ」

魔王「・・・・・・・・・・・・バナナジュース」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:05:07.00 ID:/J1EgiUq0

魔王(要らぬ恥をかいた気がする・・・・・・)

女勇者「あ、あの、貴方、ですか? 私に会いたいと言った人は」

魔王「!? あ、ああ。そうだ(馬鹿な、何時の間に私の背後に・・・・・・)」

女勇者「あ、そうですか。 私、女勇者です。初めまして」

魔王「あぁ、宜しく。私は・・・・・・騎士とでも呼んでくれれば」

魔王「貴女の噂はかねがね。 ・・・・・・何でも、天女と呼ばれているそうな」

女勇者「あ・・・・・・。はい、余り、嬉しくは・・・・・・無いん、ですけどね」

魔王「? 何故」

女勇者「・・・・・・まぁ、色々と」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:06:27.06 ID:/J1EgiUq0

女勇者「それで黒い騎士さんは、私には何用で・・・・・・?」

魔王「ああ、実は女勇者殿の力量を知りたくてな。キラータイガーに大立ち回りしたそうで。是非御手合わせ願いたい」

女勇者「そ、そんな。私なんて・・・・・・」

魔王「・・・・・・」

女勇者「・・・・・・分かり、ました。 広場でやりましょうか」

魔王「ルールはそちらが決めて貰っても」

女勇者「あ・・・・・・なら、最初の一撃だけという事で・・・・・・」

魔王「構わない」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:07:12.85 ID:/J1EgiUq0

魔王「準備は宜しいか」

女勇者「は、はい。 何時でもどうぞ」

魔王(正直、覇気も脅威も感じられぬ。 それに私への悪意、敵意すらも・・・・・・)

魔王(まぁ、考えてても仕方が無い。死なない程度に試し斬りを・・・・・・)

魔王「では、此方から・・・・・・!」ヒュォッ ガン!

女勇者「あわ、わっ! み、みえない・・・・・・」

魔王「・・・・・・馬鹿な(女勇者の剣を叩き落す剣筋が不自然に反れた・・・・・・)」

女勇者「そっ、それではっ、次は。 私が行きますッ!」ぶぉん

魔王「ぬっ・・・・・・!?(女勇者の剣を、薙ぐ剣筋ですらも反れるか・・・・・・ッ!!)」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:07:47.97 ID:/J1EgiUq0

魔王(何とも・・・・・・これ程強力な加護は見たことが無い。 私の剣が悉く通用せぬ)

女勇者「はっ、はぁっ、はっ、あ、あたら、ない・・・・・・」

魔王(女勇者の剣筋は鈍く避けやすいが、受けることが出来ぬとは・・・これは大魔王に唯一対抗できる人間かもしれぬ)

女勇者「えいやぁっ!!」ズサッ

魔王「ぬ・・・・・・ぐぅ・・・・・・(剣で斬られることは出来るか・・・・・・ならここで剣を振れば)」

女勇者「え、何で避けずに・・・・・・」ヒュ

魔王「・・・・・・降参だ。 噂に違わぬ勇者だった・・・・・・」

女勇者「ぅあ、騎士さん大変です! 血がいっぱい!」

魔王「この程度何とも無い・・・・・・。 それよりも女勇者殿の首筋が少し切れている、すまない」

女勇者「わ、ほ、ほんとだ・・・・・・」

魔王(加護は自ら触れたときのみ、相手にも触れられるか・・・・・・。危険だな)

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:08:15.73 ID:/J1EgiUq0

女勇者「え、私を鍛えたい・・・・・・ですか?」

魔王「あぁ、貴女は才能の塊だ。 今のままでは実に惜しい」

女勇者「そ、そんな。 私なんて・・・・・・」

魔王「貴女の加護は異常だ。 先程の決闘で私の剣が悉く弾かれた。 才能どころの話ではない」

女勇者「・・・・・・」

魔王「その加護をうまく利用できれば、貴女への脅威は全て無くなるだろう。 その加護は貴重だ」

女勇者「・・・・・・あなたも、私は加護のお蔭で生きていると言うんですね」

魔王「は?」

女勇者「わ、私は、こんな力・・・・・・・要らなかった!!」ダッ

魔王「な、待て! ・・・・・・なんだ、どういう事だ。 ・・・・・・とにかく追わねば」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:08:52.67 ID:/J1EgiUq0

女勇者「・・・・・・」

魔王「・・・・・・すまなかった。 確かに貴女の価値は加護だと言い過ぎた。 ・・・・・・しかし」

女勇者「いいんです、分かってますから・・・・・・」

女勇者「私が何故天女だと呼ばれるのか、今まで剣もろくに振れないのに何故生きてこれたのか」

女勇者「仲の良い男の子がいたんです・・・・・・私に攻撃したはずの獣は反れてその子を・・・・・・」

女勇者「私が・・・・・・怖くて身を抱えていると周りの人がどんどん、死ぬんです」

女勇者「だから、戦いたかった。 自分の体だけ抱きしめずに、剣を抱きしめて、私が次は、守り、たかった・・・・・・」

女勇者「でも、仲間も私の命の代わりに・・・私、一人、ずっと・・・・・・」

女勇者「・・・・・・私の近くにいたら騎士さんも死んじゃいます。だから・・・・・・」

魔王「・・・・・・誓ったのではないのか? 勇者となり、魔王を倒し、皆を護ると」

女勇者「・・・・・・え」

魔王「何とも辛い話だ。同情する。 だがお前は戦うために剣をとったのだろう」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:09:28.84 ID:/J1EgiUq0

魔王「護ることは殺すことよりも遥かに難しい。 今のお前一人で出来るのか」

女勇者「・・・・・・でも私はもう怖いんです。 私の傍で死ぬ人を見るのが・・・・・・」

魔王「私がお前を鍛えれば、それを見ずに済むかもしれぬぞ」

女勇者「え・・・・・・?」

魔王「私がはったりと疑うならば、その剣、私に突き刺してみろ」

女勇者「な、なにを・・・・・・」

魔王「自分の不平ばかり嘆いても前には進めぬ。力が足りぬなら、努力で、心で、戦ってきた者を私は知っている」

魔王「力を持っているお前は、その者達には護れぬものを護る事が出来ると知らねば・・・・・・」ガチッ

女勇者「や、け、剣を持たないで・・・・・・そんな事したら、あ、血が・・・・・・!」ブチ

魔王「ぬ・・・・・・・・・・・・」スブズブ ブシャッ

女勇者「ぁ・・・・・・あ、ああ・・・・・・・」ボタボタ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:09:56.28 ID:/J1EgiUq0

魔王「ほらな? 大抵の事では死なんよ。 お前に心配されるほどでは無い」フラ・・・ トサッ

魔王「っとと・・・・・・ふん、血の見すぎで気絶とはな・・・。これでよくキラータイガーを倒したものだ・・・」

魔王「さて、なんとか説得して仲間に加えて貰わねばな。 側近に連絡しておこう」


側近「はい、魔王殿。 見つかりましたか」

魔王「うむ。弱さを知ってるこの娘は強き者が何をするべきか直ぐに気付けるだろう。この女勇者を私は育て上げるぞ」

側近「は。 しかし間に合いますかな」

魔王「間に合う。 間に合わせてみせるさ。 何しろ剣鬼と呼ばれた魔王が指導するのだ」

側近「・・・・・・御武運を」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:10:27.81 ID:/J1EgiUq0

女勇者「・・・・・・はっ!」

魔王「起きたか。 魘されておったぞ」

女勇者「ぁ、騎士さん、怪我は!?」

魔王「心配するな、魔法で治した。 お前の方こそ顔色が悪い。もう少し休め」

女勇者「あ、は・・・・・・はい・・・・・・」

魔王「・・・・・・」

女勇者「・・・・・・あの、すいません。 なんか、今日初めて会った人に色々変な事言っちゃって・・・・・・」

魔王「構わぬ。 お前が私の指導を受けてくれるのならな」

女勇者「そ、それは・・・・・・」

魔王「力とは、言うならば責任だ、力を持つ者はそれに見合う責任が圧し掛かる」

魔王「・・・・・・お前は自分の大きな責任を支える事が出来ていないのだ」

女勇者「・・・・・・」

魔王「勝負では負けたが、命の賭け事なら負けはせん。・・・・・・自分の責任を支える方法を知りたくないか」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:10:58.28 ID:/J1EgiUq0


女勇者「騎士さんは、知っているんですか。 自分の力で人を護る方法を・・・・・・」

魔王「さぁな。 力をどの様にして生かすかはお前次第。 唯、今のままでは誰も護れはせん」

女勇者「そう、ですか・・・・・・分かりました・・・・・・騎士さん、剣の使い方を、戦い方を、教えてくれますか?」

魔王「無論。 私はお前に才能を見た。 一年たてば二度と悪夢は見ずに済むさ」

女勇者「・・・・・・なんで、私を気にかけてくれるんですか? 見ず知らずの私を」

魔王「そ、れは・・・・・・、私の・・・そう私の剣を是非とも受け継いで貰いたい、と思って、な」

女勇者「そ、そうなんですか?」

魔王「う、うむ」

女勇者「・・・・・・そう、ですか。 ・・・・・・よろしく、お願いしますね? 騎士さん」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:11:47.46 ID:/J1EgiUq0

魔王「あ、ああ、勿論・・・・・・。あ、敬語を使い忘れていた、すまない・・・・・・許してくれ」

女勇者「え、今気付いたんですか?」

魔王「すまない。 ずっと普通に話していた・・・・・・」

女勇者「ふ、ふふっ。 いいですよ。 騎士さんは私の師匠になるんですから。 年上ですし敬語なんていいです」

魔王「そうか、ならそうしよう」

女勇者「なんだか、あっさりしすぎても・・・・・・」

魔王「ん?」

女勇者「いえ! 何でもないです!」

魔王「そうか。 それより、これから何処か行くあてなどあったのか?」

女勇者「いえ、数日過ごせば森を抜けようかなと思っていただけです」

魔王「ふむ。 なら、森でお前の戦いを見せて貰おう。 森を抜ければ鍛練のメニューを決める」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:12:23.17 ID:/J1EgiUq0

女勇者「だぁっ、やあっ!」

魔王「・・・・・・」

女勇者「いやぁーっ! てぇーぃ!」

魔王(悉く空振り・・・・・・、成程。多数を相手にすれば反れた攻撃が他者に当たるから勝てたわけか・・・・・・)

女勇者「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・だぁっ!」

魔王(一対一ではどちらも攻撃が当たらず、疲労した方から離脱、・・・・・と)

おおなめくじ(ど、どうしたら・・・・・・?)

魔王(いや、もう下がって良いぞ)

おおなめくじ(へ、へへぇ)ズズズ

女勇者「ぜーぜー・・・あ、ど、どうですか騎士さん! おっ、追い払いましたよ!!」

魔王「ん、・・・・・・うむ(しかし、ここまでとは・・・・・・)」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:12:53.08 ID:/J1EgiUq0

魔王「とりあえず、剣筋が大振りすぎる。 小さい体に重い剣が振り回されて、無駄に体力を消耗しているのだ」

女勇者「は、はぁ・・・・・・」

魔王「疲労が顔に出ている。 負ぶされ。 後は私が戦おう」

女勇者「え、え、い、いいです! そ、そんな、あ、歩けますよ!!」

魔王「違う。 私の剣の振り方。 体捌き。 体で感じるのだ」

女勇者「え、えぇーっ・・・・・・。わ、わかり、ました・・・・・・恥ずかしい、ですけど」トサ ギュ

魔王「ん、森を抜ければとりあえずお前にあった剣を選ぶぞ、っと・・・ん、マンドリルか。見ていろ、お前の戦い方の最終目標を」

マンドリル「キキ、キキキキッ!」グワッ

魔王(知能の低い魔物で助かった。 魔王と認識されれば殺り難くなる)ヒュオッ

女勇者「わ、わわっ!」グルン

マンドリル「キキ!? ギッ」ドッ! ゾンッ

魔王「感じたか? 今の踏み込み、構え、そして一刀両断。 一撃必殺の太刀筋だ」

魔王「これだけだ。 これだけ習得すれば、魔王すら屠る事が出来る」

女勇者「一撃、必殺・・・・・・」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:13:52.05 ID:/J1EgiUq0

魔王「どうだ、出来そうか?」

女勇者「え、えーっ、む、無理ですよ。 あんな速い剣・・・・・・」

魔王「ふ、丁寧に教えてやる。 しかし、まずは森を抜けねばな。 また魔物に出会えば次はもっとゆっくり振ってやる」

女勇者「・・・・・・思ったんですけど、何であの時態と負けたんですか?」

魔王「? ああ、勝負の事か」

女勇者「騎士さん程強い人が何で、私の剣を?」

魔王「一撃先に、という勝負だったろう。 私はお前の加護を突き破ることが出来なかった。 だから私の負け」

魔王「しかし、思いついたのが、お前の剣を受けた後どうなるかと思ったのだ。案の定お前に簡単に触れることが出来た」

女勇者「あ、それで私の首から・・・・・・」

魔王「そうだ。 だからこそ一撃なのだ。 一撃で相手を殺す。 触れられる前に。 一撃で命を持っていく」

女勇者「・・・・・・出来るでしょうか」

魔王「ふ、この技術など修練を積めば何とでも。 問題は・・・・・・お前の心かもしれんな」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:14:54.05 ID:/J1EgiUq0

女勇者「心・・・・・・ですか」

魔王「うむ。 優しい者はいつだってそうだ。 他人の命を自分の命と同じように意識してしまう」

魔王「他人の痛みも、苦しみも、悲しみも、辛さも、自分が感じてしまう。 命を殺す事の責任で押し潰されていく」

女勇者「責任・・・・・・」

魔王「優しさを捨てろとは言わんが、生物としての厳しさを忘れてはならん。その厳しさを忘れた時、お前は死ぬ」

女勇者「よく、わかりません・・・・・・」

魔王「ふ、そうだろうな。分からないうちは迷うなよ。 迷いは剣を鈍らせ時間を奪う。時間は無いのだ、お前にも、私にも」

女勇者「は、はぁ」

魔王「と、話しながら歩いているうちに森を抜けそうだな」

女勇者「はい・・・・・・やっとですね・・・・・・」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:15:54.09 ID:/J1EgiUq0

魔王「さて、剣を買って宿を見つけた後、本格的な訓練を始めようか」

女勇者「わ、わかりました。私は何をすればいいですか」

魔王「宿を見つけてきてくれ。 私はお前に合う剣を探しておこう。 集合は、夕刻。 この広場で」

女勇者「は、はいっ。 頑張ります!」ダッ

魔王(・・・・・・さて、この街の剣では物足りんだろう。 側近に連絡して魔王城で良い剣を見つけようか)ピ

側近「は! 大丈夫ですか魔王殿! ここ暫く連絡が来ず、私は、私は・・・・・・」

魔王「ふむ、心配をかけたな。 だが案ずるな女勇者の一行に加えてもらった」

側近「・・・・・・そういう事では、無いのですが」

魔王「む? まぁいい、空間転移の出来るものをこちらに遣せ。 これから魔王城の剣を女勇者にくれてやるのだ」

側近「それは・・・・・・はい、分かりました。 私自ら参りまする。 街をお教え下さい」

魔王「レスカ・・・・・・だ。 待っているぞ」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:17:27.34 ID:/J1EgiUq0

側近「これは・・・どうでしょうか?」

魔王「いや、駄目だ。 徹底した一撃必殺の剣でなければ」

側近「むむ、私には思いつきませぬ・・・・・・」

魔王「いや、無理を言っているのは私だ。 気に病むな」

側近「は」

魔王「ふむ。 やはり母上の剣を持ち出すしかないか・・・・・・」

側近「! それは・・・・・・お言葉ながら、私にはその娘が扱えるとは思えませぬ」

魔王「しかし、もし扱えれば大魔王様に勝てるやもしれぬしな。 大それた事だが・・・・・・」

側近「もし、扱えるのならば、私は悔しいです。人間に、あの宝が扱われるなど・・・・・・それに」

魔王「それに、なんだ」

側近(父上殿の黒剣を魔王殿が持ち、母上殿の白剣をあの娘が持つなど・・・・・・)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:18:12.13 ID:/J1EgiUq0


魔王「・・・・・・何か問題があるか?」

側近「・・・・・・いえ、やはり、なんでも、ありませぬ(出来ることなら、私が持ちたかった・・・・・・)」

魔王「む? そうか。 遠慮なく次からも言え。まぁ、物は試しあの剣を持っていく」

側近「はい、用意致します。 お待ちを」


魔王「相変わらず白く輝いて素晴しい剣だな。しかし何故か、あの娘にくれてやるのは勿体無いとは感じぬ。不思議なものだ」

側近「・・・・・・あの、他の剣はどうするので?」

魔王「いらぬ。 人間であるあの娘なら扱える筈だ。 これ一本で構わぬ。 送ってくれ」

側近「は」シュン


魔王「ふむ、一瞬か。便利な魔法だ。 私も使いたいが難しいのでな」

側近「いえ、魔王殿のお役に立てるが至上の喜び。 今のままで構いませぬ」

魔王「ふはは、言ってくれる。 良かろう、これからもお前に頼るさ」

側近「は、はい・・・・・・」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:22:26.46 ID:/J1EgiUq0

女勇者「あの、す、すいません。 人を待っているので・・・・・・」

魔王「ん?」

街人「いいじゃねぇか。 ちょっとだけ付き合ってくれよ。な? 良い宿紹介するから」

女勇者「こ、困ります。 もう宿は決めてるので・・・・・・」

魔王(ふむ、絡まれたのならさっさと追い払えば良いものを・・・・・・間に入るか)

街人「あんなボロイ宿なんてやめとけって。お金ないんだろ? 面倒見てやるから、な?」スッ

女勇者「きゃ」バチッ

街人「アギャッ!」

魔王「!? なんだ、加護か?」

女勇者「あ、騎士さん!! 助けてください、なんか変な人が・・・・・・」サッ

街人「いってぇ・・・・・・何しやがった女ぁ・・・・・・!」

魔王「おい、失せろ」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:23:03.84 ID:/J1EgiUq0

街人「は・・・・・・」

魔王「失せろ、と言った」ジャキ

街人「な、なんだよ、マジになりやがって・・・・・・」

魔王「・・・・・・」

街人「く、くそ・・・・・・」タッ

魔王「なんだあの男は」

女勇者「宿を借りたときから引っ付いてきて・・・・・・。 追い払ってくれて有難うございます」ギュ

魔王「いや、それより先刻の加護は何だ?」

女勇者「え?」

魔王「え、じゃない。 お前に触れようとした手が弾かれたように見えたが」

女勇者「あ、そういえばそうですね。 な、なんでだろ・・・・・・」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:23:47.84 ID:/J1EgiUq0


側近「・・・・・・」

女勇者「あれ? この女の人は誰ですか・・・・・・?」

魔王「あ、ああ、私の部下だ。 この街にはお前に合う剣が無かったのでな。 故郷から持ってきて貰った」

女勇者「そ、そうですか・・・・・・それは、どうもすみません・・・・・・」

魔王「ここでは少し人目につく。街の外れに行こう。 側近」

側近「は」シュン

女勇者「え、い、いつのまに・・・・・・」

魔王「では、これを持ってみろ、女勇者」チャキン

女勇者「え、なにこれ・・・・・・綺麗・・・・・・」

魔王「・・・・・・どうだ、軽いか?」

女勇者「は、はい。 凄く軽いです」

魔王「側近、これは・・・・・・」

側近「・・・・・・ええ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:25:01.58 ID:/J1EgiUq0

魔王「私達は離れておくから、自由に剣を振ってみろ」

女勇者「は、はい」

女勇者「・・・・・・すぅーはぁー・・・・・・。 っ、たぁい!!」ブワァッ

側近「なんと・・・・・・」

女勇者「す、凄い・・・・・・いやぁッ! ふぅーっ・・・・・・・はぁぁっ!!」

魔王「全てが拙い筈なのに、風が・・・・・・これは・・・・・・」

魔王(そうだ・・・・・・この光景は・・・・・・懐かしいぞ、あの姿だ・・・・・・見たことがある・・・・・・)

魔王「ふ、ふはは・・・・・・、は、母上だ・・・・・! 母上の剣が・・・・・・見えるぞ・・・・・・」

側近「・・・・・・」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:25:57.92 ID:/J1EgiUq0

女勇者「はぁ、はぁ、ふぅ、ふぅ・・・・・・」ドサリ

魔王「ふ、飯も食わず、あれから日付が変わるほどに剣を振ったのだ。よほど、その剣が気に入ったと見える」

女勇者「は、はいぃ・・・・・・。 凄くよかったです・・・・・・まるで自分じゃないような・・・・・・」

魔王「そうか、それは良かった。 側近」

側近「・・・・・・」

魔王「側近!」

側近「は、はっ! な、なんでしょうか魔王殿」

魔王「女勇者にあの剣はくれてやる。 それでよいな?」

側近「私は、魔王殿の決定に逆らうつもりはありませぬ。 どうぞご随意に」

魔王「・・・・・・今まで一言も喋らなかったが、どうかしたのか」

側近「! ・・・・・・そんな事は、ありませぬ」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:26:35.70 ID:/J1EgiUq0

魔王「まぁ、よい。 ところで女勇者、何処の宿を・・・・・・寝ている」

女勇者「ん、すぴー・・・・・・んんぅ・・・・・・・」

魔王「ふん、全く、これでは宿をとらせた意味が無い。 側近お前はどうする」

側近「は?」

魔王「一緒にあの街で泊まるか?」

側近「・・・・・・いえ、遠慮しておきまする。 それよりも、魔王城で休まれた方がいいのでは?」

魔王「起きた時に風景が魔物だらけではおかしいだろう。 宿にキャンセルを入れて来ねばならんし」

側近「しかし、訓練も魔王城の方が滞るのではないですか? 人間の姿に化けれぬ者達は追い出せば宜しいのです」

魔王「ふむ、一理ある。 しかし追い出すのはな・・・・・・」

側近「心配要らずとも出て行った魔物たちの住処は早急に作らせまする。 是非私の目の届く場所で!」

魔王「わ、わかった。あ、相変わらずお前の意見は頼りになるな、そのようにしよう」

魔王「・・・・・・しかし宿を探してキャンセルを入れてからな」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:29:12.00 ID:/J1EgiUq0

女勇者「ん、っ、・・・・・・え、あれ?」

側近「起きられましたか。 ご気分はどうです?」

女勇者「あ、騎士さんの、部下さん。 おはようございます、だ、だいじょぶです。あの、ところで・・・」

側近「なにか?」

女勇者「ど、どこですか? ここ・・・・・・」

側近「貴女の言う騎士殿の家です。 そして私の事は側近と御申し付け下さい」

女勇者「は、はい側近さん。 ・・・・・・で、なんで私は騎士さんの家に・・・・・・?」

側近「貴女が昨日疲労からの昏睡状態となってしまって宿の場所を聞けなくなったのです」

側近「その為、已む無く我が主が貴女を家まで連れて来たのです」

女勇者「え、ええー。 そ、それはごめんなさい・・・・・・」

側近「いえ、どうせ強くなるならばここで修行した方がよろしいですから。 いずれ来たと思います」

女勇者「はぁ」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:30:02.63 ID:/J1EgiUq0

女勇者「あ」グゥ

側近「ふふ、丸一日程何も食べてないんでしたね。今は昼過ぎなので軽食ですが、持って来ましょう」

女勇者「ほ、ほんとですか? わぁい」


側近「どうぞ」

女勇者「わぁ、さ、さんどいっち・・・・・・頂きます!」

側近「どうですか?」

女勇者「お、おいし・・・・・・側近さんが作ったんですか?」

側近「ええ、主殿への料理は私がたまに。 普段は侍女達がほとんどですがね」

女勇者「いいなぁ、私料理できないんです・・・・・・教えてくれませんか? さんどいっち」

側近「ええ、それぐらいなら。あ、食べ終わったのなら主殿に挨拶へ行かれて下さいね」

女勇者「あ、は、はいわかりました」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:31:21.06 ID:/J1EgiUq0

魔王「おお、やっと回復したのか」

女勇者「は、はい。ごめんなさい。なんだか迷惑かけたみたいで・・・・・・」

魔王「いや、いい。寝ている間に勝手に連れてきたのは私だから、本来なら責めて貰っても構わぬ」

女勇者「い、いえそんな・・・・・・。 あ、あの、ここ凄い城ですね・・・・・・」

魔王「ん、あ、ああ。 えっと、土地が悪いから安いのだ。 仕え人も少ないだろう?」

女勇者「そ、うですか・・・・・・?」

側近(十分富裕層レベルです・・・・・・)ヒソヒソ

魔王「(そ、そうか。すまん)ま、まぁ、あまり気にするな。 自分を鍛えるのには良い場所なのだ」

側近「・・・・・・我が主は、各地で様々な功績を立てている為、こうして富裕層の仲間入りをしていまする」

女勇者「そうなんですか! はぁ、騎士さん凄いんですね・・・・・・・」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:34:35.84 ID:/J1EgiUq0
魔王(すまん、助かった側近)ヒソヒソ

側近(いえ)

女勇者「それに、凄く大きなペットとかもいるし・・・・・・。騎士さん動物好きなんですか?」

魔王「いや、それは(人に変化できなかったものが、唯小さくなっているだけなのだが・・・・・・)」

側近「ええ、立地が悪いので醜くなって生きられぬ者を我が主が拾っていると、こんなに」

女勇者「へえー。優しいんですね、騎士さん」

側近「ええ、醜いものばかり拾って・・・・・だから皆不細工でしょう?」

魔物達(ひでえよ、姐さん・・・・・・)

女勇者「そう、ですか? けっこーかわいいですけど・・・・・・」

魔物達(おお、嬉しいこと言うじゃねえか)

魔物達(でも、怖がらせるのが仕事だから不細工でも良いんじゃ・・・・・・)

魔物達(うるせぇ、小さい時ぐらい愛らしくていいじゃねえか)

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:37:51.49 ID:/J1EgiUq0

側近「我が主が許せば、何時でも遊べますよ。 今は、まだ駄目でしょうが」

女勇者「そうなんですか?」

魔王「ん、んむ。 今はまだ、危険だな」

女勇者「危険・・・・・・?」

魔王「おお、そうだ。 女勇者に聞かねばならん事があるのだ」

女勇者「は、はい。 なんですか?」

魔王「勢いで連れてきたが、ここで戦いを学ぶか、それとも冒険しながら戦いを学ぶか。選んで欲しい」

側近「!」

魔王「冒険は勇者には欠かせぬ。 人との出会い、出来事によって、勇者としての心と技が研磨、洗練されていく」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:38:31.73 ID:/J1EgiUq0

魔王「しかし、私はその冒険を捨ててでも、一年。ここで修行して欲しいと思っている」

魔王「・・・・・・変な話だが、選んで欲しいのだ。お前に」

女勇者「私は・・・・・・うん」

女勇者「私はきっと・・・冒険に出るにはまだまだなんです」

女勇者「目の前で、人が倒れてても、助けることが出来ない気が、します」

女勇者「・・・・・・だから、騎士さん、ここで私に大事な人の救い方を! 護り方を! 教えてくださいッ!!」

魔王「ふ、勿論だとも。 ・・・一年、一年だ。途中で折れるなよ?」

女勇者「は、はい!」

魔王「では、早速広場でやろう。 側近、女勇者の剣とあいつを用意してくれ」

側近「・・・・・・は」

女勇者「あいつ・・・・・・?」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:39:06.34 ID:/J1EgiUq0

女勇者「な、なんですか? これ」

魔王「全ての物理攻撃を吸収する軟体生物だ」

側近「そして、攻撃が大きければ大きいほど細かく露散し、また集まります。つまり、一撃の大きさを測れるのです」

女勇者「ま、魔物じゃないですか・・・・・・!」

魔王「うむ、だが私の従順なペットだ。 攻撃能力は無いに等しいし、火に弱いから安心しろ」

スライム(・・・・・・)プルプル

女勇者「は、はぁ・・・・・・。そ、それなら・・・・・・確かに、良く見たらかわいいですし・・・・・・」

魔王「ほら、これがお前の剣だ。 あの生物に振ってみろ」

女勇者「は、はい・・・・・・。 はぁーーーっ・・・・・・てぇい!!」シュ ポン

側近「・・・・・・7粒ですか。 まずまずですかね」

魔王「うむ。 力の入れ方に変な癖がある。 力の入れ所を知れば20はいったな」

女勇者「う、そうですか・・・・・・頑張ったんですけど」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:39:29.91 ID:/J1EgiUq0

スライム(ふぅ・・・・・・よゆー・・・・・・・よゆー)プルルン

魔王「・・・・・・よし、お前が目指すべき一撃を示しておこう。 今度は目で、私の斬撃を感じろ」

スライム(え? まおうさまのいちげきなんてもらったらもとにもどれなく)プルプル

魔王「すーーーっ・・・・・・、・・・・・・ぬ、ぅえあ!!」ドッ パァン

女勇者「う、わぁ・・・・・・・」

側近「お見事です」

女勇者「凄い、だって水滴が見えないぐらい小さくて・・・・・・」

魔王「このレベルまで、一年で到達してもらう」

女勇者「そ、そんな・・・・・・!」

魔王「でなければ、お前はいずれ死んでしまうだろう。 この方法が一番理に適っているのだ」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:43:14.18 ID:/J1EgiUq0

魔王「さて、コイツが元に戻るまで暇だろう。 一撃を極める為の構えを教えよう」

女勇者「は、はい」

魔王「剣は、腕先だけの力で振るえば威力も無く弾かれる。 体全体の力を剣に乗せることが出来る構えが必要だ」スッ

女勇者「は、はぁ。 え、あ、腕を、はい」

魔王「そうだ上段に構えて・・・・・・利き手は右だろう。 なら右手を・・・・・・そう」

側近「・・・・・・」

女勇者「こ、こうですか。 はい、えっと・・・・・・」キュッ

魔王「足を踏ん張る為に前へ出して・・・・・・出しすぎだ。 もう少し、自分が踏ん張れる・・・・・・そうだ」

側近「・・・・・・」

女勇者「えっと、脇を・・・・・・。 ぁ・・・・・・きゃっ」

魔王「ん、くすぐったかったか? 悪い」

女勇者「い、いえ、いえっ・・・・・・な、なんでもないです・・・・・・」

側近「・・・・・・」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:43:57.57 ID:/J1EgiUq0

魔王「よし、そうだ。 もう少し腰に力を入れて体を固定させろ。 うん」

女勇者「で、できましたか・・・・・・?」

魔王「うむ。 よし、その体制で目を瞑れ。ゆっくり深呼吸しろ。 呼吸で体全体の力を感じるんだ」

女勇者「・・・・・・ふぅーーっ・・・・・・はぁぁーーーっ・・・・・・」

魔王「さて、そろそろ・・・・・・なんで睨みつけるんだ。側近」

側近「・・・・・・なんでも、ありませぬ」

魔王「? なんだ、まだコイツは元に戻ってないのか。側近、魔法をかけてやれ。ただし出現は女勇者の目の前だ」

側近「・・・・・・は」ブツブツ

スライム(っぷ・・・・・・ひゃーー・・・・・・・やっともどれたお・・・・・・つかれたお・・・・・・)プルル

魔王「・・・目を閉じたまま、規則正しい呼吸の中で力が一番大きく集まる瞬間だ。 それを見極め、振り落とせ」

女勇者「すぅ・・・・・・はぁ・・・・・・すぅ・・・・・・」カッ!!

スライム(!? ちがう、さっきのとは・・・・・・まるでまおうさまの・・・・・・)プルッ

女勇者「・・・・・・・っだッ!!!」ドン ボワッ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:44:59.96 ID:/J1EgiUq0

側近「! ・・・・・・な、んと」

魔王「ふむ、40は、下るまい」

女勇者「や、やった、出来ましたよ、騎士さん!! 私も!」

魔王「ああ、見事だ。後は垂直の振り方と細かな体運動で三桁近くいく。今日はもう暗い。明日教えるから飯にしよう」

女勇者「は、はい! あ、も、もしかして側近さんがつくるんですか!?」

側近「え? ええまぁ、その積もりですが」

女勇者「うわぁい、楽しみです!」

魔王(そういえば、余り食べずにあの剣を振ったのだったな・・・・・・)

側近(は、はい。 少しの軽食のみです)

魔王(末恐ろしいな、普通は構えを言われたとおり実践するなど並大抵の事ではないのに・・・・・・)

側近(・・・・・・そうですね、昔の魔王殿を見ているようです)

魔王(そ、そうか。・・・・・・憶えていたのか? 父上に私が指導されていた頃は、まだお前小さかったろう)

側近(忘れませんよ。・・・・・・魔王殿の、事では)

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:50:58.75 ID:/J1EgiUq0
侍女「では、ここでお待ち下さい」

魔王「うむ、ご苦労。 さ、女勇者」

女勇者「え、あ、は、はい・・・・・・」

魔王「どうした?」

女勇者「え、えと・・・・・・こんな綺麗な所で食べたこと無いので、マナーとか・・・・・・」

魔王「ふ、気にするな。私も貴族のマナーなど無い、気にせず何時も通りで構わん」

魔王「ふむ。 後ろの侍女が気になるようなら下がらせる」

侍女「・・・・・・」

女勇者「いえいえ、そんな・・・・・・」

魔王「ああ、そうそう、その侍女はこれからのお前のお付だ。 何かあればそいつに言え」

侍女「よろしくお願い致します。 女勇者様」

女勇者「は、はぁ」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:52:44.25 ID:/J1EgiUq0

側近「夕飯、出来ました。 女勇者殿はお酒、飲まれますか?」

女勇者「あ、いえ、私、駄目です・・・・・・」

側近「そうですか。 主殿もお酒は飲めないので、私だけですね」

女勇者「え・・・・・・!? 騎士さん飲めないんですか?」

魔王「・・・・・・そうだが?」

側近「ふふ、意外ですか」

女勇者「は、はい・・・・・・」

魔王「ふん、放っておけ」

側近「そう、不機嫌になさらず。 侍女達、開けなさい」

侍女「は」カパ

女勇者「わぁ・・・・・・!」

側近「では、好きなだけ」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:53:47.50 ID:/J1EgiUq0

女勇者「いいんですか!?」

側近「ええ、それに、貴女の訓練はこれから熾烈を極めるでしょう。 女勇者殿は食べれるだけ食べたほうがいいですね」

女勇者「え・・・・・・。 それを聞くと食欲が・・・・・・ほんとですか?」

魔王「ああ。 ここに居る限り、睡眠と飯を十分にとらねば、体が持たぬだろう。 食べておけ」

女勇者「は、はぁ・・・・・・」モソモソ ・・・・・・パァアッ

女勇者「お、おいしい・・・・・・!」パクパク モッキュモッキュ

魔王「・・・・・・現金な奴だな」

側近「いえ、これ程まで喜ばれるのは久しぶりなので気分が良いです」

魔王「ん、そんなに私は反応が薄かったか・・・・・・?」

側近「いえ」

魔王「お前は最近私に冷たい気がするな・・・・・・」

側近「そんなことは、・・・・・・ありませぬ(・・・・・・・誰のせいだと思っているのですか)」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:55:25.30 ID:/J1EgiUq0

女勇者「はぁ、お腹一杯・・・・・・!」

侍女「女勇者様。 お湯浴みの時間です」

女勇者「え・・・・・・・?」

侍女「どうぞ、こちらに」

女勇者「湯浴み? 水浴びじゃなくて・・・・・・?」

侍女「タオルを体に巻いてくださいね」


女勇者「す、すごい・・・・・・湯気が・・・・・・」

側近「やはり驚かれますか。 近くに火山があるのでこうして温泉を作ることが出来たのです」

女勇者「あ、じゃぁ火を熾す必要がないのか・・・・・・というか側近さん!?」

側近「私も湯浴みに。 何時もは水浴びでしょう、温かい水にどっぷり浸かるのは癖になりますよ」

女勇者「は、はぁ・・・・・・」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:57:47.75 ID:/J1EgiUq0

女勇者「ほんとーですねー・・・・・・すごいきもちーです・・・・・・」ムフー

側近「でしょう。 この世界の何処よりもこの温泉が一番な筈です」ムフー

女勇者「・・・・・・」じー

側近「? どうかしましたか」

女勇者「え、いや・・・・・・・おっきいな、と思って・・・・・・」

側近「ぁ・・・・・・、そそ、そんな事は」

女勇者「いやおっきーですよ! わ、私なんか・・・・・・」グス

側近「・・・・・・だ、大丈夫ですよ。 まだ成長期です」

女勇者「・・・・・・そうでしょうか」

側近「はい。 私も120年前はこれぐらいだったので・・・・・・」

女勇者「120・・・・・・?」

側近「あ、いえ2年ぐらいま、前です。 間違えました」

女勇者「えへへ、側近さんて結構お茶目な人だったんですね」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 10:59:22.67 ID:/J1EgiUq0


女勇者「側近さん、側近さん、洗いっこしませんか?」

側近「え、はぁ、いいですが」

女勇者「洗いっこなんてお母さんとやった時以来です」

側近「・・・・・・そうなんですか」

女勇者「側近さんはやった事ありますか?」

側近「私は・・・・・・母上がいなかったので、ありませぬ」

女勇者「そうなんですか・・・・・・。 じゃぁやってみましょう! すっごい楽しいですよ!」

側近「・・・・・・はい」

女勇者「あ、今ニコッてしましたよね! 凄いかわいいかったです! 側近さん」

側近「え、あ、そんな・・・・・・」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:02:45.95 ID:/J1EgiUq0

魔王「随分短時間で仲良くなっているな」

侍女「そうですか」

魔王「ああ、側近は私以外にはキツい性格だったのだが、不思議なものだ」

侍女「とりあえずお覗きを御止めになっては」

魔王「何を言ってる。 湯気で何も見えん、声しか聞こえぬわ」

侍女「はあ、しかし女勇者は本来敵の筈では?」

魔王「そう、だな。 献上物には違いは無い。 が、あの娘を徹底的に信用させるには側近の態度は正解だ」

魔王「それとも、同じ年頃の娘などと話したことは無いから、戸惑っているのか」

魔王「しかし、側近は私等より優秀だ。大魔王に歯向かうなどと考えるのは私だけ・・・・・・」

侍女「本当にあの大魔王を倒せると」

魔王「さぁな、あの娘次第だ。 だから側近にも、情を移すなと言っておかねばならぬ」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:04:15.38 ID:/J1EgiUq0

侍女「魔王様はどう思っていらっしゃるので」

魔王「女勇者をか? ・・・・・・どうとも思っておらぬよ」

魔王「魔王とは言うならば無責任に力を振るう者の象徴だ。大きな力にあるべき責任を放棄した者の末路」

魔王「しかし、だからこそ強い。 乱暴にただただ暴れ狂う。 勇者とは真逆の存在だな」

魔王「その私が。 女勇者と共に戦う事が出来ると思うか? あやつは大魔王への献上品。 それだけだ」

侍女「はぁ、その台詞を側近様には言わないので?」

魔王「何故、言う必要がある? 側近も同じ考えだろう」

侍女「・・・・・・しかし、その割には私達下々を気にかけて頂いていますが」

魔王「何を言っている。 お前達は道具という私の力だろう。 自分の道具を愛おしく思うのは当たり前だ」

侍女「・・・・・・私達は今の魔王様で感謝していますよ」

魔王「・・・・・・ふん。 魔女めが、いっちょ前に意見しおって。 女勇者の面倒だけ見ていろ」

侍女「は」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:05:27.75 ID:/J1EgiUq0

魔王「ふん、私で良かったなど・・・・・・」

魔王「女勇者、か。何とも不思議な人間だ。 悉く私と真逆。まるで・・・・・・」

魔王(父上と母上の様な・・・・・・)

魔王「くっくっ、何を私は。 ん、さて、大魔王を殺す算段を考えねば・・・・・・」

魔王(しかし、女勇者に倒せるのか。もし倒せたとしてもその後どうする。私の正体がばれれば私も死ぬ)

魔王(・・・・・・いや、まずは倒す手段だな。 そしてあわよくば女勇者も・・・・・・)

魔王「ふぅ。 側近がいなければ、私には思いつきもせんな。 相変わらず頼りっぱなしだ」ドサッ

魔王(私にはわからぬ。今の自分の気持ちが。素直に私を信用するあの娘が)

魔王「はやく、風呂に入りたい・・・・・・」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:07:01.82 ID:/J1EgiUq0

女勇者「うわー、すべすべ・・・・・・」

側近「あ、あの、あまり触られると。 困るのですが・・・・・・」

女勇者「なぜですか、これは洗いっこなんですよ? 側近さんも私を洗ってください」

側近「は、はぁ」

女勇者「・・・実をいうと、私一人っ子なので、こうやって姉妹みたいに洗いっこするの嬉しくて」

側近「そうですか・・・・・・」

女勇者「もしかして、迷惑ですか、側近さん・・・・・・・?」

側近「いえ、そんな事は」

女勇者「あ、よかったー。 喜んでるの私だけかと・・・・・・」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:09:53.35 ID:/J1EgiUq0

側近「なぜ、そんな簡単に私達を信用するのですか?」

女勇者「へ・・・・・・?」

側近「こんな見ず知らずの場所に連れられて、魔王を倒すなどというためだけに」

女勇者「・・・だって、悪い人には見えないんですもん」

側近「それだけですか?」

女勇者「はい。 普通私に悪意持ってたら弾かれちゃうのに。 弾かれないし・・・・・・」

側近「ああ、それは確かにいい証明かもしれませんね」

女勇者「それに、私を強くしてくれるなんて、とっても助かりますし、感謝してます」

側近「そうですか。 なら何も言いません。 明日から地獄の苦しみを味わってください」

女勇者「え、ええーっ!」

側近「ふふ」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:12:56.28 ID:/J1EgiUq0

魔王「やっと風呂か・・・・・・」

側近「は。 申し訳ありません」

魔王「いや、いい。 随分信用される為に策を打っていたようだしな」

側近「ぁ、覗かれていたので・・・・・・?」

魔王「の、覗いてはいないぞ。 聞こえだけだ」

側近「は、はぁ。 しかし、ただ会話していただけです。 策など・・・・・・」

魔王「なに・・・・・・? なら、何故あれ程仲良さそうに?」

側近「・・・・・・それは」

魔王「・・・・・・人間を扱ったのは、初めてか? 側近。 注意しておいてやろう」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:14:26.27 ID:/J1EgiUq0

魔王「今何故あの娘が我等を信用しているか。 それは我等が魔族だと知られていないからだ」

魔王「人間とは自分と違う者は悪と決め付ける生物。 所詮、相容れぬ者だと思え」

側近「しかし魔王殿は彼女を気に入っているのでは・・・・・・」

魔王「ふ、私は確かにあの娘を気に入ってはいる。だがただ駒としてだ。 大魔王を殺す為の駒」

魔王「あまり情を掛けるな。側近がそれほどまで甘いとは思わなかった」

側近「しかし、人間にも、例外が、いるのでは・・・・・・」

魔王「ならば、正体をあかせ。 それであの娘が去らねば、例外として認めよう」

側近「・・・・・・」

魔王「・・・・・・お前は優しい。 あの娘も優しい。 私は知っているよ」

魔王「だが、だからこそ、傷ついて欲しくない。 二人を選ばねばならないのなら、お前を」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:15:10.32 ID:/J1EgiUq0

魔王「お前が大事なのだ。 娘が傷つくよりも、お前が傷ついたほうが私は悲しい」

側近「魔王・・・・・・殿」

魔王「さて、風呂上りに大魔王討伐の相談があるのだ。 少し待っていろ」

側近「は、・・・は!」

側近(ふ、私に先程まであった娘に対しての想いが消えている。 魔王殿、私は貴方のためだけに・・・・・・)


魔王「ふぅ・・・・・・(なんとも、娘の無垢さは恐ろしい。 あれ程人間を嫌っていた側近が)」

魔王(私は、・・・優しくない・・・・・・甘いだけだ。 言葉にしなければ娘を愛して、護ってしまいたくなる)

魔王「くく・・・・・・。 側近に偉そうにいえんな、これでは・・・・・・」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:21:12.89 ID:/J1EgiUq0

侍女「おはようございます。 女勇者様」

女勇者「ふにゅー・・・おはようございましゅー・・・・・・」

侍女「失礼」ガサガサ ゴシゴシ ペタペタ

女勇者「ふにゅ、ふにゃ、んにゅ」

侍女「顔拭き終わりました。お着替え下さい」

女勇者「いまなんじですかー」

侍女「早朝の6時です。 朝食の後訓練ですので遅れないように」

女勇者「え、あ、うわ、ほんとですか!? ごめんなさい侍女さん!!」

侍女「お急ぎ下さい」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:22:14.88 ID:/J1EgiUq0

魔王「む、おはよう。 なんだ、今日は顔色が悪いな。 素振りは一週間しか訓練していないのにもう草臥れたか?」

女勇者「い、いえ、そんな事は・・・・・・」

側近「・・・・・・」トン

女勇者「ひぎぃ・・・・・・!」

魔王「ふ、構えの時と同じ筋肉痛か? 素振りの訓練を追加しただけだろう」

側近「昨日の時点で筋肉の限界が来ていましたよ。 私が洗いっこしようとしても拒んでいましたから」

女勇者「そ、それは別の理由ですよーっ。 側近さん最近手つきが・・・」

魔王「手つきが?」

女勇者「うーー・・・・・・・なんでもありません」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:24:25.55 ID:/J1EgiUq0

女勇者「・・・・・・すぅーーーっ・・・・・・やあッ!!」ブン

魔王「そうだ、一撃一撃丁寧に。 振ればゆっくり構えを戻し、体全体に酸素を取り込め」

女勇者「はいっ!」

魔王(だいぶ板についてきたな。 さて、そろそろ次の段階に・・・・・・)

側近「魔王殿」

魔王「ん、なんだ」

側近「女勇者の顔色が悪いです。休息をとったほうが・・・・・・」

魔王「ふむ、そうか。 ならば午後から休息をとらせよう」

女勇者「ほんとですか!?」

魔王「ああ、だが今は集中しろ。 気を抜けば休息は無しだ」

女勇者「ひぃいい」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:25:54.87 ID:/J1EgiUq0

側近「失礼します」コンコン

魔王「ん、どうした?」

側近「女勇者の実力はどうでしょうか? そろそろ次のステップに?」

魔王「ふ、お前も思ったか。 よし、ならば明日から別の訓練だと女勇者にいっておけ」

側近「は」

魔王「ああ、そうそう犬にも・・・・・・」

側近「承知しております」

魔王「ん、お前は相変わらず優秀だな。 頼んだぞ」

側近「は」

魔王「・・・・・・順調だ。 ・・・・・・勇者、か」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:29:27.55 ID:/J1EgiUq0

魔王「さて、お前は今日この、犬を相手にして貰う」

ケルベロス「グルルル・・・・・・!」

女勇者「ひ、ひぃいいいいいい・・・・・・!!」ビクビク

魔王「・・・・・・。そう怯えるな、コイツにお前の加護は突き破れぬよ」

女勇者「で、でも・・・・・・こんな大きくて顔が三つもあるのなんて犬じゃ、な」

ケルベロス「ガァァアアアアアッ!!!」

女勇者「ひやぁああああっ!!」プルプル

魔王「・・・・・・見事一撃。一撃だ。 コイツに当てろ」

女勇者「ひぇえぇええ・・・・・・!」

ケルベロス(攻撃重視でいけば宜しいので?)

魔王(うむ。 暴れて構わん)

ケルベロス(は)

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:31:22.70 ID:/J1EgiUq0

ケルベロス「ッガァッ! ギャオゥッ!!」ブオンブオン

女勇者「ひゃ、いやぁ・・・・・・! きゃぁあああ!!」ドタドタ ドサッ

魔王「おい、お前が逃げ回ってどうする。この犬は動きは緩慢で、剣は当て易い筈だ。どっしり構えろ!」

女勇者「だ、だって・・・・・・」

ケルベロス「ジャゥッ! ギャァオオッ!」ドンドゴン

魔王(ふむ、石の破片も女勇者に届かぬとは・・・やはり強力)

魔王「絶対に当たらぬ。当たる時は弱い剣が当たった時だけだ。 教えた一撃を思い出せ!」

女勇者「う・・・・・・うぅ・・・・・・がんばれわたしがんばれわたし・・・・・・!!」ジャキ

ケルベロス(!? 空気が・・・・・・)

魔王「そうだ、目を瞑れ。どうせ当たらぬ。 空気の震えを感じ取れ、犬が攻撃する瞬間に剣を振るえ」

ケルベロス(ど、どうすれば・・・・・?)

魔王(お前のタイミングで攻撃して構わん。 ただし剣が当たれば攻撃を止めろ)

ケルベロス(む、無茶を言う・・・・・・)

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:33:07.53 ID:/J1EgiUq0

ケルベロス「グ・・・ルルル・・・・・・」

女勇者「すぅーーーっ・・・・・・はぁーーーーっ・・・・・・」

魔王「そうだ、恐れるな。お前が振るうは虚空へ。 全力で震える空気を切れ」

女勇者「・・・・・・すぅ」ピィィン

ケルベロス「・・・・・・・グ、グオアアアアッ!! ダァヤォオオッ!!」グワッ

女勇者「・・・・・・いやあああッ!!!」カッ

ケルベロス「・・・・・・!?」シュゥウ・・・

女勇者「・・・・・・?」

魔王「うむ。 合格だ。 見事一撃入れることが出来たな」

ケルベロス(魔王様!! 何故間に入られたのですか!!) 

女勇者「き、騎士さん。 なんで・・・・・!?」

魔王「なに、この馬鹿犬が一撃受けたぐらいでは止まらなかったのでな」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:35:31.32 ID:/J1EgiUq0

ケルベロス(す、すいません魔王様、どうにも止めることが・・・・・・)

魔王「犬はよい。 この女勇者の一撃がまだまだ甘いから、押し切られる。 明日からも訓練だな」

女勇者「き、騎士さん・・・・・、すみません未熟なばっかりに・・・・・・」

魔王「いや、未熟なものか。 空気の震えへ反射的に剣を振った時点で予想以上だ。 才能か」

女勇者「そ、そうですか? 私夢中で・・・・・・えへへ」

魔王「しかし、威力に関しては及第点以下だ。 本気ならばこの豪腕を真っ二つに出来た筈」

女勇者「・・・・・・はい」

魔王「筋力で威力を上げようと考えるな。体中に満ちている魔力で己を強化する、明日からは突き詰めて教えよう」

女勇者「え、じゃぁ今日は・・・・・・」

魔王「うむ。 休め」

女勇者「やたーっ!」

魔王(ふふ、可愛いものだ。 ・・・・・・・待て、私は何を思った。 無意識に、何を・・・・・・)

側近「・・・・・・」

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:39:42.56 ID:/J1EgiUq0

女勇者「側近さん、今日も一緒にお風呂入りましょーっ!」

側近「あ、はい。 わかりました。 先に入っておいてください」

女勇者「はい、待ってますね!」

側近「・・・・・・」


女勇者「ふーっ・・・・・・、この温泉のお蔭でなんとかもってるかんじがしますー・・・・・」

側近「ふふっ・・・・・そうですね・・・・・・」

女勇者「・・・・・・ねぇ、側近さん。 なんだか最近、・・・・・・悩んでますか?」

側近「! ・・・・・・そ、そんな事は、・・・ありませぬ」

女勇者「うそだぁ、元気ないですもん。 相談ならうけますよ! 側近さんにはいつもお世話になってますし!」

側近「・・・・・・女勇者殿は、純粋ですね。 羨ましいです・・・・・」

女勇者「じゅ、純粋・・・・・・? そ、そんな事ないですよ!」

側近「そうですか? ふふ」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:41:20.77 ID:/J1EgiUq0
側近「・・・・・・貴女は、身近な人が敵だと分かったら・・・・・・どうしますか?」

女勇者「? てき・・・・・・?」

側近「分かりませんか? たとえば、私が、敵だったら・・・・・・」

女勇者「え!? 側近さん敵だったんですか!? 誰の敵ですか!」

側近「え、貴女・・・・・ふふふ、あははっ。 女勇者殿は可愛いですね」

女勇者「え、そんな、可愛いなんて・・・・・・」

側近「・・・・・もし、もし貴女の敵が私だったなら、どう、思いますか?」

女勇者「? ・・・うーん、側近さんはどうなんですか? もし、私が側近さんの敵だったら・・・・・・」

側近「それは・・・・・・嫌いに、なれないと、思います」

女勇者「そうですよね! だから私も側近さんを嫌いになったりしません、だって、友達ですもん!」

側近「と、ともだち・・・・・・」

女勇者「いや、お姉ちゃんかな、やっぱり・・・・・・、あ、それとも、こんなの、迷惑ですか・・・・・・?」

側近「いえ・・・・・・・とても・・・嬉しいです・・・・・・」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:43:10.03 ID:/J1EgiUq0

女勇者「はぁ、良かった・・・・・・・あ、えっと、悩んでたのってその事なんですか?」

側近「え、ええまぁ、そんなとこです・・・・・」

女勇者「そうですか! よかったです、解決して! じゃぁ、久しぶりに洗いっこしましょうか」

側近「・・・・・・いいのですか? 念入りに洗いますよ?」

女勇者「う・・・・・・。い、いいですよ、でも側近さんは二分です、二分だけですよ!」

側近「ふふ、いいですよ。 二分で、余裕です」


女勇者「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・」

側近「あら、どうしたのですか? まだ一分ですが」

女勇者「うぅ・・・・・・いじめっこです。 側近さんは・・・・・」

側近「ふふっ・・・・・・(魔王殿、私にはこの少女を・・・・・・)」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:45:38.42 ID:/J1EgiUq0

側近「魔王殿、よろしいですか」コンコン

魔王「ん、側近か、入れ」

側近「は」

魔王「で、どうしたのだ?」

側近「・・・ええ、実は、女勇者殿の訓練について全体の予定を聞いていなかったので」

魔王「ああ、うむ。 呑み込みの速さから見て、この予定で十分な筈だ、見てくれ」

側近「・・・・・・まだ半年ある筈ですが、これは余りにも激務なのでは・・・・・・?」

魔王「もう、剣の型は出来ている。 後は実践だ」

側近「しかし、このリストを見ても生半可な訓練ではありませぬ。 私より遥かに強いものばかりではないですか!」

側近「今日は魔王殿が止めに入れたものの、この連中では万が一に間に合いませぬ! 殺す気ですか!?」

魔王「だが、大魔王はそれらより遥かに強い。そして最後は私も女勇者と相手をするつもりなのだ」

側近「な・・・・・・!」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:47:36.42 ID:/J1EgiUq0

魔王「側近、大丈夫だ。私の目の前であいつが死ぬ様な事態にはさせぬ。心配するな」

側近「・・・・・・」

魔王「・・・・・・情を移すな、と言わなかったか? 女勇者の苦しみをいかにもお前が味わっている様だ」

側近「・・・・・・はい、申し訳、ありませぬ」

魔王「ふぅ。 側近、もう、戦いが始まるのだ、後半年で。 それまでに間に合わせる」

側近「はい・・・・・・」

魔王「話は終わりだ。そのリストの魔物に声をかけておけ」

側近「・・・・・・あの」

魔王「ん?」

側近「女勇者は、どうなるのでしょうか・・・・・・?」

魔王「・・・・・・どういう意味かな」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:51:06.32 ID:/J1EgiUq0


側近「大魔王に匹敵する力を得た後は・・・・・・どうするので」

魔王「殺す。 私が。 私の力を護る為に、な」

側近「・・・・・・」

魔王「なんだ、本当はどう思っているのだ、側近。 聞いてやる」

側近「友達・・・・・・です」

魔王「・・・・・・」

側近「・・・・・・」

魔王「ふん。 残念だ、お前がそこまで毒されていようとは・・・・・失望したぞ。 勇者とはなんだ? 言ってみろ」

側近「敵、です」

魔王「そうだ、敵だ。 相容れぬものだ。 それを、友達だと?」

側近「か、彼女は、純粋です。 ただの、少女ですよ! 勇者などでは、ないです」

魔王「勇者だ。勇気ある者。正義の為の力に責任を持ち、意思を力に変える人間。 それはまさしくあの娘の事だ」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:53:21.03 ID:/J1EgiUq0

側近「・・・しかし、本当は魔王殿も愛おしく思っているのでは!? 私は知っていまする。魔王殿の彼女に向ける、瞳を!」

魔王「黙れ」

側近「!」

魔王「・・・・・・・・・確かに、愛おしいな。 あの者を、ただの人間とは思えぬ。 だが、だからこそ・・・・・・」 

魔王「・・・・・・私は、拒絶が怖いのだ。 たった一人の人間の拒絶が、非道を尽くす魔王にとって最も恐ろしいのだ」

魔王「側近よ。私は魔王だ。ならば魔王らしく振舞う。 だから・・・・・・口出しするな」

側近「っ・・・・・・・・・・・・は」

魔王「もう、下がれ」

側近「は・・・・・・」ガチャ

魔王「・・・母上、人間とは意思を力に変えることが出来る。しかし魔王には・・・剣を自分の為に扱う魔王には無理なのだ」

魔王「・・・・・・母上、貴女は何故あの剣を使えたのですか・・・・・・意思を力に変える、あの剣を・・・」

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 11:59:40.50 ID:/J1EgiUq0
魔王「さて、女勇者には構え、始め魔力量による斬撃の強化まで指南した結果」

魔王「・・・・・・威力ならば私の全力の三分の二程度まで到達した」

女勇者「はいッ!」

魔王「よって、これからは実践訓練のみだ。 犬はもう相手にならんだろうから、コイツを連れてきた」

天狗「・・・・・・」

魔王「速さ等の身体能力はお前の遥か上を行く。 この天狗に一撃当ててみろ」

女勇者「あの・・・・・・騎士さん」

魔王「なんだ」

女勇者「騎士さんって、変わった友達・・・多い、ですよね・・・・・・」

魔王「う、む。 ・・・・・・コイツはシャイでな。天狗の面を被ってないと落ち着かんのだ」

天狗「・・・・・・」

女勇者「は、はぁ・・・・・・」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:00:23.62 ID:/J1EgiUq0

天狗「・・・・・・」

魔王「構えろ、女勇者。 もう始めるぞ」

女勇者「は、はいッ!」キッ

天狗「・・・・・・」シュッ

女勇者「わっ・・・・・・!」

魔王「速さに翻弄されるな。 教えただろう、見えない敵は見ようとするな」

女勇者「はい・・・・・・っ!」スッ

天狗「・・・・・・!?」

魔王(・・・・・・綺麗な構えだ、加護を抜きにしても隙が無い。 あの天狗を警戒させるとはな)

天狗「・・・・・・」チラリ

魔王「不服だろうが近接攻撃だけだ。 翻弄してやれ」

天狗「・・・・・・」ダッ

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:01:37.59 ID:/J1EgiUq0

魔王(さて、どう攻撃する・・・・・・? 今の女勇者では、攻略に一週間掛かるはずだ・・・・・・)

天狗「・・・・・・!」ダッ ドッ ドンッ

魔王(・・・・・・天狗にしてはえらく警戒しているな。 もっと変わり身を使ってガンガン攻める奴なんだが)

女勇者「・・・・・・すぅ」

天狗「・・・・・・ジャッ!」シュドッ

魔王(おお、女勇者の後ろから様子見の刺突・・・・・・。っな!?)

女勇者「っ、いやああああああっ!!!」ドジュッ

天狗「!!? ・・・・・・グボッ・・・・・・!」ドサッ

魔王「馬鹿な・・・・・・後ろへ振り向いての一撃を、あの速さで・・・・・・!」

魔王(確かに最終的に構える事が出来る体制に持っていけばいいと教えたが・・・・・この実戦の中で・・・・・・)

側近「天才、ですね・・・・・・」

魔王「う、む。 私、以上だ・・・・・・」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:13:33.25 ID:/J1EgiUq0

女勇者「うわあっ! て、天狗さんが! 天狗さんがぁ!」

魔王「問題は心か・・・・・ふふ。 側近、天狗の本体を呼べ」

側近「は」タタッ

魔王「・・・・・・実戦に自分の実力を出し切れるものはそういない。 まさか私が嫉妬するとはな・・・・・・くく」

側近「天狗、出てきなさい」

天狗「・・・・・・」トッ

女勇者「うわぁ、天狗さんが二人!?」

側近「違います、此方は変わり身です。 操っていたのですよ」

天狗「」シュウウ・・・

女勇者「ほ、ほんとだ、消えた・・・・・・。 よかったー死んじゃったのかと・・・・・」

側近「どうやら、一撃で脱帽したそうですよ。貴女の実力に」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:15:02.57 ID:/J1EgiUq0

女勇者「え、天狗さんがですか?」

天狗「・・・・・・」コクリ

女勇者「そ、そうですか! あ、有難うございますっ」

魔王「・・・・・・女勇者の実力を見誤っていたな。今回は変わり身だが、他の魔物ではそうはいかん」

魔王「ふむ。父上ならば問答無用であったろうな・・・・・・。私は、まだまだ甘い・・・・・・」

魔王「側近! こちらへ来い」

側近「! はっ」

魔王「明日から、私が相手をする。 女勇者に手加減など憶えてもらっては困るのでな」

側近「!! そ、それは・・・・・・っ」

魔王「天狗以外に呼んでいた奴らを小さい姿に戻しておけ」

側近「は、速すぎます。 魔王殿は最後にと!」

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:16:36.20 ID:/J1EgiUq0

魔王「もう、奴らでは敵わぬよ。 命を奪われるだけだ。 私が、相手をする」

側近「何を仰りまする! 魔物達全て命を奪われる覚悟と・・・・・!」

魔王「私は・・・・・・甘いのだ。道具を棄てきれぬ。情を棄てきれぬ。 父上の様にはいかんのだ」

側近「・・・・・・」

魔王「命を賭けるのならば自分の命を賭ける。 ・・・・・・お前達は、黙っていろ」

側近「私は・・・・・・!」

魔王「今までのお前は、私が一度決めたことに対して喩え自分の意見と違えども、私を支えてくれた。・・・今回は違うのか」

側近「ッ・・・・・・! ・・・・・・承知、致しました・・・ご無事をお祈りしておりまする・・・・・・」

魔王「・・・・・・お前はいい側近だ。 ・・・すまん、すまんな」

女勇者「騎士さんたち何の話をしているんですかー?」タタタッ

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:18:59.82 ID:/J1EgiUq0

魔王「ん、ああ。明日からの訓練を、な。 もう今日は休んで良いぞ」

女勇者「え!? まだ朝早いですよ!?」

側近「明日からは、非常に難しい訓練です。 英気を養っておいてください」

魔王「・・・・・・」

女勇者「そ、そうですかー・・・・・・。分かりました、明日に支障が出ない程度に素振りしておきます!」

魔王「ふ、熱心なことだ。 まぁ、それが強さに繋がるからな。 頑張れ」

女勇者「はいっ!」タタッ

側近「・・・・・・昔の、魔王殿そのものですね・・・・・・力を手に入れようと」

魔王「いや、違う。 あの娘は護る力を手に入れようとしている。 私は・・・・・・魔王としての力だけだった」

側近「一緒ですよ。 魔王殿の父上殿と母上殿の様に、似ていない様で似ているんです・・・・・・」

魔王「・・・・・・そう、だろうか。 私には・・・・・・わからぬ」

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:21:59.04 ID:/J1EgiUq0

女勇者「え・・・・・・!?」

魔王「聞こえなかったか? 今日から私が相手をすると、言ったのだ」

女勇者「そ、そんな、私が、勝てるわけ・・・・・・」

魔王「勝て。 勝たねば、お前は昔の自分のままだ。 甘さは棄てろ!」

魔王「優しさと甘さは違う。 優しさには複数あるが、甘さは一つ。 唯己の命を削る行為」

女勇者「・・・・・・でも、でも・・・・・・!」

魔王「・・・命を奪うことが怖いか? くく、見くびるな。 私が今のお前に殺られるものか」

女勇者「ど、どうして・・・そこまで・・・・・・!」

魔王「・・・・・・」

女勇者「お願いします。 それを聞かないと、私、私、騎士さんに剣を振るなんて出来ません!」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:24:17.83 ID:/J1EgiUq0

女勇者「昨日だって、私に親切にしてくれた人を殺してしまったのかって、怖くて・・・・・・」

女勇者「剣で命を奪うことがこんなに苦しいものだったなんて知らなくて・・・・・・!」

魔王「・・・・・・倒して貰いたい者が、いるのだ」

女勇者「ぐすっ・・・・・・へ・・・・・・?」

魔王「その者は、私では勝てぬ。 お前にしか、倒せぬのだ。 そして今のままではお前にも倒せぬ」

魔王「その約束の期限まで、もう後少ししかない。 私を越えねば、皆死んでしまう」

魔王「沢山の命を護るために奪わねばならぬ命がある事を知れ。 勇者よ」

女勇者「わ、私は・・・き、騎士さん、しんじゃうかも、しれないんですよ・・・・・・?」

魔王「・・・・・・何か勘違いをしているな。 私は強い。 お前は弱い。 万が一でも私は死なぬ」

魔王「本当ならば他の友人に声をかける所だったが、無駄に命を散らす可能性があるのでな」

魔王「絶対に死なぬ、私が相手をする。 どうしても怖ければ・・・・・・教えただろう?」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:25:37.01 ID:/J1EgiUq0

女勇者「え・・・・・・? な、なにをですか・・・・・・?」

魔王「お前が振るうは虚空へ。 殺すのは震える空気。 私ではない」

女勇者「本当に・・・・・・やるんですか・・・・・・?」

魔王「くどいな。 今のお前如きに殺られると思うか? お前が私を越えたと思えば、その時訓練は終らせる」

女勇者「ほんとーなんですね? 騎士さんの強さ。信じて良いんですね・・・・・・?」

魔王「ああ。 ・・・・・・私の実力、見せてやる」

側近「女勇者殿。 構えてください。 構えた時、戦いが始まります」

女勇者「は、はい! ・・・・・・すぅーーーーーーっ・・・・・・やッ!!」チャキ

魔王「では・・・・・・参る!!」ドッ

女勇者「!? は、速い・・・・・・(昨日の天狗さんの数倍・・・・・・! でも!)」スッ

魔王「ふふふ、そうだ、見えない相手は見るな。 体全体で空気の変化を感じるのだ」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:27:00.07 ID:/J1EgiUq0

魔王「では、そろそろ・・・・・・斬り込むぞ・・・・・・! ぬぅうぇあ!」ドゴァ

女勇者「・・・・・・」

魔王「ふふ、惑わされないか。 敵の言葉は信じるな。 だが、次は本当に斬り込むぞ・・・・・・」

魔王・女勇者「「はぁああっ!!」」シュド シュド

魔王「・・・・・・・剣筋が鈍いぞ。鎧を掠った時お前の首を刎ねることが出来た。 もう一度だ」シュウウ

女勇者「・・・・・・騎士さんは、本当に凄いんですね・・・・・・」

魔王「そうだ、言わなかったか? 何にせよ攻撃は一度ではない。 私が悠々と話している間にも斬り込んで構わん」

女勇者「はいっ! 分かりました」バッ

魔王「とにかく側近にお前の死亡回数を数えて貰おう。 側近」

側近「はい。 一回目、という事で」

魔王「では、次の攻防だ」ドンッ

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:30:09.27 ID:/J1EgiUq0

女勇者「ふぃいいいい~。 つ、かれ、ましたーっ・・・・・・」チャポン

側近「お疲れ様です。 温泉でゆっくり疲れを癒してください」チャポン

女勇者「・・・・・・死亡回数、今日だけで72回ですかー・・・・・・」

側近「ふふ。 まだまだ、という事ですね」

女勇者「そうですねー。 騎士さんの鎧を掠るだけですもん」

側近「その行為も女勇者殿に攻撃を当てる為ですからね・・・・・・」

女勇者「はい・・・・・・。 しんじゃうかも知れないですよとか言ったのが恥ずかしいです」

側近「ふふ、そうですか・・・・・・」

女勇者「騎士さんがいってた倒したい人って誰なんですか?」

側近「え・・・・・・」

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:31:06.64 ID:/J1EgiUq0

側近「そ、それは・・・・・・魔王、です」

女勇者「魔王、ですか・・・・・・」

側近「ええ、じ、実は魔王は私達に宣戦布告しまして・・・・・・それで」

女勇者「許せないですね! あんなに悲しそうに騎士さんが言うんですもん。 ただ事じゃ無かったんですね」

側近「そう、ですね・・・・・・」

女勇者「それで、やっと疑問がとけました。 何で時間が無いと言ったのか! 私、明日からも頑張りますね!」

側近「はい・・・・・・。 でも主殿は・・・・・・」

女勇者「あ、そう、ですね・・・・・・。 ど、どうしたら・・・・・・」

側近「いえ。 主殿は強いです。 手加減なんかなさらずに・・・・・・どうかお願いします」

女勇者「それで・・・・・・いいんですか?」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:32:17.14 ID:/J1EgiUq0

側近「え・・・・・・はい。 主殿が決めたことは逆らいません」

女勇者「・・・・・・凄いですね、騎士さんと側近さん。 なんだか信頼しあってて羨ましいです」

側近「そんな事・・・・・・ないです。 私は、貴女の方が羨ましい」

女勇者「え?」

側近「喩え命を失う可能性が低くても貴女に命を賭けています。 愛していらっしゃるんです。貴女を」

女勇者「え、そ、そそそそそ、そんな、あ、愛なんて・・・・・・!」

側近「ふふ。 好きですか? 主殿を・・・・・・・」

女勇者「え、あ、あぅ、あ、う・・・・・・・・・・・・・・は、はぃぃ・・・・・・」

女勇者「最初はお父さんってこんな人かなと、思ってたんですけど・・・・・・なんだか・・・・・・」

側近「ふふ、いいですよ。 理由は言わなくても。 私も好きですから」

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:33:02.28 ID:/J1EgiUq0

側近「でも、私より、多分、貴女を・・・・・・」

女勇者「そ、そんな事ありません!」

側近「え?」

女勇者「私、何時も羨ましかったんですよ。二人の間に入れなくて・・・・・・凄く近くて・・・・・・」

女勇者「命を賭けてる事だって、きっと側近さんが危ない目にあえば、騎士さんは命を賭けます! 魔王じゃないんですから!」

側近「!」

女勇者「? ど、どうしたんですか・・・・・・?」

側近「い、いえ・・・・・・そうですね。 魔王ではないですね・・・・・・」

女勇者「そうです! だから、側近さんも自信を持って!」

側近「はい・・・・・・貴女も。 女勇者殿」

女勇者「あ・・・えへへ」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:35:57.34 ID:/J1EgiUq0

側近「私と貴女、あの人はどちらをとってくれるんでしょうか」

女勇者「ライバル・・・・・・ですか」

側近「その言葉が一番あっている気がします。 でもどちらも譲り合って・・・・・・ふふ」

女勇者「あはは、何だか、変、ですね・・・・・・」

側近「・・・・・・」

女勇者「・・・・・・」

側近「負けませぬ」

女勇者「私も、です」

側近「ふふっ」

女勇者「あははっ」

側近「・・・・・・明日からも頑張ってください」

女勇者「はい・・・・・・強くなります。 皆を、護るために・・・・・・」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:38:40.20 ID:/J1EgiUq0

側近「104回目」

魔王「もう、動けぬか?」

女勇者「はぁっ、はぁ、はぁっ・・・・・・まだまだッ、です!!」

魔王「うむ、それでこそ・・・・・・では、参る」

女勇者「いやあああああああっ!!」ブン

魔王「甘い」チャキ 

側近「105回目」

女勇者「ぅう・・・・・・」

魔王「・・・・・・逆に言えば絶対に当たってはいるのだ。 私は鎧に掠らせているのだから」

女勇者「・・・・・・?」

魔王「それゆえの、戦い方もあるのだ。 ・・・・・・考えろ」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:40:33.77 ID:/J1EgiUq0

側近「523回目」

魔王「・・・・・・っ(今のは・・・・・・危なかった・・・・・・)」

女勇者「ぜーっ、ぜーっ・・・・・・はぁっ・・・・・・ッ!!」チャキ

魔王(脚捌きに迷いが無い。 避ける方向に剣を振り抜いてきた・・・・・・気付いたという事か・・・・・・)

魔王(左右の肩の鎧に掠らせ、尚且つ剣を振ろうとすれば、どうしたって体勢に無理が出る)

魔王(威力そのままに振りの速さだけを強弱させるとは・・・・・・感服)

魔王(このままでは・・・・・・本当に殺されるかも知れんな・・・・・・くく、この感情は父上以来だ)

側近「・・・・・・」

魔王「まだ、いけるか」

女勇者「はいッ!」

魔王「では、参る」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:45:03.91 ID:/J1EgiUq0

側近「・・・・・・魔王殿」コンコン

魔王「側近か、入れ」

側近「は・・・・・・」

魔王「・・・・・・どうした」

側近「・・・・・・今日、とても危ないように感じました」

魔王「ふ、分かるか。 ああ、とても危なかった。 見ろこの鎧」

側近「これは・・・・・・」

魔王「うむ、肩の部分がもう削り取られていてな。 買い替えだ、ふはは」

側近「心配でありまする・・・・・・」

魔王「・・・・・・」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:46:00.86 ID:/J1EgiUq0

側近「もう、よいのでは? もう、後一ヶ月をきりました、精神鍛練だけで・・・・・・」

魔王「そうだな。 終わりにしよう、か」

側近「! それでは・・・・・・」

魔王「明日、決める。 大魔王に匹敵するか。 全力で、娘の首を、殺りにいく」

側近「!? それは・・・・・・!」

魔王「回数はあの後増えず、523回のままだった。 お前の言う通り、やめにしよう」 

側近「違います! そうでは、ありませぬ! 私は、ただ、貴方が・・・・・・」

魔王「黙れ」

側近「ッ・・・・・・」

魔王「本当の殺意を、知らねばならぬ。 それに耐えることが出来たのならば、合格、だ」

側近「その、本気になった魔王殿を止める為には・・・・・・?」

魔王「斬るしかないな」

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:48:18.88 ID:/J1EgiUq0

側近「嫌です、やめて下さい! お願いします!」

魔王「・・・・・・お前は何だ? 誰だ? 側近だろう。 ・・・・・・黙っていろ」

側近「っ!! ・・・・・・私は、私は・・・・・・!」

魔王「もう、下がれ。 ・・・・・・んむっ!?」ドサッ

側近「ん、ふっ・・・・・・ちぅ・・・・・・んむ・・・・・・!」

魔王「んぐ・・・・・・ッ! ・・・・・・や、めろ!!」ドン

側近「きゃっ!? う・・・・・・うぅ・・・・・・ひ、う、ぅぅぅぅ・・・・・・」ポタポタ

魔王「・・・・・・・・・・・・何故泣く」

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:49:11.63 ID:/J1EgiUq0


側近「私は、愛しているのですっ、ひ、ぅ、魔王殿、死なないで下され・・・・・・っ」グスグス

魔王「・・・・・・何を勘違いしている。 私が死ぬものか。 信じて、後ろに付いてればよい」

魔王「側近、お前の愛、確かに受け止めた。 だが、答える気は無い。 下がれ」

側近「ぅ、う・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ガチャ



魔王「・・・側近が泣く声が聞こえる、すまない、すまないな。 私は・・・・・・罪深い・・・・・・」

魔王「何故だろう、私も側近を愛しているの筈なのに、答えられぬ・・・・・・」

魔王「教えてくれ、母上。 魔王として、私はどうすればいいのだ。 魔王とは・・・・・・なんだ・・・・・・」


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:51:38.20 ID:/J1EgiUq0
侍女「起きて下さい。 女勇者様」

女勇者「ふあぁ・・・・・・ん・・・・・おはようございます・・・・・・ッ~」

侍女「今日の調子はどうですか」

女勇者「くちゃくちゃ元気です! なんだか今日は体が軽いです!」

侍女「そうですか。 お着替え下さい」 


女勇者「おっはようございまーす!」

魔王「うむ、おはよう」

側近「・・・・・・」

女勇者「? どうか、しましたか?」

側近「! い、いえ・・・・・・なんでも」

女勇者「大丈夫ですか? 顔色悪いですけど・・・・・・」

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:52:49.61 ID:/J1EgiUq0

側近「大丈夫です。 心配なさらず」

魔王「・・・・・・」

女勇者(な、なんだか・・・・・・暗い、な)

侍女「・・・・・・」カパ

女勇者「うわぁ!! す、す、すごい・・・・・・ご馳走・・・・・」

魔王「今日の訓練次第で、お前は実践訓練から開放される。 めでたい日だ。 食べておけ」

女勇者「ほんとーですか!? 食べます食べます!」

側近「・・・・・・」

魔王「くく。 私も、今日は食べるとしよう。 側近、お前も食え」

側近「・・・・・・は」

女勇者「でも、こんな食べると動けなくなりそう・・・・・・」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:53:33.51 ID:/J1EgiUq0

魔王「訓練は昼からだ。 昼飯は無い。 食べておけ」

女勇者「は、はい!」

魔王「側近、食べておけ。 魔法がを使える奴が疲れていては支障を来たす。食え」

側近「はい・・・・・・」

女勇者「側近さんどうしたんですか? ほんと、元気ないですよ」

側近「触らないで下さい!!」パシッ

女勇者「ぁ・・・・・・」

側近「!? わ、私は・・・・・・あ、ぁ、し、失礼します・・・・・・!」ガタッ

女勇者「側近さん!?」

魔王「・・・放っておけ」

女勇者「え、で、でも・・・・・・!」

259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:54:21.38 ID:/J1EgiUq0

魔王「時が迫っていて、側近も怖いのだ。 また謝りに来る」

女勇者「は、はぁ・・・・・・」モソモソ

女勇者(側近さんがいないと、やっぱり、おいしくないな・・・・・・)

魔王「・・・・・・すまない」

女勇者「え?」

魔王「少し、いざこざがあってな、機嫌が悪いのだ。 私が悪い」

女勇者「・・・・・・こんな事いうのあれなんですけど・・・・・・早く、謝ったほうがいいですよ」

魔王「ふふ、そうだな。 さぁ、側近の分を残して、食べておこう」

女勇者「そう、ですね」

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:57:27.89 ID:/J1EgiUq0

女勇者「今日は、なんだか凄い訓練だそうですが・・・・・・」

魔王「うむ・・・・・・死合だ」

女勇者「し、あい・・・・・・?」

魔王「ああ」

女勇者「そ、それって、騎士さんと、私が、ですか?」

魔王「そうだ」

女勇者「そ、そんな・・・・・・」

魔王「最終訓練だ。 これを達成すれば、私が教えることは何一つ無い」

女勇者「る、ルールは・・・・・・? 最初の一撃、ですか?」

魔王「ふふ、違う。 私はお前の首を刎ねるつもりで攻撃する。 それを、止めろ」

女勇者「!?」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 12:58:43.80 ID:/J1EgiUq0

魔王「死ぬか、殺すか。 私がお前の首を刎ねるが先か、お前の剣が私を破壊するが先か」

女勇者「そ、そんなの出来ません!!」

魔王「ならば、死ぬだけだ。この広場に側近の結界を張ってある。今日を過ぎれば、この空間は消滅する」

魔王「蹲っているだけではどちらも死ぬ。 私を殺す気でかからねばお前が死ぬぞ?」

女勇者「いや・・・・・・いや・・・・・・!」

魔王「・・・・・・甘えるな。と言わなかったか? 勇者だろう、お前。 構えろ。・・・・・・構えろッ!!」

女勇者「ひッ・・・・・・!」

魔王「よし、では・・・・・・参る」ゴォオオッ

女勇者(これが、本当の、騎士さん・・・・・・! お、重い・・・殺気で、呼吸が・・・・・・!)

女勇者(脚が震えて、たって、られない・・・・・・怖い。 怖い!! 力が入らない・・・・・・)

側近「女勇者殿!!」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:00:12.55 ID:/J1EgiUq0

側近「戦いです。これは、戦いです!! 構えて! 勇気を! 意思を!」

女勇者(側近さん、辛そう・・・・・・。そうか、この戦いを知れば、あんな事になるに決まってる)

魔王「そうだ。 立て。 私を斬ってみろ!!」ズワッ

女勇者(命を、私の為に、命を賭けてくれてるんだ・・・・・・。戦わ、ないと!!)

女勇者「はぁあああああっ!!」ジャキン

魔王「うむ。 良い目だ。 闘志に燃えて・・・・・・(勇者・・・・・・か)」

女勇者「来て下さいっ! 騎士さん!!」

魔王「ふっ!!」ド ド

側近「・・・・・・一先ず引き分け・・・・・・でも」

魔王「ぬっ!」

女勇者「やぁあっ!!」

側近「ぅ・・・・・・やめて・・・やめて・・・・・・・」

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:02:42.85 ID:/J1EgiUq0

魔王「はあっ、はっ、はあっ、もう、夕刻、か・・・・・・」

女勇者「ぜーっ、ぜーっ、そう、ですね・・・・・・」

魔王「次で・・・・・・幕だ」

女勇者「はい・・・・・・っ!」

魔王「ぬ、ぅおおおおおおおおおっ!!!」

女勇者「う、う、うわあああああああっ!!!」ドボオオオオッ

側近「ぅ、そんな、いや、いや・・・・・・」

魔王「・・・・・・ふ、ふふふ、私の、負けだ。 命の駆け引きでも、私の、負けか・・・・・」

女勇者「ぅ、ぅ、ぅ、いや、騎士、さん、死なないで・・・・・・っ!!」

魔王「お前なら、必ず、大魔王を・・・・・・っ・・・・・・・」ドサッ

女勇者・側近「いやああああああああっ」

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:04:39.18 ID:/J1EgiUq0

侍女「・・・・・・何とか、一命を取り留めました」

侍女(右半身を持っていかれていますが、魔族だし側近様が治療に当たっているので大丈夫でしょうし)

女勇者「そう、ですか・・・・・・大怪我で、済んだんですか」

侍女「気になさらないで下さい」

女勇者「・・・・・・気になりますよ、それは」

侍女「主様は、貴女に、未来を託したのです。今貴女のやることは、ここで主様を心配することですか?」

女勇者「!!」

侍女「まぁ、主様はタフですから。 後半月もすれば面会できるでしょう」

女勇者「わかり、ました。腕が落ちたら、騎士さんに申し訳立たないですもんね・・・・・・行って来ます!」タタッ

侍女「はい」

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:05:18.82 ID:/J1EgiUq0

側近「・・・・・・」ガチャ

侍女「ぁ、側近様。 魔王様の容態は?」

側近「峠は越えました。 ただ、大魔王との面会に間に合うかどうかは分かりません。 女勇者は?」

侍女「素振りです」

側近「焚きつけたの?」

侍女「ええ、まぁ」

側近「・・・・・・」スタスタ

侍女「・・・・・・御気をつけて」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:06:54.48 ID:/J1EgiUq0

側近「女勇者殿」

女勇者「あ・・・・・・側近さん」

側近「今日は訓練しなくていいですよ。 早く寝たほうが良いです」

女勇者「・・・・・・側近さん」

側近「はい」

女勇者「ごめ、なさい・・・・・・」ポロポロ

側近「! ・・・・・・」

女勇者「私、私、剣を止められなくて、私っ・・・・・・」

側近「いいです。もう。生きてるんですから。 簡単には死なない。 そう、主殿がいった通りでしょう?」

女勇者「ぅっ、うっ、ひっ、うぅ・・・・・・」

側近「一緒にお風呂に入って、明日、一緒に訓練しましょう? 私と」

女勇者「はい、はいっ・・・・・・!」

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:09:49.76 ID:/J1EgiUq0

魔王「・・・・・・」

側近「まだ、目覚めませんね・・・・・・」

女勇者「・・・・・・騎士さん・・・・・・」

側近「約束の日時まで、後三日。 起きられなければ、貴女一人で行かねばなりません」

女勇者「はい、覚悟は、出来ています」

側近「・・・・・・いいのですか、貴方の愛した人は一人でいってしまいますよ・・・・・・?」

魔王「・・・・・・」

女勇者「・・・・・・側近さん、話があります」

側近「え?」

女勇者「来て下さい」

側近「は、はぁ・・・・・・」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:12:02.65 ID:/J1EgiUq0

側近「なんでしょうか、女勇者殿」

女勇者「・・・・・・何で、卑屈なんですか? 側近さん」

側近「な・・・・・・!?」

女勇者「何で、私に騎士さんを譲ろうとするんですか。 何で。 諦めたんですか」

側近「・・・女勇者殿には、関係ありませぬ」

女勇者「ライバルだ、っていったじゃないですか!!」

側近「私は! 負けたんです・・・・・・想いが、違うんです。 私と、貴女と・・・・・・」

女勇者「聞いたんですか!? それを!」

側近「ええ、ええ、聞きました。答えることは出来ない、って! 私は」

女勇者「違います! 嫌いだって、言われたんですか!!?」

側近「! そ、それは・・・・・・」

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:14:56.17 ID:/J1EgiUq0

女勇者「実は、私が騎士さんを斬った時、騎士さんは呟いたんです。 側近、すまない。って!」

側近「そ、そんな・・・・・・」

女勇者「側近さんは言いましたね! 目が違うって! そうです、違います! 騎士さんが側近さんを見つめる目は!」

女勇者「私が鏡を見て騎士さんを思う時の目・・・・・・それと、同じ目をしてたんですっ!」

側近「・・・・・・」

女勇者「でも! 私諦めません! 側近さんがそんな事言ってると、攫っちゃいますよ!!」

側近「ぅ、ぅう・・・・・・」ポタポタ

女勇者「だから、そんな、悲しい、顔、しないで・・・・・・ぅう、ぐす」

側近「は・・・・・・い、ご、めん、なさい・・・・・・」

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 13:15:26.03 ID:/J1EgiUq0

女勇者「う、うえええええええええん」ガシッ

側近「うわあああああんっ、うわああああああん」



女勇者「ぐす・・・・・・思いっきり泣いたら、すっきりしますね・・・・・・ほんとに」

側近「はい・・・・・・はい。 そうですね」

女勇者「・・・・・・頑張ります。 私勇者として、戦ってきます」

側近「はい。 ご無事を、お祈りしています・・・・・・」

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 14:59:36.58 ID:/J1EgiUq0

側近「はい。 これで、多少の疲労や怪我を自動的に治してくれますよ」

女勇者「どうも、ありがと側近さん!」

側近「いえ、これぐらいしか・・・・・・出来ないですから・・・・・・それに」

女勇者「それに・・・・・・?」

側近「・・・・・・ずっと、嘘をついていたのです。 私達は・・・・・・」

女勇者「え・・・・・・」

側近「それを、わたしの口からは、言えません・・・・・・だから」

側近「決して、魔王の言葉に惑わされないで下さいね。 真実を知っても、私を、友達と・・・・・・」

女勇者「もしかして、悩んでた、敵、とかですか?」

側近「っ・・・・・・はい」

女勇者「えへへ、大丈夫です。 嫌いになんてなりません! どんな事でも! ただ、最初に言って欲しかったな」

391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:00:26.21 ID:/J1EgiUq0

側近「すいません・・・・・・」

女勇者「とにかく、大魔王は、皆の敵! 側近さんの敵は、大魔王! ですよね?」

側近「・・・・・・はい。 貴女が、その剣を扱えて、良かった」

女勇者「・・・・・・?」

側近「その剣は、意思を力に変える剣なのです。 しかしその意思は白く純粋でなければなりません」

側近「純粋な感情による力。 それを最大限に扱えるのが人間なのです」

側近「人間は意思によりその力を強くも弱くも出来る。 その触れ幅を更に大きく出来るのがその剣です」

側近「そしてその剣は、自分の為に戦う魔王には、扱えませぬ。 だから・・・・・・」

側近(父上殿に魔王として指導された魔王殿には、扱えない)

女勇者「今まで教えてもらった全てと、想いを、剣に乗せるんですね」

側近「はい・・・・・・」

392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:01:41.29 ID:/J1EgiUq0

側近「・・・・・・では、私の作ったこの空間に飛び込んで頂ければ、魔王の間に飛ばされます」

女勇者「え、帰りは・・・・・?」

側近「心配いりません。 向こうにも私の空間がある筈。 そこから帰れます」

女勇者「分かりました。 ・・・・・・あの人をお願いします」

側近「いいえ。貴女が帰ってくるまで、手は出しません」

女勇者「あはは」

側近「ふふふ」

女勇者「・・・・・・では、行って来ます!」ドジュゥゥゥ

側近「・・・・・・お願いします・・・・・・勇者ならきっと、勝って・・・・・・!」

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:03:33.90 ID:/J1EgiUq0

女勇者「わっ」ドサッ

女勇者「ここが・・・・・・魔王の間・・・・・・暗い、な」グチャ

女勇者「ひっ!? 何これ・・・・・・あっ・・・・・・!! 人間の・・・・・・」

大魔王「ようこそ。 大魔王の間へ・・・・・・」

女勇者「!! あ、貴方が大魔王ですかっ!」

大魔王「ん、そうだ。 余は大魔王、だ」

女勇者「い、いざっ!」

大魔王「まぁ、待て待て。 お前何も知らないのだろう?」

女勇者「へ?」

大魔王「折角だ、教えてやる。 貴様が騎士と呼んでいた者の正体を・・・・・・な」

396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:08:09.40 ID:/J1EgiUq0

女勇者「・・・・・・知っていますよ。 魔王さん・・・・・・でしょう?」

大魔王「・・・・・・馬鹿な。 何故知ってる。 あれだけ魔王が知られまいと・・・・・・」

女勇者「私って気配をあまり悟られないらしいんです。 だから、こっそり聞きしました」

大魔王「・・・・・・」

女勇者「あれだけの傷で、どうして無事なんだろうって。大魔王を倒せるって、何で魔王じゃないんだろうって」

女勇者「・・・・・・でも、側近さんと侍女さんの話を聞いて分かりました」

女勇者「ショックだったけど、やっぱり嫌いになんてなれなくて、それどころか、ますます好きになって」

大魔王「魔王を、か」

女勇者「いいえ。 みんな、です。初めて私を認めてくれたんです。 嫌いになんてなれません」、

大魔王「・・・・・・面白くない」ヒュ

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:09:28.46 ID:/J1EgiUq0

女勇者「ぁ、痛・・・・・・!?」ブシャ

大魔王「どうした。 左腕を浅く切っただけだ。 何を痛がってる」

女勇者「な、なんで、どうして・・・・・・」

大魔王「その加護とやら・・・・・・どこの世界の加護だ?」

女勇者「!!」

大魔王「この世界は、私の世界。 信じられるは己のみ! 力のみ! 加護!? なんだそれは!」

大魔王「お前の一年の訓練。見させて貰った。何度も何度も無駄な事を・・・・・・笑ったぞ」

女勇者「!! ゆ、許さない・・・・・・魔王さんと私の、命を賭けた・・・・・・ッ!」

大魔王「構えて、どうする。 ほら」シュ

女勇者「きゃぁっ! ぅ、あ、痛い・・・・・・!」ボタボタ

403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:12:41.99 ID:/J1EgiUq0

大魔王「ぐははははははははっ、何だ何だ左腕がボロボロになっただけだろう!」

大魔王「軟弱だ・・・・・・軟弱だな。 他の魔王が連れてきた奴はもう少し手応えがあったぞ」

女勇者「ぅ、うう・・・・・・魔王、さん・・・・・・」

大魔王「魔王を呼んでどうする!? 私に逆らったものは数多の魔王の中で5人のみ」

大魔王「それでも、私に攻撃した者等いない! 何故なら負けるからだ。 魔王は自分の為に力を使う」

大魔王「負けるしかない行為に力を使うことを奴らはしない。 何故なら自分が世界において中心で一番だからだ!」

女勇者「魔王さんを・・・・・・馬鹿にするな・・・・・・っ!」チャキ

大魔王「ほう・・・・・・。 なら、確かめてみるか。 呼んでやろう。こうすれば直ぐに起きる」キィン

404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:14:19.44 ID:/J1EgiUq0
側近「魔王殿・・・・・・何故、目覚められないのか・・・・・・」キッ グチグチ

魔王「ッ!! ぅあ、ガ、ぐぅ・・・・・・!! う、ぐぅ・・・・・・ぁあ!!」バサッ

側近「は、魔王殿!!」

魔王「っ、大魔王め・・・気絶している間に脳をコントロールされた。呼ばれている、行かねば・・・・・・」ギチギチ

側近「な、なんという・・・・・・はっ、女勇者は!? 女勇者は無事なのですか!?」

魔王「分からぬ。 だから、早く行かねば・・・・・・。 鎧と剣を・・・・・・」

側近「止めても、行かれますか・・・・・・」

魔王「行く。 それに、行って欲しそうな顔をしているぞ、側近」

側近「私も・・・・・・行きまする!」

魔王「来るな。 来ることは許さぬ」

側近「何故!? ・・・・・・んむっ」

魔王「ん・・・・・・愛して、いるからだ。 お前は惜しい」

側近「・・・・・・・・・わ、分かり、ました。 どうか、どうか、ご無事で・・・・・・!」

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:18:09.55 ID:/J1EgiUq0

大魔王「ふむ、なかなか来ないな。 空間を挟むと命令に中々手こずる」

女勇者「な、何をしているんですか・・・・・魔王さんに・・・・・・!」

大魔王「黙っていろ」

女勇者「や、やめろぉぉっ!!」

大魔王「・・・・・・」バキッ

女勇者「が・・・・・っ・・・・・・ぅう・・・・・」

大魔王「煩いぞ、小娘。 私はな、この余興にも厭きたのだ。 人間を苦痛に晒すのも厭きた」

大魔王「強くしてこいと言ったのに・・・・・・こんな小娘を寄越すとは。 面白くない」

大魔王「ならば、次はなんだろう、そうだ! お前の信頼している魔王を苦痛に歪ませればもしかしたら・・・・・・」

大魔王「だから、魔王がついてからゆっくり殺す。 あまり喚いていると、更に傷を増やすがいいのか?」

女勇者「う、うう、うぅぅぅ・・・・・・魔王、ひゃん、きちゃ、だめ・・・・・・」

411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:21:55.73 ID:/J1EgiUq0

大魔王「・・・おい、小娘、黙れといったのが聞こえないのか? 犯されたいのか? ん?」ギリギリ

魔王「やめろ」

女勇者「ぁ・・・・・・ぁ・・・・・・何で、来たんでうか・・・・・・」

魔王「・・・・・・お前が、大事だからだ。 女勇者」

大魔王「・・・・・・大事? 勇者を? 魔王が?」

大魔王「・・・・・・ぐ、ふふはははははははっ、あああああっひぃいいいいっひっひっ、あはははははっ!!!」

大魔王「くく、貴様の父親は馬鹿だった、私に歯向かって死んだ! 蛙の子は蛙。貴様も馬鹿だ! ははっ」

魔王「そうだ、な」

大魔王「魔王よ、魔王の在り方を言ってみろ」

魔王「・・・・・・自分の為に力を使い、その力にある、やるべき事を放棄する者」

大魔王「そうだ、暴虐! ただただ暴れ狂う事が魔王たる絶対条件だ! お前は魔王ではない!!」

412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:22:52.85 ID:/J1EgiUq0

魔王「・・・・・・娘を、離せ」

大魔王「おうおう離してやるとも、ほら」ブン

魔王「っと。 ・・・・・・お前、左腕が・・・・・・」トサッ

女勇者「へ、へへ、顔も、酷いことになってるんじゃないでうか・・・・・・・?」

魔王「・・・・・・いや、涙で、光っていて、とても綺麗な顔だ」

女勇者「う・・・・・・魔王さん、口が上手いんでうね・・・・・」

魔王「ふ、本心だ。 今は、体を休めておけ。 奴の動きを止めた時、その時お前の出番が来る」

女勇者「一緒に戦ってくれるんでえうか? 勇者の私と・・・・・・」

魔王「関係ない。 お前こそ魔王の私と戦おうとしてくれている」

女勇者「へ、へへ、王子様みたいに、きてくれて、ほんとは、凄いうれひい、でう」

魔王「っ! ああ、ああ! 見ていてくれ、これが私の、魔王としての、在り方だ!!」

420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:28:57.56 ID:/J1EgiUq0

大魔王「・・・・・・ほーう。 戦うのか、余と。 脳に蟲を入れられたまま?」

魔王「そうだ」

大魔王「・・・・・・面白いな。 いいだろう。剣鬼の息子、どれ程の手並みか拝見」

魔王「蟲は使わないでいいのか?」

大魔王「使うほどでもない」

魔王「・・・・・・負けるぞ、大魔王よ」

大魔王「! ・・・・・・く、くくくく、やってみたまえ」

魔王「参るッ!!」

大魔王「鈍い、鈍い! ぬぅん!」

魔王(私の武器は剣。 奴は拳。 しかし、全力の剣が片手で弾かれるとは・・・・・・!)

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:31:39.90 ID:/J1EgiUq0

魔王「ぬ・・・・・・くそお、ッ!!」

大魔王「・・・・・・」

魔王(負けられぬ。 私を慕ってくれた女勇者が見ているのだ。なんとしても・・・・・・)

大魔王「むぅん!!」ドゴァッ

魔王「ぎ・・・・・・っ!!」

魔王(なんと強い拳・・・・・・っ。 まともに喰らえば・・・・・・一撃で、死ぬ)

大魔王「ほら、どうした。 まだまだいけるだろう?」

魔王「っ、ああ・・・・・・まだまだ」

女勇者「魔王、さ、ん・・・・・っ!」

魔王(!! そうだ、まだ、やれるっ・・・・・! 意思を・・・・・・!)

425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:33:45.81 ID:/J1EgiUq0

魔王「がは、っ・・・・・・」

大魔王「おい、弱いな」ドゴッ

魔王「ぐっ・・・・・・!」

大魔王「父親の方がまだ強かったぞ、自分を知っていた。 お前はなんだ」

大魔王「魔王として生きればよかったのだ。 そうすれば余を超えたかもしれんのに」

魔王「・・・魔王のあり方を、誰が決めた。 貴様らの決めた魔王の条件。 それは歯止めだ」

大魔王「何・・・・・?」

魔王「私は、命が最も輝く瞬間を何度も見た。 ・・・・・・それは勇者という人間だった」

魔王「その者は、強靭な意志の力で逆境を跳ね返し、勝利を掴んで来た者だ・・・・・・」

魔王「責任は力を制御するものではない。 力を更に大きく変えるものだったのだ・・・・・・ッ!」ガキィン

427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:35:15.29 ID:/J1EgiUq0

大魔王(!? ・・・・・・何だ、力が・・・・・・)

魔王「意思とは、素晴しい。 この剣に意思を乗せるだけで、威力が数倍に跳ね上がる」ギリギリ

大魔王「ぬ・・・・・・ぐ・・・・・・!」ギリギリ

魔王「私は自分の力の責任を知ったぞ! ここで、貴様を殺すのだ・・・・・・ッ!」

大魔王「く、くくくっ・・・・・・やってみろ・・・・・・!」ヒュ

魔王「ふっ!」ド

大魔王(剣戟のスピードが、上がっている。 威力も! 先程まで、片手で弾けたのに・・・・・・!」)

大魔王(馬鹿な、先程と何が変わったというのだ。 何故身体能力が上がる!?)

432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:39:44.43 ID:/J1EgiUq0

魔王「どうした、はっ、はあっ、蟲は、使わないのか・・・・・・?」シュ

大魔王「! ぬ、黙れッ、いい気になるな!!」キン

魔王「ふ、ならば・・・・・・ッ!」スッ

大魔王(!! 急激な加速ッ・・・・・・不味い! 左腕を・・・・・・避けられぬッ・・・・・・!)ズン

大魔王「ぐっ・・・・・・!! っふふ、だが、惜しいかな、私の勝ちだッ!」ドボォッ

魔王「!! かっ・・・・・・は・・・・・・っ・・・・・・・!」ブシャッ・・・ カラン

大魔王「ふ・・・・・・よくぞ余の左腕を・・・・・・だが、私はお前の腹に風穴を開けたっ!!」

魔王「く、かはっ・・・・・・・」ブシャッ ボタボタ

438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:43:49.85 ID:/J1EgiUq0

大魔王「所詮、その程度、だ。 生まれた時から、力の限度は決まっている」

大魔王「その力を最大限使うために、責任を放棄するのだ。 魔王とはそうしたものだ」

大魔王「意思の力? そんな不安定なものに頼るから、貴様は今、貫かれている。結局勝てぬのだ」

魔王「さ、て、そ、れは・・・・・・どうかな」ガシッ

大魔王「!? 腕を」ギチギチ

魔王「意思の、力の・・・本領発揮は・・・・・・これからだ・・・・・・っ!」

大魔王(なんだ・・・・・・この力は・・・・・・ッ!? 引き抜けぬ・・・・・・ッ!)

魔王「後は、頼む・・・・・・女、勇者、よ・・・・・・」

女勇者「っ・・・・・・はいッ!!」

大魔王(っ、な・・・・・・!? 何時の間に後ろに・・・・・・ッ!?)

439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:45:32.44 ID:/J1EgiUq0

魔王「左、腕が、ぼろぼろだ、な。 それでは威力は、出ないっ・・・・・・! 剣に、意思を、乗せろ・・・・・・ッ」

魔王「そし、て、私、ごと・・・・・・斬れ・・・・・・ッ!!」

女勇者「!! っそ、それは・・・・・・魔王さんが巻き込まれ・・・・・・!」

魔王「教えた、だろう。 迷いは、時間を、奪う・・・・・・! 時間は、無い・・・・・・ッ」

女勇者「で、でも・・・・・・っ!」

魔王「・・・・・・お前が、振るうは、虚空・・・・・・! 殺すのは、震える、空気。 私では、無い」

女勇者「・・・・・・!!」

魔王「目を、瞑れ・・・! 呼吸を、整えろ・・・・・」

女勇者「すぅーーーーっ・・・・・・」

大魔王「何だ、何をしている・・・・・・離せ!!」キィン

魔王「ぐあっ!! ぅぐぅああっ・・・・・・・か、はっ、はっ・・・・・・」ギチギチ

大魔王「何故だ! 蟲に、何故、耐えられる、何故離さぬ!!」

魔王「私の、責任、だ。 貴様を、離しは、しない・・・・・・!」

441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:49:21.27 ID:/J1EgiUq0

女勇者「ふぅーーーっ・・・・・・すぅ・・・・・・」チャキ

魔王「最後、だ。 お前が、込める、意思は・・・・・・?」

女勇者「魔王さん。 ・・・・・・好き・・・・・・です・・・・・・」

大魔王「な・・・・・・」

魔王「・・・・・・ふ。 馬鹿者、早く振れ」

女勇者「ーーーーーーーーっ!! うあああああああああああッ!!!!」カッ


大魔王(そうか・・・・・・あの剣見たことあると思えば・・・・・・魔王の母の剣か)

大魔王(あの剣は、痛かった・・・・・・夫への愛が何だの叫んで・・・・・・)

大魔王(まさかな、やめろ、私は大魔王だぞ・・・・・・! そんな意思なぞ・・・・・・)

大魔王(いや・・・・・・もういい、最後に楽しめた・・・・・・この感覚は、厭きない、な)

大魔王(・・・・・・・・・・・・)

449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:55:58.79 ID:/J1EgiUq0

大魔王「・・・・・・」シュウウウ

女勇者「っ、はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・! 魔王さん!?」ダッ

魔王「・・・・・・」

女勇者「魔王さんっ! やだっ、やだよ・・・・・・!」

魔王「ふ・・・・・・あまり、耳元で、叫ぶな・・・・・・」

女勇者「ああっ! よ、良かった、良かった、ぐす・・・・・・でも、なんで・・・・・」

魔王「・・・効いた、ぞ、お前の、愛。 私の体を、剣がすり抜けた・・・・・・」

魔王「お前に、託した剣は、意思の、力を・・・何倍も、強弱させる」

魔王「つまり、お前の剣は、奴にとっては、最強の剣。 私に、とっては最弱の剣、と、いう訳だ・・・」

女勇者「あっ・・・・・・え、えへへ、な、なんだか照れますね・・・・・・!」

魔王「ふ、ふふ、そうだな・・・・・・だが、お蔭で、気持ちよく逝ける・・・・・・」

452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 15:58:23.14 ID:/J1EgiUq0

女勇者「え・・・・・・?」

魔王「も、う脳を殆ど、破壊され、て、意識が、朦朧として、いる、のだ・・・・・・」

魔王「傷の、修復も、遅い・・・・・・。 意識、が定まらぬ・・・・・・」

女勇者「いや・・・・・・いや・・・・・・!」

魔王「嬉し、かった、ぞ・・・・・・。最後、だ、口、づけ・・・・・・を・・・・・・」

女勇者「そ、そんなの、いくらでも・・・・・・っ! だから、だから・・・・・・!」

魔王「・・・・・・ん」

女勇者「・・・・・・あ・・・・・・」

魔王「意思、の力は、素晴し、い・・・動け、ぬ筈、なのに、私か、らキス、できた・・・・・・」

女勇者「・・・・・・いや、しなないで・・・・・・・っ!」

魔王「す、まない・・・・・・。お、前を・・・・・・愛して、いる、よ・・・・・・」

461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:02:29.47 ID:/J1EgiUq0

魔王「・・・・・・」

女勇者「ぃ・・・・・・・や・・・・・・いやだああああああああっ!」

女勇者「魔王、さん! 魔王さぁああん!! うわああああっ!」

側近「女勇者殿! 空間が保てませぬ! お戻りを!」ズッ

女勇者「!! 側近さぁん! 魔王さんがッ、魔王さんがぁッ!!」

側近「!!? 魔王殿・・・・・・が・・・・・・」

ドクン

女勇者「!?」

側近「!! まだ、まだ生きておられますッ! 早くこの空間から脱出しましょう!」

女勇者「ぁ、あ、魔王、さん・・・・・・!!」

470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:04:23.19 ID:/J1EgiUq0

側近「早く!! 何を学んだのですか! 迷いは! 時間を奪いますッ! 早く!!」

女勇者「! は、はいッ・・・・・・!」グッ 

側近「さぁ! 飛び込んで!」

女勇者(私が、次は、護るんです・・・・・・・! 魔王さん・・・・・・!)バッ


側近「手術の用意です! 魔女! 回復魔法を使えるもの全て呼びなさい!!」

侍女「魔王様・・・・・・! はっ!!」

女勇者「魔王さん! 目を、目を開けてッ!!」

側近「魔王殿は体の自己治癒力を全て脳に向けているようです。しかし、弱弱しい」

女勇者「ど、どうすれば・・・・・・助かるんですかッ!?」

側近「出来る限りはします・・・・・・しかし、殆ど魔王殿次第です・・・・・・」

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:08:23.40 ID:/J1EgiUq0
側近「貴女は、魔王殿に呼びかけていて下さい。 お願いします・・・・・・!」

女勇者「は、はいっ・・・・・・。 魔王さん、魔王さんっ!」ユサユサ

女勇者「私はもう、自分のせいで、自分の目の前で、大事な人が死ぬのは見たくないんです・・・・・・!」

女勇者「護れるって、いったじゃないですかぁ! 強くなれば、護れるようになるって!」

女勇者「証明して下さいよ・・・・・・魔王さんは、簡単には死なないって・・・・・・っ!」

女勇者「お願い・・・・・・お願い・・・・・・」

女勇者「好きなんです! やっと、いえたのに・・・・・・だから・・・・・・ッ!」

477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:10:53.26 ID:/J1EgiUq0

ドク ドク ・・・・・・ドク ・・・・・・ドク

側近「ぅ、ぅ・・・・・・脈が・・・・・・脈が・・・・・・い、やぁ・・・・・・っ」ポロポロ

女勇者「魔王さん! 愛して、下さい! 私も、側近さんも、魔王さんがっ、いないと・・・・・・っ!」

側近「どんどん、弱く・・・・・・やめて、もう、やだ、やだ魔王どのぉ、魔王どの・・・・・・っ」グスグス

女勇者「魔王さんっ!? だめ、だめ! 生きて! 死なないで!!」

魔王『・・・・・・最後、だ、口、づけ・・・・・・を・・・・・・』

女勇者「っ!!」

女勇者(そういえば・・・・・・私からしてなかったな・・・・・・)

魔王「・・・・・・」

女勇者「好きです。 生きてなきゃ嫌です。魔王、さん・・・・・・・・・・・・ん」

480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:14:44.44 ID:/J1EgiUq0
女勇者「・・・・・・ぷはっ・・・・・・」

側近「! ・・・・・・魔王、殿・・・・・・?」

魔王「・・・・・・ぅ・・・・・・」ピク

側近「!? 心臓、が・・・・・・! 嘘・・・・・・まさか・・・・・・」

女勇者「! え、へへ、よかった、よかったよぉ、魔王、さぁん・・・・・・!」ポロポロ

側近「そんな・・・・・・まさか・・・・・・(加護の、力・・・・・・?)」

魔王「・・・・・・女、勇者・・・・・・側、近・・・・・・すまな、い・・・・・・」

女勇者「いえ、いえっ・・・・・・! ほん、とー、ですね・・・・・・簡単には、死なないです・・・・・・ぐす」

側近「っ!! 魔女達、今です、全力で回復魔法をかけてくださいッ!!」

侍女達「「「はっ!!」」」パァアア

側近(何故、自己治癒力が飛躍的に上がったのだろう、意思の力ではない。それどころか、魔王殿自体も諦めていた)

側近(それを・・・・・・繋ぎ止めた貴女は・・・・・・一体・・・・・・)

494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:21:56.81 ID:/J1EgiUq0

後日

・・・・・・

女勇者「それで、もう大丈夫なんですか?」

魔王「・・・・・・何度聞くのだ。 私は魔王だぞ、もう痛みすらない」

女勇者「そ、そっか、えへへ・・・・・・あ、そうだ、元気になったら聞こうと思ったんですけど」

魔王「ん、お前もあるのか。何故自分が助かったのか、私も考えが漸く纏まってな。聞いて欲しい」 

女勇者「え、そ、それは、私たちの、ぁ、ぁぃ・・・・・・・と、いうやつではっ!?」

魔王「・・・・・・まぁ、確かにな。 ・・・・・・何しろお前の加護が私を護ったのだ」

女勇者「加護が? え、でも・・・・・・」

魔王「うむ。 私はずっとお前の加護は悪意から身を護るものだと考えていた。自動的に発動する加護」

魔王「しかし、違ったのだ。 あれは、拒絶という自発的な加護だったのだ」

女勇者「拒絶・・・・・・?」

495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:23:30.47 ID:/J1EgiUq0

魔王「そう、拒絶の強弱で加護の力もまた上下する訳だ。男に絡まれていた時、弾いただろう、お前」

女勇者「あ、た、確かに、あの時凄い嫌でした・・・・・・」

魔王「そして確信したのは、寝ている間にお前を攻撃できた事だった」

女勇者「えっ! こ、攻撃したんですか?」

魔王「最近な。 まぁ、掠り傷程度だが。 えーと、ほらここだ、この腕の・・・・・・」

女勇者「あ、ほ、ほんとだ・・・・・・」

魔王「つまり、お前が私の死を拒絶し、私に触れた事により、私は瀕死状態から回復した訳だ」

女勇者「で、でも小さい頃男の子が死んじゃって、凄く拒絶した気がするんですが・・・・・・」

魔王「それは、死んだ後だからかも知れんな。 死を超える程、加護は強力ではないのだろう」

女勇者「そっか、もしかしたら・・・・・・助かったかもしれないのか、な」

魔王「一つ言っておくが、愛が、必要だろう。 愛が無ければ、私もそのまま死んでただろうしな」

498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:25:15.05 ID:/J1EgiUq0

女勇者「な、なんか、は、恥ずかしいですね・・・・・・」

魔王「・・・・・・言うな、私もだ。 しかし事実、お前の愛で、私は助かった。感謝している」

女勇者「そ、そんなっ・・・・・・え、えへへへ」

魔王「ふふ」

側近「何をイチャイチャしてるんですか」

魔王「うぉ、側近。 ど、どうした・・・・・・?」

側近「いえ、別に何も、遠くに腕組んだりなんだり笑い合ってる男女がいたので注意を」

魔王「そ、そうか、ご苦労。 なんなら・・・・・・混ざるか?」

側近「・・・・・・」

魔王「いや、なんでもない。 すまん・・・・・・」

側近「いえ」

501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:26:55.51 ID:/J1EgiUq0

女勇者「あ、そうそう聞きたいことあったんですよ!!」

魔王「あ、ああ、そうだったな。 聞き忘れていたよ、はは」

魔王(さすが空気の読める私の愛しい人。 話題を変えてくれた・・・・・・・)

女勇者「結局、私と側近さん、どっちをお嫁さんにするんですか?」

魔王「ぶ」

側近「それは興味ありますね。 是非私も話に混ぜてください」

魔王「お、お前さっき遠慮すると・・・・・」

側近「そんな事言ってませんが?」

魔王「ぐ・・・・・・」

女勇者「それでそれで、どっちの方が好きなんですかっ。魔王さんっ」

側近「・・・・・・」

507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:30:44.23 ID:/J1EgiUq0

魔王「私は・・・・・・魔王だ」

女勇者「はい、しってます」

側近「ええ」

魔王「魔王は責任をとらん。 だから、逃げる!」

女勇者・側近「「駄目ですっ!」」ガシッ

女勇者「確か、責任を持った新しい魔王になるんじゃないんですか?」

側近「ええ、早速とって貰いましょう」

魔王「う、うう・・・・・・二人とも、では、駄目か・・・・・・?」

女勇者「・・・・・・」

側近「・・・・・・」

魔王「いや、なんでもない、すまん・・・・・・」

510: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:32:33.30 ID:/J1EgiUq0

魔王「分かった、ちゃんと選ぶ、選ぶよ・・・・・・。 少し一人にさせてくれ・・・・・・」トコトコ

女勇者「逃げちゃ駄目ですよ」

魔王「逃げん! ・・・・・・はぁ・・・・・・」ガチャ バタン

女勇者「ぷ」

側近「くす」

女勇者「あははははっ、魔王さんってば悩んじゃってます。 別に二人ともでいいのに」

側近「ふふふ、そうですね。 嫌だなんて言ってないですから」

女勇者「でも、何だか私たちで悩んでくれるのは、凄い嬉しいです」

側近「そうですね。 これからも、支えていきましょう」

女勇者「うん、まだまだ一杯問題ありますし、頑張ろう!」

524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:37:24.28 ID:/J1EgiUq0

側近「・・・・・・女勇者殿」

側近「魔族の仲間になってくれて有難うございます。 人間にも良い者がいるのだと知りました」

女勇者「それなら、私だって、です! 魔物にも良い人沢山いるんですもん」

側近「・・・・・・有難うございます、魔王殿を、護ってあげてくださいね」

女勇者「うん・・・・・側近さんも、護るよ。 だから、また明日から訓練。 えへへっ」

側近「はい、頑張って、くださいね・・・・・・」

女勇者「あ、ど、どうしよう魔王さんの呼び名ってどうしよう・・・・・・」

側近「魔王さんでいいのでは?」

女勇者「でも、訓練の時は騎士さんって言ったほうが気合入るんです・・・・・・」

側近「ふふ、どっちも同じですから、お好きにしたらいいと思いますよ」

525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/18(金) 16:38:09.28 ID:/J1EgiUq0


魔王「今日は立ち回りの訓練だ。 これを覚えれば、たとえ加護が無くとも戦える!」

側近「頑張ってください。 女勇者殿!」

女勇者「はいッ! 今日もお願いします、騎士さんっ!!」



END